全文

(1)

※別添写しについては、添付を省略しています。

別添

消 表 対 第 4 2 4 号 令 和 4 年 3 月 2 9 日

株式会社ハウワイ

代表取締役 田 裕也 殿

消 費 者 庁 長 官 伊 藤 明 子

( 公 印 省 略 )

不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 第 8 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ く 課 徴 金 納 付 命 令

貴 社 は 、貴 社 が 供 給 す る「 エ タ ー ナ ル ア イ ラ ッ シ ュ 」と 称 す る 商 品( 以 下「 本 件 商 品 」 と い う 。) の 取 引 に つ い て 、 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 3 7 年 法 律 第 1 3 4 号 。 以 下 「 景 品 表 示 法 」 と い う 。) 第 5 条 の 規 定 に よ り 禁 止 さ れ て い る 同 条 第 1 号 に 該 当 す る 不 当 な 表 示 を 行 っ て い た の で 、同 法 第 8 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 、 次 の と お り 課 徴 金 の 納 付 を 命 令 す る 。

主 文

株 式 会 社 ハ ウ ワ イ ( 以 下 「 ハ ウ ワ イ 」 と い う 。) は 、 課 徴 金 と し て 金 5 0 0 万 円 を 令 和 4 年 1 0 月 3 1 日 ま で に 国 庫 に 納 付 し な け れ ば な ら な い 。

理 由 1 課 徴 金 対 象 行 為

別 紙 記 載 の 事 実 に よ れ ば 、 ハ ウ ワ イ が 自 己 の 供 給 す る 本 件 商 品 の 取 引 に 関 し 行 っ た 表 示 は 、景 品 表 示 法 第 8 条 第 3 項 の 規 定 に よ り 、同 法 第 5 条 第 1 号 に 規 定 す る 、本 件 商 品 の 内 容 に つ い て 、一 般 消 費 者 に 対 し 、実 際 の も の よ り も 著 し く 優 良 で あ る と 示 す こ と に よ り 、不 当 に 顧 客 を 誘 引 し 、一 般 消 費 者 に よ る 自 主 的 か つ 合 理 的 な 選 択 を 阻 害 す る お そ れ が あ る と 認 め ら れ る 表 示 と 推 定 さ れ る も の で あ っ て 、 か か る 表 示 を し て い た 行 為 は 、 同 条 の 規 定 に 違 反 す る も の で あ る 。

2 課 徴 金 の 計 算 の 基 礎

⑴ ア 景 品 表 示 法 第 8 条 第 1 項 に 規 定 す る 課 徴 金 対 象 行 為 に 係 る 商 品 は 、本 件 商 品 で あ る 。

イ(ア) ハ ウ ワ イ が 前 記 1 の 課 徴 金 対 象 行 為 を し た 期 間 は、令 和 2 年 7 月 6 日 か

(2)

(イ) 本 件 商 品 に つ い て 、 ハ ウ ワ イ が 前 記 1 の 課 徴 金 対 象 行 為 を や め た 後 そ の や め た 日 か ら 6 月 を 経 過 す る 令 和 3 年 1 月 2 1 日 ま で の 間 に 最 後 に 取 引 を し た 日 は 、 令 和 3 年 1 月 2 1 日 で あ る 。

(ウ) 前 記 (ア)及 び (イ)に よ れ ば 、 前 記 1 の 課 徴 金 対 象 行 為 に 係 る 課 徴 金 対 象 期 間 は 、 令 和 2 年 7 月 6 日 か ら 令 和 3 年 1 月 2 1 日 ま で の 間 で あ る 。 ウ 前 記 イ (ウ)の 課 徴 金 対 象 期 間 に 取 引 を し た 本 件 商 品 に 係 る ハ ウ ワ イ の 売 上

額 は 、 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 施 行 令 ( 平 成 2 1 年 政 令 第 2 1 8 号 ) 第 1 条 の 規 定 に 基 づ き 算 定 す べ き と こ ろ、当 該 規 定 に 基 づ き 算 定 す る と 、1 億 6 6 7 3 万 4 6 3 4 円 で あ る 。

エ ハ ウ ワ イ は 、本 件 商 品 に つ い て 、当 該 表 示 の 裏 付 け と な る 合 理 的 な 根 拠 を 有 す る こ と な く、前 記 1 の 課 徴 金 対 象 行 為 を し て い た こ と か ら、当 該 課 徴 金 対 象 行 為 を し た 期 間 を 通 じ て 当 該 課 徴 金 対 象 行 為 に 係 る 表 示 が 景 品 表 示 法 第 8 条 第 1 項 第 1 号 に 該 当 す る こ と を 知 ら ず 、か つ、知 ら な い こ と に つ き 相 当 の 注 意 を 怠 っ た 者 で な い と は 認 め ら れ な い 。

⑵ 前 記 ⑴ の 事 実 に よ れ ば 、ハ ウ ワ イ が 国 庫 に 納 付 し な け れ ば な ら な い 課 徴 金 の 額 は 、景 品 表 示 法 第 8 条 第 1 項 の 規 定 に よ り 、前 記 ⑴ ウ の 本 件 商 品 の 売 上 額 に 1 0 0 分 の 3 を 乗 じ て 得 た 額 か ら 、同 法 第 1 2 条 第 2 項 の 規 定 に よ り 、1 万 円 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 て て 算 出 し た 5 0 0 万 円 で あ る 。

よ っ て 、ハ ウ ワ イ に 対 し 、景 品 表 示 法 第 8 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 、主 文 の と お り 命 令 す る 。

< 法 律 に 基 づ く 教 示 >

1 行 政 不 服 審 査 法( 平 成 2 6 年 法 律 第 6 8 号 )第 8 2 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ く 教 示

こ の 処 分 に つ い て 不 服 が あ る 場 合 に は 、行 政 不 服 審 査 法 第 2 条 、第 4 条 及 び 第 1 8 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 、正 当 な 理 由 が あ る と き を 除 き 、こ の 処 分 が あ っ た こ と を 知 っ た 日 の 翌 日 か ら 起 算 し て 3 か 月 以 内 に 、書 面 に よ り 消 費 者 庁 長 官 に 対 し 審 査 請 求 を す る こ と が で き る 。

( 注 )行 政 不 服 審 査 法 第 1 8 条 第 2 項 の 規 定 に よ り 、正 当 な 理 由 が あ る と き を 除 き 、処 分 が あ っ た こ と を 知 っ た 日 の 翌 日 か ら 起 算 し て 3 か 月 以 内 で あ っ て も、

処 分 の 日 の 翌 日 か ら 起 算 し て 1 年 を 経 過 し た と き は 、審 査 請 求 を す る こ と が で き な く な る 。

2 行 政 事 件 訴 訟 法( 昭 和 3 7 年 法 律 第 1 3 9 号 )第 4 6 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ く 教 示

(3)

訴 訟 に よ り 、こ の 処 分 の 取 消 し を 求 め る 場 合 に は 、行 政 事 件 訴 訟 法 第 1 1 条 第 1 項 及 び 第 1 4 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 、こ の 処 分 が あ っ た こ と を 知 っ た 日 の 翌 日 か ら 起 算 し て 6 か 月 以 内 に 、国( 代 表 者 法 務 大 臣 )を 被 告 と し て 、こ の 処 分 の 取 消 し の 訴 え を 提 起 す る こ と が で き る 。

( 注 1 )行 政 事 件 訴 訟 法 第 1 4 条 第 2 項 の 規 定 に よ り 、正 当 な 理 由 が あ る と き を 除 き 、こ の 処 分 が あ っ た こ と を 知 っ た 日 の 翌 日 か ら 起 算 し て 6 か 月 以 内 で あ っ て も 、こ の 処 分 の 日 の 翌 日 か ら 起 算 し て 1 年 を 経 過 す る と 、こ の 処 分 の 取 消 し の 訴 え を 提 起 す る こ と が で き な く な る 。

( 注 2 )行 政 事 件 訴 訟 法 第 1 4 条 第 3 項 の 規 定 に よ り 、正 当 な 理 由 が あ る と き を 除 き 、審 査 請 求 を し て 裁 決 が あ っ た 場 合 に は 、こ の 処 分 の 取 消 し の 訴 え は、

そ の 裁 決 が あ っ た こ と を 知 っ た 日 の 翌 日 か ら 起 算 し て 6 か 月 以 内 に 提 起 す る こ と が で き る 。た だ し 、正 当 な 理 由 が あ る と き を 除 き 、そ の 裁 決 が あ っ た こ と を 知 っ た 日 の 翌 日 か ら 起 算 し て 6 か 月 以 内 で あ っ て も 、そ の 裁 決 の 日 の 翌 日 か ら 起 算 し て 1 年 を 経 過 す る と 、こ の 処 分 の 取 消 し の 訴 え を 提 起 す る こ と が で き な く な る 。

(4)

別 紙

消 費 者 庁 長 官 が 認 定 し た 事 実 は 、 次 の と お り で あ る 。

1 株式会社ハウワイ(以下「ハウワイ」という。)は、大阪市中央区道修町一丁目2番1 1号に本店を置き、通信販売業等を営む事業者である。

2 ハウワイは、「エターナルアイラッシュ」と称する商品(以下「本件商品」という。)

を自ら又は小売業者を通じて、一般消費者に販売している。

3 ハウワイは、本件商品に係る自社ウェブサイトの表示内容を自ら決定している。

4 ⑴ ハ ウ ワ イ は 、本 件 商 品 を 一 般 消 費 者 に 販 売 す る に 当 た り 、令 和 2 年 7 月 6 日 か ら 同 月 1 0 日 ま で の 間 、同 月 1 3 日 か ら 同 月 1 7 日 ま で の 間 及 び 同 月 2 1 日 に 、 自 社 ウ ェ ブ サ イ ト に お い て 、 人 物 の ま つ 毛 の 長 さ の 比 較 画 像 と 共 に 、「 2 週 間 で ま つ 毛 が 伸 び る ↑『 エ タ ー ナ ル ア イ ラ ッ シ ュ 』の 効 果 が す ご す ぎ る 」及 び「 た っ た 2 週 間 で こ ん な に ま つ 毛 が 伸 び て き た 」等 と 、別 表「 表 示 内 容 」欄 記 載 の と お り 表 示 す る こ と に よ り 、あ た か も 、本 件 商 品 を 使 用 す る だ け で 、本 件 商 品 に 含 ま れ る 成 分 の 作 用 に よ り 、著 し い ま つ 毛 の 育 毛 効 果 が 得 ら れ る か の よ う に 示 す 表 示 を し て い た 。

⑵ 消費者庁長官は、前記(1)の表示について、不当景品類及び不当表示防止法(昭和3 7年法律第134号)第5条第1号に該当する表示か否かを判断するため、同法第8 条第3項の規定に基づき、ハウワイに対し、期間を定めて、当該表示の裏付けとなる 合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ、ハウワイは、当該期間内に表示に係 る裏付けとする資料を提出したが、当該資料は、当該表示の裏付けとなる合理的な根 拠を示すものであるとは認められないものであった。

(5)

別 表 表 示 内 容

・人 物 の ま つ 毛 の 長 さ の 比 較 画 像 と 共 に 、「 2 週 間 で ま つ 毛 が 伸 び る ↑『 エ タ ー ナ ル ア イ ラ ッ シ ュ 』の 効 果 が す ご す ぎ る 」及 び「 た っ た 2 週 間 で こ ん な に ま つ 毛 が 伸 び て き た 」

・本 件 商 品 の 画 像 と 共 に 、「 2 週 間 で 2 m m 伸 び る ! ま つ 毛 美 容 液 < エ タ ー ナ ル ア イ ラ ッ シ ュ > 」 及 び 「 2 週 間 で 2 m m も 伸 び る ま つ 毛 美 容 液 、 エ タ ー ナ ル ア イ ラ ッ シ ュ で す が 、 も の す ご く 大 人 気 な の ご 存 知 で す か ? 」

・ 人 物 の 画 像 と 共 に 、 「 エ タ ー ナ ル ア イ ラ ッ シ ュ が 1 番 ま つ 毛 が 伸 び ま し た ! 」

・人 物 の ま つ 毛 の長 さ の 比 較 画 像 と 共 に 、「 ぼ ろ ぼ ろ だ っ た ま つ 毛 の 人 た ち が 、」及 び 「 こ ん な に 、 綺 麗 な ま つ 毛 に ! 」

・ま つ 毛 に 棒 状 の 物 及 び プ ル タ ブ を 乗 せ て い る 人 物 の 画 像 と 共 に、「 伸 び すぎ て ま つ 毛 に い ろ い ろ の せ る 人 も ! 」、「 ま つ 毛 伸 び す ぎ て い ろ い ろ の せ て み た 」、「 ま つ 毛 が 伸 び す ぎ て い ろ い ろ な 物 を ま つ 毛 に 乗 せ る 子 な ど も い ま し た 。」及 び「 も し か し て 、 エ タ ー ナ ル ア イ ラ ッ シ ュ は か な り す ご い ま つ 毛 美 容 液 な の で は ・ ・ ・ 」

・人 物 の 顔 の 画 像 と 共 に 、「 1 ヵ 月 も 使 用 す る と 、こ こ ま で ま つ 毛 が 濃 く な っ て き ま し た 。」及 び「 今 ま で は 、ア イ メ イ ク に 力 入 れ て た け ど 、自 ま つ 毛 が 濃 く 伸 び て き た の で 、 ナ チ ュ ラ ル メ イ ク に も 挑 戦 し て み ま し た 。 」

・「 エ タ ー ナ ル ア イ ラ ッ シ ュ の 効 果 が な ぜ 高 い の か ? 調 べ て み た ら 、こ ん な理 由 が ご ざ い ま し た 。」、「 エ タ ー ナ ル ア イ ラ ッ シ ュ の 成 分 が す ご か っ た 。」、「 エ タ ー ナ ル ア イ ラ ッ シ ュ に は 、人 幹 細 胞 培 養 液×ナ ノ キ ュ ー ブ×フ ム ス エ キ ス と 三 つ の エ キ ス が 入 っ て お り ま す 。」、「 そ れ ぞ れ の 成 分 を 説 明 す る と か な り お 時 間 が か か る た め 簡 単 に 書 き ま す と 、」、「 1 ヒ ト 幹 細 胞 培 養 液 = 細 胞 を 活 性 化 さ せ る 」、「 2 ナ ノ キ ュ ー ブ = 皮 膚 の 奥 ま で 浸 透 さ せ る た め の 成 分 」、「 3 フ ム ス エ キ ス = 毛 の 映 や す 効 果 」、「 毛 を 映 え る 事 に 特 化 し た 成 分 が し っ か り 配 合 さ れ て お り 、ま つ 毛 を し っ か り 育 て る の で す 。」、「 特 に ヒ ト 幹 細 胞 培 養 液 は 厚 生 労 働 省 も 認 定 し て い る 成 分 で す の で か な り 安 心 し て 使 え る の も 大 人 気 の 理 由 な の で は な い で し ょ う か 。」及 び「 医 学 雑 誌 に も た く さ ん 取 り 上 げ ら れ て い る ほ ど 、ヒ ト 幹 細 胞 は 注 目 さ れ て い る 成 分 な の で す ね 。 」

・「 エ タ ー ナ ル ア イ ラ ッ シ ュ が、あ っ と い う 間 に ボ ロ ボ ロ ま つ 毛 を 理 想 の ま つ 毛 に 変 え る 事 か ら 、T V や フ ァ ッ シ ョ ン 雑 誌 で 紹 介 さ れ て か ら 、人 気 が 爆 発 し た た め 、製 造 が 追 い つ い て い な い ん だ と か 。 」

・人 物 の 目 元 の 画像 と 共 に 、「 つ い こ の 間 ま で ま つ 毛 が ぼ ろ ぼ ろ だ っ た の に 、『 少 し づ つ 生 え て き た 』 と 報 告 が あ り ま し た ! 」

( 別 添 写 し )

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :