『ポンジュ=トルテル往復書簡集』

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. 『ポンジュ=トルテル往復書簡集』 飯田, 伸二. https://doi.org/10.15017/10017 出版情報:Stella. 18, pp.229-232, 1999-06-10. Société de Langue et Littérature Françaises de l’Université du Kyushu バージョン: 権利関係:.

(2) 『ポ ン ジ ュ=ト. ル テル往 復 書 簡 集 』. 飯. フ ラ ン シ ス ・ ポ ン ジ ュ は1942年. 田. 伸. 二. に 出 版 し た 『物 の 味 方 』 の 成 功 に 励 ま さ れ. て 文 筆 を 生 活 の 柱 と す る決 意 を 新 た に す る 。 ま た ジ ャ ン ・ トル テ ル は1945年 か らマ ル セ イユ の 文 芸 誌. 『カ イ エ ・デ ュ ・シ ュ ッ ド』(以 下 『カ イ エ 」)の 編 集. に参 画 しな が ら,パ. リで の 自 作 発 表 の 機 会 を う か が う。 レ ジ ス タ ン ス 運 動 を つ. う じて 知 り あ い,以. 後 長 ら く親 交 を 温 め る こ と に な る2人. は と も に 自作 品 の 流. 布 と 正 当 化 と い う あ い 似 た 課 題 を 背 負 つ て 戦 後 の 活 動 を 開 始 し た 。 本 書 は,そ の よ う な 彼 らが1944年. か ら お よ そ40年. 間 に わ た つて交 わ した往 復 書 簡 を 収 め. る 。 そ れ ぞ れ の 文 学 的 戦 略 が い か な る も の だ つ た か を 探 る う え で,き. わめて貴. 重 な 記 録 と い え る だ ろ う1)。 パ リ解 放 後,ポ ン,エ. ン ジ ュ は フ ラ ン ス 共 産 党 や そ れ に 近 しい 文 学 者 た ち(ア. リ ュ ア ー ル)と. は 一 定 の 距 離 を 置 く い つ ぼ う,ナ. ラゴ. チ ス協 力 作 家 の と り扱. い を あ ぐ つ て ジ ャ ン ・ポ ー ラ ン と対 立 し た 。 こ う した 状 況 の な か 『カ イ エ 』 は 作 品 発 表 の 重 要 な 場 で あ り つ づ け た 。 同 誌 は1966年. に 終 刊 し た が,ポ. は そ れ ま で に 「注 釈 つ き の よ ろ い 戸 」 「あ ん ず 」 な ど を 含 む10以 を 発 表 して い る の で あ る2)。 本 書 簡 集 は,ト た だ け で な く,そ. と な つ て い る が,実. 1951年10月9日. ル テ ル が詩 人 を 積 極 的 に受 け入 れ. の 主 要 作 品 が 誕 生 す る 契 機 を 提 供 した こ と も教 え て くれ る 。. 『一 冊 の マ レ ル ブ 論 の た め に 』(1965年)の. め に し た が い,す. ンジ ュ. 上の テクス ト. 冒 頭 部 は1951年6月21日. の 日付. 際 に は バ ロ ッ ク ・古 典 文 学 に 造 詣 の 深 い トル テ ル の 強 い 勧 で に1949年. 末 か ら創 作 が 開 始 さ れ て い た の で あ る 。 さ ら に. の 書 簡 は,ポ. ン ジ ュが 同作 品 執 筆 の た め に 父 の 死 の思 い 出 と. 深 く結 び つ い た 都 市 カ ー ン を ほ ぼ30年. ぶ り に 訪 れ た,と. い う興 味 ぶ か い 事 実. を 伝 え て い る。 書 簡 集 か ら は ポ ン ジ ュ が 編 集 者 と して. 『カ イ エ 」 で 活 躍 し た 経 緯 も う か が い. 知 る こ と が で き る 。 同 誌 は 彼 の イ ニ シ ア テ ィ ヴ の も と に,作. 家(ポ. ー ラ ン,ガ.

(3) 230 ブ リ エ ル ・オ ー デ イ ジ オ)や ン),美. 術 関 係 者(ア. に1949年. 批 評 家(ブ. リス ・パ ラ ン,ジ. ン ド レ ・マ ッ ソ ン,ダ. ョル ジ ュ ・ガ ラ ン ポ. ニ エ ル ・ カ ー ン ワ イ ラ ー)を. 対象. か ら 「新 し い レ ト リ ッ ク 構 築 の 可 能 性 」 に つ い て 大 規 模 な ア ン ケ ー. ト を 実 施 し た の で あ る3)。 ア ン ケ ー ト結 果 の 発 表 は2年. に わ た り,計18人. の. 回 答 が 公 表 さ れ た 。 編 集 部 の 名 で 掲 載 さ れ た ア ン ケ ー トの 質 問 ・主 旨 説 明 も実 際 に は ポ ン ジ ュ の 手 に よ る も の で あ っ た 。 さ ら に こ の 原 稿 が 編 集 長 ジ ャ ン ・バ ラ ー ル で は な く トル テ ル に送 られ た事 実 か ら も両 者 の 親 密 な 関 係 が うか が え よ う。 トル テ ル は書 評 や 批 評 に お い て 積 極 的 に ポ ン ジ ュ に つ い て 語 つ た 。 作 品 の 分 析 を つ う じ て,そ. の 擁 護 に 大 き く貢 献 した の で あ る 。 書 簡 集 に は,自. 作 をと り. あ げ る よ う 依 頼 す る ポ ン ジ ュ の 姿 が 頻 繁 に 見 ら れ る。 『カ イ エ 』 内 部 で 現 代 文 学 に も つ と も理 解 の あ つ た 友 人 の 鋭 敏 な 批 評 精 神 に た い す る 信 頼 に くわ え,編 集 部 で の 彼 の 影 響 力 に 期 待 し て い た た め で あ ろ う 。 た と え ば1950年12月. にポ. ン ジ ュ は 「一 杯 の 水 」 に つ い て の 批 評 を オ ー デ ィ ジ オ に 依 頼 す る よ う トル テ ル に 提 案 す る と 同 時 に,当. 人 に も 「マ イ ・ク リ エ イ テ ィ ヴ ・メ ソ ッ ド」 『セ ー ヌ. 河 」 『5つ の サ パ ー ト』 な ど を ま と め て 論 じ る よ う も ち か け て い る 。1952年. に. は 再 び 「ク モ 」 や 『や む に や ま れ ぬ 表 現 の 欲 求 」 を 題 材 と し た 批 評 を 準 備 す る よ う 勧 め て い る4)。 さ ら に1957年. に は,ピ. エ ロ ・ ビ ゴ ニ ア ー リの 論 文 を. イ エ 』 に 全 文 掲 載 し て は ど う か と 打 診 し て い る5)。 そ の 際 ポ ン ジ ュ は,前. 『カ 年 に. 『新 フ ラ ン ス 評 論 』 の 編 ん だ 特 集 号 で は こ の 論 文 の 一 部 しか 掲 載 さ れ な か つ た 点 を 強 調 し て い る が,こ. こ に も地 方 雑 誌 の パ リ文 化 へ の 対 抗 意 識 と,外. 国人作. 家 ・批 評 家 を 広 く紹 介 し て き た 伝 統 と を 巧 み に 刺 激 し て 自作 を と り あ げ さ せ よ う と す る 狙 い が 読 み と れ よ う。 た び 重 な る 要 求 に 着 実 に 応 え る トル テ ル と は 対 照 的 に,ポ. ン ジ ュが彼 の た め. に 試 み た ポ ー ラ ンや マ ル セ ル ・ア ル ラ ンへ の と り な し の ほ う は 十 分 な 効 果 を あ げ た と は い い が た い 。 た と え ば 『新 フ ラ ン ス 評 論 』 に 彼 の 作 品 が 掲 載 さ れ る ま で,ポ. ン ジ ュ は1956年9月. か ら 翌 年6月. ま で ポ ー ラ ン と執 拗 に 交 渉 を 繰 り 返. さ な けれ ば な らなか つ た。 さ らに詩 集 が ガ リマ ー ル か らは じめ て上 梓 さ れ る に は1968年. を 待 た ね ば な ら な い の で あ る 。 こ う し た ア ンバ ラ ン ス は,ト. が 編 集 委 員 と して 『カ イ エ 』 に 及 ぼ す 影 響 力 と,ポ. ルテル. ー ラ ン らと絶 えず 不 安 定 な. 関 係 に あ つ た ポ ン ジ ュ の 立 場 と の 落 差 を 如 実 に 反 映 し た も の と い え る だ ろ う。.

(4) 231. 読 者 の な か に は以 上 の記 述 か ら2人 の 関係 を た ん に状 況 の産 物 だ と判 断 され る向 き も あ ろ う。 じ じつ 彼 らを と り ま く状 況 が一 変 した1960年. 代 前 半 か ら,. 書 簡 の や りと りは 徐 々 に で は あ るが 間 遠 に な つて ゆ く。 『テ ル ・ケ ル』 グル ー プ か らは文 学 的 パ トロ ン と して もち あ げ られ,ま た作 品集 の 相次 ぐ出版 に よ り 「大 作 家 」 と して の 風 格 を身 に つ け は じめ た 詩 人 に と つて,戦 後 徐 々 に影 響 力 を失 つて い った一 地 方 文 芸 誌 の編 集 委 員 の存 在 感 が 薄 れ て ゆ くの は当 然 と いえ ば 当然 で あ る。 しか しな が ら2人 の詩 人 は,俗 な言 い方 だ が 「友情 」 の 絆 で 堅 く結 ば れ て い た こ と,さ らに そ の友 情 の根 底 に はな に よ り も相 手 の 文 学 的 営 為 に た い す る深 い理 解 が あ つた こ とを 忘 れ て はな る ま い。 こ う した 友情 ・共 感 に 支 え られ て い た か ら こそ,温 か い気 遣 い にみ ちた や り と りが 高 齢 に い た る まで 続 い た の で あ る。 な か で も1970年 代 以 降 の ポ ン ジ ュ に と つて 急 速 に重 要 性 を ま して ゆ くエ ピ キ ュ リス ム を論 じた 長 大 な トル テ ル 宛 書 簡(1970年3月28 日)は,終. 始 揺 ら ぐこ との な か っ た信 頼 関 係 の雄 弁 な証 左 と い え るで あ ろ う。. *. 本 書 簡 集 の 編 纂 ・校 訂 に は ベ ル ナ ー ル ・ブ ー ニ ョ と ベ ル ナ ー ル ・ヴ ェ ッ ク が あ た つ た 。 ブ ー ニ ョ は 今 年2月. に 第1巻. ジ ュ 全 集 』6)の 編 集 責 任 者 で,現. 在CNRSと. が 刊 行 さ れ た プ レ イ ア ッ ド版 『ポ ン モ ン トリオ ー ル大 学 が共 同 で す す. めて い る ポ ンジ ュ遺 稿 の整 理 作 業 の主 要 メ ンバ ー で もあ る。 と りわ け書 簡 の探 索 ・整 理 ・刊 行 を 精 力 的 に お こ な つ て お り,今. 回 の仕 事 に は最 適 任 とい つて い. い 。 か た や ヴ ェ ッ ク は ポ ン ジ ュ 作 品 に お け る 間 テ ク ス ト性 研 究 の パ イ オ ニ ア と し て 知 ら れ,プ. レ イ ア ッ ド版 の 編 集 に も参 加 し て い る。. 現 存 の 確 認 さ れ た 往 復 書 簡 が す べ て 活 字 化 さ れ て い る に も か か わ ら ず,刊 者 も認 め る よ う に,本 れ た210通. 書 簡 集 に 「資 料 上 の 欠 落 」 が な い わ け で は な い 。 収 録 さ. の 大 部 分 が ポ ン ジ ュ の 書 簡 で,ト. の で あ る 。1964年. 行. ル テ ル の 書 簡 は38通. 以 前 の も の に い た っ て は わ ず か6通. に す ぎな い. しか収 め られ て い な い。. つ ま り ポ ン ジ ュ が 『カ イ エ 』 に 寄 稿 し て い た 時 期 の トル テ ル 書 簡 は ほ と ん ど す べ て が抜 け落 ち て い るの で あ る。 この 欠 落 は同 時 期 の 両 者 の 関 係 を 知 る うえ ば か り か,ポ. ン ジ ュ と同 誌 との そ れ を 検 証 す る うえ で も大 きな 痛 手 と いわ ね ば な. る ま い 。 と り わ け トル テ ル が. 「シ ュ ル レ ア リ ス トと 親 し く,サ. ン=ジ. ョ ン ・ぺ.

(5) 232 ル ス や ヴ ァ レ リ ー に 魅 せ ら れ て い た 『カ イ エ 』 編 集 部 に ポ ン ジ ュ や ウ ー ジ ェ ー ヌ ・ギ ュ ル ヴ ィ ッ ク を 受 け 入 れ さ せ る の に は そ れ な り の 苦 労 を と も な つ た 」 と の 旨 を 証 言 して い た だ け に7),彼. の 書 簡 が 量 的 に も う少 し充 実 し て い れ ば と い. う 感 想 を 抱 か ず に は い られ な い 。 と は い え,本. 書 簡 集 が ポ ンジ ュ の文 学 活 動 を知 る うえ で第 一 級 の資 料 で あ る. こ と は ま ちが い な い。 南 仏 が 戦 後 の ポ ンジ ュ文 学 の特 権 的 な背 景 で あ る ば か り で な く,著. 作 出 版 上 の 重 要 な戦 略 拠 点 で もあ つ た事 実 を証 して い る か らだ。 つ. ま り手 紙 の や り と り か ら読 み と れ る の は,フ. ラ ン ス 文 壇 の2大. 勢 力 で あ つた. 『新 フ ラ ン ス 評 論 』 や 共 産 党 系 文 学 者 た ち か ら は な か ば 疎 ん じ ら れ な が ら も, 地 方 の 文 学 集 団,さ. ら に は 外 国 人 研 究 者(ビ. ゴ ニ ア ー リ,マ. ッ ク ス ・ベ ン ス). や,『 テ ル ・ケ ル 』 な ど ア ヴ ァ ンギ ャ ル ド と の ネ ッ ト ワ ー ク を 駆 使 し て 自 作 を 世 に 認 め さ せ よ う と す る詩 人 の 大 い な る 企 て の 物 語 に ほ か な ら な い の で あ る 。. 註 1 ) Francis PONGE et Jean TORTEL, Correspondance et présentée par Bernard BEUGNOT et Bernard «Versus», 1998, 327 pp. 2) Voir Bernard. BEUGNOT,«Questions. rhétoriques. 1944-1981. Édition établie VECK. Paris : Stock, coll. : Ponge. et les Cahiers du. Sud», Revue des Sciences humaines, 1992, n° 228, pp. 51-69 ; Alain PAIRE, Chronique des «Cahiers du Sud». 1914-1916, Paris : IMEC, coll. «L'édition contemporaine», 1993, 411 pp. 3) Voir BEUGNOT,art. cité. 4) Voir Jean TORTEL, «F. Ponge. ou la formulation. n° 319, janvier-juin 1953, pp. 492-500. 5) Voir Piero BIGONGIARI,«Le parti pris de Ponge», janvier 1958 pp. 109-116. 6) Francis PONGE, OEuvres complètes, tome I. Édition de Bernard BEUGNOT.Paris : Gallimard, 1999, C+1211 pp. 7) Voir PAIRE, op. cit., p. 329.. globale»,. Cahiers du Sud,. Cahiers. du Sud, n° 344,. publiée. coll. «Bibliothèque. sous la direction de la Pléiade»,.

(6)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP