p01

36 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

三瓶山には、人と自然の調和が育んだ文化的景観があります

平成23年度に大田市出身で元島根県知事 故恒松制治氏の ご遺族から、教育振興に使ってほしいと寄付金をいただき、 市の教育文化振興基金に積み立てました。本誌はこの基金 を活用して制作したものです。

大田ふるさと学習

(2)

わたしたちの三瓶山

大田ふるさと学習

右ページの写真は、大田市川合町の鶴降山(537m)の山 頂から見た三瓶山。左から、男三瓶山、子三瓶山、孫三瓶 山が連なります。 上の文は、出雲國風土記に記された国引き神話の一部です。

与出雲

之堺有名

比賣山是也

つるぶ

(3)

わたしたちの三瓶山

大田ふるさと学習

右ページの写真は、大田市川合町の鶴降山(537m)の山 頂から見た三瓶山。左から、男三瓶山、子三瓶山、孫三瓶 山が連なります。 上の文は、出雲國風土記に記された国引き神話の一部です。

与出雲

之堺有名

比賣山是也

つるぶ

(4)

もくじ

P3 P4 P6 P8 P10 P12 P14 P16 P18 P20 P22 P24 P26 P28 P30 はじめに 国立公園・三瓶山 草原が広がる風景 三瓶山自然林 希少な植物と昆虫 遠くから見える山 三瓶山の気象と水 火山活動の歴史 三瓶小豆原埋没林 大昔の人々と三瓶山 三瓶山地域の農業 三瓶山の観光 陸軍演習地の歴史 神話と昔話 三瓶山の地図と資料 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 よ か な た みね なら  標高 1,126 メートル。ひときわ高くそびえる三瓶山は、古くから 大田市民に親しまれてきた、ふるさとのシンボルです。島根県を代 表する山でもあり、「出雲國風土記」が伝える国引き神話では、海の 彼方から国を引き寄せた綱を留めた杭に見たてられています。  三瓶山は国立公園に指定されています。火山噴火で生まれたいく つもの峰が並ぶ姿が特徴で、とても美しい風景です。山すそに広が る草原では、春から秋の終わりまでさまざまな草花を見ることがで きます。三瓶山自然林には中国地方では珍しいブナの森が茂ってい ます。全国的には少なくなった昆虫や植物も見られます。この変化 に富んだ自然環境は、人が山野を牧草地や田畑などに利用すること で、長い時間をかけて育まれました。この環境に魅力を感じて、登 山や観光に訪れる人は年間約 60 万人に達します。  三瓶山には、自然と人の関わりがほどよくつり合いながら育まれ た環境と歴史、文化があります。たくさんの魅力に満ちたふるさと の山、三瓶山を一緒に学んでみませんか。

はじめに

い ず も の く に ふ ど き つな くい ふんか とくちょう めずら しげ こんちゅう さんや ぼくそうち みりょく はぐく はぐく いっしょ かん く に び さ ん べ さ ん

(5)

もくじ

P3 P4 P6 P8 P10 P12 P14 P16 P18 P20 P22 P24 P26 P28 P30 はじめに 国立公園・三瓶山 草原が広がる風景 三瓶山自然林 希少な植物と昆虫 遠くから見える山 三瓶山の気象と水 火山活動の歴史 三瓶小豆原埋没林 大昔の人々と三瓶山 三瓶山地域の農業 三瓶山の観光 陸軍演習地の歴史 神話と昔話 三瓶山の地図と資料 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 よ か な た みね なら  標高 1,126 メートル。ひときわ高くそびえる三瓶山は、古くから 大田市民に親しまれてきた、ふるさとのシンボルです。島根県を代 表する山でもあり、「出雲國風土記」が伝える国引き神話では、海の 彼方から国を引き寄せた綱を留めた杭に見たてられています。  三瓶山は国立公園に指定されています。火山噴火で生まれたいく つもの峰が並ぶ姿が特徴で、とても美しい風景です。山すそに広が る草原では、春から秋の終わりまでさまざまな草花を見ることがで きます。三瓶山自然林には中国地方では珍しいブナの森が茂ってい ます。全国的には少なくなった昆虫や植物も見られます。この変化 に富んだ自然環境は、人が山野を牧草地や田畑などに利用すること で、長い時間をかけて育まれました。この環境に魅力を感じて、登 山や観光に訪れる人は年間約 60 万人に達します。  三瓶山には、自然と人の関わりがほどよくつり合いながら育まれ た環境と歴史、文化があります。たくさんの魅力に満ちたふるさと の山、三瓶山を一緒に学んでみませんか。

はじめに

い ず も の く に ふ ど き つな くい ふんか とくちょう めずら しげ こんちゅう さんや ぼくそうち みりょく はぐく はぐく いっしょ かん く に び さ ん べ さ ん

(6)

国立公園・三瓶山

1

 三瓶山は、大山隠岐国立公園三瓶山地区として、国立公園に指定され ています。  三瓶山は、昭和 38(1963)年に蒜山(岡山県)、隠岐、島根半島とともに、 「大山国立公園」に組み込まれ、同時に、公園名が大山隠岐国立公園に変 更されました。指定のおもな理由は、溶岩でできたこんもりした峰(溶 岩円頂丘)が集まる火山地形と、放牧地として使われていた広い草原に 牛がたたずむ風景が優れているということでした。現在、草原は西の原、 北の原などの一部に限られますが、当時は子三瓶山や孫三瓶山の山頂ま での広い範囲が草におおわれていました。  国立公園に指定されたことで、三瓶山の自然は必要以上の開発から守 られています。一方で、放牧地としての利用が昔よりも少なくなったこ とで、指定当時と比べると草原の範囲は狭くなっています。三瓶山の自 然をどのような形で守り、どう活かすかということは、将来へ向けて私 たちが考えていくべき課題と言えるでしょう。 2014年3月時点で、国内で 31か所の国立公園が指定され ています。 むやみな開発と植物や動物な どの採取を制限することで、 自然が守られています。 大切な自然を守るとともに、 自然学習やレクリエーション 等に活用することが目的です。 環境省が管理します。 阿寒 大雪山 支笏洞爺 知床 利尻礼文サロベツ 釧路湿原 十和田八幡平 磐梯朝日 三陸復興 日光 富士箱根伊豆 秩父多摩甲斐 南アルプス 小笠原 尾瀬 中部山岳 伊勢志摩 上信越高原 白山 吉野熊野 山陰海岸 大山隠岐 足摺宇和海 雲仙天草 霧島錦江湾 阿蘇くじゅう 西海 西表石垣 慶良間 屋久島 瀬戸内海

●全国の国立公園

三瓶山

■国立公園は・・・

男三瓶山 孫三瓶山 子三瓶山 日影山 小屋原 池田 飯南町 角井 志学 志学小中学校 美郷町湯抱 浮布池 太平山 女三瓶山 北の原 東の原 西の原 室ノ内 至大田市街 1km 特別保護地区 特別地域 普通地域

●国立公園の範囲と指定の区分

 三瓶山は、湯抱温 泉を含む2,679ヘク タールが、国立公園 に指定されています。 なかでも、室ノ内は 生き物や土砂の採取 がきびしく制限され た特別保護地区に指 定されています。 これまでに三瓶山についてどんなことを知っていたかな? 三瓶温泉 湯抱温泉  こんもりした峰が並び、山すそに草原が広がるおだやかな風景 が、三瓶山の特徴です。この自然景観がすぐれていると評価されて、 三瓶山は国立公園に指定されています。 西の原草原と、男三瓶山(左)、子三瓶山(右) みね とくちょう しぜんけいかん ひょうか ゆがかえ むろ の うち せいげん とくべつ ほ ご ち く だいせん お き ひるぜん お き みね ようがん すぐ よう せま はんい さいしゅ せいげん かんきょうしょう ほうぼくち 池田小学校 がんえんちょうきゅう

(7)

国立公園・三瓶山

1

 三瓶山は、大山隠岐国立公園三瓶山地区として、国立公園に指定され ています。  三瓶山は、昭和 38(1963)年に蒜山(岡山県)、隠岐、島根半島とともに、 「大山国立公園」に組み込まれ、同時に、公園名が大山隠岐国立公園に変 更されました。指定のおもな理由は、溶岩でできたこんもりした峰(溶 岩円頂丘)が集まる火山地形と、放牧地として使われていた広い草原に 牛がたたずむ風景が優れているということでした。現在、草原は西の原、 北の原などの一部に限られますが、当時は子三瓶山や孫三瓶山の山頂ま での広い範囲が草におおわれていました。  国立公園に指定されたことで、三瓶山の自然は必要以上の開発から守 られています。一方で、放牧地としての利用が昔よりも少なくなったこ とで、指定当時と比べると草原の範囲は狭くなっています。三瓶山の自 然をどのような形で守り、どう活かすかということは、将来へ向けて私 たちが考えていくべき課題と言えるでしょう。 2014年3月時点で、国内で 31か所の国立公園が指定され ています。 むやみな開発と植物や動物な どの採取を制限することで、 自然が守られています。 大切な自然を守るとともに、 自然学習やレクリエーション 等に活用することが目的です。 環境省が管理します。 阿寒 大雪山 支笏洞爺 知床 利尻礼文サロベツ 釧路湿原 十和田八幡平 磐梯朝日 三陸復興 日光 富士箱根伊豆 秩父多摩甲斐 南アルプス 小笠原 尾瀬 中部山岳 伊勢志摩 上信越高原 白山 吉野熊野 山陰海岸 大山隠岐 足摺宇和海 雲仙天草 霧島錦江湾 阿蘇くじゅう 西海 西表石垣 慶良間 屋久島 瀬戸内海

●全国の国立公園

三瓶山

■国立公園は・・・

男三瓶山 孫三瓶山 子三瓶山 日影山 小屋原 池田 飯南町 角井 志学 志学小中学校 美郷町湯抱 浮布池 太平山 女三瓶山 北の原 東の原 西の原 室ノ内 至大田市街 1km 特別保護地区 特別地域 普通地域

●国立公園の範囲と指定の区分

 三瓶山は、湯抱温 泉を含む2,679ヘク タールが、国立公園 に指定されています。 なかでも、室ノ内は 生き物や土砂の採取 がきびしく制限され た特別保護地区に指 定されています。 これまでに三瓶山についてどんなことを知っていたかな? 三瓶温泉 湯抱温泉  こんもりした峰が並び、山すそに草原が広がるおだやかな風景 が、三瓶山の特徴です。この自然景観がすぐれていると評価されて、 三瓶山は国立公園に指定されています。 西の原草原と、男三瓶山(左)、子三瓶山(右) みね とくちょう しぜんけいかん ひょうか ゆがかえ むろ の うち せいげん とくべつ ほ ご ち く だいせん お き ひるぜん お き みね ようがん すぐ よう せま はんい さいしゅ せいげん かんきょうしょう ほうぼくち 池田小学校 がんえんちょうきゅう

(8)

草原が広がる風景

2

 草原の風景は、三瓶山の大きな特徴のひとつです。短く刈り込まれた 芝生の広場ではレクリエーションなどを楽しむ人々の姿がみられ、スス キの原や放牧地、牧草地が広がります。この風景は、人が草原を利用し、 管理することでできあがったものです。  三瓶山では、江戸時代から牧畜が行われてきました。牧草地として利 用するため、樹木を切り倒し、草地に変えていきました。国立公園に指 定された昭和38(1963)年頃は、山のふもとだけでなく、子三瓶山や孫 三瓶山の山頂まで広い範囲が草原でした。また、昔の民家の多くは、ス スキの茎などを活用した「カヤぶき屋根」で、草原は屋根に使う材料を 取る場所としても使われました。  日本列島は、温暖な気候と年間 1,500mm程度にも達する雨に恵まれ ています。樹木の生育に適した気候のため、草原を放っておくと、数十 年で森林に変わります。牛の放牧が行われている場合は、若木が牛に食 べられるために樹木が育たず、草原が保たれます。放牧地以外では、野 焼きや草刈りをすることで草原が維持されます。現在、春先に西の原で 行われている野焼きは、古くから行われてきた草原の管理方法です。  草原の利用価値が小さくなるとともに、全国的に草原が少なくなり、 三瓶山に残る風景は珍しいものになっています。その草原も昔に比べる とずいぶん狭くなり、森林に変化した部分もあります。 草原は使わずに放っておくと、森林に変化するよ。  山すそに広がる草原は、三瓶山の大きな特徴です。草原は、牧 畜などに利用することで作られ、保たれてきた環境です。  三瓶山では江戸時代から牛が盛んに飼育され、放牧地や牧草地 として草原が使われてきました。  長年、草原が保たれてきたため、三瓶山では草原ならではの植 物を多くみることができます。  レンゲツツジは、毒があるた めに牛が食べ残し、放牧地に増 えた植物です。三瓶山に多く、 大田市の花に選ばれています。 放牧の牛がたたずむ西の原 ススキが揺れる西の原草原 早春に行われる野焼き  民家の多くがカヤぶき屋根 だった時代には、ススキは大切 な資源だったので、手をかけて ススキの草原を管理しました。 ほうぼくち ぼくそうち たも ぼく ちく どく か しばふ ぼくちく じゅもく てき ぼくそうち ほうぼくち くき おんだん い じ くさか せま

(9)

草原が広がる風景

2

 草原の風景は、三瓶山の大きな特徴のひとつです。短く刈り込まれた 芝生の広場ではレクリエーションなどを楽しむ人々の姿がみられ、スス キの原や放牧地、牧草地が広がります。この風景は、人が草原を利用し、 管理することでできあがったものです。  三瓶山では、江戸時代から牧畜が行われてきました。牧草地として利 用するため、樹木を切り倒し、草地に変えていきました。国立公園に指 定された昭和38(1963)年頃は、山のふもとだけでなく、子三瓶山や孫 三瓶山の山頂まで広い範囲が草原でした。また、昔の民家の多くは、ス スキの茎などを活用した「カヤぶき屋根」で、草原は屋根に使う材料を 取る場所としても使われました。  日本列島は、温暖な気候と年間 1,500mm程度にも達する雨に恵まれ ています。樹木の生育に適した気候のため、草原を放っておくと、数十 年で森林に変わります。牛の放牧が行われている場合は、若木が牛に食 べられるために樹木が育たず、草原が保たれます。放牧地以外では、野 焼きや草刈りをすることで草原が維持されます。現在、春先に西の原で 行われている野焼きは、古くから行われてきた草原の管理方法です。  草原の利用価値が小さくなるとともに、全国的に草原が少なくなり、 三瓶山に残る風景は珍しいものになっています。その草原も昔に比べる とずいぶん狭くなり、森林に変化した部分もあります。 草原は使わずに放っておくと、森林に変化するよ。  山すそに広がる草原は、三瓶山の大きな特徴です。草原は、牧 畜などに利用することで作られ、保たれてきた環境です。  三瓶山では江戸時代から牛が盛んに飼育され、放牧地や牧草地 として草原が使われてきました。  長年、草原が保たれてきたため、三瓶山では草原ならではの植 物を多くみることができます。  レンゲツツジは、毒があるた めに牛が食べ残し、放牧地に増 えた植物です。三瓶山に多く、 大田市の花に選ばれています。 放牧の牛がたたずむ西の原 ススキが揺れる西の原草原 早春に行われる野焼き  民家の多くがカヤぶき屋根 だった時代には、ススキは大切 な資源だったので、手をかけて ススキの草原を管理しました。 ほうぼくち ぼくそうち たも ぼく ちく どく か しばふ ぼくちく じゅもく てき ぼくそうち ほうぼくち くき おんだん い じ くさか せま

(10)

三瓶山自然林

3

 男三瓶山の北斜面から室ノ内にかけての範囲には、人による開発の影 響をあまり受けていない森が広がっています。高さが20∼30mに達する 高い木が茂り、春から秋には野鳥のさえずりが響く、心地よい森です。 この森は、「三瓶山自然林」の名称で国の天然記念物に指定されています。  三瓶山自然林は、おおむね標高650mから山頂近くの標高1,100m付近 までの範囲にあり、平地に比べて涼しい気候に適した樹木が茂っていま す。国立三瓶青少年交流の家に近い「名号登山口」から登ると、標高によっ て樹木の種類が違う様子を観察できます。登りはじめのあたりは、シデ の仲間やミズナラ、ミズキの仲間などが目につきます。低木では、クロ モジやコアジサイなどが目立ちます。標高800m以上ではブナが混じる ようになり、標高850mから標高1,050m付近は、ブナが圧倒的に多い森 です。三瓶山自然林の樹木は、冬になると葉を落とす落葉広葉樹が大半 です。冬にも緑の葉がある常緑樹としては、スギやマツが点在している ほか、ハイイヌガヤなどの低木が見られます。  もともと、中国地方の山間部では三瓶山自然林のような森が広く分布 していたと考えられています。しかし、江戸時代に盛んだった「たたら製 鉄」に使う炭を作る目的などで、山地の樹木を使った結果、自然状態の 森はほとんど消えてしまいました。三瓶山自然林は、本来の森の姿を知 る貴重な存在なのです。 身近な場所にある林にはどのような特徴があるかな?  男三瓶山の北斜面と室ノ内に広がる三瓶山自然林は、自然のま まの様子が残る貴重な森で、国の天然記念物に指定されています。 三瓶山自然林では標高によって樹木の種類が変化する様子を観察 することができ、山頂近くではブナが森を作っています。ブナが 生い茂る森は、中国地方では珍しい存在です。  島根県では、江戸時代を中心に製鉄が盛 んに行われました。原料の炭を作るために 山の木が多量に使われ、山林の開発が進み ました。現在の島根県の山林は、炭用の木 を切った後に生えた「二次林」とスギなどの 植林地が大部分を占めています。 高い木が茂る三瓶山自然林の林内 ブナの幹。木の肌はすべ すべしていて、モザイク 状の模様が見られます。 三瓶山自然林では、高い 木の下に、低木のクロモ ジの木が目立ちます。 林内でよく見られるコア ジサイの花。ヤマアジサ イもよく見られます。 出雲市多伎町奥田儀の「田儀桜井家 製鉄遺跡」。 唯一、建物が残る、雲南 市吉田町の「菅谷たたら」。 昔は炭を燃やして砂鉄を溶かし、鉄を作りました。 せいてつ に じ り ん しょくりんち し すがや むろのうち みょうごうとざんぐち らくようこうようじゅ じょうりょくじゅ た ぎ さくらい け きたしゃめん むろ の うち てんねんきねんぶつ きちょう じゅもく ひょうこう かんさつ めずら お しげ

(11)

三瓶山自然林

3

 男三瓶山の北斜面から室ノ内にかけての範囲には、人による開発の影 響をあまり受けていない森が広がっています。高さが20∼30mに達する 高い木が茂り、春から秋には野鳥のさえずりが響く、心地よい森です。 この森は、「三瓶山自然林」の名称で国の天然記念物に指定されています。  三瓶山自然林は、おおむね標高650mから山頂近くの標高1,100m付近 までの範囲にあり、平地に比べて涼しい気候に適した樹木が茂っていま す。国立三瓶青少年交流の家に近い「名号登山口」から登ると、標高によっ て樹木の種類が違う様子を観察できます。登りはじめのあたりは、シデ の仲間やミズナラ、ミズキの仲間などが目につきます。低木では、クロ モジやコアジサイなどが目立ちます。標高800m以上ではブナが混じる ようになり、標高850mから標高1,050m付近は、ブナが圧倒的に多い森 です。三瓶山自然林の樹木は、冬になると葉を落とす落葉広葉樹が大半 です。冬にも緑の葉がある常緑樹としては、スギやマツが点在している ほか、ハイイヌガヤなどの低木が見られます。  もともと、中国地方の山間部では三瓶山自然林のような森が広く分布 していたと考えられています。しかし、江戸時代に盛んだった「たたら製 鉄」に使う炭を作る目的などで、山地の樹木を使った結果、自然状態の 森はほとんど消えてしまいました。三瓶山自然林は、本来の森の姿を知 る貴重な存在なのです。 身近な場所にある林にはどのような特徴があるかな?  男三瓶山の北斜面と室ノ内に広がる三瓶山自然林は、自然のま まの様子が残る貴重な森で、国の天然記念物に指定されています。 三瓶山自然林では標高によって樹木の種類が変化する様子を観察 することができ、山頂近くではブナが森を作っています。ブナが 生い茂る森は、中国地方では珍しい存在です。  島根県では、江戸時代を中心に製鉄が盛 んに行われました。原料の炭を作るために 山の木が多量に使われ、山林の開発が進み ました。現在の島根県の山林は、炭用の木 を切った後に生えた「二次林」とスギなどの 植林地が大部分を占めています。 高い木が茂る三瓶山自然林の林内 ブナの幹。木の肌はすべ すべしていて、モザイク 状の模様が見られます。 三瓶山自然林では、高い 木の下に、低木のクロモ ジの木が目立ちます。 林内でよく見られるコア ジサイの花。ヤマアジサ イもよく見られます。 出雲市多伎町奥田儀の「田儀桜井家 製鉄遺跡」。 唯一、建物が残る、雲南 市吉田町の「菅谷たたら」。 昔は炭を燃やして砂鉄を溶かし、鉄を作りました。 せいてつ に じ り ん しょくりんち し すがや むろのうち みょうごうとざんぐち らくようこうようじゅ じょうりょくじゅ た ぎ さくらい け きたしゃめん むろ の うち てんねんきねんぶつ きちょう じゅもく ひょうこう かんさつ めずら お しげ

(12)

希少な植物と昆虫

4

 三瓶山には様々な生物が生息しています。三瓶山の環境は、草原と森 林が隣り合わせにあることが特徴で、そのことが生態系の豊かさに深く 関わっています。  生物は、草原や森林など、環境の違いによってすみ分けて生きています。 草原と森林がある三瓶山には、それぞれを好む生物や、そのさかい目を 好む生物が分布しているために、種類が豊富なのです。よその地域では 数が少ない希少な生物も見られます。特に、草原性の植物は、全国的に 草原が減少するとともに数が減っているものが少なくありませんが、三 瓶山ではオキナグサ、ユウスゲなどの希少種が分布しています。昆虫では、 牛の糞をエサにするダイコクコガネの生息地としては、中国地方では唯 一と言われます。また、近年は姿が確認されなくなっていますが、ウス イロヒョウモンモドキという希少なチョウも生息しています。  これらのような、三瓶山の貴重な生態系を守る活動が、市民団体や学 校などによって進められています。数が減っている植物を植えたり、水 位が低下して数が減ってしまった姫逃池のカキツバタを増やす活動など です。行政や三瓶自然館などによって、専門的な調査が行われたり、法 律によって採取を規制したりすることも行われ、多くの人の手によって 三瓶山の自然が守られています。 希少な生物を守るために、どんなことができるかな?  三瓶山には、草原と森林があり、それぞれの環境に応じてすみ 分けをしていることや、国立公園として守られているために、多 くの種類の植物や昆虫が生息しています。その中には、他の地域 ではあまり見ることができない希少なものもあります。  生物は様々なつながりの中で生活しているため、つながりの一 部が欠けるとバランスがくずれることがあります。ウスイロヒョ ウモンモドキの場合は、幼虫がエサにするオミナエシが少なくなっ たことが、生息数が減少した原因のひとつと考えられます。  森林、草原、水辺など、いろいろな環境があると、それに応じて、 さまざまな生物がすみ分けをして生活します。  環境が単調になると、生息する生物の種類が少なくなります。 その場所からは姿を消してしまう生物もあるかもしれません。 春の北の原草原に咲くオキナグサ 夏の夜に黄色い 花を咲かせるユ ウスゲ。草原に 自生している。 初秋の三瓶山を 彩るマツムシソ ウ。草丈の低い 草原に生える。 希少種のダイコ クコガネ。放牧 牛のフンをエサ にする。 近年は幻になり つつあるウスイ ロヒョウモンモ ドキ。 きしょう さまざま げんしょう こんちゅう とな さまざま せいそく かんきょう きしょう きしょうしゅ ゆい いつ こんちゅう とくちょう せいたいけい ふん ひめのがいけ

(13)

希少な植物と昆虫

4

 三瓶山には様々な生物が生息しています。三瓶山の環境は、草原と森 林が隣り合わせにあることが特徴で、そのことが生態系の豊かさに深く 関わっています。  生物は、草原や森林など、環境の違いによってすみ分けて生きています。 草原と森林がある三瓶山には、それぞれを好む生物や、そのさかい目を 好む生物が分布しているために、種類が豊富なのです。よその地域では 数が少ない希少な生物も見られます。特に、草原性の植物は、全国的に 草原が減少するとともに数が減っているものが少なくありませんが、三 瓶山ではオキナグサ、ユウスゲなどの希少種が分布しています。昆虫では、 牛の糞をエサにするダイコクコガネの生息地としては、中国地方では唯 一と言われます。また、近年は姿が確認されなくなっていますが、ウス イロヒョウモンモドキという希少なチョウも生息しています。  これらのような、三瓶山の貴重な生態系を守る活動が、市民団体や学 校などによって進められています。数が減っている植物を植えたり、水 位が低下して数が減ってしまった姫逃池のカキツバタを増やす活動など です。行政や三瓶自然館などによって、専門的な調査が行われたり、法 律によって採取を規制したりすることも行われ、多くの人の手によって 三瓶山の自然が守られています。 希少な生物を守るために、どんなことができるかな?  三瓶山には、草原と森林があり、それぞれの環境に応じてすみ 分けをしていることや、国立公園として守られているために、多 くの種類の植物や昆虫が生息しています。その中には、他の地域 ではあまり見ることができない希少なものもあります。  生物は様々なつながりの中で生活しているため、つながりの一 部が欠けるとバランスがくずれることがあります。ウスイロヒョ ウモンモドキの場合は、幼虫がエサにするオミナエシが少なくなっ たことが、生息数が減少した原因のひとつと考えられます。  森林、草原、水辺など、いろいろな環境があると、それに応じて、 さまざまな生物がすみ分けをして生活します。  環境が単調になると、生息する生物の種類が少なくなります。 その場所からは姿を消してしまう生物もあるかもしれません。 春の北の原草原に咲くオキナグサ 夏の夜に黄色い 花を咲かせるユ ウスゲ。草原に 自生している。 初秋の三瓶山を 彩るマツムシソ ウ。草丈の低い 草原に生える。 希少種のダイコ クコガネ。放牧 牛のフンをエサ にする。 近年は幻になり つつあるウスイ ロヒョウモンモ ドキ。 きしょう さまざま げんしょう こんちゅう とな さまざま せいそく かんきょう きしょう きしょうしゅ ゆい いつ こんちゅう とくちょう せいたいけい ふん ひめのがいけ

(14)

⑥吾妻山(1239m) ⑦烏帽子山(1225m) ⑧阿佐山(1218m) ⑨大万木山(1218m) ⑩天狗石山(1192m) ⑪広見山(1187m) ⑫赤谷山(1181m) ⑬大神ヶ岳(1177m) ⑭三ツ石山(1163m) ⑮毛無山(1144m) ⑯船通山(1143m) ⑰三瓶山(1126m)

遠くから見える山

5

 三瓶山は、周りの山に比べてひときわ高く、島根県を代表する山と呼 ぶにふさわしい存在感です。ところが、標高で比べると、三瓶山よりも 高い山が島根県内に16峰もあります。三瓶山が目立つのは、海岸に比較 的近く、低い山の中にぽつんとそびえ立っているからです。県内最高峰 の恐羅漢山(1,346m)をはじめ、三瓶山よりも高い山の多くは、標高 1,000m級の山が連なる中国山地の背骨部分にあり、ひとつひとつの山が あまり目立ちません。  広い範囲にわたって大地が盛り上がってできた中国山地に対し、三瓶 山は火山噴火によって単独でできた山です。男三瓶山、女三瓶山などの 峰は、噴出した溶岩が固まってできたもので、「溶岩円頂丘」というこん もりとした地形です。こんもりとした峰に取り囲まれた中心に、室ノ内 と呼ばれるくぼ地があり、ここは最新の噴火を起こした火口と考えられ ています。峰の周囲を取り囲んで、西の原や北の原などのなだらかな斜 面があります。この地形は、火山灰や溶岩が砕けてできた礫が積もって できています。なだらかな斜面は、帽子のつばのように峰を取り囲んで いますが、その範囲は、大昔の大噴火でできた巨大な火口(カルデラ)の 範囲とほぼ重なります。三瓶山の地形は、何度も繰り返された火山噴火 によって形成されたものです。 条件が特に良い日は、四国山地からも三瓶山が見えるよ。  昔、島根県は石見国と出雲国、隠岐国の3つに分かれていました。 三瓶山は、石見と出雲のさかいにあり、遠い場所からも良く見え る目立った存在でした。海からわりあい近く、周囲には高い山が ないため、海上からも良く見え、昔は航海の目印になりました。  三瓶山は中国山地の高い山の連なりからは離れた場所で火山が 噴火してできた山です。溶岩円頂丘と呼ばれる、溶岩でできたこ んもりとした峰が特徴です。  島根県と広島県の県 境には、「中国山地の背 骨」のように、高い山 がずらりと並んでいま す。三瓶山よりも高い ものもあります。 大田市五十猛町の大崎鼻から見た三瓶山 安蔵寺山 額々山寂地山 大神ヶ岳 恐羅漢山 赤谷山 広見山 天狗石山 阿佐山 三ツ石山 大万木山 猿政山 吾妻山烏帽子山 毛無山船通山 三瓶山 大田市

●三瓶山より高い

 島根県の山

●三瓶山の地形

島 根 県 石 見 国 出 雲 国 子三瓶山頂から、遠くに中国 山地の山並みが見えます 男三瓶山 北の原 西の原 女三瓶山 子三瓶山 日影山 孫三瓶山 太平山 大山 流れ下った火山灰や 火山れきが谷に堆積 してできたゆるやか な地形 約4000年前に最終段階 の爆発的な噴火を起こ した室ノ内火口 ゆっくり噴出した溶岩 でできた溶岩円頂丘。 約7万 年 前 の 大 噴 火 で形成されたカルデ ラの範囲 流れ下った噴出物が 谷をせき止めた天然 ダムの浮布池 ようがんえんちょうきゅう* ふんか みね とくちょう お き こうかい はな おそらかんざん せぼね ほう みね ようがんえんちょうきゅう くだ れき ぼうし ❶恐羅漢山(1346m) ❷寂地山(1337m) ❸額々山(1279m) ❹猿政山(1268m) ❺安蔵寺山(1263m) おそらかんざん じゃくちさん がくがくやま さるまさやま あぞうじさん あづまやま え ぼ し や ま あ さ や ま おおよろぎさん てんぐいしやま ひろみやま あかだにやま だいじんがたけ みついしやま けなしやま せんつうざん さんべさん ※山頂が県境にまたがる山を含む。 *溶岩円頂丘は、以前は「トロイデ型火山」と呼ばれましたが、近年では使われなくなっています。

(15)

⑥吾妻山(1239m) ⑦烏帽子山(1225m) ⑧阿佐山(1218m) ⑨大万木山(1218m) ⑩天狗石山(1192m) ⑪広見山(1187m) ⑫赤谷山(1181m) ⑬大神ヶ岳(1177m) ⑭三ツ石山(1163m) ⑮毛無山(1144m) ⑯船通山(1143m) ⑰三瓶山(1126m)

遠くから見える山

5

 三瓶山は、周りの山に比べてひときわ高く、島根県を代表する山と呼 ぶにふさわしい存在感です。ところが、標高で比べると、三瓶山よりも 高い山が島根県内に16峰もあります。三瓶山が目立つのは、海岸に比較 的近く、低い山の中にぽつんとそびえ立っているからです。県内最高峰 の恐羅漢山(1,346m)をはじめ、三瓶山よりも高い山の多くは、標高 1,000m級の山が連なる中国山地の背骨部分にあり、ひとつひとつの山が あまり目立ちません。  広い範囲にわたって大地が盛り上がってできた中国山地に対し、三瓶 山は火山噴火によって単独でできた山です。男三瓶山、女三瓶山などの 峰は、噴出した溶岩が固まってできたもので、「溶岩円頂丘」というこん もりとした地形です。こんもりとした峰に取り囲まれた中心に、室ノ内 と呼ばれるくぼ地があり、ここは最新の噴火を起こした火口と考えられ ています。峰の周囲を取り囲んで、西の原や北の原などのなだらかな斜 面があります。この地形は、火山灰や溶岩が砕けてできた礫が積もって できています。なだらかな斜面は、帽子のつばのように峰を取り囲んで いますが、その範囲は、大昔の大噴火でできた巨大な火口(カルデラ)の 範囲とほぼ重なります。三瓶山の地形は、何度も繰り返された火山噴火 によって形成されたものです。 条件が特に良い日は、四国山地からも三瓶山が見えるよ。  昔、島根県は石見国と出雲国、隠岐国の3つに分かれていました。 三瓶山は、石見と出雲のさかいにあり、遠い場所からも良く見え る目立った存在でした。海からわりあい近く、周囲には高い山が ないため、海上からも良く見え、昔は航海の目印になりました。  三瓶山は中国山地の高い山の連なりからは離れた場所で火山が 噴火してできた山です。溶岩円頂丘と呼ばれる、溶岩でできたこ んもりとした峰が特徴です。  島根県と広島県の県 境には、「中国山地の背 骨」のように、高い山 がずらりと並んでいま す。三瓶山よりも高い ものもあります。 大田市五十猛町の大崎鼻から見た三瓶山 安蔵寺山 額々山寂地山 大神ヶ岳 恐羅漢山 赤谷山 広見山 天狗石山 阿佐山 三ツ石山 大万木山 猿政山 吾妻山烏帽子山 毛無山船通山 三瓶山 大田市

●三瓶山より高い

 島根県の山

●三瓶山の地形

島 根 県 石 見 国 出 雲 国 子三瓶山頂から、遠くに中国 山地の山並みが見えます 男三瓶山 北の原 西の原 女三瓶山 子三瓶山 日影山 孫三瓶山 太平山 大山 流れ下った火山灰や 火山れきが谷に堆積 してできたゆるやか な地形 約4000年前に最終段階 の爆発的な噴火を起こ した室ノ内火口 ゆっくり噴出した溶岩 でできた溶岩円頂丘。 約7万 年 前 の 大 噴 火 で形成されたカルデ ラの範囲 流れ下った噴出物が 谷をせき止めた天然 ダムの浮布池 ようがんえんちょうきゅう* ふんか みね とくちょう お き こうかい はな おそらかんざん せぼね ほう みね ようがんえんちょうきゅう くだ れき ぼうし ❶恐羅漢山(1346m) ❷寂地山(1337m) ❸額々山(1279m) ❹猿政山(1268m) ❺安蔵寺山(1263m) おそらかんざん じゃくちさん がくがくやま さるまさやま あぞうじさん あづまやま え ぼ し や ま あ さ や ま おおよろぎさん てんぐいしやま ひろみやま あかだにやま だいじんがたけ みついしやま けなしやま せんつうざん さんべさん ※山頂が県境にまたがる山を含む。 *溶岩円頂丘は、以前は「トロイデ型火山」と呼ばれましたが、近年では使われなくなっています。

(16)

三瓶山の気象と水

6

 三瓶自然館での気象観測記録(標高約600m)によると、北の原は大田 市街に比べて平均気温が2.5℃前後低く、涼しい気候であることがわかり ます。特に冬は厳しい寒さで、積雪量が1mを超えることもあります。山 頂付近はしばしば氷点下10℃前後まで下がり、冷え込んだ日には、空気 中の霧が氷になって樹木の枝につく、霧氷が見られることがあります。  日本海に面した山陰地方は、冬に雨や雪が多いことが特徴です。北西 の季節風が日本海から蒸発した水蒸気を含み、陸地にぶつかった時に生 まれる雲が雨や雪を降らせます。季節風が三瓶山にぶつかると、厚い雪 雲が生まれ、たくさんの雪を降らせます。  雨や雪として三瓶山に降った水は、その多くが地下にしみ込みます。 常に水が流れている沢は、三瓶温泉の源泉から流れる「湯の谷川」だけで す。火山噴火で生まれた三瓶山は、割れ目が多い岩石と火山灰でできて いて、水がしみ込みやすいのです。しみ込んだ水は地中をゆっくりと流れ、 一部は山すそでわき水になってわき出します。山すその標高400∼500m の範囲には、わき水が何ヶ所もあります。三瓶山の地中には多量の水が たくわえられていると思われ、しばらく日照りが続いても、わき水がか れてしまうことはほとんどありません。安定して流れ出るわき水は、昔 から飲料水や農業用水として山麓で暮らす人々の生活を支えてきました。 真冬には積雪量が 1m を超えることがあるよ。  山陰地方の気象は、冬に北西の季節風が強く吹き、雨や雪の日 が多いことが特徴です。三瓶山は、山陰型の気象に加えて、標高 が高いために、平地に比べて寒く、雪がたくさん降ります。  気温は高い場所ほど低く、高さ100mごとに約0.6℃ずつ下がり ます。三瓶山は西の原で標高400m以上、北の原は標高550m以上 あり、夏でも涼しく感じられます。  三瓶山に降った雨や雪の多くは地面 にしみ込みます。三瓶山は地下に、た くさんの水をたくわえることができる 山です。水の一部は、山すそのあちら こちらでわき水になって流れ出ます。 凍りついた浮布池と雪をかぶった三瓶山 樹木の枝についた霧氷。空気中の霧が枝 などにぶつかった瞬間に凍ってできま す。冷え込んだ日の朝に、山頂近くで見 られます。 晩秋から早春の朝、三瓶山の南のふも とに霧の海が広がります。川や地面か ら蒸発した水蒸気と、冷たい空気がぶ つかって霧が発生します。

●三瓶山と大田市街の気温

30 20 10 0 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 (℃) 大田市街の気温 三瓶山北の原の気温 ※2011年の月別平均気温。大田市街の気温は、気象庁のアメダス観測記録から作成。 ひょうこう ほくせい むひょう きり こお じょうはつ すいじょうき きり きび せきせつりょう むひょう じょうはつ きせつふう すいじょうき げんせん ひ で こお

(17)

三瓶山の気象と水

6

 三瓶自然館での気象観測記録(標高約600m)によると、北の原は大田 市街に比べて平均気温が2.5℃前後低く、涼しい気候であることがわかり ます。特に冬は厳しい寒さで、積雪量が1mを超えることもあります。山 頂付近はしばしば氷点下10℃前後まで下がり、冷え込んだ日には、空気 中の霧が氷になって樹木の枝につく、霧氷が見られることがあります。  日本海に面した山陰地方は、冬に雨や雪が多いことが特徴です。北西 の季節風が日本海から蒸発した水蒸気を含み、陸地にぶつかった時に生 まれる雲が雨や雪を降らせます。季節風が三瓶山にぶつかると、厚い雪 雲が生まれ、たくさんの雪を降らせます。  雨や雪として三瓶山に降った水は、その多くが地下にしみ込みます。 常に水が流れている沢は、三瓶温泉の源泉から流れる「湯の谷川」だけで す。火山噴火で生まれた三瓶山は、割れ目が多い岩石と火山灰でできて いて、水がしみ込みやすいのです。しみ込んだ水は地中をゆっくりと流れ、 一部は山すそでわき水になってわき出します。山すその標高400∼500m の範囲には、わき水が何ヶ所もあります。三瓶山の地中には多量の水が たくわえられていると思われ、しばらく日照りが続いても、わき水がか れてしまうことはほとんどありません。安定して流れ出るわき水は、昔 から飲料水や農業用水として山麓で暮らす人々の生活を支えてきました。 真冬には積雪量が 1m を超えることがあるよ。  山陰地方の気象は、冬に北西の季節風が強く吹き、雨や雪の日 が多いことが特徴です。三瓶山は、山陰型の気象に加えて、標高 が高いために、平地に比べて寒く、雪がたくさん降ります。  気温は高い場所ほど低く、高さ100mごとに約0.6℃ずつ下がり ます。三瓶山は西の原で標高400m以上、北の原は標高550m以上 あり、夏でも涼しく感じられます。  三瓶山に降った雨や雪の多くは地面 にしみ込みます。三瓶山は地下に、た くさんの水をたくわえることができる 山です。水の一部は、山すそのあちら こちらでわき水になって流れ出ます。 凍りついた浮布池と雪をかぶった三瓶山 樹木の枝についた霧氷。空気中の霧が枝 などにぶつかった瞬間に凍ってできま す。冷え込んだ日の朝に、山頂近くで見 られます。 晩秋から早春の朝、三瓶山の南のふも とに霧の海が広がります。川や地面か ら蒸発した水蒸気と、冷たい空気がぶ つかって霧が発生します。

●三瓶山と大田市街の気温

30 20 10 0 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 (℃) 大田市街の気温 三瓶山北の原の気温 ※2011年の月別平均気温。大田市街の気温は、気象庁のアメダス観測記録から作成。 ひょうこう ほくせい むひょう きり こお じょうはつ すいじょうき きり きび せきせつりょう むひょう じょうはつ きせつふう すいじょうき げんせん ひ で こお

(18)

火山活動の歴史

7

 三瓶山はこれまでに7回の火山活動を行ったことが分かっている火山で す。活動を始めると、噴火やガスの噴気が数年から数十年続き、その後 は長い休みに入ります。三瓶山が活動を始めたのは約10万年前で、最新 の活動は約4,000年前です。気象庁の基準では過去1万年間に活動した火 山を「活火山」と定められており、三瓶山も活火山に指定されています。  約10万年前、約7万年前、約3万年前、約1万6,000年前の4回の活動では、 三瓶山は大噴火を起こしました。東北地方や、東海地方沖の太平洋海底 など遠く離れた場所で三瓶山の火山灰が見つかっています。7万年前の噴 火では大量の火山灰などを放出して、噴火の後には直径5kmにも達する 巨大な火口「カルデラ」が形成されました。男三瓶山をはじめとする溶岩 円頂丘は、カルデラの内側で溶岩が噴出してできたものです。約1万 6,000年前に日影山が形成され、その他の峰はこれより新しい時期の活動 で形成されました。 身近な場所で、三瓶山の火山噴出物を探してみよう。  三瓶山はおよそ10万年前から、いくども噴火をくり返した火山 です。その歴史は、降りつもった火山灰の地層や、地形から推定 できます。大噴火を起こしたこともあり、三瓶山からはるか離れ た東北地方や、東海地方沖の太平洋の海底で三瓶山の火山灰が見 つかったこともあります。現在の山の形がおおよそでき上がった のは、約4,000年前の最新の噴火の時です。 火山の歴史を物語る火山灰の地層(三瓶町・志学展望所) 7万年前に三瓶山が噴出した火 山灰の地層。大田市街地のあち らこちらで見つけることができ ます。写真は久手町。 三瓶山の噴火は、三瓶川、静間 川下流の平野や、出雲平野の地 形の形成に大きな影響をあたえ ました。 約10万年前に火山活動がはじまりま した。 約7万年前の大噴火ではカルデラがで きました。 約1万6,000年前以降に、カルデラの 内側で溶岩がゆっくりと噴出し、現在 の山体ができました。 溶岩が固まってできた三瓶山の岩石。 赤灰色と灰色のものがありますが、成 分は同じです。

●噴火と三瓶山の形成

●三瓶山の火山活動の歴史

最初の活動。多量の軽石と火山灰を噴出 カルデラを形成した大噴火 軽石を噴出する噴火 軽石と火山灰の噴出と、日影山の形成 小規模な活動 溶岩噴出で溶岩円頂丘を形成 溶岩噴出で溶岩円頂丘を形成 10万年前 7万年前 3万年前 1万6000年前 1万年前 5500年前 4000年前 旧 石 器 時 代 縄 文 時 代 ふんか すいてい はな ふんき かつかざん ひかげやま 三瓶山が噴出した溶岩の岩石名は、デイサイトです。デイサイト質の溶岩は ねばり気が強いためにあまり流れず、こんもりとした高まりを作ります。 *

(19)

火山活動の歴史

7

 三瓶山はこれまでに7回の火山活動を行ったことが分かっている火山で す。活動を始めると、噴火やガスの噴気が数年から数十年続き、その後 は長い休みに入ります。三瓶山が活動を始めたのは約10万年前で、最新 の活動は約4,000年前です。気象庁の基準では過去1万年間に活動した火 山を「活火山」と定められており、三瓶山も活火山に指定されています。  約10万年前、約7万年前、約3万年前、約1万6,000年前の4回の活動では、 三瓶山は大噴火を起こしました。東北地方や、東海地方沖の太平洋海底 など遠く離れた場所で三瓶山の火山灰が見つかっています。7万年前の噴 火では大量の火山灰などを放出して、噴火の後には直径5kmにも達する 巨大な火口「カルデラ」が形成されました。男三瓶山をはじめとする溶岩 円頂丘は、カルデラの内側で溶岩が噴出してできたものです。約1万 6,000年前に日影山が形成され、その他の峰はこれより新しい時期の活動 で形成されました。 身近な場所で、三瓶山の火山噴出物を探してみよう。  三瓶山はおよそ10万年前から、いくども噴火をくり返した火山 です。その歴史は、降りつもった火山灰の地層や、地形から推定 できます。大噴火を起こしたこともあり、三瓶山からはるか離れ た東北地方や、東海地方沖の太平洋の海底で三瓶山の火山灰が見 つかったこともあります。現在の山の形がおおよそでき上がった のは、約4,000年前の最新の噴火の時です。 火山の歴史を物語る火山灰の地層(三瓶町・志学展望所) 7万年前に三瓶山が噴出した火 山灰の地層。大田市街地のあち らこちらで見つけることができ ます。写真は久手町。 三瓶山の噴火は、三瓶川、静間 川下流の平野や、出雲平野の地 形の形成に大きな影響をあたえ ました。 約10万年前に火山活動がはじまりま した。 約7万年前の大噴火ではカルデラがで きました。 約1万6,000年前以降に、カルデラの 内側で溶岩がゆっくりと噴出し、現在 の山体ができました。 溶岩が固まってできた三瓶山の岩石。 赤灰色と灰色のものがありますが、成 分は同じです。

●噴火と三瓶山の形成

●三瓶山の火山活動の歴史

最初の活動。多量の軽石と火山灰を噴出 カルデラを形成した大噴火 軽石を噴出する噴火 軽石と火山灰の噴出と、日影山の形成 小規模な活動 溶岩噴出で溶岩円頂丘を形成 溶岩噴出で溶岩円頂丘を形成 10万年前 7万年前 3万年前 1万6000年前 1万年前 5500年前 4000年前 旧 石 器 時 代 縄 文 時 代 ふんか すいてい はな ふんき かつかざん ひかげやま 三瓶山が噴出した溶岩の岩石名は、デイサイトです。デイサイト質の溶岩は ねばり気が強いためにあまり流れず、こんもりとした高まりを作ります。 *

(20)

三瓶小豆原埋没林

8

 三瓶山の北のふもと、三瓶町多根にある三瓶小豆原埋没林は、大昔の 森が約4,000年前の三瓶山の噴火で埋もれたものです。当時の地面に根を 張り巡らし、巨大な幹が立ったままで何十本も残っていることが大きな 特徴で、世界的にも大変珍しいものです。大きな木は、幹周りが7∼8m に達し、幹の高さが12mを超えます。生きていたときの樹高は40∼50m と推定される巨木です。  三瓶小豆原埋没林の木々が生きていた時代は、縄文時代です。4,000年 前の日本列島に暮らしていた人々は、狩りや漁をしたり、木の実を採っ たり、時には簡単な農業をして生活していました。住んでいたのは海や 川に近い日当りが良い場所でした。山奥にしげっていた三瓶小豆原埋没 林の木々は人に切られていない原始の森で、自然環境の変化を研究した り、学んだりする上でとても貴重です。  また、現在の山林ではほとんど見られないような巨木が地底に立ち並 ぶ様子は、見学した人に大きな驚きと感動を与えてくれます。三瓶小豆 原埋没林は、大田市の観光資源としても重要なもので、西日本を中心に、 全国から年間数万人が見学に訪れます。 大昔の森には、なぜ大きな木がしげっていたのだろう?  三瓶小豆原埋没林は 三瓶山の噴火によって 約4,000年前に埋もれ た森です。タイムカプ セルのように、太古の 森が残されています。 世界的にもこれほど大 きな幹を残した埋没林 は知られておらず、大 変珍しいものです。そ の貴重性から、国の天 然記念物に指定されて います。  発見された樹木は半 分以上がスギで、トチ ノキやケヤキ、カシな どが少し混じります。  1983年に、水田の工事中に2本の立木が みつかりました。その時は、工事の邪魔だっ たので切られましたが、その後、地元の学 校の先生で火山研究家の松井整司さんが詳 しく調査して、三瓶山の噴火で埋もれた森 が地下にあることをつきとめました。

●埋没林ができるまで

 小豆原の谷には、何百年もかけて育った スギの大木が森を作っていました。多根の 谷の上流には三瓶山があります。  三瓶山が噴火し、大きな土砂崩れの土砂 が多根の谷を流れ下り、小豆原の谷には下 流から逆流して流れ込みました。  小豆原の森は、土砂によって根元が埋も れ、さらに、土砂ダムに流れ込んだ細かい 火山灰で深く埋もれました。 三瓶山 小豆原の谷 多根の谷 せき止められて 土砂ダムができる 土砂の流れ 山の斜面が大きく崩れる 逆流 さんべ あずきはら まいぼつりん みき じゃま まつい せいじ くわ た ね どしゃくず めぐ は みきまわ みき じゅこう じょうもんじだい と

(21)

三瓶小豆原埋没林

8

 三瓶山の北のふもと、三瓶町多根にある三瓶小豆原埋没林は、大昔の 森が約4,000年前の三瓶山の噴火で埋もれたものです。当時の地面に根を 張り巡らし、巨大な幹が立ったままで何十本も残っていることが大きな 特徴で、世界的にも大変珍しいものです。大きな木は、幹周りが7∼8m に達し、幹の高さが12mを超えます。生きていたときの樹高は40∼50m と推定される巨木です。  三瓶小豆原埋没林の木々が生きていた時代は、縄文時代です。4,000年 前の日本列島に暮らしていた人々は、狩りや漁をしたり、木の実を採っ たり、時には簡単な農業をして生活していました。住んでいたのは海や 川に近い日当りが良い場所でした。山奥にしげっていた三瓶小豆原埋没 林の木々は人に切られていない原始の森で、自然環境の変化を研究した り、学んだりする上でとても貴重です。  また、現在の山林ではほとんど見られないような巨木が地底に立ち並 ぶ様子は、見学した人に大きな驚きと感動を与えてくれます。三瓶小豆 原埋没林は、大田市の観光資源としても重要なもので、西日本を中心に、 全国から年間数万人が見学に訪れます。 大昔の森には、なぜ大きな木がしげっていたのだろう?  三瓶小豆原埋没林は 三瓶山の噴火によって 約4,000年前に埋もれ た森です。タイムカプ セルのように、太古の 森が残されています。 世界的にもこれほど大 きな幹を残した埋没林 は知られておらず、大 変珍しいものです。そ の貴重性から、国の天 然記念物に指定されて います。  発見された樹木は半 分以上がスギで、トチ ノキやケヤキ、カシな どが少し混じります。  1983年に、水田の工事中に2本の立木が みつかりました。その時は、工事の邪魔だっ たので切られましたが、その後、地元の学 校の先生で火山研究家の松井整司さんが詳 しく調査して、三瓶山の噴火で埋もれた森 が地下にあることをつきとめました。

●埋没林ができるまで

 小豆原の谷には、何百年もかけて育った スギの大木が森を作っていました。多根の 谷の上流には三瓶山があります。  三瓶山が噴火し、大きな土砂崩れの土砂 が多根の谷を流れ下り、小豆原の谷には下 流から逆流して流れ込みました。  小豆原の森は、土砂によって根元が埋も れ、さらに、土砂ダムに流れ込んだ細かい 火山灰で深く埋もれました。 三瓶山 小豆原の谷 多根の谷 せき止められて 土砂ダムができる 土砂の流れ 山の斜面が大きく崩れる 逆流 さんべ あずきはら まいぼつりん みき じゃま まつい せいじ くわ た ね どしゃくず めぐ は みきまわ みき じゅこう じょうもんじだい と

(22)

大昔の人々と三瓶山

9

 三瓶山のふもとでは、古くから人々が暮らしていました。その歴史は、 少なくとも、およそ1万年前にまでさかのぼることができます。  三瓶山の東には神戸川が流れています。その川岸にある板屋Ⅲ遺跡の 発掘調査では、三瓶山の火山灰層の上下からたくさんの土器や石器が発 見されていて、およそ1万年も前から、人々が暮らしていたことがわかっ ています。三瓶山の噴火に驚いて逃げた人もいたかも知れません。しかし、 この遺跡では、噴火が終わってしばらくすると、再び人々が暮らし始め たようです。また、板屋Ⅲ遺跡では、イネの実(籾)の跡がついた3,000 年前頃の土器もみつかっていて、縄文時代が終わりに近づく頃には、イ ネを育てていたこともわかっています。  大田市内でも、縄文時代の遺跡がいくつか見つかっています。三瓶山 のすぐふもとで暮らしていた人もいたことでしょう。また、奥出雲町では、 三瓶山の火山灰の下から2∼3万年も前の旧石器が見つかっています。  短い時間の間に広い範囲に降る火山灰は、遺跡の時代を知る手がかり です。今後も、三瓶山の火山灰をきっかけに、歴史に関する新発見があ るかも知れません。 三瓶山の噴火を目撃した旧石器人や縄文人がいたはずだよ。  火山灰は短時間で降りつもり、地面をすばやくおおうために、 その下からは、しばしば土器や石器が見つかることがあります。  斐伊川中流の尾原ダムの建設工事が行われている時に発掘調査 された原田遺跡(奥出雲町)では、約1万6,000年前の三瓶山の火 山灰の下から、たくさんの石器がみつかりました。  また、神戸川中流の志津見ダムの工事で発掘された板屋Ⅲ遺跡 (飯南町)では、縄文時代に噴出した三瓶山の火山灰層が3層見つ かり、噴火した時代と縄文土器の形の変化との関係が詳しく調べ られています。  火山灰層は地層 の時代を知る有力 な手がかりになり ます。多くの火山 灰の時代が分かっ ていて、遺跡の調 査などに有効です。

●古代出雲と三瓶山

●大田市の縄文遺跡・弥生遺跡

 弥生時代から古墳時代の出雲地方は、大きな 勢力を持った地域だったと考えられています。 それは、出雲神話や、多量に出土した銅剣や銅 鐸などから推定されています。  出雲平野には、弥生時代の集落の遺跡がたく さんあり、古代出雲の中心地のひとつと考えら れています。その集落の多くは、約4,000年前 に三瓶山が噴火した時に、神戸川が運んだ火山 灰が堆積してできた地盤の上に作られています。 三瓶山の噴火によって、古代出雲の人々が暮ら しやすい安定した土地が生まれたのです。  大田市は縄文・弥生時代の遺跡は多くありません。しかし、山陰自動車道の 建設工事にともなって、次々にこの時代の遺跡がみつかってきています。 多量の旧石器が発見された原田遺跡(奥出雲町)の発掘風景 約1万6000年前の三瓶 山の火山灰の下から見 つかった旧石器。 出雲平野が急速に広がり、 安定した土地が生まれた。 いたやさんいせき はらだいせき かんどがわ かんどがわ じ ば ん どうけん たく かんどがわ いたやさんいせき もみ 三瓶山の火山灰層 約4000年前の 火山灰層 約5500年前の 火山灰層 約1万6000年 前の火山灰層 せいりょく こふん

(23)

大昔の人々と三瓶山

9

 三瓶山のふもとでは、古くから人々が暮らしていました。その歴史は、 少なくとも、およそ1万年前にまでさかのぼることができます。  三瓶山の東には神戸川が流れています。その川岸にある板屋Ⅲ遺跡の 発掘調査では、三瓶山の火山灰層の上下からたくさんの土器や石器が発 見されていて、およそ1万年も前から、人々が暮らしていたことがわかっ ています。三瓶山の噴火に驚いて逃げた人もいたかも知れません。しかし、 この遺跡では、噴火が終わってしばらくすると、再び人々が暮らし始め たようです。また、板屋Ⅲ遺跡では、イネの実(籾)の跡がついた3,000 年前頃の土器もみつかっていて、縄文時代が終わりに近づく頃には、イ ネを育てていたこともわかっています。  大田市内でも、縄文時代の遺跡がいくつか見つかっています。三瓶山 のすぐふもとで暮らしていた人もいたことでしょう。また、奥出雲町では、 三瓶山の火山灰の下から2∼3万年も前の旧石器が見つかっています。  短い時間の間に広い範囲に降る火山灰は、遺跡の時代を知る手がかり です。今後も、三瓶山の火山灰をきっかけに、歴史に関する新発見があ るかも知れません。 三瓶山の噴火を目撃した旧石器人や縄文人がいたはずだよ。  火山灰は短時間で降りつもり、地面をすばやくおおうために、 その下からは、しばしば土器や石器が見つかることがあります。  斐伊川中流の尾原ダムの建設工事が行われている時に発掘調査 された原田遺跡(奥出雲町)では、約1万6,000年前の三瓶山の火 山灰の下から、たくさんの石器がみつかりました。  また、神戸川中流の志津見ダムの工事で発掘された板屋Ⅲ遺跡 (飯南町)では、縄文時代に噴出した三瓶山の火山灰層が3層見つ かり、噴火した時代と縄文土器の形の変化との関係が詳しく調べ られています。  火山灰層は地層 の時代を知る有力 な手がかりになり ます。多くの火山 灰の時代が分かっ ていて、遺跡の調 査などに有効です。

●古代出雲と三瓶山

●大田市の縄文遺跡・弥生遺跡

 弥生時代から古墳時代の出雲地方は、大きな 勢力を持った地域だったと考えられています。 それは、出雲神話や、多量に出土した銅剣や銅 鐸などから推定されています。  出雲平野には、弥生時代の集落の遺跡がたく さんあり、古代出雲の中心地のひとつと考えら れています。その集落の多くは、約4,000年前 に三瓶山が噴火した時に、神戸川が運んだ火山 灰が堆積してできた地盤の上に作られています。 三瓶山の噴火によって、古代出雲の人々が暮ら しやすい安定した土地が生まれたのです。  大田市は縄文・弥生時代の遺跡は多くありません。しかし、山陰自動車道の 建設工事にともなって、次々にこの時代の遺跡がみつかってきています。 多量の旧石器が発見された原田遺跡(奥出雲町)の発掘風景 約1万6000年前の三瓶 山の火山灰の下から見 つかった旧石器。 出雲平野が急速に広がり、 安定した土地が生まれた。 いたやさんいせき はらだいせき かんどがわ かんどがわ じ ば ん どうけん たく かんどがわ いたやさんいせき もみ 三瓶山の火山灰層 約4000年前の 火山灰層 約5500年前の 火山灰層 約1万6000年 前の火山灰層 せいりょく こふん

(24)

三瓶山地域の農業

10

 農業は、観光業とともに三瓶山地域の主要な産業です。大田市で最も 農業が盛んな地域のひとつで、とりわけ畜産業が特徴です。畜産業の歴 史は、江戸時代の前半までさかのぼることができ、17世紀に大田市川合 町に置かれた吉永藩が、産業を振興させる方策のひとつとして三瓶山で の牛の牧畜を進めたと伝わります。以来、現在にいたるまで、山すそを 中心に牧畜が行われ、放牧によって生まれた草原の風景は三瓶山の大き な特徴です。現在は、乳牛と肉牛の飼育が行われ、牛乳の大部分は広島 へ出荷されています。肉牛は繁殖させて子牛を出荷する形が中心で、西 の原と東の原では放牧が行われています。  畜産業以外では、ソバとワサビの栽培が特徴です。いずれも、明治時 代から大正時代には全国的に知られた産地でした。現在も、ソバとワサ ビは三瓶山地域の特産品です。山すそのあちらこちらにソバ畑があり、 寒暖差が大きな気候のおかげで香りの良いソバが収穫されます。このソ バを使ったそばの専門店が数店舗あります。ワサビは、安定的にわき出 る冷たいわき水を利用して栽培されており、高級食材として出荷されて います。水田も多く、寒暖差のおかげで良質な米を産出します。 土地の使い分けを地図や空中写真で確かめてみよう。  三瓶山の山すそには、火山灰などがたまってできた傾斜がゆる やかな土地が広がっています。この土地は、水田や牧草地、畑な どに使われ、三瓶町と山口町は農業が盛んな地域です。江戸時代 以来の歴史がある牧畜、稲作とソバの栽培が盛んです。

●大田市の地域別の田・畑・樹園地広さ

水田 (単位:アール) 久 手 三 瓶 長 久 川 合 富 山 1 3 , 6 4 6 1 3 , 1 4 2 1 0 , 8 8 5 8 , 5 0 7 7 , 6 0 5 畑 (単位:アール) 三 瓶 富 山 山 口 大 代 川 合 6 , 5 7 8 3 , 1 3 5 2 , 1 0 9 1 , 7 7 4 1 , 6 4 0 樹園地 (単位:アール) 長 久 久 利 鳥 井 三 瓶 久 手 1 , 0 1 0 5 3 1 5 3 0 5 1 2 3 3 2 *大田市統計書平成 24 年版より。この統計書の「佐比売」分を上の表では「三瓶」として表記しています。 稲穂が黄金色に輝く山すその水田。山すそに広がるゆるやかな土地(西の原、北の原、 東の原)は、水がない場所は牧草地や畑に、川があって用水を引くことができる場 所は水田に使い分けられています。 三瓶山麓では牧畜が盛んで、乳牛と肉牛 (繁殖牛)が飼育されています。西の原 などでは繁殖牛が放牧されています。 ソバの花。ソバは水分が少ない火山灰土 壌でも収穫でき、昔から盛んに栽培され てきた三瓶山の特産品のひとつです。 そば わさび 明治時代に京都で出版された「蕎麦誌」 には、石見国が全国のソバ産地のひと つに数えられ、「三瓶山のものが良い」 と記されています。 ワサビも昔からの三瓶山の特産品で す。大正時代には、全国有数の生産量 をほこっていました。現在も、高品質 のワサビが生産されています。 いなほ ど じょう はんしょくぎゅう ほうぼく しゅうかく さんろく ぼくちく さいばい けいしゃ そ ば し ちくさんぎょう しんこう よしながはん さいばい しゅうかく かんだんさ ぼくちく ほうさく

(25)

三瓶山地域の農業

10

 農業は、観光業とともに三瓶山地域の主要な産業です。大田市で最も 農業が盛んな地域のひとつで、とりわけ畜産業が特徴です。畜産業の歴 史は、江戸時代の前半までさかのぼることができ、17世紀に大田市川合 町に置かれた吉永藩が、産業を振興させる方策のひとつとして三瓶山で の牛の牧畜を進めたと伝わります。以来、現在にいたるまで、山すそを 中心に牧畜が行われ、放牧によって生まれた草原の風景は三瓶山の大き な特徴です。現在は、乳牛と肉牛の飼育が行われ、牛乳の大部分は広島 へ出荷されています。肉牛は繁殖させて子牛を出荷する形が中心で、西 の原と東の原では放牧が行われています。  畜産業以外では、ソバとワサビの栽培が特徴です。いずれも、明治時 代から大正時代には全国的に知られた産地でした。現在も、ソバとワサ ビは三瓶山地域の特産品です。山すそのあちらこちらにソバ畑があり、 寒暖差が大きな気候のおかげで香りの良いソバが収穫されます。このソ バを使ったそばの専門店が数店舗あります。ワサビは、安定的にわき出 る冷たいわき水を利用して栽培されており、高級食材として出荷されて います。水田も多く、寒暖差のおかげで良質な米を産出します。 土地の使い分けを地図や空中写真で確かめてみよう。  三瓶山の山すそには、火山灰などがたまってできた傾斜がゆる やかな土地が広がっています。この土地は、水田や牧草地、畑な どに使われ、三瓶町と山口町は農業が盛んな地域です。江戸時代 以来の歴史がある牧畜、稲作とソバの栽培が盛んです。

●大田市の地域別の田・畑・樹園地広さ

水田 (単位:アール) 久 手 三 瓶 長 久 川 合 富 山 1 3 , 6 4 6 1 3 , 1 4 2 1 0 , 8 8 5 8 , 5 0 7 7 , 6 0 5 畑 (単位:アール) 三 瓶 富 山 山 口 大 代 川 合 6 , 5 7 8 3 , 1 3 5 2 , 1 0 9 1 , 7 7 4 1 , 6 4 0 樹園地 (単位:アール) 長 久 久 利 鳥 井 三 瓶 久 手 1 , 0 1 0 5 3 1 5 3 0 5 1 2 3 3 2 *大田市統計書平成 24 年版より。この統計書の「佐比売」分を上の表では「三瓶」として表記しています。 稲穂が黄金色に輝く山すその水田。山すそに広がるゆるやかな土地(西の原、北の原、 東の原)は、水がない場所は牧草地や畑に、川があって用水を引くことができる場 所は水田に使い分けられています。 三瓶山麓では牧畜が盛んで、乳牛と肉牛 (繁殖牛)が飼育されています。西の原 などでは繁殖牛が放牧されています。 ソバの花。ソバは水分が少ない火山灰土 壌でも収穫でき、昔から盛んに栽培され てきた三瓶山の特産品のひとつです。 そば わさび 明治時代に京都で出版された「蕎麦誌」 には、石見国が全国のソバ産地のひと つに数えられ、「三瓶山のものが良い」 と記されています。 ワサビも昔からの三瓶山の特産品で す。大正時代には、全国有数の生産量 をほこっていました。現在も、高品質 のワサビが生産されています。 いなほ ど じょう はんしょくぎゅう ほうぼく しゅうかく さんろく ぼくちく さいばい けいしゃ そ ば し ちくさんぎょう しんこう よしながはん さいばい しゅうかく かんだんさ ぼくちく ほうさく

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :