• 検索結果がありません。

Taro-DA82DIOセ.jtd

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "Taro-DA82DIOセ.jtd"

Copied!
28
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

U S B 接 続

デ ジ タ ル /ア ナ ロ グ

絶 縁 入 出 力 基 板

D A C S - 8 2 0 0

取 扱 説 明 書

製 品 に は CD-ROMを 添 付 し て お り ま せ ん 。 説 明 書 に CD-ROMの 記 述 が あ る 場 合 は 、 「 弊 社 HPダ ウ ン ロ ー ド ペ ー ジ の フ ァ イ ル 」 と 読 替 え て く だ さ い 。 ま た 、 単 に フ ォ ル ダ と 記 述 の あ る 場 合 は 、 ダ ウ ン ロ ー ド ペ ー ジ の フ ォ ル ダ を 意 味 し て い ま す 。

(2)

目 次

1 . 機 能 2 2 . 構 成 5 3 . コ ネ ク タ ピ ン 配 置 と 入 出 力 信 号 仕 様 6 4 . 送 受 信 デ ー タ 形 式 4 . 1 デ ジ タ ル 出 力 コ マ ン ド 1 1 4 . 2 デ ジ タ ル 入 力 デ ー タ 形 式 1 3 4 . 3 拡 張 機 能 を 利 用 し た デ ジ タ ル 入 出 力 1 4 4 . 3 . 1 入 出 力 方 向 指 定 コ マ ン ド 1 4 4 . 3 . 2 デ シ タ ル 出 力 コ マ ン ド ( 拡 張 機 能 利 用 の 場 合 ) 1 5 4 . 3 . 3 デ シ タ ル 入 力 デ ー タ 形 式 ( 拡 張 機 能 利 用 の 場 合 ) 1 6 4 . 3 . 4 電 源 投 入 時 の 入 出 力 方 向 設 定 コ マ ン ド 1 7 4 . 4 A D 変 換 コ マ ン ド 1 8 4 . 5 A D 変 換 サ ン プ リ ン グ デ ー タ 形 式 1 9 4 . 6 A D 変 換 サ ン プ リ ン グ 周 波 数 指 定 2 0 4 . 7 エ コ ー バ ッ ク レ ス ポ ン ス デ ー タ 形 式 2 0 4 . 8 D A 出 力 コ マ ン ド 2 1 4 . 9 低 速 ボ ー レ ー ト の 設 定 方 法 2 2 5 . 回 転 デ ィ ッ プ ス イ ッ チ と ラ ン プ の 説 明 2 3 6 . 解 説 6 . 1 接 続 2 4 6 . 2 ボ ー ド I D 番 号 の セ ッ ト 2 4 6 . 3 デ バ イ ス ド ラ イ バ の イ ン ス ト ー ル 2 5 6 . 4 も っ と も シ ン プ ル な 使 用 方 法 2 6 6 . 5 応 答 速 度 を 向 上 さ せ る 2 6 D A C S - 8 2 0 0 製 品 内 容 2 7

(3)

1 . 機 能

U S B 接 続 デ ジ タ ル /ア ナ ロ グ 絶 縁 入 出 力 基 板 D A C S - 8 2 0 0 は 、 パ ソ コ ン の U S B ポ ー ト に 接 続 し て 、 パ ソ コ ン か ら 送 信 す る コ マ ン ド に よ り 、 デ ジ タ ル 信 号 入 出 力 と ア ナ ロ グ 信 号 入 出 力 を 実 行 す る ボ ー ド で す 。 デ ジ タ ル 入 出 力 は 、 入 力 2 4 点 、 出 力 2 4 点 、 ア ナ ロ グ 電 圧 入 出 力 は 、 入 力 2 チ ャ ン ネ ル 、 出 力 2 チ ャ ン ネ ル を 実 装 し て い ま す 。 さ ら に 、 拡 張 機 能 を 利 用 す る と 、 デ シ タ ル 入 出 力 4 8 点 の 入 力 と 出 力 を 、 ビ ッ ト ご と に 自 由 に 組 合 わ せ て 配 置 す る こ と が で き ま す 。 こ の 機 能 に て 、 4 8 点 す べ て を 出 力 と す る こ と も で き ま す 。 こ の ボ ー ド の 特 徴 は 、 U S B イ ン タ ー フ ェ イ ス と デ ジ タ ル /ア ナ ロ グ 信 号 を 、 磁 気 結 合 回 路 に よ り 電 気 的 に 絶 縁 し て お り 、 プ ロ セ ス 側 の 機 器 か ら 混 入 す る ノ イ ズ が 、 U S B イ ン タ ー フ ェ イ ス の 動 作 に 、 直 接 に は 影 響 し な い よ う な 構 成 と な っ て い る こ と で す 。 パ ソ コ ン 側 か ら み る と こ の ボ ー ド を U S B に 接 続 す る と 、 ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ム か ら は 、 高 速 版 増 設 C O M ポ ー ト と し て 扱 う こ と が で き ま す 。 た と え ば 、 標 準 に て C O M 1 と C O M 2 を も っ て い る パ ソ コ ン で は 、 C O M 3 が こ の ボ ー ド に 対 応 す る 増 設 C O M ポ ー ト と な り ま す 。 こ の ボ ー ド を 複 数 台 接 続 す る と 、 C O M 3 、 C O M 4 、 C O M 5 - - - と い う よ う に 、 C O M ポ ー ト が 増 え て ゆ き ま す 。 ま た 、 ダ イ レ ク ト 版 と よ ば れ て い る デ バ イ ス ド ラ イ バ を 使 用 す る と 、 C O M ポ ー ト で は な く 、 独 自 の U S B デ バ イ ス と し て 使 用 す る こ と が で き ま す 。 こ の 場 合 は 、 基 板 と 共 に 供 給 す る ド ラ イ バ 独 自 の 関 数 を 用 い て 、 基 板 と の R E A D / W R I T E を 実 行 す る こ と に な り ま す 。 仮 想 C O M 版 、 ダ イ レ ク ト 版 の い ず れ の 使 用 方 法 に お い て も 、 デ ー タ 転 送 速 度 と し て 、 ボ ー レ ー ト 1 . 3 M b p s ( 1382400bps) を 指 定 す る 必 要 が あ り ま す 。 こ の ボ ー レ ー ト は 、 基 板 内 部 の 磁 気 結 合 回 路 部 分 で の 転 送 速 度 と な り ま す の で 、 こ れ 以 外 の 転 送 速 度 を 指 定 す る こ と は で き ま せ ん 。 ま た 、 1 . 3 M b p s と い う 高 速 の 転 送 速 度 を 指 定 す る 必 要 が あ る た め 、 Windowsア ク セ サ リ ー の ハ イ パ ー タ ー ミ ナ ル な ど で は 動 作 試 験 を 行 う こ と が で き ま せ ん 。 ご 購 入 直 後 の 製 品 試 験 は 、 必 ず 、 ダ ウ ン ロ ー ド に て ご 提 供 し て い る サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム を 用 い て 実 施 し て く だ さ い 。 C++、 VB、 Linux Cコ ン パ イ ラ な ど で の 設 定 方 法 は 、 サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム を 参 照 し て く だ さ い 。 ま た 、 ご 使 用 に な る ア プ リ ケ ー シ ョ ン ソ フ ト の 都 合 に よ り 、 こ の よ う な 特 別 な 転 送 速 度 が 設 定 で き な い 場 合 は 、 標 準 的 な ボ ー レ ー ト の 、 115.2Kbps に 設 定 し て 使 用 す る こ と も で き ま す 。 設 定 方 法 は 、 4 . 9 項 「 低 速 ボ ー レ ー ト の 設 定 方 法 」 を ご 覧 く だ さ い 。 R E A D / W R I T E の デ ー タ 形 式 は パ ソ コ ン か ら は 、 た と え ば W 0 2 A 5 B 6 7 と い っ た 簡 単 な ア ス キ ー コ ー ド の 文 字 列 を 送 信 し て 、 ボ ー ド の デ ジ タ ル 出 力 ( 2 4 b i t 分 ) を 設 定 し 、 ボ ー ド か ら は こ の 応 答 と し て 、 た と え ば R 0 1 C 4 D 5 8 と い っ た コ ー ド を 返 し て 、 ボ ー ド の デ ジ タ ル 入 力 状 態 ( 2 4 b i t 分 ) を 通 知 し ま す 。 ア ナ ロ グ 電 圧 値 を 取 得 す る 場 合 は 、 G 0 1 0 0 の よ う な A D 変 換 コ マ ン ド を 送 信 し て 、 ボ ー ド に デ ー タ 転 送 を 要 求 す る と 、 ボ ー ド か ら は こ の 応 答 と し て 、 た と え ば 8 0 2 A 8 A 5 C と い っ た 2 c h 分 の 1 6 進 4 桁 A D 変 換 値 を 通 知 し ま す 。 複 数 個 の サ ン プ リ ン グ 数 を 指 定 し て 、 サ ン プ リ ン グ 数 分 の デ ー タ を 連 続 し て 取 得 す る こ と も で き ま す 。

(4)

パ ソ コ ン USBイ ン タ ー フ ェ イ ス 簡 単 な コ マ ン ド 送 信 と デ ー タ 受 信 例 ↓ デ ジ タ ル 出 力 コ マ ン ド W 0 1 0 0 8 0 1 な ど 送 信 ↑ デ ジ タ ル 入 力 デ ー タ R 0 2 0 0 4 0 0 な ど 受 信 ↓ A D 変 換 コ マ ン ド G 0 1 0 0 な ど 送 信 USBケ ー ブ ル ↑ A D 変 換 デ ー タ 8 0 2 A 8 A 5 C な ど 受 信 ( 最 大 5 m ) ↓ D A 変 換 出 力 コ マ ン ド V 0 8 4 A 4 B C な ど 送 信 USB Bコ ネ ク タ CN2 絶 縁 デ ジ タ ル 入 出 力 50Pフラットケーブル D A C S - 8 2 0 0 TTLレ ベ ル 入 出 力 機 器 ス イ ッ チ 、 ラ ン プ な ど に 接 続 CN1 CN3 アナログ入 出 力 ア ナ ロ グ 電 圧 計 測 対 象 に 接 続 ア ナ ロ グ 電 圧 で の 制 御 機 器 な ど に 接 続

(5)

主 な 機 能

1 パ ソ コ ン と の 接 続 U S B イ ン タ ー フ ェ イ ス 高 速 拡 張 C O M ポ ー ト ま た は 専 用 U S B 機 器 と し て 動 作 。 同 時 接 続 数 最 大 1 6 通 信 形 式 ア ス キ ー 文 字 列 に よ る コ マ ン ド 送 信 と ア ス キ ー 文 字 列 に よ る レ ス ポ ン ス 受 信 。 通 信 設 定 1382400bps( 115.2Kbpsの 設 定 可 能 ) 8bit パ リ テ ィ な し ス ト ッ プ ビ ッ ト 1 2 デ ジ タ ル 入 力 2 4 b i t T T L レ ベ ル 入 力 電 流 0 . 1 m A 以 下 **** 最 大 入 力 電 圧 3 . 6 V **** 最 大 電 圧 を 超 え る 電 圧 を 入 力 す る と 、 過 大 な 電 流 が 流 れ 、 基 板 内 部 の 部 品 が 壊 れ る こ と が あ り ま す 。 拡 張 機 能 に よ り 最 大 48bitを 入 力 方 向 に 指 定 可 能 3 デ ジ タ ル 出 力 2 4 b i t T T L レ ベ ル T T L 接 続 時 最 大 負 荷 電 流 2 m A 短 絡 電 流 7 m A 拡 張 機 能 に よ り 最 大 48bitを 出 力 方 向 に 指 定 可 能 4 ア ナ ロ グ 入 力 2 c h 分 解 能 1 6 b i t サ ン プ リ ン グ 周 波 数 400Hz ~ 5 0 0 K H z 1 コ マ ン ド で の 最 大 サ ン プ リ ン グ 数 1 0 2 4 点 入 力 電 圧 範 囲 **** 0 ~ + 2 . 5 V **** 電 圧 変 換 精 度 ± 2 m V 出 荷 時 校 正 済 み 許 容 入 力 電 圧 **** - 0 . 3 ~ + 3 . 6 V **** 最 大 電 圧 を 超 え る 電 圧 を 入 力 す る と 、 過 大 な 電 流 が 流 れ 、 基 板 内 部 の 部 品 が 壊 れ る こ と が あ り ま す 。 5 ア ナ ロ グ 出 力 2 c h 分 解 能 1 2 b i t 出 力 電 圧 範 囲 **** 0 ~ + 2 . 5 V **** 電 圧 変 換 精 度 フ ル ス ケ ー ル 2 . 3 5 V ~ 2 . 5 V 上 記 範 囲 内 に て 製 品 ご と に 異 な り ま す 。 6 動 作 モ ー ド ( a ) デ ジ タ ル 入 出 力 モ ー ド 各 出 力 を 指 定 通 り に O N / O F F し 、 各 入 力 状 態 を 読 取 り ま す 。 ( b ) A D モ ー ド A D 変 換 動 作 を 行 い ま す 。 ( c ) D A モ ー ド D A 変 換 動 作 を 行 い ま す 。 7 動 作 速 度 ( 目 安 ) デ ジ タ ル 入 出 力 の 繰 返 し 最 大 1 K H z 程 度 パ ソ コ ン の プ ロ グ ラ ミ ン グ 方 法 に よ り 大 幅 に 変 化 し ま す 。 A D 変 換 を 実 行 し た 場 合 は 、 サ ン プ リ ン グ 時 間 が 追 加 に な り ま す 。 8 電 源 パ ソ コ ン か ら U S B ケ ー ブ ル に て 供 給 し ま す の で 、 基 板 用 の 別 電 源 は 不 要 で す 。 消 費 電 流 1 1 0 m A 数 値 は 、 デ ジ タ ル 出 力 の 負 荷 電 流 が な い 場 合 で す 。 デ ジ タ ル 出 力 に 負 荷 電 流 が 流 れ る 場 合 は 、 そ の 電 流 値 分 が 電 源 電 流 と し て 増 加 し ま す 。 9 動 作 周 囲 温 度 0 ~ 5 0 ℃

(6)

2 . 構 成

回 転 I D 番 号 設 定 (0-15) DIPスイッチ デジタル入 出 力 50PMILコネクタ フラットケーブル用 DI(24) C N 1 高 速 U S B U S B 8051系 制 御 用 磁 気 絶 縁 インターフェイス B コ ネ ク タ DO(24) マイクロプロセッサ 回 路 FT232RL C N 2 +5V AI(2) 基 板 動 作 用 アナログ入 出 力 3.3V 絶 縁 電 源 は C N 3 AO(2) DC-DC パ ソ コ ン よ り コンバータ 供 給 図 2 . 1 D A C S - 8 2 0 0 基 板 ブ ロ ッ ク 図 図 2 . 2 D A C S - 8 2 0 0 基 板 外 形 図

(7)

3 . コ ネ ク タ ピ ン 配 置 と 入 出 力 信 号 仕 様

C N 1 デ ジ タ ル 入 出 力 コ ネ ク タ

( 5 0 P フ ラ ッ ト ケ ー ブ ル 用 ) 基 板 側 型 式 オ ム ロ ン X G 4 C 5 0 3 1 ケ ー ブ ル 側 型 式 オ ム ロ ン X G 4 M 5 0 3 0 ( 注 ) ケ ー ブ ル 側 コ ネ ク タ は 、 3 0 c m ケ ー ブ ル 付 き に て 標 準 添 付 と な っ て い ま す 。 添 付 ケ ー ブ ル の 機 器 側 は 、 解 放 端 ( コ ネ ク タ な し ) と な っ て い ま す 。 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 22 24 26 28 30 32 34 36 38 40 42 44 46 48 50 1 3 5 7 9 11 13 15 17 19 21 23 25 27 29 31 33 35 37 39 41 43 45 47 49 △ 標 準 機 能 利 用 の 場 合 1 デ ジ タ ル 入 力 b i t 0 (LSB) 2 デ ジ タ ル 入 力 b i t 1 3 デ ジ タ ル 入 力 b i t 2 4 デ ジ タ ル 入 力 b i t 3 5 デ ジ タ ル 入 力 b i t 4 6 デ ジ タ ル 入 力 b i t 5 7 デ ジ タ ル 入 力 b i t 6 8 デ ジ タ ル 入 力 b i t 7 9 デ ジ タ ル 入 力 b i t 8 1 0 デ ジ タ ル 入 力 b i t 9 1 1 デ ジ タ ル 入 力 b i t 1 0 1 2 デ ジ タ ル 入 力 b i t 1 1 1 3 デ ジ タ ル 入 力 b i t 1 2 1 4 デ ジ タ ル 入 力 b i t 1 3 1 5 デ ジ タ ル 入 力 b i t 1 4 1 6 デ ジ タ ル 入 力 b i t 1 5 1 7 デ ジ タ ル 入 力 b i t 1 6 1 8 デ ジ タ ル 入 力 b i t 1 7 1 9 デ ジ タ ル 入 力 b i t 1 8 2 0 デ ジ タ ル 入 力 b i t 1 9 2 1 デ ジ タ ル 入 力 b i t 2 0 2 2 デ ジ タ ル 入 力 b i t 2 1 2 3 デ ジ タ ル 入 力 b i t 2 2 2 4 デ ジ タ ル 入 力 b i t 2 3 (MSB) 2 5 0 V 2 6 0 V 2 7 デ ジ タ ル 出 力 b i t 0 (LSB) 2 8 デ ジ タ ル 出 力 b i t 1 2 9 デ ジ タ ル 出 力 b i t 2 3 0 デ ジ タ ル 出 力 b i t 3 3 1 デ ジ タ ル 出 力 b i t 4 3 2 デ ジ タ ル 出 力 b i t 5 3 3 デ ジ タ ル 出 力 b i t 6 3 4 デ ジ タ ル 出 力 b i t 7 3 5 デ ジ タ ル 出 力 b i t 8 3 6 デ ジ タ ル 出 力 b i t 9 3 7 デ ジ タ ル 出 力 b i t 1 0 3 8 デ ジ タ ル 出 力 b i t 1 1 3 9 デ ジ タ ル 出 力 b i t 1 2 4 0 デ ジ タ ル 出 力 b i t 1 3 4 1 デ ジ タ ル 出 力 b i t 1 4 4 2 デ ジ タ ル 出 力 b i t 1 5 4 3 デ ジ タ ル 出 力 b i t 1 6 4 4 デ ジ タ ル 出 力 b i t 1 7 4 5 デ ジ タ ル 出 力 b i t 1 8 4 6 デ ジ タ ル 出 力 b i t 1 9 4 7 デ ジ タ ル 出 力 b i t 2 0 4 8 デ ジ タ ル 出 力 b i t 2 1 4 9 デ ジ タ ル 出 力 b i t 2 2 5 0 デ ジ タ ル 出 力 b i t 2 3 (MSB) ( 注 ) 2 5 番 、 2 6 番 ピ ン の 0 V は 、 U S B イ ン タ ー フ ェ イ ス 回 路 と は 絶 縁 し て い ま す 。 ア ナ ロ グ 入 出 力 の 0 V と は 共 通 に な っ て い ま す 。

(8)

拡 張 機 能 利 用 の 場 合 ( X コ マ ン ド な ど を 用 い て 入 出 力 方 向 を 設 定 し た 場 合 ) 1 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 0 (LSB) 2 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 1 3 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 2 4 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 3 5 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 4 6 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 5 7 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 6 8 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 7 9 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 8 1 0 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 9 1 1 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 1 0 1 2 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 1 1 1 3 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 1 2 1 4 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 1 3 1 5 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 1 4 1 6 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 1 5 1 7 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 1 6 1 8 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 1 7 1 9 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 1 8 2 0 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 1 9 2 1 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 2 0 2 2 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 2 1 2 3 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 2 2 2 4 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 2 3 (MSB) 2 5 0 V 2 6 0 V 2 7 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 2 4 (LSB) 2 8 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 2 5 2 9 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 2 6 3 0 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 2 7 3 1 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 2 8 3 2 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 2 9 3 3 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 3 0 3 4 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 3 1 3 5 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 3 2 3 6 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 3 3 3 7 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 3 4 3 8 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 3 5 3 9 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 3 6 4 0 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 3 7 4 1 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 3 8 4 2 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 3 9 4 3 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 4 0 4 4 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 4 1 4 5 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 4 2 4 6 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 4 3 4 7 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 4 4 4 8 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 4 5 4 9 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 4 6 5 0 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 4 7 (MSB) ( 注 ) 2 5 番 、 2 6 番 ピ ン の 0 V は 、 U S B イ ン タ ー フ ェ イ ス 回 路 と は 絶 縁 し て い ま す 。 ア ナ ロ グ 入 出 力 の 0 V と は 共 通 に な っ て い ま す 。

(9)

デ ジ タ ル 入 力 回 路 3 . 3 V 抵 抗 約 1 0 0 K Ω デ ジ タ ル 内 部 回 路 入 力 抵 抗 4 7 0 Ω C-MOSバッファ 入 力 電 圧 範 囲 - 0 . 3 ~ + 3 . 6 V 入 力 電 流 0 . 1 m A以 下 し き い 値 T T L レ ベ ル High Level 最 小 値 2 . 3 V Low Level 最 大 値 0 . 8 V ( 注 意 ) 入 力 は 約 1 0 0 K Ω に て 、 3 . 3 V の 内 部 電 源 に プ ル ア ッ プ し て い ま す 。 従 っ て 、 入 力 解 放 状 態 で は 、 High状 態 と な っ て い ま す 。 ( 警 告 ) 入 力 電 圧 範 囲 を 超 え る 電 圧 ま た は 負 電 圧 を 入 力 す る と 、 過 大 電 流 が 流 れ て 、 ボ ー ド に 使 用 し て あ る マ イ ク ロ プ ロ セ ッ サ デ バ イ ス が 、 壊 れ る こ と が あ り ま す 。 5 V 近 く ま で 入 力 電 圧 が 上 昇 す る と き は 、 入 力 に 1 0 K Ω 程 度 の 電 流 制 限 抵 抗 を シ リ ー ズ に 接 続 し て 使 用 し て く だ さ い 。 ま た 、 本 基 板 の 電 源 が OFFと な っ た 状 態 で 、 外 部 か ら 電 圧 が か か る と 、 入 力 に 電 流 が 流 れ ま す 。 こ の 状 態 を 長 時 間 続 け る こ と は 好 ま し く あ り ま せ ん の で 、 外 部 機 器 の 電 源 と 本 基 板 の 電 源 と を 連 動 し て ON/OFFす る よ う に し て く だ さ い 。 外 部 機 器 に は 、 基 板 か ら 出 力 し て い る 5 V 電 源 を 使 用 す る こ と を 推 奨 し ま す 。 デ ジ タ ル 出 力 回 路 内 部 回 路 デ ジ タ ル 出 力 抵 抗 4 7 0 Ω C-MOSバッファ 出 力 電 圧 範 囲 0 ~ + 3 . 3 V T T L 負 荷 時 最 大 負 荷 電 流 2 mA フ ォ ト カ プ ラ 接 続 時 最 大 電 流 6 mA ( 注 意 ) 出 力 電 圧 の H i g h レ ベ ル は 、 最 小 値 で + 2 . 6 V ( 3 m A 負 荷 ) 最 大 値 で + 3 . 3 V と な っ て い ま す 。

C N 2 U S B コ ネ ク タ

( B タ イ プ ) ( 注 ) U S B ケ ー ブ ル は 、 別 途 に 準 備 く だ さ い 。 1 + 5 V 電 源 入 力 ( 消 費 電 流 1 1 0 m A た だ し デ ジ タ ル 出 力 負 荷 電 流 0 の と き ) 2 U S B デ ー タ ( - ) 3 U S B デ ー タ ( + ) 4 0 V

(10)

C N 3 ア ナ ロ グ 入 出 力 コ ネ ク タ

( 8 P コ ネ ク タ ) 基 板 側 型 式 日 本 圧 着 端 子 製 造 B 8 B - P H - K - S ケ ー ブ ル 側 型 式 日 本 圧 着 端 子 製 造 P H R - 8 1 ア ナ ロ グ 入 力 信 号 C H 1 ケ ー ブ ル 色 ( 青 ) 2 ア ナ ロ グ 入 力 信 号 C H 2 ( 白 ) 3 ア ナ ロ グ 入 力 信 号 用 0 V ( 黒 ) 4 予 備 ( 使 用 不 可 ) 5 予 備 ( 使 用 不 可 ) 6 ア ナ ロ グ 出 力 信 号 用 0 V ( 黒 ) 7 ア ナ ロ グ 出 力 信 号 C H 1 ( 赤 ) 8 ア ナ ロ グ 出 力 信 号 C H 2 ( 黄 ) ア ナ ロ グ 入 力 回 路 ア ナ ロ グ 内 部 回 路 入 力 抵 抗 4 7 0 Ω 入 力 抵 抗 2 M Ω 以 上 入 力 電 圧 許 容 範 囲 - 0 . 3 V ~ + 3 . 6 V A D 変 換 範 囲 0 ~ 2 . 5 V オ フ セ ッ ト 電 圧 、 フ ル ス ケ ー ル 電 圧 と も に 、 出 荷 時 ± 2 m V に 校 正 済 み ( 警 告 ) 入 力 電 圧 範 囲 を 超 え る 電 圧 ま た は 負 電 圧 を 入 力 す る と 、 過 大 電 流 が 流 れ て 、 ボ ー ド に 使 用 し て あ る マ イ ク ロ プ ロ セ ッ サ デ バ イ ス が 、 壊 れ る こ と が あ り ま す 。 5 V 近 く ま で 入 力 電 圧 が 上 昇 す る と き は 、 入 力 に 1 0 K Ω 程 度 の 電 流 制 限 抵 抗 を シ リ ー ズ に 接 続 し て 使 用 し て く だ さ い 。 ま た 、 本 基 板 の 電 源 が OFFと な っ た 状 態 で 、 外 部 か ら 電 圧 が か か る と 、 入 力 に 電 流 が 流 れ ま す 。 こ の 状 態 を 長 時 間 続 け る こ と は 好 ま し く あ り ま せ ん の で 、 外 部 機 器 の 電 源 と 本 基 板 の 電 源 と を 連 動 し て ON/OFFす る よ う に し て く だ さ い 。 外 部 機 器 に は 、 基 板 か ら 出 力 し て い る 5 V 電 源 を 使 用 す る こ と を 推 奨 し ま す 。 ア ナ ロ グ 出 力 回 路 内 部 回 路 ア ナ ロ グ 出 力 抵 抗 5 0 ~ 6 0 Ω C-MOSバッファ 出 力 電 圧 範 囲 0 ~ + 2 . 5 V 短 絡 電 流 1 5 mA ( 注 1 ) 出 力 電 圧 精 度 を 保 持 す る た め に 、 接 続 す る 機 器 の 入 力 抵 抗 は 1 0 0 K Ω 以 上 と し て く だ さ い 。 D A 出 力 に は 電 圧 校 正 機 能 が な い た め 、 c h 1 , 2 と も に フ ル ス ケ ー ル 出 力 が 、 製 品 に よ り 2 . 3 5 V ~ 2 . 5 V の 範 囲 で 異 な り ま す 。 電 圧 精 度 が 必 要 な 場 合 は 、 調 整 機 能 の あ る バ ッ フ ァ ア ン プ を 接 続 し て 、 フ ル ス ケ ー ル 電 圧 と オ フ セ ッ ト 電 圧 の 精 度 を 確 保 し て く だ さ い 。 ( 注 2 ) 容 量 負 荷 を 接 続 す る と 、 D A 変 換 器 出 力 が 不 安 定 と な り 、 出 力 に 100KHz~ 10MHz、 100mV程 度 の 発 振 波 形 が 現 れ る こ と が あ り ま す 。 ま た 、 出 力 ケ ー ブ ル を 長 く し た 場 合 も 同 様 の 現 象 が 発 生 し ま す 。 こ の よ う な 例 で は 、 1KΩ 程 度 の 抵 抗 器 を 、 出 力 に シ リ ー ズ に 接 続 す る こ と で 、 安 定 化 が 可 能 な 場 合 も あ り ま す 。

(11)

C N 4 予 備

( 4 P ア ダ プ タ 基 板 へ の 電 源 供 給 用 ) 基 板 側 型 式 日 本 圧 着 端 子 製 造 B 4 B - P H - K - S ケ ー ブ ル 側 型 式 日 本 圧 着 端 子 製 造 P H R - 4 1 + 3 . 3 V 電 源 出 力 ( 最 大 出 力 電 流 1 5 0 m A ) 2 予 備 ( 使 用 不 可 ) 3 予 備 ( 使 用 不 可 ) 4 0 V ( 注 ) こ の 電 源 は 、 デ ジ タ ル 入 出 力 、 ア ナ ロ グ 入 出 力 と 0 V が 共 通 に な っ て い ま す 。 U S B イ ン タ ー フ ェ イ ス と は 絶 縁 し て い ま す 。

C N 5 電 源 出 力 コ ネ ク タ

( 3 P ア ダ プ タ 基 板 へ の 電 源 供 給 用 ) 基 板 側 型 式 日 本 圧 着 端 子 製 造 B 3 B - X H - A ケ ー ブ ル 側 型 式 日 本 圧 着 端 子 製 造 X H P - 3 1 + 5 V 電 源 出 力 ( 最 大 出 力 電 流 2 0 0 m A ) 2 予 備 ( 使 用 不 可 ) 3 0 V ( 注 ) こ の 電 源 は 、 U S B イ ン タ ー フ ェ イ ス と 0 V が 共 通 に な っ て い ま す 。 デ ジ タ ル 入 出 力 お よ び ア ナ ロ グ 入 出 力 と は 絶 縁 し て い ま す 。

C N 6 プ ロ グ ラ ミ ン グ 用 コ ネ ク タ

( 6P 使 用 不 可 )

(12)

4 . 送 受 信 デ ー タ 形 式

4 . 1

デ ジ タ ル 出 力 コ マ ン ド

( 標 準 機 能 利 用 の 場 合 ) ( 1 ) デ ー タ 形 式 ア ス キ ー コ ー ド 文 字 列 W × × × × × × × ↑ ↑ ↑ ↑ ① ② ③ ④ ① W ( 大 文 字 ) デ ジ タ ル 出 力 コ マ ン ド 識 別 文 字 コ ー ド ② 0 ~ 9 , A ~ F 基 板 識 別 I D コ ー ド ( 1 6 進 数 文 字 表 記 英 字 は 小 文 字 も 可 ) 基 板 の デ ィ ッ プ ス イ ッ チ 設 定 と 同 一 と す る こ と 。 ③ 0 0 0 0 0 0 ~ F F F F F F 1 6 進 数 6 桁 表 記 ( 英 字 は 小 文 字 も 可 ) デ ジ タ ル 出 力 す る 内 容 を 指 定 。 × × × × × × 各 桁 と も 1 6 進 数 表 記 ↑ ↑ ↑ bit23-20 ↑ 15-12 ↑ 7-4 ↑ 例 19-16 11-8 3-0 MSB LSB bit 3 2 1 0 1 に て 、 出 力 H i g h レ ベ ル 0 に て 、 出 力 L o w レ ベ ル 1 6 進 数 に 該 当 し な い 文 字 を 指 定 し た 場 合 。 そ の 位 置 の デ ジ タ ル 出 力 の 変 更 は あ り ま せ ん 。 こ れ を 、 4 b i t 単 位 の Don't Care と し て 利 用 す る こ と が で き ま す 。 デ ー タ の 例 W 1 X 1 2 X X X デ ー タ の 省 略 ③ 項 の デ ー タ の す べ て 、 あ る い は そ の 途 中 か ら を 省 略 す る こ と が で き ま す 。 省 略 し た 場 合 は 、 上 記 の Don't Care と 同 じ 扱 い に な り ま す 。 デ ー タ の 例 W 1 W 1 A 8 ④ 区 切 り マ ー ク ア ス キ ー 0 D ( H ) キ ャ リ ッ ジ リ タ ー ン コ ー ド 各 コ マ ン ド の 区 切 り マ ー ク に 関 す る 説 明 ( 2 0 0 8 年 8 月 2 0 日 出 荷 分 よ り 機 能 追 加 ) 区 切 り マ ー ク は 、 ア ス キ ー 0 D ( H ) キ ャ リ ッ ジ リ タ ー ン コ ー ド ま た は & 文 字 コ ー ド を 使 用 し ま す 。 通 常 は キ ャ リ ッ ジ リ タ ー ン コ ー ド を 使 用 し て く だ さ い 。 複 数 の コ マ ン ド を 一 度 に 送 信 す る 場 合 は 、 た と え ば 、 W 0 1 2 & W 0 2 5 & G 0 1 0 0 の よ う に 、 各 コ マ ン ド を & で 続 け ま す 。 区 切 り マ ー ク に & を 使 用 し た 場 合 、 レ ス ポ ン ス の 区 切 り マ ー ク も & と な り 、 た と え ば 、 R 0 5 2 0 0 2 0 & R 0 5 2 0 0 0 0 & 0 1 2 3 0 1 0 6 と い う レ ス ポ ン ス と な り ま す 。 区 切 り マ ー ク に 関 す る 機 能 は 、 す べ て の コ マ ン ド に 共 通 で す 。

(13)

( 2 ) 動 作 D A C S - 8 2 0 0 基 板 は 、 基 板 識 別 I D コ ー ド が 一 致 す る W コ マ ン ド を 受 信 す る と 、 直 ち に デ ー タ 内 容 に 従 っ て デ ジ タ ル 出 力 を 実 行 し ま す 。 こ の 出 力 は 、 次 の コ マ ン ド を 受 信 す る ま で 変 化 し ま せ ん 。 ( 参 考 ) 電 源 投 入 時 に は 、 す べ て の デ ジ タ ル 出 力 が L o w に な っ て い ま す 。 こ の コ マ ン ド の 受 信 を 完 了 し た 時 点 で 、 入 力 デ ー タ を ラ ッ チ し 、 デ ジ タ ル 入 力 デ ー タ を ホ ス ト に 返 し ま す 。 レ ス ポ ン ス の デ ー タ 形 式 は 、 デ ジ タ ル 入 力 デ ー タ 形 式 に 記 述 し て い ま す 。 CRコ ー ド ま た は & 文 字 受 信 bit23~ 0 デ ジ タ ル 出 力 こ こ で 受 信 デ ー タ bit23~ 0の 指 定 内 容 に て 変 化 bit23~ 0 デ ジ タ ル 入 力 10μ s程 度 こ こ で ラ ッ チ し 、 ホ ス ト に 返 す 。 ( 注 ) デ ジ タ ル 出 力 2 4 b i t す べ て が 、 同 時 に 変 化 す る わ け で は あ り ま せ ん 。 全 b i t の 変 化 に は 、 数 μ 秒 の 時 間 差 が 生 じ ま す 。 ま た 、 入 力 の 読 取 り に も 数 μ 秒 の 時 間 差 が あ り ま す の で 、 入 出 力 タ イ ミ ン グ の 厳 し い 用 途 で は ご 注 意 く だ さ い 。 図 4 . 1 デ ジ タ ル 出 力 コ マ ン ド 受 信 時 の 動 作

(14)

4 . 2

デ ジ タ ル 入 力 デ ー タ 形 式

( 標 準 機 能 利 用 の 場 合 ) ご 注 意 本 項 に て 説 明 す る デ ジ タ ル 入 力 デ ー タ 形 式 は 、 パ ソ コ ン か ら 送 信 す る コ マ ン ド で は あ り ま せ ん 。 パ ソ コ ン か ら 送 信 す る 「 W コ マ ン ド 」 に 、 D A C S - 8 2 0 0 が 応 答 す る デ ー タ 形 式 を 説 明 し て い ま す 。 ( 1 ) デ ー タ 形 式 ア ス キ ー コ ー ド 文 字 列 R × × × × × × × ↑ ↑ ↑ ↑ ① ② ③ ④ ① R ( 大 文 字 ) デ ジ タ ル 入 力 応 答 識 別 文 字 コ ー ド ② 0 ~ 9 , A ~ F 基 板 識 別 I D コ ー ド ( 1 6 進 数 文 字 表 記 大 文 字 ) 基 板 の デ ィ ッ プ ス イ ッ チ 設 定 に よ り 決 ま る 。 ③ 0 0 0 0 0 0 ~ F F F F F F 1 6 進 数 6 桁 表 記 ( 大 文 字 ) デ ジ タ ル 入 力 内 容 。 × × × × × × 各 桁 と も 1 6 進 数 表 記 ↑ ↑ ↑ bit23-20 ↑ 15-12 ↑ 7-4 ↑ 例 19-16 11-8 3-0 MSB LSB bit 3 2 1 0 1 に て 、 入 力 H i g h レ ベ ル ま た は 解 放 0 に て 、 入 力 L o w レ ベ ル 対 応 す る コ マ ン ド デ ー タ の 省 略 が あ っ て も 、 応 答 内 容 に は 省 略 は な く 、 常 に 固 定 長 で す 。 ④ 区 切 り マ ー ク ア ス キ ー 0 D ( H ) キ ャ リ ッ ジ リ タ ー ン コ ー ド ( 2 ) 動 作 D A C S - 8 2 0 0 基 板 は 、 基 板 識 別 I D コ ー ド が 一 致 す る W コ マ ン ド を 受 信 す る と 、 デ ジ タ ル 入 力 信 号 を ラ ッ チ し 、 レ ス ポ ン ス と し て 、 本 形 式 に て 、 デ ー タ を ホ ス ト に 返 し ま す 。

(15)

4 . 3

拡 張 機 能 を 利 用 し た デ ジ タ ル 入 出 力

4 . 3 . 1 入 出 力 方 向 指 定 コ マ ン ド 電 源 投 入 時 の 入 出 力 方 向 は 、 標 準 機 能 が 利 用 で き る 設 定 に な っ て い ま す 。 ま た 、 4.3.4項 の 方 法 に て 、 基 板 上 の EEPROM( 不 揮 発 性 メ モ リ ) の 内 容 を 変 更 す れ ば 、 電 源 投 入 時 の 入 出 力 方 向 を 、 12bit単 位 に て 変 更 す る こ と も で き ま す 。 入 出 力 方 向 指 定 コ マ ン ド ( 識 別 文 字 コ ー ド X ( 大 文 字 ) ま た は x ( 小 文 字 ) ) を 送 信 す る と 、 い つ で も 入 出 力 方 向 を 変 更 で き ま す 。 ま た 一 度 指 定 し た 入 出 力 方 向 は 、 あ ら た に 入 出 力 方 向 指 定 コ マ ン ド に て 内 容 を 変 更 し な い 限 り 、 電 源 切 断 ま で 指 定 し た 方 向 を そ の ま ま 維 持 し ま す 。 ア ス キ ー コ ー ド 文 字 列 X × × × × × × × ↑ ↑ ↑ ↑ ① ② ③ ④ ① X ( ア ル フ ァ ベ ッ ト の エ ッ ク ス 大 文 字 ) 入 出 力 方 向 指 定 コ マ ン ド 識 別 文 字 コ ー ド デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 4 7 (MSB)~ b i t 2 4 x ( ア ル フ ァ ベ ッ ト の エ ッ ク ス 小 文 字 ) 入 出 力 方 向 指 定 コ マ ン ド 識 別 文 字 コ ー ド デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 2 3 ~ b i t 0 (LSB) ② 0 ~ 9 , A ~ F 基 板 識 別 I D コ ー ド ( 1 6 進 数 文 字 表 記 英 字 は 小 文 字 も 可 ) 基 板 の デ ィ ッ プ ス イ ッ チ 設 定 と 同 一 と す る こ と 。 ③ 0 0 0 0 0 0 ~ F F F F F F 1 6 進 数 6 桁 表 記 ( 英 字 は 小 文 字 も 可 ) 各 bit対 応 に て 入 出 力 方 向 を 指 定 。 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 4 7 (MSB)~ b i t 2 4 の と き × × × × × × 各 桁 と も 1 6 進 数 表 記 ↑ ↑ ↑ bit47-44 ↑ 39-36 ↑ 31-28 ↑ 例 43-40 35-32 27-24 MSB LSB bit 3 2 1 0 1 に て 、 出 力 指 定 0 に て 、 入 力 指 定 デ ジ タ ル 入 出 力 b i t 2 3 ~ b i t 0 (LSB)の と き × × × × × × 各 桁 と も 1 6 進 数 表 記 ↑ ↑ ↑ bit23-20 ↑ 15-12 ↑ 7-4 ↑ 19-16 11-8 3-0 例 : X 0 F F F 0 0 0 bit47~ 36 が 出 力 指 定 bit35~ 24 が 入 力 指 定 と な り ま す 。 ④ 区 切 り マ ー ク ア ス キ ー 0 D ( H ) キ ャ リ ッ ジ リ タ ー ン コ ー ド こ の コ マ ン ド の 応 答 は U 応 答 ( エ コ ー バ ッ ク ) と な り ま す 。

(16)

4 . 3 . 2 デ ジ タ ル 出 力 コ マ ン ド ( 拡 張 機 能 利 用 の 場 合 ) ( 1 ) デ ー タ 形 式 ア ス キ ー コ ー ド 文 字 列 W × × × × × × × ↑ ↑ ↑ ↑ ① ② ③ ④ ① W ( 大 文 字 ) デ ジ タ ル 出 力 コ マ ン ド 識 別 文 字 コ ー ド デ ジ タ ル 出 力 b i t 4 7 (MSB)~ b i t 2 4 w( 小 文 字 ) デ ジ タ ル 出 力 コ マ ン ド 識 別 文 字 コ ー ド デ ジ タ ル 出 力 b i t 2 3 ~ b i t 0 (LSB) ② 0 ~ 9 , A ~ F 基 板 識 別 I D コ ー ド ( 1 6 進 数 文 字 表 記 英 字 は 小 文 字 も 可 ) 基 板 の デ ィ ッ プ ス イ ッ チ 設 定 と 同 一 と す る こ と 。 ③ 0 0 0 0 0 0 ~ F F F F F F 1 6 進 数 6 桁 表 記 ( 英 字 は 小 文 字 も 可 ) デ ジ タ ル 出 力 す る 内 容 を 指 定 。 デ ジ タ ル 出 力 b i t 4 7 (MSB)~ b i t 2 4 の と き × × × × × × 各 桁 と も 1 6 進 数 表 記 ↑ ↑ ↑ bit47-44 ↑ 39-36 ↑ 31-28 ↑ 例 43-40 35-32 27-24 MSB LSB bit 3 2 1 0 1 に て 、 出 力 H i g h レ ベ ル 0 に て 、 出 力 L o w レ ベ ル デ ジ タ ル 出 力 b i t 2 3 ~ b i t 0 (LSB)の と き × × × × × × 各 桁 と も 1 6 進 数 表 記 ↑ ↑ ↑ bit23-20 ↑ 15-12 ↑ 7-4 ↑ 19-16 11-8 3-0 1 6 進 数 に 該 当 し な い 文 字 を 指 定 し た 場 合 。 そ の 位 置 の デ ジ タ ル 出 力 の 変 更 は あ り ま せ ん 。 こ れ を 、 4 b i t 単 位 の Don't Care と し て 利 用 す る こ と が で き ま す 。 デ ー タ の 省 略 ③ 項 の デ ー タ の す べ て 、 あ る い は そ の 途 中 か ら を 省 略 す る こ と が で き ま す 。 省 略 し た 場 合 は 、 上 記 の Don't Care と 同 じ 扱 い に な り ま す 。 ④ 区 切 り マ ー ク ア ス キ ー 0 D ( H ) キ ャ リ ッ ジ リ タ ー ン コ ー ド ( 2 ) 動 作 D A C S - 8 2 0 0 基 板 は 、 基 板 識 別 I D コ ー ド が 一 致 す る W ま た は w コ マ ン ド を 受 信 す る と 、 直 ち に デ ー タ 内 容 に 従 っ て デ ジ タ ル 出 力 を 実 行 し ま す 。 入 力 方 向 指 定 と な っ て い る bitに は な に も 影 響 し ま せ ん 。 こ の 出 力 は 、 次 の コ マ ン ド を 受 信 す る ま で 変 化 し ま せ ん 。 こ の コ マ ン ド の 受 信 を 完 了 し た 時 点 で 、 入 力 デ ー タ を ラ ッ チ し 、 デ ジ タ ル 入 力 デ ー タ を ホ ス ト に 返 し ま す 。 出 力 と 入 力 ラ ッ チ タ イ ミ ン グ は 標 準 機 能 と 同 じ で す 。 W コ マ ン ド で は R レ ス ポ ン ス に て 、 デ ジ タ ル 入 力 bit23~ bit0(LSB)を 返 し ま す 。 w コ マ ン ド で は r レ ス ポ ン ス に て 、 デ ジ タ ル 入 力 bit47(MSB)~ bit24を 返 し ま す 。 出 力 方 向 指 定 と な っ て い る bitは 、 入 力 デ ー タ に て 出 力 状 態 を 読 取 る こ と が で き ま す 。 レ ス ポ ン ス の デ ー タ 形 式 は 、 デ ジ タ ル 入 力 デ ー タ 形 式 に 記 述 し て い ま す 。

(17)

4 . 3 . 3 デ ジ タ ル 入 力 デ ー タ 形 式 ( 拡 張 機 能 利 用 の 場 合 ) ご 注 意 本 項 に て 説 明 す る デ ジ タ ル 入 力 デ ー タ 形 式 は 、 パ ソ コ ン か ら 送 信 す る コ マ ン ド で は あ り ま せ ん 。 パ ソ コ ン か ら 送 信 す る 「 W コ マ ン ド 」 ま た は 「 w コ マ ン ド 」 に 、 D A C S - 8 2 0 0 が 応 答 す る デ ー タ 形 式 を 説 明 し て い ま す 。 ( 1 ) デ ー タ 形 式 ア ス キ ー コ ー ド 文 字 列 R × × × × × × × ↑ ↑ ↑ ↑ ① ② ③ ④ ① R ( 大 文 字 ) デ ジ タ ル 入 力 応 答 識 別 文 字 コ ー ド W コ マ ン ド の 応 答 r ( 小 文 字 ) デ ジ タ ル 入 力 応 答 識 別 文 字 コ ー ド w コ マ ン ド の 応 答 ② 0 ~ 9 , A ~ F 基 板 識 別 I D コ ー ド ( 1 6 進 数 文 字 表 記 大 文 字 ) 基 板 の デ ィ ッ プ ス イ ッ チ 設 定 に よ り 決 ま る 。 ③ 0 0 0 0 0 0 ~ F F F F F F 1 6 進 数 6 桁 表 記 ( 大 文 字 ) デ ジ タ ル 入 力 内 容 。 デ ジ タ ル 入 力 b i t 4 7 (MSB)~ b i t 2 4 の と き ( w コ マ ン ド の 応 答 ) × × × × × × 各 桁 と も 1 6 進 数 表 記 ↑ ↑ ↑ bit47-44 ↑ 39-36 ↑ 31-28 ↑ 例 43-40 35-32 27-24 MSB LSB bit 3 2 1 0 1 に て 、 入 力 H i g h レ ベ ル ま た は 解 放 0 に て 、 入 力 L o w レ ベ ル デ ジ タ ル 入 力 b i t 2 3 ~ b i t 0 (LSB)の と き ( W コ マ ン ド の 応 答 ) × × × × × × 各 桁 と も 1 6 進 数 表 記 ↑ ↑ ↑ bit23-20 ↑ 15-12 ↑ 7-4 ↑ 19-16 11-8 3-0 対 応 す る コ マ ン ド デ ー タ の 省 略 が あ っ て も 、 応 答 内 容 に は 省 略 は な く 、 常 に 固 定 長 で す 。 ④ 区 切 り マ ー ク ア ス キ ー 0 D ( H ) キ ャ リ ッ ジ リ タ ー ン コ ー ド ( 2 ) 動 作 D A C S - 8 2 0 0 基 板 は 、 基 板 識 別 I D コ ー ド が 一 致 す る W コ マ ン ド ま た は w コ マ ン ド を 受 信 す る と 、 デ ジ タ ル 入 力 信 号 を ラ ッ チ し 、 レ ス ポ ン ス と し て 、 本 形 式 に て 、 デ ー タ を ホ ス ト に 返 し ま す 。

(18)

4 . 3 . 4 電 源 投 入 時 の 入 出 力 方 向 設 定 コ マ ン ド 電 源 投 入 時 の 入 出 力 方 向 は 、 標 準 機 能 が 利 用 で き る 設 定 に な っ て い ま す 。 こ の コ マ ン ド に て 電 源 投 入 時 の 入 出 力 方 向 を 12bitグ ル ー プ 単 位 に て 指 定 す る こ と が で き ま す 。 こ の コ マ ン ド は 、 基 板 内 の EEPROM( 不 揮 発 性 メ モ リ ) に 指 定 値 を 書 込 む も の で す 。 頻 繁 に 使 用 す る こ と は 避 け て く だ さ い 。 ( 1 ) デ ー タ 形 式 ア ス キ ー コ ー ド 文 字 列 [ @ ] X = = = = ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ① [ 左 カ ギ 括 弧 ② @ ア ッ ト マ ー ク ③ ] 右 カ ギ 括 弧 ④ F : 標 準 仕 様 bit47~ 24 出 力 bit23~ 0 入 力 0 : 全 出 力 bit47~ 0 出 力 1 : 全 入 力 bit47~ 0 入 力 2 : bit47~ 24 入 力 bit23~ 0 出 力 ⑤ = : イ コ ー ル 記 号 を 4 個 ⑥ 区 切 り マ ー ク ア ス キ ー 0 D ( H ) キ ャ リ ッ ジ リ タ ー ン コ ー ド D A C S - 8 2 0 0 は こ の コ マ ン ド を 受 信 す る と 、 EEPROM( 不 揮 発 性 メ モ リ ) に 設 定 値 を 書 込 み 、 U レ ス ポ ン ス ( 先 頭 文 字 の み を U に 変 更 し た エ コ ー バ ッ ク ) を 返 し ま す 。 ( 2 ) 設 定 方 法 重 要 * * * * USBプ ラ グ を 接 続 す る 前 に 、 回 転 DIPス イ ッ チ を 9 の ポ ジ シ ョ ン と し て く だ さ い 。 * * * * 添 付 サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム を 起 動 し た 直 後 ( W コ マ ン ド な ど を 送 信 す る 前 ) に 、 こ の コ マ ン ド を 送 信 し ま す 。 サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム を 終 了 し 、 USBプ ラ グ を い っ た ん は ず し て 、 回 転 DIPス イ ッ チ を も と の ID番 号 の ポ ジ シ ョ ン に 戻 し 、 再 び USBプ ラ グ を 接 続 し 直 す と 、 指 定 し た 入 出 力 方 向 と な っ て い ま す 。

(19)

4 . 4

A D 変 換 コ マ ン ド

( 1 ) デ ー タ 形 式 ア ス キ ー コ ー ド 文 字 列 G × × × × × × × ↑ ↑ ↑ ↑ ① ② ③ ④ ① G ( 大 文 字 ) A D 変 換 コ マ ン ド 識 別 文 字 コ ー ド ② 0 ~ 9 , A ~ F 基 板 識 別 I D コ ー ド ( 1 6 進 数 文 字 表 記 英 字 は 小 文 字 も 可 ) 基 板 の デ ィ ッ プ ス イ ッ チ 設 定 と 同 一 と す る こ と 。 ③ 0 0 0 0 0 0 ~ F F F F F F 1 6 進 数 6 桁 表 記 ( 英 字 は 小 文 字 も 可 ) 左 端 よ り bit23~ 20 右 端 が bit3~ 0 bit23~ 12 ( 6 桁 の う ち の 上 位 3 桁 部 分 ) サ ン プ リ ン グ 数 を 指 定 0 0 1 ~ 4 0 0 ( H ) 電 源 投 入 以 降 無 指 定 の と き は サ ン プ リ ン グ 数 1 bit11~ 8 A ( 大 文 字 ) : 全 サ ン プ リ ン グ デ ー タ 転 送 指 定 E ( 大 文 字 ) : 積 算 平 均 値 転 送 指 定 指 定 サ ン プ リ ン グ 数 の 1 0 倍 を 積 算 平 均 省 略 時 は 指 定 サ ン プ リ ン グ 数 の 積 算 平 均 値 を 転 送 bit7~ 0 無 効 。 省 略 可 能 デ ー タ の 省 略 ③ 項 の デ ー タ の す べ て 、 あ る い は そ の 途 中 か ら を 省 略 す る こ と が で き ま す 。 省 略 し た 場 合 は 、 下 記 の デ ー タ 例 の よ う に な り ま す 。 デ ー タ の 例 G 0 前 回 指 定 し た サ ン プ リ ン グ 数 の A D 変 換 を 実 行 し 、 そ の 積 算 平 均 値 を 応 答 し ま す 。 G 0 1 0 0 1 0 0 ( H ) = 2 5 6 回 の A D 変 換 を 実 行 し 、 そ の 積 算 平 均 値 を 応 答 し ま す 。 G 0 0 8 0 A 8 0 ( H ) = 1 2 8 回 の A D 変 換 を 実 行 し 、 全 サ ン プ リ ン グ デ ー タ を 応 答 し ま す 。 G 0 0 8 0 E 1 2 8 × 1 0 = 1 2 8 0 回 の A D 変 換 を 実 行 し 、 そ の 積 算 平 均 値 を 応 答 し ま す 。 ④ 区 切 り マ ー ク ア ス キ ー 0 D ( H ) キ ャ リ ッ ジ リ タ ー ン コ ー ド ( 2 ) 動 作 D A C S - 8 2 0 0 基 板 は 、 基 板 識 別 I D コ ー ド が 一 致 す る G コ マ ン ド を 受 信 す る と 、 直 ち に デ ー タ 内 容 に 従 っ て A D 変 換 を 実 行 し ま す 。 A D 変 換 終 了 後 、 A D 変 換 デ ー タ を ホ ス ト 側 に 転 送 し ま す 。 転 送 す る デ ー タ 形 式 は 、 4 . 5 項 「 A D 変 換 サ ン プ リ ン グ デ ー タ 形 式 」 を ご 覧 く だ さ い 。

(20)

4 . 5

A D 変 換 サ ン プ リ ン グ デ ー タ 形 式

積 算 平 均 指 定 ま た は サ ン プ リ ン グ 数 1 個 の と き X X X X X X X X ① ② ③ ④ ① c h 1 A D 変 換 デ ー タ 1 6 進 数 4 桁 固 定 長 ② ス ペ ー ス コ ー ド ( 2 0 H ) ③ c h 2 A D 変 換 デ ー タ 1 6 進 数 4 桁 固 定 長 ④ C R コ ー ド ( 0 D H ) 0 V : 0 0 0 0 ~ + 2 . 5 V : F F F F LSB 1bit が 2500mV/65536 に 相 当 し ま す 。 各 チ ャ ン ネ ル は ± 2mVの 精 度 と な る よ う に 、 出 荷 時 に 校 正 し て い ま す 。 全 サ ン プ リ ン グ デ ー タ 転 送 指 定 の と き 1 回 目 の デ ー タ 2 回 目 の デ ー タ 最 後 の デ ー タ X X X X X X X X X X X X X X X X - - - - X X X X X X X X ① ② ③ ② ④ ① c h 1 A D 変 換 デ ー タ 1 6 進 数 4 桁 固 定 長 ② ス ペ ー ス コ ー ド ( 2 0 H ) ③ c h 2 A D 変 換 デ ー タ 1 6 進 数 4 桁 固 定 長 ④ C R コ ー ド ( 0 D H ) 0 V : 0 0 0 0 ~ + 2 . 5 V : F F F F 基 板 内 部 ノ イ ズ 等 の 影 響 に よ り 、 1 6 進 数 4 桁 の 最 下 位 部 分 が 変 動 し ま す 。 ノ イ ズ の 影 響 を 除 去 し た 正 確 な 16bitAD変 換 値 を 必 要 と す る 場 合 は 、 上 記 の 積 算 平 均 指 定 を 使 用 し て く だ さ い 。

(21)

4 . 6

A D 変 換 サ ン プ リ ン グ 周 波 数 指 定

( 1 ) デ ー タ 形 式 ア ス キ ー コ ー ド 文 字 列 Y × × × × × × × ↑ ↑ ↑ ↑ ① ② ③ ④ ① Y ( 大 文 字 ) A D 変 換 サ ン プ リ ン グ 周 波 数 指 定 識 別 文 字 コ ー ド ② 0 ~ 9 , A ~ F 基 板 識 別 I D コ ー ド ( 1 6 進 数 文 字 表 記 英 字 は 小 文 字 も 可 ) 基 板 の デ ィ ッ プ ス イ ッ チ 設 定 と 同 一 と す る こ と 。 ③ 0 0 0 0 0 0 ~ F F F F F F 1 6 進 数 6 桁 表 記 ( 英 字 は 小 文 字 も 可 ) 左 端 よ り bit23~ 20 右 端 が bit3~ 0 指 定 範 囲 0 0 0 1 9 0 ( H ) ~ 0 7 A 1 2 0 ( H ) ( 4 0 0 H z ~ 5 0 0 K H z ) ④ 区 切 り マ ー ク ア ス キ ー 0 D ( H ) キ ャ リ ッ ジ リ タ ー ン コ ー ド ( 2 ) 動 作 D A C S - 8 2 0 0 基 板 は 、 基 板 識 別 I D コ ー ド が 一 致 す る Y コ マ ン ド を 受 信 す る と 、 A D 変 換 サ ン プ リ ン グ 周 波 数 を 設 定 し 、 そ の 応 答 を U レ ス ポ ン ス と し て ホ ス ト 側 に 転 送 し ま す 。 転 送 デ ー タ 欄 は 、 Y コ マ ン ド に て 指 定 し た 内 容 の エ コ ー バ ッ ク と な り ま す 。

4 . 7

エ コ ー バ ッ ク レ ス ポ ン ス デ ー タ 形 式

ご 注 意 本 項 に て 説 明 す る デ ジ タ ル 入 力 デ ー タ 形 式 は 、 パ ソ コ ン か ら 送 信 す る コ マ ン ド で は あ り ま せ ん 。 パ ソ コ ン か ら 送 信 す る 「 Y コ マ ン ド 」 な ど に 、 D A C S - 8 2 0 0 が 応 答 す る デ ー タ 形 式 を 説 明 し て い ま す 。 ( 1 ) デ ー タ 形 式 ア ス キ ー コ ー ド 文 字 列 U × × × × × × × ↑ ↑ ↑ ↑ ① ② ③ ④ ① U ( 大 文 字 ) デ ジ タ ル 入 力 応 答 識 別 文 字 コ ー ド ② 0 ~ 9 , A ~ F 基 板 識 別 I D コ ー ド ( 1 6 進 数 文 字 表 記 大 文 字 ) 基 板 の デ ィ ッ プ ス イ ッ チ 設 定 に よ り 決 ま る 。 ③ 0 0 0 0 0 0 ~ F F F F F F 1 6 進 数 6 桁 表 記 ( 大 文 字 ) X , Y 、 S ま た は V コ マ ン ド に 指 定 し た デ ー タ 欄 と 同 じ 。

(22)

4 . 8

D A 出 力 コ マ ン ド

( 1 ) デ ー タ 形 式 ア ス キ ー コ ー ド 文 字 列 V × × × × × × × ↑ ↑ ↑ ↑ ① ② ③ ④ ① V ( 大 文 字 ) D A 出 力 コ マ ン ド 識 別 文 字 コ ー ド ② 0 ~ 9 , A ~ F 基 板 識 別 I D コ ー ド ( 1 6 進 数 文 字 表 記 英 字 は 小 文 字 も 可 ) 基 板 の デ ィ ッ プ ス イ ッ チ 設 定 と 同 一 と す る こ と 。 ③ 0 0 0 0 0 0 ~ F F F F F F 1 6 進 数 6 桁 表 記 ( 英 字 は 小 文 字 も 可 ) 左 端 よ り bit23~ 20 右 端 が bit3~ 0 bit23~ 12 c h 2 D A 変 換 出 力 デ ー タ 3 桁 1 6 進 数 に て 指 定 0 0 0 ~ F F F ( H ) ( 0 V ~ 2 . 5 V ) 無 指 定 の 時 は 出 力 変 化 な し 。 bit11~ 0 c h 1 D A 変 換 出 力 デ ー タ 3 桁 1 6 進 数 に て 指 定 0 0 0 ~ F F F ( H ) ( 0 V ~ 2 . 5 V ) 無 指 定 の 時 は 出 力 変 化 な し 。 D A 出 力 に は 電 圧 校 正 機 能 が な い た め 、 c h 1 , 2 と も に フ ル ス ケ ー ル 出 力 が 、 製 品 に よ り 2 . 3 5 V ~ 2 . 5 V の 範 囲 で 異 な り ま す 。 ご 使 用 に あ た っ て 、 電 圧 精 度 を 必 要 と さ れ る 場 合 は 、 調 整 機 能 の あ る バ ッ フ ァ ア ン プ を 接 続 し て 、 フ ル ス ケ ー ル 電 圧 と オ フ セ ッ ト 電 圧 の 精 度 を 確 保 し て く だ さ い 。 デ ー タ の 省 略 ③ 項 の デ ー タ の す べ て 、 あ る い は そ の 途 中 か ら を 省 略 す る こ と が で き ま す 。 省 略 し た 場 合 、 出 力 変 化 は あ り ま せ ん 。 ④ 区 切 り マ ー ク ア ス キ ー 0 D ( H ) キ ャ リ ッ ジ リ タ ー ン コ ー ド ( 2 ) 動 作 D A C S - 8 2 0 0 基 板 は 、 基 板 識 別 I D コ ー ド が 一 致 す る V コ マ ン ド を 受 信 す る と 、 直 ち に デ ー タ 内 容 に 従 っ て D A 変 換 出 力 を 実 行 し 、 そ の 応 答 を U レ ス ポ ン ス と し て ホ ス ト 側 に 転 送 し ま す 。 転 送 デ ー タ 欄 は 、 V コ マ ン ド に て 指 定 し た 内 容 の エ コ ー バ ッ ク と な り ま す 。

(23)

4 . 9

低 速 ボ ー レ ー ト の 設 定 方 法

出 荷 時 標 準 設 定 で は 、 D A C S - 8 2 0 0 は 、 1 . 3 M b p s の 高 速 ボ ー レ ー ト に て 動 作 し ま す 。 ご 使 用 に な る の ア プ リ ケ ー シ ョ ン ソ フ ト の 都 合 に よ り 、 こ の よ う な 特 別 な 転 送 速 度 が 設 定 で き な い 場 合 は 、 標 準 的 な ボ ー レ ー ト の 、 1 1 5 . 2 K b p s に 設 定 し て 使 用 す る こ と も で き ま す 。 添 付 ソ フ ト D82DICOL.exe ( 注 ) を 用 い て 、 下 記 の コ マ ン ド を 送 信 す る と 、 I D 番 号 A ~ D に て 使 用 す る 場 合 に 限 り 、 1 1 5 . 2 K b p s と す る こ と が で き ま す 。 設 定 が 有 効 と な る の は 、 D A C S - 8 2 0 0 の 電 源 を 再 投 入 し て か ら と な り ま す 。 ま た 、 一 度 設 定 し た 内 容 は 、 次 に 変 更 コ マ ン ド を 送 信 し な い 限 り 変 わ る こ と は あ り ま せ ん 。 ( 注 ) フ ォ ル ダ dacs8200 プ ロ グ ラ ム 名 D82DICOL.exe 標 準 設 定 ( 工 場 出 荷 時 ) I D 番 号 0 ~ F の す べ て 1 . 3 M b p s 低 速 ボ ー レ ー ト 設 定 時 I D 番 号 0 ~ 9 1 . 3 M p b s I D 番 号 A ~ D 1 1 5 . 2 K b p s I D 番 号 E ~ F 1 . 3 M p b s 下 記 コ マ ン ド 転 送 時 に は 、 D I P ス イ ッ チ の I D 番 号 は 0 番 位 置 と し て く だ さ い 。 @ マ ー ク S @ L I D 番 号 A ~ D を 低 速 ボ ー レ ー ト と す る 。 設 定 が 有 効 と な る の は 、 D A C S - 8 2 0 0 の 電 源 を 再 投 入 し て か ら と な り ま す 。 大 文 字 の エ ス 大 文 字 の エ ル @ マ ー ク S @ H す べ て 高 速 ボ ー レ ー ト ( 標 準 設 定 ) と す る 。 設 定 が 有 効 と な る の は 、 D A C S - 8 2 0 0 の 電 源 を 再 投 入 し て か ら と な り ま す 。 大 文 字 の エ ス 大 文 字 の エ ッ チ

(24)

5 . 回 転 デ ィ ッ プ ス イ ッ チ と ラ ン プ の 説 明

( 1 ) 回 転 デ ィ ッ プ ス イ ッ チ の 設 定 基 板 上 に あ る 回 転 デ ィ ッ プ ス イ ッ チ S 1 に て 、 I D 番 号 を 設 定 し ま す 。 I D 番 号 の 使 用 方 法 に つ い て は 、 6 項 の 解 説 を 参 照 く だ さ い 。 こ の 図 で は I D = 0 の 設 定 例 図 5 . 1 回 転 デ ィ ッ プ ス イ ッ チ の 設 定 ( 2 ) L E D ラ ン プ の 表 示 デ ジ タ ル 出 力 の 最 上 位 ビ ッ ト bit23 が O N ( 1 ) と な る と 、 L E D ラ ン プ P 1 が 点 灯 し ま す 。 C N 1 C N 5 ( 電 源 出 力 用 ) L E D ラ ン プ P 1 bit23 が O N ( 1 ) と な る と 点 灯 C N 2 回 転 デ ィ ッ プ ス イ ッ チ S 1 ( I D 番 号 を セ ッ ト す る ) C N 4 C N 3 ( 電 源 出 力 用 ) ( ア ナ ロ グ 入 出 力 用 ) 図 5 . 2 回 転 デ ィ ッ プ ス イ ッ チ と L E D ラ ン プ の 位 置

(25)

6 . 解 説

6 . 1

接 続

U S B ケ ー ブ ル に て 、 パ ソ コ ン と D A C S - 8 2 0 0 基 板 を 接 続 し ま す 。 ケ ー ブ ル は 別 途 ご 購 入 く だ さ い 。 パ ソ コ ン 側 が A タ イ プ コ ネ ク タ 、 D A C S - 8 2 0 0 側 が B コ ネ ク タ の ケ ー ブ ル を 使 用 し ま す 。 ケ ー ブ ル の 最 大 長 は 5 m で す 。 基 板 の 電 源 は 、 パ ソ コ ン か ら U S B ケ ー ブ ル を 介 し て 供 給 さ れ ま す の で 、 特 別 な 電 源 を 用 意 す る 必 要 は あ り ま せ ん 。 複 数 の D A C S - 8 2 0 0 を 接 続 す る こ と も で き ま す 。 各 基 板 の EEPROM( 不 揮 発 性 メ モ リ ) に は シ リ ア ル 番 号 が 書 込 ま れ て お り 、 こ の シ リ ア ル 番 号 に よ り そ れ ぞ れ の 基 板 を ア プ リ ケ ー シ ョ ン か ら 区 別 す る こ と が で き ま す 。 こ れ に よ り 、 1 台 の パ ソ コ ン に 複 数 台 の D A C S - 8 2 0 0 を 接 続 す る こ と が で き ま す 。

6 . 2

ボ ー ド I D 番 号 の セ ッ ト

ボ ー ド I D 番 号 を す べ て 同 一 ( た と え ば 0 ) の 設 定 と し て 複 数 台 の 基 板 を 動 作 さ せ た と し て も 、 特 に 問 題 が 発 生 す る わ け で は あ り ま せ ん 。 し か し 、 基 板 の 故 障 な ど に て 基 板 を 交 換 す る よ う な こ と が あ る と 、 複 数 台 の 基 板 を 接 続 し た シ ス テ ム で 、 I D 番 号 を 利 用 し た プ ロ グ ラ ム を 採 用 し て い な い 場 合 は 、 プ ロ グ ラ ム の 一 部 を 変 更 し な い 限 り 、 シ ス テ ム が 正 常 に 動 作 し な く な っ て し ま い ま す 。 こ の 理 由 は 下 記 の と お り で す 。 一 般 の U S B 接 続 機 器 と 同 様 に 、 D A C S - 8 2 0 0 基 板 も 、 ベ ン ダ I D 、 プ ロ ダ ク ト I D 、 ボ ー ド シ リ ア ル N o . と い う 番 号 に よ り 区 別 さ れ て い ま す 。 こ の う ち 、 ベ ン ダ I D と プ ロ ダ ク ト I D は D A C S - 8 2 0 0 シ リ ー ズ 固 有 の も の で 、 す べ て の 基 板 で 同 一 の も の と な っ て い ま す 。 ボ ー ド シ リ ア ル N o . に つ い て は 、 弊 社 よ り 出 荷 す る ボ ー ド ご と に 個 別 に 異 な っ た 番 号 が 設 定 さ れ て い ま す 。 こ の ボ ー ド シ リ ア ル N o . は 、 基 板 上 の EEPROM( 不 揮 発 性 メ モ リ ) 内 に 書 き 込 ん で あ り 、 書 込 プ ロ グ ラ ム ツ ー ル を 使 用 し な い 限 り 変 更 す る こ と は で き ま せ ん 。 こ の シ リ ア ル N o . に よ り 、 パ ソ コ ン 側 の デ バ イ ス ド ラ イ バ が 、 そ れ ぞ れ の ボ ー ド ご と に デ バ イ ス 番 号 を 、 0 , 1 , 2 , 3 , - - - と い う よ う に 0 番 か ら の 連 番 で 、 割 り 当 て て 動 作 す る よ う に な っ て い ま す 。 ( 同 じ シ リ ア ル N o . で は 、 デ バ イ ス ド ラ イ バ が ボ ー ド を 区 別 す る こ と が で き ま せ ん 。 ) こ の た め 、 複 数 の 基 板 を 利 用 し て い る シ ス テ ム で 、 基 板 の 故 障 な ど で 、 一 部 ま た は す べ て の 基 板 を 交 換 す る よ う な こ と が あ る と 、 デ バ イ ス ド ラ イ バ が 割 り 当 て る デ バ イ ス 番 号 の 順 番 が 変 わ っ て し ま う こ と に な り 、 ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ム か ら み た デ バ イ ス 対 応 が 、 そ れ ま で の も の と 一 致 し な く な っ て し ま い ま す 。 単 独 使 用 の 場 合 ボ ー ド I D 番 号 は 固 定 ( た と え ば 0 ) に て 使 用 し て く だ さ い 。 仮 想 C O M ポ ー ト ド ラ イ バ を 使 用 し た 場 合 、 基 板 を 交 換 す る と 、 あ ら た な C O M ポ ー ト が 追 加 に な り ま す 。 W i n d o w s の デ バ イ ス マ ネ ー ジ ャ ー を ひ ら い て 、 C O M ポ ー ト を も と の 番 号 に も ど せ ば 、 正 常 に 動 作 す る よ う に な り ま す 。 ダ イ レ ク ト ド ラ イ バ を 使 用 し た 場 合 、 基 板 交 換 が あ っ て も 、 デ バ イ ス 番 号 は 0 番 し か あ り ま せ ん の で 、 そ の ま ま で 動 作 し ま す 。

(26)

複 数 台 使 用 の 場 合 ボ ー ド I D 番 号 を そ れ ぞ れ に 割 り 当 て て 、 デ ィ ッ プ ス イ ッ チ に て 設 定 し て く だ さ い 。 仮 想 C O M ポ ー ト ド ラ イ バ を 使 用 し た 場 合 、 基 板 を 交 換 す る と 、 あ ら た な C O M ポ ー ト が 追 加 に な り ま す 。 W i n d o w s の デ バ イ ス マ ネ ー ジ ャ ー を ひ ら い て 、 C O M ポ ー ト を も と の 番 号 に も ど せ ば 、 正 常 に 動 作 す る よ う に な り ま す 。 し か し 、 す べ て の C O M ポ ー ト 番 号 と ボ ー ド と の 対 応 が 、 き ち ん と 保 持 で き て い る か ど う か を 管 理 す る の は 、 な か な か 困 難 な の で 、 複 数 台 使 用 の 場 合 は 、 仮 想 C O M ポ ー ト ド ラ イ バ で は な く 、 ダ イ レ ク ト ド ラ イ バ を 使 用 す る こ と を お す す め し ま す 。 ダ イ レ ク ト ド ラ イ バ を 使 用 し た 場 合 、 基 板 交 換 が あ る と デ バ イ ス 番 号 の 順 番 が 変 わ り ま す 。 こ の た め 、 ボ ー ド I D 番 号 を も と に し た プ ロ グ ラ ム を 作 成 す る よ う に し て く だ さ い 。 具 体 的 に は 、 デ バ イ ス 番 号 と ボ ー ド I D と の 対 応 表 を も っ て お き 、 シ ス テ ム の 稼 働 時 に 、 こ の 対 応 を サ ー チ す る と い っ た よ う な 方 法 と な り ま す 。 基 板 と 共 に ご 提 供 し て い る 「 ダ イ レ ク ト ド ラ イ バ を 使 用 し た サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム 」 で は 、 こ の 方 法 を 採 用 し て い ま す 。 サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム の ソ ー ス フ ァ イ ル を 参 考 に し て く だ さ い 。

6 . 3

デ バ イ ス ド ラ イ バ の イ ン ス ト ー ル

デ バ イ ス ド ラ イ バ に は 、 仮 想 C O M ポ ー ト ド ラ イ バ と 、 ダ イ レ ク ト ド ラ イ バ の 2 種 類 が あ り ま す 。 こ の 両 方 を 同 時 に イ ン ス ト ー ル で き る 複 合 版 ド ラ イ バ も あ り ま す 。 ド ラ イ バ を 変 更 す る 場 合 は 、 先 に イ ン ス ト ー ル し て い る ド ラ イ バ 類 を 削 除 し て 後 、 新 た な ド ラ イ バ を イ ン ス ト ー ル す る よ う に し て く だ さ い 。 イ ン ス ト ー ル お よ び ア ン イ ン ス ト ー ル の 方 法 は 、 別 紙 の ド ラ イ バ イ ン ス ト ー ル 手 順 説 明 書 を ご 覧 く だ さ い 。 対 応 O S W i n d o w s 9 8 S E / M e / 2 0 0 0 / X P / V i s t a 仮 想 C O M ポ ー ト ド ラ イ バ こ の ド ラ イ バ を イ ン ス ト ー ル す る と 、 拡 張 C O M ポ ー ト が 追 加 と な り ま す 。 イ ン ス ト ー ル 後 、 W i n d o w s の デ バ イ ス マ ネ ー ジ ャ ー に て C O M ポ ー ト が 増 え て い る こ と と 、 増 え た C O M ポ ー ト の 番 号 を 確 認 し て く だ さ い 。 ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ム か ら は 、 通 常 の シ リ ア ル ポ ー ト と 同 様 の 扱 い に て 、 プ ロ グ ラ ミ ン グ が で き ま す 。 基 板 と 共 に ご 提 供 し て い る サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム に よ り 、 イ ン ス ト ー ル 後 の 動 作 確 認 を 行 っ て く だ さ い 。 サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム の 動 作 に つ い て は 、 サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム の ソ ー ス フ ァ イ ル を 参 照 く だ さ い 。 ダ イ レ ク ト ド ラ イ バ ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ム か ら は 、 ダ イ レ ク ト ド ラ イ バ 専 用 の 関 数 を 使 用 し て O P E N / R E A D / W R I T E / C L O S E な ど を 実 行 し ま す 。 複 数 の 基 板 を 使 用 す る 場 合 は 、 こ の ダ イ レ ク ト ド ラ イ バ を 使 用 さ れ る こ と を お 勧 め し ま す 。 基 板 と 共 に ご 提 供 し て い る サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム に よ り 、 イ ン ス ト ー ル 後 の 動 作 確 認 を 行 っ て く だ さ い 。 サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム の 動 作 に つ い て は 、 サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム の ソ ー ス フ ァ イ ル を 参 照 く だ さ い 。 ソ ー ス フ ァ イ ル に 記 述 し て い る コ メ ン ト 文 が お 役 に 立 ち ま す 。 ダ イ レ ク ト ド ラ イ バ 専 用 関 数 の 使 用 方 法 に つ い て は 、 ド ラ イ バ と 共 に ご 提 供 す る P D F フ ァ イ ル ( 英 文 ) と サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム の ソ ー ス フ ァ イ ル を 参 照 し て く だ さ い 。

(27)

6 . 4

も っ と も シ ン プ ル な 使 用 方 法

も っ と も シ ン プ ル な 使 用 方 法 は 、 1 台 の D A C S - 8 2 0 0 基 板 を 使 用 し 、 デ バ イ ス ド ラ イ バ と し て 仮 想 C O M ド ラ イ バ を イ ン ス ト ー ル し た 場 合 で す 。 標 準 的 な パ ソ コ ン で は 、 D A C S - 8 2 0 0 は 、 デ バ イ ス ド ラ イ バ の イ ン ス ト ー ル で 、 C O M 3 に 接 続 さ れ ま す 。 動 作 試 験 は 添 付 の サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム ( 仮 想 C O M シ ン グ ル 版 ) に て 行 い ま す 。 ( 注 ) パ ソ コ ン に よ っ て は 、 C O M 3 以 外 に 接 続 さ れ る 場 合 が あ り ま す 。 こ の 場 合 、 W i n d o w s の デ バ イ ス マ ネ ー ジ ャ ー を ひ ら い て 、 C O M 3 が 使 用 中 か ど う か を 確 認 し て く だ さ い 。 使 用 中 に な っ て い な け れ ば 、 D A C S - 8 2 0 0 の C O M ポ ー ト を C O M 3 に 変 更 し て く だ さ い 。 添 付 の サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム ( 仮 想 C O M シ ン グ ル 版 ) は C O M 3 専 用 に な っ て い ま す 。 C O M 3 が 使 用 中 の 場 合 は 、 ダ イ レ ク ト ド ラ イ バ を イ ン ス ト ー ル し て 、 ダ イ レ ク ト 版 の サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム を 使 用 し て く だ さ い 。 サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム 起 動 後 、 キ ー ボ ー ド か ら 、 た と え ば W 0 1 2 3 4 5 6 ( E n t e r ) と 入 力 し て み て く だ さ い 。 ボ ー ド I D 番 号 が 0 に 設 定 し て あ っ て 、 正 常 に 接 続 で き て い れ ば 、 R 0 F F F F F F と い っ た 応 答 が か え っ て き ま す 。 ( 受 信 デ ー タ の 最 後 に は 、 キ ャ リ ッ ジ リ タ ー ン コ ー ド が あ り ま す が 、 こ の コ ー ド は 画 面 上 で は ・ と な る か 、 全 く 表 示 さ れ な い か の い ず れ か に な り ま す 。 ) こ の 使 用 方 法 で は 、 パ ソ コ ン か ら コ マ ン ド を 送 信 し 、 そ の 応 答 を 待 っ て 、 次 の ス テ ッ プ に 進 む と い う 、 コ マ ン ド と レ ス ポ ン ス の 1 対 1 対 応 の ハ ン ド シ ェ イ ク 方 式 と な り ま す 。 コ マ ン ド を 送 出 す る 繰 返 し 最 小 間 隔 は 、 お よ そ 2 0 m s と な り ま す 。 こ の 時 間 間 隔 は 、 次 の よ う な 理 由 に よ り 決 ま り ま す 。 U S B イ ン タ ー フ ェ イ ス で は 、 6 4 byte長 の パ ケ ッ ト を 使 用 し て い ま す 。 ま た 、 U S B - D I O に 使 用 し て い る U S B イ ン タ ー フ ェ イ ス で は 、 送 出 す る デ ー タ 長 が 6 4 byte( ユ ー ザ デ ー タ は 6 2 byte) と な る か 、 1 6 m s の タ イ ム ア ウ ト と な る ま で 、 こ の パ ケ ッ ト を 送 出 し ま せ ん 。 D A C S - 8 2 0 0 の 送 信 デ ー タ 長 は 9 byteで す の で 、 U S B - D I O は 、 毎 回 、 1 6 m s の タ イ ム ア ウ ト に て デ ー タ を 送 信 し ま す 。 パ ソ コ ン か ら の デ ー タ 送 信 に も 、 1 ~ 2 m s の 時 間 が か か り ま す の で 、 こ れ ら の 合 計 時 間 と し て 、 繰 返 し 最 小 間 隔 は 、 お よ そ 2 0 m s と な り ま す 。

6 . 5

応 答 速 度 を 向 上 さ せ る

ダ イ レ ク ト ド ラ イ バ を 使 用 す る こ と に よ り 、 6 . 4 項 に 記 述 し て い る タ イ ム ア ウ ト 時 間 を 短 縮 す る こ と が で き ま す 。 ダ イ レ ク ト ド ラ イ バ で は 、 EventCharacter と い う 特 殊 文 字 を D A C S - 8 2 0 0 基 板 に 送 信 し て 登 録 す る こ と が で き ま す 。 ボ ー ド で は 、 こ の 文 字 を 送 信 デ ー タ 列 に み つ け る と 、 タ イ ム ア ウ ト 時 間 を 待 た な い で 、 直 ち に デ ー タ を ホ ス ト ( パ ソ コ ン 側 ) に 送 信 し ま す 。 添 付 の サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム ( ダ イ レ ク ト ド ラ イ バ マ ル チ デ バ イ ス 版 ) で は 、 キ ャ リ ッ ジ リ タ ー ン コ ー ド を 、 こ の EventCharacter と し 、 こ れ に よ り 、 1 6 m s の タ イ ム ア ウ ト 時 間 を 解 除 し て い ま す 。 サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム で は 、 デ バ イ ス の O P E N を 行 っ て い る 直 後 に 、 こ の EventCha racter設 定 関 数 を 呼 び 出 し て い ま す 。 サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム の ソ ー ス フ ァ イ ル を 参 照 し て く だ さ い 。 一 方 、 パ ソ コ ン 側 か ら D A C S - 8 2 0 0 ボ ー ド に デ ー タ を 転 送 す る 間 隔 に つ い て は 、 パ ソ コ ン の U S B ス ケ ジ ュ ー ラ の ポ ー リ ン グ サ イ ク ル が 1 m s と な っ て い る た め に 、 パ ソ コ ン か ら コ マ ン ド を 送 出 す る 間 隔 を 、 こ の ポ ー リ ン グ 時 間 以 下 に す る こ と が で き ま せ ん 。 ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ム で 、 デ ー タ 受 信 ( Read) か ら 、 次 の デ ー タ 送 信 準 備 ( Write) ま で を 、 1 m s よ り も 十 分 に 短 い 時 間 で 実 行 で き る と す れ ば 、 コ マ ン ド と レ ス ポ ン ス の ハ ン ド シ ェ イ ク を 、 最 短 時 間 の 1 m s に て 、 繰 返 し て 行 う こ と が で き ま す 。 機 器 制 御 の よ う な 用 途 で 、 デ ー タ 出 力 と デ ー タ 入 力 を 繰 り 返 す よ う な 場 合 、 こ の 1 m s の 時 間 間 隔 が 最 短 の 繰 返 し 時 間 と な り ま す 。

(28)

D A C S - 8 2 0 0 製 品 内 容

製 品 の 名 称 U S B 接 続 デ ジ タ ル /ア ナ ロ グ 入 出 力 基 板 D A C S - 8 2 0 0 標 準 構 成 D A C S - 8 2 0 0 基 板 1 枚 デ ジ タ ル 入 出 力 接 続 用 ケ ー ブ ル 3 0 c m 1 本 ( 機 器 接 続 側 は コ ネ ク タ な し の 解 放 端 と な っ て い ま す 。 ) ア ナ ロ グ 入 出 力 接 続 用 ケ ー ブ ル 3 0 c m 1 本 ( 機 器 接 続 側 は コ ネ ク タ な し の 解 放 端 と な っ て い ま す 。 デ ジ タ ル 入 出 力 専 用 基 板 に は 付 属 し て い ま せ ん 。 ) デ バ イ ス ド ラ イ バ / サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム / 取 扱 説 明 書 は ダ ウ ン ロ ー ド に て

D A C S - 8 2 0 0 販 売 条 件

1 . 接 続 の 間 違 い 、 誤 っ た 取 扱 い に よ っ て 、 接 続 し た パ ソ コ ン 、 ま た は 本 ボ ー ド の 双 方 ま た は い ず れ が 故 障 し て も 、 弊 社 は 一 切 の 責 任 を 負 い ま せ ん 。 2 . 本 基 板 を 使 用 し た 装 置 お よ び 機 器 に て 発 生 す る 問 題 に つ い て 、 弊 社 は い か な る 責 任 も 負 い ま せ ん 製 造 販 売

ダ ッ ク ス 技 研 株 式 会 社

ホ ー ム ペ ー ジ http://www.dacs-giken.co.jp DACS820018326A

参照

関連したドキュメント

THE PREMIUMGIFT ありがとうプレミアム JTOコース 7,700 point. THE PREMIUMGIFT ありがとうプレミアム JTDコース 24,550

There is a bijection between left cosets of S n in the affine group and certain types of partitions (see Bjorner and Brenti (1996) and Eriksson and Eriksson (1998)).. In B-B,

本県は、島しょ県であるがゆえに、その歴史と文化、そして日々の県民生活が、

(The Elliott-Halberstam conjecture does allow one to take B = 2 in (1.39), and therefore leads to small improve- ments in Huxley’s results, which for r ≥ 2 are weaker than the result

“Breuil-M´ezard conjecture and modularity lifting for potentially semistable deformations after

S., Oxford Advanced Learner's Dictionary of Current English, Oxford University Press, Oxford

At the end of the section, we will be in the position to present the main result of this work: a representation of the inverse of T under certain conditions on the H¨older

三 危険物(建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第116条第1項の表の危険物