考 古 学 の 教 科 書

12  Download (0)

Full text

(1)

考 古 学 の 教 科 書

一 奈 良 大 学 文 化 財 学 科 に お け る考 古 学 の講 義 か ら一

酉2 井 龍

は じ め に

わが 国 で は考古 学 一 般 を解 説 した本 格 的 な教 科書 は な い。 こ こで は、 基 礎 的 な理 論 ・学 史 ・ 研 究 者 ・概 念 ・分 析 法 ・用 語 等 を解 説 した代 表 的 な英 文 の教 科 書3冊 と、 そ の解 読 に参 考 と な る辞 書2冊 、 学 史 書1冊 、 文 献 集1冊 、 問 題 集1冊 を簡 略 な解 説 をっ け紹 介 す る。

講義内容の事例

教 科 書 等 を紹 介 す る に先 だ ち、 どの よ う な考 古 学 の 授 業 が 初 心 者 用 に され て い るの か 、 ア メ リカ の大 学 で の1例 を紹 介 す る(第1表)。 学 校 は南 西 部 に お け る考 古 学 研 究 の 拠 点 ア リ ゾナ大 学 、 教 員 は伝 統 的 な考 古 学 か ら新 しい考 古 学 へ の 橋 わ た し役 を され た ア メ リカ南 西 部 考 古 学 の大 御 所 レイ モ ン ド ・ トム プ ソ ン教 授(ア リゾ ナ 州 立 博 物 館 館 長)、 時 は新 しい考 古 学 全 盛 期 の1980年 代 始 め、 対 象 は初 心 者 、 講義 名 は 「 考 古 学 の 原 理 」 、 一・ 応 の教 科 書 は3冊 、 授 業 は早 朝8時 か ら、 月 水 金 の 週3回 、 年 間 の 合 計45講 義 、 試 験 は4回 で あ った。 前 も って 年 間 の休 講 予 定 が 示 され て い るの は教 員 の 律 儀 な 性 格 を 現 わ して い る。

教 科 書

1960〜70年 代 は 伝 統 的 な 考 古 学 か ら新 しい 考 古 学(ニ ュ ー ア ー ケ オ ロ ジ ー)へ の 大 き な 転 換 が 始 ま っ た 時 代 で あ っ た 。 そ れ ゆ え 伝 統 的 な 認 識 に よ る60年 代 の 教 科 書 と 、 新 た な 理 論 的 進 展 を 含 み っ っ 作 成 さ れ た70年 代 以 降 の 教 科 書 と で は 、 そ の 構 成 や 内 容 は 大 き く異 な る。 例 え ば 、60年 代 に 著 名 な ホ ー ル ・バ イ ザ ー 両 氏 に よ る教 科 書 は 、 私 の 手 元 に あ る だ け で も そ の 後10年 間 に3種 の 改 訂 版(特 に2版 と3版 で は 大 幅 な 改 編)が あ り 、 こ の 時 代 に お け る新 し

い 考 古 学 へ の 対 応 の 足 跡(=教 科 書 の 編 年)を 具 体 的 に み る こ と が で き る。

FrankHoleandRobertF.Heizer,1966,AnIntroductiontoPrehistoric Archaeology,Holt,RinehartandWinston.

(2)

Anthropology235,PrinciplesofArchaeologyInstructor:RaymondH.Thompson,Museum30 1981‑82,1,MWF8:00A.M.,Anth216Grad.Assist:EdStaski,Anth313

Telephone:626‑2796

0fficeHours:MTW9‑10二 〇〇A.M.;orby

appoiment Books:TheTestimonyoftheSpade,GeoffreyBibby;Mentor,1974.

TheFirstAmerican,C.W.Ceram;Mentor,1972.

Archaeo!ogy,DavidHurstThomas;1‑lolt,Rinehard,Winston,1979.

Readallmaterialsbeforelectureondayassigned.

45classmeeting:411ectures,3hourexams(40pointseach),finalexam(80points), totalpoints,200.Allexamsareessaytype.BlueBooksarerequired.

ReadingAssignment

ClassDate LectureTopic Bibby Ceram Thomas

110004UρU

7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

4Uρ07‑8QU3000030000 019乙QU4‑∪444444

Aug.24 26 28 31 Sep.2

4 7 9 11 14 16 18 21 23 25 28 30 Oct.

Nov.

Dec.

2 5 7 9 12 14 16 19 21 23 26 28 30 2 4 6 9 11 13 16 18 20 23 25 27 30 2 4 7 9 18

Introduction

HistoricalPrerequisites AntiquarianBeginnings AntiquityofManCh.2,3,4,5,6 ThreeAgesSystemCh.1,7 NewWorld

NOCLASS

OpeningoftheWestCh.8,9,13 HOUREXAM1(40points) DiscoveryofMesoamerica PopularizationofArchaeology ArchaeologyandLiterature InstitutionalDevelopment EarlySouthwest

RecentDevelopmentsCh.19,25 Ro!eofGovernment

ArchaeologyandLaw PublicArchaeology

CulturalResourceManagement HOUREXAM2(40points) ArchaeologyandAnthropology ConceptofCulture

NatureofEvidence SpatialRelations Associations ConceptofTime Stratigraphy DatingCh.12 ScientificMethod InferenceandAnalogy SubjectiveElement OrganizingtheEvidence HOUREXAM3(40points) Serration

NOCLASS Sampling

SettlementPatterns SitePatterns Subsistence

economicOrganization, SocialOrganization NOCLASS

Speculation Limitations Potentialities

ArchaeologyandCitizenship REVIEWSESSION

FINAL

Ch.1,12,15,20,,, Prelude,14,16

Ch.1

Ch.23,24 Ch.21Ch.17 Ch.3,4,5,11,13 Ch.10,12Ch.12

Ch.4

Ch.6 Prologue,Ch.1

Ch.7 Ch.8,9,20

EXAM(80points)8:00‑10二 〇〇A.M.

Ch.5 Ch.6 Ch.2

Ch.7 Ch.7 Ch.9 Ch.9 Ch.10 Ch.8 Ch.10 Ch.11 Ch.13

(3)

1969, 1973, 1977,

AnIntroductiontoPrehistoricArchaeology,secondedition.

AnIntroductiontoPrehistoricArchaeology,thirdedition.

PrehistoricArchaeology,Abriefintroduction.

さ て、 こ こに紹 介 す る の は1970年 代 の新 しい考 古 学 の諸 成 果 を十 分 に含 み こん だ 次 の3冊 の教 科 書 で あ る。

DavidHurstThomas,1979,Archaeology,1‑510pp..Holt,RinehartandWinston.

Partone

Parttwo

Partthree

Partfour

prologue

Anthropology,Science,Archaeology lWhatAreArchaeologists?

2WhatIsScience?

3WhatIsAnthroplogy?

4WhatIsContemporaryArchaeology?

Archaeology'sInitialObject:

ConstructCulturalChronologies 5Stratigraphy

6EstablishingChrolonogicsalControls 7SortingCulturalThingsinTime Archaeology'sIntermediateObjective

ReconstructExtinctLifeways 8HowPeopleGetTheirGroceries

ReconstructingSubsistencePractices gWhyPeopleLiveWhereTheyLive:

ReconstructingSettlementPatterns 10HowPeopleRalatetoOneAnother

ReconstructingSocialOrganaization llHowPeopleRelatetoTheirCosmos:

ReligionandIdeology ProcessualStudiesinArchaeology

12ProcessesThatCreattheArchaeologicalRecord

13GeneralTheoryinArchaeology

(4)

Glossary Bibliography Index

著 者 、 トー マ ス は1971年 に カ リ フ ォ ル ニ ア 大 学 デ ー ビ ス で 学 位 を と り、 計 量 的 な 考 古 学 理 論 を 専 門 と す る。 こ の 教 科 書 で は 、 考 古 学 は 科 学 的 ・人 類 学 的 立 場 か ら と ら え られ る 。 本 書 は 、 先 の ア リ ゾ ナ 大 学 で の レ イ モ ン ド ・ ト ン プ ソ ン教 授 に よ る 初 心 者 用 の 授 業 に も用 い られ て い た 。

先 ず プ ロ ロ ー グ で は 、 著 者 、 自 ら の ネ ヴ ァ ダ州 ゲ イ ト ク リ フ遺 跡 の 調 査 を 紹 介 し っ っ 、 考 古 学 で は 物 的 資 料 と そ れ が も っ 情 況(context)が す べ て で あ る こ と の 理 解 を 求 あ る。

1章 で は 、 ア メ リカ 考 古 学 の 歴 史 を 、 ジ ェ フ ァ ー ソ ン ・ム ー ア ・ネ ル ソ ン ・キ ダ ー ・ フ ォ ー ド ・タ イ ラ ー 、 そ して ビ ン フ ォ ー ドの 流 れ で 理 解 し、 今 日(1960〜1975)を 構 成 す る 「新 し い 考 古 学 」 もや が て は 過 去 の も の と な る と み と お す 。2章 で は、 科 学 的 サ イ ク ル と よ ば れ る 仮 説 構 成 一 橋 渡 し の 論 議 一 検 証 と い う 一 連 の 手 続 き に よ り、 地 域 的 ・時 間 的 限 定 を は ず し た 文 化 過 程 の 一 般 法 則 を 説 明 し よ う と す る 科 学 的 な 考 古 学 が 解 説 さ れ る。 具 体 的 な 模 範 演 技 と し て 、 農 耕 起 源 の 解 明 に と り組 む マ ク ネ ッ シ ュ の メ キ シ コ ・テ ワ カ ン 渓 谷 で の 研 究 活 動 や 、 あ の シ ュ リー マ ン の トロ イ で の 活 動 の 詳 細 が あ げ ら れ る。3章 で は 、 人 類 学 の 一 分 野 で あ る 考 古 学 は 、 文 化 研 究 を 担 当 す る 文 化 人 類 学 と 深 く関 係 し、 シ ン ボ ル や 認 知 等 に か か る 観 念 的 な 立 場 と、 環 境 に 対 応 す る 技 術 と い う物 質 的 な 立 場 の 両 方 か ら影 響 さ れ る と い う 。 同 時 に 、 現 在 わ れ わ れ が 観 察 し う る 考 占 学 的 状 況 と 過 去 の 人 間 の 行 動 と の ギ ャ ッ プ を 埋 め る に は 、

