全文

(1)

(3)

⑩ 著

1 ) Watanabe A. : Nutritional pharmacology of branched -chain amino acids as psy­

chotropic action in liver cirrhosis, In Frontier in Hepatology ‘95, by Okita K. (Ed. ) 70-76,

Axel Springer Japan Publishing Inc., Tokyo,

1995.

2 ) 渡辺明治 : III. 肝臓 6 . 肝不全. I Annual Review 消化器 1995J 岡 博 三輪 剛, 出 月 康夫, 大藤正雄, 戸田 剛太郎編, 1 78・ 1 86, 中 外 医学社, 東京, 1995.

3 ) 渡辺明治 : 臨床 ア ンモ ニ ア 代謝学. I医科 ア ン モ ニ ア学」 渡辺明治, 佐伯武頼編, 92-103, メ デ イ

カ ル レ ビ ュ ー社, 東京, 1995.

4 ) 渡辺明治 : 高 ア ンモ ニ ア血症の治療法 ( 1 ) あ ら ま し 「医科ア ンモ ニ ア学」 渡辺明 治, 佐伯武 頼編, 240・248, メ デ ィ カ ル レ ビ ュ ー社, 東京, 1 995.

5 ) 渡辺明治 : 10. 症候学 14 肝腫大. I 内科学 ( 第 6 版 ) J 杉本恒 明, 小俣政男 他編, 1 26 - 1 28,

朝倉書庖, 東京, 1995.

6 ) 渡辺 明治 : 10. 症候学 1 5 牌臆.

( 第 6 版 ) J 杉本恒明, 小俣政男 他編,

朝倉書庖, 東京, 1995.

7 ) 渡辺 明治 : 10. 肝疾患, 胆の う ・ 胆道疾患, 勝 疾患 と 栄養. I患者指導のた め の病気 と 栄養」 糸 川 嘉則, 松倉 茂, 清野 裕編, 299-3 1 7 , 南 山 堂, 東京, 1995.

8) 渡辺明治 : 肝性脳症. I症候か ら みた肝疾患の 診断 と 治療 一 難治 な症状か ら 最 新 の 情報 ま で - J 市 回文弘監修, 97・ 126, メ デ ィ カ ル レ ビ ュ ー社,

東京, 1995.

「 内 科学 128- 1 30

品込T

川優子,高 田 正信 , 井上 博 : 慢性糸球体 腎炎 に対 内

す る Rebamipideの臨床効果. 第39 回 日 本 腎臓学 会学術総会, 1995, 1 1 , 東京.

76 ) 宮城匡子, 麻野 井 英 次 , 城宝秀司 , 石瀬久也 , 石坂真二, 和 田 攻, 能沢 孝 , 井上 博 : 運 動 時換気応答 に よ る 心予備カの評価. 第 5 回 北陸循 環器運動負荷研究会, 1995, 1 1 , 金沢.

77 ) 二村明 広, 泉野 潔, 中川 優子 , 園 谷 千佳 , 安 本耕太郎, 高 田 正信, 井上 博 : ラ ッ ト 抗Thy- 1 腎炎 のl-arginine投与後の 腎病変の 改善 に お け る マ ク ロ フ ァ ー ジ の 関与. 第39回 日 本腎臓学会学術 総会, 1995, 1 1 , 東京.

78 ) 宮城匡子, 麻野 井 英 次 , 城宝秀司 , 石 瀬久 也 , 石 坂 真 二 , 亀 山 智 樹 , 和 田 攻 , 能 沢 孝 , 井 上 博 : PTMC後 の運 動 耐 容 能 と 中 枢 お よ び 末梢機能 の変化. 第 8 回AT談話会, 1995, 1 2 , 東 京.

⑨ その他

1 ) 三羽邦久 : 狭心症周辺 に つ い て . 小玉株式会社 金沢営業所 2 月 度研修 プ ロ グ ラ ム 特別講演, 1994,

2, 富 山. ( 昨年度追加 )

2 ) 宮城裕子 , 三羽邦久, 井上 博 : フ レ ン チ パ ラ ド ッ ク ス と 赤 ワ イ ン の ヒ ト LDL抗酸化作 用 に つ い て . 第 3 回Toyama Nitrates Club, 1 994, 3 , 富 山. ( 昨年度追加 )

3 ) 藤木 明 : 心房細動の場合. I 不 整脈患者 さ ん , ご家族へ の上手 な 説 明 と 指 導 4J 杉本恒 明 監修 , 1 - 10. 1995.

4) 藤木 明 : 不整脈薬物療法. 第59回 日 本循環器 学会総会, Congress Report 10 : 16-18, 1995.

5 ) 三羽邦久 : 狭心症 の基礎 と 臨床. 大塚製薬特別 勉強会, 1995, 12, 東京.

6) 三羽邦久 : 煙の害-タ バ コ と 心臓病 - 富 山 国 際 (NS ) ク ラ ブ25周 年記念 シ ン ポ ジ ウ ム , 1 995 , 12, 富山.

7 ) 高嶋修太郎 : パ ー キ ン ソ ン病の臨床のポ イ ン ト . 富山市医師会教育講演, 1995, 12, 富山.

8 ) 泉野 潔 : 慢性 腎不全の合併症 と 治療. 富 山 県 病院薬剤師会学術研修会, 1995, 1 2 , 富山 .

(2)

9 ) 渡辺 明 治 : 新版 目 でみ る 臨床 栄養学. I肝疾 患 (1 ) 肝の機能 と 疾患. J 橋詰直孝編, 37-44,

医歯薬 出版, 東京, 1995.

10 ) 渡辺 明 治 : 新版 目 でみ る 臨 床 栄養学. I肝 疾患 (1I ) 診断 ・ 病態」 橋詰直孝編, 45・52 , 医 歯薬 出版, 東京, 1 995.

1 1 ) 渡辺 明 治 : 新版 目 でみ る 臨 床 栄養学. I肝 疾患 ( ill ) 治療 ・ 生活指導」 橋詰直孝編, 53-60 , 医歯薬 出版, 東京, 1995.

1 2 ) 田 中三千雄 : 十二指腸炎. I 図 説病 態 内 科講 座, 消化管- 2 J 矢崎義雄, 猿田享男, 金津一郎,

藤野雅之編, 105- 108, メ ジ カ ル ビ ュ ー社, 東 京 , 1995.

1 3 ) 田 中 三 千雄 : 内 視 鏡 診 断 ・ 十 二 指 腸 潰 蕩 .

「 日 本消化性潰蕩学」 竹本忠 良 , 中 津 三 郎 , 森賀 本幸, 岡崎幸紀編, 688-703, メ ジ カ ル ビ ュ ー社,

東京, 1995.

14) 田 中三千雄 : 内視鏡診断 ・ 吻合部潰蕩. I 日 本消化性潰湯学」 竹本忠 良, 中津三郎, 森賀本幸,

岡崎幸紀編, 704-71 2, メ ジ カ ル ビ ュ ー社, 東 京 , 1995.

⑮ 原

1 ) Watanabe A . , Kuwabara Y . , Hioki 0 . , Yago K . , Kugu K . , and Akira M . : Tentative diet for liver failure containing well-polished rice. Nutrition , 1 1 : 355・359, 1995.

2) Watanabe A. , Shimizu Y., Nambu S. , Tsuchida T. , Takahara T . , Higuchi K . , and Kuwabara Y.. : Evaluation of neuropsy­

chological function in patients with liver cirrhosis with special reference to their driving ability. Metabol. Brain Dis . , 1 0 : 239・248, 1995 .

3 ) Karayiannis P . , Alexopoulou A., Hadzi­

yannis S. , Thursz M . , Watts R . , Saito S . , and Thomas H.C. : Fulminant hepatitis associated with hepatitis B virus e antigen­

negative infection : importance of host factors. Hepatology, 22 : 1628- 1 634, 1995.

4 ) Takahara T . , Furui K . , Funaki J. , Nakayama Y . , Itoh H. , Miyabayashi C. , Sato H . , Seiki M . , Ooshima A . , and Watanabe A. : Increased ex-pression of matrix metallo­

proteinase-II in experi-mental liver fibrosis in rats. Hepatology, 21 : 787-795, 1995.

5) Nambu S., Nishimori H . , Saeki M., Higuchi K., and Watanabe A. : α -Fetoprotein

messenger RN A in peripheral blood as a marker of circulating hepatocellular car­

cinoma cells. Int. Hepatol. Commun. , 3 : 217-22 1 , 1995.

6 ) Shimizu Y . , Minemura M . , Tsukishiro T. , Kashii Y., Miyamoto M . , Nishimori H. , Higuchi K . , and Watanabe A. : Serum concen­

tration of intracellular adhesion molecule- 1 in patients with hepatocellu・lar carcinoma is a marker of the disease pro-gression and prognosis. Hepatology, 2 2 : 5 2 5 - 5 3 1 , 1995.

7) Kazama Y. , Hamamoto T. , Foster D .C. , and Kisiel W. : Hepsin, a putative membrane­

associated serine protease, activates human factor VII and initiates a pathway of blood coagulation on the cell surface leading to thrombin formation. J. Biol. Chem . , 270 : 66- 72, 1995.

8) Sung M.-W., Yasumura S . , Johnson J.T. , Van Dongen G.A.M.S. , and Whiteside T.L. : Natural killer ( NK ) cells as effectors of antibody-dependent cytotoxicitywith chimeric antibodies reactive with human squamous­

cell carcinomas of the head and neck. Int.

J. Cancer, 61 : 864-872, 1995.

9 ) Vujanovic N.L. , bayashi H . , Lin Herberman R.B. ,

Yasumura S., Hira­

W.-C. , Watkins S. , and Whiteside T.L. : Antitumor activities of subsets of human IL-2 activated natural killer cells in solid tissues. J. Immunol . , 154 : 281 ・289, 1995.

1 0 ) Hirabayashi H . , Yasumura S., Lin W . ー C . , Amoscato A . , Johnson J.T. , Herberman R . B . , and Whiteside T.L. : Production by human squamous cell carcinoma of a factor inducing activation and proliferation of immune cells. Arch. Otolaryngol. Head Neck Surg. , 121 : 285・292, 1995.

1 1 ) Lin W.-C . , Yasumura S., Suminami Y . , Sung M.-W . , Nagashima S., Stanson J . , and Whiteside T.L. : Constitutive production of IL・ 2 by human carcinoma cells, Ex­

pression of IL・ 2 receptor, and tumor cell growth. J. Imm unol. , 155 : 4805・4816, 1995.

1 2 ) Watanabe A . , and Kuwabara Y. : Effect of rapid lipid emulsion infusion on nutrient-

- 57 -

(3)

induced thermogenesis and protein-sparing effect in cirrhotic patients. Current Therap.

Res . , 55 : 8・ 12, 1994. ( 1994年度追加 )

1 3 ) 渡辺 明 治 , 村 田 浩 之, 桑 原 芳 弘 , 明 満喜子 , 樋 口 清博 : 低蛋 白 米 を用 い た肝不全食の試み. 基 礎 と 臨床 29 : 2421・2427, 1995.

14 ) 鈴木 宏 , 佐藤俊一, 鈴木一幸, 武藤泰敏,

渡辺 明 治 : Lactitol ( NS・4 ) の 高 ア ン モ ニ ア 血症 に 対 す る 臨床後期第 E 相試験. 臨 床 医 薬 1 1 : 96 1 -988. 1 995.

1 5 ) 鈴木 宏 , 佐藤俊一, 鈴木一幸, 武藤泰敏,

渡辺 明 治 , 栗 山 欣菊 : Lactitol ( NS・4 ) の高 ア ンモ ニ ア 血症 に対す る 臨床後期第 E 相試験- 至適 用量の検討. 臨床医薬 1 1 : 989-1032, 1995.

16 ) 鈴木 宏 , 佐藤俊一, 鈴木一幸, 武藤泰敏,

渡辺 明 治, 栗 山 欣粥 : Lactitol ( NS-4 ) の高 ア ンモ ニ ア 血症 に対す る 臨床第 E 相試験 一 対照薬 ラ ク ツ ロ ー ス と の比較. 臨床医薬 1 1 : 1439 ・ 1 473 , 1995.

1 7 ) 笹川 貴代, 沖 田 美佐子, 村嶋 誠, 渡辺明治 : 多発性骨髄腫例 に お け る 血清 リ ン脂質 の異常. 栄 養 一 評価 と 治療 12 : 303-306, 1995.

18) 斎藤清二, 龍門育子, 樋 口 清博, 田 中三千雄,

渡辺 明治, 坂本 隆, 藤巻雅夫 : 国際医療協力 プ ロ ジ ェ ク ト ( ブ ラ ジ ル) に お け る 消化器 内視鏡検 査前感染症ス ク リ ー ニ ン グ の意義. Gastroenter 01. Endoscop. 37 : 835・840, 1995.

1 9 ) 西野主員, 樋 口 清博, 道野淳子, 多葉回祥代,

安村 敏, 渡辺 明 治 : 第 3 世代HCV抗体測定キ ッ ト の有用性 の検 討 - 第 2 世代HCV 抗体 と の比較 お よ び議離例 の 解析 - 日 本輸血学会誌 41 : 353-357. 1995.

20 ) 樋 口 清博, 土 田 敏博, 桑 原 芳 裕 , 渡辺 明 治 : 肝硬変例 に お け る 血中 ビ タ ミ ンE と ド コ サ ヘ キ サ エ ン酸濃度 一肝性脳症 と の関連性 につ い て. 日 本 臨床代謝学会記録 1 7 : 144- 145 , 1995.

2 1 ) 清水幸裕 , 峯村正 実 , 月 城孝 志 , 岡 田 和彦,

菓子井 良郎, 羽岡芽久美, 樋 口 清博, 渡辺 明治 : ヒ ト 肝癌細胞株か ら 産 生 さ れ る Interleukin-8 の 血管新生因子活性. 肝臓 36 : 144・ 150, 1 995.

22 ) 土 田 敏博, 桑原 芳 弘 , 渡 辺 明 治 , 樋 口 清博 : 肝硬変例 に お け る 血中 ビ タ ミ ンE と ド コ サ ヘ キ サ エ ン酸濃度- 肝性脳症 と の関連性 につ い て 養 一 評価 と 治療 12 : 329・333, 1995.

23 ) 土 田 敏博 , 高 原 照 美 , 芳 尾 幸 松 , 中村 暁,

桑原芳弘, 渡辺 明 治 : 急性 ウ イ ル ス 肝炎 例 に お け る 血清TNF- α と そ の受容体 ( p55 , p75 ) 濃度の

測定 と そ の意義. 日 本臨床代謝学会記録 1 7 : 1 2 6- 127. 1995.

24 ) 安村 敏, 樋 口 清博, 平林秀樹, 渡辺 明 治 , Whiteside T.L. : 新 し く 樹立 さ れた 頭頚部扇 平 上皮癌の免疫学的特性. 消化器 と 免疫 3 1 : 246・

251 . 1995.

25 ) 安村 敏 : 頭頚部扇平 上皮癌 と 認識す る 細 胞 障害性T細胞に つ い て . 日 本気管食道科学会会報

46 : 126・130, 1995.

⑥ 症例報告

1 ) 渡辺 明治, 沖田英明, 樋 口 清博, 安村 敏, 愛 場信康, 土田敏博, 清水幸裕, 南部修二, 高原照 美, 樋本尚志, 西岡幹夫 : 甲状腺機能充進症を伴 っ た 自 己免疫性肝炎IIa型 の 1 例 - ス コ ア 化診断基 準 の有用性 に つ い て . Pharma Med. 1 3 : 99・

1 1 1 . 1995.

2) 渡辺 明治, 沖田英明, 安村 敏, 清水幸裕, 樋 口 清博, 西岡幹夫 : 自 己免疫性肝炎W型の小児例.

Pharma Med. 13 : 185- 193. 1995.

3 ) 渡辺明治, 沖田英明, 清水幸裕, 安村 敏, 南 部修二, 土田敏博, 高原照美 , 樋 口 清博 : auto­

immune cholangiopathy と 考 え ら れ る 2 症 例 . Pharma Med. 13 : 1 2 1 - 130. 1995.

4 ) 魚谷英之, 坂本 隆, 沢 田 石勝, 東山孝一, 黒 木嘉人, 増子 洋, 清水哲郎, 唐木芳昭, 田 沢賢 次 , 藤巻雅夫, 田 中三千雄 : 嚢胞形成を来 し た 胃 迷入停の 1 例. 日 本消化器内視鏡学会雑誌 37 : 2475-2480. 1995.

5) 村上 純, 青山圭一, 折原 正周, 新敷吉成, 山 下 巌, 広川慎一郎, 麓 耕平, 唐木芳昭, 山下 広子, 北川正信 : 後腹膜腔 に発生す る 海綿状血管 騒 の一例. 腹部画像診断 15 : 8 1 1 -818, 1995.

6 ) 矢 田 豊, 稲土修嗣, 田 中 三 千雄, 宮際 幹,

五十嵐雅秀, 宮元芽久美, 園谷朗雄, 若 林 泰 文 , 渡辺明治 : 内視鏡的粘膜切除法 に て 完全切除 し得 た 直腸 カ ルチ ノ イ ドの 4 例. Endoscop . Forum

Dig. Dis. 1 1 : 257-26 1 , 1 995.

⑩ 総

1 ) 渡辺 明治, 西森 弘, 月 城孝志, 清水幸裕, 南 部修二 : 肝細胞癌の診断 と 治療. Pharma Med.

13 : 137・ 148. 1995.

2 ) 渡辺明治 : ウ イ ルス 肝炎 の現状 と 展望.

Modern Physician 15 : 3-7, 1995.

3 ) 渡辺明治 : ベ ン ゾ ジ ア ゼ ピ ン受容体 リ ガ ン ド と 肝性脳症 一発症機序 と 治療 におけけ る最近の進歩.

Pharma Med. 13 : 151- 167. 1995.

4) 渡辺明治 : 肝性脳症 の成因 にお け る 脂肪酸の意

(4)

義一 と く に ド コ サヘキサエ ン酸を中心に. Pharma Med. 13 : 195-207. 1995.

5) 渡辺明治 : 1"栄養 と 免疫」 栄養 と 免疫のかかわ り . 臨床栄養 86 : 370-374, 1995.

6) 渡辺明治 : ウ イ ルス肝炎 の現状 と 展望. Pharma Med. 13 : 137-1 5 1 . 1995.

7) 渡辺明 治, 高原照美, 土 田 敏博 : 肝臓の障害 と 修復 に お け る TNF α の 臨 床 的意義 一 マ ト リ ッ ク ス メ タ ロ プ ロ テ ア ーゼ と そ の イ ン ヒ ビ タ ー に よ る 制御機構 を 中 心 に . Pharma Med . 1 3 : 1 5 5 ・ 172. 1995.

8) 渡辺 明 治, 樋 口 清博 : 高齢者 に み ら れ る 肝疾患 の診断 と 治療. 老化 と 疾患 8 : 944-950, 1995.

9 ) 渡辺明治 : ア ラ キ ド ン酸 と 疾患. 臨床栄養 87 : 272-278. 1 995.

1 0 ) 渡辺 明治, 愛場信康 : 肝 炎 ウ イ ル ス の重複感 染 と B型劇症肝炎. 日 本臨床 増刊 号 < 分子肝炎 ウ イ ル ス 病学 ( 下 ) > , 477・481 , 1995.

1 1 ) 渡辺 明 治 : B 型肝 炎 の重症化, 劇症肝 炎 の 予 知 と 早期診断 一 生化学的, 物理学的診断法. 日 本 臨床 増刊号 < 分子肝炎 ウ イ ル ス 病学 ( 下 ) > , 502-509. 1995 .

12 ) 渡辺 明 治 : 代謝性肝疾 患 に お け る 肝腺腫 と 肝 細胞癌. 病理 と 臨床 1 3 : 137 1 - 1380, 1995.

1 3 ) 渡辺 明 治, 土 田 敏博, 矢 田 豊 , 高 原 照美 : 培養肝細胞 を 用 い た人工肝臓. Pharma Med.

13 : 141- 146 . 1995.

14 ) 渡辺 明 治 : 診断の指針 ・ 治療 の 指針. 肝性脳 症 潜在性脳症 と そ の治療. 綜合臨林 44 : 2495- 2496. 1995.

1 5 ) 渡辺 明 治 : 肝癌診療 の現状 と 問題点. Modern Physician 15 : 1407, 1995.

1 6 ) 渡辺 明 治 : 潜在性肝性脳 症 の 簡 易 診断法 と そ の 2 病型. Med . Practice 12 : 1816, 1995 . 1 7 ) 渡辺 明 治 : 肝硬変 と 肝発癌の関連性. Pharma

Med. 13 : 127- 135. 1995.

18) 渡辺 明 治 : B型肝炎 の イ ン タ ー フ ェ ロ ン治療一 現状 と 将来. Pharma Med 13 : 1 3 1・ 139 , 1995.

19 ) 沖 田 美佐子, 山本純子, 渡辺 明 治 : ア ル コ ー ル依存者 と 栄養. カ レ ン ト テ ラ ピ ー 1 3 : 1 604- 1609. 1995.

20 ) 田 中三 千雄 寺崎禎一 : 高齢者潰蕩. 日 本 内 科学会雑誌 84 : 879-884, 1995.

2 1 ) 田 中三千雄 : 内視鏡 に よ る 胃 の 裂創. 臨林消 化器内科 1 0 : 1 583・1586, 1995.

22 ) 田 中三千雄 : 十二指腸炎 の 内 視鏡像. 臨林消 化器内科 1 0 : 13 19- 1323, 1995.

23 ) 黒木嘉人, 田 中三千雄, 坂本 隆, 山 田 明 , 藤巻雅夫 : 多発 胃 癌 は ど こ ま で診断可能か. 消化 器内視鏡 7 : 943・948, 1995.

24 ) 吉田 誠, 魚津幸蔵, 田中三千雄 : Boerhaave 症候群 ( 特発性食道破裂 ) . 臨休消化器内科 10

: 1447- 1451 . 1995.

25 ) 稲土修嗣, 田 中三千雄 : 早期 胃 癌 の 内 視鏡治 療法 - 4 点固定法一. 治療の最前線 2 : 546-551,

1995.

26 ) 稲土修嗣, 矢 田 豊, 宮際 幹, 五十嵐雅秀,

宮元芽久美, 園谷朗雄, 若林泰文, 田 中三千雄 : 4 点 固定法 に よ る 内視鏡的 胃 粘膜切除術. 臨外 50 : 13- 18. 1995.

27 ) 高原照美, 渡辺 明治 : コ ラ ー ゲ ン 遺伝 子 の発 現 と そ の調節機構. Modern Physician 15 : 63・

68. 1995.

28 ) 高原照美, 渡辺 明治 : マ ト リ ッ ク ス メ タ ロ プ ロ テ ィ ナ ーゼ. 肝胆勝 31 : 433-441 , 1995 29 ) 高原照美, 渡辺 明治, 佐藤 博 : 細 胞 外 マ ト

リ ッ ク ス か ら みた肝癌転移 の分子機構. Modern Physician 15 : 1447・145 1 , 1995.

30 ) 佐 々 木博, 高原照美 : 肝臓 の 細 胞 外 マ ト リ ッ ク ス 臨床電顕誌 28 : 7-25, 1995.

3 1 ) 清水幸裕, 渡辺 明治 : 肝炎 の 発 症 お よ び慢性 化の分子免疫学的機構. Modern Physician 15 : 47-50. 1995.

32 ) 清水幸裕, 渡辺 明治, 樋 口 清博 : 養 子 免疫治 療 の有効性 と 今 後 の 展 開 . Modern Physician 15 : 1496-1500. 1995 .

33 ) 愛場信康, 渡辺 明治 : 非B非C型肝硬変の 病 因 と 予後 - B型肝炎 ウ イ ルス の関与 に つ い て . 消 化 器 科 21 : 527-533. 1995.

34 ) 峯村正実, 日 置 将, 渡辺 明 治 : 肝再生過程 に お け る 線維芽細胞増殖因子の役割と そ の定量化.

消化器科 20 : 279岨287, 1995.

35 ) 西森 弘, 渡辺明治 : 臨床医のためのイ ンフ ォ ー ム ド ・ コ ンセ ン ト . 消化管疾患, 肝硬変. Modern Physician 15 : 631 ・633, 1995.

36 ) 西森 弘, 渡辺 明治 : 1" ス ポ ー ツ 療 法 の 新知 識」 慢性疾患 と ス ポー ツ : 肝臓病. か ら だ の科学

増刊 148- 1 5 1 . 1995 .

37 ) 菓子井良郎, 渡辺明治 : 肝炎 と 細胞接着分 子 . Modern Physician 15 : 73・76, 1995.

38 ) 菓子井 良郎, 清水幸裕, 南部修二 渡辺明治 : B型慢性肝炎 の肝内 浸潤 リ ン パ球 に お け る TCR V {3 の解析- PCR法の応用. 日 本臨床 増刊号 <

分子肝炎 ウ イ ルス 病学 ( 下 ) > 155- 160. 1995.

-

59

-

(5)

⑮ 学会報告

1 ) Kuroki Y. , Yamada A . , Sakakibara T. , Sakamoto T . , Ihara Y. , Nomura N . , Higashiyama K . , Shimizu T. , Tauchi K. , Saito M . , Sawataishi M . , Karaki Y., Tazawa K . , Fujimaki M . , and Tanaka M. : Diagnosis of early gastric cancer by en-doscopic u1trasonography ( EOS ) with an origina1 a1ternative ballon method. 1st Inter-nationa1 Gastric Cancer Congress, 1995, 3, Kyoto.

2) Nanasawa H., Tanaka M . , Bando T. , Hario S. . Okuda K . . and Watanabe A. : Advance in the endoscopic microwave coagu1ation therapy for early gastric cancer. 1 st Internationa1 Gastric Cancer Congress, 1995, 3, Kyoto .

3 ) Inatsuchi S., and Tanaka M. : Four-point fixation method for endoscopic mucosa1 resection of ear1y gastric cancer. 1st Inter­

nationa1 Gastric Cancer Congress, 1 9 9 5 , 3 , Kyoto.

4 ) Okada K . , Yasumura S. , Mu ler-F1ecken­

stein 1. , F1eckenstein B . , and Whiteside T.L. : Human cytotoxic T-cell 1ines with specificity for squamous cell carcinoma of the head and neck. The 8 6 th American Association of Cancer Research, 1 9 9 5 , 3 , Toronto .

5 ) Whiteside T. L . , Okada K. , Nannmark U . , Vujanovic N.L., Prytz M . , Watkins S. , and Herberman R.B. : Adoptive immunotherapy of 1iver metastasis established in nude mice with IL- 2 activated human natura1 killer ( A-NK ) cells. The 8 6 th American Association of Cancer Research, 1 9 9 5 , 3 , Toronto .

6 ) Alexopou1ou A . , Karayiannis P . , Hadziyannis S.J., Aiba N . , and Thomas H.C. : Evidence for se1ection of HBV variants in a persistent1y infected patient with quasi­

species. The 3 0 th Annua1 Meeting of The European Associa tion f or the Study of the Liver, 1995, 8, Copenhagen, Denmark.

7 ) Yasumura S . , and Watanabe, A. : A case with autoimmune hepatitis II a. Inter­

nationa1 Symposium of Autoimmune Hepatitis Type II , 1995, 9, Takamatsu.

8 ) Takahara T., Furui K., Funaki J . , Itoh H . , Nakayama Y . , Satoh H., and Watanabe,

A. : Gene expression of matrix metallo­

proteinases and their inhibitors in rege­

nerating 1iver after partia1 hepatectomy ­ comparison with repair process in CC14 - injured 1iver - . The 4 6 th Annua1 Meeting of The American Association for The Study of Liver Diseases, 1995, 1 1 , Chicago.

9 ) Takahara T. : Gene expression of ectra­

cellu1ar matrix proteins and their re1ated enzymes in 1iver fibrosis. The 7th Yamaguchi Symposium on Liver Disease, 1 9 9 5 , 1 2 , Ube.

1 0 ) 渡辺 明治 : 劇症肝炎の早期診断 と 治療 . 厚 生 省特定疾患、 「難治性の肝疾患」 調査研究班, 劇症 肝炎分科会, 平成 6 年度総会, 1995, 2, 東京.

1 1 ) 安村 敏 , 樋 口 清博, 渡辺 明 治 , 平林秀樹,

Whiteside T. : 新 し く 樹立 さ れた 頭 頚部扇 平上 皮癌の免疫学的特性. 第3 1 回 “消化器 と 免疫" 研 究会, 1995, 3, 東京.

1 2 ) 古井 啓, 黒 田 昌 弘, 中村 暁, 徳舛康 良 , 津 田勝江, 宮元 歩, 園谷朗雄, 若林泰文, 田 中 三千雄, 渡辺 明治, 高嶋修太郎 : Crohn病 に 合併 し た ミ オ パチー の一例. 第1 65 回 日 本 内 科学会北 陸地方会, 1995, 3, 金沢.

1 3 ) 村嶋 誠, 加藤 勤, 宮元 歩, 安藤隆夫,

安村 敏, 清水幸裕, 若林泰文, 高原照美, 樋 口 清博, 渡辺明治 : 非 ホ ジ キ ン リ ン パ腫 にみ ら れ る 消化器病変の臨床病理的検討 一大腸癌 と C型慢性 肝疾患 を 中 心 に . 第92 回 日 本 内 科学 会 講 演 会 ,

1995, 4, 名古屋.

14 ) 宮元 歩, 若林泰文, 五十嵐雅秀, 徳舛康良,

中村 暁, 芳尾幸松, 園谷朗雄, 土田敏博, 田 中 三千雄, 渡辺 明治 : 肝硬変例 に お け る 胃 粘膜 リ ン 脂質 の異常 と そ の是正. 第92回 日 本 内科学会講演 会, 1995, 4, 名古屋.

1 5 ) 峯村正実, 清水幸裕, 月 城孝志, 西森 弘,

菓子井 良朗, 羽岡芽久美, 土 田 敏博, 南部修二,

高原照美, 樋 口 清博, 渡辺 明治 : 肝細胞癌 に お け る 可溶性ICAM- 1濃度の測定 と そ の意義 第92回 日 本 内科学会講演会, 1995, 4, 名 古屋.

1 6 ) 土田敏博, 高原照美, 桑 原 芳 弘 , 渡辺 明 治 : 急性 ウ イ ルス 肝炎例 に お け る 血清TNF- α と そ の 受容体 ( p55, p75 ) 濃度の測定 と そ の意義. 第32 回 日 本臨床代謝学会総会, 1995, 4, 豊中.

1 7 ) 沖田美佐子, 渡辺明治 : 肝硬変 の脂質代謝か

(6)

ら み た栄養 ア セ ス メ ン ト . 第8 1 回 日 本 消化器病学 会総会, ワ ー ク シ ョ ッ プ, 1995, 5 , 横浜.

18) 若林泰文, 宮元 歩, 中 谷敦子, 五十嵐雅秀,

芳尾幸松, 中村 暁 徳舛康 良, 園谷朗雄, 寺崎 禎一, 田 中三千雄, 渡辺 明 治 : 胃 粘膜 リ ン脂質構 成か ら み た 胃 粘膜防御機構. 第8 1 回 日 本消化器病 学会総会, ポ ス タ ー, 1995, 5, 横浜.

1 9 ) 愛場信康 , 渡 辺 明 治, 桑 原 芳 弘 , 土 田 敏博,

清水幸裕, 南部修二 高原照美, 樋 口 清博 : 非 B 非C型肝硬変 の病因 と 予後. 第8 1 回 日 本 消 化器病 学会総会, ワ ー ク シ ョ ッ プ, 1995, 5, 横浜.

20 ) 矢 田 豊 , 稲土修嗣, 宮 際 幹 , 横井健二,

東 出 慎治, 高橋英雄, 魚 津幸蔵, 長谷川 洋, 関川 博 : 消化管出血 に対す る 内 視鏡的止血法 の検討.

第49 回 日 本 消 化 器 内 視鏡学会 総 会 , ポ ス タ ー , 1995, 5, 横浜.

2 1 ) 五十嵐雅秀 若林泰文, 新敷吉成, 中村 瞬,

芳尾幸松, 徳舛康 良 宮元 歩, 寺崎禎一, 田 中 三千雄, 渡辺 明治, 山下弘子, 若木邦彦, 味岡洋 一 : 内視鏡的 に切除 し た 固有食道腺 由 来 の腺麗の 1 例. 第49回 日 本消化器内視鏡学会総会, ポス タ ー,

1995, 5, 横浜.

22 ) 沖 田 美佐子, 笹川貴代, 村嶋 誠, 渡辺明治 : 多発性骨髄腫例 に お け る 血清 リ ン脂質 の異常. 第 18回 日 本栄養 ア セ ス メ ン ト 研究会, 1 995, 5 , 秋 田.

23 ) 土 田 敏博, 桑原芳弘 渡 辺 明 治 , 樋 口 清博 : 肝硬変例中 に お け る 血中 ビ タ ミ ンE と ド コ サ ヘ キ サ エ ン酸濃度 -肝性脳症 と の 関連性 に つ い て 一 . 第18回 日 本栄 養 ア セ ス メ ン ト 研究 会 , 1 995, 5,

秋 田 .

24 ) 土 田 敏博 , 芳尾 幸 松 , 張 立平 , 高 原 照 美 、 渡辺 明治, 赤池孝章, 浦上貞治 : 遊離肝細胞障害 に お け る ピ ロ ロ キ ノ リ ン キ ノ ン ( PQQ ) と そ の 誘導体 に よ る ラ ジ カ ル消 去能. 第 2 回肝細胞研究 会, 1995, 6, 大宮.

25 ) 日 置 将 , 峯 村 正 実 清 水幸 裕 , 高 原 照 美 , 樋 口 清博, 渡辺 明 治 : 肝障害の修復過程 に お け る 伊東細胞 の 動 態 と bFGF産 生 機 能 - ln VlrO と m vitro の差異. シ ン ポ ジ ウ ム ( 2 ) . 肝 を 構成す

る 細胞 のin vitro の機能 の差異. 第 2 回肝細胞研 究会, 1995, 6, 大宮.

26 ) 伊藤博 行 , 七 津 洋 , 園 谷 等 , 巴 陵 宜彦,

国谷朗雄, 坂東 毅, 中 谷敦子, 五十嵐雅秀, 中 村暁, 田 中三千雄, 渡辺 明治 : 内視鏡的超音波検 査が有用 で あ っ た 非露出腫癌型 乳頭部癌 の 1 例.

第65 回 日 本消化器 内視鏡学会北陸地 方 会 , 1 995 ,

6, 富山.

27 ) 安藤隆夫, 田 中三千雄, 渡 辺 明 治 : 消 化 性 潰 湯 の維持療法 は机上の空論か ? . 第65回 日 本消化 器 内視鏡学会北陸地方会 ラ ウ ン ドテ ー ブルデ ィ ス カ ッ シ ョ ン, 1 995, 6, 富 山.

28 ) 芳尾幸松 , 模本慎哉, 若林泰文, 中 谷敦 子 , 折原正周, 五十嵐雅秀, 中村 暁, 園谷朗雄, 宮 元歩, 田 中三千雄, 渡辺明 治 : Brunner腺過形成 に伴 っ た十二指腸腺腫の一例. 第65回 日 本消化器 内視鏡学会北陸地方会, 1995, 6, 富山.

29 ) 五十嵐雅秀, 稲土修嗣, 沖 田 英 明, 宮際 幹,

新敷吉成, 笠島 真 : 内視鏡的に切除 し た 大腸平 滑筋腫の 5 例. 第65回 日 本消化器内視鏡学会北陸 地方会, 1995, 6, 富山.

30 ) 横本伸哉, 芳尾幸松, 福 田 加奈 子 , 五十嵐雅 秀, 若林泰文, 坂東 毅, 徳舛康 良 , 中 谷敦 子 , 田 中三千雄, 渡辺 明治 : 内視鏡的 に切除 し得た食 道頼粒細胞種 の 1 例. 第65 回 日 本 消化器内視鏡学 会北陸地方会, 1995, 6, 富山.

3 1 ) 福 田 加奈子, 五十嵐雅秀, 若 林 泰文 , 中 村 暁, 宮元 歩, 園谷朗雄, 清水幸裕, 田 中三千雄,

渡辺 明治 : マ イ ク ロ 波凝固止血が有効であ っ た放 射線腸炎 の 1 例. 第65回 日 本消化器内視鏡学会北 陸地方会, 1995, 6, 富山.

32 ) 村田浩之, 中村 暁, 五十嵐雅秀, 芳尾幸松,

若林泰文, 田 中三千雄, 渡辺 明治 : 進行癌 に対す る Low dose CDDP 十 5・FU 療法. 第50 回 日 本消化器病学会北陸支部例会, 1 995, 6, 富山.

33 ) 斎藤清二, 北啓一朗 , 坂 本 美 奈 子 : 内 科 臨 床 に お け る 医師 と 臨床心理士 の連携 一 医療モ デル と 心理臨床モ デルの相克 を越え て 第36回 日 本心 身医学会総会, 1995, 6, 東京.

34 ) 斎藤清二, 北啓一朗 : 医学部卒前 カ リ キ ュ ラ ム に お け る 心身医学的教育 - 特 に カ ウ ンセ リ ン グ 的病歴聴取法の教育 の意義に つ い て 一 . 第36 回 日 本心身医学会総会, ワ ー ク シ ョ ッ プ, 1 995, 6 , 東京.

35 ) 宮林千春, 渡辺 明治 : イ ン タ ー ブ エ ロ ン 治療 でC型慢性肝炎 の線維化改善 はみ ら れ る か . 第27 回 日 本結合織学会学術大会, フ ォ ー ラ ム 血中線 維化 マ ー カ ー に よ る C型慢性肝炎 の イ ン タ ー フ エ

ロ ン治療効果 の予測, 1995, 6, 横浜.

36 ) 高原照美 , 古井 啓, 土 田 敏博, 舟木 淳,

伊藤博行, 中 山義秀, 佐藤 博, 渡辺 明治 : 肝再 生 に おけ る マ ト リ ッ ク ス 分解酵素 ( MMP ) と そ の イ ン ヒ ビ タ ー ( TIMP ) の動態-肝障害修復過 程 と の比較. 第31 回 日 本肝臓学会総会, ク リ ニ カ

- 6 1 -

(7)

ル& リ サー チ フ ォ ー ラ ム ( 1 ) , 1995, 7, 福岡.

37 ) 高原照 美 , 古井 啓 , 舟 木 淳 , 伊藤博行,

中 山 義秀, 佐藤 博, 渡辺明治 : 肝線維化過程に お け る膜型メ タ ロ プ ロ テ ア ー ゼ ( MT・MMP ) の 動態 と そ の局在. 第3 1 回 日 本肝臓学会総会, 1995,

7, 福岡.

38 ) 南部修二, 愛場信康, 西森 弘, 菓子井 良郎,

樋 口 清博, 渡辺 明 治 : HBs抗 原 陰 性 ・ HCV抗体 陽性 の肝細胞癌例 に おけ る 肝組織内 B型肝 炎 ウ イ ルス 遺伝子 の PCR法 に よ る 検 討. 第3 1 回 日 本肝 臓学会総会, 1 995, 7, 福岡.

39 ) 清水幸裕, 西森 弘, 菓子井良郎, 月 城孝志,

峯村正実, 宮元芽久美, 樋 口 清博, 渡辺 明 治 : 各 種肝疾患 にお け る B 7 抗 原 陽 性細 胞 の肝組 織 内 分 布. 第3 1 回 日 本肝臓学会総会, 1995, 7, 福 岡.

40 ) 清水幸裕, 菓子井 良郎, 月 城孝志, 西森峯村正実, 宮元芽久美, 樋 口 清博, 渡辺明治 : 肝 癌細胞に お け る B7 抗 原 の 発現 と サ イ ト カ イ ン に よ る 調節. 第3 1 回 日 本肝臓学会総会, 1 99 5, 7,

福岡.

4 1 ) 安村 敏 , 樋 口 清 博 , 新敷吉成, 渡 辺 明 治 , V uianivic N. , Whiteside T .L. : 肝癌 細 胞 に 対 す る 活性化natural killer細胞の抗腫湯効果. 第 3 1 回 日 本肝臓学会総会, 1995, 7, 福岡.

42 ) 古井 啓 , 高 原 照 美 , 伊藤博行, 中 山 義秀,

宮林千春, 樋 口 清博, 渡辺明治, 大嶋 章 : 肝線 維化過程 に お け る リ ジ ルオ キ シ ダーゼ の遺伝子発 現 の 動態 と そ の局在. 第31 回 日 本肝臓学会総会,

プ レ ナ リ ー セ ッ シ ョ ン, 1995, 7, 福岡.

43 ) 菓子井 良郎, 清水幸裕, 南部修二, 峯村正実,

樋 口 清博, 渡辺明治 : 慢性肝炎 に おけ る 肝内浸潤 B リ ン パ球 の ク ロ ナ リ テ ィ ー の 解析. 第3 1 回 日 本 肝臓学会総会, 1995, 7, 福岡.

44 ) 宮元芽久美, 清水幸裕, 菓子井 良 郎 , 南部修 二, 樋 口 清博, 渡辺 明治 : IL・8 に よ る ヒ ト 培養肝 細胞癌 の オ ー ト ク ラ イ ン増殖 と 腫蕩関連物質 の産 生 に 及ぼす影響. 第3 1 回 日 本肝臓学会総会, 1ω5,

7, 福岡.

45 ) 原 田 雷太郎, 清水幸裕, 愛場信康, 土 田 敏博,

南部修二, 高原照美, 樋 口 清博, 渡辺 明治, 鷹 田 美智代, 青 山 圭一 : ス テ ロ イ ド減量中 に 遅発性肝 不全 ( LOHF ) を発症 し たHBVキ ャ リ ア の 一例.

第166 回 日 本内科学会北陵地方会, 1995, 7, 福井.

46 ) 村上 純, 青 山圭一, 長 沼 甲 太 郎, 香取美智 子, 下野真 由 美, 赤川直次 寺 田康人 : 塩酸 ク ロ ミ プ ラ ミ ン投与 に よ り 抗利尿 ホ ルモ ン分泌異常症 候群を来 し た 一例. 第166 回 日 本 内 科学会北陸地

方会, 1995, 7, 福井.

47 ) 矢 田 豊, 土田敏博, 渡 辺 明 治 , 樋 口 清博 : 新肝移植適応基準を用 い た劇症肝炎の重症度判定 の試み. 第21 回 日 本急性肝不全研究会, 1995, 7,

福岡.

48 ) 新敷吉成 , 安村 敏, 樋 口 清博, 清水幸裕,

南部修二, 渡辺明治, 宮 田 敬三 加藤雅也 : TN F誘導体 ( F4614) に よ る 肝癌治 療 の試み. 第3 1 回 日 本肝癌研究会, 1995, 7, 福岡.

49 ) 田 中三千雄 : H. pyloriの ト ピ ッ ク ス . 第 5 回 大雪 シ ン ポ ジ ウ ム , 特別発言, 1995, 8, 札幌.

50 ) 村上 純, 加藤 勤, 村嶋 誠, 渡辺 明 治 : ATRA に よ る 急性前骨髄球性 白 血病 の治療. 第

2 回富山DIC研究会, 1995, 8, 富山.

5 1 ) 加藤 勤, 村嶋 誠, 村 上 純 , 渡 辺 明 治 : 悪性 リ ンパ腫症例 に対す る Bi-weekly THP-CO P療法の検討. 第 8 回北陸CSF治療研究会, 1ω5,

8, 金沢.

52 ) 北啓一朗 , 斎藤清二, 初瀬 リ マ , 大津幸治,

渡辺 明治 : 下痢型過敏性腸症候群に対す る 漢方 エ キ ス 薬の使用経験. 第 5 回北陸地区肝 ・ 消化器疾 患漢方治療研究会, 1995, 9, 金沢.

53 ) 愛場信康, 菅原秀徳, 土 田 敏博, 清水幸裕,

南部修二, 高原照美, 渡辺明治 樋 口 清博 : 肝中 心静脈域 の帯状壊死 を認めた ジ ク ロ ブ ェ ナ ク に よ る 薬物性肝障害の 1 例. 第1 67 回 日 本 内 科学会北 陸地方会, 1995, 9, 金沢.

54 ) 渡辺 明治 : 呼気 ア ンモ ニ ア の 測定 と そ の 臨 床 的意義. 第 1 回呼気生化学研究会, 1 995 , 9 , 東 京.

55 ) 横本慎哉, 加藤 勤, 品 川 和 子 , 村上 純 , 村嶋 誠, 渡辺明治, 酒井 剛, 小泉富美朝, 平 野和典 : 自 己免疫性溶血性貧血の経過 中 に 悪性 リ ン パ腫を合併 した 1 例. 第13回 日 本血液学会北陸 地方会, 1995, 9, 金沢

56 ) 田 中三千雄 : 色の診断一現状 と 展望 - 第50 回 日 本消化器内視鏡学会総会, 宿 題報 告 , 1 995 , 9, 東京.

57 ) 田 中三千雄 : 今 日 と 明 日 の 小 腸内 視鏡. 第20 回 日 本 消 化器内視鏡学会セ ミ ナ ー , 特 別 講 演 , 1995, 9, 東京.

58 ) 高原照美 : 肝線維化 に お け る 細胞 外 マ ト リ ッ ク ス の免疫電顕的研究. 第27回 日 本臨床電子顕微 鏡学会, 学術奨励賞講演, 1995, 9, 倉敷.

59 ) 加藤 勤, 村嶋 誠, 村上 純, 渡辺 明 治 : 多発性骨髄腫 と 血清 リ ン脂質値の検討. 第37回 日 本臨床血液学会総会, 1995, 10, 京都.

(8)

60 ) 斎藤清二 , 大 津 幸 治 , 初 瀬 リ マ , 北 啓 一 朗 , 坂本美奈子, 渡辺 明 治 : 当科 に お け る 神経性食思 不振症の検討 - 寛解例 と 遷延例 の比較 第36回

日 本心身医学会中部地方会, 1995, 10, 富山.

61 ) 北啓一朗 , 斎藤清 二, 初 瀬 リ マ , 大津幸治,

大達里佳, 原 田 雷 太郎, 南部修二, 渡辺 明 治 : Panic disorder を 疑わ れ た 縦 隔奇形臆 の 一例 ­ 誤診の構造に 関す る 自 己反省的考察 一 . 第36回 日 本心身医学中部地方会 1995, 10, 富 山.

62 ) 初瀬 リ マ , 斎藤清二, 大 津 幸 治 , 北 啓 一 朗 , 加藤 勤, 安村 敏, 渡辺明 治 : 著明 な血小板減 少 を 呈 し た神経性食思不振症 の 1 例. 第36回 日 本 心身医学会中部地方会 1995, 10, 富 山

63 ) 大津幸 治 , 土 田 敏博 , 村 田 浩 之 , 徳舛康 良 , 桑原芳弘, 清水幸裕, 南部修二, 高原照美, 樋 口 清博, 渡辺明 治 : 呼 気中 ア ン モ ニ ア高値を示 した 潜在性肝性脳症の 1 例. 第81 回 日 本消化器病学会 北陸支部例会, 1995, 10, 金沢.

64 ) 渡辺 明 治, 赤松興一, 沖 田 美佐 子 : 臓器機能 不全 : 肝 障害. 第 1 7 回 日 本 臨 床栄養学会総会,

シ ン ポ ジ ウ ム 3 r病態時 に お け る 栄養必要量 の決 定法J , 1995, 1 1 , 東京.

65 ) 北啓一朗, 斎藤清二 : ア ン チ セ ン ス オ リ ゴ ヌ ク レ オ チ ド導入 に よ る惇癌 細 胞 増 殖抑制 の検討.

第37回 日 本消化器病学会大会, ワ ー ク シ ョ ッ プ,

1995, 1 1 , 名 古屋.

66 ) 土 田敏博、 渡辺 明治 : 劇症肝炎 の変遷 と 展望.

劇症肝炎亜急性型 の病態 治療 予後 の変遷. 第 37 回 日 本 消 化器病学会大会, ワ ー ク シ ョ ッ プ , 1995, 1 1 , 名 古屋.

67 ) 樋 口 清博 , 桑 原 芳 弘 , 明 満喜 子 , 安村 敏,

土 田 敏博, 清水幸裕, 南部修二, 高原照美, 渡辺 明治 : 低蛋 白 米 を 用 いた肝不全食 の試み と そ の臨 床的意義. 第30回 日 本肝臓学会西部会, 1995, 11,

松江.

68 ) 土 田 敏博, 芳 尾 幸 松 , 中 村 暁 , 清水幸裕,

南部修二, 高原照美, 樋 口 清博, 渡辺 明 治 : 急性 肝炎, 劇症肝炎, ア ル コ ー ル性肝炎例 に お け る 血 清TNF- α と そ の可溶性受容体 ( p55, p75 ) 濃度 の測定 と そ の臨床 的意義. 第30回 日 本肝臓学会西 部会, 1995, 1 1, 松江

69 ) 愛場信康, 松浦美穂子, 土 田 敏博, 新敷吉成,

若林泰文, 安村 敏, 清水幸裕, 南部修二, 高原 照美, 樋 口 清博, 渡辺 明 治 : 腹水流入 に よ る 難治 性右胸水 に プ ロ プ ラ ノ ロ ールが奏効 した肝硬変例.

第30回 日 本肝臓学会西部会, 第30回 日 本肝臓学会 西部会, 1995, 1 1 , 松江.

70 ) 愛場信康, 原 田 雷太郎, 北啓一朗, 清水幸裕,

南部修二, 樋 口 清博, 斎藤清二, 渡辺 明 治 : B型 慢性活動性肝炎 におけるHBVcore遺伝子のquasl­

specles に つ い て . 第30 回 日 本肝臓学会 西部 会 , 1995, 1 1 , 松江

71 ) 芳尾幸松 , 土 田 敏博, 清水幸裕, 新敷吉成 , 安村 敏, 愛場信康, 南部修二, 高原照美, 樋 口 清博, 渡辺明 治 : ヒ ト 培養肝癌細胞上清中 の可溶 性TNF- α 受容体の測定. 第30 回 日 本肝臓学 会 西 部会, 1995, 11, 松江.

72 ) 矢 田 豊, 土田敏博, 渡辺 明 治 : 劇症肝 炎 に み ら れ る 脳浮腫 と 肝性脳症 と の病図的関連性. 第 30回 日 本肝臓学会西部会, 1995, 1 1, 松江 73 ) 沖 田 英 明 , 安村 敏, 清水幸裕, 樋 口 清博,

渡辺明治, 西岡幹夫 : 自 己免疫性肝炎 に よ る 小児 肝硬変. 第30回 日 本肝臓学会西部会, 1995, 1 1 , 名 古屋.

74 ) 桑原芳 弘, 村 田 浩 之, 土 田 敏博 , 清水幸裕,

万部修二, 高原照美, 樋 口 清博, 渡辺 明治, 小橋 恭一 : 呼気中 ア ン モ ニ ア の測定 と そ の臨床的意義.

第30回 日 本肝臓学会西部会, 1995, 1 1 , 名 古屋.

75 ) 津沢豊一, 坂本 隆 , 島多勝夫, 斎藤文 良 , 野村直樹, 山下 巌, 清水哲朗, 斎藤光和, 山下 芳朗, 唐木芳昭, 田沢賢次, 藤巻雅夫, 新敷吉成,

愛場信康, 若林泰文, 問 中三千雄, 酒井 剛 : 0・

II c + II b の所 見 を 呈 し た 高度進 行 胃 癌 の 一 例 . 第66回 日 本消化器内視鏡学会北陸地方会, 1 995 , 1 1 , 金沢.

76 ) 高原照美, 渡辺 明治 : 肝再生におけ る マ ト リ ッ ク ス 分解酵素 と そ の イ ン ヒ ビ タ ー の動態. 第 8 回 肝再生研究会, 1995, 12, 東京.

77 ) 村上 純, 青山圭一, 山下 巌, 広川慎一郎,

新保雅宏, 霜 田光義, 山本雅康 : 気腫性胆嚢炎 の 一例. 第79回 日 本消化器病学会北陸地方会, 1994,

1 1 , 金沢. ( 1994年度追加分 )

⑩ そ の 他

1 ) 渡辺 明治 : ウ イ ルス 肝炎 の現状 と 展望. 柏崎市 刈羽郡医師会会報 303 : 2-4, 1995.

2) 渡辺明治 : 勤務医 コ ー ナ ー⑥. 消化器癌の治療,

末梢血幹細胞移植 と 心身医学. 医報 と や ま 1 140 : 34. 1995.

3 ) 渡辺明治 : プ ロ ス タ グ ラ ン デ ィ ンは発癌 に 関わ る 危険 な物質か ワ . Med .Practice 12 : 740・741 1995

4) 渡辺明治 : フ ルマ ゼ ニ ルは肝性脳症 に 有効 か ­ 二重盲検試験 の成績か ら . Med. Practice 1 2 : 1519. 1995 .

- 63 -

(9)

品込-r

松 井 斉 藤龍 浦 大津山 豊 本崎 田 松 永豊 田

品川

⑮ 著

1 ) Sakita S., Ohtani 0 . , and Morohashi M. : The changes of rat hair follicle during the hair cycle : Scanning electron microscopic study, In Microcirculation Annual 1 9 9 5 , by Tsuchiya M . , Asano M . , and Kamiya A.

( Ed. ) , Nihon-Igakukan, Tokyo, 1 7 3 ・ 1 7 4 , 1995.

2) 諸橋正昭 : に き び (座 磨 ) 酒鼓. ï今 日 の治 療指針」 稲垣義 明 , 多賀須幸 男 , 尾 形 悦 郎 編 , 647, 医学書院, 東京, 1995.

3 ) 諸橋正昭 : 冬期湿疹. ï老年病診療 Questions and Answers 第23巻J 98-99, 六法出 版, 東京,

1995.

4 ) 皮膚科東洋医学研究会 ( 編集代表 諸橋正昭)

「皮膚科 に おけ る 漢方治療 の現況 6 J 1 - 1 1 6 , 総 合医学社, 東京, 1995.

5 ) 諸橋正昭 : 東洋医学 と 西洋医学 の接点. ï皮膚 科 におけ る 漢方治療の現況 6 J , 皮膚科東洋医学 研究会編, 59蝿69, 総合医学社, 東京, 1995.

6 ) 諸橋正昭 : に き び. ï読む総合病院 -第 1 巻 一 赤 ち ゃ ん ・ 子 ど も 編J 日 本放送出版協会編, 160 ・ 16 1 , 日 本放送出版協会, 東京, 1995 .

7 ) 諸橋正昭, 大津山賓 : ミ ノ キ シ ジ ル と 多毛症.

「 こ の薬 の こ の副作用」 松 田重三編, 286- 287 , 医 歯薬 出版, 東京, 1995.

8 ) 諸橋正昭, 槍垣修一 : メ ト キ サ レ ン と 発癌増強 作用. ï こ の薬の こ の副作用」 松 田重三編, 290 ・ 291 , 医歯薬 出版, 東京, 1995.

9 ) 関 太輔 : ア ト ピ ー性皮膚炎 の漢方治療. ï読 む総合病院-第 1 巻一 赤 ち ゃ ん ・ 子 ど も 編」 日 本 放送 出版協会編, 1 02 ・ 1 0 3 , 日 本放送 出版協会,

東京, 1995.

5) 渡 辺 明 治 : BCAA-enriched elemental diet . 現代栄養療法 の ポ イ ン ト 1 : 8, 1 995.

6) 渡辺 明 治 : fat-free mass (lean body mass).

現代栄養療法 の ポ イ ン ト 1 : 9, 1995.

7) 渡辺 明 治 : リ ン脂質 を介す る 情報伝達 に お け る リ ゾホ ス フ ァ チ ジ ン酸の役割. 治療学 29 : 1187,

1995.

8 ) 渡辺 明 治 : 疾病時の栄養評価 に バ イ オ イ ン ピー ダ ン ス 法 は 役 立 つ か ワ . Med . Practice 1 2 : 1660. 1 995.

9 ) 渡辺 明 治 : 序. ï医科 ア ンモ ニ ア学」 渡辺明治,

佐伯武頼編, 97-26, メ デ ィ カ ル レ ビ ュ ー 社, 東 京, 1995.

1 0 ) 渡辺 明 治 : 劇症肝炎 の早期診断 と 治療 . 厚 生 省特定疾患 「難治性の肝疾患」 調査研究班. 平成

6 年度 研究報告書 1 14・1 16, 1995.

1 1 ) 斎藤清二 : 当科 の心身医療 , 富 山 医科 薬科大 学第 3 内科. 心身医療 8 : 90-91 , 1995.

1 2 ) 斎藤清二 : 女坂 -夢分析 の世界. 心理臨床学 研究 13 : 222・225, 1995.

1 3 ) 西森 弘, 渡辺 明治 : 糖 尿病 に み ら れ る 肝機 能異常. 日 本医事新報 371 1 : 120- 121, 1995.

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :