フィンランドの中学生によるキーワード英作文に関する研究

14 

全文

(1)

フ ィ ン ラ ン ド の 中 学 生 に よ る キ ー ワ ー ド 英 作 文 に 関 す る 研 究

福 島 知 津子 1.はじめに 「フ ィ ン ラ ン ド の小学 生 が 書 い た 自 由 英 作 文 は 日 本 の 高 校 生 が 産 出 し た そ れ と 比 較 し て , 量 的 に 多 く ,書い た 内 容 も 多 岐 に わ た るJ(伊東・福島, 2008)。 こ れ が 筆 者 が は じ め て フ ィ ン ラ ン ド の 英 語 学 習 者 に 関 す る 英 作 文 の デ ー タ 分 析 を 行 っ た 結 果 で あ る。そ の 当 時 , フ ィ ン ラ ン ド と い う 固 に お け る 英 語 教 育 や , フ ィ ン ラ ン ド 人 の 英 語 力 の 高 さ な ど を 具 体 的 に 理 解 す る に は , ま だ ま だ 勉 学 を 志 し た ば か り の 学 生 で あ っ た。そ の よ う な 者 を 驚 か せ た こ と は , フ ィ ン ラ ン ド の 小 学 生 の 自 由 英 作 文 が 日 本 の 高 校 生 の そ れ と 比 較 し で も , 圧 倒 的 に 量 的 に 多 く ,文 字 の 幼 さ を 残 す こ と 以 外 は , 小学 生 が 書 い た 英 文 と は 思 え な い 英 文 で あ っ た と い う こ と で あ る。そ れ は , 課 題 が 自 由 英 作 文 で あ る と い うことを考慮すると, 日 本 人 高 校 生 の 自 由 英 作 文 と の 違 い と し て 「文 法 的 な 誤 り を さ ほど 気 に せ ず , 自 由 な 発 想 、 で 書 か れ た 英 作 文 で あ る」とも言える。 し か し , 英 文 の 量 が 多 い と い う こ と に 比 例 し て , フ ィ ン ラ ン ド の 小 学 生 の 英 文 に は 文 法 的 誤 り が 多 か っ た こ と も 事 実 で あ るO 自由英作文の課題において, 初 期 の 英 語 学 習 者 に は 厳 密 な 文 法 の 正 確 さ (accuracy)を 追 求 し す ぎ な い ほ う が 良 い で あ ろ う と 考 え , 自 由 英 作 文 以 外 の 英 作 文 課 題 設 定 を し , フ ィ ン ラ ン ドの中学 生 に よ っ て 産 出 さ れ た英 文 の 文 法 の 正 確 さ (accuracy)に つ い て 調 査 す る こ と と し たO 本 稿 で は,フ ィ ン ラ ン ド 人 英 語 学 習 者 と 日 本 人 英 語 学 習 者 の 母 語 の言語 学 的 な 違 い を ふ ま え て , 英 語 学 習 歴 に 大 き な差が な い ( お お む ね 5~6年目の)学習者から産出されたキーワード英作文の調査を分析し, フ ィ ン ラ ン ド 人 と 日 本 人 そ れ ぞ れ の 英 文 の 文 法 性 を主軸 と し て 参 考 に 比 較 し て いく。 そ の 結 果 を 基 に , フ ィ ン ラン ド の 英 語 教 育 か ら 日 本 の 英 語 教 育 へ の 示 唆 を 見 出 す こ と が で き れ ば幸い で あ る。 2. フィンラ ン ド 語 の 言 語 学 的 特 徴 吉 田 欣 吾 氏 が 自 身 の 著 書 で 次 の よ う に 述 べ て い る 。 iフ ィ ン ラ ン ド 語 は ワ d ワ μ

(2)

ヨ ー ロ ッ パ の 言 語 で は な い と 言 っ た り す る 人 が い ま す が,フ ィ ン ラ ン ド は ヨ ー ロ ツ パ の 固 で す の で , ヨ ー ロ ツ パ の言語 で す。 J (吉田,2014: p. 62) し か し , も う一つ の 公 用 語 と も な っ て い る ス ウ ェ ー デ ン 語 と 大 き く言葉 の 種 類 が 異 な る。 言語 学 者 の 角 田 太 作 氏 の言語 の 分 類 に よ れ ば,ス ウ ェ ー デ ン 語 は印欧 語 (Indo-European) ゲ ル マ ン 語 派 (Germanicl で あ る。一方, フ ィ ン ラ ン ド 語 は ウ ラ ル 語 族 (Uralicl である(角田, 1991)。ここでは, 外 国 語 と し て の 英 語 学 習 に 影 響 が 推 測 さ れ る フ ィ ン ラ ン ド語 の 特 徴 の一部 を 簡 潔 に 述 べ た い。 他の多くのヨーロッパ言語との相違点、は,まず先jjS:の台田氏もjjS:べてい る よ う に , フ ィ ン ラ ン ド 語 に は フ ラ ン ス 語 や ド イ ツ 語 な ど 他 の ヨ ー ロ ッ パ 言語 に あ る 文 法 的 性 が な い。文 法 的性 (grammaticalgender) と は 名 詞 の性 の こ と で あ る。つ ま り , ひ と つ ひ と つ の 名 詞 が 男性名 詞 か 女性名 詞 か を 暗 記 す る 必 要 が な い 。 加 え て ス ウ ェ ー デ ン 語 や 英 語 に あ る冠詞 が フ ィ ン ラ ン ド 語 に は な い。 次 に , 角 田 (J991・283) に よ る 世 界 の言語 の 語 順 の 分 類 に よ れ ば,フィ ン ラ ン ド 語 は SVOで あ る。し か し , こ の 語 順 は 英 語 の よ う に 厳 密 で は な く , 語 の 入 れ 替 え は か な り 自 由 度 が 高 い。そ の 理 由 と な っ て い る も の が , 他の ヨ ー ロ ッ パ言語 と 大 き く 異 な る 特 徴 と も い え る , 名 詞 の 格 変化が 14もある という こと で あ る ( 吉 田, 2010) 0 しかも,そ れ ぞ れ 単 数 形 と 複 数 形 で 形 が 異 な る。そ れ ら を 習 得 す る た め に は 母 語 話 者 で あ っ て も 小 学 校 の 授 業 で 壁 に 貼 っ た 格 変化表 を 見 な が ら 口 頭 練 習 す る ほ ど で あ る。そ れ の 一 部 は 英 語 で い わ ば 前 置 詞 の 役 割 を 果 た す の だ が , 英 語 の よ う に す べ て が 名 詞 の 前 に つ く の で は な く ,そ の 多 く が 名 詞 の 後 ろ に つ く と こ ろ は 日 本 語 に 似 て い る と も 言 え る。以 下 に 名 詞 の 変 化 の 例 を 挙 げ る (Cf 吉田,2010)

(l-a) koto 家 koto旦 家 工 / ι koto呈:家 主 主 kot出 家主

(I-b) sunnuntai・日曜日 sunnuntai盟。 日曜日 ι もう一つ の 特 徴 は,主語 を 省 略 す る こ と が あ る と い う 点 で あ る。これも一 見,日 本 語 と 似 て い る と 恩 わ れ る 所 以 か も し れ な い。以 下 の (2-a) と (2-b) の フ ィ ン ラ ン ド 語 で は 日 本 語 の下線 部 「私 は 」 と 「 あ な た は」を 省 略 し て いる。 (2-a) Syon paljon. 主

1

主 た く さ ん 食 べ る。」

。 。

ワ μ

(3)

(2-b) Sy凸tpaljon. 皇 主 主 且 た く さ ん 食 べ る。J しかし,こ れ は 日 本 語 の 「 た く さ ん 食 べ る。 Jと は 異 な る。そ れ は フ ィ ン ラ ン ド 語 の 動 詞 は 主 語 に よ っ て 6通 り に 変 化 す る た め,主 語 を 省 略 し で も 誰 が 動 作 主 な の か 判 断 が つ く の で あ る。次 の 表 1は,人 称 代 名 詞 ( 主 格 ) の一覧 で あ る。 表1 フィンランド語の人称代名詞(主格) 単数

複 数 m江1a 町le sma te han ne 表2: r~はたくさん食べる」の変化表 単数 (Mina) Syon paljon (Sina) Syot palion Han syopalion 複 数 (Me) Syomme palion (Te)Syotte paりon He syovatpaljon 文 と し て生成する際には, 1人材、と 2人 称 は 省 略 す る こ と が 可 能 で あ り , そ の 方 が 一 般 的 で あ るO そ れ を わ か り や す く ま と め た も の が 表 2の 変 化 表 である。 r~ はたくさん食べる」をそれぞれの人称代名詞を主語として産 出 し た 6通 り の 文 の 一 覧 で あ る。動 詞 が 変 化 す る こ と で , 主語 が 省 略 さ れ て も 人 称 と 単 複 の 違 い を 認 識 す る こ と が 可 能 で あ る。 3. 調 査 3.1 調 査 の 目 的 フ ィ ン ラ ン ド の 初 級 英 語 学 習 者 が 提 示 さ れ た キ ー ワ ー ド を 基 に し て , ど の よ う な 英 文 を 産 出 す る の か , 英 文 の主語 選 択 と そ の 文 法 性 を 母 語 で あ る フ ィ ン ラ ン ド 語 文 と も 比 較 し な が ら 検 証 す る こ と, 及び 英 文 に ど の よ う な 文 法 的 な 誤 り が あ る の か を 調 べ る こ と で あ る。 3.2 調 査 の 対 象 フ ィ ン ラ ン ド の Jyvaskyla( ユ パ ス キ ュ ラ ) に あ る 中 学 校 に 通 う 8年 生 (13

2

9

(4)

ま た は 14歳)30名 を 調 査 対 象 と す る。ほ ぼ 全 員 が,小学 校3年 生 (8また は 9歳 ) か ら 第一外 国 語 と し て 英 語 を 選 択 し た 学 習 者 で あ る。つまり ,彼 ら の 英 語 学 習 歴 は 調 査 時 に お い て 6年 目 で あ るo調 査 対 象 と し た 学 校 は,特 に 在 籍 者 の ほ と ん ど が 大 学 進 学 希 望 や 大 学 の 附 属 中 学 校 と い う こ と で は な く , フ ィ ン ラ ン ド の一般 的 な 中 学 校 と い え る。学 校 周 辺 に 家 族 と 住 み,距 離 的 に 通 学 に 支 障 が な い 範 囲 で 学 校 に 通 っ て い る 生 徒 た ち で あ る 1)。一方,参 考 と し て 比 較 の 対 象 と す る 日 本 人 英 語 学 習 者 は 調 査 を し た 2009年 当 時 , 高 等 学 校 2年 生 (16ま た は 17歳 ) で , 彼 ら の 多 く は 英 語 学 習 歴 が 5年目で あ っ た。 3.3 調 査 の 時 期 2011年 10月 19日に 8年 生 ( 日 本 の 中 学 2年 生 に 相 当 ) に 対 し て 通 常 の 英語授業の一部, 15分 間 を 使 用 し , 授 業 担 当 者 で あ る 英 語 科 教員 l名 に よ っ て 実 施 さ れ た。 3.4 調 査 の 内 容 フ ィ ン ラ ン ド の 初 級 英 語 学 習 者 が 英 文 産 出 の 際 に ど の よ う な 文 法 エ ラ ー を 産 出 す る か を 調 べ る た め に , 英 文 に 含 む と と を 義 務 づ け た 2つ お よ び 3 つ の キ ー ワ ー ド を 提 示 し,ま ず 母 語 で あ る フ ィ ン ラ ン ド 語 で 作 文 し,そ の 下 に 英 文 で 産 出 す る こ と を 要求したO ど の よ う な 文 を 産 出 し で も か ま わ な い が , キ ー ワ ー ド は 使 用 す る こ と。友 人 と 相 談 し て 書 く こ と は 禁 止 と し , 15分間で 書 く こ と を フ ィ ン ラ ン ド 語 で テ ス ト 用 紙 に 指 示 し , 加 え て,授 業 担当者 で あ る 英 語科教 員 に も フ ィ ン ラ ン ド 語 で そ の 旨 を 指 示 し て も ら っ た。 テ ス ト の 形 式 と し て は , 以 下 の よ う に 日 本 人 学 習 者 に 提 示 し た 形 式 と 同 じ も の を 採 用 し , 指 示 語 は フ ィ ン ラ ン ド 語 で 提 示 し た。 englanti

仁互日仁王

Z口

一 一

く 日 本人 用> suoml 日 本 語 英 語 後 に 日 本 人 学 習 者 と の 比 較 を前提 と し て こ の テ ス トは 準 備 さ れ た た め,用 意 さ れ た キ ー ワ ー ド は 極 力, 用 いら れ る 英 文 の 構 文 が 同 じ に な る よ う に, か つ , そ の 文化 的 背景 を 考 慮 し て 設 定 さ れ た。例 え ば う ど ん」と 「香 川 」 と いう キ ー ワ ー ド は 徳 島 県 内 の高校 生 に は ど の よ う な 内 容 の 作 文 に す ハU 丹 、 υ

(5)

べ き か 推 測 が つ く が,フ ィ ン ラ ン ド の 中 学 生 に は 何 の こ と か 理 解 で き な い で あ ろ う。そ の た め , 文 の コ ン テ ク ス ト を フ ィ ン ラ ン ド の 食 文 化 に 置 き 換 え た キ ー ワ ー ド と す る た め ‘pulla'( フ ィ ン ラ ン ド の 菓子パ ン ) と ‘Suomi'

( フ ィ ン ラ ン ド ) を 用 意 し た。日本人高校 生 に 提 示 し た 状 況 と 同 じ よ う に , 英 単 語 が 容 易 に 思 い 浮 か ば な さ そ う な 単 語 や 個 人 に よ っ て 異 な る で あ ろ う と推測さ れ る 単語に つ い て は,pulla (cinnamon buns)やjaakiekko(jce hockey) な ど フ ィ ン ラ ン ド 語 の下に 英 単 語 を 提示し , 単 語 の 違 い で 使 わ れ る 構 文 に 多 様 さ が 生 じ な い よ う に 設 定 さ れ た。 表3 各聞いのキーワード Q フィンランド音苦 英語 日本語 l huomena / koe tomorrow / test 明日/テスト 2 joulu / talvi December / wIl1ter 春 /さくら 3 pulla/ Suomi cinamon buns / Finland うどん/香川 4 Suomi I sauna Finland I sauna 日本/地震 5 Saara/ sihnat/ kaunis Saara/ eyes/ beautiful よしこ/目/きれい 6 Kanada / jaakeiekko/ vahva Canada / ice hockey / strong ブラジノレ/サッカー/強い 7 tammikuu / limi/ palijon January/ snow / much 6月/雨/多い 8 kannykka / musiikki/ kuunnella a mobile phone / music / listen 僕の携 帯/音楽/聞ける

4.調 査 の 結 果 4.1 適 文 率 次 の 表4は,フ ィ ン ラ ン ド の 中学 生と 日 本 人 高 校生が産出 し た 英 文 が 設 問 ご と に 文 法 的 に 適 切 な 文 で あ っ た 割 合 ( 以 後 , 適 文 率 と 記 す ) を 示 し て いる 2)。 ま ず フ ィ ン ラ ン ド の 中学 生の産出 し た 文 法 的 に 適 切 な 文 ( 以 後 , 適 文 と 記 す ) の 全 8聞 の 平 均 が 72.8%で あ っ た。参 考 と し て 日 本 人 高 校 生 の 適 文 率 の 平 均 が 31.8%で あ っ た こ と を 比 較 す る と,2倍 以上の 適 文 率 の 高 さ と い う 結 果 で あ っ た。 中 で も 適 文 率 の 平 均 が 高 い Q 5,Q 6, Q 8に着目する。ま ず Q 5に 関 し て は, 日 本 人 高 校 生 も全体 の 中 で は 最 も 高 い 適 文 率 を 得 た 設 問 で あ っ た。 [ Saara / eyes / beautifu]の キ ー ワ ー ド か ら書か れ た 英 作 文 は ISaaraは目が

き れ い だ。」や ISaaraの 目 は き れ い だ。」 を 英 文 に し て い る。設 定 し た 例 文 が 彼 ら に は 簡 単 で あ っ た と 考 え ら れ る。Q 6に関しては, [ Canada I ice hockey / strong]の キ ー ワ ー ド を 使 用 し て書か れ た 英 作 文 は I (スポーツな ど)~が強い。」 にあたる‘be strong in-'のイデ ィ オ ム 覚 え て い る 生 徒 が 多 か っ た の で 適 文 率 が高い。また,イデ ィ オ ム を 使 用 せ ず と も,“Canada is a ー よ n J

(6)

strong ice hockey team."な ど 主 語 に 適 し た 動 詞 と補語 を 産出す る こ と が で き て い る。Q8に 関 し て は,[a mobile phone / music / listen

1

の キ ー ワ ー ド を 使 用 し て 書 か れ た 英 作 文 に は 1名 の み が“amobile phone hearmusic."と 産 出 したが, 大多 数 は“1can listen music with cell phone."と産出す る こ と が で き て い た。 表4 各英作文の適文率 (%) フィンランド中学生(N=30) 日本人高校生 (N=231) QI 75.9 41.4 Q2 75.9 26.3 Q3 73.3 39.6 Q4 65.5 43.8 Q5 93.3 45.8 Q6 80.0 18.1 Q7 40.7 23.2 Q8 77.8 16.5 Avg 72.8 31.8 ここ で 誤 り と カ ウ ン 卜し て は い な い が 1つ 補 足 す べ き 点 が あ る 。 フィン ラ ン ド の 中 学 生 が 書 い た 英 文 に は キ ー ワ ー ドとしている‘listen'を用いるこ と は で き て い る が , こ れ を ‘listen to'と 産 出 で き て い る 英 文 が 少 な し、。 英 文 に‘listen'を 用 い た 文 は 22文 あ っ た が,そ の う ち の 15文 (68.2%)は‘to'が な い ま ま の 英 文 が 産 出 さ れ て い た 。 4.2 主 語 の 選 択 傾 向 次 に 表5に 示すよ う に フ ィ ン ラ ン ド の 中 学 生 が 産 出 し た 英 文 の 主 語 選 択 の 傾 向 と そ の 文 の 文 法 性 に つ い て 特 徴 の あ る も の に つ い て 述 べ る。 Fukushima (2013)は,日本人高 校 生 が容易 に は 産 出 す る こ と が で き な か っ た こ と に ついて , キ ー ワー ドを使用し な が ら,キ ー ワ ー ド に は 明 記 さ れ て いない 「 人 」 を 主 語 に 用 い て 英 文 を 産 出 す る こ と と 指 摘 す る 。 フ ィ ンラン ド の 中 学 生 が 「 人 」 を主語 に 選 択 で き て い る 割 合 が 高 い 設 聞 は QI,Q3, Q4,そ し て Q8で あ る。こ れ ら の 適 文 率 の 平 均 は 90.3%と高確 率 で 適 文 が 産出さ れ て い る。ま ず は こ れ が 8間 全 体 の平均 適 文 率 を 高 く し て い る主た る 要 因 と 考 え ら れ る。 32

(7)

表5主語の選択傾向と そ の 文 法 性 向 ←30) suuObJie c t Qecr I sSuUbDJie c t Q 2 eCr nl % n2 % 1 nl % n2 % 1: tomorrow 10.3 0 0.0: 1: Chrislmas 21 72.4 18 85.7 2: tesl 0 0 0 0 12:winler 2 6.9 50 3:people 25 86.2 21 84.013:people 10.3 2 66.7 4:there 3.4 10014:there 0 0 0 0 5:it 0 0 0 0 15:it 0 0 0 0 6その他 o 0 0 0 16その他 2 7 50 7主語なし o 0 0 0 17主語なし o 0 0 0 8前置詞句 o 0 0 0 18前置詞句 3.4 0 0 total 29 100 22 75.91 total 29 100 22 75.9

-一一一一一_

s

_~

~

j

~

_

C.iC

一一一一一一一l一一一一一一一一一一一一一-

~~

一一一一一一一一一一一一一一一L一一一一一_

~

ll~

l".~

~__一一一一j一一一一一一一一一一一一一一

豆?

一一一一一

1:cinamon bllns 14 46.7 12 85.711:Finland 6 20.7 50.0 2: Finland 2 3:people 11 6.7 50.02:sauna 7 24.1 5 71.4 36.7 8 72.7 3: people 10 34.5 10 100 3.

。 。 。

3 100 4:there 3.4

。 。

5:it

。 。 。 。

。 。 。

6その{也 3.4 100

。 。 。

7主諮なし 3.4

。 。

6.7

。 。

8前置詞句 3 10.3

4:it 5:there凶 o 6その{也 o 7主諮なし o 8前置 詞 句 2 total 30 100 22 73.3

I

total 29 100 19 65.5

-一一一_

~

ll

~l".~~

__一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

一一一一一一一一一一一一一一一l一一一一一一_

~~þj"c:

!__一一一一一l一一一一一一一一一一一一一

g~

-一一一一一一一一一一一一一一一

1: Saara 17 56.7 16 94.1 11: Cαnada 21 70.0 17 81.0 2:eye(s) 11 36.7 11 100 12: icehockey 10.0 2 67 3: b叩 1I1iflll 0 0 0 0 13:slrong 0 0 0 0 4: p氾ople 3.3 100 14:people 16.7 100 5:there 0 0 0 0 15:there 0 0 0 0 6:it 0 0 0 0 16:ti 0 0 0 0 7その他 3.3 0 0 17その他 o 0 0 0 8主語なし o 0 0 0 18主語なし o 0 0 0 9前置詞句 o 0 0 0 19前置詞句 o 0 2: snow

。 。。 。

2:music 3.7

3:day

。 。 。 。

3: listen (ing)

。 。 。

4:people 3 11.1 3 100 4:people 23 85.2 21 5:there 6 22.2 6 1005: there

。 。 。

6:it 2

50 6:ti

。 。 。

7その他

。 。

7その他

。 。 。

total 30 100 28 93.3 1 total 30 100 24 80.0

-一一一一一一_

s.~~

_

e

_

c.iC

一一一一一一一l一一一一一一一一一一一一--

~~

一一一一一一一一一一一一一一一l一一一一一一_

~ll~l".~

~__一一一一j一一一一一一一一一一一一一一

g~

一一一一一一一一一一一一一一一

1: Janllory 18.5 20.011: Mobile phone 2 7.4 0 0 0 0 91.3 0

0 8主語なし o 0 0 0 18主諮なし o 0 0 0 9前置詞句 11 40.7 0 0 19前置詞句 3.7 0 0 total 27 93 11 40.71 total 27 100 21 77.8 nl英文の主語選択,n2選択された主語の適文率 ま た , な か に は キ ー ワ ー ド を そ の ま ま 英 文 の 主 語 と し て 文 頭 に 用 い た 英 文 も 多 く 産 出 し て い る。炉例リをあげると Q2の “C引in口lnna悶a町mo叩nbuns a創repO叩puωl訂ra 川1nFi日川nla吋n1吋d."の よ う な 文 が 産出さ れ た。特筆 す べ きは, Q7の 適 文 率 の 低 さ で あ る。考 え ら れ る原因は, Q7は[Januaryl snow q J n J

(8)

I much

1

を 用 い て 英 文 を 産 出 す る 設 問 だ が, 30文 の う ち 23文 (76.7%)の 生 徒 が フ ィ ン ラ ン ド 語 で “Tammikuussaon palion lunta."と 書 い て い る。日本 語 に 訳 す と 1I月 は雪が 多 い。Jと い う 内 容 で あ る。詳 細 は 次 章 の 考 察 で 述べるが,この‘on'は I~である。 J または I~が存在するJ という意味を 持 っ て い る ( 吉 田,2014)。“tammikuu笠皇"は,英語で‘旦 January'を 意 味 し て い る。こ の 前 置 詞 句 を 文 頭 に 置 き , そ の 直 後 に 動 詞 を 用 い て 産出し た 非 文 法 的 な 英 文 が 11文 (40%)ある。補 足 す る とιit'を 主 語 と し て 用 い た 英 文 は わ ず か に 2文 (6.7%) で あ っ た。 5.考 察 以 上 , フ ィ ン ラ ン ド の 中 学 生 に よ る キ ー ワ ー ド 英 作 文 の 調 査 の 分 析 結 果 を う け て , あ く ま で 参 考 と し て,適 文率の 比 較 に 日 本 の高校 生 の キ ー ワ ー ド 英 作 文 の 結 果 を表6に 提 示 し, 以下 の 2点 に 焦 点 を 絞 っ た 考 察 を 述 べ た

1 母 語 の 統 語 に よ る 転 移 Q8の 設 問 僕 の 携 帯 は 音 楽 が 聴 け る ( 僕 の 携 帯 は テ レ ビ が 見 れ る )J の フ ィ ン ラ ン ド 人 と 日 本 人 と の 適 文率の差は 61.3で あ るO フ ィ ン ラ ン ド の

中学 生 l名 の み が“Amobile phone hear music."と書い た が, 85%が 「人」を 英 文 の 主 語 と し て 選 択 し“ 区コ canlisten to music

匝亘百

my mobile phone."を産出す る こ と が で き て い る。 主と し て 考 え ら れ る 理 由 は , 2章 に 述 べ た よ う に フ ィ ン ラ ン ド 語 の 基 本 的 な 語 順 は 英 語 と 同 じ

s

v

o

で あ るO 加 えて 1人 称と2人 称の 主 語 を 省 略 可 能 で あ っ た と し て も 動 詞 が 6通り , 人 称 ご と に 変 化 す る 必 要 が あ る。つ ま り ,主語 と 動 詞 の 関 係 を 常 に 考 え な け れ ば な ら な い 習 慣 が 身 に つ い て い る と い う 点 は , 英 語学習 に 肯 定的に 影 響 し て い る と 推 測 さ れ る。反 対 に, 日 本 語 は 統 語的に は主題 型 (topic prominent)言語 で あ る と 考 えられ ( 毛利, 1980) , 日本語 文 の 先 頭 部 分 が 英 文 の主語 と な る と は 限 ら な い。Fukushima(2013)に 指 摘 が あ る が,Q8を 日 本 人 高 校 生 は 127文(全体 の 61.7%)もが英語で‘ M ymobile phone can listen to mUSlどと書い た。 1僕 の 携 帯 電 話」の 部 分 は あ く ま で主題 (topiclで あ り , 述 部 (comment) テ レ ビ が 見 れ る」の 英 文 の主語 に は な る こ と が で き な い 典 型 的 な 日 本 文 の例で あ る。こ の よ う に 母 語 の 統 語 に よ る 負 の 転 移 が 作用 す る た め,日 本 人 の 英 文 の 適 文 率 が 低 く な っ て い る と 考 え ら れ る。 A 斗 A n J

(9)

表6 日本人高校生の英文の主語選択とその文法性 │ Q1 Q2 subiect subiect ト一一一一一一ーよー 1 n1 % n2 % 1 1 n1 % n2 % 1:lomorrow 38 18.7 2 5.3II:spring 73 37.6 7 13.7 2:lesl 15 7.4 6 40.012:chertァblossoms 71 36.6 21 41.2 3:people 9044.3 52 57.813:people 24 12.4 20 39.2 4: there 18 8.9 17 94.4同the日 1 .5 3 5.9 5:it 33 16.3 5 15.215:it 0 0 0 0 7その他 2 1.0 50.0 けその他 12 6.2 0 0 8主語なし 7 3.4 0 0 18主語なし II 5.7 0 0 tota1 1 203 100 84 41.4 1 旬 回 1 194 100 51 26.3

-一

s山担

一一一一一一一一

i

一一一一一一一一一一一一

旦ミ

一一一一一一一一一一一一一一l一一一一一一一一一

日住ct

一一一一一一一一l一一一一一一一一一一一一

9.~

一一一一一一一一一一一一

1:Udon 96 47.5 30 3 J.3 1 1:Japan 94 48.5 39 41.5 2:Kagawa 53 26.2 20 37.712:earlhqllake 36 18.6 12 33.3 3:people 33 16.3 25 75.813: people 5 2.6 4 80.0 4: there 0.5 100卜4:there 32 16.5 29 90.6 5:it 8 4.0 12.515:it 6 3.1 16.7 7その他 7 3.5 3 42.9 けその他 3 1.5 0 0 8主語なし 4 2.0 0 0 18主語なし 18 9.3 0 0 tota1 1 202 100 80 39.61 total 194 100 85 43.8 一一一一 s虫1巴 一一一一一一一

l

一一一一一一一一一一一一

9

?

一一一一一一一一一一一一一一上一一一一一一一 su恒三l 一一一一一一一I一一一一一一一一一一一一旦互一一一一 1 : Yoshiko 95 44.4 59 62.1 1 1:Bκazil 123 61.8 26 21.1 2:eye 115 53.7 38 33.0 2:soccer 30 15.1 2 6.7 3:beallliflll

。。

。。

3:slrong

。。

。。

4:people 0.5 100 4: peop1e 9 4.5 6 66.7 5:there

。。。。

5:there 0.5 100 6:it 2 0.9

。。

6:it 6 3.0

7その他 0.5

。。

7その他 12 6.0

。。

8主語なし o 0 0 0 18主語なし 18 9.0 6 total 1 214 100 98 45.8 1 subject 199 100 36 18. I 一一一一封切巨L一一ーし-一一一一一一一 __97_一一一一一一一一一一一一 _L一一一一 __s_u.~_e_c.~__一一一一 I一一一一一一一一一一_g_8._一一一一一一一一一一 1:JlIne 8141.8 2125.9II:Mobilephone 167 81.1 6 3.6 2:rain 1.5 0 0 12: TV 0.5 0 0

o

0 13:walch (ing) 0 9 69.214: people 35 57.1 15:there 0 6 15.4 16:it 14.317そ 広 也 0 8主語なし 34 17.5 0 0 18主語なし tota1 194 100 45 23.21 toぺal 1 206 n1英文の主語選択,n2選択された主語の適文率 3: day 3 1.5 4: people 13 6.7 5:there 14 7.2 6: it 39 20. I 7その他 7 3.6

。。。

17.

。。。

0 28 80.0 1.

。。。

5

。。

。。。

100 34 16.5

次 に Q4の 設 問 で は [FinJand / sauna]を 使 用 し て 英 作 文 す る こ と に な っ て

いるが,“inFinJand is Jot of saunas."と“inFinJand have saunas."という 文 が合

わ せ て 3文 産出 さ れた 。 こ れ ら は フ ィ ン ラ ン ド 語 で “Suomessaon palijon saunoja. "と 書 か れ て い る。日 本 人 が 産出す る 英 文 で は あ ま り 見 か け な い 誤 りである。フィ ン ラ ン ド語 で は 場 所 を 表 わ す 語 は 場 所 を 表 わ す名詞 に 後 置 に - u n J

(10)

詞をつけて, 文頭に置くことが多い。 加えて,この‘ on' は r~ である。」 ま たは r~ が存在する」 という意味を持っている(吉田, 2014)。つ ま り 英 語 のbe動 詞 に 近 い 機 能 を 持 っ て い る た め かも'が 転 用 さ れ た と 考 え ら れ る。 もしこれを‘have'を 使 用 し た と し て も , フ ィ ン ラ ン ド 語 で は 1人称 や2人 称 の 主 語 を 省 略 す る こ と が可 能な た め そ れ を 英 文 に も 転 用 し た , つ ま り 負 の 転 移 ( 干 渉 ) と な り,前置 詞 句 の 直 後 に 動 詞 が 出 現 し た も の と 考 え ら れ る。 最 後 に Q7に関して, 30名 の う ち 23名 が フ ィ ン ラ ン ド 語 で “tammikuussaon palion lunta."と書い て い る。日 本 語 に 訳 す と

r

1月 は雪が 多 い。」と い う 内 容 で あ る。“1nJanuary is (has)lots of snow."と 書 か れ た 英 文 は 14文 (17文 が 非 文 で あ っ た こ と か ら , そ の う ち の 82.3%) も あ っ た。こ れ も 先 の Q4に 通 じ る 誤 り , 一語一語対 応 , つまり 単語 だ け を 英 語 に 変換 し , そ れ を 母語 で あ る フ ィ ン ラ ン ド 語 の 構 造 に は め 込 ん で い る と 推 測 さ れ る。 実は , 英 語 の中で も 特 殊 な 表 現 で あ る 天 気 ・天 候 を 表 わ す‘it'に 関 し て , 調 査 を実施 し て く だ さ っ た 教員が 調 査 直 後 に 「フ ィ ン ラ ン ド 語 に は 英 語 の ‘it'に 対 応 す る 語 が 存 在 し な い の で,なかなか定着しなし、。」と 話 し て い たO 彼 女 が 教 室 内 で実 感 し て い た 母 語 の 干渉 は こ の 調 査 の Q7 の 分 析 結 果 に 現 わ れ た と い える。 2. 母 語 の 文字 に よ る 転 移 筆 者 が フ ィ ン ラ ン ド 語 を学 ん だ 初 級 者 用 ク ラ ス で 使用 さ れ た 教 科書 は す べ て 英 語 で 書 か れ て い た。自 学 の た め の 日 本 語 で 書 か れ た フ ィ ン ラ ン ド 語 学 習 の 本 も 読 ん だ が 英 語 で 書 か れ た 教科書 の ほ う が な ぜ か 理 解 し や す い 」 と い う 実 感 が あ っ た。そ の 理 由 を 考 え る に , 理 由 の 1つ 目 は 文 字 に あ った。フ ィ ン ラ ン ド 語 の 文 字 は 英 語 の ア ル フ ァ ベ ッ ト に aとoを 加 え た 28 文 字 で あ る。伊 東 (2014) に も 指 摘 さ れ て い る よ う に , フ ィ ン ラ ン ド 語 の 文 字 が 英 語 と 同 じ 表 音 文 字 の ア ル フ ァ ベ ッ ト で あ る こ と を 共 有 し て い る こ と は 英 語 学 習 や 他 の ア ル フ ァ ベ ッ ト を 文 字 と し て 使 用 す る 外 国 語 学 習 に 肯 定 的 に 影 響 す る だ ろ う。反 対 に,ア ル フ ァ ベ ッ ト を 用 い な い 言 語 , 例 え ば 中国 語,タイ語,ハングノレ, 日 本 語 , ア ラ ビ ア 語 な ど は 文字 か ら 学 ぶ 時 間 が 余 分 に 必 要 と な る こ と は 明 ら か で あ る。2つ 目 の 理 由 に あ げ た い の は , フ ィ ン ラ ン ド 語 は 英 語 と 「 語 問J,つ ま り 「ス ペ ー ス」と い う 概 念 を 共 有 し て い る こ と で あ る。英 語 と フ ィ ン ラ ン ド 語 は 異 な る 語 族 で は あ る が,こ の 語 聞 の ノ レ ー ル を 共 有 し て い る こ と は 初 級 学 習 者 に は 大 き な 肯 定 的 な 影 響 が あ る。こ れ ら 英 語 と フ ィ ン ラ ン ド 語 が 共 有 し て い る 2つ の ル ー ル が, 外 国 語 学 習 に 正 の 転 移 と な っ て影響 を 与 え て い る と 考 え ら れ る 具 体的 な 例 を 以 下 に 記 す。

3

6

(11)

(5-a) Han juo paljon. (5-b) 彼 は た く さ ん 飲 み ま す。 (6-a) Han sy凸paljon. (6-b) He eatsmuch 角 田 氏 の 分 類 に よ れ ば,基 本 的 に フ ィ ン ラ ン ド 語 と 英 語 は 語 順 が 同 じ SVO で あ る の で一見 し て ど の 語 が ど の 語 に 対 応 し て い る か わ か り や す い。日本 語 は 英 語 と は 文 字 も 異 な り 語 間jのルーノレを共有していない。その上, 統 語 的 に も 英 語 と は 異 に し て い る。Matsuoka(2006) の 指 摘 で は,特 に 初 級 の 外 国 語 学 習 者 は 母 語 と 対 象言 語を 一 語 一 語 対 応 さ せ る 傾 向 に あ る と い うこと な の で , な お さ ら (6-a) と (6-b) は 語 の 位 置 か ら そ れ ぞ れ の 意 味 を 容 易 に 推 測 し , ま た は 理 解 で き や す い と 言 え る。 反対 に (5-a) と (5-b) は 一 語 一 語 対 応 を さ せ る こ と も で き な い。こ こ で , フ ィ ン ラ ン ド の 中 学 生 が 実 際 に 使 用 す る 教 科 書 の一部 を 下 に 記 す。 LM 劃 噌 ﹄ 阿 M 配 主 a E 明 川 面 E膏 ﹄ 圃 一 四 一 耐 戸 剛 司 l ' E E 川 田 一 回

E

:

同 開 EV 即 蜘 加 担 凶 戸 醐 刷 ﹀ 凶 阻 凹 暗 4 剛 胸 副 フ ィ ン ラ ン ド の 中 学 生 の 教 科 書 (SmartMove3) p.184)

H

u

o

m

3

i

:

1.

Sanla

j量rj

es句忌酎咽加問i~主乱闘iUni

T

l1e~e

<lre25 PUpil

.

s

iIlJmI

cb~.

h

τ

;

;

J

;

13. 11$~ijolt曲銅IUU車内陣蝿札 フ ィ ン ラ ン ド の 中 学 生 の 教 科 書 (SmartMove3 ) p.193) フ ィ ン ラ ン ド 語 に は 英 語 の ‘thereis~' 構文に対応する構文が存在しない。 ウ t q J

(12)

加えて,場 所 を 表 わ す 語 は 文 頭 に く る こ と が あ る。そ の よ う な 語 順 の 違 い の 説 明 も 「 文 字」と 「 語 間」の ル ー ル を 共 有 し て い る た め,一見し て そ れ ぞ れ の 語 の 意 味 が 理 解 で き る よ う に な っ て い る。 日本語 と 英 語 が 共 有 し て い る ル ー ル の 数 に 限 り が あ る こ と は 承 知 し て い るが, 昨 今 「英 語 は 英 語 でJ と 言 わ れ て久 し く , 母 語 の 転 移 の 研 究 , と く に 日 本 語 母 語 話 者 の 母 語 に よ る 転 移 に関す る 研 究 は 以 前 ほ ど の 勢 い は な い。 あ る い は,Ringbom(1987)が 次 に 指 摘 す る よ う に,母 語 と 対 象言語 の 違 い (linguistic differences) に着 目 し す ぎ て, そ の 反 対 で あ る 類 似 性 (linguisticsimilarity) を 大 切 に 扱 わ な か っ た た め か も し れ な い 。 ‘(前略)therearefew consistentinvestigationsof how li時 uisticsimilarity actually affectslanguage learning.' (Ringbom, 1987: 34) 以 上 , 設 問 に よ っ て 適 文率 の 差 が大 き か っ た が ゆ え に , 本 調 査 で 得 ら れ た フ ィ ン ラ ン ド の 中 学 生 が 産 出 し た 英 文 は 母 語 が 英 語 学 習 に 大 き な 影 響 を 与 え て い る こ と を実 は 日 本人 の 高 校 生 の 英 文 よ り も 際 だ た せ て く れ た。 6. お わ り に 本 調 査 の 分 析 結果を 受 け て,最 後 に 筆 者 の 主 観 を 加 え る と , フ ィ ン ラ ン ド は 教 室 外 に お け る イ ン プ ッ ト に触 れる 機 会 が 多 く あ る。テレビ放送に関して, フ ィ ン ラ ン ド で は 園内 唯一 の 放 送 局 (YLE)の 番 組 以 外 の他チ ャ ン ネ ル で は, イ ギ リ ス の 放 送 番 組 を 買 っ て 放 映 し て い る こ と が ほ と ん ど で あ る。そ れ ら は 音 声 は 英 語 の ま ま で, 画 面 下 に フ ィ ン ラ ン ド 語 の 字 幕 を つ け て 放 送 さ れ て い る。こ の よ う な 教 室 外 で の 豊 富 なイ ンプ ッ ト に さ ら さ れ る 環 境 に あ っ て も ( も ち ろ ん 個 人差が あ る の は 大 前 提 で あ る が , 学 習 者 の 言 語 環 境 が フ ィ ン ラ ン ド の よ う に比較 的 恵 ま れ て は い て も ),母 語 の 転 移 は 中 間 言 語 の あ る 段 階 ま で 避 け ら れ な い と い う こ と が 本 調 査 に よ り再 確認 さ れ た。こ の 結 果 を 受 け て , 母 語 の 転 移 を た だ 忌 む べ き と の み 捉 え る の で は な く ,フ ィ ン ラ ン ド の 教 科 書 に み ら れ る よ う な 母 語 の 肯 定 的 な 影 響 を 精 密 に 調 べ, 日本で の 英 語 教 育 の指導 に 効 果 的 に 活 用 す る こ と は も っ と 検 討 さ れ て も よ い の で は な し 、 か と い う こ と である。も ち ろ ん 外 国 語 学 習 の 初 期 段 階 の す べ て を 母 語 か ら の 正 の 転 移 に 頼 る こ と は で き ない。だが,少 な く と も 英 語 学 習 に お い て は 先 進 的 な 結 果 を 得 て い る フ ィ ン ラ ン ド の 初 級 英 語 学 習 者 が 産出した英作文 の 分析か ら 垣 間 見 え た 母 語 の 影 響 と そ の 効 果 的 な 活 用 方 法 は, 日 本の 教 室 内 に お け る 英 語 教 育 へ の 示 唆 と し て 捉 え る べ き で あ ろ う。日本語 を 母 語 と し な が ら,英 語 と い う 統 0 0 丹 、 υ

(13)

語 的 に ず い ぶ ん と 異 な る 言 語 を 習 得 す る た め に そ の 母 語 の 負 の 影 響 は な る べ く 回 避 し , か つ,先 行 研 究 の 少 な い 「母 語 で あ る 日本語 が 英 語 学 習 へ 与 え る 肯 定 的 な 影 響 J を今後探り ,そ れ を 可 能 な 限 り 活 用 で き る 指 導 法 の 開 発 に つ いて十分 検 討 し て い く必要があると思われる。 注 1 ) 比 較 の 対 象 と す る 日 本 人高校 生 は 徳 島 県内の 公 立 高 等 学 校 の 生 徒 で あ る。 と く に 進 学 校 と い う こ と は な く ,授 業 の 進 行 が 困 難 な 学 校 で も な い。参加 者 の 英 語 力 は 県内でも高校 生 の平均 的 な レ ベ ル で あ る と言える。 2 ) 本 調 査 に お け る文法 的 に適切 な 英 文 (grammaticalsentences) の判断 は, 日 本 人 高 校 生 と 比 較 す る こ と を 前 提 と し て い る た め,同 基 準 を 採 用 し て い る。 具体 的 に は , あ く ま で グ ロ ー パ ル エ ラ ー を 重 視 し た 研 究 で あ る た め, 冠 詞 や 前 置 詞 の 選択の 誤 り な ど は 無 視 し,主 に 英 文 の主 語と 動 詞 の 関 係 に 誤りのある文は文法 的 に 適 切 な 英文と は 数 え て い な い。

3) SMART MOVES 2 TEXTS. Helsinki:OTAVA Ltd.

謝 辞

本 稿 の 調 査 は Lehtisaaren中 学 校 の 先生方と生徒 の み な さ ん の ご厚 意で

実 施 し て い た だ き ま し た。こ の 場 を お 借 り し て心よ り 感 謝 申 し 上 げ ま す。

参 考 文 献

Fukushima, C. (2013). A study on interactivewriting instruction for JapaneseEFL learners. Doctoraldissertationsubmitted to Hyogo University of Education

伊 東 治己 (2014)~フィンランドの小学校英語教育』東京 研究 社

伊 東 治 己 ・福 島知津 子 (2008)Iフィ ン ラ ン ド の小学 生 の 英 語 ラ イ テ ィ ン グ 能

力 の 分析 一日本人 英 語 学 習 者 と比較 し な が らーJ~四国英語教育学会紀要』

第 28号,pp.23-36.

Matsuoka, S. (2006).The roleof native language inJapanese EFL / ESL learner's

recurringerrors: a Iiterature review on language transfer.~龍谷大学国際センタ

ー 研 究 年 報』 第 15号,pp.84-1 09

(14)

毛 利 可 信 (1980)~英語の語用論』東京 大 修 館 書 庖

Ringbom, H.(1987). The role of thefirstlanguage inforeign language learning

Clevedon: Multilingual Matters LTD 角 田 太 作 (1991)~世界の言語と日本語 言 語 類 型 論 か ら見 た 日 本 語 』 東 京 : く ろ し お 出 版 吉 田 斤 吾 (2010)~フィンラン ド語文法ハンドブック』東京 白 水 社 吉 田 斤 吾 (2014)~フィンラン ド語のしくみ<新版>~東京 。 白水社 40

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :