ペ ル ー ・ク ス コ地 方 を 中 心 に

Download (0)

Full text

(1)

ケ チ ュ ア 証 開 の こ と わ ざ

ペ ル ー ・ク ス コ地 方 を 中 心 に

は じ め に

本稿は︑南米ペルー・アンデス南部のことわざ(奉マ甲

器︒︒)やいいまわし(象oげo︒︒)を︑同地方の代表的な土着

言語であるケチュア語のまま紹介することをその目的とす

るものであり︑また本誌第一〇号所収の拙稿﹁ケチュア語

のなぞなぞ﹂の姉妹編に相当する︒

したがって︑本稿のことわざもまた筆者らが直接採集し

たものではなく︑アンデス司牧研究所でケチュア語講師を

つとめてきたケチュア語話者たちが記録したもの[H℃>

P創.]を中心に︑若干他のもの[≧<胃①Nρ巳︒︒b①お︒︒︒︒]

から補充し︑再録したものである︒また︑ケチュア語の表

記についても︑前稿と同じく︑一九七五年一〇月にペルー

青 木 芳 夫

ア ン ヘ リ カ ・ パ ロミ ー ノ " 青 木

政 府 に よ り 制 定 さ れ た 正 書 法 ( 教育 大 臣 令 第 四 〇 二 一ニ ー七

五 号) のう ち ク ス コー ープ ー ノ地 方 に関 す る も の にほ ぼ準 拠

   している︒

なお︑イタリック体はスペイン語からの借用語である︒

二 例 題

①のゆ︒︒冒暮譜pヨ暮導ρp日雪ゆ日暮雪ρo甘ω愚.巷︒訂ギ

豆乏群魯錯碧ρp●

﹁怠け者は︑望もうと望むまいとにかかわらず︑数日にし

て貧乏になる︒﹂

②=pρ塁N︒ミ§冨9のL惹びp$仁︒︒ρ醸日雪冨︒訂同ぐ冨ロー

OげP]BP昌け鋤●

﹁あそこの丘にスカンクがいる︒囲いから羊を早く逃がし

一55一

(2)

聴 粕3。 」

OLIagtaykimanpurimugtagorpachanki,yargagta mikhuchinki,manap'achayogtap'achachinki,ch'akiq‑

toukhachinki.

「槍 」虞 〜Q芝9※ ゆ く 慧 浬 £ ト・癒b聴 狛3。 卒〜謎 簑 価 ⊃ トノ 訴 〜・£ 砥 て 狛 宰 ト・Oi畜 簑 聴 灸 。 製 ・,柵 宰 ト・蹴bト ノ。 些 簑 灸 Q3ト 弓 よ〜・3溢 悩 宰 トノ蹴bレo」

●Amarunamasiykitagawaychuimaruwasgantapis uyallaykimanmikutimusunki.

「奪翌くQ価 ゆ}JρU受Ji慧 毒革十へ警く∋』顕o囎 」誕 ・起Q懸 思 凪くOト ノv卜Q 灸 ・30」

◎Patanqa..,napes..,napesukhunqamana...napes.

「OQて 楚 帽 駈o・ 日一{諏楚 祠 聴 二)傘 」廼30」

◎Wiksahunt'asqa,sonqokusisqawichaymanpis,u‑

raymanpismaygenwarmiqghepantapis.

「爬 鰹 簑1臆 聴 ・3〈⊇副 赴 棚 赴 鞠o呉 思 橿 思 ノ 螺 くQ鰹 如 四

・い。」

θPiwanmipurinkikaqllataqmikanki.

「30ゆ 龍 咽 潔 思 郵J価 灸'申 罵 思%。 ト・槍 」桝 蟄1軍 和

やQ灸'虫 灸 ゆ 。」

●Diuspagarasunki,supayapapusunki.

ゆ  

障 攣 慰 二 導〜集〜3ト/潤 蟹 思 緬 心 宴 ゆo」

◎Sichuspisipisirnantapuririsunkarutachayasunchis.

「1;1轍 ごv聴 ・3'魍v悩P颪 遡 価 ゆo」

OSichuskaypachapianyanakusunchischayga,ma‑

nanhanagpachapigauyanchisDiusmangawaringachu.

「UQ幸iユ1し 鯉1轡 」 よ〜^邸,槍Qi辛iユ..… 思 懸{匡 食⊃P尉o」 誕v」 廼 ゆo」

OMallkitagahuch'uychanmantapachaallintaramana, manahinagawist'uchawinanman,rakhuyaruspaga manananrectomanallchakuytaatikunmanchu.

「→ぐ 慧 ぐ 狛 ひ い魯 灸 ・∬ 一)。 灸o坦 薫 魯 一)レ 魂 灸 」廼b磁 楚 ノ 悩 。 価 丸遣 賓)」艶30i‑)ト ・一)悩 。 ト・灸 心 粒 楚 魍 宰 」誕v廼

ゆ   ゆ 。」

OPichaallinmallkimank'iraykun,allintallanthun‑

tochaskiykun.

「%3斗 ぐ 思 ・o製 罵 灸 灸oよ 〜<.̲,.,%二3→ ぐ ≦些如 顧 ・3・翼 ゆo」

●Wisq'asgasimimangamanach'uspigahaykunman‑

chu.

「医 ⊃ 訳 口Qモ 巨2楚 肇轟P・<膚 層3。 」

1⑩ゆー

(3)

●Mayugagaparinrumitaapamuspa.

ト  

「≡1簑 伽 如 個 レ ゆQ慧,ト 恥N期 ・ミ 駒3卜Q灸 ・"粟 。」

●Amaanchataachhuyuychukanakuwagmi,nitaq anchataaygeriychuchiriyawagmi.

「≧廻 §極 ゆ 雌u}ぜ ○ 灸 私'迂 螺 ゆ 些 ヱu蝦 知 灸 心 私 。」

●Manasmunaymanchumunawanaykita,aswancha munaymanchegniwanaykita,chegniytatukuspamu‑

nawanaykipaq.

「囎 」虞 〜思 劇 狛 罵 よ〜V聴 二 〇 即 罵%gi蟹Q宴 峯二 〇 慧Q壽 ゆ  

レ 灸 ・,劇 狛 罵 よ〜30」

OPinmunaykinisunki,paichawagachisunki.

「槍 聴 製'如 劇 」 ト・つ ゆ 刃 槍 」誕 製 思1111肛心 ぐ 坤 〆 ・駄 舛 〜砲 お 灸 宰 ゆ 。」

●Turupasastanrayku,gharipasrimayninrayku.

ゆ  

「蔽e掴 聴 やQ簑 遅 超一'遡 手k聴Q簑 疎 トトo」

⑨Tutaraqhatariqtaqa,Taytachayanapan.

「研 型 舶 価 ゆ く 砲 津 慧 爵 覚)ゆo」

●Amaanchatawichaymanthogaychuuyallaykiman‑

tagmikutimunga.

Cト 

「」→思 ○楚 如 書V聴O槍 」1」〜Q懸 思 髄 魯 ト・Vゆ 々00」

●Wakchakayllanmanatukukuq.

「瓢 い探 士)楚 潔Qg簑 聴13。 」

●Llank'agtarikuspagayanapakuy,mikhugtariku‑

spataqaygey.

「趣 ニ トノ3ゆ く 如 眠 灸 む 紬 壁 昨 単 。 トノ癒b廼 狛30釧 で レ ニ ゆ く 如 咽 灸 む 車〜・邸'瀦b廼 狛30」

●Llank'ayallpaykitaamasayk'urispa,chaypinqo‑

rigolgekashan.

ゆ 

「皿 虫e‑H曇 剰 洲 換 壱 藁 一)」誕 狛30曲 」9{囲 鼻 簑 囎 ゆ 。」

●Wakinrunakunagakawsankuchimpankupirunaq hump'iyninmanta.

「・回 灸 つQ<Q比 和 脚 ・」⊃価 く ・ρ ひQO」

●Taytachapiininkichayga,runamasiykitakhuyay.

障 攣 砲 迎 ⊃ ゆ 」誕 ・,'趣 く.,̲)」 廼 狛 二 。」

●Parachayamunchaygalluytaapichan,manapi‑

paspakakunchu.

「1匿簑 童o毅 ・」},ゐ ・ミ 」尋 砲 鎚…・3価o龍 ・o趣 窺 心 農 」廼 二 。」

●Qhepaypirimaggallanthuywanrimachun:sichus pipasghepanchispirimakuwanchismananyachagpas tukunachu.

ート頃ー

(4)

「誕Q鰹 和̲)貿 ゆ く ぜ 認Q醸 幻 一)貿 宴 楚 二 二 〇 最 ・"

くの ミ 磯9価 罵 楚 二 二 〇」

●Purigmikanchisnanpitaqtupasunman:hayk'aglla‑

pasmuchuymanichadesgraciamanchayawagtaq amachhaynakaychumanawalikuna.

「"罵.Q織 鍾 ミ 」誕 輪3ト ・二 ゆ 灸 ・,'緬J灸Q捌 和 田 く掩・い 灸 ・ρ ⊃ 磁 聴 二 〇 槍 」1」〜ψ 二 〇 灸 潔 騒9潤 。 よ〜9ト ぐ冊 」阻 田!J 姻 ・い 灸 ψ̲)肩 や つ 。 鰻 灸 ・o'申 ぐ や 思 ○ 壽 」廼v‑)」 廼 二 和 。」

㊨Kanikuqalqoqamananmuk'ukunchu.

く 

「%v冬 翼 ゆ4く 楚 留 悩 や130」

●Hamp'atulaq'akamushanparangacha.

ニ 

「i蟹簑 癬 ・ミ奪〜o隆 簑 遺 ゆ 鯉o」

●Imankaypachapimanatukukuqtukukullangan.

「}JQi卸 和 慧,価 て トノQ純PQ思 潔{》 ≦〉禦〜槍 ゆo」

●Qoripasgolgepastukukugllanwakchakayllanma‑

natukukungachu.

「く閑 麟 ・ρ 潔QQ簑 槍 ゆ 。1叫)狛 禦 む 思 潔Qg簑 」廼 二 〇」

●Qoyusgauywatagamanankiruntagaghawanachu.

ヨ 

「ρ30↓ 〜騒 櫓 惣 図 砲 眠 ゆ 廼o」

●Wanukuqripukuqhinakawsanaga.

ほ  

「眠 価 て 粕 和Q絶c・2,粥 ゆ て 鞠 湘Q%・ い!」,姻 舶 聴 狛3。 」

●Runamasiykitamunay,ganpasmunanaskanki.

「望 くコ,)」 誕 狛30槍 」艶 毅 ψ 劇 狛 罵 ゆ 禦 面 ・いo」

●Diusmiyachanimaruwasganta.

ぼ  

「津 攣 楚 崖己ドノ展P〜J裡 三⊃奪〜o」

●Aswanallinmi,hukurpillamakipihap'iy,pachak pachakhap'inataga.

くヨ 

「癒 阻 恩Q{哩%9ψ 癬 丑Q1恩Q{曜 。」

●Llullaqsiminpiga,chegaqrimaypasllullallaman‑

rianrikch'akun.

「響O鞠Q<簑11110喫 楚,楡mQ聴 和 展P蟹Q絶 ○ 思 臣重}」喫 ゆo」

●Ismusgamikhuykunaga,allinmikhuykunatanis‑

muchin.

rv狛 。 よ畑 鼻 ぜ 悩 集〜33釧 鼻 如 屡 ・3宰 ゆ 。」

●Llakimanallaki,llakillanogapagqa;gaynaun chayllakigkani,qanrikunayrayku,kunantaqllakiniri kusgayrayku.

「撫1̲)二!澤1⊃v」 ゆ 二 〇 韓藝退1±重1額一)ニ リ ρU楚 ・ξi〜≦こ、o蓮 ヒ田 」1曾 聴 よ想 姻3訳vPO・o灸 。 よ〜。 製 む 勾 く雌 槍 や 毅9姻 。 契 導〜総 思 ○ ・030」

1◎○ゆー

(5)

●Sut'inrimagtanTaytachayanapan.

「固 掴 湘 受」章 攣 …楚 卒〜爵 丈〉】巳 」廼1く)o」

●Nawirikun,songomunan.

「n.皿 ミ艇 ・」}'ρ 楚 〜蚤̲)v聴 ゆo」

●Asichiwankinacelgasch'akighatapiwinaspa, huertallaypipaswinawaqghollaghollallamikhunay‑

paq・

「糾KQ宰 」廼 二N'卜 ・Tミ ≒ミ課o'wヘ ミ廼 駆 蕪 硬9{卦Nlゆ 聴 ヘミ ド 申 罵%9譲Q嬰 思{卦 寅 レv罵 凍〜」廼 ・邸'輯 ○ 契 レ 砲 砥 で

に   レ 総 ヨ⊃卜QQ思o」

●Runtumikhuqwallpaga,chhuruntanaruphachegti‑

ykipaskagllapunin.

「皿 ΦQ風 砲 価 てN一)悩 心 綴 ぜ 恕 砲 襲 灸 罵 トゐρ'唄 £ 聴 13唖ρQ集 〜o」

●Qanpatagaganllapunin,llapanchispatataqTaytacha.

「槍 」1」〜QψQ楚 槍 や よ〜Q噂 ρQOQ宴Q蒋 心 ミ 聴Q脳PQ楚 章 攣Q語)Qo」

●Amapitapasghawaychu,managhawanasuykita munaspaga.

「…慧 扉 狛 肩42v」 誕 二,Q聴^」1'槍 や よ〜rOさヨ<QUρU』 贈 誤 扉 ⊃

や 二 和 。」

●Wanuymiaswanallin,gongorchakikawsaymanta‑

qa.

「墨 ニ レ 姻 鞠 ゆ%o展P'隊 逡 逆 ・い 簑 悩̲)集 〜o」

●Allintamuhutaakllay,rurunallinkananpaq.

「%〉 鯉^∫〜宰 卜Q毅 £ 】巳 芝ゼ%二 廻 卜← 憂」麹 賓)」誕 狛 二 〇」

●Llank'aymihampin,wakchakaypak'irinta.

「瓢 一)狛Q屡 旦邸 楚'ヨ ゴ佃拓簑 樋 十へo」

●Amak'umuychu,manachaninghapagmanqa,qol‑

genwanminawsayachispauywamanraqt'igrasunki.

「箒}額 」誕 く潤館 覇 】9楚 騒 受」トz一廷⊃」廼 二,N° 卒≧く剛 し槍 聴 よ〜Q[田 砲 v^∫ 〜」ゆ6宰 トノ騒 樋田ぬ よ〜二 思i翻 ξ〜宰 卜Qξ〜^.Ωo」

●Yachaytagoway,nogataqhatuntarurasgayki.

「最 繕 受」坤}℃ぐトノV集 〜狛30博 禦〜囎 や 導〜憂」,翼^」3V̲)舳6十へ煮〜^」鄭O」

●Amakikikimantayuyayniykitamullphayachiychu, yachasgaykitapastuntichiychukanayllant'amantu‑

kuchiychu.

「昭 逃堕一)製 導)(∋受」皿 くkQ宰3N≦ 皐々 思̲)」 廼 二,N° 韻 無 ρ⊃ 毅 ほ   語) 1 ]鯉 ヰ』狛 宰 や 二,和o糠Q%}C\ 思 蓑}Nl[4!→め 狛 宰 」誕 二,N° 」

●Allinruwaytansasachan,manaallintatagmiuman一

1①ゆー

(6)

piwinachin,allwihina,ch'arwikunanpaq.

「%二}J‑U慧 やOn̲)v柵 翼 ゆ 。%v廼 つ 」刃 慧 旭 ζ!思 騒 く 

Q丑9楚 賓)}」ゆ 。 ト ひdヤ 和 ψ ○ 審 よ〜采Q%ゆ 思 ノ 皿 駆 皿 雛9聴 。 トノ̲)椥Oo」

●Amarunaqkawsayninmantatapuykachakuspapu‑

riychu.

「型 くQ洲 肥 上20ニ ト極 粕 輪 鞠 一)ト・楚 二 む 」凶 つo」

●Llank'agkunatanchegnipakun,yangamantasuwa nin.

「坦 蹄 如 価 ゆ くii11・ ミ禦Q,鯉 過 寒〜刃 巾1nO導 〜9十 ・ゆ く 。」

●Chirillamantanchukchukun,makinkunataogllaku‑

spanq'entimat'introllapapaqk'arallisgapurin.

「祐 ゆ 稀 ゆ 脳 翼 」誕 簑 ・3'粍 ト砲 興 ・ミ 禦 悩 悩'醤 足 憩 綴 如 怖 宰 N'肇 ぬ 聴 簑 ・,輪v<o」

●Purisganwanmiongopakun:mikhuspapassayk'un‑

mi,t'ikatakagllanruphaypuwanpasnaq'echin.

「輪 ニ ト雌 懊 恢9」 ゆ9'砥 て ト雌 鰹 壽 ノ ζK鰹 思4程e静 い 12照 磁 トノ⊃ 悩 ・o<。 」

●Usghayllamanmimachuyapunmanathagniyoqru‑

naga.

rQ・'t)Q圃 駒 や 二 く ぜ 価 々9針 砲 掲 ゆo」

⑱Hamawt'aqchurinnakanmanchaypas,manacha‑

niyoqpurunrunamanmitukupun.

「瓢 くQ硬 トト 和 槍oト 燦P,麟Q聴3<誕 思 やoN一)燭 ・いo」

●Amallulla,amasuwa,amagella.

「蟹 砲Ov」 誕 灸 蒋,類 や 」嫡 ミ膚'4喰)卜Q聴 灸 罵o」

㊨P'enqachinan,khipukunatamanayupaytayacha spa,ch'askakunayupaymunagta.

CN>

「蝋 斗 ト隠 誕Qぜ+一 ト ψ 縄 £ 」廼 二Q9嘲Q癒 砲 癒 蝦%

心 刈 旭 ゆ 柵o」

OManawasinpikamachikuyatigga,mananatinman‑

chullagtakamachiyta.

「漏Qモ ト砲 辿 £ 心 罵 」陀3和 思 楚 むo一)ト ・1#楚 襲 £ 心 膚 」廼 つ 。」

●Challwakunagelgankuman,hatungochataqtullpu‑

kanmanwarangawatagelgaspa,manangelgaytatu‑

kunkumanchurunaqaugayninta.

「磁 為 →〉く{序如 細3訳 廼 心,申 一)ト・蓮 簑 ヤN+」 誕 ・3'日 一針 灸 n。 ト・細 ニ ト・4<踵Q騰 駅 酬 皿鞠[4〆v宰 麺3集 〜面 ・C、o」

●Llagtaqsimin,yayaqsimin.

1 8 1

(7)

「田Q瓶 ぜ 潭Q楓 。」

@Maypinallinkawsay,chaypinhatunllaqta.

「IIIm^」1‑⊃QA川 ゆ 」申,‑K鞠 聴#o」

●lmaynatanmunanki,chhaynallatataqmunasunkiku.

「槍 廼 訳 簑 瀞 翼 楚'囎 廼 紬o掻Q罵 ゆo」

㊨Manchaymanchakuq,manap'enkakuq.

「趣 膿 」廼v宰 思'富 最 ・3私o」

●Karunpurina,pisingogawu.

く 

「期 脚 慧 魍v'価 蕪 慧Q…b灸o」

㊨Huqmichiq,huqmichina.

  

「1<Q鉢 櫃 圭2,1騒Q{u・ 」

●Askhatankawsakurgan,allinkawsakuq.

「 試繍〜卜J唾/%二 欄 の」}一一)o」

OAIIpankanki,allpamantagmikutiykapunki.

く 

「槍 聴 よ〜楚 十 いし 槍 ゆo悩 よ〜十112嘆 ゆP槍 ゆ いo」

OAIIillamantaandas,t'urullamantasanto.

CN)

「津 画(楚 §OvQ'恢 砲 ○±)トノO副 柵 楚 只ミ和 和 初 レ ニ3⑩O」

川 給 牟 ⊃u

斗]○蛋e}JA){ン 狛 傘3シ 師Q‑⊃ 思 価 為め」廼 二 簑,申}J灸 心

定 簑 湘 心 一u磁ゆ 製 ゆ い灸o

田 →ぐQ}J・UQ}0・ り匝 ∠)樋番Qぺ ρerO髄 皿1{し鞠 ゆo毅A)隼k ';fi.6

V㊥ 傘 ㊨ ‡ゴ勾 惣 「型 くQ峻9皿 ミトノ 禽 簑 褐9槌1宰 」 如 刑 顕 狛 宰 ゆ 一y㊦ 楚 「顕 慧 賑 如 営 稀 」ノ ◎ 楚 「H一囲Q週 ψ1 輪 灸 心 」,◎ 慧 「議 楚 凝 ひe、魯 思 黒 トノ」'◎‑1‑6「 昨 心 楚 →く駆

Q継 」'㊤ 麺 「ロ 楚 翼 二Qψ 刃 」'㊥ 楚[1膿 如 製 心 柵 〆1 膿 砲 嘩 私 」'㊥ 楚 「米 上2悩⊃Q慕 楚,僑v聴 ゆ 」,㊥ 楚 「111

01t::一.,11コし ψ 」Aノ 申 蒋 如 罵 魍 ⊃ ゆ ・U卜J雨為 総 ゆo

⊃ 灸 ⊃ や 簑 ・」y即 磁%9訓 喚《 や(∋楚 瓢 圖 思 認 価 ゆ ψQ Q輪 狛(製 」ゆ 翼楚,㊨ ・㊥ ・⑱)和 槍9ノ 申 罵 思較 一⊃図 項 鯉 如3悩 一⊃£ 翻 韻 簑 継 灸 膚 ゆ(θ ・㊥ ・㊨ ・㊨)1桓'醤

思 比 価 ゆ}J‑U聴v'悩 毅 導〜A駅 槍v宰v趣 助JrO1<禦 む 細 益 縦 §勧J刃 楚 揃b価 悩 磁 ゆ(⑲ ・⑱ ・⑱ ・⑱)。 卜N

了ト1く曇 櫓Qぜ 聰 購 興Q唄 趨 狛 ⑩ くo/・マM2%ゆ 嗣 肇 ・埋[W 照Q廿 ど 需 拳 和 州9船騒 ⊃ トノニ ゆ 刃U雨 和 槍 ゆ 簑 ノ ト・1ト 、K 肚ζ{寒楚 犀 圓 ‡巻盃罫12%9ヤ1.⊃3鼻 圏 溜 鑓 聴 刑 斗帥121n腰 区価 ゆ

%・○や 洲 聰i攣信 如 血 一U‑)1の 曲峯〜o}JQ}J‑Uぜ 椅 澤 思 碑 蟻

⊃ 拙 」刃Q知Q㊥ ・㊨ ・㊨ ・㊨Q丑 ・思 ψ 以 督 粕 需 トノニ ゆ 。 申 ⊃ トノ樋 導!nY‑⊃ 二 丑 灸^31絹 虞)UJJぜ 聴 鶏 狛^∫嚇 蔽 →b壽 ゆ(.・)o以 鞍 思 ノ 艘̲)ニ モ←灸^∫麺2U卜J⊃ 如 駆 む 契 や

ー お ー

(8)

ら感謝しなければいけないし(⑳)︑一般に禁欲が説かれ

る(⑫・⑪)︒

また︑ことばに関することわざも多い︒﹁雄弁﹂が必ず

しもネガティブなものとして受け取られていないこと(⑱)

は興味深いが︑一般におしゃべりであったり︑嘘をついた

り︑おしゃべりや噂話に耳を傾けることは嫌われる(⑳・

⑱・⑭・⑳)︒行為と同様に︑ことばにおいても︑正直で

あることや禁欲であることが尊重されている︒

結局︑アンデス社会におけることわざは︑⑳の﹁嘘をつ

くなかれ︑盗むなかれ︑怠けるなかれ﹂に尽きるようであ

る︒

[註]

(1)筆者(青木)は︑一九九四年度前期に奈良大学在外研修制

度によりペルー中部大学大学院研究教授(人類学)としてク

スコ県ウルバンバ郡ユカイ村でオーラル・ヒストリーの調査

研究に従事した︒今回の留学により︑クスコ地方でもケチュ

ア語の三母音表記(たとえば一九八五年の﹁公式アルファベッ

ト﹂)が︑アンデス司牧研究所を含あ︑かなり定着してきて

いることが分かった︒

しかし︑本稿においては従来どおりの表記法を採用してい

る︒なお︑本文中の0をU︑eをーに置き換えれば︑三母音

表記となる︒ (2)直訳すれば﹁神様があなたに支払ってくださるだろう﹂と

いう意味で︑相手に感謝するときの言い方︒ここでは全体で︑

泥棒に金を盗られたときのいいまわし︒

(3)後半部分は説明になっている︒

(4)何もなければ音はしないはずだから︑結果にはかならず原

因がある︑という意味︒

(5)アンデス地方の代表的なフォルクローレの形式のひとつで

あるワイノの歌詞にもなっている︒

(6)雄弁と訳したが︑﹁話し上手﹂の場合もあるだろう︒とも

あれ︑無口は︑日本のようには男子の徳目ではない︒

(7)④のことわざと同じ意味︒

(8)アンデス地方には﹁埋もれた宝(鼠bpμ○)﹂伝説︑一種

のインカの隠し財宝伝説があるが︑ここではそういうものの

発掘ではなく︑むしろそういうような夢物語をいましめるこ

とわざ︒

(9)後半部分は説明になっている︒(10)犬と同様に︑おしゃべりな人間は肝心なときに役に立たな

い︑という意味︒

(11)大の大人が転んだときにはやし立てるいいまわし︒

(12)歯を見るのは︑家畜が健康かどうかを見るたあである︒

(13)人間は死すべき存在だから︑お金を儲けても仕方がない︑

それより正しく生きよう︑という意味︒

(14)スペイン語のことわざがケチュア語に同化したもの︒(15)同右︒﹁∪冒ω﹂はスペイン語の﹁U一〇ω﹂がケチュア語に

同化したもの︒

一62一

(9)

(16)

(17)

(18)

(19)

(20)

(21) スペイン語のことわざがケチュア語に同化したもの︒

歌詞にもなっている︒料理や旅行をしている最中に︑なに

か足りないものがあるときのいいまわし︒なお︑アセルガ菜

とはフダンソウのことで︑青菜の一種である︒

たとえば︑子供が親に学資を出してもらうときのいいまわ

し︒

いい若者がだんだん悪くなっていくのを見たときのいいま

わし︒

アリュイとは織機の縦糸︑整経のこと︒

家族や共同体を意味するアイリュにおける中心的な徳目で

あり︑日々の挨拶代わりに用いられるほどであった︒そして︑

たとえば︑ボリビアのコパカバーナやペルーのクスコにはそ

の記念碑がある︹写真参照︺︒

【写 真 】 ク ス コ市 内 の記 念 像(キ ー プ カ マ ヨ ク が キ ー プ を読 ん で い る場 面 。 動 物 は ピュ ー マ 。 台 座 に は イ ンカ期 の貴 族 子 弟 を対 象 と した学 校 が描 か れ てい る。)

(22)キープとはいわゆる結縄文字のことで︑紐の結び目により

数を表わす︒インカ時代に人口・貢納等の統計を整理するた

めに利用された︒それを読むたあにキープカマヨクと呼ばれ

る専門官僚が置かれていた︒

(23)このことわざは﹁必要なものが足りない﹂という意味だが︑

それとは別に︑インカ時代には﹁王道﹂と呼ばれる公的目的

の道路網が整備されており︑チャスキと呼ばれる飛脚制度や

タンプと呼ばれる宿駅制度も発達していた︒したがって︑重

要拠点には食糧や兵糧が貯蔵されていたため︑大規模な兵力

を軽装備で︑敏速に移動させることも可能だった︒

(24)アンデス土着の代表的な家畜はラクダ科のリャマやアルパ

カであった︒主として前者は運搬用で︑後者は毛刈り用であっ

た︒

(25)⑭のことわざと同じく︑正しい生き方を説いたことわざ︒

(26)ゆっくり気をつけなければならないときのいいまわし︒祭

礼のときにはよく︑信仰の対象である聖者の像を神輿にかつ

いで行列することがある︒ここではそれを指している︒

参 考 文 献

≧ ︿ 胃 Φ N 書 δ b① ト 巳 ω ( 一 ⑩ ︒︒ ︒︒ )

の款 9ミ9 逡 9 訪 g き9 ω執 ミ 帖 ︽9 簿 9 き P =  B p

弓 > b ρ 巳 b O μ ① 曾 Φ ︒ 巨 p ( p α● )

沁 § 9 ︒︒ § 勢 Oo の Q ︒ O︒ こ 9s 噂 b︒ ㎝} Φ ︒ 9 8 ① ︒︒ b 屋 ︒ ρ 昭 ﹀ ●

青 木 芳 夫 ・パ ロ ミ ー ノ "青 木 ア ン ヘ リ カ (一 九 九 二 )

﹁ ケ チ ュ ア 語 の な ぞ な ぞ ﹂ ﹃ 奈 良 史 学 ﹄ 第 一 〇 号

一63一

Figure

Updating...

References

Related subjects :