「人 類 学 的 な 入 力 」 の 必 要 性 が 明 示 さ れ る 。 第1は 文 化 編 年 の 構 成 、 第2は 過 去 の 生 活 様 式 の 再 構 成 、 そ し て 第3は 人 間 行 動 の 基 礎 を な す 文 化 過 程 の 一 般 法 則 の 説 明 に あ る と す る 。

第1の 文 化 編 年 を 構 成 す る具 体 的 な 手 段 に 、5章 で 層 序 累 重 の 法 則 に よ る 層 位 学 と 標 準 遺 物 の 概 念 、6章 で 年 輪 年 代 や 放 射 性 炭 素 に よ る 各 種 の 絶 対 年 代 決 定 法 、7章 で 遺 物 の 型 式 分 類 と 編 年 と り わ け セ リエ ー シ ョ ン(seriation)に よ る 相 対 年 代 決 定 法 が 解 説 さ れ る 。

第2の 過 去 の 生 活 方 法 の 再 構 成 に は 、8章 で 有 名 な オ ル セ ン ・チ ュ バ ッ ク 遺 跡 を あ げ て 動 物 考 古 学 、 イ ギ リ ス ・ス タ ー カ ー 遺 跡 他 を あ げ て 花 粉 分 析 が 、 生 業 活 動 を 追 及 す べ く方 法 と して 解 説 さ れ る 。9章 で は 、 い わ ゆ る セ トル メ ン トア ー ケ オ ロ ジ ー が と り あ げ ら れ る 。 こ の 分 野 の 先 駆 者 と して 有 名 な ウ イ リー に よ る ペ ル ー ・ヴ ィ ル 渓 谷 で の セ トル メ ン トパ タ ー ン調 査 が 紹 介 さ れ 、 以 降 の 代 表 的 な 研 究 例 も羅 列 さ れ る 。 以 下 、 広 域 研 究 の 事 例 に トー マ ス 自 ら

の リ ー ス 川 渓 谷 で の 統 計 学 的 な 調 査 、 中 心 地 理 論 に か か る マ ヤ で の 立 地 分 析 、 フ ラ ナ リー に よ る メ キ シ コ ・オ ア バ カ 渓 谷 で の 遺 跡 の 領 域 分 析 の 実 践 例 等 が 紹 介 さ れ る 。10章 で は 社 会 構 成 を 把 握 す べ く、 組 み 合 わ せ 道 具 ・基 本 生 活 維 持 施 設 ・社 会 階 層 等 の 解 説 、11章 で は 儀 礼 ・ 宗 教 ・暦 や 思 想 等 に つ い て の 研 究 例 が 提 示 さ れ る。

(5)

第3の 文化 過 程 の一 般 法 則 を 目指 す12章 で は、 今 日の ア メ リカ考 古 学 の要 点 で あ る中 範 囲 理 論、 遺 跡 の形 成 過 程 、 現 存 社 会 の考 古 学 的調 査 、 実 験 考 古学 、 ラス ジェ に よ る現 在 都 市 の ゴ ミ調 査 とい う先 進 的 な諸 項 目 が と りあ げ られ る。

最 後 の13章 で は、 考 古学 の究極 の 目的 で あ る文 化過 程 、 具体 的 には農 耕 の起 源 や 古 代 国 家 の 形 成過 程 の解明 とい うよ うな一般 理 論 の説 明 をめ ざ し進 む こ とを 再確 認 して締 め くく りとす る。

な お 巻 末 に は300語 の 用 語 解 説 と567冊 の 参 考 文 献 が 掲 載 され て い る。

RobertJ.SharerandWendyAshmore,1979,FundamentalsofArchaeology,1‑614pp..

TheBenjamin/CummingPublishingCompany,Inc.

PartI

PartII

Part皿

PartIV

PartV

Introduction lintroduction

2TheGrowthofArchaeology 3TheNatureofArchaeologicalData 4ArchaeologicalResearch DataAcquisition

5ArchaeologicalReconnaissance 6SurfaceSurvey

7Excavation

DataProcessingandAnalysis

8DataProcessingandClassification gAnalysisofArchaeologocalData 10TemporalFrameworksandChronology llSpatialFrameworksandAncientBehavior SythesisandInterpretation

12AnalogyandArchaeologicalInterpretation 13TheCulturalHistoricalApproach 14TheCulturalProcessualApproach ThePastinthePresentandtheFuture

15ChallengestoArchaeology Grossary

SuggestionsforFurtherReading Bibliography

(6)

Index

著 者 、 シ ャー ラー は1968年 に ペ ン シル バ ニ ア大 学 で学 位 を と り、 中 央 ア メ リカ の考 古 学 を 専 攻 、 ア シ ュモ ア ー(she)は カ リフ ォル ニ ア大 学 ロ ス ア ンゼ ル ス卒 業 後 、 執 筆 時 は1967年

の ペ ンシル バ ニ ア大学 で学 位 取 得 中、 中 央 ア メ リカ の考 古 学 を専 攻 して い る。

『考 古学 の基 礎』 と題 す る この テキ ス トは、 考古 学 一 般 を、 文 化 史 研 究 と して の伝 統 的 な 考 古 学 と文 化 過 程 研 究 と して の 新 しい考 古学 と い う両 側 面 か ら解 説 され る。 両 時 代 を演 出 し て き た ア メ リカ考 古 学 の 大 御 所 ウ イ リー に よ る序 文 は、 この 本 が 、 考 古 学 が た ど って きた 道 程 や現 在 の位 置 そ して 将 来 にむ けて の 優 れ た 要 約 で あ る と推 奨 す る。

先 ず1章 で は考 古 学 の全 体 像 が 概 略 され 、 そ の中 で 考 古 学 は物 的 資 料 を とお して 過 去 の 社 会 や文 化 を研 究 す る、 す な わ ち過 去 の 出来 事 を順 序 づ け記 述 し出来 事 の意 味 を説 明 す る学 問 と定 義 さ れ る。 そ こに は や や歴 史 的 な観 点 が含 ま れ、 歴 史 学 の一 分 野 と して の 日本 考 古 学 に は い くぶ ん理 解 しや す い定 義 とな って い る。 ま た考 古 学 の 目標 と して、 資 料 の形 態 につ い て の記 述 や分 類 、 形 態 や相 互 関係 の分 析 か らの機 能 分 析 、 そ れ らの時 代 的変 遷 と して の文 化 過 程 の理 解 とい う段 階 的 な3点 が あ る とみ る。

2章 で は、 遺 物 収 集 に 始 ま る アマ チ ュア考 古 学 か ら現 在 の科 学 的 な考 古 学=過 程 学 派 の考 古 学 にい た る経 過 が 、 単 系 進 化 論 ・機 能 主義 ・歴 史 主義 ・文化 生 態学 ・複 系進 化 論 等 の人 類 学 や 考 古 学 で の 多 様 な 学 派 や 学 説 と と も に解 説 され る。3章 で は、 考古 学 の観 察 対 象 で あ る 人 工 遺 物(artifacts)・ 自 然 遺 物(ecofacts)・ 遺 構(features)・ 遺 跡(sites)・ 地 域 (regions)の 特 質 と と も に、 シ フ ァー に よ る行 動 考 古 学 的 な 観 点 か ら遺 跡 の形 成 過 程 、 あ る い は考 古 学 資 料 を得 る た め の サ ンプ リ ング法 が 詳 細 に解 説 され る。 発 掘 にか か わ る4章 で は、 調 査 の計 画 や 調 査 体 制 の立 て方 か ら報 告 書 の刊 行 まで 一 連 の作 業 内 容 が 、 自 らの ガ テ マ ラで の キ リグ ア プ ロ ジェ ク トを例 に解 説 さ れ る。 更 に5章 で は予 備 調 査 、6章 で は遺 跡 の表 面 観 察 、7章 で は発 掘 、8章 で は遺 物 整 理 の作 業 手 順 と分 類 、9章 で は石 器 や土 器 の人 工 遺 物 とあ るい は 自然 遺 物 他 の各 種 資料 の分 析 とい う考 古 学 で の基 礎 的 な作 業 が そ れ ぞ れ詳 し く 述 べ られ る。10章 で は、 セ リエ ー シ ョ ンを 中心 と した遺 物 の相 対 的編 年 と、 年 輪 年 代 決 定 法

や放 射 線炭 素 に よ る年 代 決 定法 等 、各 種 の絶 対 年 代 決 定 法 が 学 史 や 原 理 を 含 め て 解 説 され る。

11章 で は、社 会 体 系 の再 構 成 をす べ く、 技 術 ・環 境 ・生業 ・セ トル メ ン ト考 古 学 ・交 換 体 系 ・ 象 徴 や 思 想 等 にっ い て 論 議 され る。12章 で は、 資 料 か らの どの よ うに過 去 の人 間行 動 を類 推 す るのか 、 デ ィー ッの土 器 研究 や ビ ンフ ォー ドの 「 皮 いぶ し穴 」 事 例 を ひ き なが ら解 説 す る。

ま た類 推 の 方 法 と して 、 文 献 資 料 に よ る直 接 的 な 歴 史 的 方 法 ・現 存 社 会 の 考 古学 調 査 ・実験

考 古 学 と い う3点 が あ る。13章 で は、 ア メ リカ考 古 学 の 舞 台 で あ った 南 西 部 を と りあ げ 、 そ

の主 役 た る キ ダ ー の活 動 を紹 介 しっ っ 伝 統 的 な文 化 史 的 方 法 を 解 説 す る。 また 世 界 各 地 の 文

化 段 階 も紹 介 され る。 文 化 段 階 の変 化 の原 因 と して 、 文 化 内 部 か らの 発 展 に よ る もの 、 外 部

(7)

の 文 化 か ら影 響 さ れ る もの、 そ して 自然 環 境 の影 響 に よ る もの 、 とい う3モ デ ル が解 説 さ れ る。14章 で は、今 日の 考古 学 の 到達 点 で あ る過 程 学派 考 古 学 へ の道 程 を 、 チ ャイ ル ド、 ス チ ュ ワー ド、 ホ ワ イ ト、 タイ ラー、 ビ ンフ ォ ー ドを あ げ て解 説 し、 過 程 派 考 古学 を構 成 す る仮 説 演 繹 法 ・シ ス テ ム モ デ ル ・文 化 生 態 学 ・複 系 進 化 モ デ ル ・文 化 変 化 の原 因 等 を解 説 す る。 な お、 著者 は考 古学 者 は両 方 の背 景 とす べ きと理 解 す るが 、 つ い て は科 学 の革 命 につ いて の トー マ ス ク ー ンを あ げて 新 旧 両 パ ラ ダ イ ムの 関 係 を 論 議 す る。 最 後 に15章 で 、現在 の考古学の 進 展 を 阻 害 す る2つ の 問 題 を と りあ げ 、 本 書 の 締 め く くり とす る。 一 は盗 掘 や 資 料 を 学 問 的 で な いや りか た で 再 構成 に 用 い る擬 考古 学 と称 す べ き もの 、 二 は よ り深 刻 で 基 本 的 な 問題 で 開 発 に伴 う遺 跡 破 壊 や 開発 行 為 者 との契 約 発掘 等 で あ る。

巻 末 に は基 本 用 語304の 解 説 と667冊 の参 考 文 献 が 掲 載 さ れ る。

WilliamL.RathjeandMichaelB.Schiffer,1980,Archaeology,1‑434pp..

HarcourtBraceJovanovich,Inc.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Introduction

TraditionalandAppliedArchaeology BasicConceptsofHumanBehavior ArtifactsandBehavior CulturalFormationProcesses EnvironmentalFormationProcesses Recovery

Analysis Inference Explanation TheCourseofCulture ArchaeologyandSociety Glossary

Bibliography Index

著 者 、 ラ ス ジ ェ は1971年 に ハ ー バ ー ド大 学 で 学 位 を と り 、 中 央 ア メ リカ の 考 古 学 と現 在 物 質 文 化(modernmaterialculture)と して の 都 市 ゴ ミを15年 間 に わ た り に 研 究 中 。 シ フ ァ ー は1973年 に ア リ ゾ ナ 大 学 で 学 位 を と り 、 行 動 考 古 学(behavioralarchaeology)の 先 駆 者 と して 活 躍 中 で あ る 。

(8)

本 書 は 典 型 的 な 新 し い 考 古 学 者 に よ る 著 作 で あ る。 各 所 に な ぜ か マ ク ドナ ル ドの レ ス ト ラ ンや ドジ ャ ー ズ の 野 球 場 、 あ る い は カ ン ビ ー ル の ふ た 等 が で て き て 読 者 を 驚 か す 。

1章 で は 、 考 古 学 は 人 類 学 の 一 分 野 で 、 あ ら ゆ る 時 代 や 場 所 に お け る モ ノ(materials) と人 間 の 行 動(behavior)と の 関 係 を 研 究 す る 学 問 と 定 義 さ れ る 。 原 始 時 代 に 焦 点 を あ わ す 一 般 的 な 考 古 学 に 対 し、 現 在 ま で の あ ら ゆ る 時 間 を 対 象 と す べ き だ と い う著 者 の 主 張 を 明 確 に す る た め 、 マ ク ドナ ル ドの レ ス ト ラ ン と イ ン デ ア ン の 住 居 跡 等 の 時 代 的 変 化 を 例 示 し、 研 究 対 象 と し て 時 代 の 新 旧 は 問 わ な い こ と の 理 解 を 読 者 に 求 め る。2章 で は 、 伝 統 的 な 研 究 例 と して 農 耕 の 起 源=過 去 を 解 明 し よ う と す る マ ク ネ ッ シ ュ の 活 動 等 を 、 ま た 生 き て い る 世 の 中=現 在 を 研 究 す る 考 古 学 の 応 用 例 と し て イ エ ー レ ン に よ る 現 存 ブ ッ シ ュ マ ン の キ ャ ン プ や 自 ら の 現 在 の 都 市 ッ ー ソ ン で の ゴ ミ研 究(GarbageProject)等 を ひ き あ い に だ す 。 文 化 人 類 学 と 比 べ 、 遠 き 過 去 か ら現 在 ま で の 長 き 時 代 を 対 象 に で き る 考 古 学 の 特 質 は 、 人 間 行 動 の 長 期 的 な 変 化 を 説 明 す る こ と に あ る と み る 。 手 続 き に は 科 学 的 方 法 が 不 可 欠 な の で 、 こ こ で そ の 作 業 手 順 が 示 さ れ る 。3章 で は 、 居 住 ・部 族 ・社 会 ・首 長 ・国 家 ・そ の 他 を 解 説 す る と と も に 、 研 究 対 象 が 人 間 の 行 動 や 集 団 や あ る い は 社 会 に あ る こ と 、 ま た そ れ らす べ て は 時 間 的 に 変 化 す る こ と の 理 解 を 求 め る 。 そ し て 部 族 社 会 か ら工 業 国 家 ま で の 社 会 モ デ ル の 諸 段 階 が 示 さ れ る。4章 で は 、 行 動 考 古 学 の 立 場 か ら、 物 的 資 料 で あ る考 古 学 的 遺 物 と人 間 の 行 動 と の 関 係 が 論 議 さ れ る。 そ も そ も各 遺 物 は 、 形 態 ・位 置 ・頻 度 ・組 成 に か か る固 有 の4っ

の 特 性 を も っ と 同 時 に 、 技 術 機 能 ・社 会 機 能 ・観 念 機 能 を 具 体 化 す る も の と 見 る。 ま た 各 遺 物 は 、 素 材 獲 得 一 製 作 一 使 用 一(修 理)一 廃 棄 と い う過 程 を 経 る。 そ して 南 西 部 イ ン デ ィ ア ンの 土 器 を 例 に 、 個 人 や 家 族 ・作 業 集 団 ・共 同 体 ・地 域 シ ス テ ム 等 の 諸 レベ ル で の 形 態 的 変 異 性 に っ い て 諸 認 識 を 、 生 産 物 や そ の 形 態 の 移 動 伝 播 に つ い て 人 間 の 移 動 ・交 易 ・大 量 生 産 の 影 響 を 解 説 す る 。 形 態 の 時 代 的 変 化 に つ い て は ホ ホ カ ム イ ン デ ィ ア ンの 土 器 や デ ー ッ に よ る 有 名 な ニ ュ ー イ ン グ ラ ン ドの 墓 石 を 例 に 、 セ リエ ー シ ョ ン と と も に 解 説 さ れ る。5章 で は 、

シ フ ァ ー が 最 も得 意 と す る 遺 跡 の 形 成 過 程(siteformationprocesses)の う ち 、 文 化 的 な 形 成 過 程(culturalformationprocesses)が 論 議 さ れ る 。 つ い て は ド ジ ャ ー ズ の 球 場 を 例 に 、 球 場 が ど の よ う に 人 間 の 手 に よ り遺 跡 に な っ て い く か を 観 察 し な が ら、 現 実 の 社 会 で あ

る体 系 的 状 況(systemiccontext)や 遺 跡 と し て の 考 古 学 的 状 況(archaeologicalcontext) あ る い は 文 化 的 な 形 成 過 程 を 構 成 す る 再 使 用(reuse)・ 廃 棄(declamation)・ 廃 物 利 用

(reclamation)・ 潰 乱(disturbance)と い う4っ の 基 本 的 概 念 が 解 説 さ れ る 。 更 に 各 項 目 で は 基 本 用 語 や 概 念 が 解 説 さ れ る。 対 す る6章 は、 遺 跡 の 形 成 過 程 の う ち 自 然 の 作 用 に よ る 形 成 過 程(environmentalformationprocesses)が 基 本 概 念 と 共 に 詳 細 に 解 説 さ れ る 。 こ こ で は 、 影 響 の 原 因 と な る 化 学 的 ・生 物 学 的 ・物 理 的 な 自 然 力 、 自 然 力 の 作 用 す る 時 間 、 埋 没 の 原 因 、 原 因 の 発 生 す る 空 間 規 模 と い う4要 因 が 遺 跡 の 形 成 過 程 に 作 用 す る こ と に な る。

(9)

こ こ まで は遺 跡 に対 す る基 本 的 な 認 識 が 解 説 され た の に対 し、 以 降 は実 際 の 調 査 研 究 法 が 解 説 され る。7章 で は主 に情 報 収 集 の技 術 に つ い て 具 体 的 に は作 業 手 順 が 示 され 、 資 料 の サ ンフ.リング、 ジ ェ ネ ラル サ ー ヴ ェイ、 発掘 調 査、 記録 化 、 発 掘道 具 、 そ の 他 の 項 目が 解 説 さ れ る。8章 で は、 収 集 され た情 報 を い か に分 析 す るか 、 カ ン ビ ール や テ レビや ビンや 石 器 土 器 を あ げて 人 為 物 につ いて の 分類 や編 年 作 業 、 や ぎの 角 や 人 間 の 歯 と い った 自然遺 物 を あ げ て の 観 察 点 、 イ ンデ ィ ア ンの遺 跡 を あ げ て の建 造 物 の様 相 等 が解 説 され る。 分 析 を踏 まえ て の9章 で は、 前 提 と して の型 式 学 や セ リエ ー シ ョン と年 輪 年 代 決 定 法 とい う相 対 ・絶 対 年 代 決 定 法 を 解 説 し、 作 業 空 間、 セ トル メ ン トシ ステ ム、 人 口、 生 業 、 交 易、 富 、 社 会 、 資 源、

社 会 の 相 互 作 用 等 の項 目を と りあ げ、 い か に考 古 学 的 資料 か ら各 レベ ル で の 人 間 の行 動 を推 論 して い くかが 解 説 さ れ る。 説 明 に かか る10章 で は人 間 行 動 の変 化 の一 般 過 程 を説 明 す べ く、

スチ ュ ワ ー ドや ホ ワイ トを あ げ て文 化 進 化 論 を解 説 し、 理 論 的前 提 を理 解 す る。 変 化 の 原 因 と して 人 口、 農 耕 、富 、 交 易、 環 境 を解 説 し、 文 化 内部 説 、 文 化 外部 説 等 の各 立 場 が紹 介 さ れ る。11章 で は文 化 変 遷 の基 本 的 な流 れ が ざ っ と紹 介 され る。 結 論 とな る12章 で は、 考 古 学

と現 在社 会 との 関係 が論 議 され、 文 化 資源 と して の遺 跡 の意 義 や行 政 の対 応 等 に対 す る見解 が述 べ られ る。 最 後 に、 過 去 の社 会 もそ うで あ った よ うに、 複 合 的 な現 代 社 会 も出現 一 崩 壊

とい う基 本 的 な過 程 を た ど る こ とを予 測 して、 本 書 の締 め く く り と され る。

巻 末 に は237の 基 本 用 語 が 解 説 され て い る。 と りわ け遺 跡 の形 成 過 程 に か か わ る著 者 独 自 の 用語 が網 羅 され て お り有 効 。 参 考 文 献739冊 は各 章 別 に 分 け て 掲 載 さ れ て い る。 ま た各 章 毎 に、 ツ タ ンカ ー メ ン発 見 者 の カ ー ター、 エ ス ノア ー ケ オ ロ ジー の パ テ ィー、 文 化 進 化 論 の ホ ワイ ト、 『 考 古 学 へ の招 待 」 の デ ィー ツ、 ペ コス プ エ ブ ロの キ ダー、 オ ル ドバ イ の リー キ ー 近 代 考 古 学 の父 ウィ リア ム、 『マ ヤ の 芸 術 と建 築 物 」 の タチ ア ナ、 ス カ ラ ブ レー の チ ャ イ ル ド、 怒 れ る ビ ンフ ォー ド、 セ トル メ ン トパ ター ンの ウイ リー、 そ して アー カ ンソー の ヘ ス ター とい う特 長 の あ る考 古 学 者 達 の人 とな りや業 績 が興 味 深 く紹 介 され お も しろ い。

辞 書

遺 跡 や文 化 の 内容 を解 説 した辞 書 は多 いが 、 理 論 や用 語 あ るい は分 析 法 に か か わ る もの は 少 な い。 む しろ先 に掲 げ た各 教 科 書 巻 末 の用 語 解 説 を み るの が一 番 で あ る。 そ れ らに加 え て 次 の辞 書 が教 科 書 を読 ん で い くの に若 干 の参 考 とな ろ う。

SaraChampion,1980,ADictionaryofTermsandTechniquesinArchaeology,

1〜144pp.,FactsonFile,Inc.

(10)

こ こ に は321の 用 語 が 参 考 文 献 と 共 に 手 際 よ く 解 説 さ れ て い る 。 っ い て は 次 の よ う な ア メ リ カ 考 古 学 で よ く 使 わ れ る 用 語 も 含 ま れ て い る 。 た だ し 遺 跡 の 形 成 過 程 に か か わ る 用 語 等 が 全 く み ら れ ず 先 の 教 科 書 の 解 読 に は 充 分 と は い え な い 。

activityarea,context,ecofacts,process.

householdcluster,sitecatchmentanalysis,macroband,microband.

processualarchaeology,seasonalityofoccupation,等

RuthD.Whitehousee,1983.TheMacmillanDictionaryofArchaeology,1^一 597,MacmillanReferenceBooks.

こ れ に は、 各 国 の 重 要 な 遺 跡 や 先 史 文 化 等 の 解 説 に 加 え て 、 一 般 ・年 代 決 定 法 ・材 質 ・技 術 ・分 析 ・環 境 ・地 理 ・土 壌 ・花 粉 分 析 ・植 物 ・動 物 ・遺 跡 調 査 技 術 ・層 位 等 ・ コ ン ピ ュ ー タ ー や 統 計 等 に か か わ る 用 語 も 含 め て3500語 が 解 説 さ れ て い る。

学 史 書

ア メ リカ考 古 学 の学 史 につ いて は次 の 文 献 が 直 ち に あ げ られ る。

GordonR.WilleyandJeremyA.Sabloff,1980,AHistoryofAmerican

Archaeology,second1〜313pp.,Freeman.

著 者 ウ イ リ ー は1942年 に コ ロ ン ビ ア 大 学 で 学 位 を と り 、 い う ま で も な く ア メ リ カ 考 古 学 会 の 大 御 所 、 セ ト ル メ ン ト パ タ ー ン 研 究 の 先 駆 者 で あ る 。 サ ブ ロ フ は1969年 に ハ ー バ ー ド大 学 で 学 位 を と り 、 考 古 学 理 論 の エ ー ス で あ る 。

本 書 で は 、500年 に わ た る ア メ リ カ 考 古 学 の 歴 史 が 次 の6期 に 整 理 さ れ て い る 。 1492〜1940年TheSpeculativePeriod

1840〜1914年TheClassificatory‑DescriptivePeriod 1914〜1940年TheClassficatory‑HistoricalPeriod:

TheConcernwithChronology 1940〜1960年TheClassficatory‑HistoricalPeriod:

TheConcernwithContextandFunction 1960年 代TheExplanatoryPeriod:Beginning

1960年 代 と1970年 代TheExplanatoryPeriod:

(11)

NewDataandInterpretations 1970年 代TheExplanatoryPeriod:

ContinuingMethodologicalandTheoreticalInnovations

1974年 に 発 行 さ れ た 第1版 は 既 に 小 谷 凱 宣 氏 に よ り翻 訳 が で て い る(小 谷 凱 宣 訳1979年

『ア メ リカ 考 古 学 史 』 ウ イ リ ー ・サ ブ ロ フ 学 生 社)。 第1版 は1960年 代 末 ま で の 動 向 が 収 録 さ れ て い る に 対 し、 第2版 は 新 し い 考 古 学 あ る い は 過 程 学 派 の 急 激 な 展 開 が 生 じた1970年 代 末 ま で の 動 向 が っ け 加 え られ た 。 た だ し2版 の 翻 訳 は な い 。

問 題 集

考 古 学 の 理 論 と分 析 法 にか か わ る考 占学 の 問 題 集 を1冊 だ け紹 介 して お こ う。

ThomasC.Patterson,1983,TheTheoryandPracticeofArchaeology,AWork一 book.1^‑150pp.,Prentice‑Hall.

こ こで は、 先 ず 理 解 す べ き基礎 的 な理 論 や 分 析 法 の解 説 が あ り、 参 考 文 献 が 提 示 され る。

次 い で条 件 が与 え られ問 題 が示 され る。 巻 末 に は解 決 の た めの 論議 が あ り、 解 答 が 示 され る。

ち なみ に問 題 は次 の 各項 目に つ い て で あ る。

1セ リエ ー シ ョン2層 位学3地 域 的編 年 の 再 構 成4季 節 節 性 と居 住 時 間5住 居 施 設6行 動 空 間、 製 作 活動 、 分 業7集 落 内 部 の 構造

8集 落 の 位 置:遺 跡 領 域 分 析9地 域 の お け る集 落 の 立 地10交 換 11遺 跡 分 布 と社 会 階層12政 治 構 成13社 会 変 化

文 献 目 録

先 の 教 科 書 に 主 た る文 献 が掲 載 され て い るが、 文 献 目録 と して 独 立 して 出版 され て い るの に次 の ものが あ る。 発 行 され て か らか な り時 間 が た って い るの で 、 新 版 が必 要 で あ る。

RobertF.Heizer,ThomasR.HesterandCarolGraves,1980,Archaeology, ABibliographicalGuidetotheBasicLiteature,1^‑434,GarlandPublishing.

本 書 で は、 次 の 項 目を 更 に 詳 細 か っ 具 体 的 に 細 区 分 して 合 計4818冊 の 主 要 文 献 が 収 録 され

て い る。

(12)

考 古学 の性 格 や 目的 ・考 古学 史 ・先 史 学 へ の接 近 法 ・考 古 学 の各 種 ・各 種 遺 跡 の 代 表 例 ・野 外 調 査 ・分 析 ・解 釈 ・職 業 と して の考 古 学 ・文 献 集 や辞 書 や地 図

お わ り に

以上 、 典型 的 な教科 書3冊 とそ の解読 の参 考 に な る もの を い くっか 紹介 した。 な お ヨー ロ ッ パ に お け る考 古 学 の 教 科 書 的 書 物 につ いて は、 山 中 一郎 氏 に よ る次 の よ うな有 効 な解 説 が あ る の で参 照 され た し。

山中 一 郎1986「 ヨー ロ ッパ 先 史 考 古 学 の 新 しい 試 み 」 『古 代 文 化 第38巻 第4号 」

41‑49

Figure

Updating...

References

Related subjects :