「 略 秘 贈 答 和 謌 百 首 」 検 証

13  Download (0)

Full text

(1)

慈円

『拾 玉集

』第 三帖 所載

「略 秘贈 答和 謌百 首」 に次 の歌 が見 え、

同時 に第 二帖 所載

「日 吉百 首」 にも 一致 もし くは 類似 する 歌が 存す る。 歌番 号・ 本文 は多 賀宗 隼『 校本 拾玉 集』 に拠 る。 三悪 の家 には なに かか へる べき いで にし もの を五 相成 身( 三六 四

〇)

(第 三句

「本 ニか くる へき トア リ、 帰る へき 歟」 の校 異) かな らず よ夜 はの 煙と 身を ばな せ以 字焼 字の 法の むく ひに

(三 六 四一

) 後者 は「 日吉 百首

」と 完全 に一 致す るが

、前 者は 次の 歌に 差し 替え られ てい る。 今は よも まど ひす てゝ し六 の道 にか へら じも のを 五相 成身

(二 二 八四

(初

・二 句「 世も 迷も 捨て

」見 せ消 ちで

「よ もま とひ もす てゝ し」 の校 異) 前稿 では

、「 略秘 贈答 和謌 百首

」か ら書 陵部 蔵『 慈円 百首

』(150

363

)を 経て

、建 暦三 年「 日吉 百首

」へ と発 展し てゆ く進 展過 程を 立証

石 川

慈円

『略 秘贈 答和 謌百 首』 は、 西山 隠棲 期に おけ る作 品で

、内 題右 下に

「本 ニハ 二 首ツ ヽ載 之。 其間 哥一 首斗 程闕 在之

」の 注記 があ り、 本百 首の 呼称 が贈 答歌 形態

(二 首で 一対 をな す) に由 来し てい るこ とが 確認 でき る。 前稿

「慈 円『 建暦 歴三 年日 吉百 首』 考」 で、 本百 首か ら書 陵部 蔵『 慈円 百首

』(

15 0 36

3

)を 経て

、建 暦三 年「 日吉 百首

」へ と発 展し てゆ く進 展過 程を 立証 した が、 その 指し 示す 宗教 内容 に深 く触 れる こと が出 来な かっ た ので

、本 稿で 改め て検 討し たい と思 う。 西山 隠棲 期の 著述 を精 査す るこ とに よっ て、 本百 首が 叡山 教学 と深 く関 連し てい るこ とが 分か る。 同時 に、 台密 の集 大成 者と して の安 然な どの 教 学に 深く 依拠 して いる こと が確 認で きる

キー ワー : 厭離 欣求 百首

、叡 山教 学、 安然

、胎 蔵界

・金 剛界

、大 日如 来

平成30年9月10日受理 文学研究科国文学専攻 教授

(2)

した が、 その 指し 示す 宗教 内容 に深 く触 れる こと が出 来な かっ たの で、 改め て検 討し たい

。 本百

首に は「 日吉 百首

」と の重 複歌 の中 に、 次の よう な歌 があ り、 その 存在 によ り、 両百 首の 成立 はか なり 絞ら れる

。 逢ひ がた き法 に

近江 の山 高み 三た び来 にけ る身 をい かに せん

(三 四六 五・ 日吉 百首 二〇 八二

「三 たび 来に ける 身」 とは 建暦 二年 正月 十六 日の 座主 就任 第三 度を さす

。ま た「 日吉 百首

」跋 には

「建 暦二 年壬 申秋 九月 草之

」と 草稿 本 の詠 歌年 次が 記載 され

、し かも

「二 年壬 申秋 九月 草之

」に 見せ 消ち で

「三 年癸 酉待 三春 記一 篇而 已」 の校 異に 拠り

、清 書本 の完 成年 次が 判 明す るの であ る。 した がっ て、 両百 首共 に座 主就 任以 後に 詠ま れた こ とに なる

。 そも そも

「略 秘贈 答」 とは 浅略 深秘 の約 であ り、 通り 一遍 の浅 く簡 略な こと と、 深奥 な秘 密の 教え とい う、 相反 する 二つ の概 念を 対照 さ せよ うと の意 図の もと に「 贈答 和謌

」と いう 形態 を取 った もの と思 わ れる

。な お、 対を なす 二首 の中 央上 部に 部立 を示 す語 が記 され てい る。

版本 六家 集本 を除 く他 の伝 本は

、春 三・ 夏一

・秋 一一

・冬 四・ 恋一

・ 山家 三・ 閑居 一・ 神祇 二・ 釈教 五・ 述懐 二〇 とい う変 則的 な構 成で あ

る。 冒頭 六首

(三 対) を見 ると

(a

)音 羽山 深き 霞を 分け 入れ ば大 津の 宮に 春の 花園

(三 五八 二)

春 春来 れば 打出 の浜 のは ま風 に長 等の 山を 志賀 の山 越え

(三 五八 三)

(b

)花 にあ かで 花を あは れと 思き ぬ散 るな らひ まで われ にな しつ ゝ

(三 五八 四) 同 月に あか で寝 待ち の空 を待 から に来 ん世 の闇 を思 知る かな

(三 五

八五

(c

)吉 野山 そも むつ まし きな がめ 哉花 待つ 峰に かゝ る白 雲( 三五 八

六) 同 うき 雲を 厭ふ 心に うれ しき は月 待つ 山の 峰の 松風

(三 五八 七)

版本 六家 集本 のみ

(b

)( c) 例が

「秋

」「 同」 とな って いる

。( b)

(c

)双 方の 左歌 は秋 にふ さわ しい 内容 であ るが

、全 体の 構成 から も 例外 と考 えざ るを 得な い。

(版 本六 家集 本以 外の 伝本 はす べて

「春

とな って いる ので

、お そら く版 本六 家集 本の み合 理的 な処 理が 為さ れ たも のか

。)

(a

)に おい ては

、当 該百 首が

「日 吉百 首」 に進 展ゆ くこ とか らも

、 その 跋「 奉納 神居 筆」 から も、 日吉 社と いう 帰着 点が 見え てく る。

「音 羽山

」「 大津 宮」 に対 して

「打 出濱

」「 長等 山」

「志 賀山 越」 を配 する

(b

)に おい ては

、現 世無 益を 主題 とし て「 哀( あは れ)

」「

(花 の)

(3)

散る 慣ひ

」に 対し て「 来世 の闇

」を 配す る。 また

(b

)の

「花 にあ か で」

「月 にあ かで

」、

(c

)の

「花 待つ 峰」

「月 待つ 山」 のよ うに

、歌 句 の対 比( 詩型 の類 似を 含む

)が 認め られ る。 そも そも 青蓮 院本

『拾 玉集

』本 文に 錯綜 があ るの は数 多の 押紙

(九 件) が存 在し てい るか らで あり

、『 校本 拾玉 集』 はそ れを その 位置 に

翻字 して いる こと に拠 る。 この 押紙 には

「正 本」 と合 致す るも のも あ

るが

、他 百首 の歌 も混 入し てお り、 これ ら別 草は かな り複 雑な 様相 を 呈し てい る。 明確 な位 置付 を持 たな いも のを 含む 別草 は捨 象す るに し ても

、青 蓮院 本底 本と

「正 本」 との 異同 は「 略秘 贈答 和謌 百首

」に も 推敲 が為 され た事 を物 語っ てい る。 この

「略 秘贈 答和 謌百 首」 と建 暦三 年「 日吉 百首

」と の間 に、 一七 首も の重 複歌 を見 出し 得る

。ま た「 略秘 贈答 和謌 百首

」に は「 以上 百

首大 略併 詠改 了、 乍百 首入 撰集 之程 計と て奉 納神 居畢

、具 有別 草」 と いう 跋が あり

、神 居に 奉納 した こと を示 して いる

。同 様に

、建 暦三 年

「日 吉百 首」 底本

(清 書本

)の 序に

「詠 百首 和歌 清書 以法 楽十 禅師 宮」 とあ り、 日吉 七社 中の 十禅 師宮 に法 楽し たこ とを 伝え てい る。 しか し、 日吉 社法 楽と いう 企画 の意 味か らす ると

、重 複歌 のあ る二 種の 百首 が 奉納 され るこ とは 考え られ ない ので

、こ れに つい ては 前稿 に譲 るこ と にし たい

両百 首に おけ る、 前掲 の三 例以 外の 歌の 組み 合わ せに 倣っ て具 体的 に検 討し てみ たい

。但 し、 歌の 逸脱 など の問 題は 一先 ず解 決し たの で、

これ 以後 は歌 本文

・番 号な どは 特に 断ら ない かぎ り『 新編 国歌 大観

』 に拠 るこ とに し、 番号 を半 角横 向き アラ ビア 数字 で表 記す るこ とに す る。

①郭 公松 に来 鳴か ぬ声 なれ ば常 磐の 杜に 聞事 もな し(3375

わ 夏 れは 又待 つに 嬉し き命 とて 老蘇 の杜 に泣 く事 もな し(3376

前歌 の「 松」 は「 待つ

」を 掛け る。

「来 鳴か ぬ」 は「 郭公 思は ずあ りき 木の 暗の かく なる まで に何 か来 鳴か ぬ」

(万 葉・ 巻八

・一 四九 一 大伴 家持

)に 拠り

、郭 公を 松で はな いが 待っ てい るの に、 なか なか 来て 鳴い ては くれ ない ので

、常 磐の 杜で 鳴き 声を 聞く こと はな いの 意。 また 後歌 は「 東路 の思 出に せん 時鳥 老蘇 の杜 の夜 半の 一声

」( 後拾 遺・ 夏一 九五

大江 公資

)の よう に「 老蘇 の杜

」は 郭公 に関 係の 深い 歌枕 で、 時鳥 を待 つの が嬉 しい と同 時に 極楽 往生 を待 つこ とに 掛け る。 私 は郭 公を 待つ のが 嬉し いが

、同 じよ うに 極楽 往生 を待 つの が嬉 しい の で、 老蘇 の杜 で泣 くこ とも ない の意

「常 磐の 杜」

「老 蘇の 杜」 とい う歌 句の 対照 の他

、「

~事 もな し」 と いう 詩型 の類 似も 見ら れる

②染 めて おろ す峰 の紅 葉の くれ なゐ を袖 より 外の 物と やは 見る

(3381

同( 秋) 出で よ月 憂き 身世 に住 まぬ 山の 端を 心の ほか の空 とや は見 る(3382

前歌 は「 紅に 涙し 濃く は緑 なる 袖も 紅葉 と見 えま しも のを

」( 後撰

・ 恋八 一二

読人 不知

)の よう に、 紅葉 の色 に「 紅涙

」を 掛け る。 木の

(4)

葉を 紅に 染め て吹 きお ろす 紅葉 を、 袖と は関 係の ない もの とは 見な い のだ ろう かの 意。 後歌

「心 のほ かの 空」 は「 散る 花を 惜し まば とま れ 世の 中は 心の ほか の物 とや は聞 く」

(後 拾遺

・雑 一一 九一

伊世 中将

「三 界唯 一心

」) に拠 り、 仏の 比喩 であ る月 よ出 でよ

。憂 き身 は辛 く はか ない 住ま ない この 世の 山の 端を

、心 と無 関係 のも のと 見る だろ う かの 意。 反語

「や は」 を含 めて

、「 ほか の~ とや は見 る」 とい う詩 型の 類似 も見 られ る。

③も ろと もに 鹿こ そは 鳴け 暮の 秋も みぢ 散る 山の 峰の 嵐に

(3383

む 秋 ら柴 に雉 子立 つな り桜 狩花 散る 野辺 の春 のあ けぼ の(3384

前歌

「峰 の嵐

」は 紅葉 を散 らせ るも ので

、「 足曳 きの 山の 紅葉 は散 りに けり 嵐の 先に 見て まし もの を」

(後 撰・ 秋四 一一

読人 不知

)に 拠る

。私 と一 緒に 鹿よ 鳴け

、峰 吹く 嵐に 紅葉 が散 る暮 秋に の意

。後 歌

「桜 狩」 は桜 を尋 ねて 山野 を遊 び歩 くこ とで

、有 名な 俊成 歌「 又や 見 ん交 野の 御野 の桜 狩花 の雪 散る 春の 曙」

(新 古今

・春 一一 四) に拠 る もの

。む ら柴 から 雉が 飛び 立つ こと だ、 春の 曙に 桜狩 で花 が散 る野 辺 では の意

「紅 葉散 る山

」「 花散 る野 辺」 とい う歌 句の 対照 が看 取で きる

④よ しさ らば 涙に うと き身 なり せば 袖に は月 の宿 らざ らま し(3385

同( 秋) 行ふ に真 の言 をな らは ずは 心に 月の 宿ら ざら まし

(3386

前歌

「涙 にう とき 身」 は涙 とは 縁が ない 身の こと で、

「逢 ひに あひ ても の思 ふ頃 のわ が袖 に宿 る月 さへ 濡る る顔 なる

」( 古今

・恋 七五 六 伊勢

)に 拠る

。そ れな らま まよ

、涙 とは 縁が ない 身な ら、 袖に 月が 宿 るこ とは ない であ ろう の意

。後 歌「 真の 言」 は仏 教語

「真 言」 の訓 読。 如来 の三 密の 一つ で、 深密 秘奥 の真 実の 語。

「月

」は 悟り に至 った 心 を喩 えた もの

。仏 道修 行す るの に真 言を 習わ なか った なら

、心 に悟 り を得 るこ とが ない だろ うに の意

「月 の宿 らざ らま し」 とい う反 実仮 想の 詩型 の類 似が 見ら れる

⑤散 りつ もる 庭の 紅葉 に霜 さえ て赤 きは 月の 光な りけ り(3387

同( 秋) 月影 に雪 掻き わけ て見 る梅 の白 きに も猶 染む 心か な(3388

前歌 は、 霜に 明る い月 光が 反射 する と白 く見 える が、 それ に紅 葉の 色が 加わ るの で「 明き

」を 掛け て、

「あ かき

」と 表現 して いる

。散 り 積も った 落葉 に霜 が冴 え冴 えと 置き

、そ れに 月の 光が 加わ り、 あか く 見え るの 意。 後歌 は白 梅の 上を 雪の よう に見 える 月光 が覆 って いる さ まで

、「 春歌

」。 白梅 の上 を雪 のよ うに 見え る月 光が 覆っ てお り、 心に 深く 感じ るの 意。

「月 の光

」に 拠る 色の 変化 とい う歌 句に 対照 が見 られ る。 また 部立 の表 記は 右歌 に拠 るも のな ので

、和 歌文 学大 系「 月光 と雪 が覆 って い るさ ま」

「当 該歌 は冬 歌で 不審

」を 訂正 した い。

⑥月 影の あら しに なび く有 明に うち 合せ たる 鐘の 音か な(3389

同( 秋)

(5)

いつ はり と 思 知り ぬる 槇の 戸に さし あは せた る鳥 の声 哉(3390

前歌 は、

「有 明の 月待 ち出 でて 明か ぬ間 にい かに や鐘 の音 の聞 こゆ る」

(教 長集 四三 九) など に拠 り、 嵐に 吹か れ有 明の 月の 光が 横ざ まに 乱 れ流 れる よう に感 じら れる 時に

、折 から の鐘 の音 が聞 こえ るの 意。 後 歌「 いつ はり

」と は「 おし なべ て叩 く水 鶏に おど ろか ば上 の空 なる 月 もこ そ入 れ」

(源 氏物 語・ 澪標 二五 七) など に拠 り、 水鶏 の鳴 き声 が 戸を 叩く 音に 似て いる こと をい う。 槙の 戸で は偽 りの 叩く 音が して い るが

、重 ね合 わせ るよ うに 鳥の 鳴き 声が 聞こ えて くる の意

「~ あは せた る~ かな

」と いう 詩型 の類 似が 見ら れる

⑦世 の中 の人 の心 を思 ふ空 の雲 かき 分く る山 の端 の月

(3393

同( 秋) 違は ずよ 憂き 世の 人の 振舞 ひは しぐ るゝ 秋の 山の 端の 雲(3394

前歌 は「 日吉 百首

」重 複歌

(2048

)で 三~ 五句

「思 ふ空 にに はか に 月の 雲隠 れゆ く」

。「 人の 心」 は衆 生の 煩悩 に悩 む心 で、

「暗 きよ り暗 き道 にぞ 入り ぬべ き遙 かに 照ら せ山 の端 の月

」( 拾遺

・哀 傷一 三四 二 和泉 式部

)な ど山 の端 にか かる 真如 の月 を詠 む。 世の 中の 人の 心中 を慮 って いる 時に 見上 げる 空に

、雲 を掻 き分 け山 の端 に月 が出 るこ と だの 意。 後歌 は、 衆生 の行 為こ そが

、仏 の比 喩で ある

「月

」を 隠す 時 雨の 秋雲 のよ うな もの

、間 違い ない の意

「山 の端 の月

」「 山の 端の 雲」 とい う歌 句の 対照 が見 られ る。

⑧秋 ふく る木 の葉 の色 に待 つ時 雨一 めぐ りせ ば山 の下 風(3397

同( 秋)

思へ たゞ あだ なる 物は 人の 命野 分の 風に 萩の 上風

(3398

前歌

「時 雨」 は木 の葉 を色 付か せ、 散ら せる もの

。「 山の 下風

」は

「踏 みし だき 行か まく をし き紅 葉ば に道 踏み わけ よ山 の下 風」

(清 輔 集一 九四

)に 拠り

、山 から 吹き おろ して くる 風の こと

。秋 が更 け木 の 葉を 色付 かせ る時 雨が 一通 り廻 った なら

、山 から 吹き 下ろ す風 に散 る こと だろ うの 意。 後歌

「人 の命

」の はか なさ の比 喩で

、野 分に 吹か れ て、 萩の 上に 置い た露 が落 ちる とい う危 うさ を詠 む。 人の 命は 野分 に 吹か れて

、萩 の上 の露 が落 ちる よう には かな いも ので

、そ のこ とを た だひ たす ら想 像し てみ なさ いの 意。

「山 の下 風」

「萩 の上 風」 とい う歌 句の 対照 が見 られ る。

⑨神 無月 雲に あは れを 吹そ へて 梢に 渡る 夕あ らし かな

(3401

吉 冬 野山 花に あは れは 思な れぬ 色づ く野 辺に 春風 の吹

(3402

前歌 は、 神無 月を 覆う 雲に しみ じみ とし た情 趣を 吹き 加え て、 梢を 移動 する 夕あ らし よの 意。 後歌 二・ 三句 は花 にし みじ みと した 情趣 は 心に 思い 慣れ てし まい

、草 紅葉 に色 づい た野 辺に 春風 が吹 くよ うに 感 じる の意

「雲 にあ はれ

」「 花に あは れ」 とい う歌 句の 対照 が見 られ る。

⑩法 の水 に深 き心 は山 の井 の結 しづ くも 濁ら ざる らん

(3419

釈教 今は われ 浅き 心を 忘水 いつ 掘兼 の井 筒な らな ん(3420

前歌

「法 の水

」は

「法 水」 の訓 読で

、仏 の教 えの 比喩

。そ の本 歌は

(6)

「結 ぶ手 のし づく に濁 る山 の井 のあ かで も人 に別 れぬ るか な」

(古 今・ 離別 四〇 四 紀貫 之)

。下 句は 手に すく う水 の雫 も濁 らな いで あろ う の意

。後 歌「 忘水

」は 野中 など の茂 みに 隠れ て。 人目 に付 かな い流 れ のこ と。 また

「堀 兼の 井筒

」は 広場 に大 きな 穴を 掘り

、地 下水 が湧 き 出る まで 渦巻 き状 の踏 み付 け道 を造 って 掘り 下げ てゆ く井 戸の こと で、 仏教 に対 する 信仰 心を 忘れ 水か ら掘 兼の 井へ と深 める こと に喩 えた

「深 き心

」「 浅き 心」 とい う歌 句の 対照 が見 られ る。

⑪後 の世 を 思 忘れ て世 に住 まば この 世ば かり に楽 しか りな ん(3445

同( 述懐

) 後の 世を 知る 心こ そ楽 しき を苦 しと いふ はい とゆ ふの 空(3446

前歌 は後 世の こと を忘 れて 此の 世に 住む なら ば、 此の 世だ けは 楽し いに 違い ない の意

。後 歌「 いと ゆふ

」は 漢語

「遊 糸」 に基 づく 語で

、 陽炎 の異 名。

「霞 晴れ みど りの 空も のど けく てあ るか なき かに 遊ぶ 糸 ゆふ

」( 和漢 朗詠

・晴 四一 五 読人 不知

)の よう に、 実態 のは っき り とせ ず、 はか ない こと の比 喩。

「後 の世 を~

」と いう 詩型 の類 似が 見ら れる

⑫わ が心 隠さ じば やと 思へ ども 見る 人も なし 知る もの もな し(3447

) 同( 述懐

) わが 心隠 さば やと ぞ思 へど もみ な人 の知 るみ な誰 も見 る(3448

) 前歌 は「 日吉 百首

」重 複歌

(2058

)で

、五 句「 知る 人も なし

」。

「隠 さじ ばや と思 へど も」 は隠 すま いと 思う けれ ども の意

。後 歌も

「日 吉 百首

」重 複歌

(2059

)で

、「 隠さ ばや と思 へど も」 は隠 した いも のだ と

思う けれ ども の意

。前 歌が 宗教 者の 秘め た本 心を 詠む のに 対し て、 後 歌は それ と相 反す る宗 教者 とし ての 立場 を詠 じて いる か。

「わ が心 隠さ

~思 へど も」 とい う詩 型の 類似 が見 られ る。

⑬先 の世 を 思 知る より 泣く 涙今 あが 袖に 乾く 間も なし

(3459

同( 述懐

) 後の 世は 今宵 か明 日か 泣く 涙思 ふば かり に猶 ぞた まら ぬ(3460

前歌

「乾 く間 もな し」 は乾 く間 もな く涙 で濡 れて いる こと で、

「わ が袖 は水 の下 なる 石な れや 人に 知ら れで 乾く 間も なし

」( 和泉 式部 集 九四

)。 後歌 の初

・二 句は 命が 尽き るの は今 宵な のか

、明 日な のか の 意。

「猶 ぞた まら ぬ」 はさ らに 留ま らな いで 涙が 零れ 出す こと だの 意。

「先 の世

」「 後の 世」 とい う歌 句の 対照 が見 られ る。 以上

、両 百首 にお ける 対照 を為 す歌 の組 み合 わせ を具 体的 に検 討し てき たが

、概 して 歌句 の対 照や 詩型 の類 似に おけ る実 態は 理解 し易 い。 残る

課題 は、 前掲 の( a) 類に 見る よう な、 西山 隠棲 中に おけ る著 述活 動に 関す る対 比と 思わ れる ので

、両 百首 に存 する 重要 な組 み合 わ せを 詳述 した い。 三悪 の家 には 何か 帰る べき 出で にし 物を 五相 成身

(3427

(第 三句

「か へる へき

」に

「本 ニか くる へき トア リ、 帰る へき 歟」 の傍 記) 同( 釈教

) かな らず よ夜 半の 煙と 身を ばな せ以 字焼 字の 法の むく いに

(3428

(7)

(下 部に

「以 之為 遺戒

」。 歌自 体は 細字 行間 に補 入) 前歌

「三 悪の 家」 は仏 教語

「三 悪道

」の こと で、 この 世で の悪 業に より 来世 で落 ちる 三悪 道( 地獄 道・ 餓鬼 道・ 畜生 道)

。「 さん まく

」と も。

「五 相成 身」 は金 剛界 大日 如来 に対 する 行者 の精 神作 用の 五段 階 の観 想( 五相

)を 完成 させ て、 即身 成仏 を達 成す るこ と。 三悪 道に は どう して 帰る こと が出 来よ うか

、出 家し たか らに は五 相成 身( 即身 成 仏) を目 指す べき だの 意。 また 重複 する 日吉 百首

(2080

)で は「 今は 世も 迷も 捨て 六の 道に か へら し物 を五 相成 身」

(初

・二 句「 世も 迷も 捨て

」見 せ消 ち、

「よ もま とひ すて ゝし

」校 異) とな って おり

、今 は世 も迷 妄も 捨て て六 道に 帰 るま いと 思う のに

、そ う思 うな ら五 相成 身を 目指 そう の意

。異 文「 よ もま とひ すて ゝし

(世 も惑 ひ捨 てゝ し)

」で は、 この 世も 心の 乱れ も 捨て てし まっ ての 意と なる

。 これ に対 して

、後 歌「 夜半 の煙

」は 火葬 の煙 のこ と。

「旅 の空 夜半 のけ ぶり と上 りな ば海 人の 藻塩 火た くや とや 見ん

」( 後拾 遺・ 羇旅 五

〇三

花山 院)

。「 以字 焼字

」は 胎蔵 界の 五輪 成身 観に よる もの で、 本 有の 仏性 を顕 現せ しむ るこ と。 必ず 我が 身を 夜半 の煙 と成 すの だ、 五 輪成 身観 の法 の果 報で の意

。 ここ

で金 剛界 の五 相成 身観 およ び胎 蔵界 の五 輪成 身観 につ いて 述べ てお きた い。 五輪 成身 観お よび 五相 成身 観に つい ては

、慈 円の 著述

『法 華別 帖』 に、

問。 以此 観曼 荼羅 為入 三摩 地。 常行 法之 義不 似歟 如何

。 答。 凡入 三摩 地者

。本 尊行 者同 體観 也。 胎蔵 五輪 成身 念満 足句

。 金界 五相 成身 観身 為本 尊。 是皆 入三 摩地

。此 成身 皆道 場観 以前 令 入三 摩地 也。 両部 之軌 心。 胎四 所輪 布字 百光 王等 後又 在之

。金 ニ ハ五 相成 身之 外又 別無 入三 摩地 也。 胎ハ 一往 先修 因向 果行 法也

。 仍五 輪之 成身

。先 観性 得本 有之 理性 了後

。修 得布 字観 在之

。但 此 胎ニ モ有 従本 垂迹 之義

。此 時四 所輪 布字 八印 等遍 智院 之前 結之 云々 金ハ 自元 従本 垂迹 之行 法也

。仍 念誦 前無 別入 三摩 地。 別尊 法之 時。 観種 子三 形根 本印 所別 用入 三摩 地。 是行 者為 所観 易心 得。 一 途説 用来 也 と見 える

。三 摩地 とい う悟 りの ため の精 神統 一の 行を 行う こと を述 べ、 仏の 性得 本有 の仏 性の 上に 修得 の布 字観

(阿 字観 など

)を 行ず る、 つ まり 胎蔵 界の 五輪 成身 観と 金剛 界の 五相 成身 観と の相 即の 上に 成佛 を 期す る立 場が 記さ れて いる

。胎 蔵界 は修 因向 果の 行法

、金 剛界 は従 本 垂迹 の行 法と 説く のだ が、 多賀 宗隼 に拠 れば

、こ の「 修因 向果

・従 本 垂迹

」と いう 教説 は安 然に 基づ くと して

、安 然『 教時 問答

』( 巻二

) の次 の一 節を 掲げ る。 凡真 言宗 曼荼 羅義 略有 二種

。一 者従 本垂 迹曼 荼羅

。是 一切 諸佛 内 証外 化之 三輪 也。 釈迦 一代 亦攝 此中

。諸 宗就 此釋 種種 身。 二者 修 因向 果曼 荼羅

。是 一切 行人

。従 凡入 聖之 三密 也。 釈迦 所化 亦攝 此 中。 諸宗 就此 釋種 種行

。( 大正 新修 大蔵 経七 五巻 三九 八頁

・天 台宗

(8)

叢書 七三 頁) また 五輪 成身 観に つい ても

、多 賀は 安然

『瑜 祇経 修行 法』

(二 巻) の一 節を 引用 して いる

、こ れに つい ては 別稿 に譲 るこ とに した い。 とこ

ろで 略秘 贈答 が浅 略深 秘の 約と いう こと を冒 頭で 述べ たが

、浅 略あ るい は深 秘と いう 文言 が彼 慈円 の著 述の 中に 頻出 する

*爾 時毘 盧迹 那仏

。在 蓮華 蔵世 界。 與千 萬億 化身 釈迦 牟尼 仏。 説心 地尸 羅淨 行品 教菩 薩法 証菩 提道 文 此初 段説 自証 心地 戒法 秘密 也。 而 略深 二 義在 之。 先 如 文相

。梵 網心 地戒 品意 在之

者。 金剛 界頂 宗秘 密心 地戒 品依 三密 義或 説之

。義 決文 其意 分明 也。

(『 秘相 承

』)

*此 次聊 可記 開悟 事。 一切 諸人 以阿 弥陀 為後 世菩 提之 本尊

。諸 教所 讃多 在弥 陀。 故以 西方 而為 一准 云々

是或 四十 八願 荘厳 浄土 之 心。 最後 来迎 十念 具足 之義

。或 法蔵 比丘 無上 念王 等本 願。 以如 此 事為 基本 歟。 誠以 浅略 也。 真言 行者

。尤 可悟 深秘 之心 也。 今以 阿 弥陀 翻無 量寿

。今 延命 常住 之義

。尤 可符 合。 報仏 之智 恵。 虚空 之 月輪

。蓮 花部 教主

。成 菩提 之西 方。 妙観 察智 之心

。声 塵得 果之 国。 凡非 此土 者。 凡夫 初心 之行 者。 欣求 何浄 土哉

者信 浅略 義。 何況 覚者 悟深 秘之 旨哉

先 生此 国之 後。 可傳 入寂 光海 會也

(『 毘逝 別(

)』

*法 花法 事

10

11

12

仰云

。此 法含 用諸 法義 理。 先行 法合 三部 大法

。本 尊三 身即 一仏 也。 三身 亦三 宝也

。仏 法僧 如次

。又 教主 釈尊 是仏 法也

。妙 経不 見 是法 僧也

。但 法寶 言説 ナル カ故 似無 體相

。然 而今 不見 菩薩 即約 理 辺。 法花 ノ體 質是 法寶 スカ タ也

。約 事亦 是僧 寶也 護摩 本尊 段。 誦三 身三 戒等 並請 釈迦 普賢

。是 則具 三身 於一 身収 三 宝一 法。 妙経 法寶 因果 二質 也。 今真 言之 中具 備一 乗ノ 妙理

。故 縮 八軸 妙文 用三 身真 言。 是誦 此真 言供 此尊 即誦 法花 経供 法花 経也

。 勧請 詞此 事。 本尊 釈迦 尊。 妙法 蓮花 経。 不見 大聖 尊可 請也

。若 依 此心

。爐 中釈 迦普 賢並 座。 其前 安経 巻可 観歟

。而 一師 説可 請供 黄 紙朱 軸経 云々

是浅 略義 也 次案 深秘 意。 勧請 詞唱 妙法 蓮花 経。 只二 尊外 別経 體不 可観 置歟

。 今二 尊已 本跡 二門 二 質也

。今 真言 又八 軸肝 心也

。依 之誦 此真 言妙 経功 徳自 備。 供此 尊 法花 経義 理無 闕。 為深 秘義 歟。

(『 四帖 秘決

』一

・一 六二

*熾 盛光 印事 承元 二年 三月 二十 九日 仰云

言教 大意

。諸 尊皆 大日 如来 同體

イフ 事。 學者 存知 大略 一同 也。 但具 論之

。付 之可 有浅 深也

。所 謂 金輪

・仏 眼・ 尊勝

・愛 染・ 熾盛 光等 是深 也。 如観 音・ 地蔵

・弥 勒 等ハ 浅也

。以 此心 可察 餘尊

。又 付行 法可 有浅 深。 所謂 瑜祇 経行 法 是深 也。 不入 此浅 也。 其浅 手本 聖観 音軌 也。 其故 出大 日一 印。 以 之表 同體

。然 而又 行法 首尾 未必 出深 秘。 於瑜 祇経 者始 終顕 秘旨

。 二13

(9)

大日 如来 己証 也。 然以 両書 為本 修行 分際 浅深 分明 也。

・・ 以瑜 祇 為本 イハ 行位 等印 結五 輪五 相等 加彼 秘秘 中深 行 法等 也。 以此 等 心熾 盛光 根本 印所 上件 深秘 意結 アラ ハス 也云 々 熾盛 光印 先無 所不 至印 明( 是本 地大 日也

) 次金 輪印 明四 智拳 印一 字明

勝身 印三 字明

剣印 三字

鉢印 一字 是大 日如 来現 仏頂 給心 也。 釈迦 大日 両金 輪同 體之 義也

(『 四帖 秘決

』三

・四 七) 右の よう な文 言は

、跋 文に

「文 治六 年十 一月

」と ある 著述

『自 行私 記』

(和 尚御 次第

、外 題云

「八 深

」) や、 逆に

「承 久元 年」 執筆 とさ れる

『本 尊縁

』に も「 浅略 深秘 秘中 深秘

、秘 々中 深秘

」と 見え るの で、 生涯 を通 して 叡山 教学 にお ける 解釈

「四 重秘 釋」 に拠 って

、思 索 の分 類を 成し てい たの であ ろう

。す なわ ち

(表 面的 な解 釈)

深秘 釋( 深い 趣旨 を見 出す 解釈

)・ 秘中 の深

(表 面的 と深 遠と の 両者 を超 えた 解釈

)・ 秘秘 中の

(厳 守の ほか に深 遠な もの はな い と悟 る解 釈) に拠 る。 とも あれ 西山 隠棲 期に 集中 する 著述 に頻 出し て いる こと は注 目し てよ い。 最後

に、 紙数 も尽 きた ので

、叡 山教 学に おけ る慈 円著 述が いか に叡 山教 学に 基づ いて いる のか

、し かも それ が安 然の 教説 に拠 って いる こ とに つい ては 改め て検 討し たい

。こ こで は慈 円の 叡山 教学 に関 する 教

14

15

説と して

、五 大院 安然 に基 づい てい るこ との 証を

『續 天台 宗全 書』

(密 教3

)を 中心 に提 示し てお きた い。

*今 経題 名。 清浄 法身 毘盧 迹那 仏者

。絶 方処 中台 法界 體性 智所 具五 智一 體大 日也

。故 此経 正説 段清 浄法 界中 教主

。中 台一 智説 法也

。 大日 経等

。内 証五 智一 體一 智説 法也

。常 世間 学者 等。 自性 内証 分 別無 之。 唯八 葉中 台一 具自 性思 無下 事也

。内 証八 葉五 智望 中台 自 性五 智成 他受 用也

。准 餘教 自受 用也

。此 内証 八葉 自受 用出 色界 頂。 形貌 他受 用形 相。 故五 大院

。大 日経 教主 現他 受用 説自 受用 法 門釈 也。 凡今 経超 瑜祇 経等 也。 瑜祇 秘密 教中 相対 門至 極説

。其 故 両部 理智 相対 也。 而瑜 祇経

。理 智相 対而 説不 二極 理。 故煩 悩即 菩 提。 無明 則法 性源 奥。 即時 而真 極秘

。唯 在瑜 祇経

。愛 染染 愛秘 密。 仏願 部母 極理

。煩 悩御 即菩 提・ 菩提 即煩 悩。

(『 秘相 承集

』三 七頁

*問

。密 教大 旨大 日定 印。 其説 文以 右置 左上

。而 今何 違常 途密 教之 義乎

。以 邪押 正意 甚不 可也

。如 何 答。 五大 院和 尚決 此疑 云。 天台 大師 定印 口決

(安 然記

(『 別行 経抄 上』 五五 頁)

*五 大胎 蔵界 五輪 成身 意也

。是 等皆 為事 於面 兼理 意也

。故 五大 院釋 云。 両部 為理 於面 兼

事。 蘇悉 地為 事於 面兼 理云 々 即此 意也

(『 別行 経抄 下』 七八 頁)

*灌 頂瓶 水事

(● は梵 字、 以下 同様

) 顕教 元品 無明 断事

。等 覚智 断歟

。妙 覚智 断歟 云事

。天 台宗 大大 大

(10)

事也

。而 今支 分生 真言 者●

●也

。以 此普 賢印 明令 灌頂

。自 通顕 教 之談 者歟

。然 以等 覚智 断之 也。 但其 智者 妙覚 智下 加也

。・

・ 金剛 薩埵 者。 大日 所変 事業 成就 身也

。是 則妙 覚之 中等 覚也

。因 之 瑜祇 経行 法。 大日 成薩 埵身 薩埵 成本 尊身

。何 尊行 法深 行阿 闍梨

。 可用 此仏 眼大 成就 品至 第之 由。 師師 口伝 也云 々・

・ 次用 八印 事。 又五 大院 和尚 意也

蔵秘 密不 顕之

。金 界灌 頂曼 羅分 明説 顕。 仍准 金界 用此 説。 何況 祖師 常用 給此 説云 々・

・ 凡真 言教 之習 常用 重點

。重 用之

。全 不可 背教 意歟

。何 況用 支分 生 一印 之時

。本 尊灌 頂作 法無 之。 只大 日等 覚智 瓶水 弟子 頂上 灌則 座 除断 元品 無明

。令 証得 大覚 朗然 之位 也。 以之 為灌 頂之 本意

。其 上 又四 智四 行無 所不 至等 功徳 重灌 顕。 事次 第相 叶其 理。 可然 歟・

・ 次又 両説 出来 者。 共不 棄之

。皆 可用 事 略深 等 之議

。令 出来 也。 而我 宗之 至極 大事

。無 過灌 頂大 法。 至此 事而 二説 難思 議 也。

・・ 凡以 灌一 渧水 於頂 上。 称密 教至 極灌 頂。 秘教 之本 懐在 之云 々 浅 智人 不得 其意

。又 不信 也。 悲哉 悲哉

。可 知。 以出 過語 言道 之● 水。 灌我 覚本 不生 之● 灰。 諸過 得解 脱之 火。 遠離 於因 果之 風。 萌 仏牙 於虚 空。 証究 竟之 仏果

。是 當教 之至 極也

。勿 致疑 網。 浅智 仰 可信 之。 深智 習可 悟之

。重 委論 之。

●字 方壇 大地 也。 真俗 二諦

。依 正二 法。 浄土 穢土

。界 内界 外。 併無 不出 生此

●字

。 此● 字之 中有

●●

●● 之四 字。 此● 智火 出自

●字 之中 還焼

●字

。 以字 焼字 云是 也。 俗諦 有漏 之迷 状萬 法悉 焼尽 訖。

●字 同體 出世 無

漏灰 成訖

。此 灰上 以● 字智 水灌 之。 解脱 之風

。扇 空界 之時

。究 竟 成佛 種子

。忽 以令 生長 也・

・ 又今 教以 瑜祇 経與 別行 経為 至極 也。 瑜祇 経両 部肝 心也

。毘 盧遮 那 別行 経蘇 悉地 肝心 也。 両部 肝心 者。 瑜祇 経仏 眼大 成就 品説 成身 行 法。 用行 位薩 埵仏 眼八 字。 以此 四ケ 印明 存七 分行 法。 其功 能広 可 勘見 之。 胎蔵 八字 明加

●字

。師 資口 伝秘

。何 事如 之哉

。但 対記 分 明也

日変 作薩 埵身

。薩 埵又 変成 佛眼 部母 身。 此仏 眼部 母者

則是 胎蔵 界大 日身 也。 薩埵 経歴 両部

。成 事業 身也 云々

自此 仏眼 部母 身出 生十 凝誐 沙倶 胝仏 云々 師説 云。 此出 生仏 釈迦 金輪 也云 々 凡此 行法 次第 学真 言教 教相 生 義吉 吉可 心得 知也

。胎 蔵理 曼荼 羅云 々 此理 者中 台大 日● 字之 本 源也

。凡 一切 萬物

。無 不出 生是

。以 出生 之義

。名 胎蔵

。即 名詮 自 性者

。如 此名 也。 此胎 蔵● 字大 日。 金界

●字 大日 令出 生。 是従 本 垂迹 之源 也。 此金 大日 先現 事業 身。 又還 成部 母身

仏眼 胎蔵 日也

。教 時義 云。 胎大 日亦 名仏 眼云 已其 義分 明也

。自 此部 母 身出 生諸 佛。 是 迦金 輪也 云々 釈迦 如来 亦名 金輪

(『 毘逝

別( 上)

』二 一二 頁)

*胎 蔵金 剛蘇 悉地 灌頂 護摩 等一 切行

。以 之可 准知 也云 々。 略抄

(『 毘逝

別( 下)

』二 三七 頁)

一字 金輪 云尊

。大 日釈 迦令 合成 尊也

。是 則金 剛界 大日 也。 佛眼 云則 胎蔵 大日 也( 教時 義云

。亦 名佛 眼)

。令 成就 此合 身女 身 也。 世諦 陰陽 也。 世界 天地

。此 女身 自何 所出 生哉

。従 虚空 出生

(11)

仍云 虚空 眼以

●字 為種 子( 或● 或●

)。 委論 之言 語難 及

(『 法華

別帖

』二 六一 頁)

*四

・八 二 三種 意生 身事

(私 云。 桂林 房阿 闍梨 瑜等 指示 也) 仰云

。件 因昨 今披 見祖 師抄 物。 被書 付タ ルハ

。教 時義 二引 元暁 楞 伽疏 云。 法身 有二

。一 自性 法身

。本 有法 性也

。二 意成 法身

。成 正 覚時 以一 切法 為自 身也 云々

以之 思之

。五 輪成 身意 成身 可依 此意 歟 真言 宗三 種生 身極 大事 ナリ ト先 師所 示也

。仍 失顕 教歟

(已 上彼 抄 物文 也) 見此 文案 之。 秘教 意三 種意 生身 トイ ハ。 三身 成身 也可 心得 歟。 所 謂法 身成 身。 胎五 輪成 身也 以五 輪成 身意 生身 云事

。入 秘密 曼荼 羅品 義釋 見タ リ。 虚心 記引 之 報身 成身

。金 五相 成身 也 以報 仏成 道為 本故 也。 仍一 往義 相叶 歟 応神 ノ意 ハ。 成無 漏界 之時

。依 三諦 ノ理 観其 生三 種也

。指 之為 三 意生 身。 是通 教義 也 真言 教ノ 意ハ

。界 内依 身上 三仏 即身 成仏 観所 闕諸 教歟

。仰 趣大 略 如此 私 耳 云。 教時 文広 可見 之

(『 四帖 秘決

』四

・八 二)

以上

、五 大院 安然

(「 教時 義」

「略 抄」 を含 む) に関 する 記事 を拾 っ てみ たが

、も ちろ ん、 その 他に

、雙 林寺 僧正

(全 玄)

(『 四帖 秘決

』 一・ 七七

、二

・三 九、 二・ 六六

)・ 聖昭

(『 四帖 秘決

』二

・八

、四

・八 六)

・観 性法 橋(

『四 帖秘 決』 二・ 八、 二・ 二四

、四

・一

)な ど叡 山の 伝燈 の灌 頂相 承に 関わ る人 物の 名前 も見 える こと を付 け加 えて おき た い。 本百 首に みる 慈円 の真 言に 関す る研 鑽は 次の 一首 に集 約し てい るの では ない だろ うか

。言 い換 える と、

「略 秘贈 答和 謌百 首」 は名 称の 示 す通 り密 教研 究の 成果 を取 り扱 った もの と言 える ので はな いだ ろう か。 行ふ に真 の言 をな らは ずは 心に 月の 宿ら ざら まし

(3 38 6)

〔注

⑴ 拙稿

「慈 円『 建暦 三年 日吉 百首

』考

(徳 島文 理大 学文 学論 叢2 号・ 昭60

『慈 円和 歌論 考』 笠間 書院

・平 10) 参照

⑵ 青蓮 院本

『拾 玉集

』に 拠れ ば、 その 内題 の右 下に

「本 ニハ 二首 ツヽ 載之

。 其間 哥一 首斗 程闕 在之

」の 注記 があ り、 この 百首 の呼 称が 贈答 歌形 態( 二首 で一 対を なす

)に 由来 する こと を確 認で きる

。二 首の 中間 上部 に「 春」 以下 の部 立が 書き 込ま れて いる

。但 し、 青蓮 院本

・高 松宮 本共 に混 乱が ある ので

、 欠落 する こと もあ る。

) 多賀 宗隼

『校 本拾 玉集

』の 逸脱 を青 蓮院 本写 真版 で補 訂。 本文 の性 質上

、 十題 百首

・廿 題百 首を 欠脱 する 他、 本文 的に 種々 の問 題を 抱え る『 新編 国歌 大観

』で はな く、 歌本 文・ 番号 は青 蓮院 本を 底本 とす る『 校本 拾玉 集』 に拠 るの で、 注意 され たい

。 ここ で略 秘贈 答和 謌百 首の 青蓮 院本 写真 版に 拠る 補訂 を掲 げて おき たい

(12)

(但 し、 押紙 は除 く。

) 三五 八二

・三 五八 三中 央上 部に

「○ 本」

(三 五八 二肩 の「 春」 が○ の位 置 にあ るこ と) 補入

。 三五 八四

・三 五八 五中 央上 部に

「本 同」 補入

。 三五 九〇

・三 五九 一中 央上 部に

「同

」補 入。 三六 一〇

・三 六一 一中 央上 部に

「同

」補 入。 三六 一七

・三 六一 九の 肩に ある

「同

」除 去。 三六 三〇

・三 六三 一中 央上 部に

「閑 居」 補入

。 三六 三一 注記

「四 首落 歟。 奥ニ 書入 之」 上部 に「

○神 祇」

「○ 同」 補入

。 三六 四一 及び 三六 五〇 は細 字で 行間 に書 入れ らる

。 三六 四二 第五 句「 世を はす てむ

」→

「世 をは すて なむ

」 三六 五七

・三 六五 九・ 三六 六一 の肩 にあ る「 国」

→「 同」

。 三六 六〇

・三 六六 一中 央上 部に

「同

」補 入。 三六 六二 初句

「お もは やと

」→

「お もは しと

」 三六 六二

・三 六六 三中 央上 部に

「同

」補 入。 三六 六七 左肩

「○ 本」

→初 句に

「本

」傍 記(

「正 本」 本文 が初 句通 りで あ るこ と)

。 三六 七〇

・三 六七 一中 央上 部に

「同

」補 入。 三六 七一 と三 六七 四の 歌順 の交 代を 指示 する 記号

。( 三六 七一 第二 句「 な にな きち り」 の振 り仮 名)

。 三六 七五 後の

「○ 本」 除去

。 三六 七八 初句 に「 本」 傍記

(「 正本

」本 文が 初句 通り であ るこ と)

。 三六 八〇

・三 六八 一中 央上 部に

「同

」補 入。 三六 八三 第三 句「 殊す 霜は

」→

「残 す霜 は」

⑶ 青蓮 院本 には 三六 四一 歌の 後に 注記

「四 首落 歟。 奥ニ 書入 之」 が見 え、 底 本に 無い ので 奥に 補足 した こと が分 かる

。跋 後に 注記

「閑 居之 次此 二首 証本

在之 落歟

。仍 書入 之」 と神 祇四 首( 三六 六七

~三 六八

〇) を記 して いる

。青 蓮院 本と 同系 統の 国立 歴史 民俗 博物 館蔵 高松 宮本

(る

・二 四九

)な どで は

「正 本」 の指 示通 り「 閑居

」の 次に 確か に収 録さ れて いる

⑷ 秋一 一の 組み 合わ せ中 の三 五九 六・ 三五 九七 では 左歌

「む ら柴 に雉 立つ な り桜 狩花 散る 野辺 の春 のあ けぼ の」 は「 春」 であ る。 此例 から も右 歌の 季節 に従 って 分類 され てい るよ うで ある

。ち なみ に三 五九 六「 暮の 秋」 に対 して

「春 の曙

」が 配さ れた もの

「三 五八 六・ 三五 八七

」「 三五 九八

・三 六一 四」

「三 六一 一a

・三 六一 二・ 三五 九六

・三 五九 七a

」「 三六 一六 a・ 三六 一七

・三 六一 八・ 三五 九九

・三 六一 九・ 三六 二四

・三 六二 五・ 三六 二六

・三 六二 七( 以上 九首 以校 本書 入 之)

」「 三六 三三

・三 六三 五・ 三六 三六

」「 五一 三八

・二 四六 三a

・三 九八 四 a・ 三六 四二

・三 六四 三・ 二二 一六

・五 一六 四・ 三五 八四

・三 五八 五( 此本 六十 首詠 改了

。勿 論之

。但 本数 百六 十六 首歟

)( 裏書

・・ 以上 任本 書入 之)

「三 六四 四・ 三六 四五

・三 六四 六・ 三六 五四

・三 六五 五・ 三六 五六

・三 六五 七・ 三六 五八

(裏 書・

・以 上八 首以 校本 書入 之。 但以 上八 首略 秘贈 答百 首中 ニ入 之御 哥也

)」

「三 六七 四・ 三六 七二

・三 六七 三・ 三六 七一

(裏 書・

・以 上 四首 以校 本書 入之

。但 四首 悉略 秘贈 答百 首哥 也)

」「 三六 七八 a・ 三六 七九

・ 三六 八一

⑹ 例え ば三 六七 一歌 と三 六七 四歌 の交 代を 指示 する 記号 があ り、

「正 本」 は

「三 六七 四・ 三六 七二

・三 六七 三・ 三六 七一

」の 歌序 であ るこ とが 分か る

(八 件め の押 紙と 合致

)。

⑺ 三五 八二

(日 吉百 首二 二二 二)

・三 五八 六( 同二 二一 八)

・三 六〇

〇( 同二 二二 七)

・三 六三 四( 同二 二八 一)

・三 六四 一( 同二 二八 五)

・三 六四 三( 同 二二 七五

)・ 三六 六六

(同 二二 四二

)・ 三六 六七

(同 二二 四三

)・ 三六 七〇

(同 二二 五七

)・ 三六 七五

(同 二二 七七

)・ 三六 七六

(同 二二 七二

)・ 三六 七七

(同 二二 七三

)・ 三六 七八

(同 二二 八六

)・ 三六 七九

(同 二二 八七

)・ 三六 八〇

(同

(13)

二二 九四

)・ 三六 八六

(同 二二 九七

)・ 三六 八四

(同 二二 九八

⑻ 拙稿

(同 注2

)参 照。

⑼ 吉水 蔵「 法華

別帖

」は 続天 台宗 全書

『密 教3

(経 典註 釋類

Ⅱ)

』に 拠る

。 末尾 に「 承元 四年 九月 二十 九日

。於 西山 御所

。法 花三 帖給 了。 即出 裏了

。同

十月 十四 日。 於岡 崎房 書写 了。 自去 四日 天変 御祈 熾盛 光法 伴僧 勤仕 之間

。速 速恩 恩。 仍書 写遅 遅也

求法 仏子 成源

」と いう 書写 奥書 が見 え、 また 表紙 に

「秘 秘中 深秘 也、 穴賢 穴賢 不可 他見

」と 記さ れる

。内 容に つい ては

、多 賀宗 隼『 慈圓 の研 究』

(吉 川弘 文館

・昭 55) 参照

⑽ 五大 院安 然著

『教 時問 答』 は別 に『 教時 義』

『真 言宗 教時 問答

』と も言 い、

『教 時諍 論』 二巻

、『 胎蔵 金剛 菩提 心義 略問 答抄

』一

〇巻 と併 せて

、台 密教 判の 集大 成と いえ よう

。『 大正 新修 大蔵 経』 七五 巻( 續諸 宗部

)及 び『 天台 宗叢 書』 に拠 る。 内容 につ いて は多 賀宗 隼『 慈圓 の研 究』

(吉 川弘 文館

・昭 55) 参照

⑾ 三千 院圓 融蔵

「秘 相承 集」 は続 天台 宗全 書『 密教 3( 経典 註釋 類Ⅱ

)』 に 拠る が、 特に 書写 奥書 が見 えな い。

⑿ 吉水 蔵「 毘逝

別」 は続 天台 宗全 書『 密教 3( 経典 註釋 類Ⅱ

)』 に拠 る。 末 尾に

「承 元三 年己 巳六 月。 於西 山草 庵。 書之 了」 とい う書 写奥 書が 見え る。

また 表紙 に「 極ゝ 深ゝ 秘ゝ 秘ゝ

」と 記さ れる

⒀ 青蓮 院蔵

「四 帖秘 決」 は続 天台 宗全 書『 密教 3( 経典 註釋 類Ⅱ

)』 に拠 る。 巻頭 に「 鎮和 尚御 口伝

慈賢 筆 篇目 道覚 親王 真蹟 也」 とい う記 述が 見え る。

⒁ 叡山 南渓 蔵「 八深 秘」 は「 自行 私記

」と もい い、 多賀 宗隼

「法 橋観 性に つ いて

―と くに 慈円 との 関係

」( 歴史 地理 90巻

・1 昭 90

36→

『慈 圓の 研究

』) 参 照。 文治 六年 十一 月日

、為 成仏 欲修 此行 法、 仍為 暗( 諳カ

)誦 書之

、努 々穴 賢、 非機 人借 謬莫 令見 知之

、南 无金 剛薩 埵、 返々 守護 給、 此行 法大 日経 不説 之、 瑜祇 経仏 眼品 雖説 之、 猶於 委細 秘而 不明 之、 只師 資口 伝也

、哀 哉々 々、 慈覚

大師 十三 代師 資口 伝、 大日 如来 三密 修行

、成 仏之 期在 近、 可思 之、 私云

、自 大成 就品 出修 行此 法之 時、 仏眼 種智 真空 冥寂 如来 如実 知見 三界 之相

、無 有生 死之 故也

、即 身成 仏一 生妙 覚之 真因

、只 可在 此行 法、 深可 信仰

、終 焉之 時、 敢不 可廃 之 金剛 仏子 慈― 但し

、著 書に は右 の跋 文は 省略 され てお り、 また この 叡山 南渓 蔵本 は曼 殊 院本 に拠 って

「文 治六 年二 月」 と修 正す べき と記 され てい る。

⒂ 吉水 蔵「 本尊 縁起

」は 多賀 宗隼

『慈 圓の 研究

』に 全文 引用

。末 尾に

「小 僧 出家 受戒 之後

、・

・及 七旬

」「 太上 天皇 自十 一歳 御元 服之 時、 今令 四十 宝算 給 也」 とあ り、 起草 者は 慈円

、承 久元 年の 著作 であ るこ とは 確実 であ る。

Figure

Updating...

References

Related subjects :