国 清 寺 パ ス パ 字 モ ン ゴル 文 聖 旨碑 松川 節

10  Download (0)

Full text

(1)

国 清 寺 パ ス パ 字 モ ン ゴル 文 聖 旨碑 松川 節

は じめ に

本 稿 で 紹 介 す る パ ス パ 宇 モ ン ゴル 文 聖 旨碑 は,管 見 の 限 り,学 界 に報 告 さ れ て お らず, 歴 代 の 地 方 志 ・金 石 志 に も言 及 され て い な い。 筆 者 は,2011年9月 に 立 正 大 学 の 三 友 健 容 氏 と桐 谷 征 一 氏 よ り,写 真 の 提 供 と解 読 依 頼 を 受 け た 。 こ こ に,そ の 研 究 成 果 を 報 告 す る 。 も と よ り,碑 石 に 就 い て 解 読 した わ け で は な く,不 明 な 点 も 多 い が,本 聖 旨碑 は,こ の 種 の モ ン ゴル 文 命 令 文 と して,今 ま で に な い ユ ニ ー ク な 内 容 を含 む こ とが 判 明 した た め,先 ず は 予 備 的 な研 究 成 果 と して 公 表 す る もの で あ る。

1.碑 石 の 現 況

碑 石 は 現 在,中 国 漸 江 省 台 州 市 天 台 県 に あ る 国 清 寺 の 収 蔵 庫 に 保 管 され て お り,パ ス パ 字 モ ン ゴル 文 聖 旨碑 を 取 り囲 む よ うに 刻 経 の 碑 片 が 嵌 め 込 ま れ,一 枚 の 石 板 状 に な っ て い る。 桐 谷 氏 に よ る と,刻 経 の 大 部 分 は 法 華 経 で,す べ て 同 筆 と み られ,お そ ら く唐 代 の も の で あ る。 そ して こ れ ら は,同 寺 境 内 に 立 っ て い る通 称 「晴 塔 」 の 内 部 か ら 出 土 した も の と思 わ れ る とい デ 。 仮 に刻 経 碑 とパ ス パ 字 モ ン ゴル 文 聖 旨碑 が 共 に 階塔 か ら出 土 した もの で あ っ た と して も,原 初 に は どの よ うな 状 況 で 存 在 した もの か,判 然 と しな い。 成 立 の 時 代 が 違 い,内 容 も 異 な る の で,現 状 の よ うに牧 蔵 す る段 階 で ま とめ られ た 可 能 性 も否 定 で

き な い 。

注 目す べ き こ とは,周 圏 の 漢 文 刻 経 碑 片 と比 べ る と,パ ス パ 字 モ ン ゴ ル 文 聖 旨 碑 の み が 天 地 逆 に 嵌 め 込 ま れ て い る こ と で あ る(写 真1参 照 〉。 こ び)こと は,こ れ らの 碑 片 が 一枚 の 石 板 上 に ま と め られ る段 階 で,パ ス パ 文 字 に つ い て の 知 識 が 無 く な っ て い た こ と を 示 唆 して い る 。

写 真1

1『 国 清 寺 志 』(rl995>の 「晴 塔1の 説 明 に よ る と

,塔 び)内壁 に は 法 華 経 石 刻 碑 が 鑛 嵌 さ れ て お り,部 分 的 に 剥 落 し て い たC}民 国 年 間 に こ れ ら 剥 落 し た 石 碑 を 三 聖 殿 前 の 東 西 廟 虜 に 移 管 し,壁 上 に 鑛 嵌 し た と い う。See丁1995,pp.294‑295.

(2)

2.テ キ ス トの 転 写 ・逐 語 訳 ・語 註

譲獺 聾

写 真2

テ キ ス トは,全 部 で11行,パ ス パ 文 字 モ ン ゴ ル 文 で 書 か れ て お り,縦 書 き で,行 は 左 か ら右 に 読 ま れ る(写 真2参 照)。 内 容 は,い わ ゆ る 「大 元 ウ ル ス 書 式 」 に 則 っ た 命 令 文[松 川1995参 照 ⊃ で あ り,ll行 口 にjarliqmane「 お お せ ← わ れ ら が 」 と あ る こ と か ら,大 元

ウ ル ス 大 ハ ー ン の 発 令 のjarliq/聖 旨 で あ る こ と が 想 定 さ れ る 。 し か し,書 式 と 文 脈 か ら 判 断 す る に,現 存 す る の は 全 体 の 後 半 部 分11行 だ け で あ り,ま た,お そ ら く 碑 面 の 下 部 三 分 の 報 度 が 切 り 取 ら れ て 存 在 し な い た め,我 々 が 実 際 に 一#にし て い る 碑 面 は,全 体 の う ち 黛 分 の 一程 度 と 思 わ れ る 。 な お,文 脈Lさ ら に12〜14行 日 が 存 在 し,発 令 日 と 発 令 地 が 記 さ れ,14行 目 で 全 体 が 完 結 す る は ず だ が,こ の 種 の 命 令 文 の 書 式L,最 終 の3行 は ドの 方 か ら 書 き 始 め ら れ る の で,現 存 す る 碑 面 に は 収 ま っ て い な い,,ま た,こ の 種 の 命 令 文 碑 は, 往 々 に し て モ ン ゴ ル 文 原 文 とal貞1訳 体 漢 文 と の 合 壁 で 伝 存 し て い る が,本 碑 の 場 合,漢 文

2

(3)

面 の 存 在 に 関 す る 情 報 は 得 ら れ な か っ た 。

モ ン ゴ ル 文 テ キ ス トの 移 録 に 際 し て は,パ ス パ 文 字 フ ォ ン トに よ る 再 構 を 提 示 す る こ と に よ っ て 翻 字(TRANSLITERATION)は 省 略 し,転 写(transcription)の み を 提 示 し た。 転 写 方 式 は リ ゲ テ ィ 式2に 拠 っ た 。

01

0203

≡ヨ 〔N

萎 垂 理 酉 冒 謬 剖 コ ヨ 費 5 固 5 碧 実 嚢 交昊 霧 焚 團

04

ヨ 吊ヨ ヨ 冒 型 岩 醒 霞 天出 要 ・5 国 里 四 岩 型 詔 頭 E d 團 輿 倒 §

06

出 蕊 q 誤 国 理 5 司 倒 ヨ ヨ コ 冒

07

国 圖 陀 倒 田 覇 霧 倒 天 衷 ヨ 笥 翼

08

詔 出 コ ヨ 謹 要 輿 倒 空 ヨ 碧 需 霧 入 09 q エ .ピ 旧 q 田 ピ E d , ﹃ q E 旧d ‑エ﹃ 型 馴 司 q 四 工 d 旧d d 旧 凹 副則 d

10

翻 ヨ 題 ヨ 粛 ヨ 遷 国 圖 蟹 畢 ヨ

11

塁 題 引 團 碧 国 葡 司 副 嚢 藝 函

transcription

01:///////////////man‑u//////////

02:t[abun]hon‑duryeriisumes‑idebte//////////////////////////////////////////////////////////

03:aju'uji‑uengorindolo'anhon‑u////////////////////////////////////////////////////////////

04:Gue‑cing‑zisume‑yinneredoyid‑un///////////////////////////////////////////////////////

OS:gagarqay‑aesebiciju'uyosuii[ge'iii]////////////////////////////////////////////////[to‑]

06:‑yid‑iere'iilejuGue‑cing‑zisii[me]//////////////////////////////////////////////[gari‑?]

07:一'ulu'asuya'unkenocibeied[e]//////////////////////////////////////////////////////[sii‑]

2SeeLigeti1972

,pp.13‑19.

(4)

08:‑me‑yidebted‑unyosu'arsen‑uenbolgano//////////////////////////////////////////////

09:ere'iilejiihuja'ur‑duranugari'ulbayiba(?)/////////////////////////////////////////////////

10:‑tugeikebeieyinke'iilii'edburiinte/////////////////////////////////////////////////////////

11:jarliqmanutawlayijilnamur‑unhecii[szara‑yin]//////////////////////////////////////

Ol:///////////////わ れ ら の//////////////////////////////////////////////////////////////////////

02:[五]年 に 総 じ て 寺 院 を 籍 冊/////////////////////////////////////////////////////////////////

03:で あ っ た 。 至 元 二i一 七 年 の/////////////////////〃/////////////〃//////////////////////////////

04:国 清 寺(の)寺 院 の 名,僧 侶 た ち の//////////////////////////////////////////////////////

05:明 自 に 書 か な か っ た 。 道 理[な き]//////////////////////////////////////////////////僧 06:侶 た ち を 罰 し て,国 清 寺(の)芋 院//////////////////////////////////////「戻 さ?]

07:せ る な ら ど う か 」 と 言 っ て 奏 上 し た 。 こ れ ら////////////////////////////////////寺 08:院 を 籍 冊 の 体 例 ど お り に 禅 院 と な し て//////////////////////////〃///////////////////////

09:罰 し て,も と に(← 彼 ら の)戻 さ せ た 。////////////////////////////////〃////〃/////〃/

10:〜 す る よ う に 」 と 言 っ た 。 こ の よ う に 言 わ れ て い る に も か か わ ら ず/////

ll:お お せ(← わ れ ら が)は ウ サ ギ の 年,秋 の 最 後[の 月 の]///////////////////

語 註

01:最 初 の 行 は,man‑urわ れ ら の 」 の み し か,写 真 か ら は 読 み 取 る こ と が で き な い 。 今 後 の 課 題 と し た い 。

02:t[abun]han‑dur「[五]年 に 」

冒 頭 に 了一音 字tが 見 え て い る 。t一 で 始 ま る 数 詞 はtabunlr̲」 の み で あ る た め,t[abun]

と補 っ た 。

02:yerusumes‑idebte〃/「 総 じ て 寺 院 を 籍 冊/〃」

yeruは,『 華 夷 訳 語 』(2:13b1,2:25a3,3:18b2)に 在 証 例 が あ り,傍 訳 は い ず れ も 「総 」 で あ り,か つ 副 詞 的 に 用 い られ て い る 。debte///は,名 詞debter「 冊 子 」(see『 元 朝 秘 史 』 08:31:02,§203;傍 訳 は 「冊 」)あ る い は そ の 複 数 形debted(see本 テ キ ス トの08行 目), ま た は,動 詞debterle‑「 冊 一rに 記 録 す る,籍 す る1(see『 元 朝 秘 史 』08:31:02,§203:傍1 訳 は 「造 冊 」)の 可 能 性 が 考 え ら れ る 。

03:v.Jl‑dengorindolo'anhon‑u「 至 元 二 十 七 年 の 」

Ji‑uenは 漢 字 「至 元 」 を 音 写 し た も の 。 至 元 二}一 七 年 は 西 暦1290年 に 当 た る 。 04:Guy‑cing‑zlsume「 国 清 寺(の)寺 院 」

Gu曵 一cing‑Z1は 漢 字 「国 清 寺 」の 音 写 で,06行 目 に も あ ら わ れ る た め,読 み に 問 題 は な い 。 国 清 寺 は 天 台 宗 の 発 祥 地 で あ り,日 本 や 朝 鮮 半 島 の 「天 台 宗 の 祖 庭 」 と も い わ れ て い る 。 天 台 宗 の 実 質 的 な 開 祖 ・智 顎(538‑597年)に よ っ て 階 の 文 帝 の 開 皇{一 八 年(598年)に 着 工 さ れ,蝪 帝 の 大 業 元 年(601年),勅 に よ っ て 国 清 寺 と な り,義 寧 元 年(617年),全 面 的

4

(5)

に 竣 工 し た 。唐 代 に な っ て,最 澄 が 訪 れ た 貞 元 二 十 年(804年)の 頃 は 繁 栄 を 誇 っ て い た が , 会 昌 の 廃 仏 令 に よ っ て 破 壊 され,宣 宗 が 即 位 す る や 再 建 され た 。 大 中 七 年(853)に 円 珍 が 訪 れ た の は,そ の 直 後 で あ っ 左 。宋 の 建 炎 四 年(ll30年),高 宗 は 詔 し て 国 清 寺 を 禅 宗 と し, 禅 宗 「江 南 十 刹 之 一 」 と な し た 。 元 代 も 禅 宗 の 優 位 は 続 い た が,『 大 明 高 僧 伝 』 に よ る と,

‑L天 竺 台 宗 高 僧 ・性 澄(1265〜1342)の 上 奏 に よ り,フ ビ ラ イ が 璽 書 を 賜 っ て 天 台 宗 祖 の 地 位 を 恢 復 させ た3と さ れ る[斎 藤1998,PP.172‑186]。

05:gagarqay‑a「 明 白 に 」

qaqarqaiに 与 位 格 一aが 付 き,副 詞 化 し て い る 。『華 夷 訳 語 』に 「明 白 中合 中合 児 核 」(1:28a3, 2:25bl)と 在 証 さ れ,ま た,大 元 ウ ル ス ・モ ン ゴ ル 文 命 令 文 の 在 証 例 と し て はgagarqaijarliq

「明 白 な 聖 旨 」/明 白 聖 旨 が あ る(タ ツ の 年[至 元17年 ,西 暦1280年]ll月 初5日 付, 周 屋 大 重 陽 万 寿 宮 ・李 道 謙 宛 て パ ス パ 字 モ ン ゴ ル 文 ・直 訳 体 漢 文 合 壁 フ ビ ラ イ 聖 旨 碑4)。

06:ere'uleju「 罰 し て 」

『元 朝 秘 史 』 にrere'u】(涌/罪 着 」(09:34:08,§224)と あ る 。 傍 訳 の 「罪 着 」 は 「罰 して 」 の 意 。

06‑07:[gari‑]'ulu'asu「[戻 さ?]せ る な ら 」

07行 目 冒 頭 の 一'u1一が 使 役 を 意 味 す る 動 詞 接 尾 辞 で あ る た め,06行 目 末 尾 に は 後 舌 母 音 を 持 つ 何 ら か の 動 詞 語 幹 が 位 置 す る は ず で あ る 。3.3.で 後 述 す る よ う に,06.07行 目 で 奏 上 し た 内 容 を う け て,08‑10行 目 で 命 令 が 出 さ れ て い る の で,こ こ で は09行 目 と 同 じ 動 詞 qari‑'ul一が 使 わ れ て い る 可 能 性 が 高 い 。 な お,一'asuは モ ン ゴ ル 文 語 の 一basuに 相 当 し,仮 定 を 意 味 す る 副 動 詞 で あ る 。

07:ya'un「 ど う か 」

ya‑'unの'unは,写 真 で はqunの よ う に も 見 え る が,文 脈 上,ya‑'unと 読 み た い 。 『元 朝 秘 史 』 のya‑'unの 傍 訳 は 「甚 磨 」,「 甚 」,「 如 何 」。

08:sen‑denr禅 院 」

『蒙 古 字 韻 』 に よ る と,vsenは,「 鑓 」 「輩 」 「蝉 」 「揮 」 「揮 」 「揮 」 「漉 」 「善 」 輝 」 「鄭 」

「繕 」 「檀 」 「膳 」,uenは,「 元 」 「原 」 「源 」 「垣 」 「園 」 「援 」 「媛 」 「員 」 「圓 」 「院 」 「遠 」 「願 」

「院 」 な ど が 再 構 で き る5 。 前 後 の 文 脈 よ り,「 禅 院 」 と再 構 す る の が 最 もふ さわ しか ろ う。

09:huja'ur「 も と 」

huja'urの 原 義 は 「根 源 」,「 元 」 で あ り,副 詞 的 に 「元 々 」 と使 わ れ る 例 も あ る 。 こ こ で huja'ur‑duranuqari'ulbayiの 文 字 ど お り の 意 味 は,「 彼 ら の 元 に 戻 させ た(=戻 し た)」 と い う こ と だ が,誰(主 語)が 何(目 的 語)を 元 に 戻 し た の か,前 が 欠 け て い て 明 ら か で な い 。

『元 朝 秘 史 』 のhuja'urの 傍 訳 に は 「根 源 」,「根 脚 」,「尖 」,「根 」 と あ る が,こ の う ち の 「根 脚 」 は,『 元 典 章 』,『 通 制 條 格 』 の モ ン ゴ ル 文 直 訳 体 部 分 で,「 裏 」 を 伴 っ て 「根 脚 裏 」 と

3『 大 明 高 僧 伝 』(Taisho2062)「 因 天 台 國 清 實 台 宗 講i寺 後 易 爲 暉

。 乃 不 遠 籔 千 里 走 京 師 。 具 奏 寺 之 建 置 顛 末 茜 制 之 由 。 元 世 祖 賜 璽 書 復 之 。 」

4松 川2007

,P.141,No.ll;Ligetil972,P.30,1.5.

5照 ・楊1987

,pp.99(下10a),102(下llb一 下12a)を 参 照 。

(6)

な り,「 本 来 」 の 意 味 で 頻 出 す る[田 中2000,pp.340‑344]。 そ れ ゆ え,こ こ で は,「 彼 ら の 本 来 の 状 態 に 戻 し た 」 と想 定 で き る 。 一方 で,本 田 が 指 摘 す る よ う に,フ レ グ ・ ウ ル ス の イ ク タ ・̲一一.制に お い て,uJaγur〜hOJ盃 而rは イ ク タ ー.11に 授 与 さ れ た 農 民 の 「本 貫 地 」 と い う意 味 で 使 わ れ て い る 「本 田1991]こ と も 注 目 に 値 す る 。

10:eyinke'ulu'edburiin「 こ の よ う に 言 わ れ て い る に も か か わ らず 」

大 元 ウ ル ス 発 令 モ ン ゴ ル 文 命 令 文 に あ ら わ れ る 威 嚇 文 言 の 川 だ し の 部 分 。5つ の 存 証 例 が 知 ら れ て い る 。 一・例 を 挙 げ る と:

eyinke'ulu'edburunbusibolgaqunharanulu'uayuqun/這 般 暁 諭 了 別r的 人 不 伯 那 甚 歴 こ の よ う に 言 わ れ て い る に も か か わ ら ず,違 え る 者 た ち は 恐 れ な い の で あ る か!(ト リ の 年(至 治 元 年 辛 酉,西 暦1321)ll月 初10日,保 定 路 易 州 龍 興 観 そ の 他 道 観 の 王 進 菩 た ち を 長 と す る 道 士 た て 宛 て パ ス パ 字 モ ン ゴ ル 文 ・直 訳 体 漢 文 ・合 壁 ダ ギDagi皇 太 后 S旨 碑6)

す な わ ち,「 こ の 命 令 の 発 令 対 象 者 は,こ の 命 令 の 中 で そ の よ う に 言 わ れ て い る に も か か わ らず,そ れ 以 外 の こ と を み だ り に 行 う こ と が な い よ う に 」 と い う威 嚇 の 文 言 で あ る 。

3.内 容 分 析

本 碑 は 首 尾 を 欠 き,発 令 者 ・発 令 年 ・発 令 対 象 者 な どが 具 体 的 に 示 され て い な い た め, 同 種 の 命 令 文 の 書 式 ・定 型 表 現7か ら,内 容 を推 定 せ ざ る を 得 な い 。

3.1.発 令 年 「ウ サ ギ の 年 」 の 特 定

ll行 目 は,大 元 ウ ル ス 命 令 文 の 定 型 表 現 で,発 令 年 月 日 を 示 す 。 本 碑 で は,発 令 年 が 「ウ サ ギ 」 の 年 で あ り,発 令 月 が 「秋 の 最 後 の 月 」,す な わ ち8刀 で あ る こ と ま で が わ か る 。

と こ ろ で,大 元 ウ ル ス の 命 令 文,特 に 大 ハ ー ン 発 令 の ジ ャ ル リ グ(聖 旨)に お い て,ほ と ん ど の 場 合,文 中 で 「チ ン ギ ス ・ハ ン,… 」 と 先 例 ハ ー ン ・名 を 列 挙 し,権 威 の 継 承 を 明 示 す る 文 言 が あ り,先 代 の ハ ー ン ・名 ま で が 提 示 さ れ る た め,本 命 令 文 が 誰 の 発 令 に よ る も の で あ る か 絞 り こ む こ と が で き る8が,残 念 な が ら,本 碑 で は そ の 部 分 が カ ッ ト さ れ て い る た め,こ の 方 法 に よ る 発 令 者 の 特 定 は で き な い 。

そ の 一 方 で,大 元 ウ ル ス 大 ハ ー ン 発 令 の モ ン ゴ ル 文 ジ ャ ル リ グ(聖 旨)に お け る 発 令 年 の 表 記 は,フ ビ ラ イ 〜 イ宗 ア ユ ル バ ル ワ ダ 治 世 ま で(1260〜1320年)は,12年 動 物 周 期 の み で 記 され(例:「 ヒ ツ ジ び)年」),英 宗 ス ィ デ ィ バ ラ 以 降(1321年 〜)は 漢 語 元 号 の 音 写+

12動 物 名 で の 表 記 に な る(例:「 至 治 モ年 ブ タ0)年 」)9。 本 碑 は12動 物 名 の み で 表 記 さ れ て い る た め,パ ス パ 文 字 が 公 布 さ れ た1269年 以 降,1320年 ま で の ウ サ ギ 年 が 候 補 に な る 。 す な わ ち,1279年,1291年,1303年,1315年 で あ る 。

6松 川2007

,p.145,No.34,Ligetil972,p.71,Ll6.

7大 元 ウ ル ス 命 令 文 の 書 式 に っ い て は

,松 川1995を 参 照 。

8See松 川1995 ,p.41.

9S ee杉 》 目1995.p.44.

(7)

03行 目 に 「至 元 二 十 七 年 の … 」 と あ る 。1290年 で あ る 。 そ れ ゆ え,発 令 年 の4つ の 候 補 の う ち1279年 は 無 く な り,フ ビ ラ イ 治 下 の 至 元 二 十 八 年 ウ サ ギ 年(1291年),成 宗 テ ム ル 治 下 の 大 徳 七 年 ウ サ ギ 年(1303年),仁 宗 ア ユ ル バ リ ワ ダ 治 下 の 延 祐 一二年 ウ サ ギ 年(1315 年)の い ず れ か に 絞 り 込 ま れ る 。

3.2.発 令 対 象 者

04行 目 と06行 目に 「国 清 寺 」と漢 字 音 写 の 形 で 出 て い る。そ れ ゆ え,断 定 は で き な い が, こ の命 令 は,天 台 山 国 清 寺の 誰 か を発 令 対 象 者 と して 出 され た も の で あ る 可 能 性 が 高 い 。

3.3.発 令 内 容

碑 文 テ キ ス トの 存 在 して い る 部 分 に,伝 存 す る 大 元 ウル ス ・モ ン ゴル 文 命 令 文 に典 型 的 な免 税 特 権 付 与 の 内 容 は 見 られ ず,以Fの よ うに,寺 院 の 宗 旨 登 録 に 関 す る 内 容 の よ うで あ る。

1)02行 目:「 × ×五 年 」 す な わ ち,至 元 五 年(1268),1一 五 年(1278),二 十五 年(1288), 大 徳 五 年(130Dの い ず れ か の年 に 「総 じて 寺 院 を 冊 【に 籍 した 】」,っ ま り,寺 院 を な ん

らか の リス トに 登 録 した と書 か れ て い る。 寺院 登 籍 に 関 わ る 関 連 資 料 は,管 見 の 限 り見 つ け られ な か っ た 。 な お,寺 院 そ の も の で は な い が,『 通 制 條 格 』 「戸 令 」 の 「寺 院 佃 戸 」 の 条10に,寺 院 所 属 の 佃 戸 の 戸 籍 に 関 わ る 記 述 が あ る 。 そ れ に よ る と,「 俺 寺 家 的 佃 戸 毎 根 脚 裏,亡 宋 時 分 在 後 寺 家 的 冊 裏 也 籍 着 來 」,「亡宋 時 分 百 姓 的 敷 目裏 籍 着 來 」,「後 頭 世 祖 皇 帝 聖 旨 裏 虎 見 年 抄 藪 戸 計 時 分 也 百姓 的 冊 裏 籍 着 有 來 」 の 下 線 部 の よ うに 寺 院 佃 戸 を 「冊 に 籍 す る 」 とい う表 現 が 見 られ る。

2)03行 目に 至 元 ニ ート七 年(1290)と あ る が,こ の 年 に 何 が あ っ た の か,文 脈 か ら辿 る こ と は で き な い 。 前 後 の 行 の 内 容 か ら推 測 す る と,江 南 に お け る 戸 口調 査(二 十 七 年 抄 戸)に 言 及 して い る の か も しれ な い。 上 に 引 用 した 『通 制 條 格 』 「戸 令 」 の 「寺 院 佃 戸 」 の 条 に 見 え る 「虎 見 年 抄 敷 戸 計 時 分 」 の トラ年 も 同 じ至 元 二 十 七 年 で あ る。 戸 口 調 査 と並 行 して, 寺 院 の 登 籍 も行 わ れ た とい う こ とだ ろ うか 。

3)07行 目にocibei「 奏Lし た 」 と あ る 。 知 られ て い る モ ン ゴ ル 語 命 令 文 の 文 脈 に 「bidan‑a ocidkiin我 らに 奏 上せ よ/俺 毎 根 底 奏 者 』」(タ ツ の年(至 元17年,西 暦1280年)ll月 初5

日付,周 屋 大 重 陽 万 寿 宮 ・李 道 謙 宛 て パ ス パ 字 モ ン ゴ ル 文 ・直 訳 体 漢 文 合 壁 フ ビ ラ イ 聖 旨

10『 通 制 條 格 』 「戸 令 」寺 院 佃 戸 大 徳 三 年 七 月 初 三 日中書 省 奏:江 南 有 的種 佃 寺 家 田地 的 佃 戸 毎 ,依 在前 楊 総 統 説読 奏 了,「 俺 寺 家 的佃 戸 毎根 脚 裏,亡 宋 時 分 在 後 寺 家 的 冊 裏 也 籍 着 來,不 干 他 毎 事 。 管 民 官 説 俺 合 管 麿 道,教 生 受 有。 依在 前膿 例 裏則 教 俺 管 呵,急 生?」 歴 道 奏 過,要 了 聖 旨來 。 前者,又 管 和 尚的 官 人 毎,依 着 在 前楊 総 統 朦朧 奏 來 的 奏 了,「 有 氣 力 的教 當 差者,無 氣 力 的 休 教 當 者,管 民 官 休 管 者 。」 麿 道,行 了 聖 旨有。 俺 商 量 來:亡 宋 時 分 百 姓 的 敷 目裏 籍 着 來,後 頭 世 祖 皇帝 聖 旨裏 虎 見年 抄敷 戸 計 時 分 也 百 姓 的 冊 裏 籍 着 有 來,更 兼 「俗 人 休 教 和 尚 管 者 。」 磨 道,在 先 有行 來 的 聖 旨;則 杭 州 省 裏 管 着 寺 家 的 佃 戸 約 伍 拾 萬 戸 有 鯨,教 和 尚 有 管 呵,別 着 大 禮 例 的 一般 有 。 倣 佃 戸 種 田呵,依 膿 例 種 佃 也 者 。 依 在 前 聖 旨膿 例 裏,則 教 管 民 官 毎 管 呵,急 生?商 量 來,奏 呵,奉 聖 旨:是 也 。 和 尚毎 休 管 者 。 教 管 民官 管者 。 欽 此。

(8)

碑1り と い う下 行 命 令 表 現 は 在 証 さ れ て い る が,L行 文 書(お そ ら く は そ の ダ イ ジ ェ ス ト) が 引 用 され る 例 は 初 め て で あ る 。 こ こ に 見 られ る 一'asuya'unkenocibeir〜 す れ ば ど うか と 言 っ て 奏 上 し た 」 と い う 表 現 は,『 元 典 章 』,『 通 制 條 格 』 に 頻 出 す る 「〜 呵,V?腰 道 奏 了 」 と い う 直 訳 体 漢 文 の 表 現 形 式 の モ ン ゴ ル 語 原 文 と 見 な し て,間 違 い な か ろ う。

4)08行 目:「(寺)院 を 籍 冊 の 体 例 ど お り に 禅 院 と な し て 」 と 読 め る と す る と,大 元 ウ ル ス 治 下 の 国 清 寺 が,禅 宗 → 天 台 宗 → 禅 宗 と い う経 緯 を 辿 っ た と い う 可 能 性 が 生 じ る 。

5)09行 目 に 「罰 し て,も と に 戻 し た 」 と あ る 。 寺 院 の 宗 旨 が 問 題 と な っ て い る とす る と, 国 清 寺 を 禅 宗 に 戻 した と想 定 で き よ う。

以1の 分 析 に お い て,特 に 注 目 す べ き こ と は,07行 目 途 中 ま で が 奏Lし た 内 容 で あ り, そ れ を 承 け て,07行 〔 末 〜10行 目 の 「〜 す る よ う に 」 ま で が 実 際 の 命 令 の 内 容 と な っ て お

り,両 者 の 内 容 は ほ ぼ … 致 す る と 見 な し え る こ と で あ る 。

以 上 よ り,こ の 聖 旨 の 命 令 内 容 は,今 ま で に 知 ら れ て い る パ ス パ 文 字 モ ン ゴ ル 文 に よ る 大 元 ウ ル ス ・大 ハ ー ン の 命 令 に 典 型 的 な,芋 院 へ の 免 税 特 権 付 与 で は な く,寺 院 の 宗 旨 を 過 去 の 登 録 時 の 禅 宗 に 戻 す も の で あ る と 思 わ れ る 。

4.歴 史 的 背 景

本 碑 文 の テ キ ス トは 断 片 的 で あ り,発 令 年 が 確 定 で き な い こ と,ま た,フ ビ ライ 〜 仁 宗 ア ユ ル バ ル ワダ 治 世 ま で(1260〜1320年)の 国 清 一与に つ い て,極 め て 零 細 な 史 料 しか 残 さ れ て い な い こ とか ら,い か な る歴 史 背 景 か ら本 命 令 文が 発 令 され た の か,現 段 階 で は 憶 測 の 域 を 出 な い。 こ こで は,見 通 しの み 提 示 して お く。

フ ビ ライ が,禅 宗 と,天 台 宗 な ど禅 宗 以 外 の 諸 宗(二 一教 宗)と を,い か に 遇 した か に っ い て は,陳 高 華 に よ る研 究 が あ る。 そ れ に よ る と,13世 紀 前 半,海 雲 印 簡 と万 松 行 秀 に 代 表 され る 華 北 の 禅 宗 は,モ ン ゴ ル 政 権 の庇 護 を受 け て い た が,13世 紀 半 ば 以 降,フ ビラ イ は チ ベ ッ ト仏 教 サ キ ャ 派 と の つ な が りを 強 め た 結 果,禅 宗 の 影 響 力 は 次 第 に 低 下 した 。 南 宋 接 収 後,フ ビ ラ イ は 江 南 に 教 宗 が 流 通 して い な い とい う理 由 で,北 方 か ら禅 宗 以 外 の 僧 侶30人 を 派 遣 し,江 南 に 「御 講 一ヨ ー六所 」 を 設 立 させ た。 これ に よ り,若Fの 禅 宗 寺院 は 教 宗 に 宗 旨 を 易 え た 。 至 元25年(1288),フ ビ ラ イ は 江 南 の禅 宗 と教 宗 の 代 表 人 物 を 大 都 に 招 聰 し,弁 論 を行 わせ,結 果 と して 禅 宗 に 対 す る教 宗 の 優 位 を決 定 した 。 こ の 後,天 台 宗 な どの 勢 力 は 明 ら か に 盛 ん に な り,禅 宗 が 優 勢 で あ っ た 漸二江 天 台 国 清 寺 も こ の 時 に 天 台 宗 が 奪 回 したi2。

以 上 の よ うに,陳 高 華 に よ る と,南 宋 接 収 後 の フ ビ ラ イ は,む しろ 教 宗 を 持 ち 上 げ る こ と に よ っ て,禅 宗 勢 力 の 抑 え 込 み を 意 図 して い た 。 そ うで あ る とす る と,本 聖 旨碑 が,最 終 的 に 「̀7院を 籍 冊 の 体 例 どお りに禅 院 と な して 」,す な わ ち 国 清 寺 を,以 前 に 登 録 され て い た とお り禅 院 とな す と命 令 して い る こ とは,時 代 状 況 か ら 見 て,至 元 一二十 八 年 ウサ ギ 年

Il松 川2007

,p.141,No.11;Ligeti1972,p.31,1.40.

1211東1991

,pp367‑369.

8

(9)

(1291年)の フ ビ ライ の 発 令 とは 考 え に くい 。 これ に 対 して,成 宗 テ ム ル は,禅 宗 抑 圧 策 を 緩 め,対 江 南 仏 教 政 策 の 転 換 を 図 っ た こ とが 指 摘 され て い る13た め,成 宗 テ ムル 治 下 の 大 徳 七 年 ウ サ ギ年(1303年)に 禅 宗 庇 護 の た め に こ の よ うな 聖 旨 が 発 令 され た 可 能 性 は 十 分 に あ る。 仁 宗 ア ユ ル バ リ ワ ダ 治 下 の 延 祐 二 年 ウサ ギ 年(1315年)の 状 況 にっ い て は,今 後 の 課 題 と した い。

お わ りに

本 聖 旨碑 に つ い て,現 時 点 に お け る 筆 者 の 解 釈 を 以 下 に ま とめ て お く。

パ ス パ 文 字 モ ン ゴル 文 で 記 され た 本 聖 旨jarliqは,天 台 国 清 寺 に 対 して,ウ サ ギ 年8 .月 に発 令 され た 。 発 令 年 と発 令 者 につ い て は,1)至 元 二 十・八 年 ウ サ ギ年(1291年)の フ ビ ラ イ の 発 令,2)大 徳 七 年 ウサ ギ 年(1303年)の 成 宗 テ ム ル の 発 令,3)延 祐 二 年 ウサ ギ 年(1315 年)の 仁 宗 ア ユ ル バ リワ ダ の 発 令,以 一ヒ3つ の 可能 性 が あ る。 発 令 内 容 は,「 『至 元 十 五 年 あ るい は 至 元 二 十 五 年 に,総 じて,大 元 ウル ス 治 下 の(旧 南 宋 領 の)寺 院 を 籍 冊 に 登 録 し, 国 清 寺 は 禅 宗 寺 院 と され た 。 一 方,至 元 二 十 七 年 の 旧南 宋 領 の 戸 口調 査 に お い て,国 清 寺 の 名 称 と僧 侶 た ち の??な どが,は っ き り と記 録 され な か っ た 。 道 理 な き 事 々 を お こ な っ た 僧 侶 た ち を罰 して,国 清 寺 を籍 冊 の 体 例 どお り に禅 院 とな し,彼 ら を元 に 戻 した ら ど う か 』 と言 っ て奏 上 した と こ ろ,『 これ らの僧 侶 た ち を罰 して 国 清 寺 を籍 冊 の 体 例 どお りに 禅 院 と な し,彼 ら を 元 に 戻 し た 。??す る よ うに と(仰 せ て)言 っ た 。 こ の よ うに 言 わ れ て い る に も か か わ らず,違 え る者 た ち は 恐 れ な い の で あ る か!』 」 とい うも の で あ る。

総 じて,本 聖 旨碑 が 新 た に 発 現 した こ と は,以 下 の2点 の意 義 を 有 す る。 第 一 に,大 元 ウル ス 政 権 が,旧 南 宋 領 に お け る 在 地 中 国 仏 教 の 禅 宗 と教 宗 に 対 し,公 文 書 を発 令 して 宗 旨 の 決 定 に 関 与 して い た 実 際 の 証 拠 が 見 つ か っ た こ とで あ る 。 大 元 ウル ス 治Fの 禅 宗 と教 宗 との 関 係14に つ い て,新 た な 史 料 状 況 が 生 じた と言 っ て も過 言 で は な か ろ う。

第 二 に,モ ン ゴル 文 命 令 文 書 と して,初 め て 「一ヒ行 文 書 」 を 引 用 した 文 言 が 在 証 され た こ とが 指 摘 で き る。 従 来,『 元 典 章 』 や 『通 制 條 格 』 の い わ ゆ る 「直 訳 体 漢 文 」 は,モ ン ゴ ル 文 原 文 か ら直 訳 され た もの で あ る の か否 か とい う問 題 が さか ん に 検 討 され て き た 。 そ の 背 景 に は,伝 存 す る モ ン ゴ ル 文 命 令 文 は,寺 院 や 宮 観 に対 す る免 税 特 権 の 付 与 とい う,極

め て 画 一 的 な 内容 を もつ も の が 大 多 数 を 占 め て お り,「 直 訳 体 漢 文 」 と して伝 存 す る資 料 群 の 多 岐 に わ た る 内 容 が,果 た して そ れ ぞ れ モ ン ゴル 文 で 表 現 され て い た か ど うか,疑 問 視 され て い た とい う資 料 状 況 が あ っ た 。 これ に 対 して,本 聖 旨碑 の モ ン ゴル 文 は,中 央 官 庁 か ら 大 ハ ー ン へ の 上 奏 文 を 引 用 して い る 点 で,モ ン ゴ ル 文 に よ る文 書 行 政 シ ス テ ム を 解 明 す る た め の新 た な 一 里 塚 に な っ て い る と言 え よ う。

本 聖 旨碑 の研 究 は,緒 に つ い た ば か りで あ る。 今 後,中 国 側 と共 同 研 究 を 実 施 す る こ と に よ っ て,新 た な 成 果 が 生 ま れ る こ と を期 待 した い 。

13竺 沙2002

,P.301.

14大 元 ウ ル ス 治 下 の 禅 宗 と 教 宗 に っ い て は

,陳1991の ほ か,竺 沙2000,pp.46‑52;野 口2005,pp.317‑332;

西 尾2006,pp.235‑258を そ れ ぞ れ 参 照 し た 。

(10)

参 照 文 献

陳 高 華1991:『 元 史 研 究 論 稿 』 北 京,中 華 書 局 。

竺 沙 雅 章2000:「 宋 元 時 代 の 杭 州 寺 院 と 慈 恩 宗 」『宋 元 仏 教 文 化 史 研 究 』東 京,PP.27‑57.(初 出:梅 原 郁(編)『 中 國 近 世 の 都 市 と 文 化 』1984.)

竺 沙 雅 章2002:「 元 朝 の 江 南 支 配 と 白 雲 宗 」『(増 訂 版)中 国 仏 教 社 会 史 研 究 』京 都,pp.293‑319.

(初 出:「 元 代 白 雲 宗 の … 考 察 」 『仏 教 史 学 会 一三十 周 年 記 念 論 集 』1980.) 丁 天 魁(主 編)1995:『 國 清 寺 志 』L海,華 東 師 範 大 学 出 版 社 。

本 田 実 信1991:「 フ ラ グ ・ウル ス の イ ク タ ー 制 」『モ ン ゴ ル 時 代 史 研 究 』東 京,PP.233‑260.(初 出:「 イ ル ハ ン 国 に お け るIQTÀ制 に つ い て 」 『北 海 道 大 学 文 学 部 紀 要 』1961.) Ligeti,L.1972:ルlonumentsen廊r〃z4r(〜7)hagspa.1)fecesdechance〃erteentranscription

chinoise.Budapest.(MonumentalinguaeMongolicaecollecta3)

松 川 節1995:「 大 元 ウ ル ス 命 令 文 の 書 式 」 『待 兼lh論 叢(史 学 篇)』29,pp.25‑52.

松 川 節2007:「13〜14世 紀 モ ン ゴ ル 文 碑 刻 リ ス ト(増 補 版)」 『13、14世 紀 東 ア ジ ア 諸 言 語 史 料 の 総 合 的 研 究 一 元 朝 史 料 学 の 構 築 の た め に 』(平 成16年 度 〜 平 成18年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 、 基 盤 研 究B研 究 成 果 報 告 書;研 究 代 表 者:森 田 憲 司 ・奈 良 大 学 文 学 部 教 授)pp.139‑153.

西 尾 賢 隆2006:「 元 朝 の 江 南 統 治 に お け る 仏 教1『 中 国 近 世 に お け る 国 家 と 禅 宗 』 京 都, PP.235‑258.(初 出:『 仏 教 史 学 』15:2,1971.)

野 口 善 敬2005:「 元 代 の 禅 宗 と 教 宗 一 一 至 元 二卜 五 年 正 ナH一 九 日 の 出 来 事 を 中 心 に 」

『中 国 禅 宗 史 研 究 』 京 都,PP.317‑332.(初 出:『 竹 貫 元 勝 博+還 暦 記 念 論 集 』2005.) 斎 藤 忠1998:『 中 国 天 台 山 諸 寺 院 の 研 究 』 東 京 。

田 中 謙 二2000:「 元 典 章 文 書 の 研 究1『 田 中 謙 二 著 作 集 』 第 二 巻,東 京,PP.275‑457.

照 那 斯 図 ・楊 耐 思(編 著)1987:『 蒙 占字 韻 校 本 』 北 京,民 族 出 版 社 。

10

Figure

Updating...

References

Related subjects :