本学学生の摂食状況と調理の現状についての調査 : 一人暮らしの学生について

全文

(1)

研 究 ノ ー ト StudyNotes

本学学生 の摂 食状況 と調 理 の現状 につい ての調査

一 人 暮 ら しの 学 生 に つ い て

中 林 み ど り

Research

on the Actual Conditions

of Eating and Cooking

of

Bunkyo

University

Students

Who are Living

Alone

Midori Nakabayashi 1は じ め に あ ら ゆ る年 齢 層 で 、 規 則 正 しい 生 活 習 慣 ・食 習 慣 を 身 につ け る こ とは心 身 と もに健 全 な社 会 生 活 を送 る上 で 大 切 な こ と とい え る 。 生 活 習 慣 ・食 習 慣 の 形 成 は 、 幼 児 期 は家 庭 で 、 児 童 ・生 徒 期 は学 校 で 、 成 人 に な る と社 会 な どを通 し て な され る。 規 則 正 しい 生 活 習 慣 ・食 習 慣 に影 響 を与 え て い る要 因 と して 考 え られ る こ とが 、拘 束 時 間 の 変 容 で あ る。 高 校 時 代 まで は家 庭 、 学 校 で の生 活 が 中 心 とな って 生 活 時 問 は 一 定 して い る。 また 、 食 生 活 は親 が 考 え る領 域 に な っ て い る。 大 学 時 代 に な る と親 か ら の 自立 が 始 ま り、 ラ イ フ ス テ ー ジ の 中 で も拘 束 時 間 が 小 ・中 ・高 校 時代 と異 な って くる 。授 業 時 間 の不 規 則 さ か ら くる登 校 ・下 校 時 間 の 乱 れ、 自 宅 通 学 者 で も通 学 時 間 の延 長 、 部 活 動 へ の 参 加 、 ア ル バ イ トな ど、 規 則 正 しい 生 活 習 慣 ・食 習 慣 の 形 成 に負 と な る要 因 の増 大 が 見 られ て くる。 大 学 へ 入 学 した ば か りの1年 生 で 、 一 人 暮 ら しの 学 生 は、 生 活 様 式 が 大 き く変 化 して くる 。 そ れ は 自宅 通 学 者 の 生 活 様 式 と大 き くこ と な る 。 そ れ は住 環 境 の変 化 で 、 そ れ に伴 って 、 い ま まで 食 事 は家 庭 で 提 供 さ れ て い た の が 、 自分 で食 事 を用 意 し な け れ ば な らな い 状 況 にお か れ る。 そ こ で 、 食 生 活 を しっ か り自分 で 管 理 す る必 要 が 生 じる 。 摂 食 時 間 を規 則 正 し くす る 。 栄 養 のバ ラ ン ス の とれ た 食 事 をす る 。 そ の た め に はで きる だ け外 食 に頼 らず に 、 自分 で 調 理 す る こ とが 大 切 に な っ て く る。 調 理 技 術 を 身 に つ け る とい う こ とは 、 過 去 の 学 習 経 験 、 学 習 内 容 、献 立 の 立 案 ・買 い 物 ・調 理 操 作 、 調 理 環 境 な どで あ る。 一 人 暮 ら しの 学 生 に とっ て 、 健 全 な学 生 生 活 を送 る た め に も1年 生 の うち か ら栄 養 、 調 理 技 術 、 規 則 正 しい食 習 慣 な どの 生 活 習 慣 を身 に つ け る教 育 が 必 要 で あ る と考 え られ る。 本 調 査 の 目 的 は 、 一 人 暮 ら しの 学 生 を対 象 に 、食 生 活 の様 相 を摂 食 状 況 と調 理 につ い て 実 態 を 把 握 し、 自宅 通 学 者 と比 較 検 討 を行 い 、 一 人 暮 ら しの 学 生 に どの よ う な食 教 育 が 必 要 か を考 え る こ とで あ る。

(2)

II調 査 方 法 1調 査 方 法 及 び調 査 対 象 調 査 は 質 問 紙 法 を用 い 、2003年7月 に実 施 した 。 調 査 票 は 講 義 時 に 配 布 し、 自記 入 に て 回収 し た 。 対 象 者 は 文 教 大 学 教 育 学 部1年 生 、 男 子66名(一 人 暮 ら し26名 、 自宅 通 学40名)回 収 率42.3%、 女 子169名(一 人 暮 ら し52名 、 自宅 通 学117名)回 収 率68.4%で あ る。 一 人 暮 ら し率 は、 男 子39.4%、 女 子30.8%で あ る 。 各 専 修 で の 回収 率 で は11専 修 の う ち4専 修 で 回収 率 が低 か っ た 。 2調 査 項 目 設 問 は 、 基 礎 項 目 と して 性 別 、 通 学 形 態 、 部 活 動 、 ア ルバ イ トの4項 目。 食 事 につ い て は、 摂 食 時 間 、 主 食 、 調 理 に つ い て の6項 目。 調 理 教 育 につ い て は9項 目。3日 間 の 摂 食 状 況 。 調 理 の 実 践 ・献 立 につ い て32項 目 で あ る。 調 査 項 目 の 設 定 摂 食 状 況 調 査 で は 、横 軸 に朝 食 、 昼 食 、 夕 食 、 夜 食 、飲 酒 、 間食 を配 置 し、 アル バ イ ト、 部 活 動 の 有 無 を質 問 項 目 と し た。 縦 軸 に は 自宅 で の 摂 食(自 分 で 調 理 、 他 人 が 調 理 した もの)、 自宅 外 で の 摂 食(自 分 で調 理 した弁 当 、 買 っ た弁 当)に 分 類 し て食 事 内 容 を質 問 した 。 摂 食 し た場 所 に つ い て は 、(学 生 食 堂 、 大 学 外 食 堂 な ど)。 誰 と食 事 した か に つ い て は 、(一 人 で 、 友 人 と、 大 勢 で 、 家 族)に 分 類 して 質 問 した 。 調 理 実 践 の調 査 で は 、 機 械 的 調 理 操 作 、 加 熱 調 理 操 作 につ い て 質 問 した。 3集 計 方 法 集 計 は 単 純 集 計 、 ク ロ ス 集 計 に て 数 値 を 求 め た 。 ま た 、対 象 群 の 比 較 検 討 にお い て カ イ ニ 剰 検 定 に て傾 向 を見 た 。

皿 調査結果 と考察

1学 生 生 活 一 人 暮 ら しの 割 合 は、 男 子39.4%、 女 子30.8%で 、 前 回 の 調 査 の 結 果 、 男 子38.6%、 女 子 37.3%と ほ ぼ 同率 で あ っ た 。 表1は 部 活 動 と ア ル バ イ トの 実 態 、 通 学 時 間 に つ い て 質 問 した 回 答 で あ る。 体 育 会 運 動 部 加 入 率 が 高 い の は 、体 育 専 修 生 の 影 響 と考 え ら れ る 。 運 動 サ ー ク ル 、文 化 サ ー ク ル 加 入 率 は 大 学 の資 料 で は も う少 し高 い 。 調 理 に 関 す る ア ン ケ ー トの 意 識 は 、 同 一 の 条 件 で あ っ た に も か か わ らず 、 回 収 率 に バ ラ ツ キ が み られ た 。 運 動 部 所 属 者 、体 育 、 家 庭 専 修 で 回 収 率 が 高 か っ た の は 調 理 に 関 して 関心 が あ っ た か ら と考 え られ る 。 アル バ イ トは一 人 暮 ら し女 子 を除 い て半 数 近 くが して い る 。 3日 間 の調 査 だ っ た の で 、 も う少 しア ル バ イ ト率 は 高 くな る と推 察 さ れ る 。

(3)

表1部 活 動 と ア ル バ イ トの 実 態(%)・ 通 学 時 間(分) 男子 一 人 男子 ・自宅 女 子 ・一人 女 子 ・自宅 体 育会 運動 サ ー クル 文化 会 文系 サ ー クル 所属 な し 45 17.5 10 5 22.5 53.8 1: 3.8 0 11.5 30.8 19.7 20.5 5.1 23.9 25 .. 26.9 11.5 7.7 アルバ イ トして い る してい ない 46.2 53.8 52.5 47.5 28 72 47.3 52.7 通学時間 17.3 85.5 19.1 85.2 2食 事 に つ い て 表2-1は 摂 食 時 間 の 規 則 性 につ い て 質 問 した 回答 で あ る 。朝 食 時 間 が 不 規 則 で あ る 割 合 は 、 男 子 、 女 子 と も に 一 人 暮 ら し群 が 自宅 通 学 者 群 の2倍 以 上 い る。 一 人 暮 ら し群 の通 学 時 間 が 顕 著 に 短 い に もか か わ らず 、 この よ うな 結 果 に な っ た の は 表4-1か ら 自 宅 通 学 者 は他 人 が食 事 を用 意 し て くれ る率 が 高 い こ と ど関 係 が あ る と推 察 で きる 。 一 人 暮 ら しの 人 達 に規 則 正 しい 朝 食 を摂 食 し て も ら う に は ど の よ うな 朝 食 を用 意 した ら良 い か の情 報 が 必 要 で あ る と考 え られ る。 昼 食 は 規 則 的 と 回答 した 率 が 高 い 。 昼 食 は授 業 と の 関係 で 、 生 活 時 間 が 一 定 して い る か らで あ る と考 え ら れ る 。 夕 食 時 間 が 、 や や不 規 則 、 不 規 則 が 男 子 一 人 群 で も半 数 、 そ れ 以外 の人 た ち は顕 著 に 高 率 で あ る。 部 活 動 、 ア ルバ イ トな どの影 響 で 生 活 時 間 が不 規 則 に な っ て い る結 果 と考 え られ る 。 表2-2は 食 品 の 好 き嫌 い 、 表2-3は 主 食 で ご飯 、 パ ン、麺 類 の どれ を多 く選択 す る か 、 表2-4は 調 理 す る事 が 好 きか ・嫌 い か に つ い て 質 問 した 回答 で あ る。 調 理 す る事 が 好 きか ・嫌 い か につ い 表2-1摂 食 時 間 の規 則 性(%) 男 子 ・一 人 男 子 ・自 宅 女 子 ・一 人 女 子 ・自 宅 朝食 規則的 やや不規則 不規則 57:7 19.2 23.1 65 22.5 12.5 56.9 21.6 21.6 75.9 12.1 12.1 昼食 規則的 やや不規則 不規則 :1 19.2 0 72.5 15 12.5 83.3 14.6 2.1 ・1 17.7 1.8 夕食 規則的 やや不規則 不規則 50 38.5 11.5 27.5 60 12.5 .. 62.5 .. 25 50.9 24.1 表2-2食 品 の 好 き嫌 い(%) 男 子 ・一 人 男 子 ・自 宅 女 子 ・一 人 女 子 ・自宅 た くさ んあ る す こ しあ る な い 8.3 41.7 50 15 47.5 37.5 19.6 51 29.4 19 55.2 25.9

(4)

表2-3主 食(%) 男 子 ・一 人 男 子 ・自宅 女 子 ・一 人 女 子 ・自 宅 朝 食 ご 飯 パ ン め ん 56 40 2 46 52 2 41.2 56.9 2 53.575.9 45.7 0.9 昼 食 ご 飯 パ ン め ん 72 8 20 87.5 5 7.5 56.9 29.4 13.7 62.1 31 6.9 夕 食 ご 飯 パ ン め ん 92 0 8 95 5 0 :1 5.9 13.7 94.8 0.9 4.3 表2-4調 理 す る こ と が 好 き か 、 嫌 い か(%) 男 子 ・一 人 男 子 ・自 宅 女 子 ・一 人 女 子 ・自 宅 す き 普 通 嫌 い わ か らな い 37.5 50 12.5 0 55 35 4.2 12.5 29.4 56.9 9.8 3.9 36.2 49.1 6 8.6 て は 、 男 子 、 女 子 と もに 一 人 暮 ら し群 に 嫌 い と回答 した割 合 が 高 くみ られ る。 こ の こ と は毎 日必 ず 調 理 を しな け れ ば な らな い 立 場 に な っ て い る現 実 さか ら来 る意 識 の現 わ れ と考 え られ る 。 3調 理 内 容 に つ い て学 び た い こ と 表3-1は 調 理 技 術 を 身 に つ け た い か 、 調 理 に つ い て 学 び た い か 表3-2は 学 び た い 調 理 に 関 す る 内容 に つ い て 質 問 し た 回 答 で あ る 。 ほ と ん どの 人 達 が 調 理 技 術 を 身 に つ け た い と 回 答 して い る 。 調 理 につ い て 学 び た い か につ い て は 、 ほ と ん どの 人 達 が 積 極 的 に、 機 会 が あ れ ば と回 答 して い る。 学 び た い 調 理 に 関 す る内 容 に関 して も7割 以 上 の 人 達 が 全 て の 項 目で 高 い率 を示 して い る 。 過 去 の調 査 か ら、 調 理 は 家 庭 で 習 っ た 約60%と 学 校 で 習 っ た 約30%の2倍 以 上 の 率 で あ っ た 。 大 学 へ 入 学 した 一 人 暮 ら しの 人 達 に とっ て 、 調 理 に 関 す る情 報 の 入 手 は様 々 考 え られ るが 、 今 回 の 調 杢 結 果 か ら、調 理 技 術 を身 につ け た い 、 調 理 に つ い て学 び た い との希 望 が 多 い こ と は、 調 理 教 育 表3-1調 理 技 術 を身 に つ け た い か ・調 理 に つ い て 学 び た い か(%) 男 子 ・一 人 男 子 ・自 宅 女 子 ・一 人 女 子 ・自 宅 身 につ け たい い い え 必 要 な い 87.5 12.5 0 100 0 0 100 0 0 .・ 0 1.7 積 極 的 に 機 会 が あ れ ば 必 要 な い わ か らな い 52 40 4 4 47.5 50 2.5 0 51 49 0 0 1 .., 0.9 0.9

(5)

表3-2学 び た い 調 理 に 関 す る 内 容(%) 男 子 ・一 人 男 子 ・自 宅 女 子 ・一 人 女 子 ・自 宅 工調理の手順 力加熱器具の操作 ア栄養的特徴 イ献立の立案 ク加熱器具の使用 ウ材料 の分量 オ機械 的調理 キ調理器具の使用 :1 :1 76.9 76.9 72.4 69.2 69.2 69.2 85 85 75 70 80 67.5 82.5 70 92.2 .. 82.4 86.4 76.5 ., .., 74.5 83.2 ., 66.4 80.2 67.2 .・ ... 69 が 必 要 で あ る こ と を示 唆 して い る 。 4摂 食 状 況 表4-1、 表4-2、 表4-3は 朝 食 、 昼 食 、 夕 食 の摂 食 状 況 に つ い て 質 問 した 回答 で あ る 。 朝 食 の 状 況 で 顕 著 な 項 目 は欠 食 で あ る。 各 群 と もに多 い傾 向 が み られ る が 、 男 子 、 女 子 の 一 人 暮 ら し群 で 自宅 通 学 者 群 と の差 が 顕 著 で あ っ た 。 ま た 、 買 っ た もの を食 べ る 項 目の 数 値 が予 想 以 上 に あ っ た 。 一 人 暮 ら し群 は、 一 人 で 、 自宅 通 学 者 群 は家 族 と食 事 を取 っ て い る 中で 、 一 人暮 ら し群 が 友 人 と 一 緒 に食 事 を して い る。 買 っ た もの を食 べ る 、 友 人 と一 緒 に食 事 をす る傾 向 は コ ン ビ ニ の 普 及 が 影 響 して い る と考 え られ 、 住 居 で 朝 食 を と らな くて も、 簡 単 に 取 れ る状 況 は 、 欠 食 を す る よ りは よい が 、 栄 養 面 、 経 済 面 か ら考 え させ られ る 事 項 で あ る。 昼 食 に関 して は 、学 食 の 食 事 を取 る人 達 が 予 想 以 上 に少 数 で あ っ た こ とで あ る 。 また 、 友 人 と昼 食 を食 べ て い る傾 向 は、 一 人 暮 ら しの 人 達 に と って 食 事 環 境 か ら見 て も好 ま しい事 とい え る 。 夕 食 に関 して は、 一 人 暮 ら しの 人 達 は 自 分 で 調 理 を し、 一 人 で 食 事 をす る 人 が 多 く見 られ る 。 しか し、 買 っ た もの や 、外 食 す る 人 た ち も 20%を 超 え て い る。 栄 養 面 か ら も 自分 で 調 理 を す る食 習 慣 を身 に つ け る必 要 が あ る が 、 な され て い な い 傾 向 が あ る と推 察 で き る。 表4-1朝 食 の 状 況(%) 男 子 ・一 人 男 子 ・自 宅 女 子 ・一 人 女 子 ・自 宅 欠 食 33 8 21 9 自分で調理 他人が調理 59.4 7.8 10.1 70.6 62.3 4.8 11:6 67.1 自分 で 調理 した 弁 当 買 っ た もの(弁 当) 0 15.6 0 11.8 0 11.6 1 9 学生食堂 食堂 など 0 0 0 0 0 0 0 2 一 人 で 友 人 と 大勢 で 家族 と 84 14 0 2 31 2 0 68 94 6 0 0 60 2 0 38

(6)

表4-2昼 食 の 状 況(%) 男 子 ・一 人 男 子 ・自宅 女 子 ・一 人 女 子 ・自宅 欠 食 5.2 2 3 2 自分で調理 他人が調理 16.9 3.9 2.8 7.3 10.7 3.3 3.2 6 自分 で 調 理 した弁 当 買 っ た もの(弁 当) 6.5 45.5 35 ., 14 39.6 34 24.6 学生食堂 食堂 など 22.1 0 22 3 28 2 27 3.4 一 人 で 友 人 と 大 勢 で 家 族 と 25 69 4 1 12 78 8 2 20 68 12 0 11 76 11 a 表4-3夕 食 の 状 況(%) 男 子 ・一 人 男 子 ・自宅 女 子 ・一 人 女 子 ・自宅 欠 食 2.8 3 4 3 自分で調理 他人が調 理 62.5 8.3 6 77.6 61.4 9 5.8 76.6 自分 で調 理 した弁 当 買 った もの(弁 当) 1.4 18.1 0 7.8 1 15.9 1 8.1 学生食堂 食堂 など 0 6.9 0 5.2 0 9 0 5.4 一 人 で 友 人 と 大 勢 で 家 族 と 73 26 2 0 27 10 3 60 79 16 5 0 29 10 2 59 5調 理 の 実 践 表5は 献 立 につ い て 質 問 した 回答 で あ る。 一 人 暮 ら しの 男 子 群 に、 あ り合 わせ で 献 立 の 立 案 が で き る との 回 答 が な か っ た。 買 い 物 が そ の 時 だ け に必 要 な もの を 買 う傾 向 が見 ら れ る 。 献 立 、 買 い 物 に計 画 性 が 必 要 で あ る と考 え られ る。 表6-1、 表6-2は 調 理 の 実 践 につ い て 質 問 した 回答 で あ る。 調 理 の 内 容 は① 包 丁 を使 用 す る調 表5献 立(%) 男 子 ・一 人 男 子 ・自 宅 女 子 ・一 人 女 子 ・自 宅 自分 で考 える 買 い物 しなが ら考 え る あ り合 わせ で献 立 で き る 50 42.3 0 25.6 17.9 25.6 41.2 25.5 25.5 15.5 31 17.2 7.7 !: 7.8 36.2

(7)

表6-1調 理 の 実 践 男 子(%) 表6-2調 理 の 実 践 女 子(%) 男 子 ・一 人 男 子 ・自 宅 女 子 ・一 人 女 子 ・自宅 切 る き ざむ 皮 をむ く 魚 をお ろす 100 100 .. 34.6 97.7 92.9 90.2 58.1 切 る き ざむ 皮 をむ く 魚 を お ろす 100 100 100 35.3 99.1 97.4 .・ 29.1 野 菜 を お ろす 泡 立 て る 裏 ご し 7b.9 65.4 42.3 82.5 80 42.5 野菜 をお ろす 泡立 て る 裏 ご し 96.1 94.1 .. 93.2 ... 67.5 炒 め る 炊 く 温 め る ゆで る 煮 る 直 火焼 き 揚 げ る 蒸 す 96.2 92.3 92.3 :1 65.4 53.8 42.3 34.6 95 87.5 82.5 62.5 57.5 50 35 32.5 炒 め る 炊 く 煮 る 温 め る ゆ で る 揚 げ る 直火 焼 き 蒸 す 100 100 92.2 92.2 90.2 62.7 .1 31.4 97.4 92.3 72 89.7 84.6 62.4 53 23.1 に ぎる 包 む 巻 く ま るめ る 詰 め る あ え る こね る 92.3 57.7 57.7 57.7 53.8 46.2 19.2 95 775 77.5 72.5 52.5 48.3 40 に ぎる まる め る 包 む 巻 く あ え る 詰 め る こね る 100 92.2 :. 78.4 75.4 .:. 43.1 .・ .., .., 79.5 66.7 67.5 37.6 冷凍 解凍 .. .. 90 87.5 冷凍 解凍 100 100 .. 87.2 も どす ひた す ア ク抜 き 61.5 50 38.5 52.5 40 25 も どす ひ たす ア ク抜 き :1 76.4 45.1 :1 66.7 59 表7加 熱 操 作 上 段:電 子 レ ン ジ 下 段:オ ー ブ ン(%) 男 子 ・一 人 男 子 ・自宅 女 子 ・一 人 女 子 ・自 宅 よ く使 用 す る 時 々使 用 す る 使 用 す る こ とが少 ない 84.6 11.5 3.8 85 15 0 .. 11.8 0 :1 17.1 2.6 よ く使 用 す る 時 々使 用 す る 使 用 す る こ とが少 な い 61.5 15.4 23.1 57.5 32.5 10 37.3 .1 2 .. 45.3 5.2 理 、 ② 包 丁 以 外 の用 具 を使 用 す る調 理 、③ 加 熱 器 具 を使 用 す る 調 理 、 ④ 手 で加 工 す る調 理 、 ⑤ 加 熱 器 具 の 操 作 、 ⑥ 下 ご し らえ の 調 理 の順 序 で 、 い ず れ も した こ とが あ る との 回答 が 多 か っ た 。 揚 げ る 、 蒸 す 、焼 く調 理 の よ う に特 別 の 加 熱 器 具 を使 用 す る調 理 にお い て実 施 率 が 低 か っ た 。 表7は 加 熱 器 具操 作 の うち レ ンジ とオ ー ブ ン に つ い て 質 問 し た 回答 で あ る。 レ ン ジ の使 用 率 は 顕 著 に 高 か っ た 。 レ ンジ に は ガ ス レ ン ジ、 電 子 レ ン ジが あ り、 い ず れ を使 用 した か は表6の 温 め る、 解 凍 で の使 用 が 高 い 率 で あ る こ とか ら電 子 レ ン ジ を意 識 して 回答 して い る と考 え られ 、 電 子

(8)

レ ンジ は か な り普 及 して い る と考 え られ る。 オ ー ブ ン につ い て は、 一 人暮 ら しの男 子 で 使 用 す る こ とが 少 ない と回答 して い る。 オ ー ブ ン に は単 独 の 機 能 の もの 、 電 子 レ ン ジ と一 緒 に な っ て い る もの 、 オ ー ブ ン トー ス タ ー が あ るが 、 オ ー ブ ンの 機 能 を使 い こ なせ て い な い と考 え られ る 。 電 子 レ ンジ 、 オ ー ブ ンの 使 用 法 の 情 報 を提 供 す る必 要 が あ る と考 え られ る 。 】Vま と め 今 回 の 調 査 結 果 で 、 一 人 暮 ら しの 人 達 が 自宅 通 学 者 と比 較 して 、 顕 著 に異 な る と こ ろ は 、 下 記 の と こ ろで あ る 。① 通 学 時 間 が 短 い 、② 朝 食 の 摂 食 時 間 が不 規 則 で あ る 、 ③ 夕 食 を買 っ た もの で 摂 食 して い る 、④ 夕 食 は 友 人 と一 緒 に摂 食 して い る、 ⑤ 調 理 す る こ とが 嫌 い との 回 答 が 多 い 、 ⑥ 男 子 は あ り合 わ せ で 献 立 の 立 案 が で きな い 、⑦ ゆ で る 、 煮 る 調 理 を して い る 。 結 果 を ふ ま え て 、 一 人暮 ら しの 人 達 を支 援 す る に は 、欠食 をな くす ため に、朝 食 は、 どの ような朝食 メニュー を用 意 した ら良 い か の 情 報 が 必 要 で あ る 。 買 っ た もの で 代 用 す る こ と もひ とつ の 方 法 で あ る と考 え ら れ る 。住 居 で朝 食 を と らな くて も、 簡 単 に取 れ る状 況 は コ ン ビ ニ の普 及 が 影 響 して い る と考 え ら れ 、 欠 食 をす る よ りよ い が 、 栄 養 面 、 経 済 面 か ら考 え させ られ る事 項 で あ る 。次 に、 調 理 技 術 を 身 につ け た い 、 調 理 に つ い て 学 び た い と の希 望 が 多 い 反 面 、 調 理 す る こ とが 嫌 い との 回答 が 多 い こ と は、 毎 日必 ず 調 理 を しな け れ ば な ら な い 立 場 に な っ て い る現 実 さか ら来 る 意 識 の現 わ れ が 見 られ るが 、 簡 単 に調 理 して 自炊 が で き る よ う にす る た め調 理 の手 順 だ け で な く、 実 践 面 で の 援 助 が必 要 で あ る と思 わ れ る 。 一 人 暮 ら しの 学 生 に とっ て 、健全 な学生生 活 を送 るた めに も1年 生 の うちか ら栄 養、調 理技術 、 規 則 正 しい食 習 慣 な どの 生 活 習 慣 を身 に つ け る 方 法 と して 考 え られ る こ とは 、 文 献 の情 報 は もち ろ ん 、 実 践 面 か らの 援 助 も必 要 で あ る と考 え られ る 。 今 後 の 課 題 と して 、 一 人 暮 ら しの 学 生 が 、 食 生 活 で どの よ う な支 援 が 考 え られ る か を 追 求 して い き たい 。 調 査 に協 力 を して い た だ い た人 達 に感 謝 しま す 。 参 考 文 献 1)中 林 み ど り他:本 学 学 生 の食 生 活 と調 理 の 実 態 、 文 教 大 学 生 活 科 学 研 究 、24、(2002) 2)中 林 み ど り:本 学 学 生 の 調 理 実 態 、 文 教 大 学 教 育 学 部 紀 要 、28、(1994) 3)中 林 み ど り:本 学 学 生 の 生 活 時 間 調 査 、 文 教 大 学 教 育 学 部 紀 要 、21、(1987) 4)金 子 佳 代 子 一 人 暮 ら し の食 生 活 、 ケ ロ ッ グ ア ッ プ デ イ ト、No.50(2000) 5)金 子 佳 代 子 大 学 生 の 食 生 活 と健 康 状 態 、 横 浜 国 立 大 学 教 育 紀 要29、(1989) 6)脇 田美 佳 他 女 子 学 生 の 食 行 動 と食 意 識 、 家 庭 科 教 育 、78巻 、1号(2004) 7)貝 沼 や す 子 他:日 常 の 献 立 作 りの 実 態 に 関 す る 調 査 研 究(第1報)、 日本 調 理 科 学 会 誌 、Vol.30No.4 (1997)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :