縄 文 時代1 こお け る金 山産 サ ヌ カ イ トの流 通

Download (0)

Full text

(1)

縄 文 時代1 こお け る金 山産 サ ヌ カ イ トの流 通

一 石 器 集 中部 の分 析 か ら 一

田 部 剛 士

は じ め に

本 稿 の 目的 は 、縄 文 時 代 に お け る金 山 産 サ ヌ カ イ トの 流 通 につ い て 考 察 す る こ とで あ る。 これ まで 自 然 科 学 的 な 手 法 を 用 い た研 究 者 に よ っ て な さ れ て き た石 材 研 究 は 、 客 観 的 な 産 地 同 定 の 結 果 が 提 示 され る一 方 で 、 考 古 学 に お い て 意 味 が異 な る剥 片 と製 品 と を同 じ1点 と して 同義 扱 い して き た と い う問 題 を包 活 して い る。 よ っ て 本 稿 で は 、 考 古 学 の 視 点 か ら主 に 石 材 集 積 出 土 の 石 器 群 を対 象 と して 、 そ の 石 材 消 費 過 程 を復 元 し、 そ こ に 出 土 す る資料 が い か な る作 業 行 為 の結 果 に 生 成 され た もの か を検 討 す る。 その 後 、 各 遺 物 及 び 遺 跡 間 の 連 鎖 関 係 を指 摘 し、 そ こか ら金 山 産 サ ヌ カ イ トの 流 通

シ ス テ ム につ い て考 察 す る 。

1.縄 文 時 代 に お け る 石 器 研 究 史 1.石 器 石 材 研 究

こ こで は考 古 学 的 視 点 か ら金 山産 サ ヌ カ イ トにつ い て 論 及 した もの の み を扱 う。 竹 広 文 明 氏 は主 に広 島 県帝 釈 峡 遺 跡 群 の 資 料 を 、谷 若 倫 郎 氏 は 愛 媛 県 来 島 海 峡 周 辺 の 資 料 を 中 心 に 分析 を お こな っ て い る。 こ れ らの 研 究 成 果 に よ る と 、金 山 産 サ ヌ カ イ ト製 遺 物 は遅 く と も縄 文 時 代 前 期 頃 に は利 用 が確 認 され る が 後 期 以 降 に増 加 し、板 状 石 材 の 形 態 で流 通 して い た こ とが 指 摘 され て い る。

2.剥 片 剥 離 技 術 研 究

金 山産 サ ヌ カ イ トは 、 ま ず板 状 石 材 を準 備 し、 それ を素 材 と して 目 的剥

(2)

136

片 生 産 をお こ な っ て い る こ とが 確 認 され て い る 。 ま た 、 そ の 際 に は ほ と ん ど打 面 調 整 を施 さず 、 自然 面 を打 面 に して 生 産 して い る 。 特 に 、洗 谷 貝 塚 にみ られ る金 山産 サ ヌ カ イ トの 剥 離 技 術 を 、 「洗 谷 型 剥 片 剥 離 技 術 」 と呼 称 し、瀬 戸 内 地 域 の 縄 文 時 代 後 期 以 降 に顕 著 な剥 片 剥 離 技 術 だ と して い る。

皿.基 礎 資 料 の 提 示 1.用 語 の定 義 と概 念 の規 定

石 器 研 究 に お け る基 礎 的 な用 語 及 び 「板 状 石 材 」 の 定 義 、 対 象 とす るサ ヌ カ イ ト集 積 や ブ ロ ッ ク、 石 器 集 中 部 な ど の 用 語 の 整 理 と 共 に 、 物 流 を 考 え る際 に 用 い られ る 、 「移 動 」 ・ 「流 通 」 ・ 「交 易 」 の 概 念 につ い て 、 筆 者 の考 え る所 を簡 単 に述 べ た 。

2.対 象 とす る遺 跡 と概 要

対 象 とす る 遺 跡 の 立地 条 件 や 出 土 遺 物 の 概 要 を述 べ 、本 稿 で 対 象 とす る 基 礎 資 料 を提 示 した 。 主 に対 象 とす る遺 跡 は12遺 跡 あ り、 これ は筆 者 が 実 見 し た も の で あ る 。石 材 に関 す る論 考 で あ る こ と か ら 、基 本 的 に実 見 した もの の み を対 象 と して 考察 した 。

皿.金 山 産 サ ヌ カ イ ト出 土 遺 跡 の 検 討 1.金 山産 サ ヌ カ イ トの 分 布

蛍 光X線 分 析 な どの 自然 科 学 的 な手 法 に よ っ て 産 地 が 同 定 され て い る も の に限 っ て 扱 っ た 。 そ の 結 果 、 金 山 産 サ ヌ カ イ トの 分 布 圏 は 愛 知 県 か ら大 分 県 に か け て 分 布 して い る こ とが 確 認 され た。 また 、 そ の 使 用 開始 時 期 は 少 な く と も縄 文 時 代 早期 前 葉 まで 遡 り、 後 期 以 降 に な る と分 布 範 囲 が 拡 大 す る と共 に各 遺 跡 内 で の 出 土量 が 急 増 す る こ とが 明 らか と な っ た。

2.板 状 石 材 の分 布

現 状 で 把 握 し得 る限 りの板 状 石 材 に つ い て 収 集 した。 現 在 まで に 、33遺 跡 に お い て100点 以 上 の板 状 石 材 を確 認 した。1遺 跡 内 で30点 以 上 の 板 状 石

(3)

材 を出 土 す る 遺 跡 か ら、1点 の み の 単 独 出 土 遺 跡 まで 様 々 な パ タ ー ンが あ る こ とが 窺 え た 。 ま た 、板 状 石 材 の 使 用 時 期 につ い て も 、金 山 産 サ ヌ カ イ

ト自体 の 使 用 時 期 と ほぼ 同 様 の 傾 向 が指 摘 で きる 。

N.金 山 産 サ ヌ カ イ トの 消 費 過 程 1.対 象 資 料 の 分 類

金 山 産 サ ヌ カ イ トの消 費 過 程 を分 析 す る た め に 必 要 な分 類 を お こな っ た 。 板 状 石 材 を板 状 原 石 、 板 状 剥 片 、 板 状 剥 片 石 核 とに 分 類 し、 それ に板 状 石 材 を素 材 と した 扁 平 剥 片 石 核 を加 え て4類 型 した 。 剥 片 は背 面 構 成 と 自然 面 、 大 き さな どの 属 性 か ら5類 型 し、石 核 は素 材 の 形 状 な どか ら3つ に 分 類 した 。

2.接 合 資 料 の検 討

接 合 資 料 は3遺 跡 で 確 認 され て い る。 国 分 寺 六 ツ 目遺 跡 で は 目的 剥 片 生 産 を意 図 した接 合例 な ど が 併 せ て10点 あ る 。 洗 谷 貝塚 で は板 状 石 材 作 出 を

目的 と した 板 状 石 材 同 十 の接 合 例1点 が あ り、 馬 島 亀 ヶ浦 遺 跡 で は 石 器 製 作 跡 と考 え られ る場 所 か ら、 目的 剥 片 と考 え られ る剥 片 同 士 の 接 合 例1点 が 出 土 して い る。

3.各 遺 跡 出土 資 料 の 検 討

上 述 した 接 合 例 以 外 の 資料 に つ い て 、 前 々項 で提 示 し た分 類 案 に基 づ き、

そ の 概 略 に つ い て 述 べ た 。 本 稿 は 石 材 集 積 に注 目 して い る こ とか ら、 主 に 板 状 石 材 の生 産 につ い て検 討 して い る 。

4.消 費 過程 の 復 元

石 器 製 作 に は 原 石 獲 得 段 階 か ら石 器 製 作 段 階 、使 用段 階 、 一 部 再 加 工 段 階 を経 て 、 廃 棄 段 階 に至 る一連 の ラ イ フ サ イ クル が認 め られ る 。 こ こ ま で の 分 析 を通 して 、 金 山 産 サ ヌ カ イ トの 消 費 過 程 を復 元 し、 石 器 製 作 段 階 に つ い て は3工 程 に 分 け た 。 す な わ ち 、 板 状 石 材 生 産 工 程 と扁 平 剥 片 生 産 工 程 、二 次 加 工 工 程 で あ る 。板 状 石 材 生 産 工 程 を第1工 程 と し、原 石 か ら板

(4)

138

状 の石 材 を準 備 す る工 程 とす る。 板 状 剥 片 石 核(板 状 石 材1類)と 板 状 剥 片(板 状 石 材II類)が 生 成 され る 。 扁 平 剥 片 生 産 工 程 と は 目 的剥 片 で あ る 扁 平 な 剥 片 を 、 板 状 石 材 を素 材 と し な が ら生 産 す る 工 程 で あ り、 これ を第 2工 程 と した 。 この 工 程 に は 目的 剥 片 で あ る扁 平 剥 片(剥 片 ㎜類)と そ の 素 材 と な っ た 、 扁 平剥 片 石 核(板 状 石 材IV類)が 存 在 す る 。 二 次 加 工 工 程 と は 、第2工 程 で 生 産 した扁 平 剥 片 に二 次 加 工 を施 し、 製 品 化 す る工 程 で あ る。 第3工 程 と し、 各 種 製 品 類 と そ の 製 作 に伴 って 生 じ る剥 片 ・砕 片 類 (剥 片V類)が 生 成 され る 。

V.遺 跡 の 形 成 過 程 1.石 器 集 中部 の類 型

構 成 され る遺 物 が 消 費 過 程 の ど の段 階 に属 す る もの な の か 、 そ れ が何 点 程 度 で 構 成 され て い る の か 、検 出状 況 な ど の 条 件 か ら石 器 集 中 部 を6類 型 化 した 。 こ の 類 型 に は板 状 石 材 の 生 産 か ら使 用 後 の廃 棄 に至 る まで の石 器

の ラ イ フサ イク ル を包 括 して い る。

2.石 器 集 中 部 の 形 成

前 項 で 分 類 した石 器 集 中部 を そ の 検 出状 況 、 立 地 条 件 、住 居 跡 な ど の 生 活 施 設 との 関 連 性 な ど か ら総 合 的 に 分 析 し、 それ が ど の よ うな 活 動 圏 に 、 い か に して 形 成 され た の か に つ い て 検 討 した。 そ の 結 果 、1〜3・5類 に 属 す る もの つ い て は 石 器 原 材 あ る い は 製 品 類 を収 蔵 した デ ポ と考 え られ る もの が 多 く、4類 は廃 棄 され た もの と考 え た。

V【.金 山 産 サ ヌ カ イ トの 流 通 1.遺 跡 の連 鎖

前 章 で 分 類 した 石 器 集 中 部 出 土 の 石 器 群 を 、 復 元 した 消 費 過 程 の どの 工 程 に 当 た る か を検 討 し、 そ れ らが1類 遺 跡 か ら順 に5類 に か け て 順 次 生 産 され る もの で あ る こ とか ら 、理 論 上 これ らの 遺 跡 間 が 連 鎖 して い る こ と を

(5)

導 い た 。 ま た 、原 産 地 か らの 距 離 や 立 地 条 件 を 検 討 し、 原 産 地 か ら離 れ る に 従 っ て石 器 製 作 段 階 の 前 半 工 程 部 分 が 欠 落 す る こ と を確 認 し、 そ こか ら 各 遺 跡 間 の連 鎖 関係 を導 い た 。

2.金 山 産 サ ヌ カ イ トの 流 通 シ ス テ ム

各 遺 跡 が連 鎖 して い る こ と を確 認 した上 で 、 これ らの 各 遺 跡 が縄 文 時 代 に お け る流 通 組 織 の 中 で ど の よ うな役 割 を果 た して い た の か 検 討 した。 そ の 結 果 、 原 産 地 周 辺(海 上 約100km以 内)に 存 在 した集 団 が 原 石 獲 得 活 動 に 直 接 従 事 し、 そ の後 板 状 石 材 の 形 態 で よ り遠 方 に 搬 出 して い る こ と を指 摘 し、 こ の よ う な流 通 開 始 段 階 の 役 割 を果 た す 遺 跡 群 を 「第1次 石 材 流 通 遺 跡 」 と した 。 さ らに 、 第1次 石 材 流 通 遺 跡 の 遠 方 に 位 置 し、 そ こ か ら石 材 を獲 得 ・貯 蔵 し、 よ り遠 方 の 遺 跡 に 石 材 を 搬 出 す る中 継 地 的 な 役 割 を 果 たす 遺 跡 を 「第2次 石 材 流 通 遺 跡 」 と した 。 そ して 、 第2次 石 材 流 通 遺 跡 か ら石 材 を獲 得 す る もの の ほ ぼ 自 己 の 遺 跡 内 に お い て石 材 を消 費 し尽 く し て しま う遺 跡 を 「第3次 石 材 流 通 遺 跡 」 と した 。 ま た 、 これ ら第1〜3次 石 材 流 通 遺 跡 の 周 辺 に は 、 板 状 石 材 を1〜 数 枚 程 度 単 独 で 出 土 す る遺 跡 が 存 在 し、 こ れ らの 遺 跡 で は 住 居 祉 な どの 生 活 施 設 を 伴 わ な い こ と か ら、 居 住 域 に 対 す る狩 猟 場 な ど の 領 域 内 デ ポ と い っ た 衛 星 的 な 役 割 を果 た して い た遺 跡 だ と想 定 した。

3.縄 文 社 会 の復 元

以 上 の 分 析 を通 して 明 らか とな っ た 、 金 山 産 サ ヌ カ イ トの 流 通 か ら復 元 し得 る縄 文 時 代 後 期 以 降 の 社 会 に つ い て 、 そ の 可 能 性 を述 べ た 。 そ れ は 、 縄 文 時 代 後 期 以 降 に お い て は各 集 団 間 の 日常 生 活 領 域 を越 えて 人 々 が 活 動

し、 異 な る領 域 に 属 す る 集 団 と の接 触 の 中 で 石 器 石 材 を搬 出 ・獲 得 して い た こ とが 窺 え た 。 ま た 、 この よ うな 金 山 産 サ ヌ カ イ ト流 通 組 織 が 頻 繁 か つ 安 定 的 に存 在 す る こ とが 縄 文 時 代 後 期 以 降 の 社 会 の 特 質 と考 え た 。

(6)

140

お わ り に

従 来 、 近 畿 地 方 に お い て は ニ ーL山産 サ ヌ カ イ トが 大 部 分 を 占 め る こ と 、 金 山 産 サ ヌ カ イ トの 認 識 が 甘 か っ た こ と な どか ら 、金 山 産 サ ヌ カ イ トに つ

い て は 、 そ れ ほ ど注 目 され て こ な か っ た 。 しか し、 最 近 の 発 掘 成 果 か ら石 材 集 積 例 が 増 加 す る と共 に 、 自 然科 学 的 な 分 析 デ ー タが蓄 積 され つ つ あ る 。

これ らの 状 況 か ら縄 文 時 代 に お け る金 山 産 サ ヌ カ イ トの 流 通 組 織 につ い て 検 討 して き た 。 金 山 産 サ ヌ カ イ トは よ く弥 生 時 代 の 稲 作 と の 関 係 で 、 西 か ら東 へ の 文物 の 波 及 の1つ と して 挙 げ られ るが 、 そ れ 以 前 の 少 な く と も縄 文 時代 後 期 後 半 ← 一乗 寺K〜 元 住 吉 山1式)か ら金 山 産 サ ヌ カ イ トの 流 通 が 指 摘 で き 。 二 上山 産 サ ヌ カ イ トとの 関 係 な ど縄 文 時 代 に お け る石 材 流 通 研 究 の残 す 問題 も多 い が 、縄 文時 代 の 社 会復 元 に よ り迫 れ た もの と思 う。

謝 辞

本 稿 は 、2001年 度 に 奈 良 大 学 大 学 院 に提 出 した修 士 論 文 の 要 約 文 で あ る 。 指 導 教 員 で あ る奈 良 大 学 教 授 泉 拓 良 先 生 に は 、学 部 生 時 代 か ら通 じて6年 間 に も 及 ぶ 長 期 に わ た って 様 々 な ご指 導 を頂 い て きた 。 また 、 水 野 正 好 先 生 、 酒 井龍 …先 生 、 植 野 浩 三先 生 を は じめ とす る 、 奈 良 大 学 の 先 生 方 に は 格 別 の ご指 導 を頂 い て き た 。改 め て 感 謝 の 意 を表 す る と 共 に 、 今 後 と も更 な る ご指 導 ・ご鞭 捷 をお 願 い した い。 ま た 、 本 稿 を製 作 す るに あ た っ て 数 多 くの 方 々 の ご助 言 ・ご協 力 を頂 い た 。 末 尾 で あ るが 、感 謝 の 意 を 表 した い 。

Figure

Updating...

References

Related subjects :