さび菌胞子の培地上におけるinfection-type structure. II-香川大学学術情報リポジトリ

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

香川大学農学部学術報告

さび菌胞子の培地上におけるinfection−type StruCtureI[

8

内 藤 中 人,松 家

昇 Ⅰ 緒 筆者ら(245)はすでに12種のさび菌夏胞子にvnいて,寄主上のinfectionstructuIe(appressorium,Penetrationpeg, substomatalvesicle,in董ectionhypha)に酷似する器官が人工培地でも形成されることを確認した.一方,おなじく さび菌胞子でも,さび胞子ほ夏胞子と同様に一般にStOmatalinfectionを行なうに対し,小生子はCuticula工infection とされている”また,さび菌以外の菌のなかにも,たとえばサトクダイコン褐斑病菌分生胞子のように,StOmatal infectionのものがいくらか知られて−いる.したがって,これらの胞子についても培地上における該器官形成の有無を明 らかにしておくことは,本現象がStOmatalinfectionを行なう菌に共通であるのか,あるいはさび菌に特有なのかを 知る上に必要であるとともに,該器官が寄主上のinfectionstIuCtuIeと真に同N・であるのかを判定する資ともなろ う,、ところが,さび菌夏胞子以外の胞子について.はまだ,この種の器官の培地における形成について報告されたもの を知らないこれが本実験に着手した主旨であるが,同時に既報以外のさび菌夏胞子も供試して検討した なお,供試したポプラさび菌夏胞子は農林省林業試験場技官高井省三博士から分譲していただき,また本研究の経 費にほ昭和57年鹿又部省科学研究費の一部をあてた.附記して深謝の意を表する‖ また本報告の大要は昭和58年度日 本植物病理学会大会(3)で講演発表した Ⅱ 実験方法ならびに供託材料 さび菌のうち,夏胞子を供試したものほ,Gβ′紗α・Siα′’抑最−RAC柑ORSXI(フユイチゴ),山川“痢痢州り如血−♪βr・ sicae(HoRI)TRANZSCIIEL(モモ),MelamPsoY’alarici・bobulina KLEBAHN(ポプラ),PhakobSOraambelo・ bsidis DrETELetSYI)OW(ツタ),Puccinia acetoISae K6RNICXE(スイバ).Puccinia agroP.yriELLISetEvB−

RI払RT(カモジグサ)?,才物“拍坑7んけ紬狛鋸−dβ〝f≠c〝/αJαβDIETEl(ヤクシソク),f切α≠−扇−α如才γgβ〝′一朗碩凝− biiPERSOON(イタドリ),Puccinia zoysiacDIETEL(オニVバ),TYanZSCheliadiSCOloY’(FucK)TRANZSCH・ ELetLITWINOW(モモ)の10種であり,さび胞子を供試したものは,G.ymnoISPoYangiumharaeanumSYDOW(ナV, ポケ),Puccinibcaricis,blebhaYIicarPaeHIRATSUXA(サルトリイパラ),Pucciniami’scanthiMruRA(オオバコ) の5種,/ト生子を供試したものほG.〃桐畑・S♪〃γα〝gよ腋椚1払”■αβα〃祝桝SYDOW(ビャクシ∵/),■打鋸湧別玖k.わ如融■‘〃 (DIET.)I)1ETEL(ノイバラ),PucciniaJ毎rYuginorsaSYDOW(ヨモギ),Puccini−ahoYiana HENNINGS(キク)の 4種である

なお,さび菌以外でStOmatalinfectionをする菌の一つといわれるCeY・coSPora beticola SACC・(サトウダイコン) 分生胞子も用いて,比較対照に供した 夏胞子,さび胞子の場合には,野外で採取した雁病莫(さび胞子層は菓面ちかくまで切りとっておく)をあらかじめ 水道水,さらに殺菌水で洗源後,殺菌㌍紙にはさんで水分をふきとる.これを殺菌水でしめらせた殺菌㌍紙上になら べてぺトリ皿におさめ,20−250Cの定温器濫一夜放置し,粉状にふきだしてきた胞子を,下記の各種寒天培地をうす く塗布したスライドグラスにはらいおとす。.これを飽和湿度のぺトリ皿にいれ,菌の種類に応じ20−250Cの暗黒定温器 に24時間たもってinfection−type St工uCt11reの性状と形成程度をしらべた。なお,雑菌の混入しない部分でほ48時間 目までさらに観察をつづけねまた,一部には天然胞子のまま培地に移植したつぎに小生子の場合には,胞子層の 内部から針でとった冬胞子を培地に移すと,その発芽によって形成された小生子が同培地上に落下して発芽するから, これを観察した.ただし,G.γ∽伽S♪〃7・〃形gね冊Z血卯Ⅵ飢抑闇椚小生子の場合だけは,冬胞子の形成されているビャクレ ン小片のまま湿室ぺトリ皿の折紙上に1−2日放置し,橙黄色を呈して折紙上に多数落下する小生子の劇部を培地に

(2)

移した.これはビャクレソから冬胞子を分離するとその発芽がいちじるしく不慮となるためである 供試培地ほ前報(5)とおなしく,つぎの処方のる種寒天培地である(寒天0..7%) Aい PeptOne・Salts・SuCrOSe区:peptonelg,KH2PO4_0.25g,MgSO4・7H200.,02g,SuCrOSe2.5g,水1DOml (調製後のpIi5.5) B.同上の処方であるが,pH7に調整 C”PeptOne・・Salts・glucose区:AのSuCZOSeを同塵のglucoseに.かえたもの D.salts・gl11COSe区:KHBPO40..25g,MgSO塵・7H200.D2g,gl11COSe2g,水100mi E..gl11COSe区:glucose2g,水100mi F..標準区:寒天だけ Ⅲ 観 察 結 果 1.夏 胞 子 (1)Gβr甜α・如〃′■紬ゎー(フユイチゴ) infection structureに酷似する器官はC,D培地にだけわずかに形成された.app工eSSOIiumほ洋梨形,楕円形,準 円形で,全体または部分的に橙黄色を呈し,発芽管との境界部にはほとんどの場合に隔膜が存在する.22.4−42…0× 14。0−20.6pの大きさで,突起のみられるものもある,まれでほあったが,aPPIeSSOriumの側部から棍棒状,橙黄色 で約5Dx4pの大きさの,Substomatalvesicleに相当する器官が形成され,その先端からほさらにinfection hyphaに相 当する菌糸が仲良しかけていた”しかし多くのappreSSOriumでは,その先端から菌糸がすこし伸長するだけにとどま っていた,.なお,供試胞子の発芽率はA−E培地で15−25%,F培地では4占%であり,また発芽管は太くて短かく,濃 橙黄色で顆粒に富んでいた一. (2)エβ〟(〃fβJよ∽=加戚・♪βタ\S紘鋸(モモ)〔第1図参照〕 A,B培地に形成された‖ ただし,D培地でもわずかほ認められ た.,appIeSSOriumほ円形,洋梨形で,大きさは11。2・−19”5×8..4fLで あるり その表面は平滑であるが,すでにSubstomatalvesicleを 成したappIeSSOriumでほ,癖,小突起を有するものが多かった. Substomatalvesicleを形成したもの,まだ形成していないもののい ずれにおいても,はとんとlのappressoriumは無色であるが,いく ぶん橙黄色をおびて.いるようにおもわれるものもまれには認められ た.substomatalvesicleは紡錘形,準円形,楕円形を示し,19.5× 7.OMll。2FLの大きさで,無色である.infection hyphaはいらじる しく細く,最長85〃で,おなじく無色である.. なお,供試胞子の発芽率ほ培地間にあまり差異がなく,はぼ40一 占0%であったい また発芽管ほ無色で,中途に2−5コの丸い膨らみ を有するものがかなりあり,その傾向ほとくにE培地にいちじるし

第1図 エ銅肌痢漬〟椚β′机扇’・A汁扇cαg (夏胞子)a appIeSSOrium,g geIm・tube,iinfection hypha,p Penetration peg, V Substomatalvesicle(算2 ・−8図も同様) かった. (3)〟β/α∽♪∫0γαJα′わよ・舟り地力紹α(ポプラ)〔第2図,Plate Fig小1参照〕 A,B,C培地に形成されたが,はかの培地にも少しは認められたり appIeSSOIiunほ発芽管もしくほその分枝の先 端に形成され,とくに後者のはうが多い…apPreSSOIiumは準円形,洋梨形,三角形,不整形で,まれにほ1−2コの隔 膜を有し,橙黄色で,大きさは19..5−55..5×11い0−25..0/上である..表面平滑のもの,痛や小突起のあるものもみられた が,それらがさらに仲良したものと推定される菌糸状の長い突起盈数木南するものが多く,発芽管との境界部に隔膜の 確認できるものほはとんどみあたらない,SubstomatalvesicleほappIeSSOriumの長軸もしくはこれとほぼ直角の方 向に形成され,洋梨形,楕円形で,橙黄色を呈し,大きさは1るり8−19小占×什2一・1る・8Jムであるが,それはど多くはなト infection hyphaははとんどの場合substomatalvesicleの先端から1本伸長し,分岐したものもみられ,最長は約450 〆であった.ときにほinfection hyphaが2本仲良しているものもあったが,この場合には1本のはうはいつもかなり 短かかった。infection hyphaの短かいものでは全体的に,長いものでほ断続的に橙黄色を帯びているuまたかなり長 いpenet工ation pegも鯛察されたが,このようなものでは,上述の,appreSSOriumに.附髄する菌糸状の長い突起と

(3)

香川大学農学部学術報告 形態的にははとんど区別しがた い. なお,供試胞子の発芽率は供 試培地間にあまり差異がなく, 57−51%であった..また発芽管 ほ分枝が多く,とくにD,E培 地でいちじるしかったu (4)タカdゑ〃♪5〃γα 〃桝♪gわ♪一 汀離5(ツタ)〔第5図参 照〕 A,D,E培地にだけ形成さ れた.appIeSSOriumは準円形, 洋梨形,卵形,楕円形で,表面 平滑,部分的に橙巽に着色し, 大きさほ17..0−52.ロ×8巾5−20日ひ pである”Substomatalvesicle の形成ほ二不良であるが,app Ⅰ・eSSOIiumの頂部あるいは側部 18 第2図 肋Jα椚少ざ〃γ〃Jα7・≠d一如倒誠一〝α(夏胞子) に形成され,準円形,楕円形でその長径は1る−2恥である一・infection hyphaの最長は21る坪,幅は発芽管より少しせまくて5.5−・5り〔レを示 し,無色である.しかし多くのappreSSOIi11mでは,先端部から菌糸 が伸長しているだけであって.,その最長は約15恥,幅は与.5−4小0〝 で,小分岐もみられる この菌糸の短かいものでは全体的に,また 長いものでほ部分的に橙黄色を帯びている なお,供試胞子のB,D培地における発芽率はあまりよくなく, 他培地では50%前後であった. (5)P〝Cd扁α(け倒わざ〟β(スイバ)〔第4図参照〕 A,B培地でほある程度形成されたが,他の培地では不良であっ た.appIeS$0Iiumの多くは準円形,楕円形であるが,一方の側部 がくぼんだものもあるu 大部分は表面平滑であるが,1−5コの将 を有するものもあり,大きさほ14.0−28,.0×8…4−14…恥である s11bstomatalvesicleはappressoriuェnの頂部もしくは側部に形成さ れ,細めの棍棒状で,先端にむかってしだいに細くなり,infection

hypbaとの境界がはっきりしないい その大きさほ約55n5・−5る.0×

5.6−11”OjLであるinfection hyphaの最長ほ約15FLで,infection structureほすべで無色である

(6)Puccinia agrob.yri(カモiyグサ)〔Plate Fig・r 2参照) A培地がもっとも形成よく,B培地これにつぎ,C,D培地も少

l1−1

第5図 タカα如♪.5〃γαα弼♪βJ〃♪Sオdよ∫ (夏胞子) しは形成した.appressoriumは楕円形,洋梨形,紡錘形,倒三角 第射到j物踏戒α〃Cgねざαβ(夏胞子) 形,ノ、−ト形などで,無色のものが多く,まれには1コの隔膜を有 するり 表面に癖や突起のあるものが多く,大きさほ14.,0−55.0×9・6−18いOpである1・Substo血atalvesicleは橙黄 色で,棍棒状,三角形,ハ−ト形,Y字形などかなり変化に富み,大きさは14小2−42い0×81・5−14一・P〝である・ substomatalvesicleからは1−2本のinfectionhyphaが伸長し,分岐したものもみられ,橙黄色の煩粒多く,最 285〟であった. なお,供試胞子の発芽率ほF培地で85%,他培地では57一占9%であった・

(4)

(7)P〝CCわわαJ〃Cf〝Cαβ−dg〝fよcαJαfαβ(ヤクシソク)〔plate Figh5参照〕 全培地に大なり小なり形成されたが,B培地がもっとも良く,A培地これにつぎ,F培地でほどくまれであった. appressoriumは洋梨形,準円形,楕円形で,はとんどのものほ発芽管の先端に形成されるが,まれには側部にも形成さ れるい多くは表面平滑であるが,1−5コの小突起を有 するものもあり,大きさは11.2−28.0×11uO−20..0〟. である‖Substomatalvesicleは洋梨形,楕円形,卵形, まれにハート形で,14.0−22.0×8.4・−20小恥の大き さである..infection hyphaの最長56FL,幅4。5−5..Op で,分岐したものも山・部紅みられた.infection stru− Ct11工eほすべて無色である なお,供試胞子の発芽率は低く,F培地で約55%, 他培地でほ8−25%にすぎなかった. (8)P加血■乃よ♂♪∂Jγgの扉一朗吋戯鋸∠(イタドリ)〔第 5図,Plate Fig.4参照〕 B培地で形成もっともよく,A培地これにつぎ,他 培地でほまったくあるいほはとんど形成されなかっ た.appressoriumほ準円形,楕円形,短棍棒状で, 表面平滑であるか,癖,小突起を有し,無色で,14…ロ ー45.0×8..4−14‖Opの大きさである.substomatal vesicleほ.appIeSSOriumの頂部または側部に形成さ れ,わずかに橙黄色を帯びたものがまれにみられ,棍 棒状,紡錘形で,大きさほ14.0一弧.0×8…4−14…恥で ある.infection hypha牲最長1015JJ,幅5.,0−5…5FLで, 無色である.また,appIeSSOIiumから直接菌糸が長 く伸長したものもみられ,その最長は15恥であった. なお,供試胞子の方墳地における発芽率は約80%で あったが,他培地では占ふ51..5%と不良であった… ま た発芽管ははとんど無色で,退色のなごりとおもわれ 第5図」軸00励α♪♂J.閥働か伽ゆ紬摘(夏胞子) 第引園」物抑履αZ¢.γ・Sよ〃β(夏胞子) る部分がわずかに認められるにすぎなかった. (9)P加庖最αg〃一γ・S≠αβ(オ・ニシバ)〔労る図,Plate fig、.5参月別 仝培地に形成され,その形成皮も全般的に長好であった.なかでもD培地もっともよく,A,F培地これにつぎ, B,C培地はややおとるようであった.appressoriumは洋梨形,紡錘形,楕円形,準円形,ハ−ト形で,発芽管との 境界部の隔膜も多くの場合確認できる。.無色もしくはわずかに橙黄色を帯び,12=0−28…0×10い0−19.5〝の大きさで, はとんどのものが癖,突起を有している。Substomatalvesicleはappressoriumの頂部か側部に形成され,年角形,紡 錘形,短円筒形で,大きさは10いロー28.0×8…4−11..2〃である.0−2コの隔膜を香し,全体または部分的に淡松茸色 を帯びている小infection hypllaほ最長80〃,幅2−5〝で,分岐したものもみられ,多くの場合全体が淡橙糞色を帯び ている”なお,供試胞子のF培地における発芽率は約80%であった が,他培地では25−45%とおとった (1α 7タ・α〝gざCカβJ∠α胡SC∂ね′(モモ)〔欝7図参照〕 C培地がもっとも形成よく,A,B培地これにつぎ,他培地では まったくあるいほはとんど形成されなかった.appressoriumは準 円形,洋梨形,楕円形,倒三角形で,癖や突起のあるものが多く, 無色で,大きさは14.0一−17.0×8.5−14.0〝であるり S11bstomatal VeSicleは.準球形,紡錘形,ノ、−ト形などで,全体がわずかに淡橙 哉㌧色を帯び,大きさは112−19.5×8。5−11.2pである。Substomatal 第7園 丁r〃〝g㍍湧8〃〃一動・ざC〃わ′(夏胞子)

(5)

香川大学農学部学術報告 VeSicleからほト2本のinfection hyphaが伸長し,そ・の最長105・ 〝,幅2・−5〟で,全体がわずかに淡橙色を帯びている.しかしapp・ ZeSSOril】mから最長72fLの菌糸が伸長しでいるのみで,Substomatal VeSicleの認められないものもある..なお,供試胞子の全培地に.お ける発芽率ほはぼ59−54%であった 2..さ び 胞 子 (1)G.〃椚閥一S♪0㌢α〝gよ牲椚ゐαれ鋸㍑刑協働(ナシ㌧ポケ)〔算8医王参照〕 各培地に大なり小なり形成され,なかでもD培地がよいようであ ったが,Substomatalvesicleの形成は全般的に不良である.ナV, ポグ菌の両器官のあいだには.,はとんど形腰的差異がみられなかっ 第8図 G.〃椚叩ざ♪0′α刀gね桝カのαgα形〟椚 (さび胞子) た.,apPreSSOriumは卵形,洋梨形,倒三角形,不整形で,わずか紅 後景色を帯び,大きさほ10.0叫14。0×7..0−・8.4pである…1−4本の長い突起を有するappIeSSOriumもみられ,この 突起の最長は28pであった.substomatalvesicleほappreSSOriumの頂部あるいほ側部に形成され紡錘形,楕円形 などで,橙黄色を帯び,14×8p前後の大きさである”in董ection hyphaは1−2本形成されるが,その伸長ほあまり よくない なお,供試胞子の発芽率ほF培地でる8%,他培地でほ19−40%であった (2)f血痕壷αCαタ・≠(∠.s−みJβ♪カαγ・査cαデー♪αβ(サルトリイバラ)〔Plate Fig.る参照) 全培地紅大なり小なり形成されたが,A培地とくに良好で,B,E培地がこれ紅ついだ”appreSSOIi11mは円形,卵 形,洋梨形,不整形で,全体または部分的に橙黄色を呈するが,すでにsubstomatalvesicleを形成しているappres− soIiumでほ退色しているものが多かった.大きさほ22.0−28‖0×14い0−19い占〝で,表面平滑なものより癖や突起のあ るもののはうが多い.substomatalvesicleは卵形,楕円形,棍棒状,Y字状などで,16L.8−42.4×8..0・−19.6pの大き さである。橙黄濫着色しているが,infection hyphaのかなり伸長したものでは淡黄色となっている.substomatal VeSicleから伸長するinfection hyphaの数は1−・4本と他菌にくらべて多く ,4本のものもまれでない..その最長ほ 5占D〝紅達したが,このように長く伸長するのはi王1fectionムypllaが1本のときであった..また,10D/ム前後の長さのも のまでほかなり淡色の橙賽を呈しているが,伸長につれて.しだいに退色化している なお,試供胞子の発芽率はA,f培地で72%,他培地でほ44−55%であった ㈲.れ邪摘ね 刀琉肌頑張(オ■オバコ) A,B培地に形成されたが,あまり良好でない.appressoriu皿は部分的に橙黄色のものもあったが,多くほ無色で ある.subston]atalvesicle,infection hyphaの両者は淡橙苗色を呈する。なれ 本菌の発芽管にほ先端の叉状に分 岐したものがひかくてき多かった Ⅲ 小生子およびさび菌以外の菌の胞子 おなじくさび菌の胞子でも,小生子ほ−・般に夏胞子,さび胞子と異なりCutic111arinfectionによって寄主に侵入し, appIeSSOrium,Substomatalvesicleを形成しないとされている。そこで,Kuehneola jabonicn(ノイバラ),Gy一 椚〟♂J♪♂′α〝g∠〟研カ〃′■〃♂〃ガ〟〝↓(ビセクシン),ダ机勇融滋ノわ′〟gよぉ5β(ヨモギ),P〟CCi最α加別物柑(キク)の冬胞 子を発芽させ,形成された小生子について同様の観察を行なったが,小生子からは発芽管の伸長が認められただけ で,夏胞子,さび胞子のときのような器官ほまったく形成されなかった.ただし,P机d如■α如′・よα形αでは冬胞子,小 生子ともに発芽がいちじるしく不良であったため,多数の発芽小生子紅ついて観察することはできなかった またさび菌以外の菌のなかにも,夏胞子,さび胞子のようにStOmatalin董ectionのものがいくつか知られており, サトタグイコン褐斑病菌(Cg′・C〃S♪07αみβわ如才α)の分生胞子もその−1⊃であるそこで,本胞子についても同様の 調査をしてみたが,この場合も該器官はまったく形成されなかった

(6)

Ⅳ 考 察

周知のとおり,さび菌胞子のうら夏胞子とさび胞子ほ−・般にStOmatalinfectionによって寄主体に侵入し,そのさ

いappIeSSOrium,penet【ation peg,Substomatalvesicle,infection hyphaの4器官より成る,いわゆる,infection

structuIeを形成する”これに対し,小生子の寄主侵入は−般にCuticularinfectionであって,上述のように分化し た特別の器官を形成しない.すなわち,appreSSOrium,Substomatalvesicleを形成せずに,penetration pegから直 接infection hypha紅移行するのがふつうである.,ところが,本実験ならびに既報(24・5)の結果から明らかなとおり,

供試した夏胞子とさび胞子はすべ{:,寄主上のinfection structureに酷似する器官(infection−type StruCtuIe)を 培地上に形成したに対し,小生子はただ発芽管を伸長するだけで,このような器官をまったく形成しなかったい ま た,夏胞子やさび胞子のようにStOmatalinfectionとされているサトクダイコン褐斑病菌(CcrcosPora beii−cola) の分生胞子も,培地上でほ,小生子の場合とおなじく,発芽管の伸長だけにとどまったい これらの事実は,前述の ように分化したinfection・tyPe StruCtuIeを培地上で形成するという現象が,StOmatalinfectionの菌に共通するも のでほなくて,さび薗の夏胞子とさび胞子に.特有のものであることを示唆して.いる..同時にまた,in董ection−type StruCtureが轟のinfection stIuCt11reであることを支持する一朝料でもあろう。ただし,夏胞子をのぞいては供試菌 の種類がまだ少ないので,こんごなおこの点の検討が必要であろう 既報(245)のものをふくめると,供試夏胞子は.Gβγ抑α・ゞよα,エβ〟C〃fβJよ〟刑,〟βJα∽β・S〃′α,Pゐαゑβ♪5〃′α,タカ′αg〝7i− dium,Puccini’a,TY・anZSChelia,UYOm.yCeSの8丙にわたっているが,in董ection−type StruCtureの性状にほ,扁と しての特徴のようなものはみいだせない.夏胞子,さび胞子が形成する両器官のあいだにも,とくにかわった点はみら れない.前報(5)において,ネギ,ラッキョク,ノピルのいずれが寄主であっても,ク〝Cd戒ααJJよよ夏胞子のinfec− tion−type StruCt11reにはほとんど差異がないことを指摘した.本実験でも,G.ymnosporangium ha7’aeanumのさ び胞子ほナン,ポケの両寄主から採取したのであるが,形成された器官はよくにていた.要するに,infection・type structuIeは夏胞子,さび胞子のいずれであるか,またその分類学iの丙などとは無関係な−・般的性状を共有していて:, ただspecies間にほ形態,大きさ,隔膜,色,形成方法などの細部の点で大なり小なり差異を有するもののようである. 前報(5)とおなじく,全般的にほpeptone・Salts培地がinfection−type StIuCtureの形成に適していた。しかし,供試 菌のすべてに通ずる最適培地はなかったから,該器官の形成に好適な培養条件は菌の種類によって必らずしもー・様で ないと考えるはかあるまい.なお,infection−type StruCtureの細部について∴は,疑問の点も残っている.,たとえば, appressoriumから仲良している,長短さまざまの菌糸状のものもそ・の∼つで,多いときは数本も伸長している..ふ つうのpenetration p畠gにくらペてこれがかなり長い場合でも,Substomatalvesicleに酷似する器官をそれに形成して いるときは,異常に仲良したpenetration pegであろうとの推定もー応つくのであるが,このような器官の形成され ていないものも多く,ときにほ非常に長く,分岐もしていて,外観的に・は菌糸と区別できないようなものもある. appressoIiumにほSubstomatalvesicleを形成するもの,菌糸で伸長するものの両型があるのでほなかろうかとも想 像されるが,こんごの追究にゆずる Ⅴ 摘 要 (1)さび菌の夏胞子10種,さび胞子5種,小生子4種,およびサトクダイコン褐斑病菌(CβγC∂5如′α 占頑坑クJα) の分生胞子を6種類の寒天蒋膜上で発芽させ,infection・type StruCtureの形成状態を比較検討■した (2)供試したさび菌の夏胞子とさび胞子はすペて,寄主上のinfection structure(appressorium,penetration peg,Substomatalvesicle,infection hypha)に酷似する器官(infection・typeStruCture)を培地上でも形成した が,小生子とCeTCO・S♪ora beticoZa分生胞子は形成しなかった,.−・般にさび菌の夏胞子とさび胞子ほ寄主上でStOmatal infectionをするに対し,小生子やCercosboTa beiicol〃分生胞子ほCuticularinfectionとされているしたがって一本結 果ほ,培地上でこの種のinfection・type StruCtureを形成するという現象がStOmatalinfectionの菌に共通のものでは なく,さび菌の夏胞子とさび胞子に特有のものであることを示唆する (3)供試したinfection−type StruCture形成菌のすべて一にあてほまる最適培地ほなかったが,全般的に形成の多か ったのは,前報(5)とおなじく peptonelg,KH2PO40.25g,MgSO4h7H200小02g,S11CrOSe2.5g,agaI■0.7%, 水10ロmlの処方の培地であった 鳩)infection・ltype StruCt11reに.は多くの菌に共通する−\般的性状も少なくないが,形態,大きさ,色,形成方法

(7)

14 香川大学農学部学術報告 などの細部の点でほ,各供試菌のあいだに大なり小なり差異が認められ,この点でも前報(6)の傾向と一・致した..

引 用 文 献

(1)HuRD・KARRER,A、M.,RoDENHISER,HハAけ: Structures corresponding to appressoria and sub・ StOmatalvesicles pIOduced on nutrient・SOlution agar by cerealzusts,Am.J。Bot.,54,577・−584 (1947) (2)内藤中人,谷 利一・,奥村良松:ユ∵ンバク冠鋳病菌 およびスズメノチッポク鏡病菌夏胞子の寒天培地にお ける発芽管伸長とinfection−type StIuCtureの形成, 香川大農学報,12,84れ92(19る町 (3)−,松家 昇:さび菌胞子の培地上におけるin− fection−typeStruCture(Ⅱ),日植病報,28,82(19る5). (講演要旨) (4)−,谷 利一・,戸出英輝:コニン′くク冠坊菌の人工 培地におけるinfection−type StruCture,香川大農学 報,1る,44・−49(19る4). (5)−・,松家昇:さび菌胞子の培地上におけるinfe・ Ction−type StruCtueI,同上,16,111Ml18(19る5)

Infection−type StruCtureS PrOd11Ced on aItificialmedia by spores of rust fungiⅡ Nakato NAITO and Noboru MATSUKA

Summ&ry Authors(2・4b)IePOrted that uredospores oflD$peCies ofrust f11ngipIOduced theinfection・tyPe StruCtureS On artificial media which consisted of bodies having a close resemblance to appressorium,

penetration peg,Substo皿atalvesicle andinfection hypha.The present paper deals with further studies On tbisline.

Uredospores,aeCiospoIeS,SpOridia oithe following rust Eungi,and conidia of CeY・COSboTa bcticola SACC WereuSed‥uredospoIeS−GerwasiarubiRACIBORSKI,Leucotelium bruni−beY・Siead(HoRI)TRANZSC‡沌L, MelambsoYalarici−PObuli’na KLEBAHN,Phako♪1SOra ambelop.sidilS DIEIEL et SYDOW,Puccinia aceiosae K6RNICKE,P.agrob.yriELLIS et EvERHART?,P.laciucae−dcnticulaiae DIETEL,P.Pol.ygoni−amPhibii PERSOON,P。ZO.ySiae DIEIEL and Tranzschelia discolor(FucK.)TRANZSCHEL etLITWINOW;aeCio$pOreS −G.ymnosboTangium haraeanum SYDOW,Puccinia caricis−blePharicaY■bae HIRATSUKA and P。mi.scani MIURA;SPOridiaMG.ym〝OSPorangium hGrGeanum SY王)OW,Kueh77eOlajGPOnicG(DIヱT。)DIETEL,Puccinia fbrruginosa SYDOW and P.hoYia7W HENNINGS..Spores were sown on6kinds of agaI・media film and

incubated foI24−48hours at20−・25OC

Aeciospores as wellas uIedospores ofal1the rust fungluSed producedinfection−type StruCtureS On

artificialmedia.On the other hand,SPOr・idia of rust fungiand conidia of CeY’cOSbora beticoLa failed to do SO,developlng gern−tubesalone。This seems to suggest that the production ofinfection−tyPe StruCtl】reS On artificialmediais not a ge‡】eralphenomenon ofthe fungiwhich enter plantsby stomatalinfection but is specific for uredospores and aeciospores of rust f11ngi”Within any medium used there existed none

that was most favoIable for allthe fungitested to produce the stIuCtureS。As a whole.however,a rela・ tive abundance of prod11Ction was brought about by peptone−Salts media containing peptonelg,RH2PO4−

0.25g,MgSO4”7H20O..02g,SuCrOSe2.5g,agar O.L7g,dist.waterlOOml.Theinfection−type StruCtureS Of uredospores and aeciospores had many similaritiesin generalappearanCe,but they we王e different for

each speciesin details of the morphologicalnature and mode of production.

(Received May51,19る5) 追 記 ポプラのさび菌は寄主上でappressoriumを形成しないから〔CHIBA,0い:林業試験場研報,(166),86− 157,1%4〕,本報で本菌のappressoriumと考えたものの大部分はSubstomatalvesicIeでほなかろうかとの疑問も投

(8)

Fig.1ルねJα∽か〃㌢αJα′・J(よ・♪0♪〝J≠乃ク A,B,D培地A;C嘩地D;El培地B Figl2 f〉〝Cぐ‘扁−ααg′8♪γγ−査 A−D,G培地A;E,F培地B Figj.鞠肌よ乃よ■αJα(f〝Cαβ−dβ〝′よcαJαねβ A−D培地A

a appr’eSSOrium,g gern・tube,iinfection hypha,p penetration peg,S SpOre,

(9)

香川大学農学部学術報彗 1る Fig.4 P〝¢(わzよα♪〃J.γg〃〝≠一鋤ゆ柚眉 A−C…培地B;D…培地A Fig.5 f,〟“≠〝gαgO.γ5iαβ A−C,E・培地D;D…培地B Fig.占 P〟CC∠戒α1㍑け■icよ■g・みJβ♪カαγic〃′♪〃g A1・・培地B;Bh培地A;C培地E;D−F培地F

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :