• 検索結果がありません。

Drinking Culture of the Japanese.

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "Drinking Culture of the Japanese."

Copied!
10
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

酒の生活学

日本人の飲酒行動 と飲酒文化

市 川 孝 一

A Note on Drinking Behavior and

Drinking Culture of the Japanese.

Koichi Ichikawa

は じめ に

一 方 で"百 薬 の 長"と い わ れ るか と思 う と 他 方 で は"気 違 い 水"と よば れ た りす る。 酒 は われ わ れ に と って 非常 に 身近 か な飲 み 物 で あ る けれ ど も,こ れ ほ ど極 端 に評 価 の分 か れ る もの もな い。 そ れ だ け に,わ れ わ れの 生 活 に お いて 酒 の 占 め てい る位 置 や,そ の持 つ 意 味 を明 らか にす る こ と は決 して容 易 な こ とで

は な い。

ま た,酒 を飲 む な ど とい う生 活 行 動 は われ わ れ の生 活 の 中 にす っか り溶 け込 ん で しま っ て い て改 め て そ の意 味 な ど考 え な い方 が む し ろ 普 通 で あ る 。 しか し,ご く身 近 な,普 通 だ っ た ら あ ま りに もあ た り前過 ぎて そ の存 在 す ら意 識 しな い よ うな生 活 事 象 や生 活 行 動 の 持 つ 意 味 を考 え る こ とが 生 活 学 の重 要 な仕 事 の 一 つ だ と した ら,厂 酒 」 な どは ま さ に恰 好 の材 料 とい え る 。敢 え て 「酒 の 生 活学 」 な ど とい う大 げ さな タイ トル をつ けた 理 由 もそ こ に あ る。 本 稿 は い うな れ ば雑 学 的 エ ッセ イ風 生 活 文 化 論 とで も言 うべ き もの で,厳 密 な意 味 で の 「学 」 や 「研 究 」 で は ない が,い くつ か の検 討 を 通 じて,日 本 人 の飲 酒行 動 や飲 酒

/

文 化 の 特徴 の 一端 が少 しで も明 らか に出 来 れ ば いい と思 って い る。

生 活 学 の 論 考 は 多 くの場 合,"最 初 に柳 田 国 男 あ り き"と な る の だ が,こ の 酒 と い う テ ーマ の場 合 も例 外 で はな く,そ の 型 を踏 襲 す る こ と に な る。 本 稿 で は,『 明 治 大 正 史 ・ 世 相 篇 』 の第 七 章 「酒 」,『木綿 以 前 の 事 』 に 収 論 さ れて い る 「酒 の飲 み よ うの変 遷 」 とい う二 つ の 論 文(1),さ らに,こ れ ら を よ りわ か りやす く現 代 風 に読 み か えた加 藤 秀 俊 氏 の 論 考(2)にそ って,話 を進 め て い くこ とに す る。

酒 を飲 む とい うこ と

飲 酒 の起 源 は祭 りにあ り,酒 は そ れ を媒 介 と して神 と人 間 が 一 体 に な る こ と,つ ま り

"神 人 合 一"の 状態 になることがその第一 の 機 能 で あ っ た こ と を柳 田国 男 は指 摘 して い る。

かめ

神 と人 とが と もに一 つ の 甕 の もの に酔 う とい う点 に面 白 さ の源 が あ るの で あ って,自 分 が 神 で あ る のか,人 で あ るの か わ か らな い"神 が か りの状 態",い わ ば 「あ る種 の異 常 心 理 」 に 陥 る のが 酔 う と い う こ とで あ った 。

酒 が祭 りや儀 式 と りわ け宗 教 儀 礼 と密 接 な か か わ り を持 ち,そ れ らに 不 可 欠 な要 素 と

(2)

な って い る こ とは 日本 だ け の こ とで はな く, どの 民族 に もか な り普 遍 的 な現 象 と して み ら れ る こ とだ とい って い い よ うだ。 例 えば,文 化 人 類 学 者 の 中 根 千枝 氏 は,酒 に は① 日常 の 飲 物 と して,② 儀 式 と りわ け宗 教 儀 礼 に不 可 欠 の要 素 と して,③ 気 分 の 転換,刺 激 材,陶 酔 を誘 う もの と して,④ 人 間 関係 を 円滑 にす

る作 用 を もつ もの と して とい う4つ の 基 本 的 な効 用 が あ る と し た上 で,宗 教 儀 礼 と 酒 の結 び つ き に は非 常 に 古 い歴 史 が あ る と い って い る。(3)

つ ま りエ ジ プ ト,ギ リシ ア,イ ン ド,中 国 な どの古 代 の 文 献 に,酒 につ い て の記 述 はみ られ る し,考 古 学 に よ って も酒 は新 石 器 時 代 か ら あ っ た と い われ て い る。 また,神 話 に も

「オ シ リス」(エ ジ プ ト),「バ ッカス」(ギ リ シ ア),厂 大 国 主 命 」(日 本)な ど酒 の神 は欠 かせ な い もの で,酒 をつ か さ ど る神 は農 耕 の 神(食 饒 の神)と 重 な っ て い る こ とが多 い と い う。

い ず れ にせ よ,酒 の 第一 の機 能 は,神 と人 間 と を媒 介 す る もの で あ る 。再 び話 を 日本 の 場 合 に戻 す と,酒 が そ れ を介 して神 人 合 一 を はか る もの だ とす るな らば,酒 を飲 む機 会 は, 神 の 現 われ る時,つ ま り特 定 の祭 礼 な ど のい

わ ゆ るハ レの 日に 限定 され る こ とに な る。 酒 を飲 む 日は,神 に酒 を供 え る 日 と同 じで,限 定 され て い る と同 時 に早 くか ら予期 され て い

た 。 そ れ は具 体 的 に言 え ば,収 穫 後 の秋 祭 の

かめ

際 の 酒 で あ り,そ の ハ レの 日の うち に,甕 の 底 まで飲 み尽 して しまわ な け れ ば な ら なか っ た の で あ る。(も ち ろ ん,一 部 は あ らか じめ 正 月 用 の 酒 と して別 に され保 存 され た。 秋 祭 と正 月 が 二 大 飲 酒 機 会 だ った とい う こ とに な る。)

要 す る に,酒 は 元来 特 定 の行 事,儀 式 と結 び つ い た もの で,非 日常 の世 界 に属 す る もの で あ った 。 そ の た め,何 もな い常 の 日 に酒 を 飲 む こ と には 今 日で も幾分 か の う しろめ た さ と抵 抗 を覚 え,言 わず もが な の大 義 名 分 を掲

げ る と い う こ と に な る の は,酒 が ハ レの 日 に 限 定 さ れ て い た こ との 名 残 りで は な い か と解 釈 す る 人 も い る 。(4)

酒の飲み方

上 に述べ た よ うに,元 来 酒 は 「集 飲 」 を基 本 と した 。手 酌 で一 人 ち び りち び りな ど とい う 「独 酌 」 は,明 治 ・大 正 時 代 の 産物 で あ り, 相 対 的 に は新 しい こ とであ る とい う。大 盃 か

ら一 座 の人 々 が順 々 に飲 み ま わす とい う飲 み 方 が 酒 の飲 み 方 の基 本法 則 で,例 えば,三 つ 組 の盃 の一 巡 が 三 献,そ れ を三 回 く り返 す の が三 三 九 度 で,も と は決 して夫 婦 の 盃 に 限 っ た もの で は なか った 。

そ の大 盃 が,や が て,一 つ ず つ 離 した,や や小 さな塗 盃 の 「め い め い盃 」 とな り,そ れ

ちよ

が さ ら に,小 さ な 白 い 瀬 戸 物 で 出 来 た 「猪

口 」(「 ち ょ こ 」)と な り,独 酌 と い うス タ イ ル の 基 礎 が 出 来 る こ と に な る 。(一 人 で 酒 を飲 む と い う こ とで 言 う と,酒 屋 の 片 隅 な ど で の

"居 酒"と い う形 で の 飲 酒 は

,掛 り人 と か 奉 公 人 と か の 使 用 人 の 酒 の 飲 み 方 で,酒 盛 りの 席 に つ ら な る こ と の 出 来 ぬ 階 層 の 低 い 者 の 飲 み 方 と み な さ れ て い た 。).

独 酌 に つ き ま と う,わ び し さ と,手 酌 は よ く な い と す る 考 え は こ の あ た りの 伝 統 を 受 け つ い だ 心 理 に 通 じ る と こ ろ が あ る の だ ろ う 。 な お,酒 の 飲 み 方 の ス タ イ ル と い う こ と で い う と こ の 「差 しつ 差 さ れ つ 」 と い う 日本 酒 の 飲 み 方 は 実 に わ ず ら わ し い 一 面 を 持 っ て い る 。 飲 む 側 か ら い え ば,マ イペ   ス で は飲 め な い

し,傍 に 居 る 人 間 に は,適 当 な 時 に つ い で や ら な け れ ば と い う 負 担 に な る 。"俺 の つ い だ 酒 が 飲 め な い の か"と い う ト ラ ブ ル の 元 に な っ た り,ワ キ に 居 て つ か ず に い る と,"気 の き か な い 奴 だ"と な っ た り,女 性 の 場 合 は,

"愛 想 が な い!"と い う よ う な 話 に な る

。 ひ ょ っ と し た ら,B本 酒 が 特 に 若 い 世 代 に と っ て 人 気 が な い と い う原 因 も意 外 に こ ん な と こ ろ に も あ る よ う な 気 もす る 。 大 げ さ に 言

(3)

えば,日 本 酒 の飲 酒 ス タ イル は若者 の"個 人 主 義"に 反 す る とい うこ とに な るの か も しれ ない 。 つ い で に言 う と,ビ ー ルの 大 ビ ン とい うサ イズ も 日本 だ け の独 特 の大 き さだ とい う 説 もあ る。 欧 米 の ビー ル のサ イズ は通常 一 人 用 の 小 ビ ン なの に対 し,日 本 の大 ビ ンの サ イ ズ は,他 人 につ ぐこ と を前 提 につ くられ て い る とい う意 味 で"お せ っか いサ イズ"だ とい う わ けで あ る。

酒 の飲 み 方 とい う こ とで い う と,ご く最 近 の 飲 酒 に関 す る流 行現 象 と して注 目 を浴 びた もの に,"イ ッキ"飲 み ブ ー ム が あ る。 改 め て 説 明 す る まで もない だ ろ うが,ま わ りが,

「イ ッキ!イ ッキ!」 と は や し立 て て,酒 を 早 飲 み させ る も の だ が,折 か らの"酎 ハ イ ブ ー ム"に 乗 って,'84,'85年 頃,大 きな 流 行 現 象 とな っ た。 常 識 的 な 立場 か ら言 え ば,

"イ

ッキ"飲 み な ど とい うの は酒 に対 す る 冒 漬 で あ り,愚 か な流 行 とい う こ とに な るが,

これ は若 年 層 の飲 酒 とい う問 題 あ る い は若 者 文化 や"つ ぼ八"文 化 の 問 題 と して とい う

よ う に,様 々 な観 点 か らの検 討 が 必 要 な風 俗 現 象 で もあ る。(5)

さ ら に,酒 の飲 み方 とい う問 題 で い え ば, 昔 か ら"酒 を飲 ん で も飲 ま れ る な"と い う警 句 が あ るが,「 実 際 は人 を飲 む の が す な わ ち 酒 の 力 で あ っ た。 客 を酔 い倒 れ に しえな か っ た宴 会 は決 して 成功 とは い われ なか った の で あ る。」(6)

「亭 主 方 は もち ろ ん強 い もの を もっ て款 待 の 表 示 と して お って,勧 め方 が 下 手 だ と客 が 不 満 を抱 く。」(7)と柳 田 国 男 は書 い て い る。

ハ レの 日 に限 定 され た飲 酒 は,と にか くと こ と ん酔 う こ と 自体 が 目的 で,そ の 伝 統 が 長 い 間 日本 人 の 飲 酒 行 動 の特 徴 の 中 に引 き継 が れ て い た とい え よ う。(8)

反 面,酔 わず に大 酒 の飲 め る人 を英 雄 の よ う に尊 重 し,賞 賛 す る風 もあ っ た。 敵 手 を酔 い負 か す 力 が 酒 宴 に興 を添 え た ので あ る。 し か し,今 で も 「酒 豪番 付 」 な ど とい う もの が,

半 ば遊 び の精 神 か ら作 られ る こ とが あ るが,

「酒 豪 」 と呼 ば れ る た め に は,単 に大量 に酒 が 飲 め れ ば い い とい う ので は な く,"飲 み っ ぷ り"が 重視 さ れ る。 これ は,酒 量 よ りむ し ろ酒 後 の風 格 を大 事 にす る 中国 人 の好 み と飲 酒 観 の伝 統 をひ く もの で あ る とい わ れ る 。

酒と女性

酒 と い う と女 性 と,日 本 人 は両 者 を ワ ン セ ッ トに して 連 想 しが ち で あ るが,そ の よ う な卑 俗 な意 味 で は な く,酒 と女 性 は非 常 に密 接 な 関係 を持 った もの で あ った。 つ ま り,歴 史 を さか の ぼれ ば,日 本 で は酒 を造 り,管 理 す る役 割 が 女 性 に ゆだ ね られ て い た ので あ る。

そ の た め に は まず 日本 酒 の起 源 に さか の ぼ らな け れ ば な らな い。 日本 酒 はい わ ゆ る醸 造

か も

酒 とい う種 類 で あ っ て,酒 を造 る こ とを醸 す

かむ

と い う 。 こ の 醸 す は 「嚼 す 」 の 転 じ た も の で, そ の 語 源 は 「か む 」 で あ る と い う 。 『古 事 記 』 に も米 を 嚼 ん で 酒 を 造 っ た と い う 記 述 が あ り,

くちか みの さけ

「口 嚼 酒 」 が 日本酒 の起 源 で あ る とい う説 が 定 説 化 して い る。 ⑨つ ま り,古 代 に お い て は 米 を 口の 中 で か ん で酒 を造 っ てい た わ け で あ る。 米 を 口の 中 で か む と,米 の澱 粉 に唾 液 中 糖 化 酵 素(ア ミラー ゼ)が 作 用 して ぶ ど う糖 が で き る。 これ を壷 な どの 中 に ため て お くと 空 気 中 に浮 遊 して い る発 酵 力 の あ る酵 母 が 自 然 に これ に侵 入 して ア ル コ ー ル(酒)が 出来

る とい うの が そ の メ カ ニ ズ ム で あ る。

しか し,酒 は神 聖 な もの で あ るか ら,こ の 仕 事 をす るの は誰 で も良 い とい う もので は な か っ た。 この 米 をか み 澱粉 を糖 化 す る作 業 は, 女 性 しか も汚 れ な き美 しい処 女 に ゆ だね られ

た。 こ う した,ロ マ ンチ ック で は あ るが 原 始 的 な酒 造 りは しば ら く続 い た後 は,奈 良時 代 の コ ウ ジの 発 明 に よ って 姿 を消 し,今 日の酒 の原 型 と な る 「麹 酒 」 に と って代 られ る こ と に な る。(た だ し沖 縄 で は 明治 時代 まで,祭 礼 の時 の 酒 は,こ の 口嚼 み 方 式 で造 られ て い

た とい う。)

(4)

コ ウ ジ の使 用 に よっ て 酒 の 量 産 が 可 能 に な った が,依 然 と して酒 造 りは女性 た ち の手 に まか され て い た 。今 で は,酒 造 りの職 人 の こ と を 「と じ」 あ る い は 「とう じ」 と呼 び,

「杜 氏 」 とい う文 字 で あ て られ るが,も と も とは 「刀 自」 で あ り,こ れ は知 識,経 験 豊 か な家 事 をつ か さ どる女 性 を意 味 し,い わ ば良 い 意 味 で の"お か み さん"と い うニ ュ ア ンス の こ とば だ った とい う。 つ ま り,女 性 は酒 の 造 り手 で あ る ば か りで は な く,酒 の 管 理 者 で もあ った の で あ る。 あ る 時 点 か ら,女 は酒 の 添 え もの とい う風 に な って しま い,「 酌 婦 」 な どとい うい く分 か の差 別 的 な ニ ュ ア ン ス を 含 ん だ こ とば もあ る け れ ど も,元 来 は,「 お 酌 は女 とい う こ と も賤 しい 意 味 で は なか っ た。

以 前 は家 々の 主 婦 た ちの 義 務 と言 わ ん よ り も 特 権 で あ った 」⑩の で あ る。

こ う して み て くる と,酒 との か か わ りで 言 う限 り,女 性 の 地 位 は次 第 に低 下 して きて し まっ た よ うで あ る。 しか し,戦 後 と りわ け, 最 近 の こ こ20年 来,"飲 み手 と しで'の 女 性

の酒 の領 域 へ の 進 出 はめ ざ ま しい ものが あ る と思 わ れ る。 長 い 間,「 伝 統 」 に反 して 酒 か ら遠 ざ け られ て い た女 性 が 酒 の 世界 へ 再 登 場 した とい う言 い 方 もで きるか も しれ な い 。

この あ た りの 事 情 を,デ ー タ と して は少 し 古 い が,具 体 的 な 数 字 で 見 て み る こ と に しよ う。 余 暇 開発 セ ン タ ーが,1976年 秋,首 都 圏 に住 む15歳 か ら65歳 まで の 男女1500人 を対 象 に な っ た 「B本 人 の飲 酒 行 動 飲 酒 行 動 の 実 態 と病 的 飲 酒 傾 向 」 とい う調 査 に よ る と まず 「毎 日飲 む」 か ら 「た ま に飲 む」 まで, 何 らか の 形 で 現 在 飲 酒 を 日常 的 に行 な っ てい

る者 の 割 合 は男 性 で84.6%,女 性 で52.8%と な っ て い る。 ま た,あ る 洋 酒 メ ー カ ー が, 1978年 春 に東 京 と大 阪 で 行 な っ た 「女 性 の 飲 酒 行 動 調 査 」(20歳 以 上 の女 性840人 対 象)に

よ る と,過 去 一 年 聞 に飲 酒 経験 が あ る もの は 全 体 で61.4%と い う数 字 を示 して い る。 注 目 ,す べ き こ とは,世 代別 に分 けた場合,20代 一

70.1%,30代 一64.6%,40代 一54.4%,50代 一48 .8%と 年 令 が 下 る に つ れ て,そ の 数 字 は

上 っ て い る 。(11)つ ま り,ヤ ン グ の 女 性 ほ ど よ く飲 む と い う わ け で,今 日 で は そ の 数 字 も さ ら に 上 昇 して い る こ と が も う一 つ の 新 しい 調 査 結 果 に よ っ て 確 認 で き る 。(12)1985年1 月 に 『暮 し の 手 帖 』 が 実 施 し た 調 査 に よ る と (20代 か ら70代 の 女 性1612人 対 象),〈 あ な た は お 酒 を 飲 ん で い ま す か 〉 と い う問 い に 対 し, 83%の 人 が 〈飲 む〉 と 答 え て い る 。 世 代 別 の

内 訳 は,20歳(回 答 者 数665人 一 以 下 同 様)

‑94% ,20歳 代(376人)‑92%,30歳 代 (433人)‑83%,40歳 代(410人)‑83%,

50歳 以 上(393人)‑74%と な っ て い る 。 さ ら に,他 の 調 査 の 結 果 を も と に 女 性 の 飲 酒 者 の 推 移 を み た の が 図 一1で,そ の 急 成 長 ぶ り が 明 瞭 に み て と れ る 。 依 然 と し て,"「 女 の く せ に 」 「女 だ て ら に 」 酒 を 飲 む!"と い う 非 難 が,全 く な く な っ た わ け で は な い が,現 在 は 女 性 が 最 もお お っ ぴ ら に 酒 を 飲 ん で い る 時 代 だ と は い え よ う 。 女 性 が 飲 み 手 と して 再 登

酒 を飲 む女性がふ えている

図 一1

(5)

場 した と い う の は そ うい う こ とな ので あ る。

しか し,こ れが,女 性 の アル 中 とか,妊 婦 に 対 す る酒 の 悪 影 響 とい う よ うな新 しい社 会 問 題 を生 んで い る こ と も また事 実 で あ る。

酒と人間関係

先 に 中根 千 枝 氏 の 論 考 で紹 介 した よ う に, 酒 の 効 用 ・機 能 に は,"気 分 の 転換,刺 激 材, 陶 酔 を誘 う も の と して","人 間関 係 を円 滑 に す る作 用 を持 つ もの と して"と い う もの が あ る。つ ま り,酒 には恐 れ,心 配,不 安,心 の わ だ か ま り,緊 張 な どを やわ らげ る作 用 が あ る。 い わ ゆ る フ ラス トレー シ ョンや ス トレス の解 消 作 用 で あ る。 そ れ と並 ん で,酒 は文 字 通 り人 間 関係 の"潤 滑 油"と して,人 間 関係 の調 整,親 密 な 人 間 関係 の 促 進 に役 立 つ 。両 者 を ま とめ て,中 根 氏 は次 の よ うに言 っ て い る。 「社 会 生 活 に お い て 制 度 的 に個 人 の 欲 求 が 抑 圧 さ れ る度 合 いが 大 きけ れ ば大 きい ほ ど, 人 間関 係 の不 安 定 さが 存 在 す れ ばす る ほ ど酒 の 役 割 は大 き くな る。」(13)

この 問 題 に関 連 して,さ らに 中根 氏 は,飲 酒 の 習 慣 と集 団 の 性 質 との 間 に,つ ま り,酒 席 を設 け る こ との 頻 度 や飲 酒 の効 用 と集 団 の 性 質 との 問 に は相 関 関係 が あ る こ と を指 摘 し て い る 。 家 族 の よ うに,集 団 の 人 間 関係 が確 定 的 で不 変 で あ れ ば,集 団結 合 の た め の飲 酒 は不 要 な の に対 して,職 場 の よ う に集 団 内 の 人 間 関係 が 不 確 定 で,可 変 的 な場 合 に は,集 団 結 合 の た め の飲 酒 が 必 要 とな って くる 。 日 本 人 の 場 合 職 場 とい う集 団 に関 して集 団帰 属

は確 定 的 だが,成 員 問の 人 間 関係 は必 ず し も 確 定 的 で な い た め集 団 結 合 的 な飲 酒 も必 要 と

され る とい うの で あ る。(14)

しか し,同 じ問題 は比 較文 化 的 な視 点 か ら 言 う と少 し違 っ た観 点 か ら見 る こ と もで きる と思 う。 つ ま り,飲 酒 に は大 き く分 けて ① そ れ を き っか け に して 新 しい 人 間 関係 をつ く り 出 す,② そ れ に よ って 既存 の 人 間 関係 を強 化 す る とい う二 つ の機 能 が 考 え られ る と思 うが,

日本 人 の飲 酒 と人 間 関係 との 関 連 を見 た場 合 は,② に圧 倒 的 な ウエ イ トが あ る よ うに思 わ れ る。加 藤 秀 俊 氏 が 日本 人 とア メ リカ人 の コ ミュニ ケ ー シ ョ ンを,そ れ ぞ れ 「茶 の湯 」 と

「カ クテ ルパ ー テ ィ」 で 象 徴 させ て と らえ た 例 に な ら って い え ば,(15)① の象 徴 が 「カ ク テ ル パ ー テ ィ」 で,② の象 徴 は 「宴 会 」 だ と 思 う。 日本 人が 好 んで 頻 繁 に行 な うの は,そ れ を通 じて未 知 の人 間関 係 を作 り上 げ て い く

・よ うな 「カ ク テ ルパ ー テ ィ」 型 の飲 酒 で は な く,す で に 良 く知 って い る既 知 の 間柄 の 人 間 同志 が互 い に そ の人 間 関 係 を確 認 し,強 化 し 合 う 「宴 会 」 型 の 飲 酒 で あ る とい っ て い い。

飲 酒 が 祭 り と不 可 分 で あ った こ とを考 え れ ば 当然 の こ とだが,こ の 「宴 会」 が祭 り と全 く 同 じ構 成 を とって い る こ とは 興 味深 い。 祭 り

な おらい

が儀 礼(式)→ 直 会(神 前 に さ さげ た神 酒, 飲 物 を祭 りの参 加 者 が 儀 礼 的 に 共食 す る)→

無 礼 講 とい う三 段 階 を経 て展 開 され る の と全 く同様 に,宴 会 の 方 も最 初 は儀 礼 的 な挨 拶 や 自己紹 介 な どが あ り,そ の 後作 法 に そ っ た お とな しい飲 食 の 段 階 が あ り,最 後 に,飲 め や 歌 え の"ド ンチ ャ ン騒 ぎ"(無 礼 講)が 来 る

ので あ る。

こ の 「無 礼 講 」 とい う飲 酒形 態 は,あ る意 味 で の 日本 的 な飲 酒 行 動 とい っ て よ く,日 本 人 は 「酒 の う えの こ と」 とい う表 現 に象 徴 的 に表 われ て い る よ うに,昔 か ら飲 酒 の際 の失 態 や 無 礼 な振 舞 い な ど に対 して寛 容 で あ る。

今 日の サ ラ リー マ ン の飲 酒 にお い て も,「 無 礼 講 」 にお け る失 言 や 失 態 は大 目に見,部 下 の 欲 求 不 満 の 発 散 を上役 は甘 ん じて受 け る と い う 「伝 統 」 は残 って い る よ うで あ る。

しか し,も ち ろん 酒 席 で の振 舞 い に対 す る 許 容 度 は社 会 に よ って か な り違 って くる。 日 本 人 は,酒 を飲 ん だ 時 の 人格 と 「し らふ 」 の 時 の 人 格 を別 物 と して 扱 う こ とが む しろ普 通 で,そ の こ と を不 思 議 とは 思 わ な い。(「あ の 人 は酒 さ え飲 ま な けれ ば い い 人 な の に!」 と い う よ う な表 現 が 成 り立 つ の も まさ に こ の理

(6)

由 に よ る 。)と こ ろ が,欧 米 人 と場 合 は, 酔 った 時 と し らふ の時 との人 格 が そ ん な風 に 都 合 よ く分 け られ る もの とは考 え ない 。 パ ー ソ ナ リテ ィ は 一 貫 して い る もの で あ っ て, 酔 って い よ う と さめ て い よ う とそ の 人 はそ の 人 で あ る と考 え る。従 って,酒 の 上 の 失 態 も その 人 の 人格 全 体 へ の非 難 とな って バ ネ返 っ て くる。

ど っ ちが 正 しい とい うの で は ない が,ス ト レス解 消 の 手段 と して は,日 本 人 の飲 酒 の 方 が は な は だ好 都 合 で,バ カ騒 ぎを してパ ッ と ス トレ ス な りフ ラス トレー シ ョ ンを解 消 で き る とい う こ と は精 神 衛 生 上 は大変 結 構 な こ と な ので あ る。 この 違 い が,日 米 の心 臓 疾 患 の 差 とな っ て現 われ て い るの だ と真 似 目に主 張 す る人 もい る くら いで,酒 の席 で もフ ラ ス ト

レー シ ョ ンを発 散 で き ない ア メ リカ 人 は,精 神 科 医 や カ ウ ンセ ラ ーの と こ ろへ 行 くの だ と 言 う人 もい う。 とこ ろが,日 本 人 の場 合 は飲 酒 の機 会 が,グ チ や悩 み の ハ ケ ロで あ り,互 い に"巷 の精 神 分 析 医"と な って,相 互 カ ウ セ リ ング を行 な うので あ る。 カ ウ ンセ ラー を は じめ とす る 「相 談 業 」 が 日本 で は や らな い の は こ の あ た りに原 因が あ る とす るの は有 名 な 「定 説 」 で あ る 。

日本 が 酒 に 関 して は非 常 に寛 容 な社 会 で あ る とい う こ とは ど うや らコ ンセ ンサ ス の得 ら る事 実 の よ うだ が,同 時 に欧 米 と 日本 の 違 い

は,前 者 が"ア ル 中 が 多 く酔 払 い が 少 な い"

の に 対 し,後 者 が"酔 払 い が 多 くア ル 中 が 少 な い"と い う形 で あ ら わ さ れ る こ と もあ る 。 こ の こ と は,別 の 言 い 方 を す る と,日 本 人 は 世 界 的 に 見 れ ば,飲 酒 量 も少 な く,酒 に 「弱 い 」 とい う こ と に も な る 。

こ れ も 少 し デ ー タ と し て は 古 い が 厂人 ロ ー 人 当 た り ア ル コ ー ル 飲 料 消 費 数 量 」(オ ラ ン

ダ蒸 留 酒 生 産 局 調 べ,1976年)に よ る と,日 本 人 の 一 人 当 た りの ア ル コ ー ル 消 費 量 は,世 界 で 第31位 で あ る 。1位 フ ラ ン ス,2位 ポ ル

トガ ル,3位 ス ペ イ ン と 上 位 は ヨ ー ロ ッパ 諸 国 が 占 め て お り,1位 の フ ラ ン ス が16.5Q

(100%ア ル コ ー ル 換 算)な の に 対 し,日 本 は5.2Qと3分 の1に も満 た な い 。(16)(そ の 後 日 本 人 の ア ル コ ー ル 消 費 料 は ほ ぼ 一 貫 し て 少 し つ つ 伸 び て は い る が 大 勢 に は 変 りが な い 。)

日 本 人 の ア ル コ ー ル 消 費 量 は こ の よ う に 世 界 の ト ッ プ グ ル ー プ と比 べ る と,大 人 と子 ど も ぐ ら い の へ だ た りが あ り,そ の 意 味 で は 日 本 人 は 酒 に 「弱 い 」 の で あ る 。 日常 会 話 の 中 で も わ れ わ れ は,酒 に 「強 い 」 とか 「弱 い 」 と か い う表 現 を 頻 繁 に使 うが,酒 に 強 い か 弱 い か は つ きつ め る と,い わ ゆ る 体 質 の 違 い, 体 内 の 分 解 酵 素 の 違 い と い う生 理 的 な 基 礎 の

差 に 帰 さ れ る と い う の が 定 説 で あ る 。(17) ア ル コ ー ル が 体 内 に 吸 収 さ れ た 後 ど の よ う

ア ル コ ー ル

}

ア セ トア ル デ ヒ ド

ALDH (アルデ ヒ ド脱水素酵素)

酢 酸

ADH

(鮴暴醐

炭 酸 ガ ス (Coe)

図 一2

(7)

な変 化 をた どるか を簡 単 な 図式 で あ らわす と, 図 一2の よ うに な る。

ア ル コ ー ル に は ま ずADH(ア ル コ ー ル 脱 水 素 酵 素)に よ って アセ トア ル デ ビ ドに変 え られ る。 こ の アセ トアル デ ヒ ドが,顔 が 赤 く な っ た り,動 悸 が した り,吐 き気 が した り, 頭 痛 が した とい う悪 酔 い の 原 因 とな る物 質 で あ る。 ア セ トアル デ ヒ ドはALDH(ア ル デ ヒ ド脱 水 素 酵 素)に よ って 酢 酸 に 変 わ り,最 後 に水 と炭 酸 ガ ス に分 解 され排 せ つ され る。

酔 いや 酒 に対 す る強 さ には,第 二 段 階 で働 く酵 素ALDHが 特 に 深 くか か わ っ て い る こ とが 最 近 明 らか に され て い る。ALDH(ア ル デ ヒ ド脱 水 素 酵 素)に は,低 濃度 の ア セ トア ル デ ヒ ドで も対 応 す る高 感 度 の酵 素(1型)

とあ る程 度 高 濃 度 に な ら ない と対 応 しな い酵 素(H型)の 二 種 類 が あ る が,欧 米 人(白 人)が 全 員 この二 種 類 を持 って い る の に,日 本 人 の場 合 は約 半 数 が,そ の うち の 一 つ(1 型)を 欠 い て い る。 つ ま り,日 本 人 の場 合 は, 生理 学 的 に,酔 い の 「元 凶 」 で あ るア セ トア ル デ ヒ ド処 理 能力 が 低 い とい う こ とに な る 。 従 って,す ぐ に悪 酔 い し,酒 を大 量 に飲 め な い,つ ま り酒 に 「弱 い」 とい う こ とに な る。

また,日 本 人 だ け で な く,中 国 人 な ど に も見 られ る,酒 を飲 む とす ぐに顔 が 赤 くな る とい う現 象(orientalflash)も こ れ に よっ て説 明 が で きる。

しか し,こ の酵 素 の欠 損 は逆 か ら見 る と, 飲 酒 に対 す るブ レー キ と して も作 用 し,飲 み す ぎて ア ル 中 に な る危 険 性 を時 前 にチ ェ ック して い る と もい え る。 欧 米 人 はそ れ に対 して, た く さん飲 め て し ま うか らアル 中 にな りや す い の だ と言 う こ と もで きる。 飲 酒 行 動 や 飲 酒 文化 の違 い をすべ て こ の よ うな生 理 学 的 観 点 か らの み で は説 明 で きな いが,ひ とつ の 明快 な解 答 を示 す ア プ ロ ー チ と して は興 味 深 い 。

酒 と規範

日本 が酒 に対 して非 常 に 「甘 い 」 社 会 で あ

る こ と に はす で に ふ れ たが,確 か に酒 をめ ぐ る規 範 とか 規 制 とか い う観 点 か ら見 た と き,

日本 ほ ど アル コー ル類 が 野 放 図 な国 はな い よ うで あ る。 まず,日 本 に は20歳 未 満 の 者 は 酒 を飲 んで い けな い とい う 「未 成 年 者 飲 酒 禁 止 法 」 とい う立 派 な法 律 が あ るが,こ れ ほ ど有 名 無 実 の もの もな い。 喫 煙 と並 ん で,飲 酒 ほ ど こ う した法律 的規 制 と実 態 との 間 の 乖 離, ホ ン ネ と タテ マ エ の 問 の ギ ャ ップが 大 きい も の もない 。

例 え ば,『 暮 しの 手 帖』 が1985年 に新 成 人 を対 象 に行 な った 調査(世 田谷 区 の成 人 式 参 加 の男918人,女665人,計1583人)の 結 果 は 驚 くべ き数 字 を示 して い る。 〈あ な た は お 酒 を飲 んで い ます か〉 とい う問 い に対 し,飲 む と答 え た 人が 男 性96%,女 性 で も94%だ っ た。

飲 まな い と答 え た人 で もほ とん どが 以 前 は飲 ん で い た,と 答 えて お り,本 当 に飲 ん だ こ と が な い とい うの は男 女 と も1%だ った。(18)

さ らに,も う一 つ の調査 結 果 は,未 成 年 ど ころ か 中 ・高 校 生 に まで 広 が って い る こ と を 示 して い る 。 ア ル コ ー ル問 題 全 国市 民 協 会 が, 1984年 に 首都 圏 の 中学 校8校,高 校4校 の計 1617人 に ア ンケ ー ト調 査 した と ころ,中 学 生 の87%,高 校 生 の94%が 「酒 を飲 ん だ こ とが あ る」 と答 えて い る 。 しか も,「 月 に数 回 以 上 飲 む」 とい う常 習 定 飲 酒 も,高 校 生 の2人

に1人,中 学 生 の5人 に1人 に及 ん で い る。

(1g)予想 以 上 の数 字 だ と い え るが,先 に ふ れ た"酎 ハ イ ブ ー ム"の 重 要 な担 い 手 の 一 部 が 高 校 生 で あ った こ とを考 え る と不 思 議 で は な い とい う こ とに な る の か も しれ ない 。

た だ,先 の 『暮 しの手 帖 』 の調 査 が 明 らか に して い る と ころ に よる と,早 くか ら飲 み 出 した 人 ほ ど,飲 む 回 数,1回 に飲 む量 が 多 く な る とい う こ とで,"早 く飲 み 始 め れ ば,そ れ だ け早 くアル コー ル依 存 症 に な る危 険 性 が 高 い"わ けで あ る 。 まだ体 が十 分 に 出来 上 っ て い ない 青 少 年 の場 合,特 に ア ル コ ー ルが 脳 の発 達 や 生 殖 器 へ 与 え る悪 影 響 が 大 き く,そ

(8)

の 深 刻 さ を警 告 す る医 師 は少 な くな い。

青 少 年 の 飲 酒 が これ ほ ど一 般 化 してい るの は,は じめ に述 べ た よ うに,日 本 は ア ル コ ー

ル に対 して野 放 図 な社 会 で,い つ で もど こで も自販 機 な どで 簡 単 に酒 が入 手 で きる条 件 が そ な わ っ て い る こ と も大 きな原 因 の一 つ で あ ろ う。

よ うや く最 近 の この 方 面 の 防止 対 策 の動 き が み られ る よ うに な った 。例 え ば,国 税 庁 の 中央 酒 類 審 議 会 は,1986年5月 に青 少 年 の飲 酒 防止 策 を中心 と した 「アル コー ル飲 料 と し

て の 酒類 の あ り方 につ い て 」 の ア ル コー ル飲 料 部 会 の 提 言 を行 な っ た。(20)まず,こ の提 言 は全 国 に16万 台 と も17万 台 と もい わ れ て い る酒 類 自動 販 売機 の規 制 を と り上 げ,① 午 後 11時 か ら翌 朝5時 まで の深 夜 販 売 の 自粛 と徹 底,違 反 店 に は警告 書 を 出す ② 酒 類 と清 涼飲 料 の 販 売 機 をで き るだ け分 離 す る よ う 自販機 業 界,酒 小 売 店 を指 導 す る③ 低 アル コ ール 商 品 の 容 器 に は,子 供 の好 きな動 物 や マ ス コ ッ

トを使 用 しな い④ 清涼 飲 料 との 区別 を明 確 に す る た め,酒 類 の 容 器 に は ア ル コ ー ル度 数 を 大 き く表 示 す る か,「 酒」 の シ ンボ ル マ ー ク をつ け る な どを求 め た。

また,酒 類 の 宣伝 広 告 の あ り方 につ い て は, 中 ・高校 生 向 けの新 聞,雑 誌 に は広 告 を出 さ ず,テ レビ コマ ー シ ャル で は 「未 成 年 者 の飲 酒 は禁 止 さ れて い ます 」 な どの警 告 文 を流 し 注 意 を喚 起 す る よ う要 望 した 。

酒 類 の宣 伝 広 告 とい う こ とで言 う と,こ れ ま た こ れ ほ ど規 制 のル ーズ な 国 は他 に は な い とい うの も有 名 な話 で あ る。 ア メ リカ で は, ウ イ ス キ ー や ジ ンな どの 強 い 酒 は テ レ ビ ・ラ ジ オ と もCMは 全 面 禁 止 。 ビー ル や ワイ ンで も,飲 ん で い る と ころ や酒 を注 ぐ音 が 入 った CMは 許 され ない 。 ヨ ー ロ ッパ 諸 国 も,国 ご と に多 少 の 違 い はあ るが,き び しい 規 制 が ひ か れ て い る とい う点 で は共 通 して い る。

イギ リス の ア ル コ ール に 関す る広 告 コ ー ド が 実 際 に どの よ う な規 制 を して い る か の具 体

的 内 容 を 一,二 紹 介 して み よ う。 まず,「 広 告 は若 者 向 け の もので あ って は な らない し, い か な る方 法 で も飲 酒 の 開 始 を促 す よ う な も の で あ って は な らな い。(後 略)」 と明確 に若 者 向 けのCMは す べ きで な い との規 定 が あ る。

また,酒 が社 会 生 活 に不 可 欠 とか,仕 事 を う ま く運 ぶ の に必 要 で あ る とい う よ うな印 象 を 与 え るCMは ダ メだ とい って い る。 少 し長 く な るが,興 味 深 い 内容 な ので そ の条 項 の全 文 を引 用 して お こ う。

「社 会 的成 功 」

広 告 は ア ル コ ー ル飲 料 に結 びつ い た仲 間つ き合 い や社 会 的 コ ミュニ ケ ー シ ョンの 楽 し さを強 調 して もよい が,飲 酒 が 社 会 的 あ る い は商 売 上 の成 功 や 卓越 さに必 要 で あ る と か,酒 を飲 ま な い人 間 が飲 む人 間 よ りも受 け 入 れ られ に くい とか 成功 しに くい とか い う こ とを 暗示 して は な らな い。 広 告 は また, 飲 酒 が 性 的成 功 に貢 献 す る こ とや,飲 む 人 間 を異性 に対 し,よ り魅 力 的 にす る とい う

こ と を主 張 や暗 示 す べ きで な い。(21) これ に対 し,日 本 の酒 の広 告 は,先 にふ れ た 「中 央 酒類 審 」 が よ うや く"要 望"を 出 し て い る段 階 で,現 在 で は全 く野 放 図 の 状 態 な の で あ る 。 再 度,『 暮 しの 手 帖 』 の調 査 を紹 介 す る と,1985年4月8日(日 曜 日)の 放 映 CMの う ち,民 放5社 の うち 最 も多 い テ レ ビ 朝 日の場 合,酒 のCMが92本 でCM総 本 数 の 14%を 占め,時 間 で も13%を 占 め て い た とい う。 実 に7本 のCMに1本 は,酒 のCMだ っ た とい うわ けで あ る。(22)

こ こ数 年 来 の 酒 メ ーカ ー の販 売 戦 略 の合 言 葉 は 〈若 者 に,女 性 に,そ して昼 間 に〉 だ と い う。つ ま り,若 い うち か ら飲 んで も らお う, 人 口の半 分 の女 性 は まだ 未 開拓 な部 分 が残 っ て い る有 望 な潜 在 需 要 者 で あ り,昼 間 も酒 を 飲 ん で も ら って消 費 量 ア ップ を はか ろ う とい うわ けで あ る。 酒 類 の ソ フ ト化,ラ イ ト化, フ ァ ッシ ョン化 とい う動 きは まさ に この 戦 略 の路 線 上 にあ る。 ペ ンギ ンの可 愛 い イ ラス ト

(9)

の 缶 ビー ル に代 表 され る,"容 器 合 戦"の 目 的 もそ こに あ る。 な るべ く,酒 を酒 と感 じさ せ ず,抵 抗 な く飲 ませ て しまお う とい うわ け で あ る。 先 に も何 度 か 話 題 に 出 た,"酎 ハ イ ブ ー ム"と い う もの も,こ の 「酒 の フ ァ ッ シ ョン化 」(色 と り ど りの 豊 富 な 種 類 と"お

しゃれ感 覚"の ネ ー ミ ング)と い う要 因が 大 き く働 い て い る と思 わ れ る。

以 上,日 本 人 の 飲 酒 行 動 と飲 酒 文 化 に含 ま れ る 問題 点 を か な りラ ン ダ ンに取 り上 げ 検 討 して きた わ け だが,酒 をめ ぐる話 題 は ま さ に 汲 め ど も尽 きず 残 され た 問題 は少 な くない 。 例 え ば,世 界 的 な レベ ル か らい え ば それ 程 で もな いが,次 第 に深 刻 度 を増 し,社 会 問 題 化 し始 め て い る ア ル 中(ア ル コ ー ル 依 存 症)

〔と りわ け 女 性 や 若 年 層 の〕 の 問 題,そ の 影 響 力 が致 命 的 な もの に な りが ち な 〈胎 児 性 ア ル コー ル症 候 群 〉 の 問題 な ど,い わ ば"酒 を め ぐる病 理"と い っ た テ ーマ が まだ残 っ て い る。 さ らに,飲 酒 文 化 に属 す る諸 テ ーマ で は こ こに盛 り込 め な か っ た もの も少 な くな い。

た だ,こ れ だ け の検 討 に よ って だ け で も,比 較 文化 的 に み た と き,日 本 人 の飲 酒行 動 に は か な りは っ き りした特 徴 が あ る こ と,ま た そ れ に対 応 して 日本 人 が か な りユ ニ ー クな飲 酒 文 化 をつ く りあ げ て い る こ との 一端 は 明 らか にな った と思 う。 テ ーマ が テ ーマ だ け に,し らふ で,し か つ め ら し く論 じるの は,ま さに 日本 の伝 統 的 な飲 酒 文 化 に反 す る こ とで あ ろ う。 そ れ ぞ れ の好 きな酒 を傾 けつ つ,こ の拙 い"読 み物"を 楽 しん で い ただ けれ ば幸 い で あ る 。

〈注 〉

(1)『 明 治 大 正 史 ・世 相 篇」 は 『新 編 柳 田 国男 集 』 第 四 巻,『 酒 の飲 み よ うの変 遷 』 は,同 じ く 『新 編 柳 田 国男 集 』 第 九 巻 に収録 され た もの を使 用 した。 頁 数 もそ れ に よ る。

(2)加 藤 秀 俊 『日常 性 の 社 会 学 』,文 化 出 版

局1974所 収 の 「酒 と社 交 」 な ど を 参 考 に し た 。 頁 数 は 角 川 文 庫 版 に よ る 。 (3)中 根 千 枝(1976)参 照 。

(4)加 藤 秀 俊,前 掲 書PP.113‑114。 こ こ で は,こ の へ ん の 人 間 心 理 を よ く読 み こ ん で,あ る 洋 酒 会 社 が 『だ か ら 飲 む 』 と い う 小 冊 子 を 出 版 し た とい う エ ピ ソ ー ドが '紹 介 さ れ て い る

。 こ の 冊 子 に よ る と,1 年365日,酒 が 飲 み た け れ ば,か な ら ず 何 ら か の い わ れ が あ り,そ れ を ひ き あ い に 出 して 大 義 名 分 が つ け られ る とい う 。 (5)1985年5月 のNHKの 全 国 ニ ュ ー ス で,

山 形 大 学 で は 学 生 部 長 名 で,イ ッキ 飲 み 禁 止 の 通 告 が 出 さ れ た こ とが 報 じ ら れ る な ど 一 つ の 社 会 問 題 と な っ た 。 ま た,こ の 「イ ッ キ!イ ッキ!」 と い う こ と ば は, 1985年 の 流 行 語 大 賞(自 由 国 民 社 主 催) 金 賞 を 受 賞 した 。

(6)柳 田,前 掲 論 文(1)P.187 (7)柳 田,〃(2)P.125

(8)最 近 で は,学 生 の コ ン パ の 場 合 な ど の 例 外 を 除 き,一 般 に 日本 人 は 酒 を バ カ 飲 み し な くな っ た とい う 気 が す る 。"無 頼 派"

と み な さ れ て き た 作 家 や 物 書 き す ら,外 で 大 量 に 酒 を 飲 む と い う よ う な こ と を し な く な っ た と い わ れ,い わ ゆ る 「文 壇 バ ー 」 は 不 振 だ と い う 。

(9)小 泉(1982)P.19

⑩ 柳 田(1931)P.200

⑪ 厂の む の ま な い 一 酒 の 巻 一 ① 」 『読 売 新 聞 』1978年6月19日 朝 刊 参 照 。

⑫ 「酒 を甘 くみ る な 一 と く に 若 者 と女 の 人 へ 」 『暮 し の 手 帖 』No.90,1985年 初 夏 号 PP.8‑9

⑬ 中 根(1976)P.248 (14)同 上P.253 (15)加 藤(1961)参 照 。

⑯ 「の む の ま な い 一 酒 の 巻 一 ③ 」 『読 売 新 聞 』,1978年6月21日 朝 刊 参 照 。 (17)「 顔 が 赤 くな る の は 酵 素 欠 損 に た め 」 『毎

(10)

日新 聞 』,1980年11月9日,「 お 酒 へ の 強 さ は 酵 素 の 違 い 」 『朝 日新 聞 』1981年6 月16日,「 健 康 の 時 代PARTVIQ飲 む ④ 」

『毎 日新 聞 』1985年8月30日 参 照。 (is)前 掲 『暮 し の 手 帖 』,P.17

⑲ 「未 成 年 者 の 飲 酒 な ぜ 禁 止 な の か 」 『朝 日 新 聞 』,1985年12月15日 参 照 。

(20)「 青 少 年 の 飲 酒 防 止 」 『東 京 新 聞 』,1986 年5月28日 参 照 。

⑳ ジ リ ア ン ・ダ イ ヤ ー(1982)佐 藤 毅 監 訳 (1985)PP.264‑267広 告 基 準 機 構 厂英 国 広 告 実 施 コ ー ド」 参 照。

(22)前 掲 『暮 し の 手 帖 』,P.17

〈引用 及 び 参 考文 献〉

『新 編 柳 田 国 男 集 』第 四 巻,筑 摩 書 房,1978

『新 編 柳 田 国 男 集 』第 九 巻,筑 摩 書 房,1979 加 藤 秀 俊 「わ れ わ れ は な ぜ 話 さ な い か 」 『言

語 生 活 』1961年11月 号,筑 摩 書 房 加 藤 秀 俊 『日常 性 の 社 会 学 』,文 化 出 版 局,

1974

中 根 千 枝 「酒 と社 会 」 東 京 大 学 公 開 講 座22

『酒 』,東 大 出 版 会,1976所 収 。 小 泉 武 夫 『酒 の 話 』,講 談 社,1982

ジ リ ア ン ・ダ イ ヤ ー,佐 藤 毅 監 訳 『広 告 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン』 紀 伊 国 屋 書 店,1985 南 博 十 社 会 心 理 研 究 所 編 『日本 人 の 生 活 文 化

事 典 』,勁 草 書 房,1983

参照

関連したドキュメント

The 33-mm opening bottle shows a smaller value in Item 3 The flow volume through the opening is large but a higher value in Item 2 The flow volume through the opening is

Item 1 (Liquid can easily flow out from the bottle), Item 3 (The flow volume through the opening is large) and Item 5 (The flow into the mouth is fast) ascribe large weight to the

As a research tool for the ATE, various scales have been used in the past; they are, for example, the 96-item version of the Tuckman-Lorge Scale 2) , the semantic differential

Working memory capacity related to reading: Measurement with the Japanese version of reading span test Mariko Osaka Department of Psychology, Osaka University of Foreign

Now it makes sense to ask if the curve x(s) has a tangent at the limit point x 0 ; this is exactly the formulation of the gradient conjecture in the Riemannian case.. By the

This paper gives a decomposition of the characteristic polynomial of the adjacency matrix of the tree T (d, k, r) , obtained by attaching copies of B(d, k) to the vertices of

The hypothesis of Hawkins & Hattori 2006 does not predict the failure of the successive cyclic wh-movement like 13; the [uFoc*] feature in the left periphery of an embedded

- Animacy of Figure (toreru and hazureru) - Animacy of Ground (toreru and hazureru).. In this way, a positive definition of the three verbs is possible. However, a) Toreru