全文

(1)緒. < 応 募 論 文>. 真 理 と 生︱. 論. スピ ノザ の知 識論再考. 私 が本 稿 で試 み る の は︑ ド ゥ ルー ズ への反 論 と いう 形 で. に﹁ 真 理﹂ と み な し た. (EII. 柴. 田. 健. 志. ( 鹿児島 大学). 41 ) Pr ︒.こ Dの em 分.類 の 意 義. を 明確 にす る こ と が 本 稿 の 目指 す と ころ であ る︒. ﹃エ チ カ ﹄ に よ れ ば ︑ ﹁表 象 ﹂ と は ︑ ﹁感 覚 ﹂ に よ っ て も. た ら さ れ る 認 識 で あ り ︑ ﹁漠 然 と し た 経 験 ﹂ の 所 産 で あ る . あ る いは ま た. ﹁記 号 ﹂ に よ っ て も た ら さ れ る 認 識 で あ る. の ス ピ ノ ザ の 知 識 論 の 再 検 討 で あ る ︒ ﹃エ チ カ ﹄ と 題 さ れ. (EII. 27 ) Dが em も.た ら さ. ﹃エ チ カ ﹄ は い う ︒ そ こ に 到 る 生 が あ る と す れ. ﹁最 高 の 喜 び ﹂ (EV. ﹁直 観 知 ﹂ に よ っ て ︑ ﹁精 神 の 最 高 の 満 足 ﹂ (EV. れ る のだ と. あ る いは. とり わけ. 知 ﹂ は そ う いう 認 識 と は根 本 的 に区 別 さ れ ね ば な ら な い︒. ﹁直 観. 40)︒S 我c々 .2 の 日常 的 な 生 は こ の よ う な 認 識 を も と. た 書 物 の中 で︑ ス ピ ノ ザ は人 間 精 神 に可 能 な 認 識 を 三種 類. に し て 成 り 立 っ て い る と 考 え ら れ る ︒ ﹁理 性 ﹂ と ﹁第 一種 の 認 識 ﹂ ﹁第 二 種 の 認 識 ﹂ ﹁第 三 種. に 分 類 し て い る ︒ ﹁表 象 ﹂ ﹁理 性 ﹂ ﹁直 観 知 ﹂ で あ る ︒ ス ピ ノザ は こ れ ら を. 40)︒Sス cピ .2 ノ ザ は ︑ ﹁第. ﹁十 全 ﹂ と し て ︑ こ れ ら 後 者 を と も. ﹁不 十 全 ﹂ と し ︑ ﹁第 二 種 の認 識 ﹂ ﹁第. の 認 識 ﹂ と も 呼 ん で い る (EII 一種 の 認 識 ﹂ だ け を. 三 種 の認 識 ﹂ を と も に. 27. 207. Pr.

(2) ば 、 そ れ は ﹁真 理 ﹂ の認 識 に よ っ て の み 成 り 立 つ 生 で な け. ら 成 って い る と 考 え ら れ る が. う な 論 理 で 導 出 さ れ て い る ︒ 神 は 無 限 に 多 く の ﹁属 性 ﹂ か. が 日常 的 な 生 と は 別 次 元 に お い て可 能 であ る こ と を と いう. 3 ︒ こ Pr れ.ら ) の ﹁属 性 ﹂ は ︑ す べ て 神 の 同 一 の 活 動. ﹁属 性 ﹂ に お い て 産 出 さ れ て い な け れ ば な ら な い. に お いて 産 出 さ れ た 事 物 に 対 応 す る. (EID. )︑ 6そ の 各 々 の 属 性. れば な る ま い︒ ス ピ ノ ザ は ︑ そ の よ う な いわ ば 哲 学 的 な 生. カ ﹄ で証 明 し よう と し た の で あ る ︒ 哲 学 的 な 生 と 日常 的 な. (EII. そ こ で い ま ︑ ﹁延 長 ﹂ と い う. ﹁属 性 ﹂ に お い て 産 出 さ れ て. ﹁表 現 ﹂ (EID) .6 し て いると考 えら れ る から であ ら︒. ﹁ 観 念 ﹂ が ︑ ﹁思 惟 ﹂. 生 と の 関 係 は ︑ 別 次 元 の 生 が い か に し て 同 一の﹁ 自 然﹂ の. を. ﹃エ チ. 中 で可 能 な のか と いう 観 点 か ら 考 え ら れ て い る︒ これ に対 「理 性 ﹂. いる諸 事 物 に注 目 す る と ︑ や は り そ れ ら 諸 事 物 が 産 出 さ れ. し て ド ゥ ル ー ズ は ︑ こ の 分 類 の 中 に ︑ ﹁表 象 ﹂ ← ←. る の と ま った く 同 一の 秩 序 な い し 連 鎖 に お い て ︑ そ の ﹁観. 「直 観 知 ﹂ と い う 方 向 の 認 識 の 発 展 の 理 論 を 見 出 し た ︒. し か し ︑ そ れ は ド ゥ ル ー ズ の問 題 では あ って も ︑ ス ピ ノ ザ. 念﹂ が産 出 さ れ て いる こと に な る. 長 ﹂ の ﹁属 性 ﹂ に お い て 産 出 さ れ る 個 々 の 有 限 な 物 体 の中. (EII ) 7 ︒さ Pr て. ﹁延. の問 題 で はあ り え な か った はず で あ る ︒ 以 下 ︑ ﹃エ チ カ ﹄ の 知 識 論 を 概 観 し た 上 で ︑ ド ゥ ル ー ズ. 15. De) mで .あ ,E るp と.い う 6定 4義 か ら. ﹂ (EII. 11. ﹁身 体. Cor ).の ,中 Ep に.生 32 じ る 一個 の ﹁観. ﹁無 限 知 性 ﹂ を 構 成 す る 諸 観 念 の ひ と つ に す ぎ な い ︒. の観 念 ﹂ と い う こと の 意 味 で あ る︒ 人 間 精 神 と は︑ 神 の. 念 ﹂ で あ り ︑ そ の 思考 主 体 は神 な の で あ る ︒ そ れ が. ﹁無 限 知 性. そ の ﹁観 念 ﹂ が あ る ︑ と 考 え ら れ る ︒ そ れ は ︑ 神 と い う. に ︑ ﹁人 間 身 体 ﹂ が あ り ︑ ﹁思 惟 ﹂ の ﹁属 性 ﹂ の 中 に は 当 然. ﹃エチ カ ﹄ の知 識 論. の解 釈 と そ れ に対 す る私 の反 論 を 展 開 し て いく こと にす る ︒. 1. ﹂ (EII. ス ピ ノ ザ の知 識 論 に お け る 三 種 類 の認 識 は︑ 人 間 精 神 は ﹁身 体 の観 念. で は︑ 人 間 精 神 に は い った い何 が 認 識 し う る の か ︒ 有 限 な. 導 か れ る︒ こ こ で︑ こ の定 義 そ のも の が導 出 さ れ る論 理 に 詳 し く 言 及 す る余 裕 は な い︒ 要 点 の みを いえ ば ︑ こ の定 義. 用 を 行 っ て い る ︒ そ の 結 果 ︑ ﹁人 間 身 体 ﹂ に は 様 々 な 変 化. ﹁様 態 ﹂ で あ る ﹁人 間 身 体 ﹂ は 他 の 無 数 の 物 体 と 相 互 作. は神 を 唯 一の実 体 と す る スピ ノ ザ の形 而 上学 か ら ︑ 次 の よ. 208.

(3) し か あ り え な い から であ る︒ 人 間 身 体 と 外 部 の物 体 の本 性. のも の を知 覚 し え な い︒ 人 間 精 神 は そ の身 体 の ﹁観 念 ﹂ で. が 知 覚 す る の はま ず こ の 「変 様 ﹂ であ る︒ し か も そ れ 以外. は ﹁変 様 (aff) ec ﹂ (t Ei Io I ) 1と 9呼P ぶrの .だ が ︑ 人 間 精 神. が持 続 的 に生 じ て い る と考 え ら れ る ︒ そ の変 化 を ス ピ ノ ザ. ﹁延 長 ﹂ と い う 概 念 そ の も の ︑ あ る い は ﹁運 動 と 静 止. 体 に は ︑ す べ て の物 体 に 共 通 の も の が 含 ま れ て い る と い う ︒. ス ピ ノ ザ は ︑ ﹁延 長 ﹂ の ﹁属 性 ﹂ に お い て 生 じ る 各 々 の 物. る ︒ で は ︑ ﹁理 性 ﹂ あ る い は. 存 在 を規 定 さ れ て い るが ゆえ に. り ︑ ま た 人 間 身 体 も 人 間 精 神 も 外 部 の力 によ って そ の現 実. ﹂ と い った も の で あ る. (EII. Le )︒ m. ま2た 諸. ﹂ や. ﹁第 二 種 の 認 識 ﹂ と は 何 か ︒. I )Dで .あ 2. を と も に含 む と こ ろ の こ の 「変 様 ﹂ を 知 覚 す る こと で ︑ 人. ﹁速 さ と 遅 さ. ﹁受 動 ﹂ (EII. 間 精 神 は ﹁身 体 の変 様 の観 念 ﹂ (ib )i をdも .つ こ と に な る ︒. 人 間 精 神 を 含 む ﹁無 限 知 性 ﹂ の中 の諸 観 念 の秩 序 な いし 連. し て人 間 精 神 の中 に 生 じ る諸 観 念 相 互 の秩 序 な い し連 鎖 は ︑. ﹁身 体 の変 様 の観 念 ﹂ は 人 間 精 神 に帰 属 す る︒ し か し こ う. い う の で あ る ︒ そ の よ う な 観 念 に も と つ く 認 識 が ﹁理 性 ﹂. それに関し ては︑人間精神 は. も の ﹂ (EII. で あ ろ う ︒ ﹁身 体 の 変 様 ﹂ は ︑ こ の. 物 体 が産 出 さ れ る 秩 序 な いし 連 鎖 も︑ そ れ ら に共 通 のも の. 鎖 と は異 な る︒ な ぜ な ら 人 間 精 神 の中 に は︑ そ れ ら諸 観 念. の 認 識 で あ る ︒ こ れ は ︑ そ の 対 象 が ﹁す べ て の も の に 共 通. ﹁身 体 の観 念 ﹂ の 思 考 主 体 が ﹁神 ﹂ で あ った の に 対 し て︑. を も た ら し た 相 互 作 用 そ のも の の連 鎖 の認 識 は存 在 せず ︑. の も の ﹂ で あ る が ゆ え に ︑ ﹁神 ﹂ に お い て も. 質 ﹂ (EV. ﹁観 念 ﹂ を も つと. ﹁人 間 精 神 ﹂. ﹁共 通 概 念 ﹂ (EII. ﹁す べ て の 人 間 に 共 通 ﹂ (EII. ﹂ と は ︑ ﹁身 体 の 本. 22 ) の P認 r. 識 で あ る ︒ ﹁第 二 種 の 認 識 ﹂ は 個 物 で. ﹁直 観 知 ﹂ あ る い は ﹁第 三 種 の 認 識. で あ るC とo述 rべ .) て い る︒. )と呼び ︑ま たそ れは. ノザ は この認 識 のもと に な る観念 を. ﹁十 全 ﹂ な. 38を 含 Pr ん.で ) いな け れ ば な ら な い︒ そ し て. 「す べ の も の に 共 通 の. た だ そ の結 果 だ け が あ る に す ぎ な い か ら であ る︒ 人 間 の. に お い ても ま った く 同 じ仕 方 でな さ れ る 認 識 であ る ︒ スピ. 2) 8 でD あeるm︒.. ﹁意 識 ﹂ と は こ の よ う に成 立 す る︒ そ れ は い わ ば ﹁前 提 な き 帰 結 ﹂ (EII. こ の 「身 体 の変 様 の観 念 ﹂ に も と つ く 認 識 こそ ︑ スピ ノ ザ の いう ﹁表 象 ﹂ つま り は ﹁第 一種 の認 識 ﹂ であ る︒ こ の 認 識 は ︑ 身 体 の ﹁変 様 ﹂ の み に か か わ り ︑ ﹁ 変 様﹂ を もた ら し た 事 物 の連 鎖 に ま で及 ぼ な いが ゆえ に ﹁不 十 全 ﹂ であ. 38. 40. 209. Sc..

(4) な く. ﹁す べ て の も の に 共 通 の も の ﹂ を 対 象 と す る が ゆ え に ︑. そ れ に よ っ て ﹁身 体 ﹂ と い う 個 物 の本 質 は 認 識 さ れ え な い ︒. ﹁直 観. そ れ を 認 識 す る に は ︑ ﹁直 観 知 ﹂ と い う 別 種 の 認 識 が 要 求 さ れ る の で あ る ︒ た だ し ス ピ ノ ザ は ︑ ﹁理 性 ﹂ と 知 ﹂ と の あ い だ に ︑ 一種 の 段 階 を 認 め て い る ︒ ﹁第 三 種 の 認 識 へ の 欲 望 ﹂ は ﹁第 二 種 の 認 識 ﹂ の み か ら 生 じ う る と い 28 )︒Pつ rま . り ︑ ﹁第 二 種 の 認 識 ﹂ と い う. ﹂ の 中 に あ る 限 り で ︑ こ の 「最 高 の 幸 福 ﹂ へ の ア ク. う の で あ る (EV ﹁真 理. (causa. ド ゥ ル ー ズ の解 釈. 種 の認 識﹂ を 経 由 し て な さ れ な け れ ば な ら な い の であ る︒. 2. ﹂ と. ﹁理 性 ﹂ の 認 識. ﹁理 性 ﹂ と の あ い だ に ど の よ う な 関 係 が 認 め ら. こう し て ス ピ ノザ の知 識 論 の 概 略 を た ど っ て み る と ︑ ﹁ 表 象. れ て いる か が重 要 な 論 点 と な る︒ な ぜ な ら. ﹁す べ て の も の に 共 通 の も の﹂ は ︑ ﹁表 象 ﹂ の 対. ﹁身 体 の変 様 ﹂ の中 に す で に 含 ま れ て い る と 主 張 さ. 対象 た る 象 たる. ﹁理 性 ﹂ の あ い だ に 認 め ら. れ る こ の関 係 は︑ ゲ ル ーな ど も 強 調 す る 点 であ る が ︑ ド ゥ. れ て い る のだ か ら ︒ ﹁ 表 象﹂ と. 2) 5 とPい rう . 以 上 ︑ ﹁第 三 種. ル ーズ も ま さ に こ の関 係 を 問題 に し た の であ る︒ こ の関 係. e) fで fi あcる iば en かsり で な く ︑ そ の 本. セ ス は 可 能 で あ る ︒ な ぜ だ ろ う か ︒ ﹁神 は 事 物 の 現 実 存 在 の作 出 原 因. ﹁神 の 本 質 そ の も の. が 解 釈 上 の焦 点 と な る の は ︑ スピ ノザ が そ れ に与 え た 意 味. ﹁属 性 ﹂ に お い て ﹁表 現 ﹂ さ れ る も の で. 」 (EIV. 6) 6 てSお cり .︑ そ れ ゆ え. づ け に よ る と こ ろ が 大 き い︒ ス ピ ノ ザ は︑ 多 く の 人 間 は. 22 ) D ︒eと m. ころ. ﹁身 体 の 本 質 ﹂ は. 質 の 作 出 原 因 で も あ る ﹂ (EI の認 識 ﹂ の対 象 た る. ﹁神 の 本 質 ﹂ は. を 通 し て 概 念 さ れ な け れ ば な ら ぬ ﹂ (EV が. ﹁感 情 に よ っ ての み 導 か れ. (EID) .︒ 1そ れ ゆ え ︑ ﹁第 三 種 の 認 識 ﹂ は ﹁神 の い く. ﹂ こ と は 困 難 で あ る と ︑ ﹃エ チ カ ﹄. ﹃政 治 論 ﹄ で 力 説 し て い る か ら で あ る ︒ ﹁全 て の. ﹁身 体 の 変 様 ﹂ に 含 ま れ て い る の に ︑. ﹁理 性 ﹂ に よ っ て 自 己 自 身 を 導 い て は い な い ︒. む し ろ ﹁表 象 ﹂ に も と つ く と 考 え ら れ る 諸 感 情 に 従 属 し ︑. 多 く の人 間 は. ﹁ も の に共 通 のも の﹂ は. 第 四部 や. あ る. ﹁す べ. ﹁理 性 に よ っ て導 か れ る. 25 ) Dと em 定.義 さ れ る ︒ こ の 「属 性 ﹂ を. つ か の 属 性 の 十 全 な 認 識 か ら 事 物 の 本 質 の 十 全 な 認 識 へ進 む ﹂ (EV. て の も の に 共 通 の も の ﹂ と し て 認 識 し う る の は ︑ ﹁第 一種. ﹁第 二. の 認 識 ﹂ で は な く ︑ ﹁第 二 種 の 認 識 ﹂ に ほ か な ら な い ︒ こ の よ う に ︑ ﹁第 三 種 の 認 識 ﹂ へ の ア ク セ ス は ︑ 必 ず. 210.

(5) Sc) . ︒,こ 5れ 8 にS対 c. し て︑. そ の解 釈 が 差 し 向 け ら れ る 具 体 的 な テ キ ス ト と し て は ︑ 次. 51に 述 Prべ .る ﹃エ チ カ ﹄ 第 二 部 定 理 38 ︑ 39 の み を 争 点 に す る ︒. 37. ﹂ に よ っ て 自 ら を 導 く 人 間 は 互 い に ﹁好 意 ﹂ (EIV. 互 い に 憎 み あ っ て い る (EIV ﹁理 性. こ の 二 つ の 定 理 で ︑ ス ピ ノ ザ は ﹁共 通 概 念 ﹂ が 人 間 精 神. ﹁感 謝 ﹂ (EIV P. r. ) を求 Dめ em る と スピ ノザ は いう の で あ る ︒. ﹁系. ﹂ は 割 愛 し ︑ こ の 二 つ の ﹁定 理 ﹂ と そ れ ら 各 々 の. 定 理 38. す べ て のも の に 共 通 で︑ ひ と し く 部 分 の中. ﹂ の み を引 用 し よ う︒. ﹁証 明. に 与 え ら れ て い る こと の証 明 を 実 質 的 に 完 了 し て い る ︒. 7) 1 しPあ r.い ︑ ﹁共 通 の 善 ﹂. 36. )を も ち (EIV ド ゥ ル ー ズ の 解 釈 は ︑ こ こ か ら 出 て く る ︒ ﹁理 性 ﹂ の 認. ﹁理 性 ﹂ に よ っ て 導 き え な い と す れ ば ︑ そ れ は 彼 ら. 識 対 象 は す で に万 人 に与 え ら れ て いる の に︑ 多 く の人 間 が 自 らを. ﹁憎 し み ﹂ あ る い は ﹁悲 し み ﹂ の感 情 に 捉 え ら れ て い る. に も 全 体 の中 に も あ る も のは ︑ 十 全 に し か 概 念 さ れ え. が か ら だ ︒ 人 間 が す で に与 え ら れ た. な い︒. 念 が 与 え ら れ て い る︑ と いう こと が こ こか ら 帰 結 す る ︒. ﹁共 通 の も の﹂ を そ れ と. し て認 識 す る の は︑ こう し た 感 情 が 克 服 さ れ た 後 でな け れ. 系. と自 己 の存 在 を 組 織 せ ね ば な ら な い︒ ド ゥ ル ー ズ は こ う論. と いう の は ⁝ ⁝. す べ て の人 間 に共 通 の いく つか の観 念 な いし概. ば な ら な い ︒ そ し て そ の た め に は ︑ ﹁喜 び ﹂ に 満 ち た 生 へ. じ る の であ る︒. ル ー ズ の解 釈 か ら は︑ ス ピ ノザ の知 識 論 や 倫 理学 の体 系 は. も の︑ そ し て ひ と し く そ の各 々 の部 分 の中 にも 全 体 の. 外 部 の いく つか の物 体 に共 通 であ り︑ か つ固 有 で あ る. 人 間 身 体 と人 間 身 体 が通 常 刺 激 さ れ て いる. ﹃知 性 改 善 論 ﹄ と の 関 係 に か ん す. 定 理 39. も と よ り ︑ ﹃エ チ カ ﹄ と. 中 に も あ る も の︑ そ の よ う な も の の観 念 も ま た精 神 の. い った い こ の解 釈 の ど こが 問 題 な の で あ ろ う か ︒ ド ゥ. る幾 多 の斬 新 な解 釈 がド ゥ ル ーズ 自 身 の手 に よ って導 か れ. 中 で十 全 で あ る であ ろ う︒. 精 神 は︑ 身 体 が外 部 の諸 物 体 と 共 通 の も のを よ. り多 く も つに し た が って ︑多 く の も のを 十 全 に知 覚 す. 系. て いる のだ が︑ そ れ ら す べ て に こ こ で具 体 的 に 言 及 す る こ と は で き な い︒ 私 は ︑ ド ゥ ル ー ズ へ の 反 論 と し て ︑ こ の解 釈 そ の も の の内 在 的 な 問 題 点 を た だ ち に 指 摘 す る と と も に ︑. 211.

(6) る こと に そ れ だ け 適 す る ︑ と い う こと が こ こ か ら 帰 結. を 阻 害 す る ︒ ﹁悲 し み ﹂ と は 思 惟 能 力 の減 退 を 表 示 す る か. Pr )︒ . スDピ eノ mザ . 自 身 の主 張 が 巧 み に. は 人 間 の都 合 に あ わ せ て 進 行 し て いる わ け で は な い︒ 人 間. 援 用 さ れ て いる こと が認 め ら れ る︒ と こ ろ で︑ 自 然 の秩 序. 11. ら で あ る (EII. ﹁十. す る︒. ﹁す べ て の も に 共 通 の も の ﹂ が. に と って は不 都 合 と み え る こと も ︑ 自 然 そ れ自 体 に欠 陥 が. 定 理 38 で は 文 字 通 り 全 ﹂ に概 念 さ れ う る と いう こ と が 証 明 さ る べき こ と で あ り ︑. あ るわけ ではな い. で あ る が ︑ ド ゥ ルー ズ は こ こか ら 次 の点 を 引 き出 す ︒ 人 間. (EIA. p︒ ) xこ れ は ス ピ ノ ザ 自 身 の 主 張. そ れ が 証 明 さ れ れ ば ︑ す べ て の 人 間 に共 通 の概 念 つま り は ﹁共 通 概 念. 間 身 体 ﹂ と そ の 通 常 の 外 部 環 境 に 固 有 の ﹁共 通 の も の ﹂ で. え ら れ た 感 情 を 生 き る ほ か な く ︑ そ の 際 ︑ ﹁喜 び ﹂ だ け で. 験 に先 立 って知 り 尽 く す こ と な ど で き な い︒ 我 々 はた だ与. び ﹂ を も た ら し何 が. る か は ︑ 人 間 の意 の ま ま に は な ら な い ︒ し か も ︑ 何 が. 「悲 し み ﹂ を 感 じ. あ る ︒ さ ら に ︑ そ れ が ﹁十 全 ﹂ に 認 識 さ れ る こ と が 証 明 さ. は いるが︑そ れは. ﹁共 通 の も. が 外 部 の 力 に よ っ て ﹁喜 び ﹂ を 感 じ る か. れ た と し て そ こか ら 出 て く る 系 は︑ こう い った. なく. ﹁共 通 の も の ﹂ が 問 題 に な っ て. ﹂ が あ る と い う 系 が そ こか ら 出 て く る︒ こ れ に. の ﹂ の 増 大 に 比 例 す る 形 で ︑ ﹁十 全 ﹂ な 認 識 へ の 適 性 が 増. いう こ と は ︑ 我 々 は. 対 し て ︑ 定 理 39 で も 確 か に. 大 す る と いう も の であ る︒ ド ゥ ル ーズ の解 釈 が ︑ こ の定 理. か ら 認 識 す る こ と は でき な い︒ も し でき る の な ら ︑ 我 々 は. ド ゥ ル ー ズ の考 え で は︑ 人 間 精 神 が. ﹁喜 び ﹂ を も た ら し. ﹁共 通 概 念 ﹂ を 形 成. り わ け そ の系 が 重 要 性 を も つ こと に な る ︒ 我 々 の出 発 点 は ︑. こ れ は 経 験 に 反 す る ︑ と い う わ け で あ る ︒ そ こ で定 理 39 と. ﹁喜 び ﹂ だ け を 生 き て い る は ず だ が ︑. ﹁す べ て の も の に 共 通 の も の ﹂ を 始 め. ﹁悲 し み ﹂ も 生 じ る こ と は 経 験 か ら 明 ら か で あ る ︒ と. ﹁悲 し み ﹂ を も た ら す か を ︑ 人 間 は 経. ﹁喜. 39 と そ の系 に 力 点 を 置 い た も の で あ る こ と は い う ま で も な. ど ん な 場合 にも た だ. し う る のは ︑ 外 部 か ら の刺 激 が 我 々 に. 我 々 に と って は偶 然 にも た ら さ れ た. ﹁す べ て の も の に 共 通 ﹂ で は な く ︑ ﹁人. い︒. た 場 合 に お い て の み で あ る ︒ ﹁理 性 ﹂ と は 思 惟 能 力 の 自 律. をもと に. ﹁共 通 概 念 ﹂ を 形 成 し ︑ そ の よ う な. ﹁十 全 ﹂ な 諸. ﹁喜 び ﹂ で あ る ︒ そ れ. 的 な 行 使 で あ る が ゆ え に ︑ ﹁悲 し み ﹂ の 感 情 は む し ろ そ れ. 212.

(7) 概 念 を 連 結 し て いく こ と で︑ 我 々 は ﹁多 く のも のを 十 全 に 知 覚 す る こ と に そ れ だ け 適 す る﹂ よ う に な る ︑ と いう の で あ る︒ こ の点 が 確 立 さ れ れ ば ︑ 定 理 38 の意 味 も は っき り す. 3. ド ゥ ル ー ズ へ の反 論. て︑ 定 理 38 は精 神 が事 物 を ﹁十 全 に 知 覚 す る﹂ 適 性 を 増 大. 実 践 の秩 序 に おけ る出 発 点 を 確 定 す る定 理 で あ る の に対 し. に し た が っ て ﹃エ チ カ ﹄ を 読 ん で き た ︒ 私 に は ド ゥ ル ー ズ. た わ け では な い︒ む し ろ ︑ こ れ ま で私 は ド ゥ ルー ズ の解 釈. は 以 上 で概 観 し たド ゥ ル ーズ の解 釈 に始 め か ら 反 対 し て い. 反 論 す る 前 に述 べ てお く べ き であ ると 思 う が ︑ じ つは 私. さ せた 極 限 ︑ 換 言 す れば 認 識 可 能 性 の上 限 を確 定 す る定 理. の 解 釈 が あ ま り に 魅 力 的 で あ っ た の で ︑ ド ゥ ル ー ズ の解 釈. る と ︑ ド ゥ ルー ズ は いう ︒ ド ゥ ルー ズ に よ れば ︑ 定 理 39 は ︑. な の で あ る ︒ 定 理 38 が 順 序 と し て先 にく る のは ︑ も っぱ ら. と. 否 定 し た い の であ る ︒. と で︑ 私 は 要 す る に これ ま で の自 分 自 身 の スピ ノザ 解 釈 を. た の で あ る ︒ し た が って︑ ド ゥ ルー ズ への反 論 を 試 み る こ. ﹃エ チ カ ﹄ の 諸 定 理 と の 齟 齬 を 怠 惰 に も 不 問 に 付 し て き. (6 ). ﹃エチ カ﹄ の証 明 の秩 序 に お い て で あ って ︑ 実 践 の秩 序 は (4 ). そ の逆 であ ると い う の であ る︒. ﹁す べ て の も. ス ピ ノ ザ が い い た か った の は ド ゥ ル ー ズ の 解 釈 と は 正 反 対 の こ と で あ る と ︑ 私 は 考 え て い る ︒ つま り. のだ と 考 え て い る︒ 私 が こ の点 に執 着 す る のは ︑ こ の 二 つ. て 争 点 に し な け れ ば な ら な い 点 が 二 点 あ る ︒ 第 一点 は ︑ 現. ルー ズ が設 定 し た認 識 の発 展 図式 に は︑ スピ ノザ 解 釈 と し. ﹁第 二 種 の 認 識 ﹂ へ と い う ︑ ド ゥ. の 定 理 の解 釈 を め ぐ る 争 い が ︑ ス ピ ノ ザ の 哲 学 全 体 へ の 評. 実 存 在 の秩 序 に お い て ︑ 我 々 に 与 え ら れ て い る の は ﹁不 十. ﹂ か ら. 価 にか か わ るよ う な広 が り を も つと 考 え ら れ る か ら で あ る ︒. 全 ﹂ な 観 念 し か な いと い う こと を ド ゥ ル ー ズ が仮 定 し て解. ﹁第 一種 の 認 識. 以 下 で は ︑ ド ゥ ル ー ズ の 解 釈 へ の批 判 を よ り 全 般 的 な 観 点. 釈 を 始 め て い る こ と であ る︒ 第 二 点 は︑ こ の仮 定 か ら 出 て. の に共 通 のも の﹂ こ そ ︑ 人 間 精 神 が と う ら え う る 最 初 の も. か ら 行 った 上 で ︑ こ の 二 つ の 定 理 へ戻 る こ と に し よ う ︒. ﹁ 真 理 ﹂ を獲 得 す る か が 問 題. く る ︒ 我 々 に は あ ら か じ め ﹁真 理 ﹂ が 与 え ら れ て い な い の. だ と す れば ︑ 当 然 いか に し て. 213.

(8) 導 く こと にあ った と いう 点 を 指 摘 し て お か ね ば お そ ら く 公. ル ーズ の解 釈 の 眼 目 は︑ こ こか ら次 のよ う な 実 践 的 解 釈 を. を 提 出 す る の は ︑ こ の 二点 に関 し て であ る︒ た だ し ︑ ド ゥ. と いう 形 に定 式 化 でき る と いう の であ る︒ 私 が 以 下 で反 論. は. ﹁我 々 は い か に し て 十 全 な 観 念 を つく り だ し う る の か ﹂.. に な る ︒ ド ゥ ル ー ズ に よ れ ば ︑ ﹃エ チ カ ﹄ の 知 識 論 の 問 い. に異 議 を 唱 え る に は︑ ﹃エチ カ ﹄ の し か る べ き テ キ ス ト を. はり そ の解 釈 に は 異議 を 申 し立 てね ば な ら な い︒ 第 一の点. さ て ︑ こ の よう に ド ゥ ル ーズ の真 意 を 踏 ま え た上 で︑ や. に実 践 的 な 哲 学 と し て復 権 さ せ よ う と 目論 ん だ の で あ った ︒. 論 に よ っ て︑ ド ゥ ルー ズ は スピ ノザ の思 弁 の哲 学 を 徹 底 的. よ り具 体 的 な 問 いに書 き 換 え ら れ る の で あ る ︒ こう いう 議. い か に し て喜 び の感 情 を 最 大 限 に感 受 し う る か﹂ と いう ︑. の 移 行 は︑ 受 動 か ら 能 動 へ の移 行 で も あ る が ゆ え に︑. を 重 ね 合 わ せ る︒ す な わ ち 不 十 全 な 観 念 か ら 十 全 な 観 念 へ. ド ゥ ル ー ズ は 以 上 の よう な知 識 論 の 問 い に実 践 的 な 問 い. ﹁十 全 ﹂ な 観 念 も ﹁不 十 全 ﹂ な 観 念 も と も に 含 ま れ て い る. む し ろ︑ 現 実 に存 在 す る人 間 精 神 を 構 成 す る諸 観 念 に は︑. のが ﹁不 十 全 ﹂ な 観 念 だ け だ と は述 べ て いな い の であ る︒. 引 用 す れば 足 り る︒ スピ ノザ は 人 間 精 神 に 与 え ら れ て い る. (8 ). 正 さ を 欠 く であ ろ う ︒. ﹁我 々 は いか に し て能 動 と な り う る のか. と 明 言 し て い る の であ る ︒ ﹃エ チ カ ﹄ 第 三 部 定 理 3 証 明 を 引 用し よう︒. ﹂ と いう 実 践 的 問. ﹄ の中 に は ︑ こ の実 践 的 問 い に対 す る 答 え が 書 き. いと 不 可 分 のも の と さ れ る ので あ る︒ さ ら にド ゥ ル ー ズ は ﹃エ チ カ. 込 ま れ て いる と い う︒ ド ゥ ル ー ズ は︑ 我 々 を 受 動 か ら 能 動. 精 神 の本 質 を構 成 す る第 一の も のは ︑ 現 実 に 存 在 す. る身 体 の観 念 で あ るが ︑ そ れ は他 の多 く の観 念 か ら 組. ﹃エ チ. カ﹄ か ら 引 き 出 す の で あ る︒ つま り ド ゥ ル ー ズ は︑ 喜 び を. 織 さ れ て お り ︑ そ の中 の あ る も の は十 全 であ り ︑ ま た. へ移 行 さ せ る の は ︑ 喜 び の 感 情 で あ る と い う 主 題 を. 増 大 さ せ る こと が 能 動 への通 路 であ ると いう ︒ 受 動 であ る. あ る も のは 不 十 全 であ る (EIII . 3 ) ︒ Dem. (10 ). こ のよ う に ︑ 人 間 精 神 が 現 実 存 在 し 始 め る と き ︑ 与 え ら れ. 限 り の我 々 に も 行 使 し う る ﹁刺 激 さ れ る能 力 ﹂ を 最 大 限 に 活 用 し ︑ そ の受 動 的 能 力 の臨 界 点 に お い て受 動 か ら 能 動 へ の転 回 が 生 じ る の だ と い う ︒ こ こ で先 の 問 い は︑ ﹁我 々 は. 214.

(9) て いる のは ﹁真. 必 要 が あ る ︒ 問 題 は ︑ ﹁文 ﹂ や. ﹁判 断 ﹂ で な く ︑ ﹁観 念 ﹂ が. 念 も 与 え ら れ て い る の で あ る ︒ こ れ は ︑ ス ピ ノ ザ の ﹁共 通. が 観 念 と 対 象 の 一致 を 真 理 の基 準 と は し て い な い と い う こ. ﹁不 十 全 ﹂ な 観 念 だ け で は な い ︒ ﹁十 全 ﹂ な 観. 概 念 ﹂ の 理 論 か ら す れ ば 、 当 然 の帰 結 で あ る と い わ ね ば な. と を 前 提 と し て 指 摘 し て お く べ き で あ ろ う ︒ ﹁真 理 は 何 の. ﹂ で あ る と は いか な る こ と か であ る︒ まず ︑ ス ピ ノ ザ. ﹁す べ て の も の に 共 通. ﹁共 通 概 念 ﹂ と は. 標 識 も 必 要 と し な い﹂ (TIE§) 3︒ 6﹁真 ﹂ で あ る と い う 述 語. ら な い︒ な ぜ な ら のも の﹂ の認 識 であ り︑ そ れ ゆ え. は︑ た だ. ﹁ 精 神 の本 質 を 構 成 す る. 第 一の も の﹂ た る ﹁現 実 に 存 在 す る 身 体 ﹂ に い か な る 場 合. 語 づ け ら れ る の で あ る︒ ス ピ ノ ザ が. ﹁円 の 観 念. (TIE§) 33 が︑ で は. ﹁円 の 観 念 ﹂ と は ︑ わ れ わ れ の 想 像 力. ﹁ 真 ﹂ で あ ると は 何 を 意 味 す る か が 問 題 で あ る ︒ ﹁真 ﹂ で あ る. ﹂ が. て あ げ る は ︑ ﹁円 の 観 念 ﹂ な ど で あ る. ﹁真 の観 念 ﹂ の 例 と し. ﹁観 念 ﹂ の み を 眼 中 に お い て そ れ に 対 し て 直 接 述. に も 現 前 し て い るも のだ か ら で あ る ︒. ﹁与 え ら れ た 真 の 観 念 ﹂ (TIE§3 )8 か ら出. さ ら に ︑ ﹃知 性 改 善 論 ﹄ を 参 照 す る な ら ︑ ス ピ ノ ザ は そ の 認 識 の方 法 を. 発 さ せ て い る ︒ ﹁真 の 観 念 ﹂ は あ ら か じ め 人 間 精 神 に 与 え. が 漠 然 と 思 い 描 く 図 形 の こ と で は な い︒ む し ろ ︑ そ れ は ﹁円 の 定 義. ﹃ 知. 性 改善論﹄ から. す る 任 意 の 線 に よ っ て 描 か れ た 図 形﹂ (ib iと d いう のが . ). ら れ て いる の であ る︒ こ の点 で︑ スピ ノザ の知 識 論 は. て い る︒ これ に対 し て ︑ ド ゥ ルー ズ はや は り そ う は考 え て. ﹁真. さ て︑ 第 二 の点 への 反 論 で あ る が ︑ こ の点 に つ い て は. ﹁最 近 原 因 ﹂ (ib) iを d. 含 む 観 念 な の で あ る︒. ﹁真 の 観 念 ﹂ と は ︑ こ の 定 義 の よ う に ︑ そ の 生 成. ﹂ で あ る ﹁円 の 観 念 ﹂ な の で あ る ︒ す な わ ち ︑ ス ピ ノ. 端 が固 定 し 他 端 が運 動. い な い よ う で あ る ︒ ド ゥ ル ー ズ に よ れ ば 、 ﹃エ チ カ ﹄ に お. ザ の いう. ﹂ (TIE§) 96 である︒﹄. け る ﹁共 通 概 念 ﹂ の 理 論 は ︑ ﹃知 性 改 善 論 ﹄ の 知 識 論 を 超. の原因 であ る. ﹃エ チ カ ﹄ ま で 一貫 し て い る と ︑ 私 は 考 え. え る ヴ ィ ジ ョ ンを ス ピ ノザ に与 え た の で あ る ︒ 私 は こ こ で︑ こ の 点 に あ ま り 深 入 り す る 気 は な い ︒ む し ろ ︑ こ の 第 一の. ﹃エ チ カ. て いる こと が確 か であ る と し て︑ そ れ で も や は り多 く の人. ﹁十 全 ﹂ な 観 念 が 与 え ら れ. ﹄ の テ キ ス ト を 参 照 し て 済 ま せ る こ と は 難 し い︒. 点 にか ん す る 反 論 か ら ︑ 第 二 の点 に か ん す る 反 論 を導 か ね. 問題 は︑人間精神 に はもともと ﹂ と いう 言 葉 の用 法 に つ い て簡 単 に触 れ て お く. ば な ら な い︒ し か し そ の 前 に ︑ ﹃知 性 改 善 論 ﹄ に お け る ﹁真 の 観 念. 215.

(10) こう つけ加 え ね ば な ら な い︒ た だ し ︑ 哲 学 的 な 生 は困 難 で. も に可 能 で あ る ︑ こ れ が こ の定 理 の含 意 であ る︒ も ち ろ ん ︑. が 考 え て い た と い う 点 に あ る ︒ ﹁不 十 全 ﹂ な 観 念 か ら. あ る と 。 こ の よ う に︑ ﹁受 動 ﹂ と ﹁ 能 動 ﹂ の関 係 は ︑ ド ゥ. ﹁第 一種 の 認 識 ﹂ に 止 ま る と い う よ う に ス ピ ノ ザ 自 身. 全 ﹂ な 観 念 へ の移 行 が 問 わ れ て い る よ う に見 え る と す れ ば ︑. ルー ズ の いう よ う な 認 識 の発 展 段 階 と し て でな く ︑ 認 識 の. 間 が. そ の理 由 も こ こ に あ る︒ こ の 点 を 明 瞭 に 議 論 す る に は︑. 次 元 の相 違 と 解 す べき であ る︒ 日 常 的 な 生 と は ︑ ﹁ 身体 の. ﹁十. ﹂ と い う 概 念 と ︑ ︑不 十 全﹂ ﹁十 全 ﹂ と い う 概. ﹁受 動 ﹂ ﹁能 動. 変 様 の観 念 ﹂ を ﹁外 部 の原 因 の 観 念 ﹂ (EII. 1 )3 に結Sび c.. 念 の 対 応 関 係 を 押 さ え て お か ね ば な ら な い ︒ ﹃エ チ カ ﹄ 第. つけ ︑ 諸 観 念 の主 観 的 な 連 鎖 に も と つ い て生 き ら れ る 生 で. ゆ え に ︑偶 然 的 に生 じ るも のと し か 認 識 さ れ え な い︒ こ れ. あ る︒ これ ら の観 念 は ︑ わ れ わ れ が 自 然 の秩 序 を 知 ら ぬ が. 三部定 理3を引 用しよう︒. 精 神 の能 動 は 十 全 な 観 念 の み か ら 生 じ る ︑ これ に対. し て受 動 は 不 十 全 な 観 念 の み に 依 存 す る (EIII 。3 にP対 rし )て ︑ 哲 学 的 な 生 と は ﹁身 体 の変 様 の観 念 ﹂ に 含 ま れ. る ﹁共 通 のも の﹂ の観 念 の 必 然 的 な 連 鎖 にし た が って︑ つ. ド ゥ ル ー ズ の最 大 の強 調 点 であ る ﹁喜 び ﹂ の感 情 の意 味 づ. ﹁ 受 動 ﹂ と ﹁能 動 ﹂ の関 係 を 以 上 の よ う に 解 す る な ら︑. まり は ﹁ 真 理 ﹂ の中 で生 き ら れ る生 で あ る︒ そ のよ う な 生. は ﹁能 動 ﹂ であ り ︑ 逆 に ﹁不 十 全 ﹂ な 観 念 に よ る と き ﹁受. け に も 異 論 を 提 出 す る こ と が で き る︒ ド ゥ ル ー ズ は ︑ ﹁受. こ の定 理 に ︑ ﹁受 動 ﹂ か ら ﹁能 動 ﹂ へ の移 行 を 読 み と る 余. 動 ﹂ で あ ると いう こと で あ ろ う ︒ そ し て人 間 精 神 に はあ ら. を 生 き る 主 観 性 な き 精 神 を︑ ス ピ ノ ザ は ﹁自 動 機 械 ﹂. か じ め ﹁十 全 ﹂ な観 念 が与 え ら れ て いる と す れば 、 こ の定. 動 ﹂ であ る限 り の ﹁喜 び ﹂ が ︑ わ れ わ れ を ﹁能 動 ﹂ へと移. 地 はな いよ う に思 わ れ る︒ こ の定 理 が述 べ る のは ︑ 人 間 精. 理 の含 意 は次 のよ う に解 す る の が適 切 であ る と 思 わ れ る ︒. 行 さ せ る 誘 因 と し て作 用 す る と 主 張 す る ︒ す な わ ち ︑ 受 動. (TIE )§と8呼5ん だ の であ る︒. す な わ ち ﹁十 全 ﹂ な 観 念 に も と つ く 生 と ﹁不 十 全 ﹂ な 観 念. 的 な ﹁喜 び ﹂ と 能 動 的 な ﹁喜 び ﹂ のあ い だ に あ る種 の連 続. 神 が ﹁十 全 ﹂ な 観 念 に よ っ て自 ら を 決定 す る と き 人 間 精 神. に も と つ く 生 ︑ 換 言 す れば 哲 学 的 な 生 と 日常 的 な 生 と が と. 216.

(11) 性 を 認 め る ︒ し か し ス ピ ノ ザ 自 身 は ︑ は っき り と こ れ ら を. 動﹂ への移 行 の最 終 的 な 局 面 に ﹁跳 躍 (sa )﹂ uを t見 出 さ ざ. ﹁能 動 ﹂ へど う や っ て変 わ る の か と い. ﹁能 動 ﹂ に 変 え る と い っ て お い. る を え な か っ た の で あ る ︒ こ れ で は ︑ ﹁受 動 ﹂ で あ る 限 り. て ︑ で は ﹁受 動 ﹂ が. で の ﹁喜 び ﹂ が わ れ わ れ を. 区 別 し て い る と いう こ と を ま ず 指 摘 す べき で あ ろ う ︒. 受 動 で あ る喜 び お よ び 欲 望 以 外 に (pra )e能 te 動rで. P︒ る r.. あ る 限 り に お け る わ れ わ れ に関 係 す る ︑ 他 の (al喜 ii) う 肝 心 の 点 は ︑ 結 局 分 か ら な か った と い っ て い る こ と に な び お よ び 欲 望 の感 情 が 与 え ら れ て い る (EIII 傍58. 以 上 が ︑ ド ゥ ル ー ズ の解 釈 に 対 す る 全 般 的 な 批 判 で あ る ︒. 奇 妙 な こと に︑ ド ゥ ル ーズ は じ つは こ の点 を 受 け 入 れ て い. す る 定 理 38 と ︑ ﹁人 間 身 体 ﹂ と そ の 通 常 の 外 部 環 境 に 固 有. な け れ ば な ら な い︒ ﹁す べ て の も の に 共 通 の も の ﹂ に か ん. 点 引用者 )︒. ﹁喜 び ﹂ の あ. 次 に ︑ 懸 案 の ﹃エ チ カ ﹄ 第 二 部 定 理 38 ︑ 39 の 解 釈 を 検 討 し. る︒ そ の上 で︑ 受 動 的 な. の ﹁共 通 の も の ﹂ に か ん す る 定 理 39 の 関 係 は ︑ ド ゥ ル ー ズ. ﹁喜 び ﹂ と 能 動 的 な. い だ の つな が り を 示 唆 す る い く つ か の テ キ ス ト に 訴 え て 自. に よ れば ︑ 認 識 の発 展 の上 限 と ︑ 認 識 の実 践 の秩 序 に お け. ︹16 ). 分 の解 釈 を 支 持 し て い る が ︑ そ の 議 論 は 成 り 立 た な い で あ. ﹁ 喜 び﹂ である以. ス ピ ノ ザ の 問 題 は ︑ い か に し て ﹁第 二 種 の 認 識 ﹂ へと 到. 理 ﹂ であ ると 解 釈 す べ き で あ ると 思 う ︒. 私 は 逆 に そ れ こ そ が 人 間 精 神 に 与 え ら れ て い る 最 初 の ﹁真. ﹁す べ て の も の に 共 通 の も の ﹂ で な い と い う の で あ る が ︑. る 出 発 点 な の で あ った ︒ つ ま り ︑ 我 々 が ま ず 認 識 す る の は. ﹁受 動 ﹂ と. ﹁喜 び ﹂ と. ﹁能 動 ﹂ の あ い だ に. ろ う ︒ そ も そ も スピ ノザ は. (ど ち ら も. ﹁喜 び ﹂ の あ い だ の つ な が り を 示 唆 す る テ キ ス ト. 連 続 性 を 認 め て いな い の であ る か ら ︑ 受 動 的 な 能 動的な. が いく つか存 在 す る と し て も. 上 ︑ 何 ら か の 関 係 は あ る )︑ ﹁受 動 ﹂ で あ る 限 り の ﹁喜 び ﹂. ﹃エ チ カ ﹄ は 同 じ ヴ ィ ジ ョ ン. る か で な く ︑ ﹁第 二 種 の 認 識 ﹂ を い か に 拡 張 す る か で あ る ︒. ﹁能 動 ﹂ へ と 移 行 さ せ る 誘 因 と し て 作 用 す. の 点 で も ︑ ﹃知 性 改 善 論 ﹄ と. が︑ われわれを. ﹁能. 換 言 す れ ば ︑ 哲 学 的 な 生 を い か に 充 実 さ せ る か であ る︒ こ ﹁受 動 ﹂ か ら. ると いう論 理 を スピ ノザ の論 理 と す る こと は牽 強 附 会 の責 めを 免 れ ま い︒ ド ゥ ル ーズ 自 身 ︑ 結 局 は. 217.

(12) 出 発 点 と す る こと は ︑ 日 常 的 な 生 と は次 元 の異 な る哲 学 的. 定 の外 部 原 因 に依 存 せ ず に概 念 さ れ う る のだ か ら︑ そ れ を. ら な い ︒ む し ろ ︑ ﹁す べ て の も の に 共 通 の も の ﹂ こ そ ︑ 特. れるような. ﹁ 身 体 の変 様 ﹂ は︑ 哲 学 的 な 生 の出 発 点 と は な. に し た が っ て い る ︒ そ の際 ︑ 特 定 の外 部 原 因 に 関 係 づ け ら. のか ︒ つま り ︑ 個 別 具 体 的 な 対 象 に 結 び つ いた 観 念 ︑ と り. れ る幾 多 の局面 が 実 際 に あ る︒ そ れ に対 し て ど う 対 処 す る. 無 縁 で あ る わ け に は いか な い︒ そ れ ど こ ろ か ︑ 思 考 を 乱 さ. 鎖 にし た が って生 き ら れ る哲 学 的 な 生 も ︑ そ の外 部 環 境 に. で は定 理 39 の意 義 は何 であ ろ う か ︒ 諸 観 念 の 必 然 的 な 連. 2) を Pど r. う鎮 め る のか︒そ れ には︑. わ け そ の 観 念 が 含 む 感 情 お よ び 相 反 す る感 情 が も た ら す ﹁精 神 の動 揺 ﹂ (EV. 4. Sc ).と,名 2付 0 けSたcの .は そ れ で あ る︒ 個 別. ノ ザ が ﹃エ チ カ﹄ 第 五 部 で ﹁感 情 の 治 療 (affectuum. (EII そ れ ら の観 念 あ る い は感 情 を 真 に認 識 す る ほ か な い︒ スピ. ﹃エ チ カ ﹄ も ︑ お そ ら く は. ﹁円 の 観 念 ﹂ が 出 て く る. ﹁真 の 観 念 ﹂ の 例 と し て ﹁円 の 観 念 ﹂ を あ げ て. な 生 を 開 始 す る の に 好 都 合 で あ ろ う ︒ ﹃知 性 改 善 論 ﹄ で は ︑ スピ ノザ は い た ︒ ﹃エ チ カ ﹄ で も や は り )︒ ま7た ︑ Sc ﹃知 .性 改 善 論 ﹄ も. ﹂ d( iE aV. 具 体 的 な 対 象 に 結 び つ いた 観 念 お よ び 感 情 に 対 し て︑ 哲 学. デ カ ルト の ﹃ 精 神 指 導 の規 則 ﹄ を 手 本 に し て ︑ 真 の認 識 な いし 理 性 を 説 明 す る た め に比 例 計 算 の規 則 を 参 照 し て い る. 的 な生 が 何 を な し う る か が ︑ そ こ で 問 題 に な っ て い る︒ そ. こ の よ う に ︑ ス ピ ノ ザ が ﹃エ チ カ ﹄ で 表 明 し て い た の は. §23,E) I ︒Iこ れ 4は 0 当S 然cで .あ ろ う ︒ 数 学 的 諸 観. ら 精 神 の中 に帰 結 す るす べ て の観 念 は や はり 十 全 であ る﹂. も っぱ ら 観 想 に 帰 依 す る 思 想 で あ っ た ︒ ド ゥ ル ー ズ が 提 示. (TIE. (EII ) 4と 0 いP うr 定.理 が 実 質 的 に 受 け て い る の は ︑ 定 理. す る よ う な 実 践 的 な 問 題 が スピ ノザ の問 題 だ った の で は な. の ﹁感 情 の 治 療 ﹂ の 根 拠 と な る の が ︑ お そ ら く 定 理 39 で あ. 38 であ る と 解 釈 し てよ い︒ カ ヴ ァイ エ ス は︑ 必 然 的 な 真 理. い︒ ド ゥ ルー ズ が な ぜ これ ほ ど 過 激 に スピ ノザ の哲 学 を 造. 念 ほ ど ︑ 必 然 的 な 連 鎖 と し て精 神 が と ら え や す いも の は な. の連 鎖 に し た が う ﹁自 動 機 械 ﹂ と い う スピ ノザ の論 理 に︑. り 替え た か と い う 点 に は ︑ 私 も そ れ な り に 興 味 を 抱 か ぬ で. る︒. 数 学 的 真 理 の産 出 性 の根 拠 を観 た が ︑ ま こと に正 鵠 を 射 た. は な い︒ し か し ︑ 今 は そ れ を 問 う べ き 時 で は な い ︒ 私 は ︑. い か ら で あ る︒ ﹁精 神 そ れ自 身 の中 に あ る十 全 な 諸 観 念 か. 洞 察 で あ った と いわ ね ば な る ま い︒. rem. 218.

(13) 哲 学 的 な 生 の 可 能 性 を 証 明 す る こ と が ﹃エ チ カ ﹄ の 問 題 で あ る と いう こ と の意 味 を ︑ で き る 限 り 明確 にす る よ う 努 め. で は ︑ こ の よ う な ﹁真 理 ﹂ の 一元 論 は 何 を 意 味 す る で あ ろ う か︒ 我 々 は. ﹁生 ﹂ の 中 で ﹁真 理 ﹂ に 出 会 う の で は な く ︑. てき た ︒ そ こ で︑ こ の哲 学 的 な 生 と いう 主 題 を. ﹁真 理﹂ の中 に 我 々 の ﹁生 ﹂ が あ る と い う こ と を 意 味 す る︒. ﹃エチ カ ﹄. の形 而 上 学 の 中 に 位 置 づ け 直 す こ と で ︑ こ の 論 文 を 締 め く. 理 ﹂ に 一致 し た 生 な の であ る︒. 学 的 な 生 と は ︑ 自 然 と いう 秩 序 の中 にあ る自 己 自 身 の ﹁真. 日 常 的 な 生 の本 質 で あ ると い って よ い︒ こ れ に 対 し て︑ 哲. の認 識 は我 々 自 身 の ﹁真 理 ﹂ に 一致 し な い︒ こ の不 一致 が. の で あ る︒ し か し ︑ ﹁不 十 全﹂ な 観 念 を も つ限 り で の我 々. 日 常 的 な 生 も ま た ︑ じ つ は ﹁真 理﹂ の中 で生 き ら れ て いる. 論. ﹁真 理 ﹂ の 連 鎖 の 中. ﹁不 十 全 ﹂ な 観 念 つ ま り. ﹁十 全 ﹂ な 観 念 つ ま り. く る こと に し た い︒. 結. 哲 学 的 な生 が にあ ると す れば ︑日常 的 な 生 は. に帰 依 す る生 を 意 味 し て い る︒ そ し て い く つか の例 で 示 し. す ぐ上 でも 述 べ た よ う に︑ 哲 学 的 な 生 と は も っぱ ら観 想. 理﹂ の 二 元論 にし た が っ て生 の様 式 を も 二元 的 に 裁 断 し て. た よ う に ︑ 観 想 の内 容 は数 学 的 諸 観 念 の必 然 的 連 鎖 に ほ か. ﹁非 真. い る ︒ し か し ︑ ﹃エ チ カ ﹄ の 知 識 論 は ︑ こ う し た 二 元 論 を. な ら な い︒ 問 題 は ︑ 数 学 的 観 念 のよ う な優 れ てイ デ ア ルな. ﹂ の 連 鎖 の中 に あ る ︒ ス ピ ノ ザ は ︑ ﹁真 理 ﹂ と. 最 終 的 な も の と は し な い ︒ ﹃エ チ カ ﹄ は ︑ ﹁十 全 ﹂ な 観 念 の. 対 象 の観 想 が ︑ な ぜ ﹁生 ﹂ と いう も の に結 び つい て い るか. ﹁表 象. ﹁真 理 ﹂ で あ る と い う の. ﹁ 十 全 ﹂ だ か ら であ る︒. ﹁不 十 全 ﹂ な 観 念 も ま た. みならず. で あ ろ う ︒ こ こ で いう 哲 学 的 な 生 と は ︑ ス ピ ノ ザ が ﹁自. Pr.. ). の哲 学 にと って本 質 的 な こ の問 い に か ん す る私 の考 え は ︑. う し た 生 の肯 定 と 結 び つく 理由 は何 で あ ろ う か︒ スピ ノザ. ろ﹁ 自 然﹂ に内 在 す る生 で あ る︒ 数 学 的 諸 観 念 の観 想 が こ. 然 ﹂ と呼 ぶ 現 実 存 在 の地 平 を 超 越 す る も の で は な い︒ む し. で あ る ︒ ﹁不 十 全 ﹂ と は ︑ た だ 人 間 精 神 に 関 係 づ け ら れ た 観 念 の様 態 で あ り ︑ 神 の中 で は. 32. す べ て の観 念 は ︑ 神 に 差 し 戻 さ れ る 限 り 真 で あ る (EII. 219.

(14) も は や 本 稿 の中 で は十 分 に敷 衍 し て示 す こ と は でき な いが ︑ 今 後 考 究 す べき 課 題 と いう 含 み を も た せ て 最 後 に述 べ てお き た い︒ ス ピ ノザ は︑ 数 学 的 諸 観 念 の連 鎖 の中 に︑ 自 然 の 秩 序 そ の も の の表 現 を観 て い た︒ そ れ は ﹁す べ て のも のに 共 通 のも の﹂ の観 念 であ って︑ いか な る 「身 体 の変 様 ﹂ の 中 に も 現 前 し て い る︒ そ のよ う な 観 念 の連 鎖 に し た が う 限 り ︑ わ れ わ れ の 思 考 は 実 在 的 な 秩 序 に 一致 す る (EIVApx. 。 こX のX よXう Iな I思 ) 考 と 存 在 の 同 一性 の認 識 を ︑ ス ピ ノ ザ は ﹃エチ カ ﹄ 以 前 に は 体 系 的 に 述 べ る こ と が で き な (23 ). か った ︒ こ の認 識 を 体 系 的 に述 べ る に は ︑ ﹁共 通 概 念 ﹂ の. Cueroult(1974),p.528.. 理 論 が 必 要 だ った の で あ る︒. (1 注). Deleuze. (2002),pp.202‑216. ibid.,pp.2. 60‑261. Deleuze(1968),pp.252‑267. .. ゲ ル ー の スピ ノ ザ 注 釈 に か ん す る ド ゥ ル ー ズ の見 解 は︑. .(3 ). ﹃エチ カ ﹄ 第 二 部 定 理 38 ︑ 39 の 重 要 性 に つ い て ︑Hpshire,. ibid.,p.260.. (2 ). (4 ). 柴田. (一九 九 八 ︑ 二 〇 〇 一︑ 二 〇 〇 三 ︑ 二 〇 〇 四 )︒. に同 p. 様1の .指 摘 が あ る ︒. (5 ). (6 ). ド ゥ ルー ズ の延 長 線 上 で スピ ノザ を論 じ た 日本 で最 も 早 い時. ( . 11 ). (10 ). (9 ). (8 ). (7 ). 人 間 精 神 へ の真 理 の 現 前 と い う 主 張 に. ibid.,p.225. ibid.,p.262.. ibid.,p.206. ibid.,. ibid.. Deleuze(1968),pp.258‑259.. 期 の試 み と し て ︑ 田 中 が あ る ︒. (12 ). ﹃知 性 改 善 論 ﹄ の独. ( . 13 ). Deleuze. (1968,)p.253.. (1981),pp.149‑163.. 創 性 を 認 め る 解 釈 と し て ︑Lecrivain. .p.62 (14 ). Deleuze. 59. Deleuze(1968),p.262.. ド ゥ ル ー ズ が 言 及 す る テ キ ス ト は 以 下 の 二 つ︒EIV. Brunschvicg,pp.140‑141.. (15 ). (17 ). (16 ). (18 ). カ ヴ ァ イ エ ス の ス ピ ノ ザ 主 義 に か ん し て は ︑Sinaceur,pp.. を参 照︒ 118‑119.. (19 ). ﹃エ チ カ ﹄ の ﹁感 情 の 治 療 ﹂ が 現 代 の 心 理 セ ラ ピ ー と 根 本. 的 に 別 物 で あ る と 断 じ た ヨ ベ ル に 同 意 す る︒Cf.. スピ ノザ の数 学 思想 は︑ 幾 何 学 と数 論 を 統 一した デ カ ルト. 見 解 が あ る︒. ( 22 ) 数 学 的 (真 19 理6に 8か ), んpし pて .︑ 26 B3 r‑u 2n 6s 4c ,D he vli ec ug z, e に ( p同 1. 9 様 B 9の r 3u ), np s.c 1h 7v 9i .. (21 1) 55. ﹁感 情 の 治 療 ﹂ に か ん す る ド ゥ ル ー ズ の 見 解 は ︑Deleuze. Yovel,p.. (20 ). 220.

(15) の いわ ゆ る ﹁ 普 遍 数 学﹂ と は異 な り ︑ も っぱ ら 幾何 学 にか か わ るも の であ った︒ スピ ノザ の数 学 思想 に影 響 し た の は︑ デ. ﹁ス ピ ノ ザ の ﹃エ チ カ ﹄ に お け る ﹁共 通 概 念 ﹂ の 位 置. Lecrvain, 幾何p学 p思 .想 と 26‑27.柴 田 健 志. カルトの ﹃ 精 神 指 導 の規 則﹄ より も ホ ッブ ス の ﹃ 現代数学 の 検 討 と改 善 ﹄ であ る︒Cf.. ﹄第 二. ﹂ ﹃倫 理学 年 報 ﹄ 第. ﹃エ チ カ. 1部 3定 ‑3 理4 三八 ︑ 三九 に関 連 し て︱. 共 同 性 の理 論 的 基. ﹂ ﹃倫 理学 研 究 ﹄第 34号 ︑ 二〇 〇 四. 482‑48. ﹁個 体 論 (I) スピ ノザ の個 体様 態 観 に つい て﹂ ﹃神 Y.,. 礎 づ け︱. 52 集 ︑ 二〇 〇三 ﹁スピ ノザ に おけ る 知 識 と 実 践 ︱. 28 号 ︑ 二 〇 〇 一 ﹁ス ピ ノ ザ に お け る 共 通 性 と 個 体 性︱. 2 に5お‑け 3る 3ス ,ピ G ノu ザe 研r 究oの u一 l断 t面︱ (﹂197 ﹃哲 4学 ), 論 叢p ﹄p第.. ﹄ に お け る ﹁第 二 種 の 認 識 ﹂︱. ﹃哲学 論 叢 ﹄ 第 25号 ︑ 一九九 八. づ け ー コミ ュ ニケ ー シ ョン能 力 と し て の 理性 に つ い. pp.. 現 代 フラ ン ス. て ︱﹂. (2003),. ﹃エ チ カ. によ る に よる 詳細 な 研 究 が あ る︒. Alquie. pp.. り わ け定 義 論 に お け る ホ ップ ス と スピ ノザ の関 係 は︑ ゲ ルー. せる べき論 点 を多 く 含 ん で いる︒Cf.. を 提 唱 し た のは アル キ エであ る︒ ア ルキ エの着 眼 は︑ 発 展 さ. く か ら指 摘 し ︑ そ の見 地 か ら ﹁共 通 概念 ﹂ を 解 釈 す べき こと. (23) スピ ノザ の知識 論 の形 成 に おC けf る.数学 Gの u役 e割 ro のu 重l 要t 性を (早 1968),. 文献. 田中敏彦. Yovel, 戸 外 大 論叢 ﹄ 第 40 巻第 2号 ︑ 一九 八九. Spino. 221.

(16) Verite. nouvel examen. de la theorie. et Vie:. spinoziste. de la connaissance. Kenji SHIBATA L'articulation des genres de connaissancedans l'Ethiquea ete souvent discutee et on reconnait l'interpretation deleuzienne a sa maniere toute originale. Mais un examen precis des textes nous empeche de 1'accepter.Quel rapport s'etablit-il entre le premier et le deuxieme genre? Deleuze y decouvre une transition du premier au deuxieme genre et a cette transition it donne une significationpratique. Comment peut-on arriverau deuxieme genre, c'est-a-dire former des idees adequates,etant condamne a n'avoir que des idees inadequates? Selon Deleuze, telle est la question pratique par excellencequ'implique la theorie spinoziste de la connaissanceet elle est resolue par la theorie des notions communes. Or, est-ce qu'il y a une telle transition? Evidemment non puisque la proposition3 de la troisieme partie de l'Ethique dit franchement que des idees adequates et des idees inadequates coexistent dans un esprit humain. Alors, la question se pose de toute autre facon: quelle est la significationde cette coexistence?C'est que des idees adequates peuvent s'engendrer a cote des idees inadequates et une vie toute autre que la vie courante qui se ramenea l'enchainementdes idees inadequeates,c'est-a-dire dans l'imagination, est possible. Des lots, le role theorique des notionscommunesne consiste pas a fonder la pratique, mais plutot a demontrer la presence du vrai et donc la possibilite de se mettre d'emblee a la vie intellectuelle.. (11).

(17)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP