Preoperative Threshold for Normalizing RightVentricular Volume After Transcatheter Closureof Adult Atrial Septal Defect

全文

(1)

九州大学学術情報リポジトリ

Kyushu University Institutional Repository

Preoperative Threshold for Normalizing Right Ventricular Volume After Transcatheter Closure of Adult Atrial Septal Defect

梅本, 真太郎

http://hdl.handle.net/2324/4474983

出版情報:九州大学, 2020, 博士(医学), 課程博士 バージョン:

権利関係:CC BY NC ND

(2)

氏 名 : 梅 本 真 太 郎

論 文 名:Preoperative Threshold for Normalizing Right Ventricular Volume After Transcatheter Closure of Adult Atrial Septal Defect

( 成 人 心 房 中 隔 欠 損 症 に 対 す る 経 カ テ ー テ ル 心 房 中 隔 欠 損 孔 閉 鎖 術 後 の 右 室 容 積 を 正 常 化 す る た め の 術 前 右 室 容 積 閾 値 の 検 討 )

区 分 : 甲

論 文 内 容 の 要 旨

心 房 中 隔 欠 損 症 は 先 天 性 心 疾 患 の 一 種 で あ り 、 心 房 間 の 欠 損 孔 を 介 し て 左 房 か ら 右 房 へ 血 流 短 絡 が 生 じ る 疾 患 で あ る 。 そ の 結 果 右 心 系 に 容 量 負 荷 を も た ら し 、 右 心 室 機 能 の 低 下 を 引 き 起 こ す 疾 患 で あ る 。

近 年 心 房 中 隔 欠 損 症 の 中 で も 二 次 孔 欠 損 型 に 対 し て は カ テ ー テ ル を 用 い た 欠 損 孔 閉 鎖 術 が 施 行 さ れ て い る 。 そ の 治 療 適 応 と し て 右 心 系 の 拡 大 が 認 め ら れ る こ と が 挙 げ ら れ て い る 。 し か し 、 欠 損 孔 を 閉 鎖 し た 後 も 右 心 系 の 拡 大 が 残 存 す る 症 例 も 認 め ら れ 、 右 心 系 の 拡 大 が 残 存 す る 症 例 に お い て は 運 動 耐 容 能 が 低 下 し て い る こ と が 報 告 さ れ て い る 。

本 研 究 で は 九 州 大 学 病 院 に て 心 房 中 隔 欠 損 症 に 対 し て カ テ ー テ ル 閉 鎖 術 を 施 行 し た 患 者 を 対 象 と し て 治 療 後 の 右 室 容 量 の 正 常 化 に 関 し て 、 治 療 前 の 心 臓 M R I で 計 測 し た 右 室 収 縮 末 期 容 積 係 数 ( R V E S V I ) が 重 要 で あ り 、 ま た 治 療 前 の R V E S V I 7 5 m L / m2 が 治 療 1 年 後 の 右 室 容 積 の 正 常 化 の 閾 値 で あ る こ と を 示 し た 。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP