平成18年歳出比較分析表 市の財政|野田市ホームページ

Full text

(1)

歳出比較分析表

度普通会計決算

千葉県 野田市

経常収支比率の分析

人 口

面 積

歳 入 総額 歳 出 総額 実 質 収支

, . , , , , , ,

人H . . 現在 k㎡

千円 千円 千円 当 該 団 体 値

類似団体 均値

類似団体 最大値

類似団体 最小値

経常収支比率 合計

H 類 似 団 体 順 位

全 国 市 町 村 均

.

千 葉 県 市 町 村 均

. % . . . . . . . . . . . . H H H H H . . . . .

人件費

H 類 似 団 体 順 位

全 国 市 町 村 均

.

千 葉 県 市 町 村 均

. % . . . . . . . . . . . H H H H H . . . . .

物件費

H 類 似 団 体 順 位

全 国 市 町 村 均

.

千 葉 県 市 町 村 均

. % . . . . . . . . . . . . H H H H H . . . . .

扶助費

H 類 似 団 体 順 位

全 国 市 町 村 均

.

千 葉 県 市 町 村 均

. % . . . . . . . . . . . . . . H H H H H . . . . .

その他

H 類 似 団 体 順 位

全 国 市 町 村 均

.

千 葉 県 市 町 村 均

. % . . . . . . . . . . . . . . H H H H H . . . . .

補助費等

H 類 似 団 体 順 位

全 国 市 町 村 均

.

千 葉 県 市 町 村 均

. % . . . . . . . . . . . . . H H H H H . . . . .

公債費

H 類 似 団 体 順 位

全 国 市 町 村 均

.

千 葉 県 市 町 村 均

. % . . . . . . . . . . . . . H H H H H . . . . .

公債費以外

H 類 似 団 体 順 位

全 国 市 町 村 均

.

千 葉 県 市 町 村 均

. % . . . . . . . . . . . . H H H H H . . . . .

経常収支比率 合計

人件費

物件費

扶助費

そ の他

補助費等 公債費 公債費以外

類似団体 均

野田市

※ 1 本 レ ー ジ ー ス ャ ー ト 当 該 団 体 と 類 似 団 体 平 均 値 よ り 算 出 し た 偏 差 値 を も と に ス ャ ー ト 化 し た も あ る 。 偏 差 値 平 均 を 100と し い る 。

当 該 団 体 八 角 形 が 平 均 値 八 角 形 よ り 内 側 に あ る ほ 歳 出 抑 制 等 に よ り 財 政 構 造 に 弾 力 性 が あ る こ と を 示 し い る 。

類 似 団 体 と 人 口 お よ び 産 業 構 造 等 に よ り 全 国 市 町 村 を 年イ グ ャ ー プ に 分 類 し た 結 果 当 該 団 体 と 同 グ ャ ー プ に 属 す る 団 体 を 言 う 。

以 以

分析欄

(2)

人件費及び人件費に準ず 費用の分析

人件費及び人件費に準 る費用

人口 人当たり決算額

当該団体 円 類似団体平均 円 対比 %

人件費 10,イ9年,年7イ 69,平イ平 7年,イ平1 ▲ イ.8

賃金 物件費 ィ年ィ,0イイ 平,8年8 年,イ1ィ ▲ 19.平

一部事務組合 担金 補助費等 17,80イ 116 平,67年 ▲ 9イ.7

公営企業 法適 等に対する繰出し 補助費等 - - 691

-公営企業 法適 等に対する繰出し 投資及び出資金・貸付金 - - 0 -公営企業 法非適 等に対する繰出し 繰出金 ィ年イ,611 平,8ィ8 平,年6イ 平0.ィ 事業費支弁に係る職員 人件費 投資的経費 平イ平,年ィ9 1,6イ0 1,年91 18.6 ▲退職金 ▲ 888,888 ▲ イ,811 ▲ 7,6年0 ▲ 平年.8

合計 10,8ィィ,年07 70,89年 76,イ平ィ ▲ 7.ィ

参考

当該団体 類似団体平均 対比 差引 人口1,000人当たり職員数 人 7.平6 8.0ィ ▲ 0.78

ラスパイレス指数 99.9 98.年 1.6

公債費及び公債費に準ず 費用の分析

公債費及び公債費に準 る費用 実質公債費比率 構成要素

人口 人当たり決算額

当該団体 円 類似団体平均 円 対比 % 公債費充当一般財源等額

繰上償還額及び満期一括償還地方債 元金に係る分を除く。

ィ,年イ8,960 平8,ィ96 ィイ,00イ ▲ 年6.7

満期一括償還地方債 一 当たり 元金償還金に相当するも 度割相当額 等

- - 平6

-公営企業債 償還 財源に充 たと認 られる繰入金 1,6イ8,1イ年 10,8ィ0 1年,0イ6 ▲ 17.0 一部事務組合等 起こした地方債に充 たと認 られる補助金又

担金に充当する一般財源等額

7年,イ年年 ィ81 1,667 ▲ 71.1

債務 担行為に基 く支出 うち公債費に準 るも に充当する 一般財源等額

年87,ィ7イ 平,イ年年 1,898 年年.イ

一時借入金利子

同一団体における会計間 現金運用に係る利子 除く

- - 平ィ

-▲地方債に係る元利償還金及び準元利償還金に要する経費とし 普通交付税 額 算定に用いる基準財政需要額に算入された額

▲ 年,平年平,7イィ ▲ 平1,1年ィ ▲ 年平,108 ▲ 年ィ.平

合計 年,平ィイ,年67 平1,平16 平9,イ68 ▲ 平8.平

当該団体決算額 千円

当該団体決算額 千円

歳出比較分析表

度普通会計決算

千葉県 野田市

※参考 実質公債費比率及び起債制限比率の推移 %

実質公債費比率 起債制限比率

. . . .

.

H

.

H

.

H

.

H

.

H

. .

人口 人当たり決算額 円

, , , , , , ,

当該団体値 類似団体 均値 類似団体 最大値 類似団体 最小値

, ,

,

,

人口 人当たり決算額 円

, , , , , ,

当該団体値 類似団体 均値 類似団体 最大値 類似団体 最小値

, ,

,

(3)

普通建設事業費の分析

普通建設事業費

当該団体(円) 増減率(%)(A) 類似団体平均(円) 増減率(%)(B) (A)-(B)

ィ,イ年9,080 年7,689 ▲ 平6.8 イイ,7イ平 ▲ 1平.7 ▲ 1ィ.1

うち単独分 年,798,平平7 年1,イ年8 ▲ 平平.1 年6,年7ィ ▲ 9.平 ▲ 1平.9

7,881,809 イ平,10ィ 年8.平 ィ年,78イ ▲ 平1.イ イ9.7

うち単独分 イ,916,1イ平 年9,109 平ィ.0 年0,平9平 ▲ 16.7 ィ0.7

9,17ィ,986 60,ィ68 16.1 年8,ィ18 ▲ 1平.年 平8.ィ

うち単独分 イ,イ6ィ,7平イ 年6,67ィ ▲ 6.平 平イ,ィ9ィ ▲ 1イ.8 9.6

イ,ィ9イ,年ィィ 年6,09平 ▲ ィ0.年 ィ1,6ィ平 8.ィ ▲ ィ8.7

うち単独分 年,9平平,170 平イ,760 ▲ 平9.8 平9,970 17.6 ▲ ィ7.ィ

7,年09,9平6 ィ7,787 年平.ィ ィ6,07平 10.6 平1.8

うち単独分 イ,平平ィ,ィ9平 年ィ,1イィ 年平.6 平8,年ィ1 ▲ イ.ィ 年8.0

過去5 間平均 6,880,平平9 ィ6,8平8 年.9 ィイ,1年ィ ▲ イ.イ 9.ィ

うち単独分 ィ,88イ,1イ年 年年,ィィ7 ▲ 0.年 年0,09ィ ▲ イ.9 イ.6

当該団体決算額

千円

人口1人当たり決算額

H17

H18 H1ィ

H1イ

H16

人口 人当たり決算額の推移

, , , , , , ,

H H H H H

歳出比較分析表

度普通会計決算

千葉県 野田市

(4)

1 人件費

経常 支比率 減少傾向にあり 平成15 合併時に1, 人 あ

た職員数が 平成1 月1日現在 1, 人 1 人減と 職員

削減計 に基 着実に削減し いること ら 平成 18 度における人口 1 人

当たり決算額 類似団体と比較し▲5. %と いる。し し 地域手

当が国基準支給割合 %に対し % 平成1 度 % と いるた

職員1人当たり決算額 . %増と おり 結果とし 類似団体と

比較し 人件費経常 支比率が高く いること ら 今 も職員削減計

に基 く職員数 削減を図るとともに 地域手当 引 等給与 適正化に

る必要がある。

物件費

経常 支比率が類似団体平均と比較し高い 行政改革大綱 及び 行政

改革 実施計 集中改革プラン に基 指定管理者制度 積極的 導入

や 給食調理業務委託 清掃関係業務委託 民間活力を積極的に活用した結

果 あるが 需用費等経費 縮減に常に いる結果 経常 支比率 着実

に減少し おり 今 も 一層 民間活力 活用を図り 需用費等

経費削減 徹底を図り 積極的 行政改革を推進する。

扶助費

扶助費に係る経常 支比率 全国的に見 も高齢化等 社会保障関係費が

膨 続け いる状況を 映し 々上昇傾向にあり 今 も 生活保護費や児

童手当等 増加が予想される。野田市 1ィ 度に他市に先駆け市独自 1

人親家庭支援総合対策プラン を策定する 各種福祉施策を実施し おり

今 とも適正 給付業務 推進及び給付 適正化 見直し 等を図り ら

型 く真に必要 給付 推進を図 行く必要がある。

公債費

平成 1イ 合併時に決定した新市建設計 に沿 合併特例債等を活用し

一体感 醸成等に資する各種事業・施策を積極的に実施し たところ ある。

市債発行に い プライブモーバランスを黒字化するた 起債上限額を

設定し 十分それを 回るよう厳格に財政規 を堅持し おり こ こと

公債費に係る経常 支比率が類似団体平均を約 イ フイント 回るという数値に

も表れ いる。

補助費等

補助費等そ 他に係る経常 支比率が類似団体平均を大 く 回 いる要

(5)

2

因とし 各種団体等へ 補助金 支出に い 一定 基準を設け 公平・

公正 審査 執行等に いること が挙 られる。今 補助金交付

事業 内容 効果等をさらに厳しく精査し スクラップ゚ンチビャチ 視点に

立 適正 交付に る。

普通建設事業費

過去 イ 間平均 人口1人当たり決算額 類似団体平均とほ 同様 ある

が 野田市におい 平成15 度及び1 度 数値が高く いる。平成

15 度 関宿町と合併により 旧関宿町役場を支所 コプュニテ゛ーセン

ター 図書館等 複合施設に改修したことによるも あり 1 度 陸

上競技場と関宿総合公園体育館建設によるも あり 何れも一時的 増によ

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (5 pages)