1 調達要求番号 : 7NMV1AY1002 標準仕様書 陸上自衛隊仕様書物品番号仕様書番号 3 承認作成平成 29 年 1 月 16 日食器洗浄及び清掃作業部外委託変更作成部隊名仙台駐屯地業務隊 1 総則 1.1 適用範囲この仕様書は 陸上自衛隊の仙台駐屯地食堂において実施する食器洗浄作業 食堂清

全文

(1)

1 標 準 仕 様 書 調 達 要 求 番 号 : 7NMV1AY1002 陸 上 自 衛 隊 仕 様 書 物 品 番 号 仕 様 書 番 号 3 食 器 洗 浄 及 び 清 掃 作 業 部 外 委 託 承 認 作 成 平 成 2 9 年 1 月 1 6 日 変 更 作 成 部 隊 名 仙 台 駐 屯 地 業 務 隊 1 総 則 1.1 適 用 範 囲 こ の 仕 様 書 は 、 陸 上 自 衛 隊 の 仙 台 駐 屯 地 食 堂 に お い て 実 施 す る 食 器 洗 浄 作 業 、 食 堂 清 掃 作 業 な ど の 部 外 委 託 に つ い て 規 定 す る 。 1.2 作 業 量 の 変 動 に 対 す る 仕 様 書 の 適 用 災 害 な ど の 不 測 事 態 、 訓 練 演 習 な ど に よ っ て 作 業 量 に 著 し い 変 動 が あ る 場 合 、 一 定 の 期 間 を 区 切 っ て 表 1 の 数 量 を 別 紙 第 2 の 調 達 要 領 指 定 書 に よ っ て 変 更 す る 。 1.3 作 業 の 種 類 作 業 の 種 類 は 次 に よ る 。 a) 食 器 ・ 配 食 缶 類 の 洗 浄 及 び こ れ に 付 随 す る 作 業 b) 食 堂 ( 事 務 室 , 厨 房 及 び 糧 食 保 管 庫 を 除 く 。 ) の 清 掃 及 び こ れ に 付 随 す る 作 業 c) 上 記 2 項 の 作 業 量 の 減 少 に 伴 う 付 加 作 業 2 役 務 に 関 す る 要 求 2.1 作 業 の 条 件 2.1.1 契 約 相 手 方 の 作 業 条 件 契 約 相 手 方 の 作 業 条 件 は 、 次 に よ る 。 a) 日 々 の 作 業 に お い て 、 現 場 責 任 者 を 1 名 配 置 す る も の と す る 。 b) 作 業 従 事 者 に つ い て は 、 身 元 保 証 が 確 実 な こ と を 確 認 し た う え で 編 成 す る と と も に 、 事 故 防 止 、 秘 密 保 全 そ の 他 関 係 法 令 な ど を 厳 守 す る も の と す る 。 c) 契 約 相 手 方 の 経 費 負 担 は 、 次 の と お り と す る 。 1) 作 業 用 被 服 類 、 食 器 洗 浄 及 び 食 堂 清 掃 な ど の 作 業 に 必 要 な 消 耗 品 2) 保 健 衛 生 用 消 耗 品 3) そ の 他 、 官 側 の 準 備 す る も の 以 外 全 て d) 器 材 な ど の 使 用 に 当 た っ て は 、 次 の 事 項 を 遵 守 す る も の と す る 。 1) 安 全 に 万 全 を 期 す 。 2) 作 業 従 事 者 自 ら が 器 材 な ど を 使 用 し て 負 傷 し た 場 合 は 契 約 相 手 方 の 責 任 で 処 置 を し な け れ ば な ら な い 。 3) 使 用 前 の 安 全 点 検 、 使 用 後 の 点 検 ・ 手 入 れ に よ っ て 、 器 材 の 故 障 を 未 然 に 防 止 す る 。 な お 、 施 設 及 び 器 材 な ど の 維 持 、 修 理 は 原 則 と し て 官 側 の 負 担 と す る 。 e) 本 役 務 の 実 施 に 伴 い 、 故 意 又 は 過 失 に よ っ て 施 設 又 は 器 材 な ど に 損 害 を 与 え た 場 合 は 、 速 や か に 監 督 官 又 は 検 査 官 に 報 告 す る と と も に 、 契 約 相 手 方 の 責 任 に お い て 速 や か に 現 状 に 復 旧 す る も の と す る 。 f) 使 用 す る 施 設 及 び 器 材 な ど は 、 本 業 務 以 外 に 使 用 し て は な ら な い 。 2.1.2 作 業 従 事 者 の 服 務 作 業 従 事 者 の 駐 屯 地 内 に お け る 一 般 的 な 遵 守 事 項 は 、 隊 員 に 準 ず る も の と す る 。 2.1.3 作 業 従 事 者 の 作 業 条 件 作 業 従 事 者 の 作 業 条 件 は 、 次 に よ る 。 a) 日 本 国 籍 を 持 ち 、 心 身 と も に 作 業 に 支 障 の な い 者 。 b) 現 場 責 任 者 は 、 勤 務 時 間 中 、 常 時 青 腕 章 な ど を 装 着 し 、 所 在 を 明 確 に す る 。

(2)

2 2.2 作 業 の 内 容 2.2.1 食 器 ・ 配 食 缶 類 の 洗 浄 及 び こ れ に 付 随 す る 作 業 a) 喫 食 後 の 食 器 類 を 食 器 洗 浄 機 、 洗 剤 な ど を 使 用 し て 洗 浄 し 、 食 器 か ご な ど に 分 類 ・ 整 理 し て 収 納 の 上 、 指 定 の 場 所 に 格 納 す る 。 こ の 際 、 食 器 か ご 及 び 食 器 消 毒 保 管 庫 な ど の 保 管 器 材 が 汚 れ て い る 場 合 は 洗 浄 ・ 手 入 れ す る 。 b) 配 食 後 の 食 缶 類 を 水 槽 、 洗 剤 な ど を 使 用 し て 洗 浄 し 、 指 定 の 場 所 に 格 納 す る 。 こ の 際 、 保 管 棚 な ど の 保 管 容 器 が 汚 れ て い る 場 合 は 洗 浄 ・ 手 入 れ す る 。 c) 食 器 洗 浄 機 、 水 槽 、 そ の 他 洗 浄 に 使 用 し た 器 材 ・ 用 具 は 、 使 用 後 に 洗 浄 ・ 手 入 れ し 、 指 定 の 場 所 に 格 納 す る 。 d) 作 業 終 了 後 、 食 器 洗 浄 室 を 清 掃 す る 。 2.2.2 食 堂 ( 事 務 室 、 厨 房 及 び 糧 食 保 管 庫 を 除 く 。 ) の 清 掃 及 び こ れ に 付 随 す る 作 業 a) 喫 食 終 了 後 、 食 卓 、 椅 子 、 食 卓 備 付 品 な ど を ぞ う き ん 又 は ふ き ん を 使 用 し て 清 掃 す る 。 b) 喫 食 終 了 後 、 食 堂 の 床 、 ド ア な ど を 清 掃 器 材 ・ 用 具 を 使 用 し て 清 掃 す る 。 特 に 汚 れ て い る 箇 所 は 水 洗 い す る 。 c) 作 業 終 了 後 、 清 掃 器 材 ・ 用 具 を 手 入 れ し 、 指 定 の 場 所 に 格 納 す る 。 d) 厨 房 整 備 日 は 、 食 堂 の 床 を 清 掃 後 に ワ ッ ク ス を か け る 。 2.3 作 業 量 2.3.1 洗 浄 す る 食 器 ・ 食 缶 類 の 種 類 及 び 数 量 は 、 表 1 を 基 準 と す る 。 表 1 作 業 区 分 種 類 1 日 当 た り の 平 均 予 定 数 量 平 日 休 日 朝 食 昼 食 夕 食 昼 食 夕 食 食 器 類 飯 わ ん ( 個 ) 約 1,100 約 1,200 約 1,100 約 650 約 550 汁 わ ん ( 個 ) 約 1,100 約 1,200 約 1,100 約 650 約 550 菜 皿 又 は 洋 皿( 枚 ) 約 1,100 約 1,200 約 1,100 約 650 約 550 小 皿 ( 枚 ) 約 1,100 約 1,200 約 1,100 約 650 約 550 小 鉢 ( 個 ) 約 1,100 約 1,200 約 1,100 約 650 約 550 湯 の み ( 個 ) 約 1,100 約 1,200 約 1,100 約 650 約 550 盆 ( 枚 ) 約 1,100 約 1,200 約 1,100 約 650 約 550 は し ( 組 ) 約 1,100 約 1,200 約 1,100 約 650 約 550 食 缶 類 ( 個 ) 25 30 30 30 30 ※ 詳 細 は , 別 紙 第 1 「 平 成 2 9 年 度 各 月 別 平 均 予 定 食 数 」 参 照

(3)

3 2.3.2 各 食 後 に 清 掃 す る 食 堂 の 面 積 及 び 食 卓 ・ 椅 子 な ど の 数 量 は 表 2 を 基 準 と す る 。 表 2 区 分 面 積 又 は 数 量 食 堂 1 , 6 8 5 ㎡ 食 器 洗 浄 室 1 5 3 ㎡ 食 卓 2 7 3 個 い す 1 , 0 9 2 個 食 卓 備 付 品 1 5 0 組 2.4 作 業 開 始 時 刻 及 び 終 了 時 刻 は 、 表 3 を 基 準 と す る 。 表 3 区 分 作 業 開 始 時 間 作 業 終 了 時 間 平 日 朝 食 作 業 5 時 3 0 分 8 時 3 0 分 昼 食 作 業 9 時 3 0 分 1 3 時 3 0 分 夕 食 作 業 1 4 時 3 0 分 1 9 時 0 0 分 休 日 昼 食 作 業 9 時 3 0 分 1 3 時 3 0 分 夕 食 作 業 1 4 時 3 0 分 1 8 時 3 0 分

(4)

4 2.5 そ の 他 作 業 の 内 容 、 作 業 量 、 作 業 開 始 時 刻 及 び 終 了 時 刻 に つ い て は 、 日 々 の 監 督 官 が 作 業 の 都 度 、 指 示 す る 。 な お 、季 節 又 は 喫 食 者 数 に よ っ て 、配 食 時 間 の 変 更 又 は 延 長 、仮 設 の 食 堂 を 設 置 す る 場 合 が あ る 。 3 監 督 及 び 検 査 a) 各 作 業 の 実 施 時 間 、 作 業 要 領 な ど に つ い て 監 督 官 か ら 調 整 を 受 け た 場 合 は 、 現 場 責 任 者 は 適 切 に 対 応 す る も の と す る 。 b) 各 食 の 作 業 が 終 了 し た と き は 、 検 査 官 に 届 け 出 て 検 査 を 受 け る も の と す る 。 c) 契 約 相 手 方 は 、 仕 様 書 に 示 す 作 業 , 契 約 相 手 方 の 経 費 負 担 及 び 提 出 書 類 な ど が 、 適 時 か つ 確 実 に 実 施 で き ず 、 官 側 か ら 改 善 ・ 処 置 を 求 め ら れ た 場 合 に は 、 速 や か に 改 善 計 画 を 提 出 し 、 官 側 の 承 認 を 得 た 後 、 改 善 す る も の と す る 。 d) 前 項 の 改 善 計 画 に よ る 改 善 が な さ れ な か っ た 場 合 、 官 側 は 契 約 に 関 す る 減 額 又 は 契 約 解 除 な ど の 処 置 を 講 ず る こ と が で き る 。 4 そ の 他 の 指 示 4.1 衛 生 に 関 す る 事 項 衛 生 に 関 す る 事 項 は 、 次 に よ る 。 a) 契 約 相 手 方 は 、 厚 生 労 働 省 の 定 め る 「 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マ ニ ュ ア ル ( 以 下 ,“ マ ニ ュ ア ル ”と い う 。)」に 定 め る 調 理 従 事 者 な ど の 衛 生 管 理 に 基 づ き 、 作 業 従 事 者 の 衛 生 管 理 を 行 う も の と す る 。 b) 作 業 従 事 者 に 係 わ る 食 中 毒 な ど が 発 生 し 、 損 害 賠 償 が 求 め ら れ る な ど 官 側 が 損 害 を 被 っ た 場 合 に は 契 約 相 手 方 が 官 側 に 対 し 損 害 賠 償 の 責 任 を 負 う 。 c) 契 約 相 手 方 は 、 官 側 が マ ニ ュ ア ル 別 紙 に 示 す 従 業 者 な ど の 衛 生 管 理 点 検 表 の 点 検 項 目 に 不 備 を 確 認 し 、 不 適 格 と 指 示 し た 者 は 、 就 業 さ せ て は な ら な い 。 4.2 提 出 書 類 a) 契 約 相 手 方 は 作 業 従 事 者 一 覧 を 官 側 に 提 出 し 、 承 認 を 受 け る も の と す る 。 b) 契 約 相 手 方 は 、 こ の 作 業 に 従 事 す る 者 に つ い て 、 部 外 医 療 機 関 に お い て 、 毎 月 、 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 O 1 5 7 検 査 を 含 ん だ 菌 検 索 を 実 施 し 、 そ の 結 果 を 官 側 に 提 出 す る も の と す る 。 4.2 作 業 の 完 了 届 作 業 の 完 了 届 は 、 官 側 が あ ら か じ め 定 め る 期 間 の 終 了 時 に 官 側 の 定 め る 様 式 に よ っ て 行 う も の と す る 。 4.3 仕 様 書 に 関 す る 事 項 契 約 相 手 方 は 、 こ の 仕 様 書 に 疑 義 が 生 じ た 場 合 は 、 契 約 担 当 官 な ど と 協 議 す る も の と す る 。

(5)

区分

平日

休日

平日

休日

平日

休日

平日

休日

平日

休日

平日

休日

朝食

1250

1100

950

1250

950

1150

昼食

1300

800

1200

600

1050

450

1350

600

950

400

1400

1050

夕食

1250

750

1100

550

900

450

1250

500

900

400

1100

700

区分

平日

休日

平日

休日

平日

休日

平日

休日

平日

休日

平日

休日

朝食

1200

1700

2350

1300

1250

1100

昼食

1350

750

1450

750

1600

1050

1200

700

1150

600

1100

500

夕食

1200

600

1350

700

1600

1000

1200

600

1100

400

950

400

5

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

備  考

※ 1 休日の朝食は、パン又はおにぎり等の部隊配食を予定

  2 予定数量であり、災害等の不測事態、訓練等により食数は増減する場合があります。

平成29年度 各月別平均予定食数

別紙第1

平均喫食数

平均喫食数

10月

11月

12月

(6)

6 」 別 紙 第 2 調 達 要 領 指 定 書 調 達 要 領 指 定 書 発 簡 番 号 調 達 要 求 番 号 調 達 要 求 年 月 日 作 成 部 隊 作 成 年 月 日 品 名 食 器 洗 浄 及 び 清 掃 作 業 部 外 委 託 仕 様 書 仕 様 書 番 号 指 定 事 項 1 . 2 適 用 期 間 平 成 ○ ○ 年 ○ 月 ○ 日 か ら 平 成 ○ ○ 年 ○ 月 ○ ○ 日 2 . 3 . 1 洗 浄 す る 食 器 ・ 食 缶 類 の 種 類 及 び 数 量 は 表 1 を 基 準 と す る 。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP