Vanguard Deep Dish Rotating Platform Knee

全文

(1)

Vanguard Deep Dish

Rotating Platform Knee

(2)

Cruciate

Sacrificing

Posterior Stabilized Partial

Knee

The Oxford

®

Partial Knee

Mobile Mobile Mobile

Vanguard

TM

RP Vanguard

TM

DD

Rotating Platform Benefi ts

FT 関節面での接触面積を最大限に確保

3-11

ベアリングへの接触圧を低減

3-12

矢状面での適合性を高めることにより、

パラドキシカルな大腿骨コンポーネントの 前方移動を軽減

12

セルフアライメント機構を発揮

14

鏡面仕上げされた脛骨コンポーネントの表面が ベアリングの摩耗率を軽減

Biomet

®

Mobile Family

(3)

豊富なサイズバリエーション

ダイレクトコンプレッションモールドポリエチレン

プレミア/スライデックス/エリート/ Pro-Flex  G(Gap テクニック)

手術器械の選択

選択可能なベアリング

Concept of Designing

1 適合性

3 信頼性

2 安定性 機能性

Vanguard Complete Knee System Deep Dish Rotating Platform Knee

手術器械

(4)

Vanguard

Vanguard

Complete Knee System

Femoral Component

Vanguard CR を使用

矢状面のプロファイル:

中間屈曲位で軟部組織にかかる応力を軽減させ、スムーズなパテラトラッキングが可能

深いパテラグルーブ:

全ての角度において、パテラにかかる負荷を軽減

延長したパテラグルーブ:

深屈曲においてもパテラがフルコンタクト

リデュースドアンテリアフランジ:

ML 幅を絞り込み、オーバーハングを防止したデザイン

固定方法:

ポーラス(セメントレス)、インターロック(セメント)の選択が可能

中間サイズの追加:

大腿骨に適合するサイズを選択することが可能 AP 約 2mm、ML 約 2.5mm 間隔

Tibial Component

適合性の高いティビアルトレイ:

脛骨切除面に対して適合性が高いことが証明された トレイ形状

1

前後幅がせまく、角張ったコーナーのないデザイン

腓骨に干渉せず良好なボーンカバレージ

(5)

Deep Dish

Bearing Component

ArCom ダイレクトコンプレッションモールディング:

優れた摩耗特性

2

FT 関節のコンタクトエリア:

フェモラルコンポーネントと1:1の適合 ベアリング前方の削り込み:

深屈曲時における膝蓋靭帯のインピンジを防止

(6)

Size 55

Size 57.5 Size 60

Size 62.5Size 65 Size 67.5Size 70 Size 72.5 Size 75 30

20

10

0

% of Females

Direct Compression Molding

15

コンポーネント形状にレジンから直接圧縮形成 極めて均一なコンソリデーション

低いガンマー線照射量で効率的にクロスリンク 優れた耐摩耗性

デラミネーション(層状剥離)の減少

ダイレクトコンプレッションモールド ベアリングインサートの包装は不活性ガ ス(アルゴンガス)を充填した後、真空 パッケージ

アルゴンガス中で滅菌及び包装されると、ポリ エチレンの物理特性を最大限に引出し、ポリ マーチェーンの再結合を助長

アルゴンガスを充填し包装された圧縮形成ポリエチレン

マシニング(切削加工)では、関節面を切削する工程で、関節面表層に 旋盤の刃によって引き伸ばされ、劣化したレイヤーが存在

表層の劣化したレイヤーがデラミネーション(層状剥離)や酸化の原因 となる

Femoral Component

中間サイズを追加する事により大腿骨に適合するサイズを選択する事が可能 AP約2mm、ML約2.5mm間隔

ArCom Processed Polyethylene (Argon Packaged, Compression Molded Polyethylene)

Machining

(7)

Pro-Flex G

RP Cementless Tray

伸展位でバランスを整えた軟部組織スリーブをガイドとして適正な 屈曲ギャップを作製する器械

Equi-Flexのコンセプトは不変、よりコンパクトに 大腿骨の解剖学的指標の確認が容易

膝蓋骨翻転の影響を最小限に MISへの対応

サイジングガイドの多様化(ブレード型、スタイラス型、スロット型)

大腿骨後顆骨切り量、大腿骨の横径等のチェック機能の可視化

ポーラスプラズマスプレー(PPS)にハイドロキシアパタイト(HA)

コーティングされたコンポーネントでセメントレス使用が可能です。

チタンポーラスプラズマスプレーコーティングは、基質との機械的 な固定を提供します。

ハイドロキシアパタイト(HA)コーティングをした事により、より 早い固定を可能とします。

不十分なセメンティングテクニックよって引き起こされる、合併症 を回避することが可能です。

セメントの準備や硬化を待つ時間がなくなるので、手術時間を短縮 することができます。

Rotation Block

Flexion Spacerと併用することにより、設定されたFlexion Gap

(大腿骨回旋設置角、Gap量)の確認、大腿骨回旋設置角の再設定が 可能な器械

(8)

Ordering Information

本カタログに掲載されていない製品サイズにつきましては、

弊社または弊社営業担当にお問い合わせください。

コバルトクロムモリブデン合金

VANGUARD CR フェモラル

サイズ インターロック(セメントタイプ) ポーラス(セメントレスタイプ)

a b c

カタログ番号 カタログ番号

55 183000 183040

59 38 55

183020 183060

57.5 183002 183042

61 40 57

183022 183062

60 183004 183044

64 42 59

183024 183064

62.5 183006 183046

66 44 61

183026 183066

65 183008 183048

68 47 63

183028 183068

67.5 183010 183050

71 49 66

183030 183070

70 183012 183052

73 51 68

183032 183072

72.5 183013 183053

75 53 70

183033 183073

75 183014 183054

78 56 72

183034 183074

※はオプションです。 単位 mm

販売名:Vanguard ポーラス 承認番号:21800BZY10084000

販売名:Vanguard CR インターロックシステム 承認番号:22200BZX00133000

超高分子量ポリエチレン

VANGUARD DD ベアリング(シャンファーなし)

カタログ番号 サイズ カタログ番号 サイズ

187000

55

10 187100

67.5 10

187002 12 187102 12

187004 14 187104 14

187006 16 187106 16

187008 18 187108 18

187020

57.5

10 187120

70 10

187022 12 187122 12

187024 14 187124 14

187026 16 187126 16

187028 18 187128 18

187040

60

10 187180

72.5 10

187042 12 187182 12

187044 14 187184 14

187046 16 187186 16

187048 18 187188 18

187060

62.5

10 187140

75 10

187062 12 187142 12

187064 14 187144 14

187066 16 187146 16

187068 18 187148 18

187080

65 10

187082 12

187084 14

187086 16

187088 18

※はオプションです。

販売名:Vanguard RP DD 人工膝関節システム 承認番号:22300BZX00219000

*ベアリングと大腿骨コンポーネントは同じサイズの組み合わせで使用してください。

(9)

セメントタイプ VANGUARD RP ティビアルトレイ フィン型

カタログ番号 サイズ

161418

35mm ステム

M/L59×A/P38mm

161419 M/L63×A/P41mm

161420 M/L67×A/P43mm

161421

40mm ステム

M/L71×A/P46mm

161422 M/L75×A/P48mm

161423 M/L79×A/P51mm

※はオプションです。

販売名:Vanguard PSRP 人工膝関節システム 承認番号:22800BZX00032000

セメントレスタイプ VANGUARD RP ティビアルトレイ フィン型

カタログ番号 サイズ

161409

35mm ステム

M/L59×A/P38mm

161410 M/L63×A/P41mm

161411 M/L67×A/P43mm

161412

40mm ステム

M/L71×A/P46mm

161413 M/L75×A/P48mm

161414 M/L79×A/P51mm

※はオプションです。

販売名:Vanguard RP セメントレスシステム 承認番号:22800BZX00021000 セメントタイプ

VANGUARD RP ティビアル トレイ

カタログ番号 サイズ

188000

35mm ステム

M/L59×A/P38mm

188002 M/L63×A/P41mm

188004 M/L67×A/P43mm

188006

40mm ステム

M/L71×A/P46mm

188008 M/L75×A/P48mm

188010 M/L79×A/P51mm

※はオプションです。

販売名:バイオメット トラック ニー システム 承認番号:21400BZY00315000

セメントタイプ シリーズA パテラ STD 3ペグ

カタログ番号 サイズ 厚さ

184760 25mm 8mm

184762 28mm 8mm

184764 31mm 8mm

184766 34mm 8.5mm

184768 37mm 10mm

※はオプションです。

オプション

超高分子量ポリエチレン セメントタイプ

シリーズA パテラ THIN 3ペグ

カタログ番号 サイズ 厚み

184780 25mm 6.2mm

184782 28mm 6.2mm

184784 31mm 6.2mm

184786 34mm 7.8mm

Possible Bearing Rotation without Overhang

Bearing Size 55 57.5 60 62.5 65 67.5 70 72.5 75

Tibial Tray Size

59 +/-8° +/-8° − −

63 +/-8° +/-8° +/-8°

67 +/-9° +/-9° +/-9° +/-8°

71 +/-15° +/-15° +/-15° +/-10° +/-8° +/-8°

75 +/-20° +/-20° +/-17° +/-12° +/-10° +/-10° +/-8° +/-8°

79 +/-25° +/-25° +/-20° +/-15° +/-12° +/-12° +/-10° +/-10° +/-8°

83 +/-30° +/-30° +/-22° +/-17° +/-14° +/-14° +/-12° +/-12° +/-10°

注記:空欄になっている組み合わせは8度以上の回旋でベアリング後方がオーバーハングします。

過度なベアリングの回旋は軟部組織へのインピンジメントを引き起こしますので注意が必要です。

*ベアリング(及び大腿骨コンポーネント)とティビアルトレイ間の組み合わせの制限はありません。

Femoral Component と Tibial Component の組み合わせ互換表

(8 度以上の回旋を許容するサイズの組み合わせ)

販売名:バイオメット Vanguard 人工関節システム

(10)

Microplasty Elite Knee

Instrumentation

Microplasty Slidex

Instrumentation Premier

Total Knee

Instrumentation

(11)

References

Incavo, S.J.; Ronchetti, P.J.; Howe, J.G.; Tranowski, J.P.: “Tibial Plateau Coverage in Total Knee Arthroplasty.” Clinical Orthopaedics and Related Research. 229: 81-85, February 1994.

Meding, J.; Ritter, M.; Faris, P.: “Total Knee Arthroplasty with 4.4mm of Tibial Polyethylene.” Clinical Orthopaedics and Related Research. 388: 112-17, 2001.

Komistek, R.D. and Dennis, D.A. Contact Stresses vs. Implant Conformity in Total Knee Arthroplasty. Internal Report. Rocky Mountain Musculoskeletal Research Laboratory. Denver, CO. 1996.

Bartel, D.L. et al. The Eff ect of Conformity, Thickness and Material on Stresses in Ultra-High Molecular Weight Components for Total Joint Replacement. Journal of Bone and Joint Surgery. 68: 1041–51, 1986.

D’Lima, D.D. et al. Polyethylene Contact Stress, Articular Congruity, and Knee Alignment. Clinical Orthopaedics and Related Research. 392: 232–38, 2001.

Stukenborg-Coleman, C. et al. Tibiofemoral Contact Stress After Total Knee Arthroplasty: Comparison of Fixed and Mobile-bearing Inlay Designs. Acta Orthopaedica Scandinavica. 73: 638–46, 2002.

Bell, C.J. et al. Comparison of Wear in Fixed and Mobile Bearing Knee Designs. Program and Abstracts of the 49th Annual Meeting of the ORS. New Orleans, LA. February 2003.

Greenwald, S. Mobile Bearing Knees: What’s the Fuss All About? 70th Annual AAOS Meeting. New Orleans, LA. 2003.

McEwen, H.M.J. et al. The Infl uence of Design, Materials and Kinematics on the In Vitro Wear of Total Knee Replacements. Journal of Biomechanics. 38(2): 357– 65, 2005.

NcNulty, D. The Effect of Crosslinking UHMWPE on In-Vitro Wear Rates of Fixed and Mobile Bearing Knees. Symposium on Crosslinked and Thermally Treated Ultra-High Molecular Weight Polyethylene for Joint Replacements. Miami Beach, FL. 2002.

Otto, J.K. et al. Gait Cycle Finite Element Comparison of Rotating-Platform Total Knee Designs. Clinical Orthopaedics and Related Research. 410: 181–88, 2003.

Haider, H. and O’Brien, B. An In-Vitro Study to Measure the Kinematics and Test the Wear Durability of the Biomet Vanguard Rotating Platform Mobile Bearing Knee Replacement System. University of Nebraska Medical Center. June 2006.

Dennis, D.A. et al. Multicenter Determination of in vivo Kinematics After Total Knee Arthroplasty. Clinical Orthopaedics and Related Research. 416: 37–57, 2003.

Huang, C.H. et al. Fixed or Mobile-Bearing Total Knee Arthroplasty. Journal of Orthopaedic Surgery and Research. 2(1): 2007.

Furman, B.D. et al. (Abstract) Eff ect of Resin Type and Manufacturing Method on UHMWPE Oxidation and Quality at Long Aging and Implant Times. 43rd Annual Meeting Orthopaedic Research Scociety, San Francisco, CA, Fed. 9-13, 1997.

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

(12)

本社105-0011 東京都港区芝公園二丁目111住友不動産芝公園タワー15 Tel. 03-6402-6600(代表) Fax. 03-6402-6620

ジンマー バイオメット

製品のお問合せ 03-6402-6602 0463-30-4801 0463-30-4821 Tel.

Tel.

Fax.

カスタマーサービス(商品のご注文)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP