出発 (北海道・東北学会旅行記)

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

北 海 道.東

北 学 会 旅 行 記

7月17日 晴 後 に な っ て悩 ま され る 重 い荷 物 を そ れ とは知 らず 今 は軽 々と 手 に 、は ず ん で 家 を 出 た そ の 足 も大 阪 駅 で の時 間 待 ち に は さす がに 閉 口 した ら し い。 ほ ん のわ ず か な 身体 の 重 み を 長 時 間 支 え るに は あ ま りに もか よわ い足 で あ っ た.〈決 して上 体 が 重 す ぎ た の で は な く)の だ ろ う。 今 まで 大 事 と ば か りか か え込 ん だ荷物 の 上 に 今 度 は 反 対 に デ カ ツ と腰 を 下 す 者,あ る い は側 に置 い た ス ー ツケ ー ス を横 目で み た が らそ の上 に 体 重 を掛 けて 良 い もの か ど うか 思 案 して い る者,ス ラ ツ ク ス ス タ イ ル の お 姉 ち や ん の ま だ 元 気 な様 子 を み る に及 ん で,ス ー ツに 帽 子,パ ン プス と い う正 装 ス タ イ ル の 姿 勢 を持 続 す る 事が 疲 労 を 来 た し た の で あ ろ う。 そ う こ う して 一 日千 秋 の 思 い で ホ ー ム よ り身体 を の り出 し の り出 し 待 っ て い た 急 行 「い こ ま」 が や っ との 事 で 来 た。 (11時) 全 員 座 席 に 落 ち着 く事 に よつ て待 ち草 臥 れ も解 消 し,少 し興 ざ め に な っ て い た が 再 び 旅行 気 分 に 浸 る 事が 出来 た。 京 都 駅 で は 旅 行 者 関 係 の先 生 方 が 多勢 見 送 りに 来 て下 さっ た 。 そ ろ そ ろ衣 替 え を す る者 も ち ら ほ ら現 われ ・.又口 の 方 は駅 弁 を 食 べ て 間 も置 かず タベ るの に 忙 が し い。 この 時の 冷 凍 み かん の 忘 れ も し な いお い し さ! 暑 い暑 い汽 車 の 旅,水 筒 の 水 は い く らあっ て も余 る 事 はな い。 数 分 の停 車 時 に 汽 車 よ り飛 び 下 り水筒 に 水 を満 し発 車 の ベ ル で あ わ て て飛 び の る 光 景 は 滑稽 た りと も 涙 ぐま し い事 で あ る 。 余 り売 っ て い な かっ たが,ア ィ ス ク リTム で は い つ そ う乾 き を覚 え る 。 や が て車 内 食 堂 へ 行 っ て哺 時 間 ばか りね ばつ て 涼 ん で くる 。 十 八 時 三 十 分 東 京 着 。 人 と汚 れ の上 野 駅 で 二 時 間余 りも待 っ て鈍 行 に 乗 り込 む。 これ よ りボ ロ シヤ ツに ス ラ ツ クス,ブ ラ ウス に プ リー ツ等 々に なっ て寝 る 準 備 に と りか か るo・足 を上 げ た り下 し た り,体 を起 し た り倒 し た り,通 路 に坐 っ て 座 席 を 頭 に し て み た り 一 夜 の う ちに 幾 度 とな く姿 勢 を変 え て み る が ど う して も畳 の上 の よ うに は い か な い。 一11一

(2)

皆 ん な我 が 身 を もて あ ま して い る 風 で あ る。 っ い に は通 路 に横 に な る 者 も い た とか ・…

こう し て 常 の よ うに は 安 眠 出 来 ぬ ま 』に それ で も美 しい だ ろ う十 和 田 湖 を夢 み て 明 日を待 っ の だっ た。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :