序章 <沖縄>をめぐる新しい研究視点の構築

全文

(1)序章. <沖 縄>をめぐる新し い研究視点の構 築. (1)基 地 と観 光の パ ラ レ ル ワ ー ル ド 全 国 的な < 沖縄 >人 気 は、い ま や完 全に 定 着し た感 がある。 県産品 のゴ ー ヤ ー は、す で に「 に が う り」 で は な く、 沖 縄 方 言の 「ゴ ー ヤ ー 」と し て、 人々 の 食 生 活に 浸 透し てき て いる 。他 に もモズク や 紅い も な ど の沖 縄 食 品 は、 健 康 意 識の 高ま り を背 景と し てブ ラ ン ド 化さ れつ つ ある。 音 楽に 目を 向 け れ ば、THE BOOM の「 島唄」 フ ィ ー バ ー は、 発 売 後 10 年た っ て ま た再 燃し て い る 。その 一方 で 沖縄 のイ ン デ ィ ー ズ バ ン ド ・モンゴル 800 は、当 事者 も予 期 せ ぬ ほ ど の 全国 的な メ ガ ヒ ッ ト を 飛ばした 。 奄美出身 の 元ち と せ の 登場 とも 相 乗 効 果を な し て 、日 本 の音 楽シ ー ンの な か で <沖 縄> は 、形 を変 え な が ら も 常 に一 定の 存 . .. 在感 を示 す よ う に な っ た。 こ う し た消 費 文 化 において < 沖縄 >は 、 も は や「 沖 縄ブーム 」 とい う表 現 が ふ さ わ し くな い段 階 に ま で、 日常化 ・恒 常 化が 進ん だ よ う に思 われる 。 その 一方 で、 沖縄 の 米軍基地 を め ぐ る問 題 も、枚 挙 に暇 が な い。 普 天 間 基 地 移 設 を は じ め、 基地 の 返還 ・縮 小 への 道は 、 相変 わ ら ず 難航 が続 い て い る。 米 軍 関 係の 事 件は 、日 々 県内 マ ス コ ミに よ っ て 取り 上げ ら れ て い る 。また 、2001 年の 9.11 同 時 多 発テ ロは 、「沖 縄 は基 地が あ る か ら危 な い」 と い う 風評 を全 国 に広 め、 観 光 関 連を は じ め と す る 県内産業 に 大き な打 撃 を与 えた 。だが 、こ れ に対 し て県 や政 府 の対 策も 始 まり 、「だ い じ ょ う ぶ さ ぁ 〜 沖縄 」キ ャ ン ペ ー ン に よ っ て 、「 元気 な 明る い沖 縄 」を ア ピ ー ルし た( → 補論 を参 照 )。 こ う し たテ ロ に よ る即 発 的な 影響 や 、そ の後 の キ ャ ン ペ ー ン的 リ ア リ テ ィ が浸 透 する プ ロ セ スは ま さ に 、沖 縄に お い て 軍 事 基 地と 観光 リ ゾ ー トが 互 いに 並立 し 、そ れ ぞ れ がパ ラ レ ル ワールド を な し て い く よ う なリ ア リ テ ィの 二重性 を、 典型的 に表 し て い る。 沖縄 は「 基地 の島 」で あ る と 同時 に 、「 観 光の 島」でもある 。県 の 観光収入 は 年間 4,000 億円 を超 え 、県 外 受 取 額の 17-8% に達 し て お り、その 規 模は 他の 産 業を は る か に上 回っ て いる 。観 光 はまさに 、 沖 縄 県の 基 幹 産 業と し て の 位置 を 確立 した 。 だが その 一 方で 、こ の せ ま い島 の 空間 には 、 基地 のリ ア リ テ ィが 広 大な 面積 を 占め て も い る。 そ こ で 、沖 縄が 観 光 立 県で あ る た め に 不可欠 と な る 条件 は 、「 安 全 性 」や「快適性 」の 確保 で あ り 、また「 安 全で 快適 な 沖縄 」と い うイ メ ー ジ づ く りで あ った 。「だ い じ ょ う ぶ さ ぁ 〜 沖縄 」キ ャ ン ペ ー ンは 、ま さ に こ の「 安 全で 快適 な 沖縄 」と い うイ メ ー ジ を、 全国 に 向け て大 量 に発 信し て いたのであった 。 そ し て 、実 は 後 に見 る よ う に 、こ う し た 沖 縄 イ メ ー ジの 演 出は 、1972 年 の日 本 復 帰 以 来の 30 年 間、 沖縄 が 著し い観 光 リゾート 化 の道 を進 ん で い く な か で、 一貫 し て重 要な 課 題であり 続 け て き た の で あ る。 それは 、沖 縄 をめぐる 基 地の 現実 が 、復帰後 も 変わ らず 温 存さ れ た こ と と も、 パ ラ レ ルな 関 係に ある 。 すなわち 、 <青 い海 > に代 表さ れ る沖 縄イ メ ージ は、 基 地の 現実 と 観光 リ ゾ ー ト化 の現 実 を、 別 次 元 の も の と し て分 断す る 、象徴的 で 政 治 的な 機 能を 果た し て き たの で あ る 。も ち ろん 、基 地 の現 実と 観 光リ ゾ ー ト の現 実は 、 沖縄 の せ ま い島空間 の 中で 互い に 接近 し、 し ば し ば影 響 し合 う関 係 に も あ っ た わ け だ が 、 こうした 沖 縄イ メ ー ジ の媒 介に よ っ て 、両 者 はあ た か も 無 関 係で あ る か の よ う に並 立し て きた の で あ る。 私は 沖 縄の こ う し た状 況を 、 パ ラ レ ル ワ ー ル ドの 並 立、 また リ ア リティ の 二 重 性と 名 づけ 、本 論 の基本的 な パ ー ス ペ ク テ ィ ブの 一 つ と し た い 。そして 、 こうした 沖 1.

(2) 縄の リアリ テ ィ の二 重 性 1の成立 に 重要 な機 能 を果 た し て き た 沖縄 イ メ ー ジを 、本論 の対 象 と し て取 り 上げたい 。 す な わ ち 、 本論 の 主 題・ 目 的 は 、「復 帰 後 の沖 縄 におい て 、 沖 縄イ メ ー ジが い か に し て 形成 され 、 そ れ が沖 縄 の新 しい 現 実を い か な る形 で構 築 す る こ と に な っ た の か 」を 、明 ら か に す る こ と で あ る 。こ の 主題 を、第1 部 では 沖 縄 振 興 開 発 計 画、第 2部 では 沖 縄 海洋博 、 第3 部で は 観光 キ ャ ン ペ ー ンの 内在的 な検 討 の中 で、 そ れ ぞ れ展 開 し て い く こ と に な る 。 本論 では 主 に、 沖縄 イ メ ー ジが 体系的 に構 築 さ れ る こ と に な っ た 1970 年代 に焦 点を 当 てていく 。 この 時期 にこそ 、復 帰 と海洋博 という 互い に 連動 し合 う 二大 イ ベ ン トを 軸に し て、 <沖 縄 >に 対し て 著し いテ ー マ化 の ま な ざ し が向 けられ 、観 光 リゾート と し て の沖 縄 イメージ の 基盤 が確 立 さ れ て く る か ら で あ る 。後 述す る よ う に、 そ の後 、現 在 に至 る ま で の沖 縄イ メ ー ジ の基 本 要 素 は、 ほ ぼ こ の時 期 に出 そ ろ っ て い た と 言 っ て も過 言 ではない 。 本論 では 対 象 時 期を 70 年 代に し ぼ り 込む こ と に よ っ て 、復帰後 〜 現在 の沖 縄 イメージ の エ ッ セ ン ス の部 分を 、 その 歴 史 的 構 築 の様 相 において 明 ら か に す る こ と が で き る。 (2)沖 縄 研 究 と沖 縄 イメージ の 研究 こ の よ う な 復 帰 後の 沖 縄イ メ ー ジ に関 する 社 会 学 的 研 究 は、今日 の沖 縄 をめぐる 状況 を 考え る上 で 、非 常に 重 要な 素材 を 提供 す る は ず で あ る 。 だが 実は 、 先行研究 を 見る 限り 、 沖縄 イ メ ー ジそ の も の を内在的・体 系 的に 扱 った 社 会 学 的 研 究は 、一部 を除 い て 2、ま だ ほ と ん ど行 わ れ て い な い の が 実情 である 。こ れ は、 本 論 第 2部 の沖 縄 海 洋 博の 内 在 的分析 、 第3 部の 沖 縄 観 光キ ャ ン ペ ー ン に 関す る研 究 も同 様で あ る。 . .. . もちろん 、沖 縄 研 究 に 関 して 言う な ら 、こ れ は あ ら ゆ る分 野 に わ た っ て 膨大 な す ぐ れ た 研究 の蓄 積 が あ る。 特 に、 開発 ・ 経済 ・政 治 ・基 地 問 題 ・沖縄戦 ・ 運動 ・農 村 ・都 市・ 家 族・社会意識・歴史・文 化・移 民・エ ス ニ シ テ ィなどの 諸領域 に関 す る社 会 科 学 的 研 究は 、 沖縄 に関 し て す ぐ れ た 知の 蓄積 を 積み 上げ て き て お り 、3本書 も こ れ ら か ら多 く の ことを 教 わっている。. . . .. .. .. . .. .. だが、 こ れ ま で沖 縄 研 究 は大 量 に行 わ れ て き た が、 沖縄 イ メ ー ジの 研究 は、 ま だ ほ と ん. ど行 わ れ て い な い。 な ぜ だ ろ う か 。沖 縄イ メ ー ジ は い ま や、 沖縄 の 現実 を新 た に構 築す る 力をもつ と 同時 に、 沖 縄イ メ ー ジ そ の も の が 、沖 縄を め ぐ る 現実 の 一面 を構 成 している 。 こ れ が研 究 対 象 と し て 不問 に付 さ れ て き た こ と は 、や や 意外 で も あ る。 .. こ れ は ま ず、 戦 争・ 基地 ・運 動・ 開発 な ど、 沖縄固有 の 現実 が、 日本 の 中で も あ ま り に 特異 で濃 密 で あ っ た こ と が 大き い の で は な い だ ろ う か 。 実際 、従 来 多く の研 究 が、 沖縄 の .. .. . 独特 な現 実 に焦 点を 当 ててきた 。 だ が、 そ れ だ け で は な い 。 こ れ ま で 沖 縄 イ メ ー ジ の 研究 が 不 問に 付 さ れ て き た こ と は 、 実はそれ 自 体が 、イ メ ー ジ そ の も の の と ら え が た い特 質 を証拠立 て て い る の で は な い だ ろ 1. も っ と も 、「リ ア リ テ ィの 二 重 性」は、必ず し も 基 地の 現実 と 観光 リ ゾ ー ト化 の現 実 の並 立 状 況 に限 定 して 用い ら れ る べ き も の で は な い 。実 際 第6 章 では 、海 洋 博 会 場 内 のイ メ ー ジ 世界 と 、会 場 外の 沖 縄 社 会の 変容 と のパ ラ レ ル な現 実を 指 す た め に も 用い て い る 。だ が 、< 基 地/ 観光 > の二 重 性 の 側面 を特 に 強調 す る の は、復 帰 前 の米 軍 統 治 時 代 に 支 配 的な 座 を占 め て い た基 地の リ ア リ テ ィ が 、こ う し た 二 重 性 に と っ て 代 わ ら れ て い く面 を重 視 す る た め で あ る 。こ れ に関 し て、伊 江 島 を め ぐ るリ ア リ テ ィの 変容 に つ い て は 第 4章 を、 基 地 依 存 経 済 から 観 光 立 県へ の急 激 な経 済 構 造 の変 容に つ い て は、 第 7 章 を 参 照 。 2 田仲 、2002 な ど を参 照。. 2.

(3) うか 。我 々 は こ こ で も う少 し、 最 近の 沖縄 イ メ ー ジに 焦 点を 当て な が ら 、イ メ ー ジ そ の も のの 特質 に つ い て考 え 、そ の研 究 視 点 を探 っ て い く こ と に し よ う 。 (3)< 青 い海 >の ビ ジ ュ ア ル な 沖縄 :大 学 生の <沖 縄 >表 象か ら 最近 の沖 縄 イメージ の 全 国 的 浸 透 の特 別な 契 機と し て は 、2000 年 7 月 の九 州・ 沖縄 サ ミ ッ トや 同時期 の首 里 城 2000 円 札の 発行 、2001 年 4 月〜9 月 の NHK 朝の 連 続テレビ 小 説「 ちゅら さ ん 」の 放 映( →詳 細 は補 論) が 挙げ ら れ る 。サ ミ ッ ト 報道 や「 ち ゅ らさん 」 に お い て は 、沖 縄の < 青い 海> や 沖縄独特 の 文化 と い っ たイ メ ー ジ が、 か な り ビ ジ ュ ア ル 的に 強調 さ れ て い た 。 こうした 報 道が 全 国 的 な沖 縄へ の 関心 を呼 び 、< 青い 海 >の リ ゾ ー ト、 健 康 食 品、 泡盛 、 三線 など の 人気 に つ な が っ て い く 。 もっとも 、実 際に 沖縄 に 住ん で生 活 している 沖 縄 県 民の 中 には 、こ う し た状 況 に対 して 、 自分 の生 活 実 感 との ギ ャ ッ プ、 違和感 を抱 く 人も 多い 。 そ こ で私 は 試み に 、「 ち ゅ らさん 」 の放 映が 始 まっ た 4 月、琉 球 大 学で 担当 す る授 業で 、「ち ゅ ら さ ん」の1 シーン と、九 州 ・ 沖縄 サ ミ ッ トの レ セ プ シ ョ ンで 上 演された 安 室 奈 美 恵 の 「ネ バ ー エ ン ド 」や 伝 統 芸 能の ビ デオ を学 生 と見 て、検 討し て み た 。学 生 の感 想の 中 には 、「どうも 出演者 のウ チ ナ ー グ チ に 違 和 感が あ る。」「い た る所 で、 不必要 に背 景 に海 が出 てくる 。」「 南 国、 リ ゾ ー トという イ メ ー ジを 映像化 して 、沖縄 を 単 純 化し す ぎ て い る 。」「離 島の 浜 辺で 三 線 弾 いて 踊る な ん て 、 沖縄 の人 は し な い だ ろ う。 す べ て 本 土 色に 脚 色さ れ て い る と 感じ た 。」「 ど ん ど ん沖 縄の イ メ ー ジが 外 から 創ら れ て い る よ う な気 が し て 、沖 縄に 住 んで 生活 し て い る私 に はギ ャ ッ プ を感 じ た。」 と い っ た も の が あ っ た。 4こ の よ う に 、 <沖 縄 >を め ぐ っ て「 イ メ ー ジ と実 際 とのずれ 」 と し て感 じ ら れ る現 象 が生 じ て い る。 こ う し た主 観は そ れ自 体が 、 社 会 学 的 考 .. 察の 対象 に な り う る 現 実 である 。 一方 、 本土 の 人 々に と っ て 、 <沖 縄 >は ど の よ う に 映っ て い る の だ ろ う か 。私 は 2001 年 5 月 に、 東京 の 大 学 生・ 大 学 院 生 148 名の協 力 を得 て 、「 沖縄 の イメージ 」 について 、 . .. . .. .. . .. .. 簡単 な自 由 回 答 式の ア ン ケ ー ト を 実施 した 。その 目 的は 、「東京圏 に 住む 人た ち に と っ て < 沖縄 >が ど の よ う に 映 っ て いる の か」、そ の一 参 考 資 料を 得る こ と で あ っ た 。 「『沖 縄 』と い うと 、具 体 的に ど ん な イ メ ー ジが 思い 浮 か び ま す か 。」という 自 由 回 答 式 の 質問 に対 しては 、 148 人中 89 人 、約 6 割の 人が 「 海」 に つ い て直接的 に 言及 し て い る。 5特に 多 い の が「 青 い海 」「海 が き れ い」 で あ る 。「 日 本で 一番 き れ い な海 がある 。」とまで 言 う人 も い る 。「 海 が き れ い で 、砂 浜が 白 くて 、青 い 空がある 。」と、<青 い 海> を< 青 い空 >< 白 い砂 浜> と 結び つ け た り、< 赤い ハ イ ビ ス カ ス> の 南国 イ メ ー ジと 結び つ け て 語っ た り す る人 もいる 。. こ れ ら の う ち 代 表 的 な文 献 に つ い て は 、山 本・ 高 橋・ 蓮 見 編 、1995 、p.1 -3 の紹 介を 参 照さ れ た い 。 も っ と も 、琉 大 生の 感想 も 、必 ず し も 否 定 的な 意 見だ け で は な く 、肯 定 的に とら え て い る人 も い る 。 また 例え ば 、「 本 土の 人は こ れ を 見て 沖 縄の 日常 だ と い う印 象 を も つ か と 思う と こ わ い。 し か し 、そ の 印象 ・イ メ ー ジは 決し て 悪い も の で は な い 。実 生 活と の ギ ャ ッ プ は あ る が 、本 土 の人 が も つ 沖縄 のイ メ ージ や文 化 に つ い て あ ら た め て 気 付き 、考え る沖 縄 の人 も い る の で 、や っ ぱ り ビ ジ ュ ア ル 化 さ れ る沖 縄 って 面白 い 。」「 実際 の 沖縄 の生 活 と違 った 、作 ら れ たイ メ ー ジ だ と は 、あ ま り 感じ な か っ た 。キ レ イ な 海 、青 い空 っ て い う の は 、ウ チ ナ ー ン チ ュ の 私で も そ の イ メ ー ジ が あ る 。でも 沖 縄を 語る と き に そ れ だ け っ て い う の は さ み し い な 〜と 思 う の で 、そ のイ メ ー ジ から 興 味を 持っ て も ら っ て 、本当 の 沖縄 を知 っ て い っ て も ら う の も 良 い の で は 。」な ど の意 見は 、 <沖 縄> イ メ ー ジを め ぐ る 現状 を も う 一 歩 突 っ込 ん で考 え て い る点 で、 注 目に 値す る 。 5 も ち ろ ん そ れ 以 外に も、 直 接「 海」 を 言わ な く て も、 「 南国 」「リ ゾ ー ト 」な ど を 挙 げ て い る 人 は、 や はり 海を イ メ ー ジし て い る 。 3 4. 3.

(4) これらが 示 す の は、 青・ 赤・白 などの 色彩 感 覚に み ち た、 美 的な <沖 縄 >イ メ ー ジで あ る。 沖縄 の 美的 な側 面 が誇 張さ れ て と ら え ら れ る と い う 点で は、 県 民の 日 常 生 活のより 全 体的 な リ ア リ テ ィ との 間 に 、 ず れ. が生 じ る の は 必 然 的 と言 え る だ ろ う 。 6沖縄 で の日 常. 生活 と< 沖 縄> イ メ ー ジと の二 重 性に 戸惑 う 沖縄 の大 学 生と 、は る か遠 くの < 南の 楽園 > と い う< 沖 縄> イ メ ー ジに な じ む 東京 の大 学 生とでは 、 は っ き り し た対照性 が 浮か び上 が ってくる 。 (4)< メ デ ィ ア― 空 間> の密 接 な関 係と 、 主 観 的 地 理 の遠 近 感 覚 さて、 こ の よ う に ビ ジ ュ ア ル 化 さ れ た< 沖 縄> イ メ ー ジの 背景 に は、 テ レ ビ・ 映画・ 写 真 雑 誌・ 広 告・ イ ン タ ー ネ ッ ト などの ビ ジ ュ ア ル ・メ デ ィ ア への 日常的 な接 触 が あ る こ と は、 言う ま で も な い 。 ビ ジ ュ ア ル 的に 演出 された <沖 縄 >に 関し て、最近特 に重 要 な契 機と な っ た 代 表 的な も のは 、や は り NHK ドラマ 「ち ゅ ら さ ん」 と 、九 州・ 沖 縄サ ミ ッ ト のレ セ プ シ ョ ン に お け る沖 縄 文 化 の上 演で あ ろ う 。両 者 に共 通す る 点は 、両 者 とも テ レ ビ と い う映 像 メディア を 通し て、 沖 縄が 各 家 庭 に接 続さ れ て い た、 と い う こ と で あ る 。こ れ は あ ま り に 当た り前 の 前提 だが 、この 自明性 こ そ が 、沖 縄 をめぐる 今 日の <メ デ ィ ア ―空 間 >関 係を 考 える 上で 、 重要 な前 提 と な っ て い る。 <沖 縄 >イ メ ー ジ が全国津 々 浦々 に流 通 し、 浸透 し て い る こ と の基 本 前 提 は、 映像 ・ 写真 を使 っ たテレビ ・ 映画 ・雑 誌 ・広 告・ イ ン タ ー ネ ッ トなどの ビ ジュアル ・ メディア = 視覚 の諸 制 度が 、我 々 の日 常 生 活 や知 覚の あ り方 の な か に、 深く 浸 透し て い る こ と で あ る 。. . .. .. . .. .. . .. <本 土― 沖 縄> 間の 海 を隔 てた 、物理的 ・客 観 的な 距離 の 遠近 が、 ビ ジ ュ ア ル・ メ デ ィ . .. .. . .. .. アの 効果 に よ っ て、 イ メ ー ジ・ 主 観の 領域 に お い て は 操 作 可 能な も の に な る 。 本土 に お い て は は る か 遠い 南の 島 ・沖 縄が 、 映像 の複 製 技 術 の は た ら き に よ っ て空 間を 超 えて 、テ レ ビの 画 面 上 です ぐ近 く に見 る こ と が で き る 。 主に 本土 にいる 人々 の 、< 沖縄 > に対 する イ メ ー ジや 身 体 感 覚は 、 こうした 映 像・ 写真 の ビ ジ ュ ア ル ・テ ク ノ ロ ジ ー と分 か ち難 く結 び .. . .. .. . .. .. . .. .. . つ い て い る 。視覚的 な 複製技術 が あ る か ら こ そ、 客 観 的 距 離 が離 れ て い る の に 、主観的 に . . .. . .. .. . .. . は 沖 縄に 親近感 を感 じ る状 況 が 発 生す る の で あ る 。 ア メ リ カ の 文 明 史 家 ブ ー ア ス テ ィ ン は か つ て 、「 エ キ ゾ チ ッ ク な も の を 、そ の エ キ ゾ チ ック 性を 失 う こ と な く 日常 の経 験 に変 え る こ と が で き 」7る期 待を 、現 代 人は 過 剰に 抱え て い る と指 摘 した 。「見 慣れ た も の 」の世 界の な か に 、「め ず ら し い も の 」「 エ キ ゾ チ ッ クな も の」 が同 時 に取 り込 ま れ、 消費 さ れ る よ う な 状況 で あ る 。日本人 に と っ て の < 沖縄 >も 、 . .. 同様 の こ と が言 え よ う 。各家庭 の 日常 の中 で 、自 分の 身 体に 最も 近 いはずの テレビ に、 は . . .. るか 遠く の <南 の楽 園 >が 映っ て い る 。見 慣 れた テ レ ビ の世 界( 例 えば 、朝 の 連続 テ レ ビ 小説 )の中 に 、「 日 本の 中で も 独特 な沖 縄 の自 然や 文 化 」の エ キ ゾ チ ッ ク性 が 演出 され 、そ れが 視 覚 的 に消 費さ れ て い る。 8 6. も っ と も 、東 京 の大 学 生 の <沖 縄> イ メ ー ジも 、 <海 >の 美 的な イ メ ー ジの み に 集 約さ れ る わ け で は な い こ と も 、補足 して 確 認し て お き た い 。中 には 、基地 や 沖 縄 戦な ど に対 する 問 題 意 識が 垣 間 見 え る こ とも 確か で あ る 。 7 Boorstin, 1962=1964, 訳書 p.89。 8 こ れ と は 別に 、 「見 慣 れ た も の 」と「エ キ ゾ チ ッ ク な も の 」の融 合に は 、もう 一つ の 側面 が あ る こ と も 指摘 し て お き た い。つ ま り、沖 縄の <青 い 海> や< 独 特の 文化 > のイ メ ー ジ は す で に あ る程 度 認 知 され 、. 4.

(5) . .. .. .. . ビ ジ ュ ア ル ・メディア を 通じての < 沖縄 >イ メ ー ジ の視 覚 的 消 費は 、物理的 に離 れた 沖 .. .. . .. .. . .. .. . . 縄か ら そ の イメージ を 引き は が し て 、 <沖 縄 >を 身近 な も の へ と 引 き寄 せる 。 しか し同 時 に、 は る か 遠く のエ キ ゾ チ ッ ク な <南 の楽 園 >と し て の 距離感覚 は 、保 持さ れ も す る。 主 観的地理 の 遠近感覚 が こ の よ う に 操作可能 なのは 、明 らかに ビ ジ ュ ア ル ・メ デ ィ ア の効 果 で あ る。 (5)社 会 学に お け る イメージ 研 究の 系譜 : イメージ の 現 実 構 築 力 ビ ジ ュ ア ル・ メ デ ィ ア= 視覚 の 諸 制 度の 発 達と と も に、 空間 が イメージ 化 され、 イ メ ー ジが 空間 に 具 現 化さ れ る よ う な 、 イメージ と 空間 の相 互 浸 透 が生 じ て い る。 今 日、 特定 の 地域 や空 間 を考 える 際 には 、従 来 に も ま し て イメージ の は た ら き を 考え る重 要 性が 増し て いる 。. .. . . . . . .. .. . だが、 先 述し た よ う に、こ れ まで 沖 縄 研 究 は 大量 に 行わ れ て き た が 、 沖 縄 イ メ ー ジの 研 . 究 は 、ま だ 充分 に行 われて はい な い。 な ぜ だ ろ う か。 常 識や 学問 の 知の な か に は た ら い て いる 暗黙 の 自明 な前 提 を、 問い 直 してみる 必 要がある 。 こ こ で、 イ メ ー ジを め ぐ る 社 会 学 的 研 究に つ い て 、若 干 の整 理・ 考 察を し て お き た い。 そもそも イ メ ー ジと い う も の は 実 体が な い た め に 、と ら え ど こ ろ が な い 感じ が す る も の .. . .. .. . . . .. .. で あ る 。それに 我々 は 、「 それは イ メ ー ジに す ぎ な い の で あ っ て、本 当の 現実 は 別の と こ ろ に あ る 」と い っ た 、 「 イメージ / 現実 」=「 虚像 /実 像 」の二 分 法 的 な発 想を す る傾 向が あ る。 実際 、 そ の よ う に 考え る こ と が妥 当な 局 面が 多い こ と も 確か で あ る 。 し か し他 方 で、現 代、 イ メ ー ジが 非常 に 重要 な役 割 を果 た し て い る こ と も、 政治 やマ ー ケ テ ィ ン グ をはじめ 、 各 分 野の 常 識と し て よ く認 識さ れ て い る。 イ メ ー ジは 一 概に 「現 実 . . .. .. . .. .. . . に反 す る も の」 とは 限 らず 、そ れ 自体 が現 実 を構 築す る 力 を も っ て も い る の で あ る 。 こうした イ メ ー ジの 現 実 構 築 力 の 問題 や、先述 の <イ メ ー ジ と実 際と の ず れ >として 感 じられる 現 象を 考え る 際に 、「イ メ ー ジ /現 実 」=「 虚 像/ 実像 」の 二分法的 な 発想 を超 え て、 社 会 学 は ど の よ う な視 点を も ち う る だ ろ う か 。イ メ ー ジ 研究 の 代 表 的 古 典 としては 、 リ ッ プ マ ン の「 擬 似 環 境」 論や 、 先述 のブ ー ア ス テ ィ ン の「 擬似 イ ベ ン ト」 論 な ど が挙 げ .. . .. .. . .. .. . .. . ら れ る 。リ ッ プ マ ンは 1922 年 の著 書『世 論 』で 、現実 を 頭の 中で 単純化 した イ メ ー ジ を 、 「擬 似 環 境(pseudo-environment) 」と し て と ら え た。 そして 、 マ ス メ デ ィ ア に よ っ て 大 . . .. . . .. . .. .. . 量に 創り 出 さ れ る擬 似 環 境 が現 実 環 境(real-environment) を圧倒 し 、人 々が 単 純で 偏っ た .. .. . .. ス テ レ オ タ イ プ に支 配 さ れ て し ま う危険性 を 警告 した 。 彼は す で に 1920 年代 の時 点で 、 <イ メ ー ジ と実 際と の ず れ >の 問 題を 、鋭 く 指摘 して い た の で あ る 。 し か し そ の 40 年後 の 1962 年、ブ ー ア ス テ ィ ンは リ ッ プ マ ン の知 見 を受 け継 ぎ な がらも 、 より 高度 な テ ク ノ ロ ジ ーの 発達 の 結果 、リ ッ プ マ ンが 前 提し た「 実 在/ 表象 」、「現 実/ イ メ ー ジ」の区 別 そ の も の が も は や成 り 立た な い よ う な 状況 が 生じ て い る、と 論じ た。彼は 、 20 世紀 ア メ リ カに お い て は事 実と メ デ ィ アの 関 係が 逆転 し た、と 言う 。すなわち 、起こ っ た事 実を メ デ ィ アが 伝 え る の で は な く 、逆 に メディア が 事実 を人 為 的に 作り 出 し て い く よ. 「見 慣れ た も の 」 に な っ て い る わ け だ が 、そ の既 視 感を 活用 し つ つ 、 そ のイ メ ー ジ の上 に一 層「 本物 ら しい」 視 覚 効 果を 施 す こ と に よ っ て 、常 に「 エ キ ゾ チ ッ クな も の 」が 演 出さ れ る の で あ る。 実は 観 光 旅 行そ の も の も、メ デ ィ アで す で に 見て い る観 光 地 の イ メ ー ジ の 既 視 感を 前 提に して 、す で に 見て い た 風 景の 「本 物 」を 追 体 験 す る こ と で 感動 す る と い う 点で 、 同様 の こ と が言 える 。. 5.

(6) う に な っ た。彼 は、この 人 為 的に 創 り出 さ れ る 出 来 事を 、「擬 似 イベント(pseudo-event) 」 .. . .. と呼 ぶ 。 「 す で に あ る 客 観 的 な現 実を 、主 観 的な 表 象・イ メ ー ジが 忠 実に と ら え る」ので は なく 、む し ろ逆 に、 表 象・ イ メ ー ジの 方が 能動的 に現 実 を産 み出 し て い く事 態 で あ る。 .. . .. ブ ー ア ス テ ィ ン に よ れ ば、擬 似 イベント 化 さ れ た の は 出 来 事 だ け で は な く 、人 間 も「 有 . .. .. 名人 」と し て、 また 空 間・ 場所 も 「観光地 」 と し て、 擬 似イ ベ ン ト 化される 、 つ ま り人 工 的に 創り 出 さ れ る よ う に な っ た と い う 。で は 、な ぜ こ の よ う な事 態 が生 じ た の か。 彼に よ れば 、複 製 技 術 革 命 = 写真 ・映 像 な ど の技 術 の発 達に よ っ て 、イ メ ー ジ がコ ピ ーで き る よ うになり 、 マ ス メ デ ィ アに よ っ て イメージ の 大量生産 が 可能 に な っ た こ と が 大 きい 。こ う した イ メ ー ジの 大 増 殖 の結 果、 我 々の 経験 の 大 部 分が 擬 似イ ベ ン ト に な っ て し ま っ た と 言 うのである。 イメージ が 増殖 して 、我 々を 取り 巻 く情 報 環 境 を作 り上 げ て い る 。そ の よ う な現 代 社 会 を と ら え る に は 、「イ メ ー ジ /現 実 」=「 偽 物/ 本物 」という 単純 な 二項 対 立 図 式そ の も の が、 も は や 有 効 性を 失 い つ つ あ る 。. .. た だ し そ う で あ れ ば 、ブ ー ア ス テ ィ ン自 身 の「 擬似 」 という 形容 も、 もはや 不 適 切で は. な い だ ろ う か 。実 際彼 は 、擬似 イ ベ ン トと は切 り 離された 別 の次 元に 、「本 当 の 」現 実が あ るこ とを 想 定し て い た 。し か も そ こ に、「 後者 の体 験 の方 が価 値 が あ る 」と い っ た 、価 値 判 断も 伴っ て い た 。この 点で 、ブ ー ア ス テ ィ ン もリ ッ プ マ ンと 同 様、「 イメージ / 現実 」=「 虚 像/ 実像 」 の二 分 法 的 な発 想に 、 依然 と ら わ れ て い た の で あ る。 とはいえ 、 彼の イ メ ー ジに 関す る 洞察 か ら は 、さ ら に 40 年 を隔 てた 今 も、 学ぶ と こ ろ が多 い 。特 にここで 注 目す べ き は 、「 ス テ レ オ タ イ プによる 経 験の 人 為 的 単 純 化 」という リ ッ プ マ ンの 視 点を 超え て 、「擬 似 イベント による 経 験の 人 為 的 複 雑 化 」 9と い う全 く 正 反 対 の視 点を 、 ブ ー ア ス テ ィ ン が提 示 していた こ と で あ る 。 イメージ は 我々 の経 験 を単純化 す る の で な く 、能動的 な 現 実 構 築 力 を も つ こ と に よ って 、 逆に 我々 の 社 会 的 経 験 を複 雑に し て い く。 こ の視 点は 、 我々 が沖 縄 イメージ を め ぐ る社 会 的 現 実を 考 えていく 際 にも 、有 効 な知 見を 与 え て く れ る と思 わ れ る の で あ る 。 (6)「イ メ ー ジ に対 する 実 態の 優位 」 の発 想を 超 えて 、関 係 性の 思考 へ す な わ ち 、「 ち ゅ ら さ ん」 や サ ミ ッ ト に お い て ビ ジ ュ ア ル 化 さ れ、 演 出 さ れ て い た< 沖 縄> イ メ ー ジは 、単 に 県民 の生 活 実 態 との ズ レを 示す も の と し て 、 現実 を映 し 出さない 作 り物 =擬 似 イベント に す ぎ な い という 見方 へ と、 回収 し 切れ る も の だ ろ う か ? こうした 連 続ドラマ や サミット の レ セ プ シ ョ ンに お け る 、演 出さ れ た< 沖縄 > イメージ も 、沖 縄を め ぐる 複雑 な 現実 の一 面 を形 作っ て い る とも 言 え る の で あ る。 より 一 般 的 に言 えば 、こ う で あ る。 日本復帰 ・海 洋 博 以 来、 沖縄 は日 本 の観 光リ ゾ ー ト と し て 、「 青い 海 」に み ち た <南 の楽 園 >の 美的 な イメージ を 割り 当て ら れてきた 。と は い え実 際に は 、基 地 問 題 ・環 境 破 壊 ・産 業の 停 滞・ 高い 失業率 など 、 より 生々 し く深 刻な 諸 問題 を抱 え 続け て い る 。こ の よ う な、 単純 な <イ メ ー ジ >と 複雑 な <実 際> と が相 並ぶ 形 で進 行し て い く 、パ ラ レ ル な現 実 、これを 私 は「 リ ア リ テ ィ の二 重 性」 と呼 びたい 。と こ ろが 、ま さ にこ のリ ア リ テ ィの 二重性 こ そ が 、「 イ メ ー ジに 対 する 実態 の 優位 」の常識的 な. 9. Boorstin, 前 掲、 訳 書 p.47。. 6.

(7) 思考 を、 根 強く 保た せ て き た の で あ る 。確 か に、 観光 リ ゾ ー トと し て の <沖 縄 >イ メ ー ジ は、実際 に生 活 している 130 万人 の沖 縄 県 民 か ら す れ ば 、作 り物 にしか 見え な い か も し れ . .. . .. ない 。し か し、 そ れ で もやはり 実 際に 、観 光 は沖縄県 の 基幹産業 と な っ て お り 、年 間 450 万人 もの 観光客 を集 め る ま で に 至 っている (平 成 12 年)。 そして、 そ の文 脈の 中 では、 < 沖縄 >イ メ ー ジ 自体 が 重要 な経 済 的・ 文 化 的 資 源 と な っ て い る こ と も、 ま ぎ れ も な い現 実 なのである。 つまり 結 局 、「 イ メ ー ジ に 対す る 実 態の 優 位 」 の常 識 的 な 思考 を 超 え て、 ブ ー ア ス テ ィ ンが 示し た 「単 純な イ メ ー ジに よ る経 験の 複雑化 」へ と 、視 点を 切 り替 え て い く必 要が あ .. . .. . る。 そ う し て、 単純 な <イ メ ー ジ >と 複雑 な <実 際> が 織り 成す リ ア リ テ ィ の 二 重 性、 あ る い は両 者 の密 接か つ 見え に く い 関係 を こ そ 、詳 細に 明 ら か に し て い く 必要 がある 。< イ メ ー ジ/ 実 態> の二 分 法を 前提 し て、 虚像 の イメージ に 対し て実 像 を持 ち上 げ る という ロ ジ ッ クだ け で は 、現 代 社 会 の複 雑 さ を と ら え 切れない 。 <沖 縄> イ メ ー ジは 決 して 、単 に 外部 から 押 し付 け ら れ る も の で は な い 。県 民 生 活 や県 内 産 業 、自 治 体 行 政な ど の中 にも 、 そうした イ メ ー ジが 日常的 に受 容 され 、現 実 に生 き ら れ 、自 分た ち のア イ デ ン テ ィ テ ィ の .. . .. . 一部 を織 り 成す 現 実 的 な効 力 を も っ て き た プ ロ セ スを 、 緻密 に見 ていく 必要 がある 。 .. .. . .. .. .. . 本稿 は 、沖 縄 海 洋 博に 焦 点を 当て る こ と に よ っ て 、こ う し た イメージ と 実際 との パ ラ レ .. .. . ルな 関 係 性 が形 成さ れ て き た歴 史 的プ ロ セ ス を、 政治 ・ 経済 ・文 化 の観 点か ら 細か く見 て い こ う と す る試 み で あ る。 (7)本 論 の基本的 な 視点 沖縄 イ メ ー ジは い ま や 、沖縄 の現 実 を新 たに 構 築す る力 を もつ と同 時 に 、沖 縄イ メ ー ジ そ の も の が 、沖 縄を め ぐ る 現実 の 一面 を構 成 している 。 本論 は、 こ う し た沖 縄 イメージ を 対象 にし よ う と し て い る。 こ こ で 、本 論が 立 脚す る基 本 的な 視点 を 明確 に し て お こ う。 社会学的 な 知の 系譜 を 振り 返る な ら 、ウ ェ ー バ ーや デ ュ ル ケ ー ムの 宗 教 社 会 学 、フ ー コ ーや ブルデ ュ ー 、コ ル バ ン らフ ラ ン ス の社 会 史・ 社 会 学 、カ ル チ ュ ラ ル ・ス タ デ ィ ー ズ に お け るメ デ ィ ア 研究 などの 諸 潮 流 が問 う て き た の は ま さ に、 知と 現 実の 関係 であり 、表 象 と現 実の 関 係で あ っ た 。こ う し た 問い を今 こ そ沖 縄に お い て も、 イ メ ー ジと 現 実の 関係 と いう 形で 、 独自 に立 ち 上げ て い く こ と は重 要 で あ る。 そ の意 味で 本 論の 基 本 的 な視 点は 、 これらの 系 譜が 交差 す る地 点に 位 置すると 言 え よ う。 . .. . . .. 「 現実 が ま ず あ っ て 、そ れ を と ら え る イ メ ー ジ ( 知 )が あ る 」と い っ た 、「 現 実 →イ メ ージ 」「現 実→ 知 」の 図式 ( 現 実 実 在 論 )を 、い っ た ん カ ッ コ に入 れて 、 逆に し て み よ う 。 すなわち 、「(特定 の 文脈 の中 で 立ち 上げ ら れ た )イ メ ー ジ(知 )が 、新 し い現 実を つ く る 」 と い う 、「 イ メ ー ジ→ 現実 」「知 → 現実 」の 図 式( 現 実 構 築 論 )に 切 り替 え る の で あ る。 こ れ に よ っ て 、沖 縄の < 青い 海> や <南 国> < 文化 >な ど 、そ れ ま で 当た り前 に 「あ る」 と 思われた 自 明な 領域 が 、実 は人 為 的・ 社 会 的 に つ く ら れ た、 歴 史 的 な産 物で あ る こ と が 見 えてくる 。 こ れ は、 よ り歴史的 ・ 発生論的 な 視点 で あ る 。こ の視 点 の切 り替 え に よって 、 沖縄 のイ メ ー ジ や政 治 ・経 済・ 文 化を 理解 す る際 に、 よ りプ ロ セ ス や関係性 、 具 体 性を 重 視す る立 場 から 見て い く こ と が で き る の で あ る。 10. 10. そ れ は決 して 、単 に現 実を 脱 構 築 して 相 対 化 す る こ と で 事足 れ り と す る の で は な く 、研 究 者 の立 場 か. 7.

(8) と こ ろ で 本 論は 、「 知 が現 実 を つ く る 」 という 視 点 を進 め て い く際 に 、 ミ シ ェ ル ・フ ー コー の「 エ ピ ス テ ー メ ー」 概念 を 活用 する 。 彼の 言う エ ピ ス テ ー メ ーと は、 特 定の 時代 ・ 社会 の中 で 機能 する 、 知の シ ス テ ムの こ と を 指す 。こ の 知の シ ス テ ムは 、そ の 社会 を一 定 方向 に動 か し、 変容 さ せ て い く 力 を も っ て い る。 フ ー コ ーの 「エ ピ ス テ ー メ ー 」概 念を あ えて 使う 理 由は 、彼 の <知 と権 力 の結 び つ き >という 視 点を 重視 す る た め で あ る。 第1 部 で詳 述す る 沖 縄 振 興 開 発 計 画は 、 新 全 国 総 合 開 発 計 画 の <開 発> の 枠組 み の も と に 、復 帰 後の 沖縄 を 一定方向 に 変容 させ 、 その 空 間 的 リ ア リ テ ィ を新 たに 形 作る 、知 の 権力装置 と して 作動 し て い く。 海洋博 は、 そ の起爆剤 となる 。こ れ を記 述す る 際に 、フ ー コ ー 的な 視 点が 大い に 活用 でき る 。 た だ し、 本論 の主 眼 は あ く ま で、 沖 縄 社 会の リ ア リ テ ィ 変容 と、 その 中 での 沖縄 イ メ ー ジの 誕生 プ ロ セ スを 描 き出 す こ と に あ る。 そ のた め、 フ ー コ ーや ブ ル デ ュ ー 、 ギデンズ な ど、 以下 で 登場 する 論 者の 理論 は 、彼 ら自 身 の議 論を 離 れて 、こ の 目的 に合 わせて 大胆 に . . . 加工 を 施す こ と に な る 。 11特に 「エ ピ ス テ ー メ ー」 は 、開 発 の知 が 交通 の 知 ・観 光 の知 と 連動 し合 っ て、 沖縄 の 空 間 的リ ア リ テ ィを 方 向づ け て い くプ ロ セ ス や、 海 洋 博 と い う巨 大 イベント が 、これら 3 つの 知を 大規模 に立 ち 上げ 、急 速 に浸 透さ せ て い く起 爆 剤と なる プ ロ セ スを 、 描き 出す た め に 活用 される 。復 帰 後の 沖 縄 社 会を 大き く 変容 させ 、 方向 づ け る と い う意 味 で、 こ れ ら の知 は明 らかに 権 力 性 を お び て い た。 こ れ を 記述 する 際 に、 フ ー コ ー的 な視 点 が応 用さ れ るの で あ る 。 また 、「知 が現 実 をつくる 」という 視 点に 関連 し て、 ア ン ソ ニ ー・ ギ デ ン ズの 「再帰性 」 (reflexivity 反 省 性)概 念も た び た び登 場す る( 詳細 は 4 章 3 節 )。近代社会 は、た え ず 変動 し続 け る社 会で あ る。 その 中 で人 々は 、 知識 ・情 報 ・思 考を そ の つ ど は た ら か せ て 、 . .. . 新し い状 況 に対 して 再帰的 に 対 応 し、 自ら の 行動 を決 め て い く。 近 代 社 会の こ の よ う な 側 面を 、「再 帰性 の 増大 」と し て と ら え る こ と が で き る。本 論は 観光 や イメージ に 関わ る議 論 が中 心に な る の で、 再帰性 の中 で も特 に< 美 >に 関わ る 次元 、す な わ ち 美 的 再 帰 性 の側 面 が繰 り返 し 出てくる こ と に な る 。 「 エ ピ ス テ ー メ ー 」 や「 再 帰 性 」と い っ た概 念 は 、「知 が 現 実 を つ く る 」と い う 本論 の 基 本 的な 視 点を 表し て い る の で 、 これらを 念 頭に 置い て 読み 進め て も ら え ば 、 議論 が よ り 理解 し や す く な る だ ろ う。 (8)沖 縄 イメージ を 創り 出し た 文化装置 : 沖 縄 海 洋 博 さて 、<青 い 海> に代 表 さ れ るビ ジ ュ ア ル化 された <沖 縄 >の イ メ ー ジは 、あくまで 社 会的 ・人 工 的に 産み 出 さ れ て き た 、歴史的 な 構 築 物で あ る。 そ れ は 一体 、い か な る プ ロ セ スの 中で 形 成さ れ て き た の だろ う か。 も ち ろ ん こ れ に は 複 合 的な 要 因が 関わ っ て い る わ け だが 、本 論 ではその 中 でも 最も 大規模 な形 で 、観 光リ ゾ ー ト と し て の沖 縄イ メ ー ジ を創 り 出す 機 能を 果 た し た 文 化 装 置 と し て 、1975(昭 和 50)年 の 沖 縄 国 際 海 洋 博 覧 会 を 取り 上 ら 、沖 縄を め ぐ る 現実 の 一 様 相を 再 構 成 して 、詳 細に 記 述し 、沖縄 に 対す る新 た な理 解の 地 平を 切り 開 い て い こ う と す る態 度 で あ る。 11 そ の た め 、理 論 的な 用 語を 内 在 的 に説 明す る こ と は 、本 論の 主 眼か ら は ず れ 、議 論を 散漫 に す る 恐 れ が あ る の で 、極 力 省い て い る 。こ う し た理 論 的 用 語が も つ も と の 含 意を す で に 前提 に し て 、議論 を進 め る形 に な っ て い る こ と を 、ご 了承 い た だ き た い 。各 用 語 の含 意や オ リ ジ ナ ル の 議論 に つ い て は 、各 論 者 の著 作や 、 その 解 説 書 を参 照さ れ た い 。. 8.

(9) げる 。本 論 の3 部 構 成 の軸 は① 開 発・ ②海 洋 博・ ③観 光 だが 、具 体 的に は、 第 1部 は沖 縄 振 興 開 発 計 画と 海 洋 博 の関 係、 第 2部 は海 洋 博の 内 容 分 析、 第3 部 は沖 縄の 観 光リ ゾ ー ト 化と 海 洋 博 の関 係と い う形 で、 3 部を 通し て 、海洋博 が 中 核 的な 位 置を 占め る よ う に な っ て い る。 ただし 、第 2 部は 海 洋 博 そ の も の を 内 在 的に 検 討す る作 業 で あ る の に 対し て、 第 1部 と第 3 部は 、海 洋 博と 沖 縄 社 会と の外 的 な関 係を 問 う作 業で あ り、 ア プ ロ ー チ の仕 方 が異 な る わ け で あ る 。 ところで 、海洋博 に対 す る一般的 な 評価 と し て は 、沖 縄 県 内 の世 論の 趨 勢はほぼ 確定 し て い る 。「 日 本 復 帰 後 の県 経 済 活 性 化 の『 起 爆 剤 』に な る は ず が 、か え っ て『 自 爆 剤 』に な っ て し ま っ た 」 と い う も の で あ る 。 12また 、 研究者 による 海洋博 の 分析 ・ 評 価も 、 新 崎 盛 暉(1992 )や宮 本 憲 一(1979)を は じ め、すでに 多く の 先行文献 があり 、そ の 多く は こ う した 世論 と 同じ よ う な 評価 を下 し て い る。 こ れ ら は主 に 、海洋博 と 沖縄 の経 済 開 発 ・社 会 変容 との 外 的な 関係 に 照準 を定 め た も の と し て、 学ぶ と こ ろ が多 い 。 し か し本 論 では 、あ ら た め て 海 洋 博 を と り あ げ 、より 包括的 な視 座 から 検討 し て みたい 。 すなわち 、これまで 海洋博 を扱 っ た先 行 文 献 は、も っ ぱ ら海 洋 博と 外 部 要 因( 沖縄 の 経済 ・ 社会 ・開 発 )と の関 係 に視 点を 限 定し て お り 、海洋博 そ の も の の 内 容に 関心 を 向け て い る も の は ほ と ん ど な い。 最 近、 吉 見 俊 哉 (1992)や 三 浦 展 (1999 )、橋 爪 紳也 など 、 博 覧 会 の内 容を 深 く掘 り探 っ て検 討し 直 す営 みが 行 わ れ て い る が、 沖 縄 海 洋 博 に限 っ て は こ れ ま で、 こ れ に 類す る研 究 は皆 無に 等 しいのが 現 状で あ っ た 。そこで 本 論は 、海 洋 博と 沖 縄 社 会と の外 的 な関 係を 問 う作 業と 、 海 洋 博の 内 容 分 析と の 両方 を行 うこと に よ っ て、 沖縄 に お い て海 洋 博が 果た し た機 能を 、 より ト ー タ ルに 見る 立 場か ら明 ら か に し て い き た い。 沖縄 の日 本 復 帰 記 念 イ ベ ン トが 、ま た経 済 振 興 開 発 の呼 び 水が 、なぜ 沖 縄 国 際 海 洋 博 覧 会という 万 国 博 覧 会 で な け れ ば な ら な か っ た の だ ろ う か 。博覧会 や ス ポ ー ツ イ ベ ン ト( オ リ ン ピ ッ ク ・ワ ー ル ド カ ッ プ・ 国 体な ど) の よ う なビ ジ ュ ア ル・ イ ベ ン トは 、 国家 の政 治 的 戦 略や 経 済 振 興 政 策 とリンク さ せ ら れ、一 つの 文 化 装 置として 機 能す る の が 常である 。13 とはいえ 、 こうした 文 化を め ぐ る 政治 を、 そ のイ ベ ン ト の文 化 内 容 に対 して 外在的 な観 点 から 検討 す る だ け で は 不 充 分で あ る。 同時 に 、イ ベ ン ト の中 身を 詳 細に 分析 す る こ と に よ って 、文 化 のなかの 政 治の 側面 を 、内在的 に 検討 する 作 業も 必要 である 。沖 縄 海 洋 博に お いて 具 体 的 に ど の よ う な展 示が 行 われ 、ど の よ う な世 界 観が 視 覚 化 さ れ て い た の か を見 る こ と を通 し て、 そ こ に そ の 後の 沖 縄の 方向 づけを 読み と り、 沖縄 に 関し てよ り い っ そ う 体 系的 な理 解 を ひ ら く こ と が 可能 になる 。 第 3 章で 述べ る よ う に、 万 国 博 覧 会 は 19 世 紀 半 ば以 来、 新 しい テ ク ノ ロ ジ ーを 使っ て 視 覚 的な ス ペ ク タ ク ル の空 間を 演 出し 、< 未 来> のイ メ ー ジ を空 間 的に 体現 す る こ と に よ って 、圧 倒 的 多 数の 大 衆を 魅了 し て き た。 しかも そ こ で 提示 さ れ る <未 来> イ メ ー ジは 、 新し い現 実 を構 築す る た め のモ デ ルと し て の 機能 を、 実 際に 果た し て き た。 例 えば 、ミ シ ンや タ イ プ ラ イ タ ー 、 蓄 音 機、 テレビ な ど の 展示 は、 そ の後 の日 常 生 活 に取 り 込ま れ る べ きラ イ フ ス タ イ ルの モデル を提 示 していた 。 また 、パ リ のエ ッ フ ェ ル塔 やシ カ ゴの 観 覧 車 に典型的 な よ う に、 博覧会 の建 築 物はその 後 の都 市の 一 部、 も し く はモデル として 機能 し 12. 「振 興 開 発の 落 とし 穴― 海 洋 博 」琉 球 新 報 社、2000 、p.343 〜349 。 九州・沖 縄サ ミ ッ ト を招 致す る こ と に よ る効 果 も、こ れ ら と 同 様で あ っ た。そ の意 味で はサ ミ ッ ト も 、 政治 シ ョ ー と し てビ ジ ュ ア ル・ イ ベ ン ト化 し て い る。 13. 9.

(10) てきたのである 。 それでは 、沖 縄 海 洋 博は ど う だ ろ う か。 その 具 体 的 な内 容は 、い か な る <未 来> イ メ ー ジを 提示 し 、い か な る 形でその 後 の< 沖縄 > イメージ のあり 方を 方 向づ け、 沖 縄の 新し い 現実 を構 築 していく モデル と し て 機能 し て い っ た の だ ろ う か 。本 論 第2 部で は こ の 問 題 意 識を 具 体 的 に展 開し 、 沖 縄 海 洋 博 のテーマ ・ 基本理念 ・ 会 場 用 地 選 定・ 空 間 構 成・ 出 展 内 容などを 詳 細に 検討 ・ 考察 し て い く。 た だ し、 こうした 内 容 分 析だ け で完 結し て し ま う の も、 や は り 不 充 分で あ る。海洋博 と いう 巨大 イ ベ ン トを 、 特定 の歴 史 的コ ン テ ク ス ト の な か に引 き戻 し て い く作 業 も、 同様 に 重要 と な る 。す な わ ち 海 洋 博は 、 復帰前後 の 沖縄 の特 定 の文 脈の な か で こ そ 立 ち上 が っ て く る と い う 文 脈 依 存 性 と、 復 帰 後 の沖 縄に 対 して 新た な 文脈 を方 向 づ け て い く と い う文 脈 指 示 性と を 、ともに 持 ち合 わ せ て い る 。こ の 点を ふ ま え て、 第1 部 では 沖 縄 振 興 開 発 計 画 の文 脈の な か に 、第 3 部で は沖 縄 の観 光 開 発 ・観 光キ ャ ン ペ ー ン の 文脈 の な か に、 海 洋 博 を位 置づ け て い く こ と に す る。 そして 最 終 的 には 、こ れ ら の 第1 部 ・第 2部 ・ 第3 部は 互 いに 有 機 的 な連 関を な す こ と に よ っ て 、海 洋 博を 契機 にした 体 系 的 な沖 縄イ メ ー ジ の誕 生 を、 より 包括的 な視 点 から 明ら か に す る こ と が可 能に な る。 (9)本 論 の若 干の 留意点 まずは 形 式 上の 留 意 点を 挙 げ て お き た い 。先 に 述 べたが 、 本 論の 特 徴 の ひ と つ は 、「 知 が現 実を つ く る 」と い う、 社 会 学 の基本的 な 視点 を と っ て い る こ と に あ る。 そ の た め、 沖 縄の <自 然 >< 海> < 亜 熱 帯> < 文化 >< 沖 縄らしさ > など 、ふ だ ん は 当た り 前の よ う に 語ら れ て い る自明性 を お び たカ テ ゴ リ ーが 、 次々 に疑 い の ま な ざ し を向 け ら れ 、こ れ ら が 歴 史 的・ 社会的 な産 物 で あ るこ と が明 ら か に さ れ る。 こ の た め、 日常的 な自 明 性と の切 断 を図 る目 的 から 、<. >を 多用 す る こ と に な る の で、 こ の点 を念 頭 に置 いて 読 み進 め て い. ただきたい。 また 本論 は 博士論文 で あ る た め 、かなり 専 門 的 な内 容に な っ て は い る が 、研究者 だ け で なく 一般 の 読者 をも 想 定し て、 な る べ く読 み や す く、 わ か り や す く 書く こ と を 心がけた 。 そのため 、 下線 や傍 点 、ゴ シ ッ ク 体などの 強 調も 多め に し て 、重 要 な箇 所・ 注 意すべき 箇 所を 浮き 彫 りにした 。あ く ま で原 則と し てだ が 、こ れ ら の 種類 と使 用 法を 明記 してお こう 。 ゴシック 体 ・ ・ ・用 語 と し て重 要 な も の( あ るい は結 論 的な 文) .. 傍点 ・ ・ ・言 い 回し と し て 注意 す べ き も の 直線 の下 線 ・ ・ ・文 ・ 節として 重 要な 箇所 波線 の下 線 ・ ・ ・文 ・ 節として 注 意し て読 むべき 箇所 これらが 多 用さ れ煩 雑 な箇 所も あ る か も し れ な い が、 ど う か ご了 承 い た だ き た い。 と こ ろ で 、 本論 に お い て 主 要 な 3つ の 領 域を 構 成 す る開 発 ・ 博 覧 会 ・ 観光 は い ず れ も 、 政治・行政・経 済・産 業・経営・マ ー ケ テ ィ ン グ ・地 域 開 発・メ デ ィ ア ・文化・レ ジ ャ ー ・ 空間 ・環 境 ・建 築・ 造 園な ど、 様 々な 個 別 諸 領 域 が関 わ っ て く る 、 総 合 的な 現 象である 。 そのため 、 沖縄 に お け る開 発・ 博覧会 ・観 光 の流 れを 詳 細に 追っ て い く 本論 の 議論 も、 必 然的 にこれ ら の 個 別 領 域と リ ン ク し、 多岐 に わ た っ て く る こ と を ご 了 承 願い た い。 本論 は あくまで 、 特定 の社 会 現 象 をよ り トータル な 視座 から 認 識し て い く 、社会学 の 基 本 的な 立 10.

(11) 場を 前提 し て い る 。そ の た め 、上 に 列挙 した 個 別 諸 領 域 に 従事 する 専 門 業 者や 研究者 の方 々 の視 点と 、 ある 程度 の ズレ が生 じ る可能性 も 否めない 。 し か し な が ら同 時に 、 社 会 学の 基 本 姿 勢や そ の豊 富な 理 論 的 視 点 を 導入 す る こ とに よ っ て 、こ れ ら の 個 別 諸 領 域 を関 連づ け るパイプ 役 としての 役 割を 果た す こ と が で き れ ば 幸い で あ る 。沖 縄 ・開 発・ 海 洋博 ・観 光 に関 して 新 たな 理解 の 地平 を切 り ひ ら く こ と に よ っ て 、 今後 の様 々 な取 り組 み の一 助と な りう る こ と を願 い た い 。 なお 本論 は 、沖縄 を直 接 の対 象に 取 り上 げ て は い る が 、せ ま い意 味で の 地域研究 の枠 内 に収 ま る も の で は な い 。沖 縄 研 究 をはじめ 、 国 内 外の 地 域研 究に 応 用 可 能な だ け でなく 、 開発 ・博 覧 会・ 観光 の 研究 、お よ び関 連す る 諸 領 域の 研 究に も、 一 定の 知見 を 提供 で き る も の と自 負 している 。 本 研 究を ひ と つ のケ ー ス・ ス タ デ ィとして 、 様々 な研 究 に活 用し て い っ て も ら え れ ば幸 い で あ る。 さ ら に本 論 は 、研究者 や 専門業者 の 方々 だ け で な く 、でき る だ け 広く 一 般の 方々 にも 読 ん で い た だ き た い と 思 っている 。 沖縄県民 や 沖縄出身 の 方々 は も ち ろ ん の こ と 、沖 縄フ リ ーク の人 た ち、 旅行 や 海、 博 覧 会 、テ ー マ パ ー ク 、イ ベ ン ト な ど が 好き な人 た ち、 その 他 少しでも 関 心が お あ り の方 に、 気 軽に 手に と っ て も ら え れ ば 幸い で あ る 。 (10)本 論の 章 構 成 本論 は 、第 1 部「 沖 縄 振 興 開 発 計 画 の な か の海洋博 」、第2 部「沖 縄 海 洋 博の 内 在 的 分析 」、 第3 部「 海洋博 と沖 縄 社 会 の変 容 」の 3部 構 成か ら な る 。部 ど う し の関 係に つ い て は、 す でに 述べ た と お り で あ る。 こ こ で は、 こ れ ら の部 を構 成 する 各章 の 特徴 につ い て、 簡単 に 紹介 し て お く こ と に し よ う 。 第1 部「 沖 縄 振 興 開 発 計 画 の な か の海 洋 博」 は、 2 章 構 成 で あ る。 第 1章 「海 洋 博と 沖 縄 振 興 開 発 の歴 史 的 前 提 ―60 年 代〜70 年 代 初 頭 に お け る< 国土 > と< 国民 > の再 編― 」 は、 沖縄 の 復 帰 前、 高 度 成 長 期 の 日本列島 の 再 編 制に 焦 点を 当て 、 沖縄 開発 ・ 海 洋 博・ 沖 縄 観 光の 前 提と な っ た 諸 潮 流を 、 この 時期 の 本土 に見 出 す。 す な わ ち、 開発 の 次元 は全 国 総 合 開 発 計 画〜 新 全 総 〜列 島 改 造 、イ ベ ン ト の次 元は 東 京オ リ ン ピ ッ ク 〜大 阪 万 博 、交 通 の次 元は 新幹線 〜高 速 道 路 ・モ ー タ リ ゼ ー シ ョ ン 、観 光 の次 元は 海 外 旅 行の 自 由化 〜「 デ ィ ス カ バ ー ・ジ ャ パ ン 」キ ャ ン ペ ー ン で あ る 。これら 4 次元 が そ れ ぞ れ 、復 帰 後の 沖縄 に 流れ 込ん で く る こ と を 示し て お く 。そ の意 味 で第 1章 は 、第 2章 だ け で な く 、 本論全体 の 基礎 と な る 議論 で あ る 。 第2 章「 沖 縄 振 興 開 発 計 画 と 海 洋 博」 は 、第 1章 を ふ ま え 、復 帰 前 後 の沖 縄に お け る 開 発の エ ピ ス テ ー メ ー の 登場 ・展 開 のプ ロ セ ス を記 述し て い く 。69 年 11 月の 復 帰決 定を 契 機に 、沖 縄 開 発 を め ぐ っ て 日・ 米 ・琉 の政 治 的か け ひ き が行 わ れ た 結果 、本 土 政 府 と本 土 企業 が主 導 権を 握り 、 海 洋 博 構 想 が浮 上す る プロセス が 明ら か に な る。 開 発 構 想は 公式 化 され 、長 期 経 済 開 発 計 画〜 新 全 総 への 組み 込 み〜 沖 縄 振 興 開 発 計 画 の流 れ へ と 結実 する 。 .. こ れ らの 計 画の 内容 を 、資 源 と し て の <沖 縄 >の 特徴 づけや 、海 洋 博と 観光 の 位置 づけ に 焦点 を当 て て分 析し て い く 。さ ら に、 沖 縄 振 興 開 発 計 画 と海洋博 の 直 接 的な 結 び つ きを 表 す も の と し て、 関 連 公 共 事 業を 見 て い く。 特 に海 洋 博 道 路・ 国道 58 号 線が 、 <沖 縄ら し さ> の演 出 装 置 と し て 整備 さ れ た こと にス ポ ッ ト を当 て る。 次に 、第 2 部「 沖 縄 海 洋 博 の 内 在 的 分 析 」は 、3 章構成 である 。ま ず 、第 3章 「 <海 > 11.

(12) をめぐる イ メ ー ジ・ポ リ テ ィ ッ ク ス」は 、第 2部 の 導入部分 で ある 。万 国 博 覧 会 の歴 史と 、 そ れ が も た ら し て き た 様々 な効 果 を ふ ま え た 上で 、沖 縄 海 洋 博に 期 待された 政治的 ・経 済 的効 果に つ い て も見 ていく 。そ し て、 内 容 分 析の 入口 として 、海 洋 博の テ ー マ と基 本 理 念 について 、 詳細 なデ ィ ス ク ー ル 分 析を 行う 。 第4 章「 観 光リ ゾ ー ト と し て の< 沖縄 > イメージ の 誕生 」 は、 美的 リ ア リ テ ィ や 観光 の ま な ざ し に 焦点 を当 て る立 場か ら 、海洋博 の 会場選定 プ ロ セ スを 検 討す る。 会場地 に選 ば も と ぶ. れた 本部 半島 の 海と 島々 は 、自 然の 風 景が そ の ま ま会 場の 展 示の 一部 として 活用 さ れる こ と に よ っ て 、決定的 な 象 徴 的 変 容 を と げた 。 こ れ が、 海洋博 が沖 縄 を観 光リ ゾ ー ト 化す る 装置 と し て 設定 さ れ た プロセス の 、重 大な 様 相で あ っ た こ と を詳 述 する 。な お 本章 は、 シ ヴ ェ ル ブ シ ュや フ ー コ ー、 ド ゥ ボ ー ル らの 知 見を 借り て 、海 洋 博 会 場の 空間 の な か で監 視 とス ペ ク タ ク ル が同 時 に成 り立 つ よ う なま な ざ し の権 力 について 、 理 論 的な 考 察を 行う 章 でもあり 、 こ れ は第 5 章の 基礎 に も な る。 第5 章「 ビ ジ ュ ア ル・ メ デ ィ アと し て の 沖 縄 海 洋 博 」は 、 海 洋 博の 具体的 な展 示 内容 に つ い て、より 内在的 な検 討 を加 え て い く。会 場 内 のク ラ ス タ ー構 成、政 府 出 展・外国出展 ・ 民間出展 ・ 沖 縄 県 出 展 の各 パ ビ リ オ ン の詳 細 な内 容 分 析 を経 て、 こ れ ら の展 示 から 、< 海 >< 亜 熱 帯 >< 文化 > と い う沖 縄 イメージ の 三種 の神 器 が出 そ ろ っ て く る こ と が、 明ら か に な る。 第3 部「 海洋博 と 沖縄社会 の 変容 」は 、 2章構成 である 。 第6 章「 復帰後 の沖 縄 社 会 と 海 洋 博 世 論 」は 、海 洋 博が 復 帰 後 の沖 縄 社 会 において 、 ど の よ う に と ら え ら れ て い た の か を見 て い く 。第 2部 で 詳し く検 討 してきた 海洋博 のテ ー マや ス ペ ク タ ク ルの 空 間は 、主 催 者側 が意 図 したとお りには 、県 民 には 受容 さ れ て い な い 。むしろ 海洋博 は、 県 民 世 論に お い て は終 始 、批判的 に と ら え ら れ て き た。 沖 縄 社 会の 情 勢の 変化 と と も に、 海 洋 博世論 が いかなる 変 容を と げ て い く の か を 、年 表と と も に 詳細 に 検討 し て い く。 第7 章「 海 洋 博か ら 沖縄 キ ャ ン ペ ー ンへ ―沖 縄 の観 光リ ゾ ー ト 化の プ ロ セ ス―」は、沖 縄の 観 光 開 発・ 観光 キ ャ ン ペ ー ン のプ ロ セ ス に照 準を 定 め、 そ の な か で 海 洋 博 が い か な る 位置 を占 め て い た の か 、ま た以 後 の沖 縄イ メ ー ジ や観 光 立 県 の方 向 性に 、ど の よ う な影 響 を与 え て い っ た の か を 探っ て い く 。ま た、 こ う し た観 光 リゾート 化 とイ メ ー ジ 形成 のプ ロ セス におい て は 、県 ・ 政府 ・本 土 企 業 ・広 告 代 理 店・ 県 議会 の革 新 与 党 など 、 様々 なア ク ター た ち の 複雑 な相 互 作 用 が影 響 して き た こ と も 重視 される 。 結論 「沖 縄 イ メ ー ジによる リ ア リ テ ィ の 構築 」で は 、こ こ ま で の重 要 な論 点を あ ら た め て整 理す る 中で 、第 1 部・ 第3 部 の海洋博 と 沖縄社会 と の外 的 関 係 の分 析と 、 第2 部の 海 洋博 の内 在 的分 析と を 関係 づ け る 作業 を行 い 、全 体の 総 括と する 。. 謝辞. 序 章 の執 筆に 当 たっては 、 早 稲 田 大 学 の土 屋淳 二 氏と 大 正 大 学の 澤 口 恵 一 氏 にア ン. ケ ー トの 実 施を ご協 力 いただき 、 大い に参 考 になった 。 ここ に感 謝 の意 を表 したい 。ア ン ケ ー トに 答 え て く だ さ っ た 大 学 生 ・大 学 院 生 の み な さ ん 、あ り が と う ご ざ い ま し た 。 また 、琉 球 大 学 法 文 学 部 の 2001 年 度 開 講 科 目「 社 会 学 研 究 Ⅶ( 文 化 社 会 学 Ⅰ )」の受 講 生の 皆さ ん と の 議論 も 、大 いに 参 考に な っ た 。こ こに 感 謝の 意を 表 し た い。 12.

(13)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP