柏崎刈羽原子力発電所 6号炉及び7号炉 基準地震動の策定について

全文

(1)

柏崎刈羽原子力発電所 6号炉及び7号炉 基準地震動の策定について

平成27年4月24日 東京電力株式会社

資料1-1

(2)

目次

1.はじめに P. 2

2.既往評価からの変更概要 P. 4 3.敷地周辺の地震発生状況 P.12 4.敷地における地震波の伝播特性 P.21 5.基準地震動

(1)敷地ごとに震源を特定して策定する地震動 P.24

(2)活断層の連動を考慮した地震動 P.85

(3)

1.はじめに

2.既往評価からの変更概要 3.敷地周辺の地震発生状況

4.敷地における地震波の伝播特性 5.基準地震動

(1)敷地ごとに震源を特定して策定する地震動

(2)活断層の連動を考慮した地震動

(4)

 本資料は,柏崎刈羽原子力発電所(6号炉及び7号炉)申請の基準地震動の策定について,既往評価 からの変更点の概要を示したのち,震源を特定せず策定する地震動を除いた箇所についてとりまとめ,

お示しするものである。

各種調査

・過去の地震

・活断層

※1

etc

震源を特定せず策定する 地震動

敷地における地震波の 増幅特性

※2

超過確率の参照

※3

活断層の連動を考慮した 地震動

敷地ごとに震源を特定して 策定する地震動

検討用地震の選定

基準地震動の策定

地震動評価 地震動評価

基準地震動の策定

本資料の対象範囲

※1:詳細は以下の資料を参照

・第215回審査会合

資料1-1 敷地周辺海域の地質・地質構造 資料1-2 敷地周辺海域の断層連動評価

・第218回審査会合

資料1 敷地周辺陸域の地質・地質構造

※2:詳細は以下の資料を参照

・第194回審査会合

資料2-1 敷地における地震波の増幅特性について

※3:詳細は以下の資料を参照

・第142回審査会合

資料2-1 確率論的リスク評価について

(外部事象 地震PRA)

(5)

1.はじめに

2.既往評価からの変更概要 3.敷地周辺の地震発生状況

4.敷地における地震波の伝播特性 5.基準地震動

(1)敷地ごとに震源を特定して策定する地震動

(2)活断層の連動を考慮した地震動

(6)

② ③

規制基準に基づく評価 既往評価

断層名 評価

観点

断層

長さ 断層長さ

① 長岡平野西縁断層帯

~十日町断層帯西部 (1) 132 km

91km

(長岡平野西縁断層帯)

② 佐渡島南方断層~F-D断層

~高田沖断層~親不知海 脚西縁断層~魚津断層帯

(1) 156 km

55km

(F-D,高田沖褶曲群)

③ 佐渡島南方断層~F-D断層

~高田沖断層 (1) 84

km

55km

(F-D,高田沖褶曲群)

④ 米山沖断層 (2) 21

km -

 以下の観点から,活断層を評価

(1)敷地周辺の活断層については,断層間の離隔や地質構造から連動する可能性は低いものと判断 されるが,より幅の広い専門家の意見も踏まえ,安全評価上,同時活動について考慮した断層 長さを設定し,評価を実施

(2)後期更新世の地層が分布しない場合,40万年前の地層等の状況に基づき評価を実施

【耐震安全性評価において考慮する断層】

既往評価で考慮している活断層の連動 本変更申請で評価した活断層の連動 本変更申請で新たに評価した活断層

既往評価からの変更点について(活断層の評価)

(7)

既往評価からの変更点について(基準地震動Ss)

 既往の評価においては,2007年新潟県中越沖地震を踏まえて,敷地及び敷地周辺の地下構造が地震波 の伝播特性に与える影響の検討を行い,1号機~4号機が位置する荒浜側と5号機~7号機が位置する大 湊側に分けて,基準地震動Ss-1~5を策定

1号機 2号機 3号機 4号機 7号機 6号機 5号機

荒浜側 大湊側

0 500 1000m

0 500 1000m

 それらに加え,「活断層の連動を考慮した地震 動」の評価結果を踏まえて,陸域の活断層の連 動を考慮した場合を,基準地震動Ss-6,Ss-7 として策定

なお,海域の活断層の連動を考慮した場合につ いては,基準地震動を下回ることを確認

 基準地震動Ssの最大加速度値:

水平2,300 Gal,鉛直1,050 Gal(荒浜側)

水平1,209 Gal,鉛直 650 Gal(大湊側)

【基準地震動の最大加速度値】

基準

地震動 検討用地震

最大加速度値(Gal)

荒浜側 大湊側

NS方向 EW方向 UD方向 NS方向 EW方向 UD方向

Ss-1 F-B断層による地震 2300 1050 1050 650

Ss-2 847 1703 510 848 1209 466

Ss-3 片貝断層 (長岡平野西縁断 層帯)による地震

下記の2つのケースを包絡 600 400 600 400

Ss-4 応力降下量1.5倍 589 574 314 428 826 332

Ss-5 断層傾斜角35° 553 554 266 426 664 346

Ss- Ss -6 6 陸域の活断層の 連動

応力降下量

応力降下量1.5 1.5倍 倍 510 510 583 583 313 313 434 434 864 864 361 361

Ss- Ss -7 7 断層傾斜角35 断層傾斜角 35° ° 570 570 557 557 319 319 389 389 780 780 349 349

(8)

既往評価からの変更点について(基準地震動Ss)

【擬似速度応答スペクトル】

0.01 0.02 0.05 0.1 0.2 0.5 1 2 5 10

0.1 0.2 0.5 1 2 5 10 20 50 100 200 500 1000

50 100 200 1000 500 2000

(cm/s2 )

0.01 0.1

1 10

(cm)

周 期(秒)

(cm/s)

(h=0.05)

0.01 0.02 0.05 0.1 0.2 0.5 1 2 5 10

0.1 0.2 0.5 1 2 5 10 20 50 100 200 500 1000

50 100 200 1000 500 2000

(cm/s )2

0.01 0.1

1 10

(cm)

周 期(秒)

(cm/s)

(h=0.05)

0.01 0.02 0.05 0.1 0.2 0.5 1 2 5 10

0.1 0.2 0.5 1 2 5 10 20 50 100 200 500 1000

50 100 200 1000 500 2000

(cm/s2 )

0.01 0.1

1 10

(cm)

周 期(秒)

(cm/s)

(h=0.05)

NS方向 EW方向 UD方向

Ss-6UD Ss-7UD Ss-1V Ss-2UD Ss-3V Ss-4UD Ss-5UD Ss-6EW

Ss-7EW Ss-1H Ss-2EW Ss-3H Ss-4EW Ss-5EW Ss-6NS

Ss-7NS Ss-1H Ss-2NS Ss-3H Ss-4NS Ss-5NS

大湊側 荒浜側

0.01 0.02 0.05 0.1 0.2 0.5 1 2 5 10

0.1 0.2 0.5 1 2 5 10 20 50 100 200 500 1000

50 100 200 1000 500 2000

(cm /s )2

0.01 0.1

1 10

(cm)

周 期(秒)

(cm/s)

(h=0.05)

0.01 0.02 0.05 0.1 0.2 0.5 1 2 5 10

0.1 0.2 0.5 1 2 5 10 20 50 100 200 500 1000

50 100 200 100 500

0 200

0 (cm

/s2 )

0.01 0.1

1 10

(cm)

周 期(秒)

(cm/s)

(h=0.05)

0.01 0.02 0.05 0.1 0.2 0.5 1 2 5 10

0.1 0.2 0.5 1 2 5 10 20 50 100 200 500 1000

50 100 200 100 500

0 2000

(cm /s2 )

0.01 0.1

1 10

(cm)

周 期(秒)

(cm/s)

(h=0.05)

NS方向 EW方向 UD方向

Ss-6UD Ss-7UD Ss-1V Ss-2UD Ss-3V Ss-4UD Ss-5UD Ss-6EW

Ss-7EW Ss-1H Ss-2EW Ss-3H Ss-4EW Ss-5EW Ss-6NS

Ss-7NS Ss-1H Ss-2NS Ss-3H Ss-4NS Ss-5NS

(9)

既往評価からの変更点について(基準地震動Ss)

【加速度時刻歴波形】(その1)

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000

1500 314

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000

1500 574

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000

1500 589

0 30 60 90 120 150

-2000 -1000 0 1000

2000 510

0 30 60 90 120 150

-2000 -1000 0 1000

2000 1703

0 30 60 90 120 150

-2000 -1000 0 1000

2000 847

0 30 60 90 120 150

-3000 -1500 0 1500 3000 1050

0 30 60 90 120 150

-3000 -1500 0 1500 3000 2300

荒浜側

加速度(Gal)

時間(秒)

加速度(Gal)

時間(秒)

加速度(Gal) 加速度(Gal) 加速度(Gal)

時間(秒) 時間(秒) 時間(秒)

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2 )

600

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2)

400

加速度(Gal)

時間(秒) 時間(秒)

加速度(Gal)

Ss-1H Ss-1V

Ss-2NS Ss-2EW Ss-2UD

Ss-3H Ss-3V

加速度(Gal) 加速度(Gal) 加速度(Gal)

時間(秒) 時間(秒) 時間(秒)

Ss-4NS Ss-4EW Ss-4UD

(10)

既往評価からの変更点について(基準地震動Ss)

【加速度時刻歴波形】(その2)

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000

1500 319

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000

1500 557

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000

1500 570

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000

1500 313

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000

1500 583

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000

1500 510

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000

1500 266

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000

1500 554

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000

1500 553

荒浜側

加速度(Gal) 加速度(Gal) 加速度(Gal)

時間(秒) 時間(秒) 時間(秒)

Ss-5NS Ss-5EW Ss-5UD

加速度(Gal) 加速度(Gal) 加速度(Gal)

時間(秒) 時間(秒) 時間(秒)

Ss-6NS Ss-6EW Ss-6UD

加速度(Gal) 加速度(Gal) 加速度(Gal)

時間(秒) 時間(秒) 時間(秒)

Ss-7NS Ss-7EW Ss-7UD

(11)

既往評価からの変更点について(基準地震動Ss)

【加速度時刻歴波形】(その3)

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2)

1050

加速度(Gal)

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速度(cm/S2 )

650

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2 )

848

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速度(cm/S2 )

1209

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2 )

466 時間(秒)

加速度(Gal)

時間(秒)

加速度(Gal) 加速度(Gal) 加速度(Gal)

時間(秒) 時間(秒) 時間(秒)

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2 )

600

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2)

400

加速度(Gal)

時間(秒) 時間(秒)

加速度(Gal)

Ss-1H Ss-1V

Ss-2NS Ss-2EW Ss-2UD

Ss-3H Ss-3V

大湊側

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2 )

428

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速度(cm/S2 )

826

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速度(cm/S2 )

332

加速度(Gal) 加速度(Gal) 加速度(Gal)

時間(秒) 時間(秒) 時間(秒)

Ss-4NS Ss-4EW Ss-4UD

(12)

0 30 60 90 120 150 -1500

-1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2 )

426

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2 )

664

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2 )

346

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2 )

434

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2 )

864

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速度(cm/S2 )

361

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速度(cm/S2)

389

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速(cm/S2 )

780

0 30 60 90 120 150

-1500 -1000 -500 0 500 1000 1500

加速度(cm/S2)

349

加速度(Gal) 加速度(Gal) 加速度(Gal)

時間(秒) 時間(秒) 時間(秒)

Ss-5NS Ss-5EW Ss-5UD

加速度(Gal) 加速度(Gal) 加速度(Gal)

時間(秒) 時間(秒) 時間(秒)

Ss-6NS Ss-6EW Ss-6UD

加速度(Gal) 加速度(Gal) 加速度(Gal)

時間(秒) 時間(秒) 時間(秒)

Ss-7NS Ss-7EW Ss-7UD

既往評価からの変更点について(基準地震動Ss)

【加速度時刻歴波形】(その4)

大湊側

(13)

1.はじめに

2.既往評価からの変更概要 3.敷地周辺の地震発生状況

4.敷地における地震波の伝播特性 5.基準地震動

(1)敷地ごとに震源を特定して策定する地震動

(2)活断層の連動を考慮した地震動

(14)

3.敷地周辺の地震発生状況 a.被害地震

b.敷地周辺の地震活動

c.2004年新潟県中越地震

d.2007年新潟県中越沖地震

(15)

被害地震

※地震諸元が幅をもって示されている場合は,その中央値を採用

柏崎刈羽原子力発電所

 過去に敷地周辺に影響を与えたと考え られる被害地震を敷地からの震央距離 200km程度以内の地震を対象に調査。

 調査は,信頼性が高いと考えられる以 下の文献を使用。

・最新版 日本被害地震総覧

・気象庁地震カタログ

 敷地からの震央距離が約28kmの位置 で2004年新潟県中越地震(以下,「中 越地震」)が,約15kmの位置で2007 年新潟県中越沖地震(以下,「中越沖地 震」)が発生している。

敷地周辺における主な被害地震の震央分布

(16)

敷地周辺の地震活動 M5以上の地震

(1) 震央分布

(2) 震源鉛直分布

(その1)

(3) 震源鉛直分布

(その2)

柏崎刈羽原子力発電所

柏崎刈羽原子力発電所

柏崎刈羽原子力発電所

 気象庁地震カタログに記載されている1923年~2011 年までの敷地周辺で発生したM5以上の地震を整理。

 敷地周辺においてM5以上の地震は,約30km程度以浅

の位置で発生。

(17)

敷地周辺の地震活動 M5以下の地震(震央分布)

(1)震源深さ0~30km (2)震源深さ30~60km

(3)震源深さ60~90km (4)震源深さ90~120km (5)震源深さ120km以深

柏崎刈羽原子力発電所

柏崎刈羽原子力発電所

柏崎刈羽原子力発電所 柏崎刈羽原子力発電所

柏崎刈羽原子力発電所

 気象庁地震カタログに記載され ている2009年~2011年まで の敷地周辺で発生したM5以下 の地震を整理。

 敷地周辺においては,主に震源

深さ0~30kmで地震が発生し

ている。

(18)

敷地周辺の地震活動 M5以下の地震(震源鉛直分布)

(3)その3

(4)その4 (5)その5

(1)その1 (2)その2

(6)その6

柏崎刈羽原子力発電所 柏崎刈羽原子力発電所 柏崎刈羽原子力発電所

柏崎刈羽原子力発電所 柏崎刈羽原子力発電所

柏崎刈羽原子力発電所

 気象庁地震カタログに記載されている2009年~2011年までの敷地周辺で発生したM5以下の地震を整理。

 敷地周辺においては,主に震源深さ0~30kmで地震が発生している。

(19)

2004年新潟県中越地震

柏崎刈羽原子力発電所

震源

【地震諸元(気象庁)】

・発生日時:2004/10/23 17:56

・規模:マグニチュード 6.8

・震央:北緯 37°17.6′

東経 138°52.0′

・震源深さ 13 km

 中越地震では,5号機原子炉建屋基礎版上で観測記録が得られている。

荒浜側 大湊側

1号機 5号機

NS方向 -

※1

(274)

※2

27 (249)

※2

EW方向 -

※1

(273)

※2

54 (254)

※2

UD方向 -

※1

57

※1荒浜側は,落雷の影響のため記録が得られていない。

※2( )内は設計時の基準地震動S2(1号機について はEL CENTRO等)による応答値。

原子炉建屋基礎版上で観測された 最大加速度値(単位:Gal)

1号機 5号機

荒浜側 大湊側

0 500 1000m

0 500 1000m

(20)

2007年新潟県中越沖地震

柏崎刈羽原子力発電所 震源

【地震諸元(気象庁)】

・発生日時:2007/7/16 10:13

・規模:マグニチュード 6.8

・震央:北緯 37°33.4′

東経 138°36.5′

・震源深さ 17 km

 中越沖地震では,柏崎刈羽原子力発電所の各号機の原子炉建屋基礎版上で観測された最大加速度値が,

設計で考慮した地震動による最大応答加速度値を上回った。

 1~4号機が位置する荒浜側と5~7号機が位置する大湊側で最大加速度値に著しい差が認められた。

荒浜側 大湊側

1号機 2号機 3号機 4号機 5号機 6号機 7号機 NS

方向

311 (274)

304 (167)

308 (192)

310 (193)

277 (249)

271 (263)

267 (263) EW

方向

680 (273)

606 (167)

384 (193)

492 (194)

442 (254)

322 (263)

356 (263) UD

方向 408 282 311 337 205 488 355

※( )内は設計時の基準地震動S2(1号機についてはEL CENTRO等)による応答値。

原子炉建屋基礎版上で観測された最大加速度値(単位:Gal)

1号機 2号機 3号機 4号機 7号機 6号機 5号機

荒浜側 大湊側

0 500 1000m

0 500 1000m

(21)

 検討の結果,要因を以下のとおり整理。

【要因1】震源の影響

中越沖地震の短周期レベルは,平均的な地震 と比較して大きい

【要因2】深部地盤における不整形性の影響 海域の地震による地震動特性は,陸域の地震 のそれと異なる

【要因3】古い褶曲構造での増幅

海域の地震において,荒浜側(1~4号機)

の地震動レベルは大湊側(5~7号機)と比 較して大きい

2007年新潟県中越沖地震

 反映事項として,『敷地における観測記録に基づき,基準地震動を策定する』こととした。

 具体的には,以下のとおりとした。

●海域の活断層と陸域の活断層に分類して評価を実施

●海域の活断層による地震については,荒浜側(1~4号機)と大湊側(5~7号機)でそれぞれ基準 地震動を策定

○Noda et al.(2002)による応答スペクトルにおいて,海域の地震と陸域の地震に分類して,それ ぞれ観測記録に基づく補正係数を考慮

○断層モデルによる地震動評価では,短周期レベルとして標準的な値の1.5倍を考慮するとともに,経 験的グリーン関数法では,海域と陸域の地震動特性を反映した適切な要素地震を採用

(GL-4~6km程度)

解放基盤表面

(GL-2k m程度)

地表面

(GL-150~300m程度)

【要因3】

古い褶曲構造での増幅 1号機側:2倍程度 5号機側:1倍程度

2倍程度

【要因2】

深部地盤における 不整形性の影響

1.5倍程度

【要因1】

震源の影響

5号機原子炉建屋 1号機原子炉建屋

(GL-4~6km程度)

解放基盤表面

(GL-2k m程度)

地表面

(GL-150~300m程度)

【要因3】

古い褶曲構造での増幅 1号機側:2倍程度 5号機側:1倍程度

【要因3】

古い褶曲構造での増幅 1号機側:2倍程度 5号機側:1倍程度

2倍程度

【要因2】

深部地盤における 不整形性の影響

2倍程度

【要因2】

深部地盤における 不整形性の影響

1.5倍程度

【要因1】

震源の影響 1.5倍程度

【要因1】

震源の影響

5号機原子炉建屋 1号機原子炉建屋

(22)

1.はじめに

2.既往評価からの変更概要 3.敷地周辺の地震発生状況

4.敷地における地震波の伝播特性 5.基準地震動

(1)敷地ごとに震源を特定して策定する地震動

(2)活断層の連動を考慮した地震動

(23)

敷地における地震波の伝播特性

標高 1号機地盤系 5号機地盤系

T.M.S.L.(m)※1 地震計 地層 地震計 地層 +12.0m

+9.3m

▽G.L.

○ +5.0m ▽G.L. 古安田層

古安田層 -24.0m

西山層

西山層 -40.0m ○

-100m ○

椎谷層

-122m ○

-180m ○

-250m ○

-300m ○

-400m ○

※1:T.M.S.L.:東京湾平均海面。Tokyo bay Mean Sea Level の略で,東京湾での検潮に基づき設定された陸地 の高さの基準

※2:2007年11月観測終了 ※3:2009年3月観測開始

※3

鉛直アレイ地震観測点の概要

※2

地震観測

解放基盤表面の設定

 ボーリング調査等の結果より,

S波速度が700m/s以上の地層 が分布している標高に解放基盤 表面を設定。

 6号機及び7号機の解放基盤表 面を以下のように設定。

標高:-155m

整地面からの深さ:167m

1号機 2号機 3号機 4号機 7号機 6号機 5号機

1号機地盤系 5号機地盤系

荒浜側

0 500 1000m

0 500 1000m

大湊側

 敷地地盤では,荒浜側に1号機地盤系,大 湊側に5号機地盤系において鉛直アレイ地 震観測を実施。(●印)

 各号機の原子炉建屋,タービン建屋基礎版 上においても地震観測を実施。(●印)

号機 標高 T.M.S.L

※1

(m) 整地面からの深さ(m)

1 -284m 289m

2 -250m 255m

3 -285m 290m

4 -285m 290m

5 -134m 146m

6 -155m 167m

7 -155m 167m

設定した解放基盤表面の位置

※1:T.M.S.L.:

東京湾平均海面。

Tokyo bay Mean Sea Level の略で,

東京湾での検潮に 基づき設定された 陸地の高さの基準

(24)

地震波の伝播特性と地震動評価への反映方法

敷地及び敷地周辺における反射法探査やボーリ ング等の調査結果により三次元地下構造を把握

①検討用地震の選定を海側・陸側で 分ける

⑥断層モデルによる地震動評価では,

経験的グリーン関数法を用い,地 震動特性を反映した適切な要素地 震を採用(必要に応じて補正を行 い使用)

地震観測記録の分析

解析 的検討

地下構造の把握

【伝播特性1】

海域・陸域から の到来方向で伝 播特性が異なる。

(深部構造)

【伝播特性2】

海域の地震のう ち南西側からの 地震動は荒浜側 が大湊側より2 倍程度大きい。

(褶曲構造)

伝播特性を踏まえた分類及び伝播特性を反映している 敷地での観測記 録 を用いた地震動評価を実施

②Noda et al.(2002)の応答ス ペクトルによる評価では,海域の 地震と陸域の地震に分類して,観 測記録に基づく補正係数を考慮

③断層モデルによる地震動評価では,

経験的グリーン関数法を用い,海 域と陸域の地震動特性を反映した 適切な要素地震を採用

⑤Noda et al.(2002)の応答ス ペクトルによる評価では,荒浜側 と大湊側に分類して,中越沖地震 時の観測記録に基づく補正係数を 考慮

④海域の地震については荒浜側と大 湊側でそれぞれ基準地震動を策定

伝播特性1,2 伝播特性 1,2を適切に反映可能 を適切に反映可能

中越沖地震の要因分析 具体的な反映方法

 三次元地下構造を把握し,地震観測記録の分析・解析的検討を行い中越沖地震の要因分析を実施した うえで,敷地での観測記録を用いた地震動評価を実施することで敷地地盤の地震波の伝播特性を適切 に反映。

大湊

モデ

褶曲構造(真殿坂向斜) の向斜軸の方向

大湊

モデ

褶曲構造(真殿坂向斜) の向斜軸の方向

西山層 椎谷層 上部寺泊層 下部寺泊層 七谷層 グリーンタフ 基盤岩

西山層 椎谷層 上部寺泊層 下部寺泊層 七谷層 グリーンタフ 基盤岩

褶曲構造

約7km

5km5km 荒浜側モデル断面 1号機位置

褶曲構造 西山層

椎谷層 上部寺泊層 下部寺泊層 七谷層 グリーンタフ 基盤岩

西山層 椎谷層 上部寺泊層 下部寺泊層 七谷層 グリーンタフ 基盤岩

5km5km 大湊側モデル断面

(参考)サービスホール地盤系位置

5号機位置

・反射法地震探査 7測線 延長約18km

・ボーリング調査 約830孔 延長約71,500m

・試掘坑調査(5,6,7号炉)

延長約1,085m

・立坑調査 3箇所(荒浜側含む)

(※ 広域調査を目的とした測線を除く)

詳細は第194回審査会合資料2-1参照

(25)

1.はじめに

2.既往評価からの変更概要 3.敷地周辺の地震発生状況

4.敷地における地震波の伝播特性 5.基準地震動

(1)敷地ごとに震源を特定して策定する地震動

(2)活断層の連動を考慮した地震動

(26)

5.基準地震動

(1)敷地ごとに震源を特定して策定する地震動 a.地震発生層の設定

b.検討用地震の選定

c.検討用地震の地震動評価

①F-B断層による地震

②片貝断層による地震 (長岡平野西縁断層帯による地震)

d.基準地震動の策定

(27)

地震発生層の設定について

 地震発生層の設定にあたっては,中越沖地震の余震の震源分布,速度構造,コンラッド面深さ等を 総合的に判断して設定。

 なお,上端深さにおいては,速度構造を重視し,下端深さにおいては,中越沖地震の余震の震源分 布,ひずみ集中帯プロジェクトにおける海域における自然地震観測による知見を重視して設定。

 地震発生層上端深さ: 6km 6km

地震発生層下端深さ:17km 17km と設定。

上端深さ(km) 下端深さ(km)

①海域・陸域臨時地震計観測網に基づく中越沖地震の精密余震

分布 6 17

②ひずみ集中帯プロジェクト 1.屈折法地震探査結果 6~9 - 2.海域における自然地震観測 6 17

③Kato et al.(2009)によるP波速度構造 6~ -

④水平/上下スペクトル振幅比の逆解析による敷地地盤の速度

構造モデル 5.9 -

⑤コンラッド面深さ - 15~16

(28)

①海域・陸域臨時地震計観測網に基づく中越沖地震の精密余震分布

1 1 3 3 5 5

7 7 9 9

11 11 13 13

6km 6km 17km 17km 6km 6km 17km 17km 6km 6km 17km 17km 6km 6km 17km 17km 6km 6km 17km 17km

震源 深 さ 震源 深 さ

13 13 11 11 9 9 7 7 5 5 3 3 1 1

柏崎刈羽原子力発電所

東京大学地震研究所資料(平成20年1月11日地震調査委員会)に加筆

 中越沖地震の本震以降に海底に設置されたOBS(Ocean Bottom Seismograph)の記録に基 づいて再決定された精密余震分布によると震源深さは約6km~17kmに求められている。

中越沖地震の余震

(2007/7/16~2007/8/29)

地震調査研究推進本部(以下,「地震本部」)(2008)より抜粋(一部加筆・修正)

(29)

②ひずみ集中帯プロジェクト 1.屈折法地震探査結果

防災科学技術研究所(2009~

2011)による,屈折法地震探査 結果に関する記載

■越後平野西部区間では,越後平 野下にはほぼ平行構造を示す厚 い堆積物が分布

■P波速度5.4km/s層の上面は地 表下8km

② ■調査地域は層厚6kmを超える 厚い新第三系( P波速度<

5.4km/s)の堆積層が分布

■先新第三系上面と推定している P波速度5.3km/sの等速度線は 西側に向かって,深度を増大さ せている。

■P波速度5.3km/sの等速度線は 西山丘陵下で,8-9kmに分布

 文部科学省の科学技術試験研究委託事業による『ひずみ集中帯の重点的調査観測・研究』(以下,「ひ ずみ集中帯プロジェクト」)において,陸域及び海域の反射法・屈折法地震探査等が実施されている。

 平成20~22年度には,長岡平野西縁断層帯を横断する測線で探査が実施されている。

長岡平野 長岡平野 西縁断層帯 西縁断層帯

防災科学技術研究所(2013)より抜粋(一部加筆・修正)

(30)

②ひずみ集中帯プロジェクト 2.海域における自然地震観測

▼:長期観測型海 底地震計設置 位置

●:観測期間と同 じ期間に気象 庁が決定した 地震

海底地震計の位置

 ひずみ集中帯プロジェクトにおいて,海域におけ る自然地震観測が実施されている。

 この中で,海域における詳細な震源分布などを明 らかとする目的で,上越沖において長期観測型海 底地震計(10台)による観測を実施。

(期間:平成20年12月~平成21年10月)

 海底地震計で得られたデータ及び同期間に陸域観 測点で得られたデータを併せて処理し,正確な震 源分布を求めている。

 得られた微小地震分布によると,多くの地震は深 さ6km以深で発生。

 速度構造においても,Vp=5.6~6km/s層の深さ は6kmとほぼ一様。

2004年中越地震 2007年中越沖地震

6km 17km

6km 17km

6km

17km

図中の数値は,P波速度 防災科学技術研究所(2010,2011)より抜粋(一部加筆・修正)

中越沖で行われた地殻構造探 査による速度構造測線(上図 の黒線)の両側20km以内の

地震を投影

震源決定結果

(31)

③Kato et al.(2009)によるP波速度構造

 稠密観測データを用いたトモグラフィー解析を実施し,3次元 地震波速度構造と震源分布の推定を実施している。

 地震発生層の上端に概ね対応すると考えられるVp=5.7km/s 相当の等速度線は,西側に向かって深くなっており,概ね 6kmを超える傾向にある。

P波速度構造の深さ断面図

■:稠密アレイ観測点(2007年),■:定常観測点,▲:中越地震余震観測点(2004年)

▲:中越沖地震余震観測点(2007年),●:2004年中越地震の余震の震央分布

●:2007年中越沖地震の余震の震央分布

十:トモグラフィー解析に使用したグリッド配置(水平方向3~5km,深さ方向3km)

Kato et al.(2009)より抜粋(一部加筆・修正)

地震観測点の分布と再決定された2004年中越地震・2007年中越沖地震の余震の震央分布

各断面から±2.5km以内の余震を重ねて表示 白線の実線:Vp=5.7km/sの等速度線

白色の破線:解釈された基盤内のブロック境界断層 DCT(Deep Central Trough):基盤上面の窪地

(32)

④水平/上下スペクトル振幅比の逆解析による敷地地盤の速度構造モデル

荒浜側 大湊側

地震基盤面相当の深さは約6km

(地震発生層上端深さに対応)

 P波部の水平/上下スペクトル 振幅比には速度構造・減衰 等の情報が含まれる。

 P波部の水平/上下スペクトル 振幅比のフーリエ逆変換

(レシーバー関数)には,

地震基盤以浅の速度構造に 関係する量であるPS-P時 間の情報等が含まれる。

 小林ほか(2005)の方法は,

水平/上下スペクトル振幅比,

レシーバー関数を目的関数 として,地盤の速度構造・

減衰を推定する手法。

 地盤系の記録(2004年中 越地震の余震)の記録を用 いて算定した目的関数に対 して遺伝的アルゴリズムに よる逆解析を実施。

 なお,T.M.S.L.-300m以 深の速度構造は荒浜側と大 湊側で等しいと仮定。

P波

PS変換波

PS-P時間 層境界1

層境界2 層境界3 PS変換波

P波 P波

層境界1

層境界2

層境界3 地震基盤

時間(s)

振幅水平/上下振幅

周波数(Hz)

レシーバー関数

水平/上下スペクトル振幅比

探索範囲 同定結果

No. 層厚 (m)

Vs (m/s)

Vp (m/s)

T.M.S.L (m)

層厚 (m)

Vs (m/s)

Vp (m/s) -134

1 15 730 1800 -149 15 730 1800 2 31 890 1900 -180 31 890 1900 3 51 890 1900 -231 51 890 1900 4 35 960 1900 -266 35 960 1900 5 34 1000 2100 -300 34 1000 2100 6 10~

1500

1000~

1200

2100~

2500 -1360 1060 1160 2390 7 10~

2500

1200~

2000

2500~

4100 -2410 1050 1620 3220 8 10~

2500

1200~

2500

2500~

4900 -3700 1290 2050 4150 9 10~

2500

1400~

3200

2800~

6000 -5880 2180 2760 4820

10 2800~

3200

4900~

6000 3170 5230

探索範囲 同定結果

No. 層厚 (m)

Vs (m/s)

Vp (m/s)

T.M.S.L (m)

層厚 (m)

Vs (m/s)

Vp (m/s) -284

1 16 1110 2280 -300 16 1110 2280 2 10~

1500

1000~

1200

2100~

2500 -1360 1060 1160 2390 3 10~

2500

1200~

2000

2500~

4100 -2410 1050 1620 3220 4 10~

2500

1200~

2500

2500~

4900 -3700 1290 2050 4150 5 10~

2500

1400~

3200

2800~

6000 -5880 2180 2760 4820

6 2800~

3200

4900~

6000 3170 5230

周波数(Hz) 周波数(Hz)

時刻(秒) 時刻(秒)

T.M.S.L.-180m T.M.S.L.-180m

T.M.S.L.-122m T.M.S.L.-122m

(33)

⑤コンラッド面深さ

敷地周辺のコンラッド面深さ

は 15~16km程度

※コンラッド面の深さは,上部 地殻の下限深さに概ね対応

Zhao et al.(1994)より抜粋

(一部加筆・修正)

地殻は、コンラッド面 コンラッド面と呼ばれる境 界を境に、カコウ岩質の上部地殻と ゲンブ岩質の下部地殻に分けられる。

地殻内の地震は、ほぼ上部地殻の中 地殻内の地震は、ほぼ上部地殻の中 でのみ起きている。

でのみ起きている。

下部地殻は流動性に富んでいて、地 震を起こすほど歪みエネルギーを蓄 積することができない。

木下ほか(2000)より抜粋

(34)

5.基準地震動

(1)敷地ごとに震源を特定して策定する地震動 a.地震発生層の設定

b.検討用地震の選定

c.検討用地震の地震動評価

①F-B断層による地震

②片貝断層による地震 (長岡平野西縁断層帯による地震)

d.基準地震動の策定

(35)

選定フロー

考慮すべき地震の選定

Noda et al.(2002)による 応答スペクトルの比較

検討用地震の選定

地震の発生域(海域と陸域)によって敷地におけ る伝播特性が異なるため海域と陸域で分類

海域と陸域で分類

敷地に及ぼす影響度を比較することが目的である ため,観測記録に基づく補正係数は考慮しない

地震の発生域(海域と陸域)ごとに敷地への影響 が最も大きな地震を選定

 伝播特性を考慮して下図フローに従い,検討用地震を選定。

以下を対象に考慮すべき地震を選定

・敷地周辺の活断層分布

・被害地震

・地震本部による長期評価

(36)

考慮すべき地震の選定及び海域と陸域の分類

【敷地周辺の活断層分布】

No. 活断層の名称 断層長さ (km)

地震 規模※1

傾斜角

※2(°)

断層幅

※3(km)

Xeq※4(km) 荒浜 大湊 備考

海 域

1 佐渡島棚東縁断層 37 6.8 西55 15 55 53 佐渡島棚東縁撓曲に対応 2 F-B断層 27 6.8 東35 20 14 14 F-B褶曲群に対応 3 佐渡島南方断層 29 6.8 東45 16 26 25

4 F-D断層 30 6.8 東45 16 38 39 F-D褶曲群に対応 5 高田沖断層 25 6.8 東30 22 59 60 高田沖褶曲群に対応 6 米山沖断層 21 6.8 西50 15 25 26

陸 域

7 角田・弥彦断層 54 7.1 西50 15 51 49 8 気比ノ宮断層 22 6.8 西50 15 21 20 9 片貝断層 16 6.8 西50 15 14 14

10 中央丘陵西縁部断層 - - - - - - No.8の副次的な断層※5 11 上富岡断層 - - - - - - No.9の副次的な断層※5 12 親沢断層 - - - - - - No.9の副次的な断層※5 13 渋海川向斜部のリニ

アメント - - - - - - No.9の副次的な断層※5

14 悠久山断層 13 6.8 東80 12 27 26 孤立した短い活断層※6 15 半蔵金付近のリニア

メント 9 6.8 西50 15 25 25 孤立した短い活断層※6 16 柏崎平野南東縁のリ

ニアメント 4 6.8 東80 12 15 16 孤立した短い活断層※6 17 山本山断層 4 6.8 西50 15 21 21 孤立した短い活断層※6 18 水上断層 4 6.8 西50 15 15 16 孤立した短い活断層※6 19 上米山断層 6 6.8 西50 15 17 18 孤立した短い活断層※6 20 雁海断層 7 6.8 北50 15 17 18 孤立した短い活断層※6 21 十日町断層帯西部 33 6.8 西60 13 32 33

⑤ ⑥

⑫ (⑪)

⑬ ⑭

⑯ ⑮

⑱ ⑰

柏崎刈羽 原子力発電所

0 5 10 20km

1

海域

陸域

 地質調査結果及び[新編]日本の活 断層をもとに敷地周辺の主な活断層 の分布を整理。

※1:地震規模は,中越沖地震の知見を踏まえて設定。

※2:断層の傾斜角について,F-B断層は,中越沖地 震の余震分布に基づき設定。その他は,地質調 査結果及び地震本部(2009)による長期評価を 参考に設定。

※3:断層幅は,地震発生層厚さ11km及び断層傾斜 角に基づき,地震発生層を飽和するように設定。

※4:F-B断層の等価震源距離(Xeq)は,中越沖地震の 震源インバージョンによる震源モデルに基づき算 定。その他は,地震本部(2009)による強震動予測 レシピ(以下,「強震動予測レシピ」)に従い,

断層の中点を基準として均等配置した断層面を用 いて算定。なお,断層面積が地震モーメントMo=

7.5×1018(N・m)に相当する368km2を下回る 断層(No.6,8,9及びNo.14~20)については,

368km2を上回る断層面を想定。

※5:気比ノ宮断層または片貝断層の副次的な断層 はそれぞれ気比ノ宮断層,片貝断層にて代表さ せる。

※6:地表付近の断層長さが短く,震源断層が地表 付近の長さ以上に拡がっている可能性も考えら れる断層(孤立した短い活断層)であるNo.14

~20については,安全評価上M6.8を考慮する が,地震規模が等しく等価震源距離(Xeq)が より短い片貝断層にて代表させる。

敷地周辺の活断層の諸元(柏崎刈羽原子力発電所6号炉及び7号炉の設置変更許可申請書より)

(37)

考慮すべき地震の選定及び海域と陸域の分類

【被害地震】,【地震本部による長期評価】

地震名 地震

規模

海域

① 1964年 新潟地震 7.5

② 2007年 能登半島地震 6.9

③ 2007年 新潟県中越沖地震 6.8

陸域

④ 1751年 越後の地震 7.2

⑤ 1828年 越後の地震 6.9

⑥ 1847年 善光寺地震 7.4

⑦ 1847年 越後頸城郡の地震 6.5

⑧ 2004年 新潟県中越地震 6.8

⑨ 2011年 長野県北部の地震 6.7

 敷地における揺れが震度5弱 (震度Ⅴ)程度以上と推定され る地震を選定。

 地震本部による日本海東縁 部の地震活動の長期評価を 踏まえ,「想定佐渡島北方 沖の地震」(M7.8)を想定。

想定佐渡島北方沖の地震(M7.8)の 断層面

被害地震

⑦ ⑧

⑨ 柏崎刈羽原子力発電所

地震本部によ る長期評価

地震本部(2009)より抜粋

(一部加筆・修正)

Updating...

参照

関連した話題 :