公立小学校 にお ける学級 崩壊 の心理力動

15  Download (0)

Full text

(1)

岡島:公 立小学校 における学級崩壊 の心 理力動

公立小学校 にお ける学級 崩壊 の心理力動

Bionの 集 団 理 論 か らの 考 察

島 真 一*

Psychologymechanismofdisorderintheclassroominelementaryschool

‑‑ConsiderationfromgrouptheorybyBion‑一 ・一

Shi11'ichiOkajima

Bionの 集 団 理 論 と ス ケ ー プ ゴ ー トの観 点 か ら、 准 ス クー ル カ ウ ンセ ラー(以 下SC)と して 筆 者 を含 む二 人(男 女)のSCが 関 わ っ た公 立 小 学 校 の学 級 崩壊 事 例 に つ い て 考 察 した。

学 校 は 学 級 崩 壊 ク ラ ス を ス ケ ー プ ゴ ー トと して 維 持 し続 け た。 ク ラス の担 任 は ス ケ ー プ ゴー トと な り ク ラ ス の 児 童 か ら攻 撃 を受 け 、 同 時 に学 校 か ら も無 力 な教 師 の ラ ベ リ ング を受 け て い た 。 また 、 学 校 は 学 級 担 任 と学 級 そ の もの をス ケ ー プ ゴ ー トと して 維 持 す る た め に、SCの 活 用 に消 極 的 に な り、SCに 対 して も無 力 感 や 能 力 の な さ を投 影 した 。 またSC両 名 は 、 そ の無 力 感 をお 互 い に投 影 しあ い 、無 力 感 に よる理 想 化 と価 値 下 げ を行 っ た 。

1.は じ め に

平 成7年4月 か ら全 国各 都 道府 県 に学 校 カ ウ ンセ ラー が 配 属 され る こ とに な っ た 。 そ して 、 某 市 の ス ク ー ル カ ウ ンセ ラー 活 用 事 業 は、 臨 床 心 理 士 指 定 大 学 院 の 院生 お よ び修 了 生 を准 ス クー ル カ ウ ンセ ラ ー(以 下SCと 呼 ぶ)と して 市 立 の 小 学 校 、 中学 校 、 高校 へ 派 遣 す る とい う もの で あ る 。 この 事 業 に お い て 、X年 よ り筆 者 を含 むSC2名(男 女)が 公 立小 学 校 に派 遣 され た。 こ の 公 立 小 学 校 に お け る学 級 崩 壊 の事 例 を報 告 す る 。

本 論 文 の 目的 は小 学 校 に お け る学 級 崩 壊 の事 例 を報 告 し、Bionの 集 団理 論 に基 づ い て事 例 を理 解 し整 理 す る こ とで あ る 。 そ して 学 級 崩 壊 ク ラ スお よ び担 任 教 諭 を ス ケ ー プ ゴ ー トの対 象 と した 学 校 の様 子 を考 察 した い。

平 成20年9月26日 受理*奈 良大 学 臨床 心 理 ク リニ ッ ク

(2)

奈 良大 学 大 学 院研 究 年 報 第14号(2009年)

皿.事 例

事 例 の 概 要

公 立小 学 校 。 児 童 数454名(1学 年2〜3ク ラ ス 、特 別 支 援 学 級2ク ラス)。 教 員 数30名(女 性23名 、 男 性7名)。 ス ク ー ル サ ポ ー ター7名(女 性5名 、 男 性2名)。M先 生(ス ク ー ル サ ポ

ー タ ー20代 男 性)。SC配 置初 年 度 で あ る。SC担 当 教 員 のY先 生(6年 生 学 年 主 任 、40代 男 性)、S 先 生(特 別 支 援 コ ー デ ィ ネ ー タ ー、50代 女 性)か らの 要 望 でSCは サ ポ ー トと して授 業 に関 わ る 。

学 級A(5年 生)

学 級B(6年 生)

:担 任G先 生(30代 女 性)1学 期 〜2学 期 前 半 の 間 、学 級 崩 壊 と して学 校 の 大 き な問 題 と され てい た学 級 。

:担 任X先 生(30代 女 性)2学 期 頃 か ら徐 々 に 学 級 が 荒 れ だ し、 結 果 的 に 学 級 崩 壊 と して 問題 と され る学 級 。 特 に学 級 の 数 名 の 男 子(M男 、C男 、0男 他) と女 子(F子 、0子 他)の 問 題 行 動 が 崩 壊 の 要 因 と して 学 校 か ら問 題 視 され て い た 。

派 遣 され た准 ス ク ー ル カ ウ ン セ ラ ー2名 は男 女 と も臨床 心 理 士 指 定 大 学 院修 了後 間 もな い 若 手 で あ っ た 。SCの 来校 は 一 人 につ き年 間20回 と決 め られ て お り、 同 日に 行 く 日 もあ れ ば、 別 々 に 行 く日 もあ った 。

事 例 にお い て、 筆 者 で あ る男 性SCを 「SC1」、 パ ー トナ ー の 女 性SCを 「SC2」 と表 記 す る。 ま たSCと 表 記 した と き は 「SC1」 と 「SC2」 の両 方 を指 す 。

SCの 発 言 を 〈 〉、教 職 員 の発 言 を 『 』、 児 童 の 発 言 「 」 とす る。

第1期X年7月17日 〜X年8月22日

SC1来 校2回(学 級A=0回 、学 級B=2回)SC2来 校1回(学 級A=0回 、 学 級B=0回)

第1に 、 第1期 に お け る学 級Aと の 関 わ り につ い て述 べ る。1学 期 の 終 盤 にSClはY先 生 か ら い くつ か の ク ラス が 気 に な る の で学 級 崩 壊 の 研 修 を して ほ しい と話 され た 。SCIは ニ ーズ へ の対 応 を優 先 した。SC2で は な くSC1が 頼 まれ た 理 由 を考 え ず研 修 を引 き受 け た 。研 修 を引 き受 け た こ と につ い て 後 日SC2へ 報 告 した。 研 修 後Y先 生 か らSC1へ 学 級Aが 問 題 で あ る と伝 え られ た。

そ してSCIと 学 級Aの 担 任G先 生(30代 女 性)が 話 をす る と、G先 生 は 自 分 で 何 とか す る と話 され た。G先 生 が 言 うに は 、Tク ラス は7月 か ら落 ち着 か な くな りだ した 」 との こ と。 そ の 理 由 は 、 変 わ った 行 動 を とる 男 子 を他 の 男 子 が か らか うの で 担 任 が か ば う と男 子 た ちが ひい き だ と不 満 を持 ち 出 した との こ と。

SC1は 担 任 に 対 して、 次 回 か らSCが ク ラ ス に入 っ て 様 子 を み て 、 わ か っ た こ と を伝 え ます と 話 し、1学 期 を終 え た。

次 に 、学 級Bに つ い て 述 べ る。1学 期 終 了 間 際 に、特 別 支 援 コ ー デ ィネ ー タのS先 生(50代 女 性) か ら特 別 支 援 の サ ポ ー一トと して 学 級Bに 入 っ て ほ しいSCIに 要 望 が あ っ た。S先 生 の 説 明 で は 、

(3)

岡島:公 立小学校 における学級 崩壊 の心 理力動

M男 は教 師 へ の 反 抗 や 問 題 行 動 が い じる し く特 別 支 援 対 象 児 で あ る との こ とだ っ た 。 しか しSC1 が 学 級Bに 入 っ て み る と ク ラス は静 か で 、SC1がM男 と接 す る とM男 は静 か に授 業 を うけ た 。 こ の と きSC1はM男 の 気 持 ち を受 け止 め た の で静 か に授 業 を受 け た の だ と思 っ た。

授 業 後 、M男 の友 人 のC男 がSC1の も とへ や っ て きて 、M男 が 静 か に受 け た の は す ご い 。 考 え られ ない と話 した 。 そ して担 任X先 生 へ の不 満 を語 っ た 。C男 は 担 任 が 全 然 話 を きか な い な ど言 っ て い た 。 そ して担 任 とSC1を 比 較 す る よ う に してSC1を 理 想 化 し持 ち上 げ た 。 そ して放 課 後 に 担 任X先 生(30代 女 性)とM男 の授 業 態 度 に つ い て 話 した。SC1は 「気 持 ち を受 け 止 め た こ とが よか っ たの で は な い か」 と担 任 に話 す と、 受 け 入 れ て も ら え た と思 っ た。 しか し後 に 、SC1に 素 直 な 態 度 を示 すM男 の様 子 や 、 そ れ を得 意 気 に話 すSC1の 態 度 に担 任 の プ ラ イ ドを傷 つ け た の で は な い か と思 った 。

第2期X年9月11日 〜X年9月25日

SC1来 校3回(学 級A=3回 、学 級B=3回)SC2来 校2回(学 級A=0回 、学 級B=1回)

夏 休 み が 終 わ り2学 期 が 始 まっ た 。 学校 は、 学 級Aを 学級 崩壊 と して 問 題視 して い た 。校 長 が 授 業 に参 加 し学 級Aを 監 視 す る様 子 が み られ た 。 ま た授 業 中 に 保護 者 が見 学 に 来 る こ とが 度 々 み られ た。 そ してSCIが2学 期 の3回 目の サ ポ ー トに入 る と担 任G先 生 が 欠 勤 して い た 。 学 級Aの 男 子 児 童 か ら声 をか け られ 「な んでG先 生 は 休 んで る の?」 〈な ん でや ろ う な 〉 「き っ とぼ く らの せ い や」 と話 され た 。SC1は 自分 が 学 級Aと い う ケ ー ス を担 当 す る こ とに な っ た と思 っ て い た 。 そ の と きSC2は 学校 が両SCの 役 割 をわ け て い る よ う に感 じ不 安 に思 って い た と話 す 。

ま た特 別 支 援 担 当 教 諭 か ら は第1期 に 引 き続 き、 学 級BのM男 へ の 支援 を頼 まれ る 。

学 級Bは 、 数 名 の 男 子 が 騒 ぎ、 女 子 は静 か に授 業 を 受 け て い た。M男 が 担 任 の揚 げ 足 と り、C 男 が そ れ に 追 随 す る様 子 が み られ た。M男 が騒 ぐ と男 子 グ ル ー プ は喜 んで 笑 っ て い た 。SC2M男 に声 を か け る と授 業 に参 加 した 。M男 はSCが 根 気 よ く話 す と授 業 に取 り組 み は じめ る よ うだ と SCIとSC2は 感 じた。

ま た休 み 時 間 、SC1はM男 に 〈授 業 中 は嫌 だ った ね 。授 業 中 だ か ら注 意 しな い とい け なか っ た 〉 と伝 え る と 「授 業 中 だか ら 当然 だ と思 う。 先 生(SC1)が 一 番気 持 ち をわ か って くれ る」 とSC1 に語 っ た 。授 業 中 にM男 が 騒 ぐこ と を喜 んで い る男 子 た ち の 様 子 を見 て 、M男 はC男 な どの男 子 グ ル ー プ を気 に か け て 反 抗 して い る よ う に もみ え た。SC1はM男 を叱 らず に声 をか け 続 け た が 、 C男 はM男 が静 か に な っ て ほ し くな い よ う にみ えた 。

そ して ク ラ ス の女 子 のF子 か らSCに 「な ん で い るの?」 と不 満 そ うにた ず ね られ 、 こ の ころ か らF子 はSCIに 不 満 を持 っ て い る の で は ない か と思 い始 め た。 そ して、 休 み 時 間 にS子 がM男 か ら 筆 箱 を隠 さ れ、 男 子 は それ を見 て喜 んで い た。

担 任X先 生 は 『教 員 と して は受 容 的 な態 度 を とる こ とは 難 しい 。 自分 で はM男 に対 応 で きな い の でSClに まか せ た い」 と話 した。 ま たF子 につ い て たず ね る と担 任 は 「F子はM男 が 静 か にな っ た と き喜 ん で 私 の と ころ に言 って きた の で 、 嫌 そ うに して い る の は信 じられ ない 」 と話 した 。 ま たS子 につ い て た ず ね る と担 任 はrs子 は他 の子 とち ょっ と仲 が悪 い み たい で す 」 と話 した 。

(4)

奈良大学大学 院研 究年報 第14号(2009年)

第3期X年10月2日 〜X年10月23日

SC1来 校2回(学 級A=0回 、 学 級B=2回)SC2来 校1回(学 級A=0回 、 学 級B=1回)

SC2が 来校 す る と学 級Aの 担 任 が 休 職 し、 対 策 会 議 が 開 か れ る。 新 しい 担 任(J先 生 、 男 性)の 補 充 な どが 決 ま っ た。 そ して 変 わ らず 学 級BのM男 へ の 支援 を要 請 され る。

次 に 学 級Bに つ い て の 話 し合 い がSC1抜 きで 行 わ れ る(校 長(男 性)、Y先 生 、 担 任X先 生)。

SC1はG先 生 の休 職 に責 任 を感 じた 。 学 級Aに つ い てSC間 で の 相 談 や 話 し合 いが で きな か った こ とは悔 や まれ るが 、 当 時 そ の よ う な連 携 を持 つ こ とは で きな か っ た。

学級Bの 様 子 は、 担 任 に対 す る暴 言 が 激 し くな っ て お り、M男 、0男 、C男 が 「う る さ い」 「死 ね」 「ち ゃ ん とや れ」 「しっか り しろ」 「無 視 す ん な 。 また 無 視 か 」 な ど と言 う。

半 数 以 上 の 児 童 が 私 語 を し、C男 、M男 、0男 は 席 を立 っ て歩 き 回 りふ ざ け る。 そ してF子 を中 心 とす る女 子 数 名 がS子 と言 い争 っ て い る の をみ か け る 。 担 任X先 生 は 問 題 行 動 グ ル ー プ に は 近 づ け な くな って い た 。

SC1が 授 業 に参 加 した 日、M男 が 紙 くず を担 任 に投 げ つ け授 業 が 中 断 し、X先 生 が 校 長 を呼 ぶ 大 事 に至 る 。C男 は 「本 音 な ん か書 かへ ん 。書 い た ら授 業 が また 中 断 す る」 とSC1に 語 っ た。

また ク ラ ス の 女 子F子 な どか らSC1へ の 直 接 的 な暴 言 が 出始 め 、 ク ラス に入 る しん ど さが 増 し た 。

授 業 中 断後 、Y先 生 、担 任 、校 長 で 話 し合 い が され て い るがSCは 呼 ば れず 知 らな い 間 に行 わ れ て い た こ と に不 信 感 を持 つ 。 ま た 別 の 日にSC2が 来 校 す る とM男 はSCの 促 し に従 い 、授 業 に取

り組 ん だ 。0男 に話 しか け るSC2に 対 して暴 言 で返 した り、C男 はSC2が 近 づ くと逃 げ た 。 F子 他 女 子 数 名 のSC1に 対 す る否 定 的 な態 度 が 顕 著 に な りは じめ 、SC1に 対 して 「キ モ い 」 な ど と繰 り返 し言 い 始 め る 。SC1に 担 任X先 生 が ク ラス の雰 囲 気 の 原 因 に つ い て話 す と担 任 がS子 を か ば っ た こ とが原 因 だ と担 任X先 生 は 感 じて い た 。

M男 以 外 の児 童 の 騒 が しさ が 目立 ち始 め た こ ろ か ら、 担 任 がSC両 名 を避 け て い る よ う に感 じ 始 め る。

そ こで 、SC1は 「SCが 児 童 の 不 満 に共 感 して い た と して も先 生 の こ と を悪 く思 っ て い る わ け で は な い」 と伝 え るが 通 じて い な い と感 じた。

第4期X年10月30日 〜11月20日

SC1来 校 数2回(学 級B=2回)SC2来 校 回数2回(学 級B=2回)

学 校 は 、 学 級Bが 学 校 の大 き な問 題 と して扱 う よ うに な り、 問題 化 が 明確 に な る。 学 級Bの 保 護 者 懇 談 を実 施 しY先 生 主 導 の も とで行 っ た。 教 師2人 体 制(担 任X先 生 、 新 任N先 生(男 性)) の 実 行 。SC1へ 学級 崩壊 に対 す る研 修 の 依 頼 をY先 生 か ら さ れ る。

そ してSC1はSC2と 相 談 し研 修 に つ い て考 え る 矢 先 に 、Y先 生 か ら 「研 修 を して い る場 合 で は ない 。 具 体 的 な対 策 を提 案 して ほ しい 」 と依 頼 され る。

SC両 名 は特 別 支 援 サ ポ ー ト(M男)か ら外 さ れ、 学 級Bの 学 級 崩 壊 サ ポ ー トへ 移行 され た。

(5)

岡島:公 立小学校 における学 級崩壊 の心理力動

学 級Bの 様 子 は、 悪 化 してお り、 女 子 の 問題 行 動 が 出現 し、 担 任X先 生 へ の 暴 言 「キ モ イ」 「気 が 散 る か ら歩 か ん と って 」 な ど と言 う。M男 は担 任 に対 し 「Xも 、 今 年 で 終 わ りや な」 「死 ね」

な ど と言 い 、 担 任 を蹴 る 。担 任 の態 度 は 一 変 して お り問 題 行 動 に対 して厳 し く注 意 す る よ う に な る。4期 か ら は校 長 が 度 々教 室 に訪 れ る よ う に な り、 児 童 を叱 る 。C男 の態 度 は 一 変 し、静 か に な る。

SC1は 校 長 に対 し、〈児 童 と担 任 の 話 し合 いやSCに よ る授 業 サ ポ ー ト以外 で の 対 策 が 必 要 〉 と 話 す が 進 展 は な か っ た 。SC1に 対 しF子 が 「も うい て ほ し くな い」 「キモ い 」 と言 い 、SC1は 無 力 さ を感 じる 。 休 み 時 間 にSC1はM男 とM男 と親 しい 女 子2名 と話 す 。 「教 室 に戻 りた くな い 。怖 い 」 と語 る 。 そ して 放 課 後 に担 任Xと 話 を しよ う とす るが 、SC1の 報 告 だ け に終 わ り、 ま っ た く 話 を深 め る こ とが で き ない 。

そ してSC2は 女 子 グ ル ー プ との 関 係 が深 ま りは じめ る 。 そ してN先 生 、 養 護 教 諭(女 性)と 話 し、 連 携 の 兆 しが 見 え る。 そ して 、F子 は 「S子を い じめ て い ない 。 い じめ て い る と思 わ れ る の が 辛 い」 と話 す 。SC2に 対 して 校 長 が 担 任 へ の不 満 を話 す 。担 任X先 生 はSC両 名 に逃 避 的 な態 度 を とる よ う にな り、 話 をす る こ とが で きな くな る。

第5期X年11月27日 〜X年12月18日

SC1来 校3回(学 級B=0回)SC2来 校3回(学 級B=0回)

4期 に 引 き続 き、教 員2人 体 制(担 任X先 生 、 新 任N先 生)の 実行 。5期 で 学 校 は、 学 級Bの 新 対 策 と して算 数 の授 業 の み2ク ラス に分 け、 担 任 とN先 生 で対 応 す る こ と に した。

Y先 生 に よ る と、保 護 者 懇 談 にお い て 、 保 護 者 か ら授 業 の 進 み 具 合 を心 配 さ れ、 そ の よ う に し た との こ と。SC1は 進 み具 合 が心 配 な の は わか っ て い た が 、SC1と して は 学級 崩 壊 対 策 と して の 意 味 が あ る の か ど うか は疑 問 で あ った 。 そ して 突 如 と して 、SC両 名 へ の 学 級Bの サ ポ ー ト要 請 が

な くな る。

SC1は 、4期 に お い て具 体 的 な対 策 の提 案 を依 頼 され て い た の で 、SC両 名 で 話 し合 っ た 。 そ し てY先 生 にサ ポ ー タ ー と担 任 とが 話 し合 う時 間 を持 つ こ と と、 エ ン カ ウ ン ター グ ル ー プ や カ ウ ン セ リ ング な どSCに で き る対 応 を話 したが 、Y先 生 はf担 任 とN先 生 の2人 体 制 に した の で 、 そ の 提 案 は学 校 の現 状 に合 わ な い』 と話 され た。

さ ら にY先 生 はSC1に サ ポ ー タ ー と して 入 って 児 童 を叱 っ て ほ しい と要 望 され た が 、SC1は そ れ を保 留 し、 学 級Bに サ ポ ー トと して 入 る こ とを 中 止 した 。 そ してSC2は 教 室 に入 る こ と に メ リ ッ トが あ る と判 断 しサ ポ ー トを続 行 す る 旨 をY先 生 に伝 え る 。SC1はSCの 間 で ク ラス に対 す る対 応 が 統 一 され てお らず 、SC間 が 分 裂 してい る と感 じは じめ る 。

SC2が 、教 室 に 入 る こ と に メ リ ッ トが あ る と判 断 しサ ポ ー一トを続 行 す る 旨 をY先 生 に伝 え た理 由 は、 子 ど もの様 子 の把 握 が で きる こ と と、教 室 に入 る こ とで 子 ど もた ち とつ な が る き っか け に な る と思 って い た か らだ との こ と。

休 み時 間 に、T男 と1男がSC1の も と にや っ て きて 。 「先 生 は前 よ り怒 る け ど、 雰 囲 気 は 変 わ っ て ない 。C男 はお と な し くな っ た」 と話 した 。 ま た1男 は 「C男の言 うこ とは た まに言 い す ぎだ と

(6)

奈 良 大 学 大 学 院 研 究 年 報 第14号(2009年)

思 う こ と もあ る が 共 感 で きる」 と話 した 。休 み 時 間 が 終 わ る とF子 がT男 と1男 を迎 え に き た が 、 そ の と きF子 はSC1の ほ う を見 な い よ う に して い た。

掃 除 時 間 中 にM男 が 裏 門 に向 か っ て 放 尿 し、 周 りの 女 子 は そ れ を喜 ん で み て い た 。 そ こで 、 SCIはM男 に声 をか け 「この お しっ こ を一 緒 に掃 除 しよ うか」 と言 う と素 直 に応 じた 。M男 か ら

「み ん な に伝 わ っ た か な?」 とい う言 葉 が きか れ 、M男 の 行 動 は 自己 ア ピー ル の 一 環 で もあ る と 思 っ た 。 そ して 、 そ ば に い た1男 にM男 の こ と を聞 く と 「M男 は定 期 的 に変 な こ と をす る」 との

こ とだ っ た。 放 課 後 、担 任 に状 況 を伝 え る が話 は 深 ま らず 、 『気 をつ け ます 』 と話 した 。 SCIが ク ラス に入 る こ と を 中止 して か ら も、F子 は 「キ モ い 。 吐 気 が す る」 とい う よ うに 日増 しに言 葉 が き つ くな って い き、SC1へ の 怒 りが 強 くな っ て い る印 象 を受 け た 。 プ レイ ル ー ムでF 子 は 「キ モ い 。 吐 気 が す る 」 とSC1に 言 い 、 そ ば に い たSC2が 初 め て そ の 様 子 を見 た 。 そ の 後 、 F子 自 ら友 人 女 子 を連 れ てSC2の 元 へ 訪 れ 「S子を い じめ て い な い 。 担任 嫌 い 」 と語 っ た 。

そ して度 々F子 自 ら友 人 女 子 を連 れ てSC2の も とへ 訪 れ る よ う に な っ た。

第6期X十1年1月15〜X十1年3月17日

SC1来 校6回(学 級B=0回)SC2来 校5回(学 級B=3回)

G先 生 の 復 帰 に よ り、N先 生 の任 期 が 終 了 し、M先 生(ス ク ー ル サ ポ ー タ ー 、20代 男 性)が 代 理 で学 級Bの サ ポ ー トに入 っ た。SC2は 引 き続 き学 級Bの サ ポ ー トに入 っ た。 学 級Bは 担 任 の注 意 を全 く聞 か ない 状 態 で あ っ た 。SClは 男 子 との 関 係 性 が 深 ま り、 男 子 た ち はSCIに 性 的 な話 題 を 積 極 的 に話 す よ う に な る 。 そ して 相 談 室 に あ る熊 の ぬ い ぐる み を部 屋 の 中 で 投 げ て遊 ぶ(H男 、 T男 、1男)。SCIに 「何 で ク ラス に来 ない の?」(C男)、 「また ク ラス に来 て ほ しい」(M男)と 語

られ た。

F子 と親 しい 様 子 の0子 がSC1を 見 て 馬 鹿 に した よ う に 笑 っ た り、 「キ モ い 」 と言 う よ う に な る。

SCIがM先 生 と話 す とサ ポ ー トの 方 針 に対 す る不 満 と疑 問 やF子 か ら 「キ モ い 」 と言 わ れ て い る との こ と。S子 へ の い じめ は 目立 た ず 、K男 へ の い じめ が 悪 化 、T男 は指 示 され て い じめ て い る 。 F子 は 、Y先 生 が好 き で 、 新 学 期 か らY先 生 の ク ラス に な れ なか っ た こ と に つ い て 不 満 を持 って い た とい うこ とがM先 生 か ら聞 か され る。

SC2は 男 子 の 問 題 行 動 グル ー プ との 接 触 が 増 え る よ うに な っ た。SC両 名 は 、SCに 対 す る担 任 X先 生 の拒 否 的 な態 度 を感 じて い た 。

そ して現 状 は変 わ らず 、年 度 が 終 わ っ た。

事例 内 審 の 追 加 事 項

SCが 派 遣 され た最 初 の ころ 、児 童 た ち はSC両 名 の 「相 合 傘 」 を絵 に描 い た りした 。 F子 はY先 生 が 好 き で、 担 任 のX先 生 を責 め 、SCIやM先 生 な どの 若 い 男性 へ 怒 りを表 した 。 X先 生 はSC以 外 の 教 職 員 か ら も距 離 を とっ て い る 。

(7)

岡島:公 立小学校におけ る学級崩壊の心理力動

皿.ス ケ ー プ ゴ ー テ ィ ン グ現 象 にお け る概 念

1.ス ケ ー プ ゴ ー トの 定 義

心 理 学 辞 典 に よ る と 「ス ケ ー プ ゴー トscapegoat」 は 、賦 罪 の 山羊 の こ と。 転 じて 、 集 団が 危 機 に直 面 した と き、集 団 内 の欲 求不 満 を解 消 した り他 の集 団成 員 が 自責 の念 を まぬ が れ る た め の 非 難 ・攻 撃 の 対 象 とな る 内集 団 の特 定 の 成 員 の こ と。 実 際 の 問題 解 決 か ら 目を逸 らす こ と につ な が る。 ス ケ ー プ ゴ ー トの典 型 的 な例 と して 、 経 済 破 綻 の危 機 に直 面 した ドイ ツ で 、 ナ チ ス が 問 題 の す べ て をユ ダヤ 人 の 国際 的 陰謀 の せ い に して ユ ダ ヤ人 を非 難 ・攻 撃 した こ とを あ げ る こ とが で

き る。

ま た ウ ェ ブ ス ター 博 学 大 辞 典 に よ る と、 「他 人 の 失 敗 や罪 の 責 任 を と ら さ れ た り、 ま た は 他 人 の代 わ りに苦 しませ られ る」 人 を指 す 。 この こ とか らス ケ ー プ ゴ ー トは 責 任 を転 嫁 す る た め の 身 代 わ りで あ り、 不 満 や 憎 悪 の 対 象 に され て し ま う個 人 あ るい はサ ブ グル ー プの こ と だ と定 義 され

る。

Bion(1961)に よ れば 、 心 理 力 動 的 ア プ ロ ー チ に賛 成 して い る ほ とん どの 筆 者 は、 ス ケ ー プ ゴ ー トが 彼(彼 女)が 所 属 してい る グ ル ー プ の投 影 した、 望 まれ ない 側 面(衝 動 、 感 情 、 動 作 、 印 象 な ど)の た め の 入 れ 物 の 役 割 を演 じる とい う解 釈 を共 有 す る。 ス ケ ー プ ゴー トの 存 在 は 、 そ れ に対 して グル ー プの 攻 撃 性 を向 け る こ とを可 能 に し、 そ して グル ー。プの 緊張 、恐 怖 、 お よ び不 安

レベ ル を減 少 させ る 。

Shulmanに よる と、 ス ケ ー プ ゴー トは しば しば非 常 に挑 発 的 で あ り、 そ の結 果 、 彼(彼 女)自 身 が ス ケ ー プ ゴー テ ィ ング現 象 に活 動 的 に参 加 しよ う とす る。 同 様 に 、Eagle&Newton(Idid.) は 、 ス ケ ー プ ゴー トが 集合 的 な投 影 同1化(Klein,1946)の 受 け 皿 の役 割 を果 た し 「これ らの ス ケ ー プ ゴー トが 、投 影 同1化 の 標 的 に され る た め の 行 動 を示 し、 彼 ら自 身 の ス ケ ー プ ゴ ー テ ィ ン グ に貢 献 して い る傾 向 が あ る」 と した 。

また 、一 般 的 な 見 解 で は 、 あ る集 団 内 で 暴 力 ・嫌 が らせ な どの い じめが あ っ た 時 に は 、 そ の 対 象 とな る 人 間 に は何 らか の ス ケ ー プ ゴ ー タ ビ リテ ィ(ス ケ ー ブ ゴー トに な りや す い特 有 の パ ー ソ ナ リテ ィ)が あ り、 そ れ が 原 因 とな っ た と い う考 え が あ る 。 しか し、 その ス ケ ー プ ゴ ー タ ビ リテ ィは 、具 体 的 に見 て み る と特 に原 因 と な る もの で は な く、誰 に で もあ る よ う な要 素 で あ る こ とが 多 く、 どん な と き も どん な 集 団 に お い て も常 に ス ケ ー プ ゴー トに され る普 遍 的 な特 性 や 傾 向(ス ケ ー プ ゴ ー タ ビ リテ ィ)が 明確 に され る こ と は な い。 よっ て ス ケ ー プ ゴ ー トと な りえ る 普 遍 的 な パ ー ソ ナ リテ ィが あ る とは言 え な い。

以 上 の こ とか ら、 本研 究 に お け る 「ス ケ ー プ ゴ ー ト」 とい う用 語 は、 グ ル ー プ 内 に お け る ス ケ ー プ ゴ ー トの 存 在 そ の もの を指 す もの で あ り、 ス ケ ー プ ゴー テ ィ ング現 象 を指 す もの で は な い。

2.ス ケ ープ ゴ ーテ ィン グ現 象 の 定 義

「ス ケ ー プ ゴ ー テ ィ ング現 象(ScapegoatPhenomenon)」 とは 広義 の意 味 で は グ ル ー プ 自体 が 抱 え る問 題 を グ ル ー プ 内 の個 人 あ る い は サ ブ グ ル ー プ に 身代 わ り と して押 しつ け 、 結 果 と して根 本 的 な問 題 解 決 が で きな い状 況 を指 す 。 また 集 団 文 化 の特 徴 と して は、 規 則 に縛 ら れ て個 人 に 自

(8)

奈良大学大学 院研 究年報 第14号(2009年)

由が な い と ころ や 、 警察 や 軍 隊 や 政 党 の よ う な 、組 織 が 一 体 と な って 敵 と戦 わ な け れ ば な らな い よ うな 集 団 に お い て ス ケ ー プ ゴ ー トテ ィ ン グが 起 きや す い とい う経 験 的 な推 測 が あ る。 しか し、

こ の よ うな特 徴 を持 つ組 織 に お い て も常 に ス ケ ー プ ゴー テ ィ ン グ現 象 が 発 生 す るわ けで は な い。

以 上 の こ とか らス ケ ー プ ゴー テ ィ ン グ現 象 の発 生 に は 、 ス ケ ー プ ゴー ト本 人 の 性 質 とい う観 点 に と どま らず 、 集 団文 化 が重 要 な役 割 を果 た して い る と考 え られ る。 つ ま り、 ス ケ ー プ ゴ ー テ ィ ング現 象 発 生 に は① ス ケ ー プ ゴー テ ィ ン グ現 象 が 発 生 しや す い 集 団 文 化 の 影 響② そ の 集 団文 化 に 適 応 しス ケ ー プ ゴー テ ィ ング を行 う メ ンバ ー③ 集 団 に お い て ス ケ ー プ ゴー トに され る メ ンバ ー の 相 互 作 用 が必 要 で あ る 。 以上 の こ とか ら、 ス ケ ー プ ゴー テ ィ ン グ現 象 は 、 集 団 文 化 に適 応 した者 が 集 団文 化 に不 適 応 した者 を排 除 し よ う とす る 一 連 の 過 程 を指 す 用 語 と定 義 され る。

3.Bionの グ ル ー プ理 験 に お け る 基 本 的 概 念

Bion(1961)は 、1946年 にLondonのTavistockClinicで の グ ル ー プ 活 動(実 験)を 基 本 に し て 、 グ ル ー プ 行 動 の 研 究 に つ い て の 集 団 理 論 を 生 み 出 し た 精 神 分 析 家 で あ る 。

Bionの 基 本 的 な 発 見 は 、 あ ら ゆ る"グ ル ー プ 活 動"に は 「作 動 グ ル ー プ(workgroup,以 WG)」 と 「基 底 的 想 定 グ ル ー プ(basicassumptiongroup,以 下baG)」 と い う対 照 的 な 機 能 的 水 準 が 同 時 に 存 在 す る と い う こ と で あ る 。 し か し、WG、baGに 用 い ら れ て い る 「group」 と い う 用 語 は 、 「特 殊 な 心 的 活 動 の み を 包 含 す る も の で あ り 、 そ の 作 業 に 携 わ る 人 々 を 意 味 す る の で は な い 」(Hafsi訳)。 つ ま り 、workgroup、basicassumptiongroupと い う 用 語 に お け る 「group」

は 心 的 活 動 の み を 指 す も の で あ り、 作 業 に 携 わ る 人 々(実 存 す る 集 団 お よ び 成 員)を 指 す 「グ ル ー プ 」 と は 区 別 さ れ る。 本 研 究 で は 、 集 団 文 化 の 測 定 にBionの 「基 底 的 想 定 グ ル ー プ(basic assumptiongroup)」 を 用 い る 。 こ れ か らBionの グ ル ー プ 理 論 に お け る 基 本 的 概 念 で あ る 「WG」

「baG」 「Valency」 の 詳 細 を 述 べ る 。

3‑1.「 作 動 グ ル ー プ(workgroup,WG)」

グル ー プ は常 に2つ の水 準 を含 む心 的 活 動 を示 す 。 第1水 準 の作 動 グ ル ー プ(WG)は 、① 現 実 、 あ るい は 「現 実 原 則 」 に基 づ き、② グ ル ー プの 目的 や 目標 、 時 間 の観 念 を念 頭 に置 き、③ 適 切 か つ 洗 練 され た科 学 的 手 段 を用 い て 、作 業 を行 う。 この よ う な意 識 的 かつ 表 だ っ た活 動 に は メ ンバ ー の 「協 同cooperation」 や 、作 業 を行 うた め に必 要 な訓 練 、知 識 、 技 能 、 熟 練 が 不 可 欠 で あ る 。WGと い う グ ル ー プの 心 的活 動 へ 参 加 し貢 献 す る た め に は メ ンバ ー が 「協 同 」 を用 い る 必 要 が あ る。

WGは 、 グ ル ー プの メ ンバ ー が 自 ら 「協 同(cooperation)」 し、 作 業 に不 可 欠 な 知 識 、 訓練 、 経 験 、技 能 を も ち、(初 歩 の もの にせ よ)科 学 的 な方 法 を用 い て 「基 本 的作 業(basictask)」(た

とえ ば 、 治 療 、 練 習 等)に 没 頭 して い る グ ル ー プ を形 容 す る心 的 活 動 で あ る。 さ らに 、WGの 下 で 活 動 して い る グ ル ー プ は、 作 業 に よ る欲 求 不 満 に対 す る耐 性 、 「経 験 か ら学 ぶ こ と(1eaming fromexperience)」 時 間 の 流 れ と発 達 く変化)を 意 識 した り、重 視 した りす る こ と に よ っ て特 徴 づ け られ る。 換 言 す れ ば 、WGは 、 現 実 と関 係 を もち 、 現 実 原 則 に基 づ く活 動 で あ る。Bionは 、

れ らのWGの 特 徴 が 、Freudに よ って 記 述 さ れ た 自我 の特 徴 に類 似 す る と述 べ て い る。

(9)

岡島:公 立小学校 における学級崩壊の心理力動

Bionに よれ ば 、 グ ル ー プは 、常 にWG活 動 の 条 件 を満 た して い る訳 で は ない 。WGは グ ル ー プ の存 続 や 発 達 の た め に不 可 欠 な の だ が 、 苦 痛 を伴 うの で、 グ ル ー プ は そ れ を 回 避 しよ う とす る。

そ の際 に 、 グ ル ー プが 頼 る の は 、WGと 同時 に存 在 す る、 無 意 識 的 、衝 動 的 、幻 想 に基 づ く心 的 活 動 、 す な わ ちbaGで あ る 。baGはWGの 現 実 原 則 に基 づ く作 業 に よ る欲 求 不 満 や苦 痛 か ら逃 れ る た め の 心 的 活 動 を示 す 。 そ の 結 果 、baGはWGを 阻止 し、 両 グ ル ー プの 間 に力 関係 、 す な わ ち

「勝 っ た ほ うが グ ル ー プ を支 配 す る」 とい う関 係 が 成 立 す る 。換 言 す れ ば 、 あ らゆ る グ ル ー プ活 動 に は 常 にWGとbaGと い う機 能 的 水 準 、 心 的 活 動 が 内 包 され て い る 。baGとWGに は 力 関 係 が あ り、WGが 勝 っ て い る と きにWGはbaGを 利 用 し現 実 原 則 に基 づ く心 的 活 動 を示 し、baGが 勝 っ て い る と き にはWGは 阻止 され 回避 さ れ幻 想 に支 配 され た心 的 活動 を示 す 。

Bionに よ れ ば 、WGは 「強 力 な情 緒 的 衝 動 の特 性 を共 有 す るあ る他 の 心 的 活 動 に よ っ て 阻止 さ れ 、 回 避 され 、 と きに は支 持 され る。 こ れ らの活 動 は 、 一 見 した とこ ろで は 混 沌 と した もの で あ る が 、 も しそ れ が グ ル ー プ全 体 の 共 通 の諸 基 底 的想 定 か ら発 してい る と仮 定 す れ ば 、 あ る程 度 の ま と ま りの あ る もの にな って くる」(Hafsi訳)と あ る。 換 言 す れ ば 、現 実 原則 に基 づ くWGは 、 強 力 な 情 緒 的 衝 動 を示 す心 的 活動 で あ るbaGに よ っ て 阻止 され 、 回 避 され る こ とが あ り、 と き に はWGがbaGを 利 用 す る こ と に よ っ てbaGに 支 持 され る こ とが あ る。 この よ う な グ ル ー プ の活 動 は 、 一 見 し た と こ ろ で は 混 沌 と し た も の で あ る が 、 グ ル ー プ の 複 数 の 基 底 的 想 定=basic assumption(依 存 基 底 的想 定 、 闘争 ・逃 避 基底 的 想 定 、 つ が い基 底 的想 定)か ら発 せ られ て い る

と仮 定 す れ ば 整 理 しや す くな る とい う こ とで あ る。

3‑2.「 基 底 的想 定 グ ル ー プ(basicassumptiongroup,baG)」

baGに は 、3つ の 異 な っ た 類 型 が あ る 。 す な わ ち 「依 存 基 底 的 想 定(basicassumptionof dependency,baD)」 、 「闘争 ・逃 避 基 底 的 想 定(basicassumptionoffight1flight,baF)」 と 「つ が い 基 底 的 想 定(basicassumptionofpairing,baP)」 で あ る。 こ の3つ の異 な る類 型 を 「基 底 的 想 定=ba」 と称 す る 。 「基 底 的 想 定」 は グル ー プが 抱 く幻 想 に基 づ い て い る。

そ れ ぞ れ のbaGに つ い て詳 細 に論 じる前 に、baGの 共 通 点 に つ い て 記 述 す る。 現 実 に 基 づ く WGと 異 な っ てbaGに お け る グ ル ー プ 活 動 は、 幻 想 に 基 づ い て い る 。 そ の幻 想 の 内容 は支 配 的 に な って い る 「基 底 的 想 定」 に よ って 異 な る。 また 、baGの 場 合 、 時 間 と発 達 とい う側 面 が 重 視 さ れ ず 、 そ れ らに対 す る意 識 さ え欠 如 してい る場 合 が あ る。 さ ら にbaGの 下 で活 動 して い る と きの グル ー プ は、 「経 験 か ら学 ぶ こ と(leamingfromexperience)」 が で きな い う え に、 そ れ を試 み よ う と も しな い 。 なぜ な ら、 学 習 に必 要 な 欲 求 不 満 に対 す る グ ル ー プ の忍 耐 力 が 不 充 分 も し くは、

欠 如 して い るか らで あ る。 換 言 す れ ば 、baGは 一 定 の 「基 底 的 想 定 」(依 存 、 闘 争 、 逃 避 、 つ が い)に 基 づ い て い る 。 グ ル ー プ メ ンバ ー に共 有 され る基 底 的 想 定 は幻 想 で あ り、 そ れ は① リー ダ ー シ ップの ス タ イ ル とそ れ に対 す る メ ンバ ー の 態 度 、② メンバ ー同士の関係 とグループ と外 部 と の 関 係 、 ③ グ ル ー プ の 自己認 知 、④ グ ル ー プの 時 間 の概 念 、 ⑤ グ ル ー プの 基 本 的 作 業 に 関 す る 考 え等 の 側 面 に反 映 され る。⑥ 経 験 か ら学 ぶ 能 力 の 欠 如 、 ⑦ 時 間 と発 達 へ の 無 関 心 も特 徴 で あ る。

baGは 、 グ ル ー プ に属 す る こ との 体 験 に よ る精 神 病 的 不 安(妄 想 分 裂 的 不 安 と抑 うつ 的 不 安) に対 す る原 始 的 な 防衛 反 応 と、 そ れ に伴 う愚 か さ に特徴 づ け られ る心 的 状 態 に相 当 す る もの で あ

(10)

奈 良 大 学 大 学 院研 究 年 報 第14号(2009年)

る 。 ド イ ツ の 思 想 家Schiller(1759)の 「人 間 は 一 人 ひ と り を み る と み ん な 利 口 で 分 別 あ り げ だ が 集 団 を な せ ば た ち ま ち 愚 者 が で て く る 」(JohannChristophFriedrichvonSchiller,1759)と る よ う に 基 底 的 想 定 に 支 配 さ れ た 集 団 の 心 的 活 動 は 幻 想 に 基 づ い て お り 愚 か さ を 示 す こ と が あ る 。

基 底 的 想 定 グ ル ー プ(baG)は 、 作 動 グ ル ー プ(WG)と は 対 照 的 に 、 現 実 に 基 づ い て い る の で は な く 、 快 感 原 則 や 一 定 の グ ル ー プ 幻 想 、 あ る い は 「想 定 」 に 基 づ い て い る 。baGに は 、 訓 練 、 知 識 、 技 能 、 熟 練 が 不 要 で あ る 。baG活 動 へ の 参 加 に は 、 「協 同 」 で は な く 「原 子 価(valency)」

の み が 不 可 欠 で あ る 。

1)「 依 存 基 底 的想 定(baD)」

baDの 下 で グル ー プ全 体 に共 有 され る想 定 あ るい は幻 想 は 、 グル ー プが 未 熟 で 、 他 者 の援 助 が な け れ ば何 もで き ない 、 そ して(リ ー ダ ー を含 む)他 者 が 全 能 、 全 知 で あ る と信 じ込 む こ とに あ る。 グ ル ー プ が 、 外 界 を非 友 好 的 で 、 冷 た く感 じる と同 時 に、 「物 質 的 ・精 神 的 な 援 助 や保 護 の た め に依 存 して い る リー ダー に指 示 され る た め に 集 ま っ た」(Bion,1961:Hafsi訳)か の よ う に感 じた り、振 る舞 った りす る こ とに 相 当 す る 。

換 言 す れ ばbaDの 影響 下 にあ る グ ル ー プ は 、 無 力 感 、 低 い 自 己評 価 、 消極 性 、 モ チ ベ ー シ ョ ン の 低 下 な どの抑 うつ 的 な事 象 を含 む心 的 状 態 に陥 り、 グ ル ー プ の 形 式 ・非 形 式 的 リ ー ダ ー 、 セ ラ ピス ト、 トレー ナ ー な どの 人 物 を理 想 化 し、 貧 欲 に彼 らに 頼 って い く。 しか し、 この よ うな グ ル ー プ の貧 欲 な 要 求 、あ るいは依存のニ ーズ に満足 に応 じる ことがで きなければ、 リーダーは、す ぐグ ル ー プ に 過小 評 価 され 、 否 認 され 、 変 え ら れ る こ とに な る 。 リー ダー に対 して け っ して満 足 しな い の で 、 グル ー プは 次 々 新 しい リ ー ダ ー を絶 えず 探 し続 け る 。 この 場 合 、 グル ー プ は リー ダ ー に 「最 も病 的 な メ ンバ ー を選 ん で」 し ま う こ と に な る。 こ の よ う に、baDが 支 配 的 に な って い る グ ル ー プ は、MelanieKleinに よ っ て 記 述 され た原 始 的 理 想 化 、 貧 欲 、 否 認 、 羨 望 な どの 早 期 の 精 神 病 的(特 に、 妄 想 ・分 裂 的)態 勢 に お け る 防 衛 過 程 に よっ て特 徴 づ け られ る。baDに お い て グ ル ー プ は 、 リー ダ ー を理 想 化 し全 知 的 、万 能 的 な存 在 、能力 を持 っ て い る 人 で あ る と確 信 し、

グ ル ー プ の依 存 的欲 求 に対 す る拒 否 を、 リ ー ダ ーの 能 力 の 欠如 に よる もの で は な く、 グ ル ー プ に 対 す る無 関 心 や 「愛 情 の な さ」 の 結 果 と して 体 験 す る。 そ して 、 羨 望 と貧 欲 の投 影 に よ って 、 グ ル ー プ は リー ダ ー を 羨 望 に 満 ち た 悪 い 、 貧 欲 な対 象 、 あ る い は 「マ イ ナ ス ・コ ン テ イ ナ ー (血nuscontainer)」 と して 体験 す る よ う に な る。

2)「 闘 争 ・逃 避 基 底 的 想 定(baF)」

闘 争 と逃 避 は 一 般 的 に は正 反対 の 反 応 で あ る と思 わ れ が ち で あ る が 、Bionは そ れ ら を統 合 し、

1枚 の コ イ ン(基 底 的 想 定)の 裏 と表 の よ う に考 え た 。baFグ ル ー プ の特 徴 的 な幻 想 は 、 グ ル ー プ内 部 あ る い は外 部 に何 らか の 「恐 るべ き望 ま し くな い対 象 」 また は 「敵 」 が存 在 す る の で 、 そ の 対 象 と戦 う(闘 争)か 、 そ れ と もそ れ を避 け る(逃 避)し か な い とい う信 念 に相 当 す る もの で あ る。 グ ル ー プ の風 土 は 、疑 惑 、 非 難 、 言 語 的 攻 撃 とい う闘 争 的 な側 面 と、 セ ラ ピス ト(あ る い は幻 想 的 な敵)に 対 す る受 身 的 な抵 抗 、 長 い 沈 黙 、 グ ル ー プ の作 業 回避 とい う逃 避 的 な 側 面 に よ

(11)

岡島:公 立小学校 における学級崩壊の心理力動

っ て特 徴 づ け ら れ る 。 さ らにbaFに お い て 、 「個 々 」 の 重 要性 は 「グル ー プ全 体 」 に比 べ て 二 次 的 で あ る 。baFグ ル ー プ は、 グ ル ー プ存 続 の た め に 個 々 を犠 牲 に す る こ とが あ る。 そ れ は 、 グ ル ー プ は、 個 人 に 自由 を与 え る こ とに よ っ て 、 メ ンバ ー間 の意 見 相 違 が表 現 され 、 そ して グ ル ー プ 内 の葛 藤 や戦 い が 引 き起 こ さ れ る こ とを恐 れ る か らで あ る。 なぜ な ら葛 藤 や戦 い が グ ル ー プ を全 滅 させ る と い う不 安 を グル ー プ に 引 き起 こ す か らで あ る 。Kemberg(1980)が 述 べ て い る よ う に、 グ ル ー プ は 「多 数 の メ ンバ ー に共 有 され る グ ル ー プの 観 念 形 態 に対 す る いか な る抵 抗 も許 す こ とが で きな い」(Hafsi.2004)。

この よ うな個 人 よ りも グ ル ー プ を優 先 す る心 性 は 、 原 始 的 社 会 にお け る生 け 賢 とい う具 体 的 な 儀 礼 に相 当す る 。 い ず れ の 場 合 も、 グ ル ー プ は個 人 を犠 牲 に す る こ と に よ って グ ル ー プ を守 ろ う とす る。 逸 脱 者 に対 して グ ルー プは 、 攻 撃 的 な操 作 とス ケ ー プ ゴー テ ィ ン グ に頼 る こ と に よ っ て そ の メ ンバ ー の逸 脱 を阻 止 す る。 なぜ な ら、 グ ル ー プ に とっ て 、 個 々 の 逸 脱 は 脅 威 と して 感 じ ら れ るか らで あ る。 潜 在 的攻 撃 をス ケ ー プ ゴー トに向 け る こ とに よっ て 、 グル ー プ は メ ンバ ーの 逸 脱 を阻 止 し、 全 滅 恐 怖 を回 避 す る こ とが で き る。 メ ンバ ー の逸 脱 は 、 一種 の挑 発 的行 為 や 、 脅 威 と して グ ルー プ に体 験 され る。 また ス ケ ー プ ゴー トの 発 見 あ る い は 「創 造 」 とい う作 業 は リー ダ ー に任 され る。

「闘争 基 底 的 想 定 グ ル ー プ」 に お い て 「ス ケ ー プ ゴ ー テ ィ ン グ現 象 」 が発 生 しやす く、基 底 的 想 定 と一 致 しな い 原 子 価 を示 す 人 が ス ケ ー プ ゴー トに な りや す い。(岡 島.2008)

baFに お け る リー ダ ー は、 漠 然 と認 知 され る外 部 また は 内 部 の 「敵 」 とい か に 戦 うか あ る い は 逃 げ る の か に 対 して能 力 を発 揮 で きる と思 わ れ る 人 で あ る。 換 言 す れ ば、 リ ー ダ ー は、 危 険 と敵 を識 別 し、 そ して 、 「今 ・こ こ」 に お い て 敵 が 存 在 しな い と きは 、 そ れ を作 り出す よ う に期 待 さ れ る。 実 際 に 、 リ ー ダ ー は、 個 々の 反 応 を無 視 し、 グル ー プ全 体 の 存 続 の た め に全 力 を尽 くす こ と、 勇 気 、 自己犠 牲 、 敵 に対 す る憎 しみ を促 進 す る こ とが期 待 され る。 この よ う な期 待 に応 じる こ とが で きな い リー ダ ー は無 視 され 、 よ りふ さ わ しい者 が 選 ば れ る こ と に な る。 なぜ な ら、 リ ー ダ ー は、 支 配 的 な 基 底 的 想 定 の 生 産 物 で あ るの で 、 基 底 的想 定 を反 映 す る こ と を期 待 され るか ら で あ る。baFに お い て 一 般 に用 い られ る 防衛 機 制 は 、MelanieKlein(1955)に よっ て記 述 され た 、

「分 裂 」(良 い グ ル ー プ と悪 い 対 象)、 「投 影 同 一 化 」、 「否 認 」 「理 想 化 」 で あ る 。 分 裂 と投 影 同1 化 に よ っ て グ ル ー プ は 、 攻 撃性 とそ れ に よ る不 安 や 恐 怖(望 ま し くな い 部 分)を ス ケ ー プ ゴー ト ま た は敵 に投 影 し、 そ れ を否 認 す る 。 そ の 結 果 、 グ ル ー プ は 、 「望 ま しい 部 分」 を含 む グ ル ー プ に 同1化 し、 そ れ を理 想 化 し、Anzieuの 言 う 「グ ル ー プ幻 想(illusiongroupale)」 を示 す よ う に な る 。

baFに お い て グ ル ー プ は 、 「弱 さ」 に耐 え られ ず 、 そ れ を軽 視 した り否 認 す る。 「弱 さ」 の存 在 は 、 個 人 の 軽 視 と グ ル ー プ の凝 集性 を要 求 す るbaFの 心 性 に反 す る か らで あ る 。 した が っ て 、 グ ル ー プ は そ れ を感 じた場 合 、 す ぐ投 影 同 一 化 を用 い て 対 処 す る。 グ ル ー プ の 「弱 さ」 を含 む対 象 と して グ ル ー プ に体 験 され る メ ンバ ー は、 グル ー プの 憎 しみ と怒 りの標 的 とな る。

尚 、Stock&Thelen(1958)、Amelius&Ame血s(1982)やHafsi(1997)の 提 案 で は 、 「闘争 基 底 的 想 定baF」 と 「逃 避 基 底 的想 定baFl」 を別 々 に扱 う こ と と して い る が本 論 文 に お い て もそ れ を採 用 す る 。 これ は、 敵 を意 識 して い る とい う意 味 で2つ の グ ル ー プ は 同 じ幻 想 に支 配 さ れ て

(12)

奈良大学大学院研究年報 第14号(2009年)

い る の だ が 、 反 応 の 仕 方 が 異 な る た め 、 そ れ ぞ れ異 な る タ イ プ と して特 徴 付 け られ る とい う理 由 か らで あ る。baFグ ル ー プ は、 グ ル ー プ 内 の 敵 、 あ る い は グ ル ー プ外 の 敵 に対 す る批 判 を並 べ 立 て る こ と に長 い 時 間 を費 や す 。 そ して 、 グ ル ー プの 幻 想 に合 わ な い 発 言 は無 視 され る 。 一 方 で 、 沈 黙 す る メ ンバ ーが グ ル ー プ 内 の敵 と して選 ば れ れ ば 、 そ れ を責 め 、理 由 を問 い た だ す こ と に集 中す る 。

baF1グ ル ー プで は、 敵 と戦 う こ とよ り も、 む しろ そ の状 況 か ら逃 れ る こ とが 重 要 で あ る と考 え る の で 、観 察 され る の は 、 よ り消 極 的 な抵 抗 の現 わ れ と して の沈 黙 、 また 無 関 係 な事 柄 に没 頭 す る こ とに よ る作 業 か らの 逃 避 、会 話 を避 け た りリ ラ ッ クス した りす る た め の 冗談 や笑 い等 で あ る 。

また 、退 屈 そ う に した り、 寝 て い る メ ンバ ー が しば しばみ られ る 。

3)「 つ が い基 底 的 想 定(baP)」

「つ が い(pair)」 とい う言 葉 が示 唆 す る よ う に 、baPは 、2人 の 関 係 、 そ れ に対 す る グ ル ー プ の幻 想 とそ の 結 果 で あ る グ ル ー プの 態 度 と風 土 に関 す る もの で あ る 。

baPは 最 も理 解 され て い な い もの で あ る 。 そ の 理 由 は 「つ が い」 とい う曖 昧 か つ 誤 解 を招 きや す い 用 語 に あ る 。baPは 、2人 の メ ンバ ー が 中 心 的 な存 在 と して発 生 し、 そ して2人 の 意 識 的 ・ 無 意 識 的 な活 動 を支 え て い く風 土 が あ る。 そ の2人 が 必 ず し も男 女 で あ る 必 要 は な い 。 また 、 必 ず し も現 実 に グ ル ー プの メ ンバ ーの 中 につ が い が 存 在 す る必 要 は な い 。

グ ル ー プの 幻 想 は 、 グ ル ー プ の存 続 と将 来 が 、新 た に生 ま れ て くる で あ ろ う リー ダ ー に依存 す る とい う信 念 に 相 当 す る もの で あ る 。Bionに よれ ば 、 グ ル ー プ に と っ て、 そ の リー ダ ー は、 「救 世 主 的(Messianic)」 な存 在 、 あ るい は 「救 世 主(Messiah)」 で あ る 。 この 救 世 主 は 、 人 間 とは 限 らず 、 グ ル ー プ を不 安 と恐 怖 か ら救 う新 しい観 念 、 計 画 、 提 案 、 発 明 を意 味 す る場 合 もあ る◎

した が っ て 、 グ ル ー プ は 、 そ の 「救 世 主 」 の誕 生 を期 待 す る こ と とい う無 意 識 的 な作 業 に ほ とん どの エ ネ ル ギ ー を費 や す 。 グ ル ー プ に お け る つ が い の任 務 は、 そ の 「救 世 主 」 を創 造 あ る い は 産 む こ とで あ る。

しか し、baPに お い て 、 つ が い とい う明確 な 存 在 は、 必 ず し も不 可 欠 な 要 素 で は ない 。 換 言 す れ ば 、 「今 ・こ こ」 に お け る グ ル ー プ の メ ンバ ー 同士 に よ っ て形 成 され た つ が い の存 在 が 必 要 な わ け で は な い 。 つ が い の 存 在 以 外 のbaPの 特 徴 は 、① 未 来 へ の 強 い 関 心 、 希 望 と期 待 。② 親 しみ 、 過 度 な幸 福 感 、 楽観 主 義 に満 ちた グル ー プの 雰 囲気 で あ る。

baPに お け る未 来 へ の 関心 や 意 識 は 、 「今 ・こ こ」 の作 業 と関 係 な く、救 世 主 ・リー ダ ー の誕 生 へ の漠 然 と した幻 想 的 な期待 と希 望 に基 づ く感情 で あ る。

baPグ ル ー プ の活 動 の 目的 は 、 そ の希 望 の 実 現 で は な く、 そ れ を持 ち続 け る こ とで あ る。 グ ル ー プ は、希 望 の 実 現 が 希 望 の 喪 失 と同等 で あ る とみ なす の で 、 希 望 は決 して満 た され て は な らな いo

救 世 主 が 出現 して も、 グ ル ー プ を不 安 や 恐 怖 か ら救 う こ と はで き な い とい う痛 ま しい 事 実 に グ ル ー プ は直 面 し、 そ して 希 望 や 、 存 続 す る意 欲 を失 っ て し ま う。 したが っ て、 グ ルー プ は あ らゆ る方 法 を用 い て 、 一 生 懸 命 にそ の 希 望 を、 実 現 の 可 能 性 か ら守 り続 け る。 グ ル ー プ に と っ て救 世 主 の 出 現 は破 壊 的 な 出 来事 で あ る 。

(13)

岡島:公 立小学校 におけ る学級崩壊の心理力動

け っ して 産 まれ て はい け ない 救 世 主 に依 存 す る とい うパ ラ ドッ クス 的 な 信 念 や 思 考 は、 他 の基 底 的 想 定 と同様 に 、 グ ル ー プの 機 能 不 全 、 発 達 の無 視 な どの 特徴 を も った 心 的 状 態 、 愚 か さに満 ち た グ ル ー プ風 土 へ 導 く。

諸 基 底 的想 定 は グル ー プへ の 不 安 に対 す る原 始 的 な 防衛 反応 で あ る と既 に述 べ た 。 諸 基 底 的 想 定 が 人 間 と と もに存 在 す る以 上 、 旧 約 聖 書 を例 に あ げ る こ と も可 能 で あ る 。 旧 約 聖書 全 体 を通 じ て の預 言 は 、 「救 世 主 が 来 る 」 で あ る。 しか し、 旧 約 聖 書 は 、 人 々 が 「救 世 主 」 の 到 来 を望 ん だ と こ ろで 終 わ っ て い る。

「原 子 価(valency)」 の定 義

Morenoは 、 社 会 の 基 本 的構 造 を、 原 子 の ネ ッ トワ ー ク と して 記 述 して い る。 更 に 、Bionも 、 化 学 か ら 「原 子 価valency」 とい う概 念 を借 用 し、 人 間 の対 人 関 係 や 個 人 と グル ー プ と の結 合 の 説 明 を試 み た 。BiOI1は 、 人 間 が 、原 子 と同様 に原 子 価 を持 ち 、 原 子 同士 の よ うに 、 そ の 原 子 価 に よ って 結 合 す る と考 え 、 原 子 価 を、 「確 立 した行 動 パ タ ー ン を通 じて、 他 者 と瞬 間 的 に結 合 す る 個 人 の 能 力 」 ま た 「基 底 的想 定 を創 り出 した り、 そ れ に基 づ い て行 動 した りす る た め に グ ル ー プ と結 合 して い くた め の 個 人 の準 備 状 態(readiness)」(Hafsi訳)と 定 義 して い る。Bionは すべ て の 人 に は 原 子 価 が あ り、原 子 価 の な い 人 は 、 精 神 的 機 能 か らみ れ ば、 も はや 人 間 で は な い と述 べ て い る 。

原子 価 の タ イ プ は基 底 的想 定 の もの と同様 で あ り、 「依 存dependency(DV)」 、 「つ が いpairing (PV)」 、 「闘争 ・逃 避fightlfhght」 が存 在 す る 。

しか しな が ら、 これ は、 人 が1つ の類 型 しか 示 さ ない とい う意 味 で は な い。 人 はす べ て の原 子 価 を示 す こ とが で き るが 、 自分 に 一番 適 し、 そ して そ れ に 同1化 で きる類 型 が1つ しか な い とい

う意 味 で あ る 。

Bionは 個 人 に一 番 合 っ た原 子 価 を 「支 配 的 な 原 子 価 」 と呼 ん だ 。 そ の 後 、Bionの 集 団 論 に基 づ く さ ま ざ ま な実 証 的研 究 を行 って き たStock&Thelenは 、 「闘争 ・逃 避 」 を 「闘 争(FV)」 と

「逃 避(FIV)」 に分 離 させ 、4つ の タ イ プ に な る タ イ ポ ロ ジ ー を提 案 した。 上 述 され た4つ の 原 子 価 の 特 徴 を以 下 に述 べ る 。

1)依 存dependency(DV)

「依 存dependency(DV)」 は 、 自分 以 外 の頼 りに な る他 者 や リ ー ダ ー、 環 境 に依 存 す る 。 ま た 、 人 に受 け入 れ られ る こ とや 愛 す る こ と、 グ ルー プ に属 す る こ とに 関す る 強 い欲 求 を もち 、 周 囲 に 自分 の 行 動 を合 わせ よ う とす る傾 向 が あ る。 他 に も、 人 の役 に立 ち た い願 望 、 自 己非 難 、低 い 自己 評 価 や 自尊 心 、 過去 思 考 、 援 助 を 必 要 とす る人 に対 す る過 敏 さや理 解 な どが あ げ られ る。

依 存 の 主 要 な特 徴 は、 縦 的 人 間 関係 や相 互 作 用 、 相 互作 用 的 依 存 、 低 い 自 己評 価 、 他 者 の 過 剰 評 価 で あ る 。

2)闘 争fight(FV)

「闘 争fight(W)」 は 、 常 に 「敵 」 を 意 識 し 、 「敵 」 に 対 し て 攻 撃 的 で 、 人 の 上 に 立 ち た い と

(14)

奈 良 大学 大 学 院研 究 年報 第14号(2009年)

い う強 い 願 望 が あ る 。 また 、 自己 中 心 的 に物 事 を考 え、 他 人 に 頼 る こ と を嫌 い 、 負 けず 嫌 い の傾 向 が あ る。 グ ル ー プ の 中 で は 仕 切 り役 に まわ る こ とが 多 く、 現 実 思 考 で あ る。 対 人 関 係 は 、 自 己 主 張 、 攻 撃性 、 敵 意 、 競 争 心 、批 判 に よっ て特 徴 づ け られ る 。

3)逃 避flight(Flv)

「逃 避flight(Flv)」 は、 闘争 と同 様 、 「敵 」 を意 識 す る が 、 「敵 」 に 対 して逃 げ る とい う行 動 を起 こす 。 人 と常 に一 定 の距 離 を保 ち 、 人 との 深 い付 き合 い を避 け 、 何 事 に 関 して も1人 で や る 傾 向 が あ る。 他 に も、 プ ラ イ バ シー や 私 生 活 に 触 れ られ る こ と、 時 間 や予 定 に縛 られ る こ と、 人

か らア ドバ イス を さ れ る こ と、 期 待 さ れ る こ とや 、 ル ー ル、 規 則 、決 ま りご と を嫌 う。

4)つ が いpairing(PV)

「つ が いpairing(PV)」 は 、 自分 と他 者 との2者 関 係 を重 視 し、親 しい 友 達 関係 に対 す る強 い 欲 求 や 、 所 有 欲 が あ り、 孤 独 感 を感 じや す い性 格 の た め 、 縦 的 な関 係 よ り横 的 な 関係 を望 好 む 。

また 、異 性 の 友 達 を好 み 、楽 観 主 義 で 、 自 由 と平 等 を重視 し、 民 主 主 義 的 な リー ダー シ ッ プ を好 む。

つ が い の対 人 関 係 は、 温 か い 、親 しい 関係 を好 み 、対 象 と個 人 的 な レベ ル で付 き合 い た い とい う願 望 、小 集 団 を好 み 、 民 主 主 義 、 平 等 主 義 、 関 係 を性 愛 化 す る傾 向 が あ げ られ る。

N.考 察

学 校 は 闘争 基 底 的 想 定 グ ル ー プ の状 態 に な り、学 級 崩 壊 ク ラス をス ケ ー プ ゴ ー トと して維 持 し 続 け た こ とが 伺 え る 。 学 級Aの 担 任G先 生 は学 校 の ス ケ ー プ ゴ ー トと な り休 職 した 。 休 職 後 は 、 学 級Bが ス ケ ー プ ゴ ー トに な り、 担 任X先 生 は ク ラ ス の 児 童 か ら攻 撃 を受 け 、 同 時 に 学 校 か ら も 無 力 な 教 師 とい う ラベ リ ン グ を受 け て い た 。 そ の こ とがSCに 対 す る否 定 的 な態 度 、 逃 避 的 な態 度 を誘 発 した可 能性 が あ る。 これ に よ りSCが 担 任 と話 を深 め るチ ャ ンス を失 う結 果 と な っ た。

また 、学 校 は学 級 担 任 と学 級 そ の もの を ス ケ ー プ ゴ ー トと して 維 持 して い た。 学 級Aの 問 題 か ら学 級Bの 問題 へ の 流 動 的 な ス ケ ー プ ゴー テ ィ ン グ は 、学 校 全 体 が 闘 争 基 底 的 想 定 グル ー プ と し て ス ケ ー プ ゴ ー トを探 して い た こ とを意 味 す る。 そ して ス ケ ー プ ゴ ー ト維 持 の た め に 、SCの 活 用 に消 極 的 に な り、SCに 対 して も無 力 感 や 能 力 の な さ を投 影 した 。

そ の こ と に よ り、SC両 名 は、 そ の 無 力 感 を お互 い に投 影 しあ い 、 無 力 感 に よ る理 想 化 と価 値 下 げ を行 い 、SC間 の 分 裂 が 引 き起 こ さ れ た 。 つ ま り、SC1が 女 子 児 童 か ら攻 撃 の 矛 先 とな っ た と きに 、SC2が 女 子 児 童 た ち と親 し く して い る こ と に よ っ て 、 女 子 児 童 た ち に よ ってSCに 善 悪 の 分 裂 を引 き起 こ し、SCIは 自 分 が 無 力 なSCで あ り、SC2は 上 手 くや っ て い る よいSCだ と思 う 結 果 とな っ た。

闘争 基 底 的 想 定 グ ル ー プ にお け る分 裂 は 、SC2がN先 生 、 養 護 教 諭 と話 し、連 携 の 兆 しが 見 え た と き に、SC1はSC2が 自分 へ と連 携 をつ な が なか っ た と思 いSC2に 不 信 感 を持 っ た こ と な ど、

SC間 で 不 信 感 が つ の る 要素 を多 く生 み 出 して い た 。

(15)

岡島:公 立小学校 における学級崩壊の心理力動

そ して 闘争 基 底 的 想 定 グ ル ー プ に お い てつ が い は恐 怖 の対 象 で あ る。 なぜ な ら、 つ が い は 、 新 しい解 決 策 や救 世 主 を生 む とい う幻 想 を グ ル ー プ に引 き起 こす か らで あ る 。 ま たつ が い は 、 グ ル ー プで の2者 の 個 人 的 つ なが りや 個 人 を象 徴 し、グ ル ー プ の全 滅 不 安 を引 き起 こす 。グル ー プ は、

個 人 に 自 由 を与 え る こ と に よ って 、 メ ンバ ー間 の 意 見 相 違 が 表 現 され 、 そ して グ ル ー プ 内 の葛 藤 や 戦 い が 引 き起 こ され る こ と を恐 れ るか らで あ る。 なぜ な ら葛 藤 や 戦 い が グル ー プ を全 滅 させ る とい う不 安 を グ ル ー プ に引 き起 こす か らで あ る。 グ ル ー プ は ス ケ ー プ ゴー トを維 持 す る た め に 、 SC両 名 を男 女 の 「つ が い」 と見 立 て、SC両 名 の協 同 を否 定 す る よ うに 働 い た。 闘争 基 底 的 想 定

グ ル ー プ に よ っ て 抑 え られ て い た 児 童 の 「つ が い」 の幻 想 はSC両 名 に投 影 され 、 児 童 た ち はSC 両 名 を恋 人 にす る幻 想 を抱 き、 相 談 室 にお い てSC両 名 の 「相 合 傘 」 な どを描 い た 。

そ して 、 事 例 末 期 に な り男 子 た ち はSC1に 対 して性 的 な話 題 を多 くす る よ う に な っ て い た の は

「つ が い 」 の 抑 圧 をSC1の 前 で発 散 して い た よ う に も思 わ れ る。

またY先 生 や 特 別 支 援 担 当教 諭 の指 示 に よ っ てSCが 動 くこ とが 定 例 化 して お り、振 り回 され て い た よ う な感 覚 が あ る 。 能 動 的 に動 くこ とが で きな か っ た こ とは 、SC自 身 の 未 熟 さ と同 時 に 闘 争 基 底 的想 定 グ ル ー プの 支 配 性 に よ るか も しれ ない 。

問題 の あ る ク ラ ス や 人 物 を設 定 し維 持 し続 け るス ケ ー プ ゴー トテ ィ ン グは 、グル ー プ に と って 、

「問 題 が 発 生 して お り、 そ れ を解 決 し よ う と して い る」 とい う努 力 の ア ピー ル や 自己 満 足 感 を得 る 手段 と な りえ る 。SCは グ ル ー プ の 無 意 識 の欲 求 に ま き こ まれ 、 その 問 題 の 本 当 の解 決 か ら遠

ざか っ て い た。

参考文献

Anzieu,D.,1984.LegroupetI'imajinairegroupal.Paris;Bordas.

Bion,1961.Experiencesingroupsandoth、erpapers.NewYork:BasicBooks.

HAFSI,MED(2003)Tビ オ ン へ の 道 標 」 ナ カ ニ シ ヤ 出 版

HAFSI,MED(2004)r愚 か さ の 精 神 分 析 ビ オ ン 的 観 点 か ら グ ル ー プ の 無 意 識 を み つ め て 」 ナ カ ニ シ ヤ 出 版

HAFSI,MEDr対 象 関 係 の 病 理 学 を 理 解 す る 頂 点 と し て の マ イ ナ ス 原 子 価 」 プ シ コ フ ィ リ ア 研 究 第3巻 Hafsi,M.,1998.,TheGroupValencyConstitution,theDo血nantBasicAssumption,andtheScapegoa血g

Phenomenon.

黒 崎 優 美(1998)『D。 グ ル ー プ(DiagnosticGroup)に お け る グ ル ー プ 過 程 の 測 定 法 の 開 発 、 検 証 、 お よ び 応 用 」(奈 良 大 学 修 士 論 文)

岡 島 真 一(2008)rス ケ ー プ ゴ ー トの 発 生 に お け る グ ル ー プ 心 性 及 び メ ン バ ー の 原 子 価 の 影 響 に 関 す る 実 証 的 研 究 」(奈 良 大 学 年 報)

対 馬 忠 訳 著(1973)Bion,R.fe,1961.rグ ル ー プ ・ア プ ロ ー チ:《 集 団 力 学 と 集 団 心 理 療 法 》 の 画 期 的 業 績 ・ 人 間 援 助 の 心 理 学 」 東 京:サ イ マ ル 出 版 会

西 村 達 也(1988)「 基 底 的 想 定 と ス ケ ー プ ゴ ー テ ィ ン グ 現 象 の 因 果 関 係 」(奈 良 大 学 修 士 論 文)

船 越 弘 子(2004)T家 族 ・グ ル ー一プ の 力 動 と摂 食 障 害 の 発 生 〜WilfiredBionの プ ロ トメ ン タ ル ・シ ス テ ム 理 論 に 基 づ く 実 証 的 研 究 〜 」(奈 良 大 学 年 報)

Figure

Updating...

References

Related subjects :