A5冊子 縦 10pt 47字18行

全文

(1)

老後2,000万円問題は この一冊で解決

iDeCo イデコ

(個人型確定拠出年金) つみたてNISA

「攻略マニュアル」

(2)

老 後 2 0 0 0 万 円 問 題 は こ の 一 冊 で 解 決

i D e C o

・ つ み た て N I S A

(3)

「 公 的 年 金 だ け で は 不 足 し

、老 後 に 向 け て 2 0 0 0 万 円 が 自 助 努 力 で 必 要

」と い う 金 融 庁 の 報 告 書 が 盛 ん に テ レ ビ や ネ ッ ト で 取 り 上 げ ら れ て い ま す

。2 0 0 0 万 円 を 準 備 す る と い う こ と は と て も 大 変 で

、確 か に 興 味 深 く セ ン セ ー シ ョ ナ ル な 話 題 で す

。 し

か し

、冷 静 に 考 え れ ば 老 後 に い く ら 必 要 な の か は ラ イ フ プ ラ ン に よ っ て 様 々 で す

。心 配 が 全 く 不 要 な ご 家 庭 も あ れ ば

、2 0 0 0 万 円 で は 足 ら ず

、 3 0 0 0 万 円 や 4 0 0 0 万 円 の 資 金 が 必 要 な 人 も い る で し ょ う

。 で

、金 融 庁 の 報 告 書 に 2 0 0 0 万 円 必 要 と い う 内 容 が 書 か れ た だ け で

、 な ぜ

、 こ れ ほ ど の 大 騒 ぎ に な る で し ょ う か

? そ

の 理 由 は ラ イ フ プ ラ ン を 作 っ て い な い た め

、自 分 の 置 か れ た 状 況 が わ

(4)

か ら な い か ら で す

。 自

分 の 現 在 位 置 が わ か ら な い の で

、金 融 庁 と い う 役 所 か ら「 2 0 0 0 万 円 足 ら な い よ

」と 言 わ れ て 右 往 左 往 す る こ と に な っ て い ま す

。少 子 高 齢 化 が 進 み

、将 来 的 に 公 的 な 年 金 が 減 少 す る と い う こ と は 随 分 前 か ら 言 わ れ て い ま し た

。年 金 を 取 り 巻 く 環 境 が こ の 先 良 く な る と い う 話 を 聞 い た こ と が あ り ま す か

? 金

融 庁 の 報 告 も

、従 来 か ら 言 わ れ て き た こ と を 再 度 整 理 し て 発 表 し た だ け で

、特 に 目 新 し い こ と は 何 も な い と い う の が フ ァ イ ナ ン シ ャ ル プ ラ ン ナ ー と し て の 本 音 で す

。 フ

ァ イ ナ ン シ ャ ル プ ラ ン ナ ー の 目 線 で 見 る と「 公 的 年 金 だ け で は 不 足 す る た め

、 平 均 的 な 家 庭 で 毎 月 4

~ 5 万 円 程 度 の 貯 金 を 取 り 崩 す 必 要 が あ る

」と い う こ と は 常 識 的 な 内 容 で

、こ れ ま で も そ の ス タ ン ス で 老 後 資 金 の ア ド バ イ ス を し て き ま し た

(5)

今 回

、 こ の よ う に 世 の 中 が 大 騒 ぎ す る と い う こ と の 根 本 的 な と こ ろ は

、 老 後 に 2 0 0 0 万 円 が 必 要 だ と い う こ と で は な く

と い う こ と が 問 題 の 一 番 の 根 っ こ 部 分 な の で す

。 自

分 の 人 生 を 他 人 任 せ に し て い る 人

= 人 生 の 課 題 に 取 り 組 め て い な い と い う こ と で す

。 人

生 の 課 題 は 人 そ れ ぞ れ で

、毎 日 の 生 活 費・ 教 育 費・ 住 居 費・ 老 後 の 資 金 の こ と な ど 用 途 は 様 々 で す が

、「

の 一 つ で す

。 自

分 の 人 生 を 見 つ め て い な い 人 は

、基 本 的 に は 問 題 を 先 送 り に し て い る だ け で す

。 早

め に 解 決 す る よ う に し な い と

、よ り 大 き な 問 題 と な っ て く る で し ょ う

(6)

今 回 の 報 告 書 の も う 一 つ の ポ イ ン ト は「 2 0 0 0 万 円 不 足 す る 可 能 性 が 高 い の で

、つ み た て N I S A や i D e C o( イ デ コ・ 個 人 型 確 定 拠 出 年 金

) な ど の 公 的 な 制 度 を 上 手 に つ か っ て 運 用 し て 増 や し て く だ さ い ね

」と い う 部 分 で す

。 資

産 運 用 に 関 し て 皆 さ ん は ど ん な イ メ ー ジ を 持 た れ て い ま す か

・ 資 産 運 用 は お 金 持 ち が す る こ と だ

・ 元 本 割 れ な ど で 財 産 を 全 部 持 っ て い か れ る

・ 上 手 い こ と ば か り 言 う 詐 欺 み た い な 話 し を 聞 い た こ と が あ る

・ と は 言 っ て も

〇 さ ん は 儲 か っ た ら し い

、 い い な ぁ

。 今

回 は 誰 で も 利 用 で き て 手 軽 だ け ど

、2 0 0 0 万 円 問 題 に と っ て も 効 果 が あ る 投 資 方 法 を ご 紹 介 し て い き ま す

。一 緒 に あ な た の 2 0 0 0 万 円 問 題 を 解 決 し て い き ま し ょ う

(7)

目 次

は じ め に 第

一 章

「 貯 蓄 か ら 投 資 へ

」 と は 言 う け れ ど

・ 1 第

二 章 ワ タ シ に も で き ま す か

・ 6 第

三 章 投 資 信 託 は

、 個 人 投 資 家 の 強 い 味 方

・ 9 第

四 章 つ み た て N I S A

・ 1 7 第

五 章 イ デ コ は 使 わ な い と ソ ン を し ま す

・ 2 3 第

六 章 少 額 か ら 始 め よ う

・ 4 7 お

わ り

・ 5 0

(8)

バ ブ ル が 弾 け て 3 0 年

、残 念 な が ら 銀 行 に 預 け て 増 え な い 時 代 と な っ て し ま い ま し た

「 貯 蓄 か ら 投 資 へ

」 と の 掛 け 声 は た く さ ん 聞 く よ う に な り ま し た が

「 投 資 は 難 し い

「 投 資 は 危 な い

」 な ど 怖 い イ メ ー ジ が 先 立 ち

、 興 味 は あ っ て も 手 を 出 し に く い 印 象 が 拭 え ま せ ん

。 し

か し な が ら

、 大 き な 時 代 の 変 化 に よ り 投 資 を 取 り 巻 く 環 境 が ガ ラ ッ と 変 わ り ま し た

。 金 融 制 度 の 緩 和

、 イ ン タ ー ネ ッ ト 技 術 の 発 達 に よ り ネ ッ ト 専 業 の 銀 行 や 証 券 会 社 が 誕 生

、 ス マ ー ト フ ォ ン 社 会

… 少 し 前 ま で は 想 像 で き な か っ た よ う な 時 代 が 来 て い ま す

。 例 え ば ネ ッ ト 専 業 の 証 券 会 社 で あ れ ば

① ス マ ー ト フ ォ ン で 投 資 信 託 を 1 0 0 円 分 だ け 購 入

② 利 益 が 出 れ ば ス マ ー ト フ ォ ン か ら 売 却 指 示 を 出 す

③ 非 課 税 口 座 で 運 用 す れ ば 利 益 に は 税 金 が か か ら な い

(9)

こ の よ う に 1 0 年 前 で は で き な か っ た こ と が

、ス マ ー ト フ ォ ン で 簡 単 に で き る よ う に な り ま し た

。 税 金 面 や 売 買 の 仕 組 み な ど

、 投 資 へ の ハ ー ド ル が 下 が り 投 資 未 経 験 で も 始 め や す い 環 境 が 整 っ て い ま す

。 単

刀 直 入 に い い ま す

資 す る 分 野 は 株 式

・ 投 資 信 託 な ど の 金 融 商 品 や 不 動 産 や 金 な ど 様 々 で す が

、 基 本 的 な 考 え 方 は 同 じ で す

① 短 期 間 で は な く 長 い 期 間 を 使 う

② 一 つ の 分 野

、 一 つ の 商 品 で は な く 投 資 先 を 分 散

③ 定 期 的 に 積 み 立 て て い く

「 短 期・ 一 つ の 商 品・ 一 時 金 で 勝 負

」と いう の は 投 資 で は な く

(10)

投 機 で す

。 こ れ は ギ ャ ン ブ ル と 同 じ で

、 実 は 多 く の 人 が 感 じ て い る 投 資 に 対 す る

「 怖 い

」 と い う イ メ ー ジ は こ こ か ら き て い ま す

。 し か し 実 際 の 投 資 と い う の は

、 じ わ じ わ と 増 え た り 減 っ た り を 繰 り 返 し な が ら 動 い て い く こ と が 多 く

、 も っ と 地 味 で す

。 ひ ょ っ と す る と 肩 透 か し を 受 け た 気 持 ち に な る か も し れ ま せ ん

。 例

え ば 1 年 あ た り 3

% の リ タ ー ン を 期 待 し て 投 資 信 託 を 購 入 し

、 毎 月 3

, 0 0 0 円 を 積 み 立 て 投 資 し た と 仮 定 し ま す

。 そ

う す る と 1 年 後 に は 積 み 立 て 元 金 3 6

,0 0 0 円 が 3

% の リ タ ー ン で 3 6

, 4 9 9 円 に な っ て い ま す

「 あ れ

? な ん だ

、 こ ん な も ん な の か

」 っ て 思 い ま す よ ね

。 そ

れ で は こ の 毎 月 3

,0 0 0 円 を 3

% の リ タ ー ン で 積 み 立 て て い く と 時 間 の 経 過 と 共 に ど う な っ て い く か を 表 に ま と め る と 驚 く よ う な 数 字 が 出 て き ま す

(11)
(12)

ど う で し ょ う

、 こ れ は 結 構 す ご い で す ね

! こ

れ は 長 期 投 資 と

、 ゆ き だ る ま 式 に 増 え る 複 利 の 効 果 が う ま く 働 い た 結 果 で す

(13)

は い

、 ア ナ タ も で き ま す

。 投 資 を ス タ ー ト さ せ る と き

、 ポ イ ン ト が 4 つ あ り ま す

活 費 や 使 い 道

・ 使 う 時 期 が わ か っ て い る 費 用 っ て あ り ま す よ ね

? 例 え ば 教 育 資 金 や 住 宅 の 頭 金

、 車 検 代 等 は 時 期 も 金 額 も お お よ そ 見 当 が つ い て い る お 金 で す

。 こ れ ら の お 金 は 銀 行 口 座 に き ち ん と 置 い て お き ま し ょ う

。 運 用 は 元 本 割 れ

・ 解 約 時 期 が 限 定 さ れ る 等 の リ ス ク や 制 限 を 伴 い ま す

。イ ザ と い う と き に「 お 金 が な い

」 と い う こ と に な ら な い よ う に し ま し ょ う

。 預

貯 金 は

「 お 金 を 貯 め る

」 も の で す が

「 お 金 を 動 か し な が ら

(14)

殖 や す

」 の が

「 投 資

」 で す

。 銀

行 や 郵 便 局 の 預 貯 金 は お 金 が 減 る こ と は あ り ま せ ん が

、 投 資 は 資 産 価 値 が 増 減 し ま す

。 で す の で

「 ど れ ぐ ら い の 金 額 を 投 資 す る か

」 を 十 分 に 考 え る 必 要 が あ り ま す

ざ 始 め る と な る と

、 い ろ い ろ と 運 用 し た い と い う 気 持 ち が 出 て き ま す

。 最 初 は あ く ま で 余 裕 資 金 で ス タ ー ト し ま し ょ う

。 運 用 の 基 本 は 継 続 で す

。 継 続 で き る 金 額

、 も し 元 本 が 割 れ る こ と が あ っ て も 我 慢 で き る 金 額 で 始 め ま し ょ う

。 投 資 が 初 め て の 人 は

、 貯 金 で き る 金 額 の 1

/ 3 か ら 多 く て も 半 分 を 超 え る こ と が な い よ う に し ま し ょ う

。 お 金 全 体 の バ ラ ン ス で ど れ ぐ ら い の 金 額 を 投 資 す る か 判 断 す る こ と が 大 切 で す

(15)

日 の 生 活 を 考 え る と 良 い と き も あ れ ば

、 悪 い と き も あ り ま す ね

。 投 資 も 同 じ で す

。 値 上 が り す る こ と も あ れ ば

、 値 下 が り す る こ と も あ り ま す

。短 期 間 で 成 果 を 出 す こ と は な か な か 難 し い の で

、 長 い 目 で 投 資 の タ イ ミ ン グ を 分 散 し

、 リ ス ク を 軽 減 し て い く こ と を 考 え

、 積 み 立 て 投 資 で 取 り 組 み ま し ょ う

資 す る の は

、 ア ナ タ の 大 事 な お 金 で す

。 ど ん な 分 野 に 投 資 を さ れ て い る か

? ど う し た ら 利 益 が 出 る の か

? こ の 二 つ が 理 解 で き な い 分 野 に は 投 資 を し な い こ と が 重 要 で す

。 投

資 を 始 め る の は 簡 単 で す が

、簡 単 ゆ え に き ち ん と ス タ ー ト し な

(16)

い と 大 事 な お 金 が 無 く な っ て し ま い ま す

。 増 や す の は 少 々 の 手 間 と 時 間 が 必 要 で す が

、 減 ら す の は ア ッ と い う 間 で す

。 さ

、 心 の 準 備 は 整 い ま し た か

? 次

章 か ら は よ り 具 体 的 に 進 め て い き ま す

(17)

個 人 投 資 家 に と っ て ハ ー ド ル と な る の は 何 で し ょ う か

・ 資 金 的 に 余 裕 が あ ま り な い

・ ど ん な 分 野 に 投 資 を し た ら 良 い の か

、 何 を 買 っ た ら 良 い か 判 断 が で き な い

・ 売 買 の タ イ ミ ン グ が わ か ら な い な

ん だ か 難 し そ う で す ね

? そ

ん な 初 心 者 に と っ て 強 い 味 方 に な る の が 投 資 信 託 で す

。 投 資 信 託 と い う 金 融 商 品 は

「 投 資 家 か ら 集 め た お 金 を

、 運 用 の プ ロ

( フ ァ ン ド マ ネ ー ジ ャ ー と い い ま す

) が 幅 広 い 分 野 や 企 業 へ 分 散 投 資 を 行 い

、そ こ で 出 た 利 益 を 出 資 比 率 に 応 じ て 分 配 す る

」 と い う 金 融 商 品 で す

。 そ の た め

、 投 資 信 託 は

、 投 資 を し た い け れ

(18)

ど も 自 分 だ け で は 多 く の 株 式 や 債 券 を 買 う ほ ど の 資 金 は な い

、 自 分 で は う ま く 投 資 先 を 選 ぶ こ と が で き な い の で 運 用 の プ ロ に 任 せ た い

、 そ ん な 人 に 最 適 な 商 品 と い え ま す

。 投

資 対 象 は 株 式 や 債 券

、不 動 産 な ど が 主 だ っ た 分 野 で す

。投 資 信 託 で は

、 み な さ ん の お 金 を ま と め て

、 数 多 く の 株 式 や 債 券 な ど に 細 か く 分 散 し て 投 資 を 行 い ま す

。 株 式 や 債 券 は

、 市 場 の 価 値

( 価 格

) が 日 々 値 上 が り

・ 値 下 が り を し て い ま す

。 そ れ ぞ れ は 異 な る 値 動 き を す る の で

、 た く さ ん の 種 類 を 組 み 入 れ る こ と に よ り 分 散 効 果 が 働 き

、急 激 な 値 動 き を 避 け る 効 果 が 期 待 で き ま す

。つ ま り

、 大 事 な 資 産 を 減 少 さ せ る

= 損 を す る リ ス ク の 低 減 効 果 化 が 期 待 で き ま す

。 こ の 運 用 方 法 を ポ ー ト フ ォ リ オ 運 用 と 呼 び ま す

を積 てる んで が増 いの

資 信 託 な ど 金 融 商 品 で お 金 が 増 え る 二 つ の 仕 組 み が あ り ま す の で 紹 介 し ま す

(19)

単 に 表 現 す る と 安 く 買 っ て

、 高 く 売 る と い う 方 法 を 取 る こ と で

、 そ の 価 格 差 か ら 得 ら れ る 利 益 で す

。 こ の 利 益 を と い い ま す

。 購 入 時 の 価 格 よ り も 値 段 が 下 が る と い わ ゆ る 元 本 割 れ の 状 態 に な り ま す

。 購 入 時 の 価 格 に よ っ て 利 益 が 決 ま っ て い き ま す の で

、 購 入 価 格 は 安 い 方 が 良 い の は 当 然 で す が

、 相 場 の 動 き を 予 測 し て 購 入 す る こ と は 正 直 な と こ ろ 非 常 に 困 難 で す

。 そ の た め

「 毎 月 1 万 円 ず つ

、 同 じ 銘 柄 を 購 入 し て い く

」 と い っ た よ う な 投 資 方 法 を 取 る ケ ー ス が 多 く

、 こ の 投 資 方 法 を

」 と 呼 び ま す

資 信 託 に は

、 分 配 金 と い う 仕 組 み が あ り ま す

。 投 資 家 か ら 預 か っ た お 金 で フ ァ ン ド マ ネ ー ジ ャ ー が 運 用 し て

、 利 益 が 出 た ら そ

(20)

の 利 益 を 投 資 家 に 還 元 す る と い う 仕 組 み で す

。 な お 株 式 会 社 は 出 資 者

( 株 主

) の お 金 を 使 っ て 事 業 を 行 い

、 そ こ で の 利 益 を 配 当 と い う 形 で 出 資 者 に 分 配 し ま す が

、 こ れ と ほ ぼ 同 じ 仕 組 み で す

。 こ の 儲 け の こ と を と い い ま す

。 こ の 分 配 金 を 現 金 と し て 受 け 取 る こ と も 可 能 で す が

、 こ の 分 配 金 を 元 手 に 同 じ 投 資 信 託 を 買 い 増 し し て い く こ と を 再 投 資 と 呼 び ま す

。 複 利 の 効 果 を 期 待 す る に は 分 配 金 を 再 投 資 に 回 す こ と を お ス ス メ し ま す

。 投

資 信 託 を ド ル

・ コ ス ト 平 均 法

( 毎 月 同 じ 金 額 で 積 み 立 て

) で 購 入 す る と

、 こ の 二 つ の 利 益 を 得 や す く な り

、 結 果 と し て お 金 が 増 え や す い と い う こ と に な り ま す

。 な

、 投 資 信 託 は

「 何 を 対 象 に

・ ど ん な 運 用 方 針 で

・ 必 要 な 手 数 料 が い く ら か

」 と い う 情 報 が 公 開 さ れ て い ま す

。 投 資 先 は 日 本 株 式

・ 国 内 債 券

・ 先 進 国 株 式

・ 新 興 国 株 式

・ 先 進 国 債 券

・ 新 興 国 債 券

・ 不 動 産 な ど が 主 に あ げ ら れ ま す

。 ど れ も な ん と な く 聞 い

(21)

た こ と が あ る 分 野 だ と 思 い ま す

。 こ の 自 分 で な ん と な く で も 理 解 で き る こ と が 重 要 で す

「 他 の 人 が 知 ら な い オ イ シ イ 情 報 は な い か し ら

」 と 思 っ て し ま う の が 人 情 で す が

、 ど ん な 分 野 に 投 資 を す る の か よ く わ か ら な い 商 品 に 投 資 初 心 者 が 好 奇 心 で 手 を 出 す と 大 や け ど を し ま す

。 投 資 先 は 自 分 で 理 解 が で き る 分 野 に し ま し ょ う

て怖

て 投 資 の 世 界 で は

「 リ ス ク

」 と い う 言 葉 を よ く 使 い ま す

。 投 資 信 託 で 運 用 を 行 う に あ た り

、 一 番 心 配 な の は 損 を す る こ と で し ょ う

。 投 資 信 託 は 銀 行 預 金 と 異 な り

、 換 金 時 の 元 本 保 証 が あ り ま せ ん

。 投 資 信 託 は 値 動 き の あ る 株 式 や 債 券 な ど に 投 資 す る た め

、 投 資 信 託 の 値 段 で あ る 基 準 価 額 は 株 式 市 場 や 債 券 市 場 な ど の 動 向 に よ り 変 化 す る か ら で す

。こ の こ と に よ り 資 産 価 値 が 増 減 し ま す

。 投

資 信 託 で い う と

、 値 段 で あ る 基 準 価 額 が 上 が っ た り 下 が っ た

(22)

り す る そ の

「 価 格 の ブ レ の 大 き さ

」 を リ ス ク と 呼 び ま す

。 一 般 的 に

、 リ ス ク は

「 標 準 偏 差

」 と い う 指 標 を 用 い て 表 し ま す

。 こ の 数 値 が 大 き け れ ば 大 き い ほ ど

、 値 動 き が 大 き い こ と

、 つ ま り

「 リ ス ク が 高 い

」 こ と を 示 し ま す

。 リ ス ク が 高 け れ ば 値 上 が り の 幅 も 値 下 が り の 幅 も 大 き く

、 リ ス ク が 低 い と い う こ と は そ の 逆 で 値 動 き の 幅 が 比 較 的 ゆ る や か で あ る こ と を 意 味 し ま す

。 次

に 別 の 視 点 か ら 株 式 投 資 し た 場 合 と 株 式 を 対 象 に し た 投 資 信 託 を 比 較 し て み ま し ょ う

・ ス タ ー ト す る に は

、 あ る 程 度 の ま と ま っ た 資 金 が 必 要

・ 株 式 の 価 格 変 動 の 影 響 を 良 く も 悪 く も ダ イ レ ク ト に 受 け る

・ 発 行 会 社 が 倒 産 す る と 株 式 の 財 産 価 値 が な く な る

・ 複 数 の 株 式 を 所 有 す る に は 更 に 資 金 が 必 要

(23)

・ 証 券 会 社 に よ っ て は 1 0 0 円 か ら 購 入 す る こ と が 可 能

・ 一 つ の 商 品 の 中 で 複 数 の 企 業 の 株 式 へ 分 散 投 資

、 そ の た め 個 別 銘 柄 よ り 価 格 変 動 が 比 較 的 穏 や か

・ 投 資 先 の 会 社 が 仮 に 倒 産 し て も 分 散 効 果 で 影 響 が 少 な い 積

み 立 て 購 入 が で き る 商 品 が 多 く

、 時 間 の 分 散 効 果 が 期 待 で き る 同

「 株 式

」 を キ ー ワ ー ド に し て も そ れ ぞ れ メ リ ッ ト

・ デ メ リ ッ ト が あ り ま す ね

。 投 資 信 託 の メ リ ッ ト の お さ ら い で す

(24)

デ メ リ ッ ト は

う で し ょ う

? 興 味 が 湧 い て き ま し た か

? つ み た て N I S A も i D e C o も 投 資 信 託 を 購 入 し て コ ツ コ ツ と 資 産 を 殖 や し て い く 制 度 で す

。 投 資 信 託 の こ と が 分 か れ ば

、 つ み た て N I S A や i D e C o も 楽 勝 で す

(25)

さ て

「 私 も 投 資 を 始 め て み た い

! や っ た こ と な い け ど

「 何 を 買 え ば い い で す か

? 全 然 わ か り ま せ ん

」 と い う 方 に は 2 0 1 8 年 の 1 月 か ら ス タ ー ト し た つ み た て N I S A が お 薦 め で す

の理

・ 投 資 信 託

・ E T F

( 上 場 投 資 信 託

) な ど 最 初 か ら 分 散 投 資 を し て い る 金 融 商 品 を 使 う

・ 長 期 投 資 に 向 か な い 商 品 は 除 外 さ れ て い る

・ 定 期 的 に 一 定 金 額 を 購 入 し て い く 積 立 形 式 で

、 一 括 で 購 入 す る よ り リ ス ク の 分 散 が 図 れ る

・ 投 資 を し た 年 か ら 最 大 2 0 年 間

、 年 間 4 0 万 円

( 買 付 代 金

) ま で 非 課 税

・ 各 種 手 数 料 が 無 料 も し く は 格 安 で あ る

(26)

・ 6 0 歳 ま で 取 り 崩 せ な い i D e C o と 違 い

、 売 却

= 現 金 化 が 可 能 な の で

、 ラ イ フ ス タ イ ル が 変 わ り や す い 若 い 世 代 に は つ み た て N I S A が 使 い や す い

NI の商

の つ み た て N I S A に 選 ば れ た 投 資 信 託 は

「 投 資 初 心 者 で も ロ ー コ ス ト で 長 期 投 資 が で き

、 投 資 の メ リ ッ ト を 得 ら れ る よ う な 投 資 信 託 を 選 ぶ

」 と い う 考 え の も と に 金 融 庁 が 選 ん だ つ み た て N I S A 対 応 済 み の 商 品 で す

。 2

0 1 9 年 5 月 現 在 で 用 意 さ れ て い る 商 品 は イ ン デ ッ ク ス 型 投 資 信 託 で 1 4 2 銘 柄

、 ア ク テ ィ ブ 型 投 資 信 託 が 1 8 銘 柄

、 E T F

( 上 場 型 投 資 信 託

) が 3 銘 柄 で す

。 日 本 で 購 入 で き る 投 資 信 託 は 約 6

, 0 0 0 銘 柄

、 そ の 中 か ら 厳 し い 基 準 で 選 ば れ た 約 1 6 0 銘 柄 が つ み た て N I S A で 運 用 で き る 商 品 で す

(27)

実 際 の 運 用 は こ の 約 1 6 0 銘 柄 か ら 選 ん で 積 み 立 て を し て い き ま す

。 選 び 方 の ポ イ ン ト は 後 ほ ど

。 こ の

「 何 を 選 ん で 買 え ば い い の か わ か ら な い

」 と い う 部 分 が ク リ ア に な る と

、 ス タ ー ト へ の ハ ー ド ル が か な り 下 が り そ う で す

。 証 券 会 社 に よ り ま す が 最 低 金 額 1 0 0 円 か ら 買 い 付 け が で き る 会 社 も あ り

、 少 額 か ら の ス タ ー ト が 可 能 で す

る気 ッチ った ょう

、 実 際 に 始 め る に は

、 銀 行 や 証 券 会 社 に つ み た て N I S A 専 用 の 証 券 口 座 を 開 設 す る 必 要 が あ り ま す

。 こ れ は つ み た て N I S A が 非 課 税 口 座 で あ る た め で す

・ つ み た て N I S A 専 用 口 座 の 申 込 み

( 一 緒 に 総 合 口 座 も 開 設 が 必 要 な と こ ろ も あ り ま す

・ 申 込 時

、 身 分 証 明 書 や マ イ ナ ン バ ー カ ー ド か 通 知 カ ー ド が 必 要

・ 併 せ て 住 民 票 も 必 要

( 金 融 機 関 に よ っ て は 取 り 付 け し て く れ る

(28)

と こ ろ も あ り ま す

) 以

上 の 手 続 き が 終 わ っ た ら

、 専 用 口 座 が 開 設 さ れ る の で

、 つ み た て N I S A 対 象 の 投 資 信 託 等 を 注 文 し 毎 月 の 積 み 立 て が ス タ ー ト し ま す

て 投 資 先 は 何 を 基 準 に し て 選 ん で い く と 良 い の で し ょ う か

・ イ ン デ ッ ク ス 型 と ア ク テ ィ ブ 型 は 手 数 料 の 安 い イ ン デ ッ ク ス 型 を 選 ぶ

・ 日 本 株 式 だ け で は な く 海 外 株 式 も 選 ぶ

( 日 本 株 式 1 5 0 0 円

、 海 外 株 式 1 5 0 0 円 な ど

・ 同 じ 分 野

( 例

: 日 経 2 2 5 な ど

) に 投 資 す る 商 品 で あ れ ば 手 数 料 が 安 い 方 を 選 ぶ

・ 投 資 が 初 め て で

、 ど う し て も 不 安 と い う 際 は バ ラ ン ス 型 を と り

(29)

あ え ず 1 年 間 続 け て み る

・ 毎 月 の 積 み 立 て 上 限 は 3

. 3 万 円

。 積 立 額 は そ の 範 囲 内 で

。 途 中 で 金 額 変 更 が で き る の で

、 最 初 は 毎 月 3

, 0 0 0 円 か ら で も 十 分 で す

。 ま ず は

「 習 慣 的 に 積 み 立 て を す る

」 こ と に 慣 れ ま し ょ う

。 ち

な み に 日 本 の 公 的 年 金 を 運 用 し て い る G P I F

( 年 金 積 立 金 管 理 運 用 独 立 行 政 法 人

) は

、 資 金 の 投 資 先 を 大 き く 4 つ に 分 け

、 下 記 の 配 分 を 基 本 に し て 投 資 を し て い ま す

念 な が ら

、 つ み た て N I S A に は 債 券 型 投 資 信 託 が 含 ま れ て い ま せ ん

。 し か し 債 券 を 購 入 す る 代 わ り に 貯 金 を す る と 考 え て み

(30)

ま す

。 例 え ば 毎 月 5

, 0 0 0 円 を 2

, 5 0 0 円 ず つ 貯 金 と つ み た て N I S A に 分 け て 運 用 す る こ と で

、 G P I F と ほ ぼ 同 じ ポ ー ト フ ォ リ オ

( 資 金 の 組 み 合 わ せ

) に な り ま す

。 ぜ ひ 参 考 に し て み て く だ さ い

。 ま た バ ラ ン ス 型 商 品 に は 運 用 先 に 債 券 を 含 む 銘 柄 も あ り ま す

。 つ

み た て N I S A を 1 年 間 続 け て み て

「 お 金 を 動 か し な が ら 資 産 価 値 が 増 減 す る

」 と い う 感 覚 が 身 に 付 い た ら

、 株 式 や 不 動 産 な ど 他 の 分 野 に 目 を 向 け て も 良 い と 思 い ま す

。 投 資 は ス タ ー ト す る ま で の 心 理 的 ハ ー ド ル が 高 い の で す が

、 そ の 気 に な っ た ら

「 小 さ く コ ツ コ ツ

」 と 始 め ま し ょ う

( だ っ て 損 し た ら 嫌 で す も ん ね

(31)

使

皆 さ ん は i D e C o と い う 言 葉 を 聞 い た こ と は あ り ま す か

? i D e C o は 個 人 型 確 定 拠 出 年 金 の 愛 称 で

「 イ デ コ

」 と 呼 び ま す

individual-type Defined Contribution pention plan

個 人 型

確 定

拠 出

( 積 み 立 て

) さ れ る 年 金 制 度 解

説 す る と

・ 個 人 型

( 企 業 型 も あ り ま す

) 2 0 歳 か ら 6 0 歳 ま で の 人 が 対 象 で す

・ 確 定 拠 出 決 ま っ た 金 額 を 積 み 立 て る こ と で す

・ 年 金 6 0 歳 以 降 に 受 け 取 り が 可 能 で す

(32)

こ れ で は 何 の こ と だ か サ ッ パ リ わ か り ま せ ん の で 簡 単 に

「 自 分 で 積 立 金 を 出 し て お 得 に 運 用

、 老 後 資 金 を た っ ぷ り 用 意 し ま し ょ う

」 と い う 制 度 で す

・ 自 分 で 積 立 金 を 出 す

→ 職 業 や 退 職 金 制 度 に よ り 積 立 で き る 金 額 が 変 わ り ま す

・ お 得 に 運 用

→ 用 意 さ れ た 投 資 信 託 を 購 入

、 節 税 メ リ ッ ト も あ り ま す

・ 6 0 歳 ま で 強 制 的 に 預 か る

→ 途 中 引 き 出 し が で き な い の で し っ か り 準 備 で き る そ

れ で は イ デ コ の 何 が す ご い の か

、 な ぜ 使 わ な い と ソ ン な の か 細 か く 見 て い き ま す

(33)

使

主 婦 や 公 務 員 を 含 め

、2 0 歳

~ 6 0 歳 の 大 部 分 の 方 が 対 象 で す

( 国 民 年 金 の 保 険 料 を 免 除 さ れ て い る 方

( 障 害 基 礎 年 金 の 受 給 者 は 除 く

、 国 民 年 金 の 任 意 加 入 被 保 険 者 の 方

・ 国 民 年 金 に 未 納 が あ る 方

、 農 業 者 年 金 の 被 保 険 者 の 方 は 加 入 で き ま せ ん

。 ま た 企 業 型 確 定 拠 出 年 金

、 企 業 年 金 の あ る 企 業 に お 勤 め の 方 は

、 お 勤 め 先 の 規 約 等 に よ り 加 入 で き な い 場 合 が あ り ま す

拠 出 金

( 毎 月 の 積 立 金

) が す べ て 所 得 控 除 さ れ

、 毎 年 の 所 得 税 や 住 民 税 が 軽 減 さ れ ま す

。 例

え ば 毎 月 2 万 円 を 積 み 立 て し 年 間 2 4 万 円 を 拠 出 し た 場 合

、 こ の 2 4 万 円 が 所 得 か ら 控 除 さ れ て 所 得 税 や 住 民 税 が 計 算 さ れ ま す

。 所 得 税 率 1 0

・ 住 民 税 率 1 0

% で あ れ ば 約 4 8

, 0 0 0 円

(34)

の 節 税 効 果 が あ り ま す

。 し か も 一 年 だ け で は な く

、 3 0 歳 か ら ス タ ー ト す れ ば 節 税 効 果 は 6 0 歳 ま で の 3 0 年 間 ず っ と 続 き ま す の で

、 そ の 額 は ナ ン ト 1 4 4 万 円 に も 上 り ま す

運 用 益 に 課 税 さ れ ず に 再 投 資 さ れ る の で お 金 が 増 え や す い の も イ デ コ の 嬉 し い と こ ろ で す

。 銀 行 預 金 や 投 資 信 託 な ど の 金 融 商 品 で 運 用 す る 場 合

、 運 用 益 に 通 常 だ と 2 0

. 3 1 5

( 特 別 復 興 所 得 税 含 む

) の 税 金 が か か り ま す

。 し か し

、 確 定 拠 出 年 金 で 運 用 し た 場 合 に は

、 6 0 歳 ま で の 期 間 中 は 運 用 益 は す べ て 非 課 税

= 利 益 に 税 金 が か か ら な い こ と に な り ま す

。 本 来 は 税 金 と し て 引 か れ る 分 の 運 用 益 も 再 投 資 さ れ る の で

、 い わ ゆ る 利 子 が 利 子 を 呼 ぶ 状 態 に な り

、 複 利 の 効 果 で 通 常 よ り も 効 率 的 で 有 利 に お 金 を 運 用 で き ま す

(35)

6 0 歳 以 降 に 年 金 か 一 時 金 で 積 み 立 て た 資 産 を 受 け 取 り ま す

。 年 金 で 受 け 取 る 場 合 は

「 公 的 年 金 等 控 除

、 一 時 金 で 受 け 取 る 場 合 は

「 退 職 所 得 控 除

」 が 適 用 さ れ ま す

。 受 け 取 り 時 も 非 課 税 も し く は 退 職 金

・ 年 金 控 除 の 対 象 と な り

、 課 税 額 は 少 な く な り ま す

。 つ ま り 投 資 信 託 を 普 通 に 売 買 し て 得 る 利 益 よ り も お ト ク に う け と る こ と が で き る わ け で す

。 こ ん な お ト ク な 制 度 を 使 わ な い の は ソ ン で す ね

さ て イ デ コ を 使 う と ど う な る の か

? 試 算 を し て い き ま し ょ う

。 年

齢 3 5 歳

、 扶 養 配 偶 者 有 り

、 子 ど も 1 人

、 企 業 年 金 制 度 は な し

、 税 込 年 収 4 5 0 万

、 毎 月 1 万 円 ず つ

、 期 待 リ タ ー ン 3

% の 場 合

、 左 記 の 表 で 結 果 を 見 て み ま し ょ う

(36)
(37)

1 年 目 は 運 用 益 が ほ と ん ど 出 て お ら ず

「 ホ ン ト に こ れ で 大 丈 夫

」 と 思 わ れ る か も し れ ま せ ん

。 け ど

、 大 丈 夫 で す

。 イ デ コ は 運 用 益 を 再 投 資 す る の で

、 複 利 の 効 果 が 期 待 で き ま す

。 こ こ に 税 金 が 安 く な る 効 果 が 加 わ り ま す か ら 抜 群 の 投 資 効 率 で す

ま ず は イ デ コ 専 用 の 口 座 を 開 設 し ま し ょ う

① 証 券 会 社 や 銀 行 で イ デ コ 専 用 の 口 座 を 開 設 し ま す

。 金 融 機 関 の 申 し 込 み 窓 口 や イ ン タ ー ネ ッ ト で 口 座 開 設 の 依 頼 が で き ま す

② 金 融 機 関 か ら 専 用 書 類 が 送 ら れ て き ま す

。 中 に は 申 込 書

・ 掛 け 金 を 引 落 し す る 銀 行 口 座 の 登 録 用 紙

・ お 勤 め 先 に 提 出 す る

(38)

書 類 等 が 入 っ て い ま す

。 こ の お 勤 め 先 に 提 出 す る 書 類 は 退 職 金 制 度 の 確 認 の た め 必 要 に な り ま す の で

、 総 務 部 や 人 事 部 で 押 印 し て も ら っ て く だ さ い

。 こ れ は 必 須 で す

。 そ の 他 に 本 人 確 認 書 類 や マ イ ナ ン バ ー

( 通 知 カ ー ド 等

) の 情 報 を ま と め て 事 務 局 に 返 送 し て く だ さ い

③ 後 日

、 イ デ コ 専 用 の 口 座 へ の ロ グ イ ン I D と パ ス ワ ー ド が 到 着 し ま す

。ロ グ イ ン 後

、銘 柄 選 び や 積 み 立 て の 設 定 を 行 な い

、 い よ い よ ス タ ー ト で す

。 な お

、 口 座 開 設 の 申 し 込 み か ら 積 み 立 て 開 始 ま で お お よ そ 2 ケ 月 程 度 が 必 要 で す

イ デ コ は 投 資 信 託 を 購 入 し 運 用

、 そ の 運 用 成 績 に よ っ て 受 け 取 る 年 金 額 が 変 わ っ て き ま す

。 し た が っ て 運 用 成 績 が 良 け れ ば 積 み 立 て た 金 額 以 上 の リ タ ー ン を 得 る こ と が で き

、 運 用 成 績 が あ ま り 良 く な け れ ば 元 本 割 れ の リ ス ク を 伴 い ま す

(39)

ち な み に ア メ リ カ で は 1 9 8 1 年

( 昭 和 5 6 年

) に 個 人 型 確 定 拠 出 年 金 制 度 が ス タ ー ト し ま し た( 米 国 版 4 0 1 K と 呼 ば れ ま す

)。 折 か ら の 好 景 気 で 運 用 成 績 が 非 常 に よ く

「 4 0 1 K 長 者

」 と 呼 ば れ る こ と も あ っ た よ う で す

。 逆 の パ タ ー ン で

、 2 0 0 8 年 の リ ー マ ン シ ョ ッ ク の 影 響 で 資 産 が 大 幅 に 減 っ て し ま っ た こ と も あ る よ う で す

、運

ん な あ な た の た め に イ デ コ の 必 勝 法 を ご 用 意 し ま し た

本 確 保 型

・ 定 期 預 金

・ 年 金 保 険 で 運 用 さ れ ま す

。 運 用 に よ る リ タ ー ン は 期 待 で き ま せ ん が 元 本 の 大 部 分 が 確 保 さ れ て い ま す

( 購 入 時 期 に よ っ て は 解 約 控 除 の 関 係 で 年 金 保 険 で は 極 め て 少 額 で す が 元 本 割 れ し ま す

(40)

元 本 変 動 型

・ 元 本 は 保 証 さ れ ま せ ん が

、 投 資 信 託 の 運 用 成 績 に よ る 資 産 の 増 加 が 期 待 で き ま す

。 元

本 確 保 型 は

、 運 用 成 績 の 期 待 は せ ず 節 税 効 果 の メ リ ッ ト の み 期 待 す る 場 合 や

、 6 0 歳 ま で の 期 間 が あ ま り な い 方 で

、 資 産 を 減 ら す リ ス ク を 軽 減 し 利 益 を 確 定 す る た め に 使 わ れ ま す

。 若 い 方 は 元 本 変 動 型 を 使 い

、 リ ス ク 資 産 多 め で 長 期 の 運 用 成 績 を 期 待 し

、 6 0 歳 が 近 い 方 は リ ス ク 資 産 を 少 な め に し

、 資 金 を 守 る 運 用 を し て い き ま し ょ う

デ コ の ゴ ー ル は 6 0 歳 で す

。 ゴ ー ル ま で の 時 間 の 長 さ に よ り 購 入 す る 投 資 信 託 が 変 わ っ て き ま す

。 若 年 層 の 方 は 価 格 変 動 が あ る 株 式 型 中 心

、 5 0 代 ぐ ら い で あ れ ば 債 券 型 の 割 合 を 多 め

、 ゴ ー ル が 近 け れ ば 債 券 型

・ 定 期 預 金 型 を 中 心 に し て 資 産 を 守 る 運 用 に す る な ど ラ イ フ ス テ ー ジ に 合 わ せ て 運 用 方 針 を 変 え て い き ま し ょ

(41)

0 0 8 年 に リ ー マ ン シ ョ ッ ク と い う 大 暴 落 が あ り ま し た

。 金 融 市 場 は 大 幅 に 冷 え 込 み

、株 式 な ど も 大 部 分 が 値 下 が り し ま し た

。 し か し な が ら 2

~ 5 年 ぐ ら い の 期 間 で リ ー マ ン シ ョ ッ ク 前 の 水 準 に 戻 っ て い ま す

。 つ ま り 一 時 的 に は 損 を し て い る よ う に 見 え て も 長 期 的 に 保 有 す る こ と で 利 益 を 期 待 す る こ と が で き ま す

。 6 0 歳 ま で は 現 金 化 は で き ま せ ん の で

、 も し 資 産 価 値 が 下 が っ た と し て も

、 焦 ら ず に ゴ ー ル ま で の 時 間 を 有 効 に 使 い ま し ょ う

。 ゴ ー ル が 近 い 方 は 少 し ず つ リ ス ク 資 産 を 債 券 型 や 定 期 預 金

・ 年 金 保 険 な ど に 変 え て 利 益 確 定 を す る 方 向 へ 運 用 方 針 を 変 更 し て い き ま し ょ う

。 ま た 6 0 歳 を 迎 え て も 最 大 で 7 0 歳 ま で 運 用 を 続 け る こ と が で き ま す の で

、 受 け 取 り を 少 し 待 っ て み る と い う 選 択 も あ り ま す

(42)

人 投 資 家 最 大 の 武 器 は 時 間 で す

。 短 期 間 の 投 資 で は 知 識 や 資 金 力

、 も し く は 時 の 運 に 左 右 さ れ 期 待 す る 利 益 を 得 る こ と は ハ ー ド ル が 少 々 高 い よ う に 思 い ま す

。 一 方 で 運 用 期 間 が 長 け れ ば

、 時 間 の 分 散 効 果 で 資 産 を 殖 や す チ ャ ン ス が 多 く な り ま す

。 こ

れ を イ デ コ に 当 て は め る と

・ 長 い 時 間 に 渡 っ て

・ 6 0 歳 ま で

・ 定 期 的 に

・ 毎 月 1 回 ず つ

・ 一 定 金 額 で

・ 5 0 0 0 円

~ 6 8 0 0 0 円

/ 月 投

資 信 託 を い く つ か の 投 資 先 に 分 け て 購 入 し( 自 分 で 選 び ま す

) な る べ く

「 小 さ く 増 や し て 小 さ く 減 ら す

」 を 繰 り 返 し ま す

( 6 0 歳 ま で

。 つ ま り

、 イ デ コ は 個 人 投 資 家 に と っ て の 王 道 と 言 わ れ る

「 長 期

・ 分 散

・ 積 み 立 て

」 の 3 原 則 に ピ ッ タ リ 当 て は ま る 制

(43)

度 な の で す

。 し か も 節 税 効 果 ア リ

、 こ れ は や る し か な い

デ コ へ の 加 入 時 に は 初 期 費 用 2

, 7 7 7 円

( 税 込

) が 必 要 で あ り

、 さ ら に 月 額 手 数 料 が 期 間 中 は 継 続 し て 必 要 で す

。 国

民 年 金 基 金 連 合 会 へ の 収 納 手 数 料

・ 1 0 3 円 国 民 年 金 基 金 連 合 会 へ の 事 務 委 託 手 数 料

・ 6 4 円

毎 月 合 計 1 6 7 円 こ

こ ま で は ど の 金 融 機 関 を 選 択 し て も 同 一 で す が

、 運 営 管 理 機 関

( 銀 行 や 証 券 会 社

) に 支 払 う 口 座 管 理 料 は 金 融 機 関 に よ っ て 異 な り ま す

。 手 数 料 で 最 も 安 い の は 年 額 2

, 0 4 4 円

、 高 い と こ ろ で は 7

, 0 0 0 円 を 超 え て い ま す

。 手 数 料 だ け で も 一 年 あ た り で 最 大 5

, 0 0 0 円 程 度 の 差 が あ り

、 こ れ で は 運 用 益 が 運 用 コ ス ト

(44)

に 負 け て し ま う 可 能 性 が あ り ま す

。 金

融 機 関 を 選 ぶ と き は 手 数 料 を 比 較 し

、 手 数 料 が 安 い と こ ろ を 選 ぶ と 利 益 を 得 や す く な り ま す

。 ま た 投 資 信 託 は 信 託 報 酬 と い う 維 持 費 が か か り ま す

。こ れ は イ デ コ で 購 入 す る 商 品 に も 必 要 で す

。 基 本 は 信 託 報 酬 が 安 い 商 品 を 選 ぶ こ と

。 維 持 費

( 信 託 報 酬

) も 最 終 的 な 運 用 益 を 左 右 す る 大 事 な ポ イ ン ト で す

え は な か な か 難 し い の で す が

、 ど こ で 買 う か の ポ イ ン ト は 次 の 通 り で す

① 購 入 で き る 商 品 の 幅 が 広 く

、 維 持 費

( 信 託 報 酬

) が 安 い 商 品 が ラ イ ン ナ ッ プ に あ る こ と

② 銀 行 や 証 券 会 社 に 支 払 う 運 営 管 理 費 が 安 い こ と

(45)

イ デ コ は 6 0 歳 ま で の 長 い 期 間 の お 付 き 合 い に な り ま す

。 右 記 を ポ イ ン ト に 検 討 す る と S B I 証 券

・ 楽 天 証 券

・ マ ネ ッ ク ス 証 券 な ど イ ン タ ー ネ ッ ト 専 業 の 証 券 会 社 が あ げ ら れ ま す

。 イ ン タ ー ネ ッ ト 証 券 会 社 の イ デ コ の ペ ー ジ に は ロ ボ ア ド バ イ ザ ー 機 能 が 設 置 さ れ て い る こ と も 多 く

、 年 齢 や 投 資 に 対 す る 考 え 方 に 回 答 す る と 購 入 す る 商 品 の ア ド バ イ ス を し て く れ ま す

。 一

方 で ネ ッ ト 専 業 の 証 券 会 社 だ と「 担 当 者 に 直 接 相 談 で き な い

」 と い う こ と で

、 直 接 相 談 で き る 銀 行 や 証 券 会 社 を 選 ぶ 方 も い ら っ し ゃ い ま す

。 た だ し こ の 場 合 は 毎 月 の 手 数 料 が 割 高 で あ っ た り

、 購 入 で き る 投 資 信 託 の 商 品 数 が ネ ッ ト 証 券 と 比 べ 少 な い こ と も あ り ま す

① ゴ ー ル ま で の 期 間 が ど れ ぐ ら い あ る の か

② 他 の 金 融 資 産 と の バ ラ ン ス を ど う す る か

(46)

③ ポ ー ト フ ォ リ オ を ど う 組 む か

④ ア ク テ ィ ブ

・ イ ン デ ッ ク ス

・ 信 託 報 酬

、 こ れ っ て 何

? こ

こ が 運 用 開 始 で 何 を 選 ぶ か を 考 え る と き の 大 事 な ポ イ ン ト で す

。 ゴ ー ル ま で の 時 間 が ど れ ぐ ら い あ る か に よ り

、 リ ス ク の 高 い 商 品

( 株 式 型

) と 低 い 商 品

( 債 券 型

・ 預 金 型

) な ど の 購 入 割 合 が 変 わ っ て き ま す

。 ま た イ デ コ 以 外 の 金 融 資 産 が ど れ ぐ ら い あ る か に よ っ て も 変 化 し ま す

ー ト フ ォ リ オ は 簡 単 に い う と

「 組 み 合 わ せ

」 で す

。 投 資 の 分 野 で は ど の 商 品 を ど の 割 合 で 組 み 合 わ せ る か 決 定 し 運 用 し て い き ま す

。 こ の こ と を ポ ー ト フ ォ リ オ 運 用 と い い ま す

。 例 え ば 日 本 株 式 に 投 資 し て い る 投 資 信 託 を 5 0 0 0 円

、 日 本 の 債 券 に 投 資 し て い る 投 資 信 託 を 5 0 0 0 円 だ と 1 対 1 の ポ ー ト フ ォ リ オ 運 用 に な り ま す

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP