各種パスワードについて マイナンバー管理票では 3 種のパスワードを使用します (1) 読み取りパスワード Excel 機能の読み取りパスワードです 任意に設定可能です (2) 管理者パスワード マイナンバー管理表 の管理者のパスワードです 管理者パスワード はパスワードの流出を防ぐ目的で この操作

全文

(1)

1

「マイナンバー管理表」操作説明書【管理者用】

2015 年 11 月 30 日(初版)

概要

「マイナンバー管理表」の動作環境は以下の通りです。

対象OSバージョン・・・Windows7、Windows8、Windows8.1、Windows10 対象Excelバージョン・・・Excel2010、Excel2013

対象ファイル形式・・・Microsoft Excel マクロ有効ワークシート (.xlsm)

「マイナンバー管理表」のセキュリティ

「マイナンバー管理表」に関わるセキュリティには以下のものがあります。

1.マクロ実行のセキュリティ

「マイナンバー管理表」はマクロ(VBAスクリプトを含む)を使用しています。

マクロはPCに様々な影響を与える可能性があります。

「マクロ実行のセキュリティ」はマクロを信用するかどうかの判断することでコンピューターへの悪影響 を予防するためのものです。

このセキュリティ機能は以下で述べるデータ保護機能とは別物で、コンピューターを悪意のあるプログラ ムから保護するための機能です。

2.ファイル内容の参照の保護

「マイナンバー管理表」は「Microsoft Excel マクロ有効ワークシート」の形式で提供されます。

Excelではデータ保護の機能として「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」の設定が可能です。

特に「読み取りパスワード」は強力な保護機能です。

※「読み取りパスワード」はデータ保護に非常に重要な要件です。「マイナンバー管理表」の運用では必 ず設定してください。

3.

PSYS

機能

PSYS機能は特定のコンピューターでだけシートの表示を可能にする機能です。

「マイナンバー管理表」の初期状態ではどのようなコンピューターでもシート表示ができるようになって います。

PSYS機能を有効化するには後述の「PSYS設定手順」の操作が必要になります。

PSYS機能のメリットは前述の「読み取りパスワード」を把握している人が指定外のコンピューターで「マ イナンバー管理表」を参照しようと試みても重要なシートを表示できないということにあります。

※「PSYS機能」はオプション機能ですので、設定は任意です。

(2)

2

各種パスワードについて

マイナンバー管理票では3種のパスワードを使用します。

(1)「読み取りパスワード」・・・Excel機能の読み取りパスワードです。任意に設定可能です。

(2)「管理者パスワード」・・・「マイナンバー管理表」の管理者のパスワードです。

※「管理者パスワード」はパスワードの流出を防ぐ目的で、この操作手順書には記載されていません。

メールにてご案内しています。

(3)「PSYSパスワード」・・・PSYS機能のパスワードです。任意に設定可能ですが、既定PSYSパスワ ードが設定されています。PSYS機能を使用しない場合このパスワードを考慮する必要はありません。

※「既定PSYSパスワード」パスワードの流出を防ぐ目的で、この操作手順書には記載されていませ ん。メールにてご案内しています。

「マイナンバー管理表」の使用開始手順

この操作手順はExcel2010での操作例になります。

【注意事項】以降の説明で必要になる「管理者パスワード」の番号は、パスワードの流出を防ぐ目的で、こ の操作手順書には記載されていません。メールにてご案内しています。

1.

「読み取りパスワード」の設定

ここでは、「マイナンバー管理表.xlsm」にExcelの機能で設定できる「読み取りパスワード」を設定し、

別のファイル名で保存する手順を示します。

最初に、入手した「マイナンバー管理表.xlsm」を開きます。

※マイナンバー管理票.xlsmを起動後に下記のような画面が表示された場合は、[編集を有効にする(E)]

をクリックしてください。

(3)

3

[編集を有効にする(E)]をクリック後、下記のエラーメッセージが表示される場合があります。

その場合は以下の動作をお願いいたします。

①表示されたエラーメッセージのOKボタンをクリックします。

OKをクリック後、入力者画面が表示されたら、終了をクリックします。

③保存確認メッセージが表示されたら、[保存しない]を選択してください。

以上の動作が終了いたしましたら、再度「マイナンバー管理表.xlsm」を開き 次の手順へとお進みください。

(4)

4

「マイナンバー管理表.xlsm」を「信頼できる場所」に置いていない場合は下記のような画面が表示 されます。この場合、「コンテンツの有効化」をクリックしてください。

①「入力者」画面が表示されます。

「入力者」画面の右上の「×」をクリックしてください。

②保存時の確認メッセージが表示されます。

[キャンセル]を選んでください。

(5)

5

③Excelメニュー[ファイル]-[名前を付けて保存]を選択してください。

[名前を付けて保存]ダイアログが表示されます。

保存場所は任意の場所とします。

[ファイル名]に任意の名前を入力してください。

ここでは例として「マイナンバー管理表_重要.xlsm」と入力しています。

④続けて[ツール]をクリックし、[全般オプション]をクリックします。

⑤ [全般オプション]ダイアログが表示されます。

[読み取りパスワード]に任意のパスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックします。

このパスワードは重要です。忘れないようにしてください。

(6)

6

⑥[パスワードの確認]ダイアログが表示されます。

同じパスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックします。

⑦最後に[保存]ボタンをクリックします。

Excelの右上の×ボタンをクリックして、一度、ファイルを閉じます。

(7)

7

2.

担当者の設定

①上記で保存したファイルを開きます。

[パスワード]ダイアログが表示されるのでExcelで設定した「読み取りパスワード」を入力してくださ い。

「コンテンツの有効化」ボタンが表示される場合は「コンテンツの有効化」をクリックしてください。

②「入力者」画面が表示されます。

③[担当者保守]ボタンをクリックします。

④[管理者パスワード]画面が表示されます。

別途メールでご連絡してある「管理者パスワード」を入力し、[OK]ボタンをクリックします。

⑤「担当者」画面が表示されます。

最初の「担当者」を追加するために[追加]ボタンをクリックします。

(8)

8

⑥[担当者名入力]画面が表示されます。

「担当者名」を入力し[OK]ボタンをクリックします。

ここでは、例として「鈴木」を入力しています。

⑦[担当者]画面が表示され、追加した「担当者名」が一覧に表示されます。

⑧[適用]ボタンをクリックします。

⑨[入力者]画面が表示されます。

⑩[OK]ボタンをクリックします。

⑪[入力者]画面が閉じられます。

(9)

9 以上で使用開始手順は終了です。

このシートを閉じるときには、必ず[保存]をクリックします。

(10)

10

ここからの操作手順は、PSYS の設定が必要な場合のみの操作になります

PSYS の設定手順

PSYS機能はデータ保護のためのオプション機能です。設定を行わなくても「マイナンバー管理票」を使用 することができます。

【注意事項】以降の説明で必要になる「既定 PSYS パスワード」の番号はパスワードの流出を防ぐ目的で この操作手順書には記述していません。別途メールにてご案内しています。

1. PSYS

の仕組みについて

プロテクト対象のExcelファイル(拡張子はxlsm)を開いた時点でPSYS内の判定処理を呼び出します。

判定処理では以下の処理を行ないます。

 現在のコンピューターのコンピューター名が[許可コンピューター名]リストが存在するかチェック します。

 コンピューター名が登録されていればワークシート([特定個人情報]シートと[処理履歴]シート)を 表示状態に設定します。

 基本的な方式は上記の条件が成立した場合にワークシートを表示するというものです。

 ファイルを閉じる時にはワークシートを自動的に非表示にして終了します。

 この方式では以下の方法でファイルを開いた場合にも対応できます。

・マクロの実行を許可しないで開いた場合

・シフトキーを押しながら開いた場合

・VBAが機能しない機器(Android等)で開いた場合

2.

設定する内容

[PSYS]設定ワークシートの[許可コンピューター名]リストに、マイナンバー管理シートを表示できるコ

ンピューター名を登録します。

[許可コンピューター名]リストに1件も記載がない場合は、PSYSによる制約はないものとみなされ、

重要なワークシートはどのコンピューターにおいても表示されます。

3.

注意事項

※この保護方式は「VBA プロジェクトの保護」に依存しているため、その保護が意図的に解除された 場合、非表示シートの内容は表示されてしまいます。ご留意ください。

※また、他シート等からVBAなどのプログラム言語を利用して閲覧する事も可能な場合がありますの でご留意ください。

(11)

11

4.

設定の手順

使用開始手順の処理が済んでいるファイルを開きます。

①「入力者」画面から「担当者名」を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

②リボンの[設定]ボタンをクリックすると[設定]画面が表示されます。

③[PSYSボタン表示]ボタンをクリックします。

(12)

12

④[管理者パスワード]画面が表示されます。

メールで送信されている「管理者パスワード」を入力し、[OK]ボタンをクリックします。

⑤リボンにPSYSの[設定開始]ボタンと[設定終了]ボタンが表示されます。

⑥[設定開始]ボタンをクリックします。

⑦[PSYSパスワード入力]画面が表示されます。

メールで送信されている「既定PSYSパスワード」を入力し [OK]ボタンをクリックします。

(13)

13

⑧[PSYS設定]シートが表示されます。

初期状態では[許可コンピューター名]列は空欄になっています。

これはどのようなコンピューターでもシート表示が可能なことを意味しています。

⑨[許可コンピューター名]の列に、重要なワークシートの表示を許可するコンピューター名を入力しま す。

この例では、コンピューター名が「titan」,「gaia」,「jupiter」のコンピューターでのみ重要なワー クシートの表示が可能であるように設定しています。

コンピューター名の確認の操作がわからない場合は、13ページ以降の補足資料を参照してください。

(14)

14

【注意事項】

[許可コンピューター名]リストのセルを入力する場合、他の場所からコピーして書式付きの貼り付けを行 なうとコピー元の書式で設定されてしまいます。

[Ctrl]+Vキーで貼り付けを行なった場合にもコピー元に書式がある場合はその書式で設定されてしまい

ます。この場合、書式を変更するにはマウス右ボタンクリックで「セルの書式設定」を選択し、書式を 変更することができます。

上記の理由から、直接文字を入力するか、「貼り付けのオプション」で「値」を選択して貼り付ける方法 を推奨いたします。

⑩[設定終了]ボタンをクリックします。

⑪[設定終了]画面が表示されます。

⑫既定の PSYSパスワードを独自のパスワードに変更するために、[パスワード]欄と[再入力]欄に独自 のパスワードを入力します。

⑬[OK]ボタンをクリックします。

パスワードを変更しない場合は2つの欄を空欄のままにして[OK]ボタンをクリックします。

PSYSパスワードは[設定開始]ボタンをクリックし、[許可コンピューター名]を追加したり削除したり する場合に必要になります。

(15)

15

⑭保存確認のメッセージが表示されます。

[保存]をクリックします。

⑮メッセージが表示されます。

[OK]ボタンをクリックします。

以上でPSYSの設定手順は終了です。

(16)

16

補足資料

コンピューター名の確認方法

操作手順(Windows7)

①[スタート]をクリックします。

②[コンピューター]で右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

③[コンピューター名:]に、使用しているパソコンのコンピューター名が表示されます。

(17)

17 操作手順(Windows8.1)

①タスクバーの [エクスプローラー]をクリックします。

②[PC]で右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

(18)

18

③[コンピューター名:]に、使用しているパソコンのコンピューター名が表示されます。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP