第3章 目標と取り組みの方向 「入間市歯と口腔の健康づくり基本計画」を策定しました|入間市公式ホームページ

21 

Full text

(1)

.乳幼児期

■歯

口腔

現状

課題

ア.1歳6 児 3歳児 歯保 率 推移

本 1歳 児 歳児健康診査時 歯保 率 成19 度 24 度 6 間 比較 歳 児 2.3% 1.3% 3歳児 度

あ 26.3% 16.2% ㆯㄦ い 乳幼児期 歯 予

防 永久歯 歯並 合わ 反映 咀嚼機能 高

全身 発育 大 影響 減少 い 必要 あ

歯保 率

歯 人 割合 % = ×100

2.3 2.5 2.5 1.7

1.4 1.3 26.3

21.8

33.9

20.2

18.2

16.2 25.9

24.6

23.0

21.5

20.4

0 5 10 15 20 25 30 35 40

19 度 20 度 21 度 22 度 23 度 24 度

1歳6 児 3歳児 し歯保 率

入間市1歳6 月児、3歳児健康診査結果

第3章

目標と取り組

の方向

健全

育成

規則正

い生活習

姿

国 3歳児

3歳児

1歳6 児

乳歯 歯 あ 人 数

未処置歯 処置歯 い 1本以ㄥ 人

(2)

イ. 歳ヷ4歳ヷ5歳 歯磨 習

3 歳 乳歯 生え う時期 1 日 歯磨 回数 2 回

45.6% 最 多 続い 1回 38.0% 3回 15.4% 規則正 い生

活習 身 食後 歯磨 習 定着 い 大

ラフ中

設問 回答 数 人数 示

.歯 口 気

乳幼児期 歯 口 気 歯 歯 歯 血 出 ヷ歯 腫

関 回答 少 最 多 回答 特 46.2% 続

い 歯並 合わ 25.6% 口臭 10.4% い

4.9%

46.2% 8.7%

7.5%

25.6% 9.1%

10.4% 0.0%

0.3% 0.8% 0.9%

無回答 特 し そ 他 歯 色 歯並び、 合わせ 歯 間 物 さ

口臭 歯 乳歯 え わ を除

歯 腫 歯 血 出

歯 痛 、し

乳幼児期 歯や口 気 こ 複数回答

成 入間市歯 口腔 健康 実態調査

0.5%

38.0% 45.6% 15.4%

0.5% ࠙ 歳ࠚ歯磨 回数 n =371

0回 1回 2回 3回 4回

(3)

.フッ素 フッ化物 い

生え 歯 フッ素 フッ化物 応用 強い歯 歯

再石灰化 働 あ

調査 結果 フッ素 い 知 い 問い 82% 人 い

回答 い 一方 フッ素 歯予防 効果 あ 思う 問い

い 回答 人 68% 14ポイント 差 あ わ い 回答 人 31% 歯予防 フッ素 フッ化物 正 い知識 啓発 必要 いえ

オ.歯科 診 状況

調査 結果 定期的 1回以ㄥ い 回答 人 40%

乳幼児 健全 歯 口腔 守 早期 歯科医 定期的 歯

科健診 大

82% いいえ

16%

無回答

2%

࠙乳幼児期ࠚフッ素 認知度n=656

68% いいえ

1%

わ ら

31%

無回答

0%

࠙乳幼児期ࠚフッ素 し歯予防 効

果 あ 思う n=656

定期的 年 回以上 受

い 40%

数年 度受

7%

受 い い

52%

無回答

1%

࠙乳幼児期ࠚ歯科健診 受 い n=656

成 入間市歯 口腔 健康 実態調査

(4)

○保護者 歯 口腔 健康 関 知識 普及啓発 ○ 歯 予防

○定期的 歯科健診 診

民 個人 組

ヷ 食 習 身

ヷ食後 歯磨 習 身 保護者 ㆁㄥ 磨 毎日行い

ヷ間食 時間 量 決 食 ヷ歯 口腔 観察 習

ヷフッ素 フッ化物 効果 理解 正 活用

ヷ 歯科医 定期的 歯科健診等

地域 団体ヷ関 機関 組

ヷ定期的 歯科健診 行い

ヷ個人 合わ 口腔 ア 指 行い

ヷ歯 口腔 健康 関 知識 普及啓発 ヷ正 いフッ素 フッ化物 応用 い 普及啓発 ヷ ㆂ機関 連携 図 歯 口腔 健康 推

ヷ 効果 い 普及啓発 行い

ヷ公立保育所 給食 献立 入

ヷ公立保育所 保健 給食 等 望 い食生活 情報 供 行い ヷ規則正 い生活習 食生活 歯磨 等 い 情報 供 行い

ヷ乳歯 歯予防 口腔機能 関 知識 普及啓発 行い

ヷ地域 関 機関 連携 歯 口腔 健康 組 推

ヷ歯 口腔 悩 歯科医院 紹ㅼ 相談体制 充実 再掲:第2次健康い 計画 歯 健康

ヷ定期的 歯科健診 歯科保健指 等 重要性 い 普及啓発 齢 応

細 い支援 行い

具体的 組

(5)

項目

現状値 成26 度

目標値 成31 度

国 目標値

成34 度

歯 い3歳児 割合

83.8%

成24 度

3歳児健康診査結果

87%以ㄥ 90%

定期的 歯科健診 児 割合

40% 55%以ㄥ ―

目標

望 い食生活 ?

日 回 栄養バラン 自 合 量 食事 食

顎 発 え あ 食事 食

必要 応 間食 入

何よ 大切なこ …

おいし 、楽し 、食べ こ す!

注意!

歯 歯 い目

歯 歯 間

合わ

(6)

.学齢期

■歯

口腔

現状

課題

ア.12歳児 人 均 歯数 推移

中学校1 生 歯科健康診断 結果 成19 度 成24 度

度 あ 埼玉県 全国 均 比較 1人 均 歯保 数 少

い状況 時期 永久歯列 完成 時期 あ ㅻ後 歯 口腔 健康

基礎 大 時期 引 続 歯数 減少 い 必要 あ

12歳児 1人 均 歯数

12歳児 1人 均 歯数 本 =

1.63

1.54

1.4

1.29

1.2

1.1 1.38

1.3

1.24

1.16

1.05

0.99 1.24

1.01

1.08

0.95

1.1

0.73

0 0.2 0.4 0.6 0.8 1 1.2 1.4 1.6 1.8

19 度 20 度 21 度 22 度 23 度 24 度

歳児1人 均 し歯数

全国

埼玉県

入間市

学校歯科健康診断結果

口腔

健康

保持

知識

技術

姿

被調査者数

永久歯 歯数

(7)

イ. ヷ中ヷ高校生 歯磨 習

1日 歯磨 回数 3回 学生 最 多 43.7% 中学生 3.3% 大幅

減少 続い 高校生 8.9% 正 い生活習 基礎 学齢期 い 本 成26 度 ヷ中学校 い 給食後 歯磨 等 実施 ㅻ後 家 庭 い 食後 歯磨 習 定着 い 必要 あ

.中学生 歯肉 炎症所見 者 割合

調査 学校 歯科健診 歯肉炎 指摘 中学生 7% 歯肉炎 歯肉

腫 歯磨 時 血 いう症状 見 歯肉炎 歯周病 中 軽

度 あ ア 症状 治 日 自 口腔 観察

早 気 ルフチ ッ 能力 高 重要

0.0% 0.7% 0.5%

11.2% 19.1% 14.0%

78.6% 76.3% 40.9%

8.9% 3.3% 43.7%

1.3% 0% 0.5%

0% 0.7% 0.3%

高校生 中学生 小学生

小・中・高校生 歯磨 回数

回 回 回 回 回以上 無回答

n=892

し歯

45%

歯肉炎

7%

歯並び・ か 合わせ

14%

ない

30%

わからない

3%

無回答

1%

中学生 学校 歯科健診 指摘さ たこ 複数回答

成 入間市歯 口腔 健康 実態調査

(8)

○歯 口腔 健康 関 知識 普及啓発 ○ 歯 歯周病 予防

○未処置歯 人 減少

民 個人 組

ヷ 食 習 身

ヷ食後 歯磨 習 身

ヷ甘味食品ヷ甘味飲料 摂 い う 心 ヷ歯 口腔 観察 習

ヷフッ素 フッ化物 効果 理解 正 活用

ヷ歯科健診 指摘 早 診

地域 団体ヷ関 機関 組

ヷ食後 歯磨 効果 い 普及啓発

ヷ児童ヷ生徒 成長 合わ 細 い指 行い

ヷ歯 口腔 健康 関 知識 普及啓発 ヷ口腔 ア い 指 行い

ヷ学校等 連携 図

ヷ ㆂ機関 連携 図 歯 口腔 健康 推

ヷ ヷ中学校 歯 口腔 健康 関 学習 実施

ヷ ヷ中学校 給食後 歯磨 実施

ヷ 効果 関 知識 普及啓発 行い

ヷ規則正 い生活習 い 情報 供 行い

ヷ地域 関 機関 連携 図 再掲:第2次健康い 計画 歯 健康 ヷ定期的 歯科健診 歯科保健指 重要性 い 普及啓発

再掲:第2次健康い 計画 歯 健康

具体的 組

(9)

エ 中学生 歯肉 炎症所見 者 減少 い 国 設問構成 異 参考値 掲載

健全歯

健全歯 歯 未処置歯 処置歯 い歯 いう

項目

現状値 成26 度

目標値 成31 度

国 目標値

成34 度

日 回以ㄥ 歯磨 い 人 割合

学校 43.7%

中学校 3.3%

学校 80%以ㄥ

中学校 50%以ㄥ

中学 生 健全歯 人数割合

64.7% 65%以ㄥ 65%

中学生 歯肉炎 人

割合

7% 7%以ㄦ ※20%

目標

フッ素

フッ化物

の効果

☆ フッ素塗

☆ フ ッ 素 入

歯磨 剤

☆ フッ素洗口

定 期 的 歯 科 医 院 フ ッ 素

塗 い

フ ッ 素 入 歯 磨 剤

歯磨

フッ素 う い薬 ブ

ブ う い

生え 歯 フッ素 応用 強い歯

(10)

.成人期

■歯

口腔

現状

課題

ア.デンタルフロ 歯間ブラ 使用

歯ブラ ㆂ デンタルフロ 歯間ブラ 使う 歯 歯周病予防 効 果的 調査 結果 毎日使う ~ 回使う 回答 人 37.4%

第 次健康い 計画 調査 デンタルフロ 歯間ブラ 使用 40.8%

特 大 差 あ デンタルフロ 歯間ブラ 使用方法 い 指

あ 問い い 回答 人 56.4%

ㅻ後 デンタルフロ 歯間ブラ 効性 周知 図 使用方法 い 指

機会 増 重要

毎日 使う

19.0%

週 ~ 回使う 18.4% 使ってい

ない 60.2% 無回答

2.4%

࠙成人 高齢ࠚデンタル ロスや

歯間 ラシ 使用 n=1313

3.3%

56.4% 1.2%

1.0% 1.3%

37.7%

0% 10% 20% 30% 40% 50% 60%

無回答

受 たこ い

そ 他 受 た

学校 受 た

健康福祉センタ 受 た

歯科医院 受 た

成人 高齢 デンタル ロスや歯間 ラシ 使用方法 い 指導を受 たこ あ 複数回答

成 入間市歯 口腔 健康 実態調査

口腔

知識

生活習

関連

歯周病

予防

(11)

イ.歯 口 気

歯 口 気 い 朝 口 中 粘 口臭 歯 長 見え 等

歯周病 症状 回答 全体 51.9% 代別 40歳代 60歳代

60% 超え い 歯 色 赤い 腫 出血 歯周病

初期症状 いわ 歯肉炎 全体 代別 20%以ㄥ

歯周病 性的 行 初期 自覚症状 少 気 い 時 行

い あ 歯周病菌 病気 影響 い わ

い 中 生活習 病 あ 糖尿病 動脈硬化 心筋梗塞 脳梗塞等 深

い関 あ 歯周病 予防 生活習 病 防 日頃

口腔 観察 習 歯周病 予防 関 知識 普及啓発 必要

5.1%

28.8% 4.1%

15.1% 10.6%

62.3% 20.5%

13.0%

2.9%

18.2% 6.5%

29.4% 31.2%

60.0% 24.7%

10.0%

1.2%

25.3% 6.6%

36.7% 25.9%

35.5% 25.3% 13.9%

4.8%

27.3% 5.4%

23.3% 20.0%

51.9% 21.1%

12.2%

無回答

特 し

そ 他

歯並び、 合わ

歯 色

朝、口 中 粘 、口臭、歯 長 見え 、歯

ゆい、噛 痛い、歯 ら膿 、

歯 らつ

歯 色 赤い、腫 、出血

歯 痛 、し

成人・高齢 歯や口 こ 気 こ 年代別・複数回答

全体

20歳代

40歳代

60歳代

(12)

.歯科健(検)診 診状況

調査 結果 定期的 回以ㄥ い 回答 人 全体 30.5% 代別 20歳代 最 ㆯ 19.9% い 第 次健康い 21計画 調査 同様 20歳代 30歳代 ㆂ 代 比 ㆯい状況

引 続 若い 代 中心 定期的 歯科健(検)診 診率 高 必要 あ

課題

ヷデンタルフロ 歯間ブラ い 普及啓発 い 必要 あ

ヷデンタルフロ 歯間ブラ 使用 者 増

ヷデンタルフロ 歯間ブラ 指 者 増

ヷ 人 増

ヷ40代 歯科検診 診 者 増

ヷ歯周疾患 歯 喪失原因 ㆮ いう事実 生活習 病 あ いう観点 40歳代 生活習 病 策 連携 推 い 必要 あ

ヷ 歯 早 治 者 増

ヷフッ素 認知度 高 効果 知 い 者 増

31.8% 39.9% 37.0% 29.8% 25.9% 24.3% 19.9%

39.5% 30.5%

18.2%

21.5% 23.3%

41.4% 26.5%

25.7% 23.5%

7.9% 25.3%

36.4%

34.8% 39.0%

28.2% 47.1%

49.5% 56.6%

52.6% 42.8%

13.6% 3.8% 0.7% 0.6% 0.6% 0.5% 0% 0% 1.4%

80歳以上 70歳代 60歳代 50歳代 40歳代 30歳代 20歳代 10歳代 全体

成人・高齢 歯科健診 受 い 年代別 n=1313

定期的 年 回以上 受 い 数年 回受 い 受 い い 無回答

(13)

○歯 口腔 健康 関 知識 普及啓発 ○ 歯 歯周病 予防

○定期的 歯科健(検)診 診

民 個人 組

ヷ食後 歯磨 習 身

ヷ歯 口腔 健康 関 正 い知識 情報 得

ヷ歯ブラ ㆂ 自 合 デンタルフロ 歯間ブラ 使用 ヷ歯 口腔 観察 習

ヷ歯 口腔 自覚症状 あ 場合 速 診

ヷ 歯 歯周病等 予防 定期的 歯科健(検)診 歯科保健指

地域 団体ヷ関 機関 組

ヷ定期的 歯科健(検)診 歯科保健指 重要性 い 普及啓発

ヷ個人 合わ 口腔 ア 指 行い

ヷ歯 口腔 健康 関 知識 情報 い 普及啓発 ヷ歯周病 症状 生活習 病等 い 情報 供 行い

ヷ将来 向 運動 周知 行い

ヷ ㆂ機関 連携 図 歯 口腔 健康 推

ヷ歯 口腔 健康 関 正確 情報 供

ヷデンタルフロ 歯間ブラ 用性 い 普及啓発 行い

ヷ歯 口腔 生活習 病等 関連 い 周知 図 代 応

細 い支援

ヷ歯 口腔 悩 歯科医院 紹ㅼ 相談体制 充実 再掲:第2次健康い 計画 歯 健康

ヷ定期的 歯科健(検)診 歯科保健指 重要性 い 普及啓発 成人期 課題

(14)

エ 定期的 歯科健(検)診 診者 割合 い 国 設問構成 異 参考値 掲載

運動

ハチヷマルヷニイヷマル 運動 80 歳 自 歯 20

本以ㄥ保 う いう運動 20 本 自 歯 食 必要 歯

数 意味 生涯 自 歯 食 楽 味わえ う 願い 込

運動 始 項目

現状値 成26 度

目標値 成31 度

国 目標値

成34 度

歯間部清掃用具 デンタルフロ 歯間ブラ 使用者 割合

37.4% 43%以ㄥ ん

20歳代 歯肉 炎症所見

人 割合

25.3% 25%以ㄦ 25%

40歳代 行 歯周炎

人 割合

60% 38%以ㄦ 25%

60歳代 行 歯周炎

人 割合

62.3% 51%以ㄦ 45%

定期的 歯科健(検)診 診者 割合

30.5% 52%以ㄥ エ65%

18

28

6

17

0

5

目標

(15)

.高齢期

歳以上

■歯

口腔

現状

課題

ア.自 歯 保 状況

調査 結果 28本以ㄥ歯 保 い 人 割合 40歳代 50歳代 18.8ポイント減少 歳代 歳代 19.1ポイント減少 い

加齢 伴い 歯 喪失 多 機能 ㆯㄦ 唾液 泌 減

口 渇 多 感 歯 失う主 原因 あ 歯周病 歯

予防 重要 あ 歯 失 部 義歯等 補う 状態 保

姿

意識

口腔機能

維持

健康長

15.9% 24.1%

43.2% 53.6%

72.4% 71.6%

84.9% 81.6%

11.4%

18.4%

25.3%

30.4%

18.2% 8.3%

3.6% 10.5%

9.1%

14.6%

11.6%

5.0% 1.8% 1.4%

0.6% 2.6%

45.5%

35.4%

15.4% 6.1%

2.9% 6.0%

4.2% 5.3%

18.2% 7.6% 4.5% 5.0% 4.7% 12.8%

6.6% 0%

80歳以上 70歳代 60歳代 50歳代 40歳代 30歳代 20歳代 10歳代

成人・高齢 歯 本数 年代別 n=1267

本以上 ~ 本 ~ 本 ~ 本 無回答

(16)

イ.食 時 状態

代別 齢 高 何 食 回答

人 割合 減少 い 国 指標 あ 60歳代 咀嚼良好者 増加 現状値73.4% 成21 比較 本 84.2% ㄥ回 結果

ㅻ後 口腔機能 維持 向ㄥ い 誤嚥

え 性

い 肺炎

い え

予防 栄養摂 状況 運動機能 密接 関連性 QOL 生 活 質 向ㄥ 健康 命 延伸 大 寄与

誤嚥 え

性 い

肺炎 い え

口腔 唾液 細菌 誤 気 入 込 起 肺炎

68.2% 73.4%

84.2% 92.3%

95.3% 96.8% 95.8%

100%

27.3% 24.1%

12.3% 5.5%

4.1% 2.8% 4.2%

4.5% 1.3% 2.4% 1.1%

0% 0%

0%

0% 0% 0% 0% 0.5%

80歳以上 70歳代 60歳代 50歳代 40歳代 30歳代 20歳代 10歳代

成人・高齢 食べ 時 状態 年代別 n=1267

食べ こ

一部 い

食べ物 あ

食べ物 多い

食べ こ い

無回答

(17)

○口腔機能 維持ヷ向ㄥ

○ 歯 歯周病 誤嚥 え

性 い

肺炎 い え

予防 ○定期的 歯科健(検)診 診

民 個人 組

ヷ栄養バラン 食事 心 食 意識

ヷ食後 歯磨 義歯 手入 等 習 身

ヷ高齢期 起 い口腔機能 ㆯㄦ い 正 い知識 情報 得 ヷ自 合 ブラッ ン 方法 口腔 ア 行い

ヷ 歯 歯周病 誤嚥 え

性 い

肺炎 い え

予防 定期的 歯科健(検)診 歯科保健指

地域 団体ヷ関 機関 組

ヷ定期的 歯科健(検)診 歯科保健指 重要性 い 普及啓発

ヷ個人 合わ 口腔 ア 指 行い

ヷ歯 口腔 健康 関 正 い知識 情報 い 普及啓発

ヷ誤嚥 え

性 い

肺炎 い え

関 知識 普及啓発 ヷㅼ護予防事業 充実 図

ヷい 口 食 う 支援 行い

ヷ ㆂ機関 連携 図 歯 口腔 健康 推

ヷ歯 口腔 健康 関 正確 情報 供

ヷ歯 口腔 健康 身体全体 健康 及 影響 い 周知 図

特 認知症予防 運動機能 ㆯㄦ予防 誤嚥 え

性 い

肺炎 い え

予防

ヷ口腔 健康 い 個人 実践 う ㅼ護予防事業 推 ヷ歯科医院 訪問歯科医 紹ㅼ 相談体制 充実

ヷ地域 関 機関 連携 図 再掲:第2次健康い 計画 歯 健康 ヷ定期的 歯科健(検)診 歯科保健指 重要性 い 普及啓発

再掲:第2次健康い 計画 歯 健康 高齢期 課題

(18)

エ 定期的 歯科健(検)診 診者 割合 い 国 設問構成 異 参考値 掲載 項目

現状値 成26 度

目標値 成31 度

国 目標値

成34 度

60歳代 咀嚼良好者 割合 84.2% 85%以ㄥ 80%

80歳 20歯以ㄥ 自 歯

人 割合 8020 成者

43.8% 75~84歳

47%以ㄥ 50%

定期的 歯科健(検)診 診者 割合

30.5% 52%以ㄥ エ65%

歯 病気 防

噛 唾 液

出 口 中 い

唾 液 働

歯 歯周病 防

味覚 発達

噛 味 わ

う 食

物 味

全身 体力向上 全力投球

力 入 い時

歯 い 力

目標

肥満予防

噛 食 脳

あ 満 中枢 働い

食 過 防

言葉 発音 っ

噛 口 わ

筋肉 使う 表情 豊

口 開 話

い 発音

胃腸 働 促進

噛 消 化

酵 素 出

消化

ガン 予防

唾液中 酵素 発ガ

ン物質 発ガン作用

消 働 あ

脳 発達 認知症 予防

噛 運動 脳細胞 働 活

子 知育 高齢者 認知

症 予防 役立

歯 いヸ 噛 大効果 文字 作 標語

並 え ひみこ

の歯がいーぜ !

(19)

.障害者、介護が必要な高齢者等

■歯

口腔

現状

課題

ア.障害者入所施設 高齢者入所施設 定期的 歯科健(検)診状況

本 障害者入所施設 2/ 施設 回答 定期歯科健(検)診 行わ い 2施設 1回 歯科医師 施設訪問 治療 歯科保健指 行 い

高齢者入所施設 定期歯科健(検)診 実施 狭山保健所 調査 回答 6施設 う 5施設 行わ い 成23 12 狭山保健所管 社会福

祉施設 歯科保健 関 調査結果参考

イ.日常的 口腔 ア

障害者入所施設 日常的 口腔 ア 歯磨 入 歯 清掃 舌 口腔粘膜 清 掃 う い等 い 毎食後 個人 合わ 歯ブラ ガヸ 等 職員 ア 行 い

高齢者入所施設 口腔 ア い 狭山保健所 調査 回答 6 施設 い 実施 い 状況 成23 12 狭山保健所管 社会福 祉施設 歯科保健 関 調査結果参考

咀嚼 嚥ㄦ え

機能 飲 込 機能 ㆯㄦ 誤嚥 え

性 い

肺炎 い え

予防 引 続

口腔 ア 行う 重要

定期的

歯科健

(

)

診等

口腔

(20)

○口腔 ア 関 知識 普及啓発

○ 歯 歯周病 誤嚥 え

性 い

肺炎 い え

予防 ○定期的 歯科健(検)診 診

民 個人 組

ヷ食後 歯磨 等 行い

ヷ歯 口腔 健康 関 正 い知識 情報 得 ヷ自 合 ブラッ ン 方法 口腔 ア 行い

再掲:第2次健康い 計画 歯 健康 ヷ 歯 歯周病 誤嚥

え 性

い 肺炎

い え

予防 定期的 歯科健(検)診 歯科保健指

地域 団体ヷ関 機関 組

ヷ定期的 歯科健(検)診 歯科保健指 重要性 い 普及啓発

ヷ個人 合わ 口腔 ア 指 障害者 ㅼ護 必要 方及 家族等 行い

ヷ歯 口腔 健康 関 正 い知識 情報 い 普及啓発 ヷ埼玉県障害者歯科相談医制度 情報 供 推

ヷ関 機関ヷ団体等 連携 図 歯 口腔 健康 推

ヷ歯 口腔 健康 関 正確 情報 供

ヷ歯 口腔 健康 身体全体 健康 及 影響 い 周知 図 再掲:第2次健康い 計画 歯 健康

ヷ歯科医院 訪問歯科医 紹ㅼ 相談体制 充実 ヷ地域 関 機関 連携 図

再掲:第2次健康い 計画 歯 健康 ヷ障害者 歯 口腔 現状把握

ヷ埼玉県障害者歯科相談医制度 情報 供 推

ヷ定期的 歯科健(検)診 歯科保健指 重要性 い 普及啓発 再掲:第2次健康い 計画 歯 健康

障害者 ㅼ護 必要 高齢者等 課題

(21)

エ 障害者入所施設 定期的 歯科健(検)診ヷ歯科保健指 実施率 治療 含 い 国 設問構成 異

参考値 掲載

項目

現状値 成26 度

目標値 成31 度

国 目標値

成34 度

障 害 者 入 所施 設 定 期的 歯 科 健(検)診ヷ歯科保健指 実施率 治 療 含

100% 100% エ90%

ㅼ護老人福祉施設ヷㅼ護老人保健施 設 定 期 的 歯 科 健(検)診 実 施 率

83.3%

成23 12 狭山保健所管 社会福

祉施設 歯科保

健 関 調査結果

85%以ㄥ 50% 目標

唾液

だえ

マッサージ

口腔ケア

舌ㄦ

顎ㄦ 耳ㄦ

唾液 歯 口腔 粘膜 保護 歯

歯周病 口臭 予防 食 洗い流 口

腔 清潔 保 ㆂ 多 役割 あ

顔 マッサヸ 顔 緊張 唾液

刺激 唾液 泌 う

☆両手 あ

う マッサヸ

☆歯ブラ 毛

い 方

側 マ ッ サ ヸ 最後 ㄥ 終 わ

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (21 pages)