混合木蝋二塩基酸の融點について-香川大学学術情報リポジトリ

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

壷省議鮒銅器莱謂十碍尋琳相関首本瀾肪汲㌻三慧酸望N。荒壁誉C鳶H券讐るに

懲り、融鮎\闘九撃︵蹄彗ノの脂肪酸のエ≠ル・エ空デル 解を殆んど肇化せず、純粋晶の如き感があるか、蛸商状態よゎ凝固すろ時の模様その他より、冊禁物質とは考え られや、罠①NC。︵C試N︶誉CO籠及嵩ONCぺC出N︶−00。CO誌より成る混食療養僚Ⅵエチル。土スデルである と報常して患いた。 右場合療養酸抄芸ノル。宣スチルは敵地わ疲﹂駿で分解すると′、融聖妄1二六壕の脂肪酸になる。こ の脂肪酸も亦、蕗管冊によ牒融鮎を殆んぜ欒化せ賛、そのメチル。 を翠励られ摩︰クロマトぞファ法を試みたが、二晩分の分節に成功七なかつ冤然し著者はその試料が二成分よ り成るヱとを飽く迄信ず藩$ので譲り、その語間の瑚材料士して、∴苦もゃ嶺山刃︶賢ハ=p態、とHONC甘ハC誉︶−00 。CO態との廟々の割合の混合物を作・り、その融鮎を測定して見た。その結灘は☆同松控寄論叢原稿とし、繭締着 へ甥んで患いたが、義範の海必焼香㌣、癒着自身も亦膠虜じ、、叫切の報告材料を犬つたこと、餞令とする朗であヾ ノ 一 環含水闇二塩基融の融鮎について

ヤ 糧食本観二塩基磯野敵激にりいて

たと

′.●.1■一 ■一rl.

名 七

川 心七

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(2)

る。華警繭することは到底恥禁仏いととであるが、今記憶に轡品練の大筋の形を嵩き、簾∵及第三厩としで 掲裁のこと聡した。

空相㌍感叢姦亨七時は、毎聖∴千→壱鍵の急が容易灯沼釆、この嘔合物と欒警∴車上

/ 二王鑑り試射との況顧訳駿精巣は、融鮎降下を雷管繭者の成誉鱒が大望苫hものと見るべ考である。

舞忘に於て、Aは出慧CぺC誉︶串。CO誌電動三三

慧軍︵融畢⋮二六。九よ恒ノ蔓。壷︶堅ボ七、撃密把於てA璧厨宣宣文官草邑至急官主欝貰

c // 囲︿こハブ化用命八宅、日放持乳︰も戦。︵C誉︶篭C口付C誌二融郡六両せ○⊥ニュ扉整率す。

普‡十温度

温度

キー卜

÷嘉套志士土

イト

︻−叫岬−−伸 晃にナLiTt﹁‡⊥⊥む ︰“ ■=.︰∵い 叫−︻ − 二 一 番二十霧†仰師十班 Tて†‡⊥ − 血 リ...↓

1

TエサT■﹂サ⊥† ﹁ .﹁巨トトー巨一虹甘 も息﹁﹁ 山 − ・−二∴ニ・“ ∧♂ TヰJT 叫.け ユユユ T十十ふ

・仰

J_⊥__.L..−.し 止一一−−‥一 ′q㌢ら 叩、、一⋮,⋮⋮▼′ツー′′し一′岬 叫 〝一仰 卜 小

W

β% −−・敵

軍二滞

葦‡ †.111し l−−トーー・・・ ・ 1l ′・−・ γ率ふ巨アヤふt 貰耳斗す† 朋∴∵予 測−叶⋮ ㌣ L−L一1J廿止−■†蔓−−−J!1t・・−−ユ

渾珪甘昔擁 ︼ 一

︸、抽 ㍗LrrL†.十王﹂巨﹁

庶巷 ∵﹂

gU

.−一工トト⋮ふ彗 加

氏卜十十王 一岬

、 ∵ “

〟+ふ ′㌧ 一“〆ノ .1﹂ ポ岬’ ・伽紳丁月% β%一噌 ■、

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :