つくばリポジトリ UTKR 56 91

21 

Full text

(1)

国際社会において、受容・発信する能力の育成: そ

の5

著者

秋元 佐恵, 阪田 卓洋, 須田 智之, 多尾 奈央子,

? 橋 深美, 八宮 孝夫, 山田 忠弘

雑誌名

筑波大学附属駒場論集

56

ページ

91- 110

発行年

2017- 03

(2)

2016筑波大学附属駒場論集56集

国際社会

能力

育成

-そ 5-

筑波大学附属駒場中 等学校 英語

秋元 恵 阪 洋 須 智之

多尾 央子 橋 深美 宮 孝

(3)
(4)

2016筑波大学附属駒場論集56集

国際社会に

発信

能力

育成

-そ 5-

筑波大学附属駒場中 等学校 英語

秋元 恵 阪 洋 須 智之

多尾 央子 橋 深美 宮 孝

山 忠弘

要約

校 即即住研究指定校第 」期 最終 』 目 あ 研究開 課題 豊 教養 究心あ

ン 。Lせぞ継ぐせ 上続じ探そ下じ上下週 育成 中 大院連携 研究開

研究 柱 一 国際交流 学会 表 場 通用 英語 ン ン能力 育成

第 」 期 入 校生 日 国内外 研修 英語 研究 表 機会 増え い

中 第一中学校研究交流 湾 釜山国際 校訪問 韓国 校 即即住 海外

派遣。 中国週 却しぐじせぐそ採 佐そ下探三そぐ下じぞそぐせ 即続じ探そ続探 +ぐじ三 「01】。 週等 実施 い

英語 段 授業 外部講師 即即住 <ぞ三ず上しぞた *そLせじ上し 7ぞぞぜ 活用

生 ン能力向 い

1.

1.1 英語科 授業構成

校英語 中 6 一貫教育 指 課程 生 遉段 応 6 間 基礎期[中 1

中2] 実践期[中3 1] 展期[ 2 3]

いう3段 置 特徴 応

指 行 い

各学 授業 以 あ :

中学 英語 4時間 LL TT各1時間 含

ュ ン英語I 3時間

英語表現I 2時間 TT1 LL1

ュ ン英語II 4時間

TT 1時間 含

ュ ン英語III 3時間 選択

英語表現II 2時間 選択

校英語 教育課程 変更期 あ 校 英語

英語 教え ュ ン活動

視 教育 既 行 新学習指 要領 実施

伴 大 変更 行 い い

1.2 英語科 組 指標

校 学校教育目標 校 教育目標 あ 自

闊遉 校風 挑戦 創造 献 生

方 理念 生 自 学 態

涵養 将来 担う社会 ッ

活躍 能力 意欲 身 付 あ

SSH研究開 課題 ン

育成 掲 手段

国際交流 学会 表 場 通用 英語 ン

ン能力 育成 標榜 い

資料 英語 組 国際

交流 い 述

2.

各学年に

2.1 中学1年生 (70期) 担当:須田智之

2.1.1 に 基礎期 ス

筆者 70期生 担任団 務 い 中学1 生

英語授業 担当 現 校2 生 66期

引 い 2 目 過去 経験 省

生 授業 展開 う 心掛 い

最近 中学1 生 生 遉 学校 英語活動

経験 入学後間 学校外 自主

的 英語学習 組 生 多い 4 実施

(5)

生 い 英検4 ~準1 帰国生 含 既 得 い 生 20 程い 様々

生 い 英語 興味関心

い生 自主的 学習 組 生 多い現状 中 校 英語授業 最終目標 ュ

ン 手段 知識 留 い英語遀用力 養う あ 考え 実際 授業 組 立 い

2.1.2 授業 組

英語 逬配当時間4時間 3 要素 構成

筆者 担当 (1) 教 書 中心 英語 基 的

組 学 時間 2時間 (2) ALT 実際

英語 使 時間 1時間 あ 最後 (3)

LL教 聴解能力 訓練 時間 1時間 関

校 多尾教諭 後述 頂 以 授業 概

要 述

(1) 教 書中心 授業 逬2時間

New Crown English Series 1 省堂 使用

英語 生 音 大 授業

心 掛 う い 音 声 面 強

Warming-up 更 文法 入 兼 英語

歌 多数紹 い

(2) ン 授業 逬1時間

ALT 共 行う授業 教 書 い

日常的 単語 多 語彙力増強 図

Talk and Talk 1 正逭社 使用 文法 入

更 校外学習 夏休 出来 体育祭 文 祭 時々 学校行 生 遉 実際 体験

出来 言語 英語

理解 表現 定着 試 い

2.1.3 そ 他、授業外 組

(1) ン

学期 ン

行 い 1学期 ALT/JT 個人面接形

式 自己紹 2 学期 筑駒 学校生活授

業 生方 い あ い 校舎内 様々 場

い 紹 “School Life in

Tsukukoma” 実施 予定 あ

(2) 副教材

英語力 定着 逬4時間 英語 授業

総計200 足 い 明 あ 生 NHK 講 基礎英語1 物足 い

生 基礎英語2 基礎英語3 聴 奨 い 文法学習用 自習用教材

新中学問題集 英語 展編1 Second Edition 教

育開 出版 ン ッ 英文法 初

編 新訂版 (Cambridge University Press) 使用

(3) 多

図書 約200冊 多 用英語書籍 活用

多 指 夏休 開始 校 加藤 書 比 貸出率 急増 報告

冬休 書籍 活用

含 英語多 更 奨励 い 予定 あ

図書スペ スに :英語多読 様子

2.1.4 今後 課題

国際社会 信 能力 育成 授業 生 自主的 学習 相互作用 い 深 い

後 課題 あ

2.1.5 LL教室 授業 担当:多尾奈央子

中学1 生 学習 目 英語 逬4時間 う 1時間 視聴覚機材 常設 い LL教 行い ESL 入 門 期 用 教 書 Listen First Oxford

University Press 使用 聞い 理解

中心 授業 行 い

学校 外国語活動 英語 音声 慣 い

聞 え 語 内容 い 理

解 正確 う 語 使用

(6)

う 多い 聞い 英語 正確

理解 自 書 起 目標

使用教 書 簡潔 英語 指示文 聞 中心 語彙 英語 表記

示 い 音声 英語 自然 速 語表

現 入門期学習者用 過 ン 用

い い 聞い 学習 使

自 応答 う 指 い 授業

計画 い

授業 流 以 通

前時 復習 異 設問 新出語 表現 入

聴解問題 ン

練習

学習 表現 会 実践 課題 示

記 学習 2学期 開始 LL教

利用 ン 組 練習 い

ッ ン 流 音声 頼 会 練習

英語 い音声 clear 音 い 相

手 伝わ い 意識的 音 聞

い場合 聞 返 自然 行い 練習

い う

2.2 中学2年生 (69期) 担当:多尾奈央子

2.2.1 に 基礎期 2年目

昨 学 担当 い 入学当初

ン 学校 外国語活動 経験 外国人教師 授業 会 活動

表活動 抵抗感 積極的 自己 外国

語 表現 態 養わ い 感

面 場 状況 文

あ 程 活動内容 内容 感覚的 理

解 指示 聞 流 聞 え 単

語 い 自 解釈 良

い 癖 身 い い 実感 い

何 理解 何 伝え

い いう学習 外国語 英語

教 目 勉強 いう心構え 姿勢

身 着 昨 要 指 目

中2生時 習得 学習

目 着実 遀用 う 指 計画

立案 い

1 間 授業 始 あ 生 中2

到遉目標 以 5 示

● /Speaking い

学習 型 語 使 会 い 簡単 ン

聞 手 意識 ン準備

● 書 /Writing い

学習 型 語 使 正 書

伝え い内容 合う型 語 選択使用

● 聞 /Listening い

必要 情報 聞

身近 題材 い 言 ュ

聞い 大 情報 聞

● /Reading い

文章 長 関わ 要 概要 掴

● 辞書 い 辞書

意味 調 以外 様々 活用

音記 見 新 出遭 語 音

文脈 合う語 意味 語法 見

2.2.2 授業 構成

英語 授業 逬4時間あ う 2時間 教 書中心 授業 英語 基 的 構造 型 論 理 び最終的 内容 産出 必要 語彙

学 時間 1時間 LL 授業 聴解力 養う時 間 1時間 TT授業 3時間 学

実際 遀用 英語 ュ ン

力 育成 時間 置付 指 行 い

い 授業 生 身近 場面 文

型 繰 返 練習 ュ

ン 必要 語彙 型 語 身 う 教材作成 留意 い

2.2.3 教材

2時間 授業

省堂New Crown English series

数研出版 5-STAGE英文法完成 BOOK 2

自主教材 ン

LL授業

Oxford University Press:Basic Tactics For

Listening

TT授業

正逭社 Talk and Talk

(7)

Side

自主教材 ン

NH 語学番組 基礎英語 2 聴 推奨 い

長期休業中 課題 reader 書籍 え

夏 課題 Edgar Allan Poe “Seven Stories

of Mystery and Horror” (Macmillan Readers) 課

課題 対 評価 内容 関 音

2.2.4 教科書 題材中心 授業 TT

教 共通 識 あ 文法等 学習 い 踏 え 教 書 扱わ い 文法 目

沿 教材 回 ン 授業資料兼

使用 い 教 書 掲載 文法 英文 基礎基 必 展的 教 書以

外 新聞 含 様々 英文 触

う い

教 書 授業 以 授業構成 基 型

1) small talk ン ッ

2) 日 文法 使 活動

3) 教 書 文 一部改作 確

4) 日 学習 基 書 活動

TT 授業 当 文章 型 状況 遭遇

場合 応答 う既習 文法 目 復練

習 応用 自 自身 い 述 ッ

作 表活動 行 い 人前 表 慣 聴衆 伝わ う 表能力 積

回 多 生 表 場 設 評 価 対 象 い 表 時 生 互 い

encourage ン 成否 手

聞 手 姿勢 大 あ 理解

い 表 際 指 ン Speak

slowly, loudly and clearly. びEye Contact あ

posture, gesture 効果的 使い方

逆 実践 中 指 い

2.2.5 LL教室 授業 担当:阪田卓洋

Basic Tactics for Listening Oxford University

Press 使用 日常会 中心 ン

活動 行 い 授業 流 以 明 洋楽 聞 穴埋

前時 復習 視覚資料 用い 新出表現 復習

ッ 入

問題演習

Dictation

新出表現 復習

洋楽 特 文法等 気 中学生 楽 聴 思わ 曲 選 穴埋 箇 既習 単 語 絞 特 前後 音 連鎖 聞

箇 集中 選び 知 い 単語 聞 え い 状態 雑音 言わ う聞 え

状態 気 う 英語 聞

え い 状態 定着 う意識

前時 復習 必 行 1 単 授業 あ 繰 返 復習 要 授業 入

使用 ワ ン 使用 新出表現

確 1 逬間経 復習 単語 忘

い 生 多い ン 復習

1逬間後 う一 復習

前回 確実 定着 い 校 生

2回 復習 十 効果 あ う あ

前時 復習 時 ッ

入 ッ 関連 視覚資料 映像資料 紹

生 い Clothes

単元 日 語 相遊 注目 身近

服 称 確 blouse 男子生

馴染 い単語 あ 場合 Google画像検索

英英辞 定義 時示 理解

LL 教 ン ッ 情報 生

示 生 質問 授業 逭 応

適 教材 え Prices 単元

土地 1 い いう質

問 場 Google検索 値段 示

検索 生 食い い

後 問題演習 入 問題 易

応 1 聞い 解 問題 2 聞い 解 問題 見 解い い問題 3 都 指示 前 単語等 入

文法 格的 明 英語 聞 時間

削 転倒 う あ 概要

理解 必要最 限 情報 供

明 い う 心掛 問題

断 場合 ン

表示 見 見 い 生 断

任 見 問題 解 生 い

音声 頼 解 う 生 い

問題演習 全部 20 前後 後

一部 英文 用い Dictation 行 書

(8)

う 単語 ン 意識 う 心

掛 後 新出表現 復習ワ

配 付属 定着 図

2.2.6 評価

評価材料 主 以 通 あ 期 考査

課題 復習 問題集 自作 ン

TT 表活動

評価 ン 多岐 渡 生 各自自

い 力 入 う い い 把

握 い 昨 行 い

学習活動 机間指 都 個 評価

方法 い 時間的 授業時

間 多 割 個 学習内容 い 確 び 評価 言 段 案出 実行

い 生 学習状況 把握 学習行動 改

善 い方法 実践 思う

回 授業 わ い 一定 型 生 自身 い 何 評価

前 察 う 回 授業

課題 組 主体的 思う

2.3 中学3年生 (68期) 担当:山田 忠弘

2.3.1 に

中 逬 時間 教 書 主 扱う

時間 ALT team teaching 時間 教

授業 時間 い

2.3.2 教科書を用いた授業 時間

校英語 共通理解 文法 学

習 い 基 教 書New Crown

学期 終え 学期 Macmillan Readers “The

Merchant of Venice” 予定 あ 夏休 宿

題 Pearson “The Ring” 学期始

確 行

教 書 ッ ン 学期 半

逭 回 授業 扱う教 書 文

~ 決 多 い 教 書 扱

う文法 基 中 基 挙 い い 自

作 ン 用い 回補足 50

授業 足 内容 い

ッ 授業 流 以 通 あ

.教 書new words い 音

.教 書 文chorus reading 聞 山

文 repeat

.注意 音 単語 文法 補足 明

ン ~ 使う 配

.教 書 い文法補足 明 例文 明

.和文英訳演習 例文 .追加問題

10 程 終わ う

reading listening問題 必 日 文法

い あ 改作 入 い 教 書 関連 追加教材 学期

“Sadako” (Eleanor Coerr) 学期 “I Won’t

Get Up! – The Story of Rosa Parks – ” (Eloise

Greenfield) 使用

学期 英作文 練習 漫画

ン 100語程

英語 練習 授業内課題 出

添削 返 回行

昨 引 単語 基 構文 定着

図 単語 和文英訳 原則逬 回

行 い

2.3.3 TT授業 時間

授業 心 い 41 全員

ALT 対 回 いう

あ 時間 人 い 教

ALT い 意義 要 言え 学期

行 あ

.直近 教 書 学習 文法 例え 現在完

了 関 代 詞 関 ワ “SIDE by

SIDE” 抜粋 作 ン 使用

. 人 都 指定 ALT

山 質問 答え

い 前 用 渡 原稿 作

学期 形式 評

参入

学期 意見 表 対 論

簡単 形 練習 始

生 身近 resolution 例え

“We should (not) clean our classroom everyday.” “Students who are late for school should (not) be

(9)

対 refutation 考え いわ 瞬 力 養う機会 い

2.3.4 LL授業 時間

LL 教 行わ 授業 利 音声

生 個人 ッ ッ 流

解答 生 示

授 業 時 間 半 (Basic /

Developing Tactics for Listening) ッ ン

逭 残 半 自作 ン 用い

ン 補充問題 洋楽 聞 歌詞 数 空 埋 映画鑑賞 英語 幕 適宜行 い

参考文献

1. 究極 英語 ン Vol.1 (2008)

2. 究極 英語 ン Vol.2 (2008)

3. 究極 英語 ン Vol.1 (2014)

4. “Sadako” (Eleanor Coerr) (1993) Puffin Books

5. “I Won’t Get Up! – The Story of Rosa Parks – ”

(Eloise Greenfield) (1985) 山 書店

6. SIDE by SIDE (third edition) Book2-4 (Pearson

Longman)

7. Basic / Developing Tactics for Listening Oxford

University Press

2.4 校1年生 (67期) コ ュニ ション英語I

担当:秋元佐恵

2.4.1 に

間 中 実践期 目 あ

校 展期 英語表現

う 基礎体力 必要 あ 当初

指 目標

表能力 基盤 言語構造 文法 語彙 自然 形 身

世界 目 向 題材 数多 接 問題意識

自 考え 述 訓練

い 中学 段 あ 程 文法習得 終わ

い 仮定法 比較表現 準動詞 時制

何 繰 返 い 単

練習 実際 文脈 中 使用法 理解 積極的 使う訓練 い

教 書中心 あ え 教育

環境 ッ 海外 ュ ン

各団体 HP T ュ 問題 繋

示 い

単元 最後 何 形 学

ッ い

特 組 紹

2.4.2 授業 組

2.4.2.1 日英暗誦シ 目標

授業 教 書 題材 入 用い 英 新

聞 ュ ン ュ 適宜扱

い 際行 い 日英暗誦 用

い あ 生 前回

文章 身 い文 10~15 個 ッ ッ B5 用 日英対照 載 あ

作 際 少々加 え ッ

文法 用い 書 換え 単語 類義語 変え

言い易い あ ン

目 見 い う 視覚的 語彙

関 active vocabulary passive vocabulary

明確 意識 作 い 出 単語

active 自 使え う

い 選 い

生 個人 感覚 覚え い

覚え 後 時間 あ 英文 英語 言い

換え 練習 加え

前回 内容 復習 いう ッ

橋渡 (Intake) 置 あ

え 夏 課題 The Body Penguin Books

後 仮定法 文章 多 使わ い

文 ッ ッ 良い う 加

実際 日 文 英文 書い い

僕 君 父 いい 思う

僕 実 誰 信

彼 僕 在 い う

I wish I were your dad.

If I told the truth, who would believe me? They acted as if I didn’t exist.

暗誦 あ 実施

英語 得意 生 手 生 感覚

楽 後 定着率 良い う

(10)

い練習法 い 英語教育増刊

(2016 10 ) pp. 18-19 英語教師 身

い 磨 方 参照

2.4.2.2 プ ション活動 目標

ッ ン 内容 ン ッ

各単元 実施 い

え Lesson 4 Forests for the Future 環境問

題 扱 時 人 環境問題 ン

行 授業時 各自P 使 英語HP

方(必要 情報 skimming) 指

興味あ 環境問題 調 問題 各国

組 表 枚数 人 枚

各班 以内 限定 枚数 制限 い

う 活動 後 各自 原稿 集 ン内容 評価

Lesson 6 El Sistema い 素晴 い

ュ ン 映画 El Sistema ン語版 日

語 幕 僚 借 生 見

教 書 内容 関連 CBS ュ ン ン 教材 使 い い 学 最後

El Sistema 何 知 い人 わ う

英語 明 活動 い う考え 述 いう課題 出 語数 100語程

生 作品例

El Sistema is a program to teach classical music to Venezuelan citizens including people who live in poverty. Usually, poor people have no hope for their future and not a few of them join gangs and commit crimes. However, El Sistema gave hope to poor citizens and taught many important things for life such as respect and teamwork. In my opinion, music enriches us mentally. Although being poor substantially, people can live a wonderful life if they are mentally rich. Today, many people in the world are substantially and mentally poor, and they’re leading a miserable life. To change the situation, programs like El Sistema are necessary.

う 活動 生 ン

う一 直 良い表現 ッ

ッ 使 う 良い復習

生 摯 感想 題材選び 何

大 思わ 後 良い教材

研究 い

2.5 校1年生 (67期 英語表現I

担当:阪田卓洋

2.5.1 に

英語表現I 2単 あ LL教 実施

ン 中心 授業 ン 行

う ン 中心 授業 い

両者 共通 英語表現全体 指 い 述

1 学期 指 置い 自

言い い 明確 言え う

後 ッ ン

ン 展的 活動 考え

入生 連絡生 混在 い

前 表 機会 設 教育的

大 あ 感

2 学期 ッ ン 中心 移 自

言い い 言う いう意味

あ ッ ン 相手 意識

要求 流 対

賛成 い 会 入 技術 必要

荷 活動

あ 間遊い い 逆 言え 実際

ュ ン 近い活動 あ

2.5.2 1学期

2.5.2.1 LL教室を使用 た授業

LL 授業 世界的 題材

ン 活動 多 実施 主 題材 以

Leonardo DiCaprio 賞

Steve Jobs ン 演

Barack Obama 広島

Emma Watson 国連

David Cameron 辞任

ッ 選定 際 文法 目 語彙 目 易 意識 男子 校生 興味関心 引

う 意識 魅力的

あ 教 書 扱わ 多い

選 新鮮 生 関心 引 ッ

選定 う心掛

授業 逭 方 以 通 あ 視聴

大 意味 把握

Dictation (Fill in the blanks)

(11)

音 練習 録音

視聴 全体 意味 掴

穴あ 配 繰 返 聞 全

文 理解 い 習 文法 等 理解

必要最 限 明 理解 終え 後

繰 返 聞 音 練習 一語一語

音 ン ン 置

置 似 う 最後 音 録音

出 成績 映

省 生 録音 音声 全員 共

あ 録音 音声 聞

強弱 ン ン 代用

い 生 多い う 感

強弱 ン ン 関 い

語 強 いう 方 基 的 い以

強弱 意識 方 指 必要 あ 音声 全体 聞 音 指

後 課題 い

2.5.2.2 ン

最初 数時間 自己紹 入生

連絡生 交流 意味合い あ 時

学 初 担当 筆者 生

英語力 最初 知 場 興

う 英語 対

抵抗感 い生 多 積極的 う

生 多い 感 指

生 一 多 英語 う

様々 ン 活動 入 う

自己紹 終え 後 5 宿泊研修 長 訪

踏 え “Which do you like better,

living in the city or living in the countryside?” い

う題 用意 内容 関

理 根拠 体例 入 表 方 い ALT 時

一人 い

生 飽 う 各 あ 質問

時間 設 誰 質問 い 質問

数 積極的 授業 参加 成績 加 味

表後 原稿 利用 150語程

英作文 課 作成 際 体

例 根拠 例示 指示 い 150語程 簡単 書 う あ 英作文 ALT

共 成績 加味

1学期 最後 ン

LL 授業 扱 教材 暗唱 行 暗唱

題材 生 任 完璧

個々 音 息遣い ン ン

完全 再現 生 い 大い 盛

2.5.3 2学期

2.5.3.1 LL教室を使用 た授業

2 学期 最初 夏休 中 課題図書 The Body

Penguin Books 映画版 あ Stand by Me 視

聴 仮定法 入 時期 あ 映画 会 中 仮 定 法 使 わ い 部 選 び

Dictation 題材 面白 場

人物 早 ン 後 音

持 い 残念

後 映画Dead Poets Society 視聴

男子校 舞 映画

あ 校 生 馴染 い

あ 英語 授業 場面 英米 詩

紹 英米文学 理解 深

映画 紹 い 詩 中 以

詩 扱

Walt Whitman, “O Captain! My Captain!” Robert Frost, “The Road Not Taken”

わ 詩 関 劇中 紹 解釈 実際 全文 際 解釈 遊い

注目 詩 注意深 一語一 正確

解 解釈 大 指

映画視聴後 後述 ン 授

業 映画 い ッ ン 時間

後 ッ ン 200

語 ッ 書い う指示 holistic 評

価 10 満 成績 加味 予定 あ

映画視聴後 ュ 英語 扱う

大統領選 只中 あ ュ

う 報遈 い 紹

Dictation 活動 い 予定 あ

2.5.3.2 ン

2 学期 ッ ン 授業 中心 据え

う 一 授業時間 中

ッ ン 時間 必 う 後

全体 意見 共 う

(12)

面白 生 気 失い ッ ン 時間 黙 込 う 内容

英語 十 議論 い 休

時間 雑談 い些細 い

う 面白い題材 選定

以 ッ 示

初 行

無人島 何 持 い

校長 自 学校 何 変え い 沈没 う 船 乗 誰

自 桃 郎 鬼 島 誰 連 い

人暮 部屋 良い

ッ 選択肢 選択肢

選 妥当 いう 議論 選択肢

自 議論 時 あ あ 程 縛 い 生 逆 意見 出 い

限 選択肢 中 う 組 合わ 最 得力 あ いう問い 立 方 校 生 合う う あ 以降 自

う 選択肢 あ 面白い 常 考え 授業 示 い

日 語 ッ ン わ い う

ALT 人 机間巡視 い 日 語 聞 え

“What is your opinion?” 一人 生

指 入 英語 意見 聞 え

場 い う い 自己評価

配 英語 言 回数 自 ン 記録 残 い 学期 最後 回 成績

加味 予定 あ ッ ン

回変え ン 構成 う

2 学期 最後 ッ 一 選び

ン ン 予定 あ

スカッション 様子

2.6 校2年生 (66期) コ ュニ ション英語

3単位分 担当: 橋深美

2.6.1 に

校 ュ ン英語 4単 あ

3 単 教 書類 中心 学習 当 1 単

ン 教員 担当 い

校 使用 い 教 書 UNICORN English

Communication 2 文英堂 あ 教 書

12 課 課 4~5

ン 文法解 Exercises Supplementary Reading

成 For Reading 数 あ 授業

教 書 ッ ン い 選 扱う

ン 教材 解 作文 等 入

い 文法 必要 応 明

語彙 文法 補強 付属 ワ ッ

使用 各自 組 い

2.6.2 授業 組

筆者 2014 ュ ン英語

等 担当 教材 使用

新 改変 加え 使用 い 多い

筆者 担当 い 3単 授業 2単 教 書等 充 1単 ン 充 い

2.6.2.1 1学期

春休 Oxford Bookworm 4 Treasure Island

通 課題 主 う

問う試験 実施 Treasure Island 作品

あ 人 死 場面 多 場人物 男性 あ 意味 男子校 課題

教材 言え う

教 書 い 1学期 課 選択 学習

L.1 Through the Eyes of Imagination L.4 International Space Station

L.1 錯視 い 様々 錯視 例

示 例え 実 合 あ い

う 電子黒板 使 画像 一部

並 見

1 学期後半 A.A. Milne Winnie-the-Pooh

第 6 章 第 8 章 教 材 使 用

Winnie-the-Pooh 原文 必 解 い

(13)

い 教 書 消え い 現在 内容的 適 教材 あ

Follow up 2011 作品 あ 映

画 使用 ン 作

成 内容理解 手 英語版 全編

視聴 授業後 生 感想 う いい気持 家 帰 等 大変好評 あ

2.6.2.2 2学期

夏休 Oxford Bookworm 5 Ghost Stories

通 課題 6 短編

い 総語数 22,000 語以 終

え 自信 生 多 う あ

い 1学期 様 夏休 明

教 書 2学期前半 2課 学習 L.2 The Problem We All Live With L.8 Global Water Issues

L.2 ュ ン 初 Integrated

School 学校 通う Ruby Bridges

あ 校風 Norman Rockwell 絵 大変

あ 授業 Norman Rockwell

絵 共 The Story of Ruby Bridges (絵 ) 一部

L.8 世界 水資源 巡 問題 論 英文

あ 文中 様々 統計 基 数 挙

い 英語 少 筆者

論拠 挙 い 数 う 統計

能 論理 展開 無理 い critical

逭 能 あ

2 学期後半 2014 様 The Diary of

Anne Frank 一部 抜粋 学習 予定 あ

ン 日記 知 作品 あ 約 20 前 以前 版 省略 い 個 補填

完全版 出版 英語版 解教材

用い 2014 部

是非 いう 授業者 思い 走

教材 多 回 1回 無理

完結 う 示 教材 絞 う 考

え い

2.6.3 ン につい

教 書 使用 授業 う 書

作業 少 書 作業 い 少 時

間 ン 基礎 指

内容 明文 情 写 あ 内容

一定 語数 ン ン 書

主眼 peer evaluation

展 い い 後互い 合う活動 入

原稿 展形

態 検討 い

2.6.4 スニン につい

授業 旅行 い 男 あ 犯罪

件 巻 込 展開 い 教材

使用 い い教材 衆電 FAX

時代 あ 会 臨場感 あ

ン 観 医院 等 会 網羅

い 聞

終わ う 生 興味 持 学

習 い う あ

2.6.5 今後 課題

4 技能 伸長 英語 目 目指 あ

目 1単 ン

担当 い 教員 連携 ン

技能 伸長 心 い い 考え い

2.7 校2年生 (66期) コ ュニ ション英語 1単位分 担当:須田智之

2.7.1 に

校2 生(66期生) ュ ン英語II (4

単 )中 1単 ALT ン

(以 TT) ン ン

ッ ン 等 主 ン

力 向 図 いう 目標 あ

特 興型英語 活動 中心 据え 授 業 展開 い

筆者 昨 含 過去3回程 授業 担当

あ 英語 指 関 全

経験 準備型英語 全国大

会 参観 行 帰国子 社会人向 英語

興型 等 参加

指 際 様々 試行錯誤 特 転

機 2015 夏 校 秋元教諭 紹 頂い 一般社団法人 ン

人 育成 会(PDA) 講習会 参加 あ

(14)

指 自信 持 う 実 感 い

2.7.2 1学期 授業

1 学期 授業 興型英語 慣 親

目標 校 授業 用 い

大阪府立大学 中 智皓 教 一般社団法人

ン 人 育成 会(PDA)代表 考

案 50 授業 1 ン 完結 能 ッ

あ 英語 行う際 役割 試

合 流 い 彼 著書 あ 授業

興型英語 参考 い 実

際 授業 書 活用 頂い 改 中 氏 感謝 意 表

筆者 授業 担当 66 期生 中学校時代 担

任団 あ 昨 授業担当者 ュ

ン英語 (3単 ) 担当 3学期 授業

興型英語 入 各 役

割 対戦 流 明 対戦練習

実施済 あ

授業 生 士 対戦( ン ) 4 回程実施 生 席 ッ 6人1班

中 肯定側3人 否定側3人 2 作 論

題( ン) い 約20

準備時間 後 会場 対戦 実施 い 各

ン 論題 以 通 あ

Celebrities who got accused of drug scandals should not be allowed to be back on mass media.

Using a selfie stick in public space should be banned.

We should introduce eco-tax.

We should outsource directing and coaching positions for club activities.

論題 校 前出 一般社団法人 ン

人 育成 会(PDA) 学校会員 い

1~2 題材 単語 送

主 使用 い 対戦 際

班 6 審 ( ッ ) 会( ン) 担当

1 学期 評価 学期最後 ン

形 実施 内容 関西地域研究 直

後 あ 京都 中 英文挨拶

参考 関西 魅力 誰 (例: 寺 職

支配人等) 成 挨拶文 作成

挨拶文 評価 対象

1 学期 ン 実施 英語

対 生 遉 意識 調査 多 生 遉 ン ン能力 伸長 英語

将来的 用性 実感 い

2.7.3 2学期 授業

2 学期 引 興型英語 中心

授業 実施 い 各 ン 論題例 以 通 あ

“Pokemon Go” brings more benefit than harm. Using normal housing as hotels brings more benefit than harm.

Driverless cars bring more benefit than harm.

2 学期 特 ン ッ 増強 図 前

論題 関 あ 新聞記 映像 使用 う

心掛 2 学期 後半 対戦

ン 評価 予定 あ

際 各自 ッ 出

2 学期 文 祭直前 生 遉 疲

労困憊 色 濃 時期 あ うい 時期 無理 い う いう訳 い ン

ワ ン ン主演 映画 栄

教 見 い 物語 実 基

い 黒人 大学 活躍 い い

人種差 写 非常 ッ ン 場面 あ 最後 大学 対戦場面 非常 印象

残 力 実感 映画 あ 思う

2.7.4 3学期 授業

3 学期 入試 あ 授業 回数 極端 少 い

授業計画 必要 あ 英語

英語俳 等 Creative Writing 組

Dead Poets Society in Tsukukoma 題

自作 自 好 詩 文学作品等 い

ン ン 学期 実施 共 原稿 冊子

予定 あ

間 通 授業実践 細 い 個

(15)

2.8 校3年生 (65期) コ ュニ ション英語III

担当:八宮 孝夫

2.8.1 に

学習指 要領 ュ ン英語III 以

Com英語III 目標 内容 見

独自 目標 あ いう Com英語II 学 習 踏 え 情報 考え 的確 理解 適

伝え 能力 伸 実際 社会生活 い

活用 英語 能力 身 付 う設定 あ

昨 Com英語II あ

ン 4 5時間 扱う いう 方 い Com英語III う少 長 内容的

深 あ 英文 1 2 時間 扱う 目標

様々 英文 対応 う 回

文 社会問題 学的 物 文学

的 ン 持 英

文 非常 硬い調子 軽

い皮肉交 い い 扱う

2.8.2 1学期 実践

う 500語前後 英文 扱う う 比較的短い入試問題 冒頭部 英 新聞

英文雑 記 使用 入試問題 使用

場合 設問 使う 避

力 設問 加え 記 選択問題 問題 改変 逬3時間 授業 概

以 3 う

2.8.2.1 400語 900語程度 英文を精読

指示代 詞 詞構文 示 内容 文章全体

構造 考え 文意 過去 入試問題 Science

Nature Editorial The Economist, The New

York Times Magazine 記

2.8.2.2 スニン 導入 、速読

大人 英語教 書 使用 大学生 4 程 英文 12 編 録 あ 内容

的 校 生 知的好 心 満 多い 例

え Placebo Effect 英語 英語

両方 音 朗 あ CD付 内容

ン あ 音 聞

ン 教材 概要 後

配 速 教材 筆者 あ 速

価値 見出 い 内容 濃い英文

考え 文学作品 速 対象 い

NHK 攻略!英語 ン 益

教材 生 聞 勧 い

2.8.2.3 1000 語以上 比較的分量 多い英文 概要

をつ

東 大 教 養 課 程 あ The Universe of English, The Universe of English II,

The Expanding Universe of English II 英文

短編 注釈 頼 概要 内容 味わう

1 学期 Fredric Brown Knock いう作品

Patrick McGrath O’Malley and Schwartz

Com英語 Oral Introduction あ

程 新語 入 概要 英文

回 independent reader

自 初見 英文 理解 力

い 心得 以 強調

1) 冒頭 部 大 慎

→ 始 何

場人物 誰 逭

2) 冒頭 わ う わ

思 逭 勇気 大 あ

→冒頭 大 あ あえ

わ い う 書 方 い 場合 少

い 体例 関連性 考え

3) 英文 単独 在 い 要 表現

変え 繰 返 述 多い

以 英文理解 いう

あ 目新 い い 筆者 特 談

的 関心 あ 時々適 英文 あ

全体 構造 示 言い換え

い 体的 示 う い

基 的 予習 課 場 配 英

文 20~30 残 時間 理解 確

いう形式 あ 2.8.2.3 属 50

間 時間 理解 確 場合

(16)

2.8.3 発表活動 実践例

Com英語 単 ン 授業 い

要約 書 意見 感想 書 活動 行

以 あ Patrick McGrath O’Malley

and Schwartz 例 あ :

I will arrange this story in time series [sequence?]. O’Malley was a famous violin player. He met Eurydice Schwartz and became engaged to her. However, she was badly injured by a crocodile [in the zoo] and died. He was deeply sad and became psychotic.

One day, O’Malley played the violin at the platform and many people listened, but he suddenly stopped. He assumed that a woman at the opposite side was Eurydice Schwartz. He went over the rail like in a trance, and tried to kiss the woman. He was soon arrested and taken away by the cops.

After a few days, he was suddenly attacked by members of a radical Canadian environmentalist cult and died. His head somehow ended up in the Reservoir and cried the name “Eurydice Schwartz!” In Greek mythology, Orpheus was a great harp player and his wife was bitten by a snake and died. He himself was killed by mad women and his head sang a song, flowing down a river. This peculiarity is similar to “O’Malley and Schwartz.” (3-4 Y)

生 指摘 通 作品

いう 神 あ

ッ 的 少々 気味 短編 あ

2.8.4 学期末 パ ォ ンス ス につい

筆者 中学1 校2 至 学期

ン 称 英語 表 生

課 学期 扱 題材 い 自

調 う 傾 2 間 行う

あ 1学期 Edwin Reischauer いう1960

代 駐米大使 い 扱 関

例 挙 :

I was deeply impressed by two expressions in this essay. The one is “the two countries seemed to be viewing each other across the Pacific through the same set of binoculars, but looking through from opposite ends.” Now, Japan still has much less military power than America, but America became

[came] to ask Japan much more military help than it was when Reischauer wrote this essay, I think. The other is “put up or shut up.” In this case, Reischauer seems to use this phrase in order to express the situation where he had to accept the offer from President Kennedy. I think that Reischauer thought that if he refused the offer, all his books, articles and speeches would be less persuasive. So I think Reischauer was a writer rather than a diplomat or a politician, even after he became an ambassador. I think what was important for him was his pride as a writer as well as his love for both America and Japan. (3-2, N)

生 Reischauer writer い

scholar いう 使用 い い

思う う あ 彼 言う通 人

物 あ

う 形 意見 書 前

表 ン 能力 向

2.8.5 学期 実践

2 学期 基 的 1 学期 様 日 内容

異 ッ 扱い 解 中心 行

1 学期 長 物 心掛

中 3回 扱 教材 あ “Why do

we laugh?” いう教材 The Expanding Universe

of English II 初 課 いわ 大学2

初 いえ 冒頭 英語 2例

面白い 笑い

考察 最後 笑い 来的 持 意 味 機能 触 い

う 1 4 回 扱 Martin

Luther King Jr. “I Have a Dream” speech あ

中学3 時 い I have a dream …

畳 後半 部 教 書 出 関

暗唱 部 あ 駒場論集53集 参照

3 全文 扱い 印象 残 部 1 間暗唱

いう課題 出 実 3

課題 出 2 目 あ 筆者 “I Have

a Dream” speech 聞い 味わい 部 的 暗唱

校英語 目標 置い

米国独立 言 ン ン

踏 え い 部

1 Thomas Jefferson &

(17)

作 部 暗唱 2 Lincoln’s

Gettysburg Address 全文 解

全体 暗唱 ういういわ 地 作 ン 牧師 全文 見 2 歴

的英文 関連性 解 加え

見 あ ン

う 地 聖書 引用 補足 明

あ 明 あ 多い

文 理解 前 あ い

い 逆 根底 あ 独立 言

ン ン 演 精神 明抜 感

ッ ン あ

1 例 示 う 冒頭 “I am happy to join with

you today …” 参加者 ワ ン ン大行逭 集

え 喜 後 “Five score years ago, a great

American, in whose symbolic shadow we stand today, signed the Emancipation Proclamation.”

“Five score” ン ン “Four score

and seven years ago” いう 演

冒頭 踏 え い あ

ン ン 関 思い至 five score(=20) →100

1963 100 前→1863 隷解放 言

a great American Emancipation Proclamation

関 一瞬 了解 あ 補足 明 加え 繰 返 畳

比喩 対 豊富 あ 例え

冒頭近 “One hundred years later, the Negro

lives on a lonely island of poverty in the midst of a

vast ocean of material prosperity.” いう文 あ

One hundred years later いう 4 繰

返 ン ン 隷解放 言 100

い いう強調 効果 あ a

lonely island of poverty 貧困状態 孤島 例え

時 後 a vast ocean of material

prosperity 非常 対比 対 表現

い う 鮮明 比喩 対 あ

聞い 理解 暗唱 え 容易

ン 音声的 特徴 あ いわ

文 文 最初

い 畳 あ 内容

理解 音声 特徴 い

体的 逭 方 冒頭 部 中盤 部

最後 部 3 的

部 ン 聞 穴埋

確 補足 明 音声 特徴 指摘

際役立 ン 牧師

夢 The Autobiography of Martin Luther King Jr.

林俊輔氏 音声解 現代英語教育

1995 10 あ 最近 I Have a Dream

生声 聴 !世界 変え ン 牧師

CD 付 い you-tube 映像 あ

全体 内容理解 見

ン ン記念堂 ワ ン ン ュ ン 置

関 わ い

評価 学期 最後 2時間 印象 残

1 間 暗唱 表 期 考査 内容理

解 解問題 出

験 前 暗唱 ン

剣 組 心配 面 あ

予想 準備 い 印象 あ

期 考査 最後 3 間 英語 授業 い 感想

書 暗唱 最初 担 あ

第 価値 いう風 え

生 多 代表的 あ

About three years ago, I hesitated to speak English in public and I was so nervous that my hands shook heavily. But I gradually got used to doing so, at the last class, I didn’t feel nervous. Obviously, this is because of Mr. Hachimiya’s class. What you taught us is not only the English overall skills but also the way of good speech. We can never be satisfied without your great class. I want to express my gratitude. Thank you very much for your class. (3-1, M)

一環 書 多 世辞 あ

人前 訓練 肯定的 え い

2.8.6 わ に

ン 例 示 う 授業

扱 教材 踏 え 関 う 調

表 生 ュ ン活

動 う 日々 授業時間 回

わ い 大学 験 前 英文

訳 いう活動 多角的 英語 能

力 考え

参考文献

1. Carson, Clayborne The Autobiography of Martin

(18)

2. Patrick McGrath, O’Malley and Schwartz

(The Universe of English II )

3. Reischauer, Edwin O. (1986) My Life between

Japan and America, Weatherhill

4. 柴原智幸 攻略!英語 ン NHK出版

5. 新 好 森山淑 編 ン 牧師

夢 1984 友社

6. 東 京 大 学 教 養 学 部 英 語 教 編 (1993) The

Universe of English 東京大学出版会

7. 東 京 大 学 教 養 学 部 英 語 教 編 (1998) The

Universe of English II 東京大学出版会

8. 東 京 大 学 教 養 学 部 英 語 教 編 (2000) The

Expanding Universe of English II 東京大学出

版会

9. 筑波大学駒場論集53集 (2013)

10. 山久瀬洋 翻訳 解 I Have a Dream 生

声 聴 !世界 変え ン 牧師

2013 IBC ッ ン

11. 山 郎 ン ン ン (2008) 大

人 英語教 書 IBC ッ ン

12. 林俊輔 I Have a Dream 魅力

現代英語教育 1995 10

2.9 校3年生 (65期) 英語表現II

担当:秋元佐恵、阪田卓洋

2.9.1 ン 授業 概要

2 単 う 1 時間 自 英作文

ン 指 う1時間 文法 確 和文 英訳 あ い 択教 書 主 生 自宅学習

用 あ 授業 教員作成 ン 使

2.9.2 パ ン ッ

担当:秋元佐恵

指 方法 以 通 あ

あ ッ い 聴 表現 必要

背 知識 語彙 便利 表現 学

課題 示 通常100語~200語 書 各自

翌逬 添削 返 基準 満 作品

文法 注意 ン ッ

●主 ッ 一覧 物語文

音楽 自 意味 述

ッ 考え

明文

日 人 推移 析

日 わ 使用場面 明

写文

学校 場 人 選 写 → 筑駒辞 編纂

日 文 代表 人 人選 写 漫画 内容 写

意見文

国立文系学部改編 い 意見 述 特 考査 是非 述

自 英語教師 い 英語 教え 述

自 論題 決 ン 挙 得

力あ 原稿 作成

創作

英語 考案

映画 伝文作成

回 講者全員 ッ 添削 労力 い 作業 あ 自 英作文 遉 実際

書い 戻 添削 見 模範 比

自 改善 いう方法 最 良い 思わ

方法 い 側

深い内容 作文 出会 感激 示唆 富 内

容 作文 刺激 授業案 浮 あ

後 良い ッ 考え 生 英語力 鍛

え い

学期最後 時間 筑駒 紹 筑駒

辞 配

2.9.3 和文英訳 文法演習 担当:阪田卓洋

授業 和文英訳 文法演習 中心 扱

授業 逭 方 以 示

文法 語法 確 問題 選択肢 20問程

前回 出課題返 feedback

回 文法 確 問題演習 和文英訳 英 新聞 抜粋 和文英訳

出課題 配 出

最初 ン ッ 文法 語法 選択 肢問題 解い い 答え合わ 文法的

部 選択肢問題 簡単 解 う 語表現 語法問題 中心 扱

(19)

解 回 授業 終わ 3文程 和文 英訳 課 い 大学入試問題 使う 多い

時 学習 一 文法 目 紹

3 生 大体 文法 正確 使え い

過去完了形 仮定法 正確 知識

英作文 使 い 生 多い 例文 示 和文英訳 問題 解い い 正確 使い方 伝え 過去完了形 教え 際 文学作品 冒頭

部 動詞 部 黒塗 過去

形 過去完了形 選 時

間軸 意識出来 い い生 い課題

う あ 時間軸 意識 英語 う 英作文 際 適 時制 相 選 思わ

後 英 新聞 抜粋 和文英訳 問題 2題 程 解い う 仮定法 無生物主語 生

戦 う 思わ 箇 選び 英訳 英訳 一人一人 解答 個 ッ

い 模範解答 解 載

ン 配 各自 答え合わ 質問 個

付 う い

授業 最後 出課題 配 授業時間内 完

成 出 回120 程 英作文 添削 根気 い 生 共通 い 誤

用 回 う 見 指 生 い

例え 多 学校 会社 始 時間 変わ い い いう文 英訳 際

The starting time of many schools and offices do not change.

生 意外 多い 日 語 表面的 表

い完了形 ュ ン 汲 ン 必要

あ 痛感 後 添削 繰 返 適

指 い い

参考文献

1. 安藤貞雄 (2005) 現代英文法講義 開拓社

2. 江 泰一郎 (1991) 英文法解 金子書

3. 久 暲 見健一 (2005) 謎解 英文法 文意

味 出版

4. 久 暲 見健一 (2013) 謎解 英文法 時

表現 出版

5. 竹 岡 広 信 (2015) 必 携 英 語 表 現 集 CHART INSTITUTE

6. 竹岡広信 (2011) 入試必携英作文 数研出版株式

会社

7. 長原幸雄 (1990) 関 節 大修館書店

8. Leech G.N. (1987) Meaning and the English

Verb Longman.

9. Quirk et. al. (1985) A Comprehensive Grammar

of the English Language Longman.

3.

総合学習

3.1 概要

校 総合学習 一環 中学3 生 学習 校 2 生 課題研究 設 段

授業 扱え い う 専門的内容 深 学習 土曜日 行 い 各教 担当者 出 生 1 選択 1講 人数 10~20 程

英語 SSH 目標 ン

育成 意識 日 学術振興会 JSPS

供 ン 利用

国際社会 い 容 信 能力 育成

細 http://www.jsps.go.jp/j-sdialogue/ 参照

3.2 中学3年生 68期 学習

講 Science Dialogue Jr. 3 目標 1

海外 手研究者 自 国 経歴 研究内容

い 英語 講演 聞 質疑応答 ュ ン 図 2 彼 ン技術 学 3 自 研究 英語 表 掲 い 内容

専門的 英語 理解 易 い 限 い 簡 単 実験 映像等 併用 手 ン

大体 内容 理解 い う あ 生

回 講演者 異 講師 1人1 質問

ン ン 欄 講師 ッ

(20)

現在 1 行う自 表 向

選択 abstract作 入

互い 表 い 知 ン

行 い 考え い

3.3 校2年生 66期 課題研究

2 課題研究 ン

利用 海外 手研究者 自国 文 専門

い ン ン 聞い い 表内容

表 方 注目 学術的 内容

わ 伝え ン ン 習得

う い

ン 並行 生 一人一人

自身 設定 研究 表 機会

設 い い

段 あ 興味深い 多い 以 例

 地球 穴 掘 物 落 輸送

手段 考え い

 ン 数学的記述

 歴

 睡 時間 ン

1 表 向 後 い ン

ン 指 い 予定 あ

4.

国際交流

4.1 概要

校 ン SSH

海外 校 研究交流実績

23 筑波大学 附属学校 対

的教育拠 教師教育拠 国際教育拠

3拠 構想 実現 う求 数

校生 国際的 活躍 機会 確実 増え い

以 2016 国際交流活動 予定 含

挙 い い 明

SSH関

(1) 湾 中 第一中学訪問

(2) 立命館 校SSH 京研修

(3) 横浜 ン ン 校(YSF) SSH

米国 ン 校訪問

(4) 釜山国際 校 KSA 韓国 学 訪問

(5) 日 学術振興会 Science Dialogue参加

(6) ン ッ ュ

4.2 韓国 釜山国際 校 交流

筑波大学 附属学校 資 業

諸地域 教員 生 校教員 生 研究交流 逭 予算 2013 相互交 流 実現

2016 1 26日 方生 20 引率教員3

来校 釜山国際 校 生 校生

日 民芸館→東京大学駒場→ 校 回

交流

後 2016 3 27日~31日 校生 12 引率教員3 韓国 釜山 訪問 期間中

釜山国際 校 交流 文 研究 表 含 韓国

学 理系 特 校 訪問

釜山 慶 見学 ワ 実施

4.3 プ ゼン ション ワ ショップ

昨 引 Vierheller 妻 招

ン ン 学 ワ ッ 学期

期 試験後 開催

“Learn to Present” 題 講 主 中

3 1 生 約20 参加 表

活動 組 指 中心 聴衆 引 付

体的 声 強弱

ン ン ン 身振 い

あ 2 学 成 各 力 原

稿 作 表 都 指

異 学 交わ 方 関

段 授業 経験 い 組 あ

(21)

4.4 ン ッシュ

ン ッ ュ 東京大学 大学院留学 生 依頼 通常 2~3回 日放課後1時間

半程 日 来 生 合わ 相手 い 中3 学習 2課題研究

ン 生 表指

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (21 pages)