Civility and Grand Tour: Dialogue between John Locke and Shaftesbury

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. Civility and Grand Tour: Dialogue between John Locke and Shaftesbury 木村, 俊道 九州大学大学院法学研究院助教授. https://doi.org/10.15017/16438 出版情報:政治研究. 52, pp.25-55, 2005-03-31. 九州大学法学部政治研究室 バージョン: 権利関係:.

(2) 文 明 ・作 法 ・大 陸 旅 行 ジ ョ ン ・ロ ッ ク とシャフツベリ. 初 期 近代 イ ング ラ ンド の大 陸旅 行 論. は じ め に‑ 政 治 と 思想 の間ー. ︼七世 紀 の大 陸 旅行 論. ルネ サ ン ス期 の大陸 旅 行 論. 第 一章 第 一節. 外 面 と内 面 の乖 離. ﹁文 明 の作 法 ﹂ の危 機. ロ ック に おけ る ﹁ 文 明 の作 法﹂ 論. ロ ック とシャフツベリ の ﹁交 際﹂. の 対 話‑. ﹁文 明 の作 法 ﹂ー ジ ョン ・ロック とシャフツベリ の場 合ー. 第 二節 第 二章 第 一節 第 二節. イ ング ラ ンド 意識 の昂 揚. 第 三章 第 一節. 節 第ハ 一ー ド の対 話 編. リ チ ャー ド ・ハー ド の大 陸 旅 行論. 第 二節 第 四章. 第 二節 ﹁ロ ック﹂ と ﹁シ ャフ ツ ベリ ﹂ の対 話 む すび に かえ て. 木. 村. 俊. 道.

(3) 人 の相 交 る は有 無 相 通 じ短 長 相 補 ふ 所 以 に外 な らず ︒⁝. 人 の相 交 る は互 い に礼 あ るを 要 す︒ 礼 な る も のは元 と 乱 を防 ぐ のみ ︒. 好客 を 敬 し て 之を 上 席 に引 く 固 よ り礼 なり ︒ 乞 人 を叱 し て之 を外 庭 に拒 む︑ 亦 た 礼 な らず ん ば あ らざ る な り︒・: 是 れ亦 た 交 際. の礼 にあ らず や︒ 要 は 各 々 ﹃ 我 ﹄ を 保 ち て相 乱 れざ る に在 り (陸羯南 ﹁ 増 補 再 版 国 際論 自 序 ﹂). は じ め に‑ 政 治 と 思 想 の 間 ‑. 本 稿 の 目 的 は ︑ 初 期 近 代 イ ング ラ ン ド の大 陸 旅 行 論 を 検 討 す る 作 業 を 通 じ て ︑ 同 時 代 に おけ る ﹁文 明 の作 法 ﹂ の浸 透. と 衰 退 の 過 程 を 解 明 す る こ と にあ る︒以 下 で は ま ず ︑議 論 の導 入 と し て ︑﹁作 法 ﹂の政 治 思 想 史 的 な 意 義 を 考 え て み た い︒. 本 稿 で は ︑ ﹁作 法 ﹂を ︑他 者 と の 共存 を は か る た め に編 み出 さ れ た 一連 の行 動 の ﹁型 ﹂であ る と仮 定 す る ︒ そ れ は ま た ︑. 具 体 的 な生 活 世 界 の な か で反 復 実 践 さ れ る も の で あ り ︑ そ れ ゆ え ︑ 日常 性 と身 体 性 を 特 徴 と す る︒ こ のよ う な 作 法 の体. し な が ら ︑ 作 法 に よ る 行 動 の 定 型 化 が ま た ︑ 以 下 のよ う な ﹁開 か れ た﹂ 側 面 を有 す る こ と も 見 逃 す こ と は で き な い︒. 系 は ︑ 一般 に︑ 秩 序 の形 成 を 強 く 志 向 す る ︒ し た が って︑ そ こ に権 力 や 支 配 の契 機 を 看 取 す る こ と は 容 易 であ る ︒ し か. 政 治 の 世 界 に お いて ︑ 確 立 さ れ た 一連 の作 法 は︑ 暴 力 と感 情 の噴 出 を 抑 制 す る 機 能 を 果 た す ︒ そ れ は ︑ 政 治 に おけ る. 恣 意 性 を排 除 す る︒ ま た ︑ 行 動 が 様 式 化 さ れ ︑ 予 測 可 能 性 が 生 じ る こ と によ って ︑ 他 者 の参 入 も 容 易 にな る︒ エチ ケ ッ. ト は チ ケ ット にな る ︒ 他 方 で ︑ 政 治 は高 度 な 作 為 の世 界 と な り ︑ 常 に他 者 の視 線 にさ ら さ れ る︒ そ こ で は︑ ア ク タ ー に よる自覚的 な役割演技 が必要 とされ るであろう︒. Y.

(4) ヒ ュー ム の指 摘 に も あ る よ う に ︑ 政 治 の 世 界 は ま た ︑ 思 想 や 意 見 に よ って成 立 す る ︒ し か し な が ら ︑ 良 心 や 信 条 ︑ 教. 義 や イ デ オ ロギ ー は しば し ば 共 約 不 能 であ る ︒ こ れ に 対 し て︑ 作 法 はあ く ま で も外 面 的 な 行 動 の型 で あ り ︑ 内 面 か ら は. 切 り離 さ れ︑ 価 値 中 立 的 であ る︒ も っと も︑ 作 法 そ れ 自 体 も ま た ︑ 特 定 の思 想 的 ・社 会 的 条 件 の産 物 で あ る こ と も 間 違. い な い︒ し か し な が ら ︑ 作 法 の共 有 が ︑ 相 互 の意 思 の 伝 達 を 容 易 にし ︑ 多 様 な 意 見 の間 に折 り 合 いを つけ る 一つ の手 段 であ る こ とも ま た 否 定 で き な い︒. こ のよ う に︑作 法 は いわ ば 政 治 と 思 想 を 媒 介 し ︑暴 力 と 感 情 を 抑 え ︑日常 的 な 他 者 と の交 際 を 可 能 に す る 身 体 的 な ツ ー. civility,. politen等 ess,. ル であ る ︒ 歴 史 的 に見 れば ︑ た と え ば N ・エリ ア ス が 指 摘 し た よ う に︑ こ のよ う な 一連 の作 法 の成 立 に よ って︑ 産 業 化 以 前 に お け る初 期 近 代 ヨー ロ ッ パ の ﹁文 明 化 ﹂ が 促 進 さ れ た の で あ る︒ イ ング ラ ン ド の場 合 ︑ こ の ﹁作 法 ﹂ を 意 味 す る 語 彙 群 と し て︑courtesy,. mann. は(﹁ c 文i明v﹂ iとl同 i義 tで e) あ り ︑ 産 業 革 命 後 に定 着 す る ︒civili とz 対ation. が 挙 げ ら れ る︒ そ れ ぞ れ︑ 宮 廷 ︑ 都 市 ︑ ポ リ ス︑ 方 法 ︑ ラ ベ ル を語 源 と す る ︒ いず れ も ヨ ー ロ ッパ 大 陸 ︑ と く に フラ ン ス か ら の外 来 語 で あ る︒ な か でも ︑civility. ン ス期 に お い て は ︑ イ タ リ ア や フ ラ ン スな ど︑ 大 陸 の宮 廷 が 文 明 の発 信 源 で あ った︒ こ れ に対 し て︑ 辺 境 の後 進 国 イ ン. 比 し た 場 合 ︑ 初 期 近 代 に お け る ﹁作 法 ﹂ と ﹁文 明 ﹂ の連 関 を 鮮 や か に示 し て い る︒ 別 稿 で述 べた よ う に ︑ と く に ルネ サ. グ ラ ン ド で は︑ カ ス テ ィ リ オ ーネ の ﹃宮 廷 人 ﹄ や グ ア ッツ ォ の ﹃ 洗 練 さ れ た 交 際 ﹄︑ デ ッラ ・カ ー サ の ﹃ガ ラ テ ー オ﹄ を. civi をl解i明 tす yる ) 作 業 の 一環 と し て ︑ 作 法 書 の伝. は じ め と す る大 陸 の作 法 書 が 次 々 に 翻 訳 さ れ︑ 少 な く と も 一八世 紀 に至 る ま で 受 容 さ れ 続 け た の であ る︒ 本 稿 で は 以 下 ︑ 初 期 近 代 イ ング ラ ンド に お け る ﹁文 明 の作 法 ﹂(=. 統 に加 え ︑ 同 時 代 の大 陸 旅 行 論 に着 目 す る︒ こ の大 陸 旅 行 ( グ ラ ン ド ・ツ ア ー )は ︑ と も す れ ば ﹁英 国 貴 族 の放 蕩 修 学 旅. 行 ﹂ と し て︑ そ の 思 想 史 的 な 意 味 は看 過 さ れ て き た ︒ し か し な が ら ︑ いう ま で も な く ︑ 大 陸 旅 行 は 同 時 代 に おけ る政 治. エリ ー ト 教 育 の仕 上 げ であ った ︒ そ れ は ま た︑ 文 明 の 発 信 源 であ る 大 陸 の宮 廷 を 巡 る旅 でも あ った ︒ ジ ェント ル マ ン の. も 加 わ った 大 陸 旅 行 論 の展 開 を 追 跡 し ︑初 期 近 代 イ ング ラ ン ド に. 子 弟 は︑ 異 質 な他 者 と の交 際 を 通 じ て ︑ た ん に知 識 や経 験 を 深 め る だ け で な く ︑ ﹁文 明 の作 法 ﹂を身 体 化 す る こと を 期 待 さ れ た︒ 以 下 本 論 で は ︑ジ ョ ン ・ロ ッ ク やシャフツベリ.

(5) お いて ︑ 他 者 と の 共 存 を 可 能 にす る実 践 知 が培 わ れ て いた 可 能 性 を 明 ら か にす る ︒ そ の う え で︑ こ の よ う な ﹁文 明 の 作. 法 ﹂ の衰 退 と と も に︑ 新 た に ﹁デ モ ク ラ シ ー﹂ と ﹁ナ シ ョナ リ ズ ム ﹂ が 歴 史 の舞 台 に登 場 し た こ と を 示唆 し た い︒. 初 期 近 代 イ ング ラ ン ド の 大 陸 旅 行 論. ルネ サ ン ス期 の大 陸 旅 行 論. 第 一章. 第 一節. 一六 世 紀 前 半 ︑ イ ング ラ ンド は 一五 三 四 年 の 国 王 至 上 法 によ って ︑ ロー マ ・カ ト リ ック 教 会 と いう ﹁普 遍 ﹂ 世 界 か ら. 離 脱 す る ︒ し か し ︑ こ の こ と は 大 陸 と の交 流 が途 絶 え る こ と を 意 味 し な か った ︒ 当 時 の 大 陸 は文 明 の中 心 で あ り ︑ と く. にイ タ リ ア は ル ネ サ ン ス の燗 熟 期 にあ った ︒ 人 文 主 義 的 教 養 の修 得 が 不 可 欠 と さ れ たジ ェン ト ル マ ン に と って ︑ 古 典 古. 代 の文 化 が 再 生 し た 大 陸 は政 治 エリ ー ト 教 育 の場 であ った︒ 以 下 本 章 で は︑ ルネ サ ン ス 期 から 一七 世 紀 に か け て の大 陸 旅 行 論 を踏 査 し ︑ そ の内 容 と 性 格 を 明 ら か に し て み た い︒. た と え ば ︑ ル ネ サ ン ス期 を 代 表 す る 人 文 主 義 者 リ プ シ ウ スは ︑ 一五 九 二年 に 翻 訳 さ れ た ﹃旅 行 者 の 手 引 き﹄の な か で︑. 旅 行 の利 点 と し て︑ ﹁知 恵 ﹂と ﹁知 識 ﹂ の獲 得 を 挙 げ た ︒ 彼 によ れば ︑ ユリ シ ー ズ の知 恵 ︑ プ ラ ト ンや ピ タ ゴ ラ スら の知. 識 は ︑ ま さ に旅 行 の 経 験 を 通 じ て こ そ 得 ら れ た の で あ る︒ し かし な が ら ︑ リ プ シ ウ ス が よ り 重 要 視 し た の は ﹁マナ ー ﹂. や ﹁振 舞 い﹂ の修 得 であ った ︒ 彼 に よ れ ば ︑ 旅 行 を 通 じ て ﹁わ れ わ れ の マナ ー を 洗 練 し ︑ 気 品 を備 え ︑ あ ら ゆ る種 類 や. 立 場 の人 々 に対 し て 振 舞 う こ と ﹂ は ︑ ﹁知 恵 ﹂ や ﹁知 識 ﹂を 支 え る ﹁柱 ﹂ で あ った ︒ そ のう え で彼 は ︑ ﹁偉 大 なcivility. で 名 高 いイ タ リ ア と フラ ン ス こそ が︑ こ う し た ﹁上 品 で立 派 な 身 の こ な し ︑ 賢 明 で優 れ た 気 持 ち の伝 え 方 ︑ 他 者 に対 す る 洗 練 さ れ た 謙 虚 な 振 舞 い﹂ を 学 ぶ場 と し て相 応 し い と主 張 し た の で あ る︒. 同 時 代 の宮 廷 人 ト マス ・ホ ビ ー は ︑ 以 上 の よ う な ﹁旅 ﹂ を 実 践 し た 典 型 的 な 人 物 で あ った︒ 人 文 主 義 者 ジ ョン ・チ ー ク. に学 び ︑ の ち に在 フラ ン ス大 使 と な る ホ ビ ー は ︑ そ の生 涯 で四 度 の 大 陸 旅 行 を 行 った (1547850シ1ュ 2ト ラ スブ ル ク︑. イ タ リ ア /51.5‑ シ8ャト ー ブ リ ア ン/52‑3 パ リ ︑ブ リ ュ ッ セ ル/54‑5 イ タ リ ア )︒彼 は そ の行 程 で 神 学 や 人 文 学 ︑ へ.

(6) ブ ラ イ語 ︑ ギ リ シ ャ語 ︑ イ タ リ ア語 を 学 び ︑ リ ウ ィ ウ ス の記 念 碑 を 訪 れ︑ 各 地 の貴 族 と 交 際 し︑ 時 に は使 節 の随 員 と し. ﹃宮 廷 人 ﹄ は. ﹁宮 廷 の 振 舞 い を 身 に つ け て 交 際 し ︑ 実 行 し ︑ 生 活 の 訓 練 を 行 う た め に 必 要 不 可 欠 な 道 具. て 海 を 渡 った ︒ そ の 一 つ の 成 果 と し て ︑ ホ ビ ー は パ リ 滞 在 中 に カ ス テ イ リ オ ー ネ の ﹃宮 廷 人 ﹄の 翻 訳 に 着 手 す る ︒ ホ ビ ー に よ れば ︑ こ の. の 宝 庫 ﹂で あ っ た ︒ と こ ろ が ︑ 彼 の 観 察 に よ れ ば ︑ イ ン グ ラ ン ド は 他 国 と 比 べ て 文 化 的 に ﹁随 分 と 劣 ﹂っ て い た ︒ そ れ ゆ. え に 彼 は ︑ 一五 六 一年 ︑ す で に 各 国 語 に 訳 さ れ ︑ ﹁あ ら ゆ る キ リ ス ト 教 国 の 宮 廷 を 長 い こ と う ろ つ き 回 っ て ﹂ い た ﹃ 宮 廷. ﹃イ タ リ ア 史 ﹄ (154 )9に 記 し た よ. こ の ホ ビ ー を は じ め と し て ︑ ル ネ サ ン ス期 には ︑ の ち に大 使 や使 節 ︑ 顧 問 官 や 議 員 と な る 多 く のジ ェン ト ル マン が 大. 人 ﹄ の英 訳 版 を出 版 し た の であ る︒. 陸 に 渡 った ︒ た と え ば ︑ エ ド ワ ー ド 六 世 期 に 枢 密 院 書 記 と な る ウ ィ リ ア ム ・ト マ ス が. う に ︑ ﹁多 く の 外 国 人 ﹂︑ と く に ﹁貴 族 の 子 弟 や 最 良 の ジ ェ ン ト ル マ ン ﹂ が イ タ リ ア に 留 学 し た ︒ ト マ ス に よ れ ば ︑ 以 下. の よ う に ︑ 当 時 の イ タ リ ア は ﹁他 の あ ら ゆ る 国 民 の な か で ︑civilが it もyっと も 繁 栄 し て い る ﹂ と 考 え ら れ た の で あ る ︒. 一般 に ( わず かな 都 市 を除 い て)︑彼 ら は マナ ーや 接 し方 に お いて も︑ そ の弁 舌 に負 けず 劣 ら ず 心地 よ い︒彼 ら は誇 り高 く ︑礼 儀 正 しく ︑. 思 慮 が あ り ︑そ の う え威 厳 を備 え て いる た め︑各 人が 君 主 の如 く 育 てら れ た の では な いかと 思 え る ほど で あ る︒上位 の者 には恭 順 で︑対 ( 16). 等な者 には謙虚 であり︑下位 の者には優しく礼儀正し い︒外国人 には友好的 で︑礼を尽くして好意を得 よう とする︒. と こ ろ が ︑ 一六 世 紀 後 半 の エリ ザ ベ ス期 以 降 にな る と ︑ そ れ ま で のイ タ リ ア 賛 美 に陰 り が 見 え 始 め る︒ た と え ば ︑ エ. Ita ﹂を l生 ia みn 出aすtこ oと )を 痛 烈 に批 判 し た ︒ も っとも ︑. リ ザ ベ ス の家 庭 教 師 であ った 人 文 主 義 者 ロジ ャー ・ア ス カ ム は ︑ ﹃ 教 師 論 ﹄ (15) 7 の0な か で ︑ イ タ リ ア旅 行 が 逆 に貴 紳 の 子 弟 を 堕 落 さ せ ︑ ﹁イ タ リ ア 化 し た イ ング ラ ン ド 人(Englese. 彼 はカ ステイリオーネ の ﹃ 宮 廷 人 ﹄ に は 高 い評 価 を 与 え︑ ﹁学 問 に華 麗 な 動 作 を 加 え る ﹂た め に︑ そ れを ﹁熟 読 し ︑ 丹 念. に内 容 を 追 う こ と ﹂ を 勧 め て い る︒ にも か か わ ら ず 彼 は ︑ ﹁イ タ リ ア で費 や さ れ る海 外 旅 行 の三 年 間 ﹂ よ り も ﹃ 宮 廷人﹄. を ﹁イ ング ラ ンド の家 の中 で 一年 間 ﹂ 読 む ほ う が 望 ま し いと 主 張 し た の で あ る ︒ こ の よ う な ア スカ ム の懸 念 は ︑ 単 にイ.

(7) タ リ ア の文 化 的 衰 退 に由 来 す る も の で は な か った ︒ 以 下 で も 明 ら か にな る よ う に︑ そ れ は 大 陸 の ﹁カ ト リ ック ﹂ に対 す. (?︼). 一七 世 紀 の 大 陸 旅 行 論. る警 戒 感 と と も に︑ 強 い ﹁イ ング ラ ンド ﹂ 意 識 に根 付 いて いた 点 で ︑ 以 降 も続 く 大 陸 旅 行 批 判 の原 点 を な し て いた の で あ る︒. 第 一一 節. と は い え ︑ 一七 世 紀 に 入 っ て も ︑ と く に 内 乱 の 時 期 に お い て も 大 陸 旅 行 の 習 慣 は 衰 え る こ と は な か っ た ︒ た と え ば ︑. ジ ェ イ ム ズ 一世 期 の 顧 問 官 フ ラ ン シ ス ・ベ イ コ ン は ﹁旅 行 に つ い て ﹂ (16) 25の な か で ︑ そ の 教 育 効 果 を 向 上 さ せ る た め に︑ 以 下 の事 柄 を 精 力 的 に観 察 す る 必 要 を 改 め て 主 張 し た ︒. 見物 し た り観 察 し た り し な けれ ば な らな いも のは︑王 侯 の宮 廷 ︑ とく に王侯 が 大 使 を謁 見 す る 時 の宮 廷 ︑開廷 し て訴 訟 が聴 取 さ れ る時 の. 法廷 ︒ 同 じく 教 会 の宗 教 法 廷 ︑教 会 や修 道 院 ︑ そ のな か に残 る記 念碑 ︑ 都 市 の城 壁 や 要 塞︒ さ ら に舟 つき 場 や港 ︑ 旧跡 や廃墟 ︑ 図書 館 ︑. 大 学 ︑ 開 催中 の討論 会 や講 義 ︑船 舶 や 艦船 ︑大 都市 近 郊 の宏大 な邸 宅 と 快適 な庭 園 ︑兵 器庫 ︑兵 器 工場 ︑ 火薬 庫 ︑ 両替 所 ︑取 引 所 ︑馬 術. (22 ). の練 習 ︒ フ ェン シ ング ︒ 兵士 の訓 練 ︒ そ の他 ︒優 れ た 人 々が 観 に行 く よ う な喜 劇 ︒宝 石 や衣 装 の陳 列 所 ︒貴 重 品 や珍 品 ︑要 す る に訪 れ る 土地 にあ って記 憶 す べきあ ら ゆ る も の であ る︒. (23 ). こ の 一七 世 紀 に は ︑ か つて の イ タ リ ア に代 わ り ︑ ル イ 一四 世 と ヴ ェル サ イ ユ宮 殿 の フラ ン ス が 文 明 の中 心 と な った ︒. (24 ). こう し た な か︑ た と え ば ホ ッブ ズ や ロ ッ ク は貴 族 の子 弟 の家 庭 教 師 や 亡 命 者 と し て大 陸 に渡 る︒ な か で も ︑ 大 陸 旅 行 の. 案 内 人 を 何 度 と な く 務 め︑ 他 方 で亡 命 者 を支援 し て い た のが ︑ カ ト リ ッ ク の 聖 職 者 リ チ ャー ド ・ラ ッ セ ルズ であ った ︒. 一六 七 〇 年 に パ リ で 印 刷 さ れ た 彼 の ﹃イ タ リ ア旅 行 ﹄は︑ ﹁グ ラ ンド ・ツ ア ー ﹂と いう 言 葉 を は じ め て 用 いた 点 で ︑ ま た ︑ 以 降 の大 陸 旅 行 の 標 準 的 な 手 引 き書 と な った点 で 注 目 さ れ る ︒. ラ ッセ ルズ の 見解 によ れば ︑ 大 陸 旅 行 の行 程 は ︑ こ れ ま で の よ う に フ ラ ン ス経 由 で イ タ リ ア に行 き ︑ ド イ ツや オ ラ ン.

(8) ダ を 通 って 帰 国 す る の で は な く ︑ 逆 に フ ラ ン ス を 最 終 目 的 地 と す べ き で あ った ︒ イ タ リ ア で は 一五 ︑ 六 歳 の 頃 に 二 ︑ 三. 年 間 滞 在 し て外 国 語 を 勉 強 し ︑ 音 楽 や絵 画 ︑ 建 築 や 数 学 を 学 ぶ と と も に︑ 数 々 の宮 廷 を 訪 問 し て ︑ そ こ で の規 則 や交 際. の仕 方 を身 に つけ る ︒ そ の後 三 年 間 は フラ ン ス で フ ェン シ ング ︑ ダ ン ス︑ 乗 馬 等 の訓 練 を 行 い︑ 地 理 や 歴 史 ︑ 政 治 を 学 ん で帰 国 す る のが 理想 と さ れ た ︒. こ の よ う な 経 験 と 教 育 は さ ま ざ ま な 成 果 を も た ら す ︒ 世 界 は ﹁偉 大 な 書 物 ﹂ で あ り ︑ ﹁困 難 ﹂ に 満 ち ︑ そ こ で は ﹁他 国. ﹁誰 も リ ウ イ ウ ス や カ エ サ ル ︑ グ イ ッ チ ャ ル デ イ ーニ ︑ モ ン リ ュ ッ ク を 理 解 す る こ と は で き な. の 人 々 と 自 由 に 交 際 す る た め ﹂ の ﹁多 く の 言 語 ﹂ の 修 得 が 不 可 欠 と な る ︒ ラ ッ セ ル ズ に よ れ ば ︑ 大 陸 旅 行 の 経 験 者 に 比 べる と ︑ 同 じ レ ベ ルで は. い﹂︒ 加 え て ︑ 大 陸 旅 行 か ら 戻 る と ︑ 外 の 世 界 を 知 ら な い カ ン ト リ ・ジ ェ ン ト ル マ ン と は 異 な り ︑ 下 位 の 者 に 対 し て も ﹁は. る か に 謙 虚 で 洗 練 さ れ た 態 度 ﹂を 取 る よ う に な り ︑ ﹁自 分 の 偉 大 さ に 驕 り 高 ぶ る ﹂ こ と も 極 端 に 減 る ︒ と く に ラ ッ セ ル ズ. は ︑ カ ス テ イ リ オ ー ネ や グ ア ッ ツ ォ ︑デ ッ ラ ・カ ー サ の 名 前 を 具 体 的 に 挙 げ な が ら ︑ 次 の よ う に イ タ リ ア の マ ナ ー を 絶 賛. し た ︒ 本 稿 の 観 点 か ら 注 目 す べ き は ︑ ラ ッ セ ル ズ に よ っ て ︑ そ れ が ﹁ヨ ー ロ ッ パ ﹂に お け るcivili のt 原y型 で あ った こ と が 指 摘 さ れ た 点 であ ろ う ︒. 彼 ら の マナ ー に関 し て言 えば ︑そ れ はも っと も称 賛 さ れ る べき も ので あ る︒彼 らは そ れ を書 物 を 通 じ て教 え ︑行 為 を も って実 践 し ︑ヨー. ロッ パ全 体 へと広 め た のであ る︒ヨ ー ロッパ は そ のcivilを i︑ t 宗y教 と同 じ く ︑イ タ リ ア人 に負 って い る のであ る︒彼 ら は 外国 人 が ど ん. な習 慣 を 見 せ よう と も ︑決 し て面 と向 か って辱 め る こと は な い︒た とえ ︑そ の習 慣 の奇 異 さ が イ タリ ア 人 の目 に留 ま ろ う とも ︑彼 は決 し. ( 29) てそれを笑うために口を開 かな いだろう︒. 大 陸 は ヨ ー ロ ッパ 標 準 のcivil をi修t得 yす る た め の学 校 であ った ︒内 乱 期 に フラ ン ス に 亡 命 し ︑王政 復 古 後 に大 法 官 と. な った ク ラ レ ンド ン伯 も ま た ︑﹁教 育 に つ い て の対 話 ﹂の な か で同 様 に︑大 陸 旅 行 の利 点 を 強 調 し た︒彼 は登 場 人 物 の ﹁宮. 廷 人 ﹂ や ﹁兵 士 ﹂ の 口 を借 り な が ら ︑ ﹁あ ら ゆ る宮 廷 ﹂ を 巡 る 大 陸 旅 行 の ﹁偉 大 な 優 れ た 目 的 ﹂ と し て︑ ﹁資 質 や 知 識 を.

(9) (罰 ). 改 善 ﹂ し ︑ ﹁マ ナ ー や 欠 点 を 修 正 す る ﹂ こ と を 挙 げ た ︒ そ の う え で 彼 は ︑ 大 陸 旅 行 が ﹁国 民 特 有 の 悪 徳(national を 除 去 す る効 果 が あ る こと を 次 のよ う に主 張 し た ︒. vice) ﹂. 滅 多 に自 覚 さ れ な い国 民特 有 の悪 徳 があ り︑同 じ 環境 のな かで は決 し て除去 さ れま せ ん︒そ の不 都合 や見 た 目 の悪 さは ︑他 の国 民 の生 活. 実 践 や慣 習 を 通 じ て︑た ち ど こ ろ に発見 さ れ︑進 ん で回 避 さ れ ます ︒わ た しは ︑以前 よ り も身 近 に行 わ れ るよ う にな った ︑こ の時 代 にお. け る海 外 旅 行 の習 慣 が ︑わ れ わ れ の振舞 いや 態 度 に現 れ て いた頑 固 さ を と て も和 らげ ︑荒 々し さ を取 り除 いた こ とを 貴 方 に お伝 え し な け. れば な りま せ ん︒わ れ わ れ は︑以前 そう であ った時 代 よ り も︑外 国 人 に対 し て︑ま た お 互 いに対 し て も︑態 度 が 洗 練 さ れ︑礼儀 正 し く な っ. (31 ∀. て いる の です ︒わ れわ れ は ヨー ロッパ の他 のど の王 国 に比 べ ても外 国 人 に訪問 され る こ と が少 な く ︑他 方 で外 国人 と過 ご す こ とが ど う し. ても必要なために︑ われわれが彼らを訪問す ることが不可欠になるのです︒. 以 上 の よ う に︑ ルネ サ ン ス 期 か ら 一七 世 紀 の イ ング ラ ン ド に お いて︑ 大 陸 旅 行 は 理 想 的 な 政 治 教 育 で あ る と考 え ら れ. て い た︒ そ の目 的 は ︑ 異 国 を 精 力 的 に観 察 し ︑ 人 文 主 義 的 な 教 養 を 深 め る こ と にと ど ま ら な か った ︒ 貴 紳 の 子弟 に は︑. イ タ リ ア や フラ ン ス の宮 廷 や都 市 を 舞 台 に︑ ﹁見 知 ら ぬ 他 者 ﹂と 交 際 す る 経 験 を 通 じ て︑ みず から の狭 い生 活 世 界 を 超 え た ﹁ヨ ー ロ ッ パ﹂ の文 明 の作 法 を 身 体 化 す る こ と が 求 め ら れ た の で あ る ︒. ﹁文 明 の 作 法 ﹂ ー ジ ョ ン ・ロ ック と シ ャ フ ツ ベ リ の場 合 ‑. ロ ック と シ ャ フ ツ ベ リ の ﹁交 際 ﹂. 第 二章. 第 一節. (32 ∀. 大 陸 旅 行 を 通 じ た 文 明 の作 法 の受 容 は 以 降 も 続 いた ︒ 一八 世 紀 は ﹁グ ラ ンド ・ツ ア ー の時 代 ﹂であ り ︑ 各 地 の宮 廷 や都. 市 ︑ 貴 族 のサ ロ ンな ど に加 え ︑ た と えば ジ ュネ ー ヴ 近 郊 に住 む ヴ ォ ルテ ー ル を 訪 ね る こ と が 流 行 し た ︒ こ の よ う な 絶 え. 間 な い ﹁巡 礼 ﹂ と ﹁回 遊 ﹂ は ︑ とく に ジ ェン ト ル マ ン階 層 に お い て︑ 国 境 を超 え た ﹁ヨー ロッ パ﹂ 意 識 を 醸 成 す る契 機.

(10) ﹁か ぶ れ 者. (fo )p ﹂ にな って 帰 国. ﹁病 弊 ﹂ も 指 摘 さ れ て い た ︒ ア ス カ ム の 議 論 に も 見 ら れ た よ う に ︑ ﹁パ リ の ム ッ シ ユ﹂ (ミ ル ト ン ) に 自 国 の. に も な った と 考 え ら れ る ︒ し か し な が ら ︑ 他 方 で︑ そ う し た貴 紳 の子 弟 が ︑ 実 際 に は す る と いう. エ リ ー ト 予 備 軍 を 送 り 込 む ﹁は な は だ 馬 鹿 げ た 慣 習 ﹂ (ア ダ ム ・ス ミ ス ) に 対 す る 批 判 も 絶 え る こ と は な か っ た の で あ る ︒. と は い え ︑ す で に 示 唆 し た よ う に ︑ 大 陸 旅 行 の 是 非 を め ぐ る 論 争 は ︑ た ん に ﹁か ぶ れ 者 ﹂ の 実 態 だ け に 触 発 さ れ た の. で あ る︒ た と え ば ︑ ロ ック は. ﹃ 教 育 に つ いて の考 察 ﹄. で は な い ︒ 本 章 以 下 で も 論 じ る よ う に ︑ そ こ に は ﹁文 明 の 作 法 ﹂ の 受 容 を め ぐ る 思 想 的 な 緊 張 と 対 立 が 潜 ん で い た ︒ の ち に ︑ こ の 論 争 の 象 徴 と な っ た の が ジ ョ ン ・ロ ッ ク とシャフツベリ の な か で︑ 以 下 のよ う な 大 陸 旅 行 批 判 を 展 開 し た ︒. 海 外 旅 行 は 教育 の仕 事 の仕 上 げ で あ り︑紳 士 の完 成 であ る と普 通 考 え ら れ て いま す︒正直 に言 って ︑外 国 旅 行 は大 き な 利益 が あ り ま すが ︑. 通例 子 供 を 外国 へや る の に選 ば れ る時 期 は︑あ の利 益 を 物 にす る こと が ︼番 困 難 な時 期 であ る と思 わ れ ま す︒⁝⁝ も し旅 行 によ って とき. と し て︑彼 の目が 開 かれ ︑彼 を用 心 深 く︑慎 重 にし︑表 面 を超 え て物 事 を 見 る習 慣 を つけ︑礼 儀 正 し い︑鄭重 な態 度 で 当 た り障 り の な い. よう に身 を守 って︑外 国 人 やあ ら ゆ る種 類 の人 た ち と交 際 し て︑自 由 にし かも 安 全 に身 を 保 ち︑彼 ら の好 意的 な 評 価 を失 わな いと いう の ( 36) で なけ れ ば ︑彼 が 外 国 に行 っても ほ と んど 無 駄 で し ょう (212215) ︒. ﹁文 明 の 作 法 ﹂ の 文 脈 に 即 し て 解 釈 す る こ. も っと も ︑ ロ ッ ク の 批 判 は あ く ま で も 子 弟 教 育 が 対 象 で あ り ︑旅 行 の 教 育 効 果 そ の も の を 否 定 し た 訳 で は な い ︒ ま た ︑ 次 節 で 検 討 す る よ う に︑ 以 上 の 発言 にも か か わ ら ず ︑ ロ ッ ク の教 育 論 も ま た. は. ﹁文 明 の 作 法 ﹂ 論 の 浸 透 を 確. 伯 も ま た ︑ ロ ック と は 異 な る 立. ﹁文 明 の 作 法 ﹂ を 支 持 し た ︒ 本 章 で は ま ず ︑ 両 者 の 議 論 を 検 討 し ︑ 同 時 代 に お け る. と が 可 能 で あ る ︒ こ れ に 対 し て ︑ ﹃諸 相 論 ﹄ (171 )1の 著 者 で も あ る 第 三 代シャフツベリ 場 から 認 し て み た い︒. よ く 知 ら れ て い る よ う に ︑ シ ャ フ ツ ベ リ の 幼 年 教 育 に 関 与 し ︑ そ れ を 監 督 し た の は ロ ッ ク で あ った ︒シャフツベリ. 一六 八 七 年 か ら 二 年 間 の 大 陸 旅 行 に 出 か け た 際 ︑ オ ラ ン ダ に 亡 命 中 の ロ ッ ク を 訪 ね て も い る ︒ と こ ろ が ︑ こ の よ う な 交.

(11) 際 に も か か わ ら ず ︑ 自 由 ・独 立 ・平 等 の個 人 を 前 提 に社 会 契 約 を 説 いた (と さ れ る ) ロ ッ ク に 対 し て︑ シ ャ フ ツ ベ リ は. 逆 に︑ 人 間 の社 会 性 を 前 提 に ﹁文 明 の作 法 ﹂の 必 要 を 主 張 し た ︒ シ ャ フ ツ ベ リ の ﹃コ モ ン ・セ ン ス﹄によ れば ︑ 人 間 は ﹁公. 共 の福 祉 と 共 通 の利 益 に関 す る 感 覚 ︑ 共 同 体 や 社 会 に対 す る 愛 情 ︑ 慈 愛 の本 性 ︑ 人 間 性 ︑ 親 切 心 ﹂ を 生 得 的 に有 し て い. る︒こ の ﹁コ モ ン ・セ ン ス﹂は ま た ︑﹁人 間 に共 通 の諸 権 利 ︑同 じ 人 類 間 の 自 然 の平 等 に対 す る 正 し い感 覚 から 生 じ るcivility. はまた︑シ 以ャ 上フのツよベう リな 人 間 本 性 観 に即 し て︑ 自 由 な 交 際 と コミ ュ ニケ ー シ ョ ン の重 要 性 を 繰 り 返 し 主 張. の感 覚 ﹂ で も あ った ︒. し た︒ 彼 に よ れば ︑ ﹁上 品 さ(Politenは e︑ sす s) べ て自 由 に依 存 す る ﹂︒ し た が って︑ ﹁冗 談 の自 由 ︑ 丁 寧 な 言 葉 で あ ら. col をl通iじ sて i相 on 互) に切 磋 琢 磨 し︑ 尖 った 角 や 粗 い. ゆ る 疑 問 を 呈 す る こ と の自 由 ︑ 論 者 を 攻 撃 せず にど ん な 議 論 に も 検 討 を 加 え ︑ 異 議 を 唱 え る こ と の許 容 ﹂ が 不 可 欠 で あ る︒ な ぜ な ら ︑ ﹁わ れ わ れ はあ る 種 の友 好 的 な 対 立(amicable. 面 を 滑 ら か に す る ﹂か ら であ り ︑こ れ を 抑 制 す れ ば 人 間 の相 互 理解 が 損 な わ れ ︑﹁civiや l行 i儀 t作 y 法 ︑そ し て 思 い や り ま. で も ﹂が ﹁破 壊 ﹂さ れ る︒ そ れ ゆ え︑ 彼 が 利 己 主義 的 な 人 間 観 に立 脚 し た ホ ッブ ズ の哲 学 を ﹁ 虐 殺 の精 神 ﹂に 満 ち た ﹁冷. 酷 な哲 学 ﹂と し て厳 し く 批 判 し た こ と は 不 思 議 で は な い︒さ ら に︑こ う し た 批 判 は 当 然 の こ と な が ら ︑彼 の師 であ る ロ ッ. によ れば ︑ 時 は ま さ に ﹁洗 練 さ れ た︑ 上 品 な︑ 香 り 高 い時 代 ﹂. し かし ︑ に も か か わ ら ず ︑ 両 者 の関 係 が ﹁友 好 的 な 対 立 ﹂ を 保 って いた こと は︑ 一六 八 七年 から 一七 〇 四 年 ま で 続 い. クにも向け られた︒. た書 簡 の交 換 によ って も 明 ら か で あ ろ う ︒シャフツベリ. を 迎 え て い た ︒ ﹁こ こ で定 め ら れ た も の︑ そ れ に 反 す る も の は 何 であ れ ︑粗 野 で︑ 野蛮 で︑ 醜 いも の で す ︒ ⁝ ⁝ 良 識 ︑ マ. ナ ー ︑ 喜 び ︑ 美 徳 ︑ あ ら ゆ る も の の基 準 が こ こ にあ り ま す ﹂ (1694) 9︒8こ の よ う な 文 明 化 の 過 程 を踏 ま え た う え で ︑. によ れば ︑ ﹁本 当 の学 問 ﹂. 彼 は ︑ た と え ば 一六 九 四年 九 月 二 九 日 付 の書 簡 のな か で ︑ 自 ら の目 指 す学 問 が ︑ 観 念 の遊 戯 に陥 って いる ﹁経 験 派 ﹂ や. デ カ ルト や ホ ッブ ズ の よ う な ﹁体 系 派 ﹂ と は 異 な る こ と を 強 調 し た ︒ す な わ ち ︑シャフツベリ (47 ). と は ︑ ﹁自 分 自 身 ﹂ を 知 る と と も に︑ ﹁す べて の人 に対 し て︑ 彼 ら が 邪 悪 と な り ︑ わ れ わ れ を 傷 つけ よう と も ︑ 社 交 的 で. 良 き 人 に な る こ と ﹂に あ る ︒ そ れ ゆ え ︑ 彼 の 学 問 の 目 的 は ﹁い か に し て ︑ す べ て を 自 由 に コ ミ ュ ニ ケ ー ト さ せ る か ﹂︑ ﹁い.

(12) (48 ). か に し て ︑ も っと 社 交 的 にな り ︑ よ り 深 い友 人 にな る か ﹂︑ あ る い は ﹁いか にし て他 者 に奉 仕 す る か﹂と いう 点 に絞 ら れ. ロ ック にお け る ﹁文 明 の作 法 ﹂ 論. た の で あ る︒. 第 二節. 以 上 の書 簡 に対 す る ロ ック の返 信 は 残 って いな い︒ し かし な が ら ︑ 少 な く と も 彼 の教 育 論 に 限 定 し た場 合 ︑ 契 約 論 に. と 同 様 ︑ 学 問 と知 識. 対 す る シ ャ フ ツ ベリ の批 判 にも か か わ ら ず ︑ ロ ッ クも ま た ︑ 同 時 代 に お け る ﹁文 明 の 作 法 ﹂ 論 の 伝 統 に属 し て い た こ と が 理解 でき る︒. た と え ば 彼 は ︑ フ ラ ン ス旅 行 中 に執 筆 し た 草 稿 ﹁学 問 に つ い て﹂ (16) 7の 7な か で︑シャフツベリ. の目 的 が ﹁実 践 ﹂ と ﹁コミ ュ ニケ ー シ ョン﹂ にあ る こ と を 指 摘 し た ︒ さ ら に︑ 一七 〇 三 年 の ﹁ジ エン ト ル マ ン の読 書 と. き る よ う にな る こと ﹂を 挙 げ た ︒ な ぜ な ら ︑ ﹁故 国 への奉 仕 ﹂を 天 職 と す る ジ エン ト ル マ ン は︑ と く に︑ そ の言 動 に よ っ. 学 問 に つ い て の考 察 ﹂ で は ︑ 知 識 改 善 の目 的 と し て︑ ﹁自 己 の知 識 の増 加 ﹂ だ け で な く ︑ ﹁他 者 に 知 識 を 伝 達 し ︑ 教 示 で. て ﹁他 者 に影 響 を与 え る こ と ﹂を 任 務 と す る から で あ る ︒ し た が って︑ こ のジ ェ ント ル マン が 学 ぶ べき 政 治 学 の 対 象 は︑. 彼 の ﹃統 治 論 ﹄ が 扱 った ﹁社 会 の起 源 ﹂ や ﹁政 治 権 力 の発 生 や範 囲 ﹂ に限 定 さ れ な い︒ す な わ ち ︑ 歴 史 書 や 法 律 書 ︑ 地. 誌 や年 代 記 ︑ そ し て旅 行 書 等 から 導 か れ る ﹁統 治 の技 術 ﹂が新 た に必 要 と さ れ る の であ る︒ そ のう え で彼 は︑ ﹁統 治 の技. of﹂ の M重 a要 n性 ) を 指 摘 し ︑ と く に ア リ ス ト テ レ ス の ﹃修 辞 学 ﹄ や ラ ・ ブ リ ュイ エー ル. 術 ﹂ の 構 成 要 素 と し て︑ ジ ェン ト ル マ ン に相 応 し い ﹁振 舞 い﹂ を 取 り 上 げ た ︒ 彼 は こ こ で︑ 作 法 書 の議 論 と 同 様 に ﹁人 間 に関 す る知 識(Knowledge. の ﹃カ ラ ク テ ー ル﹄ を 読 む こと を 薦 め た の で あ る ︒. こ のよ う に ﹁ 他 者 ﹂ に 対 す る ﹁コミ ュ ニケ ー シ ョ ン﹂ や ﹁振 舞 い﹂ を 志 向 す る ロ ック の議 論 は ︑ 同 時 代 の作 法 書 や 教. 育 書 の 伝 統 に 即 し て こ そ 理 解 し 得 る︒ ロッ ク の 蔵 書 に は ︑ ラ ・ ブ リ ュイ エー ル と と も に︑ カ ス テ ィ リ オ ー ネ の ﹃ 宮 廷人﹄. を は じ め と す る 作 法 書 も 含 ま れ て いた ︒ な か で も ︑ 以 下 で触 れ る ウ ォ ー カ ー の ﹃教 育 論 ﹄ は︑ 一六 七 三年 の出 版 以来 ︑. 一七 世 紀 末 ま で に六 版 を 数 え た 代 表 的 な 教 育 書 であ った ︒こ の ウ ォ ー カ ー の関 心 も ま た実 践 的 であ り ︑﹁人 間 に関 す る 知.

(13) 識 ﹂ に加 え ︑ と く に ジ ェン ト ル マン に必 要 な ﹁活 動 的 生 活 に お け る ルー ル と規 則 ﹂ の有 用 性 が 強 調 さ れ た ︒ そ し て ︑ ﹁都. 市 ﹂ や ﹁宮 廷 ﹂ に お いて ︑ あ る いは ﹁外 国 人 ﹂ と と も に ﹁活 動 的 生 活 ﹂ を遂 行 す る う え で︑ ﹁第 一に学 習 さ れ ︑ 実 践 さ れ な け れば な ら な いも の﹂ がcivilで iあ ty った の で あ る ︒. ウ ォー カ ー に よ れ ぼ ︑ こ のcivil はi以t下 yの三 点 に存 す る︒ す な わ ち ︑ (1 )﹁行 動 や 言 動 に よ って︑他 者 に 対 す る ど ん. な 侮 辱 や 軽 蔑 ︑ 攻 撃 ︑あ る い は軽 視 を 表 に出 さ な い こ と ﹂︒ (2 )﹁他 者 の た め にあ ら ゆ る 善 き 行 いを な し ︑常 に親 切 で あ. るよ う 心 掛 け て いる こ と﹂︒ (3) ﹁他 者 か ら ど ん な 侮 辱 や 攻 撃 を 受 け な い こと ﹂であ る ︒ こ のcivilは i︑ t他 y 方 で︑ 型 通. り の ﹁儀 礼 ﹂ や流 行 の ﹁フ ァ ッ シ ョ ン﹂︑ 偽 善 的 な ﹁お 世 辞 ﹂ と は 異 な る ︒ そ れ は ︑ ﹁他 者 の無 垢 な 気 質 や︑ 時 に は弱 さ. に対 し て 自 分 を 寄 り 添 わ せ︑ す べ て の 人 に対 し て 礼 儀 正 し く ︑ あ ら ゆ る 人 を 裏 表 な く 誉 め る こ と ﹂ であ り︑ 人 を 結 び 付 け る ﹁世 界 の も っと も 強 力 な 磁 石 ﹂ で あ った︒. ロ ック も ま た︑ ﹃教 育 に関 す る考 察 ﹄に お い て︑ こ のよ う な ﹁文 明 の作 法 ﹂の議 論 を 踏 襲 し た ︒ 彼 に よ れ ば ︑civil とity. は︑ ウ ォ ー カ ー と 同 様 ︑ ﹁交 際 に お い て︑ 誰 に向 か っても 蔑 視 ︑ あ る いは軽 蔑 を 示 さ な い よ う 留 意 す る こ と ﹂にあ った (. )︒ 14 ロ5 ック は こ のcivil をi内t面 yと 外 面 に分 け る ︒す な わ ち ︑﹁他 人 の気 持 ちを 傷 つけ ま いと す る気 質 ﹂と︑﹁外 見 や 声 ︑. 言 葉 ︑ 動 作 ︑ 身 振 り ︑ そ し て あ ら ゆ る 外 的 な 態 度 に お け る 品 の良 さ や 優 雅 さ ﹂ であ る︒ 前 者 を 有 し た 人 物 は ﹁礼 儀 正 し. い人(Civi ﹂lと)呼 ば れ ︑ 後 者 は ﹁よ く 洗 練 さ れ た 人(Well‑fash﹂ iと o評 n' さd れ)る︒ 内 面 のcivilにiつ tい yて言 え ば ︑. そ れ は ま た ︑ ﹁あ ら ゆ る 人 び と に対 す る善 意 と 尊 敬 の念 ﹂であ り ︑ そ れ に よ って ﹁人 び と に対 す る軽 蔑 ︑ 非 礼 あ る いは無. 視 を 態 度 で示 さ な いよ う にし ﹂︑ ﹁そ の国 の流 行 の風 習 と方 法 に従 って ︑ そ の 人 た ち の身 分 ︑ 地 位 に応 じ て ︑ 尊 敬 と敬 意. を 表 す よ う に気 を つけ る こ と ﹂を意 味 し た︒ 外 面 の 〇三 洋 ︽は ﹁心 の内 的 なcivilをi表 tす y言 語 ﹂であ り ︑ ﹁わ れ わ れ の交. 際 相 手 を く つろ が せ ︑ 充 分 に喜 ば せ る ﹂︒ こ のよ う なcivil をi身tに y つけ た ﹁礼 儀 正 し い人 ﹂は ︑ ﹁役 に立 つ人 よ り も歓 迎. ︒143. さ れ る ﹂︒ し た が って ︑civil はi ﹁ま tず y 第 一に︑ 子 供 た ち︑ 青 年 た ち の習 慣 と な る よ う 大 い に注 意 す べき も の﹂であ った.

(14) ﹁文 明 の作 法 ﹂ の危 機. 外 面と内面 の乖離. 第 三章. 第 一節 以 上 の よ う に︑ ﹁友 好 的 な ﹂対 立 関 係 に あ った ロ ック とシャフツベリ. は ︑ と も に ルネ サ ン ス以 来 の ﹁文 明 の作 法 ﹂ の伝. 統 に 属 し て いた ︒ こ の こ と は︑ と も す れば ﹁近 代 ﹂ や ﹁デ モ ク ラ シ ー﹂ の観 点 か ら 顕 彰 さ れ が ち な ロ ック の歴 史 性 を 示. す 一つ の事 例 で あ る の み な ら ず ︑ 同 時 に ま た ︑ ル ネ サ ン ス期 以降 に お け る ﹁文 明 の 作 法 ﹂ の 浸 透 を 物 語 って い る︒ こ の. よ う な ﹁コ モ ン ・セ ン ス﹂ を前 提 に︑ た と え ば ウ ォー カ ー は ︑ ﹁自 信 に満 ち た 美 し い振 舞 いを 生 み 出 し︑ 交 際 や議 論 を 完 全 な も の と す る ﹂ た め ︑ 大 陸 旅 行 が 不 可 欠 で あ る こ と を 主 張 し た の であ る ︒. と ころ が ︑ にも か か わ ら ず ロ ック が 大 陸 旅 行 批 判 に転 じ た こ と は ︑ と く に 一八世 紀 以 降 ︑ ﹁文 明 の作 法 ﹂が 大 き な危 機. に直 面 し た こ と を 暗 示 す る も の で も あ った ︒ 別 稿 で も 指 摘 し た よ う に︑ こ の 一八世 紀 に は︑ 商 業 社 会 化 の進 展 に伴 い︑. 宮 廷 から ロ ンド ン への 文 明 の発 信 源 の移 動 が 見 ら れ た ︒ た と え ば ﹃ス ペ ク テイ タ ー ﹄ の執 筆 者 ア デ ィ ソ ン に よ れば ︑ 行. 儀 作 法 に ﹁大 き な 革 命 的 転 換 ﹂ が 生 じ た︒ す な わ ち︑ ロ ンド ン の ﹁当 世 風 の世 界 ﹂ で は ︑ 儀 礼 的 な 作 法 で は な く ︑ よ り. (67 ). ﹁自 由 ﹂ で ﹁気 軽 な ﹂作 法 が好 ま れ る よ う にな った の であ る (no.1 )1 ︒9た し か に ︑ ク レ イ ンら が 指 摘 す る よ う に︑ ロ. ンド ン の コー ヒ ー ハウ スや ク ラブ を 舞 台 と し て︑ ﹁上 品 さ(polite﹂ nが eこ sの s時 ) 代 の新 た な キ ー ワ ー ド にな った ︒ し か. し な が ら ︑ こ の時 代 に ﹁文 明 の作 法 ﹂ が直 面 し た も のは ︑ こ の よ う な 作 法 の様 式 に 関 わ る ﹁革 命 的 な 転 換 ﹂ に と ど ま る. も の で はな か った ︒ ﹁文 明 の作 法 ﹂ の危 機 は まず ︑ 個 人 に お け る内 面 と 外 面 の乖 離 と いう 形 で表 面 化 し た の で あ る ︒. ロ ッ ク の議 論 に も 見 ら れ た よ う に︑ ﹁文 明 の作 法 ﹂は ﹁他 者 ﹂を 志 向 し ︑ ﹁外 見 や 声 ︑ 言 葉 ︑ 動 作 ︑ 身 振 り ﹂な ど の ﹁外. は他 者 か ら の ﹁評 価 ﹂ に極 度. 的 な 態 度 にお け る品 の 良 さ や 優 雅 さ ﹂が 重 要 視 さ れ る︒ し た が って︑ 作 法 の遂 行 に は自 覚 的 な 役 割 演 技 が要 求 さ れ る が ︑ そ れ は 他 方 で ︑ 内 的 な自 己 に極 度 の緊 張 を 強 い る も の でも あ った ︒ た と え ばシャフツベリ. な ま で に敏 感 であ った ︒ ロ ック宛 の書 簡 の な か に も 記 さ れ て いた よ う に︑ 他 者 か ら ﹁い か に 思 わ れ て お り ︑ いか に 思 わ. れ る であ ろ う か﹂と いう のが 彼 の 主 要 な 関 心 事 であ った (1694) 9︒ 8と こ ろ が ︑ そ の代 償 と し て ︑ シ ャフ ツ ベリ は ﹁自.

(15) 己 ﹂の存 在 に疑 問 を 抱 く こ と にな る ︒ ﹁わ た し が 保 た ね ば な ら な い人 格 と は 何 な の か ︒ いか にし た ら︑ わ た し は わ た し の. 人 格 の ま ま に動 け る の か︒ わ た し は誰 な のか? ﹂︒ 彼 は ノ ー ト の な か に ﹁自 己 (se﹂ lと f題 す る 項 目 を 設 け ︑ こ の問 いを 繰 り返 し発した のである︒. こ の よ う な ︑ ﹁洗 練 さ れ た ︑ 上 品 な ︑ 香 り 高 い時 代 ﹂に お け る 人 格 喪 失 の危 機 に 対 し て︑ こ れ も ロ ック の議 論 に現 れ て. いた ﹁内 的 な自 己 ﹂の契 機 が ︑ ﹁公 的 な ペ ルソ ナ ﹂と分 離 さ れ る形 で 強 調 さ れ る よ う に な る ︒ す な わ ち︑ 外 面 的 な ﹁作 法 ﹂. や ﹁上 品 さ ﹂ と 対 比 さ れ る ︑ 内 面 的 な ﹁感 性(sensibi ﹂l やi﹁ t情y感 )(sentim﹂ e︑ n﹁ t 誠)実 さ(sincer ﹂iのt主y張 )であ. る ︒ の ち に ロ マン主 義 へと 至 る ︑ こ の よ う な 思 想 的 傾 向 を 端 的 に表 明 し た のが J ・J ・ル ソ ー で あ ろう ︒. ル ソ ー の ﹁文 明 社 会 ﹂ に対 す る 反 感 は よ く 知 ら れ て いる ︒ そ れ は ま た ︑ 当 然 の こ と な が ら ︑ ﹁文 明 ﹂ の本 質 を な す ﹁作 法 ﹂ や ﹁社 交 ﹂ に対 す る 嫌 悪 を伴 って い た ︒. 自 分 一人 で いる とき でさ え精 神 を 統御 しえ な いわ た しが ︑他 人 と談 話 す る と き にど ん な か は︑想 像 に まか せ よ う︒談 話 で う まく 話 を す る. た め に は︑ 一時 にし かも 即座 に千 のこ とを 考 え な け れば な ら な い︒ そ のう ち少 な く とも 一つは忘 れ る に違 いな い数 々 の礼 儀 上 の約 束 を. (71 ). 思 っただ け で も︑け っこう弱 気 にな って し まう ︒ひ と は社 交 の集 まり な ど で どう し て し ゃ べ った り でき る のか︑わ た し に は想 像 も で きな い︒ ⁝⁝ こう いう 辛 抱 の で き ぬ拘 束 だ け でも 社交 は いや にな る (﹃ 告白 ﹄)︒. 一そう 精 緻 な研 究 と 一そう 繊 細 な趣 味 とが ︑ひと を よ ろこ ば す術 を 道 徳律 に し てし ま った今 日 で は︑つま ら なく て偽 り の画 一さ が︑わ れ. わ れ の習 俗 で支 配 的 と な り︑あ ら ゆ る ひ と の精神 が︑同 一の鋳 型 の中 に投 げ こま れ て し ま った よ う に思 わ れ ま す︒た えず お上 品 さ が強 要. (72 ). さ れ︑礼 儀作 法 が 守 ら さ れま す ︒ つね に ひとび と は自 己本 来 の才 能 で はな く ︑慣 習 にし た が って いま す︒ ひとび とは も は や︑あ え てあ り の まま の姿 をあ ら わ そ う と はし ま せ ん (﹃ 学 問芸 術 論 ﹄)︒.

(16) 第 二節. イ ング ラ ン ド 意 識 の昂 揚. 以 上 の よ う な ﹁あ り のま ま ﹂ の内 面 への回 帰 と と も に︑ ﹁文 明 の作 法 ﹂を 脅 か し ︑ 大 陸 旅 行 批 判 を 強 め る契 機 と な った. の が ︑ ルネ サ ン ス期 か ら 続 く イ ング ラ ンド 意 識 の 昂 揚 であ った ︒ た と え ば ︑ す で に紹 介 し た ク ラ レ ンド ン の ﹁教 育 に つ. いて の対 話 ﹂の な か で︑ ﹁宮 廷 人 ﹂と は 異 な り ︑ 大 陸 旅 行 に批 判 的 な 立 場 を 鮮 明 にし た の が ﹁法 律 家 ﹂と ﹁カ ン ト リ ・ジ ェ. ン ト ル マ ン﹂ であ った ︒ つま り ︑ 彼 ら は イ ング ラ ンド に固 有 の ﹁コ モ ン ・ロー ﹂ や伝 統 的 な ﹁カ ン ト リ ﹂ の価 値 を 強 調 し. た う え で︑当 時 の法 曹 養 成 機 関 で あ った 法 学 院 ︑も し く は オ ッ ク スブ リ ッジ によ る政 治 エリ ー ト の﹁自 国 で の養 成(Inland ﹂B をr 主e 張eし dた iの ng で) ある︒. こ れ に対 し て︑ ﹁文 明 の作 法 ﹂ を 支 持 す る論 者 は ︑ ﹁イ ング ラ ンド ﹂ に 限 定 さ れ る こ と の な い ﹁普 遍 性 ﹂ を 強 調 し た ︒. た と え ば ︑ ウ ォ ー カ ー によ れ ば ︑ ﹁civiの l規 i則 t﹂ y は ﹁永 遠 に 普 遍 ﹂ で あ り ︑ ﹁時 代 や 季 節 ﹂ によ って変 化 す る ﹁宮 廷 の. 流 行 ﹂と は 異 な る ︒ ま た ︑ ゴ ー ル ド スミ ス は ﹃世 界 の 市 民 ﹄ (176) 0の ‑な 2 か で︑ ア ム ス テ ルダ ム の商 人 に宛 て た 架 空 の. 書 簡 を 通 じ て︑ 差 出 人 で あ る 中 国 人 に ﹁儀 礼 は す べ て の 国 で異 な る が ︑ 真 の 上 品 さ は ど こ で も 同 じ であ る﹂と 語 ら せ た ︒. 彼 に よ れ ば ︑ ﹁見 識 のあ る旅 行 者 ﹂ は︑ ﹁賢 者 は 世 界 中 ど こ で も 品 が 良 いが ︑ 愚 者 は自 国 に お い て の み上 品 であ る こ と ﹂. を ﹁た ち ど こ ろ に見 抜 く ﹂ の であ る ︒ も っと も ︑ 他 方 で︑ ロ ック の議 論 に も 見 ら れ た よ う に︑ 具 体 的 な作 法 は ﹁そ の国. の流 行 の風 習 と方 法 ﹂ な ど に応 じ て 変 化 す る こ と も 認 識 さ れ て いた ︒ し か し な が ら︑ た と えば チ ェス タ ー フ イ ー ルド に. よ れば ︑ 行 儀 作 法 は ︑ ﹁た し か に人 や 場 所 ︑ 情 況 に よ って変 化 す る﹂ が ︑ そ れ は ﹁モ ー ド ﹂ の相 違 で あ って︑ ﹁そ の 本 質 は ど こ で も ︑ 永 遠 に変 わ ら ず 同 じ な の であ る ﹂︒. と こ ろ が ︑ 以 上 のよ う な ﹁世 界 の市 民 ﹂ に よ る ﹁文 明 の作 法 ﹂ 論 は ︑ 大 陸 旅 行 を 批 判 す る側 か ら 見 れば ︑ あ く ま で も. ﹁フ ラ ン ス﹂寄 り の ﹁女 性 的 な ﹂議 論 であ った ︒ ジ ェラ ルド ・ニ ュー マ ン に よ れ ば ︑ こ の よ う な 反 フラ ン ス感 情 は︑ ジ ョー. ジ 二世 治 世 下 の 一七 五 〇 年 代 に至 って 本 格 的 に 噴 出 す る こと に な る ︒ そ の実 例 は 次 章 で 検 討 す る が ︑ 以 下 で は まず ︑ 大. 陸 旅 行 批 判 の昂 進 が ︑ ﹁イ ング ラ ンド の自 由 ﹂ を 主 張 す る コ モ ン ・ロー ヤ ー や カ ン ト リ ・ジ ェン ト ル マン の議 論 に加 え ︑. いわ ゆ る ﹁共 和 主 義 ﹂ の伝 統 を 受 け継 いだ ﹁コ モ ン ウ ェ ル ス マン ﹂ の議 論 に も 窺 え る こ と を 指 摘 し て お き た い︒.

(17) こ こ で取 り 上 げ る の は ︑ ロ ック の同 時 代 人 ロバ ー ト ・モ ー ルズ ワ ー ス の ﹃デ ン マー ク 論 ﹄ (16) 9 で4 あ る ︒ モ ー ルズ ワー. ス は 当 時 ︑ ﹁コモ ンウ エル ス マ ン﹂ と 呼 ば れ た改 革 派 サ ー ク ル の中 心 人 物 であ った ︒ 彼 の ﹃デ ン マー ク論 ﹄ は ︑ ﹁自 由 ﹂. が失 わ れ た デ ン マー ク の 悲 惨 な 現状 を 叙 述 し た 書 物 で あ る︒ 彼 によ れ ば ︑ デ ン マー ク は プ ロテ ス タ ン ト 国 家 に な った が. ゆ え に︑ 逆 説 的 に︑ ﹁隷 属 が フ ラ ン ス よ り も 絶 対 的 な 形 で 確 立 さ れ た ﹂︒ し かし な が ら ︑ 本 稿 が 着 目 す る のは ︑ ウ イ ッグ. 政 治 思 想 の 展 開 に大 き な 影 響 を 与 え た 本 文 の内 容 で は な く ︑そ の前 提 と な る彼 の教 育 論 が 展 開 さ れ た 序 文 の議 論 であ る ︒. 彼 は そ こ で ︑ 大 陸 旅 行 の現 状 を 以 下 の よ う に強 く 批 判 し た︒ す な わ ち︑ 彼 に よ れ ば ︑ 貴 族 の子 弟 は大 陸 の ﹁恣 意 的 な 宮. 廷 ﹂ に幻 惑 さ れ︑ そ の結 果 ︑ ﹁国 内 の粗 野 な自 由 ﹂ よ り も ﹁金 箔 の奴 隷 ﹂ を 好 む よ う にな る ︒ さ ら に ︑ こ のよ う な ﹁か ぶ. れ 者 ﹂ た ち は ︑ ﹁新 し い外 国 の モ ー ド ﹂ に従 わ な い ﹁古 い型 の カ ント リ マ ン﹂ と 対 立 す る に至 る ︒. も っと も ︑ こ の よ う な 批 判 にも か か わ ら ず ︑ モー ルズ ワ ー スは ロ ック と 同 様 ︑ 旅 行 の教 育 効 果 そ のも のを 否 定 し た 訳 (84 ). (85 ). で は な い︒ モ ー ルズ ワ ー ス に と って︑ 旅 行 で得 ら れ る 経 験 や 観 察 は む し ろ ﹁暴 君 と いう 疫 病 に対 す る 偉 大 な 解 毒 剤 ﹂ で. あ った︒ そ れ ゆ え︑ 一定 の見 識 さ え備 え て い れば ︑ ﹁す べ て の ジ ェン ト リ は 海 外 に出 る べき ﹂であ る ︒ し か し な が ら ︑ 彼. が 主 張 す る 旅 行 の性 質 は︑ 文 明 の摂 取 を 目 的 と し た 既 存 の 大 陸 旅 行 と は 似 て非 な るも の で あ った︒ た し か に彼 は ︑ イ ン. グ ラ ン ド が ﹁世 界 か ら 切 り離 さ れ て﹂ お り ︑ そ こ で の教 育 が ﹁あ ま り に も 自 国 に縛 ら れ すぎ て い た こ と ﹂を 認 め て い る︒. と こ ろ が ︑ そ の 目 的 地 は︑ 南 の大 陸 で は な く ︑ ﹁北 方 の君 主 国 ﹂で あ った ︒ 彼 に よ れば ︑ フ ラ ン スや ス ペ イ ン︑ イ タ リ ア. と い った ﹁洗 練 さ れ た 香 り高 い国 々﹂ は 旅 行 者 の ﹁目 を く ら ま せ る﹂︒ こ れ に対 し て ︑ 北 方 で は ﹁奴 隷 状 態 を 何 の装 飾 も. な し に ︑ あ り の ま ま の色 彩 で観 察 す る ﹂ こ と が でき る︒ 彼 に と って ︑ 大 陸 は も は や 文 明 の学 校 で は な か った ︒ 彼 に よ れ. ば ︑ 名 誉 革 命 後 のイ ング ラ ンド の 国 制 は ﹁あ ま り に完 全 で ︑ 改 善 の余 地 が な い﹂ ほ ど優 れ て いた ︒ そ れ ゆ え ︑ 旅 行 の目. 的 は 逆 に︑ ジ ェント ル マ ン に ﹁世 界 の 奴 隷 化 さ れ た 地 域 の 悲 惨 さ﹂を 目 の当 た り にさ せ ︑ ﹁故 国 の幸 福 を 愛 す る よ う に仕 向 け る ﹂ こ と に あ った の で あ る︒.

(18) リ チ ャ ー ド ・ハ ー ド の 大 陸 旅 行 論. ハー ド の対 話 編. 第 四章. 第 一節. 以 上 の よ う な ︑ ﹁内 面 ﹂ への退 行 と ﹁イ ング ラ ンド ﹂ 意 識 の昂 揚 に よ って︑ ﹁普 遍 的 ﹂ な ﹁文 明 の作 法 ﹂ は 危 機 に瀕 し. た ︒ そ れ と同 時 に︑ 政 治 教 育 と し て の古 典 的 な 大 陸 旅 行 の役 割 も失 わ れ て い った ︒ 一八 世 紀 に お け る︑ こ のよ う な 思想. 的 変 化 の分 水 嶺 を な す の が ︑ 以 下 で 紹 介 す る リ チ ャ ー ド ・ハー ド の ﹃外 国 旅 行 に つ いて の対 話 ﹄ (17) 6で 4あ る ︒. ハー ド は ヨー マン の家 庭 の出 身 で あ った が ︑ ケ ンブ リ ッジ を経 て ︑ の ち にジ ョー ジ 三 世 の 王室 付 牧 師 や 皇 太 子 の教 育. 係 ︑ ウ ス タ ー の主 教 等 を 務 め た 人物 であ る︒ そ の ︼方 で ︑ 彼 は ア デ ィ ソ ン の著 作 集 を 編 集 す る な ど ︑ いわ ば ﹁知 の世 界 ﹂. の編 纂 作 業 に携 わ った ︒ こ の ハー ド が 当 時 の 知 的 傾 向 を 示 す 典 型 的 な 人 物 で あ った こ と は ︑ 一七 五 九 年 に出 版 さ れ た 彼. の ﹃ 道 徳 ・政 治 対 話 編 ﹄ に余 す こ と な く 示 さ れ て いる ︒ こ の作 品 に収 録 さ れ た 対 話 は そ れ ぞ れ︑ ﹁対 話 の マナ ー ﹂ ﹁社 交. に お け る誠 実 さ ﹂ ﹁隠 退 ﹂ ﹁エリ ザ ベ ス の時 代 ﹂ ﹁イ ング ラ ンド の国 制 ﹂を 主 題 と す る︒ そ れ ら は いず れ も ︑ 以 上 で指 摘 し. た問題 群 ( 作 法 ︑ 内 面 ︑ イ ング ラ ンド ) を 扱 う も の で あ った ︒ さ ら に︑ 彼 が 六 二年 に 上 梓 し た ﹃騎 士 道 と ロ マン ス に関. す る書 簡 ﹄ は︑ ロ マン主 義 の先 駆 を な す 作 品 で も あ った ︒ そ れ ゆ え ︑ 以 下 で も 論 じ る よ う に︑ ハー ド の作 品 は ︑ 一八 世. 紀 の ﹁文 明 の作 法 ﹂ を め ぐ る 論 争 の ﹁ス テ レオ タ イプ ﹂ を 示 し た も のと 考 え ら れ る の で あ る︒. ハー ド が 採 用 し た 対 話 形式 は︑そ れ 自 体 が ﹁文 明 の作 法 ﹂の具 体 化 であ った ︒彼 は ﹁近 代 人 ﹂によ る ﹁論 考 ﹂(dissertation). と いう ﹁直 接 的 な 方 法 ﹂ で は な く ︑ プ ラ ト ン や キ ケ ロと 同 様 に︑ ﹁対 話 ﹂ と いう ﹁古 代 人 ﹂ の ﹁愉 快 な 形 式 ﹂ を 採 用 し た. (1:i)︒ v‑ハvー ド に よ れ ば ︑ 対 話 に は ﹁上 品 さ﹂が 求 め ら れ ︑ ﹁懐 疑 的 で︑ 結 論 を 出 さ な い雰 囲 気 ﹂が 必 要 と さ れ る ( ×)︒. ま た︑ 対 話 に お い て は︑ ﹁真 理﹂ は ﹁正 式 な 形 で伝 え ら れ る﹂ の で は な く ︑ ﹁仄め か さ れ る ﹂︒ こ の よ う な 対 話 の 効 果 は︑. ﹁論 点 の両 方 の側 面 を 論 じ な が ら ︑ 読 者 を 知 らず 知 ら ず に︑ 真 理 の あ る 側 に引 き 込 む ﹂ (x)iこ と にあ った ︒. さ ら に彼 は︑ 対 話 の登 場 人 物 と し て ﹁実 在 の︑ 良 く 知 ら れ た ︑ 尊 敬 さ れ る ﹂(1:xxx人 i物 v) を 据 え る こ と によ って ︑. 議 論 に ﹁リ ア リ テ ィ﹂を 持 た せ る必 要 を 強 調 す る ︒ こ こ で 重 要 な のは ﹁も っと も ら し さ(probabi﹂lで iあ tる y︒ ) 彼 によ.

(19) れ ば ︑ 人 間 は ﹁真 理 に対 す る愛 ﹂ と と も に︑ ﹁騙 さ れ る こ と を 求 め る傾 向 ﹂を併 せ持 って い る︒ た し か に︑ 対 話 の内 容 は. of. :︒ xvii). 実 際 と は 異 な るが ︑ 読 者 は そ れ を ﹁承 知 ﹂ し て いる ︒ し た が って︑ 逆 に︑ 作 者 が 議 論 に何 の ﹁技 巧 や 工 夫 ﹂ も 凝 ら さ な. か った場 合 ︑ そ れ は ﹁わ れ わ れ の理 性 に 対 す る︑ あ ま り に も 大 き な侮 辱 ﹂ に な る と さ え主 張 さ れ た の であ る (1. こ の よ う な 対 話 作 品 を 通 じ て︑ ハー ド は ﹁文 明 の 作 法 ﹂ と ﹁誠 実 さ ﹂︑ そ し て ﹁フ ラ ン ス﹂ と ﹁イ ング ラ ン ド ﹂ を対 比. さ せ て いく ︒ た と えば ︑ ﹁社 交 にお け る誠 実 さ ﹂ で は ︑ ﹁わ れ わ れ自 身 を 時 間 や 情 況 に適 応 さ せ る こと ﹂ の是 非 が 議 論 さ. れ た (1) : ︒1対 話 者 の 一人 に よ れ ば ︑ ﹁適 応 ﹂ は ﹁小 さ な コモ ン ・セ ン ス﹂ であ り ︑ ﹁必 要 ﹂ や ﹁時 ﹂ に応 じ て 態 度 を 変 え. る こ と は ﹁黄 金 の美 徳 ﹂ で あ った (146)︒ これ と は 逆 に︑ ﹁誠 実 さ ﹂ は ﹁柔軟 さ に欠 け ﹂︑ ﹁あ ら ゆ る交 際 や 振 舞 いに お. い て誠 実 であ る こ と ﹂ や ﹁真 理 に真 面 目 に従 う こ と﹂ は︑ ﹁実 践 に お いて は 不 可 能 ﹂ と さ れ た (465)︒ と こ ろ が︑ た と. え ば 別 の 対 話 で は ︑ こ の よ う な ︑ ﹁あ ら ゆ るcivilのi洗 t練 y﹂ を 体 現 し た ﹁フ ラ ン ス﹂ が 強 い批 判 の対 象 にな った︒ す な. わ ち︑ ﹁隠 退 に つい て ﹂ の対 話 者 によ れば ︑ そ こ で の ﹁華 や か な 生 活 ﹂ は ︑ ﹁心 の 奥 の感 情 ﹂ に従 え ば ︑ ﹁空 虚 で誤 り で あ. り ︑欺瞞 的 で さ え ﹂ あ った ︒ ﹁外 側 は た し か に品 が良 い﹂ が ﹁そ れ 以 上 に醜 く ︑ 憎 む べ き も のは な い﹂︒ ﹁す べて は 野 心 ︑. 策 略 ︑ そ し て偽 り ﹂ であ る ︒ 重 要 な のは ﹁真 理 ﹂ と ﹁誠 実 さ ﹂ で あ り ︑ そ れ が な け れ ば ﹁会 話 は 単 な る言 葉 に すぎ ず ︑. ﹁ロ ック ﹂ と ﹁シ ャ フ ツ ベ リ ﹂ の対 話. 磨 か れ た マナ ー は も っと も 愚 劣 な 気 取 り ﹂ に転 化 す る の であ る (79‑ )︒ 80. 第 二節. ハー ド の ﹃ 外 国 旅 行 に つ い て の対 話 ﹄ は︑ 以 上 の よ う な 思 想 的 な 緊 張 と 対 立 が も っと も 鮮 明 に現 れ た作 品 であ る ︒ そ. を指 す 場 合 ︑ 人. し て︑ モ ー ルズ ワ ー ス を名 宛 人 に設 定 し た こ の対 話 の な か で︑ ハー ド が ﹁実 在 の︑ 良 く 知 ら れ た ︑ 尊 敬 さ れ る﹂ 人物 と. し て登 場 さ せ た のが ﹁ロ ック ﹂ と ﹁シャフツベリ ﹂ であ った (以 下 ︑ 登 場 人 物 の ロ ック とシャフツベリ 名 に ﹁ ﹂ を つけ る )︒. こ の 対 話 の な か で︑ ﹁シ ャ フ ツ ベリ ﹂は大 陸 旅 行 を強 く 支 持 す る ︒ 彼 に よ れ ば ︑ 大 陸 旅 行 は ﹁教 育 に お い ても っと も 重. 要 で本 質 的 な 部 分 ﹂で あ った (33 )︒ 2 彼 は と く に︑ ﹁社 交 や 一般 の交 際 ﹂に よ って得 ら れ る ﹁世 界 の知 識(knowledge.

(20) ﹂の t必 he 要 をw強o調 rす lる d) ︒ そ れ は︑ あ ら ゆ る 学 問 を 統 括 す る ﹁マ スタ ー ・サ イ エ ン ス﹂ で あ り ︑ ﹁精 神 を 拡 げ ︑ 同. bar﹂ bを ar 強i くs 批m判 )す. 時 にま た ︑ 頑 固 で 悪 質 な あ ら ゆ る偏 見 を 矯 正 す る ﹂ (28. )︒ 4こ 7 れ に対 し て ︑﹁壁 を 巡 ら し ︑狭 い地 域 に閉 じ篭 った ﹂ ﹁孤. 独 な 隠 退 生 活 ﹂ は ﹁野 蛮(Savag ﹂eそ)の も の で あ った︒ さ ら に彼 は ︑ ﹁土 着 の 野蛮(native. る ︒ 彼 に よ れ ば ︑ ﹁人 間 の集 団 ﹂は ︑ ﹁も し 仮 に 一つ の領 域 に閉 じ 込 め ら れ︑ 同 一の政 治 的 枠 組 み の 影 響 下 で 一緒 に密 着 ﹂. し て いれ ば ︑ ﹁容 易 に 一体 化 ﹂し ︑ ﹁同 一の感 情 や 意 見 に 走 り ﹂︑ や が て ﹁画 一的 な性 格 を 示 す よ う に な る ﹂︒ し た が って ︑. こ れ ら の ﹁地 域 的 な 偏 見 ﹂は ︑ ﹁よ り 社 交 的 な 習 慣 ﹂や ﹁ず っと幅 広 く ︑ よ り徹 底 し たコミュニケ ー シ ョ ン の経 験 ﹂によ っ て ﹁緩 和 さ れ る ﹂ 必 要 が あ った (1.28 )︒ ‑30. こ う し て ﹁シャフツベリ ﹂ は︑ ﹁ヨー ロッ パ ﹂ の文 明 を 基 準 に し て ﹁イ ング ラ ンド ﹂ を 具 体 的 な 批 判 の対 象 に据 え た ︒. す な わ ち ︑ イ ング ラ ン ド は ﹁そ こ に 住 む 人 々 のcivil でi 名tが y知 れ る こと は決 し てな か った ﹂の であ り ︑ む し ろ ﹁未 だ に. の主 張 と も 符 合 す る︒ 彼 の ﹃諸 相 論 ﹄に よ れ ば ︑ ﹁わ れ わ れ は ヨー ロッ パ の 人 々な. 他 の ヨ ー ロ ッパ から ︑ 尊 大 で︑ 田舎 者 で︑ 非 社 交 的 と 思 わ れ て い る﹂ の で あ る (3:)︒ 33 以 上 の議 論 は ︑ 実 際 のシャフツベリ. か で 最 後 の最 後 ま で野 蛮 であ り︑ も っとも 最 近 に な って 文 明 化 さ れ ︑ 洗 練 さ れ た﹂ 存 在 に すぎ な か った ︒ ま た︑ ロー マ. 人 や ノ ル マン 人 によ る過 去 の征 服 によ って ﹁ 技 芸 や洗 練 さ れ た嗜 み﹂ が ﹁海 外 か ら ﹂ も た ら さ れ た こ と も ﹁認 め な く て. は な ら な い﹂︒ そ れ ら の文 芸 は ︑ 大 陸 の ﹁宮 廷 や国 家 ︑ ア カデ ミ ー︑ そ し て機 知 や マナ ーを 生 み出 し た 異 国 の場 所 ﹂か ら. ﹁遠 路 は るば る ﹂や って来 た ﹁お 下 が り の お 下 が り﹂ であ った ︒ こ れ に対 し て ︑ イ ング ラ ンド の教 育 方 針 は︑ ﹁で き る 限. り外 を 見 ず ︑ わ れ わ れ の 視 野 を 狭 い範 囲 に と ど め ︑ 自 国 のも の で な いす べて の知 識 や 学 問 ︑ マナ ー を軽 蔑 す る こ と ﹂ に. あ った ︒ そ れ ゆ え ︑ ﹁わ れ わ れ は ︑ わ れ わ れ が故 郷 (hom )と e呼 ぶ 地 域 か ら 遠 く 離 れ る よ う 骨 を 折 ら な け れ ば な ら な い﹂︒. 彼 に よ れ ば ︑ ﹁偉 大 な 人 物 は常 に旅 人 で あ った﹂ の であ り ︑ ﹁世 界 と の交 際 ﹂ に よ って こ そ ﹁本 当 の優 れ た ジ ェン ト ル マ ン ﹂ が 育 つの で あ る︒. と ころ が ︑ 登 場 人 物 の ﹁ロ ッ ク﹂は 逆 に︑ 大 陸 旅 行 を 徹 底 的 に批 判 す る ︒ 彼 に よ れ ば ︑ 教 育 の目 的 は ﹁知 性 を 形 成 し ︑. 内 面 を 規 律 す る こと ﹂ にあ った (3: )︒ 67 こ れ に対 し て︑ 大 陸 旅 行 は ﹁時 間 の浪 費 ﹂ であ り ︑ ﹁精 神 の散 漫 ﹂ を も た ら す ︒.

(21) (74‑81) . ︒9さ 6ら に ︑ ﹁こ の よ う に 獲 得 し た. 旅 行 で 得 ら れ る も の は ︑ 上 辺 だ け の 礼 儀 作 法 や 自 国 で は 使 わ な い 外 国 語 な ど ︑ ﹁な く て も よ い﹂も の ば か り で あ る ︒ そ れ ど こ ろ か ︑ 大 陸 帰 り の 若 者 は ﹁女 性 化 ﹂ し ︑ ﹁か ぶ れ 者 ﹂ に 堕 落 し て し ま う. の 高 いc 代i償 v﹂ il とi しtて y ﹁ 無 宗 教 ﹂ と ﹁無 神 論 ﹂ を 招 く 危 険 も 大 き い (1) 7 ︒ し た が っ て ︑ 大 陸 旅 行 は ﹁不 十 分 ﹂ か つ (96.) 8︒ 1. ﹁ロ ッ ク ﹂ は さ ら に ︑ 以 上 の よ う な 大 陸 旅 行 批 判 の 型 を 踏 襲 し た う え で ︑ ﹁イ ン グ ラ ン ド ﹂ に 固 有 の 価 値 を 強 調 し た ︒. ﹁不 適 切 ﹂ で あ り ︑ 要 す る に ﹁最 悪 ﹂ の 教 育 で あ っ た の で あ る. 彼 が 理 想 と す る の は ︑ ﹁世 界 の 市 民 ﹂ で は な く ︑ あ く ま で も ﹁イ ン グ ラ ン ド の 市 民 ﹂ で あ った ︒ こ の ﹁イ ン グ ラ ン ド の 市. ﹁イ ン グ ラ ン ド ﹂ の ﹁自 由 ﹂ と は 相 容 れ な い こ と を 以 下 の よ う に 主 張 し た ︒. (3:69‑ )︒ 70 そ の う え で ﹁ロ ッ ク ﹂ は ︑ ﹁ヨ ー ロ ッ パ ﹂ の 宮 廷 を 発 信 源 と す る ﹁文 明 の 作 法 ﹂ が ﹁絶 対 的 ﹂ な 君 主. 民 ﹂ は ︑ ﹁故 国 に 対 す る 義 務 ﹂ を 担 い ︑ ﹁徳 と 宗 教 の 原 則 ﹂ を 守 り ︑ ﹁公 共 善 ﹂ を 目 的 に 掲 げ ︑ ﹁国 制 に 対 す る 崇 敬 の 念 ﹂ を抱 く 国 の所 産 で あ る こ と を指 摘 し ︑ そ れ が. そ れ ぞ れ の国家 の マナ ー は そ れぞ れ に特 有 であ り ︑そ れ ぞ れ に最 も良 く 適 合 し ます ︒大 陸 で広 ま って いるcivil はi ︑t わy れ われ のcivility. に比 べてよ く研 究 され ︑優 美 であ る か も しれ ま せ ん︒し か し︑だ から と い って優 先 さ れ る べき も の では あ り ま せ ん︒大 陸 の洗 練 は︑そ れ. に対応 す る政体 か ら生 ま れ た も の です︒⁝ ⁝ ヨー ロッパ のよ り絶 対 的 な 君主 国 にお いては ︑あ ら ゆ る 人 は宮 廷 人 で す︒わ れ われ の︑よ り. 自 由 な君 主 国 で は︑あ ら ゆ る人 は市 民 であ る べき です ︒立 居 振舞 いや 灰 め か し の技 術 は フ ラ ン スで 流行 ら せ ま し ょう ︒⁝ ⁝ し かし︑ ここ. ﹁朴 訥 ﹂ で ﹁粗 野 ﹂ で. では も っと 男性 的 な気 質 を 広 め まし ょう︒ われ わ れ は︑追 従 す る の では な く︑奉 仕 す べき君 主 を戴 い て いる の で す︒わ れ われ は ︑飾 り 立. ﹁上 品 さ ﹂ の 価 値 を 斥 け ︑ ﹁自 由 ﹂ な イ ン グ ラ ン ド 市 民 が. てる宮 廷 では な く︑ 抱 擁 す べき故 国(countr をy 有)し て いる の です ( 一 お )︒. し た が って ︑ ﹁ロ ッ ク ﹂ は ︑ 宮 廷 的 な. あ る こ と を 肯 定 す る (315 )0 ︒ 彼 に よ れ ば ︑ ﹁ま さ し く 偉 大 な 人 物 は 誰 も ︑ 世 界 が そ う 呼 ぶ よ う に ︑ 完 全 に 上 品 で あ っ た. of. businが es 必s要 )と す る 精 神 力 や 活 気 を 砕 い て し ま う ﹂ (104) ‑ ︒5彼 に と っ て. こ と は な い ﹂︒ ま た ︑﹁一般 人 ﹂ で あ っ て も ﹁マ ナ ー や 優 雅 さ に 過 剰 に こ だ わ る こ と ﹂ は ﹁有 害 ﹂ で あ り ︑ ﹁こ の 自 由 な 国 家 で 義 務 を 果 た す た め に 実 務 家(man.

(22) 重 要 な のは ︑ ヨー ロ ッパ の ﹁文 明 の作 法 ﹂ よ り も ︑ ﹁男 性 的 ﹂ な ﹁公 共 精 神 ﹂ で あ り ︑ ﹁素 朴 で高 潔 な 人 格(unpolished ﹂で iあ nt っe たgの rで iあ tる y)(15 )︒ 0. むす び に かえ て. シ ェ ルド ン ・ウ ォ リ ン によ れば ︑ ﹁理 論 ﹂ を意 味 す るギ リ シ ャ語theorは i︑ a﹁異 国 を 見 物 す る﹂ こ と︑ あ る い は ﹁さ ま. ざ ま に 異 な った制 度 や 価 値 観 を 観 察 す る た め に︑ 長 旅 に 出 る こ と ﹂ を 意 味 し て い た︒ 初 期 近 代 イ ング ラ ンド の大 陸 旅 行. は ︑ こ のよ う な ﹁地 平 の拡 大 ﹂ を 促 進 す る の み な ら ず ︑ 同 時 代 に お け る政 治 エリ ー ト教 育 の仕 上 げ と し て ︑ 大 陸 に お け. る ﹁文 明 の作 法 ﹂ を 身 体 化 す る こ と を 目 的 と し た ︒ ﹁文 明 の作 法 ﹂ は︑ た ん に作 法 書 を 受 容 す るだ け で な く ︑ ﹁文 明 ﹂ の. 発 信 源 で あ る ﹁ヨー ロッ パ﹂ の宮 廷 を 実 際 に 回遊 す る こ と を 通 じ て培 わ れ る ﹁実 践 知 ﹂︑ あ る い は ﹁コ モ ン ・セ ン ス﹂ で あ った︒. と こ ろ が ︑ 大 陸 旅 行 は そ の実 態 だ け で は な く ︑ 思 想 的 な 側 面 か ら も 次 第 に強 い批 判 を 浴 び る よ う にな った ︒ カ トリ ッ. ク に対 す る 伝 統 的 な 反 感 に加 え ︑ と く に 一八世 紀 の ロ マ ン主 義 に至 る 流 れ の な か で︑ ﹁文 明 の作 法 ﹂の妥 当 性 そ のも の が. モ ー ルズ ワ ー ス に も 見 ら れ た ﹁イ ング ラ ンド ﹂ 意 識 の昂 揚 は そ の代 表 的 な 例 で あ る︒. 強 く 問 い直 さ れ る よ う にな った ︒ ル ソ ー に代 表 さ れ る ﹁誠 実 さ ﹂ や ﹁感 性 ﹂ と い った ﹁あ り の ま ま の﹂ 自 分 の主 張 や ︑. ハー ド の対 話 編 ︑ と く に ﹃外 国 旅 行 に つ いて の対 話 ﹄は︑ 以 上 の よ う な 論 争 の型 を 典 型 的 に示 し た 作 品 で あ った ︒ も っ. ( お よ び 彼 の知 的 営 為 の総 体 ). の内 的 葛 藤 ま でも 正 確 に再 現 し た も の で は な い︒ し かし ︑ そ れ ゆ え に逆 に︑ 同 時 代 の﹁ス テ レオ タ イ プ ﹂. と も ︑ そ の登 場 人 物 で あ った ﹁ロ ック ﹂ と ﹁シ ャ フ ツ ベ リ ﹂ は ︑ 実 際 の ロ ック の教 育 論 やシャフツベリ. を 端 的 に 示 し た作 品 であ る と も 言 え よ う ︒ そ れ は ま た ︑ ﹁ロ ック ﹂ が ﹁イ ング ラ ン ド ﹂ の偶 像 と し て︑ いわ ば ﹁神 話 化 ﹂ さ れ る過 程 を も 物 語 って いる の であ る ︒. 他 方 で ︑ こ の時 代 の旅 行 に関 し て言 え ば ︑ 古 典 的 な 大 陸 旅 行 に対 す る 批 判 にも か か わ ら ず ︑ 旅 行 者 自 体 の 数 は 増 加 傾.

(23) 向 にあ った ︒ し か し な が ら ︑そ の性 格 は ︑ 一八 世 紀 後 半 以 降 ︑ と く に産 業 革 命 と フ ラ ン ス革 命 を 経 た後 に 一変 す る ︒﹁異. 質 な 他 者 ﹂ と 交 際 す る た め の 旅 行 は︑ 中 産 階 層 を 中 心 と し た 消 費 と 娯 楽 の対 象 に転 化 し た ︒ 同 時 にま た︑ 交 通 機 関 も馬. civility か ら civilization. への移 行 の過 程 で ︑ ﹁イ ング ラ ン ド ﹂ (も し く は ﹁ブ リ テ ン﹂). 車 か ら汽 車 へと様 変 わ り し︑情 報 の 伝 達 手 段 も ︑か つて の上 品 な 交 際 や 会 話 ︑紹 介 状 で は な く ︑新 聞 や 雑 誌 ︑ガ イ ド ブ ッ ク な ど の活 字 媒 体 が 主 流 と な る ︒ こ の よ う な ︑ ﹁近 代 ﹂ に お け る. と いう ﹁想 像 の共 同 体 ﹂ が形 作 ら れ る ︒ ﹁ロ ッ ク﹂ の議 論 に も 見 ら れ た よ う に︑ と く に名 誉 革 命 以 降 ︑ ﹁イ ン グ ラ ン ド﹂. の ﹁自 由 ﹂ や ﹁公 共 精 神 ﹂ の 伝 統 が 強 調 さ れ る と と も に︑ ジ ェン ト ル マン の 子弟 に よ る ﹁ヨ ー ロ ッパ ﹂ への ﹁巡 礼 ﹂ の. 道 が 閉 ざ さ れ て いく ︒ こ の新 た な 時 代 の ﹁イ ング ラ ンド ﹂は︑ た と え ば カ ント に よ れば ︑ ﹁す べ て知 り 合 った初 め に は冷 (99 ). (㎜ ). The Duel in Early. 淡 で︑ 見 知 ら ぬ 人 には 無 関 心 ﹂ であ った ︒ こう し て︑ ル ネ サ ン ス期 か ら 続 いた ﹁他 者 ﹂ と の交 際 を 可 能 に す る ﹁文 明 の. Peltonen,. 作 法 ﹂ の衰 退 と と も に︑ 新 た に ﹁デ モ ク ラ シ ー﹂ と ﹁ナ シ ョナ リ ズ ム ﹂ の時 代 が 到 来 す る の であ る ︒. Cf. Markku. Civility, Politeness and Honour (Cambridge, 2003)し . か しな が ら ︑作 法 は実 定 法 と異 な り︑ そ のサ ンク シ ョ ン. (1) も っとも ︑決 闘 の例 に見 られ る よ う に︑作 法 は必 ず しも 暴 力 を 否定 す る も ので はな い︒. 註. Modern England:. は も っぱ ら評価 や評 判 であ り︑ 公 的 な 物 理的 強 制 力 の発 動 を 一般 に要 請 し な い︒ (2) Ω ・熊倉 功 夫 ﹃ 文化 と し て の マナ ー﹄ 岩 波書 店 ︑ 一九 九 九年 ︒vii︑ i‑ 二x 五 四頁 ︒. (3) ノ ル ベ ルト ・エリ ア ス ﹃ 文 明 化 の過 程 ( 上 ・下 ) ﹄ 中 村 元 保 ︑吉 田正 勝 ︑波 田節 夫 他 訳︑ 法 政 大 学出 版 局 ︑ 一九七 七 ︑ 七 八年 ︒ 同. この. (Oxford, 1998) ; `The Rhetoric of Status: Gesture, Demeanour. and the Image of the Gentleman in Sixteenth and. に関 す る歴 史 研究 とし て︑ Anna Bryson, From Courtesy to Civility: Changing Codes of Conduct in Early Modern. ﹃ 宮 廷社 会 ﹄波 田節 夫 ︑ 中埜 芳 之 ︑ 吉 田正 勝 訳 ︑ 法政 大 学 出 版 局︑ 一九 八 一年 ︒. England. Seventeenth-Century England', in Lucy Gent and Nigel Llewellyn eds., Renaissance Bodies: The Human Figure in English Culture c. 1540-1660 (London, 1990), pp. 136-53; Peter Burke, Brian Harrison, and Paul Slack eds., Civil Histories: Essays presented to Sir Keith Thomas (Cambridge, 2000) ..

(24) ( 二〇 〇 三 年 ) ︑ 一五‑ 四 三頁 ︒. ( 5) 木村俊道 ﹁ 宮 廷 から 文 明社 会 へ1 初 期近 代 ブ リ テ ン に おけ る ﹃文 明﹄ と ﹃ 作 法 ﹄﹂︑ ﹃ 政 治 研 究﹄ ( 九 州 大 学政 治 研 究会 ) ︑第五〇号. ( 6) によ れば ︑ こ の大 陸 旅 行 は以 下 のよ う に説 明 さ れ て いる ︒ ﹁ヨー ロ ッパ の主 要 な 都 市 や見 所 を めぐ る旅 ︒ 以 (Grand Tour) 前 は︑良 家 の生 ま れ か︑あ る いは裕 福 な 家 の 子弟 の教育 に不 可 欠 と考 えら れ て いた﹂︒本 稿 も ︑こ のよ う な意 味 で の︑ジ ェン ト ル マ ン. John. Towner,. `The Grand. Tour:. A Key Phase. in the History. of Tourism',. Annals. 教 育 とし て の大 陸 旅 行 を対 象 とす る ︒な お︑ジ ェント ル マ ン層 以外 も 含 め て い るが ︑ 一五 四七 年 か ら 一八 四 〇年 ま で の旅 行 記 を サ ン プ ル とし た 大陸 旅 行 の統計 的 な 分 析 と し て︑. of Tourism Research 12 (1985), pp. 297-333.. 一六 世 紀 の 大 陸 旅 行 に つ い て は ︑. B4r.. B4r.. Haly. Heron,. `A Booke. pp.. 62-6.. of the. Travaile. and. Life. of me. Thomas. of the. Hoby', による. Travaile',. ed.,. Edgar Introduction. Powell, の他 に︑. The. Camden. Miscellany,. vol.. Chaney, The Evolution of the. in. マス に つい ては ︑. Parks. Introduction. The Book of the Courtier, tr., Sir Thomas Hoby, intro., Walter Raleigh (1900; NY, 1967) , pp. 7, 8,. つい ては︑ 次 註 に挙げ た 文 献 の. The. Tour (London, 1998) ; Kenneth Charlton,. (London, 1592) , Blr. ま た︑ ヘ ロンに よ れば ︑ 旅行 は ﹁他 者﹂ を 必要 とす る ﹁ 人 間 の本性 ﹂ に適 し たも ので あ った︒. [tr. Sir Edward Stradling]. (London, 1965) , pp. 215-26.. Edward Chaney, The Evolution of the Grand. ﹁ 良 き 時 代 の良 き 旅 ﹂ と な って いる︒ また ︑ こ の書 物 自 体 はグ ラ ンド ・ツ ア ー に つ いて の格 好 の 入門 書 で あ る︒. ( 7) 本城靖久 ﹃ グ ラ ンド ・ツア ー1 英 国 貴 族 の放 蕩 修 学旅 行 ﹄中 公 文 庫 ︑ 一九九 四年︒ ただ し ︑ 一九 八三 年 の中 公 新 書 版 で は︑ 副 題 は. (8 ). Education in Renaissance England. Cl,°. Justus Lipsius, A Direction for Travailers, Ibid., C1r Ibid.,. Hoby,. Kayes of Counsaile: A Newe Discourse of Morall Philosophic, ed., V. B. Heltzel (London, 1579; Liverpool, 1954) , p. 63. Thomas. esp.,. 10 (London, 1902) .ホ ビ ー に Tour,. `A Booke. p. 4.. マ ス は 一五 四 八 年 一月 ︑ イ タ リ ア か ら 戻 る 途 中 ︑ シ ュ. The History of Italy, ed., G. B. Parks (1549; Ithaca, 1963) , p. 10.ト. Baldassare Castiglione,. Grand. 5.. William Thomas, の 他 に︑. Hoby,. Chaney, The Evolution of the Grand Tour, pp. 70-6.ち な み に ︑ ト. ト ラ スブ ル ク で ホ ビ ー と 出 会 っ て い る ︒. Thomas, The History of Italy, p. 3. Ibid., p. 12..

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP