佛教大學大學院紀要 28号(20000301) L165新矢昌昭「個人主義の「淋しさ」」

全文

(1)

佛 教 大 学 大 学 院 紀 要 第28号(2000年3月)

個 人 主 義 の 「

淋 し さ」

〔抄録 〕 「経 済 的 個 人 主 義 」 「宗 教 的 個 人 主 義 」 を 二 つ の 柱 とす る近 代 個 人主 義 は,近 代 化 に よっ て 非 西 洋 の社 会 に もた ら され る こ と に な っ た 。 しか し,そ の 場 合 の 多 くは,経 済 的 個 人 主 義 とい う 自 己 充足 的 な個 人 で あ り,宗 教 的個 人 主 義 の 非 西 洋 社 会 で の確 立 は 非 常 に 困 難 を と も な う もの で あ っ た。 そ の 困 難 を体 言 して い 為 人 物 の 一 人 と して 夏 目 漱 石 を取 り上 げ て み る。 彼 は,自 己 の 「個 人 主 義 」 を 「淋 しい 」 もの と して 位 置 付 け て い る。 こ の 「淋 しさ」 を論 及 す る こ と に よっ て,非 西 洋社 会 にお け る個 人 主 義 の確 立 の 困 難 さ を示 せ る と思 わ れ る。 キ ー ワ ー ド 夏 目 漱 石,個 人 主 義,「 淋 し さ 」,「 自 然 」 は じ め に 個 人 主 義 とい う言 葉 は,西 欧 社 会 に 成 立 した一 つ の 価 値 で あ る,と い うこ と を まず 認 識 して お か ね ば な ら な い 。 勿 論,前 近 代 の 社 会 に も 「個 人 」 が な か っ た と い うの で は な い 。 しか し, 個 人 主 義 は 近 代 イ デ オ ロギ ー の 中 で初 め て 登 場 した の で あ っ て,生 物 学 的,超 歴 史 的 な経 験 的 主 体 と して の 個 人 で は な い 。 「経 験 的 主 体 と して の 個 人 は どん な社 会 に お い て も存 在 す る が,精 くの 神 的 存 在 と して の個 人 が 見 い だ さ れ る の は 近 代 社 会 に お い て の み で あ る」 か らだ 。 つ ま り,集 団 の 中 で の 個 人 は,ど ん な社 会 に お い て も見 られ るが,個 人 そ の もの に価 値 を持 たせ る社 会 は 近 代 西 洋 に お い て の み 見 出 さ れ た の で あ る。 作 田 啓 一 の い う よ う に,基 本 的 に 近 代 個 入主 義 と は 「発 生 条 件 か ら見 れ ば,宗 教 的個 人 主 義 と経 済 的 個 人 主 義 が,個 人 主 義 全 体 の 中 の二 つ の 中 くの 心 で あ る」。 この 近 代 個 人 主 義 は,西 洋 で の み しか誕 生 しな か っ たが,近 代 化 とい う波 に よっ て, 西 洋 以外 に も知 られ る こ と とな っ た 。 しか し非 西 洋 に お け る近 代 化 過 程 は,一 般 的 に経 済 領域 で まず 起 こ り,次 い で 政 治 領 域 で 起 こ り,「 社 会 一文 化 的 領域 に お い て 最 も起 りに く く,し た が くヨラ っ て最 も起 る の が 遅 い 」 とい われ てい る。 近 代 個 人 主 義 の 内,本 稿 で 取 り上 げ る 「宗 教 的 個 人 主 一165一

(2)

個 人 主 義 の 「淋 し さ」(新 矢 昌 昭) 義 」は,従 っ て,も っ と も起 こ り に くい 社 会 一 文 化 領 域 に 属 す る の で あ る か ら,容 易 に 根 付 く は ず は な い 。 代 わ っ て 経 済 領 域 に 近 い 「経 済 的 個 人 主 義 」 は 蔓 延 し た の だ が 。 そ も そ も 日本 に お い て,個 人 主 義,或 い は 個 人 と い う 言 葉 自 体 が,近 代 以 降 翻 訳 さ れ た 言 葉 で あ っ た 。 柳 父 章 に よ る と,個 人 は 『英 華 辞 典 』 の 「一 個 人 」 を 継 承 し て い る が,こ の 「個 人 」 の 「個 」 と は,一 個,二 個 と 数 え る 時 の 個 で あ り,そ し て こ の 訳 語 は 「individua1の 意 味 を 伝 え る 訳 語 を あ き ら め,放 棄 し,『 英 華 辞 典 』 経 由 の,違 和 感 の あ る,意 味 の 乏 し い 漢 字 造 語 に 逃 避 し た 」 と い う 。 つ ま り,こ の 個 人 は,原 語 で あ るindividualに 対 応 す る 日 本 語 に 「望 ま し い も の くの は現 実 に 欠 け て い る」 こ と を示 して い た の で あ る。 こ の 個 人 主 義 とい う言 葉 は,そ もそ も個 人 が 生 ま れ て い な か った 地 盤 に,い わ ば 「形 」 と し て導 入 され た もの なの で 内容 を伴 う も の で は なか っ た の で あ る。 そ して現 代 に お い て も,こ の 個 人 主 義 は,日 本 の社 会 にお い て確 立 して い る とは 認 め が た い。 だ とす れ ば,こ の 個 人 主 義 とい う理 念 は 西 洋 の み の もの で あ り,西 洋 以 外 で は存 在 し な い の で あ ろ うか 。 しか し,こ の 言 葉 が 近 代 過 程 に お け る知 識 人 階 級 に よっ て 自覚 し,使 わ れ て い た こ と も事 実 で あ る。 そ こで,こ の語 が,自 覚 した 人 物 に よ っ て どの よ うに捉 え られ て い た の か が, 問 題 とな る。 即 ち,日 本 に お い て 「個 人 主 義 」 が 成 立 す る場 合,ど の よ う な前 提,要 件 が 満 た さ れ な け れ ば な ら なか っ た の で あ ろ うか とい う こ とで あ る。 こ の 人 物 の一 人 と して,こ こで は 夏 目漱 石 を 取 り上 げ て み る。 漱 石 は 自 らの 「個 人 主 義 」 を披 瀝 す る に あ た り,「淋 しさ」 を強 調 して い る。 何 故,「 個 人主 義 」 で あ る こ と に 「淋 し さ」 を味 わ わ ね ば な らなか っ たの で あ ろ うか。 こ の 「淋 し さ」 こそ は,個 人 が 日本 社 会 にお い て 確 立 す る こ との 困 難 さ を示 して い る の で は な か っ た の か 。 そ こか ら,こ の 「淋 し さ」 を解 明 す る こ と に よ っ て,非 西 洋 圏 に お け る 「個 人 主 義 」 確 立 の 一 つ の 事 例 を示 す こ とが で き るで あ ろ う。 つ ま り,本 稿 の視 点 は 非 西 洋 圏 に お い て 個 人 主 義 は 可 能 か とい うこ とに あ る 。 一 .漱 石 の 「個 人 主 義 」 「個 人 主 義 」 の 「淋 し さ」 につ い て 漱 石 が 端 的 に触 れ て い る の は,「 私 の 個 人 主 義 」 で あ る。 こ の 内容 は,前 半 で イ ギ リス留 学 中獲 得 した 「自 己本 位 」 が述 べ られ,後 半 で,「 個 人 主 義 」 の 問 題 点 が 述 べ ら れ て い る 。 漱 石 は個 人 が 自 由 で あ る為 に は,義 務 が 必 要 だ とい っ た上 で,自 ら の 「個 人 主 義 」 を述 べ て い る 。 さ っ き 個 人 の 自由 は先 刻 御 話 した 個 性 の発 展 上 極 め て 必 要 な もの で あ っ て,そ の 個 性 の発 展 が ま た 貴 方 が た の 幸 福 に非 常 な 関 係 を 及 ぼ す の だ か ら,ど う して も他 に 影響 の な い 限 り,僕 は さ しつか え は じ 左 を向 く,君 は右 を 向 い て も差 支 ない 位 の 自 由 は,自 分 で も把 持 し,他 人 に も附 与 しな く と り て は な る まい か と考 え られ ます 。 そ れ が 取 も直 さず 私 の い う個 人 主 義 な の で す 。 しか し,個 人 主 義 者 は,同 時 に 次 の よ う な経 験 を しな け れ ば な ら ない 。

(3)

佛 教 大 学 大 学 院紀 要 第28号(2000年3月) り ひ ほ う とう だ んた い 党 派 心 が な くっ て 理 非 が あ る 主 義 な の で す 。 朋 党 を結 び 団隊 を作 っ て,権 力 や 金 力 の た め に 皆 動 しな い とい う事 な の で す 。 そ れ だ か らそ の 裏 面 に は 人 に知 ら れ な い 淋 し さ も藩 ん で ん で い る の で す 。 既 に 党 派 で ない 以 上,我 は我 の 行 くべ き道 を勝 手 に行 くだ け で,そ う し て こ れ と同 時 に,他 人 の 行 くべ き道 を妨 げ な い の だか ら,あ る時 あ る場 合 に は人 間が ば ら ひと ば ら に な らな け れ ば な りませ ん 。 其 所 が 淋 しい の で す 。(中 略)私 は他 の存 在 をそ れ ほ ど に ひと 認 め て い る,即 ち他 に そ れ だ け の 自由 を与 え て い る の で す 。 だ か ら向 こ うの 気 が 進 まな い お じょ く の に,い く ら私 が 汚 辱 を感 ず る よ う な こ と が あ っ て も,決 して 助 力 は 頼 め な い の で す 。 そ こ こ うは い 其 処 が 個 人 主 義 の 淋 しさで す 。 個 人 主 義 は 人 を 目標 と して 向背 を 決 す る前 に,ま ず 理 非 を 萌 らめ て,翼 號 》を定 め る の だ か ら,或 場 合 に は た っ た 一 人 ぼ っ ち に な っ て,淋 しい 心 持 ち が す る の で す 。 しか し,何 故,漱 石 の い う 「個 人 主 義 」 で,人 は 「淋 しさ」 を 感 じな け れ ば な ら ない の で あ ろ うか 。 この 「淋 し さ 」 は何 処 か ら来 る の だ ろ うか 。 この 「淋 し さ」 に つ い て,小 森 陽 一 は, 他 者 の 考 え方 の 「『理 非 を明 らめ 』 た う え で,自 らが 主 張 す べ き こ とが あ れ ば,た とえ 『た っ た 一 人 ぼ っ ち に な っ』 た と して も ,そ れをあ えて実践す る とい う,単 独性 を生 きぬ こうとす る覚 くの 悟 」 とい い,小 宮 豊 隆 も道 理 は 人 を超 え た もの で あ っ て,道 理 に従 う こ とは,例 え愛 す る 人 を も踏 み 進 ん で い か ね ば な らない 。 「然 し道 理 に従 ふ とい ふ 以 上,人 はそ の 淋 し さに堪 へ る だ け の, くの 覚 悟 を立 て な け れ ば な ら ない 」 とい う。 土 居 健 郎 は,「 もっ と も個 人 主 義 な の だ か ら,個 人 が ば らば らで も文 句 は 言 え な い はず だ が,し か し,問 題 は そ の ば らば らの個 人 が 滅 多 に 自立 して い くの な い とい う事 実 で あ る」 とい う。 これ らは概 ね,個 人 主 義 と して生 き る と い う こ とは,人 間 に とっ て の 「理 非 」 「道 理 」 に従 い,ま た 「自立 」 しな け ば な らな い か ら 「淋 しさ」 を味 わ わ ね ば な らな い,と して い る。 しか し,問 題 は この 「淋 し さ」 を生 じさせ る漱 石 の,否,非 西 洋 圏 に お け る 「個 人 主 義 」 の確 立 の 困 難 さ に あ る と思 わ れ る 。 つ ま り,非 西 洋 に お け る 「個 入 主 義 」 そ の もの に 「淋 しさ」 を伴 わ ね ば な らな い 要 件 が あ る よ うに 思 わ れ る 。 従 っ て,こ の 「淋 し さ」 を生 じさせ る 「個 人 主 義 」 を解 明す る こ と に よ っ て,漱 石 或 い は 非 西 洋 圏 で の 「個 人 主 義 」 の 在 り方 自体 が 明 確 に な ろ う。 だが,そ の 前 に,漱 石 を一 旦 離 れ,個 人 主 義 とは 何 か を問 う必 要 が あ る。 二.個 人 主 義 の 成 立 一体 こ の西 洋 を起 源 とす る 個 人 主 義 とは,そ もそ も如 何 に して 形 成 され た の だ ろ うか 。 これ を概 観 す る こ と に よ っ て,漱 石 の 「個 人 主 義 」 が どの よ う に形 成 され た の か を論 じ る こ とが で きる。 人 類 学 者 で あ るL・ デ ュモ ン は,社 会 を個 人 に価 値 を置 く個 人 主 義 と,全 体 に価 値 を置 く全 体 論(フ ォー リ ズ ム)'に 二 分 し,個 人 主 義 が 如 何 に生 ま れ た か を 考 察 して い くが,そ の 個 人 主 一167一

(4)

個 人 主 義 の 「淋 し さ」(新 矢 昌 昭) 義 は イ ン ド社 会 と西 洋 社 会 との 比 較 に よ っ て 見 出 した 解 脱 の た め や 隠遁 生 活 者 で あ る 「世 俗 外 個 人 」 に起 源 が あ る とい う。 この 世 俗 外 個 人 を重 視 す る の は,「 世 俗 に対 す る異 化 こそ が 個 人 の 精 神 的 成 長 の 条 件 で あ る 。 世 界 を放 棄 す る とい う こ と は直 ち に,現 世 に お け る 生 活 の 相 対 化 に つ な が る」 か らで あ る 。 そ して,こ の 世 俗 外 個 人 は,キ リス ト教,ヘ レニ ズ ム 世 界 周 辺 に も見 られ た の で あ っ た。 しか し,キ リス ト教 は 「神 との 関 係 に あ る個 人 」 を説 き,決 定 的 に 世 俗 外 個 人 の 意 義 を持 たせ て い た 。 何 故 な ら,個 人 の魂 は神 と繋 が る父 子 関 係 に よ っ て 永 遠 の 価 値 を 担 い,こ の 関係 に よ っ て,人 間 の友 愛 も生 まれ るか らだ 。 「た と え社 会 の 諸 制 度 が 神 に よ っ て 作 .ら 犯 た もの と して あ る と して も,こ の通 常 の 枠 を超 え た 断 定 は人 間世 界 や 諸 社 会 制 度 を超 越 し た 平 面 で 成 立 して い る。 個 人 の無 限 の 価 値 は,同 時 に あ りの ま ま の 世 界 の価 値 を低 落 さ せ る」 の で あ るa現 実 世 界(全 体 論 の社 会)は,神 と直 接 的 な 関 係 の 下 で は低 い 価 値 を持 つ に 過 ぎ な い の で あ る 。 つ ま り,こ こに は神 との 関 係 に よ る個 人 と現 世秩 序 の ヒエ ラ ル キ ー 化 が 見 られ, 世 俗 秩 序 は 絶 対 的 な価 値 に従 属 す る も の と して 相 対 化 され,こ こ に序 列 化 され た二 分 法 が 成 立 す る の で あ る。 そ して,こ の神 との 関 係 が 現 実 世 界 に持 ち 込 まれ る こ とに よ っ て世 俗 内 的 個 人 主 義 が 生 ま れ る の で あ る。 こ れ を 図 式 化 した の が,図1で あ る 。 外 円 は,神 と の 関係 に よ る個 人 主 義 で あ り,内 円 は 世 俗 にお け る 必 要 性,義 務,服 従 を あ らわ して い る 。 こ の 図 か ら近 代 個 人 主 義 の 誕 生 が 説 明 で き る。 至 上 の価 値 で あ る外 円 に取 り込 まれ た 世 俗 生 活 の 内 円が 圧 迫 さ れ る と,世 俗 生 活 は次 第 に侵 食 さ れ,や が て は世 界 の 不 均 衡 性 が 完 全 に消 滅 す る。 そ れ に よ っ て 円 は 統 一 化 され全 体 論 は 姿 を消 す 。 「そ して 現 世 にお け る生 活 は そ の至 上 価 値 に順 応 す る もの と くわ な り,こ う して世 俗 外 個 人 は近 代 的 世 俗 内 個 人 と な る」。 これ が個 人 主 義 誕生 の プ ロ セ ス で あ る。 デ ュモ ンの 要 点 は世 俗 外 個 人 が 世 俗 内 個 人 に移 行 した 時 に,全 体 論 を解 体 させ 個 入 主 義 の 社 会 が 成 立 す る こ と に あ る。 この 最 終 的 な 成 立 を デ ュ モ ン は カ ル ヴ ァ ン に よ っ て と見 て い る 。 つ ま 図1

神 との個 人主義

(世俗 外個 人主義)

圧 迫

世 俗界

(5)

佛 教大学 大学 院紀 要 第28号(2000年3月) り,宗 教 改 革 に よ っ て カ ル ヴ ァ ンが 「個 人 主 義 的価 値 の 適 用 を制 限 す る全 体 論 的 性 格 を持 つ 原 くの 則 は 認 め な か っ た 」 こ とに よっ て,世 俗 外 個 人 が 世 俗 内 を支 配 す る よ う に な っ た か らで あ る 。 又 作 田 啓 一 は この 最 終 的 な段 階 を,次 の よ う にい う。 「宗 教 改 革 に よ っ て聖 職 者 と俗 人 の 区別 が な くな っ た 時,神 と の接 触 を専 門 とす る 聖 職 者 が い だ い て い た 人格 の 尊 厳 の観 念,人 はす べ て 神 の 愛 に 照 ら さ れ て い る 限 り尊 厳 に 値 す る と い う観 念 が,俗 人 に も共 有 され る こ と に な っ た 」 くゆ と。 で は,デ ュ モ ンの い う よ うな キ リ ス ト教 を持 た な い 文 化 圏 に お い て は,個 人 主 義 は 誕 生 しな い の で あ ろ うか 。 そ の答 え は 「然 り」 で あ る。 デ ュ モ ンが い う よ う に,世 俗 外 個 人 は 非 西 洋 圏 くユリ に も存 在 す る もの の,こ の 「近 代 個 人 主 義 は きわ め て例 外 的 な現 象 で あ る 」 か らだ 。 しか し, この デ ュ モ ンの 論 考 は,個 人 主 義 社 会 の 「誕 生 」 を 考 察 して い る こ と に注 意 す る 必 要 が あ る と ロの 思 わ れ る。 で は,漱 石 は如 何 に して 「個 人 主 義 」 で あ りえた の だ ろ うか 。 非 西 洋 圏 の 全 体 論 的 な社 会 の 中 で,個 人 が 成立 す る に は どの よ うな 要件 を満 た さな け れ ば な らな い の だ ろ うか 。 三 超 越 的 存 在 と し て の 「自 然 」 先 ほ ど見 た よ う に,個 人 主 義 は超 越 的存 在 と交 わ る世 俗 外 個 人 に 起 源 が あ り,そ して 世 俗 内 に 移 行 す る こ と に よ っ て,初 め て 個 人 と な る の で あ っ た 。 そ の 際,注 意 す べ きは,こ の 世 俗 外 個 人 が 必 ず し も絶 対 的 な 「神 」 を想 定 し な くて もい い とい う こ とで あ る。 ヘ レニ ズ ム 期 の 哲 人 は,理 性 を追 求 す る為 に 「社 会 生 活 を個 人 の 背 景 に押 しや る こ と」 に価 値 が あ り,「賢 者 に な る くユヨシ た め に は,ま ず 世 俗 を 捨 て な け れ ば な ら な」 か っ た か らで あ る 。 つ ま り,作 田 の い う よ う に 「個 人 は世 俗 的 共 同体 の秩 序 の 外 で 生 ま れ る 。 彼 は そ の 秩 序 の 外 で 神 あ る い は 自然 とい っ た な ん らか の 超 越 的存 在 と交 わ る 。(中 略)世 俗 外 で 超越 的 存 在 と同 化 し,個 体 性 の枠 を越 え た時 点 で くユの 個 人 と な る」 の だ 。 作 田 は,日 本 に お い て この よ うな 世 俗 外 個 人 を見 出す とす れ ば,「 隠遁 者 」 に な る とい う。 勿 論 漱 石 が 「隠者 」 だ っ た とい うの で は な く,こ こ で 問題 とな る の は,象 徴 の 領 域 で あ り,r小 説 を書 く立 場 が 超 俗 界 に あ る 」とい う こ とに あ る。 そ して 漱 石 が 個 人 主 義 で あ る の は,超 越 的存 在 と して の 「自然 」 を 厂生 の 拠 り どこ ろ 」 と す る 世 俗 外 個 人 で あ った が,彼 は そ こに と ど ま る こ と な く,「 現 実 世 界 」 の 中 で他 者 と の融 合 の 道 を探 求 した か らで あ る とい う。 そ して,そ の 「淋 しさ」と は 自己 の 依 拠 に伴 う もの で は な く「自己 を超 え た大 き な力=『 自然 」 に よ って 動 か され ロらラ て い る こ と を知 っ て い る人 間 の孤 独 なの で あ る 」とい う。 こ の漱 石 の 「自然 」 につ い て は,「 死 ん だ 自然 」で あ って,「 そ の 中 で は 人 間 は解 体 し尽 く され,粉 末 と な っ て拡 散 」 し,ま た 「人 間 くゆ は無 の 中 に解 体 させ られ て い く」 もの で あ る とい う。 以 上 の よ う な,デ ュ モ ン に ヒ ン トを得,日 本 社 会 に お け る 個 人 主 義 を 思想 ・文 学 に見 出 そ う とす る作 田 の 論 点 は,大 い に評 価 す べ きで あ ろ う。特 に,漱 石 が 個 人 主 義 で あ るた め の 「自然 」 -169一

(6)

個人主義 の 「淋 しさ」(新 矢 昌昭) の 位 置 付 け は,重 要 で あ る。 作 田 の い う よ う に,漱 石 に とっ て の 「自然 」 は,超 越 的 な 意 味 を 持 ち,拠 り所 に な っ て い た と思 わ れ る。 しか し,漱 石 の 「自然 」 は後 に 見 る よ う に多 義 的 な 意 味 を持 っ て お り,こ の 「自然 」 を 明 らか に しな け れ ば 「淋 し さ」 の 意 味 も捉 え られ な い で あ ろ う。 そ こ で 漱 石 の 「自然 」 を,問 い 直 す 必 要 が あ る と思 わ れ る。 阿 部 謹 也 も漱 石 は 隠遁 者 で は な い が,漱 石 の 作 品 に は世 間 や 社 会 に 背 を 向 け る とい う 隠遁 的 な傾 向 が あ る とい う 。 そ して, 「隠者 とは 日本 の 歴 史 の 中 で は例 外 的 に しか 存 在 しえ なか っ た 『個 人 』 に ほ か な ら ない 。 日本 で 『個 』 の あ り方 を模 索 し 自覚 した 人 は い つ まで も,結 果 と して 隠者 的 な 暮 ら し を選 ば ざ る を え な くユの か った の で あ る」,と い う よ うに 隠 者 で あ る こ とが 個 人 の前 提 で あ る と して い る。 阿 部 は,個 人 主 義 を問 題 と して い ない の で,世 俗 外 個 人 と して の 漱 石 が 求 め た 真 理 につ い て述 べ て い な い が, 漱 石 が 隠 者 的 で あ り,ま た 隠者 こそ が 個 人 で あ っ た とい う視 点 は参 考 に な ろ う。 従 っ て、問 題 とな る の は,世 俗 外 個 人 と して 漱 石 を見 る な らば,彼 が作 品 を ど の よ う な態 度 で 書 い て い た の か とい う こ とに な る と思 わ れ る 。 何 故 な らば,隠 者 は真 理 を求 め る た め に世 俗 を 逃 れ た の で あ る か ら,同 じ よ う に書 くこ と を通 して,真 理 を求 め る 漱 石 の 態 度 こそ を問 題 と し な け れ ば な らな い か らで あ る 。 つ ま り,漱 石 に世 俗 外 個 人 をみ る な らば,漱 石 は小 説 を書 く と い う こ と に どの よ う な真 理 を求 め,超 越 的 な 存 在 と結 び つ い た の か,と い う こ とで あ る 。 そ こ で 初 め て,漱 石 に と っ て真 理 で あ り,個 人 主 義 で あ る た め の 超 越 的 な 存 在 と して の 「自然 」と は 何 か,が 重 要 とな って くる の で あ る。 即 ち,漱 石 は如 何 に して,世 俗 外 個 人 とな り,ま た 彼 が 依 拠 す る 「自然 」 とは,何 だ っ た のか を 問 わ ね ば な らな い。 先 ず 世 俗 外 個 人 と して の 漱 石 につ い て 考 えて み よ う。 漱 石 は,次 の よ う に 自己 の 小 説 を書 く 立 場 を述 べ て い る 。 (自然 文 学 の)作 物 は,第 一 義 の道 念 に 触 れ て居 るか も知 れ ぬ 。 然 し其 第 一 義 とい ふ の は 生 死 界 中 に 在 っ て の 第 一.で あ る。 ど う して も生 死 を 脱 離 し得 ぬ 煩 悩 底 の 第 一 義 で あ る 。 (中略)も し生 死 の 関 門 を打 破 して二 者 を 眼 中 に措 か ぬ 人 生 観 が 成 立 し得 る とす る と今 の所 謂 第 一 義 は 却 って 第 二 義 に堕 在 す る か も知 れ ぬ 。俳 味 禅 味 の論 が こ こ で生 ず る。(「高 浜 虚 子 著 『鶏頭 』 序 」) 桶 谷 秀 昭 は,漱 石 の 「生 死 の 関 門 」 を突 破 した境 地 は,あ く まで仮 説 で あ るが,「 しか し こ の絶 対 境 を ど こ か で か か え こん で い な け れ ば,個 人 が そ れ じた い と して 価 値 あ る とす る近 代 社 会 の 相 対 的 な価 値 関 係 に耐 え,そ れ を 立体 的 に眺 め描 くこ と は不 可 能 で あ る とい う認 識 」 で あ る と くゆ い う。 こ の 「生 死 の 関 門 を打 破 」 す る とい う こ とが 彼 の 文 学 の 目的 で あ っ た とす る と,漱 石 の 文 学 に求 め る 態 度 は,真 理 或 い は超 越 的 存 在 を 求 め る 隠遁 者 と同 じで あ る とい え る 。 漱 石 は俗 世 に 生 活 し て い た が,そ の 「生 死 の 関 門 を打 破 」 す る た め に小 説 を書 くと い う 隠遁 的 な行 為 は, 真 理 を求 め る 世 俗 外 個 人 で あ る とい え よ う。 だ が,世 俗 外 個 人 で あ る為 に は,そ の 前 提 と して 超 越 的 な存 在 と交 わ らね ば な らな い 。 漱 石 の 場 合,「 生 死 の 関 門 を打 破 」 した 彼 方 にあ る と信 じ た もの が,そ の 超 越 的 な存 在 で あ る とい え よ う。 そ こ で,こ の 超 越 的存 在 を 目指 して い た 世 俗

(7)

佛教大学 大学院紀 要 第28号(2000年3月) 外 個 人 で あ る漱 石 にと っ て,こ の 超 越 的 存 在 とは何 か と い う こ と に な るが,こ れ が 作 田 の い う 「自然 」 で あ ろ う。 漱 石 は,多 義 的 に 「自然 」 と い う言 葉 を使 っ て い る と い っ た が,漱 石 は 「自然 」 に どの よ う な意 味 を持 たせ て い た の か が 重 要 に な る。 確 か に 漱石 の作 品 に は,「 自然 」 が 数 多 く使 用 され て くマ マラ い る が,し か し,漱 石 が 「か の 自然 と云 ふ 文 字 は,(中 略)一 切 万 物 に適 用 すべ き語 ば なが ら, 特 に 文 学 に 於 て は,其 意 義 を縮 め て 人 間 の 自然 と山 川 の 自然 と限 劃 す る も差 し支 へ な か ら ん 」 (「英 国 詩 人 の 天 地 山川 に対 す る概 念 」)と い うよ う に,彼 に と って の 「自然 」 は当 初 か ら基 本 的 に は 大 き く二 分 され て い た よ う に思 え る。 恐 ら く この 捉 え 方 は,natureの 翻 訳 の 影響 が あ る と 思 わ れ る。 相 良亨 に よる と,山 川 草 木 の 総 称,自 然 科 学等,客 体 と して の 自然 は 明 治30年 代 に 定 着 した の で あ っ たが,従 来 の 自然 は 「『自然 の 』 『自然 に 』 の よ う に形 容 詞 ・副 詞 と して 用 い ら れ て お り,『 お の ず か らの 』 ・ 『お の ず か らに 』 の 意 味 を もつ も の で あ っ た 」。 そ して この 「お の ず か ら」 と は,「 も と も とあ る 主 語 的存 在 が あ り,そ の 様 態,そ の 動 き につ い て,そ れ が 他 の力 に よる こ とな く,そ の 存 在 に 内在 す る力 に よっ て な る こ とを意 味 す る」。 つ ま り 「明 治 三 十 年 代 以 降 に お け る 自然 は,一 面 に お い てNatureの 訳 語 で あ ろ う と しつ つ,他 面 に お い て は, くゆ 宗 教 的 自然 観 な ど とい わ れ る伝 統 的 自然 観 を継 承 す る もの で あ っ た の で あ る」 とい い,こ の二 つ の 解 釈 が 可 能 で あ っ た の は,仮 定 と して,「 お の ず か ら」 や 自然 の 主 語 を考 え る と す れ ば, 「宇 宙 」 の 「お の ず か ら」 ・ 「宇 宙 の 自然 」 とな る。 近 世 にお い て これ は 「天 地 の 自然 」 と して 表 現 さ れ た が,天 地 は 「お の ず か ら」 の 生 成 とそ こか ら生 成 され る万 物 で あ る か ら 「天 地 の 自 然 」 が 「天 地 自然 」 とな り,「 さ らに天 地 を 落 と して 自然 が 独 立 して くる可 能 性 が あ り,そ れ が ゆの 自然 とい う翻 訳 語 の 定着 に つ な が 」 った か らで あ る とい う。 この 相 良 の 自然 観 は漱 石 の 「自然 」 を考 え る と き,大 い に参 考 と な る 。 漱 石 の 「自然 」 も,こ の 「山川 草 木 の 自然 」 と 「お の ず か ら と して の 自然 」 に 前 提 が あ る よ う に 思 え る。 こ れ を漱 石 の い う,A「 山 川 の 自然 」,B「 人 間 の 自然 」 と対 比 す る と,以 下 の よ う な も のが 作 品か ら取 り挙 げ られ る。 A,私 は 青 くよみ が え ろ う とす る大 きな 自然 の 中 に,先 生 を誘 い 出 そ う と した(『 こ ころ 』 上 二 十 六) B,1「 今 日始 め て 自然 の 昔 に帰 る ん だ 」 と胸 の 中 で い った 。(中 略)始 か ら何 故 自然 に抵 抗 し た の か と思 っ た 。(『そ れ か ら』 十 四) ちがい 2道 徳 に加 勢 す る もの は一 時 の 勝 利 者 に は違 な い が,永 久 の敗 北 者 だ 。 自然 に従 う も の は, 一 時 の敗 北 者 だ けれ ども永 久 の 勝 利 者 だ(『 行 人 』 帰 って か ら二 十八) ふ た り 3こ うい ふ 不 愉 快 な場 面 の 後 に は た い て い仲 裁 者 と して の 自然 が 二 人 の あ い だ に は い っ て き た。 二 人 は い つ とな く普 通 夫 婦 の き く よ うな 口 を き きだ し た。 け れ ど もあ る時 の 自然 は ま っ た くの 傍 観 者 に 過 ぎ な か っ た。 夫 婦 は ど こ まで 行 っ て も背 中 合 わ せ の ま ま で暮 ら した。 (『道 草 』 五 十五) そ こ こ だ わ 4女 は 前 後 の 関 係 か ら,思 慮 分 別 の許 す 限 り,全 身 を挙 げ て其 所 へ 拘 泥 らな け れ ば な ら なか 一171

(8)

個 人主 義 の 「淋 しさ」(新 矢 昌昭) っ た 。 そ れ が 彼 女 の 自然 で あ っ た 。 然 し 不 幸 な こ と に,自 然 全 体 は 彼 女 よ り も 大 き か っ た 。 は る か れ ん はば 彼 女 の 遥 か 上 に も続 い て い た 。 公 平 な 光 を放 っ て,可 憐 な彼 女 を 殺 そ う と して憚 か らな か っ た。(中 略)拘 泥 る ご と に,津 田 と彼 女 の距 離 は だ ん だ ん 増 して 行 っ た 。 大 き な 自然 は , じゅう りん 彼 女 の 小 さい 自然 か ら出 た行 為 を,遠 慮 な く蹂 躙 した。(『明 暗 』 百 四 十 七) さ ら 5仕 合 せ な事 に 自然 は思 っ た よ り残 酷 で な か っ た 。 彼 女 は 自分 の 弱 点 を 浚 け 出す と共 に一 種 た め し の報 酬 を得 た。 今 まで どん な に勝 ち誇 っ て も物 足 りた例 の なか っ た 夫 の 様 子 が,少 し変 わ った 。(『明 暗 』 百 五 十) こ の よ う に漱 石 は 「自然 」 に,多 義 的 な意 味 を持 た せ て い る こ とが 分 か る 。 しか し,平 井 敬 員 に よ る と,「 漱 石 に とっ て外 在 的 ・超 越 的 〈山川 の 自然 〉 な る もの は存 在 しな い 。 〈山 川 の 自 然 〉 は彼 が 現 世 的論 理 に 神 経 を疲 れ させ た 時,そ の 休 息 の た め に 設 け られ た 一 時 的 な避 難 場 所 くハ に す ぎ な い 」 と い う。 とす る と,漱 石 に と っ て は,Aで は な く,Bの よ う な 「自然 」 が 重 要 に な る 。 つ ま り,漱 石 の 「自 然 」 は,伝 統 的 な 人 間 に と っ て の 「お の ず か ら と し て の 自 然 」 を 重 視 し て い る と い え よ う 。 Bl,2の よ う な 「自 然 」 は,今 西 順 吉 が 「社 会 規 範 に 対 抗 し て も貫 か ね ば な ら な い,い わ ば 人 にの 問 の 絶 対 的 な価 値 基 準 」 とい う よ う に,人 間 の 内面 を 扱 って い る こ とが 分 か る 。 つ ま り,こ の 「自然 」 は,自 己 の 本 源 的 な信 念 で あ る と い え る。 だ か ら逆 に い う と,倫 理 的 な側 面 は持 っ て い な い。 そ こ で,重 要 と な って くる の は,B3∼5の よ う な人 間 を超 え て い る よ う に捉 え られ る 「自然 」 に,漱 石 は 超 越 的 な価 値 を持 た せ て い た の か,と い う こ とで あ る。 大 石 嘉 美 は,「 〈人 間 の意 思 を超 え て こ の 世 界 に存 在 し,人 間 の個 人 的 ・社 会 的 な営 み を本 来 あ るべ き方 向へ 導 こ う とす る, ねヨラ ー 種 の力 を〉 意 味 す る」 とい う。 大 石 の 「自然 」 の 捉 え 方 は,作 田 と同 じ よ う に漱 石 の 内 面 か ら超 え た も の を言 い表 して い る と思 え る。 こ れ らに対 して,柄 谷 行 人 は,漱 石 にお い て 「自然 」 は フ ィ ジ カル な もの を通 して認 識 され , そ して 「自然 」 は 「意 識 」 の外 に広 が る非 存 在 の 闇 で あ る が,漱 石 は 「自然 」 を神 と も天 と も 呼 ば ない,あ く まで も 「自然 」 なの で あ る。 「なぜ な ら,漱 石 は超 越 性 を,も の の 感 触 い い か え ロの れ ば生 の 感 触 を通 して しか 見 出 そ う と しなか っ たか らで あ る」 とい う。樋 野 憲 子 は,『 道 草 』 の 自然 につ い て,「 技 巧 や 策 略 に対 立 し,倫 理 や 論 理 を も超 越 した純 粋 な公 正 さ とい っ た もの で あ り,人 間 の 存 在 を こ え た所 で 人 間 を動 か して い る」。 しか し,人 間 を超 え た 自然 とい っ て も,自 然 に漱 石 が 超 越 的絶 対 的 な価 値 基 準 を認 め て い た こ とを意 味 せ ず,「 そ れ が 人 間 の 知性 に よ って は 認 知 す る 事 の で きな い もの で あ る が 故 に,人 間 以 上 の も の と され るの で あ っ て,自 然 は あ く にらラ まで も人 間 の 内 に あ る の で あ る 」 とい う。 また 阿 満 利 麿 は,『 明 暗 』 を引 用 し,漱 石 は 自意 識 の 中 に 「大 き な 自然 」 と 「小 さい 自然」 を発 見 し,「小 さい 自然 」 と は 自意 識(エ ゴ イ ズ ム)で あ セゆ る と し,「 大 きな 自然 」 と は 自意 識 を客 観 的 に見,全 体 が 見 えて くる と きの 意 識 だ とい う。 これ らの 考 察 は,漱 石 の 「自然 」 が 漱 石 に とっ て,超 越 性 を持 たず 内在 して い た と して捉 え て い る

(9)

佛 教 大 学 大 学 院紀 要 第28号(2000年3月) よ う に 思 え る 。 つ ま り漱 石 に と っ て の 「自 然 」 は,人 間 の 内 面 に あ る の か,入 間 の 内 面 を 超 え た 所 に あ る の か に 焦 点 を あ て る こ と に よ っ て 異 な っ て く る と 思 わ れ る 。 し か し,漱 石 はB-1,2の よ う に 「自 然 」 が 入 間 の 内 面 に あ る 意 味 と,更 に 人 間 の 内 面 を 超 え たB-3∼B-4の よ う な 「自 然 」 と に 意 味 を 持 た せ て い る 。 従 っ て,漱 石 の 「自 然 」 は 自 己 に 連 続 し 自 己 を 超 越 し た 「自 然 」 で あ る と い う こ と が 出 来 る と 思 わ れ る 。 だ が,こ の よ う な 自 己 を 超 越 す る 「自 然 」 が 漱 石 に は, な か っ た と も捉 え ら れ な く は な い 。 確 か に 漱 石 は,超 越 的 な も の を 認 め ず,己 の 意 識,知 性 を 信 じ て い た 。 「信 仰 ハ 事 実 ヲ 曲 解 ス ル コ トニ 於 テ 事 実 ヲ 勝 手 二selectス ル コ トニ 於 テ(耶 蘇 ノ 奇 跡 等)normalexperienceヲ 妨 害 ス ル 者 ナ リabnormalナ ルexperienceヲ 与 へ 易 キ 者 ナ リ 。 此 点 ノ

に れだけコ セの   ユ 関 ス ル丈 其 丈 迄 信 仰 ハ 吾 人 ヲ害 ス ル者 ナ リ」(「ノー ト」)と い い,ま た 「吾 ガ云 フ所 ノ者 ハ 幻 象 ゆるすべか らざる 界 ノ コ トナ リ幻 象 以 外 二 渡 レバ 不 可 許 空 想 二 帰 ス 。 根 帯 ナ キ迷 想 二 帰 ス 。 幻 象 以 内 トハ 意 識 ヲ 離 レズ トノ コ ト智 ヲ離 レズ 又 意 思 ヲ離 レズ トノ コ トナ リ之 ヲ換 言 ス レバ 生 二 就 イ テ云 フ コ トナ くゆ リ」(「ノ ー ト」)と 述 べ て い る 。 この よ う に,漱 石 は超 越 的 な 存 在 を置 か ず 自己 の 生 そ の もの で あ る 「自然 」 を 自 らの 意 識 で 明 らか に し よ う と した。 阿 満 に よ る と,漱 石 の 「自己 本 位 」 と は, 「意 識 も無 意 識 もふ くめ て,私 とい う もの の 全 体 を統 合 す る 主体 性 の 確 保 で あ る。 無 意 識 か らの 不 意 の侵 略 に 対 して も動 じる こ との な い,主 体 の 自覚 」 に あ っ た が,「 あ くまで も理 性,知 性 の 立 場 か ら探 求 され ね ば な ら な か っ た 」。 そ して漱 石 が,選 ん だ の は 「自意 識 の 客 観 化 」 「純 客 観 の 目」 で あ っ た 。 これ は 「総 じて 変 転 きわ ま りない 自 意 識 を,全 体 的 に,公 平 に凝 視 す る こ と で あ る」。 こ の公 平 に いず れ を も等 し く眺 め る とい う視 点 か ら,自 意 識 の 中 に 「大 き な 自然 」 と 「小 さい 自然 」 を発 見 し,「 大 きな 自然 」 か ら,「 日常 的 意 識 を客 観 視 す る こ とで,そ れ を超 え る のぬ (それ を 「小 我 」 と見 る とい う意 味 で)こ とが で きる とす る 考 え」 を持 て た の で あ る と い う。 し か し,阿 満 の い う 「純 客 観 の 目」 を漱 石 が持 っ て い た な らば,そ れ は 自己 の 「自然 」(小 我)を もは や超 え て し まい,「 大 きな 自然 」 と は超 越 的 な もの に な って し ま うの で は ない の か 。 更 に い う と,漱 石 は この よ う な境 地 に は至 れ な か っ た と見 る べ き で あ っ て,こ こか ら逆 に 「大 き な 自 然 」 と は超 越 的 な価 値 を持 っ て くる の で は な か ろ うか 。 即 ち,漱 石 の 「大 きな 自然 」 は内 在 す る 「小 さい 自然 」 か ら あ ふ れ 出 た 「何 」 か,で あ っ た と思 わ れ る 。 漱 石 は この 「大 き な 自然 」 を 知 る こ と を断 絶 した こ とで,「 大 きな 自然 」 に支 え られ て い る 「小 さ い 自然 」 と して の 自己 を 見 つ け た の で は なか ろ うか 。 即 ち,「 こ の世 の生 は無 窮 の 生 成 よ り成 り現 われ た も の で あ り,こ にゆ の 世 の 生 に生 きる こ と自体 が 無 窮 の生 成 の 一 齣 に生 き る こ と」 を 知 る こ とに よっ て,「 小 さ い 自 然 」 とい う 自己 が 「生 成 全 体 」 と い う 「大 き な 自然 」(「お の ず か ら」 と して の 自然)の 一 部 で あ る こ と を知 っ た の で あ る と思 わ れ る 。 確 か に,阿 満 の い う よ うに 「大 きな 自然 」 の境 地 に 至 っ た と見 られ な く もな い 。 弟 子 に語 っ た あ の 「則 天 去 私 」 巡 る 会 話 はそ う した 境 地 を獲 得 し た と見 え な くも な いか らだ 。 弟 子 が 本 能 を 自在 に コ ン トロー ル す る態 度 を体 得 した か とい う問 い に 対 して,漱 石 は, 漸 く自分 も此 頃 一 つ の さ うい っ た境 地 に 出 た。 『則 天 去 私 』 と 自分 で は よ ん で居 る(中 略) -173一

(10)

個人主義の 「淋 しさ」(新 矢 昌昭) つ ま り普 通 自分 自分 とい ふ 所 謂 小 我 の 私 を去 って,も っ と大 きな謂 は ば普 遍 的 な 大 我 の 命 ず る ま まに 自分 を まか せ る とい っ た や うな事 な ん だ が,さ う言 葉 で 言 っ て し まっ た ん で は 尽 くせ な い 気 が す る。 そ の前 に 出 る と,普 通 え ら さ うに 見 え る一 つ の 主 張 とか 理 想 とか 主 義 とか い ふ もの も結 局 ち っ ぽ け な も の で,さ うか とい っ て 普 通 つ ま ら な い と見 られ て る も の で も,そ れ は そ れ と して の 存 在 が 与 へ られ る。 つ ま り観 る方 か らい へ ば,す べ て が 一 視 ゆ ラ 同仁 だ 。 差 別 無 差 別 といふ よ う な事 に な る ん だ らう ね。 ま た,同 じ聞 き書 き に は,娘 が め っか ち に な っ た と して も 「今 の僕 な ら,多 分,あ あ,さ うか くヨの とい っ て,そ れ を 平 静 に 眺 め る 事 が 出来 る だ ら う と思 ふ 」 とい う。 しか し,こ れ を も っ て 漱 石 が 「大 きな 自然 」 を獲 得 して い た とは い え な い 。 何 故 な ら,森 田草 平 に よる 聞 き書 きで は,「 そ れ を 見 て も,自 分 は あ あ さ うか と云 っ た ま ま,心 を 動 か さず に い られ るや う な 境 地 に入 っ た と くヨか は 云 は ない が,さ うい う境 地 に入 りた い と は始 終 心 懸 て い る」 とな って お り,漱 石 自 身 そ の よ うな境 地 に入 っ た とは い っ て い な い 。更 に, 生 よ りも死,然 し是 で は 生 を厭 ふ とい ふ 意 味 が あ るか ら,生 死 を一 貫 しな くて は な ら ない (も し くは超 越),す る と現 象 即 実在,相 対 即 絶 対 で な くて は不 可 に な る 。 「そ れ は 理 屈 で さ うな る 順 序 だ と考 へ る丈 な の でせ う」 「さ うか も知 れ ない 」 「考へ て そ こへ 到 れ るの で す か」 「た だ 行 きた い と思 ふ の です 」(「断 片 」 大 正 四年) とい う。 これ ら を見 る と,漱 石 は あ の 「大 き な 自然 」(大 我)に は至 れ な か っ た とい え る が,し か し 目指 して い た と い え るの で は な か ろ うか 。 む し ろ,こ こに 至 れ なか っ た か ら こ そ 自己 を超 越 して い る 「自然 」 とい う存 在 が 見 出 せ た と思 わ れ る。 つ ま り,こ う した 意 識 に よ る 追 求 の果 て に 自 己 を超 越 して い る 「自然 」 を見 出 し た の で あ る。 家 永 三 郎 が 「彼 の 求 め る 『絶 対 』 は何 処 迄 も現 実 の 有 限性 を有 限性 と して これ に即 して成 立 す る 無 限性 で なけ れ ば な らな か っ た 」。 し か しなが ら この 境 地 に 入 る名 案 が な く 「折 角 絶 対 の 境 地 と相接 し なが ら徒 に其 周 囲 を ど う ど う くヨの 巡 りす る の外 な く,こ こ に漱 石 の 宗 教 の 限界 が あ っ た と云 って よ い」 とい う よ う な こ とが,漱 石 の 知 性 の 結 論 で あ っ た 。 知 の 断 絶 に よ っ て 自己 の 「小 さい 自然 」 を 成 り立 たせ て い る 「大 き な 自然 」 と い う 自 らの 意 思 で は追 求 で きな い超 越 的 な 「何 か 」 が あ る こ とを見 出 した の で あ る。 だ か らこそ 漱 石 は 「大 我 の 命 ず る ま ま に 自分 を まか せ る」 しか なか っ た の で あ る 。 従 っ て,「 小 さ い 自然 」 で あ る 漱 石 は,超 越 的 な 「大 きな 自然 」 を 知 る こ とで,そ の 下 に あ る 人 間 個 々 を 見 出 した の で あ り,こ の 「大 きな 自然 」 に 自己 を委 ね る こ と に よ っ て 「個 人 主 義 」 に な りえ た の で あ る。 だ か ら晩 年 「大 きな 自然 」 に対 す る態 度 は,知 る こ とを断 念 して い た と思 われ る。 過 去 は夢 と して さへ 存 在 しな くな る。 全 くの 無 に な っ て しまふ 。(中 略)畢 竟 ず る に 過 去 は 一 の仮 象 に過 ぎ ない と いふ 事 に もな る。(中 略)さ う して 当 来 の 念 々 は悉 く刹 那 の現 在 か ら す ぐ過 去 に流 れ 込 む もの で あ るか ら,又 瞬 刻 の現 在 か ら何 等 の段 落 な しに 未 来 を生 み 出 す もので あ る か ら,(中 略)一 生 は終 に夢 よ り も不 確 実 な もの に な って しま は な け れ ば な ら な い。(中 略)こ れ と同 時 に,現 在 の 我 が 天 地 を 蔽 ひ 尽 くして 厳 存 して い る とい ふ確 実 な事 実

(11)

佛教大 学大 学院紀 要 第28号(2000年3月) で あ る。(中 略)此 「我 」 が 認 識 しつ つ 絶 えず 過 去 へ 繰 り越 して い る とい ふ動 か しが た い 真 ど ころ 境 で あ る。 だ か ら其 処 に 眼 を付 け て 自分 の 後 を振 り返 る と,過 去 は夢 所 で は な い。(中 略) 生 活 に対 す る此 二 つ の 見 方 が,同 時 に しか も矛 盾 な しに 両 存 して,普 通 にい ふ 所 の論 理 を ン 超 越 して い る異 様 な 現 象 に就 い て,自 分 は今 何 も説 明 す る積 は な い。 又 解 剖 す る 手腕 も有 た な い 。 た だ,年 頭 に 際 して,自 分 は此 一 体 二 様 の見 解 を抱 い て,わ が 全 生 活 を,大 正 五 年 の潮 流 に任 せ る覚 悟 を した迄 で あ る。(「点 頭 録 」) とい う心 境 に至 れ た の で あ る 。 勿 論,重 松 泰 雄 の い う よ う に,こ の心 境 は 「け っ して 超 俗 的 な お ラ 〈解 脱 〉 や 〈悟 達 〉 の境 地 を指 向 して い る わ け で は な い」。 こ こに は,仮 象 で あ る不 確 実 な過 去 と確 実 な 過 去 が あ る。 そ して,「 両 存 して,普 通 に い ふ 所 の 論 理 を超 越 して い る異 様 な現 象 」 と して の 不 確 実 な 過 去 につ い て は,追 求 せ ず,た だ,確 実 な過 去 で も っ て普 通 の 現 象 を見 る とい う,「 一 体 二様 」 の 見解 を把 持 し,未 来 を生 きて い くこ とが 示 さ れ て い る と思 え る。 こ こに,知 りえ る の は 自己 の 「小 さい 自然 」 の み とい う こ と を 知 り,知 る こ との で き な い 「大 きな 自然 」 に身 を任 せ る漱 石 を見 る こ とが で き るの で は ない の か と思 われ る。 以 上 か ら,世 俗 外 個 人 と して の 漱 石 は,超 越 的 な 「大 きな 自然 」 を知 り,「 小 さい 自然 」 が 「大 き な 自然 に」 よ っ て成 り立 っ て い る こ と を知 る こ とに よっ て 「個 人 主 義」 と な りえた の で あ っ た 。 しか し,世 俗 外 個 人 が 「世 俗 内 」 に 移 行 す る こ と に よ っ て,個 人 主 義 の 社 会 が 生 まれ る の で あ るか ら,漱 石 の よ う な 「個 人 主 義 」 者 は,全 体 論 の 社 会 で は孤 独 に 陥 る しか な か っ た の で あ る 。 四.漱 石 の 「淋 し さ 」 「大 き な 自然 」 に 身 を 委 ね,「 個 人主 義 」 と して 生 きた漱 石 は,全 体 論 の社 会 で は 自 ら 「淋 し さ」 を味 わ わ ね ば な らな か っ た 。 「個 人 主 義 」 で あ ろ う とす る 時,こ の 「淋 し さ」 は,何 故 伴 わ ね ば な ら ない の で あ ろ うか 。 亀 山 佳 明 は,個 人 主 義 に は そ の 背 後 に 開 か れ た 「社 会=友 愛 共 同 体 」 を有 して い る の で,そ こか ら生 じ る不 安 と苦 悩 は緩 め られ る と と も に解 消 す る。 しか し, 全 体 論 の 社 会 で は,友 愛 共 同体 が 存 在 せ ず,現 実 に そ れ を期 待 す る こ とが で き な い か ら,漱 石 くヨの の苦 悩 は 倍 加 され な けれ ば な らな か っ た とい う。 確 か に非 キ リス ト教 圏 で は,「 神 の 生 命 を分 か ち 合 う」 友 愛 共 同 体 を持 つ こ と はで きな い が,し か し,も と よ り宗 教 を持 て な い 漱 石 は,こ の 友 愛 関 係 を期 待 して い な か っ た で あ ろ う。 む しろ この 「淋 し さ」 は,漱 石 が 選 択 した もの な の で あ る。 そ こ ま で漱 石 を 「個 人 主 義 」 者 に選 択 させ た の は何 だ っ た の だ ろ うか 。 恐 ら くは,「 西 さ くぶ つ と う ひ 洋 人 が 甲 とい う 同 じ西 洋 人 の 作 物 を評 した の を読 ん だ とす る と,そ の評 の 当 否 は ま るで 考 え ず ふ ふ に,自 分 の 腑 に落 ち よ うが 落 ち まい が,む や み に そ の評 を触 れ 散 らか す の で す 」(「私 の個 人 主 義 」)と い う,イ ギ リ ス留 学 で体 験 した 当 時 の 日本 の現 状 で あ ろ う。 そ うい う現 状 に対 して 漱 石 は,「 そ れ は そ の西 洋 人 の見 る所 で,私 の 参 考 に な らん事 は な い に して も,私 に そ う思 えな けれ 一175一

(12)

個 人主 義 の 「淋 しさ」(新 矢 昌昭) うけ う り ば,到 底 受 売 をす べ きは ず の もの で は な い の で す 」(「私 の 個 人主 義 」)と い い,「 自己 本 位 」 ニ 「個 人 主 義 」 の確 立 を追 求 して い く。 そ して 「そ の 時確 か に 握 った 自己 が 窒 で,他 は鬢 で あ る と い う信 念 は,今 日の 私 に非 常 の 自信 と安 心 を与 えて くれ ま した」(「私 の個 人 主 義 」)と い う。 し か し,「 個 人 主義 」 と して 生 き る こ と は,同 時 に,必 然 的 に 「淋 し さ」 を伴 う も ので あ っ た 。何 故 な らば,「 大 きな 自然 」 に よ って 従 属 され て い る 「小 さい 自然 」 と して の 個 々の 人 間 を,個 人 主 義 は認 め な け れ ば な らな い か らで あ る。 こ の点 を漱 石 は,次 の よ う に要 約 して い う。 し と 第一 に 自己 の個 性 の 発 展 を仕 遂 げ よ う と思 う な ら ば,同 時 に他 人 の個 性 も尊 重 しな け れ ば な らな い と い う事 。 第 二 に 自己 の 所 有 して い る権 力 を使 用 しよ う と思 う な ら ば,そ れ に 附 随 して い る義 務 とい う も の を心 得 な け れ ば な ら ない とい う事 。第 三 に 自己 の 金 力 を 示 そ う お もん と願 う な ら,そ れ に伴 う責 任 を重 ん じな け れ ば な らな い とい う事 。(中 略)こ の 三 者 を 自 由 う に享 け 楽 しむ た め に は,そ の三 つ の もの の背 後 にあ るべ き人 格 の 支 配 を 受 け る必 要 が 起 っ て来 る とい うの で す 。(「私 の 個 人 主 義」) 漱 石 の い う 日本 に お け る 「個 人主 義 」 と は,全 体 論 社 会 の 中 で,こ の相 手 を認 め な け れ ば な ら な い もの で あ るか ら こそ 「或 る場 合 は 一 人 ぼ っ ち に な っ て」,「決 して助 力 は 頼 め な い 」 の で あ る。 こ う した 漱 石 の考 え は,阿 部 の い う よ う に 「西 洋 流 の社 会 とい う概 念 を わ が 国 に そ の ま くヨの ま仮 定 し,そ れ に対 して 日本 の 個 人 を対 比 させ た と こ ろ に彼 の 問 題 が あ っ た」 とい え る か も し れ な い。 しか し漱 石 は,日 本 の社 会 に お い て の個 人 主 義 を模 索 し,敢 え て 「淋 しい 個 人 主 義 」 を 選 択 した の で あ る。 つ ま り,漱 石 は西 洋 の もの で は な い 主 体 的 なr個 人 主 義 」 を確 立 した の で あ る。 そ れ は,一 種 の宗 教 的 個 人 主 義 で あ る。 だ か ら漱 石 の 「個 人 主 義 」 は 当 時 の 西 洋 化 を 「上 滑 りに 滑 っ て行 か な け れ ば な らな い 」(「現 代 日本 の 開化 」)日 本 に お い て は特 殊 で あ る 。 し か し,宗 教 的個 人主 義 で な い経 済 的個 人 主 義 は 当時 の 日本 に蔓 延 して い た 。 個 人 主 義 に は,宗 教 的 個 人 主 義 と経 済 的個 人 主 義 の二 つ に分 類 で きる 。 経 済 シ ス テ ム の 中 の 個 人 で は あ るが,こ の 経 済 的 個 人主 義 が個 人 と して捉 え られ るの は,「 この シス テ ム も ま た ホ ー リズ ム の世 界 か ら人 間 を 引 き離 し,彼 を独 立 の 単 位 へ と変 え る。 た だ し,こ の 独 立 の 単 位 は, 超 越 的 存 在 とつ な が る個 人 で は な く,自 己利 益 の 追 求 の 主体 と して の 『個 人 』 で あ る 」 か らで くヨみ あ る 。 近代 化 に と もな い 経 済 的 個 人 主 義 は宗 教 的 個 人 主 義 の よ う な基 盤 が 要 ら な い の で,普 遍 くヨぬ 的 な要 素 を持 って い る とい え よ う。 この よ う な経 済 的 個 人 主 義 が 当 時 の 趨 勢 で あ っ た の で あ る。 丸 山真 男 は,個 人析 出 の パ タ ー ン と し て,私 化,原 子 化,自 立 化,民 主化 と分 類 す る(も っ と も,丸 山 は,こ の パ ター ン に政 治 的 権 威 の 中心 に 対 す る意 識 と結 社 形 成 の 軸 を ク ロ ス させ て い るが こ こで は触 れ な い)。 こ の 自立化 した 個 人 とは 「自主 独 立 で 自律 心 に富 」 み,原 子化 した個 人 とは 「社 会 的 な根 無 し草 状 態 の現 実 も し くは そ の 幻 影 に悩 ま され,行 動 の 規 範 の 喪 失(ア ノ ミー)に 苦 しん で」 い る 人 間 で あ り,民 主 化 は 「大 衆 運 動 に積 極 的 で あ り」 「平 等 の 理 想 が 強 調 され 」,私 化 は 「個 人 の視 野 が 個 人個 人 の 『私 的 』 な こ とが らに 限局 さ れ」 た 人 間 で あ る。 日露 戦 争 後,私 化,原 子 化 の 個 人 析 出 の タイ プが 圧 倒 的 に 存 在 し,こ こで の私 化 され た 個 人 は,自

(13)

佛教大学大学院紀要 第28号(2000年3月) 然 主 義 文 学 に見 られ た 「人生 に 対 す る け だ る い 虚 無 的 な倦 怠 感 や社 会 に対 す る ア パ セ テ ィ ック な傍 観 者 」 の 態 度 を表 現 して い た 「文 学 青 年 」 で あ り,ま た世 渡 りが う ま く,「 立 志 」 が私 化 さ れ て エ ゴ イズ ム とな っ た 「成 功 青 年 」で あ っ た 。 一 方,原 子 化 さ れ た 個 人 とは,社 会 階 級 に ま で ま と ま らず,生 産力 が 増 加 した為 か き あつ め られ た悲 惨 な労 働 条件 下 にあ っ た 労働 者 の こ とで けゆ あ る とい う。 後 者 の よ う な個 人 を見 る 目 を 漱 石 が 持 た なか っ た こ とは,上 層 の 階 級 的 地 位 に い る 漱 石 に と っ て 限 界 で あ っ た と思 わ れ る。 これ らの 人 々 は,近 代 化 の 過 程 に よっ て,共 同体 か ら引 き離 され 無 理 や りに経 済 的 個 人 主 義 に 巻 き込 ま れ た と い え よ う。 しか し,漱 石 は私 化 の よ うな 「個 人 主 義 」 の社 会 を批 判 して い た。 こん じん 今 人 に つ い て 最 も 注 意 す べ き事 は 自覚 心 が 強 過 ぎ る事 な り。 自覚 心 と は 直 指 人 心 見 性 成 仏 の 謂 に あ らず 。(中 略)自 己 と他 と裁 然 と区別 あ る を 自覚 せ る の謂 な り。 こ の知 覚 は 文 明 と共 に切 実 に 鋭 敏 に な るが 故 に 一 挙 手 一 段 足 も 自然 な る 能 はず 。(「断 片 」 明 治38,9年 頃) この よ う に批 判 せ ず に は お け なか っ た,漱 石 の 厂個 人 主 義 」 の 理 念 は,図 らず と も患 実 な も . の で あ っ た と思 わ れ る が,そ れ だ け に厳 し く耐 な け れ ば な らな い こ とで もあ っ た の で あ る。 日本 にお い て個 人 主 義 な る もの が 社 会 的 に 存 在 しな か っ た 中 で,個 人 主 義 で あ ろ う とす る こ とは,漱 石 の い う よ う に本 質 的 な 「淋 しさ 」 を味 わ わ ね ば な らな い 。 全 体 論 の社 会 で は,個 人 主 義 は埋 没 して し ま うか,社 会 か ら逃 避 して しま うか,そ れ と も社 会 の 中 で孤 立 す る しか な い か らで あ る。 また 個 人 主 義 を創 出 させ た キ リス ト教 の よ う な宗 教 を 持 た な い 日本 の社 会 で,個 人 主 義 で あ ろ う とす る こ とは,「 淋 しさ」 を よ り感 じね ば な ら ない だ ろ う。 敢 え て こ の社 会 で個 人 主 義 を選 択 した と して も,漱 石 の 依 拠 した 「自然 」 の よ うな超 越 的 存 在 は,個 別 的 に しか個 人 と結 びつ か ず,キ リス ト教 の よ う にす べ て の 個 人 に結 びつ い て い る とい う普 遍性 を持 っ て い な い か らで あ る。 個 人 主 義 と して生 きる こ と は,「 個 人 の 自 由」 と 「淋 しさ」 とい う両 義 性 が伴 っ て い る もの な の で あ る 。 そ して宗 教 的個 人 主 義 が 経 済 的個 人 主 義 に と っ て替 わ られ よ う と し て い る近 代 以 降,漱 石 の 問 題 は よ り現 実 的 な もの と な っ た と もい え る。 即 ち,そ れ で も個 人 主 義 と して生 き この 「淋 し さ」 に耐 え る こ とが で きる の か,そ れ と も この 「淋 し さ」を放 棄 す る の か,と い う選 択 で あ る。 漱 石 の 「個 人 主義 」 は 現 代 まで 射 程 を持 ち続 け て い る の で あ る。 おの み あ じわ 自 由 と 独 立 と 己 れ と に 充 ち た 現 代 に 生 れ た 我 々 は,其 犠 牲 と し て み ん な 此 淋 し さ を 味 わ な くて は な ら な い で し ょ う(『 こ こ ろ 』 上 十 四) 注 (1)作 田 啓 一 「文 学 ・芸 術 に お け る タ ナ トス とエ ロ ス 」 『文 学 と芸 術 の社 会学 』(岩 波 講 座 現 代 社 会 学 第8巻)岩 波 書 店,1996,14頁 。 (2)作 田 啓 一 『個 人 』 三 省 堂,1996,41頁 。 そ して,続 け て 「こ の前 者 は人 格 の 尊 厳 を,後 者 は 自己 利益 の 追 求 を基 本 的 要 素 と して い る」 とい う。個 人 主 義 に は,他 に も,認 識 的 個 入 主義,政 治 的 個 人 主 義, 倫 理 的個 人 主 義 等 の 内容 に 分類 され る(作 田,『 個 人 主 義 の運 命 一 近代 小 説 と社 会 学 一 』 岩 波 新 一177一

(14)

個 人 主義 の 「淋 し さ」(新 矢 昌 昭) 書1981:94-102)。 しか し,基 本 的 に本 稿 は,個 人 主 義 を 宗 教 的 個 人主 義 と経 済 的個 人 主 義 と に分 類 す る作 田 に従 う(『 個 人 』41頁)。 また 本 稿 で は宗 教 的 個 人 主 義 を主 と して 取 り上 げ,特 に経 済 的個 人 主 義 を問 題 と して い ない の で,経 済 的個 人 主義 と表 記 して い な い 場 合 の 個 人 主 義 は,こ の 宗 教 的個 人 主 義 を 意 味 して い る 。 (3)富 永 健 一 『日本 の 近 代化 と社 会 変 動 』 講 談 社 学 術 文庫,1990,65頁 。 (4)柳 父 章 『翻 訳 語 成 立 事 情 』 岩 波 新 書,1982,25-39頁 。 (5)小 森 陽 一 『漱 石 を読 み な お す 』 ち くま新 書,1995,250頁 。 (6)小 宮 豊 隆 「私 の 個 人 主 義 」 『新 装 版 文 芸 読 本 夏 目漱 石 』 河 出 書 房 新 社,1975,208頁 。 (7)土 居 健 郎 「漱 石 の 『個 人 主 義 』」 『「甘 え」 の 思 想 』 弘 文 堂,1995,93頁 。 (8)L,デ ュモ ン 『個 人 主 義 論 考 』 渡 辺 公 三 ・浅 野 房 一 訳,言 叢 社,1993,42頁 一51頁。 (9)同 上,94頁 。 (10)作 田,前 掲 書2,36頁 。 (11)デ ュモ ン,前 掲 書,39頁 。 (12)た だ し,デ ュモ ン の い う,こ の 世俗 外 に お け る超 越 的存 在 との 結 びつ きや 世 俗 外 個 人 が 世 俗 内 に移 行 す る こ とに よ って,個 人 主 義 の 社 会 が う ま れ る とい う理 論 に対 して は次 の よ う な作 田 の 批 判 が あ る 。 前 者 に対 して,「 神 との 関係 とは,読 者 の 思 い 入 れ で 補 完 しな い 限 り,ご く抽 象 的 な規 定 で あ る に と ど ま り,単 に全 体 論 的 な 関係 とは 別 の もの で あ る,と い う意 味 内 容 以 外 の もの は含 んで い ない 」 と言 い(作 田,前 掲 書1,18頁),後 者 に関 して は,「 『世 俗 外 』 個 人 は世 俗 界 に入 り込 む こ と に よ り,俗 臭 を あ る程 度 吸 い 込 ま ざ る を え な い 。 そ れ は功 利 主 義 とい う俗 臭 で あ る」(同 上,20頁)と い う。確 か に具 体 性 の欠 け た超 越 的存 在 との 結 び つ きや,個 人 主 義 社 会 にお け る 「俗 臭 」 の 問題 は検 討 しな け れ ば な らな い。 従 っ て,本 稿 に お い て も,漱 石 の 超 越 的 存 在 につ い て は後 に触 れ て い る。 しか し 「俗 臭 」 の 問題 は,日 本 の 「個 人 主 義 」 に は 言 及 しな くて い い で あ ろ う。 何 故 な ら,一 般 に 日本 に お い て 成 立 した と思 われ る 「経 済 的 個 人 主 義 」 は,当 初 か ら 「俗 臭」 で あ り,「宗 教 的個 人 主 義 」 は社 会 的 に成 立 しな か っ たか らだ。 (13)デ ュモ ン前 掲 書,45頁 。 (14)作 田,前 掲 書2,36-7頁 。 (15)作 田,前 掲 書2,80-90頁 。 デ ュ モ ンの 観 点 は世 俗 外 個 人 が 世 俗 内 に入 り込 む こ と に よ っ て成 立 す る こ とに あ るが,作 田 は世 俗 外 個 人が 世俗 内 個 人 に な る こ とに よ っ て,「 現 実 世 界 」 の 人 々 の全 体 論 的 価 値 基 準 を変 え よ う と し,そ の 影 響 を受 け た 人 々 も ま た世 俗 内 個 人 とな る 方 向 を示 して い る(同 書, 56頁)。 ⑯ 同上,106頁 。 ㈲ 阿 部 謹 也 『「世 間 」 とは 何 か 』 講 談 社 現 代 新 書,1995,202-3頁 。 阿 部 は,又 漱 石 と吉 田 兼 好 と を個 人 主 義 を 貫 く こ とを 努 力 した 人 物 と して 結 び付 け て い る。 彼 の い う隠 者 とは,人 間 の儀 式 や 世 俗 を捨 て て 隠 遁 生 活 を送 る 者 で あ り,「 隠 者 に と って は現 世 よ り も後 世 の方 が 大切 で あ っ たが,兼 好 に と って は 後世 よ り も現 世 こ そ が大 切 で あ っ た 」(阿 部,同 書76-7頁)と い う。 (is)桶 谷秀 昭 「近代 的 自我 と個 人 主 義 」 『国 文 学 解 釈 と鑑 賞 』36-10,至 文 堂,1971,21-2頁 。 (19)相 良亨 「『お の ず か ら』形 而 上 学 」 『超 越 ・自然 』 著作 集6,ぺ りか ん社,1995,119-21頁 。 ㈲ 相 良 亨 「『お の ず か ら』 と して の 自然 」 『超 越 ・自然 』 著作 集6,ぺ りか ん社,1995,152頁 。 ⑳ 平 井敬 員 「漱 石 文 学 に お け る 『自然 』 の 意 味 」 『愛 文 』22,1987,46頁 。 ⑳ 今 西順 吉 『漱 石 文 学 の 思想 第 一 部 』 筑 摩 書 房,1988,541頁 。 ㈱ 大 石嘉 美 「『私 の 自然 』 の 意 味 一 『こ こ ろ』 注 釈 上 の 問 題 」 『静 大 国 文 』32,1992,69頁 。 又 大 石 は, この 「自然 」 を,人 間 に も内 在 して い る が,「 個 々 人 の 差 異 を超 え,(中 略)世 界 につ ら な る普 遍 的 な 原 理 と して あ る」(同 書,73頁)と い う。 この 「自然 」 の捉 え 方 は,後 で 述 べ る本 稿 の 「自然 」 と近

(15)

佛 教 大学 大 学 院紀 要 第28号(2000年3月) い が,大 石 が この 「自然 」 に 「本 来 あ るべ き方 向」 とい う,人 間 の 方 向性 を 持 た せ て捉 え て い る こ と は疑 問 で あ る 。 何 が 「本 来 あ るべ き方 向 」な の か は,人 間 個 々 は 知 り得 る は ず はな い か らだ 。 だ か ら こ そ 「人 間 の 意 志 を超 え て 」 い る の で あ る 。 (24)柄 谷 行 人 「意 識 と 自然 」 『漱 石 論 集成 』 第 三 文 明 社,1992,54頁 。 ㈲ 樋 野 憲 子 「『道 草 』 論 一 『自然 の 論 理 』 に つ い て 」 『文 学 』41,岩 波 書 店,1967,747頁 。 (26)阿 満 利 麿 「『純 客 観 の 目』 一 夏 目漱 石 の 求 道 」 『宗 教 の 深 層 一 聖 な る も の へ の 衝 動 』 人 文 書 院 1985,182頁 。 吻 『漱 石 全 集 』 第 二 十 一 巻,岩 波 書 店,1997,570頁 。 圏 同上,46頁 。 ㈲ 阿 満,前 掲 書,167-90頁 。 (30)相 良,前 掲 書19,153頁 。 (31)松 岡譲 『漱 石 先 生 』岩 波 書 店,1934,214-5頁 。 (32)同 上,213頁 。 (33)森 田草 平 『夏 目漱石 』 日本 図書 セ ンタ ー,1992,10頁 。 (34)家 永 三 郎 「思 想 家 と し て の夏 目漱 石,竝 に其 の 史 的 位 置 」 『日本 思 想 史 に お け る否 定 の 論 理 の 発 達 』 新 泉社,1969,315頁 。 (35)重 松 泰 雄 「漱 石 晩 年 の思 想 一 ジ ェ イ ム ズ そ の他 の 学 説 と手 が か り と して 一 」 『漱 石 そ の新 た な る地 平 』 お うふ う,1997,353頁 。 (36)亀 山佳 明 「個 人 主 義 の 困難 と自我 変 容 」 『文 学 と芸 術 の 社 会 学 』(岩 波 講 座 現 代 社 会 学 第8巻)岩 波 書 店,1996,72-3頁 。 ㈲ 阿 部,前 掲 書,202頁 。 (38)作 田,前 掲 書2,38頁 。 (39)恐 ら く経 済 的個 人 主 義 は,宗 教 的個 人 主 義 の よ う に超 越 的 存 在 との 関 係 が 欠 け てい るの で,容 易 に成 立 す る。 古 プ ロ テ ス タ ンテ ィズ ムが 資 本 主 義 の 生 活 態 度 に寄 与 した 「禁 欲 の 精 神 」 に宗 教 的 個 人 主 義 を な ぞ ら え て み る と,こ れ を 必 要 と は しな い 近 代 社 会 を見 るM・ ウ ェ ーバ ー の 次 の 言 葉 が 参 考 と な る。 (近代 経 済 秩 序 界)は 現 在,圧 倒 的 な 力 を も っ て,そ の 機構 の 中 に 入 り こん で くる 一 切 の 諸 個 人 (中略)の 生 活 の ス タイ ル を決 定 し て い る し,お そ ら く将 来 も,化 石 化 した燃 料 の 最 後 の 一 片 が 燃 え つ きる まで 決 定 しつ づ け るだ ろ う。 バ ック ス ター の 見解 に よ る と,外 物 に つ い て の 配慮 は,た だ 「い つ で も脱 ぐこ とが で き る薄 い外 衣 」 の よ う に 聖 徒 の肩 に か け られ て い な け れ ば な らな か っ た。 お り そ れ な の に,運 命 は不 幸 に もこ の外 衣 を鋼 鉄 の よ うに 堅 い檻 と して しま っ た。禁 欲 が 世 俗 を改 造 しr 世 俗 の 内 部 で 成 果 を あ げ よ う と試 み て い る うち に,世 俗 の 外物 は か つ て歴 史 に そ の比 を 見 な い ほ ど 強 力 に な っ て,つ い に は逃 れ え な い 力 を人 間 の 上 に 振 る う よ う に な っ て し まっ た の だ 。 今 日で は, 禁 欲 の 精 神 は(中 略)こ の鉄 の檻 か ら抜 け 出 して し ま った 。 と もか く勝 利 を とげ た 資 本 主 義 は,機 械 の 基 礎 の 上 に立 っ て以 来,こ の支 柱 を も う必 要 と し ない(大 塚 久 雄 訳 『プ ロテ ス タ ンテ ィズ ム の 倫 理 と資 本 主 義 の 精 神 』 岩 波 文庫,1989,365頁)。 つ ま り,宗 教 的個 人 主義 とは 近代 化 の 中 で は,も はや 成 立 し に くい の で あ る。 近 代 以 降,現 代 まで 及 んで い る の は,経 済 的個 人 主義 のみ で あ ろ う。 漱 石 の い う よ うな 相 手 を認 め る 「個 人 主 義 」 は 特 殊 で あ りつ づ け る か,ウ ェ ー バ ー の い う 「天 職 」 の 観 念 と 同 じ く,「か つ て の 宗 教 的 信 仰 の 亡 霊 と して, わ れ わ れ の生 活 の 中 を徘 徊 して い る」(同 上,365頁)か らで あ る。 (40)「 個 人 析 出 の さ ま ざ ま なパ ター ン ー 日本 近 代 を ケ ー ス と して 一 」 『丸 山真 男 著 作 集 』 第 九 巻,岩 波 書 店,1996,383-400頁 。 -179一

(16)

個 人 主 義 の 「淋 しさ」(新 矢 昌 昭)

(漱石 の 引 用 にあ た って は,原 文 を 損 な わ ない 限 りで 改 め て い る個 所 が あ る)

(し ん や ま さ あ き 社 会 学 研 究 科 社 会 学 ・社 会 福 祉 学 専 攻 博 士 後 期 課 程) 1999年10月15日 受 理

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP