CLINICAL EVALUATION ON OFLOXACIN ADMINISTERED ONCE DAILY IN THE TREATMENT OF ACUTE UNCOMPLICATED CYSTITIS Akihiko Okuyama, Tsuneharu Miki and Yukito K

全文

(1)

Title

急性単純性膀胱炎に対するOfloxacin(OFLX)の1日1回投与

法の検討

Author(s)

奥山, 明彦; 三木, 恒治; 小角, 幸人; 岸本, 知己; 山田, 龍一;

藤岡, 秀樹; 黒田, 秀也; 高寺, 博史; 安永, 豊; 小田, 昌良; 三

浦, 秀信; 梶川, 次郎; 櫻井, 勗; 中村, 隆幸; 客野, 宮治; 内田,

欽也; 佐川, 史郎; 伊藤, 喜一郎; 小林, 義幸; 水谷, 修太郎;

三好, 進; 岩崎, 明; 西村, 和郎; 岩尾, 典夫; 児島, 康行; 清原,

久和; 近藤, 宣幸; 高田, 剛; 若月, 晶; 本多, 正人; 高羽, 津;

岡, 聖次; 菅尾, 英木; 辻村, 晃; 西村, 憲二; 今津, 哲央; 小出,

卓生; 吉村, 一宏; 坂口, 洋; 竹山, 政美; 本城, 充; 石川, 泰章;

板谷, 宏彬; 伊東, 博; 三宅, 修; 辻畑, 正雄; 赤井, 秀行; 宮川,

康; 武本, 征人; 妹尾, 博行; 岩佐, 厚; 菅野, 展史; 永野, 俊介;

市川, 靖二; 京, 昌弘; 藤本, 宣正; 長船, 匡男; 梶川, 博司; 原,

恒男; 原田, 泰規

Citation

泌尿器科紀要 (1994), 40(11): 1041-1047

Issue Date

1994-11

URL

http://hdl.handle.net/2433/115385

Right

Type

Departmental Bulletin Paper

Textversion

publisher

(2)

泌尿 紀 要40:1041-1047,1994 1041

急 性 単純 性 膀 胱 炎 に対 す るOfloxacin(OFLX)

の1日1回

投 与 法 の検討

大阪大学医学部泌尿器科学教室(主任 ・奥山明彦教授)

奥 山

明 彦,三

恒 治,小

幸 人

石井記念愛染園附属愛染橋病院泌尿器科

(部長:岸 本知己)

岸 本

知 己,山

龍 一

大阪警察病院泌尿器科(部 長:藤 岡秀樹)

藤 岡

秀 樹,黒

秀 也,高

博 史

安 永

大阪厚生年金病院泌尿器科(部 長=櫻 井勗)

小 田

昌 良,三

秀 信,梶

次 郎

櫻 井勗

大阪船員保険病院泌尿器科(部 長:中 村隆幸)

中 村

隆 幸,客

宮 治,内

欽 也

大阪府立病院泌尿器科(部 長:佐 川史郎)

佐 川

史 郎,伊

藤 喜 一 郎,小

義 幸

大阪労災病院泌尿器科(部 長=水 谷修太郎)

水 谷 修 太 郎,三

進,岩

西 村

和 郎

岸和田徳州会病院泌尿器科(部 長:岩 尾典夫)

岩 尾

典 夫

協仁会小松病院泌尿器科(医 長:児 島康行)

児 島

康 行

健康保険組合連合会大阪中央病 院泌尿器科

(部長:清 原久和)

清 原

久 和,近

宣 幸,高

公立学校共済組合近畿中央病院泌尿器科

(部長:若 月

晶)

若 月

晶,本

正 人

国立大阪病院泌尿器科(医 長:高 羽

津)

高 羽

津,岡

聖 次,菅

英 木

辻 村

晃,西

憲 二,今

哲 央

市立池田病院泌尿器科(部 長=小 出卓生)

小 出

卓 生,吉

一 宏

市立堺病院泌尿器科(部 長=坂 口 洋)

坂 口

洋,竹

政 美,本

石 川

泰 章

住友病院泌尿器科(部 長:板 谷宏彬)

板 谷

宏 彬,伊

博,三

辻 畑

正 雄

清恵会病院泌尿器科(部 長:赤 井秀 行)

赤 井

秀 行,宮

東大阪市立中央病院泌尿器科(部 長=武 本征人)

武 本

征 人,妹

博 行,岩

菅 野

展 史

兵庫県立西宮病院泌尿器科(部 長:永 野俊介)

永 野

俊 介,市

靖 二,京

昌 弘

藤 本

宣 正

箕面市立病 院泌尿器科(部 長:長 船匡男)

長 船

匡 男,梶

博 司,原

恒 男

原 田

泰 規

CLINICAL

EVALUATION

ON OFLOXACIN

ADMINISTERED

ONCE

DAILY

IN THE

TREATMENT

OF ACUTE

UNCOMPLICATED

CYSTITIS

Akihiko Okuyama, Tsuneharu Miki

and Yukito Kokado

From the Department of Urology, Osaka

University Hospital

Hideki Fujioka, Hideya Kuroda,

Hiroshi Takatera and Yutaka Yasunaga

From the Department of Urology, Osaka

Police Hospital

Tomomi Kishimoto and Ryuichi Yamada

(3)

1042 泌尿 紀 要40巻11号1994年

Masayoshi Oda , Hidenobu

Miura

.iiroh Kajikawa,

and Tsutomu Sakurai

From the Department of Urology, Osaka

Koseinenkin Hospital

Takayuki Nakamura, Miyaji Kyakuno

and Kinva Uchida

From the Department of Urology, Osaka

Seamen's Insurance Hospital

Shiro

Sagawa,

Kiichirou

Itou

and

Yoshiyuki

Kobayashi

From the Department of Urology, Osaka

Prefectural Hospital

Shutaro

Mizutani,

Susumu

Miyoshi,

Akira

Iwasaki

and Kazuo

Nishimura

From the Department of Urology, Osaka

Rosai Hospital

Norio Iwao

From the Department of Urology,

Kishiwadatokushukai Hospital

Yasuyuki Kojima

From the Department of Urology, Komatsu Hospital

Hisakazu Kiyohara, Nobuyuki Kondou

and Tsuyoshi Takada

From the Department of Urology, National Federation

of Health Insurance Societies Osaka Central Hospital

Minato Takaha, Toshitsugu Oka,

Hideki Sugao, Akira Tsujimura,

Kenji Nishimura and Tetsuo Imazu

From the Department of Urology, Osaka

National Hospital

Takuo

Koide

and Kazuhiro

Yoshimura

From the Department of Urology, Ikeda

Municipal Hospital

Hiroshi Sakaguchi, Masami Takeyama,

Mitsuru Honjoh and Yasuaki Ishikawa

From the Department of Urology, Sakai

Municipal Hospital

Hiroaki Itatani, Hiroshi Ito,

Osamu Miyake and Masao Tsujihata

From the Department of Urology, Sumitomo Hospital

Hideyuki

Akai

and

Yasushi

Miyagawa

From the Department of Urology, Seikeikai Hospital

Masato

Takemoto,

Hiroyuki

Senoh,

Atsushi

Iwasa

and

Nobufumi

Kanno

From the Department of Urology, Higashiosaka

City Central Hospital

Shunsuke Nagano, Seiji Ichikawa,

Masahiro Kyou and Nobumasa Fujimoto

From the Department of Urology, Nishinomiya

Municipal Hospital

Akira Wakatsuki and Masahito Honda

From the Department of Urology, Kinki Central

Hospital of The Mutual Aid Association of

Public School Teachers Hospital

Masao Osafune, Hiroshi Kajikawa,

Tsuneo Hara and Yasunori Harada

From the Department of Urology, Minoh City Hospital

A comparative

study of ofloxacin (OFLX),

a new oral quinolone,

was carried out at the

Department

of Urology, Osaka University

Hospital and its eighteen affiliated hospitals to evaluate

the clinical efficacy and safety of daily dose of 300 mg, given either once daily dose (SID group),

or in three divided doses (TID group), in the treatment of acute uncomplicated

cystitis in women.

Clinical efficacy was evaluated in 42 cases from the SID group, and 43 cases from TID group,

respectively,

according to the criteria by the Japanese

UTI Committee.

In the SID group, the

clinical efficacy was evaluated

as excellent in 29 cases, moderate

in 12 and poor in 1, with an

overall clinical effectiveness rate of 98%. In the TID group, it was evaluated

as excellent

in 25

cases, moderate in 17 and poor in 1, with an overall clinical effectiveness rate of 98%.

Safety was monitored

only by subjective

complaints.

In the SID group, no subjective

side

effects appeared (0%).

In the TID group, one of the 43 women (2.3%) complained

of

borboryg-mus.

These findings suggest that there was no significant difference between the two groups in the

safety and

efficacy of ofloxacin.

(Acta Urol. Jpn. 40: 1041-1047, 1994)

Key words:

Acute uncomplicated

cystitis, Ofloxacin, Once-a-day

(4)

奥 山,ほ か=急 性 単 純 性 膀 胱 炎 ・OflOxacin

0且oxacin(OFLX,タ リ ビ ッ ド②)は,ニ ュ ー キ ノ ロ ソ剤 の な か で も,と りわ け 血 中 濃 度 が 高 く,か つ 血 中 半 減 期 が 長 い た め,女 子 の 急 性 単 純 性 膀 胱 炎 に 対 して は,once-a-daytreatment(1日1回 投 与 法) やsingle-dosetreatment(単 回 療 法)が 試 み ら れ, 良 い 結 果 が え られ て い る1,2,.今 回,大 阪 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 な ら び に そ の18関 連 施 設 の 泌 尿 器 科 で,女 子 急 性 単 純 性 膀 胱 炎 に 対 し て,本 剤 の1日 量300mg を,1日1回 投 与(SID)法 と,従 来 の1日3回 分3 投 与(TID)法 と で,効 果 な ら び に 安 全 性 を 比 較 検 討 した の で そ の 結 果 を 報 告 す る.

対 象 お よ び方 法

1.対 象 女子急性 単 純性 膀 胱炎 を 対象 に した,す なわ ち,発 症 か ら2週 間 以 内で,前 投 薬 のな い症 例 で,年 齢制 限 は16歳以 上70歳 未 満 と し,自 覚症 状 として排 尿 痛 を訴 え,有 意 の膿 尿を 呈す る もの を対象 とした,妊 婦 ・授 乳婦 ・類似 薬 剤に ア レルギ ー歴 を有 す る ものを除 外 し た. 2.投 与方 法 無作為 に割 りつ け た封 筒 を,8例 ず つ,あ らか じめ 1043 各施 設 に 配布 して お き,上 記 対 象症 例 と判 断す る度毎 に1週 ず つ,順 に 開 封 してつ ぎの 適応 を さだ め た. SID群 は,1日1回 毎朝 食 後 に300mgを 服 用 す る・ TID群 は1回100mgを1日3回,毎 食 後 に服 用 す る.両 群 とも初 回 の服薬 のみ食 後 服 用 の制 限 を設 け な か った.投 与期 間は 両群 と も3日 間,合 計900mgの 服 用 で 統一 した(Tablel).本 剤 の効果 に影 響 を与 え る薬 剤 の併 用 を避 け た.排 尿 痛 を主 と した 自覚症 状, 膿 尿 お よび細 菌 尿に つ い ては,Table1の ス ケ ジ ュ ー ルに従 って観 察 し,可 能な症例 は第7病 日にも再発 に関 す る検 討 を行 った.そ の 他 は薬 効評 価 基準 に従 う こ と と した.尿 所 見 と細 菌 尿 につ い て は各 施設 で検 索 した が,ウ リカル トEを 用 い て細 菌 数 と同定(三 菱 油 化社)を 施 行 した 施 設 もあ る.副 作 用 の有 無 は 自覚 症 状 に つ いて の み問 診 す る こ と と した が,臨 床検 査 の 施 行 を 義務 付 け なか った.

1992年10月 か ら1993年3月 ま でに,各 施 設 で急 性 単 純 性 膀胱 炎 と して本 剤 を投 与 した 症 例 は 合計126例 で あ った.う ち,投 与 法が 規 定 に準 拠 してい なか った24 例,再 診 しなか った りして 効果 と安 全性 の 不 明 な12例 な ど合計36例 を除 け ば,SID群 もTID群 も と もに 45例 ずつ を 数 えた.さ らに そ のな か で,UTI薬 効評 Table1.Scheduleofadministrationofassessment ○:Administration國:Laboratorystudy(圃Subsdtution) Table2.Patientcharacteristics Age(Years) SIDTIDTotal GroupGroup 16-20 21-30 31-40 41∼50 51∼60 61∼69 3 9 7 5 6 12 O ll 5 7 9 1且 3 20 且2 12 15 23 mcan±SD45士1847±1646±17

(5)

1044泌 尿 紀 要40巻11号1994年 Table3,0verallclinicalefficacyinacuteuncomplicatedcystitis(BythecriteriaoftheUTI Committee)(SIDGroup) Symptoms Pyuria e且iminated Reso且ved clearOddecreasedunchanged Improved clearα 』decreasedunchan晋ed PersiSted Bacte『iuria

decreased rclaced unchanged dcarα 葦decrea暉cdunchanged 「1「 ・ Effec!・np中 onm且ctur血on E伍ヒctonpyuria 37(88%) 36(86%} 5(且2%〉 4(9%) 0(0%) 2(5%) Effecton bacteriuria 35(83%) 6(14%) Exeellent MOderate Poor(includingfai且ure) 29(69%) 且2(29%) 1(2%) 且(2%) patienttota且42 Overa皿'41/42 ¢{匠cacyratc (98%)

[=コExcellent團 園lMOdcrate匿 罰poor(includingfailure)

Table4.

Overallclinicalefficacyinacuteuncomplicatedcystitis(BythecriteriaoftheUTI

Committee)(TIDGroup)

Symptoms Pyuria Resolved clearαIdecrcasedunchanged

Improved PersiSted Bacteriuria eliminated decreased re且aced unchanged clcarαd decrcasedllnchan〔;dclearαIdecrcasedunchang。d Effect・npain onmlctunMon Effectonpyuria 38(88%) 35(81%) 3(7%) 3(7%) 2(5%) 5(12%) Effecton bacteriuria 31(72%) 12QS%) 0(0%) Excd量ent MOderate Poor(includingfailure) 25(58%) 17(40%) 且(2%) patienttota且 43 Overalledicacyrate 42/43 (98%) 口Excell・nt團MOderat・ 圃P…(inCl・di・gf・il・re) Table5.Clinicalefficacyasscssedbydoctors incharge SID Group TID Group Tota且 Ex㏄ 且且ent Good Fair Poor 29(69%) 】0(24%) 3(7%) 0(0%) 30(70%)59(69%) 9(21%>19(22%) 3(7%)6(7%) 1(2%)1(2%〉 Total 42 43 85 E伍cacyrate*39/42(93%)39/43(91%)78/85(92%) 串EMcacyrate:excd且ent十good/no .ofpatientS× 畳00(%) 価 基 準3)に準拠 して 効果 判 定 の可 能 な症 例 は,SID群 42例 と,TID群43例 の構 成 とな り,有 効 評価 の対 象 と した.年 齢 的背 景 と しては 両群 間 に差 をみ とめ なか った(Table2)。 LSID群 の42例(1日1回 毎 食 後300mg服 用) (Table3) 排 尿 痛 の消 失 は37例(88%),軽 快 は5例(12%) で,不 変 は1例 もな か った.膿 尿 に対 す る効 果 は,正 常 化36例(86%),改 善4例(9%),不 変2例(5%) で あ り,他 方,細 菌 尿 に 対 す る効 果 は,陰 性 化35例 (83%),減 少 も し くは 菌 交 代 が6例(14%),不 変 が 1例(2%o),で あ った. 従 って総 合 臨 床効 果 は 著 効29例(69%),有 効12例 (29%),無 効1例(2%)と な り,総 合有 効 率 は98% で あ った.主 治 医判 定 で は,著 効29例,有 効10例,や や 右 効3例 で あ り,や や 有 効 以 上が100%,有 効 以 上 が 93%で あ った(Table5).細 菌学 的 効 果 と しては,投 与 前 の 尿中 に 同 定 され た47菌 株 中46株(98%)が 投 与 後 に 消 失 した.残 存 した菌 株 の 内訳 はE・coliが1株 であ った.投 与 後 に交 代 して 出現 した14株 の 内訳 はG (一)菌1株,G(+)菌11株,CandidaSPP.2株

(6)

奥 山,ほ か=急 性 単 純 性 膀 胱 炎 ・Ofloxacin 1045

Table6.Bacteriologicalresponsetothetreatment

SIDGroup TIDGToup

Isolate

no.ofEradicated

strains(%) PcrsiSted ・ψ ・・d怨E「a謝cd Persistedreplaccd

E.co'f c.freu露4露 κ.ρ 雇 露脚 躍ゴ催 P,π8ゴπ痂 臨 PseUlomonasψ. 〃.㎜r9飢ii α 凋8吻 傭 37 1 1 36(97) 1 1 且 1 37 1 37(且00) 1 1 G(一)sub-tota且 39 38(97) 1 1 4且 4亘(置00) 0 3 ∫.傭 躍 螂 5.ψ 油r〃1f而 &5ψrψ 妙 蜘 」 ∫`吻'oω`α ∬ ψ ・ ω σ8ぬ56(一)& E.faeca'`∫ 5.agata`磁6 di・s'reP妨oσ`榔 P-strePtoceccus StrePtoao伽tssp. σoワttebaste加msp. 加`励 癬 幽 ∫ 吻. 1 2 1 1 2 1 1 1 3 3 1 2 1 3 1 1 1 3 1 4 1 3 3 2 G(十)sub-tota1 8 8(100) 0 11 7 6(86) 1 13 c,α 伽 偲 町 c.glαbrala 1 Total 47 46(98) 1 14 48 47(98) 1 】7 で あ っ た(Table6).第7病 日 に 再 発 に 関 す る 検 討 を した 症 例 は41例 中19例 あ り,再 発 を 認 め な い 症 例 が16 例,判 定 を 保 留 し た の が3例 で,再 発 と 判 断 し た 症 例 は な か っ た. 2.TID群 の43例(1回100mgず つ,1日3回, 毎 食 後 服 用)(Table4) 排 尿 痛 の 消 失38例(88%),軽 快3例(7%),不 変 2例(5%).膿 尿 に 対 す る 効 果 は,正 常 化35例(81 %),改 善3例(7%).不 変5例(12%)で あ り,他 方 細 菌 尿 に 対 す る効 果 は,陰 性 化31例(72%),減 少 も し くは 菌 交 代 が12例(28%)で あ っ た.総 合 臨 床 効 果 は 著 効25例(58%)有 効17例(40%),無 効1例 (2%)と な り,総 合 有 効 率 は98%で あ り,SID群 の そ れ と 同 値 で あ っ た(Table4).主 治 医 判 定 で は, 著 効30例,有 効9例,や や 有 効3例,無 効 が1例 で あ り,や や 有 効 以 上 が98%有 効 以 上 が91%で あ っ た (Table5),細 菌 学 的 効 果 と し て は,48菌 株 中47株 (98%)が 消 失 し,残 存 した1株 はS・epidermidisで あ った.投 与 後 に 交 代 し て 出 現 した17株 の 内訳 はG (一)菌3株,G(+)菌13株,Candidαsp・1株 で あ った(Table6).第7病 日に再 発 に 関す る検 討 を した 症 例 は42例 中19例 あ り,再 発 を認 め な い症 例 が17例, Table7.Sideeffe¢ts Treatment Group SID Group TID Group Total No.ofPatients B・rborygmus 42 0 43 1 85 1 Total 0 1(2.3%)1(1.2%) Table8.AbnormalIaboratory丘ndings TotalSIDGroupTIDGroup No.ofpatients 31 15 16 No.ofpatients withabnorma畳 labOratory丘ndings 3 2 且 Eosinophi賑L 2 2%→6% 9%→12.3% Neutrophilia 1 69%→82%

(7)

1046 泌尿 紀 要40巻11号1・994年 判定 保 留 が2例,再 発 と判 断 した 症例 は な か った. 3.自 覚 的 副作 用 お よび 臨 床検 査 値異 常 UTI薬 効 評価 基 準 に基 づ い て効 果 の検 討 を 施 行 し, これ らに不 適 応 で あ った症 例 も含 めて 検討 した 本 治 療 に よ る 自覚的 副 作用 と しては,TIDで43例 中腹 鳴 が1例 に認 め られ た が継 続 投 与 が 可能 で あ った (Table7), 投 与 前後 と も臨 床 検査 を施 行 され た の はSID群 で 15例,TID群 で16例 が あ り,好 酸 球 増 多 がSID群 で2例,好 中球 増 多 がTIDで1例 認 め られ たが い ず れ も継 続 投 与 が可 能 で あ った(Table8).

1尿 路 感染 症 に 対 す るOFLXi日 量300mgの SIDとTIDと の臨 床効 果 の 比較 大阪 大 学医 学 部 泌尿 器科 な らび にそ の 関連 施 設 の合 計19施 設 で,女 子 急性 単純 性 膀 胱 炎 に対 して,1日 量 の300mgをSID(毎 朝1回300mgを 内服),TID (1回100mgを 毎食 後 分3内 服)の 比 較試 験 を した と ころ,全 対 象 症例126件 の うち ,UTI薬 効評 価 基 準 に 準 拠 して効 果 を比 較 で き る症 例 はSID群42例,TID 群43例 で あ った.以 下 に(SID群:TID群)の 順 に 比 較 す る と,排 尿 痛 に対 す る効果 は(100%:95%), 膿 尿 に対 す る効果 は(95%:88%)細 菌 尿 に対 す る効 果 は(98劣 ・100ge6),著 効 率 は(69%・58%),総 合 臨 床 効果 は(98%=98%),有 効以 上 の主 治 医 判定 は (93%:91%),や や 有 効 以上 の主 治 医 判定 は(IOO%: 98%),菌 消失 率 で は(98%:98%)と な り,両 群 間 に ほ とん ど差 を認 め ない結 果 を えた ,第7病 日に再 発 に 関す る検討 を した 症 例数 は 半数 以下 で あ った が,再 発 を認 め な い と判 断 した症 例 数 も両 群 間に 差 をみ なか った, これ ま でに,OFLXを 用 いて ,同 量を分1投 与法 と分 割投 与 法 とで 臨 床 効果 を 比較 した報 告 は,気 道 感 染 症 に おけ る300mg投 与 の1件 だ け4)であ り,単 純 性 尿路 感 染症 で検討 され た の は本報 が初 め て であ る。 他方,1日300mg分1投 与 と1日400mg分2投 与 とを,本 剤 の単純 性 尿路 感 染 症 で検 討 した 報 告2)で は,両 群 に 差 を認 め なか った. OFLXと 同 様 に,半 減 期 の 比 較 的長 い 一ユ ーキ ノ ロ ン剤5)で は,単 純 感 染 症 のみ な らず,複 雑 感 染 症 に も,1日 単 回投 与法 が 適用 され て い く傾 向 にあ る. 他方 で は,抗 菌 剤 の多 くが 尿 路 に 排 泄 され る こ とか ら,こ とに単 純 性尿 路 感 染症 では,セ フ ェ ム系 薬 剤 で も1日1回 投 与 法が 検 討 され,分 割 投 与法 と同等 の結 果 が え られ て い る6).1日1回 投 与 法 は,服 薬 コ ソ プ ライ ア ソスに とって,好 ま しい 方 法 で あ る・ 2,副 作 用 に つ いて 今 回 の 同量 比 較 試験 では,臨 検値 の比 較 検 討 を施 行 して お らず,自 覚 的 副作 用 に つ い て のみ 安 全性 を検 討 した た め,概 括 安 全度 に つ い て 言及 す る こ とはで きな い。 そ の 自覚的 副 作用 に つ い て も,300mg3回 投 与 群 で,腹 鳴 を認 め た が服 薬 を継 続 した1件 のみ で あ った.多 分 本 剤 に よ る随 伴症 状 で あ ろ うと判 断 され, 服 薬終 了後 に 自然 消 失 した. SID群 で は 初 回投 与 量 が 多 いた め に,自 覚的 副 作 用 の 出現 頻 度 がTID群 よ りも高 くな る こ とが想 定 さ れ たけ れ ども,結 果 と しては そ の傾 向は 認 め られ な か った.高 齢者 や 腎機 能 障 害 の 含 まれ る複 雑 感染 症 群 と 異 な った対 象 で あ った た め で あ る と考 え られ るが,適 応 に 際 しては 単 純 感染 症 に お い て も留意 す るべ き事 項 で あ る.む しろ,単 回投 与 群 で も,1日 量 を100mg な い し200mgの 低 量 に して 効 果 を 検 討 す る こ とが 望 ま しい7・8).

大阪 大 学 医学 部 泌 尿器 科 な らび にそ の18関 連 施 設 で, 女 子急 性 単 純性 膀 胱 炎 の126例 に 対 し,OFLX300 mgI日1回3日 間投 与 と,同 薬100mgl日3回3 日間投 与 の 比較 検 討 を した.UTI薬 効評 価 可 能 の そ れ ぞ れ,42例 と43例 とで は,と もに 総 合 臨床 効 果 の98 %を 呈す る な ど,自 覚 症 状 ・膿 尿 ・細 菌 尿に 対 す る効 果 も主 治医 に よる効 果 判 定 に も,あ る い は第7病 日に おけ る再 発 検討 に て も,ほ とん ど両 群 に差 を み とめ な か った.自 覚 的 副作 用 は 両群 あわ せ て もわ ず か に1.2 %で あ り,全 例 に臨 検値 を検 討 しな か った た め,概 活 安 全 度に 対 す る検 討 は不 十 分 で あ った.

1)熊 本 悦 明:抗 菌 剤 療 法 の 再 検 討 一 尿 路 ・性 器 感 染 症 に お け るtwice4dayお よ びsingledose治 療 の 意 義 に つ い て.化 療 の 領 域5:1047-1054, 1989 2)後 藤 俊 弘,大 井 好 忠,川 原 和 也,ほ か=急 性 単 純 性 膀 胱 炎 に 対 す る 抗 菌 薬 の 投 与 法 の 検 討Ofloxa-cinの 検 討 成 績.泌 尿 器 外 科4:859-868,1991 3)UTI研 究 会(代 表:大 越 正 秋)=UTI薬 効 評 価 基 準(第3版).Chemotherapy34:408-441, 1986 4)木 村 丹,松 島 敏 春,寒 川 卓 哉,ほ か:Ofloxa-cinの 投 与 方 法 に 関 す る 検 討 一1日300mg , 1回 投 与 と3回 分 割 投 与 に お け る 有 用 性 の 比 較 化 療 の 領 域8:129-138,1992 5)河 田 幸 道,久 住 治 男,熊 本 悦 明,ほ か:複 雑 性 尿 路 感 染 症 に 対 す るsparfloxacinとenoxacinの

(8)

奥 山,ほ か:急 性 単 純 性 膀 胱 炎 ・Ofioxacin 比 較 検 討.Chemotherapy39(S-4):571-588, 1991 6)坂 田 孝 雄,三 宅 弘 治,絹 川 常 郎,ほ か=急 性 単 純 性 膀 胱 炎 に 対 す るCefixime(CFIX)の1日1 回 投 与 法 の 有 用 性 に つ い て.泌 尿 紀 要38:1337-1342,1992 7)RazRgGenesinJ,GonenE,etaL:single low-doseofloxacinforthetreatmentofun-complicatedurinarytractinfectioninyoung 1047 women=J.Antimicrob.Chemotherapy22; 945-949,1988 8)三 好 進,宮 川 康t山 田 竜 一,ほ か=尿 路 感 染 症 に 対 す るOfloxacinの 使 用 経 験=Oncea day(単 純 性)な ら び にtwiceaday(複 雑 性) 投 与 法 の 検 討.診 断 と 治 療81=921-932,1993

(ReceivedonApril25,1994AcceptedonJune27,1994)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP