支子文庫本「拾玉集」について

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. 支子文庫本「拾玉集」について 西丸, 妙子 福岡女子短期大学教授. https://doi.org/10.15017/12057 出版情報:語文研究. 51, pp.1-12, 1981-06-01. 九州大学国語国文学会 バージョン: 権利関係:.

(2) 西. 丸. 妙. 子. は お よ そ六 千 余 首 ︑七 巻 本 は 四 千 六 百首 程 であ る ︒し かし こ の二系. 収 録歌 数 は 同 一系 統 であ っても本 によ って多 少 異 な る が︑ 五 巻 本. て いる ︒. も のであ り ︑ 二類 本 は 一類 本 より 歌 数 も 多く ︑ 七 巻本 の性 格 も 持 っ. 二 類 本 は久 曽 神 昇 氏 が 広本 と 称 さ れ ︑石 川 一氏 は 五 巻本 B とさ れ た. 支 子 文 庫 本 ﹁拾 玉 集 ﹂ に つ いて. 昭 和 五十 年 八月 に亡 く な ら れ た︑ 九 州 大学 名 誉 教 授 田村専 一郎 先 生 の御 蔵 書 であ った ﹁支 子 文 庫 ﹂ の本 は︑ そ の後 九 州大 学 図 書 館 に 寄 托 され ︑ そ の中 の善 本 に つい ては︑ 今 井 源 衛 教 授 が ﹁語 文 研 究 ﹂ 四 十 三号 (五十 二年 六月 ) で紹 介 さ れ た ︒. 纂 形 態 を対 照 さ せ たも のであ る︒ 田 村 本 の所 に記 し た第 一〜 第 八群. は るか に少 な い︒ ︹ 表 1︺は 五巻 本 を 基 にし て︑ 七 巻 本 と 田村 本 の編. 田村 本 の総 歌 数 は 二 二五 六 首 であ り ︑ 五 巻本 ・七 巻 本 に比 べる と. 統 の祖 本 は 共ハ 通 の も の であ ろ う ︒. そ の全 貌 は ﹁ 在 九州 国 文 資 料 影 印 叢書 ︑ 第 二期 ﹂ (本 年 三月 刊 行 予. こ の ﹁拾 玉 集 ﹂ (以 下 田村 本 と 称 す る )も そ の中 の本 であ って︑. 定 ) に収 め ら れ る こと と な り ︑ 一応 の解 説 (拙 稿 )も 付 し た の であ. と いう の は編 纂 の順 序 を 便宜 上 示 し た も の であ る︒ 田 村 本 は 二 冊 で. 1. る が︑ 紙 数 の都 合 で十 分 に述 べる こと は でき な か った の で︑ こ こに. 異 本 と 称 し て よ い こ の田 村本 の解 明 は ︑ 拾 玉 集 の成 立 や︑ 諸系 統. あ る が ︑ 題愈 には いず れ も ﹁拾 玉 集 ﹂ と書 く の み で︑ 巻 分 けは さ れ. 6. さ ら に考 察 を 加 え て み た いと 思 う ︒. の伝 本 関 係 にい さ さ か の解 決 の糸 口を 示 す も ので はな いか と 考 え て いる︒ 二. 拾 玉集 の伝 本 は ︑ 五巻 本 系 と 七 巻 本系 に大 別 され てい る︒ 五 巻 本 は さ ら に二 つに分 けら れ ︑青 蓮 院 本 や 書陵 部 本 ( 珊・田)等 が 一類 本 ︑. 一1一.

(3) て いな い ︒ 第 一 ・二群 の方 ( 九八丁)を 上 巻 ︑ 三 〜 八群 (八九丁)を下 巻. 全 巻 の終結 部 にあ る べき も の であ る ︒ そ の点 ︑ 田 村 本 は 最後 部 に置. の終 り に位 置し て いる が ︑集 の成 立 事 情 を 述 べた この 奥 書 は︑ 本 来. 神 宮 本 で は この奥 書 は ︑ 一冊 の半 ば ︑ つまり 五巻 本 でい え ば巻 三. てき た ︒. ︹表 1︺ で見 ら れ る よ う に︑ 田 村 本 は 歌 数 が少 な いだ け で なく ︑. と みな し て おく ︒. 他 の 二 つ の系 統 とは 編 纂 の順 序 も 大き く 異 な る の で︑ 一見 ︑ 一部 分. かれ てい る の で問 題 は な い ︒. て いる か に見 え る が︑実 は︑ 田村 本 の奥 書 の前 にあ る 第 七群 と いう. 田村 本 と神 宮本 と では ︑ そ の よう に奥 書 の位 置 がは る か に 隔 た っ. を 散 侠 させ ︑残 りを 綴 じ 直 し た の かと の観 も あ る が︑ 実 は 田村 本 の. のは ︑ 五 巻本 で い えば 神 宮本 と 同 じく 巻 三 の後 半 部 に当 る 所 で あ. こ の形 態 は ︑拾 玉集 の成 立 途 上 の 一段 階 を 示 し て い る の では な い か と 考 え ら れ る 節 があ る ︒故 に単 純 に︑ 零本 とも ︑ 錯 簡 によ る 形態 と. (之). (論). い て︑ 本 来 ど ち ら に在 った のか と いう こと を 考 え て みな く ては な ら. そ こ で田村 本 と神 宮 本 の奥 書 の位 置 が 三百 首 ず れ て いる こと に つ. ︹表 2︺. 号 で表 わ し た も の が ︹ 表 2︺ で あ る ︒. って︑ 田 村 本 は神 宮本 より 百 首 歌 が三 組 少 な い所 で 第 七群 が終 っ 註4 て︑ そ の後 に 奥書 を 記 し てい る ︒ そ の関 係 を 五巻 本 (青蓮院本)の番. も いう こと は でき な い ︒. (之 アリ). ま ず 田村 本 の終 末 部 の奥 書 ( 第八群)に つ い て考 え て み よう ︒ ( 草アリ) ( ナシ) ﹁右 慈 鎮 和尚 御 詠 等 採 撫蕉 仰慶 運 令 類 聚 之 斯 言若 堕将 来 可 悲 云々. 慶 運詠云. 今任先賢之金言令集祖師玉章偏存真俗 一致也旨莫胎内外異端 之 ( 応) ( 尊円親王記) 嘲干時 嘉暦 三年 五月廿 一日難波津末流我立杣不才 記之 (こ̀ ). 書進此草子之次. (ナ シ ). あ ひ てあ ひ て又 み かか る ゝい にし への玉 のひ かり や君 を 照 さ ん ( き) も し ほ 草 む かし の跡 に か き つめ て いく 万 世 か 玉 を ひろ は ん. な い ︒ それ には青 蓮 院本 の書 入 に注 目す べき こと があ る︒ 五 巻本 の. ( ん). い にし への玉 も ひ かり を さ し そ へて我 そか ゝけ む法 の灯. 一類 では ︑ ち ょう ど 田村 本 の七 群 が終 った個 所 に︑ ﹁進 覧 の本 には. 御かえし し る へす る 友 そ 嬉し き あ ら ま し の す ゑ 一と を り ぬ るし き し ま の. ︑ 長 い肢 文 が 記 さ れ て いる ︒ そ れは 内 容 か ら 見 て︑ 慈 円 自 身 の手 に. (ほ). ﹂ ( 本文は田村本︒括弧内は神宮本). 成 る も のと 考 え ら れ る ︒ そう で あ れば 慈 円 の生 存 中 に︑ 誰 か に この. (ナ シ ﹀. 右 と 同 一の奥 書 を有 す る のは 神 宮 文 庫本 の み であ る ︒ そ の神 宮 本. のを 書 い て進 覧 に供 し た こと ︑ そ の 際 には ︑ この 長肢 は 付 け ら れ て. 百 首 歌︑ あ る いは も っと たく さ ん の 歌 で︑ 家 集 と い って よ い程 の も. 古今 の歌 を か か す よ み たる にて と かく 人 の見 と か む へか ら す ﹂ 以下. は 五 巻本 の巻 三と 巻 四 を 一冊と し た 零 本 で あ って︑ 内 容 に お い ては. 道. 特 異 な も のと は いえ な い が︑ ただ こ の独 自 の奥 書 で異本 と も い われ. 一2一. 三.

(4) 此 奥 詞 無 之 井 此 後 之 百首 等 無 之 右 千 五 百番 歌合 ノ百 首 ニテ上 巻 了 侃. に ﹁校 本 二此 詞書 無 之如 何 ﹂ と あ り︑ ま た践 文 の後 に ﹁私 云 校 本 二. いな か った こと が 知 ら れ る︒ それ は と にか く と し て︑ そ の践 文 の前. った こと が知 ら れ る ︒ 第 二次 編 纂 の本 ( 貞和本と称する)は︑ 書 き 始 め. と称 す る )は 尊 円 の命 に よ って︑ 当時 の 和歌 四天 王 の 一人 であ った 註5 歌 僧 慶 運 が実 際 の任 に当 ってお り ︑嘉 暦 三年 (一三二⊥ ハ)に でき あ が. って 記 され た も の であ る ︒ 前 の奥 書 を 持 つ第 一次 編 纂 の本 (嘉 暦本. こ の 二 つの奥 書 は ﹁我 立 杣 ﹂︑ 即 ち 叡 山 の天 台 座 主 尊円 親 王 によ. てか ら十 九年 経 って貞 和 二年 (; 西 六) に出 来 あ が って い る が︑ 嘉. 右 詞 以下 仙 洞 御 本 令 校 合 了﹂ と あ る ︒ ま た七 巻 本 の巻 六 末 は︑ 田村. が対 校 に 用 いた ﹁校 本 ﹂ ( 後述) も ︑ 田 村本 の 第七 群 の終 り の所 と 同. の奥 書 が 記 し て いる 成 立 年 次 は確 か な のであ ろう ︒ こうし て慈 円 の. 暦 本 が 成 立し た年 か ら 数 え て十 九 年 目 が 貞 和 二年 と な り︑ こ の 二 つ. 本 の 第七 群 末 と 同 じ であ る こと も 参 考 にな る の であ る が︑ 青 蓮 院 本. じ で︑ そ こ で ﹁上 巻 ﹂ が 終 る本 であ った こと が 知 られ る ︒上 巻 と い. た の であ る が︑ 実 は 慈 円 の生 在 中 にも ︑ 恐 らく 自 撰 によ る家 集 があ. 家 集 で ﹁拾 玉 集 ﹂ と名 付 け られ た 集 は︑ 慈 円 残 後 約 百年 を 経 て成 っ. う こと に は問 題 も 残 さ れ る が︑ 以 上 の こと か ら 田村 本 の奥書 の位 置. では 少 く とも 巻 の終 り の位 置 であ る と いう こと は 言 え よう ︒. ﹁ 和尚御詠類聚 事. る ︒ そ の これ ま で唯 一であ った 神 宮 本 も︑ 内 容 は 五巻 本 と 同 じ であ. 神 宮 本 を 除 き︑ 五巻 本 も 七 巻本 も 貞 和 本 の奥 書 の方 が 記 さ れ て い. 後 の貞 和本 の は記 され てい な いは ず であ る ︒し か し て 現存 本 では ︑. か ︒ 奥書 に つい て いえ ば︑ それ は 当 然 前 に掲 げ た方 の奥書 を持 ち ︑. と ころ で︑ 第 一次 編 纂 の嘉 暦 本 は ど のよう な 本 であ った のだ ろ う. った と 思 われ る︒. は ︑ け っし て錯 簡 等 によ って 偶 然 に成 った も の では な く ︑或 る系 統. 四. 次 に五巻本 ・七巻本 のほとんど全 てに記されているもう 一つの奥. 度 々御百首嘉暦之比類聚巳詫今﹁所残懐番奮草自然擬作諸人贈答. った の では な か ろう か ︒ い ず れ にし ても ︑貞 和 本 の奥 書 を有 す る五. る の で︑今 は 失 な われ て いる 巻 五 の終 り には貞 和本 の奥 書 の方 も あ. 書と合わせて︑拾玉集 の成立事情をみてみる︒. 也重集之仰瑚子丸令清書之先年書始之後十九年其 間天下変革世. ・四 ・五首 和 歌︑ 第 三群 は 百 首 歌 一組 ︑ 第 四群 は 二○ 首 歌 ︑ 第 五群. 内 容 はど う であ る か ︒第 一群 は百 首 歌 七 組 ︑ 第 二群 は 歌 合 や︑ 詠 三. で︑ 嘉 暦 本 は 百首 歌 を集 め た本 であ つたと み て よ い︒ では 田村 本 の. 貞 和 本 奥書 に よれ ば ﹁度 々 御 百 首 嘉 暦 之比 類 聚 己詑 ﹂ と あ る の. とし て の条 件 に叶 う かど う か を 奥書 の内 容 か ら み てみ る ︒. そ こ で新 しく 見 出 され た︑ 嘉 暦 本 の奥 書 を持 つ田 村 本 が︑ 嘉 暦 本. 巻 本 ・七 巻本 は第 一次 編 纂 の嘉 暦 本 のま ま で あ るは ず は な い ︒. 上騒乱幾許哉而今真俗書籍 曽不紛散金玉篇什重終書写偏是護法. のこれる玉も ひろひ つ. 天等冥助 祖師和尚之擁護也不堪欣悦聯述由致干時貞 和二年五月 廿 日吉水末流尊円親王記 もし ほ草なをかきそ へて和歌 のうら に くし つ. ﹂( 青蓮院本). 瑚子丸書進之時隻紙裂需に書 付歌 いにし への和歌のうらは のもしほ草 しら てかきをく跡や のこ らむ. 一3.

(5) 三年 後 十 月 廿 五 日﹂ と あ るも の︑ お よ び 五巻 本 巻 三 の終 り に ﹁承 久. 線 ① 部 と 同 様 の文 は︑ 五 巻 本 巻 二 の ﹁詠 百 首 和 歌 ﹂ の後 に ﹁承 久. ﹂(独自文は傍線部). て︑ 百 首 歌 は 総計 千 四 百 首 程︑ 全体 の七 割 を 占 め る ︒ それ に田 村 本. 三年 後 十 月 廿 五 日書 写之 了. 在御判. でも し 失 な わ れ て い る紙 片 が あ る と すれ ば ︑ 五 巻 本 の巻 一後 半 か ら. に酷 似 し た文 が ︑ 拾 玉集 では な いが︑ 同じ 慈 円 の自 歌 合 で あ る ﹁日. 矧 引 田 是 は前 大 僧 正 御 坊 之 御本 也. 巻 二 に当 る百 首 歌 の 所 だ け であ ろ う と 考 え られ る の で︑ もし そ の部. 吉 七社 歌 合 ﹂ の終 り に ﹁承久 三 年 後十 月 廿 日書 写 了 ︑申 受 吉 水 前 大. は 百 首 歌 三組 ︑ 第 六 群 は 三 十首 歌 等 ︑ 第 七 群 は 百 首 歌 三組 であ っ. 分 が 存 在 し た と想 定 す れ ば 百 首 歌 の比 率 は 高 く は な る が︑ それ で も. 御 判 在 之﹂ があ る ︒ま た独 自 部 分 d ⑧. 百 首 歌 以 外 の歌 が少 し 入 って いる こと には 変 り な い ︒. と な る ︒ し か し そ れと 確 か に判 る の は ﹁諸 人 贈 答 ﹂ と いう ︑ 贈 答 歌. これ も 貞 和 本 奥書 に よ れば ﹁懐 需︑ 菖 草 ︑ 自 然 擬 作︑ 諸 人贈 答 等 ﹂. あ ったと み てよ い の であ る が ︑ 田村 本 も合 わ せ て右 の 四 つ の書 写年. が な か った のか と も 考 えら れ る ︒ 慈 円 には 生 前 ︑自 撰 に よる 家 集 が. が 異な る のか ︑ あ る いは 当 初 は ﹁ 大 僧 正﹂ に付 け ら れ て いる ﹁前 ﹂. ば 慈円 が亡 く な る 四年 前 であ る の で︑ 囚 の文 と⑧ の 文 は書 か れ た時. 在 判 ﹂(永青文庫本)と あ る ︒ 承久 三 年 (一二一= ) と い え. を 集 め た 所 だ け であ って︑ そ れ は 五巻 本 ・七 巻 本 共ハに巻 五 の七 百 首. 僧 正御 本 也. 程 を 指 す の で あ ろう ︒ つま り 現在 の 五巻 本 ・七 巻 本 の巻 五は 第 二次. 月 日が︑ 承 久 三 年 後 十月 廿 日か ら 廿 五 日と 数 日 の違 い でし か な い の. では 第 二次 の貞 和本 で附 加 し た のは ど の よう な 部 分 で あ る のか ︒. 編 纂 の貞 和 本 で 成 立し た巻 な ので あ ろう ︒ そ の巻 五 の 歌 は︑ 最 後 部. で︑ そ の間 の事 情 を 推測 し て みる に︑ 或 る人 が そ の 慈 円 の集 を 借 り. 註6. か 判 ら な い が︑ 慈 円 の自 序 肢 か ら し て︑百 首歌 や そ の他 の 何 らか の. いる の であ る か ら︑ 慈 円自 撰 の集 の 面 影 がど の程 度 残 さ れ て いる の. た だ し 田村 本 にし ても ︑ それ か ら百 年 程 後 の尊 円 親 王 の手 を 経 て. か の単 位 毎 に 日付 け を 記 し てい ったと いう こと であ ろ う か ︒. て︑十 月 廿 日頃 に集 中的 に書 写 し た ので はな か ろ う か ︒ それ に何 ら. の二 十 首 第 四群) を 除 き 田村 本 には な い ︒ この よ う に 田村 本 は ︑ 嘉 暦 本 の奥 書 を 持 つこと ︑ ま た 五巻 本 ・七 巻 本 の巻 五 の歌 を 欠 く と いう 面 か ら は︑ 第 一次 の嘉 暦本 の条 件 に合. 和 本 の奥 書 が 嘉 暦 本 に つい て︑ その 概略 を 述 べて いる のだ とす れ. 単 位 に つい ては ︑ か なり 自 撰 本 の形 態 を そ のま ま 伝 え てい る よう に. う ︒ し か し収 録歌 が百 首 歌 ば か り で はな い こと が支 障 と な る が︑ 貞. い ︒奥 書 か ら は 田村 本 が嘉 暦 本 の系 統 を 引 く本 であ る こと を積 極 的. ば ︑ 田村 本 も 百 首 歌 が七 割 を 占 め てい る の で当 って いな い ことも な. に 否 定 す る こと は 見 出 さ れ な い よう であ る ︒. う︒. と は い え︑ け っし て 捏 造 され た文 で は な いと 考 え て よ い ので あ ろ. 拾 玉集 以外 の慈 円 の歌 に 付 けら れ てい る こと は ︑ そ れ が 田村 本 独 自. 分 が あ る こと を 示 し て い る の であ る が︑ それ と 同様 の文 が︑ 現 在 の. 右 の 独自 文 の中 で も殊 に⑧ の文 は︑ 慈 円生 前 の家 集 を書 写 し た部. 思われる︒. 五 次 に田村本 の 独自異文 について 考察を 加えて みよう︒その 一つ ﹁承久元年十月 幌之比為八幡宮法楽詠之d同 三年後十月 廿 一日書. は︑ 他本には全 たく書かれていな い第四群 の終り の識語 である︒. 一. 一4.

(6) 続 い て田村 本 の独 自 の配 列 の個 所 を 取り あ げ てみ る ︒ 青 蓮 院 本 には︑ d 五 二七 六 番 ︑⑧ 五 二九 六 番 ︑ ⑥ 五 三 一六 番 の歌. d ﹁校 本 ニ ハ此 次 七 社 歌 合 御 詠 之 内 俊 成 卿 ト番 ノ七 番 □ 首 被 入. の後 にそ れ ぞれ ︑. 之﹂ ⑧ ﹁校 本 此 所 二十 首 被 入 之 奥 二書 写之 ﹂ ◎ 校 本 ニハ此 処 二十 首 被 入 之 御 奥 二書 加 之﹂ と いう 書 入 が あ る が︑ 田村 本 は そ の 三個 所 の書 入 に 一致 す る形 態 を. ﹁ 七番之中左勝三. 右勝 二. 持二. 不審 之. 取 る唯 一の本 であ る ︒ そ のd の所 (田村本 一七七七〜 一 七九○番) には ︑. 左 紫 の戸 に にほ はむ 花 は さも あ ら は あ れ な か め て けり な う ら めし の身 や. 右 のd ⑧ ⑥ の三 個 所 は︑ 田村 本 の第 六群 中 にあ り ︑ 五 巻本 で は巻. わ か 為 と/ 民 を な て/ 人を た に/ あ ひ見 ても / い た つら に/ 津 の国 ( おい)青本 の/ こえ にけ る / 思 う 道 ︑ の順 で入 れ ら れ て いる ︒. 四 の後半 であ る ︒ 七 巻本 で は そ の辺 り を欠 い で いて ︑ それ が本 来 の. そ の巻 四 の後 半 は ︑ 一類本 と 二類 本 と で は︑ 歌 の出 入 り や 配 列 に つ. も のか︑ あ る いは 成 立 後失 な った も の か も問 題 と な る ︒ 五巻 本 でも. こ こで青 蓮院 本 の書 入 れ に つい て︑ 少 し 触 れ てお か な け れ ば なら. い て大 き く 異 な る所 であ る ︒. だし てみ る と︑ 巻 一と 巻 三 の終 り に それ ぞ れ ︑. な い︒ そ れ に つ い ては 奥書 に記 され てい る の で必 要 な 所 だ けを 抜 き. 文 明 三年 三 月 四 日記 之. 花 押 (尊応 )﹂. ﹁祖 師大 乗 院 贈 一品 大 王 令類 聚給 以拾 玉 集 正本 遂校 合 了. 之 次 校合 直 付 之 而 巳. 羊僧. 花 押 (尊 応 )﹂. ﹁ 自 室 町殿 賜 之 五 帖 之内 也 大 乗 院 宮 御 類 聚 之 正本 被 出 之 一部 写進. 干 時 文 明 三年 春 記 之. て いる ので あ る ︒青 蓮 院 本 には 多 く の 異同 が 書 き 入 れ ら れ てお り︑. 乗院 ( 宮)贈 一品大 王 ︑ 即 ち 尊 円 親 王 が 編 纂 し た ﹁正本 ﹂ と対 校 し. と 記 さ れ て い る ︒ それ によ れば ︑ 文 明 三年 (一四七 一) に尊 応 が ︑大. 雪 のう への春 こそ さ ら に わす ら れ ね 花 は かす にも 思 ひていしを﹂. 俊成卿. 以 下︑ た この浦 の/ 又 や みむ / 山 里 の/ 匂 ひく る/ いか にせ む / 夕. ﹁イ﹂ な ど のう ち 同 一の本 を指 す も の があ る と 思わ れ る が ︑ 現 在 の. 校 合 し た 本 の略 号 も さま ざ まあ り ︑ ﹁正本 ﹂ ﹁校 本 ﹂ ﹁証 本 ﹂ ﹁ 本﹂. 右勝. さ れは / 山 ふか み / い か なれ は / ひ き か え て / 月 さ ゆ る/ 春 も 秋 も. 七 巻 本 や田 村本 と の異 同 か ら は︑ ど の記 号 が 他 のど れ と 同 じ であ る 註8 の か︑ ま た は そ れ ぞれ が別 の本 であ る のか は 判 然 と し な い︒ ゆ え に. / 夏 か り の︑ と いう十 四首 に続 い て ﹁日吉 七 社 御 歌 合 俊 成 卿 八番 之. 慈 円 と 俊 成 を 番 え た も の だけ を 取 り 出し て いる ︒ ⑧ の所 (一八 = 〜. っても 文 明 三年 に施 され た も の であ る と の断 言 は でき な い ︒し かし. それ 等 の幾種 か の本 と の校 合 がす べ て尊 応 の手 で︑ ま た は 尊 応 であ. 勝 負 如 此 ﹂ と あ る ︒ これ は 前 節 で掲 げ た ﹁日吉 七 社 歌 合﹂ のう ち ︑. 一八二○番)には︑ 青 蓮 院本 で い えば 五 ○ 一四番 か ら 五○ 二 三番 ま で の. 本 文 異 同 で ﹁正本 ﹂ を 示 す 記 号 は ほと んど な く︑ ま た重 要 な 書 入 れ. 十 首 が そ のま ま の順序 で︑ ◎ の所 (一八四 τ 一八五○番)には ︑ 青 蓮 院 本 の 五○ ○ 二 番 か ら 五○ 一三 番 ま で の十 首 が︑時 雨 ゆ く/ 世 中 を /. 一5. 占 !、.

(7) の のう ち 前者 (二七六○番後)は誤 って書 か れ て い る︒ そ の誤 りを 示 す. 群 の第 四群 の序 であ る の で︑ 五 巻 本 ・七 巻本 が 二個 所 書 いて い るも. か のよ う に︑ 青 蓮 院 本 で は前 者 の方 に︑ ﹁此 奥 書 校 本 二無 之 ﹂ と の. と)こ の文 は︑ ﹁四 五之 拙 歌 ﹂ と文 中 にあ る よ う に︑ 本 来 二十 首 の歌. い ては︑ 田村 本 は 青 蓮 院 本 書 入 の ﹁校 本 ﹂ の形 態を 示 す 唯 一の本 で. には ほ と ん ど 全 て に ﹁校 本 ﹂ と 記 され て い る こと か ら し て︑ ﹁校. あ る ︒ さ ら に ﹁校 本 ﹂ が ﹁正本 ﹂と 同 じ であ る とし た場 合 には︑ 尊. が曽 ては存 在 し て い た ので あ る が︑ 今 日では それ は 田村 本 以外 には. 書 入 が さ れ て いる ︒ つま り こ の序 文 を 一個 所 にし か 書 い て いな い本. 本 ﹂ が ﹁正本 ﹂ であ る 可 能 性 も あ る︒ い ず れ にし ても こ の部 分 に つ. の部 分 に つい ては 田村 本 のみ が 伝 え て いる こと にな る ︒ ま た 文 明 三. し てみ る に︑ 当初 田村 本 のよ う に第 三群 か ら 第 四群 へと続 く 形態 で. 五巻 本 ・七 巻本 が そ の序 文 を 二 個所 に書 い てし ま った 理 由 を推 定. 見 ら れ な い︒. 円 が 編 纂 し た拾 玉 集 の祖 本 ( 嘉暦本か貞和本かは別として) の形 態 を︑ こ. 年 には 田 村 本 の系 統 が存 在 し た こと にも な る ︒. の﹁校 本 ﹂が対 校 本 に選 ば れ る 価 値 のあ る本 であ った こと ︑ さ ら に は. た時 に︑ そ の 第 三群 と 第 四 群 が 切り 離 さ れ る こと と な り︑ そ の際 ︑. あ ったも の が︑ 間 に増 補 し た り︑ 改 め て巻 分 け な ども 為 さ れ て い っ. 尊 応 が ﹁校 本 ﹂ でも って校 合 し た と いう こと の 意味 は︑一つは︑そ. 入 の結 果 か ら 窺 え る︒ 田 村 本 が そ の ﹁校 本 ﹂ と ま った く同 一の本 で. か ろ う か︒. 前 後 部 の両 方 に書 かれ てし ま ったと いう よ う な事 情 が あ る の で はな. 五 巻 本 の青 蓮 院 本 と 何 らか の素 姓 の違 い があ った ことな ど が校 合書. あ ると は いえ な い が︑ 少 な く と も この部 分 に関 し て は︑ 現 存 す る本. そ の誤 った段 階 と いう の は︑ 五巻 本 ・七 巻本 共 に︑ 二 個 所 のう ち. 一個 所 が 巻 五 にあ る こと か らし て︑ 前 述 し た よう に増 補 編 纂 され て. 巻 五 が 成 った︑ 第 二次 編纂 の貞 和本 成 立 の時 点 かと 思 わ れ る ︒ ゆえ. に正 し い位 置 だ け に その序 文を 置 く 田村 本 の形 態 は ︑ ま だ 歌数 も 少. な か った増 補 以前 を示 し てい る と見 ら れ ︑ そ れは 貞 和 本 以 前 の嘉 暦. 本 の 形態 を こ の辺 り に残 し てい る の であ る のか もし れ な い︒. 一6. では ︑ 田村 本 が そ の ﹁校 本 ﹂ の形 態 を と って いる 唯 一の本 であ る ︒. 七 田村 本 には ま た︑ 次 の よう な 特 徴 が あ る︒ 第 三 群 と 第 四群 の間 に︑ ﹁以暮 秋 初冬 之 候 入 二諦 一如 之 観 忽 詠 四 五 之 拙 歌法 楽 三所 之 権 現. ﹂. 利 他 而 思 観自 而 念 朝 市 之 春 華 勿萎 干 鳳 闘 仙 洞 都 鄙之 秋 風 莫 撹 於 仏 法 王 法 依此 倭 国 之 風 俗 欲 彰浄 土 之 月 輪. ( 田村本︑青蓮院本異同なし). 田村 本 の第 三群 (=一 九○〜 一三九 一番)も 独自 形 態 をと ると ころ であ. ,. と いう 文 があ る 文 があ る︒ こ の文 は 五巻 本 ・七 巻 本 と も に 二個 所 に. 巻本 は 一四 二 首 ︑ 七 巻本 は 一四 四首 ︑ 田村 本 は 一○ 一首 記 さ れ て い. って百 題 と し ︑ ﹁詠百 首 和歌 ﹂ と 題 さ れ て いる ︒ そ の部 分 には︑ 五. る ︒ こ こ (青蓮院本では巻二の二六 一四〜二七六○番) は 経 文 中 の百 句を 取. では ち ょう ど第 三群 の終 り と 第 四群 の初 め の所 に当 る ︒ ( 表1参照のこ. の後 と︑ 巻 五 の六 ○ 九 七番 の歌 の後 で あ る︒ そ の二 個 所 は︑ 田村 本. 書 か れ て いる ので あ る ︒青 蓮 院 本 で いえ ば︑ 巻 二 の二 七 六○ 番 の歌. 八.

(8) る ︒各 系 統 本 の そ の 歌数 の違 い は︑ 田村 本 が 一題 に 一首 書 く の に対 し︑ 五巻 本 ・七 巻 本 に は 一題 に数 首 書 か れ て いる こと に よる ︒ そ う し て 一題 に つき 数首 の場 合 には︑ 五巻 本 と 七 巻本 と では ︑ 一題 中 の 歌 の配 列 が異 な って い るも のが 多 く あり ︑ 例 え ば 五 巻本 でA ・B ・ C 歌 の順 に並 ん で い るも のは ︑ 七巻 本 では B ・C ・A ・の順 にな っ てい る場 合 が 多 い ︒ ゆえ に この部 分は 五巻 本 ︑ 七 巻本 ︑ 田村 本 と そ れ ぞれ 異 な った 形 態 をと る ので あ る が︑ 一体 ど うし て こ のよ う に 三 種 も の形 態 が生 じ た の であ ろ う か ︒ それ には ま ず︑ 一題 に つき 一首 し か書 い てい な い本 が曽 ても あ っ た こと を 述 べな け れば な ら な い ︒百 の題 は 経 の 二 八品 の各 品 ご と に ま と め ら れ てお り︑ 青 蓮 院 本 で は そ の 品 毎 の 歌数 を 下 に 記 し て い て︑ し か も そ の 数 が見 せ 消 ち にさ れ て いる ︒書 陵 部 本 では 四 つの 品 に歌 数 が 記 さ れ︑ それ には 見 せ消 ち の記 し は な い︒ 田村 本 にも 二 八 品 の全 てに 歌 数 が 記 され ︑ これ も 見 せ消 ち は な い ︒ ︹表 3) は 以上 の こと 及 び︑ 現在 の 諸 本 に載 せ る 実 際 の歌 数 を 併 せ て 示 し た も の 註 10. であ る ︒ そ の歌 数 の書 付 が 五巻 本 の 一類 の青 蓮 院本 と書 陵 部 本 のみ にあ る と いう こと は ︑ 五 巻 本 一類 の祖 本 にも そ の 歌 数 の書 付 が あ っ たと し てよ いの であ ろ う ︒ し か し て そ の歌 数 が 最 初 に書 かれ た段 階 では ︑実 際 に そ の品 の中 の 歌数 は︑ そ の書 付 の数 と合 致 し て いた は ず であ る ︒と ころ が 青 蓮 院 本 ・書 陵 部本 共ハに︑ 表 の 下段 の歌 数 と 合 わ せ てみ れ ば分 る よう に︑ そ の書 付 け てあ る 数 よ り 現在 の本 の実際 の歌 数 は 多 い の であ る︒ な お︑ 田村 本 の よう に 一題 に付 き 一首 書 い た時 そ の書 付 の数 と 合 う ので︑ 五巻 本 一類 の 祖本 も 田村 本 のよ う な 形 態 を と って い た の では な い か と推 定 でき る ︒ と こ ろ が五 巻 本 ・七 巻 本 は それ ぞ れ が 別途 に或 る段 階 で加 増 さ れ て い って (青 蓮院 本 で. ︹表 3︺. 喩. 便. 品. 品. 品. 品. 方. 解. 品. 讐. 序. 信. 記. 品. 薬 草 喩 品 授. 化 城 喩 品. 提. 宝. 法. 人. 持. 婆. 塔. 師. 記. 品. 品. 品. 品. 品. 五首 弟 子 品. 勧. 涌. 量. 出. 品. 品. 安 楽 行 品. 寿. 随喜功 徳品. 分 別功 徳品. 神. 不. 累. 力. 軽. 品. 品. 品. 法 師功 徳品. 嘱. 書陵部本. 田村 本. 品の下に書かれて いる数 青蓮院本. 本 七巻 田村本 書. 顧実 際 に あ る 歌 数. 五. 一7. 号 番.

(9) 品. 二首. 一 箸. 四膚. 一 清. 三首. 二首. 二首. 四首. 二首. 品. 音 品. 三首. 王. 妙 音. 品. 陀 羅 尼 品. 観. 王 品. 薬. 厳 発. 六首. 勧. は ︑尊 応 が 行 った 校合 の際 であ ろう が) ︑ 実 際 の 歌数 と 合 わ な くな った書 付 を 見 せ 消 ち に せざ る を 得 な か ったと いう よう な 事 情 が推 測 で き る よう であ る ︒ ま た 田村 本 は 青 蓮 院本 の そ の書 付 26個所 のう ち 24が 一致 す る ︒ 青 蓮 院本 が書 い て いな い ﹁方 便 品 ﹂ は ︑書 陵 部 本 には ﹁十 四首 ﹂ と 書 い てあ る の で︑青 蓮 院本 が書 い てい な い初 め の二 つの 品 は書 き 落 し た の であ ろ う ︒ そ の よう に青 蓮 院本 や書 陵 部 本 と の関 係 が深 い こと か ら︑ 田村 本 の この 第 三群 は ︑ 五 巻本 一類 と 祖 本 を 同 じ う す る の で は な いか と 考 え ら れ る が︑ その よ う な事 を 明 ら か にす る ため にさ ら. ︹ 表 4︺ は ︑ 一つの題 に二 首 以 上 の歌 が記 さ れ て い る 3 5の題 に つ. に視 点を 移 し て みよ う ︒. い て︑ 青 蓮 院 本 を 基 にし た場 合 ︑ 七 巻本 や 田村 本 は ど の 歌 を︑ ど の よ う な順 序 で配 列 し てい るか を 記 号 化し て示 し た も ので︑ 下 段 は 該. ま ず下 段 の書 入 の方 から 見 る と ︑ ﹁本 二不 入 之 ﹂ の 他 に も 種 種. 当 題 に つい て の青 蓮院 本 の書 入 であ る ︒. ︹表 4︺. 題. 青 蓮 院 本 の書 入. Bに ﹁校本 二不入之﹂. Bに ﹁校本無 此御歌﹂. 田 村本. 猶 如 火 宅. Aに ﹁本 二不入之﹂. 七巻 本. 歌 の出 入 と 配 列 順 序. 悉 是 吾 子. 五巻 本. 無 上 宝 聚. Aに ﹁本 二不入之﹂. Hαレに ﹁校証本 二此三首被入之﹂. 浄 仏 国 土. Aに ﹁ 本 一 一不 被 入 ﹂. Aに ﹁ 本此歌也﹂. 五千人等⁝⁝. 如 是 我 聞. 止 宿 草 庵. 現 世 安 穏. 以 仏 道 声. Aに ﹁本無之﹂. Aに ﹁ 本 二不入之﹂. 権 化作此 城. Bに ﹁本 二不入之﹂. Aに ﹁本入之﹂ 移諸天人⁝⁝. 法 化最第 一. 諸 宝 樹 下. BC に ﹁ 校本ロ ニ 入二首不被入﹂. 父少而 子老. 我常 遊諸国. 不 可 得 聞. Aに ﹁不被入﹂. Aに ﹁本 二不被入之﹂. Aに ﹁本 二不入之﹂. Aに ﹁本 二不入之﹂. Aに ﹁不入之﹂. Aに ﹁本 二此歌不入之﹂. 又 聞成 菩提. 嬰 女 成仏 我 不愛身命. 無 有 生 死. 在 於 閑 処. 如医善 方便. 一8. 号 番. 山 グノ、 "首.

(10) 皆 与 実 相⁝. 得 入無上 道 Aに ﹁本 二不被入之﹂. Aに ﹁本 昌不入之﹂. む し ろ 恣意 に選 ん だ の では な い こと を表 わし て いる よう であ る ︒. 以上 の こと を 整 理 し て みる と ︑ ① こ の百 首 歌 には 一題 に 一首 を 記. 無 諸 衰 患. 以 種 々 形⁝. 便 得 離 欲. 広 宣 流 布. 於 此 命 終⁝. 如 渡 得 船. 最 為 第. Aに ﹁ 本 二不被入之﹂. Aに ﹁ 本 二不入之﹂. Aに ﹁ 本 二不被入之﹂. Aに ﹁ 本 二不入之﹂. Aに ﹁本 二不入之﹂. Aに ﹁ 本 二不入之﹂. Aに ﹁本 二不入之﹂. Aに ﹁ 本 二不入之﹂. Aに ﹁ 本 二不入之﹂. 甲 本 が 乙 本 の 歌を 各 題 ご と に追 加し て い ったと す れ ば 五巻 本 が︑ 逆. い甲 ・乙 系 統 本 と は ど の よう な 関係 にあ る のか を推 定 し て みる に︑. の 二系 統 も 存 在 し た の では な か ろ う か ︒. 本 のよ う な 本 ( 甲本と称しておく﹀ と︑ それ 以 外 の歌 を載 せ る本 ( 乙本). 持 つ本 は ︑青 蓮 院本 の書 入 の時 点 (一五世紀初か)にも 存 在 し て いた で. 持 つ系 統 の本 も古 く は 存 在 し た こと ︑ ③ 田 村 本 が 現在 記す 歌 だ け を. す 形態 の本 が 曽 て存 在 し たで あ ろう こと ︑ ② 田村 本 が記 す 歌 以 外 を. 羅 刹 女 等. に︑ 乙 本 が 甲本 を 追 補 し たと す れ ば七 巻 本 が で出 来あ が る こと が︑. 一. 善 知 識 者. Aに ﹁ 本 二不入之﹂. と が 分 る︒ そ の書 入 も 文 明 三年 の尊 応 によ るも のか と 思 わ れ る が︑. ら れ て いな い歌 は ︑ま さ に現 在 の田 村本 に 記す 歌 以 外 の歌 であ る こ. 除 い た 26個 所 で は ︑青 蓮院 本 が対 校 に用 い た ﹁本 ﹂ ﹁校本 ﹂ に入 れ. は 偶 然 と は思 わ れ な い ︒ つま り 推 定 甲本 には B歌 が ︑ 乙本 には A 歌. 本 が B 歌︑ つま り 青 蓮 院本 の第 二首 目 の歌 を 記 し て い る ︒ こ の現象. る ので そ の推 論 は 適 用 で きな い が︑ ち ょう ど そ の七 題 だ け は︑ 田村. 11 ・13 ・17番 に つい ては︑ 五巻 本 ・七 巻 本 共ハ に歌 の順 序 が同 じ であ. ん で いる 25題 では そ の推 定 が可 能 であ る ︒ し かし 2 ・3 ・4 ・7 ・. 歌 の配 列 か ら し て 凡 そ考 え ら れ よ う ︒ ︹ 表 4︺ に︑ 番 号 を ○ 印 で 囲. そ こ で現 在 の 五巻 本 と 七 巻本 の この百 首 歌 の形 態 と︑ それ ら の古. あ ろ う と いう よう な 事 が 推 定 で き る︒ つま り 古 く︑ 一題 一首 の田村. 成 就 四 法 作 礼 而 去. そ の時 点 では つま り︑ 一題 中 の歌 が 複数 で書 か れ て 個 所 は︑ 現 在 の. が記 さ れ て い たと 思 わ れ る が︑ それ ら の 個所 が︑ 他 の 25題 とは 異な. の書 き方 が され て いる が︑ そ の 30個 所 の書 入 のう ち 11 ・13 ・14番 を. 青 蓮 院本 か ら︑ その中 の 田村 本 の歌 だ け を除 い た ﹁ 本 ﹂ の系 統 が存. った配 列 の 仕方 を し た意 味 は ま だ判 ら な い︒. 巻 本 も 各 題 の最 初 の歌 の多 く が甲 本 の歌 で あ る こと か ら し て︑ この. 右 に推 定し た甲 本 は 現在 の 田村 本 と 同 じ も のと 考 え ら れ る が︑ 五. 在 し て い たと いう こと に な る ︒今 日で は こ の百 首 歌 に つい て そ のよ. と ころ で︑一題 一首 し か 載 せ な い 田村 本 の系 統 は︑ 五 巻本 ・ 七巻本. が︑ そ の こと は さ ら に別 の面 か ら も 窺 え る ︒書 陵 部 本 の題 の書 き方. 第 三 群 は 田村 本 と 五 巻 本 一類 と の 関 係 の 深 さ を 知 る こと が で き る. う な伝 本 は 見 当 な ら な い︒. の よう に 一題 に数 首 あ った中 か ら ︑ 恣 意 で 一首 だ け を 選 ん で記 し た. に︑ ﹁以 是本 縁 ﹂ の下 に 一字 分 の空 白 が あ って ﹁今 説 法 花 経 ﹂と 続. の で はな いか と の疑 いも あ る が︑ 青 蓮 院本 の書 入 の多 く によ って︑ 田村 本 に記 す 歌 以 外 だ けを 載 せる 系 統 の本 があ った と いう こと は ︑. 一9.

(11) ける よう な︑ 間 に空 白 部 を 置 く書 き方 は 他 に二 個 所あ る が︑ 田 村 本 でも 書 陵 部 本 と 一致 す る三 個 所 の他 に︑ 別 に四 個 所 あ る︒ 書 陵 部 本. 五巻本 一類. 五巻本 二類. 七 巻本. と いう こ. し 第 三群 に つい て は 五巻 本 一類 と 密 接 な関 係 にあ った ︒ま た第 二群. と にな る︒ ゆ え に田村 本 は 五巻 本 二類 にも や や近 い面 もあ る︒ し か. こ の百 首 歌 に つい ては ︑ 五 巻本 で も 二類 本 は 歌 の 配 列等 か ら 見 て. や 第六 群 (五巻本の巻四)は ︑ 他 の所 に比 べる と ︑ 田村 本 と 七 巻 本 の 距. と 田村 本 も 密 接 な 関 係 にあ る と い え よう ︒. が︑ こ の第 三群 に つ い ては 五巻 本 一類 の方 に密 接 な関 係 があ る ︒ し. も 七 巻 本 系 であ る ︒ま た全 体 か ら い えば 七 巻 本 系 の方 に近 い田 村本. 以 上 のよ う に 田村 本 は ︑ 現存 の他 系 統 本 では 七 巻本 に最 も 近 い性. 離 が や や遠 く な る ︒. 格 を 持 つが ︑ し かし 前 述 し て き た よう に独 自 部 分 を 考え る と ︑決 し て. か も この第 三群 は 五巻 本 一類 ︑七巻 本 (五巻 本 二 類も )︑田村 本 (推 定 甲 本 )︑推 定 乙 本 と 四 つの それ ぞ れ 異 な る形 態 が 考 え ら れ る︒ こ の部. 七 巻 本 系 に入 れ る こ とは でき な い の で︑ 異 本 と 称 す べき であ ろ う ︒. い て検 討 し て み なく ては な ら な い ︒. 次 に 田村本 は残 闘 本 な のか︑ あ る いは 抜 粋 本 な の かと いう 点 に つ. 十. 分 の成 立 の複 雑 さ が窺 える が ︑ま だま だ不 明 な 点 が多 く 残 されている︒. 九 と ころ で 田村 本 は 現 在 の五 巻本 系 と 七 巻 本 系 のど ち ら に近 い本 で あ る のか ︒ ︹表 1︺を見 ると ︑ そ の構 成 は 七 巻 本 の方 に より 近 い こと. 二群 は 巻 七 と︑ 第 五群 と 七 群 は 合 わ せ て巻 六 と それ ぞ れ 形 態 を 同 じ. あ り ︑ 例 え ば百 首 歌 が中 途 で 切断 され た り はし て いな い と いう こと. い て︑ 他 は全 て群 の初 め も終 り も 何 ら か の区 切 り とな ってい る所 で. 註 11. 田村 本 を 一群 か ら 八群 ま で分 け たも のの うち ︑ 第 六 群 の初 めを 除. う す る ︒ ま た少 し 細 か く 見 れ ば︑ 第 五群 の ﹁秀 歌 百 首 草 ﹂ (一五 一三. いと い う こと を 表 わ し て い よう ︒ ま た 第 七群 の後 にあ る 五巻 本 の三. は ︑ 田 村本 が綴 じ 糸 が 切 れ るな ど し て 間 の紙 を 失 な った も の では な. は 一目 瞭 然 で あ る ︒す な わ ち︑ 田村 本 第 一群 は七 巻本 の巻 一と︑ 第. 番後)の題 だ けを ま と め て記 す こと ︑ 第 七 群 の ﹁詠百 首 和 歌 ﹂ (一 =. 百 首 や︑ 五 ・七 巻 本 の巻 五も 田村 本 よ り は後 に補 った の で はな いか. 五六番より) の古 今 集 の歌 を 上 句 だ けし か 書 か な い こと な ど ︑ さ ら に は 本 文 異 同 や︑ 歌 の配 列 に つい て の 一 ・二首 の違 い等 は ︑ か な り七. し か も 田村 本 の三 ・四 ・五群 の順序 は︑ 七 巻 本 の巻 四 ・五 ・ 六 と 一致. と いう ことを 述 べた ︒第 三群 と 四群 の続 き も 増 補 前 の 形態 かと み た ︒. と ころ で こ こ で 五巻 本 二 類 の本 の性 格 に少 し触 れ てお か な け れば. 巻 本 と 一致 す る ︒. 一群 か ら 八群 ま で の編 纂 順 序 は でた ら め なも ので は なく ︑ やは り 拾. す る ︒ 以上 のよ う な ことを 考 え 合 わ せ て みる と ︑ 現在 の 田村 本 の第. 玉 集 の或 る系 統 と し て存 在 し て いた も の では な い か と 考え ら れ る ︒. な ら な い ︒五巻 本 系 は 一類 と 二類 に分 け てお い た が︑そ の二類 本 は︑. し かし 現 在 の田 村本 が︑ そ の系 統 を 完 全無 欠 の姿 で伝 え てい る と. 五 巻 本 一類 と 七巻 本 の性 格 が 混在 し てお り︑ し か も 独 自 の部 分 も か. った方 が よ い かも し れ な い ︒と も あ れ そ の親 疎 関 係 を 表 示 す ると ︑. な り あ る の で︑ 五巻 本 二類 と称 す る より は︑ 独立 し た系 統 とし て扱. 一10一.

(12) の約 二千 首 を 田 村 本 が 欠 い て いる と い う こと は ︑ あ る い は そ の部 分. 首 歌 の みを 収 め る 五巻 本 の巻 一後 半 と 巻 二 ( 七巻本では巻二 .三 .四). の時 に︑ す で に百 首 歌 の蒐 集 はか な り 成 さ れ て い たは ず だ から ︑ 百. 断 定 す る こと も 難 か し い ︒ そ の理 由 の 一つは︑ 第 一次 編 纂 の嘉 暦 本. のか ︒ それ ら の本 と 現在 の五 巻本 一類 ・五 巻本 二類 ・七 巻 本 が ど の. 王 の 第 一次 編 纂 の嘉 暦 本 が︑ 第 二次 の貞 和本 に ど の よう に発展 し た. な 内 部 調 査 に よ ったも ので はな い︒ さ ら に問 題 と す べき は︑ 尊 円 親. も ので あ る か に つい て は それ ぞれ の御 見解 もあ る が ︑ い ず れも 詳 細. い ︒ 現 在 の 五巻 本 と 七 巻本 に つ い ても ︑ そ のど ち ら が 早 く成 立し た. 拾 玉集 の諸 系 統 の成 立 に つい ては ま だ ほと んど 解 明 さ れ て いな. よ う な 関 係 にあ る のか ︒ ひ い ては︑ 最 も先 行 す るは ず の 慈 円自 撰 の. は散 侠 させ た のか と も 思 わ れ る︒ し か し そ の中 でも ︑ 第 三群 の みは. には 田村 本 より 後 の時 点 で増 補 され て いる部 分 があ る ら し い こと を. 存 在 し ︑ そ の第 三 群 が 独自 形 態 を と る こと ︑ お よび 五巻 本 ・七 巻本. 家 集 と 拾 玉集 と の関 係 等 も 明 らか にさ れ な け れば な ら な い ︒. し か し敢 え て臆 測 を 述 べてお く と︑ 田村 本 は 尊 円 親 王 の第 一次 編. 難かしい︒. 系 統 を 異 にす る ︑ 異 本系 とも いう べき 田村 本 の位 置 付 け を す る のは. そ のいず れも ま だ 解 明 さ れ て いな い今 日︑ 五巻 本 と も 七 巻本 とも. 考 え 合 わ せ て みる と︑ 五巻 本 ・七 巻 本 のそ の部 分も ︑ ど の段階 で 形. 田村 本 が完 本 であ る か否 かを 探 る 手 懸 り の も う 一つは ︑ 青 蓮 院本. を 成 し た と 明確 には いえ な い と いう こと が あ る ︒. 書 入 の ﹁校本 ﹂ であ ろ う ︒ ち な み に田 村 本 に欠 く所 で そ の書 入 があ. 纂 の嘉 暦 本 の系 統 を 引 く も の では な い かと の 考 え が 浮 か ぶの であ. る 数 は︑ 青 蓮 院本 の巻 一後 半 か ら 巻 二 に 15個 所 (﹁ 正本﹂3個所)︑ 巻 三 の欠 く 所 に 5︑ 巻 四 に ー︑ 巻 五 に 3個 所あ る︒ も し 田村 本 が ﹁校. る︒. そ の 理由 らし き も のを︑ 今 ま で 述 べ てき た 中 か ら 拾 いだ し て み. 本 ﹂ と 同 一系 統 であ れ ば ︑ 以 上 の事 実 か ら ︑ ﹁校 本 ﹂ が 存 在 し た所. る︒. は 本 来 田村 本 にも あ った 所 だ と言 える ので あ る ︒第 六 群 等 は確 か に 田村 本 が ﹁校本 ﹂ の形 態 にあ った ︒し か し註 8 の表 に見 ら れ る異 同. ① ︑嘉 暦本 が当 然 記 し てい る はず の嘉 暦 本 の奥 書 の みを 有 し ︑ 五巻. 本 には 第 四群 の二 十 首 を 除き そ の部 分 は 存在 しな い︒ ゆ え に 第 二. の貞 和本 の時 点 で増 補 さ れ た巻 では な い かと 考 え ら れ る が︑ 田村. ② ︑ 五 巻本 ・七 巻 本 の巻 五 は︑ 貞 和 本 の奥 書 に よれ ば ︑ 第 二次 編 纂. 本 ・七 巻 本共 に記 す 貞 和 本 の奥 書 がな い︒. のあ り方 や ︑第 三群 の形 態 な ど から ︑ 田 村本 の 全体 が ﹁校 本 ﹂ と 同 一系 統 にあ る と も言 えな いよ う で あ る の で︑ ﹁校本 ﹂ も それ 程有 力. この よう に 田村 本 には 失 な わ れ て い る 部 分 が 無 いと も い え な い. 次 編 纂 以 前 の 段階 を 示 し てい る のか も し れ な い ︒. な 証拠 には な ら な い よう であ る ︒. が︑ 消 極 的 に いえ ば︑ 失 なわ れ てい る と断 言 も 出 来 な か った︒今 ま. ④ ︑ 第 三群 の百 首 歌 の 一題 一首 の形 態 は 独 自 であ る が︑ これ は 五 巻. 五巻 本 や七 巻本 が増 補 す る 以前 の形 態 だか ら で あ ると 考 えられる︒. ③ ︑ 第 三 群 か ら 第 四群 への続 き方 は正 し いの であ ろう ︒ そ の こと は. で 見 て来 た諸 事 柄 か ら は少 く と も 第 二群 以 降 は 本 来 の形 態 のま ま で あ る と 考 え る可 能 性 の方 が強 い よう に思 わ れる ︒ 十 =. 一11一.

(13) 本 や七 巻 本 より 古 い 形 態 を示 し てい る よう に思 わ れ る ︒ ⑤︑ 第 六 群 中 の独自 部分 は ︑ 曽 て存 在 し た 青 蓮 院 本 書 入 の ﹁校 本 ﹂ の系 統 であ り ︑ そ の ﹁校 本 ﹂ は 尊 円親 王編 纂 の ﹁正本 ﹂ の可 能 性 も あ り ︑ 田 村本 は 現在 では 孤本 とは いえ ︑ 五 巻本 や七 巻 本 の末 流 の本 で はあ り え な い ︒ ⑧︑ 七 巻 本 系 に近 い が前 後 関 係 はあ り え な い こと は 独 自 部 分 で分 る︒ ま た五 巻 本 と も 一部 密 接 な 関 係 が推 測 でき る も のの 遠 い距 離 があ る︒ そ れ ら の 二系 統 より は 総 じ て成 立 段 階 が 早 い よう に思 わ. った時 点 の︑ し か も 編 纂 次 元 が 二系 統 とは や や異 な った所 に︑ 田. れ るし ︑ ま た末 流 本 でも あ り えな い の で︑ 拾 玉 集 の成 立 段 階 を 潮. 田村 本 の成 立 に つい て は 以上 のよ う に考 え る次 第 で あ る ︒し か し. 村 本 の成 立 上 の位 置付 けを す べき で あ ろう ︒. 田村 本 がも し嘉 暦 本 の系 統 にあ った とし ても ︑ そ れ が原 初 形 態 を 保. 拾 玉 集 の成立 順序 と し ては ︑慈 円自 撰 家 集 ︑ 第 一次 編 纂 嘉 暦 本 ︑. って いる か 否 か に つい ては さ ら に究 明し な け れ ば な ら な い︒. 第 二次 編 纂 貞 和本 ︑ 七 巻 本 ︑ 五 巻本 二類 ︑ 五 巻 本 一類 と成 長 し てい った ので はな いか と 考 え て いる が︑詳 細 な 考 察 は これ か ら であ る ︒ そ の よう な 時 に異本 と いう べき 田村 本 の出 現 は 有 益 であ る︒. ︹註 ) 1︑本文は ﹁支 子文庫 本 ﹁拾玉集﹂翻刻﹂とし て︑福 岡女 子短大紀要︑第十七号 (昭騒 ・6)より翻 刻中︒第 二十二号 (56 ・12)完了予定︒ 2︑久曽神 昇 ﹁広本拾玉集 の紹介﹂ 日本 文学 史硯究 9 (昭 26)︑石 川 一 ﹁早大本拾玉集 の価値 ﹂ ﹁中世文学資料 と論考﹂ (昭 防) 3︑筑 土鈴寛 ﹁異本拾玉集 に就 て﹂文学 ︑二巻 一号 ( 昭 9) で紹介 され︑ 一時行方不明 にな っていたらし いが︑現在は神宮 文庫 に再び収めら れている︒図書番号三 ノ = 一 ○ 八︒なお題愈 に ﹁拾玉集 異本﹂と書いてある︒. 4︑多賀 宗隼 ﹁校本拾玉集﹂ (昭46)による︒. (昭49)︒慶運に ついては︑石 田吉貞 ﹁頓阿 ・慶運﹂ (昭 18) が詳し い︒. 5︑尊 円 ・慶運 につい ては︑間中冨士 子﹁慈鎮和尚及び拾玉集 の研究﹂ に論考がある. 6︑ この二十首は贈答歌 でなく︑ 七節で述 べるよう に︑ 五巻本 等では本 来の位置ではな. い︒ L︑ 拾玉集以前 に慈円 の家集 がすで にあ った であろう こと は次のことからもいえる︒. といえるようなも のがまとめられ ていたらし い︒. d︑五巻本巻三 には ﹁進 覧の本 には﹂以下慈円 の蹟文 がある︒慈円自身 の手 で ﹁本﹂. す詞書も詳し いものが多い︒ ﹁拾玉集﹂とし て成 立する以前に︑恐らく自撰 の慈 円. e︑百首歌 のかなり多くは慈 円の自 序 ・践文を備 えているし︑ 他にも詠歌事情 等を示. 家集はかなり整 理され た段階 にまで成 っていた ことが窺える︒. ハ︑ ﹁夫木和歌抄 ﹂ (=二〇九頃) の慈円 の歌の詞書 に ﹁御集﹂ ﹁家集﹂ とあ る︒. 8︑石川 一氏は ﹁正本 ﹂と ﹁校本﹂は 同 じ と され る︒ ﹁青蓮院本拾玉集 の成立に つい. 校本. 本. みせ 消ち. イ. の. ﹁流 ﹂ 1. 他. ﹁校 証 本 ﹂ 1. ﹁御本﹂1. 何も 記 号 がな そ いも の. なお参考の ため︑青 蓮院本の書入と五巻本 (青 蓮院本) ・七巻本 (歌学 大系本 ). て﹂和歌文学 研究四十号 (昭 54)︒. 本の校A︑ 書入の種類. 田村本 との異同数を掲げ ておく︒. / 優. 対校し た本 青 蓮院本書入 が独自 である数 田村本 のみと書入 が 一致する数 七巻本 のみと書 入が 一致する数 田村本 ・七巻本 と書 入が 一致す る数. 9︑ 五巻本 ・七巻は実際 には百 五題︑ 田村本 は百 二題あ る︒. 10︑書 陵部本と青蓮院本 はひじ ょうに近い関係 にある が︑どち らかがもう 一方を写し た という 関係 では な い︒なお その ことは ﹁私家集大成︑中 世I﹂の 慈 円解題 (藤平春 男 )に詳 しい︒. 11︑第六群 の初め (一七 一四番 )は五巻本 に比 べてみると中 途の所から始ま っている よ うに見えるが︑ この辺り は雑多 な歌を並 べている所 であ るので︑ 田村本の初めが区 切. い︒なお この観点 からは五群 と七群はま とめ てみている︒. り の良 い所なのか︑ある いは本来続 いている所の中途から書かれ ている のかは分らな. 12︑五巻本 の成立 の方 が早いとの見解は︑間中冨士子氏 (前 掲書)︑藤平春男氏 (前 掲 書)︑七巻本を先 行させる のは久曽神昇氏 (前掲 論文)である︒. 一12一.

(14)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP