『カルメン』はどのように作られているか : 脱神話 のための試論

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. 『カルメン』はどのように作られているか : 脱神話 のための試論 末松, 壽 九州大学文学部教授. https://doi.org/10.15017/9950 出版情報:Stella. 13, pp.1-20, 1994-03-10. Société de Langue et Littérature Françaises de l’Université du Kyushu バージョン: 権利関係:.

(2) 『カ ル メ ン』 は ど の よ うに 作 られ て い る か(5) 脱神話 のための試論. 末. 松. 壽. これ ま で筆 者 は 『カ ル メ ン』 に お け る語 りの 手 法,つ づ い て そ の主 要 テ ー マ で あ る異 国 ・異 人 と の接 触 の諸 問題 を考 察 して きた1)。本 稿 で は異 ・性 を同 化 す るた め の処 理 法 の検 討 をつ づ け る こ と にな る。 周 知 の よ う に,「 エ グ ゾ テ イス ム の 文 学 」 は まず そ の主 題 に よ って 規 定 さ れ る。 定 義 上,そ. れ は書 き手 そ して と りわ け読 み 手 を つ つ む文 化 的状 況 の外 に あ. る もの を対 象 と す る。 と ころ で,文 化 が 知 識 の形 で あ り限 界 で もあ る とす れ ば,こ の限 界 の外 に あ る事 を内 に あ る者 にむ けて 伝 え る こ とは け つ して 自 明 の こ とで は な い。 読 者 は問 題 に な る事 柄(指 示 対 象)や. 「文脈 」 を多 か れ少 なか. れ知 らな い の で あ る か ら,外 の もの は内 な る もの に,他 な る もの は 自 己 に,そ して異 な る もの は同 じ もの に還 元 し少 な くと も関連 づ け るの で な い限 り,十 分 な コ ミュニ ケ イ シ ョ ンは の ぞ め な いで あ ろ う。 しか しそ の と き,は た して読 者 は異 な る もの を異 な る もの と して知 っ た こ と にな るの で あ ろ うか。 我 々 の知 つ た と思 う こ とは,も. しか した ら実 は 自 己 自身 の せ い ぜ い別 の パ ラデ ィグ ム にす. ぎな い の で は な い だ ろ うか。 ま さ に そ こ に エ グ ゾテ ィ ス ムの文 学 に と つて の根 本 的 な デ ィ レ ンマ が あ る,と 筆 者 は予 想 して い る。 しか しそ れ を 問 うま え に, 未知 の もの の既 知 な る ものへ の変 換 が どの よ うに して な さ れ る の か を仔 細 に観 察 して お く必 要 が あ る。 こ の変 換 の 手 法 の う ち,前 稿 ④ で 検 討 した1.「 本 文 で の処 理 」 の うち原 語+解 説,原 語+即 時 翻 訳 に つ づ い て,こ つ の手 法,(原 語 を 省 略 して の)フ. こで は も うひ と. ラ ンス語 で の命 名 ・記 述 を まず と りあ げ る。. フ ラ ン ス 語 で の 記 述 ・命 名 じ っ さ い,も. し語 り手(そ. して 書 き 手)が,ス. ペ イ ン,ジ. プ シ ー,バ. の 他 に か か わ る 事 柄 を 常 に 外 国 語 を 紹 介 しつ つ 提 示 す る と し た ら,究 フ ラ ン ス 語 で 語 り あ る い は 書 く と い う こ と は で き な く な り,し. [1]. スクそ. 極的 には. た が つ て,フ. ラ.

(3) 2. ンス人 と仮 定 され る読 者 へ の伝 達 そ の ものが 不 可 能 に な るだ ろ う。 も し くは作 者 は平 行 的 に二 つ の ヴ ェル シオ ンを与 え る こと に な りか ね な い。 そ こ まで い か な くと も,あ ま りに多 くの異 国 語 をふ くむ小 説 は読 む者 に と つて煩 わ しい に ち が いな い。 そ れ に わ ざ わ ざ原 語 を あ た え な くて も,フ ラ ンス語 で表 現 す れ ば十 分 の こ と もあ るだ ろ う。 この翻 訳 ず み と い う処 理 法 は語 りの エ コ ノ ミー の原 理 に由 来 す る と考 え て よ い。 い くつ か にか ぎ つ て例 を あ げ よ う。. 東 方 にお いて パ ンと塩 を 分 けあ うの とお な じよ うに,エ スパ ニ ヤで は,葉 巻 を 与 え た り貰 つ た りす る と客 人 歓待 の義 務 の 関係 に な る。[1,940]2) エ スパ ニ ヤで は ど こ にで もマ ン ド リンが あ る。[943]. こ れ ら に お い て,話. 題 と な る 事 ・物 は こ と さ ら に 外 国 語 で 指 呼 さ れ る こ と は な. い 。 イ タ リ ヤ 語 起 源 の く<mandoline>>は18世. 紀 の な か ば に は フ ラ ンス 語 に. 入 っ て い た 。 そ れ は 人 々 の 習 慣 や 物 の 考 え 方 に つ い て も い え る。 「客 人 歓 待 の » と た だ フ ラ ンス語 で い わ れ る。 先 に引 用. 義 務 」 も « relations. d'hospitalité. した ス ペ イ ン の 格 言. 「ボ ヘ ミヤ 人 の 目,狼. の 目 」[951]と. ク 地 方 の 百 姓 娘 の 身 な り[Ⅲ,957,n.2],そ. か ナ ヴ ァー ル や バ ス. れ との 対 比 で描 写 され る カ ル メ. ンの 装 い に つ い て も 同 様 で あ る 。 す で に 処 理 を う け た 表 現 の 部 類 で め だ つ の は,な る 。Espagneと. ん と い って も固有 名 詞 で あ. い っ た 大 き な 単 位 か ら街 路 の 名 に い た る 地 名. 937 ; Havane, 940 ; Cordoue, 940 ; Saint-Roc, 977 ...). (Andalousie,. は,人 名(神 話 や古 代. 史上の名 : César, 937 ; Pompée, 938 ; Gédéon, 939 ; Diane, Actéon, 948 ら作中人物 の名 : Don José, 942 ; Dorothée, 969 ; Le Dancaire, 972 ...). ̲か とと. も に枚 挙 に い とま が な い。 な か に は部 分 的 に しか フ ラ ンス語 化 して い な い奇 妙 な も の も あ る。 José-Maria,. は don. Pèdre. 942 ; Don. Pedro. le Justicier,. 966 (こ れ は脚 註 で. と も 「翻 訳 」 され る)な ど。(こ の部 分 的 な 翻訳 の 問題 は また後. に と り あ げ る。) 二 三 の 面 白 い 事 例 を 指 摘 し よ う。 カ ル メ ン の 素 性 を 知 ろ う と し た 「私 」 は,彼 に あ る イ エ ス ス の 国 の 方 で し ょ う」 と云 うが,こ 喩を. 「私 」 は,「(よ. の ア ン ダ ル シ ヤ を 意 味 す る隠. く 知 ら れ た 闘 牛 士 で あ る 友 人 フ ラ ン シ ス コ ・セ ヴ ィ リヤ か. ら教 わ つ て い た)」,と,本 い る[II,950]。. 女 に,『 天 国 か ら二 歩 の と こ ろ. 文 中 に 括 弧 つ き の メ タ テ ク ス トを 挿 入 して 説 明 し て. こ れ が ス ペ イ ン で ど れ だ け ひ ろ く用 い ら れ た 文 彩 で あ る の か.

(4) 3. 筆 者 に はわ か らな い が,少 な く と も翻 訳,い. わ ゆ る直 訳 で あ る こ とに か わ りは. な い。 な お 作者 が,そ の本 文 中 に括 弧 を用 い て注 記 す る こ と は ほ とん どな い こ と も指 摘 して お こ う[cf.955]。. ま も な く取 りあ げ る脚 注 で の解 説 とか そ の他. の処 理 が は るか に 多 く用 い られ る の で あ る。 も う一 つ はセ ヴ ィ リヤ の あ る通 りの名 にか か わ る。 これ が そ の テ ク ス ト。. ボ ヘ ミヤ女 は は じめ は黙 って い ま した。 け れ ど も,蛇 通 りに き ま す と,一. 貴下 は. この通 りの こと を こぞ ん じで す ね。 こん な 風 に よ ば れ て い る の は,そ れ が くね くね と 曲 が つて い るか らで す が一,女. は …[III,959]. ドン ・ホセ が街 路 の名 の い わ れ を説 明 して い るの だ が,「 蛇 通 り」 (la rue. Serpent). と い う訳 語(語. 問 題 が あ る こ と が,マ. り手 お よ び 聞 き手=書. リオ ン と サ ロ モ ン の 註 釈 に よ つ て し ら れ る。 ま ず 不 正 確. さ 。 こ れ は ス ペ イ ン語 で は «Calle des. de. las. Sierpes». で,文 字 どお りに は «. と複 数 に な るべ きだ と い う。 この 誤 訳 は,書. Serpents». du. き手 の共 同 責 任 で あ る)に は. rue. き手 の 記 憶 ち が. い と い う よ り む し ろ 勘 違 い に よ っ て 紛 れ こ ん だ ら し い 。 と い う の は,「 こ の 名 前 は あ る 店 の(複 [n.4,p.1577]。. 数 の)蛇. を も ち い た 標 識(enseigne)に. 由 来 す る ら し い」. つ ま り原 語 か ら の 翻 訳 処 理 の プ ロ セ ス に お い て,隠. 喩 が換 喩. に と つて か わ つた の で あ る。 フ ラ ン ス 語 だ け で の 記 述,こ な い 。 と い う の も,エ. れ は プ ロ セ ス の省 略 つ ま り一 種 の 短絡 に 他 な ら. ク リテ ユ ー ル 生 成 の プ ロ セ ス,つ. ク 語 と か ボ ヘ ミヤ 語 で 発 言 し た こ と を,②. 語 り手(た. と え ば ド ン ・ホ セ)が. 訳 な い し解 説 し て ス ペ イ ン語 で 「私 」 に つ た え,③ な っ た 「私 」 が フ ラ ン ス 語 に 翻 訳 し,ま を 省 略 して,一 と こ ろ で,語. ま り① 作 中 人 物 が バ ス. そ れ を さ ら に,書. 翻. き手 と. た 時 に は 解 説 す る と い う 経 過 が,段. 階. 挙 に ③ の 形 で 実 現 さ れ る か らで あ る 。 り 手 が,時. に は この伝 達 プ ロ セ ス の あ る段 階 を 明 記 す る こ と も. お こ る 。 こ の 例 を 最 後 に み て お こ う。 ド ン ・ホ セ が カ ン テ ラ 通 り は ド ロ テ の 家 で,カ. ル メ ン と 一 緒 に や っ て き た 自 分 の 属 す る 連 隊 の 中 尉 に で あ っ た と き,. 「『早 く逃 げ て 』 と彼 女 は バ ス ク 語 で 私 に い つ た 」[Ⅲ,970.強. 調 筆 者]。 「バ ス. ク 語 で 」,つ ま り と つ さ に カ ル メ ン は 中 尉 に は 理 解 で き な い 言 語 で ド ン ・ホ セ に 話 し た と い う わ け で あ る。 も っ と も こ う い う せ っ ぱ つ ま っ た 状 況 で の 発 言 は,ま. も な く ほ か の 例 も み る が,言. く の で あ って,こ. 語 を 知 ら な い 者 に も 大 体 の こ と は 察 しが つ. の こ と 自体 に そ れ ほ どの意 味 が あ る わ けで は な い。 そ れ で も.

(5) 4. こ の 件 が,登. 場 人 物 の 伝 達 コ ー ドを 明 示 す る 限 り に お い て,エ. ク リテ ユ ー ル と. して の 作 品 の 生 成 プ ロ セ ス の 一 端 を あ か して い る こ と に 変 わ り は な い[cf.II, 952]。 機 能 に つ い て も,こ メ ン と ド ン ・ホ セ)/疎. の 件 が ま た,特. 外(こ. 定 言 語 の 選 択 が 共 犯(こ. こ で は 中 尉)の. こで は カ ル. 手 段 と な っ て い る点 で 注 目 に 値. す る3)。 以 上 で,本. 文 のみ に お け る異 国 性 の 処 理 法 の記 述 を お え る。 次 に脚 注 の問 題. が く る。. 2.脚. 註 で の処 理. メ リメ の小 説 テ ク ス トは,そ の演 劇 作 品 とお な じ く,非 常 に多 くの脚 註 を と もな つ て い る。 ま ず 最 初 期 の 『ク ラ ラ ・ガ ジ ュ ル の 演 劇 』(1826‑1829)は, そ の お さ あ る戯 曲 の 劇 行 為 が い ず れ も異 国 に設 定 さ れ て い る こ と一一 空 間 的 距 離. が あ つて か,ど れ に も多 か れ少 な か れ ノ ー トが み られ る。 ま た それ につ. づ く,と い つて も こ の 「ガ ジ ュ ル」(GAZUL)な. る架 空 の 人 物 が そ の ア ナ グ. ラムで あ るが ゆ え に構想 は同 時期 と見 な け れ ば な らな い と こ ろ の 『ラ ・ギ ュ ズ ラ』(1827)は,「. ダル マ テ ィ ア ・ボ ス ニ ア ・ク ロア テ ィア ・ヘ ル ツ ェ ゴ ヴ ィナ. で収 集 され た イ リ リッ ク詩 選 」4)と題 す る だ け あ つて,ロ マ ン派 風 の い わ ゆ る 地 方 色 ゆ たか な 「殿 れ た 物語 」 う. の 寄 せ 集 め で あ るが,そ. 民 族 音 楽 ギ ュ ズ ラに あ わせ て 歌 わ れ る と い こに くわ え られ た脚 註 は枚 挙 に い と まが な い 。. 他 方,『 シ ャル ル九 世 年 代 記 』(1829)で. も註 釈 は多 い の だが,そ れ は作 品 の 舞. 台 が 宗 教 戦 争 の 時 代 の フ ラ ン スで あ る とい う事 情,つ. ま り時 間 的 なへ だ た りそ. して社 会 状 況 の 相 違 の ゆ え に必 要 に な つた と考 え られ る。 同 じ事 情 が,シ ク ス ピア,ユ ゴー. サ ル トル を思 わ せず に は おか な い革 命 の ドラマ,フ. 中 世 最 大 の 農 民 一 揆 を主 題 と した 『ジ ャ ック リー の乱 』(1828)(全. ェイ. ランス. 一一幕36場). の65に お よぶ 注 釈 を説 明 す る5)。主 題 にお いて 『チ ェ ンチ家 の人 々』(A.ア ル トオ)と 競 う 『カ ル ヴ ァジ ャル 家』(一 幕8場)こ を 舞 台 と した スペ イ ン系 の一 家 の ドラマ で あ る. れ は十 七 世 紀 の新 大 陸 の9個 の ノ ー トにつ い て も. 同 様 で あ る6)。け れ ど も,書 き手 と読 み手 との あ い だ に共 通 の文 化 的 コ ンテ ク ス トの 欠 如 を まね きが ち な歴 史 的距 離 や空 間 的 隔 た り は注 釈 の 使 用 を うな が す 条 件 で あ る と はい え,け. っ して これ を絶 対 的 に要 請 す る と い う もの で もな い。. 作 家 に は,読 者 の 知識 の程 度 が低 け れ ば低 い ほ ど事 情 を解 説 す る必 要 が あ る と い う先 に参 照 した サ ル トル の議 論 は,こ. うい う限 定 を つ けた 意 味 で しか み とめ.

(6) 5 る こ と が で き な い と 思 わ れ る。 た と え ば,本. 質 的 に 読 者 に と つ て 非 日常 的 な 世. 界 を 話 題 に す る エ グ ゾ テ ィ ス ム 文 学 の 巨 匠,希 ル ・ロ テ ィの 作 品 に は,脚. 代 の 流 行 作 家 で あ つた ピェ ー. 註 は あ る に は あ る が そ れ ほ ど の 数 で は な く,そ. か な り遠 慮 ぶ か い も の で あ る こ と が 多 い7)。 メ リ メ に つ い て も,イ. 開す る物語. Il. Vicolo. した 物 語 Djoûmane. di. Madama. (1873)に. Lucrezia. (1846)や. タ リヤ で展. ア ル ジ ェ リヤ をi舞台 と. は い か な る 註 も な い 。 以 上 の 事 実 か ら次 の こ と. を 仮 定 す る こ と が で き る 。 ま ず 註 釈 の 有 無 は,お. そ ら く ジ ャ ン ル の し た が つて. ま た 相 関 的 に 文 体 の 要 請 で も あ る だ ろ う と い う こ と。 そ し て,メ 全 体 と して,(ロ. れ も. テ ィ の 場 合 と 逆 に)こ. リメ の 文 学 は. れ を必 要 とす る ジ ャ ンル か らそ うで な. い も の へ と時 間 的 に 変 化 し た と い う こ と で あ る。 中 期 の 作 品 に つ い て 観 察 を つ づ け る と,1810年 物語. 『コ ロ ンバ 』(1840)は. 計27の. プ レ イ ヤ ッ ド版 で131ペ. ー ジ を し あ る の だ が,合. 註 釈 を も つ 。 話 が 「現 代 の 」 フ ラ ン ス に 位 置 す る 「ア ル セ ー ヌ ・ギ ヨ』. (1844)は45ペ. ー ジ の テ ク ス トに 脚 註 は 一 個 あ る の み だ し,お. ン神 父 』(1846)は,1844年 い う6篇. 代 の コ ル シ カ を 舞 台 に した. か ら45年. の 書 簡 か ら な っ て い る が,15ペ. い し て,58ペ. ー ジで 註 釈 は一 個 で あ る。 そ れ に た. ー ジ の 作 品 で あ る 『カ ル メ ン』(1845)の. ペ イ ンを舞 台 とす る. は 大 小 さ ま ざ ま 実 に44箇. の 内 訳 は,一. 章 に4,三. 章 に2,二. な じ く 『オ ー バ. の 日付 を も った フ ラ ンス で 書 か れ た と. 章 に38と. 物 語 一1830年. のス. 所 の 註 を ふ くん で い る 。 そ. な っ て い る。 も ち ろ ん,第. 三章. が そ の 多 さ で 目立 つ 。(ち な み に 第 四 章 は た つ た 一 個 の 註 釈 しか ふ く ま な い)。 じ つ さ い,こ. の 小 説 に お け る 註 釈 の 多 さ は メ リ メ の 全 作 品 の な か で も際 立 つ 特. 色 な の で あ る。 そ れ ゆ え,こ. の 事 実 を 無 視 して 『カ ル メ ン』 を 語 る こ と は で き. な い と筆 者 に は 思 わ れ た 。 し か し註 釈 の 機 能,そ. して 言 説 と し て の 特 徴 に つ い て 考 え な け れ ば な る ま. い。. 註 釈 と は な にか 我 々 は,註. 釈 と は メ タ テ ク ス ト(テ. ク ス トに つ い て の テ ク ス ト)の 一 種 で あ. る と定 義 す る8)。 そ れ は情 報 を 補 足 す る こ と を 機 能 と す る。 あ る い は 本 文 の 命 題. 登 場 人 物 の 発 言 の 理 由 や 事 情 を 明 か し[例. 語 源 を 解 説 し[949,956],翻. 訳 し[950,960],省. え ば940,949],表. 現 の意 味 や. 略 を お ぎ な い,ま. た は変 形. し た も の を も と の 形 に も ど し[943,965],留. 保 を つ け 例 外 を あ げ[954,. 989],機. る い は テ ク ス トに ち な ん で お. 先 を 制 して 可 能 な 誤 解 を と き[971],あ.

(7) 6. ま け の情 報 を提 供 す る[949,966]。 メ タテ ク ス トで あ る点 で はか わ らな い と して も,物 語 テ ク ス トにお いて 註 釈 が そ の い わ ゆ る本 文 にた い して と る関係 は,た. とえ ば論 説 文 な ど にお いて そ れ. が本 文 に た い して もつ 関 係 と ちが つて,独 特 の あ り方 を もつ よ うに思 わ れ る。 とい うの は,『 カ ル メ ン」 第 三 章 が 明 示 す るよ うに 本 文 が 口頭 で語 られ た 言 説 の記 録 と み な され るの にた い して,他 方 の註 釈 は そ れ に属 さ な い よ う に見 え る か らで あ る。 相 関 的 に これ は聞 き手 に あ て られ る ので は な い と思 わ れ る。 この こと を明 らか にす るた め に は,註 釈 が言 説 と して いか な る特 徴 を もつ か を考 え な けれ ば な らな い。 例 を と ろ う。 『カ ル メ ン』 最 初 の脚 註 は ス ペ イ ン人 た ち のsの 発 音 にお け る地 方 差 の 指 摘 で あ る。 「ア ンダ ル シ ヤ人 た ち はsを 気 音 化 し,発 音 に お いてzや 軟 らか いcと 混 同 す る … 」[940]。 早 速 に この 文 の 時 制 が現 在 で,人 称 は一 人称 で も二 人 称 で もな い こ とに気 づ く。 三 人 称 とい う よ り,こ れ は バ ンヴ ェ ニ ス トの説 に したが つて,「 無 人 称 」 と い うべ きで あ ろ う9)。 も う ひ とつ の 例,「 ス ペ イ ンの 騎 兵 隊 は す べ て 槍 で 武 装 し て い る」 [961]。 お よ そ 半 分 く ら い の ノ ー トが お な じ時 制 と 「人 称 」 で 書 か れ て い る。 これ に劣 らず 多 いの は名詞 構 文,つ ま り文 法 的 に一 種 の不 完 全 文 で あ る。 た と え ば,本 文 中 の 《Provinces》 な る語 を(省 略 を お ぎ な い つ つ)解 説 す る 「特 権 を もつ 地 方 …」[943]で. は じま る註,《neveria》. の転 義 を説 明 す る 「氷 室. あ るい は む し ろ貯 め た 雪 を もつ コ ー ヒ ー店 」[949]な (冠 詞)す. る註 。 後 者 に は限 定 詞. らつ いて は い な い。 お な じこ とが く<maquilas>>に つ い て の 「バ ス ク. 人 の鉄 を うち こん だ 棒」[956]に. も見 られ る。 これ は辞 書 が 語 義 の 定 義 にお い. て もち い る言 語 に他 な らな い。 厳 密 な意 味 で は文 法 性 を欠 いて い るか,も. しそ. れ を 備 え て い る場 合 に は 人 称 性 を 奪 わ れ て い る。 こ れ が 註 釈 言 語 の 特 徴 で あ る。 この こ と は,註 釈 と い う もの が ほぼ全 体 と して(バ. ンヴ ェ ニ ス トに と って. はパ ラ ドク サ ル な)無 人称 の言 語 一 一 人 称 性 を もた い な いが ゆえ に 「談 話」 で は な く,現 在 時 制 で あ るが ゆ え に 「説 話 」 で もな い. に よ つて 記 載 され る と. い う こと を意 味 す る。 学術 論 文 の文 章 か,で な け れ ば辞 書 の記 述 に近 い とい え る。 と こ ろが メ リメの 註 釈 に は,以 上 の カ テ ゴ リー一 註 釈 が したが う限 定 で あ ろ う一. これ が 世 の 中 の 大部 分 の. か ら逸 脱 す る ものが あ る。 そ れ は二 種 類 に わ. け る こ とが で きる。 一 は そ の 中 に私(je)が. 介 在 す る註。 つ ま りバ ン ヴ ェニ ス. トの い わ ゆ る人 称 的 な 「 談 話 」 で あ る。 一 は単 純 過 去 を時 制 と した 註 。 つ ま り 「歴 史 的 説話 」 で あ る10)。前 者 の例 は二 箇 所 で,.

(8) 7 ・名 誉 な こ と に. 族)と. は カ ル キ ス で « Milordos. ,私. Phrantzesos. のふ れ こみ で 紹 介 され た こ とが あ る。[II,949,n.2.原. ». (フ ラ ンス 人 英 国 貴. 文 の ギ リシ ア文 字 は ラ. テ ン文 字 に かえ て 表 記] ドイ ツ の ボ ヘ ミヤ人 た ち は 《Cα16>>とい う語 を完 全 に理 解 す る と は い う もの の,こ う よ ば れ る の を 好 ま な い,と «Romané. 私 に は 思 わ れ た。 彼 ら は 仲 間 う ち で は た が い に. と よ ぴ あ っ て い る 。[IV,989]. tchavé». この 自伝 言 説 の 私 と は誰 な の か を考 え な け れ ば な らな い。 複 合 過 去 の 時制 が そ の標 識 と な る談 話 に よ る説話 行為 の一 ジ ャ ンル で あ る 自伝 は,本 論 第一 章 で示 した よ うに11),発 話(書 記 行 為)主 体 の私,い. ま ・こ こ の私 が,過 去 の あ る時. 点 か らこ こ まで 来 た 私,持 続 して い る私 に つ い て語 る ので あ る。 そ して い ま ・ こ こに い る の は誰 か と いえ ば,そ れ は登 場 人 物 で もな く語 り手 で もな い。 書 き 手 で あ る。 つ ま り この 「私 」 にか か わ る言 表 は書 き手 の責 任 に お いて な され る 言 表 で あ る。 ただ しひ とつ の 識 別 が必 要 で あ る。 そ れ は この言 表 の主 語 が 書 く か ぎ りに お け る主 体 で はな く,そ れ と連 帯 しな が ら識 別 さ れ る指 示 対 象,生 活 す るか ぎ りに お け る人 格 を 指 示 す る とい う事 実 で あ る。 要 す る に,上 の引 用 に お け る 「私 」 は,一 方 に お い て は カ ル メ ン と同 等 の 資 格 で 登 場 す る 人 物 の 「私 」 と判 別 され,つ. ま り 「脱 虚 構 化 」 さ れ. 他 方 に お いて は純 粋 の書 記 主 体. で あ る 「私 」 と も識 別 され る いわ ば 寄 生 した,二 次 的 レ ヴ ェル の 「登 場 人 物 」 とい う こ とが で き る。 そ こ まで 微 細 な 議 論 を しな くて も,第 三 章 に お い て と り わ け頻 繁 な脚 註 が,語. り手 ドン ・ホ セが 聞 き手 「私 」 に あ て た発 言 で な い こ と. はあ き らか で あ ろ う。 聞 き手 「私 」 が 書 き手 とな った 時 に つ け た もの で あ る。 この こ とは さ らに次 の よ うな ノ ー トの 存 在 を も つて確 認 す る こ とが で き る。 ドン ・ホセ の受 け る こ とに な る刑 につ いて の 註. 1830年 に は これ は ま だ 貴 族 階 級 の特 権 だ っ た。 今 日 で は,立 憲 制 の もと で,平 民 た ち も鉄 輪 に よ る処 刑 を う け る権利 を獲 得 して い る。[954]. この註 釈. 第 二 文 は複 合 過 去 を 時 制 と して い る. は,事 件(物. 語)の 時. (1830年)と,説. 話 行 為(正. す な わ ち1845年. とを 区別 す る こ とを 許 し,し か も この発 言 が で き る の は書 き. し くはむ しろ出版)の 時,「 今 日」(aujourd'hui),. 手 以 外 に は あ り得 な い こ とを教 え て くれ る。 い うまで も な く,ド ン ・ホ セ はす で に そ の架 空 の 存 在 を お え た と見 な け れ ば な らな いか らで あ る。 こ う して 脚註 とは書 き手 が もつば らにす る権 限行 使 で あ る と結 論 す る こ とが で き る。.

(9) 8. もう ひ とつ の め ず ら しい註 釈 とは,単 純 過 去 時 制 に よ るそ れ で あ る。 例 は二 つ 。 い ず れ も民 間 伝 承 (tradition populaire) を 報 告 す る も の で あ る 。 カ ン テ ラ通 りの名 の 由来 を説 明す る長 い ノ ー トの書 き出 しを み よ う。. 我 々が. 「残 酷 王 」 と よ ん で い る. 〔… 〕 ド ン ・ペ ド ロ王 は 夜 セ ヴ ィ リ ヤ の 通 り を 歩 き. ま わ る の が す き だ つ た 。 〔… 〕 あ る 夜 の こ と,と て い た 男 と あ ら そ つ た 。 闘 い に な っ て,王 婆 が 窓 か ら顔 を だ し た 。[966,n.1,強. 一 人 称(複. 数 の)現. sepromener)を. る老. 調 筆 者]. 在 形 の 談 話(nommons)か 介 して 純 然 た る 説 話. dequerelle)に. あ る辺 鄙 な 通 り で セ レ ナ ー デ を 奏 で. は 恋 の 騎 士 を こ ろ し た 。 剣 の 音 に,あ. らは じま り. ,半 過 去(aimaita. つ ま り 単 純 過 去 の 文 章(ilseprit. 入 る部 分 で あ る。 ペ ドロ王 にか か わ る も うひ とつ の例 に. お い て も導 入 の 手 続 き が 必 要 に な る。. Marie ̲)。. Padilla. は ド ン ・ペ ド ロ 王 に 魔 法 を か け た と し て 非 難 さ れ た(Onaaccus6. あ る 民 間 伝 承 に よ れ ば(rapporte),彼. 女 は女 王 の ブ ラ ン シ ュ ・ ド ・ブル ボ ン. に金 の帯 の贈 り物 を した こ とが あ って (elle avait 王 の 目 に は 生 き た 蛇 か と み え た(parut)。 (montra)嫌. fait présent),. これ が惑 わ さ れ た. 王 が こ の 不 幸 な 姫 に つ ね に しめ し た. 悪 は そ こ か ら く る。[987]. 言 説 が い か に して非 説 話 か ら説 話 に変 貌 して い くか を み せ る件 で あ る。 これ ら の 例 は,ま ず少 な い とい う理 由 で,ま た説 話 は な され て も,そ れ はけ つ して藪 か ら棒 に な さ れ は しな い と い う理 由で,厳 密 な意 味 で の説 話 言 表 が註 釈 に は本 来 な じま な い こ とを示 して い る よ うに思 わ れ る。 そ れ で も書 き手 は,ド ン ・ホ セ の 語 りの ま さ に余 白 に,自 伝 的 な物 語 の み な らず,「 歴 史 的」 説 話 を 書 き こ む こ と もあ え て辞 さ な い ので あ る.語 り手 お よ び書 き手 とい う二 重 の発 話 主 体 が な らび た つ て,ひ そか に通 じる こ とが形 式 的 に は不 可 能 な この第 三 章 こそ, ま た脚 註 が もつ と も多 い章 で あ る と い うの は奇 妙 な事 実 で あ る。 あ たか もメ リ メ は,自 分 の設 け た語 り手 に仕 事 を一 任 す る こ とが で きず,終 始 これ に同 伴 し つつ,陰. に陽 に介 入 して はそ の説 話 を補 足 す る言 葉 を欄 外 に書 き こん で い くの. で あ る。 最 後 に,第 四 章 に註 釈 が少 な い事 実 を考 え な け れ ば な らな い。 それ は この 章 が,そ れ 自体 す で に全体 と して書 記 主 体 が担 当す る補 足 テ ク ス トの 性 格 を もつ と い う事 情 に よ って 説 明 で き る。 第 一 章 か ら第 三 章 まで の テ ク ス トにつ い て 書 か れ た メ タ テ ク ス ト,作 中 人物 カ ル メ ンを契 機 と して 補 足 され る ジ プ シー に つ.

(10) 9. いて の情 報,ひ. と こ とで い え ば,こ れ が 第 四 章 で あ る。 つ ま り脚 註 に あ って も. よ い は ず の もの が こ こ で は 本 文 を構 成 して い るの で あ る。 そ の た あ,更. なる. ノー トは不 要 だ つた と考 え る こ とが で き る。 さて,註 釈 の定 義 を こ こ ろみ た予 備 的 な考 察 を お え て,我 々 の課 題 で あ る異 国 的 な もの の処 理 法 と して の脚 註 の 問 題 に入 ろ う。 こ こで も,そ れ が誰 の言 語 に か か わ る の か,と か,い か な る事 柄 にか とか,ど の 国(な い し言 語)に か か わ る の か とい う疑 問 は無 視 す る。 我 々 が 問 うの は,テ. クス ト本 体 とそ れ につ け. られ た脚 註 と の関 係 の様 態 で あ る。 メ タ ・テ クス トの メ タの意 味 で あ る とい つ て もよ い。. テ ク ス ト本 体 と脚 註 との 関 係 この問 題 は,先 にみ た本 文 にお け る異 国 的文 物 の処 理 法,翻 訳 か 解 説 か と い う問 い に類 比 して い る。 相 違 は,そ こで は処 理 が テ ク ス トの連 辞 秩 序 の中 で な さ れ た の に た い して,今 度 は そ れ が 本 文 と ノ ー トとい う,い ま例 を み た よ う に,言 葉 を あ たえ る二 人 の 責 任者 が分 担 す る二 つ の異 な る空 間 に お いて,一 方 の他 方 に よ る代 補 と して お こな わ れ る とい う事 情 に あ る。 記 述 は簡 略 化 で き る し,そ の枠 組 み も先 の そ れ を維 持 す る こ とが で き る。. ①(本. 文 で の)原. 語+(註. 釈 で の)翻. 訳 ・解 説. カ ル メ ン の セ リ フ の 中 の 「ca16の 掟 」 に つ い て,. メ リメ は次 の註 を つ け て い. る。. Cαlo;女. 性,calli;複. 数cale。. 文 字通 りに は. 「黒 」.ボ. ヘ ミヤ人 た ちが 自分 た ち. の 言 語 で た が い に あ た え あ う 呼 び 名 。[967,n.1]. ま ず く<calo>>な る 単 語 の 性 ・数 に 応 じ た 語 形 変 化,つ り の 意 味,そ. ぎに直 訳 に よ る文 字 ど お. して具 体 的 な意 味 の解 説 で あ る。 語 形 変化 と直訳 だ け の註 もあ る. [966,n.2]し,直. 訳 と 説 明 だ け の も の も あ る。 た と え ば く<majari>>と は 「聖. 女 つ ま り 聖 母 」[968,n.2]の 《Agurlaguna》 あ る[968,n.1]。. こ と だ と い う[cf.978]。. す な わ ち 《Bonjour,camarade>>[964,n.1]や. 直 訳 だ け の 註, 諺 の復 元 も. 註 釈 の お か げ で ど う い う 意 味 か は わ か る け れ ど も,人. 物が. ど ん な 言 語 で 発 し た の か を あ や しむ よ う な 類 の 発 言 も あ る。 さ き に あ げ た 『あ あtitliPendi,あ. た し をeraniと. 思 い こ む な ん て 』[975]12)に. は,「 お ば か さ ん.

(11) 10. ね,あ. た し を レ デ ィ ー と 思 い こ む な ん て 」 と い う意 味 の 訳 が あ て られ る 。. バ ス ク 語 に つ い て も事 情 は異 な ら な い [960,n.1]に. 。<<maquilas>>[956],<<bai,jaona》. は す で に 言 及 し た が,他. に も,カ. 単 語 く<barratcea>>(庭)[960,n。2]な <<chufas>>に. ル メ ンが も ち い る バ ス ク語 の. ど が あ る。 ス ペ イ ン 語 も 同 様 で,. は 「か な り お い し い 飲 み 物 が つ く ら れ る 球 根 」[971 ,n.2]と. 書 に 類 し た 定 義 が あ た え ら れ る。 ま た く<neveria>>に. む し ろ 雪 の 貯 蔵 室 を も つ た コ ー ヒ ー店 。 エ ス パ ニ ヤ に は ηo%磁 ず な い 」[949,n.1]と 4]。. い う。 《yemas>>な. が あ らわ れ て い て,ノ. の な い村 は ま. ど菓 子 類 の 説 明 も あ る[965. ま れ に は ラ テ ン語 の 隠 喩 表 現 の 解 説 もみ え る[977. 二 三 の 変 わ っ た 例 を み よ う。 ま ず,本. 辞. つ い て は,「 氷 室 あ る い は. ,n.3,. ,n.2]。. 文 に外 国 語 の いわ ゆ る熟 語 表 現 の一 部. ー トが こ れ を 完 全 に 表 記 す る こ と が あ る. 。 軍 隊 を脱 走 し. た ド ン ・ホ セ に 向 か つ て カ ル メ ン は 云 う 。. あ ん た,自. 分 で 生 活 の 糧 を か せ ぐ こ と を 考 え な く ち ゃ。 と て も 馬 鹿 だ か ら,αpαs‑. tesαsに 盗 む こ と な ん て で き な い け ど …[971]. そ こ に は,ま. ず,<<Ustilara[sic]pastesas>>と. ボ ヘ ミア 語 の 成 句 を 復 元 し,. 次 に こ れ を フ ラ ン ス 語 に 訳 す 脚 註 が つ い て い る 。 つ ま り 「巧 み に 盗 む こ と,暴 力 を 用 い ず に く す ね る こ と 」 で あ る 。 ス ペ イ ンの 地 名 に つ い て も類 似 の 処 理 を み る[962]。. こ の 部 類 の も う ひ と つ の 変 種 と して,本. 釈 で 翻 訳 す る 一 方,本. 文 は そ の 語 に解 説 を 加 え る と い う役 割 の 分 担 もお こ る 。. カ ル メ ン を 探 し も と め る ド ン ・ ホ セ に,老 は,彼. 女 が. 「Laloroに. を く<la(terre)rouge>〉. 文 に 現 れ る 外 国 語 を ,註. 婆 と 揚 物 屋(二. 発 つ た 」 と こ た え る の だ っ た[968]。 つ ま り 「赤(い. 人 と も ジ プ シ ー) ノ ー トは こ の 語. 土 地)」 と 訳 し て い る が ,本. 文 の方 で. は ド ン ・ホ セ が 「彼 ら は ポ ル トガ ル の こ と を こ う呼 ぶ の で す 」 と解 説 す る り 手 と書 き手 と が こ う し て 読 者 へ の イ ン フ ォ ー マ ン ト と して 協 力 し,分. 。語. 業 し合. う の で あ る。 以 上 の 処 理 に は,い. くつ か の ヴ ァ リ ア ン トは あ る に せ よ 一 つ の 配 慮 が 共 通 し. て い る。 言 う ま で もな い 。 そ れ は 問 題 に な る異 国 の 事 柄 ,と. りわ け そ れ を 表 す. 語 を 読 者 に そ の ま ま 知 らせ よ う と い う配 慮 で あ る 。 あ る 意 味 で こ れ は外 国 語 教 師 の 仕 事 に に て い る。 教 師 は ま た 翻 訳 を お こ な う こ と も あ る。 異 国 語 が,す に 翻 訳 処 理 を う け た 形 で テ ク ス ト本 体 に 現 れ る 場 合 を と り あ げ よ う. 。. で.

(12) 11. ②(本. 文)フ. ラ ン ス 語+(脚. こ の 部 類 は,註 が,a.原. 注)翻. 訳 ・解 説. 釈 の あ り方 に し た が つ て 三 つ に 細 分 す る こ と が で き る。 註. 語 を 復 元 す る だ け の 場 合,b.解. し か つ 解 説 す る 場 合 で あ る 。 以 下,簡 a.こ. れ は,①. シ ー 語)で. 説 す る だ け の 場 合,c.原. の あ る 種 の 例 と ち よ う ど 逆 方 向 の 翻 訳(た. あ る が,諺. ne. punzava. は, « Sarapia. sat. pesqui-. » な る文 が註 釈 に記 載 さ れ て い る。 例 は,こ れ を 別 にす れ ば,. ス ペ イ ン語 の 成 句 が も う ひ と つ あ る だ け で あ る[980].先 くつ か の 脚 註 に は 原 語 で 復 元 し た 諺 に,(場 て),「(エ. とえ ば 仏 → ジ プ. の 処 理 が 例 と な る 。 「ボ ヘ ミ ヤ 人 た ち が い う よ う に,気. 持 ち の よ い 疵 癬 は か ゆ く な い の で す か ら」[973]に tal. 語 を復 元. 単 に紹 介 す る。. 取 り し て い え ば,い. 合 に よ つて は さ らに 直 訳 もつ け. ス パ ニ ヤ の 諺)」 と い っ た 解 説 が 入 る か らで あ る[965,n.1]。. ろ ん ボ ヘ ミヤ 人 の 諺 の こ と も あ る[965,n.2;968,n.1]。. もち. こ れ ら はc.に. 属 す. る こ と に な る。 b.こ. の 部 類 の 処 理 は 多 い 。 た と え ば ア ン ダ ル シ ヤ 人 のsの. 権 を も つ く<Provinces>>[943],カ. ル メ ンが. た ず ね た こ と に つ い て[949,n.2],ス 娘 の 服 装[957,n.2],ス. 発 音[940],特. 「私 」 に 「イ ギ リ ス 人 で す か 」 と. ペ イ ンで の 死 刑 の 方 式[954],バ. スク. ペ イ ン語 の 隠 語 に お け る イ ギ リ ス 人 の 仇 名. 「蝦 」. [977]...と,枚. 挙 に い と ま が な い 。 い ち ば ん 長 い ド ン ・ペ ドロ を 紹 介 す る 註 釈. [966,n.1]も. そ の一 つ で あ つた。 スペ イ ンに か か わ る ものが 特 に多 い こ と に. 気 づ く。 こ れ ら の 中 で は,本 別 の 言 語 の 単 語)が c.こ. 文 で 話 題 に な る字 句 と は別 の 単 語(そ. れ も稀 に は. 紹 介 さ れ る こ と も 少 な くな い[943;949,n.2]。. の 部 類 に 属 す る 諺 の 処 理 に つ い て は の べ た 。 カ ル メ ン の タ バ コ工 場 で. の セ リ フ,お. 前 の ほ つ ぺ た に 「綾 模 様 を つ け て や る」 の 模 様[959],ジ. 女 の 隠 語 で の 呼 び名 «Flamande い る リボ ン[985]な. de. Rome. » [971,n.1],闘. プ シー. 牛 の牛 がつ け て. ど が 対 象 に な る。 こ こで も,諺 の場 合 を べ つ にす れ ば,. どれ も スペ イ ン語 に か か わ る コメ ン トで あ る ことが 注 目 に値 す る。 以 上 で,脚 註 につ い て の記 述 を お わ る。 これ まで 我 々 は異 国 的 な もの の処 理 法 を,本 文 につ いて,つ. ぎに 脚註 に つ い て観 察 して き た。 異 国 的 な もの が ま つ. た く翻 訳 も説 明 も う けな い事 例 につ い て考 察 す る こ とが残 つて い る。 さ き に見 た,す で に完 全 に処 理 を う けた 形 で 出 現 す る異 ・性 と正 反 対 の事 例 で あ る。 処 理 ゼ ロは一 つ の手 法 に ほか な らな い し,そ れ に も様 々 の事 由 が考 え られ るか ら で あ る。.

(13) 12. 3.処. 語 り手(な. い し書 き手)が. 理 ゼ ロ. あ る事 柄 を 「聞 き手 」(あ る い は読 者)に 説 明 す. る の は,サ ル トル も指 摘 して い た よ うに,読 者 が それ を知 らな い し,か つ知 つ て お くべ きだ と予想 され るか らで あ る。 そ うで な けれ ば,翻 訳 も説 明 も不 要 に な る。 と こ ろ で この 「知 つて い る」 と い う事 態 は多 様 な あ り方 に よ って お こ る。 そ れ ゆ え こ こで も区分 す る ことが 適 当 で あ ろ う。. フ ラ ンス語 化 した異 語 か な り の 数 の ス ペ イ ン語 の 単 語 が,『 カ ル メ ン』 制 作 の 時 代 に す で に フ ラ ン ス 語 に 入 つ て い た。 そ の よ う な 単 語 は,特 用 さ れ る 。 た と え ば,<<corr6gidor>>(代 が,フ. ラ ン ス で は1617年. 貴 族)[954]は1534年 ̲]は16世. に 説 明 を う け る こ と な くそ の ま ま 使 官)は. 何 度 も 出 て く る[953,954...]. に は そ の 使 用 が 確 認 さ れ て い る13)。<<hidalgo》(小 に 。 ま た 誰 で も 知 っ て い る く<castagnette>>[964,967. 紀 に は フ ラ ン ス 語 に な つ て い た し,逆. に く くpatio》(中. は 数 年 前 に フ ラ ン ス に 入 っ た 単 語 で あ つ た と い う。18世 《sierra》(山. 地,山. 脈)[976],1788年. dor》 な ど で あ る。 以 上 は,読. に は フ ラ ンス語 に な って い た く くpica‑. 者 個 人 に よ っ て 程 度 の 差 は あ る に し て も ,文. 的 ・言 語 的 な 状 況 の お か げ で,つ よ って. 庭)[964]. 紀 後 半 に 移 入 され た. 化. ま り集 団 が す で に 処 理 を し た と い う事 情 に. 「わ か っ て い る 」 事 柄 で あ る。 少 な く と も そ の よ う な 想 定 の も と に 作 品. は 書 か れ て い る。 そ れ ゆ え に 未 知 か ら既 知 へ と 変 換 す る 手 続 き は 不 要 な の で あ る。. 固 有 名 お よ び タ イ プ の名 や や 似 て い る 異 な る と こ ろ も あ る の が 固 有 名 詞 で あ る。 な ぜ な ら,現. 実世界. に か か わ る 固 有 名 詞 な ら多 か れ 少 な か れ フ ラ ン ス語 に 移 植 さ れ た も の も少 な く な い だ ろ うが,じ. つ は 虚 構 の 固 有 名,と. り わ け 人 名 の 場 合 が あ る か らで あ る 。. 数 多 い 地 名 ・人 名 に つ い て は す で に 言 及 し た(本. 稿 冒 頭 参 照)。 こ こ で は 虚 構. の 店 の 名 と して,<<ventadelCuervo》[941]こ. れが. 「カ ラ ス 亭 」 と で. も い つ た 意 味 を も つ こ と を テ ク ス ト は 明 記 し な い 。 な お 《venta>>自 名 詞 で あ る 。 ま た 揚 物 屋 く<LillasPastia>>の テ イ ヤ は虚 構 の 人名 一 固 有 名 に 「近 い 」 名 前. 店[964]リ. 体 は普 通. リ ャ ス ・パ ス. を あ げ て お く。 とい うの もそれ が タ イ プを表 す か らだ が. とし.

(14) 13 て,酒. の 名 が あ る 。 た と え ば,モ. ン テ ィ リヤ(地. 名)産. の ブ ドウ 酒[943]。. お. な じく く くManzanilla》. 産 の 白 ぶ ど う酒 は 換 喩 に よ つて. と 表 記 さ れ る[965]。. 頻 繁 に で て く る貨 幣 の 名 も タ イ プ の 名 で あ る。ducat. 「マ ン サ ニ リ ヤ の 瓶 」. [ス ペ イ ン語 で な らducado,945],pi6cette[peseta,965],cuarto[965], douro[969.ス. ペ イ ン語 で の 表 記 はduro.こ. れ は 『カ ル メ ン』 の 時 代 に フ ラ ン. ス に 入pた],guin6e[英,978],piastre[伊,duroの real,984.複. 別 名,979],r6aux(<. 数 形 は フ ラ ン ス 語 の 文 法 に し た が つ て い る),once[986],dou‑. blon[992.ス. ペ イ ン語 で な らdobl6n]...と. い つた次 第 。 これ は大 小 さ ま ざ. ま の 貨 幣 の 単 位 を あ ら わ して い る 。 作 品 が ど れ ほ ど経 済 的 関 心 を 強 く も つ て い る か,(そ 雑 さ)が. して 『カ ル メ ン』 が 共 示 す る19世. 紀 ス ペ イ ン に お け る経 済 機 構 の 複. 一 目 瞭 然 で あ ろ う。. 多 か れ少 な か れ分 か るべ き もの 語 形 そ の もの が もつ フ ラ ンス語 と の類 似 とか,そ れ が 推 測 させ る語 源 とか に よ って,ま た,は て,さ. っ き り した定 義 や説 明 は な くて も文 脈 の 暗 示 す る意 味 に よ つ. らに は,文 化 的 な(個 人 の レ ヴ ェル で は 「教 養 に か か わ る」)事 情 一. フ ラ ンス との 共通 性 とか差 異 の知 識 一. に よ って 多 か れ 少 な か れ わ か るべ き異. 語 表 現 が あ る。 これ の理 解 は,語 に よ って様 々で あ るだ けで は な く,読 者 の知 識 や 経 験 に よ つて も異 な って く るだ ろ う。 た とえ ば,「 正 真 正 銘 の ハ ヴ ァナ の 《r6galia>>」[940]が 何 で あ るか は,自 分 の葉 巻 に火 を つ け て も らい,も. つて. い る葉 巻 の なか か ら最 上 等 の もの を選 ん で差 しだす と い う文 脈 か ら して 明 らか で あ ろ う。 コ ンテ ク ス トに頼 らな くと もハ ヴ ァナ とい う こと ばで 早 速 に その 換 喩 と して葉 巻 を 思 いだ す 者 も い よ う。 この 「わ か る」 とい う事 情,そ ス は そ れ ぞれ の語 につ いて,そ. のプロセ. して そ れ ぞ れ の読 者 に よ つて異 な っ て くる。 い. くつ か の例 を あ げ る。. «habitant. du partido. de Montilla». の 補 語 を と も な う こ と,<<partie>>を の 補 語 で あ る こ と と あ い ま つて,お と が わ か る。<<papelito(s)》(949)は を 連 想 さ せ る こ と(語 と,さ. 語 上 の 文 脈),他. う こ と が あ る」. に お け る く<partido>>は,地. 思 い だ さ せ る こ と,更. に これ が. 名. 「住 人 」. よ そ 土 地 に か か わ る行 政 上 の 単 位 で あ る こ ま ず 《papier》(ス. の い わ ば 表 情),<<fumer》. ら に こ れ に 《biendoux》(お. る こ と(言. [940]. だ や か な,軽. ペ イ ン語 で はpapel). と の 動 詞 連 辞 を つ く り得 る こ い)と. い う形 容 詞 が つ い て い. 方 タ バ コ の 香 り は す き な だ け で な く,「 自分 で も 喫. (même elle fumait). と い う意 味 論 的 連 鎖(コ. ミュニ ケ イ シ ョ.

(15) 14. ン文 脈)か. ら して,紙. 巻 き タ バ コ(esp.papelillo)と. 一 流 の 女 性 た ち は 「α1αfrancesα ngaise>>を. い う こ と は 想 像 で き る。. に よ そ お う 」[949]は. 思 い だ さ せ ず に は お か な い(言. つ は ス ペ イ ンの なか で の 異. して そ れ が 何 を 意 味 す る か と い う こ と は す で に の べ. た14)。 黒 人 奴 隷 を い み す る フ ラ ン ス 語 の く くnegre》[967]に 人 物Chapalangarraの 味 す る か は,そ と し て も,そ. も,19世. れ が 白 に対 す る 「黒 」 だ と い う こ と は わ か る(言. 在 の. 何 を意 語 的 な 知 識) たLonga. る 固 有 名 詞 を 直 喩 に と も な う と い う ヒ ン トは あ る に し て. 紀 ス ペ イ ン の 政 治 史,ス. 化 状 況)を. た い して,実. 属 詞 と し て 用 い ら れ る く<unn6gro>>[962]が. して こ の 人 物 が フ ラ ン ス に 追 放 さ れ た と い う文 脈,ま. や と り わ けMinaな. ra‑. 語 上 の 完 全 な ア ナ ロ ジ ー)。 こ の フ. ラ ン ス 語 テ ク ス トの な か で の ス ペ イ ン語 表 現 が,じ 国 性 に か か わ る こ と,そ. も ち ろ ん く<alaf. ペ イ ン と フ ラ ン ス と の か か わ り(歴. 史 ・文. 知 ら な け れ ば 不 透 明 な ま ま に 留 ま る だ ろ う15)。. 特 徴 的 な 事 例 を 指 摘 し よ う。 も と は と い え ば 外 国 語 の 単 語 な の に そ の 綴 字 が 部 分 的 に フ ラ ン ス 語 風 に 変 形 さ れ た た あ に,厳 様 な 形 を と る こ と が あ る。<<corr6gidor>>の r6galia(ス. ペ イ ン 語 で な らregalia)な. [950]/gitano[952]は で な らgitane/gitanで. 密 に い え ば 何 語 に も属 さ な い 異 ア ク セ ン ト符 号,r6al,n6gro,. ど が そ の 例 で あ る 。 さ ら に,gitana. 原 語 で はjitana/jitanoで. あ る し,逆. に フ ラ ンス語. な け れ ば な る ま い。 語 頭 は フ ラ ンス語 で 語 尾 は スペ イ. ン語 と 言 うべ き か 。 よ り適 切 に は,文. 法 的 に は ス ペ イ ン語 の 規 則 に した が い つ. つ 発 音 は フ ラ ン ス 語 の 表 記 シ ス テ ム に し た が う事 例 で あ る 。 縮 小 辞 く<gitanil・ la>>[957]に こ そ,未. つ い て も 同 様 で あ る 。 い か な る 言 語 に も属 さ な い 混 合 語,こ. れ. 知 を既 知 に 関連 づ け る た め に エ グ ゾ テ ィ ス ム文学 が編 み 出 した独 特 の. 手 法 の ひ と つ で あ ろ う。 更 に い く つ か の 造 語 の 例 を あ げ る こ と が で き る。 <<douro>>(既 た[969a]。. 出)は1847年. 版 で は く<duro>>と ス ペ イ ン語 の ま ま 表 記 さ れ て い. 同 じ く ス ペ イ ン語 の く<alcalde>>(町. ま 表 記 さ れ た が,1847年. の 行 政 官)は. か ら く<alcade>>に 変 わ る[947]。. 意 味 す る と い う 註 釈 を も つ 《mifions>>[972]も. は じあ は そ の ま. 「一 種 の 遊 撃 隊 」 を. ま た ス ペ イ ン語(mifi6ns). で も な く フ ラ ン ス 語 で も な い 。 「カ ス タ ニ ェ ッ ト」 の 場 合 と は 別 の 解 決 が 必 要 に な つ た の は 音 訳 く<mignons》. で は 別 の 意 味 に な る と い う 事 情 で あ る。 こ れ ら. は い わ ば 「混 血 語 」 で あ る 。 場 合 に よ つ て は,(《mifions>>と の うえ で の 単 な る機 械 的 な 置 き換 え(直. 訳)の. た め に,い. は 反 対 に)文. 字. か に も フ ラ ンス語 ら. し い 姿 を 見 せ て い る に も か か わ らず フ ラ ン ス 語 と して 通 用 しな い 表 現 も で て く. る。(こ れ 自体 隠 語 だ と い う) «flamenca. de. Roma». の訳語. <<flamandede.

(16) 15 Rome>>は. そ の 一 例 で あ る。 こ れ は イ タ リ ヤ の 都 と は 何 の 関 連 も な い 。 そ の た. め メ リ メ は こ れ を 脚 註[971,n.1]で. 説 明 せ ざ るを え な い。. 語 に よ つ て も 人 に よ つ て も ま ち ま ち だ と して も,そ 少 な り と も 分 か る べ き異 語 表 現 は,<<papelitos>>を. の ま ま 放 つ て お い て も多. 例 外 とす れ ば ま ず ス ペ イ ン. 語 に 限 ら れ て い る こ と を 確 認 し よ う。 そ れ は 予 想 さ れ た こ と で あ る。 バ ス ク 語 や ボ ヘ ミヤ 語 に つ い て は,こ. れ ら の 異 ・性 の 程 度 が は る か に 高 い た め に,こ. 処 理 が 前 提 と し て い る フ ラ ン ス 人 読 者 の 言 語 能 力(comp6tence)一. の. に頼 る こ と. は で き な い か ら で あ る 。 処 理 ゼ ロ の 事 由 は も う ひ と つ あ る。. す で に説 明 され た もの 本 文 に お い てで あれ 註 釈 にお いて で あ れ は,二. す で に 翻 訳 な り解 説 を う け た も の. 度 目 の生 起 か らは何 の 説 明 も う けな い。 これ は読 者 の記 憶 や想 起 を頼 り. に す る限 り に お い て,物. 語 諸 ジ ャ ンル で の 筋 の 構 成 な ど に つ い て い わ れ る 「伏. 線 」 に に て い る 。 多 くの 例 を あ げ る必 要 は な か ろ う。 こ れ ま で に 用 い て き た 分 類 枝 の な か か ら ひ と つ ず つ 例 を と る。 <<paillo>>は. 「私 」 が 解 説 を し た[II,952]あ. と,ド. ン ・ホ セ の 語 り の 中 で の. カ ル メ ン の セ リ フ に お い て 出 現 す る[III,967,980...]。. ド ン ・ ホ セ は,「 私 」. に こ の 語 を 説 明 しな くて も よ い と思 い こ ん で い る か の よ う に 語 っ て い く。 「私 」 が 翻 訳 ・解 説 し た[II,951‑952]<<Rommani》. と<<ChipeCalli>>は. 後 者 は 同 じ よ う に 語 り 手 ド ン ・ホ セ が 解 説 な し に 言 及 す る[971]。 ま た 第 三 章 に お い て 地 の 文 で 現 れ る[966]。. 第 四 章 の 語 り手. 由 に 用 い る こ と は 驚 く に は あ た ら な い[993,994]。 自 分 で 解 説 し た 事 柄(た に は,た. とえば. 「蛇 通 り」[959]に. ど うか。 前者 は これ. 「私 」 が こ れ を 自. む ろ ん,ド. ン ・ホ セ が,. ふ た た び 触 れ る 時[965]. だ こ れ を 名 指 す に と ど め る。. こ こ で,第. 四 章 の テ ク ス トの 身 分 に つ い て 先 に 指 摘 した こ と を 確 認 す る た め. に い さ さ か の 脱 線 を 許 し て ほ し い 。 三 章 の カ ル メ ン の 台 詞 を あ ぐ る註 釈 で あ が っ て い た 《Cal6》 な る語 が,面 に な る。 ま ず 三 章 の 脚 註[967]を に 応 じ た 語 形 変 化,② る 具 体 的 な 意 味,つ. 白 い こ と に 四 章 に お い て さ ら に ノ ー トの 対 象 復 習 す れ ば,そ. 直 訳 の 意 味(黒,黒. い,黒. れ は,①<<Calo》 い 人),③. の 性 ・数. ボ ヘ ミヤ 人 に お け. ま り彼 ら が 民 と し て 自 己 を よ ぶ 語 で あ る こ と の 説 明 で あ っ. た 。 そ れ に 対 して 第 四 章 は,. 本文一. そ こにCαle,黒. と い う名 が 由 来 す る。 この 名 で 彼 らは 自分 た ち を名 指 す ご.

(17) 16 とが 多 い*。[989] 脚 註 一*ド. イ ツ の ボ ヘ ミヤ人 た ち はCaleな. る語 を完 全 に 理 解 す る とは い え,そ ん. な 風 に よ ば れ る の を 好 ま な い よ う に私 に は 思 わ れ た。 彼 ら は た が い にRomαne tchaveと よぴ あ って い る. とな って い る。 容 易 にわ か る よ うに,四 章 の本 文 の方 は三 章 脚 註 の② お よ び③ を反 復 じ,註 釈 の 方 は③ の 例 外 を記 載 して い るの で あ る。 今 ま で見 て き た エ コ ノ ミー の原 理 に反 す る この 冗長 的 な記 載 は,は か らず も,四 章 全 体 が 註 釈 と い うメ タ テ ク ス トの 性格 を もつ こ とを しめ して い る。 例 外 の指 摘 と は分 節 行 為 に ほか な らな い。 す な わ ち異 な る もの の連 結,も. し くは連 続 す る もの の と る変 化. の 確 定 で あ る。 言 い換 え れ ば これ らの文 章 は全 体 と して,筆 の 知 識 の 増 大 に つ れ て通 時 的 に書 か れ た一. 者 お よ び読 者. お な じ身 分 の 一 つ の 言 説 を 構 成 す. るの で あ る。 一度 説 明 さ れ た あ とで は 自 由 に用 い られ る と い う こ と は ,特 異 な 隠 喩(し か も隠 語)に つ い て もか わ らな い。 「俺 は そ こで エ ビど もに い く らで も悪 さ を働 い た か らな」[Ⅲ,977]と. い う片 目 の ガ ル シヤ の 発 言 に は註 釈 で,「 エ スパ ニ. ヤ で,民 が イ ギ リス人 に そ の制 服 の 色 の せ い で あ た え る名 前 」 とい う解 説 がつ い て い た の だ が16),こ の表 現 はそ の 後,カ. ル メ ンの発 す る セ リ フの 中 で二 回,. い か な る解 説 もな しに現 れ る[978,980]。 こ う して,一 度 何 らか の 形 で 明 らか に さ れ た 事 柄 は次 に は 自由 に あ らわ れ る。 これ は当 然 で あ ろ う。 けれ ど も当然 で な い の は,そ れ が あ る人 物 か らほか の人 物 へ,あ. る語 り手 か らべ つ の語 り手 へ,さ. らに は語 りの異 な る レヴ ェ ルを. 跨 いで 語 り手 か ら人 物 の セ リフへ,逆 に ま た人 物 の セ リフか ら語 り手 の 語 りへ と リ レー され つ つ 起 こ る,と い う点 で あ る。 これ は,人 物 や 語 り手 た ちが,あ れ これ の 事 物 や 語 が す で に解 説 さ れ た とい う事 情 をわ き まえ て い るか らで はな く. じっ さい,構 成 に お け る複 数 レヴ ェ ル の分 離 は この こ とを 禁 ず る,. 書 き手 が,情 報 の エ コ ノ ミー を配 慮 して こ の よ う に仕 組 ん だ と い う こ とを い み す る。 つ ま り これ ま た全 体 を統 括 す る作 者 の権 限 の 行使 な の で あ る。 けれ ど も,作 者 は この よ うな決 定 権 を いつ も発 揮 す るわ けで はな い。 とい う の は,語. り手 が 作 中 人 物,つ. ま り参 入 者 で もあ る と い う理 由 で,『 カ ル メ ン』. テ ク ス トで は 「分 か らな い」 と され る事 柄一. いず れ も言 語 に か か わ る一. が. か な りの数 に の ぼ り,し か も書 き手 はそ れ を解 説 しよ う と して介 入 す る こ と も な い。 処 理 ゼ ロ の手 法 の ひ とつ で あ る。 これ を最 後 に見 て お こ う。.

(18) 17. 「分 か らな い」 もの これ は先 に観 察 した 「推 測 」 的 な語 り方 に関 係 す る17)。わ か らな い と い う状 況 の中 で こそ推 測 は はた ら くか らで あ る。 第一 章 に お け る 「私 」 と ドン ・ホ セ の別 れ の場 面 を引 用 しよ う。 彼 は黙 った ま ま私 の手 を に ぎ り,ラ ッパ 銃 と頭 陀 袋 を と った。 そ して,私 に は理 解 で きな い 隠語 で老 婆 に ち ょ っと何 か い つ た あ と納 屋 に 走 つて い った。[I,947]. 言 葉 は 「私 」 に か け られ た わ け で は な い。 「私 」 に わ か る必 要 もな い。 これ は ドン ・ホ セ と老 婆 に か か わ る こ とな の で あ る。 こ の状 況 は,三 人 な い しそ れ 以 上 の 人 物 が 出 会 う時 に,そ の コ ミュニ ケ イ シ ョ ンは二 つ に分 裂 し得 る とい う こ とを 教 え る。 そ れ は,一 部 の者 に は 「理 解 で き な い」 言 語 を 用 い る こ とに よ っ て 端 的 に実 現 され る。 同 一一 文 化 ・同 一 言 語 の人 々 の 間 で は隠 語(「 私 」 は スペ イ ン語 を 解 す るOな お上 の件 で い か な る種 類 の隠 語 が 問 題 で あ った の か は不 明 で あ る),異 文 化 ・異 言 語 の 人 々 の 場 合 に は異 語 に よ つて 。 上 の事 態 は次 の よ う に図 示 す る こ とが で き る。. (隠 語) ド ン ・ホ セ (→ は伝 達 の 方 向 を,/は. 老 婆/「 私 」 伝 達 の遮 断 を しめす). 同 じ状 況 は何 回 も反 復 さ れ る で あ ろ う。 二 三 の例 を あ げて お こ う。 ボ ヘ ミヤ女 は子 供 に,私 に は未知 の言 語 で一 カ リ,ジ プ シ ー達 の 言 語 と知 った の だ が一. 後 に これ は ロ マ ニ語 す なわ ち シペ ・. 何 か ち ょっ と い つ た。[II,951‑952]. この 例 は,上 の 図 式 の パ ラデ ィ グ ム を 変 更 した もの に す ぎな い。 行 為 者 の ド ン ・ホ セ を カ ル メ ンに,老 婆 を子 供 に それ ぞ れ お きか え,コ ー ドの 隠語 を ジプ シ ーの 言 語(rommani)に. 変 換 す れ ば よ い。 プ ロ ップ が 分 析 した ロ シ ヤ の魔. 法 民 話 の構 造 に もに て,関 係 の様 態 は ひ とつ の不 変 体 を形 成 して い るの で あ る18)。 伍長 の転 落 の契 機 とな る ジ プ シ ー女 との 最 初 の逢 引 はカ ンテ ラ通 りの さ る古 び た家 で な さ れ る の だ が,そ の家 に は い る時 に も同 じ状 況 が実 現 す る。 す な わ.

(19) 18. ち,. (ロ マ ニ 語) カ ル メ ン ー一 一 → ジ プ シ ー の 老 婆/ド. これ ら同 一一パ ター ンの状 況 は,ま. ン ・ ホ セ[III,966]. もな く考 察 す る こ と に な る機 能 の 一 様 態 へ と. 発 展 す るの だ が,そ の こ とを予 告 す る例 を最 後 に読 ん で お こ う。 突 然,戸 り,優. が は げ し くひ らか れ て,こ. げ茶 の 外 套 に 目元 まで 身 を く るん だ 男 が ひ と. しい と はい え な い調 子 で ボ ヘ ミヤ女 を怒 鳴 りつ け なが ら部 屋 の 中 に はい って き. た 。 私 に は男 の い って い る こ とは わ か らな か つた。 けれ ど もそ の 声 の 調 子 は彼 が とて も不 機 嫌 で あ る こ とを しめ して い た。 〔 … 〕 ジ プ シー女 は 男 の 前 に走 り よ つて,異 様 な まで の早 口 で,彼 女 がす で に私 の前 で も ち い た こ との あ る謎 の 言語 で ふ た こ とみ こ と話 した。[952.強 調 筆 者]. カ ル メ ンと ドン ・ホ セ の 間 に や り と りが あ る とい う限 りで 矢 印 は二 方 向 的 に な るだ ろ う。 この男(ド. ン ・ホ セ)の つ か つた言 葉 が バ ス ク語 で あ つた の か ボ. ヘ ミヤ 語 で あ つた の か は わ か らな い。 と もか く,こ の二 人 は 「私」 に は通 じな い言 語 を,そ れ も故 意 に もち い た ので あ る。 こ の第 三 者 に分 か らな い言 語 の意 図 的 な使 用 と い う こ と は,後 の 分 析 に お い て 重 大 な 意 味 を も っ て く るで あ ろ う。 以 上 の例 を と お して,除. け者 に さ れ るの が,ド. ン ・ホ セ や と くに 「私 」 で. あ つて,カ ル メ ンは け っ して この 位 置 に身 を お く こ とが な い とい う こ とが 判 明 す る。 これ は先 に指 摘 した異 ・性 の テ ー マ構 成 の段 階 を逆 転 させ た もの に対 応 す る。 異 人 化 は,特 殊 言 語 の使 用 に よ つて,逆 方 向 に も作 用 す る ので あ る。 ジ プ シ ー女 に よ る一 種 の復 讐 を そ こに み る こ とが で きる。 以 上 で 『カ ル メ ン』 に お け る異(人. ・国)性. の処 理 法 の 記 述 と分 類 を お え. る。 しか し,こ の よ うな 処 理 法 が ど の よ うに動 員 さ れ るの か,作 異 ・性 の機 能 の仕 方,つ. 品 におけ る. ま りそ の動 態 につ いて 考 え る こ とが 我 々 に 残 され た最. 後 の 問題 とな るだ ろ う。(つ. づ く).

(20) 19. 註 1)本. 研 究 の す で に 発 表 し た 部 分 の 項 目 は 次 の と お り. 序 第一章 I構. 語 り 造1.小. 説 の コ ミ ュ ニ ケ イ シ ョ ン,2.談 4.シ. Ⅱ. 手 法1.時. 第 二章 I事. 話/説. 話,3.「. 我 々 」,. ス テ ム(1) 間 性,2.第. 四 章(2),3.接. 近. 異 ・性 実. Ⅱ. 構 造1.段. Ⅲ. 未 知 な る も の の 既 知 へ の 還 元1.本. 階 的 構 成(3),2.「. 以 上 に つ い て は,(1)山 山 口大 学. 私 」,3.ド. 口大学. ン ・ホ セ,4.カ. 文 で の 処 理(原. 語+解. ルメ ン 時 翻 訳)(4). 「独 仏 文 学 」 第12号,1990,11‑32頁,(2). 「文 学 会 志 」 第42巻,1991,71‑85頁,(3)「. 1992,1‑18頁,(4)「. 説,即. 独 仏 文 学 」 第14号,. 文 学 会 志 」 第43巻,1992,117‑132頁. 参照。. 2 ) MÉRIMÉE,Carmen, I, p. 940, in Théâtre de Clara Gazul. Romans et Nouvelles, Paris : Gallimard, coll. «Bibliothèque de la Pléiade», 1978. 『カ rJJ,yル メ ン』 ›J お tsck よ び メ リメ の諸 作 品 の参 照 は,こ とわ りが な いか ぎ り この選 集 に よ る。 3)こ. の現 象 は先 に も言 及 した。 前 掲 拙 論(4),129頁. 参 照。. 4 ) MÉRIMÉE,La Guzla ou choix de poésies illyriques, recueillies dans la Dalmatie, la Bosnie, la Croatie et l'Herzégovine (1827), in La Double Méprise, La Guzla, Paris. : Calmann-Lévy,. lyrique>〉 は. 1922. pp. 129 - 318.. 「イ リ リ ヤ の 」(illyrien)と. こ の 鱈 晦 的 作 品 の い わ ゆ る 《il一. 「非 叙 情 的 」(il‑lyrique)と. をか け た 戯. れ の 造 語 で あ ろ う。. 5 ) MÉRIMÉE,La Jaquerie, scènes comédienne espagnole, suivi de Calmann-Lévy, 1924 pp. 245 6) MÉRIMÉE,La Famille Carvajal,. féodales (1828), in Théâtre de Clara Gazul, La Jaquerie et de La Famille Carvajal, Paris : 405. ibid., pp. 407 - 447. メ リメ 自身 「序 文 」 の 中 で. ベ ア ト リー チ ェ ・チ ェ ン チ の 裁 判 に 言 及 し て い る(《Pr6face>> が ス タ ン ダ ー ル に 親 し い も の で あ つ た(LesCenci,1837)よ ル の 娘 は サ ン ドのIndiana(1832)の. ,p.409).こ う に,カ. の物語 ル ヴ ァジ ャ. 主 人 公 とな る。. 7 ) Pierre LOTI, Aziyadé... , Paris : Presses de la Cité, 1989, coll. «Omnibus» 所収 o-D-fpiDz-_--Dt,\--cpsaaptecet:f:1,-"Cali-Z の 全 作 品 につ い て 原 註 の 数 を抜 き だ して み る と, Aziyadé (1879), 0 ; Le Ma-, riage de Loti (1880), 1 ; le Roman d'un Spahi (1881), 1 ; Mon Frère Yves (1883), 7 ; Pêcheur d'Islande (1886), 3 ; Madame Chrysanthème (1887), 8 ; Romuntcho (1897), 4 ; Les Désenchantées (1906), 16 で Z.0あ る。 そ -E-t,-90Datà— れ らの註 は一 語 な い しせ い ぜ い一 二 行 の もの が 多 い。 後 期 に な るに つ れ て これ が増 加 す る傾 向 に あ る こ とは注 目 して よ い。 8)註. 釈 そ の他 の メ タテ ク ス トの諸 問 題 につ いて は,拙 論 «Les texte », Equinoxe,. n° 1 , Kyoto. : Rinsen-Books,. Pensées. 1987, pp. 31 - 44. et. le. méta-. 参照。 また.

(21) 20. G. GENETTE,Seuils, Paris : Éd. du Seuil, 1986 0 9) É. BENVENISTE,« Structure des relations de personne dans le verbe» (1946), in P. L. G., I, op. cit., p. 228. Cf. M. YAGUELLO,Alice au pays du langage: pour comprendre la linguistique, Paris : Éd. du Seuil, 1981, p. 22. 10) É. BENVENISTE,«Les relations de temps dans le verbe français» P. L. G., ibid., pp. 237 - 250. 11)前. 掲 拙 論(1),16‑19頁. 12)前. 掲 拙 論(4),註. 参照。 釈18(132頁)。. 13)以 下,年 代 の記 載 につ いて は, Le Petit Robert 1979/1989を 14)前. (1959), in. (1979) ; Lexis, Paris : Larousse,. 参 照 す る。. 掲 拙 論(4),118頁. 参 照 。 Cf.. «Le. progrès. des. modes. françaises. est. ef-. frayant : les mantilles sont à présent assez rares» (A J . DACQUIN,Madrid, 22 novembre 1853, in Correspondance générale de Prosper Mérimée , établie et annotée par M. PARTURIER, 2 e série, T. I, Toulouse : E. Privat, 1953, p. 216 ; «Entre autres occupations ... j e vais au bal. J'y mange mais je n'y danse pas. Il me semble qu'il y a de très jolies toilettes, mais je trouve que cela ressemble trop à Paris. Dans quelque temps d'ici tous les pays se ressembleront tellement que ce ne sera plus la peine de voyager.» (A O. de LAGRENE,Madrid, 27 nov. [1853], ibid., p. 221.) 15)必 ず し も他 人 へ の コ ミュ ニ ケ イ シ ョンを 意 図 せ ず に書 か れ た人 類 学 者 の テ ク ス トに は,専 門 家 で な けれ ば 意 味 不 明 な ま ま に と どま る原 地 語 が頻 出す る。 そ の た め出 版 者 は読 者 の便 宜 を はか つて 「語 彙 集 」 を つ けざ るを得 な い。 一 例 を マ リノ フ ス キ ー の 日記 (Bronislaw. MALINOWSKI, Journal d'ethnographe,. 1967, trad. de l'anglais. par T. JoLAs, Paris : Ed, du Seuil, 1985 に見 る こ とが で きる。 16)な お ロ テ ィも イギ リス人 の 制 服 に言 及 して い るO Aziyadé, op. cit., XXX, 17)前. XXV,. p. 121 ;. p. 125.. 掲 拙 論(4),128‑129頁. 。. 18) V. PROPP, Morphologie du conte (1928 / 2 ' éd. 1969), ch. 2 « Méthode matière », trad. fr. par M. DERRIDA,Paris : Éd . du Seuil, 1970, pp. 28 - 34.. et. プ ロ ップの い わ ゆ る 「 機能」 を 「 関 係 」 と読 み か え る方 法 論 的 な操 作 に つ い て は拙 論. «Lire les Pensées — la relation binaire comme invariant »; Études de Langue et Littérature françaises, n° 46, 1985, Tokyo : Hakusuisha, pp. 9 - 11 参 照 。.

(22)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP