つくばリポジトリ TSHG 7 265

Full text

(1)

「幸いなるかな、ユリシリーズのごとく… 」: 人文

地理学におけるネットワークと地域

著者

ゴットマン ジャン

雑誌名

筑波大学人文地理学研究

7

ページ

265- 271

発行年

1983- 03

(2)

「幸いなるかな、ユリシーズのごとく

...J

一 一 人 文 地 理 学 に お け る ネ ッ ト ワ ー グ と 地 域 一 一 一

ジ ャン・ゴ ッ トマン

1

j山j或か らJill象へ

車 イセQ

]

[ Sセ ェG ュ Iイ

プランスの各教室で, Qゥ エ Aiiャ ャセ|

(ソネ y ト〉は , I1

l

界の池辺II'I句理解や, fJW境と個人との関係について, 標 本i拘なテ ー マ を 提 起 し て い る. -W_-

:

!

?

f

rj二lを広く旅 し た 者 た ち , j;w々 の 多 様性と そ れ ら相 互 の 結 び、つ き の 複雑さ を 学 ん だ 者 たちの, ロ ー カ ル な 環 境 へ の 深 い 愛 着 を , デ ュ ベレ ー は 詩 に 歌 っ た の で あ る

幸 い な る か な , ユ リ シ ー ズのごとく美しき旅をせし者, 幸 い な る か な3 か の 騎 士 の ご と く 金 羊 毛 を 奪 い し 者3

知 む と 分 月 川 市

i

:

ち , 言

;

d

l l

こ帰りて,

; I j庄の残りの日々 を 家 族 の 団 楽 に 打j@_せし者.

郷 土 へ の変' 着,地域環境 の魅力 , これ ら は いつ に 変 わ らぬ 民 衆 教 育 の テ ー マ であ る. 空 間 組 織 に 対 す

る人 I1

J

l

の 関 心 が , か く も 矛 盾 に 尚 ら た も の で な か っ た な ら ば , これらのテ ー マは討: 人や地理学者の興 味 を こ れ ほど までに 引 き つ け は し な か っただろう. 一 方に お い て ,出 身 地 の 殺 し ん だ 環 境 ,狭 い 領 域 へ の 深 い 愛 着 が あ る . しかし, 他 方 で は , 水 平 線 の か なた に

!

I

き さ れ て い る 未 知 の 事 物 を 知りた い , 発

見 し た い と い う 強 い 欲 求 が あ る . このデ、イレンマはまた,地理学者のディレンマであり,:t也J A学 思 想

│二のディ レンマでも ある. すな わち, 一 方 に は 地i或があり,他方ーには全世界スケー/ レ で のネ ットワー

クがある .

20

世 紀 に お け る 地 問 学 論 争 の 中 で , こ の デ ィ レ ン マ こ そ は き わ め て 本 質 的 で あ る と 筆 者 は 考 え て い る .

i

地域カ、ら抽象へ

ャ Aャ セ@

2

次 世界 大 戦 後 の 数 年

i

ニMl(,j : ,もろもろの社会科学にとって,大きな転換期であった 人 文 地 理 学

QQ juャ iセi N そ れ 以

r

iiT

,ᅫャAQ ェ ョ ￵ |ャ QYRP セQYTP

に 地 域 モ ノ ダ ラ フ ィ ーの枠を大きく来=りj越えていた. す な わ ち , 人 口 増 加 と 過 剰 人 口 , 居 住 様 式 , 農 村および者

l

)m

-

の集活形態, 乾燥性とj主税p 天 然資源の分布など, 一 般 的 か っ 緊 要 な テ ー マ が , 地j漂学 1iJ

f

究 の 主 要な 泌組とされ てきた .

- i '

H

¥

のj主主III学 者I,j:, デ ー タ の 分

t

斤に計 量 的 な 手 法 を 適 用 し , 数 量 的

(3)

266 人 文 地 JIH学研究班

ー ル ・ ド ゥ マ ン ジ ョ ン の 集 溶 分 散j支 示 数 な ど は , そ の 好 例 で あろう. また,

1

9

1

1

1:紀 の 末 か らj山連 学 者 が よ く 用 い て き た 「人 口 密 度_J !j:_, J也

lA

学 お よ び 地 域 経 済 学 で 法 も 頻 繁 に使われ, ま た き わ め て 有 効 だ っ た 「数学 」 的 指 燃 で あ る . 人 口 密 度 は3 土 地 問

U

t

とj舌{ 主人口の関係を

r

:

1

1

徒 に 記 述 す る こ と を 可

能 に し た . QYTP QYUP QP セセ ョZ Giuゥセ↓↓ ャG ャ O[I セmャ

人 文 地 理 学 に 新 しい

W

:

界 が 開 示さ れ たl時

J

J

J j

で、あった .

1

9

49

4

年!手三にリスポンでで、 月山)

D

m初治か〉吋jれ、た

l

医悶主羽

I

1

際際j地,企由! 山迎

l

J

!日[,学!字苧予戸f会i議ii議義

でで‘ は3 しい、くつかの発 京表. と汁 :論

J

;

冶j命江

N

カが:新しい

i

湖判i刊

M

問加打ぽ流元

i

B

顕反宅砲在E化 を 示 し た が3 j ェヲ{ セ ih[ヲゥシャャ

i_ ヲ ャャセ ャ R S 気 づ か な い ま ま で あ っ た.

第2次│ 世界 大 戦 に 続 く

1

0

数 年

I

M

l

!

立,社会 ・人 文 諸 科 学 が ,1iJ f究 に お い て も 教 育 に お し 、 て も3 当 時 の

2大傾向に強い反応を示したf I 寺

Jt

Jl

で あ っ た . エイセ@ 1の{ 頃向 は ,M QQQZ i Z iOセ

イ ャセ j N もち ろ ん , 一 方 に お い て イデ オ ロ ギー のお! 立が激化 し, 資

i

J H! 分 布 の 不 均 等 が 1楽刻 化

し て い た わ け で は あ る け れ ど も .... .ー. 第

2

の 傾

l

:

i

iJ! 立,学l I ¥jli)

f

究 に お い て ,

M

I

究 者 のもつ

JJll

念、 , ) 刊し¥る

研 究 の 立 場 を 第 一 義 的 な も の と し,人!日

L

社会,経済, セᅫii Q hQjョ ○○

をより 重 要 視 す る 傾 向 で あ る . 数 学 的 手 法 と 一 般 法 則 を 武 お と す る ! 当 然 科 学 の

1930

年代以降の素l I

i

与し い 成 功 は , 社 会科 学 の 研 究 者 を 同 様 の 方 向 へ 引 き つ け る 結 果 を も た ら し た . 彼らは, i セ i

象 的 思 考 と 数 学 的 〈 少 な く も 計 量 的 〉 手 法 を

Jl l

い る こ と で ,み ず か ら の 問 題 に 効 架 │切 に 答 え よ う と し

た の で あ る . R N iyセ エォャセl

の 関 心 は 背 後 へ と仰 し や ら れ ,

i

T

i

l

象 化 , 計 量 化 に 過 し た 現 象, す な わ ち , 一 般 的 に 必

JT

l

で き る 仮 説 や 則 論 に , 直 接 結 び つ い た 現 象 に 興 味 が 集i十lした

1950

年 以 降 , 一 般j京国! の 追 究 を 重 視 し , 個 別 事 例 を 軽 視 す る 風 潮!が , 人 文j山

A

学で、は っ き り と し て

きた . iyセ w Aj カゥMャャャ N 世 界 が も し

-

t

J f <なら

ば , 科 学 と しての 地 山学は存在J lUl討をうlそ う の で は な か ろ う か . 空

I

t

l¥分 布 と 空 間 組 織 が ,iM u Z jwiセ jゥj Nク ャQセ

jセ ャ jᅥ 人l二i学,

経 済 学3 社 会 学 な ど の 系 統 的 学 !日

i

だ け で 十 分 で あ ろう. だ が , 現 災 世 界 は ま さ に 逆 で3 多 線 な 地 域 へ の 分 化 は か つ て な い ほ と 進 み , 特 に 人 女 現 象 に つ い て は そ れ が 著 し い . 今 日 , 人 文j,也

n

r

l

学 に 対 す る 関 心は,

30

年記1],

60

年 前 に 考 え ら れ な か っ た ほ ど 強 ま っ て い る . そ の 背 景 に は , 地 域 主義のよりまりがあ

り , ま た 局 地Ij/; ), 地 域 的 状 況 に 対 応 し た 政 策 プ ロ グ ラ ム 作 り の 必 要 性 の 高 まり が あ る

しかし ,ζ の よ う な 姿 詰 に 対 し て , 人 文 地 問 学 は , も っ ぱ ら 定 量 的 に 測 定 し うる 現 象 相 互 の 普 通 的 関 係 の 解 明 を 志 向 す る こ と に よって, ひ た す ら 一 般 的 定 式 ゃ い わ ゆ る ! 数 学 」 モ デノレなどといっ た1111 象 的 言 語 で 答 え よ う と し た . 一 般 的 有 効 性 を も っ 抽 象 的 方 法 へ の こ の ような忠、い込 み は , 地 山 学 者 の み に え ら れ た こ と で は な い . 抽 象 的 方 法 は , 長 い 間 自 然 科 学 の 専 有 物 で あ っ た . それが,

1945

年以降,

( 言 語 学 や 歴 史 学 を も 含 む 〉 人 文 ・社 会 科 学 を 捉 え た の で あ る . 当 時 の 先 端 的 科 学 思 潮

i

に 触 れ え た 者

ヲ セA

:

i

旨 し て い る こ と は , す で に 第

2

次! 日: 界大戦

1

1

:

こiか ら 明

(4)

「幸いなるぬ〉な,ユリシーズのごとく・・・・. . . J 267

あったが! 1司僚の地主

n

学 者 , 特 l こヨーロ yノミ在住の地

n

n

学者の大半にとっては, さ ぞ 不 可

に 見 え た こ と で あ ろ う . 当時,

Z

任者は新しい

1

i

j

i

J

I

の 流 れ を 感 じ , そ れ を 記 述 し た . し か し , 今 に な っ て み る と , ま だ そ の 時 に は , 新 し い 流 れ の 真 の , す な わ ち ? 地 問 ! 学 研 究 の 対 象 を 本 I'j';_]fこ変質させ

る べ く 作

)I

J

し て い た 諸 々 の を , 筆 者 自 身 , wi ャ セZ↓ jᅥ j ヲ N

一般化, セiiiセセ 現 在 な お 娘 強 い 力 を も っ 見 解 と し て フ 次 の よ う な 説 明 の 仕 方がある. す な わ ち , こ の よ う な 傾 向 は , 原 子 核 物 出 学 , 電 子 工 学 , 生 化 学 , 遺 伝 学 , 天 文 学 な ど ,

臼 然 諸 科 学 の 大 き な 進 歩 に 対 し て , か つ て 「 道 徳 ・ 政 治

J

科学と11子 ば れ た 諸 分 野 の 学 者 た ち が 賛 嘆 の 念 を 抱 い た こ と の 論

Jllli

刊 帰 結 だ , と い う の で あ る . だが, こ の 考 え 方 は , 新 し い 流 れ の 過 小 評 価 に つ

な が る . も ち ろ ん , 最 近 り に お け る 応 用 ,

1

m

論 何 回 で の 自 然 科 学 の 湾 く べ き 成 果 が , そ の よ う 引 き 起 こ し た で あ ろ う こ と は 論 を ま た な い . し か し , 前 世 紀 に も 自 然 科 学 の 進 歩 は 著 し い も の が あ っ た し , そ れ に 対 す る 社 会 科 学 の 反 応 は , 慎 重 か つ 緩 慢 で あ っ た こ と を 思 い 起 こ す べ き で あ ろ う .

むしろ,

1945

年 以 降 の 主}Jきがかくも活発で急速で、あることについては,

2

0

世 紀 の 中 葉 が , 社 会 の 般 本

iセi ェ とりわけ3 こ の 転 換 の 影 響 を 最 も 大 き く

こ う む っ た の は , 現 代 社 界 の 日 々 の 機 能 情 迭 で あ り , 人 文 地 理 学 が そ れ に 強 い 反 応 を 示 し た の はy け

だ し 当 然 の こ と と 言 え る . 実 の と こ ろ を 言 え ば , 反 応 の 強 さ は ま だ ま だ 不 十 分 だ し , 反 応 の 仕 方 に し て も , 地 理 学 者 に と っ て 最 も 有 利 な も の と は 言 い 難 く , ま た 現 代 と い う 盟 会 誌 なj[寺代に際して,

が 適 切 に 貢 献 で き る よ う な 方 向 に も 向 い て は い な い の で あ る

u

空 間 の 組 織 化 と 分 断

全111.-界の統合という点において,

2

0

iセiZi ェ 回した.

統合化への歩み、¥i :i ,

U

1- 界の多様な地域間で交流のネ y ト ワ ー グ が 形 成 さ れ 始 め た 遠 まで遡るこ

とができる. しかし,大きなスケーノレで、の空間の組織化は,地主

m

との大発見や,

1

5

1

6

i J1 - 紀における

ポ ル ト ガ ル の 潟 外 発 展 ー に よ っ て 加 速 度 的 に 進 行 し た も の で あ る . そ の 後 は , 海 に お い て も 陸 に お い て

も, ヨーロ yパが全世界の主導権を促り, ピグトリア女王の時代には, 全世界スケー/ レで、の商業・政

治 組 織 が イ ギ リ ス の 手 で 完 成 さ れ た . RPQQ QZセ S R

カ- - : 日制主! の

1

*

_il

lA

'i'

1ミI: が地 }7長

l

二のすみずムにまで浸透し, 1企 界 全 体 の 組 織 化 が ま さ に 成 就 し た か の ご と く

に 至 っ た の で あ る . 広大な国土の組織化と,I荷: 業- 金融面におけるイギリスの遺産の活用とによって,

アメリカ文明は, 11'--界 空

I

I

J

J

の 組 織 化 に か つ て ど の │ 査 も 持 ち え な か っ た 力 と

g

F

f

心 を 所 持 し て い た . 実 際のところ,

2

0

I

lt

界 の 形 成 に お け る ア メ リ カ 人 の 最 も 大 き な 貢 ま , 疑 い も な く , 企 : 業 と 政 治 と に! 立け一るその組織妓111ぜなのである. あ ら ゆ る 科 学 , あ ら ゆ る 校 術 が , 人 類 の 統 合 , 組 織 化 の た め に 使 わ れ , 改 良 さ れ た

I

i

t

界 の 統 一 化 と い う 古 く か ら の 人 組 の 夢 の 尖 現 に 探 し て , ア メ リ カ の は た す べ き 役 制 は , す で に ア

レタシス・ドゥ・トソクヴィノレのぞl若 「 ア メ リ カ の 民 主 主 義 」 ぐ

1835

年 初 版 ) , と り わ け そ の 第

1

(5)

268 人 文 地 理 学 研 究 明[

iセ ZZェ ゥ ョ N 各 民 族 , 各 地 方p 各者

I

r

r ! T ,各家族は, Q ェェQゥ ャGャセェZ

強 め , た が い に 反 発 し 合 っ た . 今 日 で は ,逆の傾向が! 惑じられる . 諸 民 族 は 統 一 の 方 向 に 歩 ん

で い る よ う に 見 え る . ゥ QN ャi■セ ォZGiGN Qゥ

ば れ て い る . 人 類 は 1日た り と て , たがいに亦の他人で、いるわけにはいかず,地球のどこか 片

隅 で 起 き て い る こ と に 無 知 で い る こ と も な い . (rl=lllI 各〉この 同化傾向は, 奥 な っ た 氏 族 を た が

い に 親 し ま せ , ま し て や 同 一 民 肢 の 子 孫 が 疎 遠 に な ることを妨げる .

そ れ ゆ え3 いつの日か北アメリ カには , た が い に 同 じ家系に属 し, 同 じ 言 語 , 宗 教 ,)ITi

l

俗, 文 明 を もち , 考え方が同じ型で,同じ色彩を帯びる, 相 互 に 対 等 な 1.j意5 千 万 の 人 々 が 生 活 す

ることになるだろう .

ア メ リ カ 合 衆 国 の 人 口 が

1

5

千 万 に 達 し た の は , 奇 し く も

1950

年であった. この年 ,ェ セ

のア メ リ カ の 一 体 性 と , 世 界 に お け る ア メリカの 卓越{生は, その頂点、 に達した. テレピ、が一般大衆に

普 及 し 始 め ,アメ リ カ 系 多 国 籍企 業 は す で に 世 界 の 大 半 を そ の活動領域と してい た . だが,

J

二記 の 引

用文に続く文中で, トックヴィノレが ,諸 民 族 の 統 合 と と も に , そ の 分 裂 を 予 告 した[ 1寺 , 彼 の 予 言 は さ

ら に 輝 き を 増 す の で あ る .

今 日 , 地 球 上 には ,出発点こ そ 異 な る が ,同じ自採に! 句って進 み つ つ あ る

2

つ の 氏 肢 が 存 在

する. ロ シ ア と ア ン ダ ロ・ア メ リカである. ( 中111各〉 主 た る 行 動 規 範 は 一 方 が 自 由 で あ る のに

対 し , 他 方 は 隷 属 で あ る . 仁( f:l1s 各〉しかし,いずれの民族も ,付iの 隠 れ たj翼団! によって , いつ の 日に か 地 球 の 半 ば を そ の 手 にj屋るべく, 運 命 づ け ら れ て い る よ う に 見 え る .

しかしながら,かくも洞察に富み, いくj支 で も 引 用 さ れ て し か る べ き 上 記 の 結 論 の 前 章に おいて,

トッタヴ ィル は , い く つ か の 異 な っ た 人 種 が ア メ リ カ に 存 在 し,そ の 置 か れ て い る 状 況 が あ ま り に も

不 平 等 な こ と を 論 じ て い る . 彼 は こ の 問 題 に 対 立 と 分 割の 源 泉 を 予 知 した の で あ る . それは , すでに

地 域 的 な 様 相 を 示 し て お り , 大 国 ア メ リ カ の 内 側 で 北 部 と 南 部 の 分 化 を も た ら し て い た . 広大なモザ、

イクで あ る 全世 界 を 統 合 す る 過 程 に お い て は , 諸 民 族 問 の 協 調 と 相 互 理 解3 高 度 な 技 術 の 活 用 , 全 体

の利 益 を 考 慮 す る新しい国 際 秩 序 の 確 立 などが 必要である. しかし, {ilfが 利 益 で あり, また { 可が最も

有 利 で あ るか に つ い て の 考 え 方 や 感 じ 方 は , 個 人 により, ま た 社 会 階 層 や 経 済 集 団によ っ

T

, さ ら に

国家│ 習においてかなり異なり, しばしばた が い に 対立 し , 衝 突 す る . セセQA G Z Q ヲ

し い 秩 序 が 課 す る 制 約 は , 多 く の も の た ち の 反 発 を ま ね く. 彼 ら は そ れ に 不 賛 成 の 意 見 をもち , そこ

から! 説け出したいと考えるようになる . 逆 に ,全 世界の 協 調 に よ っ て も た ら さ れ る 相 対 的 な 安 定 はp

ある ものをして 不 相 応 な 利益 の 追 求 へ と 向 か わ せ ,局地的, 地 域 的 な 自 己 主 張 の 高 ま り を ま ね き が ち

だし , そ の も た らす悪影響は 広範に お よ ぶ iセi

(6)

「干いなるカユな,コリシーズのごとく. .. . ..J 269

ケーノレの現象で、あるが,な: にシステム全体に士、jす る 大 き な 混 乱 要 素 と な る . 1960年 以 後 , 世 界 の 統

合と京

IH

哉 化 は い く つ か の 側 証1 に迎ilj&u, 通 信 , 貿 易3 人 や の 流 動 , 金 融 , ミ な ど の 部 門 〉 で

大きく

i

住民してきたー しかし,その反百

i

において, J也械主義や{ 出Ij[ Aj iセョ

こ ち ら で を も た げ ? か つ て な い ほ ど の 尚 ま り を み せ て い る .

こ の よ う に , 地 売 の 組 織 化 へ の 動 き は , 二 重 の 性 怖 を 有 し て い る . 一 方 に お い て , 界 ス ケ ー

ノレでの地域1:¥1結合の強まりは,統一i '1/;J-ei1JHJ 手11人(1jな 空 間 組 織 の 形 成 を 促 進 し て い る . しかし7 他 方 に お いては,同じ地球空! 日

i

で 分 割 の 強 化 が み ら れ る . 地 球 空1M]の分害

I

H

ま,政治や文化の側面にl到してより ある. これにお

j

し , 経 済 や 技 術 の 側

iH

i

では,

flιi

授がいく

j

立か

i

j

J

片したものの,現時点においては

統 合 的 組 織 化 へ の 流 れ が し て い る . よ一面的には矛盾し,現実においては分かち難く入り組んでし、

るこれら 2 つ の れ は , ア メ リ カ の 事 例 が 先 駆 的 に 示 し て い る よ う に 》 そ の 後 の1上界で徐々に勢力を1

強めてきた. この150: :

.

r

l¥llvこ主: かれた数多くの著作が3 そ れ を 如 実 に 物 語 っ て い る H. G. ウェノレズ

QQ iセャ ⦅ェ ( 18991j二), イタリアの

1

ft

史 学 者 プ ェ レ ー ロ の [ 世 界 の 統 一 性J ( 1927年) ,

アメリカの政治家ーウィノレキーの「一つの世界

J

( 1 946年〉などは, その好官JIであろう. ウィノレキーの

著作は, 彼 の み た 当 時 の 立 を 記 述 し た も の で ? 超 大 国 ア メ リ カ の そ の 後 の 政 治 │ ヨ 棋 の 1つ と な っ た ものである. こ の 同 じ 潮 流 を 記 述 し , 分 析 し , 展 望 し た 類 似 の 著 作 物 は , あ ら ゆ る ジ ャ ン ノ レ に わ た っ

て , こ の150年 間 で 数 え き れ な い ほ ど 存 在 す る .

型 地 域 の 縞 み 呂

2 つ の 流 れ がjig託11; し, 変転著しく進化していくという, 吉

i

J

節で述べた展望に立つてはじめて, 20世 における人文地主! 日学の動きが, j1: しいえ通しをもって即断Jされる. 緊 密 な 構 造 を も っ た

1

つの

シ ス テ ム へ と 全 世 界 が 統 合 さ れ て い く 動 き は , 一 般 理 論 の 追 究 に は ず み を 与 え た . かつて主流で、あっ

た地域の記絞と分析は打ち棄てられ, 代 わ っ て 一 般 的 に 適 用 可 能 な 定 式 づ く り が , 地 理 的 事 象 の 立 地

や分布の分析,さらには呉なった属性! ' i { ] の相互作用や関係の分析において重視された. 一 般 理 論 の 追

究 に 際 し て1,:):, 現 象 の に 一 定 の 客 観 性 が 要 求 さ れ る . 定量的なt J !JI定,統計的な検証への努力は,

ここに根源をもっ. そのために, ヲ M t [Rセ としたの

である. このようにして,いくつかの興味深い概念、とモデ、ルが成果として得られた. しかしp 恨 本I:j/;)

な 原 理 や , 世 界1:1=1に迎用可能な法見JIが , 全 く 待 ら れ な か っ た こ と も 事 実 で あ る . 事 象 間 相 互 の 関 係 は , 国 の 速 い , 文 化 問 の 速 い に よ っ てp そ の 内 容 が 大 き く 異 な る ば か り で な くy 同 じ 国 に お い て もp

の 移 り 変 り に 応 じ て 変 転 が 若 し い

一 般 的 な 説 明 の た め の 日Uff命を求める努力は,一一部のj在日!I学 者 を 経 済 原JIJ! , さ ら に は 政 治 イ デ オ ロ ギ ーへと

1

1

なかわせた. しかし3 こ れ ら の 試 み は い ず れ も , 環 境 と そ の 変 化 が 決 定 的 に 重 要 で あ る と の 認

識 を 単 に 強 め た だ け に 終 っ た . 多 絞 で 変 転 き わ ま り な い 環 境 に あ っ て , 安 定 の

1

怒 り 所 , も し く は 変 化

へ の 歯 止 め を 形 づ く っ て い る も の は , ど れ も 文 化 の 多 絞 と 結 び つ い て し 、 る . 言 葉 を か え る と , 人 文

J:fu

n

ll

学は, i 文l別J や「地域主義_j , 11: 1心対周辺の対立とし、った概念、へ, さ ら に は , 今 や か つ て な い ほ

(7)

2

7

0

人 女 地 J A学 研 究

v

n

は, セュ 少 し ず つ

r

u

:

]

ら か に な ろ う と し て い る . このこと

は,ャセャ ! J J [ 治学,

様 で あ る .

に お い て も 同

地 域 差 を 議 論 す る

i

捺に, 1" 地域

J

( regi ol l ) 概念、の使用を遊けて通ることはできない. 同gi on は 元

来,政治権力や行政当局による地主1¥空:11] の分割を意味する概念、であった( ラテン刊の

r ex

r eg

'e

- 統治する」に由来する)f . QB イオZ} iセ [エ

し か し , 単 に そ の 場

J

咋 の 過 去 だ け が 問 題 な の で は な い . あ る 地 域 の 歴 史 は , ど ん な 場 所 , ど ん な 柴 田 や 個 人 の 歴 史 に お け る と 同 じ よ う に , その地域が過去に外l ' f IIl J

l

界 と 侃 持 し て き た 関 係 シ ス テ ム に よ っ

て も 規 定 さ れ て い る . かつてクロード、・ベルナールは) jM iZNョョセ|エ ャス 2つのJ

J

f

1

境をi州市に

iスセ NG[

は)

1

i

家 に つ い て も 間 様 の こ と を 主 張 し た . そして, 外 界 の も た ら す 筒 柴 や 外 部

I

lt

界 と の が , き わ め て 大 き な 役 割 を ず る こ と を 述 べ , 孤 立 の も た ら す 危 険 性 を 出 掛 し た . プ ラ ン ス 地11[!GセjZ に よ る 著 名 な 地 域 モ ノ グ ラ フ ィ ー の 数 々 は , 当 該 地 域 の 内 部 環 境 を , 自 然 , 歴 史 , 社 会 な ど の

諸 側 面 か ら , 細 心 の 注 意 を も っ て 考 察 し た も の で あ っ た . これに対して,外境の; ; ; 矢野は,もちろ

ん 触 れ ら れ て は い る が , た い て い の 場 合3 周 辺 的 な テ ー マ に す ぎ な か っ た と 言 え る . しかし) 111..界の 統合が進んだ、今日の状況下では, あ ら ゆ る 地 域 が 地 球 的 な 交 流 ネ ッ ト ワ ー ク の に

1

*

1 . み込まれてお り,いかLこ 小 さ な 地 域 で あ れ , 界 シ ス テ ム の 動 向 が , そ の 地 域 の 動 態 を 規 定 す る 大 き な と な っ ている. それゆえ,

2

つの環境は,rfJD方 と も に 十 分 に 吟 味 さ れ る べ き で あ る . 地 域 の

I

1J!fIJ!(に│ 捺しては, そ の 地 域 が 組 み 込 ま れ て い る 複 雑 多 絞 で か つ 変 転 著 し い 広j或 シ ス テ ム ( 今 日 で は 往 々 に し て

w

.

.

界シス テ ム 〉 全 体 の 中 で , そ のJ也j或の位置づけを

fV

Jf

{ uにすることが不可欠なのである.

こ の こ と の , 人 文 地 理 学 に も た ら す 帰 結 は 若 し く 大 き い すなわ、ら) 1に地域分析) 1也日lI分 析 の

AャUセ S N もっとも,これは,個別事例研究の放棄を意味するものではがとし

てない. 重 要 な こ と は フ 個 別 事 例 の 研 究 に 際 し て , あ ら ゆ る 側 面 〈 気 候 か ら 政 治 , 金 融 に い た る ま で 〉 で, 外 部 関 係 ネ y ト ワ ー ク の 分 析 を 導 入 す る こ と で あ る .

2

つの環境の相互作,) lJを犯併することは,

iy セセHN もちろん3 過 去 に お い て も , ご く 稀 な

ケ j ェ A _iセセ

ろう. しかし) 201一昨日の今日7 そ し て 来 た る べ き 将 来 に お い て , 人 類 の 居 住 す る が , あ る 商 で 分

│析され多様で、はあるにしても? ますます緊密な連続した新

μ

人目に来日み込まれていく司王尖は, 地 域 存 在

に お け る ネ y トワークの役割j を 著 し く 増 大 さ せ て い る

、なるかなp ユ リ シ ー ズ の ご と く 美 し き 旅 を せ し 者J. かくしてユリシーズは, 出 身 地 の ロ ー

カノした出埼とj司辺の広い世界とを,ともに深く知! ることを得たのである. 人文地} I [ IGMGQセZ

(8)

「干し、なるかな,ユリシF ズのごとく 271

て い る . ユ リ シ ー ズ の 旅 は 続 く の で あ る

↓セエ

J

オックスフオート、大学, JむJJll学 教 室 主 任 ジ 十 ン ・ コ y ト マ ン 教

J

受は, FI本,'f:f

FJ振興会の外国人招へい1i ) [ 究

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (8 pages)