英語授業研究学会授業紹介 ( 中学校 ) 英語でのやり取りを通してのびのび学ぶ There is 構文 ( 中 2) 大脇裕也 ( 大東市立北条中学校 ) 1. 授業紹介ご紹介する授業は 中学校 2 年生の授業です この単元では 日本の伝統芸能である落語を取り上げ There is are の文構造

全文

(1)

1 英語授業研究学会 授業紹介(中学校)

英語でのやり取りを通してのびのび学ぶ There is 構文(中2)

大脇 裕也

(大東市立北条中学校)

1.授業紹介

ご紹介する授業は、中学校2年生の授業です。この単元では、日本の伝統芸能である落語を取り上げ、There is 【are】…の文構造や目的語と主語の働きをする動名詞の理解と活用がねらいとされています。落語は 日本だけのものと感じている生徒も多いですが、実は落語は、世界に大きな影響を与えている日本文化 の1つであるということが教科書から学びとれます。この学年は 1 年前の総合の時間に視聴覚行事とし て落語鑑賞をしているため、その時の写真や動画を用いて思い出させながら、英語落語をより身近なも のと捉えられるようになることをめざしました。ただし、3年生初めの単元において「日本文化が世界に 与える影響」について取り扱う部分があり、そこで掘り下げて指導する予定であるため、英語落語そのも のについては親しむ程度に留めることにしました。

次に文法に関してですが、Unit 6でThere is 構文と動名詞を学びます。しかし、これらをメインにし た状況設定でのパフォーマンステストは難しく感じたため、Unit 7 の比較級・最上級まで学び進めたう えで「『私の好きなこと・もの』についてクラスでプレゼンテーションをする」というテーマでスピーキ ングテストを実施しました。最終ページに、何人かの生徒によるスピーチ原稿(原文ママ)を載せており ますので、ご参照ください。

私は「授業づくりの柱」と「英語を学ぶ上での柱」の二本柱を大切にしています。私は学生時代、英語 が嫌いでたまりませんでした。だからこそ、生徒の苦手意識をひしひしと感じることがあります。そんな 過去があるからこそ、「わからないことをわからないといえる雰囲気づくり」をまずは授業の柱としてい ます。挙手することが必ずしも正解を言わなければならないという雰囲気を打破し、手を挙げることに 苦痛を与えない授業展開が大切だと感じたからです。わからないといえる授業では、友人が助けてくれ ます。話をする中で、友人の間違いから自分が学ぶこともあれば、自分の間違いから周りが学んでいると いう経験をすることもあります。自分の意見が他者の思いや考えに変化を与えることがあるということ に気づいて自信を持ったり、またさらには新たな自分の発見につながったりする時間になることもあり ます。そういう雰囲気の中でこそ、やっと主体的に学ぼうという意欲がわくものだと考えています。

また、英語を学ぶ上での柱としては、やはり世界に目が向けられるような展開に持っていくことを目 標としています。これから彼らを取り巻く環境は大きく変わると言われていますが、まだまだモノカル チャーの日本においては実感が持てない生徒は大変多いです。ですが、確実にグローバル化は進んでい ます。多文化共生が叫ばれていますが、相手を理解することも大切ですが、自分たちを理解してもらうこ とも大切だと思います。お互いのことを伝えあう手段は、やはり言葉です。その言葉の大切さに気づき、

自分の持つ意見をきちんと相手に伝えることができる力を、授業の中で培うサポートができればと考え ています。そのためにはどうするべきか、1年生から 3 年生まで、ステップを踏んだパフォーマンステ ストを展開しています。実際は、まだまだ思ったようにいかずもどかしい部分も大変多いのですが、常に 誰のための授業かを意識しつつ、苦手な子に焦点をあてた授業展開を意識しています。

(2)

2

大東市立北条中学校 授業者 大脇 裕也

1.日 時 令和元年11月5日(月)第4時限

2.場 所 2年2組教室

3.学年・組 第2学年2組(男子13名 女子15名 28人学級)

4.単元(題材)名 Unit6-1 English in Rakugo New Horizon 2(東京書籍)

5.単元(題材)の目標

 何があるかを述べることができる。

 自分の趣味や特技について述べることができる。

 何があるかをたずねたり伝えたりすることができる。

9.単元の評価規準

A コミュニケーションへの 関心・意欲・態度

B C D 言語や文化について

の知識・理解

① 相槌をうったりメ モをとったりする など、相手の話に 関心を持って聞く ことができる。(L)

② 間違うことを恐れ ず積極的に書くこ とができる。(W)

① 適切な声量や明 瞭さで音読する ことができる。

(R)

② 場面や状況を考 え、適切に表現 することができ る。(W)

語句や表現、文法事項 な ど の 知 識 を 活 用 し て 短 い 英 語 の 内 容 を 正 し く 聞 き 取 る こ と ができる。(L)

あらすじや大切な部 分 な ど を 読 み 取 る こ とができる。(R)

① 語句や文、文法な どに関する知識を 身に付ける。

② 相手の意見を聞い て、自分の考えと その理由を述べな がら、伝えること ができる。

外国語表現の能力 外国語理解の能力

英語科 学習授業案

(3)

3 10. 単元の指導と評価の計画(全7時間)

時数 学習内容・学習活動

評価規準

評価方法 A

コ 関

B 表 現

C 理 解

D 知 識 第1時

<本時>

(1) There is / There are…について学習する。

(2) Is ( are ) there…? について学習する。 ② ① 活動プリント

学期末テスト 第2時

(1) 動名詞(目的語)の用法を学ぶ。

(2) 自分の好きなことやものについて述べられ るようになる。

① ②

ノート 活動プリント 学期末テスト 第3時

(1) 動名詞(主語)の用法を学ぶ。

(2) 自分や他人の意見についてたずねたり答え たりできる。

① ②

ノート 活動プリント 学期末テスト

第4時 (1) 教科書p82-83の内容を理解し、積極的に音

読できる。 ① ① 活動プリント

学期末テスト

第5時 (1) 教科書p84-85の内容を理解し、読解問題を

解くことができる。 ② 活動プリント

学期末テスト

第6時 (1) 教科書p86-87の内容を理解し、読解問題を

解くことができる。 ② 活動プリント

学期末テスト 第7時 単元まとめ

11.本時の展開

(1)本時の目標

絵についてThere is / areを用いて説明できる。

(2)本時の評価規準

(3)本時の判断基準

A:十分満足できる B:概ね満足できる 努力を要する生徒への支援

B

①②のどちらかもしくは両 方に加え、③に答えることが できる。

英問①②に対し、いずれかも しくは両方に答えることがで きる。

裏面に用意された単語のヒ ントを使い、英文を作成す るよう支援する。

D

There is / There areを用い て状況を説明した文が 5 文 以上作ることができる。

There is / There areを用いて 状況を説明した文が 3 文作る ことができる。

裏面に用意された単語のヒ ントを使い、英文を作成す るよう支援する。

B外国語表現の能力 場面や状況を考え、適切に表現することができる。

D 言語や文化につい

ての知識・理解 語句や文、文法などに関する知識を身に付ける。

(4)

4

(4)本時の学習過程

流れ 学習内容・学習活動 指導上の留意点 形態 評価規準 評価方法 導入

(帯活動) 5分

Greeting (1) あいさつ (2) 1 min chat (3) Chants(資料1)

②What subject do you like?

について話せていないペア に助言をする。

③リズムに合わせて読み上げ られるよう、手で拍をとる。

一斉

ペア 個人

展開Ⅰ 3分

(1)New Words

a) 日本語を見せながら T日⇒英 S英 T英 S英 b) 英語を見せながら

T日⇒英 S英 T英 S英 c) 日本語を見せてフラッシュ

リピート / 自分で読ませる。

単語を教える際に、時々使い 方の指導や発音の指導を加え る。

個人

12分 (2)New Grammar(資料2)

① 地図を見せ、There is / are の導入を行う。

There is a police station next to my house.

There are three schools near Shijonawate station.

②その疑問文と答え方の説明

③前置詞の復習

ス ラ イ ド の 地 図 を も と に、There is / areの英文 が 使 え る よ う に な る よ う、メカニカルドリルを 用いて指導する。

個人 ペア

描写 8分

(3)絵を見て描写する練習を行う。

① 過去の定期テスト問題で練習

② 同じ絵を用いた問題にて、

数文の英文で絵を描写する。

There is / areの使い方の 練習を行い、固有名詞が こないことを伝える。

グループ

D プリント 展開Ⅱ

7分

(1)描写/本文内容理解

学校行事(落語)で撮影した 写真を用いて、本時のpart 1の 内容に触れながら描写練習を する。

英問英答しながら、内容 想起・確認していく。

内容理解がしやすくなる よう、教科書本文に出て くる単語等を用いて進め ていく。

個人 ペア

8分 (2)教科書本文

① 音声を聞きながら指で追う。

② 日本語の読んだところまで

個人

(5)

5 を英語でリピートする。

③ 日本語を見ながら英語でリ ピートする。

④ 3回読みをする。

7分 (3)プリント(資料3)

① A面を解き、記入する。

② プリント問題③について 生徒に質問する。

B 面は英語が苦手とする 生徒に参考させる。

個人

B プリント

2分 Reflection Sheetに記入する。

資料1

今回使用したのは自作のチャ ンツになります。自作のチャン ツには、過去に生徒が苦手とし ていた部分を意図的に組み入れ る工夫ができます。その結果、

例えば今までは“How do you think?”と書く生徒が多かったの に対し、この年度は“What”を自 然に使用できる生徒が多いとい う効果が得られました。

ただし、英授研での発表で は、チャンツとマークの位置が 合わないため、合わせたほうが 良いというご指摘を頂き、改善 の余地がまだまだ大いにあるこ とも教えていただきました。

(6)

6

資料2(スライド一部抜粋)

左上のスライドでは学校付近の地図を示し、There is 構文を用いて町の紹介をしたり、

私の(架空の)家を紹介し、どの場所なのかを当てるなどの活動を通し、There is構文の 導入としました。

左下は私の過去の定期テストの問題(指導案「展開Ⅰ(3)」の活動)です。本当はこの 絵を用いて評価規準D「言語や文化についての知識・理解」を評価する予定でしたが、こ こまでのオーラルでのやりとりの中である程度の定着が見られたため、書かせる必要がな いと判断し今回は実施しませんでした。

<問題文>

あなたは留学中に置き引きにあってしまい、今警察に連絡をしています。今警察に電話 をしています。警察官が今の状況を詳しく教えてほしいと話しています。写真をみて、「〇

〇が(△△に)あります」という感じで、できるだけ詳しい状況を英語で説明しなさい。

(7)

7 資料3

表面がA,裏面がBとなっています。基本的に全員Aに挑戦をしますが、解答が思いつか なかったり書き方がわからない場合には裏面を参考にさせます。どうしても答えが書けない 生徒に関してはBを選択させています。今回は本文も少なかったため問いとしてはほとんど 作ることができませんが、③だけは少しオープンエンド型の問いにしてみました。劇場に行 きたい時間を答える問いですが、20分ほど余裕をもって目的地に到着すると答える生徒も いればぎりぎりに到着するという生徒もおり、生徒たちから笑いが起こったり相手の回答を ワクワクして聞こうとする態度は、やはりオープンエンド型の質問に起こるのだと改めて感 じました。勿論、私自身も③の問いの答えを聞くことが、①②に比べて断然に楽しかったで す。

(8)

8 生徒1

I’m going to tell you about my hobby. My hobby is watching airplanes. Especially, ANA air force. So I often go to Kansai International Airport. There are many airplanes. So I like it. And the biggest airplane in the world go there. I like to watch it taking off. And also airplanes have many kind of decals. Decals is 塗装. I sometimes see the rare decals of Airplanes. Airplanes are exciting for me. When I was little, I boarded an airplane for the first time.

I was surprised because I don’t know flying then. And I was moved.

So, I liked it from then. I think it’s the most interesting vehicle. I

want to see more interesting airplanes. You should go to the airport and see airplanes.

生徒2

I am going to talk about my favorite comics. There are many comics in my house. They are very interesting. My favorite anime is Kimetsu no Yaiba. I bought comics, but I was not able to get one and seventeen. So I ordered them on the internet. A few days later, I got comics. The movie will show in this year.

生徒3

I’m going to tell you about my favorite sport. Soccer is the most interesting of all the sports. I like soccer because there are many good players. For example, I think that Nagatomo is very good players.

I respect him a lot. He has a strong talent. Let’s play soccer together.

生徒4

I’d like to talk about my favorite idol. My favorite idol is Ryosuke Yamada. He is a member of Heisei Jump in Jonny’s. His face is cute and cool. I feel a charm from it. He has many talents. For example, he is a good singer and good actor. (There are many talents but) his dancing is the best out of them.

I want to dance like him. Moreover, he can speak Korean. It’s very good. I like him because he is a perfect man. My pleasure is meeting him. From now on, I will cheer for him. If you are interested, let’s talk about him.

生徒5

I’m going to talk about high school baseball. I like to cheer at baseball game because Koukou kyuji play at Koshien Stadium. I love to see them trying hard. I think it’s the most moving story in the world. ( There are many high school teams that I like.) I like Akashi high school as much as I like Tenri high school. Koukou kyuji is the lots of life. Everyone, have you heard of it? By the way, Koukou kyuji is handsome. I favorite team are Akashi high school, Tenri high school and Osaka Toin high school. I recommend them.

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP