智山學報 第21 012佐竹 竜照「「妖精の女王」における森 : その寓意的主題性」

17 

全文

(1)

1

そ の

i

立 咀

一 「妖精の 女王 」にお ける森 (佐竹竜照 「 妖

の 女 王 」 ( 日 ゴ   閏 四

9

 

O

ロ   Φ 昌  

$ O ) の 基 本 構

の 一 つ に ア レ ゴ リ ー (

♂ ゆq 。 亳 ) が あ る 。 先

単 的 に

べ れ ぽ ア レ ゴ リ ー と は 抽 象 的

念 ( と く に

、 悪 ) を い か に 具

的 に 表 現 す る か と い う 手 法 の こ と で 、 先 ず 第 一 に

的 具 象 性 が 問 題 と な る 。

人 化 が 行 な わ れ る の は こ の と き で

る 。 ア レ ゴ リ ー は 中 世 文 学 の 重 要 な 文 学 手 法 の 一 つ で あ っ た け れ ど も 、 エ リ ザ ベ ス

代 の 文 学 に も

け 継 が れ 、 重 視 さ れ て い た の で あ る 。

学 作 品 に ア レ ゴ リ ー の

法 を 用 い て

功 さ せ た

初 の 詩 人 は プ ル ー デ ィ ン テ ィ ウ ス ( 〉 葺 Φ 団 昜

Φ 葺 貯 ω

O

一 Φ ヨ

ω ”

。。 ム H9 ) で

っ た 。 彼 は 「 霊 魂 を め ぐ る 戦 い 」 ( り 。。 団 o プ o 目 霧 プ ご ” G。 り G。

OO 田

11

切 讐 二   o { 子 Φ ω o 巳 ) と い う

事 詩 を 執

し た 。 こ の 「 霊

を め ぐ る

い 」 は 九 一 五 行 か ら

る ア レ ゴ リ ー 的

事 詩 で あ っ て 自 己 の

を 見 失 な わ な い た め の 善 と 悪 と の 間 の 戦 い を

人 化 し て 描

、 異 教 に

す る キ リ ス ト 教 の 勝 利 を 歌 っ た も の で あ る 。 プ ル ー デ ィ ン テ ィ ウ ス 以

の 中 世

の 詩 人 を み て も 、 ア レ ゴ リ ー を

い て 成

さ せ た 作 品 は か な り の 数 に の ぼ る 。 そ の

表 的 作 品 に 限 っ て み て も ウ エ ル ギ リ ウ ス ( ℃ 二 げ = ニ ロo   ノ 丶 Φ 同 σq 臨 一 二 〇〇  

ζ

帥 円 O 鱒 ゆ ゜ O ° 朝 O ー 〉 ° 一 ) ° 一 〇 ) の 「 ア エ ネ ー イ ス 」 ( 〉   コ   o ω 門 ゆ ゜

O

° ω   〉 ・

U

』 り ) を は じ め 、 ダ ン テ (

O

動 ロ 峠 Φ 〉 = 『q 斷   謡 り 這 Oql 旨 ω 圏 ) の 「

曲 」 ( 一 ) 冒 ぎ 僧

Oo

ヨ ヨ   隻 m 句

μ QQ ) 、 ア リ オ ス ト ( 門 隹 住 o く ぢ o > ユ o °・ → o ” μ

蔭 ム α ω ω ) の 「 狂 乱 の オ ル ラ ン ド 」 ( 〇 二 9 昌 q 「 舜 ユ o 。。 o い ド   Q。 卜。 ) 及 び タ ツ ソ ー ( → o 円 σq β 畧 o → o °・ °。 o ” μ q

り 窃 ) 一

179

(2)

智山学報 第二 の 「 イ エ ル サ レ ム の 救 出 」 (

O

霞 昜 巴 Φ ヨ ヨ  

び 霞 p 富 ” H の ゜。 O ) な ど が 挙 げ ら れ よ う 。 ま た 中 世 で は な い が 、 古 代 に 遡 っ て み て も 部

的 で は あ る が ホ メ ー ロ ス ( } 幽 O 日   層 O ロo ”   団 r ∩ r 刈 OO り ) の 「 イ ー リ ア ス 」 ( 岳 霧 ) と 「 オ デ ュ ッ セ イ ア 」 ( ○ 匙 蕩 ω

9

帥 ) に も ア レ ゴ リ ー の 手 法 が 見 い 出 せ る 。 こ れ ら の 先 輩 詩 人 を 鑑 と し て 、 ス ペ ソ サ ー は 「 妖

の 女 王 」 を 執 筆 し た の で あ る ・ そ の ・ と

ξ

い て は

7

閑 偉・

げ ”

卜・ −

§

°・ ) 宛 の 手

物 語 ・ て く れ る 。 「 妖

の 女 王 」 ( 全 六 巻

1

こ れ に 未 完 の 「 無

」 が 加 わ る ) は 三 六 〇 〇 〇 行 に も

ぶ イ ギ リ ス 文 学 最 大 の 英 雄

事 詩 で

る 。 「 妖

の 女 王 」 は 第 一 巻 の 「 神 聖 」 ( = o

窃 。・ ) を 代 表 す る 赤 十 字

士 ( 区 巳 αQ

oh 臣   閑

90

°・ ω ) の 物

で は じ ま り

二 巻 は 「

制 」 ( → 。 ヨ

8

) の 騎 士 ガ イ ア ン ( ω 冒

O

ξ

o 口 ) の 物 語 と な る 。

三 巻 で は 「

」 (

O

げ P 鞠o 宀 一 一 一   ) を 主 題 と し て 男 装 の 騎 士 ブ リ ト マ ー ト 姫 ( しd 二

8

日 p 畧 ) を 描 き 、 第 四 巻 は キ ャ ン ベ ル ( 〇 四 日 び o 一 ) と ト ラ イ ヤ モ ン ド ( 日   『 日 o

) の 「 友 情 」 ( 閃 比 Φ

跨 ぢ ) の 美 徳 を 扱 い 、

五 巻 は 「 公 正 」 ( 一 島

Φ ) の 騎 士 ア ー テ ガ ル ( 〉

§

αq 巴 ) を 主 人 公 と し 、 第 六 巻 は 「 礼

」 (

O

。 貫 言 ゜・ 一 Φ ) の 騎 士 キ ャ リ ド ア ( Op 一 乙 o 冨 ) の

語 と な っ て い る 。 次 の 「 無 常 篇 」 (

ζ

己 [ 辞 9 げ 一 一 一 叶 O ) は 当

第 七 巻 に 当 た る は ず で あ る が 、 わ

か の 断 片 を 残 す

完 の 作 と な っ て い る 。 そ し て 各 巻 に は そ れ ぞ れ の ア レ ゴ リ ー を 明 示 す る 場 が 設 定 さ れ て い る の で

る 。

一 巻 に お い て は 「 神 聖 の 館 」 ( 躍 o 口 紹 O { 閏 O = 昌   。。 。。 ) が そ れ に あ た り 、

二 巻 で は 「 快 楽 の 園 」 ( け 一 日 Φ   剛WO ミ 同     Oh   田 二 一 〇自 o口   ) 、

三 巻 は 「 ア ド ー ニ ス の 園 」 ( = 日    

O

帥 同 α 一 昌   O 宀   〉 ユ ○ 昌 一 ω ) 、 第 四 巻 は 「 ヴ ィ ー ナ ス の 社 」 (

O

器 讐 <

8

日 Φ ヨ 巳   ) 、 第 五 巻 は 「 ア イ シ ス の 社 」 ( 一 の 一 ω   〔 ) げ 口 円 O ず ) 、 第 六 巻 は 「 ア シ デ イ ル の 山 」 ( > o 匡 p

昌 蜜 o ¢ 韓 ) と な っ て お り 、 そ れ ぞ れ が ア レ ゴ リ ー の 傑 出 し た 場 面 と な っ て い る 。 さ ら に 重 要 な こ と は こ れ ら の 各 場 面 が 互 に 関

し 合 っ て 「 妖 精 の 女 王 」 と い う 一 大 英 雄 叙 事

を 構 築 し て い る こ と で あ る 。 標 題 が 示 す 「 妖 精 の 女 王 」 と は グ ロ リ ア ー ナ 姫 (

O

一 〇 層 冨

8

) の こ と で 、 一 栄

」 と い う 美 徳 を

わ す と 同 時 に エ リ ザ ベ ス 女 王 を も 表 わ し て い る 。 つ ま り 栄 光 に 輝 く イ ギ リ ス 女 王 と 同 時 に エ リ ザ ベ ス

(3)

妖 精の女 王 」に おける森 (佐竹竜照) と い う 高 徳 の 美 女 と い う 意

な の で あ る 。 そ し て こ の グ ロ リ ア ー ナ の 分 身 と も い う べ き 登 場 人

に は 第 一 巻 の ユ ー 」 ナ 姫 ( ¢

8

) を は じ め

二 巻 の ベ ル フ ィ ー ビ ー 姫 ( ゆ Φ 言 げ o   げ   ) 、 さ ら に

三 巻 の ブ リ ー ト マ ー ト

( 切 昌

8

ヨ 贄 け ) た ち が い る 。 各 巻 の 主 人 公 た ち は 等 し く 妖 精 の 女 王 グ ロ リ ア ー ナ に 仕 え る 有 徳 の 騎 士 で あ る 。

等 は と も に グ ロ リ ア ー ナ の 指 示 に 従 い 、 そ れ ぞ れ の 目 的 に 向 っ て 冒 険 の

に 出 る の で あ る が そ の 過 程 に は 幾 多 の 困 難 が

の 前

を 阻 止 す る の で あ る 。 美 徳 を 阻 止 す る の は 悪 の 力 で あ る こ と は 言 う ま で も な い 。 各

士 は さ ま ざ ま な 悪 の

惑 を 避 け あ る と き は そ れ と 戦 い 、 打 ち

し て 美 徳 の

力 を

揮 す る 。 し か し こ こ で 注 意 し な け れ ば な ら な い の は 各 騎 士 に 敵 対 す る 悪 の 力 が

敵 で あ る 場 合 と 騎 士 た ち の 心 の

に 浸 潤 し て い る 内 敵 で あ る 場 合 と が あ る 。 さ ら に そ の い ず れ と も 決 め か ね る 場 合 が 、 「 妖

の 女 王 」 に は し ば し ば あ る 。 す な わ ち 内

、 外

が 入 り 乱 れ 、 あ る と

は 混 成 し 合 う と い う 複 合 的 ア レ ゴ リ ー と な る 。 そ こ で は 各 主 人

を 取 り 巻 く す べ て の も の が ア レ ゴ リ ー の 機 能 を 発 揮 す る の で あ る 。

物 (

) を は じ あ 、 森 、 海 、 川 、 湖 、 ま た は 動

、 植

に 至 る ま で 主 人 公 を 中 心 と し て 各 々 が 互 に 関 連 し 合 っ て 一 つ の

を 構 成 し て い る の で あ る 。 こ こ で

り あ げ る の は そ の う ち の 一 つ 、 森 に つ い て で あ る 。 ア レ ゴ リ カ ル な 森 が 如 何 な る

を 発 揮 し そ し て

何 な る 効 果 を 生 み 出 し て い る か に つ い て 述 べ て ゆ き た い 。   人 は 山 や 森 に 対 し て ど の よ う な イ メ ー ジ を 抱 い て い る だ ろ う か 。 山 や

の 神 秘 性 に 接 し た 人 は 感 嘆 の あ ま り 、 こ れ を 霊

と 呼 び 、

の 楽 園 と 名 づ け も し ょ う 。 し か し そ れ と は 全 く 対 照 的 な 感 情 を も つ 場 合 も あ り 得 る で あ ろ う 。 樹 木 や 山 肌 の 織 り 成 す 奇 怪 な 模 様 が 不 安 を 呼 び 起 し 、 心 の 乱 れ か ら 人 に さ ま ざ ま な 幻 影 を 抱 か せ る 原 因 と な る 場 合 も あ る 、 人 間 の も つ 思 考 や 感 性 は こ う し た 自 然

に 対 し て も 強 い 反 応 を 示 す も の で あ る 。 中 世 人 が 生 み 出 し た マ ク 戸 コ ズ ム と マ イ ク ロ コ ズ ム の 対 応 す る 思 考 方 法 も そ の 一 つ で あ っ た 。 ス ペ ソ サ ー の 場 合 も 、

人 と い う よ り は む 一 181 一

(4)

智山学 報第二 し ろ 中 世 人 の 思 考 方 法 に 近 い と い え る . ウ ェ ル ギ リ ウ ス や ダ ソ テ は そ れ ぞ れ 「 ア エ ネ ー イ ス 」 や 「 神 曲 」 に 中 世 人 の 抱 い て い る 人 間 感 情 を 巧 み に 写 し 出 し て い る 。 ス ペ ソ サ ー の 「 妖

の 女 王 」 の 場 合 も 同 様 で あ る 。

に 対 す る ア レ ゴ リ カ ル ・ イ メ ー ジ だ け に 限 定 し て み て も そ の 機 能 は 広 さ と 強 さ を も っ て 多 様 な 変 化 を 発 揮 し て い る の で あ る 。   で は 先 ず

の も つ ア レ ゴ リ カ ル ・ イ メ ー ジ を 三 つ に 分 類 す る こ と か ら 述 べ て ゆ き た い 。 そ の 第 一 は

と 豊 饒 の

割 と し て の

で あ り 、 こ れ を 善 的

と 呼 ん で お く 。 第 二 、

三 は

的 機 能 と は 正 反 対 の 悪 の 機

と し て の 森 す な わ ち 幻 影 を 生 み 出 す 役 割 と し て の

と 、 感 情 と 心 の 混 乱 を

き 起 す 役 割 と し て の 森 で あ る 。   美 と 豊 饒 の 役 割 と し て の

は 妖

た ち の 楽 し い 舞 踏 の 場 で も あ る 。 そ こ で は 「 百 人 の 百 合 の よ う な 白 い 裸 の 乙

た ち が

に な っ て 楽 し く 踊 り 」 ( 〉 昌 『 ロ 昌 時 の α 昌 ⇔ パ Φ 山 ヨ 巴 ユ   昌 一 = 囮 ≦ 獣 叶

P

> = 冨 鐸 p αq   山 一 昌 ロ 「 冒 σq 螢 昌 ユ 匹 国 ロ 詳 o ぎ σq 写 ユ   一 お げ ゴ < 一 ゜ 一 〇 ° 一 一 ) そ し て 「 真

に は 三 人 の 乙 女 た ち が 踊 り な が ら 歌 い 、 他 の 乙 女 た ち は そ の 周 り を 囲 ん で

環 の よ う に 取 り 巻 い て い た 」 ( 冒 岳   日 己 ゜。 け oh 臣 Φ ヨ →

Φ Φ o 臣 Φ 鬥 ピ

δ ω ユ 箆 げ o → 『 ロ 四 口 昌 o Φ 95 ユ 。。 ぎ σq 日 ,   毒 三 『 島 Φ 掃 。・ け 岳   目 同

2

ロ α

〇 三 島 α

∋ ヨ ρ 〉 コ 山 閏 犀 Φ 帥 ρ

〇 コ ユ α 己 一 ロ

8

ω ω Φ ゜・

8

目 旨 臼 く H ° δ ゜ 這 ) と い う よ う な 、 の ど か で 明 る く 、 楽 し い 緑 の 森 で あ る 。 さ ら に 森 は 畏 敬 と 至 福 へ の 役 割 を 果 し て 、 懐 妊 と 出

の 場 所 と も な る の で あ る 。 森 は ク リ ソ ゴ ニ ー ( O

閤 o ゆqo 昌 Φ ) に 対 し て 「 人 目 に つ か ぬ さ わ や か な 泉 で 焼 け つ く よ う な 暑 さ を 和 ら げ る た め に 、 水 浴 す る 」 ( ぎ 9・ 坤 窃 ゲ 出

8

P

討 円 お 呻 o ヨ ゆ = ヨ Φ

〈  

ω ロ Φ ぴ 讐 ザ 山 ゲ

2

Φ ゜。 戸

  び o 覧 ぎ σq

讐 け、 巴 冨

一 一 一 ゜

9

  ) 快 い 場 所 を 提 供 す る 。   ク リ ソ ゴ ニ ー は 「 森 に 生 え て い る 赤 い バ ラ や

い ス ミ レ 、 そ れ に い と も

し い 花 々 に 囲 ま れ て 」 (

3

δ ゜・   ω 冨

90

≦ o

ω 芭   ≦ 柳 〉

⇔ 一 一

o ω 芝   Φ

8q

・ け 自 o 耄 Φ 話 9

讐 ぎ 臣 Φ { o 器

4

αq 話 亳 ” 一 口 ゜   ゜   ) 水 浴 を 楽 し み 明 る い 日 の 光 は 水 浴 で 柔 ら か く な っ た 乙 女 の 身 体 に 戯 れ 、 や が て ク リ ソ ゴ ニ ー の 胎 内 に 「 豊 か な

り の 実 を 結 ば せ る 」 ( ぎ ゴ 臼

  σq 昌 p。 茸 自   昏 梓 ぴ o 《 °・ 70 同 こ 団 h 差 。

こ 費 一 一 り O ・ 『 ) の で あ る 。 し か し 美 と 豊 饒 の

大 の 役 割 を 果 し て い る 場 所 は 「 ヴ ィ ー ナ ス の 社 」 ( 月 Φ ヨ ℃ Φ o 宀 く Φ ロ 昜 ) を 取

(5)

「妖精の 女王」に おける森 (佐竹 竜照) り

い て い る 森 と 「 ア ド ー ニ ス の 園 」 ( 宀 『  

O

贄 山 冒 oh > 山 o づ 一 q。 ) に 仕 え て い る 森 で あ る 。 ヴ ィ ー ナ ス の 住 む 森 に は 「

差 し を 避 け る の に 適 し た 爽 や か な

蔭 」 (

窃 げ 。。

山 o 鬢   ∫ { 一 → δ 。・

o

ヰ o ヨ 。・ 二

団 瑟

一 一 一

ρ 卜。 O ) が あ り 、 「 陽 を 浴 び る の に ふ さ わ し い 季 節 に は 、 そ の た め の 美 し い 芝 生 、 沢 山 の ニ ン フ た ち が 戯 れ て い る 心 地 よ い

や か な ま ど ろ み に 誘 う 優 し く さ さ や く 小 丘 、 周 囲 の 土 地 を 見

ら す 高 く 盛 り 上 が っ た 丘 、 そ れ に 人 目 に つ か ぬ 低 い

間 が あ り 、 ま こ と の 恋 人 た ち を 慰 め る 楽 し い 東 屋 」 ( 閃 臥 話 『 ≦

p8 → 仁。 即 Φ → 7   ω 二

Φ ぢ 。・ Φ 窃

8

仙 Φ ≦ 一 ω ≦ 。 簿 。・ 窟 ぎ 翳 」 p 毛 ぼ 。 げ   チ

2u

Z

望 ヨ ℃

岳 匹 皀

” ω o { 酔 同 o ヨ 匡 言 呶

8

犀 Φ ゜・ 噛 昏 讐 σq   ロ ニ   巴 o ヨ げ 興 時 Φ 毛 ” = お げ お 母

2

昌 ヲ 子 Φ 『

゜。

o 葺

8

<   ≦ … 日 o ≦ δ o 匹 昌 σq

Ho °・ 、 ユ 圃 ゜。 ぴ 蒔 目 ユ h8 日

8

目 ヨ o ロ   o 器 ”

U

    ぴQ 窪 凄 = げ ? 毛 器 ・・

o 。・ o 『 oo 一 〇

誘 → 『 Φ 毛 ” < 一 ゜ H ρ

) も あ る 。 ま た 「 ア ド ー ニ ス の 園 」 は ミ ル テ の

蒼 と 茂 る 森 に 囲 ま れ て い る 。 陽 を さ え ぎ る 樹 木 は 鋭 い 斧 を 受 け た こ と も な く ま た 野 獣 に

つ け ら れ た こ と も な い 。 そ の 樹 皮 か ら は 甘 い 樹

が 豊 か に

た り 落 ち て 大 地 は 一 面 に 、 そ の 甘 露 に う る お さ れ て い る 。 そ こ で は 「 不 断 の

と 不 断 の 収 穫 の 時 と が 同

に 相 会 す る 」 ( 日 げ 奠 。 一 の

8

茸 ぎ

= 磬 H 言 σq 9

篝 。・ 什 ま Φ 器

Oo

ロ 自 昌

8

戸 げ o 子 ヨ Φ Φ 冖 冒 σq 山 け o μ   ぼ ヨ   ” 目 一 ゜   ゜

) の で あ る 。 「 枝 と い う

に は 、 ほ ほ え む 花 々 が

き こ ぼ れ 、 み ず み

し い 色 彩 で 爛

の 春 を

っ て い る が 、 そ れ と 同 時 に 枝 も た わ わ に 稔 っ た 果 実 の 重 み で 木 々 は 撓 う か と 思 わ れ た 」 ( び o チ 跨 Φ げ o ロ σq プ 窃 匹 o   一 帥 ⊆ 鋤q げ ぢ σq げ δ ω ゜・ o 日   ω ぴ   母 ρ 》 昌 匹 ≦ 即 ゴ マ Φ

巳 o 葺 ω

o

毛 ゆ 茸 o 昌 ℃ ユ 日 ρ 〉   山 Φ

8

口 Φ 節 o 『 $ 目 団 #   窃 普

¢

島 一 ヨ ρ

窪 。 ず 器 Φ 日  

8

『 げ o 口 『 く 昌 匹 嘆 葺   マ マ 巳 訴 一 〇 ロ 。 ” 口 H 巳

9

) 。 そ し て 「 誰 に は ば か る こ と も な く 乙 女 た ち は 恋 す る 男 に 身 を ま か せ る 。 鳥 た ち は お の お の 配 偶 を 得 、 そ し て 誰 一 人 、 他 人 の 楽 し い 歓 楽 や 晴 れ や か な 幸 福 を 妬 む 者 も い な い 」 ( °。 毛   簿 一 〇 ロ o ひq8 亀   ゆ 畠 o ヨ o β   ω け 件 げ o ヨ 岳 δ ぞ 窃 鴇 く 諏 け ゴ o 葺 { Φ = 蠧 昌 oo さ o 困 貼 o 昌 匹 ぴq Φ 巴 ○ の 闘 Φ ” 閃 冨 コ o 厂 ζ $

3

蠧 ヨ o 霞 田 ゜・ 冨 日 o 口 犀 ロ o 慈 窃 い 国 p9 獣 凱 露 の ヨ 鎮 Φ ゜

団 ユ o Φ ω

皀 ρ 目 ず 虫 同 σqoo ユ ζ ヨ   ユ 巨

戸 自。 p 山 創q

。 一 一 冨 叫 口 【 °   ゜ 戯 同 ) の で あ る 。 こ の よ う に

は 善 的 役 割 と し て 美 と 豊 饒 と を 提 供 す る の で あ る 。 一

183

(6)

智山 学報 第二十一一・

eq

  し か し 多 く の 場 合 、 森 は そ の 背 後 に

悪 な 世 界 を の ぞ か せ る こ と が 多 い 。

二 の 幻 影 を 生 み 出 す 役 割 と し て の 森 が こ れ で あ る 。

が 幻 影 の 場 所 と な っ て あ ら わ れ る の は 第 一 巻 に お け る 「 迷 い の 森 」 ( ≦

ユ 理 ぎ αq 鬢 oo α ) で あ ろ う 。 こ の 「 迷 い の 森 」 に は 「

の 洞 穴 」 ( 国 同 HO 口 円 o月   匙 Φ 口 ) も あ る 。 赤 十 字 騎 士 の 一 行 は 突 然 の

の た め 、 そ の 難 を 避 け る た め に 「 迷 い の 森 」 に

げ 込 む の で あ る 。 森 の 「 高 い 樹 々 は 、 夏 の 誇 り の 豊 か な

わ れ て 広 く 枝 を 延 ば し 、 天 の 光 を さ え ぎ り 、 ま た ど ん な 星 の 光 も 通 さ ぬ ほ ど 」 (

プ 。 °・ Φ 一 〇

Φ ヰ Φ 窃 罵 色

昏 げ ゜・ o 目 日 奠 の 胃 達 ρ ∪ こ ω 冒

ω O げ N89   爵 讐

ゆ β   旨 ・。 ぽ σq

ユ 己 臣 鮎 ρ  

ZO

け O   同 o   帥 三 Φ ξ 詳 げ bO ぞ Φ 同 Oh 節 旨 矯 ゜駐 鼠 霞 臼 H ° ド 刈 ゜ ) の

っ た 森 で あ る 。 赤 十

騎 士 た ち に と っ て は

好 な 避 難 所 に 思 わ れ た の で

び に 足 ど り も 軽 く 、 小 鳥 た ち の 甘 い 歌 声 を 楽 し み つ つ 」   ( { OO 誹 ゴ → プ   団 ℃ 器 ω ρ   鬢 詳 7 且 Φ 霧 ロ 器 hO 「 毛 ⇔ 巳 『

9

 Ho 風 昌

8

プ   穹   跨   ぼ

a

Φ ゜。 。。 ≦ Φ Φ

8

ゴ 碧 目 o ロ 質 一 ゜ 一

。。 )

の 中 へ 進 ん だ の で あ る 。 そ し て 彼 等 の 進 ん で

く 道 は 「 広 く 、 そ し て よ く 踏 み な ら さ れ た 道 」 ( 巴 一 虫 霧 ≦ 己  

一 爵 { oo け 毒 o

Φ ” い H ° 刈 ) で あ っ た 。 よ く 踏 み な ら さ れ た 道 と い う の は 迷 宮 に 通 ず る 道 な の で

り 、 す な わ ち 「 迷 妄 の 洞 穴 」 へ の 道 で も あ っ た の で あ る 。 も は や 小 鳥 の 楽 し い

も 聞 え な い 。 そ し て い ま ま で

所 に 思 わ れ て い た は ず の こ の 森 は 、 一 変 し て 怪

の 住 家 と な る の で あ っ た 。 そ の 怪

は 上 半 身 が 女 の

姿

を し て お り 、 下

身 は 蛇 の 姿 を し て い た 。 そ し て 「 そ の 奇 怪 さ 、 醜 悪 さ い ま わ し さ は 身 の 毛 も よ だ つ ほ ど で あ っ た 」 (

o ω

〇 餌 チ

8B

ρ 窪

ρ 団 o 巳 Φ 凹

謹 = o {

o 経 。・ α 巴

H 」 ’ 置 ) と い う 。 怪 獣 が

地 に 伏 し て い る と き は 、 「 そ の 巨 大 な 尾 は 洞 穴 一 面 に 延 び て 、 幾 重 に も 折 れ 重 な り 、 先 端 は 生

を 奪 う 毒 を 含 ん だ

に な っ て い た 」 ( 訟 寓

℃ Φ 一 。

H 山

8

Φ 一 一

8

Φ 磊

 

9

団 簿 ≦ 山 。。 ぎ 犀 昌 。 駐 m

目 聾

げ 。 ロ αq ゲ

≦ 。

9

9

a

曄 旨 ゜

3

一 。・ ニ コ ぴq … 一

α ) の で あ る 。 こ の 毒 針 と は 性 的 欲 望 を 象 徴 し 、 さ ら に ア ダ ム を 誘 惑 し た と き の エ ヴ の 性 行 へ と 結 び つ く 比 喩 な の で あ る 。 怪

は 赤 十 字 騎 士 の 楯 ( 十 字 架 を 意 味 す る ) に 攻 撃 を 加 え 、 さ ら に 彼 の 身 体 を 「 果 て し な い 尾 」 ( Φ ロ α 一 窃 。・ 霞 餌 ぎ   … い H

。。 ) で 巻 き つ け る 、 赤 十

騎 士 は 「 真 理 」 ( ユ ー ナ を 指 す ) の 力 と 「 信 仰 の 力 に 武 力

(7)

「妖 精の女王 」 にお ける森 (佐竹竜照) を 加 え る L (

一 詮 団 爵 自 ロ ε 望 o

宀 o 旨 Φ 岡 H ° 日

O ) こ と に よ っ て 、 つ い に 怪 獣 を 斃 す こ と が で き た 。 し か し 森 か ら 脱 出 し た 彼 等 を 待 ち 受 け て い る 者 は

の 力 で あ る ア ー キ メ イ ゴ ー (

。 臣

σq 。 ) で あ っ た 。 ア ー キ メ イ ゴ ー と は 肉 の 弱 さ 、 堕

の 道 を 意 味

る 魔 法

使

い の 名 で あ る 。 そ し て 彼 の 行 動 は サ タ ン 的 で あ り 、 ま た プ ロ ウ テ ゥ ス の よ う に 変 身 し 、 ケ オ ス を

き 起 し た り す る 。 「 偽

」 の 仮 面 を つ け た ア ー キ メ イ ゴ ー は 彼 等 を

の 庵 に

惑 し て や く の で あ る Q

等 は 再 び 森 の も つ 幻 影 に 苦 し め ら れ る の で あ る 。

が 生 み 出 す

影 の 最 大 の ア レ ゴ リ ー は 魔 法 使 い で

り 、

で あ る 。   赤 十 字 騎 士 の 冒 険 の 目 的 は 悪 竜 を 斃 し て 「 神 聖 」 に 達 す る こ と に あ っ た 。

精 の 女 王 グ ロ リ ア ー ナ に 援 助 を 求 め て 来 た ユ ー ナ ( 真 理 ) の 言 葉 に よ る と 、 悪 竜 は ユ ー ナ の 両 親 の 国 ( エ デ ソ の 園 を 意 味 す る ) を 征 服 し て 、 な お 暴 威 を 振 っ て い る と い う の で あ る 。 し た が っ て グ 卩 リ ア ー ナ の

を 受 け た 赤 十 字

士 は ユ ー ナ と 「 小 人 」 ( 分 別 を 意 味 す る ) を

れ て 冒

の 旅 に 出 た の で あ る 。 し か し す で に

べ て き た よ う に 、

十 字

士 た ち は 思 わ ぬ 躓 き を し て し ま っ た の で あ る 。 「

理 」 と 「 分 別 」 を 伴 な っ て い る な ら ば 、 赤 十

騎 士 は 森 の も つ 幻 影 に 苦 悩 す る こ と は な い で あ ろ う し 、 ま た

一 人 で あ っ た と し て も 表 題 が 示 す よ う に 「 神 聖 」 即 「 赤 十 字

士 」 で あ れ ぽ 、

の 誘 惑 を 避 け る こ と も 堕 落 す る こ と も な い で あ ろ う 。 幻 影 や 偽 善 を 見

る の が 「 真 理 」 で あ り 、 「 分 別 」 で あ る は ず で あ る 。 な ぜ 誘

さ れ る の か 、 そ こ に ア レ ゴ リ ー の 煩 わ し さ と 面

さ が あ る の で あ る 。 抽 象 が 具 体 に

す る と

、 描 写 は 極 め て リ ア ル と な る 。 そ の と き 「

理 」 、 「 分 別 」 で あ る こ と よ り も 、 生 ま 生 ま し い 血 肉 を も っ た 一 女 性 ( ユ ー ナ ) と な り 一 人 の 従 僕 ( 小 人 ) と な る 。 人 間 と し て の 共 通 の 脆 さ が こ こ に 浮 ぴ あ が っ て く る 。 ス ペ ン サ ー の 描 く 神 聖 の 騎 士 と は 実 は 最 初 か ら 罪 を

負 っ た 騎 士 な の で あ る 。 そ の 罪 と は 人 間 が

し く 背 負 わ さ れ て い る 原 罪 の こ と な の で あ る 。 ア ダ ム に よ る 原 罪 は 第 二 の ア ダ ム ( キ リ ス ト ) に よ っ て

罪 さ れ る よ う に 、 人 間 の 堕 落 は 神 の 恩 寵 に よ っ て 救 済 さ れ る 。 し た が っ て キ リ ス ト

徒 は 一 つ の 過 失 の あ と も 「 再 び 立 ち 上 が っ て 」 (

胃 αq げ 二 罵 門 霧 ・ 仙 ぴq 巴 ロ   ” H ° 一 185 一

(8)

智山 学二 十一 け ゜ ミ ) 自 己 の 探 求 を

め な け れ ば な ら な い 。 こ れ が 赤 十

騎 士 を 描 く に 当 っ て の ス ペ ン サ ー の

で あ っ た 。 ま た ユ ー ナ ( 真 理 ) が 全

黒 い ヴ ェ ー ル を 覆 っ て い る の は 単 に 囚 わ れ の 両 親 に 対 す る 同

し み を

わ す だ け の も の で は な い 。 む し ろ 注 目 す べ き 点 は 、 黒 い ヴ ェ ー ル で 覆 わ れ て い る こ と に よ っ て 、 「 真 理 」 の 威 力 が 半

し て い る と い う こ と で あ る 。 小 人 「 分 別 」 は 彼 だ け が

で あ る た め に 身 体 は 疲 労 し き っ て 、 思 慮 分 別 も 鈍 っ て い る 。

の 三 者 一

で は な い の で

る 。 さ ら に 注 意 す べ き

彼 等 三 人 の 順 位 で あ る 。 先 頭 に 立 っ て い る の は 「 猛 り た つ 馬 」 (

αq 亳 ・。 富   α ” 一

」 ) に 乗 っ て い る 赤 十 字

士 で あ り 、 続 い て ユ ー ナ ( 真 理 ) と な り 、

後 に 小 人 「 分 別 」 の 順 と な っ て い る 。 正 常 な

位 か ら す れ ば 、 当 然 ユ ー ナ が 先 頭 に 立 ち 、 次 に 小 人 が 続 き 、 赤 十 字 騎 士 は

後 と な り 、 な お 騎 士 の 馬 は 正 し く

さ れ て い な け れ ば な ら な い は ず で あ る 。 し か し そ こ に は ス ペ ン サ ー の

図 が あ る こ と に 注 目 し な け れ ば な ら な い 。 堕 落 し た 人 間 の 状 態 を 示 す た め に は 、 ど う し て も 正

な 順

( 位 階 ) の

が 必 要 な の で あ る 。 そ う す る こ と が 過 失 を 犯 す 人 間 の 姿 を 、 よ り 鮮 明 に 描 き 出 せ る か ら で あ る 。 さ ら に 「 迷 い の

」 と い う 虚 実                                                                                   の 世 界 に

み 迷 い 、

使 い の 術 策 に 陥 る と い う こ と は 真 の 宗 教 的 信 仰 が 如 何 に 困

で あ る か と い う こ と を 示 し た ア レ ゴ リ ー で も あ る 。   彼 等 三 人 を 自 分 の 庵 に 誘 い 込 ん だ ア ー キ メ イ ゴ ー は 先 ず 「 神 聖 」 と 「 真 理 」 と を 引 き

略 を 立 て る の で あ っ た 。 ア ー キ メ イ ゴ ー は 魔 法 に よ っ て 「 偽 の ユ ー ナ 」 と 「

の 赤 十 字 騎 士 」 を 仕 立 て て 、 真 の

騎 士 た ち の 眼 を 欺 く こ と に 成 功 し た 。 彼 は 赤 十 字

士 と ユ ー ナ を 「 二 つ に

け る こ と が で き た 」 ( 臼 ロ 己

8

自 o 二 江  

同 訂 伺 一 ゜ 卜。

) の で あ る 。 内 的 ア レ ゴ リ ー か ら み れ ぽ 「 二 つ に

け ら れ る 」 と い う こ と は 言 う ま で も な く 赤 十 字 騎 士 の 自 己 分 裂 を 示 す も の で

さ ら に そ の 効 果 を よ り 鮮 明 に 印 象 づ け る た め に 、 ス ペ ン サ ー は

フ ロ ッ ト を 二 分 し て 展 開 す る と い う

方 法 を 用 い た の で あ る 。 ユ ー ナ は 「 偽 赤 十 字

士 」 ( ア ー キ メ イ ゴ

i

) に 赤 十 字 騎 士 は 「 偽 ユ ー ナ 」 ( 魔 女 デ ユ エ ツ サ ) に そ れ ぞ れ 追 従 し て 、 迷

の 状 態 を 続 け る の で あ る 。 一 186 一

(9)

妖 精の女 王」に おける森 (佐竹竜照)   で は 第 三 の

情 と 心 の 混

を 引 き 起 す 役 割 と し て の 森 に つ い て 述 べ て み た い 。 こ の 森 は さ ら に 悪 の 力 が 加 わ っ て 、 肉

を 通 し て

神 を 攻 撃 し よ う と す る 野 獣 や 怪

の 隠 れ 家 と な り 、 心 を 異

な 怒 り に か り た て る 野 蛮 人 の 住 み

と も な っ て い る 。 「 迷 い の 森 」 が そ の 導 火 線 と な っ て 火 を ふ き   い ま や 消 し 難 た い 肉 欲 の

と な っ て 燃 え あ が る の が

三 の 森 で

る 。 こ の

に は ア モ レ ッ ト を 誘 拐 し た

婪 な 「

情 」 ( い

梓 ) が お り 、 ま た 女 の 肉 を

っ て 生 き る 怪

ハ イ エ ナ が い る 。 さ ら に 「 汚 わ し く も 同 じ 血 を

け た 肉 体 を む さ ぼ り 、 自 分 の 兄 弟 の

房 を 汚 す だ け で は

足 せ ず 、 他 の あ ら ゆ る 肉 体 の 泥 沼 の 中 を こ ろ げ 回 り 、 ま た 野

ど も に 自 分 の

を 犯 さ せ る 」 (

ぴ o 昌 皇 。 o 口 言 葺 ω o { 〇

8

口 o 葺 Φ =

2

ロ 舞 一

麾 。 ω 罫 山

a

ω 冖 巴

ゴ 臼 げ

8

窪 ゜・ げ o 惑

O

箆 毛   = o ≦ ぎ 巴 一 〇 臣 Φ

田 団 日 団 同 ρ 》 口 侮 の

ヰ 。 島 げ   鬱 お ず

2

げ o ロ 楓 δ 価 Φ 自 o ≦ 話 “ 目 H 為 ゜ 戯 り ) と い う 女 巨 人 の ア ー ガ ン テ ( 〉 「 σq 山 三   ) も い る 。 綱 を も っ て 女 を 捕 え る と い う 悪 漢 マ リ ン ジ ン (] ≦ 巴   誉 σq 冒 ) も い れ ば   「

制 の 館 」 ( = o

¢ o 出 目 Φ ヨ 冒 o 冨 ロ 昌 o   ) に 対 し て 、 絶 え ず 攻 撃 を し か け て い る 最 大 の 悪 漢 マ リ ジ ヤ

i

( ζ 巴   σq 賃 ) と そ の 下 手 た ち も い る 。

等 は 等 し く 「 理 性 」 の 砦 を 落 そ う と 激 し い 戦 い を 挑 み 」 ( 。 篝 Φ = ぴ 葺 賃 団 げ Φ

O

巴 コ ・。 仲 { o 耳 o { 男 Φ 霧 oP 匿

80

⊆   二

o ≦ 冖 口 ゜ 戯 ゜

) 残 酷 な 攻 撃 を し か け て い る 。 こ こ に 大 き な

問 が 生 じ て く る 。 そ れ は

の た め に 森 の 野 獣 や 悪 漢 が

物 を 攻

す る か と い う こ と で あ る 。 こ の 疑 問 を 解 く た め に こ こ で ア レ ゴ リ ー の

に つ い て 少 し く 述 べ て お か な け れ ぽ な ら な い 。   ア レ ゴ リ ー の 起 源 を

え ぽ そ れ は 文 学 よ り も む し ろ 哲 学 、 神 学 の

域 か ら 発 し て い る と も い え る 。 さ ら に そ の 多 く は 宗 教 に 求 め ら れ る 。 ア レ ゴ リ ー は 物

と 密 接 な 関

を も っ て

展 し て き た 。 神 話 は 人 間 の あ ら ゆ る 経

を 巧 み に 表 現 し て く れ る 物 語 で も あ る Q そ こ に は ア レ ゴ リ ー の 果 て し な い 鉱 脈 が あ る 。 豊

と 農 耕 の 女 神 で あ る デ ー メ ー テ ー ル (

Uo

ヨ 卑 興 ) と ペ ル セ ポ ネ ー ( ℃   磊   唱 げ o 口   ) の 神 話 だ け を 例 に と っ て み て も 明 ら か で あ る 。 ま た ナ ル ペ ウ ス (

O

ゲ   口 。。 ) の

話 や そ の 他 数 々 の 例 を み て も 同 様 で あ る 。 デ ー メ ー テ ー ル と ペ ル セ ポ ネ ー の 神 話 は も と も と 穀 物 の 種 子 が 地 中 に 播 か れ 、 や が て 芽 を 出 し て

を 結 ぶ 過 程 を ア レ ゴ リ カ ル に 説 明 し た も の で あ る 。 さ ら に そ の 意 味 一

187

(10)

智山学報第二 が 拡 大 さ れ る と 、 人 間 の 死

の 永 生、 す な わ ち 再 生 の ア レ ゴ リ ー と な る の で あ っ た 。   神 話 に は 当 然 神 的 な も の 、 物 象 的 な も の 、 心 的 な も の 、

的 な も の な ど が あ る 。 と く に 「 物 的 」 ( 日 葺

巴 ) ア レ ゴ リ ー と 「 心 的 」 ( ℃ °・

巨 o ) ア レ ゴ リ ー は

語 を 豊 か に し 「 持 続 さ れ る 比 喩 」 ( Oo 艮 言 ロ 巴

Φ $ ℃ ず o 「 ) と な っ て 霊 魂 の 問 題 を 取 り 扱 う よ う に 発 展 す る の で あ る 。 プ ラ ト ー ン の 「 パ イ ド ロ ス 」 や 「

宴 」 「 国 家 」 な ど に も 一 連 の ア レ ゴ リ ー が 展 開 さ れ て い る 。 霊 魂 が 二 頭 の 馬 を あ や つ る 戦

の 御 者 と な り 、 ま た 人 間 の 魂 が 地 上 の 生 活 で 感 覚 と                                                                                 肉 体 の と り こ に な っ て い る と い う 洞

な ど の 例 も そ う で あ る 。 ま た 八 重 に な っ た ハ ズ ミ

は 運 命 や 必 然 の ア レ ゴ リ ー で あ る 。 ア レ ゴ リ ー が 文

的 に さ ら に 複 雑 な 機 能 を 発 揮 す る よ う に な っ た の は 、 ロ ー マ 文 学 の 作 家 ル キ ウ ス ・ ア プ レ イ ウ ス ( ピ ニ o ご ・。 〉 ℃ げ 凶 ロ ゜。 H ≦ 凶 α o ロ 話 コ 匹 ゜。 ” Hb Ω QQl 田 ) の 「 黄 金 の ロ バ     ( 転 身

五 m ) 」 ( 〉 。。 ぎ 匡 ω 〉 億 H Φ = °【 ’ ー ζ 。 冨 ∋ o 弓 『 霧   の ) で あ ろ う 。 こ れ は 人 間 の 生     死 す べ き 人 間 の 本 性 と 現 実 の 有 様     を 描 い て お り 、   ロ バ の よ う な 形 を

て て 、 人 間 本 来 の 完 全 な 姿 に 戻 ろ う と す る ア レ ゴ リ カ ル な 物 語 で あ る 。   こ の よ う な ア レ ゴ リ ー は 神 話 、 哲 学 、 文 学 の な か へ 、 換 言 す れ ば 言

の 世 界 へ 浸 透 し て い っ た と い え る 。 聖 書 の 場 合 も 例 外 で は な い 。 む し ろ 聖

の な か で こ そ ア レ ゴ リ ー は そ の

の 多 様 性 を 身 に つ け た と 言 え る か も 知 れ な い 。 聖

は そ の 性 質 上 、 ア レ ゴ リ ー の も つ 「 物 語 体 」 (

耳 箕 ぞ Φ ) と し て の 「 連 続 す る 比 喩 」 を も っ て い な け れ ば な ら な か っ た 。 ア レ ゴ リ ー の 機 能 が 表 象 的 な も の 「 b σq ロ 蕁 一 」 や 「 予 表 的 な も の 」 ( ¢ 唱 oHo σq げ 巴 ) を

ら た に

揮 す る よ う に な っ た の は 、 聖

に お い て で あ っ た 。 例 え ぽ 「 パ ウ ロ の 愛 の 讃 歌 」 ( コ リ ン ト 人 へ の 第 一 の 手 紙 ) や 「 ソ ロ モ ソ の

歌 」 な ど が 挙 げ ら れ よ う 。                                                                                         つ い に ア レ ゴ リ ー は 内 的 世 界 の 表 現 手 段 と し て 、 極 め て 重

な 働 き を す る よ う に な っ て き た と い え よ う 。 す で に 述 べ た よ う に ロ ー マ の 詩 人 プ ル ー デ ン テ イ ゥ ス は 「 霊 魂 を め ぐ る 戦 い 」 に お い て 、 ア レ ゴ リ ー の 機 能 を 最 大 限 に 活 用 し た 一 人 で あ る 。 こ の 「 善 ・ 悪 の 闘

」 と い う ア レ ゴ リ ー が 中 世 か ら 近 代 に か け て の 中 心 主 題 と な る の で あ る 。 一 188 一

(11)

妖 精の 女王に お ける森 (佐竹竜照 )                                                             そ の

表 的 例 を 示 す な ら ば 、 都 は 人 間 の 魂 の ア レ ゴ リ ー と し て 表 現 さ れ て い る 。 そ の

に は 三 つ の 城 (

物 ) が あ る Q す な わ ち 「 理 性 」 ( カ P け 凶 O 旨 ⇔ ぴ 凶 件 凶 け ⇔ o唖 ) の 城 と 、 「 短 気 」 ( ギ 黔

9

げ 葭 言 ω ) の

、 も う 一 つ は 「 好 色 」 (

082

且 ロ 臥 玄 $ ω ) の 城 で あ る 。 そ し て そ の

を 支 配 し て い る も の は 「 信 仰 」 ( 閃 巴 チ ) で あ り 、 「 希 望 」 ( = O 唱   ) で あ り 、 「 慈 悲 」 「

07

胃 潔 団 ) で あ る 。 言 う ま で も な く こ の 組 み 合 わ せ は 「 理 性 」 に は 「 信 仰 」 が 、 「 短 気 」 に は 「 希 望 」 が 、 そ し て 「

色 」 に は 「 慈 悲 」 が 結 び つ い て い る の で あ る 。 そ し て こ の

を 支 配 す る も の は 「 自 由 意 志 」 ( 閃 H   Φ   ≦ 一 一 ) で あ る 。 「 自 由

志 」 は 絶 え

「 冒

」 (

  目 団 ) 、 「 快

」 ( い ロ

q

) 、 「 高

」 ( ℃ 同 匡   ) な ど に 攻 撃 さ れ 、 ほ と ん ど 屈 服 さ せ ら れ る 状 態 に

ち 入 る が 、 「 恩 寵 」 ( ○ 蠢

8

) の 率 い る

徳 の 軍 隊 の 到 来 に よ っ て

わ れ

す る の で あ る 。 こ の 場 合

. 悪 は そ れ ぞ れ

士 と し て 擬 人 化 さ れ て い る 。 悪 の 住 み 家 は 必 ず

と な っ て い る 。

は つ ね に 悪 の 生 息 す る 場

と し て 、 城 ( 建 物 ) 攻 略 を

助 す る 。 以 上 の よ う に 「

・ 悪 の 闘 争 」 と い う ア レ ゴ リ ー は

学 上 の 重 要 な 手

と な っ て エ リ ザ ベ ス

代 に 至 る の で

る 。   人 間 の 魂 を そ れ ぞ れ 城 (

物 ) で 表 現 し た よ う に 、 「 妖 精 の 女 王 」 に お け る 「 節

の 館 」 の 場 合 も 同

で あ る 。 そ こ に は 貞 淑 な 美 女 マ ル マ 姫 が 住 ん で い る 。 ス ペ ン サ ー が こ こ で

図 し て い る こ と は 、 如 何 に し て 「 節

」 を 獲 得 す る か と い う こ と で あ る 。 「 節 制 」 の

士 ガ イ ア ン は す で に 激

の 犠

と な っ た 人 間 の 姿 を モ ー ダ ン ト (

oa9 。

) と ア メ イ ヴ イ ア ( 〉 日 o 〈 一 p ) を 通 し て 知 っ た 。 激 情 は 「 理 性 の 正 し い 支 配 権 を 奪 い 、 理 性 を そ の 臣 下 に し て し ま う 」 ( 閑 o

冨 器 o 昌 o 臣 ず 臼

  H 。 αq 缶 一 一 → 圃 ρ 〉

窃 罪 。。 o 目

8

ゴ 霞 げ 器 窃 け

ほ ” 口 ゜ 尸 α 刈 ) 。

制 に と っ て 最 大 の

は 「 快 楽 の 激 情 」 ( 巳   器

Φ の ミ ゲ o 什 山   ω 蹄   ” 一 一 ゜ ド   。。 ) で あ り そ し て そ の 「 快 楽 の 激

」 に よ っ て

起 こ さ れ る 「 心 の 激 し い 乱 れ ほ ど 、 節 制 に と っ て 大 き な

は な い 」 ( 頃

昌 o σQ お 舞 Φ 巳 巨 団 日 ゴ

吻 ε げ げ o

  唱 臼

ε

〒 ぴ 9 島 o 口

鬥 ゜ 伊 同 ) の で あ る 。 し た が っ て 「 感 情 の 手 綱 を ゆ る め る 者 は

れ な 人 間 で あ る 。 な ぜ な ら ば 感 情 と は 、 初 め の う ち は 弱 々 し く 力 の な い も の で あ る が 、 放 っ て 置 く と 恐 ろ し い 結 果 を 生 む 。 ま だ 力 が 弱 い う ち に 、 時 を 移 さ ず 一

189

(12)

智山学報 第二 十一輯

情 と

う こ と 。 一 度 生 長 し て

全 に 力 を 握 る と 、 理 性 の 砦 を 征 服 し よ う と 激 し い 戦 い を

み 、 残 酷 な 攻 撃 を し か け る 」 (

ζ

゜ ω

。 7

・ け ε

・ 。

α 。 窃 →

・ ぎ

・ ぴ 。 σ

  鴫 ⇔ 円   ≦ Φ ⇔ 犀   Φ

. じd 畧 ゜・ oo

ひ δ ¢ αq ず ゜・ 亀 {. 「

8

σq お 毛

8

{ 窓 「 Φ h ロ =  

Φ 夢

9。 お 芝 Φ

  げ Φ 二 日   。・

チ   日

8

巨 ゜

… 閏 o 『 ≦ ゴ

8

o 口

88

℃ Φ 臨 。 。 畠 窪  

子 ユ o σq δ

ω # o ⇒ 鋤q ≦ 穹 話 。・ 跨 Φ 《 ヨ

ρ

α 。

Φ =

耳 亳 げ  

O

巴 昌 馨 ho 同 佇 o { 幻 Φ 霧 o 尸 ば 辞 oo ロ Φ 巨

o ≦ ”

F

宀 ω 躯 ) こ と に な る 。 感 情 と は ヒ ド ラ の よ う に

く の 頭 を も っ た 怪

で あ る か も 知 れ な い 。   な る ほ ど 「 節 制 の 館 」 を 取 り 巻 く

に は

く の 怪 獣 が い る 。 虎 に 乗 っ た マ リ ジ ヤ は 軍 勢 を 十 二 隊 に 分 け 、 そ の う ち 七 隊 を 城 門 攻 撃 に 向 け

り の 五 隊 を 五 つ の 大

塁 に

け て 攻 撃 を し か け て い る の で あ る 。 こ の 七 隊 と は 「 七 大 徳 」 ( 爵 Φ ω Φ く Φ p8 貳 冒 巴 く 冒 け ロ Φ ω ) に

対 す る 「 七 大

」 ( 爵   。・ Φ 〈

α  

ζ 。・ ぎ ω ) を 意 味 し て い る の で あ る 。 す な わ ち 「 七 大 罪 」 と は 「 高 慢 」 (

己 Φ ) 、 「 怠 惰 」 ( 崑 一

8

霧 ω ) 、 「

」 ( Ω 一 三

8

) 、 「 好 色 」 ( ピ   。

q

) 、 「

欲 」 ( 〉 く 胄

8

Φ ) 、 「 羨 望 」 ( 国 昌 く δ ) 、 「

怒 」 (

蠧 夢 ) の こ と で あ る 。 ま た 五

と は 「 五

」 を 襲 う そ れ ぞ れ の 罪 の こ と で あ る 。 こ の よ う に

の 猛 攻 を 受 け る 理 由 は 、 「 節 制 の 館 」 が 人 間 の 肉 体 を

わ し て い る か ら で あ る 。 す で に

べ た よ う に 城 が 心 ( 魂 ) を 表 わ す 場 合 は 別 で あ る 。 シ ー リ ア (

O

) の 住 む 「 神 聖 の 館 」 ( = o

  o { = o 一 ぎ   ω ω ) が こ れ に 当 る 。 し た が っ て 「 神 聖 の 館 」 に は 森 は な い 。 悪 な る

は 自 己 自 身 の う ち に

裂 が 生 じ た と き に 起 る も の で

る 。 ま た

己 の う ち に 隠 れ て い る 無 意 識 的

迫 を 対 象 化 し た も の が 、 悪 な る 森 と も い え る で あ ろ う 。 森 に は ま た 数 多 く の 洞

が あ る 。 す で に 述 べ た よ う に 赤 十 字 騎 士 た ち が 迷 い 込 ん だ 森 に は 「 迷 妄 の 洞 穴 」 が あ っ た し そ の 他 に も 「 ジ エ リ ナ ー ニ オ ー ( Ω Φ 二 〇 poo ) の 怪 獣 の 住 む 洞 窟 」 ( < 畳 b。 ° α 高 幽 ) が あ る . 女 性 の 肉 を 食 っ て 一

190

(13)

妖精の 女王 に おける (森佐竹竜照) 生 き る と い う 「 怪 獣 ハ イ エ ナ の 洞

」 ( 目 い 刈 』 笛 ) も あ る 。 ま た 「 欲 情 ( 冖

件 ) の

」 ( H < 畠 メ リ ) と 「 マ リ ン ジ ン ( ヨ 巴   昌 σq ぎ ) の 洞

」 ( < ° り ゜   ) が あ り 、 さ ら に 最 大 の 洞

と い わ れ て い る 「 マ マ ン ( ζ ロ ヨ 日 o 旨 ) の 洞 窟 」 ( 口 ゜ 『 ° 軌 1   α ) が あ る o   洞 窟 と は

の 欠 如 を

示 し さ ら に

神 的

闇 の 存 在 、 す な わ ち 「 混 沌 」 (

団 鴇 o {

O

8

) を

味 し て い る 。 ウ エ ル ギ リ ウ ス の 描 い た 洞 窟 (   営

8

鋤 ぽ 。 ) は 森 の 一 部 で

T

形 の な い 存 在 」 ( 団

Φ 沼 ロ 窃 。・ ) と 結 び つ き 、 「 混 沌 」 を

示 し て い る の で あ る 。 ま た ア リ ヌ ス ・ ド ・ イ ソ シ ウ リ ス は 洞 窟 ( 帥 昌 仲 h β 目 Pu   O ” 〈 Φ 峠 昌 Q ) を 悪 人 の 堕 落 し             た 心 に 喩 え て も い る 。 心 が 空 で あ る と い う こ と は 、 す な わ ち 洞 窟 の イ メ ー ジ に 結 び つ く 。 神 や 理 性 に 背 を 向 け る と き 悪 な る 衝 動 の 住 み

は 当 然 洞 窟 と な る で あ ろ う 。   で は 洞

の 代 表 で も あ る 「 マ マ ソ の 洞 窟 」 に つ い て 述 べ て み た い 。 騎 士 ガ イ ア ン は か つ て 「 安 逸 の 湖 」 ( 一 皀 Φ ピ

Φ ) を

る と き か ら 、 伴 の 巡

( 理 性 を 意 味

る ) と

れ て し ま っ て い た 。 し た が っ て 森 の な か で マ マ ン と 出 遇 う の も 一

の と き で あ る 。   陽 の さ さ な い

鬱 な

に は 異 様 な

姿

を し た 険 悪 な 相 貌 の

が い る 。 そ の 野

な 男 の

は マ マ ン と い い 、 彼 は い ま 「 膝 の 上 で 、 山 の よ う な 貨 幣 を 一 つ 一 つ 数 え て は ひ っ く り か え し 自 分 の 目 と 飽 く な き

望 と を 、 莫 大 な 財

で 楽 し ま せ て い る 」 ( ぎ 窪 ゜・ ぽ も p 目 窃 m Φ ohoo 団 p   『   け 巳 斜 》 β 匹

ε

a

〈 磊 ユ o ≦ 昌 ρ

8h

Φ

a

  ゴ 冨 Φ 同   〉 口 匹 oo 二 ?

8

葛 仙 Φ の 冒 Φ

臣 露 の

αq Φ け げ 器 田

刈 」 ) と こ ろ で あ っ た Q ま た あ た り 一 面 に は 使 い 切 れ な い 黄 金 が 山 と

ま れ て い る 。 マ マ ン は 黄 金 の 価 値 を 説

な が ら ガ イ ア ン を 自 分 の 洞 窟 へ 誘 惑 し て ゆ く の で あ る 。 洞 窟 は 深 く 、 下 へ 下 へ と 続 い て い る 。 そ し て

々 と し た 荒 野 に 出 る と 、 そ こ か ら は 冥 界 へ 通 じ る

と な る の で あ る 。 道 の 両 側 に は 「 苦 痛 」 ( ℃ 巴 昌 ) と 「 争 い 」 ( ω → 同 竃 Φ ) 、 「

讐 」 ( 閃 Φ く ¢ ロ ゆq Φ ) 、 「 悪 意 」 (

O

。 。・ 営 αq 茸 ) な ど の 不 気 味 な

物 が 絶 え ず 出 没 し て い る 。 や が て 「

の 館 」 ( 甲 { O ロ ロ喝 O   Oh   一 西 一 〇 『 昌 Φ ロ唸 ロo ) の 入 口 に

す る が 「 富 の 館 」 と 「 地 獄 」 と は

り 合 わ せ と な っ て い る 。 一 191 一

(14)

智 山学報 第二十一 入 口 に は 「 心 配 」 (

O

胃 Φ ) が 不

を し て い る 。 ガ イ ア ソ を 誘 っ て マ マ ン が 内 に 入 る と 、 う し ろ か ら

鬼 が 現 わ れ て 、 ガ イ ア ソ が 「 も し 一 番 気 に 入 っ た も の に

欲 な 手 を の ば す か 、 そ れ と も 物 欲 し げ な 目 を

け る か し た ら 」 ( 累

髯 。 o 口   → o 磊

90

円 一

ま 巳 Φ 団 Φ

H ° メ ト。 刈 ) す ぐ に 餌

に し よ う と 待 ち 構 え て い る の で あ る 。 奥 の

屋 に 進 む と 、 そ こ に は 「 か つ て 人 の 目 に 触 れ た こ と の な い ほ ど の 莫 大 な

宝 」 (

窃 ω の

げ Φ ×

8

Φ 虫 昌 瞬 ω

8

円 少 〉 °・ Φ

o {

8

。。 コ 鮎 匹 昌 Φ に 雲 。。     げ 駄

Φ

H 』 ° Q。 図 ) が あ る 。 そ し て そ の 管 理 に は 「

欲 な 霊 」 (

8g

ε

ω

ぴq 窪 ) が 当 た り 、 昼 夜 を と わ ず 厳 し く 見 張 っ て い る 。 マ マ ソ は 「 こ こ に は 世 界 の 幸

が あ る 。 見 る が よ い 」 ( い o   ゴ   掃

  ≦

匡   ω げ

… 一 一 ゜

S

ω ゆ ) と ガ イ ア ン を 誘 惑 す る が 、 ガ イ ア ン は 拒 否 す る の で あ る 。 そ こ で マ マ ン は ガ イ ア ソ を 金 鉱 の 精 煉 場 へ と 連 れ て ゆ く 。 そ こ で も マ マ ン の 誘 惑 は 効 を 奏 し な い 。   次 に 誘 わ れ た 場 所 は 黄 金 の 柱 が 立 ち 並 ぶ 宮 殿 で

っ た 。 玉 座 に は 宝 石 を ち り ぽ め た 衣 裳 を ま と っ た 美 女 が 腰 か け て お り 、 そ の 玉 座 の 周 り に は 大 群

が 集 ま っ て お り 、 そ の 美 女 が 手 に し て い る 「 黄 金 の 鎖 」 ( ○ 器 舞 ゆqo 匡 。

冨 ) へ 攀 じ 上 ろ う と も が い て い る 。 「 黄 金 の 鎖 」 と は 「 野 心 」 ( 〉 目 げ 三

8

) を 象 徴 し 、 天 界 と 冥 界 を

の こ と で あ る 。 そ の 女 は マ マ ソ の 娘 で ブ イ ロ タ イ ミ ( 勹 ぼ 一 〇 出

5

Φ

1

誉 欲 を 意

し て い る ) と 呼 ぼ れ 、 「

々 が 嫉 妬 の あ ま り 天 か ら 締 め 出 し て し ま っ た 」 ( 閃

8

ヨ ≦ げ Φ 昌

8

Φ σqo

ロ   げ 臼 { o 畦

8

自 鴇 臣

゜・ → … 口 ゜ メ

) ほ ど の 美 女 で あ る 。 そ こ で マ マ ン は 再 び ガ イ ア ン を 落 し 入 れ よ う と し て 「 も し あ な た が 望 む な ら 、 あ な た の

に し て や ろ う 。 そ う す れ ば 、 あ な た を 高 め て 立 派 な 働 ぎ を さ せ 、 正 し い

を 立 て さ せ て く れ る だ ろ う 」 ( → ゲ 矯 巷 o ロ 器 H ≦ 冨 げ 72 ヨ p 犀 ρ 罵 曄 障 跨 o ⊆ 冨 ω ゴ 月 ゲ 讐 の げ Φ 旨 飴 矯 チ    

自 opoo { o 同 毒 o 同 犀 Φ の ゆ 昌 山 ヨ 醇 津 o 。・ 凶

嘗 HH °

S

) と 誘 う Q そ こ で ガ イ ア ソ は 「 も う

い を 立 て て 、 別 の 女 性 に 愛 を 捧 げ て い る の で 、 そ れ を 変 え る わ け に は い か な い 」 (

o ≦ 盛

8

0 子 嘆 い

鴇 一 襞 ρ 目 ず 鎮

8

円   ヨ o ロ Φ 子   旨 ヨ   一 げ m 賃   昌 o ヨ 一 σq

… 一 H °

S

  O ) と 再 び 拒 否 す る の で あ る Q マ マ ン は ひ ど く 立

し な が ら も 、 次 の 「 プ ロ サ ー ピ ナ の

」 ( チ  

O

穹 臼 ロ o {

8

Φ 壱 昌 m ) ヘ ガ イ ア ソ を 誘 っ て 行 く の で あ 一 192 一

(15)

妖 精の 女 王に お ける森 (佐) る Q   そ こ に は

や 黒

が 鬱

と 繁 っ て お り 、 ケ シ の 花 や サ ム ナ イ テ イ ス 、

ニ ン ジ ソ な ど

気 な 植 物 も 生 え て い る 。 し か し 庭 園 の 中 央 に は ひ と き わ 目 立 っ て 立 派 な 一 本 の リ ン ゴ の

が 技

を 拡 げ て お り 、 「 さ ん 然 と 輝 く 黄 金 の リ ソ ゴ 」 (

Oo

乙 。 コ 〉

8

ω

昌 ひq げ 同 蒔 江 “ HH ° 刈 ゜

) が 枝 も た わ わ に

っ て い る 。 だ が そ の

葉 は

園 の 柵 を 越 え て 冥

の コ サ イ タ ス 川 に 垂 れ 下 り 、 枝 先 を 浸 し て い る 。 そ の 川 か ら は 絶 え ず 地 獄 に 落 ち た 者 た ち の 発 す る 泣 き

び 声 が

き 渡 っ て く る 。 ガ イ ア ン は そ の 声 に

わ れ て 堤 に 上 が っ て 見 下 ろ す と 、 「 顎 の 下 ま で 水 に 浸 っ て い る 」 (

O

  Φ 唱 毛 霧 げ o

。 昌 。 げ

8

Φ 〈 喝 ヨ o 段 。 三

『 』 ◎。 ) 一 人 の 亡 者 に 目 が と ま っ た 。 リ ン ゴ を

べ よ う と し て も 、 ま た 水 を 飲 も う と し て も 両 方 と も 退 い て 、 亡 者 の 口 に 入 ら な い の で 、 亡

は 饑 渇 の た め に 日 々 死 の 苦 痛 を な め な が ら 死 に 切 れ な い の で あ る 。 ガ イ ア ン が そ の 様 を

ん で 名 を 尋 ね る と 「 タ ン タ ラ ス 」 ( → o ロ 冖 巴

ー 強 欲 を 表 わ す ) と い い 、 そ し て 「

も な く 、 死 の 寸 前 と い う

様 で す 。 も し あ な た が お 見 か け ど う り の 方 な ら 、 ど う か

と 飲 物 を お 恵 み く だ さ い 」 ( H 口 o 芝 ho 同 耄 ゆ

ohhoo ユ 匹 o   ユ 冤   … ゆ

罵 臣 舞 跨 o 口 げ ω 。。 二 〇 劉 器 同

Φ   。・ o ρ

Oh

σq

8H

も 罠 団

  ρ αq ε  

8

Φ 舞 ロ

冒 評  

8

ヨ o   」 一 ゜ 『 ° α   ) と 嘆 願 す る の で あ る 。 し か し

士 ガ イ ア ン は 「 お 前 は 罪 の 報 い を 受 け な け れ ば な ら な い 。 そ し て 位

き 人 の よ き み せ し め と な る べ き だ 」 ( 〉 げ 賦   爵 。 { o 畧

§

Φ o { け

ξ

Φ 白・ Φ

{ 舞 ρ 〉

く 昌

8

。 = 件

貯 。 冒 = αq げ ユ   σq 話 ρ 国

国 日 它 。 げ   o { ヨ ぎ ロ 言 冨 ヨ

冨 冨 …

F8

  O ) と 答 え る と 、 タ ン タ ラ ス は

っ て 漬 神 の 悪 罵 を 吐 き 散 ら す の で あ る 。 と こ ろ で ガ イ ア ン が こ の 洞

に 入 っ て か ら 、 す で に 三 昼 夜 を 過 し て い る 。 三 昼 夜 と い え ば 、 地 上 の 人 間 が こ こ に 滞

す べ き 極 限 の 時 間 で あ る 。 ガ イ ア ン は ひ ど く 疲 れ て い る た め 、 地 上 に

れ 帰 っ て 欲 し い と マ マ ン に 依 頼 す る の で あ っ た 。 マ マ ソ も つ い に 最 後 の 誘 惑 に も 失 敗 し て し ま っ た の で 、 仕 方 な く 白 日 の 下 へ

し て く れ た 。 し か し こ の あ ま り に も

常 な

験 が 心 身 に こ た え て 、 ガ イ ア ソ は 地 上 に 出 て か ら、 か な り の 時 間 気

し て い た が ア ー サ ー 王 子 に 救 わ れ た の で あ る 。 以 上 が 森 の 生 み 出 し た 一 193 一

(16)

智山学報 第二 十一輯 「 マ マ ン の

」 の 姿 で あ る 。                                                                     こ の 場 に お け る ア レ ゴ リ ー は 「 荒 野 に お け る キ リ ス ト の 誘 惑 」 に 対 比 し て 考 え ら れ る で あ ろ う 。 だ が こ こ で 注

し な け れ ば な ら な い こ と は 、 「 荒 野 に お け る キ リ ス ト の 誘

」 と マ マ ン の 洞 窟 に お け る 「 ガ イ ア ン の 誘 惑 」 と の 順

の 相 違 で あ る 。 ス ペ ソ サ ー は そ の 第 一 を 「 富 と 権 力 の 誘 惑 」 と し 第 二 は 「 名 声 と 美 女 の 誘 惑 」 、

は 「

え の 誘 惑 」 と 設 定 し た 。 こ の 三 大 欲 望 は 人 間 に

い か か る 悪 で あ る 。 特 に 人 間 に と っ て 克 服 し 難 い 誘 惑 は

三 の

え の 誘 惑 で あ ろ う 。 三 日 間 の 己 と の 激 し い 戦 い で あ っ た 。 そ れ は 至 難 の 業 で あ っ た 。 し か し ガ イ ア ソ は つ い に す べ て の 誘 惑 を 克 服 し た の で あ る 。 こ の 三 日 間 と は す な わ ち キ リ ス ト の 復 活 を 象

す る 日 数 な の で あ る 。 気 絶 し て し ま っ た ガ イ ア ソ は 「 天 の 恩 寵 」 ( ア ー サ

i

王 子 ) に よ っ て 回 復 〔 再 生 ) さ せ ら れ た の で あ る 。   以 上 の よ う に 森 は さ ま ざ ま な 悪 を 生 み 出 し て き た 。

に 至 る 道 に は 「 悲 痛 」 (

O

艮 Φ { ) や 「 心 配 」 (

O

⇔ 話 ) 、 「 病 い 」 ( ω 一 。 げ =   ω ω ) 、 「 不 安 」 ( 閃 雷 「 ) 、 さ ら に 「 飢 え 」 ( 国

  奠 ) 、 「 欠 乏 」 ( 勺 。 コ ロ

q

) 、 「 闘 争 」 (

碧 ) な ど が 、 悪 の 手 先 と な っ て 森 に

し て い る 。 森 の 生 み 出 し た 悪 の

を 再 び こ こ で 分 類 し 直 せ ば 、 次 の よ う に な る で あ ろ う 。 「

実 」 ( → 毎 爵 ) に

し て は 「 虚

」 ( 閏 巴 。・ Φ プ Oa ) と な り 、 「

」 (

αq 犀 ) に 対 し て は 「

闇 」 (

U

Φ ω ω ) を 生 み 、 「 美 」 (

bd

 

な ) に 対 し て は 「 醜 」 ( ¢ σq = 昌   。・ 。。 ) 、   「 知 」 ( 閑 昌 O 亳 ♂ 山 αq Φ ) に 対 し て 「 無 知 」 ( H σQ 霞

8

) 、 「 愛 」 ( い O 〈 Φ ) に 対 し て は 「

欲 」 ( い ロ 。。 け ) 、 そ し て 「 秩 序 」 (

Oa2

) に 対 し て は 「 混 乱 」 (

08

建 ω δ 口 ) と な り 、 「 生 」 (

h Φ ) に 対 し て は 「 死 」 (

U

Φ 鷺 げ ) を 生 む 。 ス ペ ン サ ー の 描 い た 森 の ア レ ゴ リ カ ル ・ イ メ ー ジ は 実 に 複 雑 で 、 多 様 で あ る と い え よ う 。 一 194 一     註 》 冖 Φ 露   『 o { 島   〉 三 冨 Hl ω ぼ

8

「 閃 巴 Φ   ず 冖 閃 器 「 一 Φ O ロ 巾 窪 ρ 切 oo 評 H 讐 → 冨 ≦ o 時 ω o { 国 ユ ∋ 目 鉱 Qo 冨 霧 05 ℃ H   S 拙 論 、 ス ペ ン サ ー の ア レ ゴ リ i 、 と く に 「 妖 精 の 女 王 」 ( 神 聖 ) を 中 心 と し て 淑 徳 大 学 研 究 紀 要、 第 六 号 。

(17)

          ℃ H 固 峠 O ℃   幻 O 唱 二 び 凶 P   HO °   Φ 屮   一 )   一 刈 0 ° 匂 O げ ヨ 7 宀 聾 O 〔 ) ロ     コ M > 一 一   σqO 「 罵℃ 層 唱゜   bo 莊 − 心 O ° 臼 O ゴ ロ 国 「 匂o 犀 一 ロ O 寓 田 コ 犀 一 ロ 09 ” ω O ロ → 60 帥 ロ 自 ζ   ロ ロ 一 ロ αq 一 口 ω 噴   昌 り◎   H. qo > 一 一   αqO 「 ざ ℃°   S 一 ぴ 一 山   娼 刈 O ° 頃 「 90 コ 犀 内   H 目 卩 O 飢 ρ 一 『 げ ω OO 〈 OO 剛 ζ 螢 ヨ 目 O 尸 団 一 冒 印 げ O 冖 げ ロ ロ ℃ O   葺 ざ 唱 冒゜ H 朝 日 − 目 『 QQ ° 一 195 一 妖 精の女王に おける 佐竹照)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :