高・国『沙石集』「歌ゆゑに命を失ふ事」

全文

(1)

一 単 元 ( 題 材 ) 名 【 読 む こ と 】 登 場 人 物 の 心 情 を 的 確 に 捉 え 、 も の の 見 方 ・ 考 え 方 を 豊 か に す る 。 説 話 『 沙 石 集 』 「 歌 ゆ ゑ に 命 を 失 ふ 事 」 二 単 元 設 定 の 理 由 ○ 単 元 ( 題 材 ) 観 本 単 元 で は 、 「 高 等 学 校 学 習 指 導 要 領 」 古 典 B の ( 1 ) ウ 「 古 典 を 読 ん で 、 人 間 、 社 会 、 自 然 な ど に 対 す る 思 想 や 感 情 を 的 確 に と ら え 、 も の の 見 方 、 感 じ 方 、 考 え 方 を 豊 か に す る こ と 。 」 を ね ら い と し て い る 。 本 教 材 は 九 六 〇 年 に 村 上 天 皇 が 主 催 し た 天 徳 四 年 内 裏 歌 合 を 舞 台 と し 、 左 右 の 歌 の 優 劣 が 判 定 さ れ る 様 子 や 歌 の た め に 命 を 失 う 登 場 人 物 の 心 の 動 き が 描 か れ て い る 。 た だ し 、 左 右 が 逆 に な っ て い る 、 実 際 に は 歌 の た め に 命 を 失 っ て い な い 等 、 史 実 と は 異 な る 点 が あ る 。 ま た 、 説 話 に 多 い 歌 徳 説 話 に な っ て お ら ず 、 「 執 心 」 に つ い て の 芸 道 と 仏 道 の 調 和 と い う 、 き わ め て 中 世 的 な 問 題 が 主 題 と な っ て い る 。 さ ら に 、 本 教 材 に 登 場 す る 二 首 の 歌 は 『 小 倉 百 人 一 首 』 に も 入 選 し て い る 有 名 な 歌 で あ る 。 二 首 の 歌 を 比 較 し 、 歌 の 優 劣 に つ い て デ ィ ベ ー ト を 行 わ せ る な ど 、 言 語 活 動 に も 最 適 な 教 材 で あ る 。 ○ 生 徒 観 本 ク ラ ス は 理 系 ク ラ ス で 、 授 業 中 の 態 度 や 課 題 へ の 取 り 組 み が 真 面 目 で 素 直 な 生 徒 が 多 い 。 古 典 の 学 習 に 対 す る 意 欲 も 高 く 、 授 業 に 積 極 的 に 参 加 す る 姿 勢 が 見 ら れ る 。 ペ ア や グ ル ー プ で 話 し 合 わ せ る 際 も 活 発 な 活 動 を 行 う こ と が で き る 。 生 徒 達 は 一 年 次 に 総 合 的 な 学 習 の 時 間 ( ニ ュ ー セ サ ミ プ ラ ン ) に お い て デ ィ ベ ー ト を 行 っ て き た 。 昨 年 は 「 選 挙 の 棄 権 に お い て 罰 則 は 是 か 非 か 」 と い う テ ー マ で デ ィ ベ ー ト を 行 っ た 。 「 昨 年 の デ ィ ベ ー ト で ど の よ う な 力 が 身 に つ い た か 」 と い う 記 述 式 の ア ン ケ ー ト を 行 っ た と こ ろ 、 「 情 報 を 収 集 し 選 択 す る 力 」 「 様 々 な 視 点 か ら も の ご と を 考 え る 力 」 「 考 え た こ と を 伝 え る 力 」 と い う 答 え が 返 っ て き た 。 「 一 年 次 に 身 に つ け た 力 を ど の よ う な 場 面 で 活 用 で き る か 」 と い う 質 問 に 対 し て は 「 今 年 の セ サ ミ の 時 間 」 「 将 来 の 仕 事 」 と い う 答 え が 多 く 、 「 授 業 」 と 答 え た 生 徒 は 三 人 の み で あ っ た 。 総 合 的 な 学 習 の 時 間 で 培 っ た 力 を 授 業 で も 発 揮 で き る 機 会 を 設 け る 必 要 が あ る 。 ○ 指 導 観 本 単 元 の 指 導 に 当 た っ て は 、 登 場 人 物 の 心 情 を 的 確 に 捉 え る 力 を 高 め る と と も に 、 根 拠 を 挙 げ て 自 分 の 意 見 を 述 べ る こ と を 通 し 、 も の の 見 方 ・ 考 え 方 を 豊 か に す る こ と を ね ら い と し て い る 。 そ の た め 、 ま ず 文 法 事 項 を 確 認 し な が ら 本 文 の 読 解 を 行 う 。 歌 の 優 劣 が 天 皇 の ご 意 向 に よ り 決 定 さ れ た 経 緯 や 、 歌 合 わ せ で 負 け た こ と か ら 命 を 失 う こ と と な っ た 登 場 人 物 の 心 情 を 的 確 に 読 み 取 ら せ る 。 ま た 、 「 執 心 」 に つ い て の 筆 者 の 主 張 も 捉 え さ せ る 。 次 に 、 「 天 徳 四 年 内 裏 歌 合 に お い て 平 兼 盛 と 壬 生 忠 見 の 勝 負 で は 平 兼 盛 の 歌 を 勝 ち と す べ き で あ る 。 是 か 非 か 。 」 と い う 論 題 で デ ィ ベ ー ト を 行 わ せ る 。 そ の 際 、 グ ル ー プ に 分 か れ 図 書 館 や パ ソ コ ン 教 室 で の 調 べ 学 習 を 取 り 入 れ る 。 デ ィ ベ ー ト の 形 式 を 昨 年 の 総 合 的 な 学 習 の 時 間 で 行 っ た も の と 同 じ に す る こ と で 、 生 徒 が 主 体 的 に 活 動 す る こ と が で き る と 考 え る 。 ま た 、 二 首 の 歌 の 優 劣 を デ ィ ベ ー ト の 批 判 的 視 点 で 捉 え さ せ る こ と に よ り 歌 の 構 成 や 語 彙 の 是 非 、 歴 史 的 背 景 な ど を よ り 深 く 学 ば せ る こ と が で き る 。 デ ィ ベ ー ト を 通 し て も の の 見 方 ・ 考 え 方 を よ り 豊 か に す る こ と が で き る と 考 え る 。 三 単 元 の 指 導 目 標 ・ 歌 合 で 歌 の 優 劣 が 決 ま っ た 経 緯 と 登 場 人 物 の 心 情 を 的 確 に 捉 え る 。 【 読 む 能 力 】 ・ 根 拠 を 挙 げ 、 自 分 の 意 見 を 適 切 に 述 べ る こ と を 通 し 、 も の の 見 方 ・ 考 え 方 を 豊 か に す る 。 【 関 心 ・ 意 欲 ・ 態 度 】 四 指 導 計 画 ( 全 九 時 間 ) 第 一 次 … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … ( 四 時 間 ) 1 … 文 法 事 項 に 留 意 さ せ な が ら 現 代 語 訳 を さ せ る 。 ( 二 時 間 ) 2 … 歌 合 で 歌 の 優 劣 が 決 ま っ た 経 緯 と 歌 合 で 敗 北 し 、 命 を 失 う ほ ど の 登 場 人 物 の 心 情 を 読 み 取 ら せ る 。 ( 一 時 間 ) 3 … 筆 者 の 執 心 に つ い て の 思 想 を 読 み 取 ら せ る 。 ( 一 時 間 ) 第 二 次 … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … ( 五 時 間 ) 1 … 班 分 け を し 、 調 べ 学 習 を さ せ る 。 ( 一 時 間 ) 2 … 立 論 シ ー ト 、 反 駁 シ ー ト 、 質 疑 シ ー ト 、 質 疑 予 想 シ ー ト を 書 か せ る 。 ( 二 時 間 ) 3 … デ ィ ベ ー ト 大 会 を 行 う 。 ( 二 時 間 ) 本 時 2 / 2 時 間

(2)

五 本 時 ( 一 ) 本 時 の 指 導 目 標 ・ 根 拠 を 挙 げ 、 自 分 の 意 見 を 述 べ る こ と を 通 し 、 も の の 見 方 ・ 考 え 方 を 豊 か に す る 。 ( 二 ) 本 時 の 手 立 て ・ 立 論 シ ー ト 、 反 駁 シ ー ト 等 の 学 習 プ リ ン ト を 用 い て デ ィ ベ ー ト を 行 う 。 ( 三 ) 本 時 の 授 業 仮 説 一 年 次 に 総 合 的 な 学 習 の 時 間 で 行 っ た デ ィ ベ ー ト と 同 じ 形 式 を 取 る こ と で 、 生 徒 の 主 体 的 な 活 動 を 促 す と と も に 、 立 論 シ ー ト 、 反 駁 シ ー ト 等 を 使 用 し デ ィ ベ ー ト を 行 う こ と で 根 拠 を 挙 げ て 自 分 の 意 見 を 述 べ る こ と が で き 、 主 体 的 ・ 対 話 的 で 深 い 学 び へ つ な が る だ ろ う 。 ( 四 ) 教 材 教 科 書 『 高 等 学 校 改 訂 版 古 典 B 古 文 編 』 ( 第 一 学 習 社 ) 、 副 教 材 「 速 読 古 文 常 識 」 ( Z 会 ) 、 学 習 プ リ ン ト ( 五 ) 学 習 の 展 開 展 開 導入 ○ デ ィ ベ ー ト 大 会 を 行 う 。 1 . 論 題 と 試 合 の 形 式 を 確 認 す る 。 論 題 「 天 徳 四 年 内 裏 歌 合 に お い て 平 兼 盛 と 壬 生 忠 見 の 勝 負 で は 平 兼 盛 の 歌 を 勝 ち と す べ き で あ る 。 是 か 非 か 。 」 試 合 の 形 式 ○ 本 時 の 目 標 を 確 認 す る 。 学 習 活 動 ・ 内 容 ・ 試 合 が で き る 机 の 配 置 に し て お く 。 ・ ス ト ッ プ ウ ォ ッ チ 、 ベ ル 、 残 り 時 間 の 告 知 カ ー ド 、 掲 示 物 を 準 備 し て お く 。 ・ 評 価 表 を 事 前 に 生 徒 に 配 布 し て お く 。 ・ 試 合 の 流 れ を 確 認 さ せ る 。 ・ 本 時 の 目 標 を 確 認 す る 。 ・ デ ィ ベ ー タ ー や 審 判 は も ち ろ ん 聴 衆 も 評 価 表 を 書 く 際 、 根 拠 を 挙 げ 勝 敗 を 決 め る よ う 指 導 す る 。 指 導 上 の 留 意 点 学 習 プ リ ン ト 教 科 書 教 科 書 学 習 プ リ ン ト 教 材 三 分 二分 配 一 斉 一斉 形 評 価 根 拠 を 挙 げ 、 自 分 の 意 見 を 述 べ る こ と を 通 し 、 も の の 見 方 ・ 考 え 方 を 豊 か に す る 。 ① 肯 定 側 立 論 二 分 ② 否 定 側 質 疑 二 分 ③ 否 定 側 立 論 二 分 ④ 肯 定 側 質 疑 二 分 ⑤ 否 定 側 反 駁 二 分 ⑥ 肯 定 側 反 駁 二 分 ⑦ 審 査 三 分

(3)

ま と め 展 ○ ま と め ・ 本 時 の 目 標 を 確 認 す る 。 ・ デ ィ ベ ー ト を 行 っ た 感 想 、 デ ィ ベ ー ト を 通 し て 気 づ い た こ と 、 考 え た こ と を 書 く 。 ・ ペ ア に な り 、 意 見 を 交 換 す る 。 ・ 感 想 を 発 表 す る 。 ・ 「 歌 合 わ せ 」 と は ど の よ う な も の か を 副 教 材 で 確 認 す る 。 ・ 本 時 の 目 標 が 達 成 で き た か 確 認 す る 。 ・ 次 回 の 授 業 の 内 容 を 確 認 す る 。 2 . 第 一 試 合 を 行 う 。 ・ デ ィ ベ ー タ ー は 前 に 出 る 。 ・ 司 会 、 時 計 係 、 審 判 も 所 定 の 位 置 に つ く 。 ・ 司 会 が 試 合 開 始 を 宣 言 す る 。 ・ 試 合 の 形 式 に 従 い 、 第 一 試 合 を 開 始 す る 。 ・ 司 会 が 試 合 終 了 宣 言 を し 、 デ ィ ベ ー タ ー と 審 判 以 外 の 係 り の 生 徒 が 席 に 戻 る 。 3 . 結 果 発 表 ・ 審 判 の 生 徒 は 結 果 発 表 の 準 備 を す る 。 ・ 審 判 以 外 の 生 徒 は 「 ベ ス ト デ ィ ベ ー タ ー 賞 」 の 選 考 を 行 う 。 ・ 結 果 発 表 の 準 備 が 整 っ た ら 、 審 判 の 生 徒 は 全 員 前 に 出 て く る 。 ・ 審 判 長 が 審 査 結 果 を 発 表 す る 。 ・ 健 闘 を 称 え 、 す べ て の デ ィ ベ ー タ ー に 拍 手 を お く る 。 ・ 本 時 の 目 標 を 確 認 さ せ 、 デ ィ ベ ー ト を 通 し て 何 を 学 ん だ か 、 ど の よ う に 感 じ た か が 大 切 で あ る こ と を 伝 え る 。 ・ 感 想 文 の 用 紙 を 配 布 し 、 書 か せ る 。 ・ ペ ア を 作 ら せ 、 意 見 を 交 換 さ せ る 。 ・ 生 徒 を 指 名 し 、 発 表 さ せ る 。 ・ 「 歌 合 わ せ 」 も 根 拠 を 明 確 に し て 行 わ れ て い た こ と に 気 づ か せ る 。 ・ 本 時 の 目 標 を 改 め て 意 識 さ せ 、 目 標 が 達 成 で き た か 確 認 さ せ る 。 ・ 次 回 の 授 業 の 予 告 を す る 。 ・ 移 動 を 速 や か に 行 わ せ る 。 ・ 試 合 中 は 生 徒 に 進 行 を 任 せ 、 適 切 に 試 合 が 行 わ れ て い る か 注 意 す る 。 ・ 試 合 後 、 審 判 だ け で な く 聴 衆 に も 評 価 表 を 書 か せ る 。 ・ 勝 敗 の 理 由 を 明 確 に す る よ う 指 導 す る 。 ・ 評 価 表 を 回 収 し 、 次 回 集 計 結 果 を 発 表 す る こ と を 伝 え る 。 ・ 審 議 に 迷 っ て い た ら 、 助 言 を し 、 審 査 の 理 由 を 明 確 に す る よ う 指 示 す る 。 ・ 「 ベ ス ト デ ィ ベ ー タ ー 賞 」 の 選 考 の 用 紙 を 配 布 す る 。 ・ 本 時 だ け で な く 、 す べ て の 試 合 の 中 か ら ベ ス ト デ ィ ベ ー タ ー を 選 考 さ せ る 。 ・ 「 ベ ス ト デ ィ ベ ー タ ー 賞 」 の 発 表 は 次 回 行 う こ と を 伝 え る 。 ・ 勝 利 し た 班 だ け で は な く 、 す べ て の デ ィ ベ ー タ ー を 称 え 拍 手 を さ せ る 。 学 習 プ リ ン ト 副 教 材 学 習 プ リ ン ト 二 分 五 分 二 分 二 分 二 分 二 分 二 〇 分 十 分 一 斉 個 別 ペ ア 一 斉 一斉 根 拠 を 明 確 に し 、 自 分 の 意 見 を 述 べ る こ と を 通 し 、 も の の 見 方 ・ 考 え 方 を 豊 か に す る 【 関 心 ・ 意 欲 ・ 態 度 】

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP