Eds and Hamet gefunden, und wird von Hamet auf die Verschiedenheit der Angriffs punkte des Ephedrins und des Adrenaline zuzuckgefuhrt. Verf. fuhrt die

15 

全文

(1)

164.

615. 711. 7

他 藥

卜 ノ 併 用 ヨ リ 觀 タ ル 「ア ド レ ナ リ ン」,

「エ フ エ ド リ ン」及 ビ 「ア ド レ ナ ロ ン」ノ

血 壓 ニ 對 ス ル 作 用 補 遺

岡山醫科大學藥 理學教 室(主 任奧島教授)

[昭 和8年4月18日 受 稿]

Aus den Pharmakologischen Institut

der Okayama Medizinischen

Fakultat

(Vorstand: Prof. Dr. K. Okushima).

Beitrage

zur Wirkung

des Adrenalins,

Ephedrins, und

Adrenalons

auf den Blutdruck,

im Vergleich

zu andren

Giften.

Von

Kazutern

Akimoto und

Masayuki

Kinoshita.

Eingegangen am 18. April 1933.

Durch Cocain (0.005-0.03g/kg subkutan) wird die Blutdruckwirkung

dieser 3 Sym

pathicusgifte betrachtlich beeinflusst, die Blutdrucksteigernde

Wirkung des Adrenalins

wird, wie bekannt, verstarkt und

die minimal wirksame Dosis wird bis auf 1/2-1/5 ver

kleinert.

Die blutdrucksenkende Wirkung, die bei kleinen Dosen von Ephedrin oft

auftritt, wird verstarkt.

Die blutdrucksteigernde

Wirkung von grosseren Dosen von

Ephedrin wird dagegen aufgehoben oder in eine leichte blutdrucksenkende Wirkung

umgewandelt.

Die Wirkung des Adrenalons, sei es eine blutdruckseukende (in kleinen

Dosen) oder eine steigernde (in grosseren Dosen) wird verstarkt.

Alle these Erschein

ungen konnen durch die verstarkende Einwirkung erklart werden, die das Cocain auf

die Wirkung dieser Gifte ausubt. Die antagonistische Einwirkung des Cocaine auf

die blutdrucksteigernde

Wirkung des Ephedrins ist schon von Pak und Read, Tainter,

(2)

他 藥 ト ノ併 用 ヨ リ觀 タ ル 「ア ド レ ナ リ ン 」,「 エ フ エ ド リ ン 」及 ビ

「ア ド レ ナ ロ ン 」ノ 血 壓 ニ 對 ス ル 作 用 補 遺

2971

Eds and Hamet gefunden, und

wird von Hamet auf die Verschiedenheit

der Angriffs

punkte

des Ephedrins und

des Adrenaline

zuzuckgefuhrt.

Verf. fuhrt dies hingegen

auf die Verstarkung

des Wirkung

des Ephedrins

auf die Vasodilatoren

durch

Cocain

zuruck.

Nach Vorbehandlung

mit Cinchonin

(0.01-0.03g/kg)

wird die blutdrucksteigernde

Wirkung des Adrenalins, Ephedrins und

Adrenalons, wie bekannt, vollstandig

gehemmt

oder sogar umgekehrt.

Die blutdrucksenkende

Wirkung

des Ephedrins und

Adre

nalons wird dagegen Jurch

Cinchonin

verstarkt.

Diese Erscheinungen

werden durch

die Lahmung

der vasokonstriktorischen

Sympathicusfasern

durch Cinconin erklart.

Nach dem Erloschen der Blutdrucksteigerung,

die nach grosseren

Adrenalindosen

ausgelost wird, tritt die Wirkung

des Adrenalins

bei nochmaliger

Anwendung

starker

auf, sodass die wirksame Minimaldosis

verkleinert

wird.

In demselben

Verhaltnis

wird

die blutdrucksteigernde

Wirkung des Ephedrins

in eine blutdrucksenkende

umgekehrt,

Ferner,wird

die blutdrucksenkende

Wirkung

des Adrenalons

dabei in eine blutdruck.

steigernde

umgekehrt.

Die wirksame Minimaldosis

des Adrenalons

wird verkleinert

wobei die Wirkung in einer Blutdrucksenkung

besteht.

Diese Veranderungen

in der

Wirkung

dieser 3 Stoffe konnen alle mit der Steigerung

der Empfindlichkeit

der vaso

konstriktorischen

resp. dilatatorischen

Fasern des Sympathicus

erklart werden.

Durch these Befunde ist die Verschiedenheit

der Wirkungsweise

der 3 Sympathicus

gifte demonstriert

worden.

(Kurze Inhaltsangabe).

目 次

緒 言 實 驗 材 料 及 ビ 其 ノ 方 法 實 驗 A.「 コ カ イ ン」及 ビ 「シ ン コ ニ ン 」ノ血 壓 ニ 對 ス ル 作 用 B.「 ア ド レ ナ リ ン」 ト 「コ カ イ ン 」及 ビ「シ ン コ ニ ン」 ト ノ併 用 1.「 ア ド レ ナ リ ン」ノ單 獨 作 用 2.「 ア ド レ ナ リ ン」ト「コ カ イ ン」 3.「 ア ド レナ リ ン 」ト「シ ン コ ニ ン」 C.「 エ フ エ ド リ ン」 ト 「コ カ イ ン」及 ビ「シ ン コ ニ ン 」ト ノ併 用 1.「 エ フエ ド リ ン」 ノ單 獨 作 用 2.「 エ フ エ ド リ ン 」 ト 「 コ カ イ ン 」 3.「 エ フ エ ド リ ン 」 ト 「 シ ン コ ニ ン 」 D.「 ア ド レ ナ ロ ン 」 ト 「 コ カ イ ン 」及 ビ 「 シ ン コ ニ ン 」 ト ノ 併 用 1.「 ア ド レ ナ ロ ン 」 ノ 單 獨 作 用 2.「 ア ド レ ナ ロ ン 」ト 「 コ カ イ ン 」 3.「 ア ド レ ナ ロ ン 」 ト「 シ ン コ ニ ン 」 E.「 ア レ ナ リ ン 」處 置 後 ノ 「ア ド レ ナ リ ン 」,「 エ フ エ ド リ ン 」及 ビ 「 ア ド レ ナ ロ ン 」血 壓 作 用

137

(3)

緒 言

Frohlich及 ビLoewi1)ハ 種 々 ノ動 物 實 驗 ニ於 テ 「ア ド レナ リ ン」作 用 ヲ檢 シ,本 物 質 ニ 「コ カ イ ン」 ヲ 併 用 ス レバ 交 感 神 經 ガ催 進 的 ニ作 用 ス ル 臟 器 ニ對 シ テ ノ ミ ナ ラ ズ,抑 制 的 ニ 作 用 ス ル 臟 器 ニ 對 シ テ モ 其 ノ 作 用 増 強 セ ラ ル ル コ ト ヲ立 證 シ, Tainter及 ビChang2)竝 ニTainter3)モ 亦 猫 及 ビ犬 ニ 於 テ 「コ カ イ ン」ガ「ア ド レナ リ ン」ノ血 壓 上 昇 作 用 ヲ増 強 セ シ ム ル 事 ヲ 認 メタ レ ド モ,「 チ ラ ミ ン」及 ビ「エ フ エ ド リ ン」ノ 作 用 ニ 對 シテ 却 テ 頡 頏 的 ニ作 用 ス ト主 張 セ リ.又Eds4) ハ 犬,猫 及 ビ家 兎 ニ 於 テ 「コ カ イ ン」 ト「ア ド レナ リ ン」ノ血 壓 上 昇 作 用 トノ 間 ニ 於 テ 同 様 ノ事 實 ヲ 觀 タ レ ドモ,「 エ フ エ ド リ ン 」ノ 血 壓 上 昇 作 用 ハ 「コ カ イ ン」ニ ヨ リ却 ツ テ 減 弱 又 ハ 全 然 抑 止 セ ラ レル コ トナ シ,「 エ フ エ ド リ ン」ハ 「ア ド レナ リ ン」ノ如 ク純 交 感 神 經 模 倣 性 ニ 作 用 セ ズ,從 ヒ テ 其 ノ 治 療 的 作 用 モ 「ア ド レ ナ リ ン」 ノ 夫 レ ト本 態 ヲ 異 ニ ス 可 キ ヲ指 摘 セ リ.然 ル ニChen5)ハ 猫 ニ 於 テ 「エ フ エ ド リ ン」ハ 「コ カ イ ン」前 處 置 後 ニ 於 テ モ 血 壓 上 昇 作 用 ヲ 呈 シ得 ル ヲ 觀,「 コ カ イ ン」ガ 「エ フ エ ド リ ン」ニ 對 シ頡 頏 作 用 ヲ 有 ス テ フ所 説 ニ疑 問 ヲ挾 メ リ.女Pak u. Read6)等 モ 「コ カ イ ン」ガ 「ア ド レナ リ ン」ノ 血 壓 上 昇 作 用 ヲ増 強 セ シ ム ル コ トハ 之 ヲ 認 メ タ ル モ,夫 レ ガ 「エ フ エ ド リ ン 」作 用 ニ對 ス ル 態 度 ニ 就 テ ハ 言 及 セ ザ リ キ. 最 近 ニ 至 リHamet7)ハ 「ア ド レ ナ リ ン」及 ビ 「エ フ エ ド リ ン」 ト「コ カ イ ン」 トノ 關 係 ヲ 犬 ノ血 壓 ニ 於 テ 追 試 シ,「 コ カ イ ン」 ハ 「ア ド レナ リ ン」ノ血 壓 上 昇 作 用 ヲ 増 強 セ シ ム レ ド モ 「エ フ エ ド リ ン」ノ夫 レ ニ 對 シテ ハ 頡 頏 作 用 ラ 呈 ス ル ヲ 認 メ,「 ア ド レナ リ ン」 ト 「エ フ エ ド リ ン」 トハ 其 ノ 作 用 機 轉 ヲ 異 ニ ス トナ シ,此 事 實 ハ 「ア ド レナ リ ン」ノ 「ヨ ヒ ン ビ ン」及 ビ 「ヱ ル ゴ タ ミ ン」 ニ ヨ リテ 其 ノ作 用 轉 向 セ ラ ル ル ニ反 シ,「 エ フ エ ド リ ン」ハ 然 ラ ザ ル ニ 徴 シテ モ 窺 知 シ得 ベ シ トナ セ リ. 「ア ド レナ ロ ン」 ノ作 用 ニ 就 テ, Loewi u. Meyer8)ハ 家 兎 ニ 於 テ 本 物 質 ノ 血 壓 上 昇 作 用 テ 認 メ, Barger及 ビDale9)ハ 猫 ニ 於 テ 血 壓 上 昇 作 用 及 ビ子 宮 抑 制 作 用 ヲ,又Jager10)ハ 血 管 ノ收 縮 作 用 及 ビ血 壓 上 昇 作 用 ヲ 觀, Dakin11)モ 亦 家 兎 ニ於 テ 血 壓 ヲ上 昇 セ シ ム ル コ トテ 證 明 セ リ. Sternberg12)ハ 「ア ド レナ ロ ン 」ノ「ア ド レ ナ リ ン」 ト同 様 家 兎 及 ビ猫 ノ 血 壓 ニ 對 シ上 昇 作 用 ヲ 有 ス ル コ ト,及 ビ之 等 ノ作 用 ハ 「コ カ イ ン」,「 ノ ボ カ イ ン」竝 ニ 「ア リ ピ ン」ニ ヨ リテ 感 作 セ ラ ル ル コ トヲ 認 メ タ リ.以 上 諸 家 ノ研 究 ニ ヨ レバ 「ア ド レナ ロ ン 」 ノ 作 用 ハ 其 ノ 構 造 ノ示 ス ガ 如 ク 「ア ド レナ リ ン」 ノ 夫 レ ト殆 ド異 ル 所 ナ キ ガ如 シ.然 ル ニElliot13)ハ 猫 ニ於 テ 少 量 ノ 「ア ド レナ ロ ン 」ハ 血 壓 下 降 作 用 ア ル ヲ 觀,藤 田14)ハ 家 兎 ニ於 テ 同 様 ノ事 實 ヲ 認 メル 他 種 々 ノ 臓 器 ニ 於 ケ ル 夫 レノ 作 用 ヲ檢 シ,本 物 質 ハ 「ア ド レナ リ ン」ニ 比 シテ 交 感 神 經 抑 制 纎 維 ニ 對 ス ル 刺 戟 作 用 強 大 ナ ル モ ノ ナ リ ト主 張 セ リ. 次 ニ 「ヒ ニ ー ン」ガ「ア ド レナ リ ン」ニ 對 シ 一 定 ノ臟 器 ニ於 テ頡 頏 作 用 ヲ 有 ス ル コ トハ 周 知 ノ事 實 ナル モ,其 ノ誘 導 體 ト「ア ド レ ナ リ ン」 トノ 關 係 ニ 就 キ テ ノ研 究 ニ 至 リテ ハ 多 シ ト云 フ 可 カ ラ

(4)

他 藥 ト ノ併 用 ヨ リ觀 タ ル 「ア ド レ ナ リ ン」,「 エ フ エ ド リ ン」及 ビ「 ア ド レ ナ ロ ン」ノ 血 壓 ニ對 ス ル 作 用 補 遺

2973

ズ.之 ヲ 文 獻 ニ 徴 ス ル ニ 近 藤15)ハ 「レ ミ ジ ン」,「ヒ ニ ー ン」及 ビ「シ ン コ ニ ン」ガ血 管 作 用 ニ 於 テ 「ア ド レ ナ リ ン」 ト頡 頏 的 ニ 作 用 ス ル ヲ認 メ, Clerc及 ビDeschamps16)ハ 犬 ニ於 テ 「ヒ ニ ー ン」 及 ビ「ヒ ニ デ イ ン」ガ「ア ド レナ リ ン」ノ 血 壓 上 昇 作 用 ヲ抑 制 ス ル ヲ證 シ,又 岡 本 及 ビ 三 浦17)ニ 依 レバ 「ア ド レナ リ ン」ハ 「ヒ ニ ー ン」及 ビ「ヒ ニ デ イ ン」ニ ヨル 心 臟 障 碍 ニ 對 シ頡 頏 的 ニ 作 用 ス ト謂 ヘ リ.藤 野18)ハ 血 糖 代 謝 ニ 於 テ,村 上19)ハ 家 兎 子 宮 及 ビ其 ノ附 屬 器 ニ於 テ,赤 松20ハ 血 管 ニ 於 テ 以 上 ノ 事 實 ヲ證 明 シ,尚 ホ 村 上 及 ビ赤 松 ハ「ヒ ニ ー ン」誘 導 體 中 「ク ブ レ イ ン 」誘 導 體 ニ 屬 ス ル モ ノ ハ 「ア ド レナ リ ン」作 用 ト頡 頏 的 ニ 作 用 ス ル モ,「 ヒ ド ロ ク プ レ イ ン」誘 導 體 ニ 屬 ス ル モ ノ ハ 多 ク ハ 然 ラ ズ ト主 張 セ リ. 斯 ノ 如 ク 之 等 ノ三 交 感 神 經 毒 ハ其 ノ構 造 甚 シ ク類 似 シ,從 ヒ テ 其 ノ 作 用 モ 亦 相 似 タ ル ガ 如 キ モ,而 モ其 ノ間 相 異 ス ル 所 少 シ ト セ ズ.「 ア ド レ ナ リ ン」ノ 血 壓 上 昇 作 用 ハ 「コ カ イ ン」ニ ヨ リ テ 増 強 セ ラ ル ル コ トハ 諸 家 等 シ ク 認 容 セ ル 所 ナ ル ガ,「 エ フ エ ド リ ン」ノ 作 用 ガ 同 様 ノ 影 響 ヲ 受 ク ル ヤ 否 ヤ ニ 關 シテ ハ 未 ダ 其 ノ 所 見 一 致 セ ザ ル ガ如 シ.而 シ テ 「ア ド レナ ロ ン 」ノ血 壓 上 昇 作 用 ハ 「コ カ イ ン」ニ ヨ リテ 増 強 セ ラ ル ト稱 セ ラ ル レ ドモ,最 近Elliot及 ビ藤 田 ニ ヨ リ テ 證 明 セ ラ レ タ ル 「ア ド レナ ロ ン」ノ血 壓 下 降 作 用 ニ 對 シ テ ノ「コ カ イ ン」併 用 ハ 果 シ テ 如 何 ナ ル 結 果 ヲ 招 來 ス ル カ ニ 就 キ テ ハ 未 ダ研 究 ア ル ヲ知 ラ ズ. 茲 ニ於 テ余 ハ 「コ カ イ ン 」併 用 ニ ヨ リテ 「ア ド レナ リ ン」及 ビ 「ア ド レナ ロ ン」 ノ 血 壓 作 用 ノ 増 強 セ ラ ル ル ハ 其 ノ 上 昇 作 用 ノ ミナ ル ヤ,「 ア ド レナ ロ ン」ノ血 壓 下 降 作 用 ニ 對 ス ル 影 響 如 何,又 「ヒ ニ ー ン」誘 導 體 ナ ル 「シ ン コ ニ ン」ガ 之 等 交 感 神 經 毒 ニ對 シ如 何 ナ ル 影 響 ヲ及 ボ ス モ ノ ナ リ ヤ 竝 ニ「ア ド レナ リ ン」ニ テ 交 感 神 經 ヲ 刺 戟 シタ ル 後 ノ之 等 物 質 ノ 作 用 ハ 如 何 ニ變 化 ス ル モ ノ ナ リ ヤ ヲ檢 シ,且 又 「エ フ エ ド リ ン」作 用 ニ 及 ボ ス「コ カ イ ン」併 用 ノ成 績 上 述 ノ 如 ク 相 一 致 セ ザ ル 理 由 テ詳 ニ 檢 討 セ ン ト欲 シ,本 實 驗 ニ 着 手 セ リ.蓋 シ之 等 ノ 諸 點 ヲ 闡 明 ナ ラ シ ム ル ハ 啻 ニ 藥 理 學 上 ノ ミ ナ ラ ズ,治 療 上 ニ於 テ モ極 メ テ 有 意 義 ナ リ ト思 惟 シ タ レ バ ナ リ.

實驗材料及 ビ其ノ方法

三 共 株 式 會 社 ノ鹽 酸 「ア ド レ ナ リ ン」,大 日 本 製 藥 株 式 會 社 ノ鹽 酸 「エ フ エ ド リ ン」及 ビ 鹽 酸 「シ ン コ ニ ン」竝 ニ 武 田 製 藥 株 式 會 社 ノ 「ア ド レ ナ ロ ン」 ヲ使 用 セ リ.實 驗 ニ ハ 家 兎(體 重2-2.5kgノ モ ノ)ヲ 用 ヒ, 之 ヲ背 位 ニ 固 定 シ,無 麻 醉 ノ 下 ニ 總 頸 動 脉 ニ「カ ニ ウ レ」ヲ 挿 入 シ,之 ヲ20%ノ 硫 酸 「マ グ ネ シ ウ ム 」液 ヲ 充 セ ル 硲 子 管 ノ媒 介 ニ ヨ リテ 水 銀 「マ ノ メ ー タ ー」ニ 連 續 セ シ メ,其 ノ 血 壓 曲 線 ヲ「キ モ グ ラ フ イ オ ン」ノ 煤 紙 ニ 描 畫 セ シ メ タ リ. 藥 物 ハ 總 テ0.9%食 鹽 水 ニ テ 稀 釋 シ,「 コ カ イ ン」 及 ピ 「シ ン コ ニ ン」 ハ 之 ヲ 大 腿 皮 下 ニ 注 射 シ.「 ア ド レ ナ リ ン」,「 エ フ エ ド リ ン」 及 ビ 「ア ド レ ナ ロ ン 」ハ 全 量 ヲ0.4-0.6ccト ナ シ,耳 殼 静 脉 ヨ リ徐 々 ニ 注 射 ン,以 テ 可 及 的 溶 媒 ノ作 用 ヲ 除 外 セ リ.尚 ホ 以 下 記 載 ノ藥 物 ハ 家 兎 ノ 體 重1kgニ 對 ス ル モ ノ ナ リ.

(5)

A.「

コ カ イ ン」及 ビ「シ ン コ ニ ン」ノ血 壓 ニ 對 ス ル 作 用

「コ カ イ ン」 ヲ 家 兎 大 腿 皮 下 ニ 注 射 ス レ バ,其 ノ 0.005-0.039ニ テ 注 射 後2-3分 ヲ 經 テ 血 壓 漸 次 上 昇 ス ル モ,数 分 乃 至 十 數 分 ニ シ テ 恢 復 シ,原 位 或 ハ 夫 レ 以 下 ニ 一 定 ズ. 「シ ン コ ニ ン」0.01-0.03gヲ 同 部 ニ注 射 ス ル ニ, 2-3分 ニ シ テ 概 ネ稍 々 血 壓 上 昇 ス ル モ,數 分 ニ シ テ 原 位 恢 復 ス ル ヲ 觀 タ リ. B.「 ア ド レ ナ リ ン 」 1.「 ア ド レナ リ ン」ノ 單 獨 作 用 家 兎 血 壓 ニ對 シ 「ア ドレ ナ リ ン」 ハ0.0000005-0.000001gニ テ 始 メ テ 一 過 性 ノ血 壓 上 昇 作 用 ヲ 呈 シ, 直 畠 正 常 ニ恢 復 セ リ.増 量 シ テ0.000003-0.000005g ト ス レ バ 其 ノ上 昇 作 用 著 シ ク増 強 ス ル モ, 2-3分 ニ シ テ 正 常 以 下 ニ 低 下 シ速 ニ原 位 ニ 復 歸 シ,之 等 ノ 量 ニ ヨ ル 「ア ド レ ナ リ ン」ノ 作 用 經 過 ハ 曲 線 上 突 側 ヲ 上 方 へ 向 ケ タル 楔 状 ヲ ナ ス. 0.000029ノ 如 キ稍 大 量 ニ テ ハ 血 壓 上 昇 率 ハ60-75%ニ モ 及 ブ ト雖,作 用 ハ 數 分 持 續 ス ル ニ 過 ギ ズ.一 般 ニ「ア ド レ ナ リ ン」ノ 血 壓 ニ 對 ス ル 其 ノ作 用 ハ 持 續 性 ナ ラ ザ ル ヲ 特 徴 ト ナ ス. 2.「 ア ド レ ナ リ ン 」 ト「 コ カ イ ニ 」 「ア ド レ ナ リ ン」0.000003-0.000005gノ 如 キ 少 量 ヲ 家 兎 ニ 注 射 シ,惹 起 セ ラ レ タ ル 血 壓 ノ 上 昇 ヲ 對 照 ト シ,約30分 ヲ 經 テ 「コ カ イ ン」0.005-0.03gヲ 注 射 シ, 10-90分 ヲ 經 過 シ タ ル 後 對 照 ト同 量 ノ 「ア ド レ ナ リ ン 」 ヲ 作 用 セ シ ム ル ニ,對 照 ニ 比 シ テ 血 壓 ノ 上 昇 強 ク,且 對 照 ノ一 過 性 ナ ル ニ 反 シ,其 ノ作 用 持 續 性 トナ ル ヲ觀 タ リ(第1圖 参 照).

第1圖

「ア ド レ ナ リ ン」ヲ 増 量 シ テ0 .00001gト ナ シ,「 コ カ イ ン」 處 置 ノ前 後 ニ 於 ケ ル 血 壓 上 昇 作 用 ヲ 比 較 ス ル ニ甚 ダ 顯 著 ナ ル 差 異 ヲ呈 シ,供 試 家 兎 ハ 「コ カ イ ン」 前 處 置 後 ニ 於 テ ハ 苦 悶 ノ状 ヲ現 シ,屡 々 高 聲 ヲ 發 セ リ.尚 ホ 「ア ド レ ナ リ ン」 ノ0.0000002g或 ハ 0.0000003gノ 如 キ 少 量 ハ 單 獨 ニ テ ハ 何 等 作 用 ヲ 呈 セ ザ ル ニ 拘 ラ ズ,上 述 分 量 ノ「コ カ イ ン」處 置 後 ニ 於 テ ハ 微 弱 ナ レ ド モ 尚 ホ 能 ク 毎 常 血 壓 上 昇 作 用 ヲ 呈 ス ル

140

(6)

他 藥 ト ノ併 用 ヨ リ觀 タ ル 「ア ド レ ナ リ ン」,「 エ ラ エ ド リ ン」及 ビ 「ア ドレ ナ ロ ン」ノ 血 壓 ニ 對 ス ル 作 用 補 遺

2975

ヲ 觀 タ リ. 即 チ「コ カ イ ン」ハ 「ア ド レナ リ ン」 ノ血 壓 上 昇 作 用 ヲ 増 強 セ シ メ 且 其 ノ作 用 ヲ持 續 性 ナ ラ シ ム,而 シ テ 共 ノ増 強 作 用 ハ 注射 後 數 分後 ヨ リ發 現 シ其 ノ持 續 長 ク,「 コ カ イ ン」ノ0.03gノ 如 キハ1.5時 間 後 ニ於 テ モ尚 ホ著 明 ニ 此感 作 作用 ヲ現 ス ヲ詔 メ得 タ リ. 3.「 ア ド レ ナ リ ン 」 ト「 シ ン コ ニ ン」 「ア ドレ ナ リ ン」ノ0.000003gヲ 注 射 シ,惹 起 セ ラ レ タ ル 血 壓 ノ 上 昇 ヲ對 照 ト ナ シ,次 デ「シ ン コ ニ ン」 0.01gヲ 以 テ 處 置 シ タ ル 後, 10-60分 ヲ經 テ 上 記 量 ノ 「ア ドレ ナ リ ン」 ヲ 注 射 シ,「 シ ン コニ ン 」處 置 ノ 前 後 ニ於 ケ ル 兩 「ア ドレ ナ リ ン」作 用 ヲ比 較 ス ル ニ, 對 照 ニ 於 テ ハ 一 過 性 ナ ル モ 毎 常 中 等 度 ノ血 壓 上 昇 ヲ 表 ハ ス ニ 反 シ,「 シ ン コ ニ ン」處 置 後 ニ 於 テ ハ 往 々 上 昇 作 用 ヲ 呈 ス ル モ ノ モ ア ル モ 概 ネ 血 壓 上 昇 ヲ 惹 起 セ ズ,其 ノ 作 用 ハ 不 定 トナ ル ヲ觀 タ リ,「 シ ン コ ニ ン」 ヲ 増 量 シ テ0.03gヲ 以 テ 處 置 シ タ ル 場 合 ニ ア リテ ハ 0.000003gノ 「ア ド レ ナ リ ン」 ニ テ ハ 勿 論0.000005g ニ テ モ 何 等 血 壓 上 昇 作 用 ヲ 呈 ス ル コ トナ カ リ キ(第 2圖 上 圖 參 照).然 レ ドモ,「 ア ド レ ナ リ ン」0.00001-0.00003gノ 如 キ 比 較 的 大 量 ヲ 作 用 セ シ ム レ バ,此 量 ノ 「シ ン コ ニ ン」 處 置 後 ニ 於 テ モ 概 ネ 血 壓 上 昇 ヲ 現 シ,時 ト シ テ ハ 其 ノ對 照 ト殆 ド變 化 ナ キ ヲ 觀 タ リ. 即 チ 「シ ン コ ニ ン 」ハ「ア ド レ ナ リ ン」ノ 血 壓 上 昇 作 用 ヲ 一 定 ノ量 的 關 係 ニ 於 テ 完 全 ニ 抑 制 ス.

第2圖

C.「 エ フ エ ド リ ン」 1.「 エ フ エ ド リ ン」ノ 單 獨 作 用 「エ フ エ ド リ ン」0.00005-0.0001gヲ 静 脉 内 ニ 注 射 ス レ バ,毎 常 ナ ラ ザ ル モ 屡 々血 壓 ヲ輕 度 ニ 下 降 セ シ メ(第3圖A參 照).其 ノ作 用 ノ經 過 ヲ觀 ル ニ,作 用 現 ル ル ヤ 漸 次 其 ノ度 ヲ増 シ,徐 々 ニ恢 復 ス ル モ ノ ニ シ テ 曲 線 ハ 略 ボ 半 月 形 状 ヲ ナ ス. 0.0003-0.0005gニ テ ハ 常 ニ 輕 度 ノ 血 壓 上 昇 ヲ 呈 シ,其 ノ 作 用 ノ 發 現 及 ビ恢 復 共 ニ緩 漫 ニ シ テ 數 分 ニ シ テ 原 位 ニ 復 歸 セ リ. 「エ フ エ ド リ ン」ヲ 増 量 ス ル ニ從 ヒ テ 血 壓 上 昇 作 用 モ 亦 益 々 増 強 ス ト雖.其 ノ上 昇 程 度 ハ 比 較 的 顯 著 ナ ラ ズ. 0.005gノ 如 キ 中 等 量 ニ 於 テ モ 血 壓 上 昇 率 ハ15-25%ナ ル ニ 過 ギ ザ レ ド モ,其 ノ 作 用 持 續 長 シ. 2.「 エ フ エ ド リ ン」 ト「 コ カ イ ン」 「エ フ エ ド リ ン」ノ極 メ テ 少 量(0.00005-0.0001g) ニ テ 屡 々 現 ル ル 血 壓 下 降 作 用 ヲ 對 照 ト シ,「 コ カ イ ン」0.005-0.03gヲ 以 テ 處 置 シ,約10-60分 後 更 ニ 同 量 ノ「エ フ エ ド リ ン 」ヲ 注 射 シ,其 ノ 作 用 卜比 較 ス 141

(7)

ル ニ,「 コ カ イ ン」處 置 後 ニ於 テ ハ 其 ノ下 降 作 用 ハ 明 カ ニ 増 強 セ ラ レ,且 作 用 ヨ リ持 續 性 ト ナ ル ヲ 觀 タ リ (第3圖 參 照).同 様 ニ シ テ 「エ フ エ ド リ ン」 ノ中 等 量 (0.001-0.005g)ノ 血 壓 作 用 ヲ 「コ カ イ

ン」0.005-第3圖

0.03gノ 處 置 前 後 ニ 於 テ 比 較 ス ル ニ,「 コ カ イ ン」處 置 ナ キ 場 合 ニ ハ 中 等 度 ニ シ テ 持 續 性 血 壓 上 昇 ヲ 惹 起 ス ル ニ 反 シ,「 コ カ イ ン」處 置 後 ニ 於 テ ハ 極 メ テ 稀 ニ 少 シ ク血 壓 上 昇 ヲ呈 ス ル コ トナ キ ニ ア ラ ザ リシ モ, 概 ネ無 作 用,加 之 血 壓 下 降 ヲモ 示 シ,正 ニ作 用 ノ轉 向 ヲ モ觀 タ リ(第4圖 參 照).

第4圖

即 チ 「コ カ イ ン」ハ 「エ フ エ ド リ ン」少 量 ノ 血 壓 下 降 作 用 ヲ 増 強 セ シ メ,「 コ カ イ ン」前 處 置 ハ 「エ フ エ ド リ ン」 ノ 血 壓 上 昇 作 用 ヲ概 ネ 發 現 セ シ メ ズ,加 之 却 ツ テ 血 壓 ヲ 下 降 セ シ ム ル コ ト ア リ.此 成 績 ハChen

ト異 リ, Pak u. Rend及 ビTainter竝 二Hamet及 ビ Edsノ 所 見 ト一 見 類 似 ス レ ドモ,解 釋 ハ 根 本 ニ 於 テ 異 リ,以 上 ノ 諸 家 ハ 「エ フ エ ド リ ン 」ハ 單 ニ 血 壓 上 昇 作 用 ヲ 有 ス ル モ ノ トセ ル ガ 爲 ニ,「 コ カ イ ン」ニ ヨ リ 頡 頏 セ ラ ル ト解 セ シ モ,余 ノ實 驗 ニ 據 レ バ 「エ フ エ ド リ ン」 ハ 少 量 ニ テ ハ 屡 々 血 壓 ニ 對 シ 輕 度 ナ ガ ラ 下 降 的 ニ 作 用 ス ル モ ノ ナ ル ガ 爲 ニ,「 コ カ イ ン」ハ 本 作 用 ヲ 強 メ タ ル モ ノ ト解 セ ラ ル. 3.「 エ フ エ ド リ ン 」 ト「 シ ン コ ニ ン」 「エ フ エ ド リ ン」ノ 甚 少 量(0 .00005-0.0001g)ニ 屡 々 認 メ ラ ル ル 血 壓 下 降 作 用 ヲ,「 シ ン コ ニ ン」0.01g 皮 下 注 射 後10-60分 ヲ 經 タ ル 後 前 記 量 ヲ 與 ヘ タ ル モ ノ ト比 較 ス ル ニ,「 シ ン コ ニ ン」前 處 置 後 昌 於 ケ ル モ ノハ 對 照 ニ 比 シ其 ノ下 降 作用 明 カ ニ 増 強 セ ラ レ, 且 其 作 用持 續 モ長 キ ヲ觀 タ リ(第5圖 上圖 參 照). 「エ フエ ドリ ン」ヲ増 量 シテ0 .001-0.005gノ 中 等 量 ヲ作 用 セ シム レバ 對 照 ノ毎 常 血 壓 上 昇 作 用 ヲ呈 ス ル 142

(8)

他 藥 トノ併 用 ヨ リ觀 タ ル 「ア ド レ ナ リ ン」,「エ フ エ ド リ ン」及 ビ 「ア ド レ ナ ロ ン」ノ 血 壓 ニ

對 スル作用補遺

2977

第5圖

ニ 拘 ラ ズ,此 場 合 ニ 於 テ ハ 作 用 不 定 ト ナ リ,概 ネ 血 壓 ハ 上 昇 セ ザ ル モ ノ多 キ モ 又 少 シ ク 上 昇 作 用 ヲ呈 ス ル モ ノ 及 ビ殆 ド對 照 ト差 異 ナ キ モ ノア ル ヲ觀 タ リ. 「シ ン コ ニ ン」ヲ 更 ニ 増 量 シ テ0.03gニ テ 前 處 置 シ タ ル 後 ニ於 テ ハ 之 等 分 量 ノ「エ フ エ ド リ ン」ハ 血 壓 上 昇 作 用 ヲ發 揮 ス ル コ トナ ク,寧 ロ 血 壓 ヲ少 シ ク下 降 セ シ メ,作 用 轉 向 ヲ 傾 向 ヲ示 セ リ(第5圖 下 圖 參 照). 即 チ 「シ ン コ ニ ン」前 處 置 ハ 「エ フエ ド リ ン」少 量 ノ 血 壓 下 降 作 用 ヲ 増 強 シ,中 等 量 ノ血 壓 上 昇 作 用 ヲ 發 現 セ ザ ル ニ 至 ラ シ メ,寧 ロ血 壓 下 降 ノ 傾 向 ヲ 與 フ. 此 現 象 ハ 「シ ン コ ニ ン」0.01-0.03gヲ 以 テ 處 置 後 . 10-60分 ニ 於 テ 明 カ ニ 認 ム ル コ ト ヲ 得. D.「 ア ド レ ナ ロ ン」 1.「 ア ド レナ ロ ン」ノ 單 獨 作 用. 家 兎 ニ對 シ「ア ドレナ ロ ン」ヲ注 射 スレ バ0.0001-0.0003gニ テ始 メテ一 過 性 血 壓 下 降 作 用 ヲ呈 シ,斯 カ ル作用 ル速 ニ消 失 ス,其 ノ作 用 經 過 ヲ觀 ル ニ作 用 法 ハ「ア ド レナ リ ン」ト反對 ナ ル モ,作 用 ノ發 現 及 ビ 恢 復 共 ニ迅速 ナ ル點 ニ於 テ 近 似 シ,曲 線 ハ突 側 ヲ下 方 ニ 向 ケ タル 楔 状 ヲナ ス.之 ヲ増 量 シテ0.0005gト ナ セ バ血 壓 下 降 作 用 モ亦 増 強 ス レ ドモ,作 用 ノ經 過 比 較的 早 ク,曲 線 ハ依 然 楔 状 ノ該 作 用 型 ヲ變 ズ ル コ トナ カ リキ. 更 ニ増 量 シテ0.001-0.0015gニ 至 レ バ 作 用 ノ性 質 稍 異 リ,血 壓 下 降 作 用 ハ増 強 セ ザ ル ノ ミナ ラズ 初 メ 一 過 性 血壓 ノ上 昇 ヲ示 シ,次 デ之 ガ下 降 ニ 移 行 ス ル モ ノ多 ク,又 時 ニ初 メ血 壓 下 降 ヲ呈 シ次 デ 上 昇 ニ移 行 セ ル モ ノ及 ビ血 壓 曲 線 ニ對 シ殆 ド緊 張 變 化 ヲ與 ヘ ザ ル モ ノ等 ア リテ,作 用 全 クハ 一 致 セ ザ リキ. 0.002g 以 上 ニ ア リテ ハ毎 常 顯 著 ナ ル血 壓 上 昇 ヲ示 シ,該 上 昇 作用 バ 一 過 性 ニ シテ,直 ニ恢 復 スル コ ト 「ア ド レ ナ リ ン」ノ場 合 ト殆 ド異 ナ ル所 ナ カ リキ. 2.「 ア ド レ ナ ロ ン 」 ト「 コ カ イ ン 」. 「コ カ イ ン」0 .005-0.03gヲ 以 テ 前 處 置 シ タ ル 後, 10-90分 ニ シ テ 「ア ド レ ナ ロ ン」 ノ 一 過 性 血 壓 下 降 ヲ示 ス 分 量0.0001-0.0003gヲ 注 射 セ シ ニ,其 ノ 作 用 明 カ ニ 増 強 シ,且 著 シ ク 持 續 性 トナ リ數 分 乃 至 十 143

(9)

數 分 ニモ 及 ビ,其 ノ曲 線 ハ對 照 ノ楔 状 ヲナ ス ニ對 シ 舟 底 状 ヲ呈 スル ヲ觀 タ リ(第6圖 參 照).尚 ホ 上記 分 量 ノ 「コ カ イ ン」 ヲ 以 テ 前 處 置 シ タ ル 後 「ア ドレ ナ ロ ン」ノ 血 壓 ニ 對 ス ル 最 小 有 效 量 ノ約113-1/10ニ 相 當

第6圖

ス ル0.00003gノ 如 キ,少量 ヲ 注 射 ス ル モ,尚 ホ 能 ク 毎 常 微 羽 ナ レ ド モ 血 壓 下 降 作 用 ヲ 呈 セ リ. 次 ニ「ア ド レ ナ ロ ン」0.0015gヲ 「コ カ イ ン」0.005-0.03g前 處 置 後 ニ 於 テ 作 用 セ シ ム レ バ 當 該 分 量 ニ テ 初 期 ニ 現 ル ル 血 壓 上 昇 作 用 ハ 著 明 ニ増 強 セ ラ レ,加 之 次 デ 惹 起 セ ラ ル ル 下 降 作 用 モ 亦 明 カ ニ 助 長 セ ラ ル ル ヲ 觀 タ リ.「ア ド レナ ロ ン」ノ 血 壓 上 昇 量0.002gヲ 之 等 上 記 分 量 ノ「コ カ イ ン」前 處 置 後 ニ 作 用 セ シ ム レ バ,其 ノ上 昇 作 用 ハ 顯 著 ニ 増 強 セ ラ ル ル コ ト 「ア ド レ ナ リ ン」 ノ 場 合 ト異 ナ ル 所 ナ カ リキ. 以 上 ノ 成 績 ニ 據 レ バ,「 コ カ イ ン」 前 處 置 ニ ヨ リ 「ア ド レナ ロ ン」 ノ 血 壓 上 昇 作 用 ハ 増 強 セ ラ ル ル モ ノ ニ シ テ,之 ハStembergノ 所 見 ト一 致 セ リ.其 ノ他 「コ カ イ ン」ハ 「ア ド レ ナ ロ ン」ノ 血 壓 上 昇 作 用 ノ ミ ナ ラ ズ 下 降 作 用 ヲ モ 亦 著 明 ニ 増 強 セ シ ム ル モ ノ ナ リ. 之 ハFrohlich及 ビLoewiノ 「ア ド レ ナ リ ン」 ノ實 驗 ニ 於 テ,「 コ カ イ ン」ハ 其 ノ家 兎 血 壓 上 昇 作 用 ヲ 増 強 セ シ ム ル ノ ミナ ラ ズ,猫 膀 胱 利 尿 筋 ニ 對 ス ル 其 ノ 抑 制 作 用 ヲ モ 増 強 セ シ ム ル ト謂 ヘ ル 成 績 ト軌 ヲ同 ジ ク ス ル モ ノ ナ リ. 3.「 ア ド レ ナ ロ ン 」 ト「 シ ン コ ニ ン」 「ア ド レ ナ ロ ン」ノ 血 壓 ニ 對 ス ル 最 小 下 降 量0 .0001 -0.0003gヲ 「シ ン コ ニ ン」0 .01gヲ 以 テ 前 處 置 シ タ ル 後10-60分 ニ シ テ 注 射 ス レ バ,單 獨 注 射 ノ場 合 ト 同 様 血 壓 下降 ヲ示 セ ドモ,其 ノ程 度 ハ 對 照 ニ比 シテ 強 ク,作 用 モ 亦 ヨク 持 續 性 トナ リ,數 分 ニ シ テ 徐 々 ニ恢 復 ス ル ヲ常 トセ リ(第7圖 參 照).

第7圖

次 ニ 血 壓 ヲ毎 常 上 昇 セ シ ム ル 分 量0.02gヲ 「シ ン コ ニ ン」0.01gヲ 以 テ 前 處 置 後 ニ 與 フ レ バ,對 照 卜殆 ド同 様 血 壓 上 昇 ヲ示 ス モ ノ ト,上 昇 ヲ示 サ ザ ル ノ ミ ナ ラズ 却 ツテ 其 ノ下 降 ヲ現 ス モ ノア ル ヲ觀 タ リ.然 144

(10)

他 藥 ト ノ併 用 ヨ リ觀 タ ル「ア ド レ ナ リ ン」,「 エ フ エ ド リ ン」及 ビ 「ア ド レ ナ ロ ン」ノ 血 壓 ニ 對 ス ル 作 用 補 遺

2979

ル ニ,「 ア ド レ ナ ロ ン」 ヲ 増 量 シテ0.003-0.005gニ 至 レ バ 常 ニ 著 明 ナ ル 血 壓 上 昇 ノ ミ ヲ 惹 起 セ リ. 尚 ホ「シ ン コ ニ ン」ヲ 増 量 シ テ0.03gヲ 以 テ 前 處 置 シ タ ル 場 合 ニ 於 テ ハ, 0.0001-0.0005gノ 如 キ 血 壓 下 降 量 ハ 常 ニ 對 照 ニ 比 シ テ 顯 著 ナ ル 下 降 作 用 ヲ 呈 シ, 且 其 ノ作 用 持 續 性 トナ ル コ ト, 0.01gノ 「シ ン コ ニ ン」前 處 置 ノ 場 合 ト異 ナ ル 所 ナ ク,共 ノ0.02gノ 如 キ 血 壓 上 昇 量 ニ ヨ リテ モ 常 ニ 其 ノ 作 用 ヲ 發 揮 ス ル コ ト ナ ク,加 之 概 ネ 之 ヲ 下 降 セ シ メ.作 用 轉 向 ノ 傾 向 ヲ モ 示 セ リ.此 場 合 「ア ド レ ナ ロ ン」 ノ0.005gノ 如 キ 稍 大 量 ハ 依 然 著 明 ナ ル血 壓上 昇 ヲ示 セ リ.尚 ホ0.03g ノ「シン コ ニ ン」 前 處 置 後 ニ於 テ ハ 「ア ドレナ ロ ン」 0.000005g(最 小 血 壓 下 降 量 ノ約1/2-1/6)ノ 如 キ少 量 ニテ モ尚 ホ能 ク血 壓 下降 ヲ招 來 シ,而 モ其 ノ作 用 持續 時 間 比 較 的 長 キ ヲ 觀 タ リ. 即 チ「シ ン コ ニ ン」前 處 置 ニ ヨ リ「ア ド レナ ロ ン」ノ 血 壓 下 降 作 用 ハ 増 強 セ ラ レ,作 用 顯 著 トナ ル ノ ミナ ラズ.最 小 有 效 量 小 トナ リ,且 其 ノ作 用 ハ持 續 性 ト コ ナ ル.之 ニ反 シ「ア ドレナ ロ ン」ノ血 壓 上 昇 作 用 ぐ 抑 制 セ ラル. E.「 ア ド レ ナ リ ン」前 處 置 後 ノ 「ア ド レ ナ リ ン」, 「エ フ エ ド リ ン」及 ビ 「ア ド レ ナ ロ ン 」ノ 作 用 木 下ハ 曩 ニ摘 出 家 兎 耳 殻 血管 ニ對 シ 「ア ド レナ リ ン」 ヲ持 續 シテ灌 流 セ シム ル時 ハ血 管 擴 纎 維 ハ甚 シ ク其 ノ興 奮 性 ノ昂 進 ス ル モ ノ ナ ル コ トヲ觀 テ 之 ヲ報 告 セ リ.然 ラ バ生 體 家 兎 ニ於 テ 稍 大量 ノ 「ア ドレ ナ リ ン」 ヲ作用 セ シ メ タ ル後,比 較 的 短 時 間 内 ニ再 ビ 「ア ド レナ リ ン」又 ハ 「エ フ エ ド リン」,「ア ドレナ ロ ン」 ヲ注 射 ス ル時 ハ夫 等 ノ血壓 作用 ハ 果 シテ如 何 ナ ル影 響 ヲ被 ル カ ヲ檢 索 セ ン トシテ本 實 驗 ヲ行 へ リ. 「ア ド レナ リ ン」 ヲ稍 大 量 即 チ0 .00002gヲ 注 射 ス レバ,血 壓 ハ 急 劇 ナ ル上 昇 ヲ惹起 シタ ル後,下 降 シ 正 常 以 下 ニ至 リ次 デ漸 次 恢 復 ニ 向 フ.此 時 「ア ド レ ナ リ ン」 ノ少 量 ヲ注 射 ス レバ,血 壓 上 昇 作 用 顯 著 ニ シテ 其 ノ最 小 有 效 量0.0000005-0.000001gノ 如 キ ハ勿 論0.0000003gノ 如 キ通 常 殆 ド無 效 ナル 量 ニ テ モ能 ク微 ニ上 昇 作用 ヲ發 揮 シ得 ル ヲ觀 タ リ(第8圖 參 照).

第8圖

然 ル ニ 以 上 ノ如 キ,「 ア ド レ ナ リ ン」ノ量 ヲ 以 テ 前 處 置 セ ル 後 「エ フ エ ド リ シ」 ノ最 小 血 壓 上 昇 量 タル 0.0003gヲ 與 ツ レ バ,却 ツ テ 著 明 ナ ル 血 壓 ノ下 降 ヲ 招 來 シ,共 ノ 作 用 ハ 正 ニ 逆 轉 セ ラ ル(第9圖 參 照). 「エ フ エ ド リ ン」ヲ 減 量 シテ0.00005 -0 .0001gヲ 注 射 ス ル モ 尚 ホ 明 ニ 血 壓 ヲ 下 降 セ シ メ 得 ル ヲ 認 メ タ リ. 146

(11)

第9圖

次 ニ 上 記 量 ノ「ア ド レ ナ リ ン」ヲ 以 テ 同 様 處 置 シ タ ル後.「 ア ド レナ ロ ン」 ノ 最 小 血 壓 下 降 量0.0001-0.0003gヲ 作 用 セ シ ム レバ,血 壓 ノ 下 降 ヲ示 サ ズ シ テ 却 ツ テ 上 昇 ヲ 示 シ,其 ノ 作 用 ハ 轉 向 ス ル ヲ認 メ タ リ(第10圖 參 照).然 ル ニ,通 常 ハ 何 等 影 響 ヲ 與 ヘ ザ ル 少 量 ノ 「ア ド レ ナ ロ ン」0.0000g5ラ 作 用 セ シ ム ル 時 ハ,血 壓 ハ 微 ニ 下 降 ヲ示 ス(第11圖 參 照).

第10圖

第11圖

146

(12)

他 藥 ト ノ併 用 ヨ リ觀 タ ル「ア ド レナ リ ン」,「 エ ア エ ド リ ン」及 ビ 「ア ド レ ナ ロ ン」ノ 血 壓 ニ 對 ス ル 作 用 補 遺

2981

即 チ 「ア ド レ ナ リ ン 」ノ稍 大 量 ノ 前 處 置 後 短 時 間 内 ニ 於 テ ハ 「ア ド レナ リ ン」ハ 其 ノ作 用 定 性 的 ニ ハ 何 等 變 化 ヲ 蒙 ル コ トナ ク,寧 ロ 少 シ ク 増 強 セ ラ ル ガ 如 シ, 然 ル ニ 「エ フ エ ド リ ン」ハ 其 ノ 作 用 全 ク 逆 轉 シ,而 モ 最 小血 壓 上 昇.量ノ1/6-1/3モ 常 ニ下 降 作 用 ヲ呈 ス. 又 「ア ド レナ ロ ン」ハ 最 小 血 壓 下降 量 ニ テ ハ 作 用 逆 轉 セ ラ ル モ,更 ニ通 常 無 影響 ナ ル少 量 ヲ作 用 セ シ ム レ .バ其 ノ作 用 鋭 敏 トナ レル ヲ觀 ル. 考 察 「コ カ イ ン」ガ 「ア ド レナ リ ン」ノ血 壓 上昇 作 用 ヲ 増 強 セ シ ム ル コ トハ 一 般 ニ認 メ ラル ル 所 ナ ル モ,「 エ フ エ ド リ ン」ノ 同 作 用 ニ 對 ス ル 「コ カ イ ン」ノ 影 響 ニ 就 キ テ ハ 所 説 未 ダ 一 致 セ ズ.余 ノ 上 述 成 績 ニ 據 レバ 「コ カ イ ン」ノ「ア ド レ ナ リ ン」作 用 ニ對 スル 影 響 ハ先 人 ノ成 績 ト一 致 セ リ.然 ル ニ 「コ カ イ ン」ノ「エ フ エ ド リ ン」作 用 ニ 對 ス ル 影 響 ニ 就 キ テ ハChenノ 成 績 ト異 リ, Pak u, Read 及 ビTainter, Hamet及 ビEdeノ モ ノ ト一 部 一 致 ス ト錐,他 部 ニ於 テ 異 ル 所 ア リ. Hametハ 之 等 兩 者 ニ對 ス ル 「コ カ イ ン」 ノ 態 度 ノ異 ル ハ「ア ド レナ リ ン」作 用 ノ 「エ ル ゴ タ ミ ン」及 ビ「ヨ ヒ ン ビ ン」 ニ ヨ リテ 其 ノ作 用 ノ 逆 轉 セ ラル ル ニ 反 シ,「 エ フ エ ド リ ン」 ニ ア リテ ハ 然 ラ ザ ル 作 用 ノ 相 違 ト同 一 機 轉 ニ歸 ス ベ キ モ ノ ナ リ トセ リ.然 レ ド モ,木 下21)ハ 末 梢 血 管 ニ於 テ 「ヨ ヒ ン ビ ン 」 ノ 「エ フ エ ド リ ン」作 用 ヲ 「ア ド レナ リ ン」 ト同 様 逆轉 セ シ ム ル ヲ 證 明 シ, Curtis22)及 ビ谷23)ガ 家 兎血 壓 實 驗 ニ於 テ 「エ ル ゴ タ ミ ン」ニ ヨ リ テ 「エ フ エ ド リ ン」作 用 ノ逆 轉 セ ラ ル ル ヲ 觀 タ ル 等 ノ 事 實 ヨ リ シテ,此 主 張 ハ 妥 當 ナ ラ ズ ト信 ズ.木 下 ノ最 近 ノ研 究 ニ ヨ レバ 「エ フ エ ド リ ン 」ハ 交 感 神 經 催 進 纎 維 ニ 對 ス ル 作 用 ノ 他,其 ノ抑 制 纎 維 ニ 對 スル 作 用 比 校 的 顯 著 ナ リ.又 余 等 ノ 實 驗 ニ 據 レバ 「エ フ エ ド リ ン」ハ 血 壓 ニ 對 シ テ ハ 上 昇 作 用 頗 ル 弱 ク,加 之 少 量 ニ 於 テ ハ 屡 々 下 降 作 用 ヲ 呈 シ,又 「コ カ イ ン」 及 ビ 「シ ン コ ニ ン 」 ノ 前 處 置 ニ ヨ リ テ其 ノ下 降 作 用 ハ増 強 セ ラ レ,更 ニ 又 「コ カ イ ン」ガ「ア ド レ ナ ロ ン」ノ 血 壓 下 降 作 用 ヲ 増 強 セ シ ム ル 等 ノ事 實 ア リ.之 等 ノ事 實 ニ徴 ス レバ,「 コ カ イ ン」ガ「エ フ エ ド リ ン」ノ 少 量 ノ 血 壓 下 降 作 用 ヲ増 強 セ シ ム ル ハ,前 者 ガ交 感 神 經 抑 制 纎 維 ニ 相 當 ス ル 血 管 擴 張 纎 維 ノ興 奮 性 ヲ増 大 セ シ ム ル ガ 爲 ニ シ テ,又 「エ フ エ ド リ ン」ノ 大 量 ノ血 壓 上 昇 作 用 ニ 對 シ頡 頏 的 ニ 作 用 ス ル 所 以 ハ次 ノ如 ク解 セ ラ ル.即 チ「ア ド レナ リ ン」ハ 交 感 神 經 催 進 纎 維 ニ對 ス ル 作 用 ノ甚 ダ 張 キ ニ 反 シ,「 エ フ エ ド リ ン」ハ 該 纎 維 ニ 頡 頏 的 作 用 ヲ 有 ス ル 抑 制 纎 維 ニ對 シテ モ 亦 強 キ 親 和 カ ヲ 有 シ,其 ノ血 壓 上 昇 量 ニ 於 テ モ,尚 ホ 一 面 血 壓 降 下 作 用 相 當 ニ強 キ ヲ以 テ,「 コ カ イ ン」ニ ヨ リ交 感 神 經 催進 及 ビ抑 制 兩 纎 維 ノ興 奮 性 増 進 シ タ ル 状 態 ニ 於 テ ハ,「 ア ド レナ リ ン」ハ 催 進 纎 維 ニ對 スル 作 用 從 ヒ テ 血 壓 上昇 作 用 ノ増 強 ヲ ノ ミ ヲ 呈 ス ル ニ 反 シ,「 エ フ エ ド リ ン」ハ 其 ノ抑 制 纎 維 ニ對 ス ル 作 用 ヲ 主 ト シ テ 表 ハ シ,從 ヒ テ 血 壓 上 昇 作 用 ノ 消 失 或 ハ 血 壓 下 降 ヲ 呈 ス ル ニ 至 ル モ ノ ナ ラ ン ト解 ス ル ヲ 至 當 ナ リ ト思 惟 ス.

「ア ド レ ナ ロ ン」 ノ 血 壓 上 昇 作 用 ヲ 有 ス ル コ トハLoewi u. Meyer, Barger u. Dale, Jager 及 ビDakin, Sternberg等 ニ ヨ リテ 認 メ ラ レ, Sternbergハ 斯 カ ル 作 用 ノ「コ カ イ ン」ニ ヨ リテ

増 強 セ ラ ル ル ヲ立 證 セ リ. Elliot及 ビ藤 田 ハ「ア ド レナ ロ ン 」ノ少 量 ハ却 ツ テ 血 壓 下 降 作 用 ヲ有 147

(13)

ス ル コ トテ 認 メ タ リ.余 等 ノ實 驗 ニ據 レバ,「 コ カ イ ン」ニ ヨ リテ 「ア ド レ ナ ロ ン 」ノ血 壓 上 昇 作 用 ノ増 強 セ ラ ル ル ノ ミ ナ ラ ズ,其 ノ 下 降 作 用 モ 亦 著 明 ニ 増 強 セ ラ ル.「 ア ド レナ ロ ン」 ノ 「ア ド レ ナ リ ン」 ト異 ル 點 ハ,後 者 ノ専 ラ血 壓 上 昇 作 用 ヲ 呈 ス ル ニ 反 シ 前 者 ハ 少 量 ニ テ 却 ツ テ 下 降 作 用 ヲ現 ス ニ ア リ.即 チ兩 物 質 ノ 交 感 神 經 ニ 對 ス ル 作 用 法 ハ 些 カ 異 リ,「 ア ド レ ナ リ ン」ハ 強 ク催 進 纎 維 ヲ 侵 襲 シ,正 常 ノ 關 係 ニ於 テ ハ 專 ラ 血 壓 上 昇 作 用 ヲ 呈 ス ル ニ 反 シ「ア ド レナ ロ ン」ハ 抑 制 纎 維 ニ對 ス ル 親 和 力 比 較 的 強 キ 爲 斯 カ ル 作 用 差 異 ヲ 呈 ス ル モ ノ ナ リ ト思 考 セ ラ ル.而 シ テ 「コ カ イ ン」バ一 般 ニ 交 感 神 經 興 奮 性 ヲ亢 進 セ シ ム ル ガ 故 ニ 其 ノ 前 處 置 後 ニ於 テ ハ 「ア ド レ ナ ロ ン」 ノ 血 壓 下 降 及 ビ上 昇 兩 作 用 増 強 シ,恰 モ ヨ リ大 量 ヲ作 用 シ タ ル ト同 結 果 ヲ招 來 ス ル モ ノ ナ リ. 尚 ホ 「シ ン コ ニ ン」前 處 置 ニ ヨ リ「ア ド レ ナ リ ン」及 ビ「エ フ エ ド リ ン」ノ 血 壓 上 昇 作 用 ハ 發 現 セ ザ ル ニ 至 ル,是 レ「シ ン コ ニ ン 」ハ 「ヒニ ン」 ト同 様 交 感 神 經 催 進 纎 維 ヲ侵 襲 シ テ,其 ノ 興 奮 性 ヲ 消 失 セ シ ム ル ニ由 ル モ ノ ナ リ ト解 セ ラ ル.又 「シ ン コ ニ ン」前 處 置 後 ニ 於 テ ハ 「ア ド レ ナ ロ ン 」ノ 血 壓 下 降 作 用 ハ 著 明 ニ 増 強 セ ラ レ,同 様 ニ 「エ フ エ ド リ ン」少 量 ニ テ 屡 々 現 ル ル 血 壓 下 降 作 用 モ 亦 増 強 セ ラ ル.之 等 ノ 事 實 モ上 述 ノ 「シ ン コ ニ ン」ガ交 感 神 經 催 進 纎 維 ヲ選 擇 的 ニ 麻 痺 ス ル 結 果 ト觀 ル べ ク,即 チ夫 レ ガ爲 抑 制 纎 維 ニ 對 ス ル 「ア ド レナ ロ ン」及 ビ「エ フ エ ド リ ン」ノ 作 用 著 明 ニ 顯 ル ル ニ 至 ル モ ノ ナ ル ベ シ. 又 比 較 的 大 量 ノ 「ア ド レナ リ ン」作 用 後 短 時 間 内 ニ於 テ ハ,「 ア ド レ ナ リ ン」ノ最 小 有 效 量 低 下 シ,甚 ダ 少 量 ニ テ 尚 ホ 能 ク 血 壓 上 昇 作 用 ヲ現 シ,「 エ フ エ ド リ ン」ノ 上 昇 作 用 ハ 轉 向 シテ 著 明 ナ ル 下 降 作 用 ヲ示 シ,「 ア ド レナ ロ ン」ハ 通 常 下 降 作 用 ヲ 起 ス分 量 ニ テ 却 ツ テ上 昇 作 用 ヲ 呈 シ,通 常 無 影 響 ノ少 量 ニ テ 血 壓 下 降 作 用 ヲ現 ス ニ 至 ル.此 現 象 ハ 「ア ド レ ナ リ ン」作 用 後 暫 ク ハ 交 感 神 經 バ 一 般 ニ興 奮 性 ヲ亢 進 セ ル モ ノ トノ假 定 ニ ヨ リ容 易 ニ説 明 セ ラ ル.即 チ 其 ノ 結 果 既 ニ 再 三 述 ベ タ ル ガ如 ク3者 ノ催 進,抑 制 兩 纎 維 ニ 對 ス ル 親 和 力 ノ 差 異 ニ ヨ リ,「 ア ド レ ナ リ ン」ハ 少 量 ニ テ 上 昇 作 用 ヲ發 現 シ,「 エ フ エ ド リ ン」 通 常 上 昇 ヲ 起 ス量 ニ テ ハ 毎 常 下 降 作 用 ヲ呈 シ,「 ア ド レ ナ ロ ン」 ハ 通 常 下 降 ヲ起 ス量 ニ テ 上 昇 作 用 ヲ 呈 シ,通 常 無 效 ナ ル 少 量 ニ テ 下 降 作 用 ヲ發 揮 ス ル ニ 至 ル ナ リ.即 チ此 場 合 ニ ハ 交 感 神 經 興 奮 性 ノ亢 進 ノ結 果3物 質 ノ ヨ リ大 量 テ 作 用 セ シ メ タ ル ト同 一 ノ結 果 ヲ 呈 ス ル ニ 過 ギ ズ. 総 括 1.「 コ カ イ ン」ノ0.005-0.03g(pro kg以 下 省 略)ヲ 家 兎 ニ皮 下 注 射 ス レバ2-3分 ヲ 經 テ 血 壓 漸 次 上 昇 シ數 分 乃 至 十 數 分 ニ シ テ 恢 復 シ原 位 或 ハ 原 位 以 下 ニ 一 定 ス.「 シ ン コ ニ ン」ノ0.01-0.03gニ テ ハ, 2-3分 ニ シ テ 少 シ血 壓 上 昇 シ概 ネ 數 分 ニ シ テ 原 位 ニ復 ス. 2.「 コ カ イ ン」0.005-0.039ノ 前 處 置 ニ ヨ リテ 「ア ド レナ リ ン」 ノ 血 壓 上 昇 作 用 ハ 著 明 ニ増 強 セ ラ レ,且 又 「ア ド レナ リ ン」ノ最 小 有 效 量 低 下 シ,其 ノ約1/2-1/5ニ テ モ 有 效 トナ ル. 「シ ン コ ニ ン」0.03gヲ 以 テ 前 處 置 セ ル 後 ニ ハ 「ア ド レ ナ リ ン」ノ少 量0.000003-0.000005gノ 148

(14)

他 藥 ト ノ併 用 ヨ リ觀 タ ル 「ア ド レ ナ リ ン」,「 エ フ エ ド リ ン」及 ビ 「ア ド レナ ロ ン」 ノ 血 壓 ニ 對 ス ル 作 用 補 遺

2983

血 壓 上 昇 作 用 ハ 發 現 セ ズ.然 レ ドモ,之 ヨ リ少 シ ク 増 量 シ タ ル0.00001-0.00003gニ ア リ テ ハ 該 作 用 ハ 殆 ド影 響 セ ラル ル コ トナ シ. 3.「 エ フ エ ド リ ン」 ハ 家 兎 血 壓 ニ 對 シ0.00005-0.0001gノ 如 キ 甚 ダ 少 量 ニ テ ハ 毎 常 ナ ラ ザ ル モ 血 壓 降 下 作 用 ヲ 呈 シ, 0.0003g以 上 ニ テ ハ 常 ニ 上 昇 作 用 ヲ 呈 ス.「 エ フ エ ド リ ン」ヲ 増 量 ス ル モ 血 壓 上 昇 作 用 ハ 之 ニ 平 行 シ テ 増 強 セズ.一 般 ニ 血 壓 上 昇 作 用 ハ 弱 キ モ 持 續 性 ナ ル ヲ 特 徴 ト ス.「 エ フ エ ド リ ン」 ノ 少 量 ニ テ屡 々 現 ル ル 血 壓 下 降 作 用 ハ 「コ カ イ ン」0.005-0.03gノ 前 處 置 ニ ヨ リテ 増 強 セ ラ レ,其 ノ血 壓 上 昇 作 用 ハ 同 處 置 後 ハ 稀 ニ 微 弱 ニ 發 現 ス ル コ トナ キ ニ ア ラ ザ ル モ,概 ネ現 ル ル コ トナ ク,加 之 却 ツ テ 血 壓 バ 下 降 シ,作 用 ノ 轉 向 ヲ 呈 ス. 「シ ン コ ニ ン 」 ノ0.01-0.03gノ 前 處 置 ハ 「エ フ エ ド リ ン」レ 少 量(0.00005-0.0001g)ニ テ 屡 々 認 メ ラ ル ル 血 壓 下 降 作 用 ヲ増 強 セ シ メ,其 ノ 中 等 量(0.005gノ 如 キ)ノ 血 壓 上 昇 作 用 ヲ完 全 ニ 抑 制 シ,加 之 血 壓 下 降 作 用 ヲ發 揮 セ シ メ,其 ノ作 用 ハ轉 向 ヲ 起 ス. 4.「 ア ド レナ ロ ン」ハ 家 兎 血壓 ニ對 シ,其 ノ 少 量(0.0001-0.0005gノ 如 キ)ハ 下 降 作 用 ヲ 呈 シ,其 ノ 中 等 量(0.001-0.005gノ 如 キ)ハ 初 メ之 ヲ 上 昇 セ シ メ,次 デ 之 ヲ 下 降 セ シ ム ル モ ノ 多 キ モ,又 血 壓 ニ著 變 ヲ 呈 セ ザ ル モ ノ,或 ハ 初 メ 之 ヲ 下 降 セ シ メ後 之 ヲ 上 昇 セ シ ム ル モ ノ モ ア リ テ,其 ノ作 用 一 定 セ ズ.其 ノ0.002g以 上 ニ ア リテ ハ 常 ニ 一 過 性 ノ顯 著 ナ ル 上 昇 作 用 ヲ 呈 ス ル コ ト「ア ド レ ナ リ ン」作 用 ニ 酷 似 ス.「 ア ド レナ ロ ン」 ノ血 壓 下 降 作 用 及 ビ其 ノ 上 昇 作 用 ハ 「コ カ イ ン 」0.005-0.03gノ 前 處 置 ニ ヨ リテ 共 ニ著 明 ニ増 強 セ ラ レ,兩 作 用 何 レモ 著 シ ク 持 續 性 トナ ル. 又 「ア ド レナ ロ ン」ノ 少 量 ノ血 壓 下降 作 用 ハ 「シ ン コ ニ ン」0.01-0.03gノ 前 處 置 ニ ヨ リテ 増 強 セ ラ レ,其 ノ 作 用 モ 亦 持 續 性 トナ ル.然 ル ニ此 分 量 ノ 「シ ン コ ニ ン」 ノ 前 處 置 ニ ヨ リ「ア ド レ ナ ロ ン」ノ 稍 大 量(0.002g)ノ 血 壓 上 昇 作 用 ハ抑 制 セ ラ ル ル モ,更 ニ 大 量(0.005gノ 如 キ)ノ 血 壓 上 昇 作 用 ハ抑 制 セ ラ ル ル コ トナ シ.又 「コ カ イ ン」(0.005-0.03g)及 ビ 「シ ン コ ニ ン」(0.01-0.03g)ノ 前 處 置 後 ニ於 テ ハ 「ア ド レナ ロ ン」ノ最 小 血 壓 下 降 量 ハ 低 下 シ,正 常 ノ約1/2-1/3ト ナ ル. 5.「 ア ド レナ リ ン」ノ稍 大 量(0.00002gノ 如 キ)ヲ 作 用 セ シ メ,著 明 ナ ル 血 壓 上 昇 ノ 略 ボ 恢 復 セ ル 際,夫 レ ノ少 量(0.000001gノ 如 キ)ヲ 作 用 セ シ ム ル 時 ハ 顯 著 ナ ル 血 壓 上 昇 ヲ 呈 シ,加 之 最 小 作 用 量 ノ約1/2-1/3(0.0000003gノ 如 キ)ノ 量 ニ於 ヲ モ 尚 ホ 奏 效 ス.同 前 處 置 後 「エ フ エ ド リ ン」 ハ 其 ノ 少 量 ノ 血 壓 上 昇 量(0.0003-0.0005gノ 如 キ)ニ テ 血 壓 ヲ 上 昇 セ シ メ ズ,却 ツ テ 下 降 ヲ示 シ,其 ノ作 用 ノ逆 轉 ス ル ヲ觀 ル.加 之 此 場 合 最 小 血 壓 上 昇 量 ノ1/3-1/6(0.00005-0.0001g ノ如 キ)ノ 如 キ微 量 ニ テ モ 毎 常 ヨ リ血 壓 下 降 作 用 ヲ呈 ス.「 ア ド レ ナ ロ ン 」ハ 同 前 處 置 後 ニ ハ 其 ノ 稍 大 量 ニ テ ハ 勿 論,其 ノ 少 量 ノ 血 壓 下 降 量(0.0001-0.0003gノ 如 キ)ニ テ モ 却 ツ テ 血 壓 上 昇 セ シ メ,其 ノ 作 用 ハ逆 轉 ス.然 レ ド モ 更 ニ 微 量(0.00005gノ 如 キ)即 チ常 態 ニ 於 テ 何 等 血 壓 ニ 影 響 ヲ 與 へ ザ ル 量 ヲ 作 用 セ シ ム ル 時 ハ,其 ノ 作 用 ノ 増 強 ヲ呈 シ,血 壓 ヲ 微 ニ 下 降 セ シ ム. 6.「 コ カ イ ン」及 ビ「シ ン コ ニ ン」ノ 「ア ド レナ リ ン」,「 エ フ エ ド リ ン」及 ビ「ア ド レ ナ ロ ン」ノ 作 用 ニ及 ボ ス 上 記 ノ 諸 影 響 ハ 注 射 後 數 分 ニ ン テ 現 レ,約1時 間 持 續 ス.加 之, 0.03gノ 「コ カ 149

(15)

イ ン 」 前 處 置 後 ニ於 テ ハ1.5時 間 後 ニ於 テ モ 尚 ホ 此 現 象 ヲ現 ス ヲ 觀 タ リ. 結 論 1,「 コ カ イ ン 」ハ 交 感 神 經 催 進,抑 制 兩 纎 維 ノ興 奮 性 ヲ 昂 進 セ シ ム.從 ツ テ 「ア ド レナ リ ン」, 「エ フ エ ド リ ン 」及 ビ 「ア ド レナ ロ ン」 ノ血 歴 上 昇 作 用 ヲ 増 強 セ シ ム ル ノ ミ ナ ラ ズ,「 ア ド レナ ロ ン 」及 ビ「エ フ エ ド リ ン」ノ 少 量 ノ 血 歴 下 降 作 用 ヲ モ 増 強 セ シ ム.然 ル ニ 「エ フ エ ド リ ン」 ノ 血 歴 上 昇 作 用 ニ對 シ テ ハ 抑 制 的 ニ 作 用 ス.余 等 ハ 此 最 後 ノ 事 實 ヲ 「コ カ イ ン 」ガ 交 感 神 經 抑 制 纎 維 ノ 興 奮 性 ヲ 高 メ テ 「エ フ エ ド リ ン」ノ血 壓 下 降 作 用 ヲ 張 メ タ ル 結 果 ト判 斷 セ ン トス. 2.「 シ ン コ ニ ン」ハ交 感 神 經 催 進 纎 維 ヲ麻 痺 セ シ メ,「 ア ド レナ リ ン」,「 エ フ エ ド リ ン」及 ビ 「ア ド レナ ロ ン」ノ血 歴 上 昇 作 用 ヲ 抑 制 シ,「 ア ド レ ナ ロ ン」及 ビ「エ フ エ ド リ ン」ノ 血 歴 下 降 作 用 二 封 シテ ハ 却 ツ テ 助 長 ス. 3.稍 大 量 ノ「ア ド レ ナ リ ン」ニ ヨ リ血 歴 上 昇 シ漸 ク恢 復 セ ル 時 期 ニ ハ 交 感 神 經 催 進,抑 制 兩 纎 維 トモ 興 奮性 昂 進 セ ル モ ノ ノ 如 シ.此 時 血 歴 上 昇 作 用 ヲ 呈 ス ル 「ア ド レ ナ リ ン 」ノ最 小有 數 量 ハ 低 下 シ,「 エ フ エ ド リ ン」ノ 上 昇 作 用 ハ 下 降 ニ轉 向 シ,又 「ア ド レナ ロ ン 」ノ 下 降 作 用 ハ 上 昇 ニ 轉 向 シ,而 シ テ 「ア ド レ ナ ロ ン」ノ最 小 有 數 量 ハ 低 下 シ此 際 ニ 依 然 血 歴 下 降 作 用 ヲ示 ス. 4.「 ア ド レナ リ ン」,「 エ フ エ ド リ ン」及 ビ「ア ド レナ ロ ン」ハ 何 レ モ 等 シ ク 交 感 神 經 毒 ナ レ ド モ3者 ハ其 ノ催 進 纎 維 及 ビ抑 制 纎 維 ニ 對 ス ル 親 和 力 ニ著 シ キ 差 異 ヲ 有 シ,就 中 血 管 ニ於 テ 「ア ド レナ リ ン」 ハ 主 ト シ テ 催 進 纎 維 ヲ 侵 襲 シ,「 エ フ エ ド リ ン」 ハ 其 ノ 他 抑 制 纎 維 ヲ モ 稍 強 ク侵 襲 シ,「 ア ド レ ナ ロ ン」ハ催 進 纎 維 ニ對 ス ル ヨ リ モ 強 度 ニ抑 制 纎 維 ヲ侵 襲 スル ガ 故 ニ,上 述 ノ 如 キ 種 々 ノ 作 用 差 異 ヲ 呈 ス ル モ ノ ト解 セ ラ ル.

1)

Frohlich u. Loewi, Arch. f. exp. Path. u. Pharm. Bd. 62, S. 159, 1909.

2)

Tainter u. Chang,

Journ. of pharm. a. exp. therapeut. Bd. 30, P. 193, 1927.

3)

Tainter,

Journ. of pbarm. a. exp.

therapeut. Bd. 36, P. 569, 1929.

4)

Eds, Proc. of the soc. f. exp. biol. a. med. Bd. 24, S. 551,

1927, Z. n. Berichte Bd. 41, S. 617, 1927.

5)

Chen, Journ. of pharm. a. exp. therap. 1928, Bd. 33,

P. 229.

6)

Pak u. Read, Chinese Jour. of physiol. Bd. 2, P. 1, 1928.

7)

Hamet, Arch. f.

exp. Path. u. Pharm. Bd. 160, S. 1, 1931.

8)

Loewi u. Meyer, Ebenda. Bd. 53, S. 213, 1905.

9)

Darger u. Dale, Journ. of physiol. Vol. 41, P. 19, 1910.

10) Jager,

Comp. rend. de la soc.

de biol. Vol. 85, P. 432, 1921, Z. n. Chem. Zentralbl. Pd. 93, S. 147, 1922.

11)

Dakin,

Proc. roy.

Soc. Vol. 76, P. 498, 1905. nach Journ. of physiol. Vol. 32, P. 34, 1905.

12)

Sternberg, Arch. f.

exp. Path. u. Pharm. Bd. 100, S. 112, 1923.

13) Elliot,

Journ. of physiol. Vol. 32, P. 401, 1905.

14) 藤 田,岡 醫 雜,第446號, 79頁,昭 和2年. 15) 近 藤,日 新 醫 學,第7巷, 1953頁,大 正14年. 16) Clerc et Deschamps, Arch. internat. de Pharmakodyn. et de therap. Bd. 27, S. 213, 1923. 17) 三 浦 及 ビ 岡 本,金 澤 醫 科 大 學 十 全 會 雜 誌,第33巻, 684頁,昭 和4年. 18) 藤 野,岡 醫 雜,第484號,

1188頁,昭 和4年. 19) 村 上,岡 醫 雜,第486號, 1755頁.昭 和5年. 20) 赤 松,岡 醫 雜 , 第494號, 702頁,昭 和6年. 21) 木 下,岡 醫 雜,第504號, 19頁,昭 和7年. 22) Curtis, Journ. of pharm. a. exp. thernp. Vol. 34, P. 37, 1928. 23) 谷,岡 醫 雜,第494號, 733頁.昭 和6年.

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :