Studies on the role of MicroRNA2963p in the malignant and liquid biopsy for the metastasis in head and neck cancer

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

(様式

17)

論 文 審 査

概 要

博士 専攻分 称 博士 医 学 氏 蠣崎 文彦

主査 教授 松 吉宏 審査担当者 副査 教授 白土 博樹 副査 教授 田中 伸哉 副査 准教授 濱田 淳一

学 論 文 題

Studies on the role of MicroRNA-296-3p in the malignant transformation and liquid biopsy for the metastasis in head and neck cancer

頭頸部 け 悪性転化 関す MicroRNA-296-3p 役割 び

転移 関す リキッドバイオプシー 研究

申請者 本研究 い 鼻腔内反性乳頭腫 (IP) そ 化 考え 扁平 皮癌

SCC 間 miRNAや 抑制遺伝子PTEN 発現 大 く変化す こ ,miR296-3p

PTEN 発現 制御す 可能性 あ こ 示した また頭頸部 い

Circulating tumor cells (CTC) やcirculating tumor DNA (ctDNA) 解析 ,原発腫瘍 反

映す 既知 遺伝子異常 検出 可能 あ こ 示した

審査 あた ,副査 白土教授 扁平 皮 p21 発現 抑制さ いた理由

関す 質問 あ miR-296-3p び 他 miRNAや遺伝子 p21 発現 させた可

能性 あ 回答した 副査 田中教授 腫瘍 heterogeneityやTP53 germline

mutation 可能性 関し 質問 あ 本研究 今回 深く検討 行っ い い 回答した 副

査 濱田准教授 mRNAやDNA メチル化 関し 検討 行った 質問 あ 申請者 今後検討す 回答した 最後 主査 松野教授 ,今回検討 頭頸部 領域 liquid

biopsy 有用 あ 言え 質問 対し,症例 こ 他臓器 様

有用性 示さ 可能性 高い 回答した

こ 論文 ,miR-296-3p 発現 内反性乳頭腫 化 伴っ 変化し,またPTEN 発現 調節し い 可能性 示し,さ 頭頸部 遺伝子異常 liquid biopsy

検出さ こ 示した研究 あ ,将来的 頭頸部 患者 予後改善 た 臨床応 用 期待さ

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :