経 塚 ・祭祀 遺跡 出土 鏡 につ い て の研 究

Download (0)

Full text

(1)

近 畿地 方 お よ び そ の周 辺 の

経 塚 ・祭祀 遺跡 出土 鏡 につ い て の研 究

清 水 梨 代

は じ め に

和 鏡 は 出現 そ の もの が 日本 の 鏡 生 産 に お け る画 期 で あ っ た ば か りで な く、

日本 の 古代 末 か ら中 世 に お け る社 会 シ ステ ムや 製 品 流 通 の 転 換 期 と も期 を一一 に して お り、 む しろ古 墳 時 代 や 奈 良 時代 の 鏡 よ り も当 時 の 社 会 と密接 に 繋 が っ て い た もの と考 え られ る 。 そ こで確 実 な鋳 造遺 跡(供 給 地)の あ る近畿 地 方 とそ の周 辺 の 経 塚 ・祭 祀 遺 跡 出土 鏡 を考 古 学 的 、美 術 工 芸 史 的 手法 に科 学 的 手 法 を加 え た調 査 ・研 究 をす る こ と に よ り、鏡 を通 して 当時 の生 産(製 作 技 術 も含 む)・ 流 通 ・社 会 につ いて よ り… 歩 踏 み 込 ん だ研 究 を 目的 とす る も の で あ る。

第 一 章 研 究 史

中 世 ・近 世 の鏡 の研 究 に お い て 、 各 部 の 名称 や 編 年 等 の 最 も重 要 な各 研 究 の骨 格 につ い て は戦 前 の在 野 の研 究 者 で あ る廣瀬 都 巽 氏 に よ り作 り上 げ られ た とい え る。戦 後 に 入 る と中野 政 樹 氏 に よ っ て金 工 史 の 一 分野 と して の地 位 が確 立 され 、更 に前 田洋 子氏 に よ り考 古遺 物 と して の考 古 学 的視 点 か らの研 究 が行 われ 、現 在 で は久 保 智 康 氏 に よ っ て この方 向性 は踏 襲 され 、大 きな成 果 を挙 げ る に い た って い る。 一 方 、和 鏡 が 出 土す る可 能 性 が極 め て高 い遺 跡 で あ る経 塚 の 研 究 に お い て は 石 田 茂 作 氏 に よ り その 骨 格 が 作 り上 げ られ た 。 これ は その 後 の 研 究 に 多大 な る影 響 を与 えて お り、 む しろ氏 の 研 究 を超 え る もの は存 在 して お らず 、 そ の 細 分 的 研 究 が 進 ん だ と考 え られ る。 尚 、今 日に

(2)

142

お け る経 塚 研 究 の最 大 の 問題 点 と して経 塚 研 究 を左右 しか ね な い重 要 な経 塚 の 報 告 が 出 て い な い とい う こ とが 挙 げ られ る。 この報 告 が 出 ない 大 き な要 因 の 一つ に は これ らの 経 塚 の 当 時 の 発 掘 担 当 者 の 死 去 や 高 齢 化 に伴 い 当時 の 発 掘 状 況 が判 ら な く な って きて い る とい う現 実 が あ る。

第 二 章 近 畿 地 方 お よ び そ の 周 辺 の 経 塚 ・祭 祀 遺 跡 出 土 鏡 対象 と した の は近 畿2府4県 お よ び福 井 県 の20遺 跡 で あ り、原 則 と して 実 見 した 鏡 の み を扱 っ た 。 尚 、調 査 方 法 と して は 以 下 の よ うな手 段 を用 い た 。

① 肉 眼観 察

②X線 透 過 写 真 に よ る観 察

肉 眼 で は 観 察 で き な い ヒ ビ等 の 有 無 を は じめ とす る現 状 や 鋳 掛 の 有 無 、 鏡 背 文 様 の 確 認 等 を 目的 と した構造 調 査

③ エ ネル ギ ー分 散 型 蛍 光X線 分 析 器 に よ る元 素 分 析 鏡 胎 の 地 金 の 材 質 お よび 、 水銀 の 有 無 の 調 査

④ 従 来 の考 古 学 的 ・美術 工 芸 史 的調 査

周 縁 の形 態 ・鉦型 ・界 圏 の 有 無 ・文様 の タ ッチ お よ び構 成 の 四 要 素 を中 心 に 出 土 遺跡 の概 要 等 を合 わ せ て検 討 す る。

第 三 章 考 察

第 一 節 和 鏡 の 鏡 式 お よび 組 成 に よ る分 類

1深 山 寺経 塚 お よび 舞 崎 経 塚 出 土 鏡 の 組 成 に よ る分 類

深 山寺 経 塚 お よ び舞 崎 経 塚 出土 鏡 は所 蔵 者 で あ る敦 賀 市 教 育 委 員会 の ご好 意 に よ り、 メ タル(地 金)を 出 して 分析 す る こ との で きた鏡 で あ る。 これ ら を大雑 把 に 分類 す る と次 の3つ に 分類 す る こ とが で きた 。

1群:銅 、 錫 、 鉛 を主成 分 と し砒 素 、銀 を微 量 に 含有 す る鏡=和 鏡

深 山 寺 経 塚 、 舞 崎 経 塚 出 土 鏡 に 関 して は い わ ゆ る一般 的 な 和 鏡 の 大 部 分 が これ に あ た る 。 尚 、8世 紀 の東 大 寺 の 鋳 造 遺 跡 出 十 ス ク ラ ップ や 長 登 銅 山 の

(3)

銅 鉱 石 等 の 分析 結 果 お よ び 明代 の技 術 書 『天 工 開 物 』 等 か ら考 え る と南 蛮 吹 き以 前 の 日本 産 の銅 に は銀 や砒 素 が 不純 物 と して 含 有 され て い た こ とが 推 測 され る こ とか ら、 これ らは少 な く と も原 材 料 の 一 部 に 国産 銅 を用 い て 作 られ た鏡 で あ る と い え る。

H群:銅 、 錫 、 鉛 を主 成 分 と し、砒 素 、銀 を含 有 しな い鏡=湖 州 鏡 ・素 文 鏡 深 山 寺 経 塚 、舞 崎 経 塚 出 土 鏡 で は湖 州 鏡 、 素 文 鏡 は 各2面 ず つ で あ っ た が 、 これ らに 関 して は 、 僅 か で あ るが 他 の 分 析 事 例 が あ りそれ らも これ らと同 様 の 結 果 を示 して い る。 な お 、 和 鏡 の 一・部 が この グル ー プ に入 って くるが 、 こ れ らは輸 入銅 の み を用 い て鋳 造 され た鏡 で あ る と考 え られ る。

皿群:銅 、錫 を主 成 分 と し鉛 、砒 素 、銀 を 微量 に 含有 す る 鏡

=金 属 質 な 銀 色 光 沢 を持 つ 鏡(い わ ゆ る 白銅 鏡) 深 山 寺 経 塚 、舞 崎 経 塚 出 土 鏡 で は僅 か に2面 で あ っ た が 明 らか に他 の鏡 と は組 成 の 異 な る一 群 で あ り、 成 瀬 正 和 氏 に よ る唐 式 鏡 の 組 成 に よ る 分類 で 国 産 鏡 と され る一群 に極 め て 近 い 組成 を有 す る。

以上 の こ とか ら考 え る と少 な く と も、 深 山 寺 経 塚 、 舞 崎 経 塚 出 十 鏡 に関 し て は組 成 の違 い か ら3系 統 の異 な る工 房 、 また は 工 房 グル ー プ に よ って 作 ら れ た と考 え られ る。 この 大 ま か な意 味 で の組 成 の違 い は原 材 料 の 入 手 ル ー ト の 違 いや 工 房 に よ る差 異 を表 して い る と考 え られ 、 これ と鏡 式 の差 異 が 一 致 す れ ば 文 様 が 異 な って いて も同 一 系 統 の 工 房 で作 成 され た可 能 性 を示 唆 で き る もの と思 わ れ る。 この こ とか ら深 山 寺1号 経 塚 と3号 経 塚 は一 部 例 外 は あ る もの の 、 ほ ぼ 別 系統 の 工 房 で 作成 され た 鏡 を埋 納 して い る と考 え られ 、す で に 久保 智 康 氏 が指 摘 して い た よ うに 入 手 ル ー トの 違 い を裏 付 け る結 果 が出 た とい え る 。

H鍍 錫 に関 す る諸 問 題

鏡 の 水 銀 に よ る鍍 錫 が いつ か ら行 われ た か につ い て は 諸 説 が あ り、 一 説 に よ る と 中国 漢 代 に始 ま っ た と も言 われ て い る。 しか しな が ら、 日本 に お け る 鍍 錫 の 始 ま りが い つ で あ る か に つ い て 述 べ た 論 考 は 今 の と こ ろ 見 当 た らな

(4)

144

い 。 今 回 の研 究 に お け る科 学 的 調 査 の 最 大 の成 果 の 一一・つ が この 鍍 錫 につ いて の 問題 で あ り、 そ の成 果 とは 以 ドに あ げ る もの で あ る。

① 原 則 と して 和 鏡 か らは 鏡 面 、鏡背 双 方 か ら水 銀 が検 出 され た 。す な わ ち 、 これ は 和 鏡 全 体 に 対 して 鍍 錫 が 行 わ れ て い た とい う こ と を示 して い る。 従 来 か ら鏡 面 に 対 す る鍍 錫 に 関 して は 示 唆 され て い た こ とで あ るが 、鏡 背 に も同様 の 鍍 錫 が 施 され て い た こ とが 確 認 され た 。 また 、 湖 州 鏡 、素 文 鏡 に 関 して は 原 則 と して 鏡 面 か らの み 水 銀 が 検 出 され て い る。 た だ し、素 文鏡 に つ い て は 分 析 事 例 が 少 な い た め 、 は っ き り と した こ と は言 え な い が 、少 な く と も今 回 分析 を行 えた 資 料 に 関 して は 鏡 面 、鏡 背 の ど ち らか ら も水 銀 の検 出 は 認 め られ な か った 。 尚 、 化 学 分 析 の 事例 は ない が 近 年 、朝 鮮 半 島 や 中 国 で 多数 発 見 され て い る和 鏡 の 踏 み 返 し鏡 も鏡 面 の み の 鍍 錫 で あ っ た と推 測 され る。 以 ヒの こ とか ら、 鍍 錫 の あ り方 が 日本 と 中国 で は大 き く異 な って い た こ とが 判 る。

② 京 都 市 弁 天 島 経 塚 よ り出i二して い るい わ ゆ る白 銅 鏡 で あ る 方鏡 の 分 析 結 果 か らは 水 銀 の検 出 は 認 め られ な か っ た。 この 方鏡 は鏡 式 か ら少 な くと も 和 鏡 へ の 過 渡 期 の 鏡 と され る瑞 花 双 鳥 八 稜 鏡 と並 行 時 期 も し くは それ 以 前 の 鏡 と考 え られ る。 尚 、 現 在 の と こ ろ 正倉 院 宝 物 の 鏡 や 海 獣 葡 萄 鏡 等 の 唐 式 鏡 の 出 土 品 か ら も水 銀 が 検 」され た とい う報 告 は無 く、 更 に は 「石 山 寺 鋳 鏡 用 度 文 案 」 や 『延 喜式 』 とい っ た鋳 鏡 関 係 の 文 献 史料 に お い て も水 銀 の 記 載 は 見 られ な い 。 文献 史料 上 、 鏡 磨 きが 登 場 す るの は筆 者 が確 認 した 限 り にお い て は13世 紀 以 降 で あ る。 今 回 調 査 で き た鏡 の 中で 水 銀 を検 出 し た 最 も古 い 鏡 は瑞 花 双 鳥 八 稜 鏡 の 一変 化 形 体 で あ る兵 庫 県氷 土 郡 春 日町 多 利 前 田 遺 跡 出 十瑞 花 鴛 鴛 鏡 で あ る。 以Lの 事 か ら今 後 の 瑞 花 双 鳥 鏡 の 化 学 分 析 事例 の 増 加 に か か って く る とい え るが 瑞 花 双 鳥 八 稜 鏡 の いず れ かの 段 階 、 少 な く と も 多度 式 鏡 が 登 場 す る時 期 に は鏡 面 、鏡 背 双 方 に鍍 錫 が行 わ れ て い た もの と考 え られ る。

(5)

皿 和 鏡 の 鏡 式 お よび 組 成 に よ る 分類

以 上 、1・Hの 考 察 及 び 鏡 式 か ら今 回 、調 査 す る こ と が で き た鏡 を 分類 す る と以 下 の よ うな こ とが 推 察 され る。

① 今 回 分 析 で きた 鏡 の デ ー タ を大 雑 把 に分 類 す る と前 述 した1〜 皿群 に加 えてIV〜W群 に 分 類 す る こ とが で き る。IV群 は銅 、鉛 を主 成 分 と し錫 や 砒 素 等 を微 量 に 含 有 す る鏡 で あ り、V群 はほ ぼ 銅 の み を主 成 分 と し、錫 、鉛 等 を微 量 に 含 有 す る鏡 で あ る。 また 、V1群 は銅 、鉛 、砒 素 を 主成 分 とす る 鏡 で あ る。砒 素 は 鉛 や 安 輝 鉱 と もい わ れ た ア ンチ モ ン同 様 、銅 に加 え る こ とに よ りそ の 融 点 を下 げ 、 合 金 の 色 を自 くす る とい う働 き が あ る。 日本 に お い て は 占代 よ り錫 が 高価 で あ った こ と と あわ せ て 考 え る とIV群 の 鉛 とVI 群 の砒 素 は錫 の代 用 品 と して利 用 され て い た と考 え られ る。

② 三重 県嬉 野 町 中尾 垣 内遺 跡 出 上山 吹 双 鳥 鏡 の 鋳 掛 部 分 は明 らか に本 体 部 分 とは異 な る組 成 を して い る こ とか ら鋳 掛 に用 い る湯 は本 体 部 分 よ り も鉛 等 をよ り多 く含 む融 点 の低 い扱 い 易 い もの を用 い て い た こ とが 判 明 した 。

③Hで 前述 した よ うに原 則 と して 和 鏡 か らは 鏡 面 、 鏡 背 双 方 か ら水 銀 が 検 出 され て い る。 そ れ に対 して 湖州 鏡 か らは 原則 と して 鏡 面 か らの み 水 銀 が 検 出 され て い る。 この こ とか ら、 日本 と中 国 で は 鍍 錫 の あ り方 が 大 き く異 な っ て い た こ とが判 っ た 。

④ 今 回 、 九州 や 東 北 の 出 十 鏡 も含 め る と総 数 約300面 以 上 の 鏡 を実 見 す る こ とが で きた 。 そ の結 果 、 文様 構 成 全 体 か ら同 …一工 房 の 作 で あ るか ど うか とい っ た 製 作 主 体 ご との 類 型 化 を 図 る こ と は難 しい が 鶴 を輪 郭 表 現 で 表 し、松 枝 を三 角形 状 に表 現 す る捻 菊座 鉦 を伴 う細 縁 の 松 喰 鶴 鏡 は 同 一 工 房 で作 られ た 可能 性 が高 い な ど文様 意 匠 単位 ご とで あれ ば 、 その 表 現 手 法 の 特 徴 か ら製 作 主 体 ご との 類 型 化 を 図 る こ と が で き る可 能 性 が あ る とい え

る。

(6)

146

第 二 節 い わ ゆ る 中縁 直 角 の 白銅 鏡 に つ い て

以 上 、 第 一 節 で 見 て きた よ うな こ と を踏 ま え る と、 あ く まで 今 回 調 査 した 鏡 の 中 で の み の 話 で あ るが 、 中 縁 直 角 の 白 銅 鏡 に は 共 通 的 な 特 徴 が 認 め られ る。1つ は 鏡 式 に お け る特 徴 で あ る。 中縁 直 角 とい う共 通 の 縁 型 を持 って い るの み な らず 、 ほ ぼ11cm前 後 の 径 を もつ 鏡 に は 必 ず 花 蕊 座 鉦 が伴 い 、 文 様 の 箆 押 し も肉 高 な もの とな って い る。 一例 で あ るが 京 都 府 宇 治 市 白 川 金 色 院 経 塚 出 土 秋 草 蝶 鳥 鏡 と和 歌 山 県 橋 本 市 隅 田 八 幡 神 社 経 塚 出 土 草 花 流 水 双 鶴 鏡 は 出 土地 や 文 様 は ま っ た く異 な る もの の 中縁 直 角 の 縁 型 、 花 蕊 座 鉦 、11cm 前 後 の 径 、 肉 高 な 箆 押 しに よ る 文様 を持 つ の み な らず 、 ほ ぼ 同 様 の 高 錫 青 銅 の 組 成 を持 って い る。 以 上 の こ とか ら この2面 の 鏡 は少 な くと も同 一 系 統 の 工 房 、更 に限 定 す れ ば 同 じ工 房 で作 られ た可 能 性 が極 め て 高 い と考 え られ る。

ま た、 これ らの こ とか ら考 え る と組 成 分 析 を行 って い ない 為 、 確 実 な こ とは 言 えな い が 同 様 の 特 徴 を持 つ 自 銅 鏡 で あ る三 重 県 多度 町 多度 神 社 経 塚 出土 佛 桑 花 蝶 鳥 鏡 、 菊 山 吹 蝶 鳥 鏡 や 京 都 市 弁 天 島 経 塚 出 土 秋 草 文 鏡 も同 様 で あ る と 考 え られ る。 以 上の こ とか ら考 え る と文 様 構 成 の 異 な る鏡 で あ って も鏡 式 お よび 箆 押 しの タ ッチ 、 組 成 が同 様 で あれ ば 同 一 系 統 の]二房 で 作 られ た可 能 性 を示 唆 で き る もの と思 わ れ る。 その 意 味 で は 中縁 直 角 の 白銅 鏡 の 分 布 か らそ の 流 通 を知 る こ と がで き る可 能 性 は極 め て 高 い もの と思 われ る。 ま た 、 白銅 製 の 和 鏡 は概 ね シ ャ ー プで 肉 高 な箆 押 しに よ る鏡 背 文 様 を持 つ もの が 多 い だ けで な く 、近 畿 地 方 の み に限 定 して も出 土 鏡 全 体 の 総 数 か らす れ ば 白銅 製 の 和 鏡 の 出 土 量 は極 め て 小 さい もの で あ る。 その 意 味 で は 白銅 製 の 和 鏡 は鏡 式 が異 な って いて も材 質 的 な共 通 点 か ら同 一一系 統 の 工 房 、少 な くと もお互 い に 何 らか の か か わ りの あ る工 房 と い っ た ご く限 られ た系 統 の 工 房 の み で作 られ た もの で あ る と 考 え る こ と がで き るの で あ る。

結 語

本 研 究 は従 来 の 考 古 学 的 、美 術 工芸 史的 手法 に科 学 的 手 法 を加 え る こ とに

(7)

よ り中世 ・近 世 の鏡 の よ り一 歩 踏 み込 ん だ研 究 を 目的 と した もの で あ る。 そ の意 味 で は従 来 見 え て こな か っ た鍍 錫 の 問題 や花 蕊 座 鉦 を伴 う中 縁 直 角 の 白 銅 鏡 につ い ての 新 た な知 見 な ど基 礎 的研 究 と して は 一定 の成 果 が あ った とい え る 。 ま た 、問 題 点 と して は科 学 的 調 査 が移 動 に伴 う問題 等 か ら思 うほ どに 進 ま な か った 点 が 挙 げ られ る 。 そ の 意 味 で は今 後 の ポ ー タ ブル 式 小 型 蛍 光X 線 分 析 器 の 精 度 の 向 上 と普 及 しだ い で は大 き く進 展 で き る可 能 性 は極 め て 高 い と い え る。 尚 、和 鏡 の 生 産 ・流 通 て につ い て の今 後 の進 展 は和 鏡 の 出土 地 の 歴 史的 背 景 につ いて よ りい っ そ う理 解 を深 め て い く必 要 性 が あ る と同時 に 生 産 地 で あ る 鋳 造 遺 跡 か らの 鏡 の 出土 と そ の 分 析 に か か っ て い る とい え よ

う。

注】

日本 に お け る鏡 の 変遷 は お お よそ唐 式 鏡→ 瑞花 双 鳥 八稜 鏡 → 多度 式鏡(宋 式 鏡)→ 和 鏡 (→柄 鏡)の 順 に推 移 す る と され てい る。 しか しなが ら実 際 には 同時並 行 的 に存 在 し、各 々 が お互 い に影響 を与 え合 い 、新 しい要 素 を取 り入れ な が ら漸 移的 に 進 んで い っ た とい うほ うが妥 当で あ る。 また、 和鏡 は大 き くは細 縁鏡 、中縁 鏡 、厚 縁 鏡の3つ に分類 され る。 こ れ らは 細縁 鏡→ 中縁鏡 → 厚縁 鏡 と土 器 の よ うに 整然 と進行 す るの で は な く多少 の 時期 の ず れ は ある もの の おお よ そ同 時並 行 的 に存在 して い るた め 単系 的 な変 化傾 向 を追 う ことは ほ ぼ不 可能 で ある。

Figure

Updating...

References

Related subjects :