﹂ 地 域 主 義 の 可 能 性

18  Download (0)

Full text

(1)

一 九九 七年 に東 アジ ア 諸国 を襲 った 通貨 危機 は

︑こ の地 域 の諸 国に

︑経 済相 互依 存 の現 実と 新た な地 域協 力 の必 要性 を 再認 識さ せた

︒そ して

︑ 危機 を克 服す るた めの さ まざ まな 施 策が 講 じら れる な かで

︑﹁ 東ア ジア

﹂ とい う新 た な地 域概 念 が 形成 さ れて くる

︒六

〇年 代以 降の 東南 アジ ア諸 国連 合︵ A S E A N

︶ の 発展 を 背景 に﹁ 東南 アジ ア﹂ 地域 概念 が 形成 され

︑ 八〇 年 代以 降︑ 経済 相互 依存 と太 平 洋経 済協 力会 議︵ P E C C

︶ な どの 地域 組織 に よっ て育 まれ

︑ア ジア 太平 洋経 済協 力 会 議︵ A P E C

︶ や A SE A N地 域フ ァ ーラ ム︵ A R F

︶ に 結実 す る﹁ アジ ア 太平 洋﹂ 地 域概 念に 加え て︑

﹁ 東ア ジア

﹂ と い う地 域 概 念が 今 日︑ 形 成 され つ つあ る

︒﹁ A S E AN

+ 3

︵ 日 中 韓

﹂︶ 協力 の 枠組 みは この 具体 的な 事例 であ る

A SE AN

+3 は︑ 一九 九 九年 一一 月の マニ ラ での 首脳 会 議に おい て︑ 東ア ジア 協力 に 関す る共 同声 明を 発 表し

︑こ の フォ ーラ ムが 取り 上げ る対 象 を八 つの 分野 とす る こと で合 意 する

こ のリ スト が示 すよ う に︑ AS EA N+ 3 はA PE C やA RF より もは るか に包 括 的な 分野 を協 力の 対 象に 取り 上 げる こと にな って いる

︒昨 年 の首 脳会 議で は﹁ 東 アジ アF T A

︵ 自 由 貿 易 協 定

︶ 締 結 構 想

﹂や

﹁ 東 ア ジ ア サミ ッ ト 構 想

﹂ を検 討す るこ とに も合 意し た

欧州 統合 の進 展や 米州 自 由貿 易圏

︵ F T A A

︶ 創設 の合 意 な ど︑ 地域 統合 と同 時に 地域

︵ 主 義

︶ 間 の競 争が 激し くな る なか で

︑﹁ 東ア ジア

﹂を 基 盤と した 地 域主 義の 強 化を 促す 国際 政治 経済 環境 が確 かに 存在 す る︒ しか し同 時に

︑ 東ア ジア も

(2)

かつ ての

﹁相 互補 完的

﹂ な経 済関 係か ら︑ より 競 争的 な経 済 関係 へと 移行 しつ つあ る

︒中 国と AS EA Nと の 産業 競争 は 激化 し つつ ある し︑ 最近 の日 中韓 の

﹁セ ーフ ガー ド︵ 緊 急 輸 入 制 限 措 置

﹂︶ をめ ぐる 紛 糾は

︑今 後東 アジ ア域 内 にお いて も 経済 摩 擦が 激化 す るこ とを 予 想さ せる

︒朝 鮮半 島

︑台 湾海 峡

︑ 領土 紛争

︑米 国の プレ ゼ ンス など をめ ぐる 関係 国 の思 惑の 違 いも 顕 著で ある

︒ した がっ て

︑﹁ 東ア ジア 協力

﹂ がど こま で 実 体を 伴っ た もの とし て発 展す るか は依 然不 透 明で ある

︒ 本 稿で は︑ AS EA N

+3 の新 たな 地域 協力 の 枠組 みの 形 成過 程を 検証 し︑ この フ ォー ラム の可 能性 と課 題 を指 摘し た い︒ 本稿 は︑ 初め にA S EA N+ 3の 制度 化を 先 導し た金 融 通貨 の 分野 での 日 本の 関与 を 検討 する

︒次 いで

︑ 中国

︑韓 国

︑ AS EA Nの 対応 を分 析 し︑ 最後 にア ジア 太平 洋 の制 度相 互 の関 係に 焦 点を あて てA SE AN

+3 の今 後 を展 望す る︒

︵ 1

︶ 大 庭 三 枝

﹁ 地 域 主 義 と 日 本 の 選 択

﹂︑ 末 廣 昭

・ 山 影 進 編

﹃ ア ジ ア 政 治 経 済 論

﹄︑ N T T 出 版

︑ 二

〇 一 年

︒ 菊 池 努

﹃ A P E C

ア ジ ア 太 平 洋 新 秩 序 の 模 索

﹄︑ 日 本 国 際 問 題 研 究 所

︑ 一 九 九 五 年

︒ ま た

︑ 大 庭 三 枝

・ 山 影 進

﹁ ア ジ ア

・ 太 平 洋 地 域 主 義 に お け る 重 層 的 構 造 の 形 成 と 変 容

﹂﹃ 国 際 問 題

﹄ 第 四 一 五 号

︵ 一 九 九 四 年 一

〇 月

︶︑ 二

│ 二 八 ペ ー ジ も 参 照

︵ 2

︶JointStatementonEastAsianCooperation,28November

2000.

八 分 野 と は

︑ 経 済

︑ 通 貨 金 融

︑ 社 会 人 材 育 成

︑ 科 学 技 術

開 発

︑ 文 化 情 報

︑ 開 発 協 力

︑ 政 治 安 全 保 障

︑ 国 境 を 越 え る 問 題 で あ る

︵ 3

﹁ 東 ア ジ ア F T A 構 想

﹂ の 検 討 は A S E A N

+ 3 の 場 で 検 討 す る こ と に な っ た が

︑ こ れ は A S E A N

+ 3 か ら な る F T A の 可 能 性 を 検 討 す る こ と を 必 ず し も 意 味 し な い

︒﹁ 東 ア ジ ア

﹂ の 範 囲 そ の も の も 検 討 の 対 象 で あ る

︒ し た が っ て

︑﹁ 地 理 的 範 囲

﹂︵ 例 え ば 台 湾 の 扱 い

︶ を め ぐ っ て 対 立 が 生 ま れ る 可 能 性 も あ る

︒﹁ 東 ア ジ ア サ ミ ッ ト

﹂ に も 同 じ 問 題 が 内 在 し て い る

A SE AN

+3 首脳 会議 が 初め て開 催さ れた の は一 九九 七 年一 一月 であ る︒ この 会合 の そも そも の発 端は

︑ 同年 一月 に 橋本 龍太 郎首 相が AS EA N 発足 三〇 周年 に際 し て日 本と A SE AN との 首脳 会合 の 開催 を提 案し たこ とに あ る︒ 日本 の 提案 に対 して AS EA N 側か ら日

・中

・韓 の首 脳 を同 時に 招 待し たい との 提案 がな さ れ︑ AS EA Nと 三ヵ 国 首脳 の会 議 が開 催さ れ た︒ A S E A N と 日 中 韓 の 対 話 は

︑ A S E A N 拡 大 外 相 会 議

︵ P M C

︑︶ AP E C︑ アジ ア欧 州 会合

︵ A S E M

︶ な どの 場 で行 なわ れて きた

︒し かし

︑ それ がA SE AN

+ 3と いう 形 で制 度化 され るに は通 貨危 機 と︑ 通貨 危機 を契 機 とす る日 本

(3)

をは じめ とす る関 係諸 国 の積 極的 な﹁ 東ア ジア

﹂ への 関与 が あっ た︒ 通 貨危 機を 契機 に日 本 は︑ 経済 支援 など を組 み 合わ せな が ら︑ 東ア ジア の新 しい 制 度作 りに 重要 な役 割を 果 たす

︒通 貨 危機 後

︑日 本は 金融 面 の支 援︵ 資 金 の 提 供

︶ と 実体 経 済面 の 支援

︵ 人 材

・ 技 術

︑ 構 造 改 革 で の 協 力

︶ のそ れ ぞれ の分 野で ア ジア 諸国 に対 する 支援 を 強力 に推 進し た︒ 資金 面 では

︑国 際 通貨 基 金︵ I M F

︶ と並 行し た国 際収 支支 援 策︑ 信用 収縮 に 悩 む 民 間 企 業 の 活 動 を 支 援 す る た め の 産 業 金 融

︑ 企 業 の 生 産・ 輸入

・投 資等 の継 続 に資 する ため の貿 易金 融

︑社 会的 弱 者支 援な ど︑ さま ざま な 分野 で日 本は アジ ア諸 国 への 支援 を 積極 化す る

︒ 資 金面 での 支援 と並 行 して 日本 は︑ アジ ア諸 国 の実 体経 済 面で の基 盤強 化に も力 を 注ぐ

︒日 系企 業な ど によ る中 核的 人 材の 雇用 確保 と能 力向 上 を支 援す るた めの 現 地研 修︑ 日本 企 業の 海外 子会 社の 経営 基 盤強 化に 必要 な運 転 資金 を国 内親 企 業を 通じ て行 なう ため の 特別 貸付 制度

︑ア ジ ア諸 国の 経済 活 動維 持に 不可 欠な 部品 や 原材 料の 輸入 を維 持 する ため の貿 易 保険

︑民 間の 信用 収縮 に 対応 し︑ 政府 部門 の 資金 繰り

・資 金 調達 を支 援す るた め の貿 易保 険︑ 経済 構造 改 革支 援の ため の

﹁特 別円 借 款﹂ など

︑包 括 的な 支援 策を 大規 模に 実施 する

二 国間 ベー スの 支援 策や 閣 僚級 の協 議を 強化 す る一 方で 日 本は

︑ア ジア の金 融通 貨シ ス テム を強 化す るた め の地 域的 な 制度 の構 築に 動く

︒そ もそ も アジ ア諸 国の 通貨 を 安定 化さ せ る ため の地 域的 な制 度構 築の 構想 が日 本︵ 大 蔵 省

︶ で 検討 さ れた の は通 貨危 機 に先 立つ 一九 九六 年 秋で あっ た と言 われ る

その 背景 には 九四 年の メキ シ コの 通貨 危機 があ っ た︒ 当時 の 問題 意識 は︑ アジ アの 一部 で 同様 の危 機が 起こ っ た場 合に 米 国や IM Fが メキ シコ の際 の よう な迅 速な 対応 を する とは 考 えら れな かっ たこ と︑ そ の一 方で アジ ア諸 国は 外 貨の 保有 額 だけ をみ ても 危機 に対 し て当 事者 とし て対 応で き る十 分な 能 力を 有し てい るこ と︑ し たが って

︑危 機の 際に ア ジア 諸国 の 力 を 結 集で き る 枠 組 み︵ 資 金 供 給 機 能

︶ を 作 るべ き で あ る

︑ とい うこ とに あっ た︒ 検討 の 結果

︑九 七年 初め に は一 応の 案 が作 成さ れて いた とい う

だ が︑ そう した 構想 を関 係 諸国 が協 議す る前 に

︑タ イを 通 貨危 機が 襲う

︒日 本は

︑緊 急 の支 援策 をI MF 中 心の 従来 の 枠組 みの なか で処 理し よう と する

︒実 際︑ 日本 政 府は タイ か らの 直接 的な 支援 要請 に 対し てこ れを 断わ り︑ I MF との 協 議を 促す

︒八 月に 東京 で タイ に対 する 金融 支援 会 議が 開催 さ れ︑ IM F を中 心と した 緊 急支 援策 がま とま る︒

(4)

I MF を軸 に形 成さ れ たこ の支 援策 は︑ その 後 のア ジア の 協力 にと って 大き な意 味 を有 して いた

︒タ イの 流 動性 不足 額 は一 四〇 億ド ルと 見積 も られ てい たが

︑こ れに 対 して IM F の四

〇億 ドル を軸 にア ジ ア諸 国が タイ 向け に二 国 間支 援を 行 なう 形で

︑最 終的 に総 額 一七 二億 ドル のタ イ 支援 策が まと ま る︒ この 支援 策に は欧 米 諸国 は参 加せ ず︑ 国 際機 関︑ 地域 機 関の ほか は アジ ア諸 国の みが 参加 する こと にな った

こ の経 緯は

︑そ の後 の 金融 支援 のあ り方 にい く つか の影 響 を与 えた

︒第 一に

︑ア ジ アの 通貨 危機 に対 して ア ジア 諸国 同 士が 結束 して 対処 しう る 能力 を有 する こと

︑第 二 に︑ IM F と協 調す る形 であ れば

﹁ アジ ア主 体﹂ の金 融協 力 にI MF も 米国 も支 持 を与 える こと

︶﹂ タ イに 対す る﹁ アジ ア 主体

﹂の 支援 策の 合意 は

︑日 本政 府

︵ 大 蔵 省

︶ のな か にか ね てよ りあ った

︑こ の地 域の 豊富 な資 金 を活 用し た 地域 的 な資 金 供与 の メカ ニ ズム

︵﹁ ア ジ ア 通 貨 機 構 構 想

﹂︶ 作り の動 きを 加 速化 させ る

国際 的な 資金 の圧 倒的 な 力 に対 し て アジ ア 諸国 に

﹁ 安全 弁

﹂を 提 供 する 必 要が あ る

︑ とい うの がこ の構 想の 推 進役 であ った 日本 の大 蔵 省の 判断 で あっ た︒ それ らの 理由 を まと めれ ば以 下の よう に なろ う︒ 第 一に

︑ 通貨 危機 は 他の 諸国 に

﹁伝 染﹂ す る可 能性 があ るこ と

第二 に︑ アジ ア諸 国が 危機 に 直面 した 際に

︑ア ジ アの 域外 に 支援 資金 を求 める こと が困 難 であ るこ と︒ 実際

︑ アジ ア諸 国 は IM Fの クオ ータ

︵ 割 り 当 て

︶ が小 さく

︑I M Fか らの 多 額の 支援 は期 待で きな いこ と

︒ま た︑ アジ ア諸 国 への 支援 が 国 内で 政 治 的な 対 立を 引 き 起こ す 可能 性 が 高い 諸 国も あ り

︑ 恒常 的な 制度 の確 立が 望ま しい こと

最 初に AS EM 蔵相 会議

︑ 次い で一 九九 七年 九 月に 香港 で 開か れた IM F/ 世界 銀行 総 会の 場外 で︑ この 構 想が 議論 に なる

︒タ イと マレ ーシ ア︑ イ ンド ネシ アな どの 諸 国の 蔵相 や 日本 の民 間企 業は

︑日 本 政府 の一

〇〇 億ド ルの 資 金提 供を 中 核 とす る ア ジア の 通貨 機 構 構想 に 対し て 強 い支 持 を与 え た

︒ だが

︑﹁ モラ ル ハザ ード

﹂﹁ IM Fの 機能 との 重複

﹂ 等の 反論

︑ 米 国や 中国 の反 対に 直面 して

﹁ア ジア 通 貨基 金︵ A M F

︶ 構 想﹂ は頓 挫︑ 一一 月の

﹁マ ニ ラ・ フレ ーム ワー ク

﹂と いう 代 替案 で合 意し

︑A MF 設立 構 想は いっ たん 動き を 止め るこ と にな る

この 間 の 経緯 に つい て は 依然 と して 不 明 な部 分 が多 い が

︑ あえ てま とめ れば

︑I MF と の関 連で 二つ の問 題 が鍵 であ っ たと 言え よう

︒第 一に

︑融 資 条件 面で のI MF 支 援と の整 合 性の 問 題︒ すな わ ち﹁ モラ ルハ ザー ド

﹂の 問題 で ある

︒た だ

︑ 確か に日 本の 構想 に対 する ア ジア 諸国 の支 持の 背 景に は︑ I

(5)

MF の支 援に 伴う

﹁内 政干 渉︵ 融 資 条 件

﹂︶ への 強 い懸 念が あ った のは 事実 だが

︑日 本 の構 想も また

︑I MF 同 様に 協力 の 前 提と し て 融資 条 件を 付 け るこ と が予 定 さ れて い た︒ 実 際

︑ 九月 下旬 に骨 子が 示さ れ たA MF 構想 も︑ IM F との 協調 を 原則 と する

︑と 謳 われ てい た とい う

第二 は︑

﹁ 制度

﹂の 問 題 であ る︒ 仮に IM Fと の 協調 を前 提と した もの で あれ

︑い っ たん でき 上が った 制度 は 政治 経済 的条 件の 変化 に 応じ て内 部 のル ール や規 範が 変化 す る︒ した がっ て︑ AM F は将 来I M Fと の関 係を 弱め るこ と もあ りう る︒ これ が米 国 やI MF の 疑念 を生 ん だと 考え られ る︒ か くし てA MF 構想 は 実現 せず に終 わる が︑ 構 想そ のも の は決 して 消え たわ けで は なか った

︒I MF な どの 提供 する 資 金量 に制 約が ある なか で

︑日 本政 府は 危機 に 直面 した 諸国 に 対し て

︑主 とし て 二国 間援 助 の形 で豊 富 な資 金を 提供 し続 け

︑ その 額は 一九 九八 年一 一 月ま でで 四四

〇億 ド ルに のぼ る︒ 一 方︑ アジ ア諸 国か らの A MF 設立 の要 求は 強 く︑ 日本 政府 に 対し てさ まざ まな ルー ト を通 じて 実現 への 積 極的 な取 り組 み を求 める

︒ I MF の提 示し た処 方 箋が

︑少 なく とも 短 期的 には 当該 国 の政 治経 済や 社会 環境 を 劇的 に悪 化さ せて し まっ たこ とへ の 批判 の高 まり も︑ AM F 構想 を後 押し する

︒ IM Fの 提示 し

た処 方箋 は危 機の 伝染 を 防げ なか った ばか りか

︑ 当該 国の 政 治経 済を 激し く動 揺さ せ た︒ この 結果

︑I M Fの 経済 再建 策 に対 す る批 判 が高 まり

︑危 機の 悪化 を 防ぐ には

︑国 際︵ 地 域

︶ 社会 から の十 分な 資金 支援 の ほう が先 決で ある と の認 識が 強 まる

︒ま た︑ 仮に 今回 の危 機 が国 際金 融の 変化 に 由来 する も ので ある とす れば

︑危 機に 備 えて の地 域協 力の 仕 組み を構 築 する 努力 を開 始す る必 要が あっ た︒

こ うし た要 請に 対す る日 本 の最 初の 対応 が︑ 一 九九 八年 一

〇月 の﹁ 新宮 澤構 想﹂ であ る

︒こ の構 想は

︑危 機 への 直接 的 な対 処に 追わ れて きた 日本 が

︑中 長期 的な 観点 か らア ジア 諸 国の 経済 的困 難の 克服 と

︑国 際金 融資 本市 場の 安 定化 を図 る ため に打 ち出 した もの であ る

とこ ろで

︑﹁ 新宮 澤構 想

﹂は 二国 間 ベー スで の 協力 に主 眼が あり

︑地 域的 な制 度の 構築 と いう AM F構 想と は 異な るも の であ っ たこ とに 留 意す べき であ ろう

︒ また

︑﹁ 新 宮澤 構想

﹂の 一環 とし て日 本は

︑マ レー シ アや 韓国 との 間で 外 貨準 備を 利 用し たス ワッ プ取 り決 めを 結 び︑ 危機 に際 して の 通貨 供給 を 保証 する が︑ そこ には IM F の支 援と の連 携は 融 資条 件と し て盛 られ てい なか った こと も 指摘 して おき たい

︒ 日本 はA M F設 立を 求め るア ジア の 声に は慎 重に 応じ つつ

︑ 二国 間支 援

(6)

を通 じて ア ジア の期 待に 応え よう とし たの で ある

︒ ア ジア 経済 が当 初の 外 貨流 動性 危機 を乗 り切 る と︑ 危機 に 備え ての 地域 的な 資金 の 融通 メカ ニズ ム作 りと 並 行し て日 本 は︑ アジ ア諸 国の 実体 経 済の さら なる 低迷 への 歯 止め と長 期 的な 発展 のた めの 政策 を 実施 する

︒一 九九 九年 五 月に 日本 政 府 が表 明 し た﹁ 新 宮澤 構 想

﹂の 第 二ス テ ー ジが そ れで あ る

︒ この 骨子 は二 つあ る︒ 一 つは

︑実 体経 済の 本格 的 な回 復を 確 実に する ため の民 間資 金 を積 極的 に活 用す る ため の支 援策 で ある

︒日 本の 豊富 な民 間 資金 を本 格的 にア ジ ア諸 国に 還流 さ せる こと が重 要で ある と して

︑ア ジア 諸国 の 国際 金融

・資 本 市場 から の資 金調 達を 支 援す るた めに

︑日 本 輸出 入銀 行を 通 じて アジ ア諸 国が 民間 金 融機 関か ら行 なう 借 り入 れに 対す る 保証

︑ア ジア 諸国 が発 行 する 公債 に対 する 保 証︑ 輸銀 によ る 公債 の取 得 など の方 策が 挙げ られ た︒ 第 二は

︑民 間資 金の 動 員を 図る にあ たっ て

︑短 期ド ル資 金 への 過 度の 依存 が 今回 の危 機 をも たら し たと の認 識 に立 って

︑ 将来 にわ たっ て通 貨危 機 に陥 りに くい

﹁安 定 的か つ強 靭な 金 融シ ステ ム

︵ 資 金 調 達 メ カ ニ ズ ム

︶﹂ を アジ ア 域内 に 構築 す る ため の支 援策 であ る︒ 通 貨危 機を 引き 起こ した

﹁ 元凶

﹂と み られ た 過激 な国 際短 期 資本 移動 の影 響を 受け にく くす る︵

﹁ 隔 離 戦 略

﹂︶ ため に

︑域 内 の民 間資 金の 活用 を最 大化 して 域外 へ

の依 存度 を 減ら し

︑域 外 から は

﹁良 質 の﹂ 長 期

︑ 域 内 通 貨 建 て

︶ の 資金 流入 を促 進し

︑安 定 的な 金融 シス テム を構 築す る 必要 があ ると 考え られ た︒ こ の一 環と して

︑ア ジ ア域 内に お いて 債券 市場 を整 備・ 育成 す るこ とが 急務 であ り

︑日 本と し てサ ムラ イ債 発行 の促 進

︑国 債市 場お よび 決済 シ ステ ムの い っそ うの 整備 を通 じて 東 京市 場の 活性 化を 進め る こと が求 め られ た︒

危 機に 際し ての 資金 供給 能 力を 強化 する ため の 地域 的な 枠 組み 作り は︑ 昨年 五月 にタ イ のチ ェン マイ で開 催 され たA S EA N+ 3蔵 相会 議に おい て

︑い わゆ る﹁ チェ ン マイ

・イ ニ シア ティ ブ﹂ に結 実す る

︒こ のイ ニシ アテ ィブ は

︑A SE A N がす でに 有し て いる AS EA N スワ ップ 協定

︵ 外 貨 融 通 協 定

︶ お よび 日中 韓が それ ぞれ A SE AN 各国 と二 国間 ベー ス で締 結す るス ワッ プ取 り決 め をネ ット ワー ク化 し よう とい う もの であ る

AM Fと いう

﹁ 機構

﹂の 構築 には 慎 重な 立場 を 堅持 しつ つ︑ 二国 間の 支援 ネ ット ワー クを 構築 し てA MF が 果た すべ き機 能を 代替 させ よ うと した ので ある

︒ これ によ っ て︑ この 地域 で通 貨危 機 が発 生し た場 合に は︑ 二 国間 のス ワ ップ 協定 が一 斉に 発動 さ れて

︑危 機に 見舞 われ た 諸国 に十 分 な資 金が 提 供さ れる こと に なる

(7)

こ こで 注意 すべ きは

︑ この 合意 は︑ IM Fな ど の既 存の 国 際 制度 を 補 完す る もの で あ ると の 位置 付 け がな さ れて お り

︑ アジ アの 一部 の諸 国が 期 待し たよ うな

︑I MF と 離れ て危 機 に直 面 した 諸国 に 資金 を供 給 しよ うと いう もの で はな かっ た

︒ この 合意 に 基づ き︑ 一〇 月の 蔵相 代理 会議

︵ 北 京

︶ で さら に 協議

︑協 定締 結の ため の 基本 合意 書が 作成 され る

︒こ れに よ れば

︑支 援総 額の 一割 は IM Fの 経済 プロ グラ ム とは 無関 係 に実 施し

︑残 り九 割は I MF プロ グラ ムの 受け 入 れを 条件 と する こと と なっ た︒ ス ワッ プ協 定を 契機 に 東ア ジア でよ り進 んだ 金 融通 貨協 力 を模 索す べき だと いう 声 は域 内で 強く

︑実 際

︑本 年一 月に 開 催さ れた AS E M蔵 相会 合︵ 兵 庫

︶ では

︑地 域通 貨調 整メ カ ニズ ムに つ いて 欧州 共 同体

︵ E C

︹ 欧 州 連 合: E U

︺︶ の歴 史 的経 験に 学 ぶた めの 作業 部会 の設 置が 合意 さ れた

︵ 1

︶ 篠 原 興

﹁ 地 域 協 力 と し て の ア ジ ア 通 貨 機 構

﹂﹃ 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー 会 報

﹄ 一 九 九 九 年 一 二 月 一 日

︑ 四

│ 九 ペ ー ジ

︵ 2

︶ 同 右 参 照

︵ 3

︶ タ イ 支 援 パ ッ ケ ー ジ に は オ ー ス ト ラ リ ア も 参 加 す る

︵ 4

﹁ ア ジ ア 通 貨 基 金

﹂ 構 想 の 背 後 に は

︑ 東 ア ジ ア 諸 国 と の 関 係 改 善 を 通 じ て

︑ 日 本 は 相 対 的 に 米 国 か ら

﹁ 自 立

﹂ す べ き で あ る と の 思 惑

︑ 別 言 す れ ば

﹁ 米 国 に 対 し て 最 後 に 切 る カ ー ド

﹂ を も つ べ き で あ る と の 意 向 が 働 い て い た よ う で あ る

︒ A M F 構 想

の 背 景 を 知 る う え で

︑ 当 時 こ の 構 想 の 牽 引 役 で あ っ た 榊 原 英 資 氏 の 以 下 の 座 談 会 で の 発 言 は 興 味 深 い

︒﹁

︿ 座 談 会

﹀ 新 世 紀 を 迎 え る 日 本 外 交

﹂﹃ 国 際 問 題

﹄ 第 四 九

〇 号

︵ 二

〇 一 年 一 月

︶︒ ま た 榊 原 英 資

﹃ 日 本 と 世 界 が 震 え た 日

﹄︑ 中 央 公 論 社

︑ 二

〇 年 も 参 照

︵ 5

︶ 大 蔵 省

︵ 現 財 務 省

︶ 関 係 者 か ら の ヒ ア リ ン グ

︵ 6

︶ 大 庭 三 枝

︑ 前 掲 論 文 参 照

︵ 7

︶ 大 庭 三 枝

︑ 前 掲 論 文 参 照

︵ 8

︶ 短 期 資 金 需 要 に 対 し て 一 五

〇 億 ド ル

︑ 円 借 款

・ 輸 銀 融 資 等 の 中 長 期 一 五

〇 億 ド ル

︒ 輸 銀 融 資 の 供 与

︑ ア ジ ア 諸 国 の 発 行 す る ソ ブ リ ン 債 の 輸 銀 に よ る 取 得

︑ ア ジ ア 諸 国 へ の 円 借 款 の 供 与 な ど

︒﹁ 新 宮 澤 構 想

﹂ の 一 環 と し て 日 本 は ま た

︑ ア ジ ア 諸 国 へ の 融 資 に 対 す る 利 子 補 給 の た め

︑ ア ジ ア 開 発 銀 行

︵ A D B

︶ に

﹁ ア ジ ア 通 貨 危 機 支 援 資 金

﹂ を 創 設 す る

︵ 9

︶ チ ェ ン マ イ

・ イ ニ シ ア テ ィ ブ を 含 む ア ジ ア の 金 融 戦 略

︑ 日 本 の 関 与 と 政 策 に つ い て は 以 下 を 参 照

︒ 岸 本 周 平

﹁ ア ジ ア 金 融 戦 略 の 展 開

﹂︑ 末 廣 昭

・ 山 影 進 編

︑ 前 掲 書

︑ 二 八 九

│ 三 二

〇 ペ ー ジ

︵ 10

︶ も っ と も

︑ マ レ ー シ ア は

︑ 昨 年 の A S E A N

+ 3 首 脳 会 議 後 の 記 者 会 見 で マ ハ テ ィ ー ル 首 相 が

﹁ I M F プ ロ グ ラ ム の 受 け 入 れ を 前 提 と す る 協 定 に マ レ ー シ ア は 同 意 し て い な い

﹂ と 述 べ た よ う に

︑ こ の 方 式 に 異 論 を 唱 え て い る

︒ そ も そ も I M F プ ロ グ ラ ム の 受 け 入 れ を 協 定 の 条 件 と す る こ と は

︑ モ ラ ル ハ ザ ー ド を 避 け る 必 要 が あ る と の 理 由 で 日 本 や 韓 国

︑ 中 国 が 強 く 挿 入 を 求 め て い た も の で あ る

︒ こ れ に 対 し

︑ ア ジ ア 通 貨 危 機 で I M F の プ ロ グ ラ ム が 必 ず し も 期 待 ど お り の 成 果 を 生 ま な か っ た こ と に 不 満 を も っ て い た A S E A N 側 が 反 発

︑ 最 終 的 に 最 初 の 一 割

10

(8)

は I M F プ ロ グ ラ ム な し で も 提 供 さ れ る と の 妥 協 案 で 合 意 し た

︒ 日 本 は マ レ ー シ ア と の 間 で 一 九 九 九 年 八 月 に 二 五 億 ド ル の 通 貨 ス ワ ッ プ 協 定 を 締 結 し て い る が

︑ 協 定 に I M F 条 項 は 入 っ て い な い

︒ 同 協 定 は 本 年 八 月 に 期 限 が 切 れ る

︒ 日 本 は 今 回 の ス ワ ッ プ 合 意 を 基 に 新 た な 二 国 間 合 意 を 結 ぶ 用 意 が あ る が

︑ マ レ ー シ ア は ま だ I M F 条 項 を 受 け 入 れ て い な い

+3

A SE AN

+3 首脳 会 議は 一九 九九 年の マニ ラ 会議 で常 設 化に 合意 する

︒そ して

︑ 金融 や通 貨が 中心 テー マ であ った こ のフ ォー ラム に数 多く の 議題 が持 ち込 まれ る︒ ま た︑ 外相 や 通産 大臣 会合 など が設 置 され たほ か︑ 協力 のあ り 方を 検討 す る高 級事 務レ ベル 協議 の 場︵

﹁ 東 ア ジ ア 協 力 検 討 グ ル ー プ

︵ E A S G

﹂︶ を 設置 する こ とも 合意 され た︒ この よう なA SE A N+ 3の 議題 の拡 大と 制 度化 には

︑A SE AN 諸 国や 中国

・ 韓国 の積 極 姿勢 も作 用し てい る︒

日本 のA MF 構 想に 冷淡 に 反応 し︑

﹁人 民元 を 切り 下げ な い こと

﹂を もっ て通 貨危 機 から のア ジア 経済 回復 へ の最 大の 貢 献で ある と主 張し てき た 中国 であ った が︑ 危機 の 深刻 化と 日 本の アジ ア支 援の 積極 化

︑A MF 設立 を求 める ア ジア 諸国 の

声の 高 まり

︑﹁ 台頭 する 中 国﹂ への 域 内諸 国の 懸 念等 に直 面し て︑ アジ ア諸 国︑ 特に AS E AN との 協力 強化 の 道を 模索 す る︒ 一九 九八 年の ハノ イで の 首脳 会議 にお いて 中 国が 行な っ た︑ AS EA N+ 3の 蔵 相代 理・ 中央 銀行 副総 裁 会合 開催 の 提案 はそ の第 一弾 であ っ た︒ 中国 はさ らに 九九 年 のマ ニラ で の首 脳会 議に おい て︑ こ の蔵 相代 理・ 中銀 副総 裁 会合 の常 設 化を 提案 する とと もに

︑ 経済 調整 や金 融改 革︑ 国 際金 融シ ス テム 改革 など に関 する 意 見調 整を 行な うた めの 蔵 相・ 中銀 総 裁会 合の 開催 を提 案す る

︒ま た︑ マニ ラの 会合 で 朱鎔 基首 相 は︑

﹁ 東ア ジア 協 力の 枠組 みで

﹂政 治 安全 保障 問 題を 協議 す る 用意 があ ると 述べ

︑東 南 アジ アの 一部 にあ る﹁ 東 アジ ア安 全 保障 フォ ー ラム

﹂設 立へ 前向 きの 姿勢 を示 す

︒ ま た︑ 日本 と韓 国︑ 日 本と シン ガポ ール との 間 のF TA 締 結 に向 けて の 動き

︵ 共 同 研 究 の 開 始

︶ は

︑ これ まで 二 国間 で もま た地 域的 なレ ベル でも

︑ 他の 地域 に比 べて F TA 締結 の 動き が少 なか った 東ア ジア で も︑ FT A締 結の 動 きが 急速 に 広ま って いる こと を中 国 に再 認識 させ るも ので あ った

︒シ ン ガポ ール の対 日F TA 締 結提 案は

︑こ れま で関 税 貿易 一般 協 定︵ G A T T

︶ の 多国 間 主義 に依 拠し

︑二 国間 や 地域 的な 自 由貿 易協 定に 慎重 な姿 勢を と って きた 日本 政府 の なか に︑ F TA を新 たな 通商 戦略 に組 み 込む べき であ ると の 声を 強め て

(9)

いた

そ して

︑米 国も ま た︑ 昨年 九月 のブ ルネ イ での AP E C首 脳会 議の 際に クリ ン トン 大統 領が シン ガポ ー ルと のF T A締 結の 交 渉を 開始 する 旨表 明し てい た

日 本や シン ガポ ール の 動き は︑ 後述 する よう に

︑台 頭す る 中国 への 備え とも みら れ

中 国の 警戒 感を 喚起 し てい たと 言 われ る︒ しか も中 国に と って

︑A SE AN 諸国 の なか に生 ま れて いる 対中 警 戒心

す な わち

︑東 南ア ジア の経 済 成長 を 支 えて き た 海外 か らの 直 接 投資 が 中国 に シ フト し つつ あ り

︑ 中国 は今 後A SE AN に とっ て深 刻な 競争 相手 に なる であ ろ うと の警 戒心

を 緩和 する 必要 も あっ た

昨 年の 中 国│ A SE AN 閣僚 会議 での A SE AN との FT A締 結 の可 能性 を 探る 共同 研究 の提 案は

︑ AS EA Nと の対 立を 回 避す るた め に対 話を 強化 する 姿勢 を 示し つつ

︑同 時に

︑日 本 やシ ンガ ポ ール の動 き に対 して 中国 が投 じた

﹁牽 制球

﹂ と言 えよ う︒ 一 方︑ 韓国 の金 大中 大 統領 はか ねて より 東ア ジ ア協 力の 構 想を 温め てお り︑ 東ア ジ ア各 国の 民間 有識 者か ら なる

﹁東 ア ジア

・ヴ ィジ ョン

・グ ル ープ

﹂を 設置 し︑ 地域 協 力の 具体 的 なあ り方 を検 討さ せて い た︒ ただ

︑同 グル ー プの 検討 作業 よ りも 現実 の動 きが 先行 す る︒ 既述 のよ うに 一 九九 九年 末の A SE AN

+3 首脳 会議 に おい て東 アジ アの 協 力に 関す る共 同 宣言 が発 表に なり

︑八 項 目に わた る広 範な 分 野で の協 力が 合

意さ れる

︒し たが って 金 大統 領に とっ て︑ 自ら の イニ シア テ ィブ をA S EA N+ 3の なか に反 映さ せる こ とが 急務 とな る︒ 金大 統 領 は︑ 昨 年の シ ン ガポ ー ルで の サ ミッ ト にお い て

︑ 東ア ジア 協力 を検 討す る ため の政 府レ ベル の﹁ 東 アジ ア協 力 検討 グル ープ

︵ E A S G

︶﹂ の設 置 を提 案 し︑ 他の 首脳 の同 意 を得 る︒ 韓国 が狙 って いる の は︑ EA SG の検 討 作業 と﹁ ヴ ィジ ョ ン・ グル ー プ﹂ の活 動を 結び つ ける こと で ある よう だ

︒ 実際

︑韓 国政 府は

︑A SE A N+ 3で の具 体的 な 協力 項目 の 検討 作業 で中 心的 役割 を担 お うと して いる

︒昨 年 の首 脳会 議 での 合意 を受 けて 韓国 政府 は

︑本 年一 月に EA S G設 立の 正 式な 提案 を各 国に 行な っ てい るが

︑そ こで は︑ A SE AN

+ 3 の高 級事 務レ ベル 協議

︵ S O M

︶ に 参 加す る各 国政 府関 係 者か ら なる EA S Gの 設置

︑韓 国が 事 務局 を引 き 受け るこ と

︑ 具体 的な 協力 項目

︵ 短 期

︑ 中 長 期 的 な テ ー マ

︶ を検 討す る ため に実 務レ ベル 協議 の場 を設 定す るよ う提 案し てい る︒ ま た韓 国政 府は

︑E AS G のメ ンバ ーを 北東 ア ジア と東 南 アジ アで 同数 に する

︵ 日 中 韓 三 国 か ら 各 一 名 と A S E A N の 代 表 三 名

︶ と する よう 提 案し

︑従 来こ の種 フォ ーラ ムで 特徴 的 であ った

﹁A SE AN 主導

﹂ の検 討作 業を 否定 し

︑北 東ア ジ ア諸 国に よる イニ シア ティ ブ 発揮 の余 地を 大き く しよ うと し てい る︒ そし て︑ EA SG の 活動 を少 なく とも 次 期A SE A

(10)

N+ 3の 首脳 会議 まで は 存続 させ るべ きで ある と 提案 して い る︒ 韓国 政府 は﹁ ヴィ ジ ョン

・グ ルー プ﹂ の最 終 報告 書の 次 期A SE AN

+3 首脳 会 議で の承 認を 目指 し︑ 同 時に そこ に 盛ら れた 政策 勧告 をA S EA N+ 3の 合意 とし て EA SG の 活動 に繋 げ てい こう と考 えて いる よう であ る

難: A SE AN 自身 も﹁ 東 南ア ジア

﹂を 超え て︑ よ り広 域的 な 地域 主義 のな かで AS E AN の安 定と 繁栄 を模 索 しな けれ ば なら ない 状況 に直 面し て いる

︒A SE AN は一 九 九〇 年代 に 入っ てメ ンバ ーの 拡大 を 図り

︑一 九九 九年 四月 の カン ボジ ア の加 盟を もっ て一

〇ヵ 国 体制 を実 現し た︒ し かし

︑メ ンバ ー の 拡 大 は

︑ A S E A N 諸 国 の 間 の 政 治

・ 経 済

・ 社 会 的 な 格 差・ 相 違を いっ そ う際 立た せ るこ とに な り︑

﹁A SE AN の 二 層化

﹂と い う懸 念を 現実 のも のに して きた

通貨 危 機 はA S EA N の 抱え る 問題 を さ らに 深 刻に す る

︒ AS EA N諸 国の 多く が 通貨 危機 を克 服す るた め の自 国優 先 の施 策を 推進 した 結果

︑ AS EA N諸 国の 間に さ まざ まな 軋 轢を 生む

︒し かも AS E AN 諸国 の経 済的 困難 は

︑新 規メ ン バー に対 して 意味 のあ る 経済 的支 援を 行な う余 力 をA SE A N諸 国か ら奪 った

︒A S EA N自 身は 通貨 危 機の 発生 とと も に︑ IM Fを 中心 に構 成 され た支 援策 への 協 力︑ AS EA N

(11)

諸国 間の 金融 通貨 協力 な どで 合意 する が︑ 支援 の ほと んど は 日本 や IM Fな ど の域 外の 諸 国や 国際 組織 から の もの であ り

︑ AS EA N 自身 の寄 与は きわ めて 限定 的な も ので あっ た

一 九九 七年 一一 月の ハ ノイ での 首脳 会議 にお い て︑ AS E AN は﹁ ヴィ ジョ ン2 0 20

﹂を 採択 し︑ 繁栄 し 安定 した 東 南ア ジア 共同 体の 将来 像 を描 き︑ これ を実 現す る ため の﹁ ハ ノイ 行動 計画

﹂に 合意 す るが

︑そ うし た計 画を A SE AN だ けで は 実施 する 力 がな いこ と は明 らか で あっ た︒ その 一方 で

︑ 危機 に直 面し たA SE AN 諸 国に 支援 を提 供し

︑﹁ 縁故 主義

﹂ を批 判し て急 進的 な改 革 を求 める IM Fの 政 策に ブレ ーキ を かけ

︑国 内の 政治 経済 的 安定 を優 先し つつ 漸 進的 な改 革を 求 め てい っ たの が 日 本を は じ めと す る東 ア ジ ア諸 国 であ っ た

︒ かく して 北東 アジ ア諸 国 の力 を活 用し てA S EA Nの 政治

・ 経済

・社 会 的基 盤を 強化 しよ うと いう 動き が強 まる

し かも

︑北 東ア ジア の 政治 経済 的な 変化 がA S EA Nに と って は大 きな 挑戦 とな る

︒中 国は WT O加 盟を 契 機に さら に 国際 経済 で大 きな 力を も つと みら れ︑ これ まで A SE AN の 成長 を支 えて きた 外資 が 中国 へい っそ う集 中す る ので はな い かと の懸 念を AS EA N のな かに 生む

︒日 本や 中 国を 中心 と する 北東 アジ アに 政治 経 済的 な重 心が 移行 し︑ 東 南ア ジア は その 重要 性を 低下 させ る ので はな いか との 懸念 が AS EA N

の指 導者 の間 に生 まれ る︒ さ らに

︑A SE AN 内部 に も地 域の 結束 を弱 め かね ない 動 きが 台頭 しつ つあ った

︒ シン ガポ ール によ る二 国 間F TA 締 結の 動き であ る︒ シア ト ルの WT O閣 僚会 議の 混 乱に 象徴 さ れる 多国 間主 義の 将来 へ の懸 念︑ AP EC によ る 貿易 投資 自 由化 の進 展の 遅延 など を シン ガポ ール 政府 はF T A締 結の 背 景と して 説明 して いる が

︑F TA 締結 の動 きが

︑ 東南 アジ ア の政 治経 済の 将来 に対 す る同 国の 深刻 な懸 念と

︑ その なか で 自 国 の 経 済 的 繁 栄 を 維 持 す る 道 を 模 索 す る シ ン ガ ポ ー ル の

﹁自 国 優先

﹂の 政 策の 現わ れで ある と の認 識は

︑ 東南 アジ ア 諸 国の 間に 広く 存在 して い る︒ 政治 経済 的混 乱が 続 くイ ンド ネ シア

︑マ ハテ ィー ル政 権 の政 治的 基盤 の脆 弱化 が 取り ざた さ れる 隣国 マレ ーシ アな ど

︑東 南ア ジア が政 治的 に も経 済的 に も不 安定 な地 域で ある と の認 識が 世界 に広 ま るな かで

︑シ ン ガポ ール もま たそ の一 部 であ ると みな され か ねな かっ た︒ 実 際︑ 通貨 危機 は東 南ア ジ アの 優等 生と 言わ れ たシ ンガ ポー ル 経済 にも 深刻 な打 撃を 与 えた

︒か くし てシ ン ガポ ール にと っ て︑ 自ら を他 の東 南ア ジ ア諸 国と

﹁切 り離 す

﹂政 策が 急務 と なる

︒域 外諸 国と のF T A締 結の 動き は︑ そ うし たシ ンガ ポ ール の危 機 感を 反映 して いる

︒ シ ンガ ポー ルの 動き は 近隣 の東 南ア ジア 諸 国に

﹁A SE A

11

10

12

(12)

N連 帯﹂ への シン ガポ ー ルの コミ ット メン トに 対 する 疑念 を 生む

︒そ して

︑A SE A Nを 基盤 とし た地 域協 力 や連 帯強 化 の動 きが 頓挫 する なか で

︑よ り広 域的 な地 域主 義 で再 度A S EA Nの 結 束を 強化 しよ うと いう 動き

︵ 同 時 に

︑ シ ン ガ ポ ー ル の 独 自 の 動 き を 牽 制 す る 動 き

︶ をA SE AN 諸国 の間 で促 進す るこ とに なる

︒A SE A N諸 国が 中国 から のF T A研 究の 呼 びか けに 応え た背 景に は

︑確 かに さま ざま な要 因 が作 用し て いる が︑ 最も 重要 なの は

︑シ ンガ ポー ルや 日本

︑ 韓国

︑ニ ュ ージ ーラ ンド など の二 国 間ベ ース での FT A 締結 の動 きで あ ろう

︒中 国か らの FT A 共同 研究 提案 は︑ 再 びA SE AN が 一体 とな って 取り 組め る 共通 のテ ーマ が与 え られ たと いう 意 味で

︑A SE AN 諸国 に とっ ては

︑そ の帰 趨 はと もか くと し て︑ 短期 的に は好 まし い 政治 的効 果を 有す る と判 断さ れた と 言え よう

︒ま た︑ 中国 の 提案 に対 して

︑日 本 と韓 国を 加え る

︵ A S E A N

+ 3 の 枠 組 み で 検 討 す る

︶ よう AS EA N︵ タ イ な ど

︶ が 求め たこ とは

︑日 本や 韓国 の関 心を 東南 アジ アに 引 き止 めた いと いう AS E AN の﹁ 防御 的姿 勢﹂ の 反映 とも 言 えよ う︒ A SE AN

+3 の制 度 化を 促し た背 景に は政 治 安全 保障 上 の要 因も 働い てい る︒ A SE AN

+3 の共 同宣 言 の顕 著な 特 徴は

︑こ のフ ォー ラム の 制度 化の 直接 的な 要因 が 通貨 危機 で

あっ たに もか かわ らず

︑ 安全 保障 問題 を取 り上 げ るこ とを 排 除し てい ない こと にあ る

︒実 際︑ 日本 の政 策当 局 者も

︑安 全 保障 問題 を含 め共 同声 明 に盛 られ てい る諸 項目 が バラ ンス よ く取 り上 げら れる よう 求 めて いる

︒ま た︑ 東南 ア ジア の一 部

︵ 例 え ば フ ィ リ ピ ン

︶ には かね て より 東 アジ ア の安 全 保障 問 題 を取 り上 げる 首脳 レベ ルの 協 議体 を設 立す るよ う 求め る声 が あっ た︒ こ うし た動 きの 背後 には

︑ 第一 に︑ 東南 アジ ア の政 治安 全 保障 問題 が﹁ 東南 アジ ア﹂ と いう 地理 的範 囲に と どま らな い 広が りを もつ に至 った こと

︒ 例え ば︑ 南シ ナ海 の 領土 問題 に は

︑A S E AN 諸 国の ほ か

︑中 国 や台 湾 が かか わ って い る

︒ AS EA Nに とっ て︑ とり わ け中 国と の間 での 了 解を 勝ち 取 るこ とは 急務 であ る︒ 第 二に

︑こ れと 関連 して

︑ 一九 九四 年 に発 足し たA RF が多 数 の諸 国の 参加 を得 なが ら も︑ 地域 の 紛争 その もの の解 決や 緩 和に 有効 な手 立て を講 じ られ ない こ とへ の 不満 があ る

︒﹁ すべ ての 参加 国 が懸 念を も たず に参 加 で きる 方式

﹂を 主導 して き たの はA SE AN 自身 で ある が︑ A SE AN の一 部に はそ う した 対話 だけ では 直面 す る問 題の 打 開に 役立 たな いと の不 満 があ る︒ また

︑政 治的 な 対立 の緩 和 のた めに は︑ 首脳 レベ ル での 対話 を強 化す る必 要 があ ると の 認識 が AS EA N の一 部に あ る︒ 第三 に︑

﹁台 頭 する 中国

﹂ に

14

13

16

15

(13)

地域 諸国 が いか に︵ 共 同

︶ 対処 する かが ます ます 重要 な問 題 にな って きた こと

︑第 四 に︑ AS EA Nの 一部 に は︑ 米国 の 参加 しな いフ ォー ラム な らば

︑例 えば 南シ ナ海 の 問題 での 中 国の 姿勢 が 柔軟 にな るの では ない かと の期 待 があ る︒

︵ 1

︶ 日 本 の 通 商 政 策 の 変 化 に つ い て は

︑ 過 去 数 年 の

﹃ 通 商 白 書

﹄ を 参 照

︵ 2

︶ 韓 国 も こ う し た 動 き に 呼 応 し て 二 国 間 F T A の 研 究 を 始 め る

︒ 韓 国 は チ リ と の 間 で F T A 締 結 を 交 渉 中 で

︑ 日 本 と の 間 で は 共 同 研 究 を す で に 終 え

︑ さ ら に タ イ

︑ ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド

︑ シ ン ガ ポ ー ル と の 間 で 共 同 研 究 を 実 施 中 で あ る

︵ 3

︶ シ ン ガ ポ ー ル の 対 日 F T A 提 案 の 背 後 に は

︑ 中 国 の 台 頭 に 備 え て の 対 日 関 係 の 強 化 と い う 思 惑 が あ り

︑ こ れ を 受 け 入 れ た 日 本 政 府 の 側 に は

︑﹁ 華 人 国 家 シ ン ガ ポ ー ル

﹂ を

﹁ 対 中 カ ー ド

﹂ に し た い と の 思 惑 も あ る

︒日 本 外 務 省 関 係 者 か ら の ヒ ア リ ン グ

︵ 4

︶ 朱 首 相 は A S E A N 首 脳 と の 会 談 で

︑ 中 国 の 世 界 貿 易 機 関

︵ W T O

︶ 加 盟 が A S E A N へ の 脅 威 で は な く

︑ む し ろ 協 力 の 促 進 に つ な が る こ と を 強 調 し て い る

︒﹃ 日 本 経 済 新 聞

﹄ 二

〇 年 一 一 月 二 六 日

︒ A S E A N に 対 す る 中 国 の F T A 研 究 提 案 の 背 景 に は

︑ 同 様 の 構 想 を 有 す る 韓 国 や 台 湾 に 先 手 を 打 つ と い う 思 惑 も あ っ た よ う で あ る

︵ 5

︶ 韓 国 外 交 通 商 省 関 係 者 か ら の ヒ ア リ ン グ

︵ 6

︶ A S E A N の 発 展 と 今 日 の 問 題 に つ い て は

︑ 以 下 の 山 影 論 文 が 的 確 に ま と め て い る

︒ 山 影 進

﹁ 日 本 の 対 A S E A N 政 策 の 変 容

福 田 ド ク ト リ ン を 超 え て 新 た な 連 携 へ

﹂﹃ 国 際 問 題

﹄ 第 四 九

〇 号

︵ 二

〇 一 年 一 月

︶ 五 七

│ 八 二 ペ ー ジ

︒ ま た

MichaelWesley,''TheAsianFinancialCrisisandthe

AdequacyofRegionalInstitutions,''ContemporarySoutheast

Asia,Vol.20,No.1,April1999.

TowardsVision2020:

ASEAN-JapanConsultationConferenceontheHanoiPlanofAction:TheFinalReportwithRecommendations,Japan

InstituteofInternationalAffairs,October2000.

貿 使

SimonSCTay,''ASEANandEastAsia:ANew Regionalism?''SimonSCTayetal.eds.,ANewASEANina

NewMillenium,CentreforStrategicandInternational

StudiesandSingaporeandSingaporeInstituteofInternational

Affairs,2000,pp.228

240.

,October10,2000.FinancialTimes

18

17

Figure

Updating...

References

Related subjects :