Allergens News Network メールニュース No.30 バックナン

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

バックナンバーはこちらへ

---

---Allergens News Network メールニュース No.30

アレルギー疾患と水虫

第 36 回日本小児臨床アレルギー学会 共催シンポジウムのご案内

2019 年 6 月

サーモフィッシャーダイアグノスティックス株式会社 発行

---

---△アレルギー疾患と水虫

1. はじめに

皮膚糸状菌症(白癬)は最も頻度の高い皮膚真菌症で、日本での推定患者数は 2,000 万人

を越え、加齢とともに罹患率は増加します

1,2)

。皮膚科外来初診の 12%が真菌による感染症

で、そのうちの 88%が白癬といわれ

3)

、海外でも高齢化が進む中で患者数が増加して問題と

なっています。主な本症の原因菌は、ヒトに寄生する Torichophyton rubrum および T.

mentagrophytes var. interdigitale です。近年、国際試合に参加した柔道、レスリングなどの

格闘技選手の間で集団感染後、低年齢層の選手を介して学校、家庭などで流行し社会問題

となった、中南米の頭部白癬の原因菌 T. tonsurans による白癬も増加しつつあります

4)

。ま

た、ペットに寄生する Microsporum canis、および T. mentagrophytes var. mentagrophytes

もヒトに感染することがあります

5)

。白癬は、菌が寄生している部位によって、頭部白癬、体部

白癬、股部白癬、足白癬、爪白癬に分類され、まれに菌が真皮、皮下組織、内臓に寄生する

深在性白癬も知られています。最も頻度が高いのが足白癬、次いで爪白癬です

1-3)

(2)

表 1. 主な皮膚糸状菌 文献 1,5)より作成

2. 白癬菌とアレルギー性疾患

1949 年に慢性白癬患者にアレルギー歴が高頻度に認められることが報告されていました

6)

白癬患者において、アトピー素因*の有無に関らず白癬菌に対する特異的 IgE が陽性になる

ことが報告され、同様な結果が多数追試されています

7-10)

1930 年に白癬菌の関与する喘息例が報告され

11)

、1980 年に Jones は、アレルギー性鼻炎

または喘息において、慢性白癬菌感染に関連して総 IgE および Trichophyton 特異的 IgE が

上昇することを示しています(atopic-chronic dermatophytosis syndrome と提唱)

12)

。また、

2003 年に気道アレルギーを有する 4,962 例において、7 菌種**の感作を調査した結果、

19.1%に少なくとも 1 菌種の感作が認められ、その 10.2%に Trichophyton 感作が認められ

ました。真菌単独陽性例を認め、その菌種は、Alternaria、Candida および Trichophyton で、

これら 3 種が主要感作真菌と述べられています

13)

*:アレルギー疾患の家族歴を有し環境アレルゲン感作 **:Alternaria、Aspergillus、Candida、Cladosporium Penicillium、Saccharomyces、Trichophyton

以上のように、いずれのアレルギー疾患においてもその病態に白癬菌が関与することが報

告されています。

・ 喘息

Mungan らは、白癬の存在は、喘息およびアレルギー素因の有無に関らず白癬感作の

重要な因子となること、および重症喘息において最も感作頻度が高いことから、重症か

つ非アレルギー性の喘息においては、白癬の所見および白癬菌の感作を確認すべきと

報告しています

14)

本邦から Matsuoka らが、喘息の重症度と T. rubrum 特異的 IgE 抗体価および感作率

菌種

寄生部位・動物

Trichophyton rubrum

足、体

Trichophyton mentagrophytes

足、体

Epidermophyton floccosum

Trichophyton tonsurans

体、頭

Microsporum canis

ネコ

Trichophyton mentagrophytes

ウサギ、げっ歯類

Trichophyton verrucosum

ウシ

ヒト寄生菌

動物寄生菌

(3)

が関連するものの、他のカビを含む環境アレルゲンでは関連が認められないことから、

T. rubrum 特異的 IgE 抗体価が独立した喘息の重症度の指標になると報告しています

15)

Ward らは、11 例の白癬を持つ高齢発症喘息(アトピー型 7 例、非アトピー型 4 例)を対

象にフルコナゾール(100mg/日)を 10 ヶ月間(一部は後半の 5 ヶ月間)投与した結果、

白癬菌エキスの吸入誘発閾値の増加(白癬菌エキスへの反応性の低下)、ピークフロー

値の改善が認められ、経口ステロイド頓用がなくなったと報告しました

16)

最近、Watai らは、喘息長期経過中に Aspergillus および Trichophyton の新規感作を

認め、喘息管理に及ぼす真菌感作の影響を考慮し、新規の真菌感作に注意を払うこと

が重要と述べています

17)

・ 職業アレルギー

星らは、介護老人保健施設看護師のトリコフィトン喘息例を報告しています。非アレルギ

ー性喘息と診断されていましたが、病歴から Trichophyton が原因と診断され職場を変え

たところ喘息が改善しました

18)

また、podiatrist(足治療医)、ネイリストの職場環境(nail and skin dust)から約 10%の

施設で白癬菌が検出されること、14%のこれら職業の従事者で T. rubrum の沈降抗体

が陽性となること、49%が職場環境において鼻(71%)または眼(41%)の症状を訴えて

いることが報告されています

19-21)

・ アレルギー性鼻炎

白癬菌による皮膚試験、特異的 IgE 検査および鼻誘発試験にて白癬菌による即時過敏

反応が確認された通年性の鼻炎 8 例を対象に、経口抗真菌薬投与が鼻炎および白癬に

有効であったと報告されています

22)

。また、白癬を持つ通年性の喘息では白癬菌エキス

の鼻誘発後に気道過敏性が上昇することが報告されています

23)

・ 慢性蕁麻疹

1967 年、Weary らは白癬を持つ慢性蕁麻疹患者でグリセロフルビンが有効であったと

報告し

24)

、その後、Platts-Mills らが同様な結果を報告しています

25)

最近、白癬を持つ慢性蕁麻疹患者の 71.1‐84.9%が、T. rubrum、T. mentagrophytes ま

たは Epidermophyton floccosrum に感作されており、アレルギー疾患のない白癬

(22.2‐33.3%)、白癬を持たない慢性蕁麻疹(2.4‐9.5%)および健常者(すべて陰性)に

比較して感作率が有意に高かったと報告されました。また、同時に検討した Candida

albicans とこれらの菌に交差性は認められませんでした

26)

(4)

・ アトピー性皮膚炎

Rajka らはアトピー性皮膚炎において、白癬の有無に関らず Trichophyton 即時型皮膚

反応陽性頻度が高く、Trichophyton に対する反応は他の空中真菌と相関することから、

Trichophyton 即時型皮膚反応は、他の空中真菌との交差性によるものと報告していま

27)

Scalabrin らは、中等症以上のアトピー性皮膚炎における環境アレルゲン(チリダニ、

Alternaria、Aspergillus)および常在菌(Candida、Malassezia、Trichophyton)の感作を

検討した結果、検討したいずれのアレルゲンについても、感作率および特異的 IgE 抗体

価が重症度と関連したと報告しました

28)

本邦でも、池澤らは、Candia、Malassezia および Trichophyton の感作率および特異的

IgE 抗体価の上昇が、成人アトピー性皮膚炎の重症度と関連することを報告し、さらに、

Trichophyton 感作は、患者自身のみならず家族の白癬の病歴にも関連することから、

経皮だけでなく経気道による可能性も考えられると述べています

29)

3. 白癬菌のアレルゲン

・ 白癬菌に対する免疫応答

白癬菌による感染者は、即時型反応(IH)、遅延型反応(DTH)および 2 相反応(Dual)を

起こすことが報告されています。慢性の白癬患者に高頻度にみられる IH には、特異的

IgE および IgG4 抗体が、Dual にも特異的 IgE が、DTH には T 細胞が関与すると報告

され、これらの現象は、白癬菌のアレルゲンコンポーネントの同定により明らかになりま

した。また、非白癬感染者において、皮膚反応にて 30%が DTH、23%が IH を示すと報

告されています

30)

・ アレルゲンコンポーネント

以下の 4 種が世界保健機構アレルゲン命名委員会(WHO IUIS)に登録されています。

表 2. 白癬菌のアレルゲンコンポーネント WHO IUIS ホームページ、文献 31)より作成

1990 年に T. tonsurans の主要アレルゲンとして Tri t 1 が単離され、白癬菌感作喘

菌名

アレルゲン名

生物活性

分子量

感作経路

Tri r 2

セリンプロテアーゼ

29kD

接触

Tri r 4

セリンプロテアーゼ

85kD

接触

Tri t 1

グルカナーゼ

30kD

不明

Tri t 4

セリンプロテアーゼ

83kD

接触

Trichophyton rubrum

Trichophyton tonsurans

(5)

息、鼻炎または蕁麻疹患者の 73%に Tri t 1 に対する特異的 IgE が認められました。一

方、Trichophyton 粗抽出に対して DTH を示す例では、Tri t 1 に対する DTH を起こす

例はほとんど認められませんでした

31)

。1996 年に同菌から DTH を活性指標として Tri

t 4 が単離されました。興味あることに、Trichophyton 粗抽出に対して DTH を起こす例

で、Tri t 4 特異的 IgG が検出されますが、特異的 IgE および IgG4 は検出されません。

一方、Trichophyton 粗抽出に対して IH を起こす例では、Tri t 4 特異的 IgE および

IgG4 が検出されました

32)

その後、T. rubrum の遺伝子組み換え体 Tri r 4 が

33)

、さらに、Tri r 2 の組み換え体も

作製され、Tri r 2 も Tri t 4 と同様に IH および DTH を惹起することが報告されています

34)

4. まとめ

アレルギー疾患と白癬の関連は古くから知られていることですが、喘息、アレルギー性鼻炎、

慢性蕁麻疹、アトピー性皮膚炎において、白癬の所見および Trichophyton 特異的 IgE 検査

が必要となる例が少なからず存在するため Trichophyton は日常診療において念頭に置くア

レルゲンのひとつと考えられています

35,36)

参考文献

1. 比留間政太郎.皮膚糸状菌症(白癬)の臨床面.Jpn J Med Mycol 2007; 48: 116-8. 2. 丸山隆児、福山国太郎、加藤卓朗、杉本理恵、谷口裕子、渡辺京子、西岡 清.白癬の感染予防.Jpn J Med Mycol 2003; 44: 265-8. 3. 日本皮膚科学会 HP.皮膚科 Q&A 白癬(水虫・たむしなど)

4. 小川祐美.Trichophyton tonsurans 感染症の現状と対策.Med Mycol J 2012; 53: 179-83.

5. 山田 剛、槇村浩一.白癬とその原因菌に関する基礎的研究の現状.日微生物会誌 2011; 21: 1-10.

6. Jillson OF, Huppert M. The immediate wheal and 24-48 hour tuberculin type edematous reactions to trichophytin.

J Investig Dermatol 1949; 12: 179-85.

7. Balogh E, Forizs E, Debrreczeni M, Szabolcsy M. Serum IgE level and T-cell count in chronic dermatophytosis.

Mykosen 1981; 24: 84-9.

8. Hay RJ. Chronic dermatophyte infections. I. Clinical and mycological features. Br J Dermatol 1982; 106: 1-7.

9. Jones HE, Reinhardt JH, Rinaldi MG. A clinical, mycological and immunological survey for dermatophytosis. Arch

Dermatol 1973; 108: 61-4.

10. O’Loughlin S, Diaz-Perez JL, Gleich GJ, Winkelmann RK. Serum IgE in dermatitis and dermatosis: an analysis of 497 cases. Arch Dermatol 1977; 113: 309-15.

11. Wise F, Sulzberger MB. Urticaria and hay fever due to trichophytin (Epidermophyton interdigitale). JAMA 1930; 95: 1504.

(6)

13. Mari A, Schneider P, Wally V, Breitenbach M, Siomon-Nobbe B. Sensitization to fungi: epidemiology, comparative skin tests and IgE reactivity of fungal extracts. Clin Exp Allergy 2003; 33: 1429-38.

14. Mungan D, Bavhek S, Peksari Y, Celik G, Gurgey E, Misirligil Z. Trichophyton sensitivity in allergic and nonallergic asthma. Allergy 2001; 56: 558-62.

15. Matsuoka H, Niimi A, Matsumoto H, Ueda T, Takemura M, Yamaguchi M, Jinnai M, Otsuka K, Oguma T, Takeda T, Ito I, Chin K, Amitani R, Mishima M. Specific IgE response to Trichophyton and asthma severity. CHEST 2009; 135: 898-903.

16. Ward Jr GW, Woodfolk JA, Hayden ML, Jackson S, Platts-Mills TAE. Treatment of late-onset asthma with fluconazole. J Allergy Clin Immunol 1999; 104: 541-6.

17. Watai K, Fukutomi Y, Hayashi H, Nakamura Y, Hamada Y, Tomita Y, Mitsui C, Kamide Y, Sekiya K, Asano K, Taniguchi M. De novo sensitization to Aspergillus fumigatus in adult asthma over a 10-year observation period. Allergy 2018; 73: 2385-8.

18. 星 理恵、中込一之、青き洋敏、高久洋太郎、山口剛史、杣 知行、西原冬実、小宮山謙一郎、萩原弘一、金澤 實、永 田 真.トリコフィトンの職業性曝露が増悪の原因と考えられた気管支喘息の 1 例.アレルギー 2011; 60: 207-13. 19. Davies RR, Ganderton MA, Savage MA. Human nail dust and precipitating antibodies to Trichophyton rubrum in

chiropodists. Clin Allergy 1983; 13: 309-15.

20. Alonso A, Pionetti CH, Mouchian K, Albonico JF, Ir, Potenza M, Iovannitti C. Hypersensitivity to Trichophyton rubrum antigens in atopic and non-atopic podiatrists. Allergol Immunopathol 2003; 31: 70-6.

21. Nowicka D, Nawrot U, Wlodarczyk K, Pajaczkowska M, Patrzaiek A, Pecak A, Mozdyniewicz P, Fleischer M. Detection of dermatophytes in human nail and skin dust produced during podiatric treatments in people without typical clinical signs of mycoses. Mycoses 2016; 59: 379-82.

22. Kivity S, Schwarz Y, Fireman E. The association of perennial rhinitis with Trichophyton infection. Clin Exp Allergy 1992; 22: 498-500.

23. Ward GW, Karlsson G, Rose G, Platts-Mills TAE. Trichophyton asthma: sensitization of bronchi and upper airways to dermatophyte antigen. Lancet 1989; i: 859-62.

24. Weary PE, Guerrant JL. Chronic urticarial in association with dermatophytosis. Response to the administration of griseofulvin. Arch Dermatol 1967; 95: 400-1.

25. Plats-Mills TAE, Fiocco GP, Hayden ML, Guerrant JL, Pollart SM, Wilkins SR. Serum IgE antibodies to

Trichophyton in patients with urticarial, angioedema, asthma and rhinitis: development of a radioallergosorbent

test. J Allergy Clin Immunol 1987; 79: 40-5.

26. Zhang M, Liu F, Liu H, Shen Y, Kong Q, Sang H. Sensitization and cross-reactions of dermatophyte and Candida

albicans allergens in patients with chronic urticarial. Int J Dermatol 2016; 55: 1138-42.

27. Rajka G, Barlinn C. On the significance of the trichophytin reactivity in atopic dermatitis. Acta Derm Venereol 1979; 59: 45-7.

28. Scalabrin DMF, Bavbek S, Perzanoeski S, Wilson BB, Platts-Mills TAE, Wheatley LM. Use of specific IgE in assessing the relevance of fungal and dust mite allergens to atopic dermatitis: A comparison with asthmatic and

(7)

nonasthmatic control sbjects. J Allergy Clin Immunol 1999; 104: 1273-9.

29. 池澤善郎、北村和子.アトピー性皮膚炎と真菌・細菌アレルギー.アレルギーの臨床 1995; 15: 249-53. 30. Woodfolk JA. Allergy and Dermatophytes. Clin Microbiol Rev 2005; 18: 30-43.

31. Deuel B, Arruda LK, Hayden ML, Chapman MD, Platts-Mills TAE. Trichophyton tonsurans allergen I: characterization of a protein that causes immediate but not delayed hypersensitivity. J Immunol 1991; 147: 96-101.

32. Woodfolk JA, Slunt JB, Deuell B, Hayden ML, Platts-Mills TAE. Definition of a Trichophyton tonsurans protein associated with delayed hypersensitivity in humans: evidence for immediate (IgE and IgG4) and delayed type hypersensitivity to a single protein. J Immunol 1996; 156: 1695-1701.

33. Woodfolk JA, Sung SJ, Benjamin DC, Lee JK, Platts-Mills TAE. Distinct human T cell repertories mediate immediate and delayed –type hypersensitivity to the Trichophyton antigen, Tri r 2. J Immunol 2000; 165; 4379-87. 34. Woodfolk JA, Wheatley LM, Piyasena RV, Benjamin DC, Platts-Mills TAE. Trichophyton antigens associated with

IgE antibodies and delayed type hypersensitivity. J Biol Chem 1998; 273: 29489-96. 35. Platts-Mills TAE. Trichophyton Asthma. CHEST 2009; 135: 887-8.

36. 福冨友馬.真菌とアレルギー疾患.アレルギー 2016; 65: 113-7.

以上

監修) 福冨 友馬 先生

国立病院機構相模原病院

---△第 36 回日本小児臨床アレルギー学会 共催シンポジウムのご案内

7 月 28 日(日)に和歌山で開催される同学会において、弊社と学会による共催シンポジウムを以

下の概要で開催致します。

共催シンポジウム 6

今さら聞けない クリニックでもできる安全な食物負荷試験と管理

日時 2019 年 7 月 28 日(日)14:00~16:00

会場 第一会場 大ホール(和歌山県民文化会館)

座長 今井孝成先生 昭和大学医学部 小児科学講座 准教授

高橋由美先生 東京逓信病院 栄養管理室 管理栄養士

演者

1. 負荷試験前に役立つ検査の選び方とその解釈

平口雪子先生 大阪府済生会中津病院 小児科、免疫・アレルギーセンター副部長

2. クリニックでの経口負荷試験と管理

(8)

漢人直之先生 かんど こどものアレルギークリニック 院長

3. クリニックにおける栄養食事指導

島崎道代先生 なるせこどもアレルギークリニック 管理栄養士

4. 「アレルギーっこのお食事メモリー」作成とアンケート報告

仲佳代先生 認定 NPO 法人アレルギー支援ネットワーク 管理栄養士

5. アナフィラキシー対応の地域連携

岡藤郁夫先生 神戸市立医療センター中央市民病院 小児科 医長

上記学会へ参加される先生方におかれましてはぜひご参加いただけますこと、心よりお待ち申し

上げます。

---

---*Allergens News Network No.30 / バックナンバーは、弊社 HP「アレルギー情報室」からもご覧いただけま す。

*研究用試薬受託測定サービス「アッセイサポート」をお受けしております。詳細はお問い合わせ下さい。 0120-489-211(月-金 9:00-17:30 ただし土日祝日、年末年始を除く)

Allergens News Network

サーモフィッシャーダイアグノスティックス株式会社

---※サーモフィッシャーダイアグノスティックス株式会社では、当社の個人情報保護に関する規定に従いお客様の個 人情報を適切に管理し、お客様から同意頂いた目的の範囲内でのみ利用させて頂きます。 ※お問い合わせ・メールアドレス変更・メールニュース解除等は以下へご連絡お願い致します。 dakaraic-jp.idd@thermofisher.com / 0120-489-211(月-金 9:00-17:30 ただし土日祝日、年末年始を除く)

1906-E-052-1

Updating...

関連した話題 :