諸種植物病原菌々絲の伸長並分生胞子及菌核形成に及ぼす2,4-D濃度の影響(其一)-香川大学学術情報リポジトリ

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

Effectof2,4・・Dinculture mediaqn mycelia−1growth,SpOrulation andsclerotialformationbyvariousphytopathogenicfungi.(1)

事軒

Nakato NAITO and\Tosbika.zⅥTANI (LaboI・ataI・y Of t〉hytopatb9logy)

‡満

2,・4−・Dが除草剤として使用されるに・到ったのは,牧草横能に選択性があることに由来するが,組物

病原商業削二対しても,その種類により,選択性を有するものか否かは興味ある問題である.筆者等は

さきに・,4種の餌病菌貰胞子とオリーヴ茨疫病菌分坐胞子の発芽が2,4−Dに磯機されること・を報督 し(3)く4),続いて−オサ・−ザ茨疫病菌々糸の伸長に.対しても2,・4−nが促進及び抑制効典を.・有することを

明らかにした(5).今回は更に.組物病原菌類に対する選択性の問題を追求するために,各種植物病原菌

類を使用して,2,冬−Dの菌糸の伸長に.及ぼす影響に就き実紛を行った, 又,射富自絹病菌,菜種菌核病蔚の歯核形成及びオリー・ヴ炎症病齢の分生胞子形成に及ぼす2,4− Dの素多轡についても実験を:行ったので,あわせてこ」に幸反骨することとする. 供試2,各−D蛙市販の日産化学襲晶2,・ま−i)ナトサウム應(laq.)で,ナトリウム塩としての純度ほ 88日 86%であった.本報告にしめ す2,4−Dの渡度ほ.この合畳な基 準としたナトリウム塩の合致をも って表わした. 本実験に供用したスエヒPクケ, 析胡麻薬枯病菌,椙熱病菌は京都 大学植物病理学研究室より分譲を うけたものである.記してこ1に 謝麓を表する次第である. 甘 諸嘩病原菌々隷の伸長に及 ぼす2,4−Dの影響 供試菌として第1表の示す13麓 …績を使用した. 曙養基はペプトン加開合成寒天 曙蕃基を用いた.2,4・−Dはオー・ト クレーヴで像め敬薗した培養基の 中に加え.,帯びコツホで1時間殺菌 した.接種にほペプトン加用合成 培養基上に7一日間曙養した南新む 第1

表 供 試 薗

l − .二 採饉窃斬 供試薗層獣 G/川JJ(汀lイ血く・両脚血血 (SlO押印I.)S王〉AU工一D.et v.ScI‡R. G坤如加商以血椚叩Se伽〝‡ (FIいCo虹)A

轟﹂﹂

革具果実 Ⅶ二Ⅶ / 刑/ 22 否 長 1950l梨果実 −l一 l,・・■・■一 ■−一■ 19501南瓜頸実 Coγfグcグ〟沼Cβ〃呵カfg〝プ乃 (LRv.)エラRES.No.1 本学麒場

㌃f ̄面7諒一議打㌫蒜

C(けfダ(:よ〟研Cβ乃≠γ≠/〟g〝∽ 亜)」塑茎

_血

A5♪βク■g才JJ〝5〝ブg釘 VAN l’IEOg. 5加工¢♪小イ/J川J‘・d〝J〃〃川ぐ FR. 25/Ⅹ1950 ニ__一−_..】−___I_→ 病 認都大学旭物 0♪々わぁoJ〝Sサ咋ヅαムβα瑠〃S ITO et KrlnIBAYAsaI CoJれ/J〃JJg/て川J//Jぐ〟J〃 1EATA et MATSt〕URA .本学盈場

2/v1950

裸麦梓 小麦種冥

精巣実

柿葉 6ハI1950 G∠ゐみβγβJJα▲5逝〝ろj (MoxLr.)SAC(コ. GわβOSカ0γグ〝沼◆属元鮎 HorrI 1/Ⅸ1950 11/Ⅶ1950 かわ坤γγざ SYD… P∫Ⅲ・〟J(りねOryヱαど CAV. &・ゐγ・扉加流z鋸Jβ70fわγ〟∽ (ドープCX.)MASSEE

∴∴・∴∵.‥

(2)

一 +

晶.

I 木

十王

h h _ 訂 ”

小.一 ■

〔′ ヽ■

†○ ,

(3)

】 M ぶ l ll ♂ 11 + α

1

ぺ爪 ‥抑… 一小 .㍉… .

.…

▲、‥ ‥.川 、…、 、.・ 」 奉 捕 ら に 胞

(4)

子の塊凌分散せし・め,TllOmaの血球計により胞子数を測定した.0.32%,0い08%1の区では菌轟があ まり伸長しなかったので,西遊重体を試験管に入れ1ccの蒸浄水をもってよく撹拝した.胞子傑取後ベ トリ華中に残存せる胞子をさら把.2dccの蒸溜水で洗條稀釈しで測定したが,残存胞子数は胞子魔数の 30q分の1程度であったから,誤差の軒囲とみなした・ 種来,胞子形成ば肉旨民約鱒数段階に・区分するれ薗叢の任活の桝を十眉金耳とって抱千僧濁液をつ くり,その濃度に.より胞子の多少が論ぜられる事が多かった.前者に.よれば概括的な結果しかえられ ず,後者によれば南濃の場所により胞子形成密度が異るときは誤差が大きくなるのはまぬがれなレ㌧ 本洪によれば,実験回数毎に実測値に.多少の変動はあるもの1,従来の操作によるよりもは:るかに′ト 区分乾胞子の形成庶を・分弊出来,しかも主瑚の相違による誤差や胞子簡慶の昇るために起る誤差が是 正される.. 冥験結果は第4表の如くである.襲申測定胞 子数とあるは段測定区教申に実測された胞子の 繚数である. オリーヴ異相婿菌の分生胞子は,普通,菌■練が 培養乱ヒ全暫に紡がつてから急速に形成されて ゆくのが概察■される∴本実験に於てほ標準区, 仇00005,0.0005%区が8日目にべトリ皿全般に 前線が伸長したが,0.005%玖上の南濃変区で ほ10日計でも葱だ僧職が仲良しており,この点 精々実験‘方法に葛藤すべき所があると思掠れる が,菌淋の伸長過密も加味した場合にほ,本法 でもtさしつかえなかろうと思ふ..分生胞了形成 は,肉眼的にほ機準,0.00005,0..0005.%区が最 も多く,0什005%区神々劣り,0.腰%1区極めて少 く,0.08,0..32%区では重々みられなかつた= 検鎮によれば,0..08,0.32.%区とも礫準区より ′ト鞘の胞子をレ、づれのベトリ皿ともみとめえた. 本法により測定した緒二県によれば,分生胞子の 総数,単位面積形成数共に楔準区が展滴で,極 めて揮い激安である0仙00005,0仙0005%区に於 ても既に−.そ0)形成は減少し,0..005.%区に於て をまをまるかに少く,0“02,0.08,0,32%区は著し く少鼓しか形成されていない.成育條件が慈化 すれば胞子形成が促される塾は多くの場合に報 脅されているが,上述の場合は2,4−Dによる成 育不適の状態が単なる拐魔の悪化に.とゞまらず 生理機構そのものに異状をこきたしノたためではな いかとも考えられるが,この点ほ今後の研究に 伐たねばならぬ処である.. Ⅰ†豆工豆自損病菌及び菜種菌核病菌の萬 核形成に及ぼす2,4−D濃度の影響

第4表 オリーヴ茨痔病菌分生胞子形成に

及ぼす2,4t−Dの影響に関する実験結晶 異様面積 胞子数 (mmヨ)(10環) l l l l l1 5550nV7 7578帥777777 66獅 12 5 13 蝕画叫叫叫1 22222 4/12ii 釘8.9 2(i4,.3 3()2..9 278.2 333.4 44躯卯96柁 52広U2rn 00 220 〓劃矧rl旧師酢 l l 1 55α.首〓♭山二見コ叫見コ拙 + 757979指79準747関乃79 2()仇8 2(16.2 2()3..5 1697 1S5.8 205 2 0日り00 3333 ∃ aO14,S 30180 鳩00釣由 20070ノ !葺芸…・二塁

。 昌】壬宣言・∴2

78.n 94.9.4【 20l−0 21)2 b 124.8 163.8 11乱6 1311.0 147.2 ’ う㌃ち 8,4 a8.8 30.6 2(I.1 20.8 500nVO 13333 50000 22222 Sn5004︻500nV︵U3 予∵ ∴ 二 2 ー∬甘∬Y均 0一.08 0い48 仇04■ 0..18

0 1 0 0り06 0.7(i

O‖項 2..26 0小12 0.74. Ⅰ甘甘皿Ⅴ均 l l l l l 甜00000000 0 Ⅰ∬甘剋Ⅴ 0 05爪VOハV l 叫両.11肌小冊 l l l l l ︵U一﹂J︵UO一b4 0..3」 10.05

:i :、:

0.06 2.01 傲考:表中判定区数とあるほ,血球釘5区画を 1として数え.たものである. 冥換区別中,Ⅰ』Ⅱ…川・・・とあるは,実扱に 供LたベトリilTLのNo.を表す (第5衆,第6表も同じ)

(5)

め し く 鮎 蘭 棚 鰍 − ” 0

塑 + 一 ル け . 。 一 + は も い■ら の 一 盈 に を す 彩 あ ㌃ 摘 Ⅴ− 要

(6)

1▲ 植物病原菌顆に及ぼす2,4−Dの影響をみるために13種類の薗を使用してその菌辟の伸長と濃度 との関係を,叉,2種弊の病原菌についてその菌松形威との関係を,更にオリーヴ衆疫病菌につい ては分生胞子形成との関係を明らかに.した. 2.蔚就の伸長に及ぼす影響をこみ.るために用いた薗は次の如くである.

挙兵茨疫病歯(Glomerella cingulata(STONE朋.)SpAULD.et SCHR.),梨黒点病菌

(−c(少ゐ〃わ〃おcgα桝ク℃gg伽桝(f’R.′)CORDA),南瓜白絹病菌「(Coγ才嶽〝沼 仁王・乃わ′■ダ〝g〃桝

(LをⅤ)玉RES.),玉者黒磯病菌(Aざ如グムiJg揖の£ggグVan T王EGH..)肛豆白絹病菌(G〝嘉一

め沼CβクZわ・拘g〟∽(L去.Ⅴ.)おRE.S..),スエヒロタケ(朗ぬ励妙肋邦α醐抑抑れ蝕.),′宿胡麻

英枯病菌(0クhiobolus mわabeanusIrO et KURIBAYASHI),麦薪赤徽病菌(GibbeYella

Saubineti’i(MONT.)SAC:C.),変額紋楕病菌(Cortici.um gY・andneumI.KATA et MATSU・

URA),柿罫痕病菌(Gわgoギ如γg%研励鬼才‡三ORI.),柿菓枯病歯(fセ5ねわ才グαか査’oj竣γγg SYD.) 感熱柄菌(Piricularia OryzaeCAV.)菜種薗核病菌(Scleroti;2ia s・Cleroii■oy・um(FucK.)

MASSEE) 3・仝併談薗共,高膿度に於て伸長は管しく抑制されたが,磯度の鱒釈にしたがひ漸次抑制ほ・弱まつ た.2,巨Dの抑融効瀾必.対する張執こより菌.を分類すれば,抵抗性強いもの,C¢クゐαわ才如・ d助朋 てれ焼物元,C¢γ才戎■虎〟∽ gグ・α刑わzg〟桝,A5少gグgよ■Jg〝.S7;査ggγ,¢少ゐわ∂og〝ざ〃7草γα如αチ‡〝ぶ;i約 々∴ここい∼∴・,ゴん/二り♪〟l、〃〃〃=、りルけ〃〝′/I・、=ハ/一げ−//′/バ′…/一上りん、チ」寸・∴・.、ご ,ノノけ∫り′んJJ●山 0γγZαβ,Gわ沼ergJJα d〝g〝gα才α,Ggogo旦夕0グー飯沼 才知嫉」紬抽沈溺針刀ぬ娩畔■;弱いもの, Cor才壷■dα沼C糾わ′ダおg〝桝,5cggγ0抽ヱgαScggタ℃オゐグ・〝桝となる.

4.伸長促進効果庭,C励紘血励ば 名東揮お都制 が 0.005,0.0005,0.00005%で,Coダ才gcオ〝沼

卿讐坤禦が0・02・0・005,0・0005%’でみられた外,α抽妨榊=御伽的脚蜘(虻豆)が

0.00005%でみられた.

6.オリー・ヴ茨疫病鼠分生胞子の形成ほ0.00005,0.0005%の濃度でも抑制され,0.02,0.08,0.32

%では著しく抑制された. 6・乱〔豆自絹病菌の薗核形成は0.08%の渡度では極めて小数であったが,−・・薗板笈は概準区よりは るかに重かった.0.02%以7■の澱庇では槙準区と大差なかった. 7.菜種菌核病菌の薗核形成は0.005,0.02%ではその数盈をやゝ増加したが,−・▲菌橡藍,・太さ匪共 に′トとなった.0.0005%では標準区と大義なかった.

Ⅶ 引 用 文 献

(1)BEVER,WA¥甲M・andF・L・SLIFB;:Effectof2・4−Din cuIture medium on the growth

of thr・ee Pathogenic fungi.Phytopath.,3S(12),1037∼1038,1948.

(2)MICEAELSON.MERI.EE.,L.A.SCIIAAL,andJESSL.FuLrS.:Someeffectsof2.4−dichlorophenoxya− ceticacid,its saIts and esterson severIalphysiologic strains of thepotato scab organism

Aclinomycesscabies(Thaxt.)Guss.SoilSci.Soc.Amer.Proc.,13,267∼270,■194$.

(3) 内藤中人,谷利一・!植物ホルモ・ソがオリーグ茨泡病菌分生胞子の発芽に及ぼす影響につい‘こ,香川顔料大学 学術報告,第2私,第1尊,27−30貰,昭和25年. (4) 内応中人,谷利一・;鏡病菌屠胞子の発芽に及ぼす植物ホルモンの影響についで,香川厳科大学学術報償,筋 2怒,第3号,167∼177黄,昭和26年. (の 内液中八,谷利叫:オリーグ茨疫病菌々練の伸長に・及ぼす2.4−Dの影響匿ついて,香川鼻科大学学術報告, 第3雀,翳2ち,80−90買,昭和26年.

(6)RICEARDS,REriEKAIIRUTH=Responses of repr■eSentative fungito cer.tain growth−r’egulating

(7)

2・GrowlngPthemyceliumonsyntheticp9ptOnagar cOntaining2・4−D rangred from O・32to

O.00005%■,themycelialgrowthofvariousfungisuchasGlomerellacingulata(STONEM・)

SpAULD.et V.SCHR.,Ce?halotheciumク・OSeum(Fli.)CORDA,Corticium ce12irifおgum

(L云Ⅴ.)BRE.S…,A頭gγgブgJ〝ざク7ヂggγVan’r沌GHい,罰紘叩か妬物沼(明循矧研柁〕m.,0タカgo∂og〝ざ

m&abeanw TTO et KuRIBAYASHI,Corticium gramineumIKATA et MATSUURA,

G路如肌がα5勿め組成協(MONT.)SACC..,Ggoβ0頭0γ省α∽助ゐg HORI,触才αわ才グα βわざわ,rf

SYD.,Piricularia Oり,Zae CAV.and Scleroti21ia,SCleYVtiorum(FUCK.)MASSEE▼ Was

Observed at temper・ature250C.

3.Theinhibiting action was notidenticalfor the13 test organism.As a generalrule

inhibtion occuredwithin the concent.range O.32% to Ol005%,the degIree Ofinhibition

increaslngln pr・OPOrtion to the concentration・

4・From the standpointof‡eSistance to24−D thesefungiwillbe classified、aSfollw声・

most resistantant:C(少haloihecium roseum,Coriici’um gYIami’)leum,AsPergillusクIiger,

0タカダ0∂oJ鋸ざ椚少αみgαプZ〝ざ

resistant:別ぬ励砂地鱒00槻叩撒,G路加須混αSの遁ね励協 Ill(心【託しt:‥C/()りJりリ/′J√J.JgJJんJ/′J、C/りし・り小、りアナりJJ八ニJん/、君∫/′JJりJ山ノガりざJ,け∴ハJ・Jミ、JざんJJ・川イノり、ニ′祀 Yトビnlく:C(げJfl、わ/川r∴〟′汀Jり丁川,S′、Jりり/∴ん/トー、Jト.■古=J=.

6.Stimulating action was observedin O.005,00005,0.00005% for Obhiobolus miy

fo工Cor才オcg鋸研gク′α購わ柁徴用inO.02,0.005,0.0005%,for Coダ才グd〝沼Cβ7〟γ〝おg〟研inOOOO(婦%.

6.The conidialformation of GloeosPori■um oliuaY・um was mOre Orless checked evenin the

low concentratration such as O.00005%.In O,02−032%it retarded vig■OrOuSly.

ア.The scleI・Otialformation of Corticium ceプIirifおgum was notinfluenced by2.4−D.in lower cencetrations than O.02%.In O.08,%■ sclerotia resulted to decreasein totalnumber, increasingin the mean weight.

8.In the concentration of O.005−0.02%,the sclerotialfor・mation ofscleroti?da scleroiiorum

WaS SOmewhat acceleratedin number,although each scleIOtium was smallerin weight as

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :