『ボヴァリー夫人』の〈対〉の構造

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. 『ボヴァリー夫人』の〈対〉の構造 田中, 真理 九州大学大学院修士課程. https://doi.org/10.15017/9931 出版情報:Stella. 10, pp.37-49, 1991-10-24. Société de Langue et Littérature Françaises de l’Université du Kyushu バージョン: 権利関係:.

(2) 『ボ ヴ ァ リー夫 人 」 の く 対 〉 の構 造1). 田. 中. 真. 理. フ ロー ベ ー ル は叙 情 的 な も の と叙 事 的 な もの と,両 極 に む か う創 作 傾 向 を 持 つて い た。 この2つ. の傾 向 を,彼. 自身 の こ とば を か りて,「 卑 俗 な もの と詩. 的 な 高 揚 」2)と い う こ と もで きよ う。 『ボ ヴ ァ リー夫 人 』 に お い て も この2つ の傾 向 は人 物 や 出 来事 や情 景 な どあ らゆ る と ころ に見 いだ せ る。 そ れ らは互 い に類 似 して い た りあ るい は対 照 的 で あ つた りす るく 対 にな る もの〉 と して え が か れ て い る の だ3)。な か で も と く にく 対 〉 で あ る こ とが 顕 著 な もの につ い て は 具 体 的 な検 討 が必 要 で あ る。 本 稿 は,作 品 内 部 に符 丁 の よ う にお か れ たく 対 に な る もの〉 が この作 品 の構 造 化 と ど うかか わ って い るの か,ま た フ ロー べ 一 ル に 内在 す る2つ の 傾 向 と ど うか か わ って い る のか を読 み 解 くこ こ ろみ で あ る。 * **. シ ャル ルが どん な 人 間 で あ るか は,彼 が とあ る中 学 に新 入 り と して や つて き た 日か らは じま る冒 頭 部 にす べ て描 か れ て い る と い って も よ い。 そ の 学 校 で は,帽 子 は教 室 に はい る と きに床 の うえ を滑 らせ て 壁 の ほ うへ 勢 い よ く投 げ る のが 生 徒 の あ いだ で の流 儀 な の だ が,彼 は帽 子 を膝 の うえ に き ちん との せ て い る。 こ の時 点 で す で に彼 は疎 外 され る運 命 に あ る。 彼 の帽 子 は,毛 帽 子,槍 騎 兵 帽,丸 帽,か わ うそ 帽,ナ イ トキ ャ ップ,さ ま ざ ま の種 類 を まぜ た や や こ し いか ぶ り もの,で あ り,そ れ を見 る者 に 「黙 り こ く つた醜 さが 白痴 の 表 情 を 深 刻 に す る,あ の 情 け な い感 じ」[4]を. あ た え るの で あ る。 こ の帽 子 も不 動 の. 状 態 で あれ ば それ を 構 成 して い る さ まざ ま の要 素 が滑 稽 なが ら も均 衡 を 保 って い る ので,見. る者 はそ の 過 剰 に幻惑 され な く もな い。 しか し一 度 不 動 の 状 態 が. 崩 れ る と,た ち ま ち均 衡 は破 られ,豊 か さに な りえ るか に思 わ れ た過 剰 はた だ の が ら くた の寄 せ 集 め に変 じる。 す な わ ち落 ち た帽 子(動. い た帽 子)は. も はや. 互 い に関 連 もな く相 互 に均 衡 を保 つて い も しな い様 々 の要 素 か らな る滑 稽 な 存 在 で しか な くな って しま う。 [37].

(3) 38. 彼 は起 立 した。 帽 子 が 落 ち た。 組U .ゆうが 笑 い だ した.[4]. この 描 写 は シ ャル ル の あ り方 そ の もの を予 告 して い る。 彼 は ただ そ こ に存 在 し て い るだ けな らば そ れ ぞ れ に特 徴 を もつ い くつ か の要 素 の 混 合 体 と して そ れ な りの 均 衡 を保 ち え た か も しれ な か った。 と ころが,彼. は他 か らの 力 で 動 か され. た の だ。 エマ と出 あ う こ とに よ って お そ ら く生 まれ て は じめて,彼. は 自分 で は. そ う と気 づ か ぬ うち に今 ま で辛 う じて保 た れ て い た均 衡 を 破 る力 を 受 けた。 エマ に出 あ う直前 ま で の彼 を も っ と もよ く表 して い る と思 わ れ るの は前 妻 エ ロ イー ズ との 関係 を 暗示 す るつ ぎの場 面 で あ る。 彼 はつ い さ っ き まで 妻 と寝 床 の な か にい た と ころ を ベ ル トー農 場 の主 ル オ ー の骨 折 の治 療 を 依 頼 され て,朝 早 くで か けて い く。 彼 は馬 上 で半 ば 目覚 め半 ば眠 っ た ま まで い る。 シ ャル ル は時 お り眼 を開 い た 。 しか し,頭 が 霞 み,ま た お のず と睡 気 を もよ お す の で,や が て夢 うつ つ の 境 に は い つて い った 。 そ こで は,つ い い ま さ き の感 覚 が昔 の思 い 出 にか らま って,自 分 が 二 重 に感 じられ た。 自分 は学 生 で もあ り結 婚 も して い る。 さ つ き の よ うにベ ッ ドに横 たわ つて も いれ ば,ま た昔 の よ うに外 科 病 室 の な か を通 っ て もい る。 彼 の頭 の な か で は,湿 布 薬 の あ た たか い匂 い が 緑 の露 の 香 に入 りま じつ た。 病 室 の ベ ッ ド ・カ ー テ ンの 鉄 の 輪 が 棒 の うえ に ま わ る音 と妻 の寝 息 が聞 こえ て く る。[14]. 彼 に と って 過 去 の記 憶,と. くに学 生 時代 の そ れ は快 い もので は なか っ た はず で. あ る。 転 校 して くるな り皆 に 嘲笑 され た 中学 時 代,暖 房 もな い下 宿 で 壁 を 蹴 っ て 足 を 暖 め な が ら食事 を した苦 学 生 の境 遇 。 外 科 手 術 室 の 中 を通 る と い う具 体 的 な イ マ ー ジ ュ によ つて 呼 び起 こ され る全 身 感 覚 が や が て,鉄 輪 が 棒 の 上 で ま わ る音 へ と連 な つて い く。 鉄 輪 が棒 の上 で ま わ る音 とは心 地 よ い睡 眠 を 妨 げ覚 醒 を 促 す 不 快 な 音 で はあ るま い か。 この不 快 な記 憶 と音 が今 し方 の感 覚,つ. ま. り妻 と2人 の 寝 床 の 感覚 と識 別 され ず 同居 して い る。 妻 だ けが こ の不 快 な感 覚 と の結 びつ きを 免 れ て い る と は考 え られ な い。 こ こに お い て は シ ャル ル の感 覚 が 真 実 を告 げて い る に もか か わ らず,彼 は 自分 に と って本 質 的 な言 わ ば本 当 の 現 実 で あ る この 感 覚 を 把 握 す る能 力 を もた な い。 彼 は ル オ ー の娘 エ マ に 出 あ っ て は じめて 観 察 者 の 視 点 を 付 与 され る。 ひ どい風 が彼 女 を包 ん で襟 首 の お くれ毛 をか きみ だ した り,前 掛 けの 紐 を 腰 の うえ に ゆ す つた り した。 あ る とき,ち. ょ うど雪 解 け の候 で,庭 で は樹 の 皮 が 雫 を た ら し,屋. 根 の 雪 が 解 け だ して い た。 彼 女 は敷 居 の と こ ろ に立 つて い た。 彼 女 はパ ラ ソル を取 っ.

(4) 39 て き て それ を 開 いた 。 鳩 羽 色 の 絹 日傘 に 陽 の光 が とお って,彼 女 の顔 の 白 い肌 にゆ ら ゆ らと映 った 。[18‑19]4). エ マ に 関 す る彼 の無 意 識 の観 察 は性 的 な意 味 を も含 ん だ 感覚 に根 ざ して い る が 彼 自身 は そ れ を認 識 して い るわ けで はな い。 彼 は 「な ぜ 自分 が喜 ん で ベ ル トー へ か よ つ て くる の か,考 え よ う と も しな か つた 」[18]の だ。 彼 は 感 覚 論 に よ つて世 界 を と らえ るべ き人 間 で あ る に もか か わ らず,経 験 論 に よ つて しか そ れ を行 な え な い人 物,目 の 前 にあ り形 が あ る もの と,目 に は見 え な い が た しか に想 念 や感 覚 の なか に は存 在 す る もの との うち,前 者 だ け しか理 解 で き な い人 物 と して位 置 付 け され て い る。 シ ャル ル そ の 人 の な か に二 重 の レア リテが あ る の だ。 彼 は エ マ との 出 会 い に よ って 外部 か ら均 衡 を破 る力 を受 け た。 落 と され た帽 子 の よ う に。 こ う して 彼 はあ の 帽子 と同 じ く 「黙 り こ く った醜 さが 白痴 の 表 情 を 深 刻 に す る あ の情 け な い感 じ」 の存 在 と して エ マ に相 対 す る こ と に な る。 一 方 の エ マ は 日常 生 活 の単 調 さに は つ き り と不 快 を感 じて い る。 老 い た父 と単 調 な生 活 を 送 つて い る彼女 は,せ あ て冬 の あ い だ だ け で も街 で 暮 ら した い と思 う よ うな 娘 で あ った し,結 婚 後 の失 望 の な か で 「至 福 とか 情 熱 とか 陶 酔 と か,物 の 本 で 読 ん だ と きあ れ ほ ど美 し く思 わ れ た言 葉 が い つ た い どん な意 味 な の か を知 ろ う と努 め 」[36]夢. 想 の 世 界 を生 きよ う と して お り,今 自分 を取 り. か こむ 現 実 を 受 け入 れ よ う と しな い。 しか し実 際 に は 「自分 で 実 感 しな い こ と は理 解 が で き な い し,す べ て型 ど お り に 現 れ て こ な い もの は信 じ られ な い」 [45]性 質 な の だ 。 こ こで は 自分 に と つて 理 想 的 な現 実 を 非 現 実 的 な夢 想 の 世 界 か ら引 き出 そ う とす る 自家 撞 着 的 な 二 重 の レア リテ が エ マ に与 え られ て い る。 この2人 が結 婚 とい う枠 組 み の な か で対 置 さ れ た こ とで,こ. の作 品 は本 当. に は じま つた とい え るだ ろ う。 結 婚 とい う,人 生 の あ りふ れ た 日常 の な か で, 目 に見 え る現 実 と 目 に見 え な い 現 実 との 両 方 を巡 って 「対 立 す る存 在 」5)で あ る彼 ら。 シ ャル ル は エ マ が馬 車 で散 歩 す る の が好 き だ と知 って,中 古 の 小 型馬 車 を 二 輪 馬 車 風 に仕 立 て て 妻 に 贈 る こ と で 「何 一 つ 気 苦 労 な く幸 福 」[34] だ つた。 一 方 エ マ に は 「地 上 の ど こか に は,そ の土 地 に だ け しか 育 たな い植物 が あ る よ うに,幸 福 を生 む ど こか そ う した場 所 が あ りそ う に思 わ れ 」[42]る. 。. しか しよ りよ く生 きよ う と して,今 自分 を育 ん で い る土 地 を 呪 いそ こを 去 ろ う とす れ ば 自 ら命 を 断 つ こ とに な りか ね な い。 しか も も し違 う土 地 に移 つて も, あ る植 物 が別 の植 物 に変 わ る こ とが な い よ うに エ マ は エ マで しか な い。 彼 らに共 通 して い る の は 自 ら事 を起 こそ うと しな い態 度 で あ る。 シ ャル ル が.

(5) 40. いか に受 け身 の人 間 で あ るか は,彼 の幼 年 期,青 年 期 の 部 分 の描 写 か ら察 す る こ とが で き よ う。 医学 を学 ぶ た め転 校 させ られ た り,母 に よ り未亡 人 と結 婚 さ せ られ るな どな され るが ま ま で あ る。 エ マ との 結 婚 話 さえ(た. とえ そ れ が良 識. あ るや り方 で あ るに せ よ)彼 女 の父 親 の 口を とお して 決 ま った の で あ り,彼 自 身 は 口説 き文 句 ひ とつ言 つて い な い ので あ る。 一 方 エマ も 「心 の底 で は こ とを 待 ち望 ん で い た」[64]と あ る。 動 か な い,あ. い う表 現 で示 され る よ うに あ くま で 受 け身 の 状 態 に. るい は動 け な い彼 らの 物 語 に新 た な展 開 を与 え るた め に取. られ た方 法 は空 間的 な移 動 で あ る。 エ マの 心 の な か に お い て は夢 想 の世 界 の実 現 は,つ ね に外 部 か らや つて くる何 もの か に よ って もた ら され るべ き もの で, そ の な に もの か が た ま た ま ロ ドル フ と レオ ンと い う2人 の男 との 出 あ い だ つた の で あ り,彼 ら との恋 は新 しい未 来 に向 か うた め の 空 間 的変 移 で あ る。 空 間 的 な 移 動 は彼 女 の本 質 的 な 欲 求 で あ る。 「彼 女 に は ち が つた場 所 で 同 じこ とが 起 こ ろ う と は信 じ られ な か つ た」[88]の. だ か ら。 恋 が,実 際 の 空 間 的 ・物 理 的. 変 移 に 関 わ りを もた ぬ場 合 も,エ マ に と って シ ャル ル 以外 の者 に 向 か う こ とは 内 的 な あ るい は心 理 的 な空 間 変 移 で あ り,こ の 変 移 によ つて新 しい世 界 が開 け るか と思 わ れ る の だ が,そ が つて,さ. の 世 界 もま た 時 が た つ につ れ腐 敗 して い く。 した. らに違 つた もの を え よ うとす るな らば,加 速 的 に空 間 的変 移 を繰 り. 返 して新 た な起 点 を求 め て い く しか な いの で あ る。 さて結 婚 式 の あ と,生 家 を離 れ,夫. とな った 人 の 住 む トス トに つ い た エ マ を. 迎 え た もの の うち特 筆 す べ き は女 中 の ナ ス タ ジ ー と,ト ス トの 家 の雰 囲気 と, 前 の妻 君 の花 束 で あ る。 これ らは それ ぞ れ 再 び類 似 した場 面 を借 りて現 わ れ て く るの だ。 まず ナ ス タ ジーで あ るが,夕 方 トス トにつ い た新 婚 夫 婦 を迎 え た彼 女 は,夕 食 の 支 度 が まだ な の を 詫 び る。 の ち に,ボ. ヴ ァ リー 夫 妻 が ヴ ォ ビ ェ. サ ー ル の舞 踏 会 か ら帰 つ た と き に もナ ス タ ジー は夕 食 の支 度 をす ま せ て い な か つた。 再 び こ こで登 場 した彼 女 は ボ ヴ ァ リー夫 妻 の 間 に あ る 日常 性 を め ぐる 対 立 を浮 彫 りにす る役 を担 つて い る。 家 に 帰 る と,晩 飯 の 支 度 が ま るで で き て い なか つた。 奥 様 は か っ と な っ て お こ っ た。 ナ ス タ ジー は横 柄 に 口答 え を した。 「出 て行 くが い い。 人 を ば か に して,お. はら. い箱 だ よ」 と エ マ はい つた。 晩飯 の ご馳 走 は玉 ね ぎの ス ー プ とす かん ぽ を そえ た積 肉 で あ つ た。 シ ャル ル はエ マ と差 しむ か い で,う れ しそ うに もみ手 を しなが らい つ た。 「や っぱ り家 はい いな あ!」[57]6). 自分 が 生 き るべ き所 と して 夢 想 して い た と お りの 世 界 を展 開 して くれ た舞 踏.

(6) 41. 会 。 そ の 世 界 か ら くだ らぬ 日常 へ と ひ き戻 され た と感 じる エマ の苛 立 ち。 日常 こそ が 現 実 で あ り 自分 の生 きる べ き安 息 の場 所 で あ る シ ャル ル。 日常 生 活 とい う舞 台 背景 が変 わ らな い か ぎ り,彼 らは あ くまで 共 感 を もち え な い。 だ が エ マ が 自分 で は そ う と意 識 せ ず に そ の苛 立 ち を ナ ス タ ジ ー にぶ つ けて い る。 こ こで はナ ス タ ジー は2つ の機 能 を負 わ され て い る。 ひ とつ は,あ い も変 わ らぬ 日常 性 を代 弁 す る こ とで あ り,も うひ とつ は,表 面 上 はナ ス タ ジー が家 を 出 て い く こ とで収 ま った とは い え,や は りシ ャル ル と エ マの 間 にあ る断絶 を露 呈 さ せ, 物 語 に新 た な展 開 を与 え る こ とで あ る。 さ らに トス トの家 と ヨ ンヴ ィ ルの 家 の 雰 囲気 の類 似 に も意 味 が あ る と考 え ら れ る。 トス トの家 は以 下 の よ う に描 写 され て い る。. 右 手 に は広 間,つ ま り食 堂 兼 居 間 に な る部 屋 が あ った 。 カ ナ リヤ 色 の壁 紙 一 に うす い色 の 花 房 を描 い て 全 体 の 調 子 を 引 きた て た壁 紙 が,た. 上 の方. るん だ裏 打 ち の布 と. い っ し ょに全 体 が ぶ よぶ よ動 い て い た 〔…〕 患 者 が 診 療 室 の な か で 咳 を した り容 態 を し ゃべ りた て た りす る の が炊 事 場 に いて も聞 こえ るの と同 じ よ うに,バ. タを い た め る. 匂 い が診 察 中 に も壁 を と お して匂 って き た。[33]. 他 方,ヨ. ン ヴ ィ ル ・ラ ベ イ の 家 は つ ぎ の よ う に 表 現 さ れ て い る 。. エ マ は玄 関 に は い る な り,漆 喰 の冷 気 が,し め った布 の よ うに肩 の うえ に落 ち か か るの を感 じた。 壁 は ぬ りたて で あ つ た。 木 の 階 段 が 軋 ん だ 。[87]. け つ して 新 し くもな く,安 普 請 で あ る こ とを感 じさせ る この2つ の家 は たが い に メ トニ ミ ックな 関係 にあ る。 トス トの 町 で は毎 日が同 じ こ との繰 り返 しだ っ た,し か しそ こを去 つて新 た に や って きた ヨ ン ヴ ィル ・ラベ イ も 「風 景 に特 色 が な いの と同 様,言 葉 に も きわ だ つた な ま りが な い」[72]と. い う土 地 で あ る。. 違 う場 所 で 同 じこ とが起 こ る と は考 え られ ぬ とい うエ マ の思 い に反 して,こ れ らの家 や 町 は本質 的 に はな に一 つ変 わ らぬ だ ろ う とい う こと を予 告 して い る。 そ して 花 嫁 の 花束 にか ん して は ど うか。 エ マ が着 い た とき トス トの家 に置 か れ た ま ま だ った 前 妻 の 花 束 は シ ャル ル が 納 屋 に しま つた。 「転 地 」 の た め に ヨ ンヴ ィル に引 つ越 す こ とに な り,そ の準 備 の最 中 に今 度 は 自分 の花 束 が で て く る。 彼 女 はそ れ を燃 や す。 花 束 とい う述 語 的 統 合 に よ つエ マが エ ロ イ ー ズ と結 び合 わ され て い る こ と は,新 居 に きた そ の 日に 「も し自分 が 死 ん だ ら,自 分 の 花 束 は ど うな るだ ろ う」[34]と. 死 の 連 想 が 行 な わ れ て い る こ と に よ つて 示 さ.

(7) 42. れ て い る。 そ の花 束 を 燃 や す こ とで 彼 女 は無 意 識 に 自分 の死 を予 行 して い るよ うに思 われ る。 さ て先 に見 た よ う に ヨ ンヴ ィル は トス トと代 わ り映 え は しな い が,転 居 に よ って,少. な く と も空 間 的 な移 動 が あ つた こ と だ け は確 か で あ る。 ヨ ン ヴ ィ. ル ・ラベ イ に ボ ヴ ァ リー夫妻 が到 着 した晩,宿. に居 合 わせ た レオ ン とい う若 い. 男 が 食 事 を と も にす る こ とに な った。 エ マ と レオ ンの 会 話 の 初 め に は,「 で も あ た く し動 くの は面 白 いん で す よ。 場 所 を か え る の が好 き なん で す 」 「お な じ と こ ろ に釘 づ け に され て暮 らす の は ま った く う つ と う しい もので す ね!」[82] とあ る。 前 述 した よ うに,エ マ に と つて空 間 的 変 移 は重 大 な要 素 で あ る。 本 能 的欲 求 と も言 え るか も しれ な い。 場 所 を か え る こ とに肯 定 的 な価 値 を 認 め る と い う共 通 点 は重 要 で あ り,彼 らの関 係 が共 感 を核 に して 形 成 され るで あ ろ う こ と は予 測 で き る。 彼 らの会 話 は儀 礼 的 で紋 切 型 で あ りなが ら も態 度 はそ れ を 裏 切 つて い る。 ラ ンプ の炎 の も とで の読 書 の楽 しさ を レオ ンに肯 定 す る と き エマ は 「大 きな 黒 目 を見 開 い て」[85]彼. の うえ に 注 ぐ。 「感 性 の女 」7)で あ るエ マ. を も つ と もは つ き り と示 す この眼 差 しは,シ ぞ れ 「あ ど け な く大 胆 に,ぐ. ャル ル と ロ ドル フの 視 点 で はそ れ. つ と見 す え る よ う な眼 つ き」[16],「 錐 の よ うに. 心 の底 ま で とお つて くる」[134]と. 表 現 され て い る。 この 眼 差 しを 初 め か ら違. 和 感 な く受 け入 れ る レオ ンは エ マ と同 じ感 性 の 世 界 に棲 ん で い る。 彼 らの 関係 の この後 の展 開 につ いて は フロ ー ベ ー ル 自身 の 言 葉 に要 約 され て い る。. 宿 屋 の場 面 か ら開 放 され る と,こ ん ど は も う誰 もが 厭 に な る ほ ど繰 り返 した プ ラ ト ニ ッ クな 恋愛 とい うや つ に 陥 る羽 目 とな る ん です が,こ れ は,陳 腐 さ を除 いて しま う と幅 の 広 さ も除 く結 果 に な って しま う もの で す。 〔 … 〕 今 さ しか か つて い る と こ ろで は ご く簡単 な文 章 が他 の部 分 に無 限 の影 響 を及 ぼ します 。8). 彼 らは 出 あ い の は じめ か ら,「 ふ と した言 葉 の な りゆ きが か な らず 共 鳴 の核 心 に導 い て ゆ く」[87]関. 係 と な る。 の ち に,エ. マの 娘 を預 け て あ る乳 母 の家 か. らの帰 途,言 葉 少 な く並 ん で 歩 く彼 らは 「声 の 囁 きを圧 す るよ うな,深 い,絶 え ま な い魂 の囁 き」[97]の. よ うな甘 い悩 ま しさ に包 まれ て い くよ うに感 じる。. レオ ンと エ マ は同 じ夢 想 の 世 界 にす む者 同士 で あ る。 彼 らは詩 的 な純 真 さ を共 有 して9)お り,相 手 との対 話 は他 者 と の対 話 とい うよ りむ しろ 自分 自身 と の対 話 で あ り,相 手 の 人 物 は他 者 と して よ り はむ しろ 自己 の分 身 あ る い は 自 己 の延 長 と して 存 在 して い る。 彼 らの 関 係 に お い て レオ ンが こ とさ ら シ ャル ル と対 比.

(8) 43. 的 に と らえ ら れ て い る こ と か ら も,こ. の こ と は い え る だ ろ う。. シ ャル ル が い た。 鳥 打 帽 を まぶ か にか ぶ り,厚 い唇 を ブル ブル とふ るわ せ て い る.そ れ が彼 の顔 に ど こか 間 抜 け た もの をつ け加 え て い た 。 〔 … 〕 レオ ンが 一歩 進 み寄 つた。 〔 …〕 彼 の大 き な青 い眼 は,空 を うつ す 山 間 の 湖 よ り も清 らか に美 し く 〔 …〕[104]. 「青 い 眼」 は エ マ と レオ ンが 共 有 す る詩 的 な純 粋 さを 示 す もの で あ る こ と はす で に述 べ た。 相 手 を い とお しむ気 持 ち と,自 分 を い とお しむ気 持 ち が渾 然 一 体 と な つ た と き,共 感 は恋 と して認 識 され た。 彼 ら は2人 の人 間 で あ る と同 時 に 1人 の人 間 で あ り,彼. らの 別 れ は 自分 の分 身 との別 れ で あ る。 この損 失 は レオ. ンを再 び獲 得 す るか,あ. る い は共 感 を と も にで き る誰 か べ つ の人 間 を得 る こ と. に よ っ て しか 回 復 で き な い。 レオ ンが去 り,荘 然 と 日 々 を過 ごす エ マ の前 に ロ ドル フが 現 わ れ る。 「気 性 が激 し く,頭 が 鋭 く,女 に は通 じて い る」[134]彼. と エマ の 関係 が どの よ うな. 性 質 の もの に な る か は,「 エ マが 腰 を か が あ,両 腕 を開 きな が らち ょつ と よ ろ め く と,服 地 のふ くれ あが っ た と こ ろが 胸 の 曲線 に沿 つて と こ ろ ど ころ ほ ころ び た」[132]と. い うロ ドル フ の視 点 を とお して 表 現 され て い る。 腰,胸,衣. 服. の ほ ころ び とい う単 語 は,あ き らか に エ マ の肉 体 に関 連 づ け られ て い る。 この と きす で に ロ ドル フ は エ マ を快 楽 の対 象 と考 え る者 と して 設 定 され た の だ。 彼 が エ マ の こ とを考 え る と き にで て くる代 名 詞 は順 次elle,cettefemme,on, ga,cela,ce,と. 移 り変 わ つて い くlo)。彼 は エ マ を 出 あ い の は じめ か ら快 楽 の. た め の獲 物 と して と らえ て い る。 作 者 自身 が レオ ンと エ マ との 関 係 を いわ ゆ る プ ラ トニ ッ クな恋 愛 と規 定 して い る の と対 照 的 に,こ こで は肉 体 的 な 関 わ りが 意 識 的 に描 出 さ れ て い る。 頭 が鋭 く,女 に通 じて い る男 で あ る彼 に は エマ との 会話 を巧 み に運 ぶ の は容 易 で あ る。 しか しそ の会 話 に は使 わ れ る言 葉 の 母 体 と な る エマ との共 感 は存 在 して い な い。 レオ ン との関 係 の と き と異 な つて ロ ドル フ と シ ャル ル は明確 な形 で は対 比 的 に と らえ られ て お らず,ロ. ドル フ=エ マ と. い う関 係 が 成 り立 た な い こ とに よ つて も この こ とは裏 付 け さ れて い る と思 わ れ る。 ロ ドル フ とエ マ が は じめ て ふ た り き りで言 葉 を交 わす た め の舞 台 は農 事 共 進 会 の 場 面 で あ る。 この場 面 に つ い て フ ロー ベ ー ル 自身 は ル イ ー ズ ・コ レに宛 て た書 簡 の な か で こ う語 って い る。 この 田舎 町 の行 事 と そ の細 部 を とお して(こ われ. 喋 り,動 き回 り ます),ひ. こで は作 品 中 の す べ て の 副次 的人 物 が現. と りの 婦 人 と彼 女 を 口説 い て い る紳 士 の 対 話 を最 前.

(9) 44. 面 で ず っ と追 つて い か な け れ ば な りませ ん 。 さ らに,中 心 部 に は県参 事 官 の荘 重 な る 演説をお き 〔 …〕11). ひ とつ に は人 々の ざわ あ きや 家畜 た ち の の どか だが 滑 稽 な鳴 声,役 人 の 荘 重 だ が退 屈 な演 説 と い う流 れ が あ り,そ れ を伴 奏 に も うひ とつ の 流 れ と して ロ ドル フが エ マを 口説 くた め の会 話 が進 ん で い く。 さ らに会 話 の 流 れ の した に感 覚 の 流 れ が 存在 す る。 この会 話 の最 中 に香 つた ポ マ ー ドの 匂 い に よ つて エ マ の な か に ひ きお こ され た感 覚 が 口説 き文 句 の陳 腐 さを 圧 倒 して事 の展 開 を促 す。 ロ ドル フの 髪 を つ や つ や させ て い る ポ マ ー ドの匂 い さ え感 じた 。 す る とエ マ は う つ と り して,ヴ. ォ ビェ サ ー ル で ワ ル ッの 相 手 を して くれ た あ の 子 爵 を思 い だ した。 〔 …〕. は るか 地 平 の 果 て に古 ぼ け た乗 りあ い馬 車 の 「つ ばめ 」 が 見 え た。 レオ ンが あ ん な に 幾 度 も彼 女 の ほ うへ帰 って き たの は あ の黄 色 い馬 車 だ つた 。 〔 … 〕 や が て 何 もか も一 つ に交 じり合 い 〔 … 〕 この 快 感 は こ う して 彼 女 の 昔 の 欲 望 の な か に しみ い っ た。 [151]. ロ ドル フ との 関 係 に よ つて,失 わ れ た過 去 の補 償 が 行 なわ れ るか に思 わ れ るが 実 際 は そ うはな らな い だ ろ う こ とは,彼. らが初 あて 肉 体 的 な関 係 を も った 直後. に,エ マが そ の感 覚 で と らえ た もの が示 して い る よ う に思 わ れ る。. 宵 闇 が お りて きた 。 横 ざ まに 射 す 陽 の光 が枝 間 を縫 って エ マ の眼 に まば ゆ か つた。 ま わ りに は こ こか しこ,光 の斑 点 が ふ る え て い た。 〔 … 〕 な にか 甘 く快 い もの が木 木 の な か か ら湧 きで る よ う に思 わ れ た。 〔 …〕 そ の 時,遠 頂 に,か す か な 長 い 叫 び声,尾. く遠 く森 のか な た,別 の丘 の. を 引 くよ うな ひ とつ の声 が 聞 こえ た。[165]. 「眩 しい陽 射 し,甘 く快 い もの」 と官 能 的 な喜 び と結 びつ け られ る描 写 が あ る 一 方 で 「宵 闇 ,尾 を引 くよ うな 長 い叫 び 声」 とい う不 吉 な もの を感 じさせ る表 現 が あ る。 こ の叫 び声 は,ト ス トで の エ マ の散 歩 の場 面 で の吹 き荒 ぶ 風 の 音 に 通 じる ものが あ る と考 え られ る12)。新 しい世 界 が開 け る か に見 え なが ら,そ の ときす で に未 来 へ の 期 待 を 裏 切 る もの が きざ して い る こ と を暗 示 す る よ う に, このふ たつ の情 景 は構 成 され て い るよ うに思 わ れ る の だ。 結 局 ロ ドル フ も失 つた エ マ は激 しい病 の後,虚 脱 状 態 に陥 り生 へ の幻 滅 を感 じて い る。 ル ア ンで 見 る恋 愛 劇 の女 主 人 公 に思 わず わ が 身 を 重 ね て考 え な が ら も 「こ う した 幸 福 は,お そ ら くい つさ い の情 欲 を絶 望 の 淵 にお ち い らせ るた め に考 え だ さ れ た 嘘 いつ わ りな の か も しれ な い」[230‑231]と. あ る よ うに,夢.

(10) 45. 想 の価 値 を は つ き り疑 うほ どで あ る。 そ の劇 場 で レオ ンと エマ は偶 然 に再 会 す る。 こん ど は プ ラ トニ ッ クな恋 愛 で は な いが,エ. マが レオ ンへ の 強 い傾 斜 を感. じたの は,彼 の 態度 の純 真 さゆ え で あ り,そ の点 で 彼 らの 関係 は最 初 の 関係 と 同 様,共 感 に も とつ い て い る とい って よ い。 以 前 の 関 係 と比 較 し,変 化 した点 と して 挙 げ るべ きな の は,紋 切 型 の会 話 が 影 を ひ そ め,そ の か わ り行 為 が優 勢 と な って い る こ とで あ る。 この こ とは2人 を乗 せ て 幌 を お ろ した ま ま,沈 黙 の うち に色 々 な 場 所 を長 時 間 に わ た つて走 り回 る馬 車 が 象 徴 して い る。 さ らに この 関 係 に お い て は レオ ンの方 が 「エ マの 女」[283]に. な つて い る こ. と も指 摘 して お か な け れ ば な らな い。 息 子 が 生 きて いた ら,と ふ と回想 す る父 は エ マ が 男 だ った らと思 った こ とが な い と は い え ま い。 彼 女 自身 は 自分 が 男 だ つた らよか つた の に と思 い,こ. ど も は息 子 で あ る こ とを願 っ た が 叶 え られ. ず,し ば しば 男 の よ うな身 な り も した。 そ の彼 女 が 再 会 した レオ ン との 関係 に お いて 一 時 的 にせ よ男 に な った の だ。 か く して 夢 想 の 一 部 は現 実 の もの とな つ たか に見 え た が い まや夢 想 に価 値 を見 い だせ な くな って い る エマ は満 足 せ ず, 実 際 に具 象 的 に体験 し う る形 而 下 の行 為,す. な わ ち奢 修 と肉体 的 な か か わ りに. よ る惑 乱 に身 を 投 じて い く。 彼 女 を と らえ て い る と同 時 に さ さえ て も きた 「自 己 を現 実 と異 な る もの と考 え る能 力 」,つ ま り ど こか他 の場 所,い つ か 違 う時, 誰 か 別 の 人,を 想 定 す る能 力 は この時 点 で失 わ れて い る。. 求 め て 甲斐 あ る もの は ひ とつ と して な い 。 す べ て は虚 偽 だ!あ の あ くび が,あ. らゆ る喜 び に は呪 咀 の 声 が,あ. らゆ る微 笑 に は倦 怠. らゆ る快 楽 に は快 楽 の嫌 悪 が 隠 れ て い. る。 そ して至 上 の接 吻 す ら,さ らに 高 い 逸 楽 へ の,か な わ ぬ望 み を唇 に残 す ば か り。 [290]. 彼 女 と い う存 在 を 支 え て きた夢 想 の世 界 へ の期 待 が 消 え る と き,当 然 の こ とな が らエ マ の生 き る場 は も うな い の で あ る。 エ マ に と って 死 は救 済 で あ るだ ろ うか。 服 毒 後 の苦 しみ の 中 で 彼女 は 「す べ て の裏 切 りも浅 ま しさ も,自 分 を苦 しめ て い た数 限 りな い欲 望 も,こ れ で い っ さ い お しま いだ 」[324]と. 思 つて い る。 終 油 の秘 跡 を受 け る と き も,忘 れ て い. た若 い 日 の神 秘 な 悦 惚 感 を,ま. さに は じま ろ うと して い る永 遠 の 至 福 と共 に,. 異 常 な安 らぎの な か に再 び 見 い だ した よ うに歓 喜 の表 情 を浮 か べ さえ す る。 し か しエ マ の死 に際 の 苦 しみ の 容赦 な い描 写 は,死 が 彼 女 に と つて の 救 いで あ つ た とは感 じさせ な い。 しか も死 の 間 際 に彼 女 の幻 覚 と して 現 れ る ひ と りの 乞食.

(11) 46. を看 過 す る こ と はで きな い。 この 乞食 は ル ア ンで の レオ ン との逢 瀬 か らの帰 途 た び た び現 わ れ た 。 あ る と き,他 の乗 客 が み な お りて しま い ひ と りに な っ た エ マの 前 に姿 を み せ た この 乞 食 は 「瞼 の と ころ に,血 だ らけ な,ぽ つか り口を 開 い たふ た つ の 眼 窩 が あ り,肉 は赤 くぼ ろ ぼ ろ に た だ れ て」[272]い. る。 この グ. ロ テ ス クな 視覚 的効 果 に,次 の よ うな聴 覚 的効 果 が 加 え られ て い る。. 吃 食 の声 に は エ マの 心 を 転 倒 させ るよ うな は るば る と遠 い もの が あ った。 それ は, 竜 巻 が 谷 底 へ 舞 いお り る よ う に,エ マ の魂 の底 へ沈 ん で い き,果 て もな い憂 欝 の虚 空 ヘ エ マ を運 び去 る。[273]. さ らに,当 時乞 食 の も って い た否 定 的 な社 会 的 属 性13)も勘 案 す るな らば,ル ア ンか らの帰 途 で の エ マ と この乞 食 の一 対 一 で の 対 峙 の 場 面 は,エ マ の死 の場 面 に 対 す る周 到 な伏 線 で あ る と い え る。 死 に ぎ わ の エ マ の幻 覚 に現 わ れ る乞 食 は,彼 女 の死 を救 済 とす る こと を決 定 的 に妨 げて い る。 「め く らだ!」. と エ マ は叫 ん だ。 そ して,エ マ は笑 い だ した。 乞 食 の 醜 悪 な顔 が,. 物 怪 の よ うに,永 劫 の闇 に つ つた つて い る の が見 え る よ う な気 が して,残 忍 に,狂 暴 に,絶 望 的 に笑 い だ した。[332‑333]. 彼 女 の死 に よ つ て初 めて 自分 の 置 か れ て いた状 況 を知 った シ ャル ル は,エ マ の 情 事 の相 手 で あ っ た ロ ドル フ にた い し,す べ て は 「運 命 の罪 」[355]だ. と言 つ. た翌 日,死 ぬ。 彼 の死 の 原 因 につ いて は 「解 剖 した が何 も見 つ か らな か った」 [356]の. は当 然 で あ る。 エ マ と運 命 的 に結 び合 わ され た彼 は彼 女 とい う存 在 が. 無 くな つ た今,物 語 の 構 成 上 の必 然 的帰 結 と して死 な な け れ ば な らなか つた。 シ ャル ル の死 を も つて,今. まで 緊密 に構 築 され て きたく 対 〉 の構 造 は一 応 の完. 結 をみ る。 しか し物 語 の最 後 は,ボ ヴ ァ リー夫 妻 の隣 人 で あ った俗 物 の代 表, 薬 屋 の オ メ ーが,レ. ジ ョ ン ・ ドヌー ル勲 章 を も ら った,と い う記 述 で しめ く く. られ て い る。 ブル ジ ョワの代 表 と もい え るオ メ ー が たん に嫌 悪 と嘲 笑 の対 象 と して の み 描 か れ て い た の で はな く,フ ロー ベ ー ル が現 実 を把 握 す る際 に不 可 欠 の要 素 で あ った が た あ に描 か れ て い た の だ とい う こ とに,こ. こに い た つて 読 者. は気 づ くの だ。 愛 す る妹 の死 後,ル. ア ン近 郊 の ク ロ ワ ッセ に 引 き籠 も り,残 され た姪 を 終 生. 愛 し,旅 行 と親 友 と の交 際 以 外 は執 筆 だ け と い う フ ロ ー ベ ー ル の 生 活 。 ア ン ガ ー ジ ュマ ン に気 の な い彼 を わ れ わ れ は サ ル トル と と もに非 難 す べ きな の だ ろ.

(12) 47. か も しれ な い。 しか しそ れ は政 治 が. うか 。 「フ ロ ー ベ ー ル は む し ろ apolitique. あ らゆ る政 治 的 な もの が一. 彼 を 憤 慨 させ る が ゆ え にで あ る。 〔 …〕 彼 が. 嫌 つて い るの は烏 合 の 衆 な の だ」14)。 こ う して フ ロー ベ ー ル の ブ ル ジ ョワ嫌 悪 と い う通 説 が あ ま りに た や す く受 け入 れ られ て しま つて い る。 だが 愚 劣 さや 醜 悪 さ につ き ま とわ れ て い るの は人 間 そ の もの な の だ。 人 間 が 人 間 で あ るか ぎ り そ うなの だ と した ら,彼 は時代 や環 境 や ブル ジ ョ ワと い う階 級 と闘 うよ りは, 彼 自身 を も含 め て の 人 間存 在 そ の もの とひ い て は生 そ の もの と闘 わ な けれ ば な る まい 。 そ れ は 自家撞 着 で あ る。 友 人 に つ ぎの よ うに書 き お くっ た彼 は その こ とを 痛 切 に認 識 して い た とい え るだ ろ う。. 生 全 体 は腐 敗 に挑 まれ た闘 い にす ぎず,し か も これ は最 後 の結 果,死. に い た る ま で常. に腐 敗 が 勝 ち を 占 めて い く闘 い で す 。15). この 認 識 の 延長 線 上 に フ ロー ベ ー ル の 『ボ ヴ ァ リー夫 人 』 は あ っ たの で はな い かO彼 の 大 げ さで叙 情 的 な もの へ 向 か う傾 向 と現 実 的 な ものへ と向 か う欲 求 が 併 存 して い た の は,本 論 冒頭 に フ ロー ベ ー ル 自身 の言 葉 をか りて 述 べ た とお り で あ る。 この2つ. の 現 実 認 識 の あ り方 の せ め ぎ合 い と 「想 念 もま た 事 件 で あ. る」16)とい う主 張 が 出 あ つた と き,彼 の闘 い は 『ボ ヴ ァ リー夫 人 』 に よ って 開 始 され た の で あ り,し か もそ の な か でく 対 に な る もの〉 が 生 を把 握 す る ひ とつ の 武 器 と して の役 割 を担 つた こ とは否 定 しが た い と思、 われ る。. 註 1)『. ボ ヴ ァ リー 夫 人 』 の テ ク ス トに つ い て は,ク. ロ ー デ ィ ー ヌ ・ ゴ ト=メ. ル シ ュ の校. 訂 に よ る ガ ル ニ エ版 (Gustave. FLAUBERT, Madame Bovary, éd. de Claudine GOTHOT-MERSCH, Paris : Garnier Frères, coll. «Classiques Garnier», 1971) を使 用 し,本 文 中[]内. に ペ ー ジ数 の み を 示 す 。 なお 邦 訳 に あ た って は,筑 摩 書 房 版. 『フ ロー ベ ー ル全 集 』 第1巻(1965年)所. 収 の 伊 吹 武 彦 訳 を参 照 したが,表 記 上 の. 統 一 の た め に若 干 の 改 変 を 施 した ば あ い が あ る。 2)1852年3月20‑21日 付 ル イ ー ズ ・コ レ宛書 簡.引 用 語 句 を 含 む コ ンテ ク ス トはつ ぎ の とお り一. 「ぼ くの 本 の 値 打 ち の す べ て は,か りに値 打 ち が あ る と して の話 で. す が,詩 的 高 揚 と卑 俗 な もの(こ の2つ を ぼ くは 叙述 に よ る分 析 の な か で溶 け合 わ せ た い と思 って い る)」 (Gustave FLAUBERT,Correspondance, éd. de Jean BRU-. NEAU,Paris : Gallimard, coll. «Bibliothèque 以 下,コ. de la Pléiade», t. H [1980] , p. 57) o. レ宛 書 簡 か らの 引 用 は同 プ レ イ ア ッ ド版,翻. 訳 は前 掲 『フ ロ ー べ 一 ル 全.

(13) 48. 集 』 第9巻[1968年]に い が あ る。 3)M・. バ ル ガ ス=リ. よ るが,表 記 上 の 統 一 の た め に 若 干 の改 変 を施 した ば あ. ョサ は,こ の く 対 に な る もの〉 に よ る構 造 を 「二 項 対 立 的 世 界 」. と呼 び,そ れ が フ ロー べ 一 ル の全 体 化 の試 み に深 く結 びつ い た要 素 で あ った と述 べ て い る(『果 て しな き饗 宴 』[工 藤 庸 子 訳],筑 摩書 房,1988年,173頁 参 照)。 ャ ン=ピ ェ ー ル ・ リシ ャ ール は,『 ボ ヴ ァ リー夫 人 』 に お け る描 写 手 法 は印 象 派. 4)ジ. 絵 画 の 手 法,つ. ま り,固 有 色 を 避 け原 色 を 画 面 に配 置 し,視 覚 に よ る混 合 作 用 を. 利 用 して 自然 の明 る さ と変 化 の 相 を と らえ る手 法 と同 じで あ り,フ ロー べ 一 ル は こ れ に よ って感 情 の総 体 を細 分 化 され た純 粋 な 感情 の 多様 な変 化 の相 の もと に と らえ るの だ と指 摘 して い る (voir. térature et sensation,. Jean-Pierre RICHARD,Stendhal et Flaubert. LitParis : Éd. du Seuil, 1954, p. 202) 。 じ じつ,引 用 し た 場 面. に か ぎ つて み て も,「 映 画 化 して も効 果 が 損 な わ れ な い」(桑 原 武 夫 『文 学 序 説 』, 「 岩 波 全 書 」,1977年,27頁)と. 評 さ れ る よ うに,そ の 描 写 は絵 画 的 で あ る と同 時. に動 的 で あ る。 た とえ ば 光 が 「ゆ らゆ ら と映 る」 とい う表 現 そ の もの に もシ ャル ル の心 の動 きが 投 影 され て い る と解釈 す る こ とが で き よ う。 5)ア. ル ベ ー ル ・チ ボ ー デ は,エ マ を フ ロ ー ベ ー ル の分 身 とみ な した うえ で,「rボ ヴ ァ リー夫 人 」をく 人 間 の生 命 の伝 記 〉 と考 え る と き,シ ャル ル は フ ロー べ 一 ル に と っ て く 自分 と ま った く相対 立 す る存 在,も る」 と指 摘 して い る (Albert 1935,pp.94‑95.『. し くは 自 己 の存 在 に対 立 す る非 存 在 〉 で あ. THIBAUDET,Gustave Flaubert,. フ ロ ー ベ ー ル 論 』[戸. 田 吉 信 訳],冬. Paris : Gallimard,. 樹 社,1951年,112‑113. 頁)。 6)な. お サ ン ト=ブ エマの. ー ヴ は,『 月 曜 閑 談 』 に お い て. 『ボ ヴ ァ リ ー 夫 人 』 を 論 評 し つ つ,. 「今 と 異 な る も の 」 へ の 希 求,「 崇 高 な 魂 の 理 想 へ の 希 求 」 に 関 わ る 例 と し. て この 場 面 を 引 用 して い る (voir. SAINTE-BEUVE, Causeries Garnier Frères, t. XE [1872], p. 348)0 7) THIBAUDET,OP. cit., p. 100 (邦訳118頁)。. du Lundi,. Paris:. 8)1852年9月13日. 9)クn一. 付 ル イ ー ズ ・ コ レ宛 書 簡 。 Correspondance, op. cit. , t. II, p. 156. デ ィー ヌ ・ゴ ト=メ ル シュ は 『ボ ヴ ァ リー夫 人 』 の 語 彙 を 論 じた 研究 で,こ. の 作 品 に お い て は 肖像 の シス テ ム が人 物 の それ を 包 含 し,肉 体 的描 写 は心 理 的描 写 と対 応 す る構造 的 な価 値 を持 っ て い る と指 摘 した うえ で,し た が って,レ オ ンの青 い眼 と時 に応 じて変 化 す るが 青 く見 え る こ とが あ る エ マの 眼 とは,2人 が共 有 す る 「詩 的 な純 粋 さ」 を示 し,他 方,「 力 強 さ,激 しさ」 を 象 徴 す る黒髪 が ロ ドル フ とエ マ の共 通 点 を示 して い る,と 述 べ る (voir Claudine GOTHOT-MERSCH,«La des-. cription des visages dans Madame Bovaly», Revue d'Histoire littéraire, n° 6 , 1975, pp. 22 - 23)0 10)該 当箇 所 を以 下 に 引用 す る: «Elle est fort gentille ! [...] cette femme du médecin ! », «Et on s'annuie ! », «Ça bâille après l'amour», «Avec trois mots de galanterie, cela vous adorerait», «ce serait tendre ! » [133 - 134, イ タ リ ッ ク引用 者]。 11)1853年7月15日. 付 書 簡 。 Correspondance,. op. cit.,. t. II, p. 386.. 12)こ の情 景 と トス トで の エ マの 散 歩 の と きの そ れ は い くつ か の類 似 ・共 通 した要 素 を 含 ん で い る。 た とえ ば,夕 刻 や,木 の 枝 の 間 か ら見 え る陽光,さ らに ま た,前 者 で の長 い尾 を ひ く叫 び声,後 者 で の 吹 き荒 ぶ 風 に よ る草 や葉 の ざ わ め き の音 な どの 類.

(14) 49. 似 で あ る。 こ れ らの情 景 描 写 に加 え,エ マ は 「ひ じ掛 け椅 子 に ぐっ た りか け て,一 晩 中 口 を きか な か つた」[47]と い う言 及 に よ って 後 者 に もや は り官 能 的 な 喜 び の な か に魂 を震 憾 させ か つ 疲 労 させ る もの を描 出 す る意 図 が認 め られ る な らば,両 者 の相 互 関 係 を偶 然 と はみ な しが た い。 13)付 言 す れ ば,か つ て 聖 な る愚 者 イ エ スの 末 商 と して聖 性 を担 って い た,あ る い は尊 敬 さ れ な い ま で も正 統 な身 分 の 一 つ と して社 会 の な か に位 置 付 け られ て い た乞 食 が 共 同体 の解 体 が進 行 す るな か で,社 会 外 の浮 浪者 と して犯 罪 的 な逸 脱 者 の性 格 を付 与 さ れ る状 況 が生 ま れ て きた が(山 折 哲 雄 『 乞 食 の精 神 誌 』,弘 文 堂,1987年,第 1章3節,44‑45頁 参 照),本 稿 で は,エ マ の 死 の場 面 にあ らわ れ る乞 食 も この 意 味 を背 負 って お り,そ れ は また エマ とい う存 在 を象 徴 す る もので あ る と考 え る。. 14) Victor BROMBERT, Flaubert, 1971, pp. 96 - 97.. Paris : Éd. du Seuil, coll. «Écrivains. 15)1853年3月31日. 付 ル イ ー ズ ・ コ レ宛 書 簡 。 Correspondance,. 16)1853年1月15日. 付 ル イ ー ズ ・ コ レ宛 書 簡 。 Ibid.,. p. 238.. de toujours»,. op. cit., t. II, p. 289..

(15)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP