⽣徒の学習に対するモチベーションを⾼めるため、努⼒に対して、

Download (0)

Full text

(1)

モチベーション向上支援システムとは

⽣徒の学習に対するモチベーションを⾼めるため、努⼒に対して、

①その場で(リアルタイムに)

②具体的に

“ほめる”指導を⾏うためのシステムです。

「独⽴⾃尊の社会・世界に貢献する⼈財を育成する」

⽣徒が自ら求めて学習する姿勢をつくる

(2)

機能概要

1. 担任⽤学⼒POSにログインすると、自動でタイムラインが起動します。

2. ⽣徒の様々な学習履歴(「確認テスト・修了判定テスト」「⾼速基礎マ スター」)がリアルタイムに表示されます。

3. タイムラインに表示させる項目は、フィルタリングできます。

4. 新着があった場合は、音で知らせます。

5. タイムラインからは⽣徒のそれぞれの学習詳細画面に遷移できます。

6. 1週間分遡って閲覧できる一覧画面もあります。

(3)

画面・機能1 学⼒POSログイン 〜 タイムライン

担任⽤学⼒POSにログインすると、

自動でタイムラインが起動します。

⽣徒の学習状況が表示されます。

※初回起動は10秒ほど時間がかかるので お待ちください。

タイムラインを開いた状態でも、通 常通り学⼒POSの操作は可能 です。

タイムラインを全画面表示させる ことも可能です。

タイムラインは校舎単位です。

別の校舎に更新したい場合は、

①学⼒POSの校舎を変更する

②メニュー「モチベーション向上支援 (タイムライン)」をクリック

(4)

画面・機能2 タイムライン仕様詳細

①向上得点 ②パーフェクト マスター

③自ら求めた

学習 ④継続性

1 確認テスト 初回合格(S判定以上) ○

2 確認テスト 初回SS判定 ○ ○

3 修了判定 初回合格(S判定以上) ○

4 修了判定 初回SS判定 ○ ○

5 修了判定 最終受講から一週間以内の実施 ○

6 講座内確認テスト・修了判定テスト 全て合格 ○ 7 講座内確認テスト・修了判定テスト 全てSS判定 ○

8 講座開始 (受講申請) ○

9 ステージ修得 ○

確認テスト 修了判定テスト

観点 称賛タイミング

No システム

リアルタイムに”ほめる”ため、タイムラインの表示は「当日分のみ」

「最大50⾏」です。

5秒ごとに⾃動更新され、その場で表示が流れていきます。

左のアイコンがシステムを、講座文字色が科目を表しています。

項目(氏名部分)クリックすると、対応する詳細画面に遷移します。

表示される項目は、以下の12項目です。(2016年2月末時点)

(5)

フィルタリング項目は表示の通りです。

1. 学年・⽣徒区分・担任で指定した⽣徒を絞り込めます。

なお、学年は毎年2月1日に新学年に更新されます。

2. 表示される12項目も、内容と観点で絞り込めます。

(2016年2月末時点)

3. 新着の着信音とポップアップの自動化はON/OFFできます。

なお、ON/OFFは一度変えると5秒程度ボタンの変更はできなくなります。

画面・機能3 タイムラインフィルタ画面

①向上得点 ②パーフェクト マスター

③自ら求めた

学習 ④継続性 1 確認テスト 初回合格(S判定以上)

2 確認テスト 初回SS判定

3 修了判定 初回合格(S判定以上)

4 修了判定 初回SS判定

5 修了判定 最終受講から一週間以内の実施

6 講座内確認テスト・修了判定テスト 全て合格 7 講座内確認テスト・修了判定テスト 全てSS判定

8 講座開始 (受講申請)

9 ステージ修得

10 講座修得

11 講座完全修得

12 週間連続実施

高速基礎 マスター 確認テスト 修了判定テスト

観点 称賛タイミング

No システム

※対象システムは順次拡張していく予定です。

(6)

画面・機能4 一覧表示画面

タイムラインが流れてしまうこともあるので、補助機能として一覧画面もあります。

あくまでリアルタイムに”ほめる”ためのシステムなので、遡れる期間は1週間です。

タイムラインと異なり、⽣徒番号・⽣徒名での検索も可能です。

※自動更新はされません。右上の検索ボタンを押してください。

※この画面から、学習詳細画面へは遷移できません。

(7)

モチベーション向上支援システム 利⽤イメージ

グループミーティングルームに置かれたタブレット、

そこには仲間の頑張りがいつも流れている。

あ、今友達が⾼速基礎マスター修得した!

――私もがんばらなくっちゃ 校舎で報告作業をする間も、いつもタイムラインを

⾒ている。

今日は太郎くんが修了判定テストでSSだった。つ ぎの時間割終了時間まであと15分。ホームクラス から帰ってきたら、声をかけてあげよう。

担任利⽤ グループ利⽤

Figure

Updating...

References

Related subjects :