John Okada の戦略 : No-No Boy というフィクションにおいて

12 

全文

(1)

John Okadaの 戦 略 No-No Boyというフィクションにおいて 大 久 保 友 梨 1 は じ め に 1941年 12月 の真 珠 湾 攻 撃により 日米 聞 に 戦 争 が 勃 発 す る と ヲ Roosevelt 大 統 領 は 翌 年 2 月 に 行 政 命 令 9066号を発令した。 日系人 た ち は 強 制 収 容 所 へ と 送 ら れ た が , そ の 中 に は ア メ リ カ 国 籍 を 持 た な い 一 世 だ け で な く , ア メ リ カ 市 民 で あ る 二 世 も 多 数 含 ま れ て い た 。 1943年 , 強 制 収 容 さ れ た 17 歳 以 上 の 二 世 の 男 女 と 全 て の 一 世 に 対 L ,loyalty questions (Statement of United States Citizen of Japanese Ancestry, Application for Leave Clearance)が 行 わ れ た。そ の う ち 最 も 物 議 を 醸 し た質問 は 以 下 の 二 つ で ヲ ア メ リ カ 合 衆 国 へ の 従 軍 の意思 と , 合 衆 国 へ の 忠 誠 か っ 日 本 の 天 皇 へ の 不 服 従 を 要 求 す る こ と を 問 う も の で あ っ た (Daniels261)。

No.27. Are you willing to serve in the armed forces of the United States on combat duty wherever orderedワ

No.28. Will you swear unqualified allegiance to the United States of America and faithfully defend the United States from any or all attack by foreign or domestic forces, and forswear any form of allegiance or obedience to the Japanese emperor, to any otherforeign government, power or organization? (Weglyn 136)

こ の 間 い に YesYesと 答 え た 徴 兵 年 齢 の 二 世 男 子 は ヲ ア メ リ カ へ の 忠 誠 を 自 分 の 命 と 引 き 換 え に 証 明 す る た め に ア メ リ カ 軍 に 参 加 し た 。 特 に 二 世 の み で 結 成 さ れ た 第 442連 隊 戦闘部 隊 は , ヨ ー ロ ッ パ 戦 線 で の 激 し い 戦闘 の た め に , ア メ リ カ 軍 史 上 最 も 多 く の 死 者 を 一 部 隊 中 か ら 出 し た こ と で 知 ら れ て い る。 一 方 , 徴 兵年齢 の 21000人 の 二 世 男 子 の う ち 約 4600人 が , こ の 二 つ の 質問 の い ず れ か ヲ あ る い は 両 方 に Noと 答 え , 結 果 的 に 徴 兵 を 拒 否 L ,No No Boyと 呼 ば れ た 。 彼 ら は ア メ リ カ に 対 し て 忠 誠 心 が な い と 見 な さ れ た 。 そ し て 家 族 か ら 引 き 離 さ れ て TuleLake隔 離 収 容 所 に 転 送 さ れ , 徴 兵 を 拒 否 し た 人 た ち の ほ と ん ど は 有 罪 判 決 を 受 け て 連 邦 刑 務 所 に 収 容 さ れ た

(2)

(Daniels 262-263)。 し か し No-No Boyは ア メ リ カ へ の 忠 誠 心 を 持 っ て い な かったわけではない。 YOgl は “Both[No-No boys and Yes-Yes Boys] tried to prove themselves American, but by different means." (Yogi 68)と主張する。 No-No Boyは , 強 制 収 容 と い う 政 府 の 不 正 義 に 対 し て 法 廷 で 抗 議 す る こ と で , ア メ リ カ 人 と し て , 合 衆 国 憲 法 で 植 わ れ て い る ア メ リ カ 人 全 て の 基 本 的 人 権 を 守 ろ う と し た の で あ る 。 1957年 に 出 版 さ れ た 小 説 No-NoBoyは , 母 国 ア メ リ カ を 愛 し な が ら も , 二 つ の質問 に No/No と 答 え , 徴 兵 を 拒 否 し 投 獄 さ れ た No-NoBoyで あ る Ichiro Yamadaを 主 人 公 と し た 作 品 で あ る 。 こ こ で 注 目 す へ き は , こ の 小 説 を 執 筆 し た 日 系 2 世 作 家 JohnOkada 自 身 は 戦 争 に 従 軍 し て い る こ と だ (256)。つまり, Yes-Yes Boyで あ る Okadaは , あ え て No-NoBoyを 主 人 公 に 据 え て , フ ィ ク シ ョ ン の 小 説 を書きあげたのである。Okadaは, 1956年ヲ 執 筆 中 だ っ た 第 二 作 に つ い て 出 版 元 の チ ャ ー ノ レ ズ タトノレネ土に書き 送 っ た 手 紙 の 中 で ヲ 興 味 深 い 記 述 を遣している。 “This is a story which has never been told in fiction and only in fiction can the hopes and fears and joys and sorrows of people be adequately recorded." (256) こ の 記 述 か ら は ヲ 彼 の ブ イ ク ン ヨ ン 作 家 と し て の 強 烈 な 自 負 が 伺 え る 。 そ れ も そ の は ず , 当 時 の ア ジ ア 系 ア メ リ カ 文 学 の 主 流 は , 自 身 の 民 族 の 体 験 を 記 録 し た 自 伝 的 小 説 だ っ た か ら で あ る(Ling,No-No Boy 141)。

実際, 同 時 期 に MonicaSoneが 著 し た 自 伝 的 小 説 NiseiDaughter (1953) は , 大 手 出 版 社 か ら 発 売 さ れ る と す ぐ に 商 業 的 成 功 を お さ め て い る(Lingラ Race 361)。 し か し そ れ と は 対 照 的 に ,No-No Boy は 日 系 人 か ら も ア メ リ カ 人 か ら も 黙 殺 さ れ(Ling,No-No Boy 141), 出 版 後 15年 を 経 で も ま だ 初 版 の 1500部 を 売 り つ く す こ と が 出 来 な か っ た (Chinet a1. xxxvi)。商 業 的 失 敗の 一 因 に は , フ ィ ク シ ョ ン の 小 説 と い う 形 式 故 に ヲ 自 伝 的 小 説 と し て の ア シ ア 系 ア メ リ カ 文 学 に慣れ た 読 者 の関心 を 呼 ば な か っ た か ら と の 指 摘 も あ る(LingラNo-NoBoy 141)。 で は な ぜ Okadaは ヲ 当 時 異 端 で あ り , 商業 的にも リ ス ク の あ る ア ィ ク ジ ョ ン と い う 形 式 に こ れ ほ ど ま で に こ だ わ っ た の だ ろうか。 2 前 書 き の 登 場人物 が も た ら す 効 果 Okadaの ブ イ ク ジ ョ ン に お け る 戦 略 性 に着目す る 上 で 重 要 な の は ヲ 真 珠 湾攻 撃 直 後 か ら 戦 時 中 ま で の 日 系 ア メ リ カ 人 た も の 苦 境 を 概 観 し た 前書 き の 存 在 だ 。 こ の 前書きの特徴はヲ Ichiro ら 本 編 の 登 場 人 物 を 排 除 し ヲ 本

(3)

編 と は 全 く 関 係 の な い 前書き 独 自 の 登 場 人 物 の み で 構 成 さ れ て い る 点 に あ る 。 そ こ で 本 章 で は , 前書き の 登 場 人 物 が No-NoBoyと い う 小 説 全 体 に お い て ど の よ う な 役 割 を 果 た す よ う に 設 定 さ れ て い る の か に つ い て 小 説 に 込 め ら れ た テ ー マ J

r

Ichiroの 徴 兵 拒 否 の 理 由 」 と い う こ つ の 観 点 か ら , 小 説 本 編 と 前書き の 両 方 を 分 析 し て い く こ と に す る 。 ま ず 初 め に こ の 小 説 に 込 め ら れ た テ ー マ は 何 か 」 に つ い て , 小 説 を 概 観 し な が ら 考 察 し て い き た い 。 私 は ,No-No Boy が 追 求 す る テーマは“the goodness" (229), 言 い 換 え れ ば 「 弱 者 の 痛 み に 寄 り 添 う 心 」 で あ る と 考 え る 。 な ぜ か と い う と , こ の テ ー マ が 物 語 全 体 を 通 じ て 繰 り 返 し 描 か れ て い るからである。

本編は, Yes Yes Boyの EtoMinatoが, No No Boyの Ichiroに 唾 を 吐 き 掛

け 罵 倒 す る と い う 衝 撃 的 な シ ー ン か ら 始 ま る 。 Etoら YesYes Boysは 「 戦 死 者 た ち に 代 わ っ て 思 い を 語 ろ う と す る J (247) 人 間 で あ り , 徴 兵 を 拒 否

し 生 き 残 っ た NoNo Boysを激しく憎む。

さらにその後, Ichiroは ジ ャ ク ソ ン 通 り で 黒 人 に “Goback to Tokyo."と郷 撤される。

from the same place deep down inside where tolerance for the Negroes and the Jews and the Mexicans and the Chinese and the too short and too fat and too ugly abided because he was Japanese and knew what it was like better than did those who were white and average and middle class and good Democrats or liberal Republicans, the hate which was unrelenting and terrifying seethed up. (5 6)

同 じ 弱 者 で あ る 黒 人 に 憎 し み を 抱 く Ichiroの 姿 か ら は 到 底 ヲ 弱 者 の 痛 み に

寄 り 添 う 心 を 見 出 す こ と は 出 来 な い 。 そ の 後 も 日 系 社 会 で 最 も 弱 し 、 存 在 で

ある (Sumida,Twisted logic 40) Ichiroは , 底 意 地 の 悪 い YesYes Boy (!)Bull

に 公 衆 の 面 前 で 侮 辱 さ れ ヲ さ ら に は 弟 の 仲 間 の 若 い 日 系 人 た ち に 暴 行 さ れ , 怒 り と 屈 辱 で 自 己 嫌 悪 に 陥 る 。

方 本 編 の 中 で い ち 早 く 弱 者 の 痛 み に 寄 り 添 う 心 を Ichiroに示すのは,

旧 友 Ke町ijぞ。彼は YesYes Boyで は あ る が , 戦 場 で 片 足 を 失 い , 結 局 は そ の 傷 に よ り 命 を 落 と す こ と に な る 負 傷 兵 で あ り , だ か ら こ そ 同 じ 弱 者 で あ る NoNo Boyの Ichiroの 苦 悩 を 理 解 す る こ と が 出 来 る 。

Ichiroと 相 互 補 完 的 な 人 物 と し て 設 定 さ れ た Ke町i(Kirn,151)は ヲ 苦 悩 す る Ichiroよ り も 先 に 弱 者 の 痛 み に 寄 り 添 う 心 と ヲ そ れ が も た ら す 未 来 に つ

(4)

い て の 考 察 を 読 者 に は っ き り と 示 す 。

One hears the voice ofthe Negro or Japanese or Chinese or Jew, a clear and bell-like intonation of the common struggle for recognition as a complete human being and there is a sense of unity and purpose which inspires one to hope and optimism. One encounters obstacles, but the wedge of the persecuted is not without patience and intelligence and humilityラandthe opposition weakens and wavers and disperses. And the one who is the Negro or Japanese or Chinese or Jew is further fortified and gladdened with the knowledge that the democracy is a democracy in fact for all ofthem. One has hope, for he has reason to hope, and the quest for completeness seems to be a thing near at hand, and then. (134)

と こ ろ が ヲ そ こ で Ke町1の 夢 想 は 断 ち 切 ら れ ヲ 彼 の 思 考 は 根 深 い 人種差 別 と 憎 悪 が 渦 巻 く 現 実 に 向 け ら れ る 。 パ ス で 黒 人 の 乗 客 を 差 別 す る 日 本 人 の 婦 人 ヲ 白 人 と ダ ン ス を す る 姿 を 見 せ つ け 得 意 顔 の 中 国 人 少 女 , 日本人と ユ ダ ヤ 人 の 客 を レ ス ト ラ ン か ら 追 い 出 す イ タ リ ア 人 ヲ 白 人 に 間 違 わ れ る 黒 人 を 恨 む 黒 人 , 世 代 聞 で 憎 み 合 う 日 系 人 た ち 。 Ke町1は こ の 現 実 を 解 決 す る 術 を 見 出 せ な い 。 彼 は 死 の 間 際 ま で , 差 別 の な い 未 来 を 実 現 す る 方 法 を 模 索 し 続 け る 。 そ し て 行 き つ い た 結 論 は ヲ 人種を 混 交 さ せ ヲ 人種と い う 枠 組 み そ の も の を 無 く す こ と で あ っ た 。 彼 は Ichiroにヲ 日 本 人 以 外 の 人 種 と 結 婚 す る こ と を 勧 め る 。 し か し そ れ が 到 底 実 現 不 可 能 な 夢 物 語 に 過 ぎ な い こ とは, “It's just a dream, a big balloon." (164)と つ ぶ や い た Kenji自身が 番 よ く 分 か っ て い る 。 そ し て 彼 は 結 局 , 自 身 が 夢 見 た , 弱 者 同 士 が 連 帯 す る 未 来 へ の 糸 口 す ら 見 つ け る こ と が 出 来 な い ま ま こ の 世 を 去 っ て し ま う 。 方 Ichiroはヲ Kenjiの 他 に も 様 々 な 善意の 人 々 と 出 会 っ て い く 。 白 人 経 営者 Mr.Carrickは,“ in his heartfelt desire to atone for the error of a big country which hadn't been quite big enough ..."(151)と考えている人物で, Ichiroが No-NoBoy と知つでも差別するどころか弱者 Ichiro に同!青~,更 な る 好 条 件 の 仕 事 ま で 提 示 し て く れ る 。 彼 と の 出 会 い に よ り Ichiro は

There was someone who cared. Surely there were others too who understood the suffering ofthe small and the weak ..." (153)と気っき,アメリカネ士会で生き て い く 希 望 を 取 り 戻 し て い く 。

また, Ichiro と 夜 を 共 に す る 魅 力 的 な 若 い 日 系 人 女 性 Emi はヲ No-No Boyと な っ た 兄 を 恥 じ て 戦 場 か ら 帰 っ て こ な い 夫 を 待 ち 続 け る , 悲 し み を

(5)

抱 え た 弱 者 で あ る 。 彼 女 は “ 1think 1 know how you feel.1 thought about it 1 put myself in your place and 1 know how you feel.It's a very hopeless sort of feeling."(95) と諮り Ichiro の立場に同情~,彼の苦悩を思いやる。そし てアメリカを許~,アメリカで生き抜いていくよう励ますのである。

さらに Ichiroは NoNo Boyの Garyと 話 す 中 で , 職 場 で 虐 め に あ っ て い た Garyを か ば っ て く れ た 黒 人 Birdieの存在を知る。 Birdieは 職 場 で 孤 立 し た 弱 者 Gary に 心 か ら 同情し て 彼 を 守 ろ う と し た た め , 命 の 危 機 に さ ら さ れ る こ と と な っ た 。 Garyは“He[Birdie] was suffering for me, really suffering There's still plenty of good people around, you know." (226) と評~,それを聞 い た Ichiroは Kenjiや Emiヲ Mr.Carrickの存在を思う。

そして物語終盤で, Ichiroは つ い に 強 制 収 容 所 時 代 の エ ピ ソ ー ド を 思 い 出 す 。 当 時 教 会 に 行 っ た Ichiroはヲ 日 系 人 を 温 か く 迎 え て く れ た 白 人 が 黒 人 に 対 し て は 差 別 を し た こ と に ヲ 強 い 悲 し み と 憤 り を 覚 え た 。 こ こ か ら 明 らかになるのはヲ Ichiro自 身 が か つ て は 弱 者 の 痛 み に 寄 り 添 う 心 を 持 っ て い た こ と で あ る 。 さ ら に こ の エ ピ ソ ー ド は ヲ 物 語 冒 頭 , 彼 が ジ ャ ク ソ ン 通 り で 黒 人 た ち に 姉 撤 さ れ る 場 面 と 対 照 を 成 す よ う に 配 置 さ れ て い る 。 こ こ か ら は Okadaの 周 到 な 構 成 意 識 を 見 て 取 る こ と が 出 来 る 。 弱 者 の 痛 み に 寄 り 添 う 心 を 失 っ て 憎 悪 の 渦 に 飲 み 込 ま れ た Ichiroは ヲ 様 々 な 善 意 に 触 れ る 中 で , か つ て 持 っ て い た そ の 心 を 取 り 戻 し た の だ 。 そ し て 彼 は , 弱 者 同 士 が 憎 し み 合 う 現 実 を 解 決 す る 術 を 見 出 せ な か っ た Kenji と は 違 い , 世 界 中 に 溢 れ て い る 憎 し み を 取 り 除 く た め に 必 要 な の は “the goodness"(229)で は な い か と 気 づ き 始 め た の で あ る 。 こ こ で 前書き に 目 を 転 じ て み よ う 。 実 は 「 弱 者 の 痛 み に 寄 り 添 う 心 」 と い う テ ー マ が 最 初 に 登 場 す る の は , 前書き な の で あ る 。 ま ず 注 目 し た い 登 場 人 物 は , お そ ら く 白 人 で あ る 売 春 婦 の Jackie, そ し て ユ ダ ヤ 人 商 人 Herman Fineだ 。 彼 ら の 一 つ 自 の 共 通 点 は , 二 人 と も ア メ リ カ 社 会 に お け る 弱 者 で あ る こ と で あ る 。 Jackie は一回二ドノレで客を取る売春婦であるし, Fineは 3000年 以 上 に 渡 っ て 差 別 さ れ 迫害を 受 け て き た ユ ダ ヤ 人 だ。 Jackieと Fineの 二 つ 目 の 共 通 点 は , 苦 境 に 陥 っ た 日 系 人 に 対 L心 か ら 同 情し て い る こ と で あ る 。 特 に Fineは,迫害さ れ 続 け て き た ユ ダ ヤ 民 族 の 悲 しみをヲ 真珠湾攻 撃 に よ っ て 今 後 ユ ダ ヤ 人 の よ う に 差 別 さ れ 続 け る で あ ろ う 日 系 人 の 苦 境 に 重 ね 合 わ せ ヲ 心 を 痛 め る 。 前書き 全 体 を 通 し て 日 系 人 に 対 す る す さ ま じ い 憎 悪 と 迫 害 の 描 写 が 続 く 中 で ヲ 日 系 人 の 痛 み を 分 か ち 合 お う と す る 二 人 の 描 写 は 際異色だ。 さ ら に 前書き 後 半 で は ヲ 空 軍 兵 士 で あ っ た Okada自 身 の 姿 が 投 影 さ れ て

(6)

い る と 言 わ れ る 日 系 人 兵 士 が 登 場 す る (Ling,No-No Boy 142)。 彼 は , 両 親 を 同 じ 収 容 所 に 入 れ て あ げ て 欲 し い と 頼 ん だ が た め に No-NoBoyに な っ て し ま っ た 友 人 の こ と ば か り 考 え て い る 。 こ こ で は 友 人 に 対 す る 具 体 的 な 感情 に は 言 及 さ れ て い な い が , 老 い た 両 親 を 引 き 離 さ な い で ほ し い と い う 読 者 の 誰 も が 共 感 で き る 理 由 が 繰 り 返 し 想 起 さ れ る こ と か ら , Okadaの ま な ざ し が 投 影 さ れ た 日 系 人 兵 士 は ヲ お そ ら く 友 人 に 同情していたと推測できる。 こ の よ う に 前書き は , 本 編 に は 登 場 し な い 善意の 人 々 を 通 し て , 本 編 を 貫く 「 弱 者 の 痛 み に 寄 り 添 う 心 」 と い う テ ー マ を 啓 示 し , 読 者 の 潜 在意 識 の 中 に 刷 り 込 む 働 き を 担 っ て い る の で あ る 。 次 に ヲ 主 人 公 Ichiroの 徴 兵 拒 否 の 理 由 に つ い て 考 察 し て い き た い 。 Okada が Ichiroと い う キ ャ ラ ク タ ー を 造 形 し た 目 的 は , 強 制 収 容 さ れ た 日 系 ア メ リ カ 人 の 抗 議 の メ ッ セ - : / を 表 現 す る た め で あ る と Lingは 主 張 す る (Ling, Race374)。この Lingの議論は,前述した YOglの主張と同様に,“thepolitical demand for racial equality implicit in his [Ichiro's] act" (Ling, Race 366) によ って Ichiroが No-NoBoyに な っ た と い う 前 提 の 上 に 成 り 立 っ て い る 。 確 か に Ichiroは ヲ 母 国 ア メ リ カ を 愛 し 自 分 を Americanであると認 識して い な が ら No-NoBoyに な っ た 人 物 だ。だ が Ichiroは ヲ 自 分 が徴 兵忌 避 し た 理 由 を は っ き り と は 説 明 で き な い 。 彼 は 自 分 を No-NoBoyにさせた原因を, 自 身 の 母 や 自 分 の 弱 さ ヲ 父 や 日 本 な ど , 様 々 な も の に 求 め る 。 さ ら に Llng の 前 提 へ の 疑 念 を 決 定 づ け る の は ヲ Ichiroは 物 語 の ほ ぼ 全 編 を 通 し て No と い っ た の は 過 ち で あ り 罪 で あ っ た と 後 悔 し 続 け て い る こ と で あ る 。 実 は , 徴 兵 忌 避 を し た の は No-NoBoyだ け で は な い 。 忠 誠 審 査 の質問に は Yes-Yesと 答 え た に も 拘 わ ら ず ヲ 徴 兵 を 忌 避 し た Resistersと い う 者 た ち も 存 在 し た の で あ る 。 し か し Resistersは , 自 分 た ち は No-NoBoyとは違う

グノレーブであると見なしていた (SumidaラTwistedLogic 40)。 自 身 が Resister だ っ た FrankEmiは, Ichiroが 退 役 軍 人 の Etoに 唾 を 吐 き 掛 け ら れ で も 抵

抗 す る こ と な く 為 さ れ る が ま ま に な っ て い る 描 写 に 立 腹 し た と 証 言 し て

いる (Abe句。

では,なぜ Ichiroは Yes-Yes Boysに 抵 抗 し な い の だ ろ う か 。 そ れ は Ichiro

が Resisterで は な い か ら だ と Sumidaは 主 張 す る 。 そ し て Resisterと No-No

Boysと の 違 い を 次 の よ う に 推 測 す る 。

Maybe a Resister has grounds for certainty about his decision to resist the draft because first of a11 a Resister, by the present1y asserted definition, drew a boldness from having been a Yes-Yes Man in 1943ラwhileN o-N 0

(7)

Twisted Logic 43)

だ か ら こ そ Okadaはヲ Ichiroが Resisterで は な い と い う こ と を 主 張 す る た め,小説とタイトノレに No-NoBoyと い う 言 葉 を 選 択 し た の だ と Sumidaは 言う (Sumida,Twisted Logic 43)。 つ ま り , 政 治 的 理 由 は , Ichiroが Noと言 っ た 主 た る 原 因 で は な い の で あ る 。 だ と す る な ら ば ヲ 彼 の 徴 兵 忌 避 の 最 大 の原因は何だろうか。

実 は 彼 自 身 も 理 解 し て い な い真実 が , 彼 の 無 意 識 下 の 反 応 に 表 れ て い る の で あ る 。 そ れ は 弟 Taroが 軍 隊 へ 入 隊 す る こ と を Ichiroが 知 る 場 面 に 見 ら れ る 。 そ の 話 を 聞 い た Ichiroの 口 か ら は と っ さ に “Yourealize Ma won't get over it, don't you?" (67)と い う 発 言 が 出 る の で あ る 。 日 本 に 心 酔 す る 国 粋 主 義 者 で あ る Ichiroの 母 に と っ て ヲ 息 子 が ア メ リ カ の 軍 隊 に 行 く の は 恥 で あ り, 自 身 の 死 と 等 し い こ と で あ っ た 。 Ichiro が 母 に ヲ も し 自 分 が ア メ リ カ の 軍 隊 に 行 っ た ら ど う す る か と 問 う と , 母 は 自 死 す る と 答 え る (42)。 一 方 Ichiroの友人の Kenzoは 入 院 中 の 母 の 反 対 を覚悟 で 入 隊 し ヲ 彼 の 母 は シ ョ ッ ク 死する。 Kenzoと 自 分 と の 違 い は 「 弱 さ 」 に あ る と Ichiroは自責する (34)。 こ の 一 連 の エ ピ ソ ー ド は , 愛 す る 母 の 死 と い う 恐 怖 こ そ が ヲ Ichiro が No-No Boyに な っ た 一 番 大 き な 原 因 だ と 示 唆 し て い る の で は な い か 。

Ichiroは 物 語 の ほ ぼ 全 編 を 通 し て ヲ 自分を No-NoBoyに さ せ て し ま っ た 母 を 憎 む 。 し か し そ の 憎 し み は 母 へ の 愛情と表裏一 体 で あ る こ と を ヲ 読 者 は 認 識 し な け れ ば な ら な い 。 な ぜ な ら ば ヲ Ichiro は ど れ ほ ど 母 を 憎 も う と も , 決 し て 母 を 見 捨 て る こ と が 出 来 な い か ら で あ る 。 そ の 原 点 は , 幼 少 期 の 淡 い 幸 せ な 思 い 出 に 遡 る 。

There was a time when 1 was your son. There was a time that 1 no longer remember when you used to smile a mother's smile and tell me stories about gallant and fierce warriors who protected their lords with blades of shining steel and about the old woman who found a peach in the stream and took it home andラwhenher husband split it in half, a husky litt1e boy tumbled out to fill their hearts with boundless joy. 1 was that boy in the peach and you were the old woman and we were Japanese with Japanese feelings and Japanese pride and Japanese thoughts because it was all right then to be Japanese and feel and think all the things that Japanese do even if we lived in America. (15)

(8)

彼 と 母 を つ な ぐ も の は ヲ か つ て は 確 か に 存 在 し た ヲ 血 を 分 け た 母 と 子 の 聞 の 愛情で あ る 。 し か し 強 制 収 容 や 忠 誠 審 査 に よ っ て , 二 人 は 母 と 子 で あ り な が ら , 同 時 に 敵 国 人 同 士 で あ る 日 本 人 と ア メ リ カ 人 で あ り , 対 立 関 係 に あ る 日 本 国 粋 主 義 者 と ア メ リ カ 愛 国 者 に な っ て し ま っ た の だ 。 な ん と か し て 母 と の 粋 を 断 ち 切 ろ う と も が く Ichiroは, Taroの 入 隊 と 実 姉 か ら の 敗 戦 の 知 ら せ に よ っ て 気 が ふ れ た 母 を 捨 て , 違 う 町 で からやり 直 す 決 意 を 固 め る 。 し か し 結 局 は , 非 常 に 好 条 件 の 仕 事 を 断 っ て ま で 故 郷 へ戻るのである。 Ichiroが ど う し て も 捨 て ら れ な か っ た も の は , 血 を 分 け た , 愛 す る 母 親 だ っ た の で は な い だ ろ う か 。 そ の 推 測 を 裏 付 け る の は , 前書き に 登 場 す る 日 系 人 兵 士 の 「 友 人 」 の 存 在 で あ る 。 彼 は , 母 と 父 を 同 じ 収 容 所 に 入 れ て 欲 し い と 訴 え た た め に 連 邦

刑 務 所 で 服 役 す る こ と に な っ た NoNo Boyで あ る 。 つ ま り 彼 は Ichiroと同

様 , 愛 す る 家 族 の た め に 仕 方 な く NoNo Boyに な っ て し ま っ た 人 物 と し て 設定されているのだ。~~ち前書きの段階で登場する No NoBoyこ そ が ヲ 母 を 捨 て ら れ な か っ た NoNo Boyという Ichiroの人物設定の布石であり, Ichiroの 徴 兵 忌 避 の 原 因 を 暗 示 す る 役 割 を 果 た し て い る の で あ る 。 3.結 末 の 意 味 し か し な ぜ Okadaは ヲ 政 府 に 抵 抗 す る Resisterで は な く , 母 の せ い で No No Boyに な っ た こ と を 後 悔 す る 主 人 公 を 作 り 上 げ る 必 要 が あ っ た の だ ろ う か 。 そ の 理 由 が 明 ら か に な る の は , こ の 作 品 の 結 末 に お い て で あ る 。

Ichiroの 友 人 で NoNo Boyで あ る Freddieはヲ自暴自棄で享楽 的 な 生 活 を 送 る こ と で ヲ 辛 い 現 実 か ら 必 死 に な っ て 目 を 背 け よ う と す る 。 さ ら に 彼

は 自 身 に 唾 を 吐 き か け 侮 辱 し た Etoを ナ イ フ で 刺 L,Yes Yes Boysと一触

即 発 の 状 態 と な る 。 そ し て 怒 り 狂 っ た Bull と乱闘騒 ぎ を 起 こ し た Freddie

は ヲ 彼 か ら 逃 げ る 途 中 で 車 の 事 故 を 起 こ し て 悲 劇 的 な 死 を 迎 え , そ れ を 知

った Bull は 赤 ん 坊 の よ う に 号 泣 す る ‘'Then he [Bull] started to cry, not like a man in grief or a soldier in pain, but like a baby in loud, gasping, beseeching howls." (250)。

こ れ ま で Ichiroや Freddieと 対 立 し て き た Bullや Etoら YesYes Boysはヲ No No Boysに と っ て 圧 倒 的 強 者 と し て 描 か れ て き た 。 物 語 冒 頭 で Etoの 前

に脆く Ichiroの 目 に は ヲ 彼 は 自 身 を 裁 く 神 や 陪 審 の よ う に 映 る 。

The legs of his [Ichiro's] accuser were in front of him. God in a pair of green fatigues, U.S. Army style. They were the legs of the jury that had

(9)

passed sentence upon him. Beseech me, they seemed to say, throw your arms about me and bury your head between my knees and seek pardon for your great sin. (4)

その他にも, Ichiroの ま な ざ し を 通 し て 描 か れ る YesYes Boys の 描 写 は “Bull, grinning hideously, .." (246) あるし、は“ said Bull with the meanness in his dark face" (246)な ど の よ う に 底 意 地 が 悪 く 攻 撃 的 だ 。 一 方 で そ の 心 情に つ い て は ヲ 彼 ら 自 身 の 声 で 諮 ら れ る こ と は 一 度 も な い 。 し か し YesYes Boysの 声 は , 前 書 き に 登 場 す る 日 系 ア メ リ カ 人 兵 士 に よ っ て 代 弁 さ れ て い る 。 彼 は , 白 人 将 校 に 強 制 収 容 に つ い て 説 明 す る 。 話 を 聞 い た 将 校 は 政 府 の 理 不 尽 さ に 憤 る が , 日 系 人 兵 士 は た だ “1got reasons." と し か 諮 ら な い (xi)。ここからはヲ YesYes Boysも 政 府 の 強 制 収 容 や 忠 誠 審 査 と い っ た 人 権 侵 害 に つ い て ヲ NoNo Boysや Resistersと 同 様 の 思 い を 抱 い て い た で あ ろ う こ と が 読 み 取 れ る 。 し か し 彼 ら は こ の よ う な 矛 盾 を よ く 分 か っ て い な が ら , そ の 上 で 自 分 は ア メ リ カ 人 だ と 命 を 懸 け て 示 す た め , 戦 場 に 赴 い た の で あ る 。 と こ ろ が 彼 ら を 戦 後 待 ち 受 け て い た の は “name calling, busted windows, dirty words painted on houses"(163)と い っ た 白 人 た ち か ら の 激 し い 人 種 差 別 で あ っ た 。 そ れ で も な お , 彼 ら は 白 人 ア メ リ カ 人 に憧れ る 。 そ れ が 最 も あ か ら さ ま に 表 現 さ れ て い る の が ヲ Bullが 容 姿 端 麗 な 白 人 女 性 を ClubOrientalに 伴 っ て 現 れ , 周 固 め 注 目 を ひ こ う と す る 場 面 で あ る (73)。“representingsomething superior"と 見 な し て い る 白 人 を ヱ ス コ ー ト す る こ と で , Bullは 自 身 を 日 系 ア メ リ カ 人 の 枠 か ら 逸 脱 さ せ よ う と し て い る (Yogi,68)。 し か し 結 局 は 日 本

人 の 身 体 を 持 っ て い る 限 り , Yes Yes Boysが 白 人 ア メ リ カ 人 に な る こ と は 不 可 能 な の で あ る 。

ここで我々はヲ YesYes Boysと Ichiroと の 驚 く ほ ど の 類 似 性 に 気 付 く 。 Ichiroは YesYes Boysか ら 差 別 を 受 け て も な お YesYes Boyに 憧 れ る 。 彼

は , 砲 弾 を 受 け た 足 を 何 度 も 切 断 し 死 に 至 ろ う と し て い る Kenji さ え も 羨 み,“I'llchange with you, Kenji, •• Give me the stump which gives you the right to hold your head high." (64)とまで原画う。だが NoNo Boyに な っ て し ま っ た Ichiroは , ど れ ほ ど 願 お う と も 決 し て YesYes Boyに な る こ と は 出 来 な い のである。

ま た Sumidaはヲ Ichiroは “thelowest person in the Nikkei community"で あ る と 指 摘 す る (Sumida,Twisted logic 40)。 で あ る な ら ば , ア メ リ カ 社 会 の 差

(10)

に は 彼 ら を 差 別 す る YesYes Boysが ヲ さ ら に そ の 上 に は 日 系 人 を 差 別 す る 白 人 た ち が し 、 る と い う 構 図 が 見 え て く る 。 つ ま り 自 身 を 差 別 す る 白 人 に憧

れ な が ら も 決 し て 白 人 に は な れ な い YesYes Boyの 姿 と , 自 身 を 差 別 す る Yes Yes Boyに憧れ な が ら も 決 し て そ れ に は な れ な い NoNo Boyの Ichiro の姿が,アメリカネ士会のヒエラノレキーの中で中目似 形 の よ う な 構 造 に な っ て い る の で あ る 。 Okada が NoNo Boy で あ り な が ら そ の 選 択 を 後 悔 す る Ichiroを 主 人 公 に 据 え た の は , こ の 構 造 を 作 り 出 す た め だ っ た か ら で は な いだろうか。

No No Boyと 重 な る よ う に YesYes Boy が 設 定 さ れ て い る こ と に よ っ て ヲ 終 始 対 立 し て き た YesYes Boysと NoNo Boysは 共 に ア メ リ カ 社 会 の

犠 牲 者 で あ る と い う こ と が 鮮 明 に な っ た 。 そ れ 故 に , た と え 心情が 一 言 も

語 ら れ ず と も ヲ こ れ ま で 非 情 な 存 在 と し て 描 か れ て き た YesYes Boysの 心

の 奥 底 か ら 湧 き 上 が る 悲 し み が ヲ Ichiroの 苦 し み や 葛 藤 を 追 っ て き た 読 者 に は ヲ な お 層 鮮 烈 に 迫 っ て く る の で あ る 。

Ichiro put a hand on Bull's shoulder, sharing the empty sorrow in the hulking body, feeling the terrible loneliness of the distressed wails, and saying nothing. (250)

このシーンはヲ Etoの 前 で Ichiroが 脆 き つ ば を 吐 き か け ら れ る 冒 頭 と , 鮮 や か な 対 比 を 成 す よ う に 構 成 さ れ て い る (Sumida,Moral Dilemmas 227)。こう

して Ichiroは , つ い に 自 ら 弱 者 Bullに 手 を 差 し 伸 べ る に 至 る の で あ る 。

そ し て Ichiroが “aglimmer of hope"を 垣 間 見 る ラ ス ト シ ー ン に お い て , Okadaの フ ィ ク シ ョ ン 上 の 戦 略 が 結 実 す る。

A glimmer of hope-was that itワItwas there, someplace. He couldn't see it to put it into words, but the feeling was pretty strong

He walked along, thinking, searching, thinking and probing, and, inthe

darkness of the alley of the community that was a tiny bit of America, he chased that faint and elusive insinuation ofpromise as it continued to take shape in mind and in heart. (250)

“a glimmer of hope"の 正 体 は 明 ら か に さ れ て い な い 。 だ が 「 弱 者 の 痛 み

に 寄 り 添 う 心 」 に よ っ て ア メ リ カ 社 会 に お け る ヒ エ ラ ノ レ キ ー 構 造 の 角 で

(11)

ア メ リ カ ネ 士 会 に 存 在 す る あ ら ゆ る 人種聞 の 差 別 す ら も な く な る の で は な いかという期待が, Okadaの 戦 略 に よ っ て 暗 示 さ れ て い る の で は な い だ ろ う か 。 ま た 前書き に 登 場 す る 善意の 人 々 の 存 在 こ そ が , ア メ リ カ の ど こ か に Ichiro の ま だ 知 り え ぬ 善 意 が 確 実 に 存 在 し て い る こ と の 証 明 で あ り , Ichiro が 漠 然 と 感 じ て い る 希 望 の 確 か さ と , 彼 の 行 く 手 に 待 っ て い る で あ ろ う 明 る い 未 来 を , 読 者 に 確 信 さ せ る の で あ る 。 4 終 わ り に No-No Boyが 執 筆 さ れ た 1950年 代 の ア メ リ カ で は ヲ ア フ リ カ 系 ア メ リ カ 人 に よ る 公 民 権 運 動 が 起 こ っ て い た に も 拘 わ ら ず , 冷 戦 で 敵 対 す る 共 産 圏 に 対 し て , 人 種 差 別 の な い 平 等 な 国 で あ る こ と を ア ピ ー ノ レ し な け れ ば な らなかった。 こ の よ う な 政 治 的 状 況 の 中 で , 無 害 な minorityで あ る こ と を 期 待 さ れ た 日 系 ア メ リ カ 人 作 家 に 求 め ら れ た の は ヲ ア メ リ カ 白 人 社 会 へ の 同 化 を / ン ブ イ ク ジ ョ ン の 形 式 で 描 く こ と で あ っ た(Ling,Race 361)。 しかし Okadaは , 当 時 の 日 系 ア メ リ カ 文 学 界 に お い て は 異 色 の ア ィ ク ジ ョンヲ

m

D

ち 「 弱 者 の 痛 み に 寄 り 添 う 心 」 を 失 っ たIchiroが 様 々 な 人 々 の 善 意に触れ, 自 ら も そ の 心 を 取 り 戻 し て い く 旅 路 を 描 く こ と を 試 み た 。 そ の た め に Okada は ブ イ ク ジ ョ ン 上 の 戦 略 を 駆 使 し , Ichiro を Yes-Yes Boyの 相 似 形 と な る よ う に 設 定 し , 主 要 登 場 人 物 が 一 切 出 て こ な い 前書き か ら 本 編 の ラ ス ト ン ー ン に 至 る ま で 貫し て 「 弱 者 の 痛 み に 寄 り 添 う 心 」 を描き出した。それらの戦略が, Ichiroが働突する Bulllこ手を差し伸べる結末 において結実し, No-No BoyとYes-YesBoy聞 の 対 立 だ け で は な く , あ ら ゆ る 人 種 聞 の 対 立 が 解 消 す る 未 来 へ の 希 望 を 示 唆 す る こ と が 可 能 に な っ た 。 こ の よ う に Okada は , 執 筆 当 時 は ま だ 存 在 す ら し な か っ た 概 念 で あ る

(Sumida, Moral Dilemmas 231)多 文 化 共 生 主 義 の 萌 芽 の よ う な も の を , ブ イ ク ン ヨ ン と い う 形態 を 取る こ と で , 戦 略 的 に 描 き 出 す こ と に 成 功 し た の で

あ る 。 こ の ビ ジ ョ ン こ そ が , 彼 を 同 世 代 の 日 系 人 作 家 の 中 で 傑 出 し た 存 在 た ら し め て い る の で は な い だ ろ う か 。

参 考 文 献

Abe, Frank

The Classroom Guide" of DVD In Search ofN o-N 0 Boy: Classroom

Edition. Seatt1e: Resisters.com Productions, 2007

(12)

Washington: Howard UP, 1974

Daniels, Roger. Asian America Chinese and Japanese in the United States since 1850. Seattle and London: University of Washington Press, 1988

Kim, Elaine H. Asian American Literature An Introduction to the Writings and Their Social Context. Philadelphia: Temple UP,1982

Ling, Jinqi

Race, Power, and Cultural Politics in John Okada's No-No Boy." American Literature 67.2 (1995): 359 81

No-No Boy by John Okada." A Research Guide to Asian American Literature Ed. Sau ling Cynthia Wong and Stephen H. Sumida. N ew York: The Modern Language Association of America, 2001: 140 50

Okada, John. No-No Boy. 1957. Seattle: U ofWashington P, 1979

Sumida, Stephen H “Japanese American Moral Dilemmas in John Okada's No No Boy and Milton Murayama 's All 1 Asking for Is My Body." Frontiers of Asian American Studies Writing, Research, and Commentary. Eds. Gail M Nomura, Russell Endo, Stephen H. Sumida, Russell C. Long. Pullman, W A Washington State UP, 1989: 222 33

“No-No Boy and the Twisted Logic of Internment." AALA Journal, 13,2007 33 49

Weglyn, Michi. Years ザInfamy The Untold Story of America 's Concentration Camps. New York: William Morrow, 1976

Yogi, Stan“‘You had to be one or the other': Oppositions and Reconciliation in John Okada's No-No Boy." MELUS 21.2 (1996): 63 77

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :