河村 に よ る学 級 状 態 の類 型 につ い て

10  Download (0)

Full text

(1)

河村 に よ る学 級 状 態 の類 型 につ い て

Bionの 集 団 理 論 に基 づ く一 考 察

平 尾 浩

子*

OnKawamura'sclassconditiontypology:

ApointofviewbasedonBion'sgrouptheory

HirokoHirao

要 旨

現 在 学 校 現 場 で は 、 い じめ 、 不 登 校 、 学 級 経 営 が 立 ち行 か な くな る学 級 崩 壊 に加 え 、最 近 は イ ン タ ー ネ ッ ト社 会 に お け る 匿 名 の 心 理 的 い じめ が 大 きな 問題 と して 、 社 会 問 題 に まで な って い る。 今 後 こ れ ら の 学 校 の問 題 に つ い て は 、 お きて か ら個 別 に対 処 す る 方 法 で は な く、 学 級 の中 で 子 ど も に真 の生 きる 力 を育 て 、 そ れ らの 問題 が 起 き に くい 学 級 集 団作 りを 目指 す べ きで あ る。 そ のた め 本 稿 で は河 村 に よる 学 級 状 態 の 類 型(満 足 型 学 級 、管 理 型 学 級 、 な れ あ い 型 学 級)に つ い て 、Bionの 集 団 理 論 にお け る基 本 的 概 念(依 存 基 底 的想 定 、 闘 争 ・逃 避 基 底 的 想 定 、 つ が い 規 定 的 想 定 、 基 底 的 想 定 グル ー プ、 作 動 グ ル ー

プ)を 導 入 し学 級 集 団 の 状 況 を整 理 し深 く理 解 す る ため の 考 察 を行 っ た。

Keywords:基 底 的 想 定 グ ルー プ、 作 動 グル ー一プ、 満 足 型 学 級 、 な れ あ い型 学級 、 管 理型 学 級

1.問

最 近 子 ど もた ち の 間 で 、 イ ン ター ネ ッ ト社 会 にお け るい じめ 事 件 が 多 発 して い る 。 現 在 、 携 帯 電 話 や パ ソ コ ン を使 っ た掲 示 板 や プ ロ グ 、 電 子 メ ー ル に よ り、 匿 名 で 他 人 を誹諺 、 中傷 す る卑 劣 な心 理 的 い じめ が 増 加 して い る。 大 人 の知 らな い 問 に 、 「学 校 裏 サ イ ト」 な どの 功 名 に仕 組 まれ た 闇 の た ま り場 で 、 子 ど も達 の心 が 踏 み に じ られ 、 切 り裂 か れ て い る。 この よ うな事 態 に大 人 は う ろ た え 、 お ろ お ろす る ば か りで あ る。 もは や 大 人 は子 ど も を守 り きれ な い と こ ろ まで きて い る 。

大 人 は子 ど もた ち に、 匿 名 な ら何 を して もい い と教 え て きて しま った の だ ろ う か。 昔 は 、 「お 天 道様 に顔 向 けで き な い よ う な こ と を して は な らな い」 な ど とい う人 が生 きて ゆ くた め の核 に な る もの 、倫 理 感 、 しつ け方 が あ っ た。太 陽 は暖 か く柔 らか な 力 で 、大 地や 人 を守 り育 んで くれ る。

だ か ら こそ 、 そ の 偉 大 な力 に対 し、 顔 向 け で きな い よ うな こ と を して は な らな い。 誰 も見 て い な い と思 って い て も、偉 大 で 見 え な い もの(太 陽 、神 な ど)が 必 ず ど こか で見 て い る とい う教 えが 、 平 成19年9月28日 受 理*兵 庫 県 ス ク ー ル カ ウ ン セ ラ ー

(2)

悪 事 や 犯 罪 を抑 制 す る力 と して は た らい て い て い た 。 しか し科 学 が 進 み そ の よ うな抑 止 力 が 機 能 しな くな っ た現 代 の子 ど もた ち に 、 人 と して ど う生 き て ゆ くの か、 生 きる た め に は ど うあ るべ き な の か に つ い て 、 学 校 は 、家 庭 は 、 社 会 は 、 これ ま で どの よ う に教 え て き た の だ ろ うか 。 「生 き る力 」 と は、 「人 を憎 み 、蹴 落 と し、 自分 が優 位 に立 ち 、 生 き るた め の 力」 で は な い はず で あ る。

直 ち に この よ うな愚 か さに満 ち た状 態 に 適切 な 介 入 が な さ れ、 学 校 や 学 級 は子 ど もた ちが 安 心 して成 長 で き る集 団 に な るべ きで あ る。 もは や 、 い じめ や 不 登 校 、 学 級 崩 壊 な どの学 校 の 問 題 は 起 きて か ら対 処 す る の で は な く、 そ れ らの 問題 が 起 き に くい 学 級 作 りを 目指 す べ きで あ る。 子 ど も た ちが 、 学 級 とい う枠 を はず れ て も、一 生 涯 そ の 人 の 中 心 を なす 核 を持 っ た人 間 ら しい 人 間 が 育 つ 学 級 作 りが な され な くて は な らな い 。 そ れ な く して イ ン タ ー ネ ッ ト問 題 が 減 少 ・解 決 につ な が る方 法 が ない よ う に思 われ る。

河 村(2007a)や 高 旗 ら(2002)は 、 子 ど もの 心 を育 て る 上 で 学 級 集 団 の力 が重 要 で あ り、 学 級 に良 好 な人 間 関係 を育 成 す る こ とが 子 ど もた ち の 相 互 作 用 を促 し、 学 校 問 題 を発 生 しに く くす る と指 摘 して い る。 さ ら に河 村(2007b)は 子 ど も た ち の不 適 応 は本 人 の 問題 だ け で な く、学 級 集 団 との 関 係 性 が 重 要 で あ る と し、学 級 の状 態 を把 握 す る 「学 級 集 団 ア セス メ ン トQ‑U」 を開 発 し学 級 経 営 に活 か して い る。 本 稿 の 目 的 は 河 村 が 分 類 した学 級 状 態 の3類 型 を、Bionの 集 団 理 論 を用 い て 考 察 す る こ とで あ る。

W.R.Bionは 英 国 にお け る集 団精 神療 法 の 先 駆 者 とい わ れ る 、 精 神 分 析 家 で あ る 。 彼 は第 二 次 世 界 大 戦 中 に軍 の精 神 病 院 リハ ビ リテ ー シ ョ ン ・セ ン ター にお い て、 兵 士 の 治 療 の た め に 数 百 人 か ら な る セ ッ シ ョン を組 織 し管 理 した が 、 こ の経 験 を土 台 と して 、 ロ ン ドンのTavistockClinik にお け る小 集 団 を対 象 に した 集 団療 法 の な か でBion独 自の 集 団論 を体 系 化 して い っ た。Bionの 集 団 理 論 にお け る概 念 は治 療 グ ル ー プ の み な らず 、 社 会 にお け る さ ま ざ ま な集 団 を理 解 す る た め に適 用 す る こ とが で き る。Hafsi(2004)は 、 「Bionに よれ ば、 愚 か さ は、 人 間の グ ル ー プ 固有 の 要 素 で あ り、 グ ルー プが そ の 影響 に よ って 、社 会 的 ・物 理 的 環 境 を創 造 した り、破 壊 した りす る」

と述 べ 、Bionが 、 グ ル ー プの 愚 か さ に 「基 底 的 想 定 グ ル ー プ」 と名前 を つ け る こ とに よ り、我 々 に愚 か さ に気 付 い た り理 解 した りす る機 会 と理 論 的 か つ 実 践 的 な道 具 を提 供 して くれ た と して い る。

本 稿 の 目的 は河 村(2007b)の 学 級 状 態 の3類 型 を 、Bionの 集 団 理論 を用 い て 考 察 す る こ とに よ り、 学 級 集 団 の 情 緒 的 状 況 を深 く理解 しよ う とす る もの で あ る。

手順 と して は まず 、 河 村 の 学 級 状 態 の3類 型 につ い て 述 べ 、 背 景 理 論 を紹 介 す る。 次 に 、学 級 の状 況 をBionの 集 団 理 論 に基 づ き考 察 す る。

皿.河 村 に よ る学 級 状 態 の3類 型

河 村(2007b)は 、 子 ど もた ち の 問 題 につ い て 、 学 級 集 団 とい う環 境 要 因 との 関係 性 が 大 きい こ と に早 くか ら着 目、Q‑Uと い う学 級 集 団 ア セ ス メ ン トの 質 問 紙 を開 発 し、 学 級 集 団 の状 態 を 把 握 し、 学 級 経 営 に活 か してい る。 彼 はQ‑Uに よ り、 学 級 集 団 の 状 態 を、 満 足 型 学 級 、 管 理 型

学級 、 な れ あ い型 学級 の3つ に分 類 した 。 こ こで3つ の型 につ い て それ ぞ れの 特徴 を河 村(2007b)

(3)

に基 づ い て記 述 して み よ う。

A満 足 型 学 級 とは く 学 級 の 殆 どの 子 ど もが学 級 生 活 に満 足 して い る状態 で あ る。 教 師 の 特 徴 と して は 、学 級 で は指 導 と援 助 をバ ラ ンス よ く行 い 、 学 級 や 子 ど もの実 態 に即 して、 良 い タ イ ミン グ で効 果 的 に そ れ ぞ れ の対 応 を行 う。 学 級 内 の特 徴 と して は、 学 級 で気 持 ち よ く過 ごせ る た め の ル ー ル が 定着 し、 親 しい人 間関 係(教 師 と子 ど も、 子 ど も同 士)が 形 成 さ れ て い る た め 、 積 極 的 に子 ど も ど う しが か か わ り合 い、 ク ラ ス全 体 は活 気 や 笑 い が あ り、 い じめ や 不 登 校 が 少 な く、 多 くの子 ど もが学 級 に満 足 して い る状 態 で あ る。

次 にB管 理 型 学 級 は そ の特 徴 と して 、 子 ど もた ち は 学 級 に満 足 して い る者 と、 学 級 で は あ ま り 認 め られ な い た め 意 欲 の低 い者 との両 者 に別 れ 、教 師 は 、 規 則 や 規 律 を重 視 した一 貫 して厳 しい 指 導 に傾 きが ちで 、 子 ど もの気 持 ち に配 慮 す る面 が 弱 い とい う点 が 挙 げ られ てい る。 学 級 の 様 子 は 、集 団生 活 の ル ー ル は定 着 して い る が 、認 め られ て い る と思 う子 と、 そ う で な い子 に別 れ 、 意 欲 に差 が 出 る 。 ク ラス は一一見 して落 ち着 い て静 か で あ る が 常 に教 師 の評 価 を気 にす る、 活 気 の な

い ク ラ ス とな る 。 子 ど も同 士 の 人 間 関 係 も希 薄 で あ る。

Cな れ あ い 型 学 級 は 、学 級 生 活 満 足 群 の 子 ど も と、 自己 中 心 的 で トラブ ル を起 こ しが ち で被 害 者 意 識 の 強 い 子 ど もの 両 者 で構 成 され る。 学 級 経 営 は 友 達 感 覚 で 行 わ れ る ため 、 雰 囲 気 は元 気 で の び の び して い て 一 見 満 足 型 との 区別 が つ きに くい 。教 師 の 特 徴 は、 物 腰 が や わ らか く優 しい 印 象 で子 ど もた ちか ら慕 わ れ、 教 師 と子 ど もの一 対 一 の 関 係 が 重 視 さ れ るが 、 そ の ため 子 ど も同 士

の 関係 づ く りや ル ー ル の 定 着 が お ろそ か に な る とい う もの で あ る。

皿.背 景理 論

上 に述 べ た 河 村 に よ る学 級 状 態 に つ い て 、個 人 に注 目す るの で は な く、 集 団 の 状 況 を全 体 と し て考 察 す る こ と に よ り特 定 の事 実 に新 しい意 味 を持 た せ る こ とが で きる。 これ らの 現 象 に つ い て そ の 関 係 を見 た と き、A満 足 型 は 、Bionの 集 団理 論 にお け る作 動 グル ー プで あ る と考 え られ る。

またB管 理 型 とCな れ あ い 型 につ い て はBionの 集 団 理 論 に お け る基 底 的想 定 に支 配 され て い る状 態 が考 え られ る 。

さて こ こでBionの 集 団論 につ い て簡 単 に述 べ てみ よ う。

Bionの 集 団理 論

まず 背 景 と な るBionの 集 団論 に お け る基 本 的 概 念 に つ い て述 べ て み た い 。Grinbergら(1977) に よれ ば 、Bionは 「多 数 の 人 間が 集 ま っ て一 つ の 課 せ られ た仕 事 を や り通 そ う とす る時 に 、 二 つ の方 向 が生 ず る 。1つ は そ の仕 事 の成 就 を指 向 し、他 は そ の反 対 を指 向 す る。作 業 は よ り退 行 的 、 原 始 的 活 動 の た め に妨 げ られ る」(p.16)と し、 さ ま ざ ま な グ ル ー プ にお い て み られ る、 こ れ ら

の2つ の 対 照 的 な機 能 的水 準 に、 次 の よ う な特 殊 な用 語 を導 入 した。 前 者 に作 動 グ ル ー プ 、 後者 に其 底 的 想 定 グル ー プで あ るが 、Bion(1961)は こ の用 語 に 関 して 、 そ れ に たず さ わ る 人 を意 味 す る もの で は な く、 特 殊 な精 神 活 動 を包 括 す る もの で あ る こ とを強 調 してい る。

(4)

作 動 グル ー プWorkgroup

作 動 グ ル ー プWorkgroupは 、Bion(1961)に よれ ば 「この 活 動 へ の 参 加 は、 幾 年 もの修 練 を もち 、精 神 的 に発 達 を可 能 にす る経 験 を積 む 能力 を持 った 人 に の み可 能 で あ る 。 この 活 動 は課 題 に 向 け られ て お り、 現 実 と関連 を持 っ て い る 。 そ の 方 法 は合 理 的 で あ り、 した が っ て 、 い か に萌 芽 的 な 型 にせ よ科 学 的 で あ る。」(P.137)と して い る 。 さ らに 集 団 が 作 動 グ ル ー プ に 関与 す る た め に は 、 各 人 の 非 常 な努 力 と協 力 が 必 要 で あ り、 そ の た め作 業 を 中心 と した成 員 の 共 同coopera‑

tionは 不 可 欠 で あ り、活 動 は 課 題 に向 け られ て い る た め 常 に現 実 を意 識 し、 合 理 的 な 方 法 が と ら れ る とい う こ とで あ る。 また作 動 グ ル ー プ は欲 求不 満 に耐 え る こ とが で きる の で 、新 しい 理 念 の 進 展 が可 能 と な る。

其 底 的想 定 グ ル ー プbasicassumptiongroup

其 定 的 想 定 グ ル ー プbasicassumptiongroupと は、Bion(1961)に よれ ば 、基 底 的 想 定 と呼 ば れ る 、 強 力 な情 緒 的衝 動 に よ って形 成 され る グル ー プで あ り、 この 基 底 的 想 定 に よ って 、 グ ル ー プが と る機 構 や 課 題 な どへ の対 処 法 が 決 定 され る。 この 基 底 的想 定 グル ー プ に関 与 す る ため の 条 件 と して各 個 人 の 協 力 や 能 力 は必 要 と され ない が 、代 わ りに原 子 価valencyが 必 要 で あ る。 原 子 価 と は、 集 団的 な性 格 を も った 自発 的 ・無 意 識 的 な機 能 で あ り、 人 間 の パ ー ソナ リ テ ィの 中 に存 在 す る もの で あ る 。 基 底 的 想 定 の 活 動 に関 与 して い る個 人個 人 の 意 思 は な く、 そ の 時 の メ ンバ ー や リ ー ダ ー の様 子 を、Bion(1961)は 、Lebonを 引 用 しなが ら 「自分 の 意 思 に よ っ て導 か れ る こ と を停 止 した 自動 人形 」(P.171)と 表 現 して い る 。

其 底 的 想 定 グ ル ー プ は原 始 的 な部 分 対 象 に密 接 に対 応 して い る た め 、 原 始 的 な関 係 に所 属 す る 精 神 病 的 不 安 が 現 れ て くる 。 この た め基 底 的想 定 グ ル ー プ にお い て はMelaniekleinの 記 述 に よる 早 期 の精 神 病 的(特 に妄 想 分 裂 的)態 勢 にお け る 防衛 課 程(原 始 的 理 想 化 、 分 裂 、 投 影 同一 化 、 否 認)に よ っ て特 徴 づ け られ る(Klein,1955;Sega1,1973)。

規 底 的 想 定 は 、Bion自 身 の 経 験 に基 づ き 「依 存 基 底 的 想 定 」 「闘 争1逃 避 基 底 的 想 定 」 「つ が い 基 底 的 想 定 」 の3つ に分 け られ る。

・依 存 其 底 的 想 定basicassumptionofDependency(baD)

Bion(1961)に よ れ ば 、baDの 特 徴 は グ ル ー プ が 「物 質 的 ・精 神 的 な 援 助 や 保 護 の た め に 依 存 し て い る リ ー ダ ー か ら 支 持 を 得 よ う と し て 会 合 す る 」(p.141)。 従 っ て グ ル ー プ は 未 熟 で 非 力 な 存 在 で あ り 、 有 能 な リ ー ダ ー に 頼 ら な け れ ば 自 身 で は 何 も で き な い 「か の よ う に 」 ふ る ま う 。 baDの 特 徴 と し て は 、 外 界 は 非 友 好 的 で 冷 た い も の で あ る と感 じ る こ と 、 リ ー ダ ー の 理 想 化(全 知 、 全 能 化)、 批 判 的 判 断 の 欠 如 と 受 け 身 性 、 極 端 に 貧 欲(greedy)な 方 法 で 知 識 、 援 助 を 要 求 、 個 人 間 相 互 作 用 の 欠 如 な ど が あ げ ら れ る 。

・闘 争 ・逃 避 其 底 的 想 定basicassumptionofFight/Flight(baF)

Bion(1961)に よ れ ば 、 闘 争 と逃 避 は 、 「集 団 が 何 者 か と 闘 い 、 あ る い は 何 者 か ら か 逃 避 す る た め に会 合 す る 」(P.147)と い う 常 に 内 ・外 の 敵 を 意 識 し た グ ル ー プ の 信 念 で あ り、 一 般 に は 正

(5)

反 対 の 行 動 で あ る と理 解 され る この 二 つ につ い て、 同一 の コ イ ンの 表 と裏 の よ う に考 え 、 悪 い対 象 に対 す る唯 一 の 防衛 的 活 動 と して 、 そ れ を破 壊 す る(闘 争)か(逃 避)と い う行 動 を起 こす と 説 明 した 。 した が っ てbaFの 第 一 の特 徴 は、 グ ル ー プ 内 ・外 に お け る敵(scapegoating)の 存 在 で あ り、 グ ル ー プ の 闘 争 的 な側 面 と して は疑 惑 、 非 難 、 言 語 的攻 撃 、怒 りで あ り、逃 避 的 な側 面 と して は 、 受 身 的 抵 抗 、 沈 黙 、、 集 団 の作 業 の 回避 が あ げ られ る。baFグ ル ー プ に と って 必 要 な こ と は集 団が 生 きの び る こ とで あ り、 そ の た め に は個 人 を犠 牲 に す る こ とが あ る 。 グ ル ー プ は逸 脱 者 が 出 る こ とを脅 威 と感 じるた め 、 個 人 が 順 応 す る よ う に圧 力 をか け る 。逸 脱 者 に対 して グ ル

ー プ は、攻撃的 な操作 とスケー・プゴーティングによって逸脱 を阻止 しようとする。

・つ が い 其 底 的 想 定basicassumptionofPairing(baP)

Bion(1961)に よれ ば 、baPグ ル ー プ にお け る最 大 の特 徴 と は 「希 望 的 な期 待 」 を持 つ こ とで あ り、 た と え ば 「結 婚 が神 経 症状 を終 結 させ る で あ ろ う… 来 るべ きシ ー ズ ンに は … よ り快 方 に向 か うで あ ろ う… 」(P.145)と い う よ う に言 語 表 現 され る もの で あ る と した うえ で 、 「要 点 は 、 将 来 の 出 来事 で は な く、 直 接 の現 在 で あ り、希 望 の 感 情 そ の も の」(p.145)で あ り、 この 感 情 が 出 現 して い れ ば 、 そ れ だ け で 対 集 団 で あ る証 明 とみ な され る もの で あ る と した。 こ の 「希 望 」 は しば しば二 人 の メ ンバ ー(つ が い)に 託 され る 。 グル ー プ は 自 らが 抱 え て い る不 安 や 恐 怖 を解 決 して くれ るで あ ろ う リー ダー(救 世 主=必 ず し も人 間 とは 限 ら な い)を 生 んで くれ るで あ ろ う と い う希 望 的 な期 待 を抱 き、 つ が い の話 に じ っ と耳 を傾 け るの で あ る。 この ため グ ル ー プの 雰 囲気 は 他 の 基 底 的 想 定 と は違 い幸 福 感 や 楽 観 、 親 しみ の あ る明 るい もの とな る。

N.考 察

考 察 に入 る前 に まず 、表1の よ う に、A満 足 型 、B管 理 型 、Cな れ あい 型 の 学 級 の 詳 しい状 況 につ い て(河 村2004・2007b)に 基 づ い て そ れ ぞ れ 分類 、 整 理 した。

次 に表1に 照 ら しあ わせ な が ら、各 類 型 別 にBion集 団理 論 に よ る考 察 を行 い た い 。

A満 足型 学 級

表1に 見 られ る よ う に、 満足 型 学級 で は 「ル ー ル(対 人 関 係 、 集 団 活 動 、 生 活 をす る際 の きま り)と リ レー シ ョン(互 い に構 え の な い 、 ふ れ あ い の あ る本 音 の 感 情 交 流 が あ る状 態)」(河 村 2007b)が バ ラ ン ス よ く成 立 し、 子 ど もの不 適 応 が 少 な く、 不 登 校 や い じめ の発 生 率 が少 な い う え に さ ら に互 い に学 び あい 、高 め あ うこ とが で きるの で 、学 力 も定 着 しや す い とい う状 態 で あ る 。

この よ う に、 グ ル ー プ の基 本 的作 業 に集 中 して い る傾 向 、 グ ル ー プ機 能 とそ の 特 有 の 心 的側 面 に よ り、 満 足 型 学 級 は 、Bion集 団 理 論 に よ る作 動 グ ル ー プWorkgroup(WG)の 状 態 で あ る とい え る 。

WGと 基 底 的 想 定 グ ル ー プ(baG)の 関係 につ い てHafsi(2004)は 、 グ ル ー プ の 存 続 や発 達 の た め にWGが 不 可 欠 で は あ る もの の、 常 に グ ル ー プがWG活 動 の 条件 を満 た して い る訳 で は な く、WGに な る ため に は大 変 な苦 痛 を伴 う ため に 、 グ ル ー プ は そ れ を回避 し よ う とす る 。 そ の 際

(6)

に グル ー プ はWGと 共 存 す るbaGに 頼 る こ と に な り、 そ の 結 果baGはWGを 阻 止 し、 両 グ ル ー プ の 間 に 「勝 っ た ほ うが グ ル ー プ を支 配 す る」 とい う力 関係 が 成 立 す る と して い る。

B管 理 型 学 級

表1に 示 され る よ うに この 学級 の状 態 は 、教 師 が 指 導 重 視 の ため 、子 ど も同士 の 関係 は希 薄 で 、 ル ー ル は 高 い が リ レー シ ョ ンが 低 い状 況 とな り、個 よ り全 体 を重 視 した状 況 が色 濃 くな っ て くる。

また 認 め られ な い側 の不 満 や 、 普段 か ら抑圧 され て い るた め の 不 満 な どが 、低 い 階 層 へ の 陰 湿 な い じめ と な る こ と も考 え られ る。 この よ う な管 理 型 の 状 況 は、Bionに よ る闘 争 ・逃 避 基 底 的 想 定 basicassumptionofFight!Flight(baF)に 支 配 され て い る状 態 で あ る こ とが 言 え る 。

baFグ ル ー プ にお い て重 要 な こ とは 、 グ ル ー プ全 体 で あ り、 グ ル ー プ の 存 続 の た め に は 個 人 を 犠 牲 にす る場 合 が あ る。 グル ー プに と って 、 個 人 に 自由 を与 え る とメ ンバ ー 間 の 意見 相 違 な ど に よ り、 グ ル ー プ 内 に争 い が 起 き るの を脅 威 に感 じる か らで あ る 。 これ につ い てHafsi(2004)は 、 グル ー プ は、 この よ うな グ ル ー プ 内 の葛 藤 や戦 い は グル ー プ を全 滅 に導 く可 能性 が あ る の で 、 支 配 的 な 「考 え に対 す る い か な る 抵抗 を も許 す こ とが で き ない 」(p.31)とKemberg(1980)を 引 用 しな が ら述 べ て い る。

さ ら にHafsi(2003)は 、baFグ ル ー プ にお け る 沈 黙 につ い て は 、 「『なぜ 我 々 は協 力 す る必 要 が あ る の か 、 あ る い は しな け れ ば な らな い の か 』 とい った グル ー プ に よる疑 問 や不 満 と して 表現 され る… 」(P30.)抵 抗 的 な 機 能 が あ る と指摘 して い る 。 ま た リー ダー に期 待 され る こ と と して は 、 個 々 の 反 応 の 無 視 や 、 グ ル ー プ全 体 の存 続 の た め に全 力 を尽 くす こ と、 勇 気 や 自 己犠 牲 、敵

に対 す る 憎 しみ の 促 進 な どを挙 げ てい る。

Cな れ あ い 型 学 級

こ の 学 級 の 状 況 に は 、 表1に み ら れ る よ う に 、 い くつ か の 側 面 が 含 ま れ る 。 まず 、 援 助 重 視 の 優 し い 教 師 に 世 話 さ れ る の を 期 待 す る よ う な 、 教 師 と子 ど も の 関 係 が み ら れ る(子 ど も 同 士 の 相 互 作 用 は な い)と い う側 面 は 、Bionの 集 団 理 論 に よ る 依 存 基 底 的 想 定basicassumptionof

Dependency(baD)に よ る も の と考 え ら れ る 。 ま た 友 達 感 覚 の 一 見 自 由 で 和 気 藷 々 と し た 雰 囲 気 や 、 教 師 が 子 ど も 一 人 一 人 と1対1の 関 係 を 重 視 す る 側 面 は 、 つ が い 基 底 的 想 定basic assumptionofPairing(baP)に よ る も の と考 え ら れ る 。(baP)に つ い て は 、 広 辞 苑(2008)に

よ れ ば 「な れ あ い 」 と い う言 葉 に は 「な れ あ い 夫 婦 の 略 」 と い う 意 味 も あ る こ とか ら 、 「つ が い 」 を 連 想 す る こ と が 容 易 で あ る 。 よ っ て 、 な れ あ い 型 に はbaDとbaPの 二 つ の タ イ プ の 基 底 的 想 定 が 含 ま れ て い る と 考 え ら れ る 。

Hafsi(2003)は 、baDグ ル ー プ に お け る グ ル ー プ の 共 通 幻 想 と は 、 グ ル ー プ 内 に 、 養 育 し た り供 給 し て くれ る 万 能 的 リ ー ダ ー が 存 在 す る と い う も の で あ り、baDの 影 響 下 に あ る グ ル ー プ は 、 無 力 感 、 低 い 自 己 評 価 、 モ チ ベ ー シ ョ ン の 低 下 な ど の 心 的 状 態 に 陥 り、 グ ル ー プ の 形 式 ・非 形 式

リ ー ダ ー 等 の 人 物 を 理 想 化 し 、 貧 欲 に 彼 ら に 頼 っ て い く こ と に な る と し て い る 。 さ ら にHafsi (2003)はbaDグ ル ー プ に お け る グ ル ー プ と リ ー ダ ー の 関 係 に つ い て 「寄 生 的 … で あ り 、Melanie kleinに 記 述 さ れ た 対 象 に 対 す る 理 想 化 に よ っ て 、 グ ル ー プ は 、 リ ー ダ ー が 全 知 的 お よ び 万 能 的

(7)

表1.河 村の学級集団の類型別状況

ク ラ ス内 の 状 況 A満 足型 B管 理 型(指 導 タ イプ) Cな れ あ い型(援 助 タ イ プ) 教師 の重視 する ル ー ル と リ レ ー 規 則 ・規律 厳 しい 指 導 教 師 と子 ど も一 人 一 人 との 関 係

もの シ ョ ンの確 立 教師の権力 で上 の位 置か ら指導

す る。 教 師 が想 定 した 集 団 の 規

律 の 枠 に 入 れ 込 も う とす る。

所甲

向口̀ 子 ど もへ の 指 導 程 よい指導 と援 指導 〉援助 援助 〉指導

と援 助 の バ ラ ン 助 友達感覚 の学級経 営

教師 の不得意 な 特 に な し 子 ど もの 心情 に 配慮 す る こ と。 子 供 同 士 の 人 間 関 係 作 り ・ル ー

部分 教 師 と子 ど もの リ レー シ ョンの ルの定着

形成 教師役割を前面に出 した指導(明

らかな逸 脱行動 も強 く指導で き な い)

子 ども同士の 関 積極 的に関 わ り 希薄 親 しい人間関係 が形成 されて い

子 係 あ う な い 。 トラ ブル 多発(小 グ ル ー

プが多数生 まれる

子 どもの教師へ の気持 ち

信頼度 が高い 教 師 の 評 価 を気 に す る ・不 満 を ぶ つ け られ な い

慕 う ・や さ しい と感 じる 自 分 は ク ラ ス 内 自分は認め られ 承認感の高 い子 と低 い子がいて

で ど う思 わ れ て て い る ・居 場 所 差 が 大 きい

い るか が あ る

ル ー ル 定着 定着 あ ま り定 着 して い な い

雰 囲気 活 気 、 笑 い が あ 一 見 落 ち 着 い て静 か 元 気での びの び 受 身 的 、 シ ラ ッと して 活 気 が な

授 業時の様子 互 い に 学 び あ い 意 欲 は 高 く な い が粛 々 と授 業 が 一 見 自 由 で 和 気 藷 々。 しか し私

高 め あ う 進む 語 多 く勉 強 に 集 中 して い な い 。

イ ベ ン ト等 の 楽 しみ は共 有 す る が 、互 い に 切 磋 琢 磨 す る方 向 に は 向 か わ な い

学力 学 力の定着度 が 格差の広 が り 学 力の定着度 が低 い

高 い 子 ど もが 多 学 習 意 欲 に バ ラつ き が 大 き い 。

く、 ぐん ぐん 伸 出来 る子 と出来 ない子 が色分け

び る され る

い じめ B,Cに 比 べ 数 は 教 師 の 目の 届 か な い と こ ろで 陰 誰 もが い じめ の 対 象 に な る 可 能 少 な い が 発 生 し 湿 な い じめ が横 行 す る お そ れ が 性 が 高 い 。 グ ル ー プの 対 立 が起

3 て い る 局 い き て い る場 合 、 グル ー プ 内 で 目

普段 抑 制 され て い る た め 子 ど も 立 つ 子 が い じめ の 標 的 に され る

達 の ス トレス は高 く なっ て い る。 (グ ル ー プ へ の 忠 誠 心 か ら同 調 そ の た め 低 い 階 層 に位 置 づ け ら して い じめ が行 われ る) れ た 子 へ の い じめ で ス トレス を い じめ の 発 見 が 難 しい(い じめ 発 散 して い る場 合 が あ る 。 の 半 分 以上 を把 握 で きてい ない) 学級 崩壊 起 こ りに くい 教師への響憤 が子 ど もの間で発 集 団 を束 ね るル ール がつ く られ 散 さ れ(け ん か や 争 い)、 教 師 て い な い 、 くず れ が ど こ か ら始 の 権 威 の 象 徴 で あ る ル ー ル を破 ま る か わ か らな い 、荒 れ は じめ る こ とで 反 抗 す る子 ど もが 出 て る と教 師 は 子 ど も た ち に指 導 力 く る と学 級 の ル ー ル が 急 激 に 崩 を 全 く発揮 で き ない ⇒ 崩 壊 に 向 れ 、 グル ー プで 固 まっ て 教 師 に か っ て一 気 に進 む恐 れ が あ る。

反発⇒ 崩壊 へ

(8)

な存 在 、 つ ま りグル ー プ につ い て何 で も知 っ て い る 、 グ ル ー プ の 問 題 に対 す る解 決 方 法 を知 っ て い る 、 グ ル ー プの 体 験 に よ る不 安 や恐 怖 に耐 え る 能力 を もっ て い る 人 で あ る と確 信 して い る 。 し た が っ て 、 グ ル ー プ は リ ー ダ ー の 、 グ ル ー プ の依 存 的要 求 に対 す る 拒 否 を、 能 力 の欠 如 に よる も の で は な く、 リー ダー の グル ー プ に対 す る無 関 心 や 『愛 情 の 無 さ』の結 果 と して み な して しま う」

(P.25)と して い る 。

baPグ ル ー プ につ い て 、Hafsi(2004)は 、 グ ル ー プ がbaPの 影 響 下 にあ る た め の 特 徴 と して 、 つ が い とい う二 者 関 係(必 ず し も男 女 で あ る 必 要 は な い)の 存 在 、 親 しみ 、 過 度 な幸 福 感 、楽 観 主 義 に満 ち た グル ー プ雰 囲気 や未 来へ の 強 い 関心 や希 望 と期 待 をあ げ て い るが 、 未 来 へ の 関心 に つ い て は 、今 、 こ こ の作 業 とは 関係 な く、救 世 主 ・リー ダー の 誕 生 へ の 漠 然 と した幻 想 的 な期 待 と希 望 に基 づ く感 情 にす ぎな い もの で あ り、作 動 グル ー プ の と き に見 ら れ る未 来 志 向 の行 動 や思 考 とは異 な る こ と を指 摘 して い る。

さ ら にbaPに つ い てHafsi(2003)は 、 「グル ー プ に お け る つ が い の 任 務 は救 世 主 ・リー ダ ー を 創 造 す る 、 あ る い は 『産 む 』 こ とで あ る 。 無 意 識 的 に グ ル ー プ は、 二 人 の"魔 法 的 な"「 性 的 」 関 係 に よ って 産 ま れ る救 世 主 ・リー ダー を待 ち な が ら、 二 人 に注 目 した り、 支 持 した りす る よ う

な基 底 的 作 業 に没 頭 す る よ う に な る。」(p.33)し か しグ ル ー プ が 実 際 に救 世 主 の 誕 生 を望 ん で い る の で は な くbaPグ ル ー プ の活 動 の 目的 は そ の 希 望 の 実 現 で は な くそ れ を持 ち 続 け る こ と で あ る。 希 望 の 実 現 は希 望 の喪 失 と同等 で あ る の で希 望 は決 して満 た さ れ て は な らな い と して い る。

V.ま と め

本 稿 に お い て 、 河 村 の学 級 状 態 を類 型 別 にBionの 集 団 理 論 に よ り考 察 した。 まず 背 景 とな る Bionの 集 団理 論 に つ い て紹 介 し、 河村 の 分類 に よる学 級 状 態 に つ い て検 討 を試 み た 。 即 ち 、A満 足 型 につ い て は 、指 導 と援 助 の バ ラ ンス や 、 ルー ル と リ レ ー シ ョ ンの定 着 も良 く、親 しい 人 間 関 係 が 形 成 さ れ 、 ク ラ ス は 活気 や 笑 顔 が あ ふ れ 学 力 の 定 着 も良 く全 体 の満 足 度 も高 い状 態 で あ るた め、 こ の状 態 は作 動 グル ー プの 状 態 で あ る こ とが 言 え る。 満 足 型 学 級 は 、作 動 グ ル ー プ に参加 す る た め に 不 可 欠 で あ る、 メ ンバ ー の共 同(cooperation)が 可 能 で あ り、 欲 求 不 満 に耐 え 、現 実 原 則 に基 づ く活 動 が 可 能 とな る た め で あ る 。

B管 理 型 学 級 に つ い て は 、 規 則 や 規 律 重 視 の 厳 しい 指 導 に傾 き、 ル ー ル は 定着 して い るが 生徒 同士 の 関係 は希 薄 で 、 子 ど もの 意 欲 や 承 認 感 に差 が あ り、 常 に教 師 の評 価 を気 にす る とい う状 態 で あ り、 この状 態 は 闘 争 ・逃 避 基 底 的 想 定 に支 配 され て い る状 態 で あ る とい え る。管 理 型 学 級 は 、 個 よ り全 体 を重 視 し、 メ ンバ ー 間 の 意 見 相 違 が グ ル ー プの 全 滅 に導 くこ と を恐 れ 、 グル ー プ全 体

の存 続 の た め に全 力 を尽 くす こ とな どが 求 め られ る闘 争 ・逃 避 基 底 的想 定 の状 況 を満 た して い る と考 え られ る か らで あ る 。

Cな れ合 い型 学 級 に関 して は、 二 つ の側 面 が 見 られ る。 援 助 重 視 の優 しい教 師 の助 けが 必 要 な 側 面 に 関 して は 、 リー ダー へ の 理 想 化 な ど、 早 期 の妄 想 分 裂 態 勢 特 有 の破 壊 的 防衛 課 程 に よ って 特 徴 付 け られ る依 存 基 底 的 想 定 に支 配 さ れ て い る状 態 で あ る とい え る 。 また 自由 で和 気 藷 々 と し

た雰 囲気 の 中 で 、1対1の 関 係 を重 視 す る とい う側 面 に 関 して は、 そ れ らを重 視 す る 、 つ が い 基

(9)

底 的 想 定 に支 配 され て い る状 態 で あ る と考 え られ る。

本 稿 で は、 最 近 の イ ン ター ネ ッ ト社 会 に よ るい じめ問 題 な ど学 校 の 諸 問 題 の予 防 ・解 決 の た め に、 子 ど も た ち を、 人 を憎 み蹴 落 とす た め の 生 きる力 で は な く、 人 間 ら し く生 きる た め の真 の 力 を持 っ た子 ど も に育 成 す る た め の 学 級 集 団 作 りが 急 務 で あ り、 現 在 の 学 校 にお け る学 級 の状 態 に つ い て よ り広 く深 く理 解 す る た め に 、Bionの 集 団理 論 の概 念 を用 い て考 察 した。

Hafsi(2004)が の べ て い る よ う に、 今 後 は グ ル ー プが 、 愚 か さ に費 や して い た エ ネル ギ ー を、

建 設 的 な心 的 活 動 や 「作 動 グ ル ー プ」 の ため に費 や させ る よ う に、 そ の 愚 か さ(基 底 的想 定)を 中立 化 す る こ とが 重 要 で あ る 。 そ の た め 今 後 の 課 題 と して は、 学 級 の 事 例 にあ た り、 学 級 集 団 の 状 況 に対 して の 観 察 、Bion集 団理 論 か らの分 析 を さ らに進 め た い。

参考文献

Anzieu,D.:LegroUpeetImaginaire8roupal.Paris'Bordas,1984.(榎 本 譲 訳:集 団 と 無 意 識 、 言 叢 社 、1999) 朝 日 新 聞 社 会 部(1999):学 級 崩 壊 朝 日新 聞 社

Bion,W.R.:EXperiencesingroupsandotherpapers.NewYork:BasicBooks,1961.(池 田 数 好 訳:集 団 精 神 療 法 の 基 礎 、 岩 崎 学 術 出 版 社 、1973).

Hafsi,M.:Theleadershipfunctionintraininggroups:Apsychoanalyticalapproachtogroupdynamics.

Psycholo8ia,33,230‑241.1990.

Hafsi,M.(2003):ビ オ ンへ の 道 標 ナ カ ニ シ ヤ 出 版

Hafsi,M.(2004):「 愚 か さ」 の 精 神 分 析 ビ オ ン 的 観 点 か ら グ ル ー プ の 無 意 識 を 見 つ め て ナ カ ニ シ ヤ 出 版 今 泉 博 ら(1998):な ぜ 小 学 生 が 荒 れ る の か 太 郎 次 郎 社

河 村 茂 雄 山 崎 隆 夫.(2004):Q‑Uに よ る 学 級 経 営 ス ー パ ー バ イ ズ ・ガ イ ド ー 中 学 校 編 一 図 書 文 化 社 河 村 茂 雄 ・粕 谷 貴 志.(2007a):公 立 学 校 の 挑 戦 図 書 文 化 社

河 村 茂 雄.(2007b):デ ー タ が 語 る ① 学 校 の 課 題 図 書 文 化 社

K[ein,M.:Notesonsomeschizoidmechanisms.InDevelOpmentuinpsychoanatysis.London:HogarthPress, 1955.

Lebon,G.:TheCrowd'studyofthePopularMind.London:Benn,1947.

日 本 能 率 協 会 総 合 研 究 所(2006):日 本 人 の 子 育 て ・教 育 を 読 み 解 くデ ー タ 総 覧2006三 陽 社 尾 木 直 樹(1999):「 学 級 崩 壊 」 を ど う み る か 日本 放 送 出 版 協 会

産 経 新 聞(2006):学 級 崩 壊 先 生 、 子 供 の 友 達 感 覚 が 招 く 「な れ あ い 型 」 急 増.10月13日.

Sega1,H.:1ntroductiontotheWorkofMelanieKlein.London:HogarthPress,1973

高 旗 正 人 ・相 原 次 男(2002):「 生 き る 力 」 を 育 て る 教 育 へ の ア プ ロ ー チ 黎 明 書 房 新 村 出 編(2008):広 辞 苑 第6版 岩 波 書 店

読 売 新 聞(2006):な れ あ い 学 級 で い じ め 多 発 、 長 期 被 害 は 小 学 生 の3.6%.12月5日.

(10)

Figure

Updating...

References

Related subjects :