<93FA97A7966B8D828D5A96EC8B F E93788F7494C52E786C7378>

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

   日立北高校野球部報

      春季大会、新入生紹介

 我々日立北高校野球部は、冬に聖光学院の練習を見学に行かせて頂いたり、

甲子園遠征など色々な経験をし日々成長することが出来ました。

そして辛い冬を乗り越え迎えた春の大会では、惜しくもあと一歩及ばず代表決定戦

で太田一高校に敗れ、残す大会は珂北大会と夏の大会だけとなりました。

決して強いチームとは言えませんが、強豪私立に勝つための『弱者の戦法』を

チーム内で徹底し、夏に向けて努力し、目標のベスト8を果たしたいと思います。

そして、ここにその戦いぶりと、あわせて希望に燃えて我が部の門を叩いた新入部員

13名(含む女子MG1人)の声を掲載し、今後の健闘を祈りたいと思います。

春季関東高校野球県北地区予選

 一回戦(2012/4/13 常陸大宮球場)

  高萩清松

0 0 0 0 0    0

  日立北

6 0 2 2 ×   10

  (5回コールド)

投手)大島(和)   捕手)小川(祐)・新井

三塁打)小川(祐)

 代表決定戦(2012/4/14 常陸大宮球場)

  日立北

000 002 00     2

  太田一

400 010 04×   9× 

(8回コールド)

投手)山口・大島(和)     捕手)小川

二塁打)小松

~新入部員の決意~

 青柳 淳之介(助川中):  日北野球部に入って、目指している信頼される社会人になるために、      感謝の気持ちを持ち、練習に本気で取り組みます。そして、今まで    ピッチャーをやってきたことを生かしてチームの中心の選手となりたい。     先輩から: 彼はいつも一生懸命で、バッティングでもピッチングでもセンスを感じます。 これから一緒に頑張っていきましょう。 (2年 大島 和也 日高中)   荒川   建(秋山中):  自分はチームの事をに考えて行動し、チームでコミュニケーションを大切に 技術面では足をつかったプレーをする選手になりたいです。自分の目標は   もちろん甲子園に出場することです。日立北は部活と勉強の両立が厳しいと         聞いているので自分は勉強も頑張りつつ,他の学校に勝つために1分1秒も無駄        のないような生活をしてレベルアップをしていきたいです。 また,信頼される社会人になるために頑張っていきたいと思います。

(2)

    先輩から:  荒川はとても積極的な選手です。彼のような積極的な選手は絶対に     成長すると思います。これからも何事にもそういった姿勢で取り組んで 良いプレーができることを期待しています。 (3年 蛭田 雄士 常北中)   岡崎   拓(十王中):  日立北高校野球部に入部し、自分はチームメイトから信頼され、 誰からも応援されるプレイヤーになれるよう頑張りたいです。あと、礼儀を しっかりし日々感謝の心を持ってできるプレイヤーを目指したいです。     先輩から:  怪我という形でスタートしたが補助もしっかりこなすし、陰ながら自分の練習 をこなす岡崎は復帰したら日北野球部にとって大きな存在になると思う。 いずれはこの日北野球部を引っ張ってく存在になれるよう頑張ってほしい。 (2年 片岡 晋司 東海中)  加々美 翔(北・常北中):  自分は、中学校の時から声出しと全力疾走などはやっていたので、 他の人よりも人一倍一生懸命やっていきます。技術面においては、人より パワーは少ないので、相手が嫌がるプレーや積極性あふれるプレーを していきたいです。そして何よりも笑顔と感謝の心を忘れずプレーしたいです。 そして、最終的に信頼される社会人になれるような気持ちや態度を心がけて いきたいです。そして自分自身の精神面や技術面の向上をより意識して やっていきたいです。そして甲子園に出場するために自分たちより 強い相手に怯えることなく強い気持ちを持って向かっていきたいです。     先輩から:  翔は非常に落ち着きのある選手だと思います。熱く冷静になれる選手を 目指して頑張ってもらいたいです。  (3年 加々美 樹 関本中)   加藤 真悟(秋山中):  自分は野球部に入部したら野球部の最終目標である「信頼される社会人」に なるために野球の技術面はもちろん、人間的に精神面の向上も目指して 頑張りたいと思います。 あと、3年後に立派な姿で卒業できるために、普通の授業もしっかり うけて、部活と勉強の両立も頑張りたいとい思います。       先輩から:  加藤は積極的にプレーするいい選手です。今後、元気よく はつらつとしたプレーに期待します。日北野球部で3年間頑張りましょう。 (3年 矢代 大悟 豊浦中)   小林 智也(中郷中):  自分は、日立北高校野球部に入り、身に付けたいことが2つあります。 1つ目は礼儀を身に付けることです。自分はあまり礼儀についての 理解が足りません。しかしそれでは将来社会に出た時、恥をかいて しまうと思います。なのでこの野球部で自分は礼儀を身に付けて いきたいです。2つ目は技術の向上です。高校では今まで使ってきた ボールとは異なり、初めて硬球を使います。それに対し、少し不安も ありますが少し楽しみでもあります。色々な技術や素早い判断力 を身に付けて試合で活躍できるようになりたいです。この2つの 目標を達成できるように頑張っていきたいです。     先輩から:  小林は、内野での良いプレーが目立っていて、言われた事を素直に 受け止めることができる人です。後は声の出し方を覚えれば立派な 選手になれると思うのでこれから頑張っていって下さい。 (3年 矢吹 司 滑川中)

(3)

  庄子 拓哉(滑川中):  自分は日立北高校の野球部で活躍するために、つらい走りこみや 筋トレはもちろんですが、それ以上に大切にしていきたいことは元気を 出すということです。練習中は常に大きな声を出して活動したいです。 そして、日北高校野球部の部訓である「感謝の気持ち」を忘れずに 「信頼される社会人」になれるように努力していきたいと思います。     先輩から:  庄子は野球に対して真剣で共に紅白戦を戦ったときには、自分達と 共に勝ちたい気持ちを見せてくれました。庄子には自分達と一緒に 頑張ってもらって、日北野球部を引っ張る選手になってほしいです。 (3年 小川 祐紀 関本中)   丹 敦史(北・常北中):  自分は、日北野球部に入ったら、あいさつなどの礼儀や試合や練習 . などでの大きな声を出すことができるようにしたいです。また、体力や 技術の面でも、先輩たちのプレーなどをよく見て早く上達していきたいです。 最終的には、日北野球部での時間を通して、周りに気を配れて礼儀が 正しい信頼される社会人になれるように努力していきたいです。     先輩から:  丹は真面目でおとなしい後輩ですが、人一倍根性があって気持ちの ある選手です。しっかりと自分のことを分かっていて、練習に一生懸命 取り組んでます。ぜひ根性あるプレーで今後の活躍を期待したいです。 (3年 大友 駿 常北中)   平野 拓馬(秋山中):  自分は中学校の時はレギュラーになれなかったので、高校では一生懸命 練習してダッシュや声なども徹底してレギュラーになって試合に活躍したい です。また、自分は感謝の心が足りないので、この野球部を通して感謝 の心を持てればいいと思います。そして、最終的には周りやいろいろな人から 信頼されるような社会人になることが自分の目標です。     先輩から:  彼はとても一生懸命プレーする選手です。これから努力していけば必ず レギュラーになって活躍できると思います。持ち前の積極性を生かして 頑張ってください。 (2年 前野 匡彦 松岡中)   藤元 友也(十王中):  自分は日立北高校に入部して、礼儀や技術の向上をやっていきたいです。 自分はまだ社会に出た時の礼儀がなっていません。礼儀を重んじ感謝の心 を持つことができるようになり、社会に出て恥ずかしい思いをしないようにしたいです。 また技術面では軟式から硬式へ変わったのでまず硬式野球に慣れて基礎 などの土台になる部分をしっかりやったうえで、レベルアップをしていきたいと 思います。以上のことを実践していき、チーム内で信頼される選手になりたいです。     先輩から:  藤元は人の話をよく聞くことができる素直な選手です。これからもその姿勢 を忘れずに何事にも貪欲に取り組んでいってほしいと思います。 (2年 増尾 和哉 駒王中)  八文字 亮介(滑川中):  自分は、この北高の野球部に入って、まず先輩達の話し方や態度の素晴らしさ 感動しました。だから自分も野球部の3年間を通して、先輩達のような礼儀 礼儀正しい人になりたいです。自分は小学生の時から野球をやっています。 だから高校でもやりたいと思い入部しました。小学生の時から打撃より守備の 方が得意なので、高校でも守備で活躍できるよう自分らしいプレーをしていきたいです。 しかし野球は打てないと勝てないので、日頃のバッティング練習を一生懸命 取り組み今まで以上に打てるようにしたいです。最後に北高の野球部で一番

(4)

       大切な「感謝の気持ちをもつ」ということを常に考え最終目標である「信頼される社会人 なれるよう日々努力していきたいです。     先輩から:  八文字は少年団が一緒でした。走攻守において安定した動きがあり人間的 にもとても優しい人です。そんな八文字にはこれから日北野球部を引っ張って 行く人間へなっていってほしいと思います。 (2年 新井 亮 日高中)  渡邉 浩太(滑川中):  自分は、日立北高校に入って自らのスタイルを磨いていきたいと思います。監督 さんや先輩方に教えていただいたことをしっかり吸収して、自らのスタイルを磨きたい と思っています。また自分達が日立北高校野球部の最高学年になったとき、 自分が中心となって、同級生や後輩をリードしていけるような信頼されるような 社会人を目指して頑張っていきたいです。     先輩から:  この選手は体力があり守備も安定していて,2.3年生に負けないくらいの力を 持っていると思うのでこれからの日北を引っ張っていくような選手になってくれる と思います。 (2年 古川 拓実 滑川中)  宇佐美沙弥可(久慈中)  これから野球部のマネージャーとして、選手の皆さんが練習や試合に集中 一生懸命サポートしていきたいです。また、部活を通して礼儀やあいさつ の大切さを実感し、常に「感謝の心」を忘れないようにしたいです。     先輩から:  毎日何事も真面目に一生懸命頑張ってくれています。とても素直で 優しい人で一緒に部活をやれてとても楽しいです。これから日北野球部 の一員として共に頑張って行きましょう。 (3年 根本 愛里 台原中)

(5)

甲子園遠征で学んだこと

私達日立北高校野球部は 3 月 28 日~31 日に甲子園遠征に行ってきました。

この 3 泊 4 日で甲子園を見学したり、練習試合を組ませて頂いたりととても充実し

た遠征となりました。この遠征で学んだことを今後生かし、結果を残せるよう日々

頑張っていきます。ここでは部員が書いた作文を紹介したいと思います。

今回、甲子園遠征に行ってきて、たくさんのことを学び吸収できたと思う。個人的には、2日目の練 習試合のデッドボールで満足にプレーすることはできなかったが、補助としてチームの雰囲気作りに貢 献できたし、普段できないサポートとして裏方に徹することもできたので、そういう意味では自分にと って非常にプラスになったと思う。チームとしては、箕面学園に勝ったのが大きかった。一冬を通して 完成させようと頑張ってきた自分たちの野球をここで発揮できた。守備では当たり前のことを当たり前 にこなして、その良い流れのまま打撃で粘り強く、積極的に振っていくことができたのだと思う。9回 にダメ押しの2点を取れたのも勝利を決定づけられた。 だが、課題も多く残った。和歌山商業戦では、ビッグイニングを作ってしまい流れが完全に相手にいっ てしまい、そこから自分たちの流れに戻すのが難しくなって結局そのまま流れがいってしまい負けてし まった。やはりミスで崩れてしまうと逆転は厳しくなるので、自分達から崩れないように当たり前のこ とは当たり前にできるような守備力を最低限身につけていけるように、守備練習で意識を高くもってや っていく。 今回の甲子園遠征は、周りのたくさんの人に支えられて、実現した遠征だったと思う。その人達に恩 返しするためにも、結果を残すのが大事になってくる。春負けて、悔しい気持ちを河北、夏とぶつけて 勝ち上がっていけるように毎日の練習を一生懸命に取り組んでいく。そして個人的にもファーストのレ ギュラーとして試合に出て、一本打つためにも誰にも負けない意識、練習をしていく。 3年 矢代 大悟

(6)

自分が大阪遠征に行ってみて学んだことはまずこのチームでの勝つパターンが分かったということが 一番大きかったのではないかと思う。勝つパターンとしてはまず、しっかり元気が出ていて点を取られ た後にもしっかり点を返すことができて、チャンスでの一本もしっかり出るときだ。この勝てるパター ンを知ることができたことが、この大阪遠征での一番の収穫だったのではないかと思う。また他の分か ったこととして、自分達は決して強いチームではなく弱者であるということだ。自分達は一生懸命練習 をしないと強いチームには絶対勝てないし、練習で手を抜いていっていたら、強いチームどころか同じ レベルのチームにも勝つことはできないので、改めて自分達の力を知ることができた。 甲子園を見ての感想としてまず全体的な雰囲気を見たとき、やはり体格がみんなよくて動きのキレや 打球に入るスピードなどが全然違うと感じた。また、バッティングではみんなしっかり振り抜いていて、 打球のスピードや伸びが良かったと感じた。自分は今後バッティングに関して、しっかり振り抜くこと を意識していっていきたいと思った。外野に着目したときまず、打球判断が良くて自分はもっともっと 判断を良くする必要があると感じた。そのためには今後しっかりノックを受けてその打球や質などを見 分けるようにしていく必要があると思うので今後しっかりとノックを受けていきたいと思った。また肩 も強くて一人で一本のバックホームをしていた。これを見て自分達ももっと肩を良くしていかないとい けないなと思った。そのためにはまずキャッチボールから自分の意識を変えていく必要がある。大阪遠 征で学んだことをそのままにしていたら、大阪へ行った意味がないしお金を出してもらった両親にも示 しがつかないので少しでも大阪遠征で学んだことを結果としてつなげていきたい。 3年 沼田 瑞希 今回の甲子園遠征で、たくさんの事を学ぶことができた。この経験を生かして、これからのプレーを もっとレベルアップさせていきたいと思う。甲子園で実際に観戦したことで、とてもレベルの高い野球 を肌で感じることができた。強いチームは、体格もそうだが、基本がしっかりしていると思った。特に 自分が注目して見ていたのは、打者のタイミングの取り方で、投手が足を上げた瞬間に、打者も軸足に ためている状態で打ちにいくところが自分では良いなぁと感じて、いつでも打ちにいけるという状態を 作ることをこれから実践していきたい。また、甲子園に出ているチームの選手を見て、自分もこんな風 になりたいという気持ちがあり、そのためには何が必要かを考えながら質の高い練習をしていきたい。 大阪の強豪チームと戦って、自分達の勝ちパターンを知ることができたのは大きかったと思う、試合に 出ている選手だけなく、ベンチにいる人も全員が声を出して雰囲気を作って、自分達のペースにはめる という戦い方を見つけることができたので、今後どんな状況でそういった戦いができるようチーム全体 でやっていかなければいけないと思う。強いチームに勝つためには、この戦い方がとても有効なので、 自分達から崩れたりしないようにするべきだと感じた。もちろん個人個人が技術を上げていかないとい けないと思う。 今回の甲子園遠征は、両親に高いお金を出してもらい行かせてもらった。こうして支えてくれる人へ の感謝の気持ちを忘れずに野球をしていきたい。また、今回の事をしっかり生かして、結果で恩返しし たいと思う。今回の遠征は無駄ではなかったと思えるように、夏大で笑えるように、自分に厳しく、毎 日の努力の積み重ねを大切にして、これからも頑張っていきたい。 2年 前野 匡彦

(7)

高校球児なら誰もが憧れる甲子園。今回は今後の日立北高校野球部のレベルアップの為に監督さんや 両親に支援、協力のもと甲子園に連れて頂けることができました。球場では全国から集まる強豪校たち のプレーを間近で見ることができ、肌で感じることができました。 聖光学院の試合を観ていて感じたことがたくさんありました。そのなかでも私達と共通して言えること がありました。特に強く感じたのは応援です。個人的なことになりますが、私自身は冬に聖光学院の練 習を見学させて頂いたこともあり、普段関わりの少ない有名な私立校のなかでも、とても身近に感じて いました。そして練習している姿を見て、いろいろなお話やご指導をして頂いたことから、「勝ってほし い!」と思う気持ちがより一層強くなりました。このことは私達に置き換えてみれば、私達が毎日一生 懸命に努力している姿を見ている先生方や OB の方々、そしてあらゆる場面や土台の部分で熱心に協力や サポートをしてくださる保護者の方々も同じで、私達に「勝ってほしい」と強く思ってくれているのだ と改めて思いました。そのような方達の想いに応える為にも、もっと努力していかなければ、と思うこ とができました。このようなことを考えることで、今の自分のままでいいのか、もっとチームに尽くせ ることがあるのではないか、と改めて自分を見つめ直すこともできました。 他にも甲子園遠征通して学んだことは沢山ありますが、やはり共通して言えることは感謝の気持ちで す。監督さんをはじめとする本当に多くの方々の支援とサポートがなければ、こんなにも充実した遠征 にはなりませんでしたし、学ぶことも感じることもできませんでした。ご指導やサポート、支援してく ださる方々に精一杯の恩返しをする為にも、毎日を全力でやっていきたいと思いました。そして常に感 謝の気持ちを持ち続けます。 2年マネージャー 吉久保 春佳 作成者 3 年マネージャー 根本 愛里

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :