﹁ 宣 言 ﹂ 及 び

全文

(1)

研 究 ノ ー ト サ ー ル の 社 会 的 存 在 論 に お け る

﹁ 宣 言 ﹂ 及 び

﹁ 認 知 ﹂

・ 受 容

﹂ に つ い

河 原 伸 夫

は じ め に 政 治 の 重 要 な 要 素 に は

︑ 抽 象 的 対 象

感 覚 器 官 に 刺 戟 を 与 え な い 対 象

及 び 構 成 さ れ た も の

︵ 自 ら の 属 性 の み に よっ て は 果 た せ な い 機 能 を 持 つ 人 間

が 含 ま れ る︒ 例 え ば︑ 成 員 が 入 れ 替 わ っ て も 同 一 性 を 保 つ 政 党 は︑ 抽 象 的 対 象 で あ る

︒ 抽 象 的 対 象 と し て の 政 党 は︑ 特 定 の時 点 に おけ る 成 員の 総 計 とは 別 の 存在 で あ る

ま た

︑常 人 が 政 党 の リー ダ ー と し て 巨 大 な 権 限 を 持 つ 場 合

︑ リー ダー と し ての そ の 人物 は

︑ 自ら の 属 性の み に よっ て は 果た せな い 機 能を 持 ち

︑従 っ て 構 成 さ れた も の で あ る

︒政 治 研 究 の 一 つ の 重 要 な 課 題 は

︑ 抽 象 的 対 象 及 び 構 成 され た も の の 存 在を 所 与 とせ ず

︑ それ ら に 関す る 基 礎的 な考 察 を 提示 す る こと で あ ろう

︒ 本 稿は

︑ そ うし た 考 察の 手 が か り を J

・ サ ー ル

S e a rl e

︶ の

﹁ 社 会 的 存 在 論

so ci a l  o n to lo g y

︶﹂ か ら得 る こ とを 目 的 と して い る

︒ 社会 的 存 在論

の 分野 に お け るサ ー ル の主 著 は

︑﹃ 社会 的現 実 の 構築

S ea rl e  19 95

︶及 び

﹃ 社会 的 世 界 の 形 成﹄

S ea rl e  20 10 b

︶ で あ る

後 者 に は︑ 前 者 か ら 引 き 継 い だ 部分 も あ るが

前 者に 対 す る批 判 を 踏ま え た 新し い 主 張も 盛り 込 ま れて い る

︒本 稿 で は︑ そ う した 主 張 を検 討 し

︑そ

(2)

の 問 題 点 を 指 摘 す る

︒そ の 上 で

︑ 後 者 が 提 示 す る 概 念 で 抽 象 的 対 象 及 び 構 成 さ れ た も の の 基 礎 的 な 考 察 に と り 重 要 なも の を

︑前 者 を も参 照 し つつ

︑ 特 定し た い

︒ 後 述 す るよ う に

︑サ ー ル の﹁ 社 会 的存 在 論

﹂は 様 々 な角 度 か ら 批 判さ れ て いる

︒ そ のこ と 自 体︑ サ ー ルの 議 論 の重 み を 示 し てい る と 言え よ う

︒サ ー ル の議 論 の 重要 性 に つい て 批 判 者 が述 べ て いる こ と を︑ 幾 つ か紹 介 し よう

﹁ 社会 的 世 界 の 性質

﹂ に 関す る 現 在の 諸 議 論の 中 で

︑サ ー ル のそ れ に は

﹁ 最 も 影 響 力 が あ る

E p st ei n   20 15 , p .8

︶︑ ジョ ン

・ サ ー ルほ ど 社 会的 存 在 論に 大 き な影 響 を 及ぼ し た 哲学 者 は

︑ ほ と ん ど い な い

G u a la   20 16 , p .5 7

︶︑ 社 会 的 存 在 物

en tit ie s

︶﹂ が

﹁人 間

﹂ にど の よ う に

﹁依 存 し て い る か

﹂ と い う問 題 に つい て

︑ サー ル は

﹁最 も 有 力な 答 え の一 つ

﹂ を 提 供し て い る︵

M a ch er y   20 14 , p .8 7

︶︒ 以 下

︑ 第 一 節 で

︑﹃ 社 会 的 世 界 の 形 成

﹄ の 内 容 を 紹 介 す る

︒ 第 二 節で

︑ 同 書に 加 え られ て き た諸 批 判 を検 討 す る︒ 第 三 節 で

︑同 書 の 中心 的 主 張の 問 題 点を 指 摘 する

︒ そ の上 で

︑ 同 書 が 提 示 す る 概 念 で

︑ 抽 象 的 対 象 及 び 構 成 さ れ た も の の 基 礎 的な 考 察 にと り 重 要な も の を⎜

﹃ 社 会的 現 実 の 構 築﹄ も 参 照 し つ つ⎜ 特 定 す る

︒ な お

︑ 以 下

︑引 用 文 中 の 傍 点 を 付 し た 部 分 は

︑ 傍 点 筆 者﹂ と 注 記 し て い

なけ れ ば

︑原 文 で イタ リ ッ クに な っ てい る 部 分で あ る

︒︶ 一

﹃ 社会 的 世 界 の 形 成

﹄の 内 容 本 節 で は︑ サ ー ルの

﹃ 社 会的 世 界 の形 成

﹄ の内 容 を 紹介 する

︒ サ ー ル は︑ 人 々 が﹁ 慣 れ 親 し ん で い る こ と

﹂ に

︑実 は

﹁ 不 思 議 で 特 筆 す べ き

﹂ 特 徴 が あ る と 示 す こ と が

︑ 同 書 の

﹁ 戦 略﹂ で あ り︑ 制度 的 事 実の 最 も 不思 議 で 特筆 す べ き特 徴の 一 つ は︑ そ れ が制 度 が ない と こ ろで 形 成 され る こ とで ある

﹂︑ と 述 べて い る

S ea rl e  20 10 b ,

p .1 06

︶︒ そ し て

︑自 らの 議 論 を﹁ 人 間 社会 の 特 質そ の も の﹂ を 考 察す る

﹁ 社会 の哲 学

P h ilo so p h y   o f  S o ci et y

︶﹂ とと ら え

︑そ れ を

﹁社 会科 学 の 哲学

p h ilo so p h y  o f  so ci a l s ci en ce

︶﹂ 例 え ば説 明の 論 理 の研 究

︶ や﹁ 社 会

・政 治 哲

ca l   p h ilo so p h y

学︵

so ci a l  a n d   p o lit i-

︶﹂ 例 え ば 正 義 論

︶か ら 区 別 し て い る

S ea rl e  20 10 b ,p .5

︶︒ また

︑ 社 会・ 制度 的 現 実の 全 て

﹂に は﹁ 共 通 の基 礎 構 造﹂ が あ る︒ 社 会 科学 の 諸 分野 そ れ ぞれ の研 究 主 題が 根 本 的に 相 異 なっ て い るわ け で はな い

︒ 各分 野の 研 究 を行 う 上 でも

﹁ 共 通の 基 礎 構造

﹂ の 理解 は 有 用で ある

︑ と 主張 し て いる

S ea rl e  20 10 b , p p .2 00 20 2

︶︒

研究ノート

(3)

︵ 一

︶中 心 的 主張 と 重 要な 諸 概 念

﹃ 社会 的 世 界の 形 成

﹄の 中 心 的主 張 は

︑ 人﹅

間﹅の﹅

制﹅

度﹅

的﹅現﹅

実﹅

の﹅

全﹅

て﹅

は﹅

︑ 地﹅

位﹅

機﹅能﹅

宣﹅

言﹅

⎜明﹅

示﹅

的﹅

に﹅宣﹅

言﹅

の﹅

形﹅式﹅

を﹅

持﹅

つ﹅言﹅

語﹅

行﹅

為﹅

で﹅

な﹅い﹅

も﹅

の﹅

︵地﹅

位﹅

機﹅

能﹅宣﹅

言﹅

と﹅

同﹅じ﹅

論﹅

理﹅

形﹅式﹅

を﹅

持﹅

つ﹅表﹅

象﹅

10

re pr es en ta tio n s

︶︶ を﹅

含﹅

む﹅

⎜ に﹅

よ﹅

り﹅

形﹅

成﹅

さ﹅

れ﹅

︑ そ﹅

の﹅

存﹅

在﹅

が﹅

維﹅

持﹅

さ﹅

れ﹅

る﹅

﹂と い う も の で あ る

13

S ea rl e  20 10 b , p .

︶︒ こ こ で 用 い ら れ て い る 諸 概 念 に 関 す る サ ー ル の 説 明 を

︵ そ れ に は 分 か り に く い 点 も あ る の で

︑ 適 宜 補 足 し つ つ

︶ 紹 介 し よ う

︒ な お

︑ 表 象

﹂ は︑ 本 稿 第 三 節

︵ 一

︶で 取 り 上 げ る︒ 制 度 制 度

﹂と は

︑ 構 成 的ル ー ル のシ ス テ ム﹂ で あ る︒ 構 成的 ル ー ル﹂ と は

︑ X は︑ コ ン テク ス ト Cに お い て︑ Y に な る

X   co u n ts  a s  Y   in   co n te x t  C

︶﹂ とい う 形 式の ル ー ル で あり

〜 せよ と い う形 式 の

﹁規 制 的 ルー ル

﹂ から 区 別 さ れ る べ き も の で あ る︒ 一 定 の 条 件 を 満 た す 紙 切 れ は

︑ ア メ リカ 合 衆 国に お い て︑ 二

〇 ドル 紙 幣 にな る は︑ 構 成 的 ル ール

﹂ の 一 例 で あ る

︒ こ の 構 成 的 ル ー ル に お け る

﹁ X

﹂ は物 で あ り︑ Y

﹂ 地位

﹂︶ は

﹁ 二

〇ド ル 紙 幣﹂ で あ る︒ 選 挙 人 団 の 過 半 数 の 票 を 獲 得 し た 人 物 は︑ 次 期 大 統 領 に な る も

﹁構 成 的 ル ール

﹂ で あ る︒ こ の 構 成 的 ル ー ル に おけ る

﹁ X﹂ は 人 であ り

︑ Y

﹂ 地 位

﹂︶ は

﹁次

期 大 統 領

﹂ で あ る

︒ 構 成 的 ル ー ル

﹂の 下 で

︑ 制 度 的 事 実﹂ 例 え ば

︑ バ ラク

・ オ バマ は 合 衆国 の 大 統領 で あ る﹂ チ ェス の 試 合で

︑ 或 る人 物 が 勝 ち︑ 別 の 人物 が 敗 れた

﹂︶ が 成 立 す る11

制 度 に 依 存 せ ず に 成 立 す る 事 実 は︑ 生 の

b ru te

︶ 事 実﹂ 例 え ば

︑ 地 球は 太 陽 から 九 三

〇〇 万 マ イ ル離 れ て いる

﹂︶ で あ る︵

S ea rl e  20 10 b , p p .9 11 , 13 , 98

︶︒ 地位 機 能 機能

﹂ と は︑ 目的 に 適 う原 因

se rv es  a   p u rp o se  

a   ca u se  t h a t

︶﹂ で あ る︒ 例 え ば︑ 心 臓 の 機 能

﹂は

﹁ 血 液 を 送 り 出 す こ と﹂ で あ る が

︑ そ れ は

﹁ 生 命

︑生 存︑ 及び 繁 殖

﹂と い う 価値 に 規 定さ れ た 目的 に 適 う原 因 で ある

S ea rl e  20 10 b , p .5 9

︶︒ 地位 機 能

﹂と は

︑ 人 あ るい は 物

﹂が

︑ そ の﹁ 物 質 的構 造﹂ の み に よ っ て は 果 た す こ と が で き ず

︑ 集 合 的 に 認 知 され た

re co g n iz ed

︶ 地 位

﹂が あ っ ては じ め て果 た す こと の で き る

﹁ 機 能

﹂ で あ る

S ea rl e  20 10 b ,

12

p .7

︶︒ 単 な る 紙 切 れ は︑ 二

〇 ド ル 紙 幣﹂ と い う

﹁ 地 位

﹂ の 集 合 的 な 認 知 があ っ て 初め て 果 たす こ と ので き る 機能 を 持 つ︒ そ う した 機 能 が︑ 地 位 機 能

﹂ で あ る

S ea rl e  20 10 b , p .1 0

︶︒

﹃社 会的 現 実 の構 築

﹄ では

︑ 紙 切れ に 付 与さ れ た

﹁貨 幣

﹂ とい う 地 位 に は︑ 交 換 の 媒 介 物 及 び 価 値 の 貯 蔵 所 に な る こ と

to   se rv e   a s   a   m ed iu m   o f  ex ch a n g e   a n d   a   st o re   o f

(4)

v a lu e

︶﹂ な ど の 機 能 が

﹁付 着 し て い る

a tt a ch ed

︶﹂ と 述 べ ら れ て い る︵

S ea rl e  19 95 , p p .2 2, 46

︶︒

︶ 人 間 に

﹁地 位 機 能

﹂が 付 与 さ れ る 場 合 は

︑ 権 利

︑ 義 務

︑ 許 可 な ど の

﹁ デ ィオ ン テ ィッ ク

13

d eo n tic

︶な パ ワ ー

﹂ が 付 与 さ れ る︒ デ ィオ ン テ ィッ ク な パ ワ ー

﹂は

︑ 行 為 者 に と り

﹁ 意 欲 及 び 欲 望 に 依 存 し な い 行 為 理 由

﹂ を 成 す

︒例 え ば

︑ フ ォロ ワ ー が リ ーダ ー に 服従 す る

﹁意 欲

﹂ を持 た な いに も か かわ ら ず

︑ 服 従す る こ とを

﹁ 義 務﹂ と 認 めて 行 為 する 場 合

︑服 従

﹁ 義 務

﹂ が﹁ 行 為 理 由

﹂ と な って い る

S ea rl e  20 10 b ,

p p .8 9, 95 96 , 17 6, 18 1

︶︒ 地 位 機 能

﹂ を 創 出 す る

﹁ 認 知

﹂ 言 い 換 え れ ば

﹁ 受 容

a cc ep ta n ce

︶﹂

︶ に は

︑ 熱 狂 的 支 持

﹂ か ら﹁ 嫌 々 な が ら の 受 け 入 れ﹂ ま で 含 ま れ る︒ 憎 悪︑ 無 関 心

︑絶 望﹂ の 対 象 も

︑ 認 知

﹂さ れ 得 る

︒ 集 合 的 な﹁ 認 知﹂ あ る い は

﹁受 容

﹂ は

︑ 集 合 的 志 向 性14

の 一 形 態 で あ る

S ea rl e  20 10 b ,

p .8

︶︒ 地 位 機能

﹂ に 関す る サ ール の 説 明を 見 て きた

︒ 三 点補 足 し よ う

﹁ 地 位 機 能

﹂と

﹁ 地 位

﹃社 会 的 世 界 の 形 成

﹄ で︑ 石 の 列

﹂ が 成す

﹁ 境 界線

﹂ 後 述

︶は

︑ 地 位 機 能﹂ と も

﹁地 位

﹂ と も 呼ば れ て いる

S ea rl e  20 10 b , p .9 5

︶︒ 地 位機 能

と﹁ 地 位

﹂を 互 い に代 替 可 能な も の とす る の は︑ 分 か りに くい 用 語 法で あ る

︒前 記 の よう に

﹁ 二〇 ド ル 紙幣

﹂ が

﹁地 位﹂ で あ れば

︑ 境 界 線﹂ は

﹁ 地 位﹂ で あ ろう

﹃ 社会 的 現 実の 構 築

﹄で サ ー ル は︑ 機 能

﹂ と﹁ 地 位

﹂は

﹁ 内 的 に 関 係

﹂ し て お り

︑ 特 定 の﹁ 地 位

﹂ は

︑特 定 の

﹁機 能﹂ を 持 つこ と に より

﹁ 地 位﹂ と し て成 り 立 って い る

︑と 述 べ る

︒ そ の 上 で

︑ 地 位 機 能

﹂ の 例 と し て

︑ 夫

﹂ リー ダー

﹂ 教 師

﹂を 挙 げ て い る

S ea rl e  19 95 , p p .8 8 89

︶︒ 地 位﹂ に

﹁ 機 能﹂ が 内 在 し て い る こ と を 前 提 と し て︑ 夫

﹂ リ ーダ ー

﹂ 教 師

﹂ を

﹁地 位 機 能

﹂ と 呼 ん で い る と 解 釈 で き る か も し れ な い︒ し か し

︑ 二

〇 ド ル 紙 幣

﹂を

﹁ 地 位

﹂と 呼 ぶ の で あ れ ば︑ こ れ ら も

﹁地 位

﹂と 呼 ん だ 方 が分 か り やす い で あろ う

②﹁ 地 位 機能

﹂ と

﹁パ ワ ー

﹂﹃ 社 会 的現 実 の 構築

﹄ で は︑ 地 位機 能 の 付与

﹂ は

︑ パ ワー

﹂ の 付与 を 伴 うの で な けれ ば﹁ あ ま り 意 味 を 持 た な い

﹂ と 述 べ ら れ て い る

19 95 , p .9 5  

S ea rl e

︶︒ す な わ ち︑ 地 位 機 能

﹂ と

﹁デ ィ オ ン テ ィッ ク な パ ワー

﹂ は 区 別 さ れ て い る︒ 同 書 で︑ パ ワ ー﹂ の 一 例と し て

︑大 統 領 の法 案 拒 否権 が 挙 げら れ て い る

19 95 , p .1 01  

S ea rl e

︶︒ こ の 例 に 即 し て 言 え ば

︑ 或 る 人 物 に 大 統 領 と い う﹁ 地 位﹂ 及 び 議 会 の 抑 制 と い う

﹁ 機 能

﹂ が 付 与 さ

研究ノート

(5)

︑ そ の 際︑ こ の

﹁機 能

﹂ を果 た す 上で 有 用 な︑ 法 案 拒否 権 と い う ポジ テ ィ ヴな

﹁ パ ワー

﹂ が 付与 さ れ る︑ と い うこ と に な る15

し か し

︑﹃ 社 会 的 世 界 の 形 成

﹄ で は

︑次 の よ う に 述 べ ら れ て い る

︒ 典型 的 な 制度 的 事 実に は

︑ 三つ の 要 素 があ る

︒ す な わ ち

︑ X 項

︑ Y 項

︑及 び Y 地 位 に 付 着 す る 地 位 機 能

︵ デ ィオ ン テ ィ ッ ク な パ ワ ー

︶ で あ る

18 1

S ea rl e  20 10 b , p .

︶︑ 権 利 は

︑ 地 位 機 能 で あ る

︒ す な わ ち

︑権 利 は

︑集 合 的 に 認 知 さ れ た 地 位 に 由 来 す る デ ィ オ ン テ ィ ック な パ ワ ー で あ る︵

S ea rl e  20 10 b , p .1 76

︶︒ 二

〇 一 五 年 の サ ール 論 文 に も

︑ 全 て の 地 位 機 能 は

︑ デ ィオ ン テ ィ ッ ク な パ ワ ー で あ る﹂ と い う記 述 が ある

S ea rl e  20 15 , p .5 08

︶︒ 以 上 に お い て は

︑ 地 位 機 能

﹂ と﹁ デ ィ オ ン テ ィ ッ ク な パ ワ ー

﹂ が 同一 視 さ れて い る

︒ 前 述 の よう に サ ール は

︑ 機 能﹂ の 例 とし て

︑ 血 液 を送 り 出 す こ と﹂ 交 換 の 媒介 物 に なる こ と

﹂ 価 値の 貯 蔵 所に な る こ と

﹂を 挙 げ てい る

︒ これ ら を

﹁パ ワ ー

﹂と 呼 ぶ こと は で き な い で あ ろ う か ら

︑ 地 位 機 能﹂ と

﹁ ディ オ ン テ ィ ッ ク なパ ワ ー

﹂は 区 別 すべ き で はな い か と考 え る

﹁ 地 位 機能

﹂ と

﹁制 度 的 事実

﹂ サ ー ルは

︑ 全 て の 制度 的 事 実 が

︑そ し て 制度 的 事 実だ け が

︑地 位 機 能で あ る

﹂と

も述 べ て いる

S ea rl e  20 10 b , p .2 3

︶︒ す な わ ち︑ 両 者 を同 一 視 す る 場 合 が あ る

︒ し か し

︑前 述 の よ う に サー ル は︑ バ ラク

・ オ バマ は 合 衆国 の 大 統 領で あ る

﹂ チェ ス の 試合 で︑ 或 る 人 物 が 勝 ち

︑ 別 の 人 物 が 敗 れ た

﹂を

﹁ 制 度 的 事 実﹂ と 呼 ん で い る

︒ 地 位 機 能

﹂ を﹁ 交 換 の 媒 介 物 に な る こ と

﹂ を 例 と す る も の と と ら え る に せ よ

︑ デ ィ オ ン ティ ッ ク なパ ワ ー

﹂と と ら える に せ よ︑ そ れ を﹁ 制 度 的事 実﹂ と 呼 ぶ こ と に は 疑 問 が あ る

︒ な お

︑ 制 度 的 事 実

﹂と

﹁ 地 位 機 能

﹂ の 同 一 視 は︑ 一 九 九 五 年 の

﹃ 社 会 的 現 実 の 構 築﹄ に も

︑二

〇 一 七年 の 論 文﹁ 人 間 文明 の 規 範的 構 造

﹂に も見 ら れ る︒ 前 者 は︑ ビ ル・ ク リ ン トン は 合 衆国 大 統 領に 選 出 さ れ た

﹂ を﹁ 制 度 的 事 実

﹂ と 呼 び つ つ

︑ 地 位 機 能

︵ す なわ ち 制 度的 事 実

︶﹂ と 記述 し て いる

12 4

S ea rl e  19 95 , p .

︶︒ 後 者は

︑ バ ラ ク・ オ バマ は 合 衆国 大 統 領で あ る

﹂を

﹁ 事 実﹂ と 呼 びつ つ

︑ 全 て の制 度 的 事実 は

︑ 例外 な く

︑地 位機 能 で ある

﹂ と 述べ て い る︵

S ea rl e  20 17 , p p .2 4, 28

︶︒ 以 上

︑三 点 補 足 し た が

︑ サ ー ル の

﹁ 地 位 機 能

﹂ 概 念 に は︑ そ し て﹁ 地 位

﹂ パワ ー

﹂ 制 度 的事 実

﹂ の概 念 に も︑ 不明 確 さ があ る と 言え よ う

︒サ ー ル がこ れ ら を使 用 す ると き︑ 読 者 はそ の 意 味を 文 脈 によ り 判 断す る 必 要が あ る

︒︶ 宣 言16

そ れ ら﹇ 宣 言

⎜ 筆 者 注

﹈ は

︑あ る 事 態

st a te   o f

(6)

a ff a ir s

︶が 存 在 す る と 宣 言 し て そ の 事 態 を 生 じ さ せ る こ と に よ り

︑世 界 を 変え る

﹂︒ 宣 言 に おい て

︑ 我々 は

︑ 或る こ と が 現 実の も の であ る と 宣言 す る こと に よ り︑ そ れ を現 実 の も の とす る

it  t o  b e  th e  

m a k e  so m et h in g  th e  ca se  b y  d ec la ri n g

17

ca se

︶﹂

︒ 宣 言

﹂ の例 と し て︑ 宣戦 布 告 する こ と

﹂ 会 議 を 終 了 す る こ と

﹂ な ど が あ る

S ea rl e  20 10 b ,

p p .1 2, 16 , 69

︶︒ サ ール 論 文

﹁発 語 内 行 為 の 分 類 法

﹂ は︑ 船 の

﹁ 命 名﹂

︑議 長 へ の﹁ 任 命

﹂︑ 候 補者 と し ての

﹁ 指 名﹂ な ど の 例 を挙 げ て いる

S ea rl e  19 79 , p p .1 6 17 ;

訳 書 二七 頁

︶︒ 言 ︶ 語 行 為 に は 五 つ の タ イ プ が あ り

︑ 宣 言

18

D ec la ra tio n s

︶﹂ は そ の う ち の 一 つ で あ る︒ 他 の 四 つ は

﹁ 断 言

A ss e rt iv e s

︶﹂ 例 え ば 言 明

︑ 記 述

︶︑ 指 令

D ir e c ti v e s

︶﹂ 例 え ば 命 令

︶︑ 行 為 拘 束

si v e s

C o m m is -

︶﹂ 例 え ば 約 束

︑ 誓 約

︶︑ 及 び

﹁ 表 現

si v es

E x p re s-

︶﹂ 例 え ば 感 謝

︑ 謝 罪︶ で あ る19

69

S ea rl e  20 10 b , p .

︶︒ こ れ ら に つ い て

︑ 重 要 な 点 が 三 つ あ る

︒ 何 れ も︑ 本 稿 第 三 節 の 議論 に と り重 要 で ある

︒︶ 第 一 に︑ 言語 行 為 のタ イ プ﹂ と

﹁ 命 題 的 内 容﹂ の 区 別 で あ る

︒ あ な た が 退 室 す る こ と を 予 測 す る﹂ と

﹁ あ な た が 退 室 す る こ と を 命 令 す

る﹂ を 例 にと れ ば

︑前 者 は

﹁断 言

﹂ とい う 言 語行 為 の タイ プ に 属 し

︑ 後 者 は

﹁ 指 令

﹂ と い う 言 語 行 為 の タ イ プ に 属 す︒ し か し

︑ あ な た が 退 室 す る

﹂ と い う 命 題 的 内 容 は︑ 両者 に 共 通し て い る︵

S ea rl e  20 10 b , p .2 8

︶︒ 第 二 に

︑ 五 つ の タ イ プ の 言 語 行 為 は

︑ 世 界 の 現 状 を 表 象し よ う とす る

th e  w o rl d  

p u rp o rt  t o  re p re se n t  h o w   th in g s  a re  i n

︶﹂ の か

︑あ る い は﹁ 世 界 を変 え よ うと す る

﹂の か と い う 観 点 か ら︑ 分 類 し 得 る こ と で あ る

︒ 例 え ば︑ 雪 は白 い

﹂ マ ット の 上 に猫 が い る

﹂と い う 言明

︵ 断 言

﹂の 一形 態

︶ は︑ 世 界 の 現状 を 表 象 しよ う と する

﹂︒ こ の こと を﹁ 言 葉

﹂と

﹁ 世 界﹂ と い う用 語 を 使っ て 言 い換 え れ ば︑ 言 明 は︑ 言 葉 の 世 界 に 対 す る 適 合 方 向20

w o rd -t o -w o rl d   d ir ec tio n   o f  fit

︶﹂ を 持 つ と い う こ と に な る

︒ そ う し た

﹁ 適 合方 向

﹂ を持 つ 言 語行 為 は

︑ 真偽 判 断 の対 象 と なる

︒︶ 対 照 的 に

︑ 部 屋 か ら 出 よ

﹂と い う 命 令︵ 指 令

﹂ の 一 形 態︶ や

﹁ 水 曜 日 に あ な た に 会 い に 来 る

﹂と い う 約 束︵ 行 為拘 束

﹂ の一 形 態

︶は

︑ 世 界 を 変え よ う とす る

﹂︒ こ のこ と を

﹁ 言 葉

﹂ と﹁ 世 界﹂ と い う 用 語 を 使 って 言 い 換 え れ ば︑ 命 令・ 約 束は

︑ 世 界 の 言葉 に 対 する 適 合 方向21

w o rl d - to -w o rd  d ir ec tio n  o f  fit

︶﹂ を 持 つと い う こと に な る︒ そ うし た

﹁ 適合 方 向

﹂を 持 つ 言語 行 為 は︑ 真 偽 判断 の 対 象と

研究ノート

(7)

な ら な い︒

︶感 謝 な ど の﹁ 表 現

﹂ は︑ 言 葉 が 世 界 に 適 合 し て い る こ とを 前 提 とし た 言 語行 為 で

︑そ れ 自 体は

﹁ 適 合方 向

﹂ を 持 た な い

︒ 宣 言﹂ は

︑ 両 方 の 適 合 方 向 を 併 せ 持 つ

﹂ 二 重の 適 合 方向

﹂ を 持つ

︶︒ す な わち

︑ 宣 言

﹂ にお い て は

︑ 言葉 が 世 界に 適 合 する と と もに

︑ 世 界が 言 葉 に適 合 す る

S ea rl e  20 10 b , p p .1 1 12 ,

22

16 , 28

︶︒ 第 三 に

︑ 適 合 方 向﹂ を 持 つ 言 語 行 為 は

﹁ 充 足 条 件

co n d it io n s  o f  sa tis fa ct io n

︶﹂ を 持 ち︑ そ う した

﹁ 条 件﹂ は

﹁ 命 題 的内 容

﹂ が示 し て いる こ と であ る

︒ 例え ば

︑ 言明 は

﹁ 真 理 条 件

﹂ と い う

﹁ 充 足 条 件

﹂︶ を

︑ 約 束 は

﹁実 現

fu lf ill m en t

︶ 条 件

﹂ と い う

﹁ 充 足 条 件

﹂︶ を

︑ 命 令 は

﹁ 服 従 条 件

﹂ と い う﹁ 充 足 条 件

﹂︶ を

︑そ れ ぞ れ 持 つ

︒こ れ ら の

﹁ 充足 条 件

﹂は

︑ 言 明︑ 約 束

︑及 び 命 令そ れ ぞ れの

﹁ 命 題 的 内 容﹂ が 示 し て い る

S ea rl e  20 10 b , p p .2 8 29 ,

23

11 4

︶︒ 地 位 機 能 宣言

地 位 機能 宣 言

﹂に お い て︑ 我々 は 地 位機 能 と い う 制度 的 現 実を

︑ そ れが 存 在 する と 表 象す る こ とに よ り

︑ 形 成す る

S ea rl e  20 10 b , p .1 3

︶︒ 制﹅

度﹅的﹅

事﹅

実﹅

形成 の 最 も 一 般的 な 形 式﹂ は

﹁我 々

︵ あ る い は 私

︶ は

︑宣 言 に よ り

︑ 地 位 機 能 Y の 存 在 を現 実 の もの と す

る︵

w e (o r  I) m a k e  it  th e  ca se   b y  D ec la ra tio n  th a t  th e  st a tu s  fu n ct io n  Y   ex is ts

︶﹂ であ る

S ea rl e  20 10 b , p .1 3

︑ 傍 点筆 者

︶︒ 制﹅度﹅

的﹅

現﹅

実﹅形 成の 最 も 一般 的 な 論理 形 式

﹂は

﹁我 々

︵ あ る い は 私

︶ は

︑C に お い て

︑ 宣 言 に よ り Y 地 位 機能

Y   st a tu s   fu n ct io n

︶ の 存在 を 現 実 の も の と す る﹂ であ る と も述 べ ら れて い る

S ea rl e  20 10 b , p .1 01

︑ 傍 点筆 者24

︒サ ー ル は︑ 制度 的 事 実﹂ と

﹁ 制度 的 現 実﹂ を 区 別し てい な い よう で あ る25

︶ ある 対 象 を記 述 し

︑そ れ に 言 及し

︑ そ れに つ い て語 り

︑ 単 に そ れ に つ い て 考 え る

﹂こ と が

︑ 二 重 の 適 合 方 向

﹂を 持て ば

⎜ すな わ ち

﹁地 位 機 能と い う 制度 的 現 実を

︑ そ れが 存 在 す る と 表 象 す る こ と に よ り 形 成 す

﹂ れ ば

⎜ そ れ ら は

﹁ 地 位機 能 宣 言﹂ を 成 す︵

S ea rl e  20 10 b , p .1 3

︶︒ オ バ マが 大統 領 で ある た め には

︑ 人 々は

﹃ 我 々は 地 位 機能 宣 言 を用 いて

︑ C にお い て Xは Y に なる と い う公 式 に 従い

︑ 彼 に地 位 機 能 を 付 与 し た﹄ と 考 え る 必 要 は な い

⎜ そ う し た こ と を︑ 彼 ら はま さ に 行っ た の であ る が

︒通 常 彼 らは

︑ 例 えば

﹃ 彼 は 大 統 領 で あ る

﹄ と 考 え る︒ そ う し た 思 考 は

︑ 地 位 機 能宣 言 の 論理 形 式26

中 略

﹈ を持 つ

︒ それ 故

︑ そう し た 思考 は︑

﹇オ バ マ に 与 え ら れ た⎜ 筆 者 注

﹈ 地 位 機 能 を 維 持 す る

(8)

の に 十 分 であ る

S ea rl e  20 10 b , p .1 70

︶︒ 地 位 機能 宣 言

﹂に つ い ては

︑ 言 語行 為 五 種の 一 つ とし て の

﹁ 宣 言﹂ す な わ ち︑ 言 明・ 約 束・ 命 令 な どと 並 置 され る も の と し て の 宣 言︶ と

︑ 二 重 の 適 合 方 向﹂ を 持 つ 言 語 行 為

︵ 言 語行 為 五 種の 一 つ とし て の

﹁宣 言

﹂ を除 く

・思 考 一 般 と して の

﹁ 宣言

﹂ を 区別 し 得 よう

︒ 便 宜上

︑ 本 稿で は

︑ 前 者 を 第 一 タ イ プ の

﹁ 地 位 機 能 宣 言

﹂︑ 後 者 を 第 二 タ イ プ の

﹁ 地位 機 能 宣言

﹂ と 呼ぶ こ と にす る

︒ 前述 し た

﹃社 会 的 世 界 の 形 成﹄ の 中 心 的 主 張 に

︑ 地﹅

位﹅

機﹅

能﹅

宣﹅

言﹅⎜ 明﹅

示﹅

的﹅

に﹅

宣﹅

言﹅

の﹅形﹅

式﹅

を﹅

持﹅つ﹅

言﹅

語﹅

行﹅為﹅

で﹅

な﹅

い﹅も﹅

の﹅

︵ 地﹅位﹅

機﹅

能﹅

宣﹅言﹅

と﹅

同﹅

じ﹅

論﹅

理﹅

形﹅

式﹅27

を﹅

持﹅

つ﹅

表﹅

象﹅

︶を﹅

含﹅

む﹅

﹂ と あ る

︒最 初 の

﹁ 地 位 機 能 宣 言

﹂は 両 タ イ プ を 合 わ せ た も の

︑次 の﹁ 地 位 機 能 宣 言

﹂は 第 一 タイ プ の もの で あ る28

︶ 前 述 の

﹁ 構 成 的 ルー ル

﹂ は︑ 現 行 の

st a n d in g

︶ 地 位 機 能 宣 言

﹂で あ り

︑一 回 的 な﹁ 地 位 機能 宣 言

﹂と 区 別 すべ き も の で ある

︒ 例 えば ア メ リカ 大 統 領選 挙 に おい て

︑ 選挙 人 団 の 過 半数 の 票 を獲 得 し た人 物 が 次期 大 統 領に な る とい う

﹁ 構 成 的ル ー ル

﹂は

︑ 次 期大 統 領 とい う 地 位に 伴 う 機能 の 存 在 を 現実 の も のと す る

﹁現 行 の 宣 言﹂ で あ る

20 10 b , p .1 3  

S ea rl e

︶︒ サ ー ル は︑ 既 に

﹃ 社 会 的 現 実 の 構 築

﹄で

﹁ 構 成的 ル ー ル﹂ に つ いて 論 じ てい る が

︑﹃ 社 会的 世 界 の形

成﹄ で

﹁ 地位 機 能 宣言

﹂ 概 念を 導 入 する 際

︑ それ に

﹁ 構成 的ル ー ル

﹂を 包 摂 して い る

︒︶ 以 上

︑﹃ 社 会 的 世 界 の 形 成

﹄ の 中 心 的 主 張 及 び そ の 中 で 用い ら れ てい る 諸 概念 に 関 する サ ー ルの 説 明 を紹 介 し た︒

︵ 二

︶制 度 的 現実

︵ あ るい は 制 度 的事 実

︶ の形 成 と 維持 同 書 の 中 心 的 主 張 が

︑ 人﹅

間﹅

の﹅

制﹅

度﹅

的﹅

現﹅

実﹅

の﹅

全﹅

て﹅

は﹅

﹇中 略﹈ 形﹅

成﹅

さ﹅れ﹅

︑ そ﹅

の﹅存﹅

在﹅

が﹅

維﹅持﹅

さ﹅

れ﹅

る﹅﹂ と な って い る こと に注 意 し よう

︒ サ ール は

︑ 制度 的 現 実︵ あ る いは 制 度 的事 実︶ に 関 し︑ そ の 形成 と 維 持を 分 け て論 じ て いる

︒ 以 下︑ まず そ の 形成 に 関 する 議 論

S ea rl e  20 10 b , p p .9 3 10 0

︶を 概 観 し︑ 次 に そ の 維 持 に 関 す る 議 論

10 2 10 4

S ea rl e  20 10 b , p p .

︶ を 概観 し よ う︒ 前 者 に おい て は

﹁地 位 機 能宣 言

﹂ が︑ 後 者 に お い て は

﹁認 知

﹂・ 受 容

﹂ が

︑そ れ ぞ れ キー ワー ド に なっ て い る︒ サ ー ル は

﹁我 々 は

︑コ ン テ ク ス ト C に お い て

︑ 宣 言 に よ り Y 地 位 機 能の 存 在 を現 実 の もの と す る﹂ とい う

﹁ 論理 形 式

﹂が 具 現 化さ れ る パタ ー ン

︵す な わ ち︑ 制度 的 現 実形 成 の パタ ー ン

︶を 三 つ 挙げ て い る︒ そ れ らを 紹介 し よ う︒

研究ノート

(9)

① ル ー ル が関 わ ら ない 地 位 機能 形 成

⎜境 界 線 のケ ー ス 或 る 部 族が

︑ そ の集 落 の 端に 高 い 壁を 築 い たと す る

︒そ れ は

︑ そ の﹁ 物 質 的構 造

﹂ によ っ て

﹁﹇ 集落 へ の

⎜ 筆者 注

﹈ ア ク セ ス を制 限 す る﹂ と い う﹁ 機 能

﹂を 果 た す︒ し か し︑ や が て 壁 が 朽 ち 果 て

︑ 石 の 列 だ け が 残 っ た と し よ う

︒ま た

︑ 部 族 の成 員 や 外部 の 者 が︑ そ の 石の 列 に

﹁境 界 線

﹂と い う

﹁ 地 位﹂ を 与 え︑ 許 可 なく そ れ を越 え る こと が な いと し よ う

︒ その 場 合

︑単 な る 石の 列 も

︑そ の

﹁ 境界 線

﹂ とい う

﹁ 地 位

﹂の

﹁ 集 合的 な 認 知あ る い は受 容

﹂ に基 づ い て︑ 集 落 へ の ア ク セ ス を 制 限 す る と い う

﹁機 能

﹂ を 果 た す

29

p .9 4

︶︒ こ の ケ ース に お いて

︑ 前 記の

﹁我 々 は

︑コ ン テ ク ス ト C に お い て

︑ 宣 言 に よ り Y 地 位 機 能の 存 在 を現 実 の もの と す る﹂ と い う﹁ 論 理 形 式

﹂ が 具 現 化 さ れ て い る

︒ 地 位 機 能

﹂が 成 立 す る 上で

︑ 言 語行 為 五 種の 一 つ とし て の

﹁宣 言

﹂ は必 要 で な い が︑ そ の

﹁論 理 形 式﹂ を 備 えた

﹁ 何 らか の

︵ 一連 の

︶ 言 語 行 為 あ る い は 他 の 種 類 の 表 象

﹂ は 必 要 で あ る

S ea rl e  20 10 b , p p .9 6, 99

︶︒ 前 記 の

﹁論 理 形 式﹂ は

︑ この ケ ー スを 参 考 とし て

﹁我 々 は C に お い て

︑ 宣 言 に よ り

︑対 象 X

﹇ 人 あ る い

は 物

⎜筆 者 注

﹈が 地 位 機能 Y を 持つ に 至 るこ と を 現実 の も のと す る

﹂ へと 具 体 化し 得 る

︒後 者 を さら に 具 体化 す れ ば︑

﹁我 々 は Cに お い て︑ 宣 言 に より

︑ X が地 位 Y を持 ち

︑ 従 っ て機 能 F を果 た し 得る こ と を現 実 の もの と す る﹂ とな る

S ea rl e  20 10 b , p .9 9

︶︒

﹁ 境 界 線﹂ の ケ ース に お いて は

︑ 制度

﹁ 構成 的 ル ール の シ ス テ ム﹂

⎜ が 存 在 し て い な い 状 況 下 で

︑ 地 位 機 能﹂ が 形 成 さ れ て い る

︒ サ ー ル は

︑ 地 位 機 能﹂ と

﹁ 制 度 的 事 実﹂ を 同 一 視 し て

﹁ 制 度 の 外 に 存 在 す る 制 度 的 事 実 も あ る﹂ と す る か

︑ 地 位 機 能 全 て が 制 度 的 事 実 で あ る わ け で はな い

﹂ とす る か

︑二 つ の 選択 肢 が ある と 指 摘す る

︒ そし て︑ 制 度 的 事 実﹂ と

﹁ 地 位 機 能

﹂ を 同 一 視 し た 方 が

﹁有 用﹂ で あ ると 述 べ

﹇い か な る点 で

﹁ 有用

﹂ で ある か は 説明 して い な い⎜ 筆 者 注﹈

︑ 全 ての 地 位 機能 は 制 度的 事 実 であ るが

︑ 制 度的 事 実 の全 て が 構成 的 ル ール か ら 成る 既 存 の制 度の 内 部 に存 在 す るわ け で はな い

﹂ とい う 結 論を 下 し てい る︵

S ea rl e  20 10 b , p .2 3

︶︒ 以 上 に よ れ ば

︑ 制 度 的 事 実﹂ に お け る

﹁ 制 度

﹂ は

︑必 ず し も

﹁構 成 的 ルー ル の シ ス テ ム﹂ と し ての

﹁ 制 度﹂ で は ない こ と にな る

︒ しか し サ ール は︑ 制 度 的 事 実﹂ に お け る

﹁ 制 度﹂ の 意 味 を 述 べ て い な

(10)

︒︶

② ル ー ル の作 成 と いう 形 を とる 地 位 機能 形 成

⎜王 の ケ ース 前 記 の 部 族 は

︑ 石 の 列 に

﹁ 境 界 線

﹂ と い う﹁ 地 位

﹂を

︵ ル ール に 基 づ か ず に︶ 付 与 す る の と 同 様 に︑ 特 定 の 人 物 に

﹁ 王

﹂ とい う

﹁ 地位

﹂ を

︵ル ー ル に基 づ か ずに

︶ 付 与し 得 る︒ し か し

︑ そ の 部 族 が 王 位 継 承 に 関 し

︑ 死 去 し た 王 の 長 男 X が︑ 新 し い王 Y に なる

﹂ と いう ル ー ルを 作 成 した と し よ う

︒こ れ は 構成 的 ル ール で あ り︑ 従 っ て﹁ 言 葉 の世 界 に 対 す る 適 合 方 向

﹂及 び﹁ 世 界 の 言 葉 に 対 す る 適 合 方 向

﹂ の 両 者 を 併 せ 持 つ

︑ 現 行 の 地 位 機 能 宣 言﹂ で あ る︒ こ の 構 成 的 ルー ル の 下 で

︑ 将 来 に わ た り

︑ 死 去 し た 王 の 長 男

﹂ で あ る と い う 条 件 を 満 た す 者 は 新 し い 王 に な る

S ea rl e  20 10 b , p p . 96 97

︶︒ 前 記 の

﹁我 々 は

︑コ ン テ ク ス ト C に お い て

︑ 宣 言 に よ り Y 地 位 機 能の 存 在 を現 実 の もの と す る﹂ と い う

﹁ 論理 形 式

﹂は

︑ こ のケ ー ス を参 考 と して

﹁我 々 は C に お い て

︑ 宣 言 に よ り

︑条 件 p を 満 足 す る い か なる x も

︑地 位 Y を持 ち 機 能F を 果 たす こ と を現 実 の もの と す る﹂ と 具 体 化 し 得 る

︒ こ れ は

︑ 構 成 的 ルー ル

︵ X は

︑ コ ン テ

ク ス ト C に お い て︑ Y に な る

﹂︶ を﹁ 宣 言

﹂ に 即 し て 言 い 換え た も ので あ る

S ea rl e  20 10 b , p .9 9

︶︒

③抽 象 的 存在 物 が 関わ る 地 位機 能 形 成⎜ 企 業 のケ ー ス 企 業 に 関す る カ リフ ォ ル ニア 州 法 に︑ 次 の 規定 が あ る︒ 国 内・ 国 外に お け る一 人

︵ 一個

︶ ま たは 複 数 の自 然 人

︑合 名会 社

︑ 組合

︑ あ るい は 企 業は

﹇ 中 略﹈ 法 人 設立 定 款 を作 成︑ 提 出 する こ と によ り

︑ 企業 を 設 立す る こ とが で き る﹂ 企 業 は

︑法 律 あ る い は 定 款 の 明 文 に 別 段 の 規 定 が な い 限 り は︑ 定 款 の 提 出 に よ り 設 立 さ れ

︑ 存 続 す る﹂

︒ こ れ ら の 規定 は

︑ 法 人設 立 定 款を 作 成

︑ 提出 す る こと

﹂ 宣 言

︶は

﹁ 企 業の 設 立 に﹅な﹅

る﹅

﹂ と定 め る

﹁ 現行 の 宣 言﹂ 構 成 的 ルー ル︶ で あ る︵

S ea rl e  20 10 b , p p . 97 98

︶︒ サ ール の こ の議 論は

︑ 行 為を

︑ 構 成的 ル ー ル﹁ X は

︑コ ン テ クス ト C にお い て

︑ Y に な る

﹂ に お け る

﹁ X

﹂と し て 扱 って い る30

な お︑ 企 業 のケ ー ス を論 ず る 際サ ー ル は︑ 合名 会 社

︑組 合

︑ ある い は 企業

﹂ が

﹁法 人 設 立定 款 を 作成

︑ 提 出す る

﹂ とい うこ と に は︑ 説 明 を加 え て いな い

︒ この 点 は

︑本 稿

﹁ おわ りに

﹂ で 取り 上 げ る︒

︶ こ の ケ ー ス に お い て

︑ 企 業 は

﹁ 抽 象 的 存 在 物

en tit ie s

︶﹂ で あ る

S ea rl e  20 10 b , p .9 5

︶︒ 企 業 は﹁ 物 質 的 実 在 性 を 欠 い て も

︑存 在 し

︑存 在 し 続 け る こ と が で き

研究ノート

(11)

S ea rl e  20 10 b , p .2 0

︶︒ 企 業 の ケー ス に お い て は

︑前 記 の 二 つ のケ ー ス にお け る

﹁石 の 列

﹂や

﹁ 長 男﹂ に あ たる も の は 存 在 し な い︒ 既 存 の 対 象︵

o b je ct

︶ が 企 業 に な る わ け で は ない

︒ 言 わ ば何 も な いと こ ろ から

a ir  

o u t  o f  th in

︶﹂ 企 業 が 形 成 さ れ る︵

S ea rl e  20 10 b , p .9 8

﹁ 独 立 的 に 存 在 す る X は な い﹂ に も か か わ ら ず

︑ Y 地 位 機 能 を 持 つ 存 在 物﹂ が 形 成さ れ る

S ea rl e  20 10 b , p .1 00

︶︒ 但 し

︑ 企 業 は

︑ 個々 人 の

﹁パ ワ ー 関係

﹂ の 単な る

﹁ プレ ー ス ホル ダ ー

﹂ で あ る

S ea rl e  20 10 b , p .2 2

︶︒ 企 業 が 設 立 さ れ れ ば

︑ そ の 地 位 機 能 は︑ 現 実 に 存 在 す る 人 々に 帰 属 す る﹂

S ea rl e  20 10 b , p .9 8

︶︒ 以 上 の よ う に 述 べ つ つ

︑ サ ール は

︑ 企 業 を﹁ ビ ジ ネス を 行 える 存 在 物﹂ と 呼 んで い る

︒ま た

︑ 企 業 は

︑ そ の 成 員 が 入 れ 替 わ っ て も

︑ ア イ デ ン ティ テ ィ ー を 保ち 得 る と述 べ て いる

S ea rl e  20 10 b , p .9 8

︶︒ こ う し た 議 論と

︑ 企 業を

﹁ プ レー ス ホ ルダ ー

﹂ とす る 議 論の 関 係 は

︑ 明確 で な い︒ な お

︑企 業 を

﹁プ レ ー スホ ル ダ ー﹂ と す る サ ール の 議 論へ の 批 判と し て

︑倉 田 二

〇一 三

︵ 六一 六 四頁

︶ を 参照

︒︶ こ の ケ ース を 参 考と し て

﹁我 々 は

︑コ ン テ ク ス ト C に お い て

︑ 宣 言 に よ り Y 地 位 機 能の 存 在 を現 実 の もの と す る﹂

とい う

﹁ 論理 形 式

﹂は

︑ 次 の二 つ に 具体 化 し 得る

︒ 第 一は

﹁我 々31

C に お い て︑ 宣 言 に よ り

︑ 一 群 の 条 件 p を 満 足 す るい か な るx も

︑ Y地 位 機 能を 持 つ 存在 物 を 宣言 に よ り形 成 し 得る こ と を現 実 の もの と す る﹂ であ る

︒ これ に 言 う﹁ p

﹂ は︑ 前 記 のカ リ フ ォル ニ ア 州法 で は

︑ 自 然 人

︑ 企 業 等 々 で あ る こ と

﹂ で あ る︒ p

﹂に 関 す る サー ル の こ う し た 解 釈 に は

︑ 問 題 が あ る

︒ p

﹂が

﹁ 自 然 人

﹂で あ る こ と で あ る 場 合

︑ 何 が

﹁ x

﹂を 成 す の で あろ う か

︒ま た

︑ p

﹂が

﹁ 企 業

﹂で あ る こと で あ る場 合

︑ 何が

﹁ x

﹂を 成 す ので あ ろ うか

︒︶ 第 二 は

﹁我 々32

︑ コ ン テ ク ス ト C に お い て

︑ 宣 言 に よ り

︵一 つ あ るい は 複 数の

︶ 地 位機 能 F を持 つ 存 在物 Y の 存在 を 現 実の も の とす る

﹂ で あ る

S ea rl e  20 10 b , p p .9 9 10 0

︶ 後 者 は

︑ 本 稿 第 三 節

︵ 二

︶の 議 論 にと り

︑ 特に 重 要 で ある

︵ 85

︶を 参 照

︶︶

︒ 以 上 が

﹁我 々 は

︑コ ン テ ク ス ト C に お い て

︑ 宣 言 に よ り Y 地 位 機 能の 存 在 を現 実 の もの と す る﹂ とい う 一 般的 な

﹁ 形式

﹂ が 具現 化 す る三 つ の パタ ー ン であ る︒ サ ー ル によ れ ば

︑様 々 に 具現 化 す るこ の

﹁ 形式

﹂ の 核心

(12)

的 意 義 は

︑ デ ィ オ ン テ ィ ッ ク な パ ワ ー の 形 成﹂ に あ る︒ 地 位 機 能

﹂を 形 成 す る 目 的 は

︑ 現 実 の 人 々 に︑ ポ ジ テ ィ ヴ な

︑ネ ガ テ ィヴ な

︑ 条件 的 な 等々 の

︶ パワ ー を 付与 す る こ と﹂ に あ る33

︶ そ う し た 観 点 か ら

︑ そ れ に

﹁ 地 位 機 能 に 伴 う パ ワー

﹂ を 導 入 し︑ ま た

﹁ 我々

﹂ だ け で な く

﹁ 私

﹂に も 着 目す れ ば

︑次 の よ うに な る

﹁我 々

︵ あ る い は 私︶ は

︑ C に お い て 宣 言 に よ り Y 地 位 機 能の 存 在 を現 実 の もの と し

︑そ う す るこ と で Yと 特 定 の 人

︵ あ る い は 人 々

︶ S の 間 の 関 係 R

⎜ S R Y

﹇S と Y の 関 係

⎜ 筆 者 注

﹈ に 基 づ い て S は 行 為 A

︵あ る い はA の タ イプ の 行 為︶ を す るパ ワ ー を持 つ

⎜ を形 成 す る34

こ の

﹁形 式﹂ も

︑ 本 稿 第 三 節

︵ 二

︶の 議 論 に と り︑ 特 に 重要 で あ る︵ 85

︶を 参 照

︶︶

︒ す な わ ち

︑ 我 々︵ あ る い は 私

︶﹂ は

︑ 人 々を 地 位 機 能 に

﹁ 関 係 づ け る

﹂ こ と に よ り

︑ そ の 人 々 に

﹁パ ワー

﹂ を 付 与 す る

︒例 え ば

︑人 と 貨 幣 に 所 持 の 関 係 を 与 え

︑ そ の 人 に

﹁ パ ワー

﹂ を 与え る の であ る

S ea rl e  20 10 b , p p .1 01 10 2

︶︒ 以 上

︑ 制度 的 現 実︵ あ る いは 制 度 的事 実

︶ の形 成 に 関す る サ ール の︵ 地 位 機 能 宣 言

﹂を キー ワ ー ド と す る︶ 議 論 を 概 観 し た︒ 次 に

︑制 度 的 現実

︵ あ るい は 制 度的 事 実

︶の 維 持 に 関 する 議 論 に目 を 向 けよ う

︒ この 議 論 にお い て は︑

認 知﹂

・ 受 容﹂ が キ ーワ ー ド に なっ て い る︒ サ ー ル によ れ ば

︑ 制度 的 事 実

﹂﹇ これ に 不 明確 さ が ある こと は 前 述し た

⎜ 筆者 注

﹈ の維 持 は

︑そ れ が

﹁集 合 的 に認 知 あ る い は 受 容 さ れ﹂ る こ と を 必 要 と す る

20 10 b , p .1 02  

S ea rl e

︶︒ 地 位 機能 の 持 続・ 維 持

en ce  a n d   m a in te n a n ce

co n tin u ed  e x is t-

︶ を 示 す

︑集 合 的 認 知 あ る い は 受 容の 演 算 子﹂ は

﹁我 々 は

︑ S がA を 行 うパ ワ ー を持 つ こ とを

︑ 集 合的 に 認 知あ る い は受 容 す る﹂ であ る

︒ これ は

︑ より 具 体 的に は

﹁我 々 は

︑コ ン テ ク ス ト C に お い て

︑ Y 地 位 機 能 が 存 在 す る こ と を 集 合 的 に 認 知 す る︒ そ し て

︑ 人 間 主 体

h u m a n   su b je ct

︶ S が 地 位 機 能 Y と の 間 に 何 ら か の 適 切 な関 係 R を持 つ の で︑ 我 々 はさ ら に

︑S が A

︵す な わ ちY 地 位 機能 が 規 定す る 諸 行為

︶ を する パ ワ ーを 持 つ こと を 認 知す る35

で あ る︒ も と の 地 位 機 能 宣 言 の ス コ ー プ 内

﹂に は﹁ 地 位 機 能 形 成 及 び パ ワー 関 係

﹂ が 含 ま れ て い た が︑ 集 合 的 認 知の ス コ ープ 内

﹂ には

﹁ 地 位機 能 維 持及 び パ ワー 関 係

﹂が 含ま れ て いる

S ea rl e  20 10 b , p .1 03

︶︒ サ ー ル は

︑ 集 合 的 認 知 あ る い は 受 容

﹂ 及 び そ の 具 体 的

研究ノート

(13)

態 様 に つ い て︑ 以 下 の よ う に 述 べ て い る

︒ 地 位 機 能 の 形 成 は︑ 地 位 機 能 宣 言 に よ る

﹂ が

︑ 地 位 機 能 の 持 続 は

︑地 位 機 能 宣 言の よ う に作 用 す る表 象36

要す る

﹂︒ 受 容

﹂ は︑ 明 示 的 な 言 語 行 為

﹂の 形 を と る と は 限 ら ず

︑ 熱 狂 的 支 持

﹂ か ら

﹁ 嫌 々な が ら の 黙 従

﹂ま で 含 む

︒ 認 知

﹂ が

﹁言 語 行 為 の 形を と る

﹂場 合

︑ それ は

﹁ 宣言 の 形 をと っ て いな い 場 合 で さえ も

︑ 宣言 の よ うに 機 能 する

﹂︒ 婚姻

︑ 私 有財 産

︑ 貨 幣 な ど の 制 度

﹂ の﹁ 使 用﹂ は

︑ 地 位 機 能 の 語 彙﹂ を 用 い た﹁ 語 り

﹂ を 必 要 と す る が︑ 言 葉 の 世 界 に 対 す る 適 合 方 向

﹂を 持 つ そう し た

﹁語 り

﹂ は︑ 同 時 に﹁ 世 界 の言 葉 に 対 す る 適 合 方 向﹂ を 持 ち

︑ 地 位 機 能 の 存 在 を 持 続 さ せ る

﹂︒ 地 位 機 能 の 語 彙

﹂を 用 い た

﹁ 語 り

﹂は

︑ 制 度﹂ と

﹁ 制 度 内 の 制 度 的 事 実

﹂ の 両 方 を

︑ 維 持 し 補 強 す る よ う に 機 能 する

S ea rl e  20 10 b , p p .1 03 10 4

︶︒ こ の よ う に 述 べ た 上 で

︑サ ー ル は 次 の よ う に 指 摘 す る

⎜ 地 位 機 能の 形 成 とそ の 維 持を 明 確 に区 別 す るこ と は でき な い︒ 我 々 は 石 の 列 を 境 界 線 と 認 知 し 続 け て い る﹂ か ら

﹁ 今 や石 の 列 は本 当 に 境界 線 に なっ た

﹂ を︑ 我々 は ビ ルを 我 々 の リ ーダ ー と 認知 し 続 けて い る

﹂か ら

﹁ ビル は 本 当に 我 々 の リ ーダ ー に なっ た

﹂ を︑ そ れ ぞれ 明 確 に区 別 す るこ と は で き ない

S ea rl e  20 10 b , p .1 04

︶︒ 地 位 機能 の 形 成と

そ の 維 持 は 明 確 に 区 別 し 得 な い の で あ れ ば

︑ 認 知

﹂・ 受 容﹂ は

﹁ 地位 機 能 宣言

﹂ に 含ま れ る こと に な るの で あ ろう か︒ こ の 点に つ い て︑ サ ー ルは 論 じ てい な い

︒︶ 地 位 機 能の 形 成 と維 持 は 明確 に 区 別し 得 な いと い う 点を 踏ま え サ ール は

︑ 制 度的 現 実 の 形﹅成﹅

﹇ 傍 点筆 者

﹈﹂ の 意義 に つ い て 論 ず る 際︑ パ ワー 形﹅

成﹅

の 基 本 的 な 演 算 子﹇ 傍 点 筆者

﹈﹂ と し て

﹁我 々 は 認 知 す る

︵ S は パ ワ ー を 持 つ︵ S は A を 行 う

︶︶

﹂ 我々 は S が A を 行 う パ ワ ーを 持 つ こ と を 認 知 す る

⎜筆 者 注

︶ を 提 示 す る︵

S ea rl e  20 10 b , p p .

37

10 5 10 6

︶︒ こ の 箇 所 で は

︑ 宣 言

﹂で は な く﹁ 認 知

﹂ が︑ 地 位 機 能 の 形 成 と 結 び つ け ら れ て い る︒ こ の 点 は︑ 本 稿 第 三 節

︵二

︶ で 再 び 取 り 上 げる

︒︶ 以 上

︑﹃ 社 会 的 世 界 の 形 成﹄ の 内 容 を 概 観 し た

︒本 稿

﹁ は じめ に

﹂ で︑ 抽象 的 対 象 及 び 構 成 さ れた も の に 言及 し た

︒前 述 の

﹁我 々 は Cに お い て︑ 宣 言 によ り

︑ 一群 の条 件 p を満 足 す るい か な るx も

︑ Y地 位 機 能を 持 つ 存在 物 を 宣 言 に よ り 形 成 し 得 る こ と を 現 実 の も の と す る﹂ 企 業の ケ ー ス︶ 及 び

﹁我 々 は

︑コ ン テ クス ト C にお い て

︑宣 言に よ り

︵一 つ あ るい は 複 数の

︶ 地 位機 能 F を持 つ 存 在物

(14)

Y の 存 在 を 現 実 の も の と す る

﹂ 企 業 の ケ ー ス︶ と い う

﹁ 形 式

﹂は

︑ 前 者 の 様 々な 例 を 統 一 的 に 把 握 す る こ と を 可 能 に す る よ う に 見 え る

︒ま た

︑ 我々 は C に お い て︑ 宣 言 に よ り

︑ Xが 地 位 Yを 持 ち

︑従 っ て 機能 F を 果た し 得 るこ と を 現 実 の も の と す る

﹂ 境 界 線 の ケ ー ス︶ や

﹁ 我々 は C に お い て

︑宣 言 に より

︑ 条 件p を 満 足す る い かな る x も︑ 地 位 Y を 持 ち 機 能 F を 果 た す こ と を 現 実 の も の と す る﹂ 王 の ケ ー ス

︶と い う

﹁ 形 式

﹂は

︑ 後 者 の 様々 な 例 を 統 一 的 に 把 握 す る こ と を 可 能 に す る よ う に 見 え る

︒ 抽 象 的 対 象 及 び 構 成 さ れた も の を 考 察 する と い う観 点 か ら︑

﹃ 社 会 的 世 界 の 形 成

﹄ の 議 論 は 注 目 す べ き も の で あ る

︒し か し

︑ 同 書の

﹁ 地 位機 能 宣 言﹂ 概 念 には 問 題 があ る

︒ 次節 で 同 書 に 加え ら れ てき た 諸 批判 を 検 討し た 後

︑第 三 節 で同 概 念 を 検 討し よ う

︒ 二

﹃社 会 的 世 界 の 形 成

﹄に 対 す る 諸 批 判

﹃ 社 会 的 世 界 の 形 成

﹄に は

︑ 様 々な 批 判 が 加 え ら れ て き た

︒ そ れ ら の う ち

︑ 本 稿 の 論 旨 に 関 わ る も の

︑ す な わ ち

﹁ 宣 言﹂

︑ 認 知﹂

・ 受 容﹂

︑ 及び

︵ 宣 言

﹂︑ 認 知

﹂・ 受 容

﹂ に お け る︶ 二 重 の 適 合 方 向﹂ そ れ ぞ れ に 関 わ る も の を 取

り上 げ よ う38

︵ 一

︶ 宣 言﹂ に 関 わる 批 判 ま ず

︑ 宣 言﹂ に 関 わる 批 判 を 検討 す る

﹃ 社会 的 世 界の 形 成

﹄の 中 で

︑ 宣 言﹂ が 制 度的 事 実 の形 成と い う 役割 を 果 たし て い るこ と は 論証 さ れ てい な い とす るも の と して

B a tg e, G o ck e, a n d  Z eu ch   20 10

zi d is  2 01 0

T so h a t-

P ri en , S k u d la re k , a n d   S to lt e  20 10

︑ 及び

H in d ri k s  20 13 b

が あ る︒ こ れ ら は

︑ 同 書 に お け る

﹁ 宣 言

﹂ を 言 語 行 為 五 種 の 一 つ と し て の

﹁宣 言

﹂ と と ら え

︑ 従っ て︑ 第 一 タイ プ の

﹁地 位 機 能宣 言

﹂ に着 目 し てい る

︵ 第一 タイ プ の

﹁地 位 機 能宣 言

﹂ につ い て は︑ 本 稿 前節

︵ 一

︶を 参照

︶︒

B a tg e, G o ck e, a n d  Z eu ch   20 10

に よれ ば

︑ 言語 行 為 が成 立す る に は︑ 一 定 の形 式 を 備え た 発 話が 為 さ れる だ け では 足り ず

︑ 言 語外 的 要 素﹂ も 必 要 であ る

︒ 例え ば

︑ 約 束﹂ が成 立 す るに は

︑ 話し 手 と 聞き 手 の 間に

﹁ 相 互的 信 頼

﹂及 び﹁ 相 互 に 利 益 が あ る と い う 信 念︵

39

b el ie f

︶﹂

⎜ す な わ ち

﹁ 言 語外 的 要 素﹂

⎜ が 必要 で あ る

︒﹃ 社会 的 世 界の 形 成

﹄が 着 目 す る﹁ 地 位 機 能 宣 言

﹂ と い う 言 語 行 為 も︑ 言 語 外 的 要素

﹂ な しに は 成 立せ ず

︑ そう し た 宣言 が 制 度的 事 実 を形

研究ノート

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP