平成28年5月号 寿台公民館 松本市ホームページ

 0  0  2  2018-06-26 15:27:33 Report infringing document
ています。悔いの残る事は 退 任 の ご あ い さつ したくないというただそれ 前寿台地区 地域づくりセンター長 だけの自分勝手な生き方の 古田 恒人 様な気がしますが、不器用 この2年間、多くの皆様に な自分らしい言葉だと思っ お世話になりありがとうござ ています。 いました。 東町会 内山博行さん これまで、四大行事をはじ 苦しい時にもう一歩﹂ 若い頃スポーツに明けく めとした地区全体の活動を続 れ、記 録 を 向 上 し、強 く な けてきた寿台は、いろんな課 りたいとの一心で練習に励 題があるとはいえ、それを乗 そうになった時に思い出し みました。練習の成果は結 り越える底力を持っていると 町会長に て、いつも自分の心の拠り 果にでます。苦しい時には 思います。例えば、皆さんが 聞きました 隣近所の人のことを今より少 所としています。ひ さ お 楽をして手抜きをしたいと し 気に掛けていただけば、何 三 丁 目 伊 藤 富 夫 さ ん 新 年 度 が ス タ ー ト 、町 会 考えた時、自分に負けない かが変わってくると思います。 ひ と り は み ん な の た め に 長さんに﹁座右の銘﹂を伺 よう、思い続けた言葉です。 新センター長にも、私同様 み ん な は ひ と り の た め に ﹂いました。 八丁目 早川拓也さん のご支援をお願いします。 四丁目 青木愼一さん 私 の 座 右 の 銘 で す が 、迷 っ 座右の銘は何かと聞かれ 一丁目 中村孝さん 就 任 の ご あ い さつ 新任ですが宜しくお願い ても今は特に意識はしてい た ら 前 へ﹂で す。迷 っ て い た り 考 え て 立 ち 止 ま っ て も 寿台地区 地域づくりセンター長 ま 何も成りません。やらずに します。私の座右の銘は﹁聞 ません。随分と昔になり そっせん 大和 道孝 が、勤 め 人 の 頃 は﹁率 先 諦める事は簡単ですが、失 くは一時の恥、聞かぬは一 す すいはん 生 の 恥﹂と い う 格 言 で す。 垂範﹂が好きな言葉でした。 敗しても行動をおこす事が 4月より寿台地域づくりセ 一生どころか末代までの恥 それなりに心掛けましたが ン タ ー に ま い り ま した大和道 前 進 へ の 第 一 歩 と 考 え ま す 。だと私は思っています。人 なかなか実行は難しかった 九丁目 竹内良太郎さん 孝でございます。 どうぞよろし 今は懐かしい言葉です。 座右の銘と言える言葉は くお願いします。 にものを聞く、尋ねるとい です。 この寿台地区の長所はコン う姿勢を持ち続けていたい 五丁目 下島博さん 座右の銘などという立派 有りませんが、今まで大勢 と思います。 パクトなエリアに8町会があ の 方 と 出 会 い 、知 り 合 い 、な も の で は あ り ま せ ん が、 二丁目 坂井久吉さん り 、また地域づくりに熱い思い もう 年以上前、若かっ 基本的には﹁我が道を行く﹂ 沢山の事を教えて頂いた中 を持った方が多いと感じまし の 経 験 か ら 言 え る 言 葉 だ と た高校生の頃、母に言われ という考えを心掛けとして 思います。 た。 この長所を活かし課題を克 た﹁人生上を見たらきりが 日々を過ごしています。言 服 し て 、住みやすい寿台を創る こ れ か ら も 感 謝 の 心 を 大 切 りたい ない、下を見てもきりがな いたい事は言い、や ため、 私も皆さまのお役に立て わがまま に 皆 様 と の か か わ り を 大 事 に い﹂その言葉をいつも心に 事はやる。本当に我儘な人 して行きたいと思います。 るよう努力しますのでどうぞ 留めて、悩んだ時やくじけ 生を送って来たという気がし よろしくお願いします。 町会長の皆さんです! 50 青木 愼一 四丁目 早川 拓也 八丁目 竹内 良太郎 九丁目 一丁目 三丁目 下島 博 内山 博行 坂井 久吉 中村 孝 伊藤 富夫 町会連合会 副会長・五丁目 町会連合会 会長・東町会 町会連合会 副会長・二丁目 第 239 号 【寿台版】 松本市公民館 報 (月) ③ 2016(平成 28)年 5 月 30 日 平成28年5月1日現在の寿台 総世帯数 1,478世帯 総人口 3,153人 男 1,513人 女 1,640人 399-0021 松本市寿台公民館 松本市寿豊丘649-1 TEL. 0263)58-6561 FAX. 0263)86-7964 平成28年度の る事から始めれば﹂ と、 この温 退 任 の ご あ い さつ いざ、真田の郷へ かい言葉でずい分気持ちが楽 前寿台公民館長 4月 になり、 秋の文化祭の頃には年 野村 芙美 間の流れもつかめる様になり 日︵ 火 ︶に ま し た 。福 祉ひろばと合同の福 桜 前 線 が 通 り 過 ぎ 、若 葉 の ﹁上 田 城・ 小中学校のコミュニテ 緑が目にしみる良き季節とな 祉講座、 真田の郷 ィスクールへの協力と微力な りました。 巡 り ﹂を この3月末をもって寿台公 がら新たな事業に着手する事 も出来ました。 行いまし 民館長を退任する事となりま しかし、 2年間という短い た 。上 田 した。 未熟な私を温かく支えて 期間で地域課題に向けての学 下さいました地域の皆様に心 習や活動が十分に出来なかっ ▶そびえ立つ、高い石垣と南櫓 城 跡 は 大 河ドラマ た事が心残りでもあり残念で から感謝申し上げます。 す。 皆様の期待に応えるだけ の 影 響 も あ り 平 日 に も 関 わ 当 初 、何 も 分 か ら ず 前 年 度 か 心 らず大勢の観光客であふれ らの年間計画に沿った事業を の仕事が出来なかった事、 て い ま し た 。ま た 、千 本 桜 祭 一つ一つこなす事だけで精一 よりお詫び申し上げます。 これからも皆様にとって身 杯でしたが、 来館される方々か り 期 間 中 で あ り 、素 晴 ら し 近な公民館である事を願い退 ら ﹁肩の力を抜いて自分の出来 い景色に目を奪われまし 任 の あ い さ つ と い た し ま す 。た。 当地区が発足以来築いてきた 上 田 城 跡 で は ガ イ ド の 説 就 任 の ご あ い さつ 地 域 の 底 力 で あ る と 思 い ま 明 を 聞 き 、テ レ ビ で は 触 れ 寿台公民館長 す。 られていない歴史やその背 松澤 宗利 しかし、 市内3番目の %景 を 知 る こ と が で き 、ま す ひのもといち つわもの の高齢化率や急激な人口減少 たたえ 本 年 4 月 か ら 寿 台 公 民 館 長 など、 大きな地域課題を抱え ま す﹁ 日 本 一 の 兵 ﹂と のぶしげ に就任いたしました松澤宗利 ていることも事実です。 これ ら れ た 真 田 幸 村︵ 信 繁 ︶や 、と申します。 宜しくお願いい ら の 課 題 を 克 服 し て い く に 真 田 一 族 に 魅 せ ら れ ま し たします。 は、 地域一丸となった取り組 た。 上田城内にある真田神社 公民館長に就き、 午後は 最初に感 みが重要と思います。 じたのは、 5月の球技大会を 公民館としても、 社会教育 真 田 氏 の はじめ夏祭り、 文化祭などき の立場からこれらの課題解決 菩 提 寺 で ちょうこく わめて活発な地区行事の数々 に取り組んで参ります。 先ず ある長谷 です。 は、 地域の一体感を醸成する ま た 、町 会 連 合 会 を は じ め 各 ような、 大勢の皆さんに参加 寺、真田幸 の長男・ 組織が全て自らの力で運営す してもらえる楽しい企画を考 隆 のぶ つな 祀 る自立した組織であることに えてまいりますので気軽にお 信 綱 が しん こう も感銘を受けました。 これは、 いでください。 られる信綱 長谷寺 じ 寺などを巡りました。 真 田の郷は山に囲まれた 天然の要塞だと改めて 実感しました。 今回は巡 れなかった山城なども、 足腰を鍛えてから再度 巡ってみたいと思いま した。 年度 寿台公民館委員 町会連合会会長 町会連合会副会長 町会連合会副会長 一丁目町内公民館長 二丁目町内公民館長 三丁目町内公民館長 四丁目町内公民館長 五丁目町内公民館長 東町会町内公民館長 八丁目町内公民館長 九丁目町内公民館長 松本市議会議員 館報編集委員 ︵町内公民館長兼務︶ 西原 喜隆︵1︶ 戸田 道雄︵2・全市版︶ 山田 仁子︵3︶ 高宮 仲夫︵4︶ 奥野 征勝︵5︶ 野口 好彦︵東︶ 高山 章子︵8︶ 伊藤 千里︵9︶ 他4部門委員長 運営委員 内山 博行 下島 博 坂井 久吉 西原 喜隆 戸田 道雄 山田 仁子 高宮 仲夫 奥野 征勝 野口 好彦 高山 章子 伊藤 千里 吉村 幸代 信綱寺 図書視聴覚委員 寺下 健太︵8︶ 二木 直美︵東︶ 茂野 征二︵東︶ 文化委員 上條 敏︵2︶ 矢満田武雄︵東︶ 設楽 秀子︵2︶ 体育委員 本間 信︵東︶ 松田 光陽︵9︶ 高木 鎌吉︵8︶ 荒川 道永︵2︶ 長澤喜久子︵東︶ 居畑 明︵5︶ 百瀬 康弘︵4︶ 伴場 憲司︵4︶ 下里 昌典︵2︶ 早川 拓也︵8︶ 橋戸 博信︵1︶ 降籏 佳範︵4︶ 平成 年度の寿台公民館委員の皆さんです。 よろしくお願いします。 平成 28 28 第 239 号 ④ 【寿台版】 松本市公民館 報 (月) 2016(平成 28)年 5 月 30 日 40 じ 12
Author
Document relate
Tags

平成28年5月号 寿台公民館 松本市ホームページ

Free

Feedback